トップ

初めて当サイトを訪れた方へ

このブログは認知症の回復・改善方法を真剣に探求されているすべての認知症患者さんへ(そして10年前の自分へ)向けて書いています。

アルツハイマー病は、アミロイドかタウか、などといった単一の原因によって発症するのではなく、本質的には加齢疾患であり、複数の基礎疾患、代謝障害などの要因が複雑に絡み合って発症するアルツハイマー”症候群”であるという主張を当サイトでは行っています。

そして、多因子標的、マルチドメイン-ライフスタイル介入という現在、世界各国で多くの研究機関が取り組んでいる認知症予防・改善に即した方法を提案していますが、そのより具体的な方法論の多くを、世界初の認知症症状を逆転させたUCLA大学ブレデセン博士らによる症例報告と、その研究で用いられた治療プログラム(現リコード法)に依拠しています。

ブレデセンプロトコルは単なる生活習慣改善メソッドにとどまらず、多因子標的個別化医療機能性医学といった先進的な治療アプローチを採用している治療メソッドです。

そのため現在の医療制度の枠組みの中では実証することが容易ではありません。標準的な医療として浸透するまでには、現在の医療制度に著しい刷新が必要であり、ブレデセンプロトコルの是非、思想からその具体的な実践法まで、残念ながら一般の医療関係者や医療制度に頼ることはほとんど期待できそうもありません。

また、ブレデセンプロトコルで用いられる治療法のほぼすべてに基礎研究または臨床研究の裏付けや洞察が存在しますが、生活習慣の改善を中心とした治療方法であることから、ややもすると巷にあるテレビ健康法であったり対症療法的な補完代替療法とも混同されがちです。

現状、ブレデセンプロトコルを実施・継続していくには、患者さんサイドが理解し納得していくことが生命線となるため、長いあいさつを書かせていただいていますが、その根底には

・多因子疾患 アルツハイマー病は複数の原因によって生じる。

・個別化医療 病因は個人で異なるため検査結果を行い最適化する必要がある。

・患者主体の医療 患者側の治療努力が必要不可欠かつ優位性がある。

という3つの仮説原理がサイトの主張にあります。

この仮説をつなぎ合わせれば、

「患者が主体的に複数の病因へ取り組むことがアルツハイマー病の根本治療となる

という単純な結論が導かれます

ライフスタイルの改革を伴う複合的な治療アプローチが容易ではないことを否定はしません。しかし、その手段のほとんどは個人の努力で手に届く範囲にあり、現状、われわれ一般人にとってブレデセンプロトコルが、

「アルツハイマー病から回復可能な最良の治療選択」

であることは間違いなく、加えて、

「取り組みが早ければ早いほど、アルツハイマー病の改善可能性は高まる」

(わたしも含め99%の方が後手で取り組み、完全な回復のチャンスを逃しています…)

という二点を理解していただいた上で、その是非や実践の判断をしてもらえたらと考えています。

そして、避けられるはずの家族の10年間の苦難が、これ以上増えないことを願っています。

アルハカ 

利用規約と免責事項

当サイトの利用には 利用規約と免責事項 への同意が必要です。

あいさつ 目次

  • はじめまして

2. 見通せない認知症の行く先

  • 介護殺人
  • 新薬を待つという偽の希望
  • 認知症という病気の異質さ
  • 医学的根拠の問題
  • 進行抑制の本当の理由
  • 進行が穏やかに進む要因
  • 開発者ブレデセン博士の記事・経歴
  • アミロイドβとは何のか
  • アルツハイマー病 3つのタイプ
  • 書籍の紹介
  • ブレデセンプロトコル(リコード法)の特徴
  • アルツハイマー病 36の要因
  • ブレデセンプロトコル(リコード法)への批判
  • ブレデセンプロトコル(リコード法)の課題
  • 個人で行う治療の内在的な課題
  • 組み合わせ治療の原理的な実証不可能性
  • アルハカ改善策
  • 日常の改善策
  • すでにあるアルツハイマー病治療薬
  • 伝統療法について
  • 検査では本当の進行はわからない
  • 認知症トラップ
  • 回復を遠のかせる4つの障壁
  • キーパーソンが鍵をにぎる

9. 趣旨説明

  • 注意事項とお願い
  • 理解は信頼を超越する
  • 認知症に対抗できる唯一の手札

10.今しかない認知症社会問題の根本的解決方法

  • 社会全体の現実逃避
  • 認知症先進国ジャパン
  • 実存的問題

あいさつ補足

リコード法について

当サイトのリコード法解説

リコード法が知りたいと思って来れた方は、上記にもありますが、下記の記事にまとめています。

4. ブレデセンプロトコル(リコード法) 理論とタイプ

5. ブレデセンプロトコル(リコード法) 背景と特色

6. ブレデセンプロトコル(リコード法) 批判と課題

4は少しむずかしいので、飛ばして5、6から読んでもらっても構いません。

36の発症因子

ブレデセン博士のAPP依存性受容体仮説に基づく、アルツハイマー病発症36の寄与因子。(現在は50以上に増加しています。)

各因子についての記事内容や文献等は管理人が調べたものです。

アルツハイマー病 その他の関連因子(覚書)

リコード法のアルツハイマー病36の発症因子は、主にアミロイドβの増加要因の上流に位置するものが取り上げられています。

それら以外にも、アルツハイマー病の進行に伴う下流の事象や、アミロイドとは直接的な関連性が弱いが、アルツハイマー病発症リスクに寄与しうる因子もまだ多く存在するように思われます。それらを管理人が覚書として記録しているものです。

リコード法を実行する上での課題・障害要因

リコード法 難易度を決定する10の要因

リコード法を実行する上で考えられる障害要因を、これまで寄せられた体験談も取り入れてまとめてみました。

リコード法 進行ステージにおける改善可能性と課題

リコード法は、進行ステージだけで判断できるわけではありませんが、実行の判断、治療の目的とする考え方もMCI、初期、中期、後期で大きく変わってきます。

本来はこういった個人差がある事柄の一般化は、過小な効果の評価による機会の損失、または反対に過度な期待を与えてしまう両方のリスクがありますが、不明瞭なままにしておくことがかえって弊害を大きくすると考えたため管理人の主観を含めて作成しています。

リコード法の検査と治療

リコード法 タイプ診断・検査項目

リコード法 タイプ診断 

リコード法における1型、1.5型、2型、3型(4型、5型)の特徴や検査値などの概要です。

認知症予防診断検査コグノスコピー(簡易リスト)

認知症未発症の人のための認知症予防検査一覧です。

日本では検査機関がまだ未整備であるため、この予防検査が実質リコード法の基本的な治療のための検査として用いられています。

コグノスコピーを基本とする内容ですが、検査値のぞれぞれの詳細を書き加えています。

リコード法の検査機関・検査費用

【改定中】リコード法フレンドリーの病院リスト

リコード法に肯定的な医療機関のリストを、リコード部のうにさんが作ってくれました。

日本ではハードルが高いリコード法の検査ですが、リコード法を実行する上で避けて通れないため、検査と実行プランをたたき台として作成してみました。

検査項目の費用と、検査可能な範囲の違いを機関別、難易度別にまとめてみました。

リコード法の治療

リコード法 7つの必須要素

リコード法の治療は大きく7つのカテゴリー(必須エレメンツ)にわかれます。

  1. 食事
  2. 運動
  3. 睡眠
  4. ストレス軽減
  5. 毒素の解毒
  6. 認知機能増強・脳トレ
  7. サプリメント

以下の記事に各エレメンツに関しての概要をまとめています。読んで頂くと雰囲気は伝わるかと思います。

リコード法治療 7つの必須要素+α (まとめ)

リコード法 具体的治療内容の全貌

リコード法の前身であるMENDプログラムで用いられていた25+5の治療対策をベースに30の治療方法をリストアップしています。

30すべてを行う必要があるというわけではなく、検査によって不要なものであったり、実行内容が変わることもあります。

リコード法実践者との情報交換・交流

現状、患者同士の協力なくリコード法を実行していくことは技術的にも精神的にも行き詰まると感じており、リコード法を行う仲間を見つけていくためのコミュニティー参加は成功の大きな鍵となります。

しかし、まだどのように作っていくべきか、そして運営していくべきか試行錯誤段階にありコミュニケーションツールもまだあれこれ分散している状態です。

以下にあるもので、好みにあうものを選んでもらえれば良いかと思います。

リコード法体験談

認知症の発症からリコード法に実施に至るまでの苦しい体験談を、みなさんの協力で書いていただきました。あらためてお礼を申し上げます。

リコード法実践者の声

フェイスブック リコード部

 facebook リコード部(交流メイン)

うにさんを発起人としてリコード部有志で運営しているフェイスブック、リコード部

リコード法を始めるかどうか迷っている方から、研究者、お医者さん、薬剤師、理学療法士、介護職の方まで、それぞれ幅広く専門分野の異なる方が参加されています。

Peing 質問箱

Peing -質問箱-

管理人へ匿名で質問ができます。

個人間のプライバシーが関わるような質問以外はこちらにお願いできればと思います。

過去に回答した質問はこちらにまとめてあります。

Peing 匿名質問箱の回答 月別

スカイプ(チャットのみ)

スカイプのダウンロード:www.skype.com/ja/get-skype/

掲示板の引越し先を探すまでのつなぎのつもりで使っていましたが、最近はスカイプチャットをグループ、個人間どちらもメインで使っています。チャットと言っても使い方としてはメールに近い使い方です。

オフ会の参加者の方々などフェイスブックよりも、もう少しクローズドな雰囲気のチャットグループが複数あります。

アカウントを取る必要がありますが、継続的なやり取りを希望される方は、

ID:alzhacker で探して一言声をかけてみてください。

ツイッター

役に立ちそうだと思ったリコード法・認知症情報をつぶやいています。

また、スカイプチャットが難しい方はツイッターチャットをご利用ください。グループチャットはできません。

リコード法実践者のブログ

ブログを初められた方は、是非お知らせください。

お問い合わせ・Eメール

アルツハッカーお問い合わせフォーム

メールはこちらまで info@alzhacker.com

お願い

質問者さん側の情報量は多いほど、より高い精度のお答えが可能です。

長文の説明を要するお問い合わせにつきましては、返信にお時間をいただくことがあります。m(_ _)m

認知症改善情報をできるだけ効率よく多くの方に届けるために、グループ相談を基本としていますが、プライバシー等の理由で希望される方は個人間でのご相談もお受けしています。

※継続的なご相談はグループ・個人間両方ともスカイプのご利用をお願いしております。

※医療行為に該当するご相談はお受けできません。

アルツハッカーサイト掲示板

会員制の掲示板をご利用いただいていた方へ。

申し訳ありません。現在、新規登録を含め会員制掲示板を中止しています。ツイッター、フェイスブック、スカイプ、Peing質問箱、一般の掲示板のご利用ををお願いします。

リコード法関連文献

100名の認知機能低下の逆転症例(2018)最新

軽度認知障害(MCI)、主観的認知障害(SCI)、確定診断を伴わない認知機能低下を示す患者100名(英語) 改善の平均ポイント4.9

Bredesen, D.E., Sharlin, K., Jenkins, D., Okuno M., Youngberg, W., et al. (2018) Reversal of Cognitive Decline: 100 Patients. J Alzheimers Dis Parkinsonism 8: 450.

www.omicsonline.org/open-access/reversal-of-cognitive-decline-100-patients-2161-0460-1000450.pdf

アルツハイマー病における認知機能低下の逆転(2016)

Bredesen, D.E., et al. (2016). Reversal of cognitive decline in Alzheimer’s disease. Aging, 8(6): 1-9.

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27294343

吸入性アルツハイマー病(タイプ3)CIRSの表現型

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4789584/

認知機能低下の逆転 新しい治療プログラム(2014)

10人の患者(アルツハイマー病、aMCI、SCI)のうち、9人が主観的または客観的改善を示す。6人の患者が仕事への復帰または継続ができた。

Bredesen DE. Reversal of cognitive decline: A novel therapeutic program. Aging (Albany NY) 2014;6:707–17. doi: 10.18632/aging.100690.

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25324467

日本語訳

アルツハイマー病の次世代治療薬(翻訳+加筆)機能低下の逆転