トップ

初めて当サイトを訪れた方へ

このブログは認知症の回復・改善方法を真剣に探求されているすべての認知症患者さんへ(そして10年前の自分へ)向けて書いています。

アルツハイマー病の根本原因は、アミロイドやタウなどといった単一の原因ではなく、それらを含めた複数の基礎疾患、代謝障害などの要因が複雑に絡み合って発症するアルツハイマー”症候群”であるという主張を当サイトでは行っています。

そして、その理論的根拠と具体的な方法論の多くを、世界初の認知症症状を逆転させたUCLA大学ブレデセン博士らによる症例報告と、その研究で用いられた治療プログラム(現リコード法)に依拠しています。

多因子標的個別化医療機能性医学といった新しい治療アプローチを採用しているため、現在の医療制度の枠組みの中では実証することが容易ではなく、試験申請するものの承認試験の実施自体が認められない状況が続いています。

標準的な医療として浸透するまでには、少なくとも現在の医療承認制度に著しい刷新が必要であり、リコード法の是非、思想からその具体的な実践法まで、一般の医療関係者に頼ることは残念ながら当面ほとんど期待できそうもありません。

また、リコード法で用いられる治療法のすべてに基礎研究または臨床研究の裏付けが存在しますが、ライフスタイルの改善を中心とした治療方法であるため、ややもする単なる健康法であったり対症療法的な補完代替療法とも混同されがちです。

現状、リコード法を実施・継続していくには、各々が理解し納得していくことが生命線となるため、長いあいさつを書かせていただいていますが、その根底には

・多因子疾患 アルツハイマー病は複数の原因によって生じる。

・個別化医療 病因は個人で異なるため検査結果を行い最適化する必要がある。

・患者主体の医療 患者側の治療努力が必要不可欠かつ優位性がある。

という3つの仮説原理がサイトの主張にあります。

この仮説が正しければ、

「患者が主体的に複数の病因へ取り組むことによって、アルツハイマー病の根本的な回復が実現する

という単純な結論が論理的に帰結されます

現在の認知症医療は端的に裸の王様となっており、この新しい医療アプローチが合理的な手の届く選択肢としてあるということを、サイト全体を通じてお伝えしたいと考えています。

そして、避けられるはずの10年間の家族の苦難が、これ以上増えないことを願っています。

アルハカ 

利用規約と免責事項

当サイトの利用には 利用規約と免責事項 への同意が必要です。

あいさつ 目次

  • はじめまして

2. 見通せない認知症の行く先

  • 介護殺人
  • 新薬を待つという偽の希望
  • 認知症という病気の異質さ
  • 医学的根拠の問題
  • 進行抑制の本当の理由
  • 進行が穏やかに進む要因
  • 開発者ブレデセン博士の記事・経歴
  • アミロイドβとは何のか
  • アルツハイマー病 3つのタイプ
  • 書籍の紹介
  • ブレデセンプロトコル(リコード法)の特徴
  • アルツハイマー病 36の要因
  • ブレデセンプロトコル(リコード法)への批判
  • ブレデセンプロトコル(リコード法)の課題
  • 個人で行う治療の内在的な課題
  • 組み合わせ治療の原理的な実証不可能性
  • アルハカ改善策
  • 日常の改善策
  • すでにあるアルツハイマー病治療薬
  • 伝統療法について
  • 検査では本当の進行はわからない
  • 認知症トラップ
  • 回復を遠のかせる4つの障壁
  • キーパーソンが鍵をにぎる

9. 趣旨説明

  • 注意事項とお願い
  • 理解は信頼を超越する
  • 認知症に対抗できる唯一の手札

10.今しかない認知症社会問題の根本的解決方法

  • 社会全体の現実逃避
  • 認知症先進国ジャパン
  • 実存的問題

あいさつ補足

リコード法について

当サイトのリコード法解説

リコード法が知りたいと思って来れた方は、上記にもありますが、下記の記事にまとめています。

4. ブレデセンプロトコル(リコード法) 理論とタイプ

5. ブレデセンプロトコル(リコード法) 背景と特色

6. ブレデセンプロトコル(リコード法) 批判と課題

4は少しむずかしいので、飛ばして5、6から読んでもらっても構いません。

36の発症因子

ブレデセン博士のAPP依存性受容体仮説に基づく、アルツハイマー病発症36の寄与因子。(現在は50以上に増加しています。)

各因子についての記事内容や文献等は管理人が調べたものです。

アルツハイマー病 その他の関連因子(覚書)

リコード法のアルツハイマー病36の発症因子は、主にアミロイドβの増加要因の上流に位置するものが取り上げられています。

それ以外にも、アルツハイマー病の進行に伴う下流の事象や、アミロイドとは直接的な関連性が弱いが、アルツハイマー病発症リスクに寄与しうる因子もまだ多く存在するように思われます。それらを管理人が覚書として記録しているものです。

リコード法の治療概要と診断

リコード法の前身であるMENDプログラムで用いられていた25+5の治療対策をベースに30の治療方法をリストアップしています。

30すべてを行う必要があるというわけではなく、検査によって不要なものであったり、実行内容が変わることもあります。

リコード法を実行する上での課題・障害要因

リコード法 難易度を決定する10の要因

リコード法を実行する上で考えられる障害要因を、これまで寄せられた話も取り入れてまとめてみました。

リコード法 進行ステージにおける改善可能性と課題

リコード法は、進行ステージだけで判断できるわけではありませんが、実行の判断、考え方もMCI、初期、中期、後期で大きく変わってきます。管理人の主観を交えて作っています。

リコード法 タイプ診断・検査項目

リコード法 タイプ診断 

リコード法における1型、1.5型、2型、3型(4型、5型)の特徴や検査値などの概要です。

認知症予防診断検査コグノスコピー(簡易リスト)

認知症未発症の人のための認知症予防検査一覧です。

日本では検査機関がまだ未整備であるため、この予防検査が実質リコード法の基本的な治療のための検査として用いられています。

コグノスコピーを基本とする内容ですが、検査値のぞれぞれの詳細を書き加えています。

リコード法の検査機関・検査費用

日本ではハードルが高いリコード法の検査ですが、リコード法を実行する上で避けて通れないため、検査と実行プランをたたき台として作成してみました。

検査項目の費用と、検査可能な範囲の違いを機関別、難易度別にまとめてみました。

リコード法 7つの必須要素+α

食事

非常に単純化して言うとリコード法の食事は3つの原則に根ざしています。

・認知機能に良い食べ物を摂る。(アブラナ科野菜、ベリー系フルーツ、発酵食品など)

・認知機能に悪い食べ物を食べない。(グルテン・レクチン・加工食品など)

・ケトン体を増やすための食事方法やタイミング

それらのバックグラウンドにはすべて医学的理由が存在します。アメリカで生まれた食事法であるため、日本の食事文化に変換していく際にはその理由の理解と工夫が求められます。

リコード法の食事は、多くの方で「どこまで徹底すればいいのか」問題が常につきまとい、経済状況や家族の協力などから妥協点を探ると思いますが、グルテン・レクチン感受性、MTHFR・ApoE遺伝子検査などの検査結果をベースに考慮してくことが重要なポイントです。

リコード法で推奨される食事方法の全体像をほぼまとめてあります。

腸内環境

腸管壁漏洩症候群(リーキーガット) 42の対策

運動

運動がどれだけ認知機能や健康と深く関連しあっているかという強い医学的証拠は、すでに多く蓄積されていますが、一般的に大きく3つの理解不足があります。(特に3番目のモチベーション維持は精神論で行われやすく、根性論は96%以上の確率で失敗します。)

1. 運動が認知機能に寄与する「効果の重要性」

2. どういう運動が認知機能を改善するか「方法論への理解」

3. モチベーションを維持していくための「運動維持の設計」

運動の認知機能改善効果

ひたすらメタアナリシスとシステマティックレビューだけを読んで、運動の抗認知症効果をまとめてみました。

運動がもたらす認知機能への良い影響を知らない人も多いので、因子としてピックアップしてみました。詳しい説明はまた書き加える予定でいます。

神経成長因子BDNFを増やす8つの戦略 その1(運動編)

認知機能を改善する運動方法

認知機能を改善するために優先すべき運動と、順序を記事にしてみました。

運動の継続

運動を継続していくための方法を文献を手がかりにまとめてみました。

運動などの行うべきあれこれを継続していくためのヒントを、関連書籍を20冊ほど読んで抜き出しています。

認知症患者に運動してもらう5つのアイデア(実体験)

いつも文献ベースで書いてばかりなので(汗)、個人体験を盛り込んで書いてみました。

睡眠

適切な長さと質の良い睡眠が、アルツハイマー病リスクを低下させる証拠は、疫学的にも生化学的なレベルでも多く報告されています。

認知機能と睡眠の関連性で最も重要なことは、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査と治療です。

健康な方も含めてですが、特に認知症患者さんでは早期であるほどその後の疾患の進行を左右するため、睡眠外来、内科などの検査機関で早期の段階で調べておくことをおすすめします。(最近は低価格の夜間記録可能なパルスオキシメーターも販売されています。)

・睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査と治療

・睡眠を妨害する要因の理解と除去

・良い睡眠を得るための根本療法・概日リズムを整える発想

(作成中)

ストレス

アルツハイマー病は生化学的な仕組みによって患者さんのストレスの感受性を高め、またストレス自身もアルツハイマー病の進行を加速化させることが研究で明らかになっています。

お互いに増幅し合う関係があるため、それぞれに対策を立て、悪循環を止めるために根本療法と対処療法を同時に取り組む必要があります。

・見えるストレス(アルツハイマー病を加速化させる環境的要因、心理的不安)

・見えないストレス (ストレスを増幅させる神経系やホルモン、HPA軸などの代謝障害)

見えるというのは認知しやすいという広い意味での見えるストレスですが、人間関係の軋轢だとか、病気の不安などストレスのトリガーとしてあるもので、ストレスの根本原因ではありません。

認知症ではストレスに対して対抗する内分泌的な仕組みが破綻しておりストレスへの感受性が高まっていることから生じています。それには特定のビタミン・ミネラル、ホルモンなどの不均衡、炎症や高血糖、毒素、睡眠時間の不足など、アルツハイマー病と同様に個人によって異なり多数の因子が関連しています。

そのため、アルツハイマー病治療としてのストレス緩和治療は、どの要因が大きく寄与しているのか把握しつつ根治療法と対症療法の両面作戦で取り組んでいく必要があります。

瞑想・ヨガ、太極拳などの自律神経療法

ヨガや太極拳などの自律神経、副交感神経に働きかける治療は、対症療法とも言い切れませんが、リコード法の基本を行なった上で実行すると強い効果を発揮します。

こういった自律神経に働きかけるストレス軽減策も重要ではあるものの、多くの代替療法、民間療法がすでに存在し、取っ掛かりとして入りやすいため利用者や関係者によって強調しすぎるきらいがあります。

優先順位を間違えなければ、興味のあるもの、個人的なこだわり、得意分野があれば、それらを始めてゆくことは良いと思います。特にそういったものがない場合、医学的な証拠のより多い、瞑想や呼吸法などを行うことをおすすめします。

毒素

認知機能を悪化させる主要な毒素は

・有害金属(水銀、ヒ素、鉛、カドミウム等)

・生物毒素(マイコトキシン、ライム病、真菌感染、ウイルス等)

・有機化学毒素(殺虫剤、農薬、大気汚染等)

の3つが存在します。アルツハイマー病への最も証拠の蓄積があるものは有害金属で、広義には電磁波も加わります。

毒素治療は単純化すると、

1. 暴露源の回避(摂取、呼吸、皮膚接触、嗅覚伝達、母胎、医療器具による侵入等)

2. 解毒機能を高める(腸、肝臓、腎臓、皮膚、肺、メチル化、グルタチオン)

3. 毒素の排出(キレート剤、発汗、食物繊維、クロレラ、葉酸など

の3つに集約されます。

※加えると、4.毒素で受けた組織や細胞のダメージの修復も必要ですが、多くは一般的リコード法プロトコルに含まれます

毒素の暴露源は様々に存在しますが一例に、以下のものがあります。

  • 職業上の暴露(産業労働従事者、農業労働者、消防士、他)
  • 建築材料、PVCカーペット、VOC塗料
  • プラスチック容器、製品、コーティング、接着剤
  • 一般農産物、輸入農産物、GMO食品、
  • 殺虫剤、除草剤、殺菌剤
  • 添加物、着色料、人工香料、人工甘味料
  • パーソナルケア製品、化粧品、香水
  • 難燃剤、おもちゃ、子供服
  • フッ素加工調理器具など
  • 加工食品
  • クリーニング
  • 食物アレルゲン
  • 大型魚、アマルガム
  • 地下汚染水
  • タバコ、違法薬物
  • 湿度の高い密閉空間(高断熱住宅など)
有毒物質のゲリラ化

毒性に関する問題は量の問題として捉えるべきだという批判がよくなされ、それは一義的にはその通りなのですが、DDT、ポリ塩化ビニル、歯科用アマルガム、アスベスト、ビスフェノールA、鉛、グリホサート(係争中)など歴史的に見れば、従来の毒性検査、または疫学調査で定量的に安全とされていた基準が覆うことも少なくありません。

また現代社会の環境毒素は低用量の内分泌撹乱剤として至る所に偏在しており、従来の毒性リスクとは様相が変わってきています。現在、米国環境保護庁(EPA)では87000以上の新規化学物質が登録されており、その多くはヒトでの長期的な安全性が保証されていません。(低用量の毒性リスクは動物実験による高用量の急性毒性から外挿されたものに過ぎない)

数百種類の化学物質の混合物が体内で相互作用した場合の振る舞いや、遺伝的なリスク感受性の違いもほとんど考慮されていません。

専門家でも議論が別れている個々の毒性物質のリスク評価を、一般市民が網羅的に行うことはほぼ不可能であり、そういった状況の中で議論が生じている毒性物質を可能な限り軽減するという定性的な対処法には一定の合理性があるだろうと考えています。

毒性試験をすり抜ける低用量毒素の危険性

とはいえ多くの人にとっては現代社会そのものを放棄するわけにもいかないため、検査で毒素の感受性と暴露源を特定し、優先順位を決定していくことも重要かつ現実的な対応方法のひとつではないかと思います。(ミクロとマクロの両方の視点で取り組む必要がある。)

また、毒性の検査が個々の単位で検査を行う必要があるのに対して、毒素の解毒と排出に関しては毒素の種類に関わらず共通するアプローチも多いため、認知症に限らず一般の方も(特に妊娠中の女性と小児)日常生活の中に取り入れていくことが汚染環境を生き抜く現代の知恵ではないかと考えています。

比較的共通性の高いデトックス治療方法としては以下のものがあります。

  • グルタチオン療法
  • 解毒能力を強化する食事・ハーブ(スルフォラファン、クレソン、含硫アミノ酸、コリアンダー等)
  • 解毒ビタミン・ミネラル(VB、亜鉛、マグネシウム、セレニウム等)
  • 毒素の吸収を妨げ排出を促進する食事・ハーブ(食物繊維、クロレラ、発酵食品)
  • サウナ療法
  • 純水の飲用
  • 有酸素運動(Nrf2活性、深部脂質の動員)

毒素暴露がなくともアルツハイマー病と関連する神経細胞や代謝障害への改善に寄与するため、毒素の検査や診断がすべて行えない場合には、検査結果に関わらず一定期間だけでも実行しておくことをおすすめします。(リコード法サイドの情報では、アルツハイマー病患者さんの毒性暴露率は60%)

生物毒素(CIRS)関連記事

CIRS(慢性炎症反応症候群)  概要

CIRS(慢性炎症反応症候群)診断

視覚コントラスト感度試験(VCS)

CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断

CIRS 検査指標・バイオマーカー

CIRS(慢性炎症反応症候群)カビ毒治療プロトコル 14ステージ

マイコトキシン 6つの治療アプローチ

有毒化学物質

健康・認知機能に影響を与える有毒化学物質リスト

有機酸検査

有害金属

毛髪ミネラル検査の信頼性と評価

毛髪ミネラル検査 必須金属

電磁波

電磁波のアルツハイマー病リスク

認知機能増強・脳トレ

ブレイントレ-ニング(脳トレ)

認知機能を効果的に向上させる脳トレーニングに求められる重要な要素は二つあります。

・新規性、挑戦、難易度

・継続していくための楽しさ

この二つはしばしば矛盾することがあります。性格に大きく左右されますが、一般的に認知症患者さんでは認知機能が衰えていることから、自分の馴染みのある、または得意なコンフォートゾーンで頭脳トレーニングをしたいと考える傾向があります。反対に新しい分野への取り組みはルールを覚えることが困難であり、苦手な事柄に対して面白さを覚えるまでのレベルに達することへのハードルも低くはありません。

新しく脳のシナプス結合を増やし認知機能の可塑性を高めていくためには、これまで試みたことのない分野、苦手なストレッチゾーンでの取り組みにより良い効果が期待できます。

自発性も認知機能の向上に大きな効果の差を生むことが研究で示されており、他者から無理やり押し付けられることによるストレスで認知機能の改善効果を失う可能性と難しさもあります。

他者との優劣が生じない、または劣等感を感じずに、かつ本人にとっては頭脳を使うことで成長や喜びが感じられるものが認知症患者さんにとっての一つの理想であると思います。(例えば、行ったことの無い地域でお気に入りのお店を探索するなど)

認知機能を鍛えるために脳トレでなければならないわけではないのですが、ブレインHQなどは、その二つをある程度解決するように作られており医学的証拠の蓄積もあるため、二つの条件を満たせるものを見つけられない場合は一つの良い選択だと思います。

脳トレ プログラム

サプリメント

サプリメントの多種多様性

サプリメントと言っても、健康食材が多種多様にあるように、その種類も様々で、品質、価格、ビジネス的思惑なども絡んで、現在の日本のサプリメント市場は混沌としています。しかし、往々にして知識の欠落からサプリメントというくくりで一切拒否する固定観念と、サプリメントだけに依存するイデオロギーの二つのグループに極端に分かれる傾向があるように思われます。

アメリカでも二極的な傾向はあるのですが、全体としてはサプリメントを取れば良いと考えるグループの人口比率が高いことから、ブレデセン博士の「サプリメントはデザートである」という警句があるように思います。

日本では(特に高齢者では)反対にサプリメントに対して抵抗感、拒否する人口比率が高いこととから大局的には反対の提案が必要だと考えています。またその他のリコード法プロトコルと比べて現実的な実効性の容易さからも、当サイトではリコード法と比較するとサプリメント治療により比重を置いている側面があります。

アルツハイマー病の評価に適していないランダム化比較試験

サプリメントの効果は医学的証拠が弱いなどと言われたりもしますが、それらのほとんどは単一の栄養素なり化合物をヒトへ投与した結果で判断する評価手法に基づきます。

そもそもアルツハイマー病が多くの因子によって発症する疾患であるならば、サプリメントに限ったことではありませんが、一つや二つの錠剤を摂取して(統計的な有意性という意味で)改善させることができると考えれるほうが無理筋ではないでしょうか?

その他、治療薬が承認されるためのランダム化比較試験は、参加者の個人差に弱く、経済的トレードオフが成立しておらず、疾患を引き起こすメカニズムの理解をほとんどもたらさない、疾患発症の「なぜ」に答えない。

これはアルツハイマー病のように複雑な疾患であるほど致命的な欠陥として現れます。

アミロイド仮説・タウ仮説云々の前に、鈍重さと実用性の欠如から現在のアルツハイマー病治療の承認試験制度(RCT)は実質機能不全を起こしています。

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0277953617307359

黎明期の医療情報をどう扱うべきか

何か一つの健康食材、例えばごぼうだけを食べ続けて癌が治るわけではなく良い食材をバランス良く摂る必要があるように、認知症治療におけるサプリメント・栄養補充もひとつひとつ検査値と研究結果を元に、全体の栄養バランスの中で判断していくことが重要です。

とにかく日本人高齢者のサプリメントに対する拒否感は強く、一般の多くのお医者さんもサプリメントに関してほぼ無知、無理解であるため、両者ともトレードオフの判断ができず、責任論を恐れて否定的な見解を述べる傾向があります。

サプリメントだけに限らないのですが、現在の認知症治療に関する医療制度の本質的問題点を抑えた上で、サプリメントの効果効能、品質、摂取量などの研究を確かめ、理論的な知識を固めておかないと、玉石混交の医療情報の中で、自らの思い込み、バイアスに振り回されずに回復に向かって進んでいくのは、なかなか難しいのではないかと考えています。

認知症治療薬・サプリメント一覧

認知症治療薬・サプリメント一覧(入手・実行可能な方法限定)

認知症治療標的候補として考えられているサプリメントを中心に医薬、行動療法なども含め要因・因子別に網羅的に記載しています。

サプリメントの総合案内

サプリメントの名称がわかっている場合は、検索窓口から探したほうが早いかもしれません。

アルツハッカーサプリメント(スタートアップ・プログラム)

「リコード法を何から始めていいかわからない」「サプリメントを何から始めていいかわからない」「リコード法の検査ができない」といった方向けのサプリメントを中心とした認知症回復プログラムです。

リコード法では本来、検査をもとにサプリメントの種類と用量が決定されます。そのため検査結果が大きく影響しないサプリメントと、低い摂取量で最大公約数的に構成しています。

アルサプ認知症回復プログラム スケジュール・購入<簡易>日本国内

アルサプ認知症回復プログラム スケジュール・購入<簡易>海外在住者向け

<標準>

アルサプ認知症回復プログラム<標準> スケジュール

アルサプ認知症回復プログラム<標準>+<オプション> 購入リスト

リコード法実践者との情報交換・交流

現状、患者同士の協力なくリコード法を実行していくことは技術的にも精神的にも行き詰まると感じており、コミュニティー参加は成功の大きな鍵となります。

しかし、まだどのように作っていくべきかそして運営していくべきか試行錯誤段階です。

そのためコミュニケーションツールもまだあれこれ分散している状態です。

以下にあるもので、好みにあうものを選んでもらえれば良いかと思います。

リコード法体験談

認知症の発症からリコード法に実施に至るまでの苦しい体験談を、みなさんの協力で書いていただきました。あらためてお礼を申し上げます。

リコード法実践者の声

フェイスブック リコード部

 facebook リコード部(交流メイン)

うにさんを発起人としてリコード部有志で運営しているフェイスブック、リコード部

リコード法を始めるかどうか迷っている方から、研究者、お医者さん、薬剤師、理学療法士、介護職の方まで、それぞれ幅広く専門分野の異なる方が参加されています。

Peing 質問コーナー

Peing -質問箱-

管理人への匿名質問コーナー。他の方からも参考になるという声を頂いていますので、個人間のプライバシーが関わるような質問以外はこちらにお願いできればと思います。

過去に回答した質問はこちらにまとめてあります。

Peing 匿名質問箱の回答 月別

スカイプチャット

スカイプのダウンロード:https://www.skype.com/ja/get-skype/

掲示板の引越し先を探すまでのつなぎのつもりで使っていましたが、最近はスカイプチャットをグループ、個人間どちらもメインで使っています。チャットと言っても使い方としてはメールに近い使い方です。

アカウントを取る必要がありますが、継続的なやり取りを希望される方は、

ID:alzhacker で探して一言声をかけてみてください。

リコード法実践者のブログ

ブログを初められた方は、是非お知らせください。

お問い合わせ・Eメール

アルツハッカーお問い合わせフォーム

メールはこちらまで info@alzhacker.com

アルツハッカーサイト掲示板

会員制の掲示板をご利用いただいていた方へ。

申し訳ありません。諸事情あり現在、新規登録を含め会員制掲示板を中止しています。

ツイッター、フェイスブック、スカイプ、Peing質問箱、一般の掲示板のご利用ををお願いします。

お願い

質問者さん側の情報量は多いほど、より高い精度のお答えが可能です。

長文の説明を要するお問い合わせにつきましては、返信にお時間をいただくことがあります。m(_ _)m

認知症改善情報をできるだけ効率よく多くの方に届けるために、グループ相談を基本としていますが、プライバシー等の理由で希望される方は個人間でのご相談もお受けしています。

※継続的なご相談はグループ・個人間両方ともスカイプのご利用をお願いしております。

※医療行為に該当するご相談はお受けできません。

リコード法関連文献

100名の認知機能低下の逆転症例(2018)最新

軽度認知障害(MCI)、主観的認知障害(SCI)、確定診断を伴わない認知機能低下を示す患者100名(英語) 改善の平均ポイント4.9

Bredesen, D.E., Sharlin, K., Jenkins, D., Okuno M., Youngberg, W., et al. (2018) Reversal of Cognitive Decline: 100 Patients. J Alzheimers Dis Parkinsonism 8: 450.

www.omicsonline.org/open-access/reversal-of-cognitive-decline-100-patients-2161-0460-1000450.pdf

アルツハイマー病における認知機能低下の逆転(2016)

Bredesen, D.E., et al. (2016). Reversal of cognitive decline in Alzheimer’s disease. Aging, 8(6): 1-9.

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27294343

吸入性アルツハイマー病(タイプ3)CIRSの表現型

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4789584/

認知機能低下の逆転 新しい治療プログラム(2014)

Bredesen DE. Reversal of cognitive decline: A novel therapeutic program. Aging (Albany NY) 2014;6:707–17. doi: 10.18632/aging.100690.

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25324467

日本語訳

アルツハイマー病の次世代治療薬(翻訳+加筆)機能低下の逆転