認知バイアス

ゲルマン健忘効果(Gell-Mann Amnesia effect)
Gell-Mann Amnesia

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.epsilontheory.com/gell-mann-amnesia/

2018年10月10日

ウエストワールド(1973)

「ゲルマン健忘効果」(Gell-Mann Amnesia effect)
を簡単に説明すると、次のようなものである。新聞を開くと、よく知っているテーマに関する記事がある。マレーの場合は、物理学。私の場合は、ショービジネス。記事を読むと、その記者は事実も問題も全く理解していないことがわかる。多くの場合、その記事は非常に間違っており、因果関係を逆さまにしたストーリーを提示している。私は、このような記事を「濡れた路面が雨を降らせる」と呼んでいる。新聞はこのような記事で溢れている。

いずれにせよ、ある記事の複数の誤りを憤慨したり面白がったりしながら読み、それから国内問題や国際問題にページをめくって、あたかも新聞の他の部分が今読んだ陳腐な記事よりもパレスチナについてより正確であるかのように読むのである。 ページをめくると、自分が知っていることを忘れてしまう」
Michael Crichton(1942-2008 
)

医師から小説家に転身し、映画監督となったマイケル・クライトンが、クォークを発見(命名)した物理学者の友人マレー・ゲルマンについて語ったものである。クライトンは、私の人生に最も影響を与えた本の一つである『アンドロメダ・ストレイン』を皮切りに、本や映画のテクノスリラーというジャンルをほぼ発明した。クライトンは『ジュラシック・パーク』で有名であるが、いつか彼の書誌を読んでみてほしい…彼が現代のアメリカ文化にどれだけ影響を与えたか、驚くばかりですよ。このノートの表紙の写真、1973年版の『ウエストワールド』のものであるが、これもクライトンのものである。

ゲルマン健忘効果については以前にも書いたが、今回は単独でBriefとして取り上げたいと思う。なぜか?なぜなら、メディア全般、特にソーシャルメディアに関する今日の社会的病理の主な原因は、この効果にあると考えるからだ。

もし、あなたやあなたの会社が新聞記事の主役になったことがあるなら、クライトンが言っていることがよくわかるだろう。この記事は単純に間違っている。細部にわたって間違っているだけでなく、動機、原因、意味合い、基本的な事実……すべてにおいて間違っているのだ。それを読んで、「どうしたらこの茶番記事を編集・撤回・リライトしてもらえるのだろう、どうしてこの作家はこの状況をそんなに間違っているのだろう」と思うのである。

しかし、実際に個人的な知識があるメディアの記事を読んで、このように痛感したにもかかわらず、次に読む記事は、そうでない記事をためらいもなく信じてしまうのである。

私たちは宣教師に反応するよう仕組まれている。「仕組まれている」というのは、生物学的な意味である。それが、フィアット・ニュース(事実としての意見の投影)を機能させているのである。トランプ列車やチーム・エリート・クラブを動かしているのも、これである。事実が重要でないわけではない。事実が重要なのだ。しかし、ある声明が事実であると宣教師が提示することで、一般常識ゲームの中でそれを事実とするのに十分である。それこそが「共通の知識ゲーム」なのである。必要なのは、効果的な宣教師だけだ。

誰もが秘密にしていること。誰もがその行為に参加している。できる人は皆、宣教師として常識ゲームをやっているのである。そして、できない人は皆、遊ばれているのである。

それは、マイケル・クライトンも含めてである。クライトンの小説や映画であまり記憶に残っていないものに、1994年に公開されたマイケル・ダグラスとデミ・ムーア主演の『ディスクロージャー』がある。これは、マイケル・ダグラスがセクハラの冤罪(?)でハメられたことに気づいたときに撮った、その映画のスチール写真である。

カバノフ公聴会で一体何が起こったのかを皆で考えようとする人には必見の映画であり、批判的思考を持つ人が今日、不快感でもだえずに見ることができない映画である。なぜか?なぜなら、この映画の中心的な筋書きは、ニュースと情報の構築であるだけでなく、映画というものの中心的な筋書きも同様だからだ。

こう言ってはなんだが、マイケル・クライトンは5回結婚していて、有名な話であるが、ハーヴェイ・ワインスタイン以降のハリウッドでは、いくつかの……えーと……困難を抱えたことだろう。

『ディスクロージャー』は、『ナラティブ』の構築についての映画というだけではない。

『ディスクロージャー』は、ハリウッドのスタジオシステムと、それによって富と権力を得たワインスタインやクライトンのような男たちの利益に奉仕する、非常に特殊な物語を構築する映画である。

これはNarrative creationである。これは入れ子になったメタゲームの最も良い例の一つである。だからこそ、批判的な目であらゆるものを消費することが重要なのである。なぜなら、私たちは常に、そして誰からも遊ばれているからだ。エンターテインメントにおいても。特にエンターテイメントにおいて。それは意識せずに忍び寄る。その目的は意識せずに忍び寄ることだからだ。

そして、今世界を席巻しているエンターテイメントとは何か?それはもはやハリウッドではない。映画でもない。ソーシャルメディアである。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました