認知バイアス

認知バイアス

論理的誤謬のマスターリスト

Master List of Logical Fallacies 論理的誤謬のマスターリスト 誤謬とは、偽りの、あるいは欺瞞に満ちた論証のことであり、「がらくたの認知」、つまり、反論できないように見えて何も証明していない論証のことである。誤謬はしばしば表面的には健全に見え、明らか
メディア、ジャーナリズム

間抜けなアイデアが、なぜ賢い成功者を惹きつけるのか?
知的な人ほど、自分の信念が風評に及ぼす影響を理解する能力に長けている

Why Dumb Ideas Capture Smart and Successful People 2023/11/19 多くの人が議論ハックを発見した。何かが間違っていると主張する必要はない。それが低い地位と関連していることを示せばいいのだ。逆もまた真なりである。それが高い地
認知バイアス

熟慮性とは? with GPT-4
What is deliberateness? GPT-4

熟慮性とは 熟慮性(じゅくりょせい)とは、物事を深く考えてから行動する特性や態度を指す。これは、即断即決を避け、長期的な結果や可能性について熟考し、その上で意思決定や行動をすることを意味する。 政治学において「熟慮民主主義」(deliberative democracy)という概
不確実性、不確定性、ランダム性

自己欺瞞の普遍性を理解する
不正確な情報の進化論的有用性

Understanding the Ubiquity of Self-Deception The Evolutionary Utility of Incorrect Information ラウウルフ, ポール 2016 バース大学 本論文の著作権は著者にある。本論文へのアクセス
認知バイアス

複雑性バイアス:なぜ私たちは単純なものより複雑なものを好むのか?
Complexity Bias: Why We Prefer Complicated to Simple

複雑性バイアスとは、複雑な概念を過度に信用してしまう論理的誤謬である。 競合する2つの仮説に直面した場合、私たちは最も複雑な仮説を選択する可能性が高い。それは通常、仮定と回帰が最も多い選択肢である。その結果、問題を解決する必要があるとき、私たちは単純な解決策を無視し、代わりに複雑
心理学

人はいかにして不用意に心理分析するか
わたしたちは個人的な利益のために心理学を武器にする

How People Psychologize Unwisely キーワード:Psychologization、心理主義化、心理化、心理学還元主義 投稿日:2020年5月18日| Jeremy E. Sherman Ph.D. 少しの知識は危険であり、多くの知識はさらに危険である
認知バイアス

知的虚栄心:不確実性を認めるという失われた芸術
死にゆく芸術としての知的謙虚さ

Intellectual Vanity: The Lost Art Of Admitting Uncertainty シンプリシウス・ザ・シンカー 2023/06/03 現代は、理屈や議論をする能力が失われた悲しい時代である。そのため、すべての言説が薄っぺらいものになっている。私
中西部の医師

情報過多の時代のフィルター
それらがどのように医療の実践を形成しているのか

Filters in the Age of Information Overload 中西部の医師 2023/05/09 私の同僚の一人が、なぜこの社会が狂気に支配され、ますます多くの人々が道を踏み外すように見えるのか、説得力のある理論を提唱している。 今、私たちは常に多くの情報
認知バイアス

カープマンの「ドラマの三角関係」
The Drama Triangle

ニコル・レペラ博士 心理学者のスティーブン・カープマン博士は、「ドラマ・トライアングル」を考案しました。私は、この力学がほとんどすべての機能不全の関係にあり、ほとんどの人がそれに気づいていないことを発見しました。 ここから、あなたが学べることがあります: ドラマトライアングルが生
対立・深い意見の不一致

「深い意見の不一致」とは
Introduction to Deep Disagreement

by GPT-4 深い意見の不一致とは 深い意見の不一致とは、2つ以上の当事者が持つ基本的な信念、価値観、または仮定に重大かつ深い違いがあることを特徴とする紛争の一種である。政治、倫理、科学、宗教、哲学など、人々が強い信念を持つ領域で、このような不一致が生じることが多い。深い意見
官僚主義、エリート、優生学

知性の罠 | なぜ賢い人は愚かな過ちを犯すのか
The Intelligence Trap: Why Smart People Make Dumb Mistakes

The Intelligence Trap: Why Smart People Make Dumb Mistakes デービッド・ロブソン 目次 はじめに 第1部 インテリジェンスの弊害高いIQ、教育、専門知識はいかにして愚かさを助長するか 1 ターマンの栄華と衰退 知性とは何か
対立・深い意見の不一致

ハイ・コンフリクト / 激しい対立
なぜ私たちは罠にはまるのか、そしてどうすれば抜け出せるのか

High Conflict: Why We Get Trapped and How We Get Out GPT-4+Alzhacker 解説 第1章 対立の下敷きになるもの 第1章では、対立の下敷きになる要素について詳しく述べられている。主な要素は以下の通り。 各自のアイデンテ
認知バイアス

ストローマン論法(藁人形論法) | 誤謬論についての一考察
Straw Man Arguments: A Study in Fallacy Theory

目次 1 誤謬論とストローマン 1 2 誤謬の名称とストローマンの歴史 29 3 「藁人形」「弱者」「空っぽの男」 53 4 ストローマンとアイアンマン 85 5 効果のパズル 113 6 弁証法とメタ論証のパズル 139 7 誤謬理論への帰結 181 ノート 215 参考文献
心理学

不協和低減の一般モデル 感情調節の視点による過去の説明の統一化
A General Model of Dissonance Reduction: Unifying Past Accounts via an Emotion Regulation Perspective

A General Model of Dissonance Reduction: Unifying Past Accounts via an Emotion Regulation Perspective Front Psychol.2020; 11: 540081. 2020年1
認知バイアス

チェスタートンのフェンスについて
On Chesterton's Fence

On Chesterton's Fence bytrentbrick 2020年9月11日 チェスタトンの「フェンス」は重要であり、それを見極め、評価するのは非常に難しい。限られた時間、豊富な愚かさ、膨れ上がったエゴの中で、既存の物事のやり方を十分に深く見ず、「修正」しようとする
心理学

「Inoculation theory」 接種理論 / wikipedia
Inoculation theory

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用 概要 接種理論は社会心理学/コミュニケーション理論であり、例えば、より強い将来の脅威の弱められたバージョンに事前にさらされることによって、身体が病気から保護されるのと同じように、態度や信念が説得や影響から保護されるこ
グローバリゼーション

西洋文明の死
The passing of western civilization

Futures.2020 Sep;122: 102582. 2020年5月23日オンライン公開 doi: 10.1016/j.futures.2020.102582 ケネス・B・テイラー 概要 近代西洋文明は、20世紀後半に頂点を迎え、200年以上の歳月をかけて進化し、世界中に広
メディア、ジャーナリズム

マジックの脳科学と心理学から見えてくる誤情報の正体
What the Neuroscience and Psychology of Magic Reveal about Misinformation

2022年12月10日 概要 私たちが誤った情報を信じるとき、私たちは錯覚に陥っているのである。私たちはしばしば、入手可能なデータを客観的かつ批判的に解釈することとは無関係な理由で、誤った情報を信じてしまうことがある。重要な事実が気づかれなかったり、報道されなかったりする。情報が
認知バイアス

ゲルマン健忘効果(Gell-Mann Amnesia effect)
Gell-Mann Amnesia

2018年10月10日 ウエストワールド(1973) 「ゲルマン健忘効果」(Gell-Mann Amnesia effect) を簡単に説明すると、次のようなものである。新聞を開くと、よく知っているテーマに関する記事がある。マレーの場合は、物理学。私の場合は、ショービジネス。記事
認知バイアス

虚偽の信念に関する推論における知識の呪縛(知識の呪いバイアス)
The Curse of Knowledge in Reasoning About False Beliefs

スーザン・バーチ(Susan A.J. Birch)1、ポール・ブルーム(Paul Bloom)2 1ブリティッシュコロンビア大学(カナダ、ブリティッシュコロンビア州バンクーバー)、2イェール大学 要旨 人間の行動を正確に理解するためには、他人が何を知っていて、何を信じているかを
alzhacker.com をフォロー