ハイ・コンフリクト / 激しい対立
なぜ私たちは罠にはまるのか、そしてどうすれば抜け出せるのか

レジスタンス・抵抗運動対立・深い意見の不一致抵抗戦略認知バイアス

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

High Conflict: Why We Get Trapped and How We Get Out

GPT-4+Alzhacker 解説

第1章 対立の下敷きになるもの

第1章では、対立の下敷きになる要素について詳しく述べられている。主な要素は以下の通り。

  • 各自のアイデンティティの脅威: 対立が発生する大きな要因は、個人が自分のアイデンティティや価値観に対する脅威を感じることである。これは、人々が自分のグループや信念に対する攻撃として受け止めることが多いためだ。
  • 悪役の構築: 対立が高まると、相手を悪者として見る傾向がある。これにより、相手と協力する意欲や理解し合おうとする気持ちが失われてしまう。
  • ゼロサムの思考: ハイ・コンフリクト状況では、しばしばゼロサム(勝者が全てを手に入れ、敗者が何も得られない状況)の思考が支配的になる。これにより、双方が譲歩することが難しくなり、状況の解決が困難になる。
  • 負の感情のスパイラル: ハイ・コンフリクト状況では、負の感情が増幅されることがある。恐怖、怒り、不安などの感情が抑えられず、対立がエスカレートする原因となる。
  • コミュニケーションの障壁: 対立が高まると、効果的なコミュニケーションが妨げられることがある。相手の言動に対して防御的になり、誤解や不信感が生じやすくなる。

第2章 ハイ・コンフリクトの解剖学

第2章では、ハイ・コンフリクトの構造とダイナミクスを掘り下げ、人々がハイ・コンフリクトに陥る理由とそこから脱出する方法を読者に理解させることを目的としている。この章では、ハイ・コンフリクトの発生と持続に寄与するいくつかの重要な側面に分かれている。

  1. 認知的なトラップ:著者は、対立を激化させる認知バイアスや感情的な推論が果たす役割について論じている。人は、自分の既成の信念を確認するために情報を選択的に解釈する傾向があり(確証バイアス)、他人の意図の悪意を過大評価することが多い(基本的帰属エラー)。このような認知の罠は、現実の認識を歪め、対立を解決することを難しくします。
  2. アイデンティティに基づく対立:ハイ・コンフリクトは、個人や集団のアイデンティティに対する脅威を伴うことが多く、より個人的で激しいものとなる。自分の価値観やアイデンティティが攻撃されていると感じ、自分の立場に固執し、妥協を許さないようになる。
  3. 対人恐怖症:著者は、内集団と外集団の形成がいかに対立を悪化させるかを説明している。対立が激しい状況にある人は、対立する相手を劣等感や悪とみなし、非人間的になる傾向がある。このような考え方は、相手に共感することを難しくし、敵対関係をエスカレートさせることにつながる。
  4. フィードバックのループ:対立が激しいと、攻撃や敵意を感じた側がそれに応えるという、負の連鎖が生じる:著者は、このようなフィードバック・ループがいかに対立を永続させ、そこから抜け出すことを難しくしているかを示している。
  5. 紛争起業家の役割:本章では、政治指導者、メディア、利益団体など、対立が激化することで利益を得る個人や団体の役割も取り上げている。これらの「紛争起業家」は、自分たちの利益のために紛争の炎を燃やし、解決に至るのをさらに難しくしてしまうかもしれない。

この章では、著者は実例を用いてこれらの概念を説明し、ハイ・コンフリクトに関する理解を深めている。これらの側面を特定し、その影響力を認識することで、読者は自分がなぜハイ・コンフリクトに陥ってしまうのかを理解し、そこから抜け出すための努力を始めることができる。著者は、意識、共感、コミュニケーションが、これらの力を打ち消し、より健全で建設的な紛争解決を促進するのに役立つことを示唆している。

第3章 トラップから脱出する

第3章では、個人や集団がハイ・コンフリクトから脱却するための戦略やテクニックに焦点をあてている。本章では、ハイ・コンフリクトの状況から自分を切り離すための自己認識、共感、建設的なコミュニケーションの重要性を強調している。本章のキーポイントは以下の通り。

  • 自己省察:著者は、読者に対して、紛争における自分の役割や認知的なバイアスを確認するために、自己反省をするようアドバイスしている。問題への自分の貢献を認めることで、自分の行動を変え、解決に向かうことが可能になる。
  • アクティブリスニング:著者は、対立する者同士の溝を埋める手段として、アクティブ・リスニングの重要性を強調している。相手の立場に立って話を聞き、理解することで、共感が生まれ、共通の認識を持つことができる。
  • 好奇心と謙虚さ:著者は、好奇心と謙虚さを養うことで、異なる視点を理解し、新しい情報を受け入れることができるようになることを示唆している。この開放性によって、当事者は凝り固まった立場から脱却し、別の解決策を模索することができる。
  • 対立をリフレーミングする:著者は、対立をリフレーミングして、共通の目標や価値観に焦点を当てることの威力について論じている。個人的な相違から共通の目標に焦点を移すことで、協力と妥協を促す環境を作り出すことができる。
  • 対話に参加する:著者は、より建設的なコミュニケーションを促進するために、構造的な対話に参加することを推奨している。相手の立場を再確認したり、自由形式の質問をしたりすることで、緊張をほぐし、相互理解を促進することができる。
  • 第三者の助けを借りる:場合によっては、調停者や紛争解決専門家など、中立的な第三者の協力を得ることが有効な場合もある。これらの専門家は、公平な視点を提供し、コミュニケーションを促進し、当事者同士が合意できる解決策を導くことができる。

この章を通して、著者は、これらの戦略を採用することによって、ハイ・コンフリクトの状況から脱出することに成功した個人やグループのストーリーや事例を紹介している。著者は、ハイ・コンフリクトからの脱出は容易ではなく、粘り強さ、自己認識、変化への意欲が必要であることを強調している。しかし、これらの原則と戦略を取り入れることで、個人やグループは、破壊的な対立を成長と前向きな変化の機会に変えることができる。

目次

  • タイトルページ
  • 献辞
  • エピグラフ
  • 用語集
  • 主な登場人物
  • はじめに
  • 第1部 対立の中へ
  • 第1章 対立の下敷きになるもの
  • 第2章 :バイナリーの力
  • 第3章 :ファイヤースターターズ
  • 第2部 :アウトオブコンフリクト
  • 第4章 :時間を買う
  • 第5章 :スペースを作る
  • 第6章 :リバースエンジニアリング
  • 第7章 :物語を複雑にする
  • 著者のコメント
  • 付録I:世界のハイ・コンフリクトを見分ける方法
  • 付録II:自分の中のハイ・コンフリクトを認識する方法
  • 付録Ⅲ:ハイ・コンフリクトを防ぐには?
  • 著者について
  • 主な参考文献
  • 注意事項
  • インデックス
  • 著作権について

「悪いことをした、正しいことをしたという考えを超えたところに、フィールドがある。「私はそこであなたに会うだろう」

-スーフィーの詩人ジャラール・アルディン・ムハンマド・ルーミー、13世紀

用語集

確証バイアス

新しい情報を自分の既成の信念を裏付けるものとして解釈してしまう人間の傾向。

対立起業家

彼らの自身の目的のためのハイ・コンフリクトを利用する人々。

対立の罠

磁気になる競合は、自分の最善の利益にもかかわらず、人々を引き込む。ハイ・コンフリクトの特徴。

接触理論

異なる集団の人々が、ある条件下で、一緒に時間を過ごすと、互いに偏見を持たなくなる傾向があるという考え方。

クックポット

表面的には対立しているように見えるが、本当は別のことが問題になっている、という問題の略語

サイバーボール

社会的排除の影響を研究するために、研究者によって作られたシンプルなオンラインボール投げゲーム。

ファイヤースターター

集団のアイデンティティ、対立起業家、屈辱、腐敗など、対立を暴力に爆発させる促進剤。

第4の方法

通常の3つの道である「逃げる」「戦う」「黙る」よりも満足度の高い、対立を乗り越えるための方法 対立に寄り添う。

良い争い

深刻で激しくもあるが、どこか役に立つところにつながる摩擦。非人間的なものに崩壊することはない。健全な対立とも呼ばれる。

ハイ・コンフリクト

自己永続的な、すべての消費になる競合は、ほとんどすべての人がより悪い終わるで。典型的な私達対彼らの対立。

屈辱

尊厳、誇り、地位が不当に失われ、強制的に公衆の面前に晒されること。ハイ・コンフリクトと暴力につながる可能性がある。

バカドライバー反射

他人の行動をその人の本質的な性格の欠陥のせいにし、自分の行動を自分が置かれた状況のせいにしてしまう人間の傾向。基本的帰属エラーとも呼ばれる。

コミュニケーションの錯覚

コミュニケーションしていないのに、何かを伝えたと思い込んでしまうことで、極めて一般的であり、かつ誤った考え。

ラブレア・タールピット

ロサンゼルスにある、氷河期以降、地表の下から天然のアスファルトが湧き出している場所。対立が激しいことの比喩。

Looping for Understanding(ルーピング・フォー・リーディング)

話を聞いている人が、話している人が言ったと思われることを振り返り、その要約が正しいかどうかを確認する、反復型のアクティブ・リスニングの手法である。Gary FriedmanとJack Himmelsteinによって開発され、彼らの本 Challenging Conflict で詳しく説明されている。

魔法の比率

人々の間の毎日の肯定的な相互作用の数が否定的な数をかなり上回るとき、対立を健康的に保つのを助ける緩衝材を作成する。(心理学者のジュリー&ジョン・ゴットマン夫妻の研究によると、例えば結婚生活では、魔法の比率は5対1だそうだ)。

ハイ・コンフリクトのパラドックス No.1

私たちは、ハイ・コンフリクトによって活気づき、また、それに悩まされている。私たちはそれを終了するには、私たちはそれを継続する必要がある。

ハイ・コンフリクトのパラドックスNo.2

集団は、危害を加える義務、あるいは、危害を加えない義務、平和を実現する義務などの義務をもたらす。

ハイ・コンフリクトのパラドックスNo.3

誰もあなたが理解し、今の自分を受け入れると信じるまで、彼らの望む方法で変更されない。(そして、時にはそれさえもない)。

バイナリの力

現実や選択肢の危険な削減だけ、2 つに。例えば、以下のようなものである。黒と白、善と悪、民主党と共和党。

飽和点

対立の中で、損失が利益より重く感じられる点、転換の機会。

テリング

ある対立において、誰がどのグループに属しているかを素早く把握するために、表面的な近道(服装や髪の色など)を利用すること。北アイルランドで使われる用語。

アンダーストーリー(Understory)

通常の論点の下にある、対立が本当に関係している事柄(Crock potを参照)。

主要人物

イギリス・オックスフォード
  • マーク・ライナス 環境保護活動家、作家。元は遺伝子組み換え作物に対する活動家。
カリフォルニア州ミューアビーチ
  • ゲイリー・フリードマン 紛争調停者、作家、元裁判官。自身の住むカリフォルニア州ミュアビーチで地方選挙に出馬。
  • ターニャ 労働者オーガナイザー、作家、ゲーリーの隣人。ゲイリーの政治戦略家として選挙戦に参加した。
  • ヒュー  ビジネスパーソン、現・元役員、ゲイリー氏の隣人。ゲイリーとの対立における「オールドガード」のメンバー。
  • エリザベス デザイナー、元役員、ゲイリー氏の隣人。「ニューガード」のメンバー。
イリノイ州シカゴ
  • カーティス・トラー 暴力の邪魔者、俳優、ブラック・P・ストーン・ギャングの元リーダー。
  • ベンジー・ウィルソン 1980年代のシカゴで活躍した高校バスケットボールのスター選手。
  • ビリー・ムーア ブラック・P・ストーンのライバルであるギャングスター・ディサイプルズの元メンバーで、バイオレンス・インターラプター、作家。
  • コロンビア・ボゴタとメデジン
  • サンドラ・ミレーナ・ヴェラ・バストス 社会正義の提唱者であり、元ゲリラの戦士。コロンビアの内戦から自主的に退場。
  • ディエゴ サンドラが自首した日に同行した警察官で、サンドラの旧友。
  • フアン・パブロ・アパリシオ サッカーに関連したプロパガンダが、コロンビアの紛争から人々を脱出させるのに役立っているかどうかを調査した大学院生。
ニューヨーク市、ニューヨーク州
  • ホセ・ロランド・「ロリー」・マタロン(José Rolando 「Roly」 Matalon)。マンハッタンのシナゴーグ「B’nai Jeshurun」(会員には「BJ」と呼ばれている)のシニアラビである。
  • カレブ・フォレット ミシガン州中央部に住む、保守的でキリスト教徒である矯正職員。
  • マーサ・アッケルスバーグ ニューヨーク在住のリベラルなユダヤ人学者。

序論

1999年、イギリス・オックスフォード郊外で遺伝子組み換え作物の畑に突入した抗議する人々を逮捕する警察。ニック・コビング

マーク・ライナスは、基本的に人を怒らせるのが好きではなかった。彼は歴史の本を読むことと、アルティメット・フリスビーで遊ぶことが好きだった。小さなチャリティ・ネットワークのウェブサイトを編集する仕事をしていた。科学者の息子である彼は、環境保護に情熱を燃やしていた。しかし、彼は自分の主張を叫ぶよりも、文章にすることを好んだ。

しかし、1999年のある夜、マークはイングランド東部の自宅近くの農場に、黒ずくめの服装でナタを持って不法侵入しているのを発見した。鉈を振り下ろし、健康なトウモロコシの茎を次々と切り裂いていくのは、絶対に正しい行為だと思った。

鉈を畝の上から下へ、仲間の活動家に当たらないように注意しながら、几帳面に作業していた。空気は湿った土と裂けたばかりの根っこの匂いがした。彼は時々、眼鏡を調整するために立ち止まった。

このようなことがあるように、始まりはごく自然なものだった。数年前、マークはイギリスの海辺の町で、自分と同じような若い環境保護活動家が集まる会合に参加したことがある。そこで彼は、「遺伝子操作」というものを知った。モンサントという巨大な化学会社が、より良い作物を育てるために、種子のDNAに手を加え始めたのだ。マークにとっては、かなり不気味な話だった。なぜ、そんなことをするのだろう?

もちろん、利益のためだ。そのモンサント社のバイオテクノロジーで作られた植物には、超能力があった。モンサント社の除草剤、ラウンドアップの散布にも耐えることができるのだ。

マークは身を乗り出した。マークは身を乗り出した。モンサント社は、ベトナム戦争で米軍が使用した有毒な除草剤「エージェント・オレンジ」の製造に協力した会社であることが分かった。そして今、モンサント社は、来るべき毒ストームから生き残るために、自社のSF的な種子だけが生き残れるような生態系を作り上げようとしているのだ。

この話を聞いて、マークはあるパターンに気がついた。ちょうどその頃、イギリスでは狂牛病が騒がれていた。何千頭もの牛が、致命的な脳の感染症にかかったのだ。何年も前からイギリス政府は、汚染された牛肉が人間に害を与えるという証拠はないと主張していた。「何も問題ない! 続けてほしい!」しかし、それは完全に間違っていた。この病気のヒトの変異株は、牛肉と関係があるようなのだ。政府は撤回を余儀なくされた。結局、200人以上が亡くなることになった。

大企業から国民を守るために、政府は信用できないという証明である。そして今、そのことが繰り返されているようだ。巨大な多国籍企業が食糧供給に干渉し、自然をもてあそんでいるのだ。

知れば知るほど、マークは憤りを覚えた。何かしなければならない。そこで彼は、遺伝子組み換え作物の危険性を警告する最初の記事の1つである、悲痛な叫びを書いた。化学や食品の多国籍企業がより大きな利益を求めて進めている世界的な遺伝子実験において、私たち消費者はモルモットである」と、彼は『コーポレート・ウォッチ』誌に書いた。もし、企業が「遺伝子操作された農産物を受け入れさせようとする戦いに勝てば、地球上の生命の流れは永遠に変わってしまうかもしれない」と警告したのである。

その脅威は実存的で緊急のものである。「これからが危険な時代だ」と。この記事は説得力があり、人々の話題になった。そこで、彼は別の作品を書き、また別の作品を書いた。そして、あの夜、現場で行われたような「除染」に参加するようになった。

後日、マークは「いつから見逃すようになったんだろう」と思ったという。すぐには無理だった。モンサント社に疑念を抱くのは、それなりの理由があった。しかし、いつの間にか間違いを犯すようになっていたのだ。振り返ってみると、実に驚くべきことだった。しかし、それは後の祭りである。

その夜、広々とした畑の向こうに突然、警察が現れた。マークは地面に倒れ込み、胸が高鳴った。こんなことは今まで一度もなかった。懐中電灯の光が野原を横切っていく。無線機の音と静電気が聞こえ、近づくにつれ、犬の喘ぎ声や鳴き声が聞こえてきた。横になって、彼は警察犬について聞いたことを思い出した。警察犬は噛んで離さないように訓練されているというのだ。彼はそれが真実でないことを願った。

その時、彼は、すべてが奇妙であることに気づいた。「私は法律をよく守っている。眼鏡をかけているんだ。トランクルームで顔を殴られるのが嫌なんだ。対立するような状況には、まったく興味がないんだ」しかし、彼はここにいた。眼鏡を新しくなった土に押し付け、犬に狩られた。

ハイコンフリクト

これは、イデオロギー論争、政治的確執、あるいは暴力団の復讐において、人々を狂気へと駆り立てる不思議な力についての本である。同僚や兄弟、会ったこともない政治家との対立に取り憑かれ、夜も眠れなくなるような力である。

激しい対立は、健全な対立の有用な摩擦とは異なる。それは良い対立であり、私たちをより良い人間へと押し上げる力である。良い争いとは、赦しとは違うものである。降伏とは何の関係もない。ストレスがたまり、熱くなることもあるが、私たちの尊厳は損なわれることはない。良い対立は、戯画化されたものではない。私たちは、誰もが常にすべての答えを持っているわけではなく、すべての人がつながっているという現実に対してオープンであり続けるのである。私たちは、自分を守るため、お互いを理解するため、そして向上するために、健全な対立を必要としている。昨今、私たちは健全な対立をより多く、より少なく必要としている。

これに対し、「高次元の争い」とは、対立が「善と悪」、つまり「私たち」と「彼ら」の対立に明確化した場合に起こる現象である。

ハイコンフリクトでは、通常の交戦ルールはもはや適用されない。このような状態では、相手との出会いが、文字上であれ、仮想上であれ、より大きなものになる。脳の働きも変わってくる。自分たちの優位性をますます確信すると同時に、相手側をますます不思議に思うようになる。対面であれケーブルニュースチャンネルであれ、相手側に遭遇したとき、私たちは胸が締め付けられるような、怒りと恐怖が入り混じったような感覚を覚え、相手側がどんな非常識で見当違いな、危険なことを言っているのかを聞くことになるかもしれない。

興味深いことに、両陣営ともこのような同じ感情を抱いていることが多いのだが、お互いに議論することはない。SNSで相手を罵倒したり、不愉快な同僚について人事に文句を言ったり、対立を終わらせようとすることは、事態を悪化させるだけなのだ。

ハイ・コンフリクトの影響を受けやすい人もいる。セラピストが「ハイ・コンフリクトパーソナリティ」と呼ぶ人たちである。このような人は、すぐに非難し、自分が正しいと確信し、常に警戒している。私たちの多くは、このような人を知っている。断層がはっきりしていて、常に自分から遠ざかっていくような人。しかし、私たちの多くは、このようなタイプではない。私たちの多くは、可能な限り衝突を避けようとする。この回避は、後述するように、それ自身の問題をもたらす。

結局のところ、ハイ・コンフリクトは、何らかの形で私たち全員に影響を及ぼす。私たち自身が対立に巻き込まれるか、あるいは私たちの大切な人々やコミュニティが対立に巻き込まれるのを見るか、時には何世代にもわたって対立に巻き込まれるのである。

異なる大陸にまたがる研究において、対立に巻き込まれた人々は何度も何度も、自分たちのフラストレーションを、相手側の最初の攻撃に対する正当な反応であると説明している。事実がどうであれ、両者は自分が防衛的な反応をしているのだと確信する。そして、何度も何度もその確執に立ち戻り、損傷されたことを箇条書きにし、火のように焚きつけるのである。

なぜ、このようなことが起こるのだろうか。理論的には、ほとんどの人が兄弟や隣人を悪者にすることの危険性を理解している。実際、他人との永遠の緊張関係の中で生きたいと思う人はほとんどいない。では、なぜ私たちはそれを続けているのだろうか?なぜ私たちは、良い争いに戻したくても戻れないのだろうか。

それが、北カリフォルニアの海岸にある楽園から始まる本書の最初の謎である。ここで、世界的に有名な対立専門家であり、地方政治をより良いものに変えようと、地方政治への参入を決意したゲイリー・フリードマンに出会う。

私たちは、この現象の重層性を理解するために、思いがけない場所で静かにエスカレートした対立に焦点を当て、小さなことから始める。対立は、見かけによらないものであることが多い。それは、最も興味深い部分であるアンダーストーリーがある。トウモロコシの苗は、決してただのトウモロコシの苗ではない。

次に、対立がどのように爆発するのかを調べる。なぜ、ある対立が勃発し、暴力的になって何世代にもわたって続く一方で、ある対立は煮え切らないまま、あるいは完全に消えてしまうのか。シカゴで復讐に明け暮れた元ギャングのリーダー、カーティス・トラーに会い、世界中の対立を燃え上がらせる4つの促進剤について学ぶ。

その目的は、対立をより深く理解することで、対立が起こることを察知し、自分自身や他の人々が対立から抜け出せるよう手助けすることである。そして、それが最も興味深い謎につながるのである。

人はハイ・コンフリクトから逃れることができる。個人、あるいはコミュニティ全体が、対立のフィードバックループをショートカットする方法を見出すのである。彼らは突然同意するわけではなく、ここが重要なのだが、自分の信念を放棄するわけでもない。また、ある立場から反対の極端な立場へと転向する亡命もしない。

その代わり、もっと面白いことをする。それは、まだ同意できないことを理解できるようになることである。第二言語を習得するように、自分の信念を崩すことなく、相手の意見を聞き入れることができるようになるのである。そして、それがすべてを変えるのである。好奇心が戻ってくる。人間性がよみがえる。IQも上昇する。争いは、ただ疲れるだけでなく、必要で良いものになるのである。

どのようにこれが起こるか – ハイ・コンフリクトから健全な対立へのこのシフト?どのようなパターンがあるだろうか?第一、第二、第三に何が必要なのか?そして、そのプロセスを後押しすることはできるのだろうか。

町全体、あるいは国全体で、大規模な紛争を防止したり、混乱させたりすることはできるのだろうか。それを知るために、私たちはコロンビアのボゴタに行き、サンドラ・ミレーナ・ヴェラ・バストスというゲリラの闘士に会う。彼は、内戦から正式に、合法的に、そして任意で抜け出す道を選び、何千人もの人々がその道を進むために何が必要かを理解している。

そして最後に、紛争が絶えない地域を最初から予防する方法について紹介する。米国に戻り、ニューヨークのセントラルパークのすぐ近くにある珍しいシナゴーグを訪ねる。このシナゴーグは、対立を好奇心と信念をもって調査し、たとえそれが不快なものであったとしても、異なる方法で対処することを学んだ。私たちは、リベラルなユダヤ人のグループがこのシナゴーグからミシガン州の田舎に行き、地元の刑務所で働く保守的なトランプ支持者の家で3日間を過ごす様子を追うことになる。それは戸惑いと挑発に満ちた光景である。2つのグループが、政治的な対立を高いものではなく、再び健全なものにしようと、ほとんどの本能に逆らっているのである。

この「ハイ・コンフリクト」という現象は、魅力的でありながら誤解されている。もし私たちがそれを認識し、ナビゲートし、さらには予防することを学ばなければ、遅かれ早かれ、私たちは皆、その支配下に置かれることになるだろう。これから説明するように、私たちはハイ・コンフリクトに魅了され、いつの間にか自分自身の大義に反して間違った側で戦い始めていることに気づかないことがある。その結果、最も大切なものを犠牲にしてしまうのである。

見えない手

私はかなりの数の争いに囲まれて育った。極端なものではなかったが。食べ物や愛、セカンドチャンスはたくさんあった。しかし、母はうつ病と不安神経症の発作に苦しみ、脅威を感じると怒りや非難に戻り、それが頻繁にあった。

だから私は、ニュージャージー州の家の階段に座って、1980年代のモスグリーンのカーペットに人差し指で形を描きながら、両親の喧嘩を聞くことに多くの時間を費やした。両親の喧嘩を聞くのは、内容もさることながら、主に口調に耳を傾けていた。もちろん、父にも罪はあるが、2階から聞こえるのは母の声だけだった。その声がだんだん大きくなるにつれ、私のお腹は恐怖で一杯になった。

弟はこの時、寝室のドアを閉めて、スター・ウォーズのアクション・フィギュアで遊んでいた。賢明な判断だ。しかし、当時、私は耳を傾けたかったのである。なぜか、起きていることを監視し、対立を監視することが重要だと感じたのだ。そうすることで、次に何が起こるかを予測したり、それを防ぐことができると思ったのかもしれない。

年齢を重ねるにつれ、私は生活のために対立を目撃する方法を見つけた。タイム誌のジャーナリストとして、犯罪、災害、テロなど、あらゆる人間の不幸を取材した。そして、「教育」を取材した。「教育」は、子どもたちや学習についての美しい話とは裏腹に、アメリカではそれ自体がハイ・コンフリクトとなっている。(これまで受け取ったヘイトメールの中で、私を「Cワード」と呼んだのは、教育改革について書いた記事に反応した教師だけだった)。

この役割には、不思議な心地よさがあった。無意識のうちに、私はまだその子供で、対立を記録し、決して視界から外さないことで、自分自身と他のみんなを守ることができると信じていたのである。

2016年のアメリカ大統領選の後、私は自分のマスタープランが失敗したことを認めざるを得なかった。私は対立を予測することができなかった。対立を理解することさえできなかった。自分の国でさえも。これほど多くの人々が、これほどまでに異なる認識で、これほどまでに確信を持って世界を捉えているのだろうか。民主党と共和党の半数が、対立する政党の党員を、情報不足というだけでなく、実際に恐ろしい存在と見ていた。アメリカ人は、多くの政策で意見が一致していたにもかかわらず、政治的な親近感から互いを非人間的に見るようになったのである。この選挙をきっかけに、3800万人のアメリカ人が家族や友人と話をするのをやめたと言われている。

まるで好奇心が死んでしまったかのような感覚だった。そのような時代に、物語を語ることに何の意味があるのだろうか。細部まで丹念に取材し、事実関係をチェックしても、同じように縮小していく党派の聖歌隊に語りかけるだけなのか。アメリカ人の3人に2人が、ニュースを完全、正確、公平に報道してくれるニュースメディアをあまり信用していないと答えている。多くの人が、あまりに憂鬱なため、積極的にニュースを避けている。また、激怒のあまりニュース中毒になる人もいる。

私はしばらくの間、アメリカ特有の病理のせいにしていた。人種差別の歴史と極端な経済的不平等が、政治的偏向のパーフェクト・ストームを作り出したのだろう。それが答えの一部だった。しかし、周りを見渡すと、こうした問題はアメリカだけにとどまらないことがよくわかった。

他の国々では、難民やブレグジット、燃料価格をめぐる意見の相違が原因で、家族団らんの場から人々が出て行ってしまったのである。アルゼンチンでは、10人中9人が自国が非常に分裂している、あるいはかなり分裂していると答えた。ノルウェーとデンマークでは、野生のオオカミをどう扱うかをめぐって大きな分裂があった。ニュージーランドでは、猫(そう、猫!)だった。ヨーロッパ人の半数は、自分の社会が10年前より寛容でなくなっていると答えている。ドイツのフランク・ヴァルター・シュタインマイヤー大統領は、「私たちは永続的な憤り、一種の社会的怒りを経験している」と述べた。「ドイツはしゃべらない。ドイツは語らず、叫び、叫ぶ。

この説明には、YouTube、Facebook、Twitterが関係していることは間違いない。そして、怒りの感情を利益に変えるメディアのセンセーショナリズム。アテンション・エコノミーは、私たちの最悪の本能に大規模に報いたのである。テレビでもネットでも、私たちは荒らしの大合唱に迎えられ、私たちを煽り、私たちが正しいのだと喧伝された。

これらすべてが重要なのである。しかし、どの説明も適切とは思えなかった。ソーシャルメディアにあまり時間を割いていないにもかかわらず、互いを攻撃し合っている人たちが大勢いた。また、他のことも起きていた。まだ名前のついていない何かが。

そこで私は、自分が見落としているものを見つけようとした。ルワンダ、コロンビア、イスラエルなど、他の場所で、他の種類の荒れ狂う紛争に取り組んできた人たちと時間を過ごした。離婚などの対人関係、職場や親権争いなどに焦点を当て、80時間の紛争調停トレーニングを受けた。そして、まったく異なる紛争において、人々がいかに似たような行動をとるかを知るようになった。

それから5年後、私が学んだことは以下の通りである。多くの力が私たちをこのような状況に追い込んだが、そのほとんどはすでに存知のことだろう。自動化、グローバリゼーション、規制の厳しい市場、そして急速な社会変化により、不安と猜疑心の波が押し寄せている。この恐怖は、リーダーや評論家、プラットフォームが、あらゆる種類の偏見を含む、私たちの最も信頼できる社会の亀裂を利用することを容易にしている。

しかし、もう一つの見えない力があり、それは重力のように、他のすべてに引力を及ぼしている。対立がある段階を越えてエスカレートすると、対立そのものが主導権を握るようになる。対立を引き起こした当初の事実や力は、背景として薄れてしまう。私たち対彼らという構図が出来上がる。医療政策や移民に関する実際の意見の違いは重要でなくなり、対立はそれ自体が現実となる。対立は、現代の見えざる手なのだ。

アラバマ州モンゴメリーのオークパークにあるプールの絵葉書。アラバマ州公文書館・歴史局

クローズド

1930年代、アラバマ州モンゴメリー市は、オークパークという公共レクリエーション施設を建設した。近代的な濾過装置を備えた大きなプールと、小さな子供用の小さな徒渉プールがあった。クレーテニスのコートも6面あり、メリーゴーランドもあった。さらに、熊やワニ、サルなどがいる動物園も作られた。まさに自治体のワンダーランドだったのである。

しかし、モンゴメリーだけでなく、アメリカ全土に「私たち」と「彼ら」が存在し、何百年も前にさかのぼる高次元の対立があった。オークパークは白人だけのものだった。

1957年のある秋の日、マーク・ギルモアという若い黒人が、仕事帰りにオークパークを通る近道をした。彼は、隔離政策に違反したとして逮捕された。彼が裁判で争ったところ、連邦裁判官は「市の白人専用政策は違憲である」という判決を下した。黒人の納税者も含め、すべての市民が公園の建設費を負担したのだから、すべての人に開放されなければならない。

それは、平等と正義のための大きな勝利であり、そう思われた。しかし、その後どうなったか。統合する代わりに、市はすべての公園を閉鎖してしまったのである。白人が黒人なしで泳げないのなら、誰も泳げなくなる。オークパークのプールは水を抜かれ、土で埋められ、熊、ワニ、サルは譲渡されるか売られた。プールは一度も再開されたことがない。白も黒も、みんな負けた。

これは対立が多発する兆候である。物事を良くしようとする試みは、すべて物事を悪くするようだ。損失が積み重なっていくのである。

良い対立は不可欠である

それがなければ、人生はもっと悪くなってしまう。それは火に似ている。私たちが生きていくためには、多少の熱が必要であり、自分たちが間違っていることを照らし出し、捕食者から身を守るためだ。激動の市議会、緊張した夜のデート、抗議やストライキ、役員室やガイダンスカウンセラーのオフィスでの衝突が必要なのだ。どんな心理学者でも言うように、争いごとを避けて生きようとする人、言い争ったり嘆いたりしない人は、遅かれ早かれ崩壊する傾向がある。争いのない生活は、愛のない生活と同じで、冷たく、やがて耐えられなくなる。しかし、対立がハイ・コンフリクトに移行した場合、家全体を焼き尽くす可能性がある。この違いは重要である。

私は対立を監視することに人生を費やしていたが、他のジャーナリストと同様に、最も興味深い部分である「控えめな部分」を見逃していた。それが、このたびの発見だった。政治的偏向は、それ自体が特別なカテゴリーの問題ではないことがわかった。近隣の確執、離婚裁判、労働争議など、あらゆる種類のハイ・コンフリクトにおいて、人々は非常に似た行動をとる。

ハイ・コンフリクトは磁気を帯びている。このことを理解しない限り、私たちの違いは実際よりも大きく、必然的に感じられることだろう。邪悪な争いは、私たちを誘い込み、自分たちの最善の利益に反する行動をとらせる。私たちは皆、このようなことを感じたことがあるはずだ。このような争いに巻き込まれると、視野が狭くなる。物事がはっきりと、あまりにもはっきりと見えてくるのである。私たちは、自分の意志で、事実と深い価値観に基づいて判断しているつもりだ。でも、そうだろうか?

疑問

その暗いイギリスの夜、警察犬は野原に倒れているマークを見つけられなかった。彼は、有刺鉄線のフェンスを越えて近くの畑に逃げ込み、夜明けまで下草の中に隠れていたのである。

その後、彼はさまざまな方法で遺伝子組み換え作物への反対運動を続けた。2001年、マークはオックスフォードのボーダーズ書店に入り、意見の合わないデンマークの統計学教授の顔面にスーパーのスポンジケーキを投げつけた。その教授は自分の著書を宣伝していたのだが、その中で、なぜ自分が環境に関する極端な考えを捨てたのか、その理由を詳しく説明していた。

「それは、あなたが環境について言っていることすべてが、まったくのデタラメだからだ!」マークは不自然なほど高い声で怒鳴った。

とても気まずい雰囲気だった。想像していたのとは全然違う。統計学の教授は静かに顔についた生クリームを拭った。朗読が始まるのを待っていた聴衆は、戸惑いながらマークを見つめた。彼は、なぜ警備員が自分を連行しに来ないのかと思いながら、サイン会のテーブルの前を行ったり来たりしていた。彼はスピーチをする予定がなかったので、即興でこう言った。

「気候変動について嘘をついた報いです」と彼は言った。「環境に関するあらゆることに自惚れた報いだ」と。

しばらくしてようやく彼は退場させられたが、それは安堵の表れだった。彼は恥ずかしくなった。対立するのは苦手なのだ。しかし、彼はまだ、自分は善き戦いをしていると信じていた。

そして、それが功を奏した。そして、それが功を奏した。ヨーロッパ、アジア、アフリカ、オーストラリアの政府は、彼のような環境保護主義者の主張に説得され、ほとんどの遺伝子組み換え作物を禁止した。これは、彼の生涯で最もインパクトのある左翼の反対運動の一つであった。

しかし、それでもだ。マークは時折、疑念の念に駆られることがあった。ある日、ロンドンで彼が企画した抗議行動で暴動が起きた。窓ガラスが割られ、9人の警官が負傷した。9人の警察官が負傷した。その後、パブで仲間たちが祝杯をあげる中、彼は胃が痛くなった。

このような瞬間は、突然、めまいのように襲ってくる。彼は、環境を守り、最も弱い立場の人々を助けるために、この戦いに参加していた。大企業に立ち向かい、その責任を問うのは当然である。しかし、それとは別に、あることが起きていた。

2002年、アフリカで深刻な干ばつと飢饉が発生した。何百万人もの人々が飢餓に陥った。しかし、ザンビア政府は、遺伝子組み換えトウモロコシの危険性を指摘し、輸入を一切拒否した。ザンビアの人々は、何年も前から同じ種類のトウモロコシを食べていたのである。アメリカ人も同じように食べていた。しかし、今、最も必要とされているときに、そのトウモロコシは不純物とみなされた。マークと仲間の活動家たちは、科学的根拠がほとんどないにもかかわらず、遺伝子組み換え作物に対して世界の多くの人々を反対させ、そして今、人々が死んでいる。

ザンビアのレヴィ・ムワナワサ大統領は、「国民が飢えているからといって、毒物や健康を害する食品を与えることは正当化できない」と言った。国連世界食糧計画(WFP)は、これまで届けた食糧援助の撤去を開始した。大惨事の上に悲劇が重なった。ザンビアの指導者たちが外国からの援助に不信感を抱くようになったのは、その根が長く複雑だったからだ。

マークは何年も、自分の疑念を晴らすことを避けてきた。人間はそういうことが得意なのである。遺伝子組み換え食品が安全であること、さらには命を救うことができることを示す新しい科学的研究が発表されても、それを否定する理由が常にあった。それは難しいことではなかった。

それができるまでは。

世界のありのままの姿

ハイ・コンフリクトが有用であることを認めよう。それは気持ちの良いものだ。人生に意味を与えてくれる。しかし、最近、ハイ・コンフリクトはその有用性の上限に達している。私たちが文明として直面している問題は、何度も何度も、ハイ・コンフリクトによって良くなるどころか、悪化しているように見える。

私たちの時代の課題は、互いに非人間的になることなく、大勢の人々を動員して変化を起こすことである。道徳的に正しいからというだけでなく、それがうまくいくからだ。人々の心に染み入るような永続的な変化は、圧力と良い対立の組み合わせによってのみもたらされるものである。どちらも重要である。だからこそ、歴史上、非暴力的な運動は暴力的な運動に比べて2倍以上の確率で成功してきたのだ。

激しい対立は必ずしも暴力的ではないが、非常に燃えやすいものである。対立は容易に暴力に転化し、反対派はさらに暴力で応戦し、被害がエスカレートするスパイラルに陥る。その結果、最も有用な人々がその場から逃げ出し、過激派が支配することになる。

「私たち対彼ら」の思考を育む現代の運動は、暴力の有無にかかわらず、内部から自滅する傾向がある。対立が激しいと、差異に不寛容になる。世界を善と悪に分類する文化は、定義上、小規模で窮屈なものである。そのため、人々が大勢で協力して困難な問題に取り組むことができない。

コロナウイルスのパンデミックは、この教訓をジャックハンマーのように突き刺した。2019年12月31日、中国の保健当局は湖北省武漢市での肺炎の集団感染を世界保健機関(WHO)に報告した。その2週間後、ワシントン州在住の男性が武漢からアメリカに帰国し、全く症状のない状態で空港に到着した。その4日後、彼はCOVID-19であることが判明し、医師の診察を受けた。一方、中国当局は国民への脅威を軽視し、世界保健機関(WHO)は「状況はコントロールされている」と繰り返し世界に発信した。

ニューヨークでは、2020年3月1日に初めて公式にCOVID-19の陽性反応が出たと発表された。しかし、このウイルスは、数週間、いや数ヶ月前から、主に中国ではなくヨーロッパからの旅行者を通じて、街中に静かに広がっていた。最初の陽性反応が出る前に、推定1万1千人のニューヨーカーがすでにウイルスに感染していた可能性がある。

4月末には世界経済が停止し、2600万人以上のアメリカ人が失業手当を申請していた。その時点で、全世界で300万人以上がウイルスに感染していることが確認された。

一夜にして、人類は新種の邪悪な伝染性ウイルスという共通の敵に脅かされたのである。党派や人種、国籍に関係なく、互いに手を取り合う前代未聞の機会であった。

ほとんどの人が、世界中の、それも二極化した国々で、まさにそうした。3月下旬、90%のアメリカ人が「私たちはみんな一緒だ」と信じていると答え、2018年秋の63%から上昇した。米上院は大規模な連邦刺激策を96対0の賛成多数で可決し、わずか1カ月前には想像もつかなかったようなコンセンサスとなった。

人は世界を私たちと彼らに仕分けするように配線されているが、ある条件のもとでは、私たちの定義を拡大するようにも配線されている。パンデミックのような大きな衝撃は、一夜にして私たちを全世界に包含させることができる。

しかし、ハイ・コンフリクトは磁気を帯びている。特に、過去に対立を永続させることに大きな意義や仲間意識、力を見出してきた人々にとっては、抵抗するのは非常に難しい。ヒンドゥー教徒が大多数を占めるインドでは、コロナウイルスの初期感染がイスラム教宣教師の集まりに起因することが判明した後、ニュースメディアがイスラム教徒がコロナウイルスを広めたと非難し始めた。「Coronajihad」がTwitterでトレンドになり始めた。

米国では、ドナルド・トランプ大統領が中国を非難し、中国当局が流行初期にウイルスに関する情報を抑えたことを正しく批判した。そして、世界保健機関(WHO)を非難し、パンデミックへの対応の遅さを理由に、米国はWHOへの資金提供の撤回と関係断絶を宣言した。ここでも、彼の言うことはもっともであった。世界保健機関(WHO)は間違いを犯したのだから、責任を負うべきだ。

しかし、パンデミックは世界的な緊急事態である。その管理には協力が必要だ。非難は自滅的である。世界で唯一の中央消防署が、9つの警報が鳴り響く大火災の最中に資金援助を打ち切ったことは、最悪の事態を招いた。世界保健機関(WHO)やホワイトハウスで働く人たちは、突然、公衆衛生ではなく、政治を管理することになった。

一方、アメリカの何千もの学校は、科学ではなく政治に基づいて再開され、あるいは閉鎖されたままだった。子どもたちや家族は不必要な苦しみを味わいた。死ぬ必要のない人たちが死んだ。対立の習慣はなかなか直らないものである。しかし、私たちと彼らの間に明確な境界線がない現代社会では、その習慣は自壊する。今日、感染症は1日半もかからずに、辺境の村から世界の主要都市へと移動することができる。1980年から2013年の間に、12,012件の感染症の発生が記録され、4400万人が感染し、世界中のほぼすべての国が影響を受けた。それはすべて、コロナウイルスのパンデミック以前の話である。現在、世界人口の半数以上が密集した都市に住んでおり、ウイルスが容易に拡散するようになっている。そして、グローバル化した経済は、私たちを蜘蛛の巣のように捕らえ、身体の健康は何とか守れても、経済的な未来が絡み合っている。

心理学者のゴードン・オールポートは、1954年に出版した名著『偏見の本質』の序文で、「集団間のライバル関係や憎しみは、何も新しいものではない」と述べている。「私たちはまだ、精神的・道徳的な近さに適応する方法を学んでいないのである」

私たちはみんなつながっている。私たちは適応しなければならない。これは現代の中心的な課題である。激しい対立ではなく、健全な対立のために設計された制度や社会を作ること。非人間的な問題に陥ることなく、問題に対処できるようにするのである。それが可能であることは、この地球上のあらゆる場所で、大なり小なり人々が実践してきたからだ。

2020年5月25日、ジョージ・フロイドという46歳の黒人男性が、白人のミネアポリス警察官に殺された。フロイドは、息ができないと何度も言っているにもかかわらず、約9分間フロイドの首にひざまずいた。この殺害の様子はビデオで撮影され、ミネアポリスだけでなく世界中で抗議運動が起こった。その反響の大きさは、人種と正義について真剣に話し合い、政策を大きく変えるための歴史的なきっかけとなった。多くの場所で、対立は激しくも健全なものだった。

しかし、どこでもそうだったわけではない。ある場所では、人々が警察に対して、また互いに暴力行為を行った。警察官や連邦捜査官は、いくつかの都市で平和的な抗議に参加した人々に催涙ガスや武器を使用した。特定の政治家は抗議に参加した人々を悪者扱いし、一部の活動家は警察を悪者扱いして、乱暴かつ不公平な一般化を行った。この騒乱で少なくとも12人のアメリカ人が死亡したが、そのほとんどが銃創によるものだった。暴力は、それに対するさらなる暴力の正当化を人々に思いつかせた。これは、紛争が多発した場合に起こることである。

そして、2020年の選挙と、2021年1月6日のトランプ支持者の暴徒による国会議事堂の襲撃がやってきた。分裂と病気でボロボロになった国が、新政権のもとで団結するのか、予測は困難だった。あるいは、ハイ・コンフリクトがこれまで通り続き、暴力と非人間化のそれぞれのサイクルが別のサイクルにつながっていくのかどうか。

マーク・ライナスロバート・ストーン

にげぐち

2008年のある夏の日、『ガーディアン』紙はマーク・ライナスに遺伝子組み換え作物を攻撃する記事の執筆を依頼した。彼は1時間足らずで、遺伝子組み換えの超雑草やバクテリア、ウイルスが「暴れ回り、繁殖し、他の畑を汚染する」可能性があると警告する記事を完成させた。それは、彼が以前から主張していたことであった。

しかし、その記事が掲載された後、奇妙なことが起こった。その下のコメント欄を見て、違和感を覚えたのだ。ある人は、マークには 「科学的な知識や理解がない」と訴えている。その批判は、これまでにはなかった刺々しさがあった。

そこでマークは、自分自身を守ることにした。そして、自分の主張を裏付ける経験的な証拠を探し始めた。雑誌の記事や書籍に目を通し、何ページも何ページもクリックした。心拍数を上げながら、何ページも何ページもスクロールしていく。しかし、信憑性のあるものは何も見つからなかった。これまでの科学的根拠は、彼の恐怖や長年の主張を裏付けるものではなかったのだ。それどころか、彼の目に映ったのは、反対の方向への明確なコンセンサスであった。

遺伝子組み換え作物は、場合によっては環境に貢献し、苦しみを和らげてくれるかもしれない。害虫に強い作物に育つため、農薬をあまり必要としない。遺伝子組み換え作物を使用している国では、農薬の使用量が約30パーセント減少していた。30パーセント。それは大きな減少である。

単純なことではない。モンサント社や他の企業は間違いを犯したのだ。モンサント社や他の企業は、遺伝子組み換え作物を導入する際に、もっとうまくやることができたはずだ。しかし、この作物は地球を破壊するどころか、むしろ地球を救うことにつながる。マークは善意で、アフリカやヨーロッパでの遺伝子組み換え作物の普及を何年も阻止してきた。

マークは座席に座り、急に体が温かくなった。まるで奈落の底に身を乗り出しているような、知的なものだけでなく、肉体的な実感があった。「自分の世界観に亀裂が入り、その向こう側に何があるのかわからなくなってしまったのである」

以前、マークが科学を無視していると多くの人が非難したことがあった。彼は何年も前から科学者と議論し、彼らの主張を退けてきた。今回のシナリオには、新しい事実がなかった。それなのに、なぜ今回は違うのだろう。

後述するように、一連の体験がマークの忠誠心を変え、心を開かせたのである。そして、その心を簡単に閉じることはできなかった。5年後、マークはイギリスの会議で何千人もの農民の前に立ち、誰もが忘れられないスピーチをした。

「さて、諸侯、紳士淑女の皆さん、まずはお詫びから始めたいと思う。私は数年間、GM(遺伝子組換え)作物を切り刻んできたことを、ここで率直に謝りたいと思う」

彼は、緊張するのを承知で、事前にスピーチの内容を一言一句書き留めていた。10秒に1回くらいは眼鏡をかけ、聴衆と目を合わせる。

さらに、「環境のために利用できる、また利用すべき重要な技術的選択肢を悪者にする手助けをしてしまったことも申し訳なく思っている」と彼は続けた。

これは離反ではない。マークは、気候変動や搾取的な企業との戦いにこだわり続けた。「気候変動を信じなくなったわけではない」と彼は言った。「私たちのやっていることがうまくいかないと思い始めたのである」このスピーチの後、彼は気候変動に関する本を3冊書いた。しかし、この日以降、彼はより洗練された正確なストーリーを語るようになった。企業や政治家を公然と批判し続けたが、侮蔑的な態度はあまりとらなかった。対立の激しい状況から脱却したことで、彼はより効果的になったのである。自分と同じものを求める人たちとの戦いで、時間を浪費することもなくなった。

マークのような人は他にもいて、本書で紹介する人たちもいる。本書で紹介するマークと同じような人たちがいる。

現代社会で成功するためには、このような現象がどのように起こるのかを理解する必要がある。激しい対立から一歩引いて、その輪郭に驚嘆する必要があるのである。そうすれば、紛争が私たちの視野を歪めていることを認識し、別の生き方を想像することができる。

相手がようやく光を見出すことを願うのは、愚かな行為である。心の傷になるだけだ。相手の悪事を数え上げるのは、一生続く趣味となる。次の選挙にこだわるのは、遅滞戦術である。憎しみを拒絶し、愛を選択するよう人々に語りかけても、効果はない。なぜなら、激しい争いに巻き込まれた人々は、たとえ憎しみに満ちていたとしても、自分のことを憎しみに満ちているとは思わないからだ。彼らは自分のことを正しいと思っている。

憎しみは重要な感情である。しかし、それは症状であり、対立が原因なのだ。そして、ハイ・コンフリクトはシステムであり、感情ではない。

管理

error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました