7. 危機(経済・環境・国際)グローバリズム人口減少・マルサス主義文明の危機・生態学的危機認知バイアス

西洋文明の死
The passing of western civilization

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7245304/

2020 Sep;122: 102582.

2020年5月23日オンライン公開 doi: 10.1016/j.futures.2020.102582

ケネス・B・テイラー

概要

近代西洋文明は、20世紀後半に頂点を迎え、200年以上の歳月をかけて進化し、世界中に広がっていった。民主主義と資本主義を背景に、強固な社会契約、技術の進歩、経済的成功がこのプロジェクトを推進した。しかし、残念なことに、過去の成功の根底にあった2つの柱は、飽くなき欲求と世界人口の増加という、社会経済的な衰退を加速させる負の結果を生み出してしまった。

歴史上の文明の隆盛と衰退はよく知られているが、今日の対話では奇妙なことに無視されている。現代文明は、過去の文明のサイクルを形成した力とは無縁であり、現代は例外的であると考えられている。人類史上初めて、最近まで目に見えないと思われていた惑星系が、私たちの文明が例外的なものではなく、人類の現在の軌道の推進には有限の限界があるというメッセージを私たちに送っているのだ。

生息地の破壊、生物多様性の減少、気候変動、不平等の拡大、負債、紛争、難民の流入などの影響を抑制する有効な解決策は知られているが、実行には移せない。本論文では、社会経済的な悪化と閉塞感の根本原因を検証し、人類が直面するグローバルな転換に備えるために、包括的な集合知の事業を開始することを提案している。

キーワード 西洋文明、自由主義的伝統、人間性、人口、不平等、負債、人新世


私たちは、独特の矛盾、混乱、不確実性に満ちた時代に生きている。先進国の平均的な人々の物質的な生活の質は、産業革命以前の貴族階級のそれを上回っている。しかし、1980年代初頭から不平等が拡大し、多くの人々が取り残されたと感じている。

上位20%以下の社会経済グループにとって、従来の個人的な昇進の手段は失敗しており、都市部と農村部の両方でゲットー化したアンダークラスが定着している)。

開発途上国の貧困削減は、疑う人が当初考えていたよりも成功しているが、国連千年開発目標に向けた全体の進捗は減速している一方で、サハラ以南のアフリカでは貧困に苦しむ総数が増加している。さらに、世界のほぼ半数が1日5.50ドル未満で生活している)。

1日1.90ドルで生活することを極貧とする世界銀行の定義を用いると、2015年には地球住民の10人に1人が悲惨な状況で生活し続けていることになる。消費者物価が、後発開発途上国の所得よりも年率でわずかに速く上昇すると、人類の大半にとって必需品はますます手が届かなくなり、彼らはわずかな収入を食料や住居に費やしている。

*

ソ連崩壊後、民主主義が世界政治を包み込み、自由、友愛、機会の永久的な増大をもたらすという希望がもたらされた。これは、の「歴史の終わり」というテーゼに集約されている。

ほぼ世界中で民主主義制度が設置され、権利付与と和解の国家プログラムが実施されているにもかかわらず、こうした取り組みを見せかけと見なし、民主主義は国民を裏切っていると考える市民の割合が増えている;)。

国連千年開発目標の達成に向けて前進しているにもかかわらず、かつてない数の難民が、戦争、貧困、宗派間紛争から逃れ、先進国への移動に苦闘している。最後に、アメリカとヨーロッパにおける最近の調査によると、現在の成人世代は、自分たちの子どもは自分たちと同じようには生きられないと考えている)。

社会経済的な「進歩」という概念は、200年以上にわたって西洋の社会契約の中核をなしてきた。大切にされてきた社会契約が大多数にとってほころび始めると、社会基盤は解体のプロセスを開始し、それが社会政治的な結果を沈殿させるのである。

これらの事実は、西洋文明が植民地化から最終的な発展段階へと移行していることを示すものである。この論文は、本論文で詳しく説明され、考えられるほとんどの未来に影響を与える、基本的で包括的なシナリオであると想定され、提示される。

*

文明のサイクルは以前にも起こったし、これからも起こるだろう。そして、古いことわざにもあるように、「歴史は繰り返さないが、しばしば韻を踏む」今回の特徴は、西洋文明のスパンがグローバルで、世界の隅々にまでおよび、地球の惑星限界線に大きなストレスを与えていることである。

しかし、その数は少なく、人間社会は、地球の惑星システムに対する生態系の永久的なダメージに囲い込まれることになる。生き残るのは、適切な場所に生まれ、優れた知性を持ち、適切な両親を持ち、金持ちか有名人になったか、あるいは単に運が良かった人たちだろう。

このような人々は数百万人かもしれないが、数十億人ではない。そして、これから起こる「持てる者」と「持たざる者」の間の闘いは、困難で苦しいものになるだろう。富と権力を持つ人々の中には、現状に反対する勢力の台頭にもかかわらず、社会経済的な地位を維持するために必死に戦う人々がいることだろう。

しかし、社会経済的に上位のグループの中には、明日の別のビジョンを持って、国境を越えて団結する者も出てくる。富裕層エリートの既存の国際的なネットワークは、彼らが他の人類よりも互いに多くの共通点を持っているという事実を反映している。沈没船の生存者のように、彼らは一緒に救命ボートに乗り込み、これから港を探す闘いの間、お互いを友人と呼ぶだろう。

一方、現状維持の同胞たちは、船上に残された残り少ないスクラップをめぐって争うだろう。このグローバルな集団は、国籍、人種、信条に基づくものではなく、自分自身と子供たちのために持続可能な世界を作りながら生き延びたいという共通の願望に基づくものである。

やがて、この核となる集団が、新しい文明の基礎を築き、それが人類の未来の基礎となる。上陸する港は想像できても知ることはできないが、不確かな水平線に向かって、全員が一丸となって出航し、漕ぎ出すのである。

本稿では、文明衰退の原因を究明した上で、この救命艇がどのような形態で、どのような重要性をもって、未知の港に向かうのかについて考察を始める。

*

西洋文明は漠然とした概念であるため、先に進む前にある程度明確にしておく必要がある。この文明は、多くの絡み合った次元を内包しているが、このエッセイで直接関心を持つのはその一部だけである。しかし、すべての次元は相互に関連しており、建物全体を支えているものが弱まれば、それぞれが影響を受けることになる。

西洋文明のルーツは、18世紀から19世紀にかけてのイギリスにある。その背景には、科学的手法、資本主義、民主主義の台頭を促し、多くの変革をもたらした啓蒙思想があった。この三部作は、最初の世俗的イデオロギー(自由主義的伝統またはヒューマニズム)の柱となり、西洋社会の社会哲学となり、世界中に広まる原動力となったのである。

個人の自由が謳われた民主的代表制、強力な財産権を伴う客観的な法の支配、そして進歩の倫理を中核とする社会契約は、眠っていた人類を目覚めさせたのである。文明は初めて、人間の潜在能力を、社会経済的環境に適応した社会的目標と一致させたのである。

知的財産権は、科学的なプロジェクトに焦点を当て、技術的な驚異を着実に進行させた。つまり、民主主義と資本主義を導入することで、人間の潜在能力を産業と起業家精神という形で同時に開放し、大多数の人々を協調的な経済活動の流れに導き、持続的な成長と物質的繁栄をもたらしたのである。

この物質的に集約され、かつ広範囲に及ぶ人間の活動が、関連する関心事なのである。産業革命から生まれたシステムモデルを受け入れたすべての国の社会的、政治的、経済的、文化的側面を財政的に支える上で、維持できないが不可欠なものである。

非自由主義的な政治構造にもかかわらず、鄧小平以降の中国のシステムは「西洋」の社会経済的ダイナミズムを例示しており、それは免れることはないだろう。そのストーリーは異なるだろうが、その結果は民主主義国家のそれとほぼ同じである。

*

何かが間違っている、理解されていない。偽りの真実の台頭は難解で注意をそらし、社会の混乱に拍車をかけている。以下では、「部族の真実」と「客観的な真実」を区別して説明するが、どちらも多面的であり、ここで十分に説明することはできない。

部族的真理は、はるか昔、アフリカのサバンナで過ごした数千年の間に必要とされた人間の精神と共鳴している。『理性の謎)の中で、SperberとMercierは、理性の進化には2つの目的があったと述べている。

ひとつは、私たちの祖先である狩猟採集民がうまく協力的になることを可能にすることだった。協力的であるためには、集団のアイデンティティを構築し、肯定する必要があるため、この推論は、社会的結束に関連する共有の信念、議論、行動を評価し、正当化することに焦点を当てている。最近の研究では、この次元の推論が私たちの脳にハードワイヤーされていることが示唆されている)。

推論のもう一つの進化的な目的は、「客観的な真実」を認識することである。近くの茂みの向こうでうなるオオカミや、凍った道路で暴走する自分の車を察知して反応することには、多大な生存価値がある。このような理性は、私たちの脳にも組み込まれ、反射的な行動となり、あまり注意を必要としない。神が存在するのか、気候変動は本当なのかなど、より高度な客観的真実の問題は、多くの人にとってより理解するのが難しい。

より複雑なテーマでは、限定合理性、情報の非対称性、ヒューリスティック、バイアスなどの認知的限界が作用する。ここで、支配的な権力を持つ人々は、説得し、教え込み、現状を維持するために、しばしば部族的真実のツールを使うのである。その結果、社会経済的にエントロピー的な状態になり、文明が秩序から無秩序へとますます進行していると特徴づけられる老化の段階となる。

*

このことは、今日、ポピュリスト政治に現れているが、もっと深い問題がある。それは、第二次世界大戦後の西洋文明の形態の継続である。個人にとって良いことが、人類にとって良いこととは限らないという事実が、誤解の根底にある。例えば、よく知られている「コモンズの悲劇」)という現象がある。

これは、人間にとって有用な資源へのアクセスが無制限になり、その価格が人為的に低く設定されるか、ゼロになる場合に発生する現象である。大気と海は、ほとんど目にすることはないが、文明の存立を支える重要な柱である。コモンズが悲劇と結び付けられるのは、ゼロ・プライスの共有資源を利用することで私利私欲を追求する人間が、それを枯渇させたり、将来の世代が救済できないほど劣化させたりするからだ。

どのような場合でも、個人による搾取がもたらす微小な影響は、多数による搾取によって人類にとって有害となる。この「悲劇」は時間とともに拡大し、現在ではほとんどの人にわずかな影響を与えるに過ぎない。それは、生息地の破壊、生物多様性の減少、気候変動、海洋熱塩循環の崩壊、海面上昇といった問題の中に現れている。「悲劇」が広がれば広がるほど、その影響は大きくなり、危機と崩壊に向かう文明の負のフィードバック・ループを加速させる。

*

産業革命以前には、地球の生態系が健全で、再生可能であり、生命のゴミを無尽蔵に吸収できるような時代があった。その時代はとうに過ぎ去り、私たちは半世紀以上にわたって改善するための政治的行動を起こしてきたが、失敗してきた。ギャレット・ハーデンの『コモンズの悲劇』が出版されたのは年、』が出版されたのは1962年である。

私たちが取るべき変革は拒絶されるか、形だけの頷きを与えられてきた。リサイクル、再生可能エネルギー、自然保護など、社会が手を尽くしている間に、唯一実行可能な解決策は極端で味気ないものになっている。その解決策とは、人間の数を減らすこと、そして社会・環境的に持続可能な経済システムをトップダウンで再構築することである。

これらの必要性を説いた書籍や論文は記念碑的なものであり、真実であるにもかかわらず、政治的な権力構造の中では無視されている。なぜこのようなことが起こってしまったのだろうか。社会経済的な権威を持つ人々は、富、収入、影響力、地位など失うものをすべて持っており、特権を失う可能性に挑戦する力をもっているため、必要な変化を実行しようとするあらゆる試みに抵抗している。

歴史上初めて、彼らは共通の目的を持って世界にまたがり、部族の真実という道具を使って大衆の認識と対話を難解にし、操作しているのだ。このことを理解するためには、文明が現在気候変動期に移行している2つの根本原因を見直す必要がある。

1.人間性

私たち人間のゲノムは、有史以前のアフリカのサバンナで、限られた集団が比較的短いスパンですぐに利益を得られる可能性を高めるように適応して発達した)。

人類は部族的な種であり、私たちの視点は頑固に部族的なままである。結局、人類の運命は、人間の心の能力に縛られている。人間は、内省的で自己認識力の高い意識の深いプールによって特徴づけられる、突き抜けた知性を持つユニークな存在である。

反射的な意識は、注意力を高める性質とともに、創造性と問題解決を可能にする人間の心の基本的な構造を提供する。アフリカのサバンナの祖先と現代人は、)が概説した動機づけシステムを共有している。

人は衣食住の「基本的欲求」を満たした後、安定した生活環境の確保、社会的認知、自己実現などの「高次の欲求」を満たそうとする。この高次の欲求を満たすために、人は家族や仲間からの承認や協力といった心理的資本を求め、自分の中核となる強みを強化し、より大きな可能性を実現することを目指す。

これらの目標を追求し達成することで、精神的に健康で、生産的で、幸せな人間が生まれるのである。幸福とは、ギリシャ語で「エウダイモニア」と呼ばれる、多面的な欲求を満たすことによって得られる望ましい結果である。

合理性が一貫して支配的であれば、幸福の追求は容易なはずだが、そうではない)。合理的思考の力は限られており、個人差もある。また、一人の人間の中でも時間の経過とともに変動し、その発現を制限する遺伝的基盤があるようだ()。

テクノロジーによる個人の力の増強は、合理性の欠点を増幅させる結果をもたらす。この過去3世紀の歴史は、人々が自己利益や部族ネットワークの関心を高めるために、いかに簡単かつ本能的にテクノロジーを利用するかを示している。さらに、同じ時代に、私たちは公害、死、破壊という自己満足の跡を残しており、これは人間性の暗黒面を証明するものである。

*

心理学者のエイモス・トヴェルスキーとダニエル・カーネマンは、人間が犯す一般的なエラーに関する認知的基礎を確立した)。その後、経済学者のリチャード・ターラーはカーネマンと共同で、不可解な経済行動の数々を研究した)。

彼らの共同研究は、「プロスペクト理論」と行動経済学の下位分野を生み出し、人間の推論にはある種の歪んだ性質と限界があるという1950年代のハーバート・サイモンの洞察(すなわち、限定合理性;)を裏付けた。

心理学者は、人間は論理の影響力を低下させるだけでなく、逆説的に個人や集団の安全を危うくするような精神的メカニズムを示すと指摘する。これらのメカニズムは、旧石器時代の単純な部族で生活していた人類にとって、感情的な反応による素早い決断が生死を分けることがよくあった)。それらは以下の通りである。

  1. 否定すること 人はしばしば、予期せぬ悪い結果を受け入れようとしない。
  2. 非人間化 外部の人や集団を人間以下とみなすことで、悪意を投影しやすくなり、人間が本来持っている公平性の基準や罪悪感が否定され、彼らに対する排斥や暴力が正当化されたように見える。
  3. 先入観 人はしばしば単純化された精神的ベンチマークやフィルター(ヒューリスティック)を使用し、新しい証拠を利点に関係なく却下してしまうことがある。確証バイアスは、誤解を永続させる。
  4. 思い込み 人は相手の行動に関する理論を構築し、それが行動の姿勢に影響を与え、緊張と誤解を増大させる。

もう一つの問題は、人間が自然に利他的行動をとるのはどのような文脈なのかということである。旧石器時代の人間が家族的あるいは非家族的な利他主義を示すのは2世代ほどで、その後、次世代への関心は薄れていく()。

つまり、かつてはもっと長期的な関心が必要であったわけではないのである。しかし、このように世代間の関心が限定されることで、今日の地球規模の問題に対処するために必要なよりも短期的な政策視野が必要となる。例えば、過去半世紀にわたり、欧米の市民は公的債務の増加を支持してきた。

その結果、国民は現在の収入で賄える以上の消費を享受している。これは、正の快楽的感覚(今日より多くの財やサービスが消費される)を高める一方で、負の快楽的感覚(今日支払う税金が減る)を減らし、即時の満足を求める人間の基本的素因によって強化されている。

しかし、公的債務であっても、いつかは返済しなければならない。公的債務は遅延課税である。その時点で、私たちは一連の難問に直面する。なぜなら、返済しなければならないと同時に、私たちは必然的に負の快楽的感覚が大幅に増加するからだ。

私たちは損失を、同等の利益の2倍以上嫌っているので、抵抗するが、それは単に持続不可能な傾向を定着させ、最終的に危機に導くだけである)。

この洞察は、生物圏へのダメージに対する一般的な懸念の欠如や、人類が「テクノフィックス」解決策を永続的に信じていることの説明にも役立つ。そもそもあまり懸念していない将来の世代が必要とするときに、必要な修正策が必ず見つかると信じていれば、発生した問題を簡単に片付けることができるのだ。

*

最後に、研究によって、個人は集団の中で、単独で行動する場合とは異なる行動をとることが多いことが明らかにされている(群集心理)。集団の中では、個人はしばしば集団のアイデンティティーを引き受け、自分の良心を無視し、判断や責任を停止する。

その結果、グループ内の個人は、単独では決して行わないような行為に参加してしまうのである。社会心理学者によれば、参加者は「脱分化」と呼ばれる自己認識の低い状態に入る。その結果生じる匿名性は、暴動や大量虐殺、戦争で目撃されるように、罪のない人々の生命や財産に恐ろしいほどの破壊的な影響を与える可能性がある)。

これらの洞察を発展させると、集団行動と結びついた匿名性は、限られた将来への関心と相まって、先進国の個人がなぜ世界レベルでの貧困、移住、環境破壊、水不足、過剰債務に鈍感になりうるかを理解するのに役立つと考えられる。ますます混雑する地球上に人間の欠点が加わると、その影響は増幅される-70億人以上の人間が皆ほとんど同じように行動しているのである。

2.人口

過去200年間の人口増加は、世界の経済成長と生活水準にプラスの影響を及ぼした。啓蒙思想と産業革命がもたらした強力で広範なプラスの効果は、間違いなく文明をより豊かで福祉に満ちた状態へと押し上げた。公衆衛生、医療、農業生産性の向上は、人口の急激な増加をもたらし、一連の正のフィードバックループの中で、経済の進歩を強化した。

このような歴史的な出来事は、文明と地球のあらゆる側面を永遠に変えてしまうような、変革の津波を意味する。19世紀が始まった頃、地球はまだ人類にとって未開の地であり、新しいアイディアに満ちていた。1800年当時、地球上の人口は10億人と推定され、未開拓の地はまだまだであった。

工業化や生活水準の向上を支える資源も豊富であった。科学的研究、技術革新、商業化によって生まれた新しい技術が、企業全体を前進させた。経済学者は、グローバルな舞台で大規模な経済成長と集中的な経済成長の両方の可能性が、当時は最大であったと言うだろう。資本主義の産業と市場は、帝国権力の強力な支配の下にありながら、より自由に地球上に広がり、より多くの場所、人々、資源を西洋経済のパラダイムに取り込むことができたのである。

*

国連は、人類の人口がさらに45%増加すると予測しており、この予測は重大な結果をもたらす可能性がある。具体的には、国連は世界人口が現在の77億人から2100年までに約112億人に増加することを95%の確度で予測している)。

人類の人口がピークに達すると、出生率が徐々に下がり始め、人口増加パターンが現在の指数関数的なものからロジスティックなものへと移行する可能性がある。このパターンはすでに先進国で現れており、人口統計学者は、いずれ後進国全体で発生すると予測している。

人類は110億から120億の間で横ばいになると推定され、22世紀には世界の出生率が代替水準を下回り、人口減少が始まると考えるのが自然であろう。安堵のため息をつく前に、3つのことを考えなければならない。第一に、人口増加のほとんどは、すでに貧困からの脱却に苦労している世界の後発開発途上国で起こるであろう。第二に、人類の人口が減少に転じる前に、私たちとこの地球は、今後80年、いや、150年ほどの期間を乗り越えなければならない。

第三に、今後予想される30〜40億人の世界人口の急増は、絶対数としては80年間の歴史の中で過去最大の増加であると予測されることである。年平均の人口増加率は低下しているが、生まれる人の総数は増えている。なぜなら、年々ベースが大きくなっているので、増加率が低下しても生まれる人の数は増えるからだ。

この間には、さまざまなリスクが潜んでいる。すでに前例のない数の移民が、より豊かで政治的に安定した地域へと移動しようとしている。一方、貧しい国々では宗派(部族)争いがより一般的になり、技術的に力を得た過激派や独裁者がその力を増している。

*

地球は、現在77億人の人々に食料、衣料、住居を提供することができるかもしれないが、数十億人はわずかにそうではない。しかし、今後30〜40億人の人口が増えると、これが持続不可能な過剰人口に相当するかどうかが問題となる。過剰人口とは、一般に、ある生物の数がその生息地の環境収容力を超えている状態と定義される。

問題は、21世紀には、明らかに閉ざされた環境である地球が、生来の、あるいは人間が課した一連の制約を経験する時代が来ることであり、すでに来ていると言う人もいる。

限界に達すると、貧しい国々は「人口学的閉塞」状態に陥ることになる。人口収容力を超える人口を抱えながら、移住の選択肢を持たず、重要な輸入品を支払うための輸出収入もほとんどない状態である。その結果、大量の飢餓と社会政情不安という特徴を持つマルサス的危機が局地的に発生する可能性がある。気候変動は、サハラ以南のアフリカでこのような傾向をより強くするものとして、すでに指摘されている。

つまり、過去200年の人口増加と繁栄を支えてきた低空飛行の果実は、幸運にも先に工業化され繁栄した人々によって摘み取られ、あるいは奪い取られつつある。私たちが知っているように、グローバルな西洋化文明の衰退は、危機が地球村の他の地域に広がる前に、より貧しい国々が分裂することによって予告されるかもしれない)。

*

最後の側面は、私たちが生物学的な力であるだけでなく、地質学的な力にもなっているということである。私たちの数は膨大になり、私たちの産業は広範囲に及んでおり、新しい地質時代が始まったと示唆されている:「人新世」この推測は、単に私たちの数だけでなく、私たちの性質にも根ざしている。

私たちは77億の個体であり、飽くなき欲求の集合体であり、地球の水圏、大気圏、岩石圏、生物圏の無数の次元を変化させながら、最大110~130億の力を持つに至ろうとしている。ある科学者グループは、私たちがこの惑星に無理をさせてはならない限界を特定した)。

9つの地球の限界
  1. 成層圏オゾン層破壊
  2. 生物圏の完全性の喪失(生物多様性の損失と絶滅)
  3. 化学物質汚染と新規物質の放出
  4. 気候変動
  5. 海洋酸性化
  6. 淡水の消費と地球規模の水循環
  7. 土地システムの変化
  8. 窒素とリンの生物圏と海洋への流れ
  9. 大気エアロゾル負荷
9つの地球の限界(プラネタリー・バウンダリー)

この研究は、私たちが生態系の特徴が不明な、根本的に異なる惑星状態への転換点に近づいていることを示唆している。地球システムはもどかしくなるほど複雑なので、この結果は暫定的でありながら心配になる。要するに、地球の限界は存在し、現在の文明の軌道を抑制することになる。

国連の人口増加予測を考慮すると、私たちは近いうちにこの曖昧な地球の限界線にぶつかるかもしれない。BÁnyaiは、人間の行動は「精神病理学的」であるため、環境規制は失敗したと述べている)。

彼女の分析は、文明の衰退は避けられないというここでの結論を支持している。ティッピングポイントを通過することで、地球が人間にとってまだ快適な環境に移行するとしても、それに伴う移行は、文明の気候的段階内で関連する緊張を拡大させるだろう。これらのことは、文明のクライマックス期における人間の行動と数の特徴として表れている。

3.帝国の滅亡

初期の文明は、テオドール・モムセンがずっと以前に定義した、発生、成長、老化、崩壊、衰退という特徴的な発展パターンをたどった)。エドワード・ギボンの大著『ローマ帝国の衰亡』以来、学者たちはあらゆる帝国の最終的な衰退の原因が何であるかに積極的に関心を寄せている)。

ローマ帝国の場合、ギボンはエリートの衰退は「過度の偉大さがもたらす自然かつ必然的な影響」によってもたらされると示唆した。アーノルド・トインビーは、政治的エリートがますます寄生的になり、ますます疎外された多数派がさまざまな形で帝国の完全性を損なうようになったと付け加え、ギボンの考えを洗練させた)。

オズワルド・スペングラーのような巨視的歴史家は、文明の周期的な興亡に基づく世界観を主張し、古代に見られたような数世紀にわたる衰退のプロセスが始まっていることを示唆している)。

Joseph Tainterはローマを研究し、社会政治の複雑化、すなわち希少資源を奪いながら硬直化と脆弱化を引き起こしたことがローマ衰退の主因であると指摘し、その洞察は今日にも通用すると多くの人が指摘している)。

小規模とはいえ、多くの古代文明について、Jared Diamondは、環境悪化、気候変動、対外貿易への依存、内外の暴力の激化、そして最後に、これらの要因に対する社会の対応、あるいは対応の欠如という5つの外部要因が衰退につながったと指摘している)。

マンサー・オルソンは、近代文明(古代文明の多くにも当てはまると思われる)について、中央の権力機構の周辺に特別な利益集団が蓄積し、資源を引き揚げ、帝国の完全性に対する脅威の増大に適切に対応する中央当局の能力を阻害すると論じている)。これらの研究に見られる最後のポイントは、危機と崩壊の入り口に到達する前に、指導者が本質的に、内外の発展途上のマクロな問題に対処できなかったということである。

*

ガルトゥングとイナヤトゥーラの意欲的な著書『マクロヒストリーとマクロヒストリアン』(1997)。A Theoretical Framework)では、20人の巨視的歴史家が文明のサイクルの多面的な理解に果たした貢献を検証している)。

この著作のさらなる野望は、時代を通じての変化のパターンと原因について、比較的かつ統合的な歴史を作り出すことであった。その歴史は、蘇我入鹿、アウグスティヌス、イブン・ハルドゥーンといった前近代の洞察から始まり、フリードリヒ・ヘーゲルやカール・マルクスといった19世紀の弁証法思想家の貢献、そしてピティリム・ソローキン、プラバット・サルカー、ガイア仮説の貢献者たちによる最近の思考で締めくくられる。

このような歴史的、文化的な垣根を越えた社会変動に関する幅広い視点が比較検討され、その結果、人間の状態の変化を扱う12の異なる「科学」が定義されることになる。これらの「科学」は、文明的変化の研究に対する多様な教育的観点を反映しており、それぞれが明確な力、パターン、分析単位(すなわち変化のベクトル)に焦点を当てている。

先に述べたことを反映して、ガルトゥングとイナヤトゥラーは、文明の循環的発展における「段階とパターン」を、検討した大規模歴史家の共通テーマとしている。非西洋の思想家を取り入れることで、豊かな歴史的経験と視点が作品に吹き込まれ、同時に、今日の西洋文明の中で起こっていることを多面的に理解するのに役立つ分析ツールが提供されている。

*

さらに、現在の人類の歩みは、西洋文明の衰退の過程を特徴的な要因(すなわち惑星的要因)に再フォーカスしていることを示唆する著作がある。ポール・R・エーリックが年に『人口爆弾』を発表して以来、ネオ・マルサス的な生涯をかけた研究、年に「成長の限界」仮説を発表して以来、メドウズら(1972)が継続している研究、そしてエドワード・O・ウイルソンによるHIPPO(生息地の破壊、侵入種、汚染、人間の過剰人口、過剰収穫)という2002年の概念など、多くの知識人は人間の拡大に伴う傾向は持続不可能で、今日の文明はその気候的段階へ押し上げられていると警告を発している。

最近では、Ehrlich夫妻が「地球文明の崩壊は避けられるのか?」(日本語)と題する記事を書いている。)と題する論文を発表している。彼らはまず、過剰人口と過剰消費のために「世界崩壊の可能性が高いようだ」と述べ、破局を回避するためには劇的な文化的変化が必要であると述べている。Laura Spinnyは、社会経済的な崩壊を指摘する追加の裏付けとなる研究をすべてまとめて発表し、「西洋の見通しが良いと考える人はほとんどいない」と結論付けている)。

最後に、ケンブリッジ大学人類存亡リスク研究センターのルーク・ケンプは、「崩壊は、その規模や技術段階にかかわらず、文明にとって普通の現象かもしれない」と指摘し、「緊密に結合したグローバル化した経済システムは、むしろ危機を拡大させる可能性が高い」)というBBCレポートを発表している。

4.救命ボートに乗り込む前にしておきたい質問

人類の地球収容力はどのくらいなのだろうか?110億人なのか、それ以上なのか、それ以下なのか。また、個人的な機会や身体的な快適さ、自由を求める人間の欲求と、持続可能で居住可能な地球とのバランスをとるために、何をする必要があるのだろうか?さらに、私たちは現在の文明について何を学び、何を大切にし、未来に残していきたいのだろうか。そして、その宝物をどのように次の文明に伝えていくのか。これらは簡単な質問ではないが、今後数十年の間に問いかけ、答えを出さなければならない。

*

最初の質問では、「持続可能な」人口規模とはどのようなものかを定義する必要がある。多くの人は、生態系のバランスを保ちながら、すべての人に健康的な生活水準を提供できる物理的要素のレベルを維持することが必要だと考えている。そのような生活水準には、栄養、衣服、住居の基本的なものをすぐに手に入れられることが必要である。

さらに、安定した環境、基本的なヘルスケアと教育、そして強力な法体系の中で昇進するための最小限の社会経済的障壁を提供することによって、マズロー階層の上位に平等に入ることが必要であろう。そうすることで、生来の、あるいは後天的な能力や意欲に見合った願望を実現するための機会が、すべての人に平等に保証されることになる。

つまり、持続可能な人口規模とは、単に種の存続だけでなく、健全な文明を構成する人々のダイナミックな関与とその機会を必要とするのだ。もし、ストックホルム・レジリエンス・センターの研究者が、今後数十年の間に地球が大きく変化していくだろうと述べているのが正しいとすれば、将来のどの時点においても、地球が人類を受け入れることができるキャパシティは、現時点では確定できない。

それでも、予言者たちは、地球の現在の生態系の状態に基づいて推定を行うことを止めない。ポール・エーリッヒは、地球の最適な人口を15億人と20億人の間に置いている)。

残念ながら、このテーマに関する研究のほとんどは、現状では役に立たないほどばらつきがある。このように結論が分かれる理由は、研究を行っている人たちの根本的な仮定に集約される。そして、この仮定もまた、党派的、種族的な真実の犠牲となりうるのだ。人間の適応能力と創意工夫によって、人間の人口に限界はないと考える人もいれば、エールリッヒが示唆した数字よりも少ない数字を導き出す人もいる。

さらに研究が必要であり、最終的には、エコロジカルフットプリント分析による地球の環境収容力と、変容した活力ある文明デザインの中で人類の多様性を維持するために必要な最小規模のバランスをとることが、持続可能な人口範囲を決定するために必要なのである。

*

多くの人は、中国の一人っ子政策の失敗を指摘し、それは非自由主義的で、人口ピラミッドを逆さまにする結果になったからだと言うだろう。前者についてはその通りだが、後者については、この数十年にわたる政策が、中国の将来の経済成長にマイナスの影響を与え、悪い結果と解釈されることがある。この最後の結論は、総体的な経済成長は常に目指すべきものであるという、疑問のある前提から生じている。

本当に重要なのは、その国の「人間開発」のレベルである。国連の人間開発指数(United)で定義される一人当たりの実質的な人間開発がプラスを維持していれば、GDPが停滞またはマイナス成長でも悪いことではないということである。

これこそ、公共政策立案者が調査し、そして実現しなければならないトリックである。技術主導の強固な生産性向上という文脈での人口減少は、この目標達成に向けた1つの道である)。

BüchsとKochは脱成長移行を調査し、ウェルビーイングが苦しむ必要はないことを発見した)。しかし、彼らは、期待における心理的な移行は容易ではないことを指摘している。この懸念に共鳴して、フェルグナーニは、資本主義の参加者として個人が得る、植え付けられた心理的な喜びを切り離すことの難しさを強調する)。

産業革命から生まれた人間の努力の協調的な歩調は、パラダイムの変化に対して深い抵抗を示すであろう心理社会的なダイナミズムを作り出した。この点についても慎重な研究が必要だが、避けられない結論は、経済成長に関する私たちの植え付けられた信念を修正することが極めて重要であるということである。

*

芸術や文学、蓄積されたSTEMの知識を超えて、私たちは現在の社会文化的基盤から何を未来に持ち越したいのだろうか。トーマス・ジェファーソンは独立宣言の冒頭で、「私たちはこれらの真理を自明のものとする。すなわち、すべての人は平等に造られており、創造主によって特定の譲ることのできない権利を与えられており、これらのうちには生命、自由および幸福の追求がある」と述べている。

個人と家族の保護、社会的に過度の妨げを受けることなく人生を送る自由、幸福を追求する権利、これらはすべて人間の基本的な本性に共鳴するものである。ジェームズ・Q・ウィルソンなどは、道徳には強い遺伝的要素があると主張している。したがって、当時の新しい民主主義の中で体現されたこれらの新しい概念は、人類の複雑で進化した公正と正義の感覚に強く訴えかけるものであったのだ。

客観的に見れば、これらの「権利」は「自明」ではないが、それを主張することによって、社会契約の中に組み込まれ、若い国家を守り抜くという強い動機が国民の間に生まれた。法の支配の優位性に基づくシステムの中で、個人の権利と社会の権利を結びつけるという20世紀半ばの革新は、強力な求心力となり、多くの意味で、西洋文明の植民地化段階の終わりに自由主義的伝統が達成した社会経済的な最終成果であったと言える。社会的結束を維持しながら集団的知性のネットワークを育むという点で、ここには保存に値するものが多くある。これらの点は、さらなる調査を通じて反省し、拡大する必要がある。

*

これらの問題や疑問は、先手を打つのだろうか、それとも後手に回るのだろうか。後手後手のアプローチでは、現在進行中の衰退、崩壊、そしてその後の復活が、部族的な真実を利用して、党派的で潜在的に進化的なものを作り出す人々に乗っ取られる危険性があるのである。

文明の終焉のストレスに建設的に立ち向かい、対処する政府を想像することはできるが、そのような考えは見当違いで、実を結ばないことが証明されている。Ehrlich夫妻は、他の多くの人々と同様に、「広く文化的な変化が必要である」ことを示唆しているが、これもまたあり得ないことだ)。

気候変動のような問題意識が積極的な社会政策に彫刻されているのを見ても、人間の偏見や特別な利害の保護が影を潜めているのである。さらに、問題が私たちの数や行動に根ざしているのであれば、そのような政策は応急処置にすぎず、避けられない事態を遅らせることにしかならない。テクノフィックスのような奇跡が起こらない限り、危機と崩壊が訪れるまで、人類の反応は反応的であり続けると結論づけなければならない。私たちは歴史のサイクルの虜になってしまったのだ。

*

崩壊する前のある時点で、認識が深まるにつれて、これらの問題や疑問に焦点を当てた集合的な知性の取り組みを伴う、遅ればせながら希望に満ちた反応が可能になる。別の名前をつけるために、これを「人間基盤プロジェクト」と呼ぶことにしよう)。

このプロジェクトと並行して、社会経済的に上位のグループの多くは、壁を作り、私的な民兵を引き受け、崩壊を生き延びるための防備を固めることになるだろう。彼らの長期的な目標は、現在持続不可能であることが判明している文明を、自分たちのイメージで形成した次の文明を創造することである。これは実現可能な未来に対する行き止まりのビジョンであり、私たちは人類の救済を別の場所に求めなければならない。

  1. 保存する。STEAM分野に関連する知識の蓄積を保存する。
  2. Delineate(定義する)。次の文明を設計する上で、過去から何を利用する価値があるかを定義する。これには、文化的、政治的、法的、経済的、社会的慣習の研究が含まれる。
  3. 創造する。地球上の人類と生命の継続的な進化を育む世界秩序を確立することを目的に、新しい強固な文明を設計する。
  4. サステナビリティ(持続可能性制度設計のあらゆる側面において、持続可能性を重視する。
  5. アウトリーチ調査結果をできるだけ多くの人に伝える。
  6. コミュニティヒューマン・ファウンデーション・プロジェクトの趣旨に賛同する個人・団体とのネットワークを構築する。
  7. 耐えて守る 西洋文明の崩壊を経て、人類の基盤を維持するための物理的・社会経済的メカニズムを構築する。これには、財団に関係する人々を養い、保護することも含まれる。
  8. フェーズ 設計を実現するために、着手時および着手後の必要なステップを整理する。
  9. 監視と評価 西洋文明の崩壊が進むにつれ、新しいデザインに提示された展望と限界を観察し、再計算する。
  10. タイミングを計る チャンスが来たときに、どこででも果敢に動けるように準備しておく。

皮肉なことに、冒頭で述べたように、救命ボートに最初に乗り込むのは、世界の富裕層と権力者たちである。このような人々の多くは、自己中心的でありながら、知的で勤勉で適応力があることによってその地位を獲得している。その中には、ビル・ゲイツのように、ビル&メリンダ・ゲイツ財団を通じて世界中の公衆衛生と教育のイニシアチブを支援する寛大さで知られる、心配性の先見の明を持つ人もいる。

他にも、有名な起業家、俳優、金融業者など、数え上げればきりがない。しかし、重要なのは、すべての富豪が私利私欲に走っているわけではないということだ。J・ピアポント・モルガンは、1907年のパニック時に、たった一人でアメリカの財政破綻を救ったとしてよく引き合いに出される)。

このようなことは以前にもあったし、これからも起こりうる。私的な民兵を擁する利己的な富裕層や権力者が、個人用シェルターと化したゲーテッド・コミュニティから出現して、明日の文明のストーリーを取り戻さないようにするには、啓蒙主義と進化した自由主義の伝統から生まれた哲学的かつ社会的に高貴な特徴を取り入れた、何か良いもののための舞台装置を作るための緊急時対応策を用意する必要がある。資金調達が完了すれば、「人間財団」の活動は開始される。

*

人類基金は、新しい文明の青写真を設計し、最も発展のための肥沃な環境を持つ適切な時期と場所に出現させる。最終的には、文明再建のストーリーを支配することを目的として、段階的に出現することになる。そのために、次のような基本理念と目標に基づいた憲章とミッション・ステートメントを持つ。

*

ヒューマンファウンデーションは、設立後すぐに、人類の知の領域全体から先見者や専門家を集めて、一連のシンポジウムを開催する予定である。各シンポジウムは、「人類のニーズに最も適した持続可能な社会文化的実践」、「始まりの制度、規則、法律」、「惑星システムと人間システムのバランス」など、重要なテーマを中心に行われる。

プロジェクトの目標に集合知を集中させるために、早い段階から常駐のスタッフが必要になる。保存すべきものの収集と保存に加え、来るべき新生文明の設計に先見的な知性を適用しながら、文明の崩壊に耐え、策定した計画が実行可能であるような手段を見出すことが重要な関心事となるであろう。

*

ミッション・ステートメントの原則と目標の8から10までの項目について、若干のコメントが必要である。武力紛争の激化は、世界の多くの地域で国家社会政治制度の機能を破壊することが予想される。避難民の大量移住のほかにも、地政学的な影響を予測することは困難である。

海面上昇、より深刻な気象現象、気温の上昇により、人口密度の高い沿岸地域の人々が内陸に追いやられ、資源の獲得競争、社会的緊張が高まり、場合によっては飢餓の可能性が高まるかもしれない。ある国は消滅し(例:モルディブ)、他の国は比較的無傷で済むかもしれない(例:ニュージーランド)。

グローバルなサプライチェーンは容易に混乱し、貿易は損なわれ、過剰債務とデフォルトが金融市場の混乱を引き起こし、世界のGDPは停滞するかマイナスに転じるだろう。公共政策の取り組みは、過去の行き過ぎた行為によって制約を受けることになる。

先進国では市民の期待が満たされないため、特異な社会的・政治的不安定性が増幅されるだろう。国家やテロ集団が目的を達成するために大量破壊兵器を使用するようになったらどうだろうか。もしかしたら、崩壊の早い段階でヒューマンファウンデーションを迎え入れ、その制度や公共政策、法体系を変えて、ファウンデーションのビジョンに対応しようとする国が出てくるかもしれない。

これらの可能性をすべて監視し、いつ、どこで、どのように、次の文明を確立するための計画の第一段階を開始するかという人間財団の計画に織り込んでいかなければならないのである。人類基金の研究者たちは、継続的なシナリオ分析とプランニングに従事する必要がある。

西洋文明の崩壊がどのようなものかは分からないし、現在進行中の環境破壊の性質や程度、それが地域の居住性に与える影響もさらに分からない。重要なのは、崩壊と衰退の最終段階で明らかになる世界の状況の変化に応じて、幅広い仮想シナリオの中で堅牢で適応性のある計画を設計することである。

5.人文科学の旅路における次のステップ

ここまでの話は、西洋文明が衰退しているという前提に立っている。多くの人にとって、確かにこれが起こっているようには感じられない。「…人々はいつも通り、次の休暇のための買い物や、ソーシャルメディア上でのポーズをとっている」)。比較的最近の2つの動きが働いており、それぞれが一時的に変性を打ち消し、老化の段階を維持する役割を担っている。

第一に、世界の金融システムは1970年代初頭に借方から貸方へと移行した。これにより、資産に比して負債が歴史的に増加することが許された。借金とは本来、将来の所得を担保にした借り入れであり、現在の時間領域で一時的に成長と消費を押し上げるものである。しかし、ある時点で過去の負債を返済しなければならなくなり、その結果、本来ならもっと短期間に経済成長が加速されるはずだった。

*

COVID-19の流行は、この信用拡大サイクルのもろさを一気に露呈させた。ウイルス抑制政策によってもたらされた経済的被害を軽減するために、25の中央銀行が2020年4月中旬までに量的緩和策を発表していた。さらに、世界各国の政府は、その打撃を和らげるために、合計8兆ドルの追加財政支出を発表していた。

こうした取り組みには、中央銀行によるさまざまな民間および公的金融商品の購入を通じて市場に流動性を送り込むことが含まれている。その結果、加速する債務負担を民間部門から公的部門へさらに移すことになる。これに伴い、米国は2020年と2021年に3兆ドルを超える年間財政赤字を計上し、その割合はGDPの18%に近づく可能性があるとの予測もある。

このような経済安定化策には限界があるのではないだろうか。1970年代にこの現象を表現するために「債務超循環」という言葉を作ったBCAリサーチは、超循環の終わりは2014年に始まり、現在加速しており、私たちが知っている世界経済と文明を根本的に変えるような陰湿な展開の危険な時期を迎える、と宣言している)。

*

もうひとつは、世界金融の枠組みが変わると同時に、コンピュータ・チップを中心とした新しい技術サイクルが始まったことで、創造的破壊が起こり、経済のダイナミズムと成長が促されたことである。

すべての技術サイクルは、同様のロジスティックな成長曲線を描き、最終的には経済成長理論家が「フィッシングアウト効果」と呼ぶものに屈する。最も収益性の高いアプリケーションは早期に開発され、関連する、あるいは入れ子になった技術革新や発明の数は、後の商業的利用に向けて減少していく。

最初はこのサイクルによって生産性が加速されるが、イノベーションの速度があるベースライン速度に戻るまで、この効果は減少する)。2009年に大不況が終わってから経験した平均生産性上昇率1.1%に反映されているように、私たちがコンピューターチップサイクルの末端にいることは間違いない)。

間違いなく何らかの新しい技術サイクルが発生するが、そのタイミングは予測不可能であり、次のサイクルの性質は必ずしも過去に目撃されたものと同じではない。例えば、バイオエンジニアリングに基づく新しいサイクルは、人間の生活の質を高めるかもしれないが、経済において以前ほど強力な「創造的破壊の疾風」を伴わないかもしれない。

さらに、このようなサイクルにおいて利益を享受するのは、当初は特権階級であり、彼らは強化された治療を受ける余裕があるため、不平等を助長し、文明という船が沈むときに強化された人間が救命ボートに乗り込む確率が高くなる。しかし、私たちは下り坂を下っており、すでに崩壊と衰退が一時的に先送りされた老衰の段階にある。

*

私たちの数が少なかった頃は、人間の長所が短所を上回り、惑星の資源や自然システムの豊かさと冗長性が私たちの過剰を覆い隠していたのである。私たちが呼吸する空気と同じように、地球の内生的なシステムは、私たちの目には見えないし、評価することもできない。ホモ・サピエンスが持続可能であるためには、過去の種の絶滅の原因である、生息地の劣化と捕食競争という2つの制御可能な原因を回避することが必要である。

現在、人類のニッチは地球全体に広がっているため、地球規模の生態系システムの健全性は重要な関心事となっている。生息地の劣化は、過去の種の絶滅の主な原因であり、自然あるいは人類の場合、大気や生物圏の変化により引き起こされることがある。

その悪影響は、私たちの種だけでなく、他の生命体にとっても、環境の破壊や利用可能な資源の減少として現れる。KareivaとCarranzaは、地球のシステムは現在、生態系崩壊の存亡の危機を高めていると観察している)。

絶滅のもう一つの原因であるプレデター競争は、歴史的にはダーウィンのダイナミズムの中での種間競争から生じてきたものである。人間という生命体の独自性を考えると、今日では、地政学的文脈とパワー・ダイナミクスの中での種内競争の形でもたらされる(例えば、この10年間のシリアを目撃してほしい)。

今世紀の最も重要な誤りは、かつては個人にとって完全に理にかなっていた行動が、私たちの数の増加に伴って、西洋文明の衰退に寄与する恐ろしい力を生み出していることである。人新世の初期における生息地の劣化と種内競争の両方が、私たちの数と行動によって引き起こされているのだ。このことは、前者を減らし、後者を抑制することが必要であることを示唆している。これらは必要な条件ではあるが、既存の文明のパラダイムの中でそれを達成することは、人類の能力を超えている。

*

結局、人間の運命は、旧石器時代の精神的限界と、反省的意識から生まれるユニークな想像力の両方と結びついており、後者には大きな希望が残されている。人類の最も重要な芸術品は知識であり、それはユニークな性質を持っている。一度創られた知識は破壊することができないし、それを使ったからといって、他の人が永久に利用できるものが減るわけでもない。絶えず拡大する知識の表面を這い、方法論の顕微鏡を覗き、新しい事実、洞察、理論を容赦なく提供する学者、科学者、その他の情報従事者の大群が存在するだけである。

私たちは、この記事で提起された質問に対する答えを探すために、多くのことを参考にしているが、新しい方向性を見出す必要性が高まっている。私たちの多くは「柔和な者は大地を受け継ぐ」と言われてきたが、これは貧しい人々や力のない人々を初期のキリスト教会に引き入れるための巧妙な方便に過ぎなかったようである。中東で最初の文明が誕生して以来、歴史を形作ってきたのは常に私たちの中の権力者たちであった。しかし、今度は自分自身とその子供たちだけでなく、人類全体の未来のためになるような方法で、そうする必要がある。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました