プロパガンダ・欺瞞

CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

Springer:『曖昧化する諜報犯罪』批判的フォレンジックの視点 2021
Blurring Intelligence Crime

Blurring Intelligence Crime 目次 1 はじめに 曖昧化とインテリジェンスの批判的科学捜査 犯罪 はじめに 犯罪の不確実性 批判的科学捜査 犯罪を確実なものにするために 政治犯罪から諜報犯罪へ 頂点:スペクタクルとしての政治犯罪 諜報犯罪の批判的法医学
欺瞞・真実

AIへの質問:真実とは?

まえがき: 「真実」という概念は、人類の歴史を通じて哲学、科学、宗教、そして日常生活において中心的な役割を果たしてきました。しかし、現代社会の複雑性と情報技術の発展により、「真実」の定義と理解は新たな課題に直面しています。本対話は、「真実」の本質、その歴史的変遷、現代における位置
メディア、ジャーナリズム

メディアの誤情報報道を検証する

Examining Media Coverage of Misinformation デルフィン・ガーディナー 2024年7月17日 2016年のブレグジットとトランプ米大統領当選という双子のショック以来、ネット上の誤情報に対する関心が高まっている。 新しい論文の中で、ダンカン・
LGBTQ、ジェンダー、リベラリズム

書籍:アンヒューマン(人ならざる者たち) | 共産主義革命の秘史(とその潰し方) 2024

Unhumans 目次 序文:スティーブン・K・バノン はじめに些細な恨みと残酷さ 第1章 共産主義を知っているつもりなのか? 第2章 人ならざるものがやってくる 我々はいかにしてここまで来たのか? 感情は事実を気にしない 第3章 孫子の赤共産主義者は戦う前にいかに勝利するか 革
メディア、ジャーナリズム

ドナルド・トランプは生き残る 暗殺未遂は数センチ差で失敗

Donald Trump survives. 2024年7月14日 写真クレジット:@dougmillsnyt。 ドナルド・トランプが生きているのは奇跡だ。 それは、ピッツバーグのすぐ北にある小さなブルーカラーの町、ペンシルベニア州バトラーでのトランプ氏の集会中に起こった。 彼の
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

書籍:バトルフィールド・アメリカ 2015

Battlefield America: The War On The American People 前評判 バトルフィールド・アメリカ 問題の本質を認めることがアルコール依存症からの回復の第一歩であるように、現代アメリカのファシズム的本質を認めることは、アメリカの自由を回復す
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

書籍:ケムトレイルは暴露された 2016
新たなマンハッタン計画

Chemtrails Exposed: A New Manhattan Project 目次 第1章 ケムトレイルの暴露 第2章 新マンハッタン計画の歴史 第3章 イオノスフェアヒーター / HAARP 第4章 ケムトレイル艦隊 第5章 アルミニウム、バリウム、ストロンチウム 第
メディア・コングロマリット

書籍:メディア資本主義 | Springer 2021
大衆欺瞞の時代における覇権主義

Media Capitalism Hegemony in the Age of Mass Deception | Springer 2021 トーマス・クリカウアー ウェスタン・シドニー大学 オーストラリア、ニューサウスウェールズ州シドニー 本書は2009年から2020年にかけて
アグノトロジー・犯罪心理学・悪

抵抗と信仰 デビッド・A・ヒューズ
2020年以降に起こったすべてのことを踏まえて、抵抗と信仰の関係についての短い考察

Resistance and Faith デビッド・A・ヒューズ 2024年6月28日 2020年に多くの人々がそうであったように、私はそれまで尊敬していた思想家たちに対する尊敬の念を失った。 特に、有名な「左翼」や「左翼」の出版物が、目新しい病気と闘うという口実のもとに展開され
パレスチナ・イスラエル

書籍:シオンの議定書
The Protocols of the Learned Elders of Zion

The Protocols of the Learned Elders of Zion 目次 表紙 表題紙 著作権ページ 著者について 序文 イントロダクション 注釈 議定書第1号 - 基本教義:「力こそ正義なり」 議定書第2号 - 経済戦争と無秩序が国際政府につながる 議定書第
情報戦・心理戦・第5世代戦争・神経兵器・オムニウォー

書籍:秘密結社と心理戦 2001
Secret Societies and Psychological Warfare

Secret Societies and Psychological Warfare 秘密結社と心理戦 独立した歴史と研究 マイケル・A・ホフマンII世 『秘密結社と心理戦:2001』は2001年4月に完成し 2001年7月に初版が発行された。 第6刷: 2009年1月 表紙のイ
ワクチン 倫理・義務化・犯罪・責任問題

ホワイトハウスが検閲しようとした43冊の反ワクチン書籍
焚書は健在

NE - NAKEDEMPEROR.SUBSTACK.COM 2024年6月25日 焚書は30年代のナチス政権で終わったと思っていましたか?憲法修正第1条が言論の自由を保護していると思っていましたか? 司法委員会と連邦政府の兵器化に関する特別小委員会による最近の報告書 「 検閲産
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

論文:9/11の真実と国際関係学(IR)における沈黙 2020
9/11 Truth and the Silence of the IR Discipline

9/11 Truth and the Silence of the IR Discipline 9/11の真実とIRの沈黙 デイヴィッド・A・ヒューズ1 2020年2月 要旨 国際関係論(IR)の学者たちは、9.11の出来事に関する公式の物語を無批判に受け入れ、9.11の真実運動
欺瞞・真実

書籍:『嘘とごまかしを見抜く』 2008
落とし穴とチャンス

Detecting Lies and Deceit Pitfalls and Opportunities  Aldert Vrij 目次 著者について シリーズ序文 序文 謝辞 1 はじめに 2 嘘をつく: 利己的な行為と社会の潤滑油 3 非言語的行動と欺瞞 4 欺くための個々の
デビッド・A・ヒューズ

デビッド・A・ヒューズへのインタビュー キャサリン・オースティン・フィッツ
トランスヒューマニズムと数十年にわたり秘密裏に資金提供されてきたブラックテクノロジー。人々のお金と身体を直接支配する形態。ラリー・フィンク、チャールズ・リーバー、バイオデジタル奴隷。

Interview with Catherine Austin Fitts, May 14, 2024 キャサリン・オースティン・フィッツ、『Covid-19』『サイコロジカル・オペレーション』『テクノクラシーのための戦争』を裏表紙で推薦してくれただけでなく、ソラリ・レポートでの
アメリカ同時多発テロ事件(911)

2020年に始まった第三次世界大戦 デビッド・A・ヒューズ

Interview with Elze van Hamelen, May 3, 2024 2024年5月3日、エルゼ・ファン・ハーメレンとのインタビュー 学者が反体制的な内容を発表すると驚くのはなぜ?グローバルな階級闘争、マルクス主義の誤解、オムニウォー、ディープ・ステート、テク
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

メル・K&デビッド・A・ヒューズ博士|心理作戦、ディープ・ステート、そしてテクノクラシーとの戦い
Mel K & Dr. David A. Hughes | Psychological Operations, the Deep State, and Fighting the Technocracy

!function(r,u,m,b,l,e){r._Rumble=b,r||(r=function(){(r._=r._||._.length==1){l=u.createElement(m),e=u.getElementsByTagName(m),l.async=1,l.src
パンデミックⅡ・疾病X、鳥インフルエンザ

心理的バイオテロリズム ロバート・マローン
イタリア・ローマで開催された「アジェンダ2030に反対する」会議でのスピーチ

Psychological Bioterrorism ロバート・W・マローンMD, MS 2024年6月15日 私の考えでは、現在流行している「鳥インフルエンザ」の恐怖は、WHOが警告を発している「疾病X」の一例である。 しかし、「鳥インフルエンザ」は、宣伝されているような人体へ
COVIDワクチンの有害事象

日本の神経科学者、駒野宏人博士がCOVIDワクチン接種者の爆発的な認知症急増に警鐘を鳴らしている: 60万人規模の大規模調査で明らかになった
「メッセンジャーRNAを使った他のワクチンも開発中とは信じられない」

Japanese Neuroscientist Dr. Hiroto Komano Alarmed at Explosive Dementia Surge Amongst COVID Vaccinated Individuals: Massive Study of ~600,00
合成生物学・生物兵器

論文:見えない戦争 国際人道法の文脈における生物兵器の心理的影響 2023/09

Invisible Warfare: The Psychological Impact of Biological Weapons in the Context of International Humanitarian Law」 イシュワ・アッバス・カワジャ1 1 パキスタン、
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました