論文:9/11の真実と国際関係学(IR)における沈黙 2020
9/11 Truth and the Silence of the IR Discipline

CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪アメリカ同時多発テロ事件(911)デビッド・A・ヒューズ操作された反対派、認知浸透、分断陰謀論

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

9/11 Truth and the Silence of the IR Discipline

9/11の真実とIRの沈黙

デイヴィッド・A・ヒューズ1

journals.sagepub.com/doi/10.1177/0304375419898334

2020年2月

要旨

国際関係論(IR)の学者たちは、9.11の出来事に関する公式の物語を無批判に受け入れ、9.11の真実運動によって生み出された膨大な証拠を検証することを拒んでいる。とはいえ、9.11事件に対する新たな調査を求める声は高まり続けており、国際9.11コンセンサス・パネルや世界貿易センタービル7評価調査団が最近調査結果を公表し、9.11に関する米国連邦大陪審が発表された今、IR研究者たちが9.11真実の主張を真剣に受け止め始める好機であろう。

9.11の真相に関する文献を調査してみると、9.11の公式シナリオは複数のレベルで支持できないことがわかる。2機の飛行機がニューヨークの3つのタワーを倒したわけではない。イスラム教徒が9.11に関与したという確たる証拠はない。さまざまな米政府機関が事件を予見し、証拠を隠蔽していたように見える。

ハイジャックされた飛行機に関する重要な疑問には答える必要があるし、9.11における主流メディアの共謀に関する疑問にも答える必要がある。IR研究者たちは、いくつかの理由から9.11事件に関する証拠に目を向けることを避けている。「陰謀論」という武器化された用語に取り込まれる可能性がある。社会の支配構造に疑問を呈することをタブー視することは、個人が許容される意見の範囲から外れることを望まないことを意味する。

9.11が偽旗であったという可能性を受け入れるには、西洋人は生まれたときから受け入れるように社会化されてきた基本的な前提を否定する必要がある

「対テロ戦争」は、発言の自由が抑圧されたネオ・マッカーシー主義的環境を作り出した。しかし、IR研究者が真実に真剣に取り組むのであれば、まず始めなければならないのは9.11の真実である。

キーワード

9.11,9.11の真実、国際関係、偽旗テロ、知的責任

1 イギリス、リンカーン大学

筆者 David A. Hughes, University of Lincoln, Brayford Pool, Lincoln LN6 7TS, United Kingdom. 電子メール:dhughes@lincoln.ac.uk

背景

2001年9月11日の同時多発テロがもたらしたものは、壊滅的なものであった。同時多発テロで命を落とした推定3,000人に加え、「対テロ戦争」で数百万人が犠牲になった。中東・北アフリカ(MENA)地域は不安定化し、移民の大量流入を招いた。国際法は(最も顕著なのはイラク戦争で)侵害され、国内では、歴史的に前例のないレベルの監視、恣意的な拘禁、拷問など、市民の自由が極端に縮小された。これらすべてが、1945年以降の自由主義的国際秩序を弱体化させ、自由民主主義国家が警察国家へと変貌を遂げつつあるという懸念を高める一因となっている。「9.11」が冷戦後における最も重要な政治的出来事であるという主張を守ることは難しくないだろう。

これらの結果は、米国が9.11にアルカイダに攻撃されたという大前提の上に成り立っている。つまり、テロリズムがネットワーク化され、国境を越え、新たな破壊技術によってかつてないほど脅威となっている時代において、「文明」国家はテロリストの蛮行から自らを先制的に守る権利を有するということである。しかし、その大前提が誤っていたとしたらどうだろう。Benjamin(2017)が観察するように、

仮にこの主張が誤りであることが証明されたとしたら、つまり、米国は実際には9.11で「他者」から攻撃されたのではなく、他者を非難し、国際戦争を正当化する目的で自らを攻撃した(あるいは自らを攻撃させた)のだということが明らかになったとしたら、その戦争は自衛のためのものではなく、計画的で注意深くカモフラージュされた侵略のものとなるだろう。(p. 373)

米国の自衛権の主張を検証する法的責任は、たとえ遡及的にせよ、北大西洋条約機構(NATO)と国連(UN)にある。しかし、両組織は「国際テロの要素によって攻撃されたというアメリカの主張をためらうことなく受け入れ」、現在もそうしている(Benjamin, 2017, p. 373)1。

学界もこれに追随している。9.11に関する膨大な学術文献があるにもかかわらず、「そうした研究のほとんどすべてが、アメリカの自衛という核心的主張の正しさを前提とし、その周辺に横たわる問題をかじっていく」(Benjamin, 2017, pp.374-375)。こうして、市民の自由と安全保障の適切な関係、9.11を戦争行為として扱うか犯罪として扱うか、拷問やドローン戦の倫理(対テロ戦争そのものが正義であることを暗黙の前提としている)などについて議論が展開される。特に、安全保障研究やテロリズムの文献を含む国際関係論(IR)の文献では、9.11が違法な侵略戦争や国内弾圧の口実を提供するために使われた偽旗作戦2であった可能性を示唆するものはほとんどない。

偽旗テロの歴史は長く、よく知られている。例えば、1931年、日本は中国の満州省で運行していた鉄道を破壊し、この事件を中国の民族主義者のせいにし、本格的な侵略を開始し、満州を占領して傀儡政権を樹立した(Felton, 2009, pp.22-23)。1933年、ナチスが引き起こしたライヒスターク火災は、共産主義者のせいにされ、政敵に対する魔女狩りの口実として利用された(Hett, 2014)。1939年のヒムラー作戦では、一連の偽旗作戦が行われたが、最も有名なのは、ドイツがポーランドに侵攻した翌日のグライヴィッツ事件である(Maddox, 2015, pp.86-87)。1967年、イスラエルはアメリカ艦船(USS)リバティを爆撃・空爆し、この事件をエジプトのせいにすることで、アメリカを六日間戦争に巻き込もうとした(Mellen, 2018)。南アフリカのアパルトヘイト政権は、政府高官や施設に対するステルス攻撃を行い、反アパルトヘイト運動の信用を失墜させようとして、それをアフリカ民族会議のせいにした(Benjamin, 2017, p. 377)。アルジェリア政府は1990年代の内戦中、密かに市民を殺害し、イスラム政党のせいにしたと考えられている(Benjamin, 2017, p.378)。

米国はそのような振る舞いを良しとしているのだろうか?そうではない。偽旗ではないかと広く疑われたUSSメイン号沈没事件は、1898年の米西戦争と太平洋のさまざまな島々の征服の口実となった(Anderson, 2016, pp.) 1962年に統合参謀本部によって承認された「ノースウッズ作戦」には、フィデル・カストロのせいにされ、キューバ侵攻の口実として使われる、ありとあらゆる偽旗攻撃の提案が含まれていた(Scott, 2015, pp.) これには、グアンタナモ湾での米海軍艦船の撃沈、キューバ難民を乗せたボートの沈没、マイアミとワシントンDCでのテロ攻撃の演出、飛行中の飛行機をドローンと交換し乗客を密かに降ろすことで、キューバが米旅客機を爆破したかのように見せかけることなどが含まれていた3。1964年のトンキン湾事件は、ジョンソン大統領によって、空爆を開始し対北ベトナム戦争をエスカレートさせる理由として冷笑的に持ち出された。1967年、イスラエルがUSSリバティを沈めようとしたとき、ジョンソン大統領は救助船と救助機を呼び戻し、攻撃に加担したことを示した(Mellen, 2018)。NATOを経由してアメリカ政府が画策したグラディオ作戦は、極右やネオナチのグループを使って、西ヨーロッパの市民に対する政治的暗殺やテロ攻撃を演出し、それを左翼組織のせいにするというものだった(Ganser, 2005)。

53件の偽旗攻撃を認める「陰謀論ではない...認められた事実」
グローバルリサーチ、2019年02月05日 ワシントンのブログとグローバル・リサーチ2015年2月24日 53 Admitted False Flag Attacks. “Not Conspiracy Theory … Admitted Fact” 理論ではない...認められた事

ベンヤミン(2017、p.385)は、「これらすべてのピースをまとめると、国際戦争を正当化するために大量殺戮を目的とした偽旗攻撃が実行される可能性が極めて現実的であることを示す、不穏なモザイクが浮かび上がってくる」と指摘する。一見したところ、アメリカ政府のある要素が、おそらくは他の多国籍アクターとつながりを持ちながら、対テロ戦争の口実を提供するために9.11を演出した可能性は考えられないわけではない。少なくとも、この可能性を頭ごなしに否定すべきではない。

もし9.11が偽旗であったことが証明されれば、その意味するところは革命的な意味を持つだろう。それは、アメリカ政府、あるいは少なくともその中の犯罪組織が、帝国主義戦争を開始し、国内の反体制派を取り締まるために、故意に自国民に対して大量殺人を行い、そのことについて世界に嘘をついたことを意味する。アメリカ政府は専制政治とみなされ、独立宣言によれば、アメリカ国民はそれを打倒する権利を持つことになる4。

9.11の事件を研究することの重要性にもかかわらず、学術界はその努力に背を向けている。モーガン・レイノルズ名誉教授が書いているように(2007, pp.101, 114)、「9.11の公式陰謀説に異論が唱えられたときの学界の反応は、少数の顕著な例外を除いて、主に耳をつんざくような沈黙であった」し、「多くの在職権保障にもかかわらず、学界はこれまでのところ、9.11の真実を追求する力にはあまりなっていない」Kees van der Pijl名誉教授(2014, p. xii)によれば、「この事件とその結果はIRのテーマとしてはタブーのままである」マクマスター大学の平和研究センター長であったグレーム・マックイーン退任教授は、9.11事件に関する研究に対して、「大学は宇宙からいびきが聞こえるほど熟睡している」と述べている(Zuberi, 2013参照)。ジョン・D・ウィンダム博士(2017)は、「9.11に関する大学の沈黙は、彼らが現在、このテーマをオープンに検討できないことを示している」(p.5)と述べている。オープンユニバーシティのアンドリュー・ジョンソンによれば、「教育アカデミックな組織に深く入り込んでいる多くの人々にとっては、自分自身で証拠と向き合ったり、冷静に分析したりすることができないようだ」(ジョンソン、2017、p.15)。

その代わりに、9.11に起こったこと(「9.11の真実」)に関する真実を守る責任は、証拠を自ら検証し、大規模で非常に重要な研究成果を生み出した独立研究者の世界的ネットワークに委ねられている5。「しばしば相反する(そして時には不合理な)物語が急速に拡散している」とAhmed(2005, xiii)は指摘するが、これは「9.11に関する適切な学術研究の継続的な欠如と、意味のある本格的な独立調査の欠如とが組み合わさっている」ことから生じている。

しかし、最近の動きは、9.11の真実がますます大きな力を持つようになっていることを示唆している。2016年、ドナルド・トランプとジル・スタインという2人の米大統領候補が、9.11の公式シナリオに公然と疑問を投げかけ、スタインは新たな調査を要求するまでに至ったが、これは多くの米国民が公式シナリオを信じていないという事実を暗黙のうちに認識したものである6: パネルは23人の専門家レビュアーで構成され、科学的な最良証拠の合意モデルに従っている(Griffin & Woodworth, 2018)。2018年11月、マンハッタンの連邦検事は、非営利の「9.11調査弁護士委員会」による報告書の調査結果を連邦大陪審に付託すると発表した。2019年7月、大陪審の手続きが明らかに停滞している中、ニューヨークのフランクリン・スクエア・マンソン消防区の消防委員会は、”2001年9月11日の同時多発テロに関連するすべての犯罪について、連邦大陪審による包括的な調査と訴追を求める決議”を可決した。2019年9月、アラスカ大学フェアバンクス校のチームによる世界貿易センタービル7号館(WTC7)の破壊に関する4年にわたる調査は、126ページに及ぶ報告書で結実し、「NIST(米国国立標準技術研究所)や崩壊を調査した民間エンジニアリング会社の結論に反して、火災は9.11のWTC7の崩壊を引き起こしていない」、「WTC7の崩壊は、ビルのすべての柱のほぼ同時の破壊を含む世界的な失敗であった」(Hulsey et al.) 今こそ、学者が9.11の真実に真剣に取り組み始める好機と思われる。

『包括的な倒壊』 WTC7倒壊の構造的再評価(911)
Global Failure: Structural Reevaluation of WTC 7's Collapse 11,420 回視聴 2020/04/21 詳細は 2020年3月25日、アラスカ大学フェアバンクス校の研究者が、世界貿易センター7号館の倒壊に関する4年間のコ

9.11の真実の最前線にいる学者の一人が、クレアモント神学大学院(カリフォルニア州)の名誉教授デヴィッド・レイ・グリフィンである。彼は2004年以来、9.11に関する数多くの著書を執筆し、エリザベス・ウッドワースとともに9.11コンセンサス・パネルの招集に携わった。グリフィンの初期の重要な活動(2005)のひとつは、9.11委員会報告書(9.11で何が起こったかについての公式説明)の多くの脱落や歪曲を明らかにすることであった。9.11委員会の共同議長であったトーマス・キーンとリー・ハミルトン(2006年、第1章)でさえ、9.11委員会報告書が遅れ、資金不足に陥り、妨害され、「失敗するように仕組まれた」ことを認めている。このことは、米国政府がなぜ9.11事件の適切な調査を支援しようとしなかったのか、そして2005年と2008年のNIST報告書のように、最終的な報告書がなぜ信頼性に欠けるのかという疑問を投げかける。これらの報告書で述べられた51の重要な主張は、9.11コンセンサス・パネルが実施した調査の最良の証拠と照らし合わせて体系的に検証され、裏付けがないことが判明している(Griffin & Woodworth, 2018; Ryan, 2007も参照)。

したがって、9.11の公式発表を額面通りに受け取る正当な理由はない。しかし、9.11から派生したすべての否定的な結果を考えるとき、9.11に関する公式の物語が嘘であるという発見は、まず第一に重要な発見となるはずである。それなのに、これまでのところ、主流メディアや学会のほとんどのメンバーは、[米国政府が犯罪に関与したという]代替的な物語について提示された証拠を探ることを拒否している」(Griffin & Scott, 2007)。(Griffin & Scott, 2007, p. vii)。

これは今日でも変わらない。公式の9.11シナリオに疑問を呈することに関しては、学界はほぼ完全に沈黙している。その沈黙の大部分が自発的なものであることを考えると、これは特に憂慮すべきことである。ナチス・ドイツのような強制的なコンセンサス(Gleichschaltung現象)は存在しない。その代わりに、学者たちは自己検閲を選択し、グラムシアン的な意味で覇権的な公式9.11物語に自発的に従っている。

方法

公式の9.11ナラティブに対する学問的適合主義に異議を唱えるには、(a)学術文献が9.11の真実を適切に扱っていないことを示し、(b)なぜそうすべきなのかを説明し、(c)なぜそうしないのかを説明する必要がある。特に(a)と(b)については、方法論的な限界がある。

(a) 関しては、レビューした文献の範囲に限界があるはずである。本稿では、偽旗テロと対テロ戦争に最も精通しているはずのIRという学問分野に限定している。もしIRの学者が9.11が偽旗事件であった可能性を認識できない、あるいは認識しようとしないのであれば、他の学問分野にはほとんど希望が持てないことになるもちろん、IRそのものが広大で広範な学問分野であるため、さらに範囲を限定する必要がある。アルカイダが「西洋文明」を攻撃した、という同じ前提に立つ文献の数々を要約しようとはしない。むしろ、自称「批判的テロリズム」文献を含め、IR文献がその前提を批判的に問い直すことがほとんどなかったことを示すことに注意を向ける。したがって、原理的には、9.11を偽旗事件の可能性として扱っているIR文献を、その日実際に起こったことに関する証拠の分析に基づいて指摘することで、この議論に反論することができる8。

(b) ついては、9.11の真実が妥当であると学者を説得することは、資料の問題に突き当たる。つまり、(i) 者が査読を受けていない文献を真に受けることを拒否し、(ii)事件の重大さに比して査読を受けた9/11真相に関する文献が乏しいため、(iii)学者が9/11真相は真に受ける価値がないと思い込むという悪循環が生じる。しかし、これは認識論的な問題というより、社会学的な問題であることに留意すべきである。最後のセクションで論じた理由により、学者が一般的に9/11の真実を追求しないことを選んだからといって、9/11の真実が追求できない、あるいは追求すべきではないということにはならない。では、9/11の真実は追求する価値がある、と学者たちを説得するにはどうすればよいのだろうか。

何よりもまず、9.11真相の重要な発見を学問的な聴衆に提示する必要がある。そうすれば、学者たちは少なくともそれらの発見をよく知ることになり、それらの発見に目を向けることを拒否する代わりに、それらを検討し対応する知的義務を負うことになる。しかし、それに劣らず重要なのは、それらの知見が知的信頼に足るものでなければならないということである。例えば、110階建てのツインタワーはすぐにロビーより高くない瓦礫の山を残したこと、WTC7は2.25秒間自由落下速度で落下したこと、何千人もの第一応答者が原因不明のガンで早死にしていることなどである。

また、学術的な信頼と尊敬が期待できる情報源に焦点を当てることも重要である。そのような情報源としては、9.11コンセンサス・パネルとアラスカ・フェアバンクスの調査の2つがすでに特定されている。加えて、9.11の真相に関連する査読付き学術誌論文もいくつかある(ただし、その数はそれほど多くはない)9し、Zarembka(2006)やGriffin and Scott(2007)のような編著書もある。学術的な考察に値する他の情報源としては、デイヴィッド・レイ・グリフィン、キース・ファン・デル・パイル、モーガン・レイノルズ、ピーター・デール・スコットなど、専門家から高い評価を得ていることを示す名誉教授が書いた文章がある。本稿はそのような情報源に忠実である。

本稿の残りの部分は以下のように進められる。まず、9.11に関するIRの文献をレビューし、それが9.11の真実を扱っていないことを示す。第2に、9/11の真実に関する重要な知見が、偏狭主義という非難を避けるために、上記のタイプの情報源のみを用いて要約された形で提示される。第三に、IR研究者が9.11の真実を無視する理由について考察する。最後に結論として、9/11の真実を真摯に受け止めることの意味を考察する。

9/11に関するIR文献

9/11の公式シナリオの証拠を、代替仮説の証拠と照らし合わせて評価したIR学者はいない。入手可能な証拠に対して、競合する説の証拠を体系的に比較検討しなければ、ある説が入手可能な証拠とより整合的であるとか、より整合的でないとかを論じる論理的な方法はない。したがって、必要な学問的デューデリジェンスを怠ったIRは、9.11で何が起こったかを知っていると主張することはできない。それどころか、IRの知識は、公式の物語を信じる宗教に近いものになりかねない。

9.11直後のIR学者たちの自動的な思い込みは、「アル・カイダ」が悪いというものだった。たとえば、クリス・ブラウン(2002)は、「国際社会は特定のテロリスト・グループ(アル・カイダ)狩りに従事している」と書いており、「WTCがモサドによって攻撃されたという不合理な噂」は明確に排除されている(263,266頁)。Cox (2002, p. 261)は「国際政治におけるイスラムの役割」を指摘している。2002年1月に国際機構からDialogue IOとして出版された主要なIR学者による回答集では、「イスラム原理主義者」の物語に疑問を呈するものは一人もいない。ハリデーの『世界を揺るがした2時間』(2002)は、実際にはツインタワーが破壊された2時間について書かれたものではなく、中東に関する彼の先行研究をまとめたものである。Elshtain (2003, Chapter 1)は、「9.11で何が起きたのか」という重要な問いを立てているが、イスラム原理主義を執拗に非難する中で、実証的証拠を検証しようとはしていない。9.11委員会のスタッフであるダニエル・バイマン(2003)は、アルカイダと過激派イスラム主義に関する学問を調査している。

アンダーソン(2004,304,310頁)は、9.11に関する140人の著者を含む10冊の編集本を調査し、「知的神経の驚くべき失敗」と「学者としての冷静さの喪失」を指摘し、「オープンエンドな探求という科学的姿勢への不快感と、『道徳的明晰さ』と呼ばれるようになったものを反映した答えを求める渇望は、当時の知的論争の多くに顕著であった」(323頁)と結論づけている。言い換えれば、IR研究者は科学的方法に従い証拠を見る代わりに、神経をすり減らし、「道徳的明確さ」を求めるあまり、「われわれと共にあるか、われわれと敵対するか」というブッシュ政権の要求に同調したのである。これは、IR主流派が「ハード・サイエンス」を行っているという主張を裏切るものである。

9.11に関する最初の文献が雪崩を打った後、IR研究者たちの関心はテロとの戦いという重大な帰結に移り、事件そのものへの関心は急速に失われていった。9.11から5年後、Brenner (2006, p. 497)は「9.11への反応は比較的穏やかであった。9.11への反応は比較的鈍く、持続的な注目はほとんど浴びず、熱烈な議論もなく、予想されたような中心的な焦点からはほとんど除外された。その代わりに、IR研究者たちはいつも通りの仕事をこなした。9月11日の国際関係研究への影響」と題された章で、Buzan (2003, p. 306)は、「9月11日は、IR理論に関する議論やIRのアジェンダを大きく変える必要はない」と主張している。9.11の出来事に関する証拠を見て、それがすべてを変えることを理解する代わりに、IR学者たちは現状維持に満足した。

9.11の事件そのものがIR研究において検証されないままである一方で、「テロ産業」が勃興し、「『9.11以降』で終わるタイトルの本が無数に出版された」(Dunne, 2011, p.970)。しかし、テロ産業において、タイトルに「9.11以降」というフレーズを含み、あの日実際に何が起こったのかを批判的に検証した書籍はどれほどあるのだろうか。

ダンとブースの『Terror in our Time』(2012)は、広くテロリズム文学を代表する一冊だ。表紙には9.11の瓦礫の写真が掲載され、最初の2ページで「アルカイダ」と「オサマ・ビンラディン」に非難の矛先が向けられている(vi-viii頁)。著者たちは、自分たちがいかに無批判に公式の物語、ひいては対テロ戦争に知的正当性を与えているのか気づいていない。それどころか、公式見解に疑問を呈するつもりは毛頭ないことを強調している: 「本書では、(9/11以降の)10年間に西側諸国政府が行ったことをすべて批判するつもりはない」(p.viii)。実際、本書の「焦点」は「必然的に(アルカイダに対する)大規模な軍事力と国家資源の動員について」(p.7)である。9.11が偽旗であった可能性をすべて排除し、著者は「本書はテロリストとしての国家について述べているのではない」(p.7)と断言する。こうして本書は、西側の国家権力に従順に奉仕する、恥ずかしげもなく非批判的な研究として組み立てられている。

いわゆる批判的テロリズム研究でさえ、9.11の真実に対するタブーを維持するために働いてきた。イスラム・テロリズムのような「言説」、9.11の「前」と「後」の断絶とされるような「時間性」、9.11を記憶する政治性は、すべて批判的に問い直されるかもしれない(Jackson, 2007; Toros, 2017; Zehfuss, 2003)。しかし、9.11にいったい何が起こったのか、どのようにしてそれが達成されたのか、そしてそれゆえに誰が責任を負い得たのかについての真剣な科学的調査は、依然として厳しく制限されている。テロリズム A Critical Introduction (Jackson et al., 2011)がその点をよく表している。同書は、批判的テロリズム研究を「理論的・方法論的に厳格であり、レッテル貼りの政治性に敏感であり、知識と権力の問題について自省的であり、紛争解決と人間の安全保障に尽力している」(p.27)と称賛している。しかし、9.11に関しては、知識と権力の問題について、より大きな自己反省が求められているように思われる。著者は、「支配的な9.11の物語が、観客が出来事をどのように解釈すべきかを[……]確立するのに役立った」(p.70)と述べている。彼らはこう指摘する、

「支配的な物語に対する潜在的な挑戦は、[…]ブッシュ政権とその同盟国によって、精力的なパブリック・ディプロマシー・キャンペーン、愛国心への長期にわたるアピール、政敵の信用失墜、圧力団体の利用を通じて効果的に対抗された」。しかし、著者は9.11の公式シナリオに疑問を投げかけたり、ブッシュ政権がなぜ代替シナリオを封じるためにこれほどの労力を費やしたのかを問うのではなく、公式シナリオがどのように構築され、広まっていったかを示すだけである。権力は説明されるだけで、挑戦されることはない。この「批判的」なテロ入門書では、「偽旗」という言葉は出てこない。

ノーム・チョムスキーは何十年もの間、米国の外交政策に対する最も著名な批判者の一人であったが、9.11が違法な侵略戦争を正当化するための偽旗作戦であった可能性を受け入れることを拒否している。チョムスキーによれば、ビンラディンの有罪は「最初からもっともらしく推測されていた」のであり、「ビンラディンの場合、議論の必要はない」(2011, p. 34; 2002, p. 146)。9.11真相究明運動によって生み出された証拠は「本質的に無価値」であり、米国政府がテロについて事前に何かを知っていた可能性があるという考えは「信憑性が低く、本気だとは思えない」つまり、「何の意味もない」(2008b)。チョムスキーが9.11の公式発表を盲目的に受け入れ、9.11の真実について「故意に無知」であること(Ryan, 2013)は、合意の捏造に関する彼の以前の仕事(Herman & Chomsky, 2010)と著しく対照的である。9.11に関する限り、チョムスキーは許容される意見の範囲内に安住しており、同意製造装置の不可欠な一部である。

今日でも、著名なIR学者は「アルカイダの工作員がカッターナイフを効果的に使って民間航空機をハイジャックした」という9.11の公式シナリオを自動的に受け入れている(Mueller, 2018, p.15)。主流派のIR学者は、「対テロ戦争の背景や意味合いについて真剣な研究を始めることはおろか、容認することもない」(van der Pijl, 2014, p.234)ようだ。9.11が偽旗であったという考え方は、学問の枠を超え、口にすることもできない(学問はまさに思考を規律づけるために生まれた)。ヴァン・デル・パイルの見解では、9.11に関して言えば、国家権力に最も近いIR研究者たち、つまり彼が「アカデミック・インテリジェンス・ベース」と呼ぶ人々は、「トンキン湾事件、ロッカビー、コソボ・アルバニア人の大量虐殺、サダム・フセインの『大量破壊兵器』、そして今日、イランの核爆弾開発計画などをすでに取り上げた一連の事件の中で、明らかなデマを支持している」(van der Pijl, 2014, p.234)。これは強い主張であり、その信憑性を判断するためには証拠を検証する必要がある。

9/11の真実:主要な発見

9/11真相研究者の大多数が同意するであろう、ある重要な命題がある。以下にそのいくつかを示す。大半は、9/11コンセンサス・パネルの調査結果(Griffin & Woodworth, 2018)に見ることができ、23人の専門家が6年かけて合意し、85%のコンセンサス率を必要とした。その調査の該当する章を角括弧内に示したので、参照してほしい。

公式の9.11の物語を問題視することで、このセクションは9.11の知識に関する本質的な不確実性を開いている。学者が9.11の出来事を適切に調査したことがないため、その日に実際に何が起こったのかを科学的に保証して語ることは不可能であり、対テロ戦争の科学的根拠がないことを意味する。それどころか、蔓延しているのは「反科学」であり、米国政府から9.11の調査を任された科学者たちは、「結論から出発し、いくつかの『有力な仮説』へと逆算していった」(Ryan, 2007, p.64)。例えば、対テロ戦争が始まって7年後に発表されたWTC7の破壊に関する2008年のNISTの報告書は、「科学的詐欺の試みのすべての兆候を持っている」(Wyndham, 2017, p. 3)。したがって、学者には9.11を調査する科学的責任だけでなく、道徳的責任もある。

以下の指摘は、9.11で実際に何が起こったのかに関する答えを提供するのではなく、さらなる分析を必要とする疑問を提起している。これらの疑問を解決するためには、慎重かつ体系的で公平な研究が必要であり、このような規模の問題では、研究プロジェクト、複数の論文、モノグラフなどが要求される。その点で、学術界が9.11真相究明運動によって投げ落とされた試金石を最終的に拾い上げることが望まれる。

WTCへの被害

民間旅客機がツインタワーの完全な破壊を引き起こしたということはあり得ない。オフィス火災は、たとえジェット燃料によるものであったとしても、この巨大な鉄骨構造を弱体化させ、観察されたような効果をもたらすことはできなかった[2](Ryan, 2007)。サウスタワーで広範囲に燃え広がったという公式の主張は誤りである[5]。しかし、飛行機やオフィス火災でないとすれば、何がツインタワーを破壊したのだろうか?

連邦緊急事態管理庁(FEMA)の主張(2002, pp. 2-27, 35)は、タワーの各階が「進行性崩壊」で互いに「パンケーキ」して倒れたというものであるが、各タワーの中核にある47本の巨大な連結鉄骨柱を破壊したものを説明することはできない(Jones, 2007, p. 58)。下層階からの抵抗が突然なくならない限り、最上階が最大抵抗の経路(下層階)を重力の約3分の2の速度で加速することは物理的に不可能であった[9]。ツインタワーが破壊されたメカニズムが重力によるものでないとしたら、一体何だったのだろうか?

ツインタワーが破壊される様子を撮影したビデオ映像には、巨大な鋼鉄製のIビームが水平方向に大きく放出される様子が映っている[4]。何がこれを引き起こしたのか?この110階建ての2つのビルから出た瓦礫の山がかろうじて地面の高さより上にあったという事実[9](図1)は、タワーが「ほとんど空中で粉々になった」、つまり地面に激突する前に「驚くべき驚くべき現象」(Jones, 2007, p. 48; 図2-4)であったことを示すビデオ映像や写真と一致している。その過程で大量のエネルギーが放出されたことは、最初の砂塵雲の形成(図3と5参照)や、マンハッタン低地全体を包み込むまで急速に拡大した砂塵雲からも明らかであるが、光は発生せず、砂塵雲は冷たかった。何がこれを引き起こしたのだろうか?

ニューヨーク州パリセーズにあるコロンビア大学ラモント・ドハティ地球観測所が記録した地震信号から、いくつかの重大な異常が明らかになった。例えば、WTC 2とWTC 1の飛行機衝突の衝撃にそれぞれ対応すると言われているリヒタースケール0.7と0.9の数値は、レーダーに基づく飛行機衝突時刻の前に発生しており、飛行機衝突に対応するには周波数が低すぎる[8]。これらの信号には説明が必要である。

WTC7は、9.11には飛行機が衝突していない47階建てのビルであったが、その日の午後5時20分に、最初の2.25秒間は自由落下速度で、自らの足跡の中にまっすぐに降下し[11]、その屋根線は終始水平に近く、隣接するビルに損傷を与えなかった。NISTは、この「自然崩壊」は「オフィス火災」と「熱膨張」として知られる新現象のみによるものだと主張している。もしこれが本当なら、WTC7は、このような運命をたどった史上唯一の、鉄骨造で防火措置の施された大型ビルとなる[10, 14]。現実には、WTC 7の破壊を唯一もっともらしく説明できるのは、82本のすべての鉄骨支柱がほぼ同時に破壊されたことである(Hulsey et al.) そしてその場合でも、「ニュートンの運動法則とエネルギー保存の考慮事項に違反していなければ、数階分の高さの瓦礫の山の中であのビルが完全に崩壊したことを説明することはできなかっただろう」(Korol et al., 2016年、25ページ)。では、WTC7はどのように、誰によって、何の目的で破壊されたのだろうか?

図1 ツインタワー破壊直後の地上の瓦礫

撮影者不明。出典:http://www.drjudywood.com/articles/dirt/dirtpics/010913_5316_large.jpg

図2 ワールド・トレード・センター1は、空中でほとんどが塵と化した

出典:ニューヨーク市警航空課、グレッグ・セメンディンガー刑事。この画像は2010年2月まで公開されなかった。

図3 ワールドトレードセンター2は地面に叩きつけられない

上半分は空中で塵と化し、下半分はまだ立っている。一部の粉塵は上昇し、残りは下降しているように見える。撮影者不明。

出典:http://www.drjudywood.com/articles/DEW/dewpics/Image28.jpg

WTC1、WTC2、WTC7が完全に崩壊する前に、大きな爆発があり、地下室やロビーが破壊されたことを、建物内にいた人々を含む多くの目撃者が証言している[1, 9, 17]。これもまた、さらなる調査が必要である。

「イスラム原理主義」

経験的証拠を検証すると、カッターナイフだけで武装した19人のイスラム教徒が9.11を引き起こしたとはとても考えられない。例えば、ハイジャック犯とされる人物が4機の航空機のいずれかに搭乗する準備をしていたことを示す信頼できる写真や目撃証拠はない[41, 42]。ダレス国際空港だけでも300台以上の監視カメラがあったことを考えると、この異常さには説明が必要である。

「宗教狂信者」であるモハメド・アタを含むハイジャック犯とされる人々が、アルコール、コカイン、ラップダンサーに使う大金を持っていたという事実は、彼らが「イスラム原理主義者」どころか、敬虔なイスラム教徒でもなかったことを示唆している[43, 44]。もしそうだとすれば、イスラム原理主義が9.11の原因であり、それとともに一連のイスラム教徒が多数を占める国々における米国の軍事行動の根拠であるという対テロ戦争の前提が崩れることになる。したがって、9.11におけるイスラム原理主義の役割についてさらなる調査が必要である。そのような調査は、宗派間の分裂を生み出し、アラブやイランの民族主義体制を不安定化させるために、中東で米英がイスラム原理主義を支援してきた長い歴史を考慮に入れるべきである(Anderson, 2016; Curtis, 2012)。

図4 タワーが信じられないほどの力で吹き飛ばされた際に、ロケットの排気跡の可能性がある

撮影者不明。出典:http://www.drjudywood.com/articles/DEW/dewpics/Image250.jpg

連邦捜査局(FBI)がハイジャック犯として名指しした19人のリストには問題があることが知られているが、少なくともそのうちの10人は9.11後に生存が確認されている(Kolar, 2006, pp.12-13)。9月10日に車でポートランドに向かったとされるハイジャック犯とされる2人が9.11に関与していないことが証明されると、FBIはモハメド・アッタとアブドゥル・アジズ・アル・オマリの身元にすり替えただけで、アッタがその日にポートランドにいたという証拠はない[40]。さらに、2人のジアド・ジャラーと2人のモハメド・アッタがいたようである(Kolar, 2006, pp.22-27)[44]。これらのことはすべて、秘密諜報活動における偽者や替え玉(シミュレートされたアイデンティティ)の使用と一致しており、この線に沿った9.11に関するさらなる研究の必要性を指摘している。

米国に対するテロ攻撃に関する国家委員会(National Commission on Terrorist Attacks Upon the United States)によると、ハイジャック犯とされる27人と共謀者8人に発給されたビザのうち14人は、サウジアラビアのジェッダにある同じ米国領事館で発給されたものであった(Eldridge et al. この領事館は、元ビザ課長の言葉を借りれば、1980年代に「(CIAと)オサマ・ビンラディンによって集められた新人を、CIAによるテロリスト養成のために米国に連れてくる」ために使われた領事館であり、おそらくアルコールの不正取引によって資金が調達されていた(Springmann, 2001, pp.41-42)。このことは、9.11で非難されたアルカイダの工作員は、実際には中央情報局(CIA)によって運営されていた可能性があることを示唆している。Scott (2007, p. 77)によれば、”9.11テロで非難されたアルカイダのテロ・ネットワークは、ソビエト・アフガン戦争中もその後も、アメリカの諜報プログラムと秘密作戦によって支援され、拡大した”。アルカイダと米国諜報機関との関連は、9.11の文脈でさらに研究される必要がある。

図5 ノースタワーの破壊は「きのこ雲」効果を生み出した

出典:ニューヨーク市警察財団。出典:Sweet (2002, p. 20)

オサマ・ビンラディンと9.11を結びつける確たる証拠はない[39]。しかし、ビンラディンが2001年12月に死亡したことを示唆する証拠は大量にある(Griffin, 2009)。2001年12月に国防総省が発表したオサマ・ビンラディンの「告白テープ」は、明らかに真正ではない(Griffin, 2009, pp.22-36; Kolar, 2006)。ビンラディンが9.11の後ほぼ10年間、史上最も巧妙な監視網から逃れることができたという主張はありえないが、テロとの戦いにおける厄介者の役割を果たしたという指摘は理にかなっている。彼が捕らえられたとされるときでさえ、彼は殺され、遺体は海洋投棄された。ビンラディンの生と死に関するさらなる研究が必要である。

米国政府機関の役割

連邦航空局と北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は9.11の日、12以上の異なる「戦争ゲーム」演習を同じ日に行うという信じられないような決定によって、事実上麻痺した。航空管制官のモニターに偽のレーダーブリップが挿入された。アメリカの防空艦隊の多くはカナダとアラスカに転用された。戦闘機は遠くラスベガスでの訓練から呼び戻されなければならなかった。ノースタワーへの衝突後、AA11がまだ飛行中であったという報告があった。国防総省と9.11委員会は、これらの演習のうち1つを除くすべてを報告しなかった[27]。9.11ウォー・ゲームが引き起こした混乱と混迷の豊富な証拠を考えれば、演習が攻撃への軍の対応を強化したという高官たちの主張は信憑性に欠ける[27]。したがって、9.11戦争ゲームに関する完全な調査が必要である。

世界で最も厳重に防衛された建物の一つであるペンタゴンは、サウスタワーが攻撃された後に攻撃された。ペンタゴンへの攻撃は予見も防止もできなかったという公式の主張は精査に耐えない[19, 20]。ハイジャックされた国産機が兵器として使用されることを軍は想定していなかったという公式の主張は誤りである[26]。実際、1999年から2001年5月にかけて、ペンタゴンへの旅客機墜落を想定したシミュレーションが何度も行われていた[21]。では、そもそもペンタゴンへの攻撃はどのようにして成功したのだろうか?

ドナルド・ラムズフェルド米国防長官は、9.11同時多発テロやユナイテッド航空93便の墜落に対して何もできる立場になかったという公式の主張は誤りである[33]。統合参謀本部副議長のリチャード・B・マイヤーズ大将が同時多発テロ時にペンタゴンにいなかったという公式の主張も誤りである[34]。統合参謀本部議長のヒュー・シェルトン将軍は、9/11の午後12時30分までにハンガリー行きの飛行機からペンタゴンに戻ったと主張しているが、実際には4時間後に到着しており、最も必要なときに不在だったことを示す証拠がある[35]。モンタギュー・ウィンフィールド准将が2002年にABCニュースに対し、軍が「93便の迎撃に向かうことを決定した」と語ったとき、国防総省は彼が9.11のときは国軍司令部の作戦副部長ではなかったと主張することで、彼の役割を最小化しようとしたが、証拠は彼がそうであったことを示唆している[36]。証拠は、ラルフ・エバーハート大将が「職務怠慢」であり、同時多発テロの間、通信不能になり、同時多発テロに対する軍の対応を積極的に遅らせたことを指摘している[37]。したがって、9.11における米軍高官の役割については、さらなる説明と正当化が必要である。

FBIは、AA11便とUA175便のブラックボックスの「破壊不可能」とされる部品を回収できなかったにもかかわらず、グラウンドゼロからハイジャック犯とされる人物のパスポートを完全な状態で回収したと主張した[25]。ペンタゴンは閉回路テレビ(CCTV)カメラで環状に囲まれており、近隣の建物にもCCTVカメラがあり、その映像を使えば何がペンタゴンを直撃したかを決定的に示すことができたにもかかわらず、FBIはそのすべてを没収し[21]、遅ればせながら2006年に民間旅客機を映していないと思われる2本のテープだけを公開した。ハイジャック犯とされる人物が映った空港のCCTV映像の紛失や、彼らの(誤った)特定におけるFBIの役割と相まって、FBIが隠蔽工作の最前線にいた可能性について調査する必要がある。

シークレットサービスは、ツインタワーへの最初の衝突を知ると、ブッシュ大統領をフロリダ州サラソタの教室にさらに10分間留まらせ、定期的に予定されていたテレビ演説をさせた。グリフィン(2007)の見解では、こうだ、

この行動は、シークレットサービスが、計画された攻撃に大統領への攻撃が含まれていないことを知っていた場合にのみ意味をなす。そして、その攻撃が政府内の人間によって実行されるのでなければ、どうしてこのことが確実にわかるのだろうか?(p. 13)

9.11におけるシークレットサービスの役割については、さらなる調査が必要である。

環境保健局はホワイトハウスの命令で、グラウンドゼロ周辺の空気は呼吸しても安全だと主張したが、それ以来何千人もの第一応答者がガンで早死にしている。特に甲状腺がんの罹患率は、WTCの対応者、消防士、ニューヨーク市衛生局の被曝住民では、一般的ながん登録よりも2-3倍高い(van Gerwen et al., 2019, p. 1600)。この理由は、タワー内のアスベストや医師の偏見による過剰診断では説明できないため(van Gerwen et al., 2019, pp.1602-1604)、適切に調査する必要がある。

ルドルフ・ジュリアーニ・ニューヨーク市長は、ABCのピーター・ジェニングスの生放送で、ツインタワーが崩壊することを事前に知らされていたにもかかわらず、避難を命じず、後にその予知を否定したと語った[28]。しかし、彼はその日の朝9時前に、彼が拠点としていたWTC7にある緊急事態管理局を避難させた。その緊急事態管理局は、ツインタワーとWTC7が崩壊するという情報を流す役割を担っていたようだ[38]。9.11におけるジュリアーニの役割(迅速な清掃活動を含む)、およびWTC1、WTC2、WTC7の破壊に関する公式の予知については、さらなる調査が必要である。

FEMA(2002)、9.11委員会(2004)、NIST(2005年と2008)の報告書は、不正確、省略、歪曲に満ちていることが知られている。例えば、WTC7の破壊は、9.11委員会報告書と2005年のNIST報告書の両方で避けられている。2008年のNIST報告書がついにWTC7を取り上げたとき、それは観察された現実を模倣するのに失敗した、査読されていないコンピューターシミュレーションに依拠した説明を考え出したが、そのデータは公表されなかった[13]。NISTはまた、WTC7の構造概略図を隠そうとしたが、それが崩壊についての説明を不可能にした[14]。そして、「スイスチーズ」効果を示す鋼材がWTC 7から回収されたという事実を隠そうとした[15]。これらの報告書は、9.11真相究明コミュニティでは隠蔽工作と広くみなされており、その信頼性の低さ、おそらく詐欺的な状況には説明が必要である。

主要な政府高官は、9.11で仕事をしなかった責任を問われなかった。ドナルド・ラムズフェルド[33]は、国防長官としての緊急の職務(彼はベトナム戦争以来最大の国防費の増額を受けた)に出席せず、ペンタゴンの芝生で写真を撮られた。ラルフ・エバーハート大将は、NORADが9.11同時多発テロを防げなかった大失態を指揮し、9.11委員会[37]に宣誓の上で嘘をついたが、その後合衆国北方軍司令部のトップに昇進した。ディック・チェイニー副大統領は、ペンタゴンに接近する飛行機を撃墜しないように命令したが、公式のシナリオに反して、ユナイテッド93(シャンクスヴィル)を撃墜するように命令することができた[31, 32]。9.11での失敗に対して、なぜ高官が罰せられるのではなく、報われたのか、疑問が投げかけられる必要がある。

財務上の不正行為の可能性

計量経済学的分析によれば、9.11までの数日間、インサイダー取引が行われていたことが示唆されている[51]。例えば、Poteshman (2006, p. 1725)は、「9月11日までの数日間、異常なオプション市場の動きがあったことを示す証拠があり、これは投資家が同時多発テロの事前知識に基づいて取引していたことと一致する」と結論づけている。Wong ら (2010, pp. 43-44, 1)は、「9-11 同時多発テロ直前のオプション市場の取引量の大幅な異常増加」や「3 つの弱気投機戦略と一致する証拠」など「インサイダー取引の主張を支持する(信頼できる)状況証拠」を見つけている。チェズニーら(2015年、26,29頁)は、9.11以前のアメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ、ボーイング、KLMオランダ航空のオプションの異常取引(すなわち、「大きな利益を生み出し、オプションのヘッジ目的ではなく、特定のイベント発生の数日前に行われる」もの)を特定している。9/11の予知に基づくインサイダー取引について、さらなる調査が必要である。ライアン(2010)は、可能性のある調査方法を提案している。

9.11の前日、ドナルド・ラムズフェルドは、国防総省は2.3兆米ドルという途方もない額の消えた資金を説明できないと発表した。9.11でペンタゴンの中で唯一攻撃されたのが会計事務所で、そこで会計士が殺されたため、その資金を追跡することは不可能となった。諜報アナリストのロバート・デビッド・スティール(2010)が言うように、「9月11日、ペンタゴンを襲ったものは、行方不明の2兆3000億ドルを調査するのに必要なすべてのデータが入ったコンピューターをすべて破壊したと言われている」(p. 369, n.23)。特に、1998年から2016年の間に、国防総省と住宅都市開発省の財務記録で推定21兆米ドルが説明できないことを示す最近の調査(Skidmore & Fitts, 2019)を考慮すると、この消えたお金について完全な調査が必要である。

ラリー・シルバースタインは、9.11のわずか7週間前にツインタワーとビル4,5の99年リースにサインした(Port Authority, 2001)。ニューヨーク・ニュージャージー港湾局が、WTC複合施設とニューヨーク市域の3つの空港に総額15億米ドルの保険をかけていたのに対し、シルバースタインはビルだけに35.5億米ドルの保険をかけるために奔走した(Frankel, 2002)。ツインタワーの破壊後、彼は各タワーの破壊は別の出来事としてカウントされるべきであると主張し、35.5億米ドルの保険契約から71億米ドルの支払いを請求するために何年も法廷で費やしたが、最終的には史上最大の単独保険和解金である45.5億米ドルを手にした(Bagli, 2007)。シルバースタインはWTC7の賃貸契約も結んでおり、WTC7棟のうち5棟の賃貸契約を結んでいたことになる。驚くべきことに、シルヴァスタインはよりによって9.11を選び、いつものようにノース・タワーの最上階で朝食をとらなかったし、ツインタワーで働いていた彼の子供たちも、その日はたまたま仕事に遅れていた(van der Pijl, 2019, p. 34)。「ラッキー・ラリー」の並外れた幸運については、さらなる調査が必要である。

旅客機

ユナイテッド93便が撃墜されたのではなく、ペンシルベニア州シャンクスヴィル近くの野原に墜落したという証拠はない[23]。また、4機のうち3機のトランスポンダーをオフにしたのが「ハイジャッカー」であったという証拠もない。「その代わりに、ハイジャッカーが飛行機に乗っていたかどうかを疑問視するさまざまな証拠が存在する」[24]。例えば、9.11に関与したとされる4機の航空機のうち、パイロットや副操縦士がハイジャックコードを叫ぶ時間は十分にあったにもかかわらず、ハイジャックコードを叫んだ航空機は1機もなかった[22]。4機のブラックボックスに何が起こったかについての公式説明は信用できない[25]。

UA93便の乗客のヒロイズムを称える「Let’s roll」キャンペーンは、乗客のトッド・ビーマーがかけた電話に基づいているが、その信憑性は疑わしい[47]。AA77便のバーバラ・オルソンによる電話の真偽も疑わしい[48]。2001年には高高度旅客機(20,000フィート以上飛行)からの携帯電話通話は不可能に近かったが、FBIと9.11委員会は2006年まで、6人の乗客が携帯電話通話を行ったという報道を疑うために何もしなかった。2006年のザカリアス・ムサウイの公判中、FBIはその路線を変更し、携帯電話として報告されていた通話のうち、2回を除くすべてが実際には機内の電話から発信されていたと主張した。この主張は(発信者番号通知などで)反論可能であるだけでなく、FBIがその路線を変更したという事実は、以前の信憑性を疑わせるものである[50]。

9.11ハイジャック犯の一人とされるハニ・ハンジュールは、単発のセスナ機を操縦するのがやっとの下手くそなパイロットであったことが知られている。ボーイング767に乗り、時速580マイルでペンタゴンに激突する前に、複雑な330◦下方コークスクリュー操作を行い、3分で7,000フィート降下したという公式の主張は信用できない[18]。実際、この異常な軌道はまだもっともらしい説明を必要としている。

主要メディア

CNNはWTC7の破壊が間近に迫っていることを、それが起こる1時間以上前から報道していた。MSNBCはビルが倒壊することを事前に知っていた。BBCはWTC7がすでに倒壊したことを23分早まって報道した(報道の背景にはビルがまだ立っていた)[16]。これらの報道機関はどのようにして事件の予知を得たのだろうか?なぜ彼らは、鉄骨ビルがそもそもどうやって「崩壊」したのかなどという重大な疑問を投げかける代わりに、情報源の言うことを報道することに熱心だったのだろうか?なぜBBCは、WTC7が実際に破壊されたことを確認しようともしなかったのか?

9.11の後、主流メディアは公式シナリオのあらゆる側面を疑うことなく支持し、戦争を宣伝し、米英の占領に対するイラクの抵抗をアルカイダのテロと分類した(Chossudovsky, 2005, pp.194-195)。「9.11委員会報告書やイラク戦争への準備と同様 2005年のNIST報告書に関しても、ライアン(2007,65頁)は「主要メディアは、公式のストーリーを支持するためになされた説明や非説明を単にオウム返しした」と書いている。権力の責任を追及する”第4の機関”のこの無残な失敗を説明するものは何だろうか?

9.11後の数年間、米国のニュースメディアはツインタワーが破壊された映像を繰り返し流したが、WTC7の破壊は報道されなかった(Griffin & Woodworth, 2018, p.37)。2013年の時点で、46%の米国民が9.11に第3のタワーが破壊されたことを知らなかった(McLeod, 2013)。メディアは9.11の戦争ゲームについても報道しなかった(Four Arrows, 2006, p.130)。最近では、WTC7に関するアラスカ大学フェアバンクス校の報告書(Hulsey et al. このような明白な省略は、常に公式シナリオに有利に働くが、その理由は何だろうか?

なぜ「驚くほど多くの左派メディアが、実際そのほとんどが、9.11に関してチョムスキーと同じスタンスをとっている:9.11を調査することを拒否し、調査する人々を落胆させたり嘲笑したりする」(Zwicker, 2006, p.218)のだろうか?よく知られた例としては、デモクラシー・ナウの顔であるエイミー・グッドマンがいる。彼は、WTC7が破壊される直前、WTC7の近くにいたことを示す証拠をビデオで撮影しているが、9/11の真実について議論することを断固として拒否している。

「2001年9月11日の世界貿易センタービルへの攻撃は、それがまだ進行中であったにもかかわらず、『映画の中の出来事』のように何度も語られた」とキング(2005, p.47)は指摘する。マクレガー(2006,206頁)も同様の観察をしている: 数多くのディザスター映画や、ワシントンでの大規模な爆破テロで幕を閉じた『アーリントン・ロード』のような陰謀スリラーが、アメリカの集合的無意識を9.11に向けて呼び起こした」不可能に近いこと(つまり、「一極集中」の時代にアメリカの都市が大規模な攻撃を受けること)を、可能だと思わせるだけでなく、おそらくは避けられないとさえ思わせることを狙った、このような意図的なことはどこまであったのだろうか?インターネットで「9.11予知プログラム」を検索すると、大衆文化における9.11の予兆の可能性が何百、何千と出てくる。しかし、「ハリウッドにおける米国政府の支配の広大な規模」にもかかわらず、「米国のスクリーン・エンターテインメント産業全体で作動している、広大で軍事化されたプロパガンダ装置」(Secker & Alford, 2017)にもかかわらず、この産業が偽旗テロに対する大衆の反応を調整するために利用される可能性は、学術的な文献では未調査のままである。

ハリウッド映画『ワールド・トレード・センター』(2006)と『ユナイテッド93』(2006)は、9.11真相究明運動の台頭によって公式シナリオが疑問視されていたまさにその時期に、公式シナリオを強力に補強した。後者の映画は、信憑性が疑わしい携帯電話の通話を部分的に基にしていると主張し[47]、8マイルの残骸場が撃墜と一致しており、チェイニー副大統領が撃墜命令を出すことが可能であったにもかかわらず、UA93便の運命について軍の指導者たちの責任をすべて免責することで終わっている[23, 32]。こうした映画のあからさまなプロパガンダ性を暴く研究が必要である。

まとめ

以上の指摘は、経験的証拠の検証に基づいて、おそらくほとんどの9/11研究者が同意するであろうことを非常に凝縮して要約したものではあるが、9/11に関する全体像の表面にはほとんど触れていない。とはいえ、IR研究者に9.11に関する基本的な前提を批判的に再考させるには十分であろう。

IR学者が9.11の真実を無視する理由

9.11の公式シナリオが虚偽であることを示す証拠が数多くあるにもかかわらず、なぜIRの学問分野ではそのような証拠が一つも出てこないのだろうか?陰謀論」という言葉の武器化、②社会の支配構造に疑問を呈することのタブー、③ネオ・マッカーシー主義的な政治風土である。

陰謀論の武器化

IR研究者は、他の学者と同様、ジョージ・W・ブッシュ大統領(2001)を手本にしているようだ: 「9.11同時多発テロに関するとんでもない陰謀論を決して容認してはならない。9.11の公式シナリオに疑問を呈する者に対しては、「陰謀論者」の烙印を押すのが常である。例えば、私が別のジャーナルに投稿した原稿に寄せられた次のような査読者のコメントを考えてみよう:

9/11のセクションは、軽い精査にさえ耐えられない非常にいかがわしい情報であふれている。その一例がWTB7に関する議論であり、著者は有名な陰謀説を蒸し返している。WTB7がなぜ倒壊したのか(そしてなぜ倒壊前に報道されたのか)、本当に不思議でならない。瓦礫に襲われ、7時間燃え続け、最終的に消防士によって放棄され、その後倒壊した。

公式シナリオをオウム返しし、本能的に「陰謀論」の中傷に頼るこれらの言葉は、「火災は9.11のWTC 7の崩壊を引き起こさなかった」と結論づけたアラスカ、フェアバンクスの研究発表の後に書かれた(Hulsey et al.) 科学はどこにあり、迷信はどこにあるのだろうか?

IR研究者なら知っているはずだが、「陰謀論」という言葉は武器化されている。以前から使われてはいたが、1967年から主流メディアを通じてCIAが組織的に広めたもので、アメリカ政府高官がケネディ大統領殺害に加担したという非難をそらすためだった。

「[陰謀論」という言葉を一般化し、陰謀説を嘲笑と敵意の対象とするCIAのキャンペーンは、残念ながら、史上最も成功したプロパガンダのひとつと評価されなければならない。(deHaven-Smith, 2013, p. 25)

Falk (2007, p. 120)が指摘するように、「(『陰謀論』というレッテルによって)疑念を抱かせること自体が疑わしい」のである。9.11の真実を「陰謀論」として切り捨てることは、知的怠慢、上から目線、不勉強であるだけでなく、長年にわたる心理戦の作戦に脆弱であることの特徴でもある。このようなアプローチは、まじめな学者にふさわしくない。

米国には、米国政治における高度な陰謀の可能性を真剣に考える者の信用を失墜させようとする知的伝統が存在する。これは、リチャード・ホフスタッターが1964年に発表したアメリカ政治の「偏執狂的スタイル」に関するエッセイ(Hofstadter, 1965)にまでさかのぼる。ホフスタッター(1965)は、ジョン・F・ケネディ暗殺事件の1年後、現実の「歴史上の陰謀的行為」に「注意を払うことは偏執狂的なことではない」としながらも、「歪んだ判断を我々に警告する」陰謀論に注意すべきだと主張している(29,6頁)。このような傾向は、「精神に深い障害を持つ人々」に限ったことではなく、「多かれ少なかれ正常な人々による表現様式」(Hofstadter, 1965, p.4)でもある。米国の政治システムにおいて、本当の陰謀的行為は行われていないという暗黙の前提のもと、そのような行為の証拠を指摘するまともな人物は「偏執狂」であり、その判断は「歪んでいる」に違いないという含意がある。

この伝統は2009年に武器化され、ハーバード大学のキャス・サンスティーン法学教授は、オバマ大統領の情報規制局のトップに任命されたばかりだが、匿名の政府エージェントを使い、「過激派集団に認知的潜入を行い、そのような集団に情報の多様性を導入し、擁護できない陰謀論をそのようなものとして暴露することを意図した」(サンスティーン&ヴァーミューレ 2009年、205ページ)論文を共同執筆した。9/11の真実は、この論文の主要なターゲットである。「政府工作員(とその同盟者)」は、「チャットルームやオンラインのソーシャルネットワーク、あるいは現実空間のグループに入り込み、その事実の前提や因果関係の論理、あるいは政治的であれ何であれ、行動への示唆に疑問を投げかけることで、浸透しつつある陰謀論を弱体化させようとするかもしれない」(p.224)と著者らは提案している。

サンスティーンとヴァームールの論文の前提、論理、含意は、ハーゲン(2011)とグリフィン(2011)によって包括的に反論されているが、9/11真相究明運動を破壊しようとする工作員による大規模な浸透があったことは明らかである(Johnson, 2011, 2017参照)。「進行中の研究への干渉」は、「議論の質の低下」と」9/11研究に携わる人々の行動における一時的とも永続的とも思える変化”をもたらしたとジョンソン(2011、p.233)は書いている。9/11真相究明運動の分裂は偶然ではなく、むしろそれを弱体化させようとする意図的な試みの結果である。誤情報を流したり、特定の著者を嘲笑したり、無意味な理論を宣伝したり、(ジュディ・ウッド博士の場合は)全面的に検閲したりといった手法が用いられている。もちろん、アメリカ政府の一部が9.11に加担していたのであれば、9.11真相究明運動を妨害しようとする「(アメリカ)政府の諜報員(とその同盟者)」(サンスティーン&ヴァームール 2009年、244ページ)による広範な努力は理にかなっている。

タブーの力

社会政治的な理由から、ある種のトピックは立ち入り禁止とされている。基本的な原則は、社会の支配構造と対立するものについては決して議論しないことであり、その原則は、主流メディアや政治的言説において、そのようなトピックを検討の対象から組織的に排除することによって強制され、すべての議論や討論が、容認される意見のスペクトルに閉じこめられたままになる(Herman & Chomsky, 2010; McMurtry, 1988)。そして「沈黙のスパイラル」が生じ、意識的あるいは無意識的に、容認される意見の範囲から外れることを嫌がる個人が、決してその意見に疑問を呈さないようになる(Noelle-Neumann, 1993)。人類学的に言えば、チョムスキーは(2008a, p. 177)、「われわれがここで扱っているのはタブーの一形態であり、ある恐ろしい疑問に対する根深い迷信的回避である。

現代のタブーとは9.11の真実であり、恐ろしい問題とは、アメリカにおける権力の本当の仕組みである。というのも、もし9.11の真実が、国内外でますます多くの人々が信じていると思われるように、影響力のある現実の裁定者たちによって正確なものとして受け止められるとしたら、それはアメリカ立憲主義が、自国の政治共同体の最も極端で倫理的に堕落したメンバーによって内部から根本的な転覆を受けるという大きな脆弱性を示すことになるからである。(Falk, 2007, p. 122)

民主主義の烽火を自称するアメリカの政治体制が、精神病質者と戦争犯罪者に乗っ取られているという可能性は、ほとんどの人が受け入れようとはしない。「チョスドフスキー(2005)は、「(アメリカの同時多発テロへの加担に関する)結論は受け入れがたいものだ。また、政権の戦争アジェンダの正当性を支持し、アメリカがスポンサーとなった戦争犯罪をカモフラージュする上で、企業メディアが加担していることも確認された」(p. xxi)。

9.11の真実に関するタブーを維持することは、行為者を支配的権力構造に近づけ、階級的見地から一定の利点をもたらす。MacGregor(2006、p.194)の適切な用語を借りれば、「既成左派」が9.11を調査できなかったことに関して言えば、これは特に重要な考察である。体制側左派には、ノーム・チョムスキー、メアリー・カルドー、サミール・アミン、マイケル・パレンティ、マイケル・マン、チャールズ・ティリー、トム・ネアン、スージー・オルバック、スティーブン・ルークスといった知識人が含まれ、彼らは通常、9.11を「ブローバック」、すなわち、米国主導のグローバリゼーションに対する世界の権利を奪われた恵まれない人々による暴力的な反動と解釈している(MacGregor, 2006, pp.193-6)。それによって、アメリカ政府は同時多発テロへの直接的な関与から免責される。エスタブリッシュメント・レフトの立場は、「カウンターパンチからザ・ネイション、ソーシャリスト・レジスターからニュー・レフト・レビューに至るまで、左翼やリベラルの雑誌やウェブサイトによって支持されている」(MacGregor, 2006, p.194)。Davidsson (2013, p. 310)は、これらにThe ProgressiveとLe Monde Diplomatiqueを加え、「一部の著名な左派出版物は、9.11の問題を無視するだけでは満足せず、9.11の公式発表に疑問を呈した[…]人々に対する誹謗中傷を行っていた」と指摘している。その「ありそうな理由」は、「左派の政党や団体は、財団からの資金援助や政府からの大盤振る舞いなど、物質的・心理的な利益を享受するために、『体制側』の仲間入りをすることを望んでいる」からだと彼は指摘する(Davidsson, 2013, p.311)。心理学的には、9.11の真実に目覚めた人々は、これまで社会的に受け入れられてきた重要な命題が誤りであることに気づくため、存在論的な不安感を生む可能性がある。ある米国の学者が書いているように、公式の9.11の物語に疑問を持つことは、「すべてが変わる」ことを意味する。起こりうる変化には次のようなものがある:

政府に対する信念と信頼の喪失、民主的参加の価値に対する信念の喪失、「文明」の担い手としての自分自身の伝統に対する信念の喪失、市民社会の基盤としての対話と妥協の力に対する信念の喪失、公共政策における公開性と透明性に対する信念の喪失、民主的に選ばれた政府が自分自身の価値観と相容れる原則に基づいて行動することに対する信頼の喪失、などである(Smith, 2012, p. 348)。

喪失という言葉が示すように、これは誰にとっても折り合いをつけるのに大変なことであり、少なくとも多くの欧米人にとっては、そもそも対処するにはあまりに大きなことである。

ネオ・マッカーシズム

アメリカの戦争と学問の自由の抑圧の間には、長年にわたるつながりがある:

アメリカの覇権を脅かす最新の脅威に対して海外に呼びかける武器が、国内でも戦場となることはあまりにも頻繁にある。第一次世界大戦から9.11同時多発テロ後のナショナリスティックな行き過ぎに至るまで、公的・私的団体は、アカデミズムから言論の自由を粛清しようとしてきた。(Kirstein, 2009, p. 70)。

9.11の後、米英などの政府は「対テロ戦争に関する異論に対して極めて厳格な制限を法律で定めた」(MacGregor, 2006, p.195)。それゆえ、9.11の真実に関する学問的沈黙は、「対テロ戦争と非常事態の規律づけ効果に起因するものであり、それは[…]マッカーシー時代の反共主義よりもさらに強い」(van der Pijl, 2014, p.229)。9.11後に学界に降り注いだネオ・マッカーシー主義的な恐怖と脅迫の風潮は、「あの出来事に関する公式の説明に疑問を投げかけたり、それに反する研究論文の受理や出版を大きく妨げている」(Wyndham, 2017, p.3)。

学者たちは、9.11について発言する際、明確な阻害要因に直面している。例えば、ニューハンプシャー大学の心理学教授であるウィリアム・ウッドワードが2006年に、ブッシュ政権が9.11の発生を許したとする見解を表明すると、学生や州議会議員から解雇を要求された。イラクでの軍事作戦を正当化するためにブッシュ政権が9.11を仕組んだと考えたウィスコンシン大学マディソン校のケヴィン・バレット教授にも同じことが起こった(Rosborough, 2009, pp.565-566)。スティーブン・E・ジョーンズ教授は、9.11の真実において影響力のある人物であったが 2006年にブリガム・ヤング大学から引退を切り出されたと言われている。ジュディ・ウッド博士は2006年にクレムソン大学を去ったが、その理由は不明だが、彼女の9.11研究は学術的なポストを持つことと相容れなかったようだ。ダニエレ・ガンザー博士は、かつてのライン・マネージャーであったクルト・シュピルマン教授の言葉を借りれば、9.11について「ナンセンスな陰謀論を広めた」という理由で 2006年にチューリッヒ工科大学から解雇された(Schawinski, 2018, p.41に引用)。モーガン・レイノルズが2007年に公式のシナリオについて証拠に基づく疑念を提起したとき、彼はテキサス大学オースティン校の学長で元CIA長官のロバート・ゲイツから非難の対象にされた(Reynolds, 2007)。

9.11について発言したことで職を失うという学者への圧力は、他の分野でも同様のことが起こっている。WTCの鉄鋼を認証したアンダーライターズ・ラボラトリーズの元サイトマネージャー、ケビン・ライアンは、「ジェット燃料」がツインタワーの破壊を引き起こしたという公式の主張に公然と異議を唱えた後 2004年に解雇された。ケイト・ジェンキンズは2010年、WTCの粉塵の毒性レベルを隠蔽した環境保護庁の役割について発言した後、環境保護庁から解雇された。連邦裁判所がジェンキンズは不当に解雇されたとの判決を下し、EPAに有給での復職を命じたが、EPAは彼女を有給の行政休暇に留め、2013年に彼女に対して同じ告発を再度行った(Corbett, 2019)。ジェッダ領事館がテロリストに米国ビザを供給した役割を内部告発したマイケル・スプリングマンは、突然、彼自身の言葉を借りれば「どこにも就職できなかった」(Corbett, 2019に引用)。

9/11の真実に対する阻害要因が大きい一方で、公式路線に従うインセンティブも大きい。フォーク(2007、p.127)はそれを要約する: 「9.11の現実を真実に再現するために奮闘することがこれほど不可欠であり、そのような再現を阻止するインセンティブがこれほど大きいことはかつてなかった」たとえば、爆発物の専門家ヴァン・ロメロは、「ビル内部の爆発物が[…]タワーの崩壊を引き起こした」という説から、「確かに火災がビルを崩壊させた」という説に転換し、連邦政府から1500万ドルの研究資金を獲得した(Reynolds, 2007, p. 112)。

懐疑論者はときどき、なぜ9.11の真実に関する学術誌の論文が少ないのかと疑問を投げかけるが、それはまるで、査読という刻印を押された知識だけが本物であるかのようである。しかし、学術界の組織的環境が、知的な理由というよりもむしろ政治的な理由から、9/11の真相に敵対的であるならば、9/11の出来事に関する査読付き科学文献が少ないことは、驚くことではない:

9.11の研究がおそらく拡大された形で示しているように、正式な査読プロセスは、反対意見を葬り去り、既成の、あるいは公式の物語や既得権益に反対する自然な結論を持つ独立した研究を抑圧する武器として使われる可能性がある。正式な査読プロセスを経ていない、あるいは生き延びていない論文を見下したり、軽蔑したりする傾向は広まっているが、しばしば不当である(Wyndham, 2017, p.6)。

実際、極めて重要な9.11研究が非査読形式で存在していることは確かである(脚注5参照)。ウィンダムが主張するように、査読制度が9.11の真実を抑圧するために機能してきたとすれば、最も重要な9.11研究のいくつかは査読を受けていない可能性すらある。

正当な知識の守護者であるはずの大学が、9.11事件に関する研究を一般的に禁じている唯一の場所であることに変わりはない。そのような研究は、企業や国家からの資金提供者、そして9.11の出来事を独自に調査したことがなく、公式発表を無批判に受け入れている学生や職員、一般市民のかなりの部分を不愉快にさせることは間違いない。学問の自由についての考えとは裏腹に、現実には、9.11に関する公式の正統性を脅かす言葉は、学界ではほとんど発せられない。例えば、デイビッド・レイ・グリフィン、ピーター・デール・スコット、モーガン・レイノルズ、グレーム・マックイーン、リチャード・フォーク、ロバート・コロル、エリック・ラーセン、ジョン・マクマートリー、キース・ファン・デル・パイルなどである。

ヴァン・デル・パイルは2019年、新たなマッカーシズムの受け皿となった。彼が9.11へのモサドの関与を主張したツイートが原因で大学側が名誉職の地位を撤回すると脅したため、サセックス大学の名誉職を辞任したのだ。彼は、イスラエル国家への批判は反ユダヤ主義とイコールではないことを指摘し、大学側が彼を検閲しようとする試みは言論の自由と学問の自由への攻撃に等しいと主張した(van der Pijl, 2019)。9.11に対するファン・デル・パイルの見解がどうであれ、後者の指摘が妥当であることは確かだ。

ピアーズ・ロビンソン博士は2018年、9.11コンセンサス・パネルの調査結果は「主流派の学者やジャーナリストが9.11について本質的な問いを立て始めるための深刻な挑戦」であると示唆したことで、ハフィントン・ポスト紙に攻撃された(York, 2018)。その8カ月前、『タイムズ』紙は、ロビンソンとシリア・メディア・プロパガンダ・ワーキンググループの同僚たちを、歴史学部が雇わないようなホロコースト否定論者になぞらえて、解雇するよう黙認していた(Keate et al.) 2019年4月、シェフィールド大学の学生新聞『The Forge』は、ロビンソンが労働党内の反ユダヤ主義疑惑について「否定に関与している」と主張し、「不正に対して声を上げる人々を黙らせる武器として使われている」とする請願書に署名した(Somerville, 2019)。公式のシナリオにあえて異議を唱える学者は、その信用を失墜させるための組織的な努力の一環として、メディアによる中傷キャンペーンにさらされることが予想される。

結論

9.11の出来事を批判的に検証することを学者が拒否していることには、何か不吉なものを感じる。世界人口のかなりの割合が9.11の公式見解に長い間疑問を抱いてきた一方で10、学界は厳格な自己検閲体制を維持してきた学界による9.11をめぐる疑問の故意の回避は、病的といっても過言ではない」(Davidsson, 2013, p.309)。9.11に関する公式シナリオが事実上何の疑問も抱かれることなく受け入れられているIRという学問分野ほど、それが当てはまるところはないだろう。

IR研究者は、偽旗テロなどの現象の専門家として訓練されているはずだが、事件直後の数年間、9.11が偽旗であった可能性を追求しなかったことは許されるかもしれない。グリフィン(2005)が9.11委員会報告書を否定し、Scholars for 9/11 Truth(2005)、Pilots For 9/11 Truth(2006)、Architects and Engineers for 9/11 Truth(2006)といった組織が設立され、ジュディ・ウッド博士とモーガン・レイノルズ博士が、NIST報告書の作成に不正な役割を果たしたとして、アプライド・リサーチ・アソシエイツとサイエンス・アプリケーションズ・インターナショナル・コーポレーションを相手取ってQui Tam訴訟を起こした(2007)。しかし、時間が経過し、世界中の多くの人々が9.11の出来事には何か深い疑惑があることを理解すればするほど、学者がこれらの出来事から目をそらし続けることは許しがたいことである。今日、学問の世界には、公式の物語を、それに対してなされた疑惑に対して擁護する立証責任がある。そのためには、9.11の真実を無視するのではなく、それに関与する必要がある。

学者が公式シナリオを守ることができないと証明した場合、いくつかの重大な結末が待っている。第一に、9.11が偽旗であったという可能性を真剣に受け止めなければならなくなる。ヘイスティングズ・ダン(2013年、1243ページ)は、「9.11テロが何よりも示したのは、戦略的な奇襲、衝撃、破壊を達成するために、犯人の側が創造的な思考を働かせ、まったく型破りな技術や戦術を採用する意思を持っていたことだ」と書いている。その通りだが、犯人は誰で、どのような技術が関与していたのか?例えば、110階建ての鉄骨高層ビルを10秒あまりでほとんど粉塵にしてしまうような技術とはどのようなもので、誰がそのような技術にアクセスできたのだろうか?

第二に、公式のシナリオを擁護できないのであれば、批判的思考能力を自負する学者たちの間で、なぜそのシナリオがこれほど長い間無批判に受け入れられてきたのかを反省する必要がある。確かに、ブッシュ政権が提唱するような奇想天外な陰謀論に乗せられるべきではない。11 学問的な資格のないことも多いいわゆる陰謀論者たちが、9.11の真実を明らかにするために学界よりもはるかに多くのことをしてきたことを認識するためには、ある種の謙虚さが必要だろう。その点で、学問は深く信用されないだろう。

教育学的には、特に西側諸国によって行われた偽旗テロに、はるかに大きな注意を払わなければならない。そのためには

多くの人々が主張するように、9.11が偽旗作戦であったとすれば、これは明らかにされなければならない。もし偽旗作戦が9.11のような影響を社会に与えうるのであれば、この種の作戦は明らかにもっと研究されなければならない。広範な公開討論の対象とすべきであり、さまざまな学問分野の第一人者たちが、専門知識を駆使してこのような事件を研究・分析する必要がある。このような注目を浴びることによってのみ、このような恐ろしい犯罪に終止符を打つことができる(Everett, 2008, p.387)。

このことが意味することのひとつは、「批判的テロリズム研究」はもはや、西側諸国による偽旗テロリズムの利用をごまかすことはできないということである。結局のところ、IRがソビエト連邦の崩壊を予見できなかったことが、10年にわたる魂の探求につながったのだとしたら、9.11の偽旗テロを見逃すことは、どれほど悪いことだろうか。もし9.11が偽旗事件であったなら、学者たちはそうでないかのように見せかけることに加担してきたことになる。ひいては、9.11から派生した恐ろしい結果にも加担しているのである。なぜなら、彼らはすべての根拠となった大嘘に異議を唱えなかったからである。確かにマックイーンは、「主流メディアだけでなく、事実上世界中のあらゆる政府によって大々的に宣伝されているストーリーに疑問を呈するには、ある種の知的勇気が必要だ」と指摘する(Zuberi, 2013参照)。とはいえ、多くの殺人や苦しみが嘘に基づいている以上、真実を伝えることは道徳的な要請である。ジョージ・オーウェルが言ったとされるように、欺瞞が蔓延する現代において真実を語ることは革命的な行為である。

9.11の実行に関与したイスラム教徒は偽者だけであったと仮定してみよう-それは証拠に基づけば妥当なことである-そして9.11は、イスラム教徒が多数を占める国々への米国の軍事干渉を正当化するためにイスラム教徒のせいにされたと仮定してみよう。これはIRという学問について何を意味するのだろうか?「イスラム・テロリズムという自己実現的な虚構に売り渡すことで、今日のIRという学問分野は、それ自体が傭兵的で『埋め込まれた』補助勢力に堕落している」とファン・デル・パイルは主張する(2014年、189,229頁)。IRは洗練されたプロパガンダの道具にすぎず、現実の力関係をカモフラージュする千差万別の方法を提供しているにすぎない。

もし9.11が偽旗だったとすれば、アメリカ国家権力の上層部とのつながりが知られている特定のIR学者の9.11以前の研究は、新たな光を浴びることになる。例えば、「イスラム・テロリズム」が、イスラム教徒が多数を占める国々への米国の軍事干渉のための捏造された口実であるとすれば、「西洋」と「イスラム」の間の戦線を予言的に描いたハンチントン(1997年、58ページ)の「6人の若者が、メッカに向かう弓の間に、アメリカの旅客機を爆破するための爆弾を組み立てている」という言及はどうなるのだろうか。あるいは、リチャード・ベッツは、「敵はアメリカの都市で大惨事を引き起こし、アメリカを懲らしめようとするかもしれない」と警告し、特に「イスラム過激派グループ」の脅威を挙げている(Lipschutz, 1999, p.423に引用)。ハンティントンとベッツのCIAとのつながりは1980年代に暴露された。

ダヴィッドソン(2013年、312頁)の言う通り、「9.11の大量殺人を企てたのは誰であれ、帝国の長期的な利益のためであった」とすれば、9.11は米国のアフガニスタンや他のユーラシア諸国への侵攻に対する民衆の支持を得るために演出されたことになる。210, 25)は、「アメリカの優位性」という「地政学的要請」によって中央アジアの石油が豊富な地域を支配する必要があるが、懐疑的なアメリカ国民を説得することは「真に巨大で広く認識される直接的な外的脅威、すなわち『日本の真珠湾攻撃の衝撃的効果』がある場合を除き、(中略)困難である」と主張している。

カーターら(1998年、81ページ)の「変容する出来事」という予測は、「真珠湾攻撃のように(中略)われわれの過去と未来を前と後に分け」、「平時には前例のない人命と財産の損失」を伴い、「市民の自由を縮小し、市民の監視を拡大し、容疑者を拘束し、殺傷力を行使する」ことを必要とするものだと、どのように解釈すべきなのだろうか。ドイッチは1995年/1996年にCIA長官を務め、1997年にはカーターとともに壊滅的テロ研究グループの共同議長を務めた。ゼリコウは2002年のUSS国家安全保障戦略の主執筆者であり、9.11委員会の事務局長だった。

「新アメリカの世紀のためのプロジェクト」(PNAC 2000)が、アメリカの防衛力再構築(特に新しい米宇宙司令部を含む)は、「新たな真珠湾のような壊滅的で触媒的な出来事がない限り」長引くと主張したのは単なる偶然だろうか?あるいは 2001年1月、ドナルド・ラムズフェルド国防長官(PNAC創設文書の署名者)が委員長を務める米宇宙軍創設委員会が、必要な資金を調達するのは「宇宙の真珠湾」(Griffin, 2007, p.15に引用)の後になるだろうか、と質問しているのだろうか。

イスラムのテロリズムに関連し、後に対テロ戦争の一環として実施されることになる措置そのものに関連する、新たなパール・ハーバーの予感がもたらす不穏な可能性は、IRという学問分野が対テロ戦争の物語を事前に組み立てる手助けをしたのではないかということである。Van der Pijl (2014, p. 234)は、IRという学問分野が自らを刷新する見通しについて悲観的:

このような道徳的な資質を持つ学者に率いられた学問分野が、知的統合性を回復することは期待できない。あらゆるレベルの学者が不安定さを増している状況下で、このような一流の学者と距離を置く余裕のある階層はほとんどいない。

しかし、達成可能なことを見失ってはならない。マックイーンが言うように(Zuberi, 2013参照)、

大学の潜在的な力について考えるとき、それは公式な政治的力ではなく、信頼性、社会的地位の高さ、影響力によってもたらされる非公式な力である。しかし、そうではない。

もし学者が認知的、倫理的な束縛を解き放ち、公式の9.11シナリオに反対することを表明し始めたらどうだろう。そうなれば、新たな9.11調査を求める世論の高まりに、かなりの重みを与えることになるだろう。潜在的な結果を考えてみよう:

もし公式発表が捏造され、国際犯罪組織による偽旗攻撃と判断されれば、いくつかのことが起こるだろう。対テロ戦争は即座に停止するだろう。起訴状が発行され、正義が果たされるまで刑事裁判が開かれるだろう。そして、これらの価値ある目標を達成するために、世界のどこであろうと、罪のない市民に対する警察国家による新たな管理は一かけらも必要とされないだろう。(ベンジャミン、2017年、392ページ)。

おそらくこれは、物事がどのようにあり得るかというバラ色に染まった見方だろう。もし「支配層のエリートが隠蔽工作の背後に団結して立ち向かえば、[…]政権交代がない限り、この犯罪の独立した調査は行われない」(Davidsson, 2013, pp.314-5)のだから。

ともあれ、学者が真相の追求と擁護に真剣に取り組むのであれば、最初に着手すべきは9.11の真相なのである。

謝辞

原稿を改善するための示唆をいただいただけでなく、9/11の真実に取り組む勇気にも感謝する。この記事に価値を見出した読者は、デュシェンヌ型筋ジストロフィーの救命研究を支援するため、www.duchenneuk.org/action-for-zachのファミリー・ファンド・ページにアクセスしていただきたい。英国の寄付は非課税である。

利益相反宣言

著者は、本論文の研究、執筆、出版に関して、潜在的な利益相反はないと宣言した。

資金提供

著者は、本論文の研究、執筆、出版に関して資金援助を受けていない。

ORCID iD

デヴィッド・A・ヒューズ

orcid.org/0000-0002-8272-4365

備考

1. 北大西洋条約機構(NATO)の場合、アフガニスタン侵攻のためにワシントン条約第5条を発効させた法的根拠は、9.11同時多発テロが外国から仕組まれたものであることを示す法医学的証拠ではなく、9.11の公式見解を同盟国に提示する方法を指示した米国務省の派遣文書であったようだ(Harrit, 2018)。

2. 偽旗(false flag)」という用語は、もともとは、敵国を誤って非難するために敵国の国旗を掲げて攻撃することを指していた。しかし、現在では、意図的に公式の敵の仕業に見せかけたあらゆる攻撃に使われるようになっている。

3. ノースウッズ作戦のオリジナル文書は1997年に機密解除され、https:// documents.theblackvault.com/documents/jfk/northwoods-NARA-FullDocument.pdf で見ることができる。

4. 「政府の形態がこれらの目的(被治者の譲ることのできない権利を保障すること)を破壊するようになるときはいつでも、それを変更または廃止し、新しい政府を設立することは人民の権利である。

5. 例えば、Avery (2015), Corbett (2015, 2018, 2019), Davidsson (2013), Gourley (2013), Mazzucco (2013), Meyssan (2002), Wood (2011)を参照のこと。

6. マーゴリス(2011)によれば、”世論調査によれば、アメリカの回答者の3分の1が、アメリカ政府および/またはイスラエルが9.11の背後にいたと考えている”。

7. 11委員会報告書の脚注には、「KSMの尋問」「KSM(ハリド・シェイク・モハメド)の尋問」という記述が211カ所ある。

8. 11に関する最も批判的な国際関係文献、例えばFalk(2007)やvan der Pijl(2014)でさえ、公式の物語に対する疑念を呈しているが、当日の出来事そのものに関する実証的証拠を検証していない。

9. 9/11に関する批判的な査読付き文献の有用なリストは、https://911inacademia.com/journalpapers/。また、Journal of 9/11 Studies(9/11研究ジャーナル)もあるが、このジャーナル自体が9/11真相究明運動で論争の的となっており、過去3年間で2本の論文しか発表していない。

10. Griffin (2005, pp. 2-4)は、9.11直後の数年間でさえ、アメリカ、カナダ、ドイツの人口のかなりの割合が公式のシナリオに疑問を抱いていたことを示す、さまざまな国際世論調査を引用している。たとえば 2004年4月に行われたCBS/ニューヨーク・タイムズの世論調査によれば、「アメリカ国民の72%が、ブッシュ政権は9.11の攻撃以前に得た関連情報を、少なくともある程度は隠蔽していると考えていた」(Griffin, 2005, p.3)。

11. 公式シナリオを5分間で風刺した有名な作品は、Corbett (2011)を参照のこと。

 

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました