カテゴリ別 新着記事

人気記事はこちら
カテゴリ別 週間人気記事
新着記事はこちら コロナウイルス 人気記事 Top10 リコード法 人気記事 Top5 認知症 予防と治療 人気記事 Top5 医学研究 人気記事 Top5 Alzhacker 人気記事 Top5

コロナウイルス 新着記事 Top10

COVID-19重症患者における補助療法としてのチアミン(ビタミンB1)の評価 多施設共同傾向スコアマッチドスタディ
Evaluation of Thiamine as Adjunctive Therapy in COVID-19 Critically Ill Patients: A Multicenter Propensity Score Matched Study 投稿日: 2021年4月13日 概要 背景 チアミンは、グルコース...
COVID-19に対してヒドロキシクロロキンは有効であり、早期に投与すれば一貫して有効である:システマティック・レビュー
Hydroxychloroquine is effective, and consistently so when provided early, for COVID-19: a systematic review オンラインで公開2020年10月5日 C. Prodromos1,∗ and T. Ru...
ビッグ・ファーマがビッグ・タバコの戦略を利用してイベルメクチンを倒す
Big Pharma uses Big Tobacco's strategy to defeat Ivermectin By Justus R. Hope, MD  2021年4月12日 1950年代、英国のリチャード・ドールとブラッドフォード・ヒルは、肺がんのリスクは1日の喫煙本数に関連しており、1日25本以上吸う人では...
Long-COVID患者におけるイベルメクチンの使用についてのレトロスペクティブ研究
IVERMECTIN IN LONG-COVID PATIENTS A RETROSPECTIVE STUDY この出版物の考察、統計、著者プロフィールは以下のサイトで見ることができる: 記事 - 2021年2月 ヘクター・カルバロ このページのすべてのコンテンツは、2021年3月24日にHector Carvallo...
SARS-CoV-2感染症の早期多剤併用外来治療(COVID-19)と老人ホーム入居者の死亡率の低下
Early Multidrug Outpatient Treatment of SARS-CoV-2 Infection (COVID-19) and Reduced Mortality Among Nursing Home Residents この論文はプレプリントであり、査読を受けていない(これはどういう意味ですか?この論文は、...
COVID-19 ファモチジン、ヒスタミン、マスト細胞、およびそのメカニズム
COVID-19: Famotidine, Histamine, Mast Cells, and Mechanisms オンラインで公開2021年3月23日 概要 COVID-19の発症にはSARS-CoV-2の感染が必要であるが,COVID-19の徴候や症状の多くは一般的な急性ウイルス疾患とは異なる.SARS-CoV-2の感染...
COVID-19と神経学的障害 視床下部の回路とその後
COVID-19 and Neurological Impairment: Hypothalamic Circuits and Beyond 発行:2021年3月17日 概要 2019年12月、中国湖北省の首都である武漢で、重症急性呼吸器症候群新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)と呼ばれる新規コロナウイルスが出現した。この...
胸腺の老化が高齢者のCOVID-19の病態生理と関連しているかもしれない
Thymic Aging May Be Associated with COVID-19 Pathophysiology in the Elderly 1 細胞生物学・免疫学・微生物学大学院プログラム、北テキサス大学ヘルスサイエンスセンター、フォートワース、テキサス州76107,米国 2 テキサス大学サウスウエスタン・メディカ...
COVID-19患者の入院を予防するための簡単な家庭療法のアルゴリズム レトロスペクティブな観察的マッチドコホート研究
A Simple, Home-Therapy Algorithm to Prevent Hospitalization for COVID-19 Patients: A Retrospective Observational Matched-Cohort Study この論文はプレプリントであり、査読を受けていない(これはどういう意...
COVID-19におけるメトホルミンの治療可能性 その保護的役割の理由
Therapeutic Potential of Metformin in COVID-19: Reasoning for Its Protective Role Samson Mathews Samuel,1,2,⁎ Elizabeth Varghese,1,2 and Dietrich Büsselberg1,⁎ 概要 SARS...

リコード法 新着記事 Top10

外傷性脳・脊髄損傷に対する免疫療法の可能性
Potential immunotherapies for traumatic brain and spinal cord injury オンラインで2018年4月18日に公開 Raj Putatunda,a John R. Bethea,b and Wen-Hui Hua,∗. 概要 脳や脊髄を含む中枢神経系(CNS...
GPL-TOXプロファイル(非金属系有害化学物質)
GPL-TOX Profile (Toxic Non-Metal Chemicals) 株式会社グレートプレインズラボラトリー 概要 私たちは毎日、医薬品、農薬、加工食品、家庭用品、環境汚染などの製品を通じて、何百もの有害化学物質にさらされている。化学物質を含んだ製品や、食品、空気、水に含まれる有害化学物質にさらされる機...
脳内炎症の治療による認知症症候群の回復(ハンセン病・ダプソン)
Recovery of Dementia Syndrome following Treatment of Brain Inflammation Jong-hoon Lee,a Su-hee Choi,b Chul Joong Lee,c and Sang-suk Ohd,*. 概要 目的・背景 本研究は、軽度認知障害(...
アルツハイマー病のための抗炎症薬を求めて ミノサイクリン・ミクログリア
In search of an anti-inflammatory drug for Alzheimer disease Erika Gyengesi、Gerald Münch 慢性的な神経炎症がアルツハイマー病の発症に重要な役割を果たしていることを示唆する証拠がある。しかし、新しい臨床試験では、抗炎症作用のあるテトラサイクリン系...
慢性炎症と疾患の因果関係について
Chronic inflammation in the etiology of disease across the life span 要旨 近年の研究により、ある種の社会的・環境的・生活的要因が全身性慢性炎症(SCI)/systemic chronic inflammationを促進することが明らかになってきた。SCIは、...
アルツハイマー病の原因にはアミロイドが必須だが不十分:認知症には細胞内の補因子の追加が必要
Amyloid is essential but insufficient for Alzheimer causation: addition of subcellular cofactors is required for dementia 2018年1月 Jeffrey Fessel 概要 目的 本研究の目的...
低アルブミン血症 病因と臨床的意義
Hypoalbuminemia: Pathogenesis and Clinical Significance オンラインで公開2018年10月4日 概要 低アルブミン血症は炎症を伴う。低アルブミン血症は炎症と関連しており、文献では繰り返し取り上げられているが、その病態や臨床的意義についてはいまだに混乱している。 炎症は、...
crowesanny母の体験談
crowesanny母のプロファイル 記事上のお名前・呼称 母 リコード法タイプ 5型(血管性)2型、1型、1.5型、3型の要素が少しずつ(たぶん) ApoE3/4 年齢、性別 2021年現在 84歳 女性 職業 外資系事務員16年 ↓ 自営業の経理・雑務(夫が暴君、資金繰りなどでストレスが絶えなかった模様)およ...
アルツハイマー病における炎症性老化の加速とアミロイド、タウ、認知との関係
Nuclear Factor-Kappa B and Alzheimer Disease, Unifying Genetic and Environmental Risk Factors from Cell to Humans 要旨 炎症系の病理学的加齢がアルツハイマー病とどのように関係しているかは不明である。我々は、脳脊髄液...
アルツハイマー病の中心的なメカニズムとしての炎症
Inflammation as a central mechanism in Alzheimer's disease オンラインで公開2018年9月6日 要旨 アルツハイマー病は進行性の神経変性疾患であり、認知機能の低下とアミロイドβプラークと神経原線維のもつれという2つの中核病理の存在が特徴である。過去10年間で、脳内...

認知症 予防と治療 新着記事 Top10

COVID-19重症患者における補助療法としてのチアミン(ビタミンB1)の評価 多施設共同傾向スコアマッチドスタディ
Evaluation of Thiamine as Adjunctive Therapy in COVID-19 Critically Ill Patients: A Multicenter Propensity Score Matched Study 投稿日: 2021年4月13日 概要 背景 チアミンは、グルコース...
第14章 ナイアシンと高脂血症
CHAPTER 14 Niacin and hyperlipidemia Maria C. Naranjo1,Maria C. Millan-Linares2,Sergio Montserrat-de la Paz3 キーファクト 本章では、高脂血症に関連する疾患におけるナイアシン(ビタミンB3)の効果に焦点を当てる。 ...
歴史を無視することの危険性 ビッグ・タバコは汚い手を使って何百万人もの人を殺した。ビッグ・フードはどれほど似ているか?
The Perils of Ignoring History: Big Tobacco Played Dirty and Millions Died. How Similar Is Big Food? ケリー・D・ブラウネル、ケネス・E・ワーナー 概要 背景 1954年、たばこ産業はお金を払って「たばこを吸う人へのフラ...
ミノサイクリン:抗生物質の域を超えて
Minocycline: far beyond an antibiotic オンラインで公開2013年4月25日 N Garrido-Mesa, A Zarzuelo, and J Gálvez 概要 ミノサイクリンは、第2世代の半合成テトラサイクリンであり、グラム陽性菌およびグラム陰性菌の両方に対する抗生物質として、30...
脳内炎症の治療による認知症症候群の回復(ハンセン病・ダプソン)
Recovery of Dementia Syndrome following Treatment of Brain Inflammation Jong-hoon Lee,a Su-hee Choi,b Chul Joong Lee,c and Sang-suk Ohd,*. 概要 目的・背景 本研究は、軽度認知障害(...
アルツハイマー型認知症に対するドキシサイクリンの効果 β-アミロイドオリゴマーと神経炎症との戦い
Doxycycline for Alzheimer’s Disease: Fighting β-Amyloid Oligomers and Neuroinflammation オンラインで公開2019年7月3日 概要 アルツハイマー病は、最も広く普及している認知症であり、世界中で約4,500万人が罹患している。アルツハイマー病の...
記憶喪失および認知症患者におけるモンテカルスト(Montelukast)の使用例
Case Series Using Montelukast in Patients with Memory Loss and Dementia オンラインで公開2017年1月31日 要旨 人口の高齢化に伴い、認知機能の低下や認知症は大きな問題となっている。これらの問題を予防・治療するための有効な治療法は限られている。 ...
アルツハイマー病の治療における最新の動向 現在の治療法と薬剤再利用のアプローチ
Recent Trends in the Management of Alzheimer’s Disease: Current Therapeutic Options and Drug Repurposing Approaches 概要 アルツハイマー型認知症は、最も進行性の高い認知症の一つであり、最終的には高齢者が死に至る病...
ピロロキノリンキノンの摂取が骨格筋のミトコンドリア生合成を促進するメカニズムについて 運動との相乗効果の可能性
Mechanisms Behind Pyrroloquinoline Quinone Supplementation on Skeletal Muscle Mitochondrial Biogenesis: Possible Synergistic Effects with Exercise オンライン公開:2018年05月01日 ...
低用量ナルトレキソンをオレンジジュースで安価に配合 米国皮膚科学会誌
Inexpensive Compounding of Low-Dose Naltrexone With Orange Juice ジャーナルスキャン/解説 - 2019年4月16日 テイクホームメッセージ この記事で著者は、市販の50mg錠のナルトレキソン10錠(合計500mg)を約500mL(16.9オンス)のオレンジ...

医学研究 新着記事 Top10

シアノバクテリアおよびシアノバクテリア由来の食品サプリメントに含まれる神経毒BMAAとその異性体アミノ酸
Neurotoxin BMAA and its isomeric amino acids in cyanobacteria and cyanobacteria-based food supplements 著者 Korina Manolidi, Theodoros M. Triantis, Triantafyllos Kaloud...
ALSUntangled: エビデンス・テーブルの紹介
ALSUntangled: Introducing The Table of Evidence ALSUntangledグループ オンライン公開日:2014年12月27日 ALSUntangled ALS患者(PALS)は、インターネットで読んだ代替療法や適応外の治療法(AOT)を検討することが多い(1,2)。AOTに...
筋萎縮性側索硬化症:臨床的レビュー
Amyotrophic lateral sclerosis: a clinical review オンラインで公開2020年7月7日 P. Masrori 1, 2, 3 and P. Van Dammec responsonding author 1, 2, 3 要旨 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、主に運動系に影響...
携帯電話などの無線機器から放出される高周波による健康と福祉へのリスク
Risks to Health and Well-Being From Radio-Frequency Radiation Emitted by Cell Phones and Other Wireless Devices Anthony B. Miller,1,* Margaret E. Sears,2 L. Lloyd Morgan...
公表されているメタアナリシスの結果の多くが誤りである理由
Why most published meta-analysis fndings are false B. Doleman1 - J. P. Williams1 - J. Lund1 Received: 2019年5月27日 / Accepted: 2019年6月17日 はじめに 物議を醸した論文「Why most publi...
無作為化比較試験における挑戦的な問題
Challenging issues in randomised controlled trials 2010年7月 概要 このトピックの目的は?無作為化比較試験(RCT)は、治療と結果の間に因果関係が存在するかどうかを判断する最も厳密な方法であり、現在の臨床実践を導く証拠の階層に不可欠な要素である。RCTを成功...
アルツハイマー病における神経炎症とニューロン新生、およびその治療法の可能性
Neuroinflammation and Neurogenesis in Alzheimer’s Disease and Potential Therapeutic Approaches オンラインで公開2020年1月21日 概要 成人の脳では、脳室下帯や歯状回で新しい神経細胞が成人になってからも生成される。成体神経発生の調節...
エビデンスに基づく医療と個別化医療は共存できるか?
Can Evidence-Based Medicine and Personalized Medicine Coexist? ファーストオンライン:2020年7月1日 概要 エビデンスに基づく医療(EBM)とは,入手可能な最善のエビデンスに基づき,臨床の専門知識や患者の価値観と組み合わせて医療介入を行うことを目的とした医...
エビデンスに基づく実践における経験の役割
The Role of Experience in an Evidence-Based Practice 日付 2012年6月13日座談会ID:GM96328引用:Med Roundtable Gen Med Ed: Med Roundtable Gen Med Ed. ; 1(1): 75 - 84. 概要 要約 議...
ALSUntangled No.35:高気圧酸素療法について 筋萎縮性側索硬化症と前頭側頭葉変性症
ALSUntangledグループ オンライン公開:2016年4月18日 研究論文 ALSUntangled No.35:高気圧酸素療法*について ALSUntangledでは、ALS患者(PALS)の代替治療についてレビューしている。ここでは、90件のリクエストがあったALSの高気圧酸素療法(HBOT)についてレビ...

Alzhacker 新着記事 Top10

筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する低レベルレーザー治療(LLLT)の効果:症例報告
Amyotrophic Lateral Sclerosis (ALS) treated with Low Level LASER Therapy (LLLT): a case report オンライン公開:年7月8日 Leonardo Longo, Marco Postiglione, Massimiliano Gabelli...
臓器提供における利他主義、贈与、互恵主義 文化的視点の見直しと概念の課題
Altruism, gift giving and reciprocity in organ donation: A review of cultural perspectives and challenges of the concepts C. Sharp, G. Randhawa 受理された日 2014年5月20日 ...
高収入は人生の評価を向上させるが、情緒的幸福度は向上させない
High income improves evaluation of life but not emotional well-being ダニエル・カーネマン1,アンガス・ディートン 概要 最近の研究では、主観的幸福の2つの側面を区別し始めている。すなわち、喜び、ストレス、悲しみ、怒り、愛情など、人生を楽しいものにする体験の頻度...
原発性レイノー現象に対する低レベルレーザー治療 – プラセボ対照二重盲検介入試験の結果
Low Level Laser Therapy in Primary Raynaud’s Phenomenon — Results of a Placebo Controlled, Double Blind Intervention Study 概要. 目的 原発性レイノー症候群患者における低レベルレーザー治療の有効性を評...
COVID-19時代の疾病治療・予防における光生体調節療法の役割の可能性(PBM/LLLT)
A Potential Role for Photobiomodulation Therapy in Disease Treatment and Prevention in the Era of COVID-19 オンラインで公開2020年12月1日 Ann Liebert,1,2,3,* Brian Bicknell,4,3 W...
COVID-19パンデミックの理解 分子メカニズムと可能性のある治療戦略 エビデンスに基づいたレビュー
Understanding COVID-19 Pandemic: Molecular Mechanisms and Potential Therapeutic Strategies. An Evidence-Based Review Reem Hanna,1,2 Snehal Dalvi,1,3 Tudor Sălăgean,4 I...
「意識の問題への熱力学的アプローチ 」へのコメント
 Comment on “A thermodynamic approach to the problem of consciousness 要旨 最近、Beshkarはクオリアの性質についての論文を発表した。彼の議論は、クオリアには否定的な性質があり、意識と同じように否定的な性質があるという推測につながるいくつかの仮定に基づい...
人類の影 観測選択効果と人類絶滅リスク
Anthropic Shadow: Observation Selection Effects and Human Extinction Risks ミラン・M・シーコビッチ、1 アンダース・サンドバーグ、2,ニック・ボストロム2 我々は、稀な確率的な大災害イベントの予測を導く際に、人類のバイアスを考慮に入れることの重要な実用...
デジタルマインドで世界を共有する ニック・ボストロム
Sharing the World with Digital Minds (2020)ドラフト バージョン1.8 カール・シュルマン & ニック・ボストロム 人類の未来研究所 オックスフォード大学 要旨 生物の心は、人工知能の技術を使いこなせば創造される可能性のある心の空間のほんの一角を占めている。しかし、...
あなたはコンピュータシミュレーションの中にいるか?
Are You in a Computer Simulation? ニック・ボストロム 「マトリックス」は、そうでなければ哲学的ではない多くの人々に現実の本質について熟考させた。しかし、映画の中で描かれているシナリオはばかげている。人間の脳は、パワーを生み出すためだけにインテリジェントな機械によってタンクに入れられているのだ。...

総合 新着記事 Top100

COVID-19重症患者における補助療法としてのチアミン(ビタミンB1)の評価 多施設共同傾向スコアマッチドスタディ
Evaluation of Thiamine as Adjunctive Therapy in COVID-19 Critically Ill Patients: A Multicenter Propensity Score Matched Study 投稿日: 2021年4月13日 概要 背景 チアミンは、グルコース...
外傷性脳・脊髄損傷に対する免疫療法の可能性
Potential immunotherapies for traumatic brain and spinal cord injury オンラインで2018年4月18日に公開 Raj Putatunda,a John R. Bethea,b and Wen-Hui Hua,∗. 概要 脳や脊髄を含む中枢神経系(CNS...
第14章 ナイアシンと高脂血症
CHAPTER 14 Niacin and hyperlipidemia Maria C. Naranjo1,Maria C. Millan-Linares2,Sergio Montserrat-de la Paz3 キーファクト 本章では、高脂血症に関連する疾患におけるナイアシン(ビタミンB3)の効果に焦点を当てる。 ...
歴史を無視することの危険性 ビッグ・タバコは汚い手を使って何百万人もの人を殺した。ビッグ・フードはどれほど似ているか?
The Perils of Ignoring History: Big Tobacco Played Dirty and Millions Died. How Similar Is Big Food? ケリー・D・ブラウネル、ケネス・E・ワーナー 概要 背景 1954年、たばこ産業はお金を払って「たばこを吸う人へのフラ...
COVID-19に対してヒドロキシクロロキンは有効であり、早期に投与すれば一貫して有効である:システマティック・レビュー
Hydroxychloroquine is effective, and consistently so when provided early, for COVID-19: a systematic review オンラインで公開2020年10月5日 C. Prodromos1,∗ and T. Ru...
ビッグ・ファーマがビッグ・タバコの戦略を利用してイベルメクチンを倒す
Big Pharma uses Big Tobacco's strategy to defeat Ivermectin By Justus R. Hope, MD  2021年4月12日 1950年代、英国のリチャード・ドールとブラッドフォード・ヒルは、肺がんのリスクは1日の喫煙本数に関連しており、1日25本以上吸う人では...
シアノバクテリアおよびシアノバクテリア由来の食品サプリメントに含まれる神経毒BMAAとその異性体アミノ酸
Neurotoxin BMAA and its isomeric amino acids in cyanobacteria and cyanobacteria-based food supplements 著者 Korina Manolidi, Theodoros M. Triantis, Triantafyllos Kaloud...
Long-COVID患者におけるイベルメクチンの使用についてのレトロスペクティブ研究
IVERMECTIN IN LONG-COVID PATIENTS A RETROSPECTIVE STUDY この出版物の考察、統計、著者プロフィールは以下のサイトで見ることができる: 記事 - 2021年2月 ヘクター・カルバロ このページのすべてのコンテンツは、2021年3月24日にHector Carvallo...
GPL-TOXプロファイル(非金属系有害化学物質)
GPL-TOX Profile (Toxic Non-Metal Chemicals) 株式会社グレートプレインズラボラトリー 概要 私たちは毎日、医薬品、農薬、加工食品、家庭用品、環境汚染などの製品を通じて、何百もの有害化学物質にさらされている。化学物質を含んだ製品や、食品、空気、水に含まれる有害化学物質にさらされる機...
ALSUntangled: エビデンス・テーブルの紹介
ALSUntangled: Introducing The Table of Evidence ALSUntangledグループ オンライン公開日:2014年12月27日 ALSUntangled ALS患者(PALS)は、インターネットで読んだ代替療法や適応外の治療法(AOT)を検討することが多い(1,2)。AOTに...
筋萎縮性側索硬化症:臨床的レビュー
Amyotrophic lateral sclerosis: a clinical review オンラインで公開2020年7月7日 P. Masrori 1, 2, 3 and P. Van Dammec responsonding author 1, 2, 3 要旨 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、主に運動系に影響...
SARS-CoV-2感染症の早期多剤併用外来治療(COVID-19)と老人ホーム入居者の死亡率の低下
Early Multidrug Outpatient Treatment of SARS-CoV-2 Infection (COVID-19) and Reduced Mortality Among Nursing Home Residents この論文はプレプリントであり、査読を受けていない(これはどういう意味ですか?この論文は、...
COVID-19 ファモチジン、ヒスタミン、マスト細胞、およびそのメカニズム
COVID-19: Famotidine, Histamine, Mast Cells, and Mechanisms オンラインで公開2021年3月23日 概要 COVID-19の発症にはSARS-CoV-2の感染が必要であるが,COVID-19の徴候や症状の多くは一般的な急性ウイルス疾患とは異なる.SARS-CoV-2の感染...
ミノサイクリン:抗生物質の域を超えて
Minocycline: far beyond an antibiotic オンラインで公開2013年4月25日 N Garrido-Mesa, A Zarzuelo, and J Gálvez 概要 ミノサイクリンは、第2世代の半合成テトラサイクリンであり、グラム陽性菌およびグラム陰性菌の両方に対する抗生物質として、30...
脳内炎症の治療による認知症症候群の回復(ハンセン病・ダプソン)
Recovery of Dementia Syndrome following Treatment of Brain Inflammation Jong-hoon Lee,a Su-hee Choi,b Chul Joong Lee,c and Sang-suk Ohd,*. 概要 目的・背景 本研究は、軽度認知障害(...
アルツハイマー型認知症に対するドキシサイクリンの効果 β-アミロイドオリゴマーと神経炎症との戦い
Doxycycline for Alzheimer’s Disease: Fighting β-Amyloid Oligomers and Neuroinflammation オンラインで公開2019年7月3日 概要 アルツハイマー病は、最も広く普及している認知症であり、世界中で約4,500万人が罹患している。アルツハイマー病の...
記憶喪失および認知症患者におけるモンテカルスト(Montelukast)の使用例
Case Series Using Montelukast in Patients with Memory Loss and Dementia オンラインで公開2017年1月31日 要旨 人口の高齢化に伴い、認知機能の低下や認知症は大きな問題となっている。これらの問題を予防・治療するための有効な治療法は限られている。 ...
アルツハイマー病の治療における最新の動向 現在の治療法と薬剤再利用のアプローチ
Recent Trends in the Management of Alzheimer’s Disease: Current Therapeutic Options and Drug Repurposing Approaches 概要 アルツハイマー型認知症は、最も進行性の高い認知症の一つであり、最終的には高齢者が死に至る病...
アルツハイマー病のための抗炎症薬を求めて ミノサイクリン・ミクログリア
In search of an anti-inflammatory drug for Alzheimer disease Erika Gyengesi、Gerald Münch 慢性的な神経炎症がアルツハイマー病の発症に重要な役割を果たしていることを示唆する証拠がある。しかし、新しい臨床試験では、抗炎症作用のあるテトラサイクリン系...
携帯電話などの無線機器から放出される高周波による健康と福祉へのリスク
Risks to Health and Well-Being From Radio-Frequency Radiation Emitted by Cell Phones and Other Wireless Devices Anthony B. Miller,1,* Margaret E. Sears,2 L. Lloyd Morgan...
COVID-19と神経学的障害 視床下部の回路とその後
COVID-19 and Neurological Impairment: Hypothalamic Circuits and Beyond 発行:2021年3月17日 概要 2019年12月、中国湖北省の首都である武漢で、重症急性呼吸器症候群新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)と呼ばれる新規コロナウイルスが出現した。この...
胸腺の老化が高齢者のCOVID-19の病態生理と関連しているかもしれない
Thymic Aging May Be Associated with COVID-19 Pathophysiology in the Elderly 1 細胞生物学・免疫学・微生物学大学院プログラム、北テキサス大学ヘルスサイエンスセンター、フォートワース、テキサス州76107,米国 2 テキサス大学サウスウエスタン・メディカ...
公表されているメタアナリシスの結果の多くが誤りである理由
Why most published meta-analysis fndings are false B. Doleman1 - J. P. Williams1 - J. Lund1 Received: 2019年5月27日 / Accepted: 2019年6月17日 はじめに 物議を醸した論文「Why most publi...
無作為化比較試験における挑戦的な問題
Challenging issues in randomised controlled trials 2010年7月 概要 このトピックの目的は?無作為化比較試験(RCT)は、治療と結果の間に因果関係が存在するかどうかを判断する最も厳密な方法であり、現在の臨床実践を導く証拠の階層に不可欠な要素である。RCTを成功...
アルツハイマー病における神経炎症とニューロン新生、およびその治療法の可能性
Neuroinflammation and Neurogenesis in Alzheimer’s Disease and Potential Therapeutic Approaches オンラインで公開2020年1月21日 概要 成人の脳では、脳室下帯や歯状回で新しい神経細胞が成人になってからも生成される。成体神経発生の調節...
COVID-19患者の入院を予防するための簡単な家庭療法のアルゴリズム レトロスペクティブな観察的マッチドコホート研究
A Simple, Home-Therapy Algorithm to Prevent Hospitalization for COVID-19 Patients: A Retrospective Observational Matched-Cohort Study この論文はプレプリントであり、査読を受けていない(これはどういう意...
神経疾患における高気圧酸素療法(HBOT)の分子および治療的側面
Molecular and Therapeutic Aspects of Hyperbaric Oxygen Therapy in Neurological Conditions オンラインで公開 2020年8月27日 概要 高気圧酸素療法(HBOT)とは、100%の酸素ガスを絶対圧力1気圧以上で封入したチャンバ...
ポジトロン・エミッション・トモグラフィー画像によるアルツハイマー型認知症に対する高気圧酸素療法:症例報告
Hyperbaric oxygen therapy for Alzheimer's dementia with positron emission tomography imaging: a case report 2019年1月9日オンライン公開 要旨 58歳の女性がアルツハイマー型認知症と診断され,高気圧酸素療法(HBOT)...
エビデンスに基づく医療と個別化医療は共存できるか?
Can Evidence-Based Medicine and Personalized Medicine Coexist? ファーストオンライン:2020年7月1日 概要 エビデンスに基づく医療(EBM)とは,入手可能な最善のエビデンスに基づき,臨床の専門知識や患者の価値観と組み合わせて医療介入を行うことを目的とした医...
エビデンスに基づく実践における経験の役割
The Role of Experience in an Evidence-Based Practice 日付 2012年6月13日座談会ID:GM96328引用:Med Roundtable Gen Med Ed: Med Roundtable Gen Med Ed. ; 1(1): 75 - 84. 概要 要約 議...
ALSUntangled No.35:高気圧酸素療法について 筋萎縮性側索硬化症と前頭側頭葉変性症
ALSUntangledグループ オンライン公開:2016年4月18日 研究論文 ALSUntangled No.35:高気圧酸素療法*について ALSUntangledでは、ALS患者(PALS)の代替治療についてレビューしている。ここでは、90件のリクエストがあったALSの高気圧酸素療法(HBOT)についてレビ...
マスク、メカニズム、COVID-19:パンデミック政策立案における無作為化試験の限界
Masks, mechanisms and Covid-19: the limitations of randomized trials in pandemic policymaking オンラインで公開2021年3月25日 Seán M. Mullerccorresponding author 要旨 SARS-Cov...
ピロロキノリンキノンの摂取が骨格筋のミトコンドリア生合成を促進するメカニズムについて 運動との相乗効果の可能性
Mechanisms Behind Pyrroloquinoline Quinone Supplementation on Skeletal Muscle Mitochondrial Biogenesis: Possible Synergistic Effects with Exercise オンライン公開:2018年05月01日 ...
低用量ナルトレキソンをオレンジジュースで安価に配合 米国皮膚科学会誌
Inexpensive Compounding of Low-Dose Naltrexone With Orange Juice ジャーナルスキャン/解説 - 2019年4月16日 テイクホームメッセージ この記事で著者は、市販の50mg錠のナルトレキソン10錠(合計500mg)を約500mL(16.9オンス)のオレンジ...
慢性疼痛に対する新たな抗炎症治療法としての低用量ナルトレキソン(LDN)の使用について
The use of low-dose naltrexone (LDN) as a novel anti-inflammatory treatment for chronic pain 要旨 低用量ナルトレキソン(LDN)は,線維筋痛症,クローン病,多発性硬化症,複合性局所疼痛症候群などの症状の重症度を軽減することが実証さ...
閉塞性睡眠時無呼吸症候群とその治療およびアルツハイマー病との関連 システマティック・ミニレビュー
Association Between Obstructive Sleep Apnea, Its Treatment, and Alzheimer's Disease: Systematic Mini-Review オンラインで公開 2021年1月6日 概要 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)とアルツハイマー病は、高齢者に多く見...
老化における閉塞性睡眠時無呼吸症候群とその治療 アルツハイマー病のバイオマーカー、認知機能、脳構造、神経生理学への影響
Obstructive Sleep Apnea and Its Treatment in Aging: Effects on Alzheimer’s disease Biomarkers, Cognition, Brain Structure and Neurophysiology 2020年8月27日 概要 閉塞性睡眠時無呼吸...
アロステリックな制御によるヒートショックプロテイン70の高選択的な活性化が、効率的な神経炎症の抑制を可能にする
Highly Selective Activation of Heat Shock Protein 70 by Allosteric Regulation Provides an Insight into Efficient Neuroinflammation Inhibition Li-Chao Wang,a,b Li-Xi Li...
マグネシウムはアルツハイマー病の中枢神経変性を抑制できるか?基礎的なエビデンスと研究の必要性
Can magnesium reduce central neurodegeneration in Alzheimer's disease? Basic evidences and research needs 2019年3月22日 ハイライト 生理学的には、マグネシウムは興奮性、細胞内の代謝、細胞の生存に主要な役割を...
低用量ナルトレキソン(LDN)治療利用のレビュー
Low-Dose Naloxone(LDN)—Review of Therapeutic Utilization オンラインで公開2018年9月21日 概要 ナルトレキソンとNaloxoneは古典的なオピオイド拮抗薬である。ナルトレキソンとNaloxoneは古典的なオピオイド拮抗薬であるが,標準的な用量よりも大幅に低い用...
高酸素ー低酸素パラドックス
The Hyperoxic-Hypoxic Paradox オンラインで公開2020年6月25日 概要 効率的な代謝は、治療上の狭い範囲の酸素に大きく依存している。したがって、低酸素は、遺伝子の発現、代謝の変化、血管新生や幹細胞の増殖・移動・分化の促進などの再生プロセスを最も強力に誘導する因子の一つである。酸素濃度の低下(低...
高気圧酸素はアルツハイマー病および認知症軽度認知障害患者の認知機能を改善する
Hyperbaric oxygen ameliorates cognitive impairment in patients with Alzheimer's disease and amnestic mild cognitive impairment オンラインで公開2020年6月14日 概要 はじめに アルツハイマー病の発...
COVID-19におけるメトホルミンの治療可能性 その保護的役割の理由
Therapeutic Potential of Metformin in COVID-19: Reasoning for Its Protective Role Samson Mathews Samuel,1,2,⁎ Elizabeth Varghese,1,2 and Dietrich Büsselberg1,⁎ 概要 SARS...
COVID-19の仮説的な保護メカニズム:百寿者からのヒント
Hypothetical COVID-19 protection mechanism: hints from centenarians 2021年3月30日 Franca Rosa Guerini, Matteo Cesari & Beatrice Arosio Immunity & Ageing vol...
治療法としての低酸素の使用に関するレビュー 外科的CABG患者のための間欠的低酸素-高酸素コンディショニングプロトコルガイドラインの開発
A Review of Using Hypoxia as a Therapeutic Modality: Developing Intermittent Hypoxia-Hyperoxia Conditioning Protocol Guidelines for Surgical CABG Patients 2019年4月 ダ...
SARS-CoV-2治療効果のモデル化によるインフォームド・ドラッグ・リパーポーシング
Modeling of SARS-CoV-2 Treatment Effects for Informed Drug Repurposing Charlotte Kern, 1 , 2 , † Verena Schöning, 1 , † Carlos Chaccour, 3 , 4 , 5 and Felix Hamman...
テオドシウス・ドブジャンスキーの生物学と進化に関する見解 v.2.0: “生物学では、進化と、生物学的性能を最適化するホルミシスを媒介とした後天的回復力と、多数の多様な短期的・長期的保護戦略に依存することに照らし合わせなければ、何も意味をなさない”
Theodosius Dobzhansky's view on biology and evolution v.2.0: “Nothing in biology makes sense except in light of evolution and evolution's dependence on hormesis-mediated ...
ホルミシス 意義あるものへの道筋と進行
Hormesis: Path and Progression to Significance オンラインで公開2018年9月21日 エドワード・J・カラブレス 要旨 本論文は、ホルミシスが生物学の基本概念として認識され、毒性学、微生物学、医学、公衆衛生、農業など、生物のパフォーマンスを高めることに関連するすべての分野に影響...
COVID-19患者における心脳軸反応の理解:治療法開発への示唆
Understanding the Heart-Brain Axis Response in COVID-19 patients: a Suggestive Perspective for Therapeutic Development 2021年3月26日 ハイライト COVID-19患者における重篤な多臓器不全症候群...
Covid-19治療のためのイベルメクチンの再提案 プライマリーヘルスケアセンターでの軽度の段階の外来患者
ivermectin reproposing for covid-19 treatment outpatients in mild stage in primary health care centers 2021年3月30日に投稿 Chahla, Rossana Elena アルゼンチン、トゥクマン市、保健省、SI.PRO....
COVID-19パンデミックにおけるイベルメクチン関連イベントのタイムライン
A timeline of ivermectin-related events in the COVID-19 pandemic Mika Turkia 2021年3月24日 概要 イベルメクチンは、1975年に北里大学名誉教授¯によって日本で発明された抗寄生虫薬である。 大村智氏が1975年に日本で発明...
リアル・ワールド・データ(RWD)をヘルスケアに活用する機会と課題
Opportunities and challenges in using real-world data for health care オンラインで公開2020年2月3日 Vivek A. Rudrapatna1,2およびAtul J. Buttec応答する著者1,3,4 概要 リアルワールドデータ(RWD)は,臨床エ...
COVID-19における腸-肺軸
Gut-Lung Axis in COVID-19 概要 COVID-19は,重症急性呼吸器症候群新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を原因とする呼吸器系のパンデミック感染症である。このウイルスのリボ核酸(RNA)は、便を含むCOVID-19患者の多くの部位で検出され、宿主の腸内細菌叢との相互作用の可能性が示唆された。腸...
ALSの逆転現象は存在するのか?
ALS reversals – do they exist? 2020年7月、米国を拠点とする患者支援者、医療関係者、起業家、計算生物学者、医学生などで構成されるチーム「Everything ALS」は、カリフォルニア州デューク大学神経学教授のリチャード・ベッドラック博士との仮想考察とQ&Aセッションを開催し...
臨床試験:精密医療にはより正確なエビデンスが必要
Klinische Studien: Genauere Evidenz für Präzisionsmedizin notwendig 無作為化比較試験では、個々の患者に関する利用可能な知識を除外する必要がある。そのため、精密医療の出現により、エビデンスの階層に4つ目のレベルを加えることが必要になっている。 はじめに 連...
無作為化試験に失望する5つの理由
Five good reasons to be disappointed with randomized trials チャド・E・クック &チャールズ・A・ティグペン 背景 無作為化比較試験(RCT)は、非常に高いレベルのエビデンスを示すことが認められており、エビデンスに基づくピラミッドの頂点に近い憧れの位置を...
COVID-19患者におけるイベルメクチンの使用と死亡率との関連性:メタアナリシス
The association between the use of ivermectin and mortality in patients with COVID-19: a meta-analysis 概要 目的 新型コロナウイルス感染症2019(COVID-19)患者の死亡率に対するイベルメクチンの効果については,多く...
筋萎縮性側索硬化症の危険因子
Risk factors for amyotrophic lateral sclerosis 概要 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、最も一般的な運動ニューロン疾患である。筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、最も一般的な運動ニューロン疾患であり、通常、発症から 2〜5年以内に死亡すると言われている。筋萎縮性側索硬化症の発症率は、...
筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する低レベルレーザー治療(LLLT)の効果:症例報告
Amyotrophic Lateral Sclerosis (ALS) treated with Low Level LASER Therapy (LLLT): a case report オンライン公開:年7月8日 Leonardo Longo, Marco Postiglione, Massimiliano Gabelli...
天然化合物のCOVID-19に対する治療効果の可能性
Possible Therapeutic Use of Natural Compounds Against COVID-19 2021年3月24日 Nabab Khan, Xuesong Chen, and Jonathan D. Geiger*. 要旨 重症急性呼吸器症候群-コロナウイルス-2(SARS-CoV-2)の発...
COVID-19と肝臓:有害事象経路の観点から
COVID-19 and the liver: an adverse outcome pathway perspective  2021年3月23日 概要 入院中のCOVID-19患者の最大半数に見られる肝障害は、SARS-CoV-2自体の作用によるものと、薬物治療によるものがある。 本論文では、SARS-CoV-2によっ...
COVID-19は脳にどのような影響を与えるか
How COVID-19 Affects the Brain 2021年3月26日 Maura Boldrini 医学博士1,2; Peter D. Canoll 医学博士3; Robyn S. Klein 医学博士4,5,6 著者所属 論文情報 はじめに COVID-19は、現在までに1億2000万人以上の...
COVID-19がアフリカであまり広がらない理由:イベルメクチンの影響は?
Why COVID-19 is not so spread in Africa: How does Ivermectin affect it? 著者紹介 谷岡久弥1,谷岡さやか1,加賀公孝2 1谷岡クリニック(東京都文京区 2国立感覚器研究所、東京医療センター、東京、152-8902,日本 概要 背景 アフリカにおけ...
パッケージのリーフレット ユーザーのための情報 オエストロジェル(oestrogel)ポンプパック エストラジオール 750マイクログラム/ゲル
Package Leaflet: Information for the User OESTROGEL PUMP-PACK 750 MICROGRAMS/ACTUATION GEL Estradiol はじめに このリーフレットには、あなたにとって重要な情報が含まれていますので、この薬の使用を開始する前に、すべてのリー...
経皮的治療システムの性能 生物学的要因の影響
Performance of transdermal therapeutic systems: Effects of biological factors 概要 経皮的薬物送達(Transdermal Drug Delivery: TDD)は,皮膚を介して薬物を全身に送達する技術である。このメカニズムの薬物送達ルートは,安...
ALSの環境リスク因子としてのウイルスの証拠を再検討 新たな視点からの考察
Reviewing the evidence for viruses as environmental risk factors for ALS: A new perspective 2018年2月13日受領;2018年4月5日修正版受領;2018年4月7日受理 ダニエル・B・セレステ、マシュー・S・ミラー⁎ Micha...
SARS-CoV-2の新たな可塑性について
The emerging plasticity of SARS-CoV-2 Kevin D. McCormick, Jana L. Jacobs, John W. Mellors サイエンス 2021年3月26日 SARS-CoV-2の変異体のスパイクタンパク質(緑)の変異(赤)が、宿主の受容体(薄灰色)や抗体(濃灰色)...
慢性炎症と疾患の因果関係について
Chronic inflammation in the etiology of disease across the life span 要旨 近年の研究により、ある種の社会的・環境的・生活的要因が全身性慢性炎症(SCI)/systemic chronic inflammationを促進することが明らかになってきた。SCIは、...
英国イベルメクチン推奨開発パネル – COVID-19のイベルメクチンに関するEMA声明への回答
British Ivermectin Recommendation Development Panel – Response to EMA Statement on Ivermectin for Covid-19 2021年3月25日 はじめに 3月22日、欧州医薬品庁(EMA)は、エビデンスを検討した結果、「よくデザイ...
「不本意な先駆者」Long-COVID患者としての医師の経験に関する質的研究
'Reluctant pioneer': A qualitative study of doctors' experiences as patients with long COVID 2021年3月22日 Anna K. Taylor Tom Kingstone Tracy A. Briggs Catherine A. ...
入院していないCOVID-19 “long haulers “における持続的な神経学的症状と認知機能障害
Persistent neurologic symptoms and cognitive dysfunction in non-hospitalized COVID-19 “long haulers” Edith L Graham MD1,Jeffrey R Clark BA1,Zachary S Orban BS1,Patri...
無作為化比較試験の考察
Reflections on Randomized Control Trials アンガス・ディートン、ナンシー・カートライト プリンストン大学、NBER、南カリフォルニア大学 ダーラム大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校 プリンストン大学, Princeton, NJ 08544, USA はじめに ...
アルツハイマー病の原因にはアミロイドが必須だが不十分:認知症には細胞内の補因子の追加が必要
Amyloid is essential but insufficient for Alzheimer causation: addition of subcellular cofactors is required for dementia 2018年1月 Jeffrey Fessel 概要 目的 本研究の目的...
ランダム化比較試験におけるメカニズムと不確実性 Deaton and Cartwrightの解説
Mechanisms and uncertainty in randomized controlled trials: A commentary on Deaton and Cartwright 2018年8月 Etsuji Suzukia,b,∗, Tyler J. VanderWeelea,c 1. 生物医学お...
筋萎縮性側索硬化症と前頭側頭葉変性症 ALSUntangled #60: 光治療
ALSUntangled #60: light therapy Amyotrophic Lateral Sclerosis and Frontotemporal Degeneration Richard bedlack1, paul barkhaus2, ben barnes3, michael bereman4, tulio b...
メラトニン:神経変性における臨床的展望
Melatonin: Clinical Perspectives in Neurodegeneration オンラインで公開2019年7月16日 概要 神経変性疾患の予防は、現在、我々の学会の主要な目標であり、すべての好気性生物に存在する系統発生的に保存された珍しい分子であるメラトニンは、この点で検討に値する。メラトニンは、時間...
COVID-19の治療法を提供する時が来た
THE TIME TO OFFER TREATMENTS FOR COVID-19 2021年3月15日 概要 背景 2021年1月1日現在、全世界で確認されたCOVID-19の症例数は81,947,503件、死亡者数は1,808,041人となっている。現在、いくつかのワクチンが緊急に使用できるようになっているが、世界中の人々...
低アルブミン血症 病因と臨床的意義
Hypoalbuminemia: Pathogenesis and Clinical Significance オンラインで公開2018年10月4日 概要 低アルブミン血症は炎症を伴う。低アルブミン血症は炎症と関連しており、文献では繰り返し取り上げられているが、その病態や臨床的意義についてはいまだに混乱している。 炎症は、...
悪の問題とシミュレーション仮説
The Problem of Evil and The Simulation Hypothesis 2020年8月16日 「悪の問題」と「シミュレーション仮説」について 悪の問題(POE)は、私たちの世界で見られる苦しみの量と種類を考慮して、全知全能の神がこの世界を創造したかどうかを問うものである。 無神論者は、P...
熱帯での無作為化の再考 1つのテーマと11のバリエーション
RANDOMIZATION IN THE TROPICS REVISITED: A THEME AND ELEVEN VARIATIONS アンガス・ディートン 概要 無作為化比較試験は、経済学では50年前から、経済開発では20年以上前から集中的に用いられていた。多くの有用な研究がなされてきたが、RCTには経済学におけ...
ランダム化比較試験主義者が(引き続き)支配するべきなのか?
SHOULD THE RANDOMISTAS (CONTINUE TO) RULE? マーティン・ラバリオン ナショナル・ビューロー・オブ・エコノミック・リサーチ マサチューセッツ・アベニュー1050 ケンブリッジ, MA 02138 2020年7月 概要 開発アプリケーションにおける無作為化比較試験(RCT...
ミノサイクリンの再利用はCOVID-19の神経学的症状を緩和するか?
Would Repurposing Minocycline Alleviate Neurologic Manifestations of COVID-19? オンラインで2020年9月30日に公開 はじめに 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス-2(SARS-CoV-2)は、COVID-19パンデミックの病因となっている(Zh...
神経・精神の健康のために戦うミクログリア COVID-19パンデミックの中枢神経系の最前線で
Microglia Fighting for Neurological and Mental Health: On the Central Nervous System Frontline of COVID-19 Pandemic オンラインで2021年2月18日に公開 概要 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、心肺...
ランダム化比較試験の理解と誤認
Understanding and misunderstanding randomized controlled trials 2018年8月 Angus Deaton Nancy Cartwrightde ハイライト 無作為化はどの単一の試験においても交絡因子のバランスをとることはできない。 偏りの...
ビールに含まれるホップ由来の苦味酸が認知機能に与える影響を改善する。迷走神経刺激の新たな戦略
Improving Effects of Hop-Derived Bitter Acids in Beer on Cognitive Functions: A New Strategy for Vagus Nerve Stimulation オンラインで公開2020年1月13日 概要 認知症および認知機能の低下は...
COVID-19パンデミックにおける補完的・統合的医療の意義 文献の質的レビュー
The Relevance of Complementary and Integrative Medicine in the COVID-19 Pandemic: A Qualitative Review of the Literature オンラインで公開2020年12月11日 Georg Seifert,1,2,*† ...
集団の健康介入研究におけるエビデンスの意味づけ:乾いた石垣の構築
Making sense of the evidence in population health intervention research: building a dry stone wall David Ogilvie,corresponding author1 Adrian Bauman,2 Louise Foley,1 C...
COVID-19がアポリポ蛋白質E4関連疾患の拡大するネットワークに入る
COVID-19 enters the expanding network of apolipoprotein E4-related pathologies  2021年3月10日 概要 COVID-19の発症率と症例死亡率(CFR)は民族によって異なるため、これらの現象を説明できる遺伝的要因を突き止める努力が必要である。最近、...
新しい証拠のピラミッド
New evidence pyramid オンラインで公開2016年6月23日 M Hassan Murad、Noor Asi、Mouaz Alsawas、Fares Alahdab 概要 ピラミッドは、すべてのエビデンスが同じではないという、医学的エビデンスの階層化の考えを長い間表現してきた。システマティックレビューやメ...
メタアナリシスとその後の大規模無作為化対照試験との不一致について
Discrepancies between meta-analyses and subsequent large randomized, controlled trials 概要 背景 メタアナリシスは、臨床戦略をサポートするエビデンスを提供するために広く使用されている。しかし、臨床的介入の有効性を評価するには、大規模な無作...
COVID-19による入院後の患者コホートの4ヶ月間の臨床状態について
Four-Month Clinical Status of a Cohort of Patients After Hospitalization for COVID-19 2021年3月17日 キーポイント 質問 COVID-19による入院後の臨床転帰はどのようなものか? 所見 COVID-19生存者478人を...
臓器提供における利他主義、贈与、互恵主義 文化的視点の見直しと概念の課題
Altruism, gift giving and reciprocity in organ donation: A review of cultural perspectives and challenges of the concepts C. Sharp, G. Randhawa 受理された日 2014年5月20日 ...
公衆衛生におけるエビデンスの複雑系モデルの必要性
The need for a complex systems model of evidence for public health Harry Rutter, Natalie Savona, Ketevan Glonti, Jo Bibby, Steven Cummins, Diane T Finegood, Felix Grea...
実践的、適応的な臨床試験 2020年は新時代の幕開けか?
Pragmatic, adaptive clinical trials: Is 2020 the dawning of a new age? 要旨 治療法もワクチンもないSARS-CoV-2は致死率が高く、臨床医は、治療の指針となる質の高いエビデンスが限られている中で、患者をどのように管理するのが最善かという判断を迫られている...
COVID-19に対するRNA干渉と天然物の治療効果の可能性について コロナウイルス感染症についての一考察
The Potential Therapeutic Effect of RNA Interference and Natural Products on COVID-19: A Review of the Coronaviruses Infection オンラインで公開 2021年2月23日 概要 SARS-CoV-2ウイル...
高収入は人生の評価を向上させるが、情緒的幸福度は向上させない
High income improves evaluation of life but not emotional well-being ダニエル・カーネマン1,アンガス・ディートン 概要 最近の研究では、主観的幸福の2つの側面を区別し始めている。すなわち、喜び、ストレス、悲しみ、怒り、愛情など、人生を楽しいものにする体験の頻度...
無作為化比較試験を超えて 社会科学における実験的研究手法の地平を広げるために
Beyond Randomised Controlled Trials – expanding the horizon for experimental research techniques in the social sciences 実験的研究手法は、社会科学や行動科学の多くの分野で主流となっている。デジタル技術、機械学習、理...
嵐を鎮める COVID-19におけるサイトカインストームを標的としたアジュバントとしての自然免疫抑制剤
Calming the Storm: Natural Immunosuppressants as Adjuvants to Target the Cytokine Storm in COVID-19 オンラインで公開 20211月27日 Angela E. Peter, 1 ,* B. V. Sandeep, 1 B. Gan...
ロングコービッドは思ったよりも特殊ではない
Long Covid isn’t as unique as we thought 長時間労働者が経験するしつこい症状は、医学のもどかしい盲点を明らかにしている。 COVID-19から生還した消防士・救急隊長のヒューゴ・ソーサは、ニューヨーク州ホワイトプレーンズで理学療法士と一緒に回復に努めている。 はじめに ニューヨー...
候補となるファイトケミカルによるコロナウイルス神経学的症状の標的化 メカニズムからのアプローチ
Targeting Neurological Manifestations of Coronaviruses by Candidate Phytochemicals: A Mechanistic Approach オンラインで公開2021年1月20日 Sajad Fakhri, 1 Sana Piri, 1 Mohammad ...