カテゴリ別 新着記事

人気記事はこちら
カテゴリ別 週間人気記事
...

コロナウイルス 新着記事 Top10

COVID-19パンデミックにおけるイベルメクチン関連イベントの年表 第3弾
...
イベルメクチン中毒-成功した治療法の報告
...
イベルメクチン 汎用性の高い抗寄生虫剤の新規抗がん剤としての再利用の可能性
...
ウイルス免疫学者のバイラム・ブライドル博士が医療の自由を求めてウォータールー地域で講演 10/24/21
...
“First Do No Harm”: COVID-19 ワクチンに関する効果的なコミュニケーション
...
なぜCDCやFDAはVAERSの過少報告係数 URFを明らかにしないのか?
...
アメリカの5歳から11歳の子供にmRNA製剤を注射するためのファイザー社のEUA申請に対するFDAのリスク・ベネフィット分析に見られる10の赤信号
...
書籍「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第7章
...
書籍「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第6章
...
書籍「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第5章
...

イベルメクチン

COVID-19パンデミックにおけるイベルメクチン関連イベントの年表 第3弾
...
イベルメクチン中毒-成功した治療法の報告
...
イベルメクチン 汎用性の高い抗寄生虫剤の新規抗がん剤としての再利用の可能性
...
書籍「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第7章
...
書籍「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第6章
...
書籍「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第5章
...
書籍「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第4章
...
イベルメクチンの熱狂的な研究は不正な研究に基づいている? アレクサンドロス・マリノス
...
メタアナリシス・フィクサーズ 第2部 公務員か中途半端なサボタージュか?
...
BBCがイベルメクチンを否定
...

ワクチン

ウイルス免疫学者のバイラム・ブライドル博士が医療の自由を求めてウォータールー地域で講演 10/24/21
...
“First Do No Harm”: COVID-19 ワクチンに関する効果的なコミュニケーション
...
なぜCDCやFDAはVAERSの過少報告係数 URFを明らかにしないのか?
...
アメリカの5歳から11歳の子供にmRNA製剤を注射するためのファイザー社のEUA申請に対するFDAのリスク・ベネフィット分析に見られる10の赤信号
...
COVID-19 コロナワクチン後遺症・副反応 予防・治療ついてのまとめ
...
COVIDの始まりとCOVIDワクチンについて、ジョシュ・ローギンとスコット・ゴットリーブが語る|Ep175
...
ワクチンのパイオニア、責任感のない「腐敗した」ファウチ氏とFDAに「ルールは適用されない」と発言
...
THGエピソード43「権力の真実を語る」ロバート・マローン博士との対話
...
ロバート・マローン博士 国際COVIDサミットなどについて|インタビュー
...
特別番組 ロバート・マローン博士のmRNA作成について
...

パンデミック

COVID-19パンデミック時の子どもの自然とのつながりの変化と子どもの幸福への影響について
...
COVID-19パンデミックの期間、感染者数、死者数を画期的に予測 疫学では使われたことのない新しい数学的アプローチ
...
ジェイ・バッタカリヤ博士が語る「ワクチン義務化」「集団免疫」「COVID-19のゼロ化」が不可能な理由とは?
...
Doctors for Covid 倫理シンポジウム – セッション3:First Do No Harm
...
キャサリン・オースティン・フィッツが「ゴーイング・ダイレクト・リセット」「Mr.グローバル」「見えない武器」について語る
...
Doctors for Covid コビッド倫理シンポジウム – セッション2:Going Direct Reset
...
Doctors for Covid倫理シンポジウム – セッション1:偽りのパンデミック
...
狂気を終わらせるための20のステップ
...
COVID-19の巨人 Geert Vanden Bossche、Robert Malone MDとの出会い
...
現在進行中の集団予防接種実験が、なぜSARS-CoV-2の急速な進化反応を促しているのか?
...

Long-COVID・コロナ後遺症

急性ウイルス感染症に伴う認知機能低下:文献調査とCOVID-19後の予測
...
COVID-19ワクチン接種に伴う青年期の心筋炎
...
ブルース・パターソン博士によるLong-COVIDの病態と治療について、国際的専門家とともに
...
COVID、Long-hauler、COVIDワクチンの副作用の治療方法について
...
SARS-CoV-2スパイクタンパク質とアミロイド生成タンパク質の相互作用 神経変性の手がかりとなる
...
マスト細胞活性化症候群(MCAS)について語るローレンス・アフリン博士
...
在宅隔離患者のプロスペクティブコホートにおけるLong-COVID
...
COVID-19から回復した人における認知機能の障害
...
Ram Yogendra博士がCOVID Long-Haul Managementについて語る
...
免疫細胞のスパイクタンパク – ブルース・パターソン博士がCOVIDのロングホールについて語る
...

リコード法 新着記事 Top10

The End of Alzheimer’s 2nd Edition 第9章 感染症がアルツハイマー病の原因になる?
...
書籍「TOXIC HEAL YOUR BODY」ニール・ネイサン博士 第2章 感受性と毒性(またはその両方)の違い
...
書籍「TOXIC HEAL YOUR BODY」ニール・ネイサン博士 序文・第1章 はじめに
...
書籍「TOXIC HEAL YOUR BODY」ニール・ネイサン博士 第3章 カビの毒性
...
ReCODE: 認知機能低下の回復を目的とした個別化、標的化、多因子化の治療プログラム
...
アルツハイマー病における単純ヘルペスウイルス1型(HSV1)の主要な役割を示す圧倒的な証拠;反対の証拠
...
第3章 エドワードの物語 アルツハイマー病に打ち勝つために
...
第2章 デボラの物語 父の娘
...
第1章 クリスティンの物語 ゼロは無に等しい
...
大気汚染による呼吸器系の健康への影響を最小限に抑えるための個人的な戦略:プロバイダー、患者、一般市民へのアドバイス
...

認知症 予防と治療 新着記事 Top10

エビデンス・ベースト・メディスンの「エビデンス」とは?
...
エビデンスに基づく医療は、偏った試験と選択的な出版により、どのように失敗しているか
...
トロッコで脇道にそれる 犠牲的な道徳的ジレンマが功利主義的判断についてほとんど(あるいは何も)教えてくれない理由
...
犠牲的な道徳的ジレンマにおける「功利主義的」判断は、より大きな利益への公平な関心を反映しない
...
書籍「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第7章
...
書籍「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第6章
...
書籍「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第5章
...
書籍「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第4章
...
パーキンソン病における非可逆的MAO-B阻害剤セレギリンおよびラサギリンの神経保護効果の薬理学的考察
...
ジョン・P・A・イオアニディス教授の講演会「科学的証拠:再現性と有用性」開催
...

Alzhacker 新着記事 Top10

医療倫理と「トロッコ問題」について
...
ゲーデルの不完全性定理は神経科学の限界的な結果か?
...
COVID-19パンデミックの期間、感染者数、死者数を画期的に予測 疫学では使われたことのない新しい数学的アプローチ
...
計算可能性、ゲーデルの不完全性定理、そして進化の予測可能性に対する固有の制限
...
信じることのプロセス どこから来るのか?何のためにあるのか?
...
分子・情報・生命の起源 次は何?
...
神経保護のターゲットとしてのミトコンドリア:メチレンブルーと光バイオモジュレーションの役割
...
光とフォトバイオモデュレーションによる記憶障害の改善 – ルー・リム
...
フォトバイオモデュレーション(PBM)とは何か、どのように役立つのか?
...
モラル・ジレンマの判断を「功利主義的」または「義務論」にするものは何か?
...

総合 新着記事 Top100

エビデンス・ベースト・メディスンの「エビデンス」とは?
...
エビデンスに基づく医療は、偏った試験と選択的な出版により、どのように失敗しているか
...
COVID-19パンデミックにおけるイベルメクチン関連イベントの年表 第3弾
...
イベルメクチン中毒-成功した治療法の報告
...
イベルメクチン 汎用性の高い抗寄生虫剤の新規抗がん剤としての再利用の可能性
...
トロッコで脇道にそれる 犠牲的な道徳的ジレンマが功利主義的判断についてほとんど(あるいは何も)教えてくれない理由
...
ウイルス免疫学者のバイラム・ブライドル博士が医療の自由を求めてウォータールー地域で講演 10/24/21
...
“First Do No Harm”: COVID-19 ワクチンに関する効果的なコミュニケーション
...
なぜCDCやFDAはVAERSの過少報告係数 URFを明らかにしないのか?
...
アメリカの5歳から11歳の子供にmRNA製剤を注射するためのファイザー社のEUA申請に対するFDAのリスク・ベネフィット分析に見られる10の赤信号
...
犠牲的な道徳的ジレンマにおける「功利主義的」判断は、より大きな利益への公平な関心を反映しない
...
書籍「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第7章
...
神経変性疾患の新しい治療法としての古い薬
...
書籍「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第6章
...
書籍「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第5章
...
書籍「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第4章
...
リラグルチドとその神経保護作用-アルツハイマー病と脳虚血イベントにおける生化学的メカニズムの可能性に着目して
...
SGLT2阻害による神経細胞の消失に関わる疾患の治療の視点 アルツハイマー病と虚血性脳障害に焦点を当てて
...
アルツハイマー病 既存薬・オフラベル医薬品(適応外薬)まとめ
...
COVID-19 コロナワクチン後遺症・副反応 予防・治療ついてのまとめ
...
正気を取り戻したとき、思いやりのある医師たちが待っている Pierre Kory MD
...
カプリル酸 注意事項 & 相互作用
...
パーキンソン病における非可逆的MAO-B阻害剤セレギリンおよびラサギリンの神経保護効果の薬理学的考察
...
ジョン・P・A・イオアニディス教授の講演会「科学的証拠:再現性と有用性」開催
...
COVIDの始まりとCOVIDワクチンについて、ジョシュ・ローギンとスコット・ゴットリーブが語る|Ep175
...
マックス・テグマーク&エリック・ワインスタイン AIエイリアン あらゆるものの理論と新年の抱負!?
...
ワクチンのパイオニア、責任感のない「腐敗した」ファウチ氏とFDAに「ルールは適用されない」と発言
...
グループでのより良い意思決定
...
医療倫理と「トロッコ問題」について
...
Covid-19は政府によって別のアジェンダを追求するために利用され、悪用された。Piers Robinson博士
...
アルツハイマー病における単純ヘルペスウイルス1型の主要な役割の裏付け
...
単純ヘルペスウイルス感染症患者における抗ヘルペス薬の服用と認知症リスクの低下-台湾における全国規模の人口ベースのコホート研究
...
COVID-19パンデミック時の子どもの自然とのつながりの変化と子どもの幸福への影響について
...
Trusted News Initiative(TNI)
...
THGエピソード43「権力の真実を語る」ロバート・マローン博士との対話
...
The End of Alzheimer’s 2nd Edition 第9章 感染症がアルツハイマー病の原因になる?
...
Ep8 – トーマス・J・ルイス博士によるアルツハイマー病の早期診断と体内毒素の削減について
...
The End of Alzheimer’s 2nd Edition 第5章 医学はあなたを救えるか?
...
The End of Alzheimer’s 2nd Edition 第2章 アミロイドカスケード仮説とは
...
低強度ホワイトノイズは聴覚ワーキングメモリ課題のパフォーマンスを向上させる。fMRIを用いた研究
...
COVID-19に対する自然に獲得した免疫を証明する81の調査研究(文書化、リンク、引用されているもの)
...
急性ウイルス感染症に伴う認知機能低下:文献調査とCOVID-19後の予測
...
デビッド・シンクレア 人間の寿命を100年以上に延ばすために Lex Fridman Podcast #189
...
健康研究における情報バイアス:定義、落とし穴、調整方法
...
生理学のシグナル伝達経路の中核をなす内因性時計
...
ゲーデルの不完全性定理は神経科学の限界的な結果か?
...
COVID-19パンデミックの期間、感染者数、死者数を画期的に予測 疫学では使われたことのない新しい数学的アプローチ
...
計算可能性、ゲーデルの不完全性定理、そして進化の予測可能性に対する固有の制限
...
書籍「TOXIC HEAL YOUR BODY」ニール・ネイサン博士 第2章 感受性と毒性(またはその両方)の違い
...
ロバート・マローン博士 国際COVIDサミットなどについて|インタビュー
...
社会変革の心理学に向けて 社会変化の類型化
...
ジャック・ドーシー  スクエア 暗号通貨と人工知能 Lex Fridman Podcast #91
...
FLCCC I-MASK+プロトコルにおける栄養療法について
...
特別番組 ロバート・マローン博士のmRNA作成について
...
ジェイ・バッタカリヤ博士が語る「ワクチン義務化」「集団免疫」「COVID-19のゼロ化」が不可能な理由とは?
...
製薬会社の汚職と医療のモラルの危機
...
FLCCC Weekly Update 2021年10月13日 キース・バーコウィッツ博士とモビーン・シード博士とのロング・コヴィッド
...
The Epoc Times シャリ・マークソン 武漢ウイルス研究所の正体とCOVID-19の起源を暴く
...
神経性食欲不振症の新しい知見
...
Googleが言論の自由を検閲する方法トップ10
...
The Epoch Times スコット・アトラス博士、子供へのワクチン義務化、自然免疫、フロリダのCOVID-19急増について語る
...
The Epoch Times ウィキペディア共同創設者ラリー・サンガー ウィキペディアはなぜ失敗したのか、どうすればいいのか
...
グーグルが健康サイトの検閲を次のレベルに進めている
...
ワクチン関連まとめ
...
COVIDワクチンをめぐって 米国の予防接種研究者と話し合う(ロバート・マローン )
...
SARS-CoV-2ワクチン接種後の、現在および過去に月経のあった成人の大規模かつ多様なサンプルにおける月経出血の変化について
...
書籍「TOXIC HEAL YOUR BODY」ニール・ネイサン博士 序文・第1章 はじめに
...
Doctors for Covid 倫理シンポジウム – セッション3:First Do No Harm
...
書籍「TOXIC HEAL YOUR BODY」ニール・ネイサン博士 第3章 カビの毒性
...
イベルメクチンの熱狂的な研究は不正な研究に基づいている? アレクサンドロス・マリノス
...
メタアナリシス・フィクサーズ 第2部 公務員か中途半端なサボタージュか?
...
BBCがイベルメクチンを否定
...
看護研究のパラダイムとしての実証主義の冗長さ
...
費用対効果の高い医療 vs. 医工薬複合体
...
書籍「The Toxin Solution」 1. 毒素がもたらす健康被害
...
キャサリン・オースティン・フィッツが「ゴーイング・ダイレクト・リセット」「Mr.グローバル」「見えない武器」について語る
...
嘘、とんでもない嘘、そしてマーケティング:ある編集者の嘆き
...
Doctors for Covid コビッド倫理シンポジウム – セッション2:Going Direct Reset
...
あれから50年 ニュルンベルク綱領の意義とは
...
信じることのプロセス どこから来るのか?何のためにあるのか?
...
自然免疫とCOVID-19 雇用者、保健所職員、政治家と共有すべき29の科学的研究
...
良い木が悪い実をつけることがあるのか?産業界による医療研究への資金提供について
...
Doctors for Covid倫理シンポジウム – セッション1:偽りのパンデミック
...
なぜ多くの人がこの物語を信じているのか?
...
イベルメクチンか、モルヌピラビルか
...
パンデミックのヒーローたち COVID-19に関する反論の第一線で活躍する15人の医師や科学者を紹介
...
複雑な介入のリアリストRCTは矛盾している
...
コビッドの政治経済学
...
ReCODE: 認知機能低下の回復を目的とした個別化、標的化、多因子化の治療プログラム
...
私のリベラルな種族の堕落
...
COVID-19 病理医の視点で考えるべきポイント – ライアン・コール博士
...
専門家はなぜか左派の権威主義者を見落としていた
...
モルヌピラビルの異常な偽善
...
ワクチン・ノイローゼのカルト  「注射」はマントラとして報道される最新のストーリーに過ぎない
...
コビッド・クライシスに隠された知られざる意図
...
皇帝の新しい服:エビデンスに基づく医療の批判的評価
...
なぜ「憂慮すべき研究」がもっと行われていないのか?
...
合理性の多面性 合理性大論争の臨床的意思決定への含意
...
エビデンスに基づく医療はハイジャックされている:David Sackett氏への報告
...
エビデンスに基づく医療の進展:四半世紀を経て
...