新着記事

認知機能・認知症関連記事

新着記事 認知機能・認知症

中年期の牛乳摂取量と20年間の認知機能低下 コミュニティにおける動脈硬化リスク(ARIC)研究
Milk Intake at Midlife and Cognitive Decline over 20 Years. The Atherosclerosis Risk in Communities (ARIC) Stu...
ダイエット由来の脂肪酸、脳の炎症とメンタルヘルス
Diet-Derived Fatty Acids, Brain Inflammation, and Mental Health 西洋社会は、前世紀の間に食習慣の劇的な変化を経験した。現代の栄養プロファイルは、典型的...
有酸素運動と脂肪酸補給がグローバルおよび遺伝子特異的DNAメチル化に与える影響
Impact of aerobic exercise and fatty acid supplementation on global and gene-specific DNA methylation 概要 ...
ビタミンCと老化とアルツハイマー病
Vitamin C, Aging and Alzheimer’s Disease 要旨 加速された老化のマウスモデルの蓄積の証拠は早熟な老化のアスコルビン酸の救助の役割を示する。アスコルビン酸のサプリ...
人口神経科学 精密医療と集団の健康を提供する認知症疫学
Population Neuroscience: Dementia Epidemiology serving Precision Medicine and Population Health 要旨 ここ数十年...
ゴールドスタンダードの評価 RCTの歴史から得た教訓
Assessing the Gold Standard — Lessons from the History of RCTs 過去70年以上にわたり、無作為化比較試験(RCT)は医学の知識と実践を再構築していた。偏りを...
社会実験の障害と限界 15の誤報
Obstacles to and Limitations of Social Experiments: 15 False Alarms 要約 限られた税金や寄付者の資金を社会プログラムにどのように配分す...

人気記事(週間) 認知機能・認知症

ボーンブロスの効果と危険性について調べてみた
海外サプリメントメーカーの特徴(感想)
神経成長因子BDNFを増やす8つの戦略 その4(食事・サプリメント)
神経成長因子BDNFを増やす8つの戦略 その1(運動編)
グルタチオンを増やす8つの戦略
アルサプ認知症回復プログラム<標準>+タイプ別
グリシン(認知症・アルツハイマー)

コロナウイルス

新着記事 コロナウイルス

ニコチンアミドリボシド 研究の現状と治療への応用
Nicotinamide Riboside—The Current State of Research and Therapeutic Uses 要旨 ニコチンアミドリボシド(NR)は、体内のNAD+含有量の...
COVID-19は心臓に影響を与える可能性がある
COVID-19 can affect the heart 要旨 COVID-19は多様なメカニズムを持つ潜在的な心臓症状のスペクトルを持っている。 7 種類の既知のヒトコロナウイルスは、心臓ではな...
コロナウイルスとストレス:細胞からグローバルへ
Coronaviruses and stress: from cellular to global 要旨 2019年末近く、系統的に関連する新規の高伝染性コロナウイルスであるSARS-CoV-2が、致死的な結...
現在パンデミック中のCOVID-19に対する意見 機能性食品で免疫機能を高めよう
Opinions on the current pandemic of COVID-19: Use functional food to boost our immune functions ...
ヒトの免疫系 “老化 “の難問
The conundrum of human immune system “senescence” ハイライト ヒト免疫老化のバイオマーカーについて議論する。 縦断的な研...
COVID-19に対する免疫が開発される方法についての4つのシナリオ
Four scenarios on how we might develop immunity to Covid-19 世界がSARS-CoV-2ウイルスを抑制しようとすることに疲弊している中、私たちの...
COVID-19の短期および長期的な健康被害の可能性 迅速なレビュー
Short- and Potential Long-term Adverse Health Outcomes of COVID-19: A Rapid Review 要旨 コロナウイルス疾患2019(CO...

人気記事(週間)コロナウイルス

コロナウイルス感染回復後のウイルス感染後疲労(PVF)と ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)ガイダンス
マグネシウムサプリメント 各キレート加工の解説
COVID-19 グルタチオン
COVID-19 7フェーズ戦略(作業仮説)
COVID-19 キノコ成分/エルゴチオネイン
フラボノイドによる転写因子Nrf2の活性化によるSARS-CoV-2感染症の予防と重症化抑制への仮説的アプローチ
COVID-19 ウルソデオキシコール酸

総合 新着記事 トップ100

中年期の牛乳摂取量と20年間の認知機能低下 コミュニティにおける動脈硬化リスク(ARIC)研究
Milk Intake at Midlife and Cognitive Decline over 20 Years. The Atherosclerosis Risk in Communities (ARIC) Stu...
ダイエット由来の脂肪酸、脳の炎症とメンタルヘルス
Diet-Derived Fatty Acids, Brain Inflammation, and Mental Health 西洋社会は、前世紀の間に食習慣の劇的な変化を経験した。現代の栄養プロファイルは、典型的...
有酸素運動と脂肪酸補給がグローバルおよび遺伝子特異的DNAメチル化に与える影響
Impact of aerobic exercise and fatty acid supplementation on global and gene-specific DNA methylation 概要 ...
ビタミンCと老化とアルツハイマー病
Vitamin C, Aging and Alzheimer’s Disease 要旨 加速された老化のマウスモデルの蓄積の証拠は早熟な老化のアスコルビン酸の救助の役割を示する。アスコルビン酸のサプリ...
人口神経科学 精密医療と集団の健康を提供する認知症疫学
Population Neuroscience: Dementia Epidemiology serving Precision Medicine and Population Health 要旨 ここ数十年...
ゴールドスタンダードの評価 RCTの歴史から得た教訓
Assessing the Gold Standard — Lessons from the History of RCTs 過去70年以上にわたり、無作為化比較試験(RCT)は医学の知識と実践を再構築していた。偏りを...
社会実験の障害と限界 15の誤報
Obstacles to and Limitations of Social Experiments: 15 False Alarms 要約 限られた税金や寄付者の資金を社会プログラムにどのように配分す...
アルツハイマー病における認知と機能の進行 潜在クラスの予測モデル
Cognitive and functional progression in Alzheimer disease: A prediction model of latent classes 要旨 目的 我...
残留交絡効果の意義に関する検討
An Investigation of the Significance of Residual Confounding Effect 要旨 背景 健康研究では観察研究が一般的に行われている。しかし、無作為...
慢性的で修正可能な認知症の危険因子としての口腔衛生不良 文献のレビュー
Poor Oral Health as a Chronic, Potentially Modifiable Dementia Risk Factor: Review of the Literature 要旨 ...
ニコチンアミドリボシド 研究の現状と治療への応用
Nicotinamide Riboside—The Current State of Research and Therapeutic Uses 要旨 ニコチンアミドリボシド(NR)は、体内のNAD+含有量の...
アルツハイマー病のケトジェニックダイエット
Ketogenic Diet in Alzheimer’s Disease 要旨 現在、壊滅的な神経変性疾患であるアルツハイマー病の有病率が増加している。その根底にある病態のメカニズムは完全には解明されて...
食事性グルテンと神経変性 前臨床研究のための症例
Dietary Gluten and Neurodegeneration: A Case for Preclinical Studies 要旨 セリアック病(セリアック病)は主に腸管を侵す自己免疫疾患であるが...
中枢神経系におけるナイアシン 生物学的側面と臨床応用の最新情報
Niacin in the Central Nervous System: An Update of Biological Aspects and Clinical Applications 要旨 ナイア...
エルゴチオネイン(キノコ成分)の認知機能活性 研究者向け 認知症・パーキンソン病など
Ergothioneine-Cognitive-Vitality-For-Researchers Cognitive Vitality Reports®は、アルツハイマー病創薬財団(ADDF)の神経科学...
ビタミンB群と脳 メカニズム、用量、有効性のレビュー
B Vitamins and the Brain: Mechanisms, Dose and Efficacy—A Review 要旨 ビタミンB群は、8種類の水溶性ビタミンからなるグループで、細胞機能に不可...
COVID-19は心臓に影響を与える可能性がある
COVID-19 can affect the heart 要旨 COVID-19は多様なメカニズムを持つ潜在的な心臓症状のスペクトルを持っている。 7 種類の既知のヒトコロナウイルスは、心臓ではな...
A2ベータカゼインのみを含む牛乳とA1およびA2ベータカゼイン蛋白質を両方含む牛乳が従来の牛乳に対する自己申告による不耐性を持つ人の消化管生理、不快感の症状および認知行動に及ぼす影響
Effects of milk containing only A2 beta casein versus milk containing both A1 and A2 beta casein proteins on g...
認知機能低下の遅延に対するエキストラバージンオリーブオイル摂取の効果。セコイリドイド系オレオロイロペインの役割?
Effect Of An Extra-Virgin Olive Oil Intake On The Delay Of Cognitive Decline: Role Of Secoiridoid Oleuropein? ...
カロテノイド 加齢に伴う疾患の予防にはどのくらい効果があるのか?
Carotenoids: How Effective Are They to Prevent Age-Related Diseases? 要旨 人間の積極的な発達を示す平均寿命の増加にもかかわらず、新たな課題...
アルツハイマー病のバイオマーカーとしての末梢血BDNF(脳由来神経栄養因子) 方法論的なバイアスはあるか?
Peripheral Blood Brain-Derived Neurotrophic Factor as a Biomarker of Alzheimer’s Disease: Are There Methodolog...
ストレスによって誘発される神経の再編成 うつ病とアルツハイマー病をつなぐ概念的枠組み
Stress Induced Neural Reorganization: A Conceptual Framework Linking Depression and Alzheimer’s Disease ...
保護中: 「The End of Alzheimer’s Program」 第5章 火を消せ 何を食べてはいけないのか
このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
コロナウイルスとストレス:細胞からグローバルへ
Coronaviruses and stress: from cellular to global 要旨 2019年末近く、系統的に関連する新規の高伝染性コロナウイルスであるSARS-CoV-2が、致死的な結...
現在パンデミック中のCOVID-19に対する意見 機能性食品で免疫機能を高めよう
Opinions on the current pandemic of COVID-19: Use functional food to boost our immune functions ...
ヒトの免疫系 “老化 “の難問
The conundrum of human immune system “senescence” ハイライト ヒト免疫老化のバイオマーカーについて議論する。 縦断的な研...
アルツハイマー病患者におけるコリンエステラーゼ阻害薬の睡眠への効果:観察的前向き研究
The effect of cholinesterase inhibitors on sleep in the patients with Alzheimer’s disease: an observational pr...
逆説的有害薬物反応(奇異反応):フランスの報告の記述的分析
Paradoxical adverse drug reactions: descriptive analysis of French reports 要旨 はじめに 逆説的有害薬物反応(薬物有害反応)とは、薬物の薬...
コリンエステラーゼ阻害薬治療を受けている認知症患者における副作用のスクリーニング
Screening for Adverse Drug Reactions in Dementia Patients on Cholinesterase Inhibitor Therapy 認知症は、進行性の機能...
アルツハイマー病治療薬としてのコリンエステラーゼ阻害剤(レビュー)
Cholinesterase inhibitors as Alzheimer's therapeutics (Review) 要旨 アルツハイマー病は、認知症の中で最も一般的な形態の一つである。アルツハイ...
プレグネノロンで認知機能を高める LifeExtensionマガジン 
Life Extension Magazine Enhancing Cognitive Function with Pregnenolone 年齢とともにプレグネノロンのレベルが低下すると、認知障害、不安、抑うつ...
コリンエステラーゼ 毒と治療の境界線
CHOLINESTERASES AND THE FINE LINE BETWEEN POISON AND REMEDY 要旨 アセチルコリンエステラーゼ(AChE、EC 3.1.1.1.7)とブチリルコリンエ...
コラーゲン研究に使用されているコラーゲンの補給源と比較して信頼性の高い濃度のコラーゲン前駆体を提供することができそうにない骨ブロス(ボーンブロス)
Bone broth unlikely to provide reliable concentrations of collagen precursors compared to supplemental sources...
スルフォラファンはグルタチオンを増強し、脳内代謝物に影響を与える 臨床試験的研究
Sulforaphane Augments Glutathione and Influences Brain Metabolites in Human Subjects: A Clinical Pilot Study ...
ブロッコリーとスルフォラファン:重要なのはソースか用量か?
Broccoli or Sulforaphane: Is It the Source or Dose That Matters? 要旨 ブロッコリーの摂取による健康への有益な効果については、疫学的な証拠がある...
アルサプ認知症回復プログラム  検査パネル
はじめに 検査数値を目標にする! 検査値の改善を目指し、体感的な改善はおまけぐらいに考えたほうが良い。実感をあてにしたい気持ちはよくわかるが、感覚ではなく血液検査や認知機能テストなどの客観的指標にコミットしてほしい。...
リーキーガット?リーキーブレイン?
Leaky Gut, Leaky Brain? 抄録 セリアック病と長く関連している「リーキーガット」症候群は、近年注目を集めており、数十年前から補完・代替医療の世界では広く知られてた。腸管粘膜の透過性が増加し、...
COVID-19に対する免疫が開発される方法についての4つのシナリオ
Four scenarios on how we might develop immunity to Covid-19 世界がSARS-CoV-2ウイルスを抑制しようとすることに疲弊している中、私たちの...
動物の骨スープ(ボーンブロス)に含まれる必須金属と有害金属
Essential and toxic metals in animal bone broths 概要 背景 この調査では、動物の骨からブロスへの金属の抽出を調査し、骨ブロスが必須金属の良い供給源であるかど...
PreCODE(プリコード)認知症予防検査 概要と検査項目
PRECODE TEST PANEL INCLUDED AND OPTIONAL TESTS 予防と脳の最適化 PreCODEプログラムは、脳の健康を最適化し、認知機能の低下を予防したい方のためのプロ...
傾いた軸:不適応性炎症とHPA軸機能不全は外傷性脳損傷の結果に寄与する
A Tilted Axis: Maladaptive Inflammation and HPA Axis Dysfunction Contribute to Consequences of TBI 要旨 毎年...
ストレスが神経細胞構造に及ぼす影響 海馬、扁桃体、前頭前皮質
Stress Effects on Neuronal Structure: Hippocampus, Amygdala, and Prefrontal Cortex 要旨 海馬は、ストレスや脳の構造的・機能的...
COVID-19の短期および長期的な健康被害の可能性 迅速なレビュー
Short- and Potential Long-term Adverse Health Outcomes of COVID-19: A Rapid Review 要旨 コロナウイルス疾患2019(CO...
COVID-19における高血糖を制限し、サイトカインストームを防ぐための潜在的な治療オプションとしてのケトーシスの誘導
Induction of ketosis as a potential therapeutic option to limit hyperglycemia and prevent cytokine storm in CO...
2020年 アルツハイマー病の事実と数字
2020 Alzheimer's disease facts and figures 要旨 本稿では、アルツハイマー病(AD)の発生率と有病率、死亡率と罹患率、ケアの利用と費用、介護者と社会への全体的な影響など、...
ビタミンD 認知とアルツハイマー病 治療上の利点はDテールにある
Vitamin D, Cognition and Alzheimer’s Disease: The Therapeutic Benefit is in the D-Tails 要旨 ビタミンDは、1920年代初頭...
神経疾患におけるマグネシウムの役割
The Role of Magnesium in Neurological Disorders 要旨 マグネシウムは、人体内での多様な作用を持つことがよく知られている。神経学的な観点から見ると、マグネシウムは神経...
COVID-19感染はなぜ以前のコロナウイルス疫病におけるウイルス感染よりも効率的で攻撃的なのか?
Why COVID-19 Transmission Is More Efficient and Aggressive Than Viral Transmission in Previous Coronavirus Epi...
カプサイシンの摂取は、APP/PS1マウスの脳アミロイドβ生成を減少させ、アルツハイマー病型の病態と認知障害を減衰させる
Capsaicin consumption reduces brain amyloid-beta generation and attenuates Alzheimer’s disease-type pathology ...
アルツハイマー病に関する無作為化対照試験の外部妥当性 虚弱性と生物学的老化のバイアス
External Validity of Randomized Controlled Trials on Alzheimer’s Disease: The Biases of Frailty and Biological...
きのこを食べることで認知機能低下のリスクを減らすことができるかもしれない
Eating mushrooms may reduce the risk of cognitive decline 要約 シンガポール国立大学の研究者らは、標準的な量のキノコを週に2回以上摂取する高齢者は...
重金属曝露とアルツハイマー病および関連認知症
Heavy Metals Exposure and Alzheimer’s Disease and Related Dementias 要旨 アルツハイマー病と関連する認知症は、効果的な治療法や治療法がな...
神経変性疾患の再現性から翻訳へ
From Reproducibility to Translation in Neurodegenerative Disease  要旨 神経変性疾患に対する莫大な投資と前臨床試験の成功にもかかわらず、患者に...
COVID-19対策に役立つ身体活動と栄養のガイドライン
Physical activity and nutrition guidelines to help with the fight against COVID-19 概要 世界がコロナウイルス疾患のパンデミッ...
COVID-19が脳にダメージを与える方法
How COVID-19 can damage the brain コロナウイルスで病気になった人の中には神経症状を発症する人がいる。科学者達はその理由を理解するのに苦労している マイケル・マーシャル 小さ...
アルツハイマー病 実験モデルと現実
Alzheimer’s Disease: Experimental Models and Reality 要旨 アルツハイマー病の実験モデルは、病因のより良い理解を得るために、また、新しい治療法の可能性を評価する...
アルツハイマー病臨床試験デザインにおける隠れ変数問題
The hidden variables problem in Alzheimer's disease clinical trial design 要旨 アルツハイマー病は世界的な認知症の原因の第一位であり、学術...
COVID-19パンデミックで各国は撲滅を目指すべきか?
Should countries aim for elimination in the covid-19 pandemic? アンドリュー・リー(国際公衆衛生分野のリーダー)1,サイモン・ソーンリー(疫学者)2...
コロナウイルス長期不調組の不幸が続く
The lasting misery of coronavirus long-haulers SARS-CoV-2に感染してから数ヶ月が経過したが、いまだに「ロング・コービッド」の圧迫的な疲労、肺障害などの症状と闘...
COVID-19に対する身体活動のポジティブな効果に関与する分子機構
Molecular mechanisms involved in the positive effects of physical activity on coping with COVID-19 要旨 目的 ...
プロポリス SARS-CoV-2感染メカニズムとCOVID-19に対する可能性
Propolis and its potential against SARS-CoV-2 infection mechanisms and COVID-19 disease キーワード プロポリス、SARS-...
SARS-CoV-2病における骨代謝 骨免疫学とジェンダーへの影響の可能性
Bone Metabolism in SARS-CoV-2 Disease: Possible Osteoimmunology and Gender Implications 要旨 炎症性疾患は骨代謝に悪影響...
代謝を標的とした治療介入はSARS-COV-2を征服することに成功するか?科学的合理性
Can a metabolism-targeted therapeutic intervention successfully subjugate SARS-COV-2? A scientific rational ...
温熱療法はアルツハイマー病やパーキンソン病に効果的な治療法となりうるか?ナラティブレビュー
Could Heat Therapy Be an Effective Treatment for Alzheimer’s and Parkinson’s Diseases? A Narrative Review 要...
保護中: 「The End of Alzheimer’s Program」 第二部と第4章 KetoFLEXで認知力を高める 12/3
このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
慢性疲労症候群における認知パフォーマンスの障害は一般的であり、併存するうつ病とは関連していないが、自律神経機能障害と関連している
Impairments in cognitive performance in chronic fatigue syndrome are common, not related to co-morbid depressi...
高齢者の慢性便秘:消化器内科医のための入門書
Chronic constipation in the elderly: a primer for the gastroenterologist 要旨 便秘は、高齢者に多く報告されている腸の症状であり、生活の質や...
健康格差のある集団におけるCOVID-19の感受性 ミトコンドリア障害、社会経済的ストレス、汚染物質の関与が示唆される
Susceptibility to COVID‐19 in populations with health disparities: Posited involvement of mitochondrial disord...
検査値の「正常範囲」:それは正常でなければ範囲でもない
The normal range: it is not normal and it is not a range 要旨 NHS(英国保健医療局)の「Choose Wisely」キャンペーンでは、臨床医と患者の対話...
神経変性疾患のケトセラピューティック
Ketotherapeutics for neurodegenerative diseases 要旨 アルツハイマー病とパーキンソン病(PD)は、それぞれ、世界で最も普及している神経変性疾患であり、最も急速に...
アルツハイマー病患者における血清脳由来神経栄養因子(BDNF)レベルの低下 系統的レビューとメタアナリシス
Decreased Serum Brain-Derived Neurotrophic Factor (BDNF) Levels in Patients with Alzheimer’s Disease (AD): A S...
時間あたりのマグネシウム化合物(生体吸収率)タイムライン  どのマグネシウム化合物が最も効果的か?
Timeline (Bioavailability) of Magnesium Compounds in Hours: Which Magnesium Compound Works Best? 生物学的微量元素の研究 ...
亜鉛-L-カルノシンとその口腔粘膜炎、味覚障害、胃腸障害に対する効果のレビュー
A Review of Zinc-L-Carnosine and Its Positive Effects on Oral Mucositis, Taste Disorders, and Gastrointestinal...
保護中: 「The End of Alzheimer’s Program」第三章 人はドグマに噛みつく:学んだ教訓
このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
外傷性脳損傷 病態生理学と治療標的の可能性
Traumatic Brain Injuries: Pathophysiology and Potential Therapeutic Targets Si Yun Ng1,Alan Yiu Wah Lee1,...
アルツハイマー病におけるインスリン抵抗性
Insulin Resistance in Alzheimer's Disease 糖尿病、肥満、認知症の疫学的な関連性は、公衆衛生上の重要な課題であると同時に、これらの状態をさらに理解する機会でもある。この3...
血管性認知障害と認知症
Vascular Cognitive Impairment and Dementia JACC科学専門家パネル 要旨 加齢に伴う認知機能障害は、現代の公衆衛生上の主要な課題の一つとして浮上している。欧米ではアル...
アルサプ認知症回復プログラム <睡眠>
アルサプ 睡眠 睡眠の概要 邪魔する要因を取り除く 睡眠も同様に、まず睡眠を妨害をする要因を取り除く、そしてそれは、睡眠中の妨害要因だけではなく、一日全体の影響として考える。 光、食事、運動、サプリメント、投...
アルサプ認知症回復プログラム <運動>
アルサプ 運動・エクササイズ 概要 運動は朝の散歩から 朝空腹時の早足散歩&太陽浴は、うちの母だけでなく、他の方からもいくつか報告をもらっているが、敷居が低い割には、大きな効果が得られやすい(特にApoE4)のでお...
アルサプ認知症回復プログラム <食事>
脳機能低下を防ぐための食事方法 食事の概要 食事は引き算から 食事は、まず害のあるものを摂らないという基本原則を守る。サプリメントにできることは、栄養素の足し算であって、認知機能に害を与えるものを取り除くと...
臨床における早期発症アルツハイマー病と後期発症アルツハイマー病:3年間の認知的転帰とグローバル転帰
Early-versus Late-Onset Alzheimer Disease: Long-Term Functional Outcomes, Nursing Home Placement, and Risk Fac...
アルサプ認知症回復プログラム 改善しない場合
改善しない人が見落としがちな5つのケース 経得ているリコード法関連の情報から、そして経験的にもサプリメントを摂取しても改善が見られない場合、サプリメントに何が足りないかという問題ではなく、やはり検査を行っていないことと...
アルツハイマー病における幹細胞治療の現状と今後の展望
Current status and future prospects of stem cell therapy in Alzheimer’s disease 要旨 アルツハイマー病は一般的な進行性神経変性疾患で...
アルサプ認知症回復プログラム 摂取タイミング
認知症回復プログラム 案内 概要 標準 簡易 アルサプ ライフスタイル サプリメントの効果・副作用など サプリメント摂取と管理 ...
アルツハイマー病の現在と将来の治療 最新情報
Konstantina G Yiannopoulou1 and Sokratis G Papageorgiou2 要旨 アルツハイマー病(AD)の治療戦略は、まだ広範囲に及ぶ研究が行われている。現在では、...
 アルツハイマー病:疾患モデルを用いた表現型アプローチとタウタンパク質の標的化
要旨 はじめに 高リン酸化・凝集したタウタンパク質は、タウ症として知られる神経変性疾患の主要な特徴である。タウは微小管結合タンパク質であり、微小管の組み立てと安定化、適切な軸索輸送、神経細胞全体の完全性に重要な役割を...
リーキーガット ヒトにおけるメカニズム、測定、臨床的意義
The Leaky Gut: Mechanisms, Measurement and Clinical Implications in Humans マイケル・カミレリ、医学博士 要旨 臨床医向けの「リ...
リコード法 実践してもうまくいかない人のためのトラブルシューティング
トラブルシューティング/ 16の解決法 この記事の利用にあたっての注意 当記事の引用、全文コピー、転用などは一切禁止でお願いします。(部分的コピーの個人利用は皆さんの良識におまかせします) はじ...
若年性アルツハイマー病とそのバリエーション
Early-onset Alzheimer Disease and Its Variants マリオF.メンデス、MD、PhD、FAAN 要旨 レビューの目的 若年性アルツハイマー病は,65歳未満の発症年...
2型糖尿病とアルツハイマー病における脳内インスリン抵抗性:概念と難問
Brain insulin resistance in type 2 diabetes and Alzheimer disease: concepts and conundrums ゾーイ・アルバニタキス,2 シャ...
アルツハイマー病の光生物調節(PBM) 光は夜明けを迎えたか?
Photobiomodulation for Alzheimer’s Disease: Has the Light Dawned? マイケル・R・ハンブリン1、2、3 要旨 癌に次いで、アルツハイマー病...
加齢に伴う認知機能の低下とアルツハイマー病における生活習慣の修正と栄養的介入
Lifestyle Modifications and Nutritional Interventions in Aging-Associated Cognitive Decline and Alzheimer’s Di...
認知機能低下の逆転(ReCODE)試験(RECODE)
Reversal of Cognitive Decline (ReCODE) Study (RECODE) 本試験の安全性と科学的妥当性は、試験依頼者と治験責任医師の責任である。研究をリスト...
アルツハイマー病におけるデヒドロエピアンドロステロン(DHEA)とデヒドロエピアンドロステロン硫酸塩(DHEA-S) システマティックレビューとメタアナリシス
Dehydroepiandrosterone and Dehydroepiandrosterone Sulfate in Alzheimer's Disease: A Systematic Review and Meta...
デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)
Dehydroepiandrosterone (DHEA) サプリメントフォーム/別名 DHEA硫酸塩 主な提案用途 全身性エリテマトーデス その他の提案された用途 副腎不全;皮膚の老化;アルツハ...
記憶と神経・精神疾患におけるニューロステロイドの作用
Neurosteroid Actions in Memory and Neurologic/Neuropsychiatric Disorders Marcia H. Ratner、 Vidhya Kumares...
低出力レーザー治療(LLLT) 目と脳
Low-level light therapy of the eye and brain Julio C Rojas1、2,F Gonzalez-Lima1 要旨 赤色から近赤外の光エネルギーを利用した低レ...
若年性認知症とアルツハイマー型認知症の割合は米国の若年層で増加している
EARLY-ONSET DEMENTIA AND ALZHEIMER’S RATES GROW FOR YOUNGER AMERICANS 若年性アルツハイマー病の女性は、ソファの横の床に膝を抱えて座っている。 ...
筋萎縮性側索硬化症におけるTDP-43のミスフォールディングの分子機構と病態の解明
Molecular Mechanisms of TDP-43 Misfolding and Pathology in Amyotrophic Lateral Sclerosis Archana Prasad、† V...
個別化医療を用いた身体運動による認知症予防は可能か?
Physical Exercise as Personalized Medicine for Dementia Prevention? Patrick Müllers、 1 、 * Marco Taubert、...