タウ

統合医療・精密医療

アルツハイマー病の現在と将来の治療 最新情報

Konstantina G Yiannopoulou1 and Sokratis G Papageorgiou2 要旨 アルツハイマー病(AD)の治療戦略は、まだ広範囲に及ぶ研究が行われている。現在では、この病気のための対症療法のみが存在し、そのすべてが神経伝達物質の障害を相殺しようとしている。3 コリンエステラーゼ阻害剤...
タウ

 アルツハイマー病:疾患モデルを用いた表現型アプローチとタウタンパク質の標的化

要旨 はじめに 高リン酸化・凝集したタウタンパク質は、タウ症として知られる神経変性疾患の主要な特徴である。タウは微小管結合タンパク質であり、微小管の組み立てと安定化、適切な軸索輸送、神経細胞全体の完全性に重要な役割を果たしている。しかし、タウ症では、タウは翻訳後に異常な修飾を受け、正常な機能に根本的な影響を与える。このような壊滅的な疾...
36の発症因子

タウのメカニズム(認知症・神経変性疾患)

タウタンパク質の研究 キーワード:タウ、タウタングル、NFT、神経原線維変化、タウ蛋白、pタウ、リン酸化、アミロイドβ、タウ凝集、タウ蓄積、p-tau タウ標的 10つの治療アプローチ(認知症・アルツハイマー) 概要 アルツハイマー病におけるタウタンパク質の病態生理学的役割は、実はまだよく理解されていない。タウ凝集体の...
36の発症因子

軸索輸送障害を改善する7つのアプローチ(神経変性疾患)

軸索原形質輸送(認知症・アルツハイマー病) Improve axoplasmic transport 概要 軸索輸送とは 軸索輸送 軸索輸送とは、神経細胞の軸索の中で様々なものを運ぶ機能のこと。 微小管がレールの役割を果たし、キネシンやダイニンなどの分子モーターによって物質が運ばれる。 神経細胞に...
タウ

タウ標的 14の治療アプローチと95の治療方法(認知症・神経変性疾患)

タウオパチーへの神経保護アプローチ   タウのメカニズム 1. 過剰リン酸化タウの阻害 アルツハイマー病患者の脳にあるタウは、同年齢の健常者と比べて4~5倍高い。この増加分はすべてリン酸化されたタウ。 タウキナーゼとタウホスファターゼ不均衡を改善 キナーゼとホスファターゼとのバランスが崩れていることが、タウタンパク質の過剰なリン...
アミロイド

神経変性疾患プリオン仮説と10の治療候補

プリオンタンパク質とアルツハイマー病 ※ 概要 プリオン プリオンとはタンパク質でできた感染性因子。プリオン仮説によると異常に折り畳まれたタンパク質(ミスフォールディングプロテイン)が、DNAや核酸を介さず正常な構造のタンパク質を同様の異常構造に変えていくことで伝播する性質をもつ。 狂牛病やクロイツフェルト・ヤコブ病など...
36の発症因子

プロテインホスファターゼ2A(PP2A)を活性させる16の方法

PP2Aとアルツハイマー病   概要 細胞は、機能を維持するために細胞内をタンパク質のリン酸化と脱リン酸化反応を繰り返している。 リン酸化タンパク質へリン酸基を付加する酵素をプロテインキナーゼ(リン酸化酵素)と呼ぶ。 反対に、リン酸化タンパク質からリン酸基を脱離させる酵素をプロテインホスファターゼ(脱リン酸化酵素)と呼ぶ。 ...
36の発症因子

タウ・アミロイドβクリアランス 脳のアクアポリンAQP4

アクアポリン4(AQP4) アクアポリンとは アクアポリンとは、細胞膜への水の通過を調節するタンパク質。 水分子を高速で輸送する能力をもち、イオンチャネルの中でも最速、最大で秒間10億以上の水分子を輸送する。 H20は通過させるが、水素イオン(H+)は通さない、などといった特徴をもつ。 同定されているアクアポリン...