医学研究

筋萎縮性側索硬化症(ALS)

シアノバクテリアおよびシアノバクテリア由来の食品サプリメントに含まれる神経毒BMAAとその異性体アミノ酸

Neurotoxin BMAA and its isomeric amino acids in cyanobacteria and cyanobacteria-based food supplements 著者 Korina Manolidi, Theodoros M. Triantis, Triantafyllos Kaloud...
筋萎縮性側索硬化症(ALS)

ALSUntangled: エビデンス・テーブルの紹介

ALSUntangled: Introducing The Table of Evidence ALSUntangledグループ オンライン公開日:2014年12月27日 ALSUntangled ALS患者(PALS)は、インターネットで読んだ代替療法や適応外の治療法(AOT)を検討することが多い(1,2)。AOTに...
筋萎縮性側索硬化症(ALS)

筋萎縮性側索硬化症:臨床的レビュー

Amyotrophic lateral sclerosis: a clinical review オンラインで公開2020年7月7日 P. Masrori 1, 2, 3 and P. Van Dammec responsonding author 1, 2, 3 要旨 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、主に運動系に影響...
RCT

マスク、メカニズム、COVID-19:パンデミック政策立案における無作為化試験の限界

Masks, mechanisms and Covid-19: the limitations of randomized trials in pandemic policymaking オンラインで公開2021年3月25日 Seán M. Mullerccorresponding author 要旨 SARS-Cov...
RCT

ランダム化比較試験の理解と誤認

Understanding and misunderstanding randomized controlled trials 2018年8月 Angus Deaton Nancy Cartwrightde ハイライト 無作為化はどの単一の試験においても交絡因子のバランスをとることはできない。 偏りの...
認知症のリスク因子

携帯電話などの無線機器から放出される高周波による健康と福祉へのリスク

Risks to Health and Well-Being From Radio-Frequency Radiation Emitted by Cell Phones and Other Wireless Devices Anthony B. Miller,1,* Margaret E. Sears,2 L. Lloyd Morgan...
研究方法

公表されているメタアナリシスの結果の多くが誤りである理由

Why most published meta-analysis fndings are false B. Doleman1 - J. P. Williams1 - J. Lund1 Received: 2019年5月27日 / Accepted: 2019年6月17日 はじめに 物議を醸した論文「Why most publi...
RCT

無作為化比較試験における挑戦的な問題

Challenging issues in randomised controlled trials 2010年7月 概要 このトピックの目的は?無作為化比較試験(RCT)は、治療と結果の間に因果関係が存在するかどうかを判断する最も厳密な方法であり、現在の臨床実践を導く証拠の階層に不可欠な要素である。RCTを成功...
ホルモン・神経栄養因子

アルツハイマー病における神経炎症とニューロン新生、およびその治療法の可能性

Neuroinflammation and Neurogenesis in Alzheimer’s Disease and Potential Therapeutic Approaches オンラインで公開2020年1月21日 概要 成人の脳では、脳室下帯や歯状回で新しい神経細胞が成人になってからも生成される。成体神経発生の調節...
統合医療・精密医療

エビデンスに基づく医療と個別化医療は共存できるか?

Can Evidence-Based Medicine and Personalized Medicine Coexist? ファーストオンライン:2020年7月1日 概要 エビデンスに基づく医療(EBM)とは,入手可能な最善のエビデンスに基づき,臨床の専門知識や患者の価値観と組み合わせて医療介入を行うことを目的とした医...