書籍:超高用量メラトニン 奇跡のアンチエイジングホルモン
抗アルツハイマー病ホルモン・抗加齢ホルモン・更年期障害逆転ホルモン

ステロイドホルモンメラトニン認知症 予防と治療

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Extreme Dose! Melatonin The Miracle Anti-Aging Hormone Anti-Alzheimer’s Hormone Anti-Baldness Hormone Menopause Reversal Hormone

ジェフ・T・ボウルズ

((この本の前のバージョンのタイトルは))アルツハイマー病の治療法 実際に効果があったもの

小さな研究では実際に効果があったが テストされることはなく医者からも大手製薬会社からも聞けない。なぜなら、それらは特許がなく、収益性がなく、簡単に手に入るからである。

目次

  • 序文(読み飛ばさないでね)
  • 第1章 理論の基礎
  • 第2章 アルツハイマー病にルプロンを。 物語の背景にあるもの
  • 第3章 アルツハイマー型認知症の治療法 男性にも女性にも効くもの
  • 第4章 アルツハイマー型認知症に医薬品?
  • 第5章 もっと効くアルツハイマーの治療レジメン
  • 第6章 メラトニン
  • 第7章 老化の起源。進化、細胞、植物、動物-ホルモンの影響
  • 第8章 カロリー…そして水分制限のアンチエイジング効果
  • 第9章 LHがアルツハイマー病を引き起こす–理論の歴史
  • 老化の進化:生物学の古い問題に対する新しいアプローチ。
  • NIHニュース ADの背後にLHの上昇を示唆する新しい論文
  • 付録
  • 付録A:メラトニン投与によるステロイドホルモンの分泌量の変化
  • 付録B:アルツハイマー型認知症の二人の双子
  • 付録C:アルツハイマー型認知症-臨床病期
  • 付録D:喫煙はアルツハイマー病を予防する
  • 付録E:アリセプトとナメンダは本当にアルツハイマー病の症状を改善するのか?
  • 付録F:ボイジャー製薬のプレスリリース
  • 付録G:ボイジャー社のアルツハイマー病に対する治療アプローチ
  • 付録H:ルプロン-医薬品の概要
  • 付録I プレグネノロン 健常者における硫酸プレグネノロンおよびテストステロンに関連したエピテストステロンの性および加齢による変化
  • 付録J:ビタミンDがアルツハイマー病のアミロイド斑の除去にどのように役立つかを科学者が突き止める
  • 付録K:アルツハイマー型認知症の定説を覆す新事実
  • 書籍概要
  • 著者について

まえがき(読み飛ばし厳禁)

手短に書こう。本書の最初のバージョンは、主にアルツハイマー病、プロゲステロン、メラトニンについて書かれていた。しかし、アンチエイジングとスマートドラッグの専門家として知られるワード・ディーン医学博士による編集を含め、多くの編集を経た。本書はより良い本となり、冒頭ではまだアルツハイマーにかなり焦点を当てているが、今では大量メラトニン投与によって得られるかもしれない驚くべき結果について学ぶのに最適な本となっている。

本書の初版が出版された後、メラトニンを摂取することで更年期障害の発症を逆転させることができた女性がいることが著者の知るところとなった。タイトルにもあるが、本書ではこれ以上触れず、以下の研究を読んでいただきたい。

メラトニンと更年期-最新の研究

イタリアのローマにあるマドンナ・デル・グラツィエ健康研究所のメノポーズ・センターが行った6カ月間の研究で、眠気を誘うホルモンであるメラトニンの夜間分泌と更年期障害の間に明確な関係があることが明らかになった。

42歳から62歳までの女性被験者に、毎晩メラトニンのサプリメントかプラセボを6カ月間投与した。被験者は更年期障害で月経周期がずれているか、閉経後で月経周期が完全に止まっているかのどちらかであった。

この6カ月間の研究で驚くべきことが起こった。毎日メラトニンのサプリメントを摂取した被験者たちは、月経周期を再開したのである。そう、閉経後の女性でさえ、月経周期を取り戻したのである。

うつ病、睡眠障害、ほてり、疲労感、集中力低下、食欲不振、不安や抑うつに関連した震えなど、一般的に更年期障害に関連する症状は、顕著に回復または改善された。

天然ホルモンのレベルは若々しいレベルに回復し、メラトニンを投与された女性は再び妊娠可能となった。

もう一つ付け加えておくと、私の友人たちのメラトニン大量摂取実験では、メラトニンを摂取した後に2人が帯状疱疹を発症した。私が今知っているところでは、これらの発症は驚くほど軽度で非常に小さく、それぞれ半ドル大の小さなにじみ出るようなぶつぶつの円ほどの大きさで、帯状疱疹ワクチンのテレビコマーシャルで見るようなひどい帯状疱疹ほど怖いものではなかった。このことを覚えておいてほしい。

はじめに

15年前の1997年、アルツハイマー病の原因や治療法について斬新で説得力のある仮説を初めて立てたときに、この本を書かなかったことをお詫びしたい。なぜ私はこの情報を長い間放置していたのか?その経緯を少し説明しよう。

私は個人的に、アルツハイマー病が偉大な精神にもたらす犠牲を目の当たりにしてきた。私の祖父は60代で、弁護士、不動産投資家、政治家として高い評価を受けていたときにアルツハイマー病にかかった。発症当初は、ウインカーを点灯したまま運転を続けていた。彼は窓の外を眺めながら、餌をやりたい鳥の話をし、その鳥のことをシッポと呼んでいた。夜中に起きて興奮し、祖母をイライラさせた。ついに祖母は老人ホームに預けられた。私が14歳のときに面会に行ったとき、彼は車椅子に座ったままで、頭を上げることもできず、話すこともできず、よだれをたくさん垂らしていたのを覚えている。ひどい顔だった!そんな姿を見てから間もなく、肺炎で亡くなった。おそらく治療しないことにしたのだろう。

1997年といえば、私が初めて、加齢によってヒト黄体形成ホルモン(LH)が劇的に増加すること(最大1,000数パーセント)がアルツハイマー病の原因であると理論化した年である。

当時、これは非常に急進的な考えで、正気であろうと狂気であろうと、活字になったこともなければ、言及されたことさえなかった!つまり、黄体形成ホルモン(LH)は性関連組織にのみ影響を与え、制御し、作用するホルモンだと思われていたのだ。

1997年6月までに、私はこのクレイジーな考えを述べた理論論文を完成させ、英国の学術誌『Medical Hypotheses』に受理され、1998年9月に印刷された。当時はまだこの理論はかなり推測的なものだったが、少しずつ裏付けとなる事実が入り始めた。

私の論文が発表された約1年後、LHレセプターは性組織だけでなく、体中(そして脳内)で発見された。その約1年後には、メイヨークリニックがアルツハイマー病患者の解剖脳からLHが検出され、その濃度は脳の最も損傷した部分に集中していることを発見した。

ちょうど昨年、NIH(保守的なアメリカ政府が運営する国立衛生研究所)の科学者が発表した論文によると、彼(ら)は現在、LHがアルツハイマーを引き起こすという前提は正しいと信じている!私がLHの考えを話したとき、アルツハイマー病の研究者たちから嘲笑されたのとは大違いだ。

ノースウェスタン大学のある研究者は、非常に複雑なアミロイド・ベータのポスターを前にして、私にこう言った。しかしそれは、多くの科学者に馴染みのないアイデアを提案するときの典型的な行動である。私の経験では、科学者と自閉症児との付き合い方に大きな違いはない。

科学者は自閉症児とどう似ているのか?両者にはたいてい次のような特徴がある:

  • 社会的に不器用である。
  • 特異な興味を持ち、それに集中する。
  • 通常、衒学的である(他人を訂正したり、トピックに関する詳細な知識を示したりするのが好きである)。
  • 繰り返しや同じことを好む(そのため、特に創造的ではない)
  • 家具の配置を変えられるとひどく怒る

別の研究者は、私の提案で私の論文を読んだ後、その中で提示されたすべてのアイデアについて正確には分からなかったが、彼の最初の意見は、もしそれが科学論文ではなく絵画だったら、ジャクソン・ポロックとは対照的に、彼の孫娘が作ったようなものに思えたと言った。進化論で有名な教授たちから、「残念ながら、あなたは進化の仕組みを理解していない」というような内容で始まる返事をもらったことが何度かある。

以前は腹が立って、彼らがいかに間違っているかを説き伏せたものだが、今はただ笑ってしまう。主流派の科学者たちは、いくら証拠を突きつけても、新しいことを納得できないのだ。だから私はもう科学者のために論文を書くことはない。私が提示する事実や理論を公正に評価できるかもしれない人々のためだけに論文を書くのだ。今日主流のプロの科学者たちは、自分たちの信念を変えるようなことがあれば、最後には受け入れないだろう。科学と医学の進歩がカタツムリのような速さで進み、無数の苦しむ人間がそれを待ち望んでいるのだから。本書では、医学、進化学、生物学、科学の各コミュニティ全体が、いかに自らを律し、自らを強化する論理の枠に囚われているか、そのために、今日なら「枠外」と見なされるような、適切でシンプルな老化病の治療法を思いつくことができないでいるのかについて論じる。論理のルールに違反することなく、箱から出る方法も説明する。

第1章 理論の基礎

AI 要約

  1. 黄体形成ホルモン(LH)は巨大なホルモンであり、女性では卵子の放出を促し、男性では精子の生産を促進する。
  2. 著者は、LHとFSH(卵胞刺激ホルモン)が40歳を過ぎると増加し、老化の主な原因となっているという理論を提唱した。
  3. 加齢に伴い、メラトニンやDHEAなどの「善玉ホルモン」が減少し、LHやFSHなどの「悪玉ホルモン」が増加する。
  4. 著者は、cGMP刺激ホルモンは癌と関連が少なく、cAMP刺激ホルモンは様々な癌と関連していると考えている。
  5. 喫煙やイブプロフェンの使用がLHを低下させ、アルツハイマー病の発症率を下げることを示唆する研究があった。
  6. 著者は1997年に、LHがアルツハイマー病を引き起こす可能性が高いと論文で述べたが、当時は理論の正しさに確信が持てず本の出版には至らなかった。
  7. 電子書籍の登場で、著者はようやくこの理論を広く伝えることが可能になったが、科学界や製薬会社の反応は期待外れだった。

黄体形成ホルモン(LH)は巨大なホルモンである。テストステロンが1モルあたりわずか288グラムであるのに対し、LHは1分子あたり28,000グラムもある。(モルとは何か?炭素12グラム(初期の科学者が標準単位として無作為に選んだ)に含まれる分子(この場合は原子)の数である。つまり、LHはテストステロンやエストロゲンの分子の100倍、炭素原子の約1400倍の大きさ・重さなのだ!LHホルモンは2つの部分(アルファユニットとベータユニット)から成り、大きさはほぼ等しい。LHホルモンで唯一ユニークなのはベータユニットだけである。LHのアルファユニットは、他の大きなホルモン分子であるFSH(卵胞刺激ホルモン)、TSH(甲状腺刺激ホルモン)、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)のアルファユニットと同じである(ホルモン分子が大きくなればなるほど、受容体も大きくならざるを得ず、それには時間がかかる)。とにかく、これは情報が多すぎる!重要なことに戻ろう–単純なことだ。

従来の見解では、女性の場合、毎月のLHの急上昇が、卵胞の壁を弱めるプロスタグランジンとタンパク質分解酵素の産生を誘発することによって、卵子を含む卵胞の溶解を促すとされている。卵胞は基本的に、卵子を内包したニキビであり、大きくなり始め、やがて破裂する。(LHはまた、破裂した卵胞の残骸を刺激して、「黄体」と呼ばれる小さなホルモン産生腺を形成させ、卵胞が破裂した後にさまざまなホルモン(たくさんのプロゲステロンを含む–これは後で重要になる)を分泌させる)。卵胞が破裂すると、卵子は卵管に放出され、そこで受精する。私たちの目的にとってLHの重要な働きは、最初にこのプロセスにおける組織の破壊を促すことである。

男性の場合、LHは精巣を刺激してテストステロンを分泌させ、男性の生殖能力と精子の生産を促進する中心的な役割を果たす。(私は、LHが発育中の精子を収容している組織を食い破り、精子を放出させるのではないかと推測している。しかし、LHのこの機能[が存在するとすれば]は、おそらくしばらくは発見されないだろうと推測している)。LHの増加はまた、幼年期の男性と女性の両方において、思春期の引き金と推進に関与している。

若い頃は体によく、性組織にしか作用しない性ホルモンが、年をとると脳を攻撃する殺人ホルモンになるなんて、どうしてそんなおかしなことを思いついたのだろう?すべては、ヒトの老化の進化的目的と生化学的/ホルミシス学的基礎に関して、私が15年間独自に行ってきた研究をまとめた論文を書いたことから始まった。(本当に独立していた!私は自分以外の誰のためにも働かなかった。私の目標は、老化の謎に答えることだった。私はそれを無償で、ホットリードのときは1日12時間、多いときは週7日、何年も続けた)。

私は何年もの間、手に入る限りの老化に関するあらゆるものを、あらゆる情報源から学び、老化に関する統一理論を洗練させてきた。そして1997年初頭、私はついに人間の老化の原因のほとんどを、2つの性関連ホルモン–FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)–に求めることができた。これらのホルモンは、男女ともに40歳を過ぎると劇的に増加する(そして免疫活性や生理活性が高まり、消滅するのに時間がかかるようになる)。ウラジミール・ディルマンとウォード・ディーン著『老化と変性疾患の神経内分泌理論』である。表紙はいささか非科学的に見えるが、この本は間違いなく良い資料だ。まさに「表紙で本を判断してはいけない!」ケースである。その証拠に、男女ともに40歳を過ぎるとLHとFSHが急激に増加する。ディルマンとディーンは、LHとFSHの上昇は、ホルモンによる負のフィードバック抑制に対する感受性の低下によるものであり、このプロセスは発育と老化の両方に関与していると説明した。ホルモン受容体感受性の変化は、生涯を通じて様々なホルモンが長期的に増加する原因であり、その結果、最終的には、肥満、高血圧、糖尿病、心血管疾患、免疫機能障害、うつ病、がんなど、加齢に伴う疾患のほとんどを引き起こすホルモン状態になるという。

(肥満、高血圧、うつ病、糖尿病を含まず、ビタミンD3欠乏(日光不足)に関連した症候群に追いやるもので、私はこれをヒト冬眠症候群と呼び、ビタミンD3について書いた本の中で詳しく述べている。老化のホルモン説のどちらのバージョンが最も正しいかは、時間が解決してくれるだろう)。

うつ病、高血圧、糖尿病、肥満といったこれらの「冬眠」疾患は、ディルマンが理論を考案した当時、主として高齢の老齢成人に見られたものであったことを考えると、これらを老化のカテゴリーに加えることは確かに論理的であった。しかし、1955年にディルマンの理論が発表されて以来、米国では1980年代にビタミンD3の大量欠乏実験が行われ、医師が日焼けを避け、日焼け止めを使用するように警告を発した。それ以来、肥満、高血圧、さらには2型糖尿病が子どもたちの間で急増している。

(心臓病もまた、人間の冬眠症候群(食事中のビタミンK2の季節変動に関連しているのかもしれない。もしかしたら、心臓病は両方のカテゴリーに属するのかもしれない)

ディーン博士とディルマン博士に公平を期すなら、加齢に伴い、日光からビタミンD3を作る皮膚の能力が劇的に低下することを考えると、ヒトの冬眠症候群/ビタミンD3欠乏説は、加齢のホルモン説と融合させることができる。従って、加齢に伴うビタミンD3欠乏は、全体的な老化プロセスの一部であると言っても正当化されるかもしれない…本論に戻る-。

彼らの理論では、「善玉」ホルモンは加齢とともに減少すると説明されている。メラトニンのような「善玉」ホルモンが減少すると、LHやFSHのような「悪玉」ホルモンが増加するからである。ディルマンは重要な事実をすべて正しく理解していたが、アルツハイマー病、骨粗しょう症、そして聴力や視力の低下、サルコペニア(筋肉の衰え)、関節炎、関節破壊、認知症など、老化に伴う体組織の萎縮を伴う他の多くの症状に関して、彼の理論を正しく完成させることができたであろう、ある重要な側面を見逃していた。ディルマンとディーンは、LHとFSHが老化を促進する。「悪い」ホルモンであるという自分たちの理論を完成させる証拠を目の前にしていたのである!LHとFSHのレベルを年齢別に調べたグラフがある:

LHとFSHの大幅な上昇に加え、hCGも40歳を過ぎると男女ともに大幅に上昇する(LHと構造的に非常に似ている)。生殖に関する限り、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)は女性の子宮に卵子の着床に備えさせ、着床を維持させる。これがなければ妊娠はありえない。ハーバード大学のダナ・ファーバーがんセンターで話を聞いた科学者のように)男性もhCGを分泌していることを知らない科学者もいる。私はある学会の夕食会で、男性にもhCGが作られていることに賭けてみた。彼は「とんでもない。「私はダナファーバーがんセンターから来たんだ」と自慢した。彼は賭けに負けた。hCGはLHとほとんど同じで、LHレセプターにくっつくことができる。実際、LH-CGレセプターと呼ばれている。

私はようやく、私の予想通り、男女とも40歳を過ぎるとhCGレベルが平均で約500%劇的に上昇することを示す、ある無名の研究を見つけた。このことは、ダイエット目的でhCGを使用する人々や、テストステロン産生を高めるためにhCGを使用するアスリート(例:hCG使用で50試合の出場停止処分を受けたマニー・ラミレス)にとっては懸念すべきことである。ヒト絨毛性ゴナドトロピンはまた、細胞の分化/増殖に関与し、アポトーシス(別名、細胞の自殺)を活性化する可能性がある。

私はまた、人間の老化には、40歳を過ぎるといわゆる「善玉ホルモン」が劇的に減少することも発見した。DHEA、メラトニン、プレグネノロン、成長ホルモン、プロゲステロン(男性では70歳以降、女性では35歳以降)、そして男女のテストステロン、女性のエストロゲンである。エストロゲン/エストラジオールは、男女ともに老化に良い影響も悪い影響も及ぼし、cAMP刺激ホルモンでもある(下記参照)。ビタミンD3(実際はホルモンで、日光が皮膚に当たると作られる)の減少も、加齢とともに減少する善玉ホルモンのリストに載っている。なぜか?年をとるにつれて、皮膚のビタミンD3生成能力が劇的に低下するからである。

女性の年齢別プロゲステロンレベル-男性のグラフは見当たらない。

(より高度な生化学的アイデアに興味がある人のために補足しておくと、「良い」ホルモンはすべて受容体に結合し、サイクリックGMP(cGMP)の放出を刺激するが、「悪い」ホルモンはすべて受容体を刺激し、サイクリックAMP(cAMP)の放出を引き起こす。また、Pub Medのデータベースを検索してみると、cGMP刺激ホルモンと癌を比較した場合、cGMP刺激ホルモンが癌の発生に関与しているという証拠はほとんどない一方で、ほとんどすべてのcAMP刺激ホルモン(FSHを除く)が様々な癌と関連していることがわかった。cGMPとcAMPはセカンドメッセンジャーとして知られている。ホルモンが細胞上のホルモン受容体にヒットすると、DNAに実際に何をすべきかを伝える2ndメッセージが誘発される。また、cAMPのAはDNAのGCATのAと同じであり、cGMPのGも同じである。私は論文で、cGMP経路は抗酸化シグナル伝達経路であり、cAMPはフリーラジカルシグナル伝達経路であると理論化した)。

1997年に黄体形成ホルモン(LH)について研究していたとき、2つの興味深い研究に出くわした。ひとつは、タバコの喫煙がLHの低下を引き起こすというものだった。もう1つは、イブプロフェンの慢性的な使用者でもLHが低下することを示した研究である。私はタバコの喫煙とイブプロフェンの使用がアルツハイマー病の発症率を低下させるという研究結果も目にしていたからだ!私は、LHがアルツハイマー病を引き起こした可能性が高いという項目で論文を締めくくった。

それどころか、フィンランド人の中年期における多量の喫煙がアルツハイマー病のリスクを高めることを示唆する研究もいくつかあり、多くの報道がなされた。人間のような多様な集団において、一つのホルモンに一つの影響を与えようとするとき、完全に単純なものはないように思われる。フィンランド人は日照不足のためにビタミンD3濃度が低く、喫煙と相まってADにつながる可能性がある。多くの交絡変数があるため、必要なければ単一の「異常値」研究にこだわらない方がよい。いずれにせよ、大半の研究は、喫煙がパーキンソン病と同様にアルツハイマー病を予防することを示唆している。

LHがどのようにアルツハイマーを引き起こすかについては、私の論文『老化の進化』に書かれている: この論文は1998年9月にイギリスの学術誌『Medical Hypotheses』に掲載された。

1998年といえば、私がアルツハイマー病の本を書ける最も早い時期であった。しかし、私の理論が正しいという確信がなかったので、そのようなことはできなかった。また、1997年から8年当時は、本を出版するのはかなり難しかった。無名の著者に賭けてくれる出版社を見つけなければならなかったからだ。

電子書籍出版が発明されたことで、その方程式は完全に変わり、私はこの重要なメッセージを素早く、効率的に、そして安価に皆さんに届けることができるようになった。では、なぜ私は2000年から今までこの本を書かなかったのか?それは全く別の話で、後で触れることにする。しかし今言えることは、私は科学界と大手製薬会社がボールを奪って走り出すのを待っていたということだ。その代わりに、ボールはひどくファンブルされた。

第2章 アルツハイマー病のためのルプロン

AI 要約

  1. 著者は、アルツハイマー病(AD)の最も有望な治療法は、黄体形成ホルモン(LH)を抑制することだと提唱している。
  2. ボイジャー社が実施した第II相臨床試験では、LHを抑制する酢酸リュープロリド(商品名ルプロン)を投与された女性ADの進行が完全に止まったが、男性では効果がなかった。
  3. この研究結果は過小評価され、ボイジャー社は経営面での問題から、研究を進めることができなかった。
  4. ルプロンは特許切れが近く、大手製薬会社はAD治療で利益を上げられないため、さらなる研究を行わないと著者は予想している。
  5. 著者は、メラトニン、プレグネノロン、DHEA、プロゲステロンの高用量投与をルプロンの代替治療法として提案している。
  6. ルプロンには重篤な副作用の可能性があり、使用前に医師に相談する必要がある。

物語の背景にあるもの

私は、人類とその歴史の中で最も有望なアルツハイマー病の治療法に至るまでのすべての事実と理論を並べることを一旦中断し、今の私の研究に基づいて、最も可能性の高い最高のアルツハイマー病の治療法をお伝えする。その後、事実、理論、証拠を並べることに戻り、全体像を把握することができる。

肝心の事実はというと

  • 1. LHがアルツハイマー病を引き起こすという証拠は、1998年以降、劇的に増加している。
  • 2. アルツハイマー病の最も有望な治療法は、LHを抑制することである。

この情報があれば、アルツハイマーを阻止するのに必要な情報はすべて手に入るはずである。しかし、この方法にはちょっとした問題がある。

LHを抑制すると、女性ではアルツハイマー病の進行が止まるが、男性では止まらないという小さな研究がある。この研究では、実験グループと対照グループの両方に、アルツハイマー病の治療薬として一般的に処方されている、アリセプト、ラザダイン、エクセロン、コグネックスなどのアセチル-コリンエステラーゼ阻害薬を投与した。低下した対照群にはアセチル-コリンエステラーゼ阻害剤だけが投与され、低下しなかった実験群にはアセチル-コリンエステラーゼ阻害剤と高用量のルプロン(別名酢酸リュープロリド)-LHを抑制する合成ゴナドトロピン阻害剤-が投与された。

これは本当だろうか?LHを抑制することで、女性のADの進行を止めることができると証明されたことがあるのだろうか?アルツハイマー病分野のほとんどの科学者や大手製薬会社の関係者に尋ねれば、「いいえ、男性であれ女性であれ、アルツハイマー病の進行を止める治療法はこれまで考案されていません」と答えるだろう。

しかし、先ほどの女性を対象とした小規模な第II相臨床試験で、アルツハイマー病が完全に進行しなくなったという結果を知らないか、信用していないのである。つまり、この質問に対する嬉しい答えは、YES–LH抑制は女性のADを止めた、ということになる。というのも、この研究は、私が「まともな射撃ができないギャング」と呼んでいる科学者たち、別名ボイジャー・ファーマシューティカルズによって行われたからである。彼らは、家具の配置換えを嫌う半自閉的な科学者たちによって簡単に却下された。

今述べた小さな研究は、全く過小評価されている、あるいは報告されていない研究である。それは、市販薬の酢酸リュープロリド(商品名ルプロン)で6カ月にわたって女性のLHを抑制すると、軽度のADの女性約54人の減少が完全に止まったというものである。2004年、ボイジャー・ファーマシューティカルズという小さな新興企業が出資/運営した第II相試験で、女性たちにこの薬が投与された。前述したように、ルプロン注射を受けなかった54人のAD女性は、衰えを続けた。どちらのグループも、従来のアルツハイマー病治療薬を使用していた。以下はそのグラフである。

このサブグループ解析では、高用量の酢酸リュープロリドとACIを投与された群のADAS-Cogスコアの平均は第48週でベースラインから0.18点悪化したのに対し、プラセボとACIを投与された群の平均は3.30点悪化した。この差のp値は未調整で0.026、調整後で0.078であった。以下のグラフはADAS-Cogスコアのサブグループ解析の結果を示している:

ALADDIN I-Phase II試験

ADAS-Cogスコア(intent-to-treat解析)

ACI+高用量Leuprolide Acetate vs ACI+プラセボ

これは多くの人にとって大きなニュースであり、元ウィスコンシン州知事でジョージ・ブッシュの元保健福祉長官であるトミー・トンプソン、マイケル・レーガン(ロナルド・レーガンの息子で米国で最も有名なアルツハイマー病患者)、シェルドン・ゴールドバーグ(かつて米国アルツハイマー病協会の会長)らがボイジャー・ファーマシューティカルズの役員に加わった。ボイジャーは、グーグルを上場させたのと同じ投資銀行家を起用し、投資家から1億ドルの資金調達を申請した。彼らはすでに個人投資家グループから調達した5000万ドルを使い果たしていた。ボイジャーの共同創業者であり、AD治療薬ルプロンの「発見者」であるリチャード・ボーエン博士が、社内の多くの人が神経衰弱と呼ぶような状態に陥るまでは、すべてが順調だった。IPOが棚上げされた数ヵ月後、AD男性患者を対象としたルプロンの第II相試験で、ルプロンは男性のADの進行を止めないことが示された!オッ!」である。

IPOが中止され、ボーエン博士がボイジャーから追い出された後、ボイジャーは足踏み状態になり、今こうしている間にもほとんど死に体である。ボイジャーは最近、社名をキュラキシスに変更し、旧経営陣の残党をすべて解雇して論争を忘れ去ろうとしている。また、上場するために倒産した(しかし上場している)銘柄と逆さ合併もした。しかし今日現在、Curaxisの株式は1株わずか2セントで取引されている。再び1.5ドルに戻ることがあれば、私は5000ドル分を持っている!ボイジャー/キュラクシスはいかにして私を騙し続けるのか!ヤフー・グループにアクセスし、VYGRと入力すれば、このクレイジーな事件の一部始終を読むことができる。ヤフーグループのVYGRは、現在は閉鎖されているが、基本的には、ルプロンがアルツハイマー病を止めることを発見した当初は、男性の前立腺がん患者をモニターしていたという会社の不手際と「不運」によって、5000万ドルの創業資金を失ったボイジャーの投資家たちのための「愚痴と不満」のグループだった(男性には効かないはずだ!)。

ボイジャーがルプロンを発明したわけではないので、彼らが利益を上げる唯一の望みは、アルツハイマー病の治療薬としてルプロンの使用特許を取得することだった。使用特許を取れば、他の人がアルツハイマー病の治療にルプロンを使うのを防ぐことができる。私が言ったように、施行するのは難しい–人が窒息するのを防ぐために空気の特許を取るようなものだ。ボイジャーが女性のアルツハイマー病の治療薬と思われるものを手に入れたとしても、彼らはその薬を発明したわけではないので、そこから利益を上げることはほとんど不可能であることがいずれわかるだろう。実際、ボイジャーはデュレクト・ファーマシューティカルズという会社に、皮膚の下に埋め込み、数ヶ月にわたって一定量を投与する酢酸リュープロリド・インプラント(Memryte)を作らせた。しかし、それ以外には、患者がジェネリックのルプロンを購入して使用し、ボイジャー社にロイヤリティを支払わないようにするための真の保護策は何もない。したがって、この薬が大手製薬会社によって再び研究されることはないだろう。ルプロンと同様の薬は20年以上前から販売されており、ルプロンは2015年に特許が切れる予定である。今はかなり高価だ。カナダでは通常用量で年間約1,800ドルで安く購入できるが、ボイジャーは第II相試験で「高用量」のルプロン注射を使用していたことを覚えておいてほしい。大手製薬会社は、アルツハイマー病で儲けられないのであれば、そんなことはどうでもよいのだ!

というわけで、女性のアルツハイマー病に対する優れた治療法が存在するにもかかわらず、一般に知られることがないのは、小さな製薬会社がどんな困難にもかかわらず、まだそれで利益を上げようとしているからである!キュラキシスがついに埃をかぶった後、ルプロンを使って女性のアルツハイマーを食い止めるという大いなる約束は、ビッグ・ファーマのモルモットである愚かな羊のような大衆である私たちが立ち上がり、自分たちで研究を行わない限り、ただ消え去るのみである!

私がインターネットで見つけたルプロンの副作用を紹介しよう。ルプロンを試す前に、高用量のメラトニン、プレグネノロン、DHEA、プロゲステロンを試してみることをお勧めする(これらの治療法については、この本の後半で詳しく述べる)。

ルプロンの副作用-消費者のために(drugs.comより)

ルプロン

すべての薬は副作用を起こす可能性があるが、多くの人は副作用がないか、あっても軽微である。ルプロンを使用しているときに、これらの最も一般的な副作用が持続したり、煩わしくなったりした場合は、医師に確認すること:

便秘、めまい、全身の痛み、頭痛、ほてり、食欲不振、吐き気または嘔吐、鼻づまり、睡眠障害、脱力感。

ルプロンを使用中にこれらの重篤な副作用が現れた場合は、直ちに医師の診察を受けること:

重篤なアレルギー反応(発疹、じんましん、かゆみ、呼吸困難、胸のつかえ、口、顔、唇、舌の腫れ)、タール状の黒色便、血尿、ほてり、しびれ、ピリピリ感、脱力感、聴力低下、失神、発熱、気分や精神の変化(例、 新たな、または悪化した骨の痛み;麻痺;注射部位の皮膚の発赤または硬化;発作;激しいめまいまたはふらつき;激しい眠気;激しい頭痛;息切れまたは咳;遅い、速い、または不規則な心拍;発汗;手、足首、または足の腫れ;心臓発作の症状(例、 胸、顎、左腕の痛み、腕や脚のしびれ、突然の激しい頭痛や嘔吐、視力の変化)、高血糖の症状(眠気、速い呼吸、顔面紅潮、果物のような息の臭い、喉の渇き、空腹感、排尿の増加など)、脳卒中の症状(例. 脳卒中の症状(例:錯乱、片側だけの脱力感、ろれつが回らない、視力の変化)、異常なあざや出血、異常な腹痛、排尿障害(例:排尿困難、排尿できない、排尿痛)、視力の変化または目のかすみ、コーヒーかすのような嘔吐物、皮膚や目の黄変。

これは、発生する可能性のあるすべての副作用の完全なリストではない。副作用について質問がある場合は、医療提供者に連絡すること。副作用に関する医学的な助言は、主治医に電話すること。

第3章 アルツハイマー型認知症の治療法

AI 要約

  1. 男性のアルツハイマー病(AD)を止める最も有望な治療法は、1日120mgのメラトニンを摂取することである。
  2. ある一卵性双生児の研究では、一人が夜間にメラトニンを摂取してADの進行が止まり、もう一人は摂取せずに劇的に進行した。
  3. メラトニンは男女ともにLHを抑制し、女性ではプロゲステロンのレベルを上昇させる。著者は男性でも同様の効果があると推測している。
  4. アルツハイマー病モデルマウスでは、メラトニンの補充と毎日の運動がアルツハイマー病の進行を止めることが示された。
  5. 著者自身の血液検査でも、メラトニンの摂取によりLHとFSHのレベルが低下し、プロゲステロンのレベルが上昇した。
  6. 著者の理論では、LHは脳を攻撃し、プロゲステロンは脳を保護する。女性は高いプロゲステロンレベルのため、高いLHレベルから脳を守ることができる。
  7. 男性では70歳前後でプロゲステロンのレベルが低下し、LHとFSHのレベルが急上昇する。これがADの原因となる可能性がある。
  8. プロゲステロンは強力な神経保護物質であり、男性へのプロゲステロン補充はAD治療の仮説として有望である。

男性にも女性にも有効な治療法

もしあなたが女性なら、これで少し安心できるかもしれない–あなたは、あなたに効くはずのADの治療法を1つ知っているのだから。しかし、もしあなたが男性なら、まだ不安で、どんな治療法があるのだろう?

私はあなたを失望させない。もしあなたが男性なら、夜寝るときにメラトニンを1日120mgほど摂取すれば、ADの進行を止めることができると思う。女性にも効果があるはずだし、すでに述べたような重大な副作用のあるルプロン注射よりも、ずっと安くて楽しいだろう。

メラトニンが男性のADを止めることができるという証拠はあるのだろうか?嬉しいことに、ある。

x.com/Alzhacker/status/1793130235204190287

今現在、その証拠は乏しいが、あなたが持っている最良の希望である。私は非常に楽観的だ。医師は1995年、ほぼ同じ年齢でアルツハイマーになった2人の男性を観察した。一人は睡眠のために夜6mgのメラトニンを摂取し始めたが、もう一人は摂取しなかった。3年後、メラトニンを服用している方のアルツハイマー病患者の病状はほとんど進行していなかった。彼はFASTスケールではステージ5のままであった(付録C、アルツハイマー病臨床ステージ参照)。ステージ5とは、着る服を選ぶのに手助けが必要な状態である。

しかし、もう一人の患者の機能は劇的に低下し、単語を理解するのがやっとであった。尿や便を我慢することさえできず、単語とうなり声の少ない語彙に制限され、かろうじて頭を持ち上げることができる程度である。

薄っぺらな証拠だと思うかもしれない。二人の患者がほぼ同じ年齢で同じ時期にADになり、一人はメラトニンを摂取してあまり進行せず、もう一人はメラトニンを摂取せず劇的に進行する。

さて、今あなたが考えていることが聞こえてきそうだ。遺伝や環境など、いろいろな原因が考えられるだろう。これは確かに、大手製薬会社やADの科学者がやりそうなことだ。しかし、彼らはもちろん、ある興味深い事実を意図的に見落としている:

この2人の患者は一卵性双生児だったのだ!この二人の患者は一卵性双生児であったのだ!事実上100%DNAのコピーである。そして二人はほぼ同時にADになったのである!(付録B-アルツハイマー病の二卵性双生児参照)。

私は、この2人の症例が非常にエキサイティングで、有望で、説得力のあるものだと思う!なぜか?メラトニンがLHを抑制するからだ!そして、これは私の理論やルプロン注射を受けた女性の第II相試験から得られた証拠とぴったり一致する。私がこの医師/研究者たちを非難できる唯一の点は、さらに高用量のメラトニンを試さなかったことだ。ほら、6mgでは全然足りない。ヨーロッパでは、75mg/夜という高用量のメラトニンが避妊に用いられている。つまり、6mgが効くようであれば、75mgは10倍まで効くかもしれない。私なら、女性用の75mgを男性用にさらに高用量に調整するだろう–体重の違いから、一晩あたり120mgかもしれない。実際、私はもっと高用量–一晩に500mgまで–を1年間にわたって服用したが、深刻な副作用はなかった。

さて、ビッグファーマはこの1998年の観察についてどう考えただろうか?まったく何も考えていない。むしろ、”たった2人の患者だ、サンプル数が少なすぎる、無視するのが一番だ。”と言うだろう。

彼らが無視を決め込む本当の理由は、双子であっても違いがあり、それがアルツハイマー病の2つのケースの異なった結果を説明できるからである。しかし、もし私やあなたがそれにお金をかけるとしたら、メラトニンが片方の双子のアルツハイマー病を食い止めたのであって、一卵性双生児間のまれな違いの影響ではないことに賭けるしかないだろう。いずれにせよ、大手製薬会社が双子の研究を無視するのが最善である本当の理由は、メラトニンで儲けることができないからである。この難題を解決する一つの方法は、メラトニンの生理学的効果を維持したまま、わずかに異なる化学的同位体を作り、名前を変えて、FDAにメラトニンを禁止させることである。そしてこれは、ある科学者がまさにやろうとしていることである。大手製薬会社や科学界がいかに曲者で、貪欲で腐敗しているかには驚かされるばかりだ。

この推論をよく読んでいる人なら、「なぜメラトニンがLHを抑制して男性のアルツハイマーを止めるのか?男性のLHを抑制しても、アルツハイマー病の進行には何の影響もないことがわかったばかりではないか。まあ、いいことだ!よくぞ聞いてくれた。

ボイジャーが、男性のLHを抑制してもADの進行を遅らせる効果はないという結果を得たとき、彼らはズボンを下げたまま捕まった。なぜか?彼らの主任研究者であるリチャード・ボーエン博士は、1990年代に一人の患者をモニターして、酢酸リュープロリド(別名ルプロン)がアルツハイマー病を止めることを発見したとされていたからだ。その患者は前立腺がんとアルツハイマー病(家系にある)を患っていた男性であった。ボーエン博士は、前立腺癌に対するルプロン治療がアルツハイマー病の進行を完全に止めたことに気づいた。OOPS!後の研究では、ルプロンは女性のアルツハイマー病を止めただけだった。

以前、フロリダで10軒のダイエット薬Phen/Fenクリニックを経営し、1997年に破産と戦っていたボーエン博士は、20年以上にわたって世界中で前立腺がんを治療してきた2万人の泌尿器科医が気づかなかったことに気づいた。ボーエン氏は、前立腺がんのルプロン治療が男性のアルツハイマー病も止めることに気づいたのである!

ボーエン博士は、「自分の発見」のきっかけについて、完全に正直に話していたわけではなかったようだ。このことについては、後で詳しく話すことにしよう。

要するに、メラトニンは男女ともにLHを抑制するだけでなく、女性ではプロゲステロンのレベルを上昇させるのである(私が見つけたデータでは入手しやすいものがなかったので、男性でもそう推測している)。なぜこのように推測するのか?すぐにおわかりになると思うが、私の理論では、男性のプロゲステロンレベルを上げることがアルツハイマーを止めると考えた。したがって、メラトニンがADの双子のうちの一人のADを止めたように見えたので、メラトニンが女性でそうであるように、男性でもプロゲステロンレベルを増加させると推測せざるを得ない。この部分はまだ理論的なものである。メラトニンが男性のホルモンの環境全体を変化させ、ADの進行を止めるのであって、プロゲステロンはそれとは何の関係もないのかもしれない。

つまり、我々の目的では、メラトニンは未知の手段によって男性のADの進行を止める働きをすると仮定することができる。理論的には、プロゲステロンレベルの上昇をもたらすと考えられるが、女性に作用するとすれば、おそらくLHを抑制することによってであろう。メラトニンは男性にも女性にも効くはずで、ルプロンよりも副作用が少ない。高用量メラトニンとルプロンの副作用については、後で詳しく述べる。

メラトニンが男性のプロゲステロンを増加させる可能性を示唆する唯一のものは、犬の副腎細胞をメラトニンで処理した研究である(付録A参照)。今のところ、これで十分だ。なぜか?

ボイジャーが男性のLHを抑制してもADが止まらないことを突き止めたとき、私はなぜだろうと考え始めた。2006年、ボイジャーの研究結果が、ルプロンは男性のアルツハイマー病には効果がないことを示しているようだと知ったときは、大きな驚きだった。それも、私がこの本をもっと早く書かなかった大きな理由である。

今、私が知っている確かなことは、双子の研究に基づいて、アルツハイマー病の進行を食い止めるために、男性に高用量のメラトニンが効くはずだということだけだ。しかし、メラトニンが男性のプロゲステロンを増加させることを証明できる人がいない限り、私が今持っているのはそれだけだ。メラトニンが女性のプロゲステロンを高めることはよく知られている。メラトニンはおそらく男性にも作用するだろう(これに関する研究が必要だ、頼む!)–というわけで、プロゲステロンの補充が男性にもアルツハイマーを食い止めるはずだと私が考える理由を説明しなければならない。

次に進む前に、本書の改訂作業中に読者からもたらされた新しいエキサイティングな情報を付け加えておきたい。

最近、アルツハイマー病モデルマウスにおいて、メラトニンの補充と毎日の運動がアルツハイマー病の進行を止めることが示された。その論文は以下の通り:

メラトニンと運動がマウスのアルツハイマー病に効く

スペイン科学技術財団

異なるアンチエイジング治療法が協力して、人生の年数を増やす

自発的な運動とメラトニンの毎日の摂取という2つの神経保護療法を組み合わせることで、アルツハイマー病の3つの異なる変異を持つネズミの脳の劣化に対して相乗効果があることが示された。

バルセロナ生物医学研究所(IIBB)の研究グループが、グラナダ大学およびバルセロナ自治大学と共同で行った研究によると、アルツハイマー病に対する神経保護療法の併用効果がマウスで示された。

毎日の自発的な運動と毎日のメラトニン摂取は、どちらも概日リズムを調整する効果で知られているが、アルツハイマー病の3つの変異を持つ3xTg-ADマウスにおいて、脳の劣化に対する相乗効果を示した。

「運動、地中海食、禁煙など、さまざまなアンチエイジング療法を組み合わせることで、寿命が延びることは何年も前からわかっていました」と、IIBBのコーラル・サンフェリウ氏はSINCに説明している。「今、睡眠ホルモンであるメラトニンにも重要なアンチエイジング効果があるようです」とIIBBのコラル・サンフェリウ氏はSINCに説明している。

専門家らは、アルツハイマーの初期段階を経験し、学習障害や不安や無気力といった行動の変化を示す3xTg-ADマウスを用い、スポーツとメラトニンの複合効果を分析した。

マウスは1つの対照グループと3つのグループに分けられ、それぞれ異なる治療が施された:運動(走行用車輪の制限なし)、メラトニン(体重1kgあたり10mg相当量)、メラトニンと自発的運動の併用。さらに、病気の突然変異を示さないマウスの参照群も含まれた。

「6カ月後、治療を受けたマウスの状態は、初期の病的状態よりも変異のないマウスの状態に近づいた。このことから、病気はかなり後退したと言えます」とサンフェリウは述べている。

この結果は『Neurobiology of Aging』誌に掲載されたが、3つの治療法によって行動、学習、記憶が全般的に改善された。

これらの処置はまた、脳組織を酸化ストレスから保護し、変異によって引き起こされたアミロイドβペプチドと過リン酸化TAUタンパク質の過剰から良好なレベルの保護を提供した。ミトコンドリアの場合、複合的な効果により、単独では観察されなかったパフォーマンス向上の分析指標が増加した。

IIBBの専門家は、「動物で有効な治療法をヒトの患者に適用することは、必ずしも一貫したものではありません。ヒトの場合、この病気は数年かけて発症するため、記憶喪失が表面化し始めたときには、脳はすでに非常に劣化しているのです」と指摘する。

しかし、いくつかの臨床研究では、アルツハイマー病患者において、両治療による身体的・精神的な効果が認められている。著者らは、効果的な薬理学的治療法が発見されるまでは、健康的な生活習慣を身につけることが、病気の発症リスクを減らし、その影響の深刻さを軽減するために不可欠であると主張している。

「治療法をヒトに移植するのは容易ではない」(注:いつもこう言われる!薬の売り上げを減らしたくないのだろう!)

メラトニン論争

神経伝達物質であるセロトニンから合成されるホルモンであるメラトニンの使用は、人間の治療に使用できるポジティブな効果がある。2007年に欧州連合(EU)でメラトニンが医薬品として承認されたことで、この分子の臨床試験が増加している。メラトニンには擁護派と否定派がおり、科学的根拠はまだ見解の相違を一つにまとめることはできていない。

Natural Medicines Comprehensive Databaseによると、メラトニンは自閉症や知的障害のある子供や目の見えない人の睡眠障害におそらく有効であり、時差ぼけや日焼け、手術前の不安にも有効である可能性がある。

「しかし、メラトニンを薬として使用した他の研究では、その高い有効性が示されています」とダリオ・アクーニャ=カストロビエホはSINCに説明している。彼はグラナダ大学の健康科学技術パークで数年間メラトニンを研究している。

この専門家は、英国精神薬理学会が推進する国際的なコンセンサスがすでに存在しており、2010年には『Journal of Psychopharmacology』誌にも発表された。このコンセンサスは現在、小児の不眠症の症例に移行しつつある。

神経変性疾患の治療におけるメラトニンの使用は、側筋萎縮性硬化症、アルツハイマー病、デュシェンヌ型筋ジストロフィーにおいて、科学的な裏付けを得つつある。

「メラトニンの抗酸化作用と抗炎症作用は、酸化ストレスと炎症を特徴とする疾患への使用が強く推奨されることを意味します」とアクーニャ=カストロビエホは述べている。

これは、てんかん、慢性疲労、線維筋痛症、そして老化現象そのものといった病気の場合であり、メラトニンの有益性を指摘するデータが入手可能である。

参考文献

García-Mesa Y, Giménez-Llort L, López LC, Venegas C. istòfol R, Escames G, Acuña-Castroviejo D, Sanfeliu C. “Melatonin plus physical exercise are highly neuroprotective in the 3xTg-AD mouse”. Neurobiol Aging 2012 Jun; 33(6):1124.e13-29.

もうひとつ嬉しいことがある。メラトニンを毎晩300mgほど2カ月ほど摂取した後の血液検査の結果、LHレベルが30%(6.9から4.9[mIU/mL])、FSHレベルが13%(8.8から7.7[mIU/mL])下がったのだ。メラトニンはLHを本当に抑制するのだ。FSHがこれ以上下がらなかったことに少しがっかりしている。FSHを選択的に抑制するフォリスタチンを試してみる必要があるかもしれない。

メラトニンがプロゲステロンのレベルを上げるかどうか、別のテストをしてみた。私のプロゲステロンは、メラトニンを摂取することで1.9から2.2ng/mlに上昇した。しかし、メラトニンを摂取する前の私のプロゲステロン値は1.9であり、男性の基準範囲の上限である1.4よりはるかに高かった。(これは、プロゲステロンの直接の前駆物質であるプレグネノロンを1日100mg摂取する習慣があるためだと思う)。つまり、プレグネノロンを摂っている間はプロゲステロンのレベルが高く、メラトニンを摂っている間はさらに高くなるのだ!予想通りだ–どうもありがとう。

すでにご存知のように、男性と女性は性的/肉体的な観点から見て大きく異なっている。これはホルモンについても同じで、性ホルモンは男性も女性も同じである。(例えば、男性も女性もエストロゲンとテストステロンを作るが、そのレベルは極端に異なる)。性ホルモンのレベルは男女で大きく異なる!例えば、20代から40代の女性のLHレベルは男性の約10倍、テストステロンは10分の1であり、エストロゲンははるかに多い!

LHが脳を攻撃し、アルツハイマーを引き起こすのだとしたら、なぜ女性はこれほど高レベルの(男性に比べた)LHに生涯耐えられるのだろうか?私の推測、そしてウィスコンシン大学の研究者であり、ボイジャー・ファーマシューティカルズの元従業員で大株主でもあるクレイグ・アトウッド氏(ボーエン博士のLHを抑制してアルツハイマー病を治療するという最初の特許申請には関与していない)の推測によれば、女性はプロゲステロンが非常に多いため、高濃度のLHの影響から脳を守ることができる。しかし、40歳を過ぎると、LHレベルが1,000パーセントも急上昇し、プロゲステロンはLHの攻撃から脳を守ることができなくなる。(LHが脳を攻撃するという考えを多少裏付ける興味深い事実として、男性よりも女性の方が90歳以上まで生きる人が多いことが挙げられる。しかし、90歳以上まで生きた男性が痴呆になることはほとんどないのに対し、これほど高齢になった女性は圧倒的に痴呆が多い。それは、女性のLHレベルが男性よりはるかに高い生涯のためだろうか?)

私の理論では、LHが脳を攻撃するのに対し、プロゲステロンは脳を保護する。しかし男性の場合、LHによる攻撃はあまりないらしい。したがって、男性ではLHを抑制してもADの経過はあまり変わらない。

ホルモンと加齢に関する研究で気づいたことのひとつに、男性の場合、エストラジオール、プロゲステロン、LH、FSHの各ホルモンは、平均して10年ごとに少しずつ上昇しているようだということがある。しかし突然、70歳前後になると、それまで生涯上昇を続けていたプロゲステロンのレベルが平均的な男性では低下し始める。

そうなると、LHとFSHのレベルが急上昇し始め、以前よりもはるかに速く増加する。そこで私は、男性におけるプロゲステロンの低下は、プロゲステロンの保護作用を抑制し、LHとFSHという2つの「悪玉」ホルモンを増加させることで、男性ホルモンを死滅させるホルモンシグナルであると考えた。

プロゲステロンについてもう少し調べてみると、プロゲステロンが地球上で最も優れた神経保護物質であることがわかった。プロゲステロンの濃度が高いため、女性は外傷性脳損傷を男性よりはるかによく生き延びるという研究がたくさんある。

つまり、これは私が最終的に思いつき、3番目に発表した論文に詳述した理論であり、ルプロンが女性のADだけを止め、男性のADは止めなかったというボイジャー実験の奇妙な結果を最終的に説明するものである!

LHは脳を攻撃する–プロゲステロンは脳を保護する

女性のLHレベルが高いと、脳への攻撃が強まり、ADを引き起こす。男性のプロゲステロン濃度が低いと、脳の保護・修復機能が低下するため、ADを引き起こす。

以上である。アルツハイマーの発症を食い止める治療法は、これですべて揃ったことになる。ルプロンやメラトニンのような治療法には、その有効性を示唆するいくつかの証拠がある。一方、男性にプロゲステロンを使用することは、まだ仮説のままであるが、非常に良い仮説であり、読者の何人かがそれを試して報告することによって確認されるのを待っている。JEFFBO A. L DOT COM(コンピュータのロボットがスパムで私をゴミ箱に入れないように、”at 「と」dot “をスペルアウトした)まで連絡し、あなたの計画や結果を知らせてほしい。

著者について

これはより良いネズミ捕りである!ほとんどの医学生は、医学部で基本的な4年間を学んだだけで、その後は学ぶためではなく、稼ぐために働く。私は20年以上にわたって病気と老化について研究しており、10年間はノースウェスタン大学医学部の図書館で毎日12時間、臨床研究や科学的研究のレビューをしていた。私の論文を掲載した雑誌は、編集者の間に5人のノーベル賞受賞者を擁し、私の論文を「極めてエキサイティングで重要なものである」と評している。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました