"レプリコン"

レプリコンワクチン

molbio08:レプリコンワクチンの個体間伝播の可能性 – エクソソームによるmRNA伝播に関する考察

molbio08 @molbio08 mRNA型ワクチンプラットフォームは、mRNAを体細胞に導入して抗原遺伝子を発現するため、抗原遺伝子発現細胞は免疫システムからは感染細胞として認識されるという致命的な欠陥を有しています。この問題を解決することは極めて困難であるため、mRNA型
レプリコンワクチン

エックス:「レプリコンワクチンの潜在的危険性:感染性粒子の放出と伝播の可能性」村上康文先生

村上康文 @yasufumi06 レプリコンワクチンではmRNAワクチン共通の問題に加えて細胞から細胞への伝播、個体から個体への伝播が起きることが重大な件とされています。この問題について論文のデータから説明。スレッドの結論を最初に。レプリコンワクチンを導入した細胞は感染性のある粒
ウイリアム・マキス

レプリコンmRNAワクチン:日本が世界初の自己複製mRNAワクチンを承認
新しい悪夢が市場を襲う 今度は何?何が問題なのか?脱落は?

Replicon mRNA Vaccine: Japan Approves World’s First Self-Amplifying mRNA Vaccine ウィリアム・マキス博士著 グローバルリサーチ、2024年01月03日 自己増幅型mRNAワクチン 2023年11月27
COVIDの起源

Project Defuse:コウモリが媒介するコロナウイルスの脅威を取り除く

注:仮訳、未編集 Title: Project Defuse: Defusing the Threat of Bat-Borne Coronaviruses 提案第1巻 ダルパ・プリエンプト(HR001118S0017) 主導団体: EcoHealth Alliance (その他
ワクチン後遺症

帯状疱疹、リウマチ、血管系障害、心筋炎……「コロナワクチン後遺症」驚愕の調査結果を京大名誉教授が発表 
文春オンライン3月7日 Yahooニュースコメントアーカイブ 上位約360件(約20%)

ワクチンによる苦しみの声が社会に届けられる数少ない機会と場所あったにもかかわらず、元の記事について多くのコメントが一方的に削除されたことに胸を痛めています。 過去にファイザーに関するリーク情報がウェイバックマシンから(でさえも!)消されたことがあります。念の為ウェイバックマシンに
レプリコンワクチン

日本、世界初の「自己複製」mRNA COVID-19ワクチンを承認 有効性・安全性データ未公表のまま
Japan Approves World's First 'Self-Amplifying' mRNA COVID-19 Vaccine Without Published Efficacy Or Safety Data

タイラー・ダーデン著 2023年12月11日(月) - 午前11時30分 著者はナヴィーン・アスラップリー、 日本は世界初の自己増幅型mRNA(sa-mRNA)COVID-19ワクチンを承認したが、製造元は安全性や有効性に関するデータを公表していない。 明治製菓ファルマ株式会社(
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

武漢の隠蔽工作
The Wuhan Cover-Up

目次 献辞 謝辞 はじめに 第1章 予言者たち 第1部 武漢への道武漢への道 第2章 生物兵器とアメリカの価値観 第3章 生物兵器の歴史 日本の731部隊 健康な被験者 第4章 破片を拾う: 米国の生物兵器プログラムの誕生 大学 第5章 石井とその子分をダウンロードする。日本のペ
ワクチン メカニズム・耐性

mRNA ワクチン
mRNA Vaccines

mRNA Vaccines mRNAワクチンとその作用機序について 自己増幅型mRNAを用いたワクチン技術とその作用機序について mRNAワクチンの製剤化・デリバリー技術 メッセンジャーRNAを用いた感染症対策ワクチン mRNAを利用した治療薬開発の進展 mRNA ワクチンの臨床
レプリコンワクチン

SARS-CoV-2に対するmRNAワクチンの課題と可能性 | Springer
学際的な観点からの検討

Challenges and Opportunities of mRNA Vaccines Against SARS-CoV-2 A Multidisciplinary Perspective Authors: Siguna Mueller 出版社シュプリンガー・インターナショナ
Lex Fridman Podcast

ヴィンセント・ラカニエッロ  ウイルスとワクチン Lex Fridman Podcast #216

Vincent Racaniello: Viruses and Vaccines | Lex Fridman Podcast #216 Lex Fridman 0:00 以下は、コロンビア大学の微生物学・免疫学教授であるヴィンセント・ロッキンイエロー氏との会話です。ヴィンセントは
フルボキサミン/シグマ1受容体

SARS-CoV-2感染による入院や死亡率を減らす可能性のある薬剤を紹介 シグマ-1受容体とオートファジーの役割について

Drugs that offer the potential to reduce hospitalization and mortality from SARS-CoV-2 infection: The possible role of the sigma-1 receptor
COVIDワクチンの有害事象

過去に学ぶ:安全で効果的なCOVID-19ワクチンの開発
Learning from the past: development of safe and effective COVID-19 vaccines

Learning from the past: development of safe and effective COVID-19 vaccines 発行:2020年10月16日 Shan Su, Lanying Du & Shibo Jiang Nature Reviews