認知症 治療標的

NAD+

アルツハイマー病におけるサーチュイン SIRT2関連遺伝子型と薬理遺伝学への示唆

Sirtuins in Alzheimer’s Disease: SIRT2-Related GenoPhenotypes and Implications for PharmacoEpiGenetics 要旨 サーチュイン(SIRT1-7)は、クロマチンサイレンシング、細胞周期制御、細胞分化、細胞ストレス応答、代謝、老化に重...
その他

トレハロース 10の神経保護効果

オートファジー活性剤 トレハロース(認知症・アルツハイマー) 関連記事 概要 自然界に広く存在するトレハロース トレハロースとは、植物、昆虫、酵母、真菌、無脊椎動物など、脊椎動物以外の生物の中に広範囲に見出すことができる天然の糖質。 酵母、線虫、ショウジョウバエの体液の主要な糖質でもある。 ...
1型(炎症性)

ApoE4対立遺伝子のリスクと治療アプローチ

ApoE4関連情報(MCI・認知症・アルツハイマー) 関連記事 概要 ApoE4の機能 ApoEは末梢コレステロール代謝を調節するために、カイロミクロンおよび中密度リポタンパク質と結合するアポリポタンパクの一種。 他のリポタンパク質は主に肝臓で産生されるが、ApoEは中枢神経、おもにアストロサイトにおいて大量に産...
アミノ酸

高アンモニア血症に対する薬理学的アプローチ

The Pharmabiotic Approach to Treat Hyperammonemia 要旨 アンモニアは、哺乳類ではアミノ酸の異化から代謝廃棄物として常に生成されている。有害廃棄物代謝物であるアンモニアは、遊離アンモニアを尿素サイクルが尿素に変換する肝臓で分解される。肝臓の機能不全は高アンモニア血症を引き起こ...
アミノ酸

アルツハイマー病脳におけるアミノ酸異化作用 友人か敵か?

Amino Acid Catabolism in Alzheimer's Disease Brain: Friend or Foe? 要旨 アルツハイマー病治療薬開発のための新たなターゲットの発見が切望されている。アルツハイマー病脳で起こる神経細胞のブドウ糖代謝の低下は、病気の進行に中心的な役割を果たす可能性がある。エネルギー...
糖質

トレハロースによる神経保護のメカニズム:オートファジー誘導をめぐる論争

Mechanism of neuroprotection by trehalose: controversy surrounding autophagy induction 要旨 トレハロースは、2つのグルコース分子がα,α-1,1-グルコシド結合で連結された非還元性二糖類である。トレハロースは、特にパーキンソン病やハンチ...
糖質

パーキンソン病の治療薬として期待されるトレハロース

Trehalose as a promising therapeutic candidate for the treatment of Parkinson's disease 要旨 パーキンソン病(PD)は、主に黒質突起のドーパミン作動性ニューロンの喪失に起因する進行性の運動障害である。パーキンソン病はタンパク質の凝集...
筋力トレーニング

食事性タンパク質とアミノ酸摂取 認知的健康の維持との関連性

Dietary Protein and Amino Acid Intake: Links to the Maintenance of Cognitive Health 要旨 高齢化社会の急速な進展に伴い、アルツハイマー病や関連する認知症(ADRD)の発症率が増加している。これらのADRDの増加に対抗するために、科学者や臨床医は...
トリプトファン代謝

脳内キヌレニンとBH4経路 炎症による抑うつ症状の病態生理と治療との関連性

Brain Kynurenine and BH4 Pathways: Relevance to the Pathophysiology and Treatment of Inflammation-Driven Depressive Symptoms 要旨 うつ病は世界的に増加しており、特に抗うつ薬の有効性を高める薬剤の開発が停...
オートファジー

アルツハイマー病におけるオートファジーと漢方薬の有用性

Autophagy in Alzheimer's disease and promising modulatory effects of herbal medicine 要約 アルツハイマー病(Alzheimer's Disease: アルツハイマー病)は、記憶力の低下と認知機能の低下を特徴とする進行性で持続性のある神経変性疾患である。...