認知症 治療標的

アミロイド

BLOTS ON A FIELD? 烙印を押された? | アルツハイマー病論文の不正行為
神経科学の画像解析者が、アルツハイマー病の論文に捏造の痕跡を発見し、この病気に関する有力な理論を脅かした

2022年7月21日 BYCHARLESPILLER コンテンツへ移動 神経科学者で医師のMatthew シュラッグは、アルツハイマー病に関する数 ...
アミロイド認知症研究・試験
PDE阻害

神経変性における一酸化窒素の役割 機能、制御、阻害
Role of Nitric Oxide in Neurodegeneration: Function, Regulation, and Inhibition

Curr Neuropharmacol. 2021 Feb; 19(2): 114-126. 2021年2月オンライン公開 要旨 活性窒素種(RNS)および活性酸素種(ROS)は、活性酸素・窒素種(RONS)と総称され、通 ...
PDE阻害認知症 治療標的
認知症 治療標的

一酸化窒素:NOの新情報は?
Nitric oxide: what’s new to NO?

Am J Physiol Cell Physiol. 2017 Mar 1; 312(3): C254-C262. 2016年12月14日オンライン公開 要旨 一酸化窒素(NO)は、血管系の重要な成分の1つであり、 ...
認知症 治療標的
オートファジー

アルツハイマー病モデルマウスにおけるオートリソソームの酸性化異常は、神経細胞におけるAβのオートファジー的蓄積を誘発し、老人斑を形成する
Faulty autolysosome acidification in Alzheimer’s disease mouse models induces autophagic build-up of Aβ in neurons, yielding senile plaques

オンライン公開 2022年6月2日 概要 アルツハイマー病(AD)ではオートファジーが著しく低下している。我々は、神経細胞特異的なmRFP-eGFP-LC3プローブ、マルチプレックス共焦点イメージング、相関的な光電子顕微鏡を用い ...
オートファジー
アミロイド

アルツハイマー病の「陰謀」が、何十年にもわたって治療法の進歩を妨げたという狂気の沙汰
The maddening saga of how an Alzheimer’s ‘cabal’ thwarted progress toward a cure for decades

シャロン・ベグリー著 2019年6月25日号 アルツハイマー病の研究 生物医学の研究者たちがアルツハイマー病の治療法を見つけようと必死に取り組んできた30年の間に、その研究者たちは、心血管疾患による死亡を半分以下に ...
アミロイド医療・製薬会社の腐敗感染症・ウイルス(AD)
認知症 治療標的

神経細胞傷害に対する早期代償反応 アルツハイマー病に対する新たな治療の窓?

Early compensatory responses against neuronal injury: A new therapeutic window of opportunity for Alzheimer's Disease? ...
認知症 治療標的
脂質代謝

「偉大なるコレステロールの神話」 はじめに

The Great Cholesterol Myth 『偉大なるコレステロールの神話』への称賛の声 「本書は、心臓病に関する食生活の真の悪者、それは飽和脂肪ではないことを明らかにしている。専門誌の科学的研究に裏打ちされたこの本は ...
脂質代謝
認知症 治療標的

炎症、ニトロ酸化ストレス、オートファジー障害、インスリン抵抗性が動脈硬化とアルツハイマー病の間の機構的収束として現れる

Inflammation, Nitro Oxidative Stress, Impaired Autophagy, and Insulin Resistance as a Mechanistic Convergence Between Ar ...
6. 医学研究(総合・認知症)認知症 治療標的
脂質代謝

小型高密度リポ蛋白質(sd-LDL)低下剤

Small dense low-density lipoprotein-lowering agents 2020年9月1日オンライン公開 概要 肥満、糖尿病、高脂血症などの代謝性疾患、および動脈硬化を中心とする心血管疾 ...
脂質代謝
PDE阻害

天然のホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害剤 計算論的アプローチ

Natural phosphodiesterase 5 (PDE5) inhibitors: a computational approach オンライン公開:2019年5月29日 概要 1998年、シルデナフィルは、FDA( ...
PDE阻害
COVIDメカニズム

オートファジーを標的とすることはCOVID-19治療の新たなアプローチとなり得るか?

Can targeting autophagy become a new approach to COVID-19 treatment? ナミタ・ミトラ ナミタ・ミトラ著 2021年10月25日 Reviewed by ...
COVIDメカニズムSARS-CoV2 治療標的・分子経路イベルメクチンオートファジー
IVM一般記事IVM作用機序
アミロイド

The End of Alzheimer’s 2nd Edition 第2章 アミロイドカスケード仮説とは

The Amyloid Cascade Hypothesis アミロイドカスケード仮説とは アミロイドカスケード仮説(あるいは単にアミロイド仮説)は、アルツハイマー病(AD)に関する最も広く支持されている理論である。この仮説は,1992 ...
アミロイドタウ多因子介入研究統合医療・ホーリズム・個別化医療
脂質代謝

PPARαの脳内での新たな役割 アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患の治療における有望なターゲット

The Novel Role of PPAR Alpha in the Brain: Promising Target in Therapy of Alzheimer’s Disease and Other Neurodegenerativ ...
脂質代謝
脂質代謝

プラズマローゲンとアルツハイマー型認知症:レビュー

Plasmalogens and Alzheimer’s disease: a review オンラインで2019年4月16日公開 概要 リン脂質の一種であるエタノールアミンプラズマローゲン(PlsEtns)がアルツハイマー病(A ...
脂質代謝
アミロイド

ICER、FDAによるアルツハイマー型認知症治療薬アデュカヌマブの承認について声明を発表

ICER Issues Statement on the FDA’s Approval of aducanumab for Alzheimer’s Disease 2021年6月7日、ボストン - ...
アミロイド標準治療薬
アミロイド

アデュカヌマブを投与されたAPOEε4/ε4患者の症候性アミロイド関連画像異常

Symptomatic amyloid‐related imaging abnormalities in an APOE ε4/ε4 patient treated with aducanumab 要旨 はじめに アミロイド関 ...
アミロイド標準治療薬
アミロイド

ENGAGEとEMERGE:真実と結果?

ENGAGE and EMERGE: Truth and consequences? ルイス・H・カッラー、オスカー・L・ロペス 初出:2021年3月3日 要旨 最近のEMERGEおよびENGAG ...
アミロイド
アミロイド

アデュカヌマブの有効性を示せず バイオジェン社が報告したEMERGE試験およびENGAGE試験の分析 2019年12月

Failure to demonstrate efficacy of aducanumab: An analysis of the EMERGE and ENGAGE trials as reported by Biogen, Decemb ...
アミロイド
アミロイド

アデュカヌマブの効果はまだ実証されていないと研究者が発表

Aducanumab Still Needs to Prove Itself, Researchers Say 2020年11月20日 アデュカヌマブの効果はまだ実証されていないと研究者が発表 バイオジェンのアデュカヌマブは、 ...
アミロイド
ホメオスタシス・ホルミシス

ホルミシス 意義あるものへの道筋と進行

Hormesis: Path and Progression to Significance オンラインで公開2018年9月21日 エドワード・J・カラブレス 要旨 本論文は、ホルミシスが生物学の基本概念として認識され、毒性 ...
ホメオスタシス・ホルミシス認知症 治療標的
Alzhacker.com をフォローする
タイトルとURLをコピーしました