認知症 治療標的

コロナウイルス

COVID-19における脂肪酸脂質代謝ネクサス

The Fatty Acid Lipid Metabolism Nexus in COVID-19 Jerome E. Tanner 1 andCaroline Alfieri 1,2,*著 1ウイルス病原体研究所、研究センター、CHU Sainte-Justine, 3175 Côte Sainte-Catherine Ro...
認知症 治療標的

神経変性疾患の創薬標的としてのNRF2制御過程の解明

NRF2 Regulation Processes as a Source of Potential Drug Targets against Neurodegenerative Diseases オンラインで公開2020年6月14日 要旨 NRF2は、遺伝子の発現を制御することで作用し、第II相抗酸化応答のマスターレギュレータ...
コロナウイルス

SARS-CoV-2 腸内毒素症と下痢の間にある前提 ACE2/mTOR/オートファジー経路を歩く

Premises among SARS-CoV-2, dysbiosis and diarrhea: Walking through the ACE2/mTOR/autophagy route オンラインで公開2020年9月2日 要旨 最近、中国で新しいコロナウイルス(SARS-CoV-2)が発見された。その感染力の高さから...
認知症 治療標的

神経変性疾患の治療標的としてのNRF2

NRF2 as a Therapeutic Target in Neurodegenerative Diseases オンラインで公開2020年1月21日 要旨 活性酸素種の増加と酸化ストレスは、アルツハイマー病、パーキンソン病、ハンチントン病、フリードリッヒ失調症、多発性硬化症、脳卒中など、多くの神経変性疾患の発症に関与し...
腸内微生物叢

神経・精神疾患におけるリーキーブレイン 駆動要因とその結果

Leaky brain in neurological and psychiatric disorders: Drivers and consequences 初出 2018年9月19日 要旨 背景 血液脳関門は高度に制御されたインターフェースとして機能しており、その機能不全は神経学的障害や神経精神疾患を悪...
3型(化学毒素)

アルツハイマー病とNQO1:関連性はあるのか?

Alzheimer’s Disease and NQO1: Is there a Link? 1タスマニア大学保健学部医学部、2ウィッキング認知症研究教育センター、タスマニア州ホバート、オーストラリア アーティクル・ヒストロン 2016年8月20日  改正2017年1月22日 受理 2017年1月28日 概要 背景...
脂質

脂質が自殺行動のリスクにどのように影響するか

How Lipids May Affect Risk for Suicidal Behavior オンラインで公開2018年6月12日 要旨 自殺や非致死的な自殺行動は、世界的に死亡率や罹患率の主な原因となっている。自殺や自殺行動の発生率には国の内外でばらつきがあり、経済的地位や文化の違いを含む人口や個人の危険因子が原因...
睡眠

アルツハイマー病のタウ病理 睡眠遮断の役割の可能性

Tau Pathology of Alzheimer Disease: Possible Role of Sleep Deprivation オンラインで公開2018年9月1日 要旨 睡眠不足は現代社会ではよくある不定愁訴である。睡眠不足は、アルツハイマー病などの神経変性疾患を発症するリスクを高めてい...
1型(炎症性)

神経変性疾患の病因論的リンクを探る 炎症性サイトカインと生理活性キヌレニン

Exploring the Etiological Links behind Neurodegenerative Diseases: Inflammatory Cytokines and Bioactive Kynurenines 要旨 アルツハイマー病とパーキンソン病(PD)は最も一般的な神経変性疾患(ND)であり、運動...
アミロイド

アルツハイマー病におけるアミロイドβとタウの神経解剖学的広がり:一次予防への示唆

Neuroanatomical spread of amyloid β and tau in Alzheimer’s disease: implications for primary prevention 要旨 アルツハイマー病は、症状発現の何年も前から始まる連続的な病態生理学的変化の理解が進んでおり、臨床的には個別の臨...