認知症 治療標的

FLCCC,ピエール・コリー

FLCCC:がんの治療 Ver 2.0 2023年07月31日 -ポール・マリク博士
CANCER CARE

目次 序文 まえがき 第1章 はじめに がんの社会的影響 第2章 癌とは何か:その病因を理解する 別の理論:がんは代謝疾患である がんのシグナル伝達経路 がん免疫 血小板と癌 血管新生と転移 癌幹細胞
アミロイド

アルツハイマー病に対するレカネマブの安全性と有効性:無作為化臨床試験の系統的レビューとメタ解析
Safety and efficacy of lecanemab for Alzheimer's disease: a systematic review and meta-analysis of randomized clinical trials

Safety and efficacy of lecanemab for Alzheimer's disease: a systematic review and meta-analysis of r
アミロイド

アルツハイマー病抗体の臨床試験フォーム改訂、致命的な脳出血を警告
エーザイ、実験薬による血液凝固阻止剤の服用に関する注意を強化

2022年12月30日 著:チャールズ・ピラー 脳アミロイド血管症(βアミロイドの沈着(赤色)が血管の平滑筋(緑色)に取って代わる病態)を有するアルツハイマー病患者は、レカネマブと抗凝固剤を同時に服用
アミロイド

アルツハイマー病の治療に近づいているのか?
ベータアミロイドとその先

Are we getting closer to curing Alzheimer’s Disease? リン・ニン 2023/02/21 2023年1月6日、FDAはアルツハイマー病(AD)の新薬レ
うつ病・統合失調症

オレキシン / レセプターシステム:その分子機構と神経疾患への治療可能性
The Orexin/Receptor System: Molecular Mechanism and Therapeutic Potential for Neurological Diseases

Front Mol Neurosci.2018; 11: 220. オンライン公開 2018 Jun 28. doi:10.3389/fnmol.2018.00220 The Orexin/Recep
サイード・ハイダー

リーンバイタリティ:パンデミックでの7kg… いや、18kg減量した方法
ゆっくりと着実に:小さな一歩が積み重なり、健康的なあなたにつながる

DR. SYED HAIDER 2023/04/12 多くの人がそうであるように、私もパンデミックの途中で脂肪が増え始め、パンデミック終了時にはパンデミック前の体重を50ポンド(22kg)も上回ってい
脂質代謝

ペルオキシソーム増殖剤活性化受容体γ(PPARγ)の天然物アゴニスト:総説

Natural product agonists of peroxisome proliferator-activated receptor gamma (PPARγ): a review Bioch
アミロイド

アルツハイマー病の細胞段階
The Cellular Phase of Alzheimer’s Disease

The Cellular Phase of Alzheimer’s Disease 概要 アルツハイマー病のアミロイド仮説は、神経細胞中心の線形カスケードがAβによって開始され、認知症に至ると仮定して
アミロイド

アミロイド仮説:真実であるには都合の良すぎる仮説
The amyloid hypothesis is too good to be true

マルク・カルキネン 2017年 Wayne State University School of Medicine, Center for Molecular Medicine and Genetic
血液脳関門

アルツハイマー病における血液脳関門の漏出 発見から臨床的意義まで
Blood-brain barrier leakage in Alzheimer's disease: From discovery to clinical relevance

概要 アルツハイマー病(AD)は、認知症の中で最も一般的な疾患である。ADの脳病理は、臨床症状が現れる数十年前から始まっている。初期の病理学的特徴の1つは、バリアー漏出を特徴とする血液脳関門の機能障害
アミロイド

なぜアルツハイマー病は治らないのか?
Why Isn't There A Cure for Alzheimer's Disease?c

A Midwestern Doctor中西部の医師 10月8日 私が遭遇したCOVID-19ワクチン接種の悲劇的な結果の一つは、高齢者の認知症(しばしば致命的)の急激な発症である。高齢者は自分で自分を
アミロイド

BLOTS ON A FIELD? 烙印を押された? | アルツハイマー病論文の不正行為
神経科学の画像解析者が、アルツハイマー病の論文に捏造の痕跡を発見し、この病気に関する有力な理論を脅かした

2022年7月21日 BYCHARLESPILLER コンテンツへ移動 神経科学者で医師のMatthew シュラッグは、アルツハイマー病に関する数多くの論文の中から、ラットの認知機能低下に関連するタン
PDE阻害

神経変性における一酸化窒素の役割 機能、制御、阻害
Role of Nitric Oxide in Neurodegeneration: Function, Regulation, and Inhibition

Curr Neuropharmacol. 2021 Feb; 19(2): 114-126. 2021年2月オンライン公開 要旨 活性窒素種(RNS)および活性酸素種(ROS)は、活性酸素・窒素種(R
認知症 治療標的

一酸化窒素:NOの新情報は?
Nitric oxide: what’s new to NO?

Am J Physiol Cell Physiol. 2017 Mar 1; 312(3): C254-C262. 2016年12月14日オンライン公開 要旨 一酸化窒素(NO)は、血管系の重要な成分
オートファジー

アルツハイマー病モデルマウスにおけるオートリソソームの酸性化異常は、神経細胞におけるAβのオートファジー的蓄積を誘発し、老人斑を形成する
Faulty autolysosome acidification in Alzheimer’s disease mouse models induces autophagic build-up of Aβ in neurons, yielding senile plaques

オンライン公開 2022年6月2日 概要 アルツハイマー病(AD)ではオートファジーが著しく低下している。我々は、神経細胞特異的なmRFP-eGFP-LC3プローブ、マルチプレックス共焦点イメージング
アミロイド

アルツハイマー病の「陰謀」が、何十年にもわたって治療法の進歩を妨げたという狂気の沙汰
The maddening saga of how an Alzheimer’s ‘cabal’ thwarted progress toward a cure for decades

シャロン・ベグリー著 2019年6月25日号 アルツハイマー病の研究 生物医学の研究者たちがアルツハイマー病の治療法を見つけようと必死に取り組んできた30年の間に、その研究者たちは、心血管疾患による死
認知症 治療標的

神経細胞傷害に対する早期代償反応 アルツハイマー病に対する新たな治療の窓?

Early compensatory responses against neuronal injury: A new therapeutic window of opportunity for Al
脂質代謝

「偉大なるコレステロールの神話」
The Great Cholesterol Myth

The Great Cholesterol Myth 『偉大なるコレステロールの神話』への称賛の声 本書は、心臓病に関する食生活の真の悪者、それは飽和脂肪ではないことを明らかにしている。専門誌の科学的
認知症 治療標的

炎症、ニトロ酸化ストレス、オートファジー障害、インスリン抵抗性が動脈硬化とアルツハイマー病の間の機構的収束として現れる

Inflammation, Nitro Oxidative Stress, Impaired Autophagy, and Insulin Resistance as a Mechanistic Co
脂質代謝

小型高密度リポ蛋白質(sd-LDL)低下剤

Small dense low-density lipoprotein-lowering agents 2020年9月1日オンライン公開 概要 肥満、糖尿病、高脂血症などの代謝性疾患、および動脈硬化を
alzhacker.com をフォロー