ワクチンは親密な関係とジェンダー・アイデンティティをどう変えるか
ワクチン接種、人とのつながり、自閉症、性的指向のつながりを探る

LGBTQ、ジェンダー、リベラリズムワクチン HPV,炭疽菌,他中西部の医師神経発達障害(自閉症・ADHD)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

How Vaccines Alter Intimate Relationships and Gender Identity

www.midwesterndoctor.com/p/how-vaccines-alter-intimate-relationships

中西部の医師

2024年4月20日

一目でわかるストーリー

  • 100年以上前から、ワクチン接種がさまざまな障害(例えば、自閉症や中耳炎-どちらもここで詳しく説明される)を引き起こす可能性があることを示す大量の証拠が積み重ねられてきた。
  • あまり評価されていないのは、ワクチン接種が引き起こす無数の微妙な人格への影響であり、その多くは感染性脳炎の症例後に観察され、以前はアメリカの保健当局によって「最小限の脳損傷」というレッテルが貼られていた。
  • 前回の記事では、こうした変化がADHDや衝動性、暴力的あるいは社会病質的な行動を引き起こす可能性について述べた。この記事では、その代わりに、恋愛相手を一緒にいるのがとても難しくなるような断絶の多くをどのように生み出すか、また、性的アイデンティティをどのように変化させるかに焦点を当てることにする。

注:私の最初の世論調査では、最も問題のあるワクチンが発売される前と後の男性を知っている年齢の女性が、私が説明したような変化を目撃していることがわかった。

ワクチン接種と自閉症を結びつけること以上に議論を呼ぶことのひとつに、ワクチン接種とトランスジェンダーを結びつけることがある。しかし最近、スティーブ・キルシュ(この出版物を作ってくれた恩人である友人)から連絡があり、ワクチン接種とトランスジェンダーとの関連を強く裏付ける彼のデータについて討論してほしいと頼まれた。そこで、この複雑な問題についてバランスの取れた視点を提供しようと思う。

このテーマを探求した結果、スティーブの主張を支持する説得力のある証拠はたくさんあるが、それを支持する直接的な証拠はほとんどないことがわかった。そのため、これは明らかにもっと研究が必要な分野であり、学術界で研究が行われるかどうかも疑わしい。

社会の集団予防接種

週末に、私は本誌で書いた記事の中で最も人気のあるものの一つを発表したが、同時に非常に不穏な記事でもあった。その中で、私は次のような議論を展開した。

  • 1) ワクチンはしばしば「標的外免疫」を作り出し、全身に微小血栓を蔓延させ、細胞が正常な代謝機能に戻ることができない永久的なショック状態に身体を置く。その結果、全身に無数の副作用、特に神経学的あるいは免疫学的な副作用が生じる。
  • 2) ワクチン接種の大量導入と並行して、神経疾患や自己免疫疾患が大量に増加し、特に危険なワクチンが市場に出回るたびに急増した。従来の権威のほとんどは、「相関関係は因果関係ではない」、「ワクチンがこのようなことをしているという証拠はない」と主張してきた。しかし、こうした病気の増加は何十年も謎のままであり、数多くの小規模な研究(HPVワクチンの臨床試験など)が、ワクチンが社会で爆発的に増加しているのと同じ病気を引き起こすことを示しているにもかかわらず、である。
  • 3) ワクチンの安全性試験には奇妙な禁輸措置がとられている。その結果、CDCのワクチンスケジュールが安全かどうかを評価するために行われるはずの基本的な試験が、一度も公に行われたことがない。さらに、ワクチンが本当に「安全」か 「効果的」かを簡単に証明できるような大規模なデータベースに、独立した研究者がアクセスできたことはない。
  • 4) それにもかかわらず、さまざまな独立した研究が行われてきた。そのどれもが、ワクチン未接種の少数派と比較した場合、ワクチン接種を受けた人は、さまざまな病気(ADHD、喘息、うつ病、湿疹、てんかん、さまざまな学習障害、中耳炎、副鼻腔炎など)を発症する可能性が何倍も高いことを明らかにしている。
    注:様々な疾患があるので、前回の記事では、それぞれの研究で見つかった様々な慢性疾患の全体的な増加(多くはワクチン接種者で10倍以上の増加)を示す表を掲載した。
  • 5) 医学では、探し方を知らなければ何かを見つけることは難しい。ワクチンの安全性を調査している人々には、ワクチンによるあからさまな傷害はある程度理解されているが、ワクチン接種による神経学的な影響については、はるかに評価が低い。これらの多くは、脳炎(脳炎)のエピソードから回復した患者に観察された結果を反映したものであり、それゆえ、1950年代にオリジナルのDPTワクチン(脳炎を頻繁に引き起こす)が社会に大量に配備され始めると、より一般的になった。
    注:オリジナルのDPTワクチンは乳幼児突然死症候群の原因にも強く関係していた。
  • 6) 34年前、注目すべき著者(ハリス・コールター)は、DPTワクチンによる脳炎後の合併症がアメリカを劇的に変化させ、DPTの採用と並行して見られたさまざまな社会変化の原因であると強く主張した。コールターは特に凶悪犯罪とDPT脳炎の関連に焦点を当てたが、DPTワクチンによってしばしば生じるさまざまな学習障害(および身体的欠陥)にも触れ、凶悪犯罪者の中にもしばしば見られるという。コールターが正しいと仮定すれば、このことはリベラル派と保守派の刑事司法に関する考え方を完全に覆すことになる。

前回の記事は、コメントを通して知ったことだが、多くの読者にとって、非常に身につまされる内容だった。例えばこうだ:

「ありがとう。こうして記事を読んでいると、あなたたちのような人たちがいなければ、私のような人間はいつか悲しみと孤独で死んでしまうかもしれない。私には計り知れない罪悪感がある。長男は重罪犯で、重度のADHD、多動性、そしていつも病気だ。2番目の子どもは、ライム病で後遺症が残った。私の最後の子どもは、現在UC、大うつ病性障害、自閉症、さらに悪いことに衰弱しているが、苦しみのあまり完全に倒れるまでは、物理学の博士号を持つ海軍軍人になる途中だった。私がいなくなったら、誰が彼らの面倒を見るのだろう?答えはない。あなたがしてくれていることに感謝する。今回お送りするリンクを踏まえて、私は、自閉症の成人した子供を持つ年老いた両親のために、食事、簡単なホームケア、約束の場所までの運転など、支援のための地域社会の連絡先を持つというアイデアを頻繁に浮かべてきた。これを見てほしい」

注:私が前回の記事を書いたのは、ここで紹介する議論を裏付けるのに必要な証拠を提供するためである。従って、この記事は、前回の記事の文脈も取り入れることで、より意味のあるものになるだろう。

ワクチンと自閉症

一般的に、ワクチンと関連した自閉症退行の症例が科学的正統派のメンバーに言及されると、憤慨し恩着せがましく、次のような反応が返ってくる:

人々がそう信じる唯一の理由は、アンドリュー・ウェイクフィールドが自閉症とワクチンとの間に関連性があると偽った不正論文を書き、ランセット誌がそれを発表する前にそれを発見しなかったという重大なミスを犯したからである。その論文は撤回され、ウェイクフィールドは科学的不正行為で免許を失った。だから、この徹底的に論破された主張を信じる根拠はない。それ以来、何百もの研究がすべて、ワクチンは自閉症の原因ではないことを発見している。

この主張で私が注目するのは、ウェイクフィールドの論文を完全に誤解していることに加え、ウェイクフィールドの論文以前には、ワクチンが自閉症を引き起こす可能性など考えもしなかったことを示唆している点である。従って、正統派によれば、ワクチンが自閉症を引き起こすと信じている人は、ウェイクフィールドが意図的に作り出したヒステリーに操られているだけだということになる(ウェイクフィールドは、ワクチンで傷害を受けた自閉症児の親たちから賄賂をもらい、自分たちの主張を支持する証拠を捏造したためにそうなったと言われている)。

この主張の問題点は、それ自体が反証となることである(ワクチンが自閉症を引き起こすかどうかを調べる研究に親たちが進んで資金を提供したのであれば、その考えはランセット論文以前にすでに存在していたはずである)。また、ランセット論文の何十年も前から、人々はこの関連性を主張していた(例えば、コールターの1990年の著書は、ワクチンと自閉症を関連づける何十年もの研究を引用している)。しかし、このような不合理にもかかわらず、ワクチン接種後に子供が急速に発達を低下させた理由に疑問を持つ親を黙らせるという点では、驚くほど効果的であった。同様に、ランセットの「過ち」を決して繰り返さず、ワクチン接種に批判的な論文を発表しないようにという非常に明確なメッセージを、すべての医師と医学雑誌に送ることになった(それ以前の数十年間は、医学文献を通して何百、何千もの批判的な論文が発表されていた)。

ウェイクフィールドの話と彼が経験したことは、それゆえ、現在の出来事に極めて適切:

注:脳炎が回復した人に見られるのと同じ神経学的問題(例えば、脳神経の欠陥や永久的な認知障害)は、自閉症の人に頻繁に観察される。これに関して決定的に重要な点は、「自閉症」という単一のラベルが使われているが、2つのまったく異なる病態が存在するということである。一方(より一般的な方)では、本人は重大な知的障害を抱えているが、もう一方(より一般的に議論されている方)では、本人は特定の領域で顕著な認知的適性を持ちながら、ある特徴的な社会的・情緒的欠陥を抱えており、そのために対人交流が絶えず困難になっている。このことは、教育制度がそれぞれのタイプを同等に扱い、しばしば同じクラスに収容することを非常に残念なこととしている。

最近、スティーブ・キルシュはワクチンと自閉症との関連に注目し始め、この問題に注意を向けさせようとして、3つの非常に重要な点を指摘した:

  • 1. 一般に信じられていることに反して、ワクチンと自閉症を結びつける説得力のある証拠が数多く存在する。 例えば、退行性自閉症はワクチン接種の直後に発症するが、それ以前には発症しない。同様に、ワクチン接種と自閉症発症率との間に相関関係があることを示す証拠も数多く存在する。
  • 2. 現在のところ、私たちが直面している自閉症の爆発的増加を引き起こしている原因について、受け入れられる説明はない。
  • 3. 自閉症の爆発的増加は、わが国が直面している最もコストのかかる病気の一つであり、この爆発的増加について科学的に妥当な説明がないと主張してきた数十年の手のひら返しは通用しない。

これら3つの点が、COVID-19ワクチンによる(しばしば紛れもない)副作用の大波で現在私たちが目にしていることを反映していることにお気づきだろうか。

私は、この聴衆の親たちと同じような経験をした人たちに会ったことがある。

近い将来、COVID-19で傷害を負った人たちも同じような目に遭うだろうし、以前と同じように、ほとんどの人がその存在を否定するだろう。

2022年12月26日 10:19 PM

注:ワクチンと自閉症についてもっと知りたい方には、キルシュの論文を読むことを強くお勧めする。 彼は、最も説得力のある証拠(例えば、ワクチン接種が自閉症と反論の余地のない形で関連した具体的な事例や、このテーマに関する何百もの論文)を簡潔に提示する良い仕事をしており、また、ワクチン接種が自閉症を引き起こすメカニズムについて述べたこのトピックに関する私の記事もある。

対人関係とワクチン接種

私は以前から、多くの「精神医学的」問題は神経学的なものだと考えてきた。それは、薬害後の典型的な脳損傷の徴候と連動して、それらが急速に発症するのを目の当たりにしたからであり、したがって、これらの問題を精神医学的に治療するのは不適切だと考えている(むしろ、その原因となっている器質的な問題に対処しなければならない)。悲しいことに、コールターが示したように、その認識はとっくの昔に医学から忘れ去られたものとなっている:

1920年代のサミュエル・トーレイ・オートンのような研究者たちは、「感情障害」が神経学的現実に由来することに気づいていた。しかし、第一次世界大戦後、心理学、精神医学、特にフロイトの精神分析が圧倒的にポピュラーな医学分野となる一方で、精神疾患と神経学との結びつきはほとんど失われた。

1950年代以降、アメリカの親とその子どもたちは、膨大な規模で心理学化と精神医学化にさらされ続けてきた。ゲシュウィンドは1982年に、この偏見が「感情的適応の困難が脳の変化の主要な結果である場合があることを受け入れることを極端に困難にしている」と書いている。

私が長い間信じてきたコールターのもう一つの重要なポイントは、DPTワクチンによるあからさまな脳の損傷に加えて、より微妙な認知や行動の問題(例えば、軽度の学習障害や暴力的な行動の傾向など)が数多く生じたということである。脳梗塞後の「精神医学的」合併症の多くは、私や多くの読者が身の回りで目にしてきたことを記述しており、目を見張るものがあった。
注:1950年代、この脳障害が社会に現れ始めた後、それは広く認識され、数十年後に正常化される前は、主要な医学権威はそれを「最小限の脳障害」(minimal brain damage/MBD)と呼んでいた。前回の記事では、MBDの最も明白な特徴を、脳梗塞後遺症患者に見られる症状と関連づけながらマッピングした。ここで認識すべき最も重要なことは、MBDが葬り去られる前は、実在し、広く認知されていた症状だったということだ。

MBDによって生じたより微妙な「性格」の変化には、以下のようなものがある:

  • 繰り返し音楽を聴きたがる傾向がある。
    注:中国医学では、身の回りで起こる現象はすべて五行のうちのひとつに当てはめられ、さらに、それぞれの要素がさまざまな条件下でどのように表現されるかを図式化した詳細な体系が生まれた。そのひとつが「金属」であり、秩序、構造、精神的エネルギー(例えば、高度な知的傾向)を特徴とする。私がこの話をしたのは、私が知り合いになったワクチンで負傷した男たちが繰り返し聴いている音楽が、ほとんどメタル要素のものだということに気づいたからだ。
  • 多動性により、心が落ち着かず、周囲のものと完全につながることができない。
    注:この症状は一般的に男性に見られるが、女性はその代わりに、食べることを拒否したり嫌がったり(神経性食欲不振症)、あるいは食べ過ぎたり無差別に食べたりする(過食症)傾向がある。
  • さまざまな程度の健忘症があり、過去の悪行を思い出せない。
  • 感情表現、共感、感情的なつながりにさまざまな困難がある。これは、「仮面のような」外見や、しばしば「固定された」あるいは「凍りついた」と表現される笑顔を引き起こす顔の筋肉の衰えや麻痺と並行して進行する。
  • 環境において、ある一つのことに執着的に集中する傾向がある。
  • 自分自身の現実に没頭し、ときに周囲で起こっていることに気づかなくなり、ぼんやりしているように見え、他人の目を見ることが困難になる。
  • 自分自身の身体的統合(協調性など)や他者との身体的親密さにさまざまな困難がある(典型的なデフォルトは、情熱や自発性、つながりのないアルゴリズム的な動きを精神的に行うことである)。
  • 発声やイントネーションがおかしい(例:ゆっくり、単調、大声で歌う、制御不能な音、無変調、鋭く、特異な音節の不安定化、圧迫された話し方)など、さまざまな発話の問題があり、声が単調になり、響きが悪くなる。話し手は「環境に応じて声の調子を変えることができない」
  • 様々な聴覚処理障害(前回の記事で述べた)も発生する。MBDの症状には挙げられていないが、多くの自閉症児や神経質な成人(私は軽度の自閉症とみなしている)は、音に非常に敏感であることが多い(鼓膜を締め付けることで音を減衰させる神経の機能が損なわれているためかもしれない)。そのため、良質の耳栓(ケイ素製など)をすることで、日常生活の中で心がリラックスし、柔らかくなり(人が何を言っているかは聞こえるが、耳栓が心地よい聴覚的な「減衰」を作り出すため)、眠りにつきやすくなることが多い。
  • 複雑な環境の中で注意を向けることができないため、さまざまな刺激に等しく反応することができない。そのため、見当識障害を起こし、認知プロセスが統合されなかったり、論理的に順序だてられたりする。翻って

現在志向で、[非常に衝動的で]、事なかれ主義で、自己中心的で、とりとめがなく、状況的で、要点をつかむことができない。ユーモアのセンスは抽象的な知識の背景を前提とするため、冗談を言うことができない。

この未発達な感情面は、さまざまな名前で呼ばれ、さまざまな方法で説明される: 「未熟な人格障害」、感情の「鈍化」、「肯定的および否定的な感情に対する能力の低下」家族、友人、性的パートナーとの持続的で、親密で、温かく、責任ある関係を維持する能力の著しい障害、「感情的関係を形成する能力の欠如」、「快感を経験する能力の低下」、「共感性の欠如」、「引きこもり行動」、「愛情を維持する能力の欠如」、「仲間関係の欠如」、「安定した友人の欠如」などである。

注:これは、脳症後の患者に観察される変化のリスト(例えば、エゴイズム、ナルシシズム、自我の弱さ、疎外感、衝動性、情緒不安定、平坦な感情、不安、パラノイア、批判への焦り、怒り、抑うつ、自殺衝動)と似ている。

早熟な性欲は、自我の弱さ[および神経学的な弱さ]と不全感に対処するもう一つの方法であり、誇張された形で、脳障害の軽度の人によく見られる。そして、その結果生じる性欲過剰は、感情的な結びつきによって制限されることはない。

これらのことを知ったとき、私の対人関係は一変した。私が「とても気難しい」と感じていた人々の多くが、実は単に脳にダメージを受けていただけだったのだと気づかされたのだ(そして、私が過去にそのような人々にどのように接してきたかについて、かなり罪悪感を感じるようになった)。このおかげで、私はこのような人々に対して苛立ちよりもむしろ思いやりを持つことができ、彼らの心の中にある不具合を回避する方法を知ることができた。

さらに、コールターのリストを読み進めるうちに、あることが目に飛び込んできた。彼は、女性が男性に対して非常にフラストレーションを感じる典型的な事柄(男性はワクチン脳炎による神経学的合併症を発症する可能性が高い)のほとんどを、特に恋愛の文脈で挙げていたのだ。

注:彼は、男性が女性に対して不満に思うこともいくつか強調していたが、こちらは相関関係がずっと薄かった。

私はまだ若く、このことを観察することはできなかったが、このことに気づくのに十分なほど長い間、機知に富み、鋭い女性購読者が数多くいることに恵まれたので、そのうちの何人かに、第二次世界大戦後(DPTワクチンの集団接種が始まった時期であるため)に生まれた男性が、それ以前の男性と異なっていることに気づいたかどうか尋ねてみた。ある読者の言葉を引用しよう:

yantra

とても興味深い質問だね。まず最初に言っておきたいのは、昨晩あなたの説得力のある記事を読んだ後、私は子供時代、家族、そして自分自身における多くのことを新たに理解し、満たされた気持ちでベッドに入ったということだ。本当に意識が変わったよ。男性については、私は1950年代初頭に生まれたので、まず私の父と同年代の男性(1917年生まれ)とその兄弟(1907年と1908年生まれ)について話すことができる。彼らはとても親切で、思いやりがあり、どんな女性でも簡単に共感し、感情的につながることができる愛情深い男性たちだった。1905年生まれの私の母方の祖父もそうであったが、彼らは皆、非常に長い結婚生活を送った。私が子供の頃に出会った年配の男性(1916年から1930年生まれ)のほとんどは、親切でとても人間的だった。

1939年生まれから1950年代生まれの男性については、非常に思いやりがあり、すぐに打ち解けられる人もいれば、明らかに問題を抱え、感情的に心を閉ざしている人もいる。1950年以前に生まれた人たちのほとんどは、1950年以降に生まれた人たちよりも感情的に丸くなっているようだ。1951年生まれのある男性は、失読症で家族から車の運転すら教わらなかったが、彼独特のやり方で聡明で、非常に思いやりがあり、気遣いができ、他人への接し方や感じ方が(良い意味で)ほとんど女性的だった。

というわけで、これらの投票に正直に答えてくれることを大いに期待したい。

投票

あなたが1950年代以前と以後の男性の心情を観察できる年齢であれば、次のどれに当てはまるか:

  • 違いは感じなかった。
  • 違いは感じなかったかもしれない。
  • ヤントラの言うことに気づいた。
  • その他の感情の変化に気づいた
  • 若すぎて答えられない

投票

1950年以降に生まれたワクチン未接種の男性と少なくとも1人親しくなったことがある場合、彼らの性格の違いに気づいたか?

  • 違いは感じなかった。
  • ワクチン未接種者に会ったことはない。
  • 違いを感じたかもしれない
  • ヤントラが言っていたことを見た
  • その他の良い変化を見た

注:上記の世論調査は、ワクチン接種をしない少数派の人々について言及したものであり、理論的には、彼らはDPT以前の時代に見られたのと同じ変化を示すはずである。

世論調査

1950年代以前に生まれた女性、あるいはワクチン接種を受けていない女性と親しい間柄になったことがある場合、あなたは以下のような違いを感じたか?

  • 違いを感じなかった。
  • そのような人を知らない
  • 違いを感じた可能性がある
  • 間違いなく違いを感じた

注:このような投票では、私が質問できることはかなり限られているので、コメントであなたの考えをもっと読んでいただけるとありがたい。

スティーブ・キルシュの調査

最近、スティーブ・キルシュは、ワクチン接種者と未接種者の健康上の違いを評価するため、13,000人を対象にした調査を発表した。

前回の記事で示したように、キルシュの調査では、様々な一般的な病気がワクチン接種者ではワクチン未接種者より2倍から10倍起こりやすいことがわかった。

私は、この調査結果が正確であったと信じたい:

  • その結果は、生データを見た外部の統計専門家によって最近検証された。
  • 前回の記事で示したように、その結果はこの分野の他の各調査が発見したものと一致している。
  • その結果は、私が経験的に観察してきたことと一致している。

上記の点を、子供たちが小児科を受診する最も一般的な病気である(典型的な痛みを伴う)中耳炎で説明しよう。キルシュの調査では、予防接種を受けると、小児期に中耳炎を頻繁に起こす可能性が5.1倍になることがわかった。また、1544人の親を対象にした別の調査では、ワクチン接種によって中耳炎のリスクが900倍)、ワクチン接種者405人と未接種者261人を対象にした別の調査では、3.8倍であった。

同様のデータは、小児科の診療記録からも見つかった。2047人の小児を対象としたある調査では、ワクチン接種によって中耳炎が2.49倍増加した。最後に、大規模な診療所を持つ小児科医がカルテを分析したところ、同様の増加(3倍から7倍)が見られた:

注:彼の研究では、ほとんどの子供たちが「様々なワクチン接種を受けた」ため、ワクチン接種によって引き起こされた病気の量を過小評価している可能性が高い。

逆に、説得力のある逸話もたくさんある。例えば、次のようなものだ:

  • 最初の数人の子どもは中耳炎にかかり、頻繁に耳管が必要になったが、(ワクチン問題に目覚めたため)末っ子にワクチンを接種しないことにしたところ、その子は中耳炎にかからなくなった。
  • 多くの医師が、ワクチン接種、特にDPTワクチンが頻繁に中耳炎を引き起こすことを観察したと話している。
  • 親友の親戚が医師で、インドのアシュラムに滞在していた。そこで子供たちを助けるために、彼は最終的にDPTワクチンを接種することにした。その結果、子供たちの大半が中耳炎を発症した。それに比べ、彼はそれ以前の数年間、中耳炎を見た記憶がなかったという。この話を聞いて、私はDPTが中耳炎の原因であることを確信した。
  • アーチー・カロケリノス医学博士は、オーストラリアのアボリジニ・コミュニティに赴任し、DPTワクチンが乳幼児突然死を引き起こすこと、また、ビタミンCを子供に与えることで(現地ではビタミンC欠乏症が蔓延していたため)しばしば予防できることを証明する上で極めて重要な役割を果たした。SIDSは彼の回顧録の焦点であったが、彼はまた、DPTワクチン接種と中耳炎を含む他のいくつかの病気との関連性を明らかにすることができた。
    注:カロケリノスの物語については、こちらで詳しく述べている。

トランスジェンダーのデータポイント

キルシュが13,000人を対象に行った調査では、参加者は78の異なる疾患(例えば「脊柱管狭窄症」)を選択することができたが、その中にはワクチン接種との関連性がないもの(例えばCOPDでは1.02倍の増加)もあれば、ワクチン接種との関連性が強いもの(例えば熱性けいれんでは10.8倍の増加、てんかんでは7.09倍の増加-どちらも以前からワクチン接種との関連性が指摘されている疾患である)もあった。このシリーズは、キルシュが自分の調査で意外な結果に気づいたことから始まった。3番目に多かったのは、ワクチン接種者はワクチン未接種者よりも性的指向の問題を経験する可能性が6.9倍高いというものだった。そのため、彼はそのデータを詳しく調べることにした:

その結果、データプールを60歳未満に限定した場合、ワクチン接種者は性的指向の問題を発症する可能性が13.6倍高く(さらにデータが入ると14.5倍になる)、24歳未満に限定した場合、ワクチン接種によって性的指向の問題を発症する可能性が10.4倍高くなることがわかった。これは非常に高いオッズ比であり、キルシュはワクチン接種がトランスジェンダーの90%以上の主な原因であることを証明した(ちなみに、喫煙は肺がんを引き起こすオッズ比が15~30倍である)。

私の回答は以下の通り:

1. 彼らが選択した選択肢が「性的指向/性同一性の問題および/または性同一性障害」であったため、ゲイ、レズビアン、バイセクシュアルの人は、特にそのようなセクシュアリティを持つことに抵抗がある場合、チェックするかもしれない。
注:この質問について、最適な表現方法を提案する人がいれば(私は確信の持てるものを思いつかなかった)、キルシュに送り、彼が次回の調査に取り入れることができるようにしよう。

2. 関連はありそうだと感じたが、私の推測では、14.5倍というよりは、ジェンダー違和の割合が2~4倍増加する範囲であり、方程式に入る交絡変数がいくつかありそうだった:

  • ワクチン接種をしない親は、トランスジェンダーを奨励することに政治的に反対している可能性が高い。同様に、ワクチン接種をしない親は、神経学的・精神医学的に重大な問題を頻繁に引き起こす、無数の他の医薬品(例えば、スタチン、思春期阻害剤、抗うつ剤)を提供することに反対している。
  • ジェンダー違和は過去10年間で急増したが、その間にワクチン接種(最近導入されたコロナワクチンを除く)が増加した度合いははるかに小さい。しかし同時に、自閉症の罹患率が(一般にワクチン接種の増加に追随して)不可解なほど以前よりずっと高くなっているのと同じように、トランスジェンダーについても同じパターンが見られることも否定できない。例えば、最近の調査によれば、1997年から2004年生まれの1.9%がトランスジェンダーであり、ミレニアル世代では1.0%、1965年から1980年生まれでは0.3%、1946年から1964年生まれでは0.2%、1928年から1945年生まれでは0.05%である。
  • ジェンダー違和を生み出す社会的圧力を考慮する必要がある(例えば、ジェンダー違和は特定の仲間集団に集まり、それが急速に広がっていくことがよく観察される)。
  • 内分泌撹乱物質の影響を考慮する必要がある。

要するに、すべてのケースでワクチンが主な原因である可能性は低いが、ワクチンが神経学的ダメージを与え、ジェンダー混乱を引き起こす他の要因(社会的プレッシャーなど)の影響を受けやすくしている可能性はあると感じている。

注:自閉症に2つの「タイプ」(社会的に不器用な認知能力者と知的障害者)があるのと同じように、私の友人たちは、彼らが接する典型的なトランスジェンダーは、平均以上の知能と高度な知覚能力(サヴァンも多い)を持つ傾向があることに気づいている。その例として私が好きなのは、『マトリックス』や『Vフォー・ヴェンデッタ』など、傑作といわれ、映画ではめったにお目にかかれないような多次元的なプロットを織り成すことに並々ならぬ才能を発揮した2人の兄妹、ウォシャウスキー監督である。同様に、このような特徴にはさまざまな文化的な言及がある(例えば、ヒルジャ族や “2つの魂を持つ人々 “は、長い間、芸術や音楽の分野でその才能を認められてきた)。このことは、神経異型者(例えば、軽度の自閉症者)が、従来の人々には決して思いつかないような重要なことを推理し、認識することができるという観察にもつながっていると私は考えている。

内分泌かく乱物質

内分泌攪乱物質(例えば、多くのプラスチックに含まれるようなエストロゲンを模倣する化合物)が人間の生理機能を大きく攪乱しているという考え方は、長い間信じられてきた(これについては、このオーディオブックで詳しく述べている)。

このことは、例えば、何十年もの間、男性が生殖能力とテストステロンレベルの大幅な低下を経験していること、テストステロン補充によって様々な男性の健康問題が改善すること、脳へのエストロゲン信号を遮断する薬(クロミフェン)によってテストステロン補充と同様の効果が得られることが多いという観察によって説明できる。クロミフェンは、テストステロン産生を阻害するエストロゲンが脳内で作り出すシグナルを阻止することによって働くので、このことは、環境エストロゲンによって重大な影響が生み出されていることを示唆している。

エストロゲン攪乱化学物質(EDC)の主な影響は、動物の正常な性的発達に影響を与えている。例えば、アレックス・ジョーンズの有名な暴言「糞カエルをゲイにする化学物質を水に入れるのは気に入らない」は、今でも広く使われている除草剤(アトラジン)について言及したもので、それが散布された畑のカエルが両性具有(オスとメスの性器が組み合わさったもの)になることが20年以上前から観察されている。このことから、内分泌撹乱物質による広範な環境汚染が性的嗜好を変化させているのではないかと多くの人が考えるようになった。

このテーマに関して私が見つけた最も優れた論評のひとつは、この問題を研究するために2005年に書かれたものである(これは、近年それがいかに政治的に正しくないものになっているかを示している)。その論文では基本的に次のように示されている:

内分泌かく乱化学物質(EDC)はジェンダーの問題を曖昧にしているのか?
論文番号:10.1289/ehp.113-a670 PMCID: PMC1281309 PMID:16203228 アーニー・フード この記事は訂正された。Environ Health Perspect.2006 January; 114(1):A21. 要旨 科学者たちは内分泌
  • 動物がEDCに暴露されることと、動物の性的変化(ジェンダーアイデンティティに影響を与える可能性のあるものも含む)とを結びつける、反論の余地のない証拠が多数存在する。
  • EDCがヒトのセクシュアリティに影響を与えることを示す証拠はいくつかある(しかし、かなり少ない)。
  • EDCは非常に低い濃度(例えば、私たちが環境中で暴露しているレベル)で動物に性的影響を与える。
  • トランスジェンダーでは、セクシュアリティに影響を与える脳の領域が変化しており、それらの領域も内分泌かく乱化学物質によって変化する。
  • 非常に強い内分泌かく乱化学物質(DES-先天性異常やガンを引き起こすことで知られ、現在では非合法化されているエストロゲン類似物質)への曝露を経験した500人の男性を調査したところ、そのうちの150人以上が「さまざまなジェンダー関連障害のいずれかに罹患していると自認している」ことがわかった。

私が見た中で、この疑問を評価した最新の研究は、2017年から2020年にかけて中国(このテーマに触れることを避ける政治的圧力が少ない)で実施された。1430人の中学生を集め、3年間にわたり、彼らの尿をEDCの存在について分析し、男性的または女性的特徴を評価する標準化されたスコアと合わせて繰り返し測定し、それらの間に相関関係があるかどうかを評価した。その結果、基本的に女性には差がなかったが、男性には有意差があった(下図)。

これらの結果は、ほとんどのEDCがエストロゲンを模倣するため、女性を男性化するよりも男性を女性化する可能性が高いという事実と一致している。このことは、ジェンダー違和を持つ男性(トランス女性)はトランス男性より2-4倍多いという(少なくとも最近までは)既存の統計を反映している。しかし、これらの結果は、トランスジェンダーがケアを求める頻度が1990年ごろから増え続けているというよくある観察結果を説明するものではない。同様に、キルシュの調査で観察された大きな差も説明できない。

注:内分泌かく乱作用とワクチン傷害を結びつける別のメカニズムもある。全身に微小脳梗塞を引き起こす傾向が頻繁にあるため、ワクチン接種は様々なあからさまな神経学的問題(例えば、この論文と前回の論文で述べたものの多く)を引き起こす可能性がある。脳炎後の症例が観察されていた当時、個人の食習慣が変化した例が数多くあった(例えば、食べる意欲を失い、やがて衰弱することもあったが、より一般的なのは病的な空腹感を覚え、体重が急激に増加した例である)。コールターはさらに、当時の多くの事例を挙げて、次のように主張した:

下垂体、視床下部、内分泌系、あるいは体重増加を調節する他のメカニズムの異常を示す、肥満に至る体重の大幅な増加が認められた。これは「後脳症性肥満」あるいは「病的肥満」と呼ばれた。

同様にコールター氏は、ワクチン接種後にこのようなことが起こった2つの症例を挙げており、そのうちの1つは最終的に甲状腺機能障害に起因するものであった。

私の同僚の中には、下垂体機能不全(多くの場合、血流の悪化が原因)が糖尿病の根本原因であると考えている者が何人かいたので、これは非常に興味深いと思った。彼らは、これに対処することで患者の糖尿病が治癒した症例を共有している。このことから、ワクチン接種による下垂体の問題(甲状腺の問題に比べて評価される頻度ははるかに低い)が、この図のもう一つの重要な側面ではないかと私は考えている。

ワクチン接種とトランスジェンダー

注:私が住んでいる中西部ではトランスジェンダーは比較的少ないので、この記事で私が行っている推論の多くは、限られた観察からの推定と、この層についてかなり多くの経験を持つ鋭い同僚との長い議論に基づいている。例えば、私の親しい友人には、幼少時にワクチンによる傷害の兆候が多く見られ、部分的に自閉症になり、10代でクロス・ドレッシングに固執するようになった兄弟がいた。

キルシュがジェンダー違和の質問をアンケートに入れたのは、ワクチンがトランスジェンダーを引き起こすという、多くの人が長年抱いていた疑念を反映したものである。私の知る限り、この2つの関連性については3つの説明がある。

  • 1. ワクチンには外来のDNAが含まれており、外来のDNA(特に異性のもの)があなたのゲノムを汚染し、あなたを部分的にハイブリッドに変えることで、身体が混乱し、あなたが実際には異ジェンダーであると思い込む可能性がある。
    注:この点を心から信じている人たちと何時間も議論してきたが、どうすれば証明できるのか、あるいは反証できるのか、いまだに分からないので、以後ハイブリッド説の議論は控えることにする。
  • 2. ワクチンは自閉症を引き起こし、自閉症はトランスジェンダーを引き起こすので、ワクチン接種がトランスジェンダーを引き起こすと主張するのは公正である。
  • 3. トランスジェンダーは脳炎の別の合併症である。
    注:最後の点は、言及されることが圧倒的に少ない点である(例えば、私がこれを支持する証拠を探したのは、そうかもしれないと疑ったからであり、その際、このテーマに関する研究を見つけるにはかなり遠くまで探さなければならなかった)。

2つ目のポイントは、自閉症児は「ジェンダー多様性」(トランスジェンダーなど)を持つ可能性が劇的に高いという長年の観察に基づいている。説明しよう:

逆に、トランスジェンダーは自閉症である可能性も非常に高い(例えば、既存の研究では、一般人口の1.85%の割合に対し、6〜26%の割合でトランスジェンダーが存在する)。さらに、ほとんどの既存研究では、女性の自閉症者の方が男性の自閉症者よりも「ジェンダー多様性」の割合が高く(およそ2:1の割合)、一方、男性は女性よりも自閉症になりやすい(およそ4:1の割合で発生する)ことが判明している。

現在、自閉症とトランスジェンダーとの相関関係はよく認識されている(例えば、トランスジェンダーと医学的あるいは職業的に頻繁に接する私の友人たちは皆、トランスジェンダーに自閉症が多いことは紛れもない事実だと同意している)。しかし、このことが認識されているにもかかわらず、なぜこのようなことが起こるのかについては、あまり合意されていない(これは、このテーマ全体が政治的な地雷原であり、誰も「無神経な」立場を公に支持することで自分のキャリアを危険にさらしたくないという理由もあるのだろう)。最も一般的に挙げられている理由には、以下のようなものがある:

  • 自閉症者は社会的条件付けに対してより抵抗力があるため、ジェンダー違和を認識し受け入れる可能性が高い(一方、一般的な人々はそれを抑圧する可能性が高い)。
  • 自閉症者は何かに執着する傾向があるため、異性からの概念に接すると執着が生まれ、最終的には異性のアイデンティティを受け入れたいと思うようになる。
  • 自閉症に見られる硬直的な思考は、ジェンダーに典型的でない、通りすがりの興味を誤って解釈してしまう可能性がある。
  • 自閉症によく見られる変化に対する不寛容は、思春期に伴う身体の変化(例えば、月経や勃起したペニスを持つこと)を拒絶する原因となりうる。
  • 自閉症患者は外部からの刺激に過敏であることが多いが、これは外部からの信号を通常減衰させる神経や脳の構造が損傷していることが原因のひとつであると私は考えている(多くの場合、外部からの信号が全身に広がる微小な脳梗塞の結果として)。この過敏性によって、彼らは異性の習慣を取り入れるような物事を知覚したり、好んだりするようになる(例えば、異性の服の方が着心地が良いので、異性の服を選ぶなど)。

上記のようなことが、自閉症者のジェンダー違和やトランスジェンダー率の上昇に関与している可能性はあると思うが、キルシュのデータに見られる7倍から14倍の上昇を説明できると言うのは無理があると思う。これは、他の潜在的な関連性について誰も公に議論したがらないからだと私は思う。例えば

  • 自閉症児は特に虐待を受けやすい。私たちはERでかなり悲しいケースを目にしてきたし、自閉症児をケアしている私の友人たちは、このことが隠蔽されていることが、社会が自閉症に対処する方法の最大の問題だと考えている。既存のデータによれば、自閉症児(および知的障害児)は、いじめを受ける確率がおよそ3〜4倍、身体的虐待や性的虐待を経験する確率が2〜3倍、小児保護サービスに紹介された虐待を経験する確率が2.4倍である(しかし、CPSが事情を調査する確率は50%低い)。その結果、自閉症児はPTSDになる確率が同世代の8~10倍になる。

トランスジェンダーも同様に、小児期の虐待を高い割合で経験し(身体的虐待で1.8倍、性的虐待で2.0倍)、性的虐待に関連した状態になる割合も高い(例えば、PTSDになる確率は同世代の10倍)。多くのトランスジェンダーは、自分が異性であることに気づく前に性的暴行を受けているため、虐待がジェンダー違和の引き金になったのではないかと疑う人が多い(一方で、関連性を否定し、それを示唆するのは非常に不快だと考える人もいる)。

  • 多くの団体は、不幸な人々に手を差し伸べ、自分たちのイデオロギーが(それが事実であるかどうかにかかわらず)彼らの人生において間違っていることのすべてを解決するものだと伝えることで、自分たちのイデオロギーを広めようとする。このため、多くの若い人たちは、自分たちが経験している不安や不快感(その多くは医薬品による神経学的損傷である)は、実際には認識されていないジェンダー違和によるものであり、いったん移行すればすべてよくなるというメッセージを受け取る。コロナワクチンを接種して傷害を負ったリベラルな人々が、1980年代にクローゼットから出てきたゲイと同じように、仲間たちから手厳しく攻撃されたのと同じである。
    注:不安でつらい思春期を過ごした私の女友達の一人は、もし彼女が今生きていたら、後戻りできないジェンダー移行を受けるよう説得されていただろうと語っている。

脳炎とジェンダー・アイデンティティ

ハリス・コールターが著書で繰り返し強調したのは、多数の人々が予防接種によって脳炎を発症したことがもたらす深刻な結果であり、脳炎がもたらす脳の損傷がアメリカで見られるセクシュアリティの変化の原因であるということだった:

最小限の脳損傷者(MBD)の統合されていないセクシュアリティは、混乱した性的アイデンティティ、同性愛、両性愛を意味する「ジェンダー・アイデンティティ障害」の形をとることもある。

もちろん、過去30年間の性的革命は、同性愛がアメリカ生活における主要な社会的・政治的影響力を持つようになったことを意味する。

それゆえ、私は彼がその主張をするために使った文献を見たかった。残念ながら、彼はこの本を書くのに使った文献の半分しか公表していない。そのため、私は基本的に、彼が主張することを正確にかなり綿密に述べているという事実に基づいてコールターを信用することになった(しかし逆に、この問題に関してはかなり偏っていた可能性もある)。

それにもかかわらず、彼は自分の主張を裏付ける証拠をいくつか提示した。それは以下のようなものだった:

  • 彼は、MBDの患者や脳炎から回復した患者が性欲亢進症になることが広く認められていることを強調した。現代の研究では、LGBTQの人たちの性欲亢進が顕著であることが認識されている。
    注:2番目に多いタイプの認知症である血管性認知症(脳への血液供給が途絶える別の疾患)も、性欲亢進を引き起こすという特徴がある。
  • 認知症患者はまた、しばしば自分自身や環境の意味を理解することが困難である(例えば、この記事で前述した点以外にも、前回の記事で、左と右、上と下の区別が困難であることがしばしば観察されることについて述べた)。
  • 後脳症症候群に関する1931年の古典的な論文では、この問題について論じている:

混乱したセクシュアリティ、バイセクシュアル、ホモセクシュアルは、脳後遺症のさらなる特徴である。フォン・エコノモは、脳後遺症患者が「あらゆる種類の性的不品行にふけり、自分自身をそのようなものの喜んでの相手にする」と指摘した。. . 性的非行は…これらの患者の一般的な習慣のままである”。一般に、性的問題に対する彼らの態度は衝動的で表面的であり、彼らの性生活は「非人間的で、些細で、うまく統合されていない」

コールターはまた、フォン・エコモノの症例の一つを引用している:

N.N.、20歳、男性…。1918年1月、4歳のときに急性(流行性)脳炎にかかり、すぐに後遺症は残らなかった。数年後、行動障害が明らかになった。彼は常に他人のものを盗み、学校から逃げ出し、性的に非行があり、道で見知らぬ人を呼び止めては金を要求した。. . . 別の病院では変態的な性行為を認めている。彼は攻撃的で衝動的な傾向を示し、感情的に過剰反応し、不安定で、いらいらしやすく、予測不可能であった。入院初期には、時折同性愛の傾向が見られた。…行動は引き続き異常であり、同性愛的傾向が強い。彼は[男性とセックスする]目的で夜間病棟内を徘徊し、昼夜を問わず非常に注意深く継続的な監視が必要である。時には、彼の誘いに憤慨した弱い患者を襲おうとすることもある。

注:1931年の原文を入手することができなかったので、コールターのあらすじが正確であると仮定せざるを得なかった。

  • コールターは側頭葉てんかん(脳炎に伴う発作性疾患の一つ)に関する権威ある論文を正確に引用しており、そこには次のような記述がある:

表1 よく引用される側頭葉てんかんの発作間行動症状

性的機能障害: 全体的な性欲減退、性欲減退、親和性と興味の変化。

臨床的証拠から、TLE患者には、周期的なインポテンツや性欲減退、性欲の減退、性欲減退などの症状を示すグローバルな性欲減退が広くみられることが証明されている。 場合によっては、愛の対象に対するカテキシズムが両性愛、女装、フェティシズムに逸脱することもある。 エロティックな空想や夢が侵食され、性的関係に対する熱烈な欲求が持続しないこともある。

コールターが説明したことと同じようなものがないか、現代の文献に目を通したところ、驚くべき2022年の症例報告が見つかった:

辺縁系脳炎(LE)は脳炎のまれな原因であり、一般に精神神経症状、記憶障害、発作、運動障害を呈する。左扁桃体を侵すLEを呈した41歳女性患者の症例を示す。患者は意識障害と痙攣を訴えて救急部に入院した。腫瘍随伴性および辺縁系マーカーは陰性であった。この症例は血清陰性LEと診断された。診断から3〜4カ月後、性的嗜好が女性に変化したことが観察された。性行動の変化を伴うLEの症例に関する報告は、これまで発表されていない。患者はメチルプレドニゾロン(IVP)静注と抗てんかん薬3剤併用療法で治療された。治療後、性行動の変化は以前の状態に戻った。

しかし、コールターが関連性を立証するのに十分な証拠を提供しているとは思えなかったので、私は別の方向から見てみた-トランスジェンダーはMBDによく関連する障害の罹患率が高いのか?

性同一性障害に関連する疾患に関するほとんどすべての文献は、うつ病、不安障害、自殺、心的外傷後ストレス障害などの関連する精神疾患に焦点を当てがちであり、これらの疾患によって経験する苦しみが、本来のジェンダー・アイデンティティに移行することを正当化すると主張できるためであろう。

しかし、(先に述べた自閉症以外の)他の疾患に関する研究は驚くほど少ないが、適切な論文を2つ見つけた。ひとつは小規模な研究:

ジェンダー違和を持つ症例の90%が、少なくとも1つの精神医学的診断を受けていた。注意欠陥・多動性障害(ADHD)(75%)が最も多く、次いで大うつ病性障害(25%)であった。

その他の精神医学的併存疾患は、反抗性障害(ODD): 10%、社会恐怖症:5%、特異的恐怖症:5%、全般性不安障害:5%、分離不安障害:5%であった: 5%、分離不安障害:10%、尿崩症:25%であった: 10%、遺尿:25%、失禁:5%、薬物乱用:5%: 5%.

系統的レビューもある:

これらの研究はすべて、トランス男性とトランス女性の両方を含むGD患者の左利きの増加を発見した。アルファベット順に並べると、Green and Young (2001)は、トランスジェンダーが高いレベルの非右利きを示すことを発見し、Watson and Coren (1992)は、男性から女性へのトランスジェンダーの35%が左利きであることを発見した。

ADHDはMBDと最もよく関連する疾患であり(一時期、この2つの用語は同じ意味で使われていたほどである)、同様に右利きでないこともMBDとよく関連する(そして、個人的にワクチン接種後の傷害を目撃したことがある)ので、この発見は注目に値すると考えた。加えて、MBDに特徴的な3つの異常な症状(反抗性障害、尿崩症、encopresis)もあった。

注:左利きに関する詳細な研究が存在するのは、左利きが「汚名を着せられるような疾患」でないためだと思われるが、他の疾患はほとんどそうである。

私が探していたデータはオンライン上には存在しなかったので、キルシュのデータからそれを見つけ、どのようなパターンが現れるかを見てみることにした。このシートで「性的指向」を検索した結果、62の項目が見つかったが、そのうちの1つは実際にその問題を報告しておらず、3つはワクチン接種の有無について報告していた。この3人のうち、1人は小児科医から性的虐待を受け、独身になった過去を語り、若い女性はPANDAS(脳炎を引き起こす可能性があると私は考えている)を含むさまざまな疾患について、新生児ビタミンK注射(これは時に問題を引き起こす可能性がある)を受けたことを語り、最後の1人(年配の男性)は、他の唯一の疾患は関節炎であると述べた。

残りの56人では、21人が生涯のワクチン使用量を「非常に多い」、12人が「多い」、11人が「中程度」、12人が「少ない」と回答した。43人がアメリカ人であり、各州は人口にほぼ比例している。27人が女性、28人が男性、1人がジェンダー不詳で、年齢は全員が平均37.9歳、女性が31.1歳(最年少は15歳)、男性が45.1歳(最年少は18歳)であった。35人が自分の子供について記述した親からのもので、19人が自己申告、35人が子供について、1人が配偶者について、1人が不特定の関係であった。

回答者のほとんどは、その他のさまざまな慢性疾患(そのほとんどが、ワクチンによる傷害が典型的に漏出したものであり、スティーブ氏が調査対象とした理由でもある)を患っていた。含めるのが適切でない疾患(ダウン症やコロナワクチンによる傷害など)を除外すると、回答者の総数は0~12で、平均4.5であった。それらの病気は(回答者の何番目と何パーセントが持っているかでリストアップされた)以下の通りであった:

上位の調査結果は、MBDに最もよく関連する2つのもの(ADHDと食物アレルギー)と一致するため、ジェンダー違和がそれらと関連しているという議論を支持するものである。しかし同時に、MBDによく見られる発達障害は、このリストではかなりまれであり、私が見たクラスタリングは、私が観察すると予想していた大きさではなかった。ジェンダー違和が本当にワクチンの脳障害と相関していると仮定すると(そうではないかもしれないが)、この矛盾には2つの説明ができる:

  • キルシュの調査では、MBDに関連する微妙な神経学的問題の多くを尋ねていない(ワクチンの安全性運動においてさえ、比較的知られていないテーマであるため)。
  • 「性的指向の問題」はMBDのより微妙な(あからさまでない)症状であるため、より重度の脳損傷で観察される問題とは必ずしも相関しない。

注:トランスジェンダーの脳でどのような変化が起こり、ワクチン脳炎でどのような変化が起こるのかを正確に理解することができれば、この問題に決着をつけることができただろう。私が直面した課題は、これが私の知識ベースの外にあるかなり専門的な知識であること(私は神経放射線科医でも病理学者でもないため)、そして過去(ワクチン脳炎の脳解剖が頻繁に行われ、報告されていた頃-現在では決して行われない)にはMRIが存在しなかったことである。

最後に、症状リストを見ると、5.4%がチックのような運動障害(すなわちトゥレット症候群)を抱えていることに気づくだろう。これは、ジェンダー違和とトゥレット症候群(多くの人がワクチン接種と結びつけている症状)の間の長年の関連性を基礎とするもので、最近、少なくとも294人の子供たちがパンデミックの間に、TikTokで他の人たちがそれについて話しているのを見て、その症状を発症したことから注目されるようになった(それらの動画は約100億回再生された)。発症した子どもの87%が女の子で、ジェンダー違和に関連する多くの症状(例えば、3分の2が不安診断、4分の1がうつ病、4分の1がADDまたは自閉症)を持っており、さらに12%~43%(サンプルによって異なる)がトランスジェンダーまたはノンバイナリーであったことから、チック障害を生み出したのと同じ社会的伝染が、現在頻繁に見られるジェンダー違和のクラスターも生み出しているのではないかと多くの人が考えるようになった。

同様に、1996年に報告された、境界型学習障害を持つ成人男性患者の悪名高い症例がある。この患者は、女装と性転換を強く希望しており、トゥレット症候群の治療に通常用いられる薬物療法を開始した直後に消失したが、1年後に薬物療法を半分に減量した直後に再発した。ピモジドはさまざまな妄想や幻覚の治療にも使われるため、精神科医はこの症例が、重度の統合失調症で認知機能が低下している患者(このような患者は自分の性器について妄想を抱くため)に時々見られる、(ジェンダー違和の典型的な原因ではない)自己性愛(autogynephilia)の症例ではないかと疑った。

感度と特異度

ガバナンスと政治に関する私の見解についての最近の記事で、私は、人々が直面する課題の多くは、最終的には、公共政策に関する2つの相反する立場の間で許容できるバランスを見つけようとすることに帰着するという私の見解を述べた。

注:何十年もの間、ワクチン懐疑論者が公の場でワクチン接種について議論することは長年禁止されてきた(そのたびに「専門家」は恥をかかされ、国民はさらにワクチン接種への意欲を失っていったからだ)。ピーター・マッカローは最近、ポッドキャストでワクチンについて討論することを許可され、コロナワクチンのリスクがその利点を明らかに上回っていることを示すことで、ワクチン推進派の司会者に見事な反論をした(これはその後、インターネット上で広まった)。

多くの場合、このバランスは、どれだけ一貫して自分の掲げた目標(例えば、凶悪犯罪者を刑務所に送ることで社会から排除する)を達成できるかという問題と、どれだけ頻繁に目標をオーバーシュートするか(例えば、無実の人を投獄する)という問題であり、医学の分野では、この概念はスクリーニング検査で最も頻繁に出てくる(例えば、危険ながんを早期に発見したいが、同時に、そこにあったものがそもそも何の問題も引き起こさないのに、すべてのプロセスを経て苦しむ人を出したくない)。

この感度(一貫して目標を達成する)と特異性(目標をオーバーシュートして巻き添えを作らない)のバランスは、それぞれが相反するものであるため、非常に難しいことが多い。このため、社会内の多くの制度は、基本的に、感度を優先させたい側と特異性を優先させたい側との間で、長年の議論と政治的活動の末に到達した妥協の産物なのである。

トランスジェンダー医療の場合、これと同じ問題が再び現れる。一方では、間違った身体であることから計り知れない苦しみや苦痛を経験し、必要な支援を受けるどころか社会から疎外されたり攻撃されたりしている状況からさらに大きな苦痛を経験しているトランスジェンダーが大勢いる。その反対に、自分がトランスジェンダーだと思い込むようになり(そうではないのに)、そうではないと気づいたときには、すでにジェンダー移行による永久的な変化があるため、何もできない人もたくさんいる。

一般的に、この問題が議論されるとき、相手側の状況を無視している(例えば、トランスジェンダー医療に反対する人の多くは、多くのトランスジェンダーが非常に困難な生活体験をしていることや、移行した人の中には非常に前向きな経験をしている人がいるという事実にほとんど気づいていない) 残念なことではあるが、これは非常に論争的な政治的議論において目撃される典型的なことである。

略奪的なビジネス慣行

感度の低さや特異性の低さに対処するために、政治家はどちらか一方を高める法律を制定することがよくある(例えば、最近、共和党の19州がジェンダーを肯定するケアを制限する法律を制定したが、これは要するに特異性を高めることを目的としていた)。多くの場合、こうしたアプローチは目標をオーバーシュートして終わる。

例えば、オバマ大統領が2010年に制定した医療法には、連邦政府から資金援助を受けている医療施設、プログラム、活動に対して、ジェンダー・アイデンティティや性表現に基づいて保険適用やケアを拒否することを禁止する条項が含まれていた。この条項は、それまで拒否に遭っていた人々を支援すると同時に、トランスジェンダーに頻繁に提供されるかなり高額なサービスに対する支払いを拒否することが違法となったため、一夜にして巨大な産業を生み出した。

注:この業界の財政については、最近のインタビューで語られている。

つまり、感度と特異性のバランスは「十分に」とれるが、ひとたび金(ひいては腐敗)が方程式に入り込めば、そのバランスは急速に失われるということだ(例えば、腐敗したFDAがコロナワクチンを承認し、それが効果的でなく極めて危険であることを示す証拠の津波があったにもかかわらず、市場に出し続けたことを考えればわかる)。

注:また、ある悪質な行為者がその行為を免責される一方で、別の行為者が「解決策」から利益を得るような社会的メッセージがしばしば選ばれることにも気づいた。例えば、10年前にブラジルで発生したジカ熱では、最近その地域で散布された蚊用殺虫剤の影響を誰もが無視していた。

製薬業界は、他の業界が作り出している無数の病気に対する「治療法」を売ると同時に、その業界が作り出している状態に対する治療法も売っているため、この分野では最悪の役者の一人である(そのため、とりわけワクチンの背後にある実際のビジネスモデルは、ワクチンが作り出している他のすべての慢性的な問題に対する薬を売ることだと多くの人が主張するようになった)。

個人的には、この問題は精神衛生の分野で特に深刻だと考えている。他の多くの医薬品(例えば、避妊薬やワクチン)の副作用のために精神科の薬が無差別に投与され、その結果、他のさらに深刻な精神医学的問題の数々が引き起こされるからだ。

最近の記事で、私はルプロンの話を取り上げた。簡単に説明しよう:

  • ルプロンは、(程度の差はあれ)体内で性ホルモンを作る能力を永久に無力化することによって作用する。ホルモンは生命維持に不可欠であるため、この薬物のリスクがその利点を大きく上回ることがよくある。
  • このようにリスクとリターンの比率が悪いため、最初の承認は、進行した(おそらく致命的な)前立腺がんの緩和治療薬として、現在禁止されているエストロゲン類似物質(DES)の代替薬としてだった。当然のことながら、誰も手を出そうとしなかった。
  • この問題を解決するために、ルプロンは医師が誰かに投与するたびに数千ドル儲かるような価格に設定され、やがて広く使用されるようになり(例えば、かなり軽度の前立腺癌など)、泌尿器科医の収入の半分を占めることもしばしばで、ルプロンが患者のためになると信じていない53%が、それでも使用することを認めた。
  • さらに売り上げを伸ばすために、さまざまな用途が考案された(子どもの思春期を止める、子どもの背を高くする、卵子を採取する、生理痛や過多月経など女性のさまざまな問題を治療する、など)。
  • ルプロン(および関連するGnRHアゴニスト)は、その固有の毒性により、市販されている薬剤の中で重篤な合併症を起こす割合が最も高く、その結果、多くの人々(特に)がこの薬剤によって人生を永久に台無しにされてきた。しかし、ルプロンを売れば大金が手に入るため、業界はほとんどすべての訴訟をもみ消すことに成功し、ルプロンの害はまだ比較的知られていない。

トランスジェンダー医学の世界では、ジェンダー移行を考えている子どもたちにGnRHアゴニスト(ルプロンなど)を投与することが現在のプッシュのひとつである。なぜなら、それは子どもたちが決心しようとしている間にプロセスを開始するための「安全で可逆的な」方法であり、後に美容的に満足のいくジェンダー移行を行う能力を妨げる可能性のある性的形質の発達を防ぐことができるからである。

ルプロンに以前から親しんでいたことから、私はすぐに、この薬を不謹慎にも売り込むために開発されている現在のアプローチだと解釈し、トランスジェンダー医療で使用されている現在のガイドラインをすべて読んでみたところ、次のことがわかった:

  • 彼らはさまざまな状況で思春期ブロッカーを投与することを自由に推奨し、その効果が一時的で可逆的であることを強調し続けている(これは真実ではない)。
  • ホルモン補充(これははるかに利益が少ない)の危険性は言及されたが、GnRHaの危険性は言及されなかった。その結果、これらの薬がトランスジェンダーの人々に与えている広範な身体的・精神的ダメージは、まだ比較的認識されていない。
    注:さらに、リークされた通信文書によれば、これらのガイドラインを作成している人々は、自分たちが何をしているのか、思春期ブロッカーを投与することで長期的にどのような結果がもたらされるのかをまったく理解しておらず、思春期ブロッカーに対する推奨において、特異性よりも感度を大幅に優先させることを意図的に選択していることがわかった。

ルプロンの例が示すように、私は、この業界が、特異性(実際にトランスジェンダーでない子どもたちがトランスジェンダーにならないようにすること、利用される医学的アプローチがその利点を大きく上回る害を持たないようにすること)よりも、感受性(ジェンダーを肯定するケアを必要とするすべての子どもたちがそれを受けられるようにすること)を優先するようになったのは、お金が絡んでいるからだと感じている。
注:健康的な服装の秘密に関する最近の記事#の中で、私は、女性が社会の現在の美の基準に適合できるように、社会から極めて不健康な服装(または履物)をするよう圧力をかけられてきた長い歴史について述べた(例えば、ブラジャーが非常に新しい発明であり、乳がんと強く関連しているなど様々な問題を抱えていることについて述べた)。生物学的な性別から生じる自然な身体の特徴を抑制しようとする現在の動きは、その傾向の現れであると強く主張することができる。

この分野における感度と特異性の現在のミスマッチは、セントルイスにあるジェンダーを肯定するケア・クリニックの内部告発者を取り上げた『ドクター・フィル』の最近の(短い)コーナーで説明された。彼女は、ジェンダーを肯定するケアが急速に承認され、その後その選択を後悔する子どもたちのグループを目撃した(例えば、体の一部を元に戻してほしいと懇願する多数の子どもたちからの電話があった)。しかし、彼女がこのような問題を指摘すると、上司は口を閉ざした(同様に、思春期ブロッカーの投与は壊滅的な副作用があるため、親が中止を要求しても、上司は中止を拒否した)。

注:かつて、子供がゲイであることを受け入れられない親は、それを治すために子供を「セラピー」に通わせることがよくあった。こうしたプログラムはしばしば非常に虐待的で、効果がなく、トラウマを植え付けるものであったため、多くのリベラルな州は転換療法を違法化することで振り子を反対方向に動かした。しかし、間違いなく、振り子は反対方向に振れすぎた。これらの法律は、セラピストが子どものジェンダー違和に別の説明(例えば、幼少期の性的虐待による未解決のトラウマ)を提供することによって、子どものジェンダー違和を肯定しないことも違法としたためであり、その結果、多くの匿名のセラピストが、自分が心からジェンダー移行プロセスを経るべきでないと信じている子どもたちにサインをしているという事実に憮然としていると述べている。

セラピストが患者のためになると思うことができないことが多いのと同じように、医師からも同じような話を聞いたことがある。例えば、ある同僚は東海岸にあるジェンダーを肯定する一流のクリニックでしばらく過ごしたことがある。彼女が観察した年配の内分泌専門医の中には、明らかに害を被っている患者に高価な薬(ルプロンなど)を売りつけて利益を得ている不謹慎な人もいれば、内分泌専門医になるために一緒に研修を受けている若い活動家の医師が、来院した子どもたち(例えば、ジェンダーについてどちらの意見も持っていない発達障害のある女の子)に移行するよう全員に積極的に圧力をかけるので、起こっていることが正しくないことに気づいていながら何もできなかった人もいた、と彼女は話してくれた。

振り子は戻る

自然な政治体制と不自然な政治体制についての前回の記事で、私は、不自然な状況を無理に作り出そうとすると、多くの場合、かなりのダメージを受け、必然的にひずみが生じる。残念なことに、人間は常に物事をコントロールしたがる(そしてコントロールできると愚かにも信じている)ため、この過ちは人類の歴史の中で何度も繰り返されてきた(例えば、前回の記事で私は、現代医学は身体を支配することを中心に展開し、それゆえに身体全体に不自然なひずみを生み出しているという議論を紹介した)。

注:このような理由から、私はできる限り、自然に流れ、大量のひずみが生じないような状況を探し求めて、私生活や仕事を送るようにしてきた(例えば、私がここで主に執筆しているのは、宇宙が私に機会を与えてくれたように感じたからであり、様々なことがどうにか「うまくいった」ことで、私が想像していたよりもはるかに広く読まれるようになったからである)。この方法論は、私の人生において非常に役立っている。というのも、前もって自分の行き着く先を正確に描くことはできないことが多いが、最終的には、最初から自分の進む道を厳密にコントロールしようとした場合よりも、はるかに多くのことを成し遂げることができるからだ。

通常、「自然」は物事の均衡を保ち、双方が互いのバランスを保つ。しかし、イデオロギーに重きを置く集団が、その問題に大きな権力や多額の資金が絡んでいると思い込むと、事態を急速に緊張に満ちた不自然な状態へと移行させるのを頻繁に目にすることになる。例えば、パンデミックの際に作られた風土のおかげで、有害で無意味で非常に効果のないさまざまな政策やワクチンを推し進めることが可能になった。あまりに行き過ぎた政策が、多くの人々に製薬業界の危険性を知らしめることになり、現在ではワクチンを完全に拒否する親が歴史上かつてないほど増えている。

ジェンダーを肯定するケアの場合、その擁護と感受性の向上が促進された結果、具体性に乏しく、文化的なひずみが生じ、それに対する大きな反発を生み出している。例えば、前述したように、共和党の州ではこの診療が禁止され、多くの医療提供者が訴訟を起こされ、そのために医療過誤率が高騰し、多くの医師がこの診療を続ける余裕がなくなっている。ひいては、この流れは勢いを増し、オバマ大統領時代に推進が始まったときに活動家たちが望んだこととは正反対の状況を作り出すことになるだろうと私は感じている。

直近では、包括的な報告書(作成に4年を要した)が発表され、イングランドの国民保健サービスによるトランスジェンダー医療への取り組み方がすでに根本的に変化している(それは診療を一時停止した)。簡潔に言えば、この報告書は次のようなことを発見した:

  • トランスジェンダーやジェンダー多様性を自認する主に若者や若年成人の数の増加について、単純な説明はできないが、生物学的、心理学的、社会的要因の複雑な相互作用の結果であることは広く一致している。この要因のバランスは、各個人によって異なる。
  • ジェンダー不一致の子どもや若者のケアと治療に関する国際的なガイドラインを評価したところ、イングランドのNHSにそのまま適用できるガイドラインは一つもないことがわかった。
  • 臨床的なアプローチについては相反する見解があり、ケアに対する期待が通常の臨床からかけ離れていることもある。そのため、ジェンダーに疑問を持つ若者と接することを恐れる臨床家もいる。
  • この分野ではかなりの量の研究が発表されているが、系統的なエビデンスレビューでは、発表された研究の質の低さが実証されている。
  • 子どもや若者のケアに関するエビデンスベースの長所と短所は、科学的な出版物や社会的な議論の場において、しばしば誤って表現されたり、誇張されたりしている。
  • 医学的治療の使用をめぐる論争は、NHSのジェンダーサービスに支援を求める個人のために、個別化されたケアと治療が何を達成することを意図しているのかから焦点を遠ざけている。
  • 早期の思春期抑制の根拠は不明確なままであり、ジェンダー不適合や精神的、心理社会的健康への影響に関する証拠も乏しい。認知や心理性発達への影響も不明なままである。
  • 臨床医は、どのような子どもや若者が永続的なトランスアイデンティティを持つようになるのか、確実には判断できない。
  • ほとんどの若者にとって、ジェンダーに関連した苦痛に対処する最善の方法は、医学的な経路ではない。医学的治療が臨床的に適応となる若者にとって、より広範なメンタルヘルスおよび/または心理社会的に困難な問題に対処することなしに、これを提供することは十分ではない。

結論

私は以前から、支配階級は、誰もが従わざるを得ないピラミッド型のヒエラルキー(例えば、マスメディアの「信頼できるジャーナリスト」からのニュースしか信用できない)を構築し、比較的小さなコストで社会の大部分をコントロールできるように、ヒエラルキーのトップを買収することによって社会をコントロールしていると考えてきた。

大手学術出版社がこの業界を独占していた時代(その多くは現在WEFと結びついている)以前は、世界中の医師が論争の的になっている医学的テーマについて、説得力のあるデータを定期的に大量に発表していた。

このため、現在のジレンマに対する答えを得るためには、はるか昔のことを調べなければならないことがしばしばある。

科学論文は額面通りに受け取られるべきであり、その生データは外部からの精査のために決して利用可能であってはならないという、製薬業界が社会に押し付けてきた信念から、このような事態の多くは生じている。

幸いなことに、情報は自由であることを望むものであり、支配エリートがワクチンカルテルを守るためにどのような努力をしようとも(例えば、1997年にクリントンは製薬業界に主流メディアを買収させたが、その時点でニュースは取り上げなくなった)、それは常に一時的なものであり、失敗に終わる。

直近では、製薬業界は、自由でオープンなインターネットが彼らのビジネスモデルにとって最大の脅威のひとつであることを認識していた。それにもかかわらず、特に2016年以降、彼らは本当に試み、その結果、業界は数々の医療上の残虐行為を世界に与えることができた(例えば、ロックダウン、効果的なCOVID-19治療の抑制、人間の消費に適さないワクチンの義務化など)。

しかし、自分たちの不自然な意志を世界に強制しようとした各政党と同様、これらの措置は一時的なもので、事態を逆方向に動かすひずみを生み出した。

というのも、査読付きジャーナルに掲載されたからといって、それが反射的に信頼されるべきものではなく、むしろ査読者の既存の物語や利益に合致したものであることを、多くの人が知るようになったからである。その結果、学術誌が独占することによって作り上げてきた情報への締め付けを回避し、独立した研究と科学が実行される窓ができたのであり、(スティーブ・キルシュのような)より多くの個人がこの窓を十分に活用するためにリソースを活用していることは幸いである。


『The Forgotten Side of Medicine』は読者支援型の出版物である。新しい記事を受け取り、私の仕事をサポートするには、無料または有料の購読者になることを検討してほしい。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました