2024-04

コミュニティ

書籍:『草の根のイノベーション運動』2016
Grassroots Innovation Movements

Grassroots Innovation Movements 要旨 持続可能な開発のようなグローバルな課題に取り組むためには、イノベーションが不可欠であるとして、政策エリートやビジネスリーダーたちによって、その重要性がますます強調されるようになっている。しかし、しばしば見落とさ
SDGs 環境主義

WEFの計画はダークで、すでに70%が完成している!

This WEF plan is DARK and is already 70% COMPLETE! | Redacted with Natali and Clayton Morris クレイトン・モリス 0:00(7:20から) あなたの二酸化炭素排出量を監視するために上空に送
EBM・RCT

エビデンスに基づく医療:歴史、レビュー、批判、落とし穴
Evidence-Based Medicine: History, Review, Criticisms, and Pitfalls

Evidence-Based Medicine: History, Review, Criticisms, and Pitfalls オンライン公開 2023年2月21日 Monitoring Editor: Alexander Muacevic and John R Adler
イベルメクチン

中西部の医師:医師はなぜ患者を見限るのか?
史上最大の医療災害の背後にある心理を探る

Why Do Doctors Give Up On Patients? 中西部の医師 2024年4月29日 医学の世界では、医師はしばしば患者に対してできることは何もないと決めつけ、責任を患者に転嫁する(例えば、予防接種を受けるべきでしたね、など)。 このような創造性の欠如は、医
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

コンドル作戦 ラテンアメリカの左翼に対するCIAの極秘世界戦争
ラテンアメリカの準ファシスト軍事独裁政権による、ラテンアメリカ左派に対する暴力的弾圧の世界的キャンペーンである。アメリカ政府は、この作戦を知っていただけでなく、その実行を支援したのである

“Operation Condor”: The CIA’s Secret Global War Against Latin America’s Left ブランコ・マルセティック著 グローバル・リサーチ 2020年12月04日 ジャコバン 2020年11月30日 ブエノスアイレス
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

歴史史料:『低強度作戦: 戦争のリーズ理論 ザ・キャンペイナー』1974
本当のCIA-ロックフェラー家のファシスト組織

Low intensity operations: The Reesian theory of war. The Campaigner, 第7巻第6号 1974年4月 本物のCIA-ロックフェラー家のファシスト組織 L・マーカス著 低強度作戦リージアンの戦争理論 by M. Mi
マルサス主義、人口管理

過剰人口に対する生物学的シグナルと人間の反応:学際的分析

Biological Signals and Human Responses to Overpopulation: An Interdisciplinary Analysis プレプリント - 2024年4月 ダグラス・C・ユーヴァン 2024年4月20日 要旨 世界的な過剰人口
ダグラス・ユーヴァン

プレプリント:無価値通貨 歴史的事例と影響

Worthless Currency: Historical Instances and Impacts プレプリント - 2024年4月 ダグラス・C・ユーヴァン このページ以下のすべてのコンテンツは、Douglas C Youvanによって2024年4月24日にアップロードさ
物理学・宇宙

宇宙のすべてがこのグラフに収まる 不可能なものさえも

Everything in the Universe Fits in This One Graph. Even the Impossible Stuff 宇宙の天体の質量、大きさ、相対密度など。クレジット:Charles H. Lineweaver & Vihan M. Pate
COVIDワクチンの有害事象

日本における3回目のコビッド注射後の過剰死亡者数は11万5000人に達する

Excess Deaths in Japan Hit 115,000 Following 3rd COVID Shot; New Study Explains Why 2021年2月17日、東京都清瀬市の国立病院にて、COVID-19ワクチンの入った箱を押す医療従事者。(Char
WW3・核戦争

ウクライナ紛争がロシアとNATOの直接対決に発展する可能性とその時期、そして核戦争の可能性

How and When the Ukraine Conflict May Involve a Direct Confrontation Between Russia and NATO, Possibly a Nuclear One 著:バラット・ドグラ グローバル・リサーチ、2
ワクチン倫理・義務化・犯罪・責任問題

中西部の医師:ネット上の異論を封じ込める巨大な製薬会社の陰謀
何百万ドルもの資金が、私たち全員を敵に回して大衆を兵器化するために費やされた

The Vast Pharmaceutical Conspiracy to Silence Online Dissent 中西部の医師 2024年4月26日 一目でわかるストーリー COVID-19の対応に反対する発言をした人を攻撃し、中傷するためのキャンペーンが組織的に行われて
カウンタープロパガンダ

警察官のイメージを向上させる手段としてのカウンタープロパガンダ

キリル・オルロフ(ロシア内務省ウラル法研究所国家・法制理論史学科講師) ロシア内務省ウラル法研究所、法科学専攻候補生 本稿は、カウンター・プロパガンダを、現代の情報交換プロセスで使用される技術のひとつであり、市民の意識に的を絞った影響を与えることができる技術として特徴づける。また
市民的不服従・納税拒否

書籍:アメリカの納税抵抗者たち
American Tax Resisters (Romain D. Huret)

American Tax Resisters アメリカ税制改革同盟 アメリカの納税抵抗者たち ロマン・D・ユレ マサチューセッツ州ケンブリッジ、英国ロンドン 2014 アリアーヌ、エミリアン、メルヴィル、ラファエルへ 目次 プロローグ 1. 違憲の戦争税 2. 内国税の廃止 3.
プレッパーズ、サバイバルツール

書籍:SHTF サバイバル・ブートキャンプ
暴動、オフグリッド、最悪のシナリオにおける都市と荒野のサバイバル・コース

SHTF Survival Boot Camp: A Course for Urban and Wilderness Survival during Violent, Off-Grid, & Worst Case Scenarios セルコ・ベゴヴィッチ、トビー・カワン SHTF
心理学

『インフルエンス – 影響力』新訂増補: 説得の心理学
Influence, New and Expanded: The Psychology of Persuasion

Influence, New and Expanded: The Psychology of Persuasion 献身 会うたびに驚かされるヘイリーのために。 ドーソンに捧げる。 彼はきっと偉大なことを成し遂げるに違いない。 会うたびに、より幸せな男になっていくレイアのために。
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

トランスヒューマニズム、脆弱性、人間の尊厳(2019)

Transhumanism, Vulnerability and Human Dignity 投稿日:2019.05.22 承認日:2019.09.10 AI要約 はじめに トランスヒューマニズム運動は、先端技術を使って人間の能力を飛躍的に向上させることを目的とした、現在進行中の
アンリミテッド・ハングアウト

現実の兵器化 神経戦争の夜明け
スタヴルーラ・パブストは、ブレイン・コンピューター・インターフェイス(BCI)のような新たなニューロテクノロジーを、戦争と平和の両方の時代に適用しようとする競争について探求している

Weaponizing Reality: The Dawn of Neurowarfare スタブルーラ・パブスト(Stavroula Pabst) 2024年3月21日 億万長者イーロン・マスクのブレイン・コンピューター・インターフェイス(BCI)企業であるニューラルリンク社は
グローバルリサーチ

グローバル・リサーチ:今、人類につきまとう “共通の敵”

A Collective “Common Enemy” Now Stalks Mankind スティーブン・カルガノビッチ グローバル・リサーチ、2024年4月22日 クラウス・シュワブのスポークスマン、ユヴァル・ハリリは最近、誰もが背筋を凍らせるような発言をした。「もし悪いこと
グローバリズム

脱グローバリゼーションの社会学

Soziologie der Deglobalisierung AI要約 1. グローバリゼーションは国家間の対立、社会内の分断、社会生態学的な問題など様々な亀裂に直面しており、「脱グローバリゼーション」の兆候が見られる。 2. グローバリゼーションと脱グローバリゼーションは、5