WEFの計画はダークで、すでに70%が完成している!

SDGs 環境主義アンリミテッド・ハングアウトデジタル社会・監視社会マルサス主義、人口管理世界経済フォーラム(WEF)/グレート・リセット全体主義・監視資本主義効果的利他主義暗号通貨・地域通貨・CBDC

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

This WEF plan is DARK and is already 70% COMPLETE! | Redacted with Natali and Clayton Morris

 

クレイトン・モリス 0:00(7:20から)

あなたの二酸化炭素排出量を監視するために上空に送られる1000基の衛星が、あなたの行動すべてを監視しています。SFのように聞こえるかもしれませんが、実際に起こっていることなのです。次のゲストはこのことについて幅広く書いています、

ラテンアメリカは、アメリカの諜報機関とつながりのある企業の衛星によって強制される地域契約義務によって、炭素市場スキームに静かに強制されています。

人工衛星を空に打ち上げて、私たちのカーボン・スコアのような社会的信用スコアの一部として、私たちの行動すべてを監視しているのです。今週は旅が多すぎましたね。だから外出禁止。家から出ることは許されません。このことが私たちにとって何を意味するのか、考えてみましょう。もう一度言います、

しかし、ホイットニー・ウェッブは数年前から警告を発しています。偉大な調査ジャーナリスト、ホイットニー、番組へようこそ。

ホイットニー・ウェブ 1:05

クレイトン、お招きいただきありがとうございます。

クレイトン・モリス 1:06

どういたしまして。こちらこそ。皆さんは、中央銀行、デジタル通貨、デジタルID、あらゆるものを追跡する動きについてきていますね。彼らは私たちが現金を失うのを止めさせようとしています。もちろん、私たちはそれを目の当たりにしています。

すみません、EUでは現金は使えません。ある基準を超えて現金を使用すると、グレーマーケットの一員とみなされます。欧州委員会のクリスティーヌ・ラガルドが言ったように、あなたを監視しているかもしれないテロリストの一員とみなされるのです。では、この衛星は中央銀行のデジタル通貨に向けた追跡調査の一環として打ち上げられるのでしょうか?

ホイットニー・ウェッブ 1:49

ええ、この衛星の最終的な目標は、これらすべてのものと統合させることです。経済の柱のひとつである「落ち着き」には、民間セクターと同等のCBDCだけが含まれるわけではありません。炭素市場も含まれます。

国連気候金融特使のマーク・カーニーのような人物は、以前はイングランド中央銀行のトップでした。この新しい金融システムには、さまざまな要素が絡んできます。デジタルIDやデジタルウォレット、炭素市場もその一部です。

そのため、例えば、世界銀行のようなシステムの構築や開発に利用されている重要な組織があるのもそのためです。例えば、ラリー・フィンクは、気候変動に取り組む鍵は、世界銀行、特に多国間開発銀行システムの他の部分を再構築することだと述べています。

彼らはグーグルの慈善部門であるgoogle.orgのようなグループと一緒に気候ウォレットの作成に取り組んでいます。このプログラムの多くは、私がビットコイン誌の編集長マーク・グッドウィンと一緒に書いたプログラムに関連しています。

グリーンプラスは今のところ、ラテンアメリカの保護地域のモニタリングに重点を置いていると主張しています。しかし彼らはプレスリリースの中で、ある衛星会社との提携について歌っています。その目的は、グローバル・フットプリントまたはエコロジカル・フットプリントとして知られる指標の一部として、宇宙から二酸化炭素排出量を監視することです。

これはグローバル・フットプリント・ネットワークと呼ばれるグループが推進しているもので、その前身はローマクラブにあります。ローマクラブは、COVID時代に世界経済フォーラムが独立系メディアから批判を浴びたときに、成長の限界と呼ばれる論文を普及させ、世界経済フォーラムの初期の会合と非常に密接に結びついていたテーマに関する本を作成したため、その存在を知っている人もいるかもしれません。

現代の環境保護運動の主流にあるこのような考え方の多くは、ローマクラブという特定の団体を前身としています。20世紀初頭やそれ以前に優生学運動に資金を提供したことで悪名高いロックフェラー家のような一族で、特にラテンアメリカの人口増加を世界の安全保障に対する脅威とみなし、その利益のために地球を工業化しようとしていました。彼らは本質的に、光り輝く小南部を支配下に置こうとしているのです。これは植民地主義ですが、名前を変えて環境保護主義としていますが、産業レベルと人口レベルをコントロールするための努力です。

しかしローマクラブは、本質的にネオ・マルサス的であるとして、非常に長い間批判されてきました。そして、その必要はありません。私は、ローマクラブは地球を救うことよりも、社会を管理することに関心があるのだと主張します。

これは、世界経済フォーラムやその他の団体が以前から推進し、私たちを導いてきたものです。そして、こうしたさまざまなグループによって長年にわたって開発されてきたシステムの多くは、デジタルIDのようなものを必要とするというか、機能させるために必要なものなのです。

このグリーン・プラス・プログラムについて特に興味深いのは、rootstockと呼ばれるビットコインにリンクされたサイドチェーン・プロトコルを通じて、これを特にビットコイン・ブロックチェーン上に配置しようとしていることです。そして、ラリー・フィンクのような人々が、ビットコインETFの立ち上げや、リアルワールドの資産のトークン化など、彼が話しているように、すべてが普遍的な台帳に載るようになると言っているのであれば、このような取り組みがあります。そして、これはデジタルIDの課題です。炭素市場はその重要な一部ですが、これまで見過ごされてきました、私はそう主張します。

クレイトン・モリス 6:34

私の頭の中には、地球の周囲に衛星が網の目のように張り巡らされ、各国の産業が炭素を使いすぎているホットスポットを監視している光景が浮かびます。炭素を燃やしすぎているのです。化石燃料を燃やしすぎ、船舶や長距離トラックが一定の上限を超え、その結果、政府による何らかの規制が行われることになるのです。つまり、そのような高いレベルから始まり、やがては私たち全員に影響を及ぼすということです。つまり、

それは私に影響を与えそうな気がします。あなたにも影響するでしょう。それは、彼らが個々の市民に対して利用しようとするものになるでしょう。

ホイットニー・ウェッブ 7:16

ええ、そうですね。彼らはそれを自主的なもの、誰にでも適用されるものという枠にはめようとしています。しかし、実際は。富裕層やエリート層は、既存のライフスタイルを維持するためにやりたいさまざまな活動のためにカーボンオフセットを買う余裕があるでしょうから。私たちのような一般庶民はそうならないのですから。

クレイトン・モリス 7:39

私たちのような普通の人たちは、自分たちの歴史や宗教を理解している人たちにとっては、免罪符のようなものです。買うことができました。もし罪を犯したければ、十分なお金さえあれば。それと同じだと思います。

でも、ある日、誰かが私を訂正して、今でも実際に存在すると言ったような気がします。私は本会議、今見ている誰かが私に知らせることができるかわかりません。あなたがまだ教会の中で罪を犯すことを許して、基本的にあなたの方法を買うことができるかどうか私に知らせてくれというのは、クレイジーです。

ホイットニー・ウェッブ 8:13

そうですね。ある意味、炭素市場として再発明されたのです。興味深いのは、炭素市場は来るべき金融システムにおいて中心的な役割を果たすにもかかわらず、多くの論争を巻き起こしてきたということです。

業界では。その代わりに炭素クレジットを確保することです。そこで彼らは代わりに、保険業界のための新しい市場を作り、投資家の信頼を回復するために、信頼性の高い炭素市場と呼ばれるものを作ろうとしているのです。

しかし、実際には。彼らはこの不正を許しているだけなのです。これまで市場で横行してきたこの詐欺行為を、継続させているのです。それに保険レイヤーを追加しているだけなのです。カーボン・クレジットを確保するために、あるいはカーボン・オフセットのために、より多くのお金を支払わなければならなくなったのです、

クレイトン・モリス 9:22

ですから、私たちが現金から離れていくにつれて、ハード資産から離れ、物を所有することから離れていくのです。もちろん、彼らはあなたが家を所有することを望んでいるわけではありません、そして、彼らはこのデジタル・ウォレット構造を通じて、私たち全員を監視しようとしているのです。

ホイットニー・ウェッブ 9:40

私たちはこのデジタル財布の構造を通して私たち全員を監視しようとしているのです、

クレイトン・モリス 9:43

家を所有することはないでしょう。ここ数ヶ月の間に、多くの有名なメディア出版物から多くの記事が出されており、私はそれらをブックマークして保存しています。しかし、一戸建て住宅を所有すべきではないという考えを助長するようなこの傾向を目にしました。それは「あなたにとって良いことではない。環境にもよくない。一戸建てを持つことは地域社会にとって良いことではない。庭はないほうがいい。私道はないほうがいい」というものです。

だから最近、多くの人々がこの方向を推し進めています。一戸建てを所有しないというのは、このプロセスの一部であるようです。デジタルID構造のような証書について少し話していただけますか?また、どのようなテンプレートがあるのでしょうか。

DIAアプリやウクライナでは、隣人をネズミ捕りすることができます。地下鉄の支払いもできます。お酒を買いすぎると社会的信用度が下がります。それはあなたのようなものです、社会的信用スコアのポイントを失います、そういうことです。それが本当だとしたら?もしそれが本当だとしたらどうでしょう?また、これらのことをまとめて、米国に何がやってくるのかを私たちに感じさせてくれますか?

ホイットニー・ウェッブ 10:48

デジタルIDアジェンダは、ウクライナや中国で展開されているものと非常によく似ています。それは基本的にSDGs16、つまり持続可能な開発目標16の中に含まれています。これは、基本的にすべての国によって受け入れられています。

例えば、今年から来年にかけて、世界の大半の国々がバイオメトリクスによる出入国審査を導入する予定です。アメリカは、メキシコ国境の危機を解決するために、いわゆる「スマートウォール」を推進することで、マニュアル化、あるいはアメリカ政府による「マニュファクチュア・コンセント」の導入に取り組んでいます。しかし、例えばCDCのアジェンダに反対すると主張する政治家でさえ、ロン・デサンティスのような人たちはフロリダ州でスマートIDカードを推進しています。

このカードは世界経済フォーラムの戦略的パートナーであるセールスによって作られました。ここでの取り組みは、基本的にAmazonや他の企業がここ数年で展開しようとしているように、IDを顔や生体認証だけにするというものです。例えば、JPモルガンは、ATMでカードを使う代わりに、顔をスキャンするだけで本人確認ができるというアイデアを本格的に進めています。ATMでカードを使う代わりに、顔をスキャンするだけで、お金を手に入れることができるのです。

私たちはキャッシュレス社会に移行しているのです。つまり、ホールフーズで展開されているように、手のひらで支払い、顔で支払うということです。これが金融の要素です。しかし、これはあらゆるもののIDにもなるのです。例えば、ワールドコインのようなものが展開されているのは、ワールドコインと財布を結びつけるためです。

つまり、サインアップしてIRSをスキャンすると、ワールドコインが発行されます。ワールドコインが与えられます。また、虹彩スキャンと結びついた一意の識別子も与えられます。そして、このコインを外出時の身分証明書にするだけでなく、何かをしたり、特定のサービスを受けようとしたりするときの身分証明書にするだけでなく、オンライン上で自分を識別する手段にもするということです。

つまり、インターネット上の匿名性をなくそうという取り組みとも密接に結びついているのです。インターネット上の子どもたちを守るという名目で、あるいはソーシャルメディアの年齢認証という名目で、通常、さまざまな国でこれを実施しようとしています。フロリダでも導入されています。政府発行のIDをオンライン上の活動にリンクさせようとする考え方は、本質的にこの種のもののためのトロイの木馬だと言えるでしょう。

バイデン政権でもトランプ政権でも、またそれ以前の政権でも、国内テロとの戦いという枠組みで、ソーシャルメディアやネット上での活動を政府発行のIDにリンクさせることで、ネット上で犯した犯罪や言論、犯罪などを訴追したり、以前ネット上で発言した内容を人工知能を使った予測分析にかけ、将来犯罪を犯す可能性があるかどうかを判断したりすることができるようにするためのインフラが数多く整備されていることを考えると、これは非常に厄介なことです。

これは実際にトランプ政権やその中の図によって推進されました。ジャレッド・クシュナーとイヴァンカはその大きな推進者でした。バイデンがDARPA(国防高等研究計画局)という部局を作り、彼はそれをARPA Hと呼んでいましたが、その主要なプログラムはセーフ・ホームと呼ばれるもので、アメリカのソーシャルメディアへの投稿を人工知能アルゴリズムに大量に通し、銃乱射事件を未然に防ぐ取り組みとして、早期の神経精神医学的警告サインを特定するというものでした。つまり、ソーシャルメディアへの投稿に基づいて、AIがあなたの銃を取り上げるべきかどうかを判断します。

つまり、これは明らかに超党派の、残念ながらアジェンダなのです、国連の持続可能な開発目標に含まれています。このようなさまざまなアジェンダの多くは、国連の持続可能な開発目標の中にあり、私たちは、このアジェンダをさまざまな指標のもとで、特に米国の人々に売り込もうとする前例のない取り組みを見ていると思います。

長い間、これらのアジェンダの多くは左寄りのレトリックで組み立てられてきました。しかし、今、私たちは、それを民間セクターのものとして同意させようとする努力も見ています。これは以前にもあったことです。

EUやアメリカの歴史では、例えば911の後、DARPA(国防総省)の一部門として、総合情報認知と呼ばれる監視プログラムを作ろうとする動きがありました。その代わりに行われたのが、民営化です。例えば、PayPalの共同設立者の一人であるピーター・ティールが創設したPalantir(パランティア)は、現在、米国のあらゆる情報機関の請負業者となっており、ティア総合情報認知と同じ機能を提供しています。

また、COVIDのデータやその他のものもすべて管理しています。つまり。結局のところ、彼らは巨大な監視モンスターになってしまったのです。そして奇妙なことに、衛星会社はグリーン・プラス・プログラムの一環としてパランティアと提携し、パランティアを宇宙に送り込みました。これは情報認識プログラムの最後の野望の一つでした。炭素市場もそうですが、オンライン匿名性を終わらせるデジタルIDや、監視下でプログラム可能なデジタルマネーも含まれています。また、CBDCがそうであることを指摘することも重要ですが、民間セクターがそれに相当するものを作ろうとする努力もあります。しかし、JPモルガンがそのようなことをするのは、人間の自由や市民の自由に影響を与えるという点では、機能的なレベルではまったく変わりません。そして、それをアメリカ国民にも強要しようとしています。

例えば、安定硬貨法案という考え方があります。これは議会に提出されたもので、ドルベースの安定したコインをめぐる規制を作ろうとしています。連邦準備制度理事会(FRB)は、基本的にアメリカの民間商業銀行によって所有されていることも、覚えておく必要があります。ですから、民間の商業銀行が、プログラム可能な監視マネーを直接アメリカ国民に発行することは、連邦準備制度理事会が行っていることと、基本的に変わりません。最終的には、同じ組織によってコントロールされているのですから。つまり、最も強力な銀行と連邦準備制度は、ニューヨーク連邦準備銀行で、その最大の株主と支配者は、JPモルガンとシティグループです。

つまり。そうやって、CBDCを別の名前で手に入れようとしているのです。しかし、彼らはそれを民間セクターの革新という枠にはめようとしています。ロン・デサンティスやトランプが公言しているように、私たちはCBDCに反対しています。プログラム可能なサバイバブル・マネーに反対なのでしょうか?JPモルガンやシティグループに反対なのでしょうか?あるいは、ブラックロックや、これらのウォール街の団体が人々にこの種の通貨を発行し、それを使わせることに反対なのでしょうか?その点については何も聞いていません。

例えばJPモルガンは、何の説明もなく、マコーラ博士の会社のトップの銀行口座を完全に解約しました。つまり、民間企業はこのようなことをしてきましたが、何の反発もなく、何の影響も受けませんでした。ですから、彼らに、監視の目を光らせてお金をコントロールする能力を与えることは、そのための明確な努力になると思います。また、トランプ政権時代にジャレッド・クシュナーが米ドルのコインを作るというアイデアを推進していたのも興味深いことです、

トランプの財務長官だったスティーブ・ミニューシンと話していたのですが、実はスティーブ・ミニューシンは、二酸化炭素排出量とラテンアメリカを監視する情報リンク衛星会社の取締役会長を務めている人物なのです。そして、アメリカ政府は、この衛星会社の役員やハワード・ルトニックというカントー・フィッツジェラルドという会社の金融サービス部門の責任者である人物と同様に、この会社や衛星会社の安定した硬貨に関して非常に関与しています。

カントール・フィッツジェラルドは、テザーUSD Tとして知られる最大の米ドル安定コインの背後にある国庫証券の最大のカストディアンです。この記事で議論されているように、ラテンアメリカの人々をこれらの炭素市場アジェンダに絡むドルバック安定コインに集めようとする明確な努力もあると思います。

そして、おそらく民間セクターであり、ある程度安定したコインを発行していますが、米国財務省証券や米国国債の最大の購入者でもあります。ムニューシンやキャントル・フィッツジェラルドのような人たちが、ラテンアメリカの自治体レベルとの不透明な契約を通じてラテンアメリカに押し付けられている炭素市場監視のパラダイムに関与することで、非常に大きなことが起こっているのです。

実際、テラーを動かしているパオロとかグアイドとかいう人物は、テザーの目標は米ドルの覇権を世界中に拡大することだと公言しています。ですから、少なくともラテンアメリカに関連する炭素市場と、それに反対するラテンアメリカが、本質的に私たちの帝国に多くの面で貢献するように仕向けようとしていることは間違いありません。

DARPA(国防高等研究計画局)、NSA(国家安全保障局)、DHS(国土安全保障省)、これらすべての諜報機関のキャリア請負人によって設立された衛星会社は、名目上はアルゼンチンの会社ですが、パランティアと提携し、マスク・スペースXと提携し、スティーブ・ミニューシンが会長を務め、トランプ政権下で統合参謀本部のトップを務めるジョセフ・ダンフォードが取締役に名を連ねています。

何か非常に不吉なことがあるのは明らかです。私はここで起こっていると主張します。もうひとつ、炭素市場の文脈で触れておかなければならないのは、炭素クレジットを認証する際に、その森林、たとえばコロンビアの熱帯雨林の一塊に基づく炭素の権利が問題になるということです。そのような法的枠組みは存在しません。しかし、炭素クレジットを購入することで土地を手に入れる方法がある、あるいは直接土地を手に入れることはできないとしても、その方法をコントロールすることができる、とこのプロジェクトに関与している特定のグループは考えています、その土地をどのように利用し、管理するか、あるいは利用できるかどうか、このようなことをコントロールすることができるのです。

ラテンアメリカの金融主権と環境主権には、実に多くの興味深い問題があります。また、自治体レベルでこのような協定を結ぶことで、ラテンアメリカは国家政府を回り、環境保護に取り組むことになります。国家政府を飛び越え、地方政府に直行するのです。少なくともラテンアメリカでは、賄賂を贈るのは簡単です。国家政府が賄賂に弱いというわけではありません。しかし、自治体レベルでは、その意味で、腐敗がより定着しています。その点で、彼らに影響を与えるのはずっと簡単です。

地方レベルで起きていることなので、全国的なメディアで報道されることはありません。そしてもうひとつ指摘しておかなければならないのは、ここでの活動家のなかには金融犯罪のキャリアを積んだ者もいるということです。例えば、グリーン・ファイナンス・イニシアチブを支援する国連の重鎮であり、この背後にある団体の主要な資金提供者の一人は、1980年代にドレクセル・バーナム・ランバートのジャンク債スキャンダルに直接、深く関与したクレイグ・コグートという人物です。

そして奇妙なことに、炭素クレジット取引を発明したのは、同じスキャンダルが続いていたドレクセル・バーナム・ランバートの上級副社長、リチャード・サンダーという人物でした。彼はデリバティブの生みの親でもあり 2008年の金融危機を引き起こしたCMOSの生みの親でもあります。IMFや世界銀行、そしてウォール街の金融略奪者たちを通して、借金によって奴隷のようになっている大陸に、それをラテンアメリカに押し付けているのです、

借金奴隷モデルを継続するだけでなく、自然界や天然資源を保護するという名目で土地を強奪し、この種の計画を実行しなければみんなが死んでしまうという危機感を煽っているのです。環境は崩壊し、地球は破滅するのでしょう?

クレイトン・モリス 24:48

彼らはこの物語を続ける必要があります。地球は崩壊しているのです。「地球は燃えている」「すぐに止めた方がいい」「バイデン大統領やEOが言っているように、地球は存亡の危機に瀕している」

私たちも見ました。彼女はジェフ・ベゾスのガールフレンドかフィアンセで、数週間前にアマゾンのイベントで、この新しい衛星を披露しました。彼女はとても楽しみにしています。彼女は、あなたが肉を食べないことを本当に確認したいのです。そして、彼女はこのすべてを追跡するつもりです。これはアマゾンの大きな取り組みで、ジェフ・ベゾスもとても興奮しています。

ホイットニー・ウェッブ 25:34

そうですね、特にジェフ・ベゾス。私はあまり見たことがありません。彼はコバルト金属を通じてニッケルやリチウム鉱床を採掘する取り組みに深く関わっていて、ビル・ゲイツのような人たちと提携しています。

そして彼のためのこの特別な衛星。この記事の焦点は、アマゾンやアマゾン・ウェブ・サービスの最高情報責任者(CIO)の一人が役員に名を連ねていることです。しかし、ジェフ・ベゾスをはじめとする多くの億万長者たちは、シリコンバレーを牽引するエンジンであり、億万長者たちこそが、国連が推進しているような、さまざまな企業が集まって市場を形成するための経済的インセンティブを生み出しているのです。

シリコンバレーには億万長者が集まっています。彼らはNGOやその他の団体に資金を提供し、これらすべてを結びつける手助けをしています。しかし、結局のところ、シリコンバレーの億万長者の多くは、トランスヒューマニズムやテクノクラシーなど、さまざまなシステムに関心を持っています。

そして彼らは、利他主義を装って自分たちのやっていることの多くを隠しています。例えば、シリコンバレーの億万長者たちの哲学的基盤のひとつは、「効果的利他主義(Effective Altruism)」という名前です。例えば、サム・ベイトマン氏は利他主義者であり、利他的な動機からこれらのことを行っていますが、それは本当の利他主義ではありません。結局のところ。それは、将来における自分たちの役割を確保するためなのです。そしてこれらの新しい経済パラダイムは、今よりもさらに強力になり、私たちが今よりもさらに依存するようになるでしょう。

残念なことに、彼女がスタンフォード大学の法学部に在籍していたとき、あるプロジェクトのマネージメントを手伝っていました。量的緩和をご存じない方は、もちろんご存知でしょう。量的緩和とは、中央銀行が無限にお金を刷り続ける政策のことです。つまり、基本的には炭素をベースにした生命をトークン化し、取引可能な金融プロジェクトにするということです。それを使って、非常識な財政無責任を可能にするのです。量的緩和は、連邦準備制度理事会(FRB)によって、 つまり。完全に狂っています。

アメリカ政府の債務があまりにひどいので、このような取り組みが行われているのですね。誰が国債を買い占めて、この負債を返済するのでしょうか。それを炭素市場でやろうという取り組みもありますし、安定したコインでやろうという取り組みもあります。そして、マーク・グッドウィンと私がこの記事で話しているこの特別なプログラムでは、このような取り組みが行われています。これらは一緒になっています、

私はラテンアメリカに住んでいるのですが、ラテンアメリカの人たちは何も考えていません。このようなことが行われているのです。何の懸念もありません。

クレイトン・モリス 28:42

この国境の壁については、別のインタビューにしたいと思います。私たちは壁の建設について話してきましたが、トランプ大統領が壁を建設しても、アメリカ南部の国境は大きく開かれています。そして今、このデジタルな壁の話が持ち上がっています。そして、それは実際にどのようにアメリカを助けるのでしょうか?

ホイットニー・ウェッブ 29:14

つまり、そのアイデアは物理的な国境だけでなく、アメリカ国内のすべての入国港でこのバイオメトリック出入国プログラムを実施することです。つまり陸上です。空港。米国に入国する、あるいは米国から出国するあらゆる場所で、バイオメトリック・システムを導入することです。

例えば、TSAはこのシステムを導入しており、少なくとも最初のうちは、機内で自発的に生体認証を行うよう呼びかけています。顔をスキャンして生体情報をアップロードし、特定の会社でプロフィールを作成するか、TSAを通じて行えば、より早くセキュリティを通過できます。これと同じようなシステムを物理的な国境にも導入したいのです。

そうです。例えば、これはEUやイギリスでも導入されようとしているのですが、彼らは、これはあなたの顔のアイデアのため待ち時間が短縮されると売り込もうとしています。EUとイギリスの間では、少なくともイギリスの場合、待ち時間が10倍以上になると言われています。

それは必ずしも真実ではありません。そうです。利便性の問題ではありません。監視です。顔認証は、あなたの行動すべてをバイオメトリクスと結びつけるもので、それは物理的な世界での行動だけではありません。オンライン世界での行動も含まれます、

すべてのデータがAIによって収集・分析され、あなたが秩序を脅かす存在かどうかが判断されるのです。ということは。それはすぐにでも展開されるでしょう。それは夢物語ですが、本には載っています。それが計画です。

クレイトン・モリス 31:01

それが夢なんですね?あなたのネットサーフィンの履歴も、ソーシャルメディアの投稿も、全部わかってしまうんですよ。あなたは?infowars.comを見ますか?アレックス・ジョーンズはそういう人ですか?保守的なウェブサイトを読みますか?どんなアプリを使っていますか?あなたはいつも携帯電話を開くために顔を使っている、これが夢であるかのように。

ホイットニー・ウェッブ 31:25

バイデン政権が発表したウォーレン国内テロフレームに関するインフラでは、政府の行き過ぎた介入を懸念する人々は潜在的な国内テロリストであるとしています。政府の行き過ぎを懸念するだけでいいのです。そして、このような指標でリストに載せることができるのです。この記事で取り上げた衛星会社と同じ組織が、アメリカのスマートウォールを建設しているのと同じネットワークであることを指摘することは非常に重要です。

スマートウォールを建設している主な請負業者の1つは、Andurilという会社で、Palmer Luckeyという人がプロデュースしています。パルマー・ラッキーはオキュラス・リフト(Oculus Rift)というバーチャルリアリティシステムの生みの親で、パランティア(Palantir)の共同創設者であり生みの親であるピーター・ティール(Peter Thiel)の協力を得てフェイスブックに売却されました。

そしてパルマー・ラッキー。ピーター・ティールとパートナーであるトレイ・スティーブンスはPalantirのベテランで、その後パルマー・ラッキーと共にAndurilを開発し、Founders Fundで働き、Carbine 911の役員でもありました。ジェフリー・エプスタインが資金提供し、かなりの期間会長を務めたイスラエルの諜報戦線です。エフード・バラクの時代には、8200部隊の元司令官であるトレイ・スティーブンスが役員に名を連ねていました。

現在、マイケル・チェルトフ元国土安全保障省(DHS)長官とアンドリオラは、特に米軍向けの自律型兵器を開発しています。例えば、ウクライナでパイロットとして活躍しています。そしてパーマー・ラッキーの目標は、人間の監視なしに完全に自律的な戦争を行うことです。

彼はそこから離れようとしていると言っています。そうではありません。しかし、彼は他の場所でもビデオでそう言っています。これは非常に厄介なことです。なぜなら、これと同じような監視システムが、顔認識や顔認識など、人々を標的にして殺害するために使われているからです。今まさに、戦争地域とPalantirがそうです。ピーター・ティールが資金提供した企業の多くは、ウクライナなどでテストされています。

このようなものは後に輸出される可能性があり、人間の監視がないパラダイムを作り出します。あなたはリストに載っています。どこかの国の国境を越えようとすると。つまり、悪いことが起こる可能性があるということです。

私たちは夢遊病のような悪夢を見ているのです。アンドリュー・ブリルや他の多くの企業が米軍の請負業者であり、米情報機関の請負業者であり、トランプ支持者が非難するディープ・ステートと本当に密接に結びついていることを考えると、非常に不穏です。彼は、我々はすべてスマートウォールに参加していると言いました。

メキシコには物理的な壁の建設費を負担させるつもりでしたが、実際にはスマートな壁の建設に協力することになりました。民主党は賢い壁が大好きです。元CIA職員から下院議員に転身したウィリアム・ハードは、このスマート・ウォールの最大の推進者の一人です。

CIAはこれを望んでいます。これはまた、EUや他のすべての場所で展開されている生体認証出入国システムとまったく同じタイプですが、移民というグローバリストのアジェンダを阻止する方法として組み立てられています。

しかし、私は不法移民を受け入れています。しかし、率直に言って、アメリカの移民状況は、独立系メディアが昨年から注目し始めるずっと前から悪いものでした。民主党も共和党も、バイデン政権でこのことに同意しているのであれば、なぜ彼らはそうするのでしょうか?そうでしょう。

国境で彼らがしてきたことは、絶望的な状況が起こるのを許し、反対派がやってきて解決策を提示することだと思います。ブッシュ政権ではSBI. ネット。そしてそれは、ジェネラル・ダイナミクスのアンドリュー・ロールや他のいくつかの企業が現在建設しているものです。そしてそれは、私が主張したいのは、必ずしも素晴らしいものではないということです。

自由にとって良いものではまったくありません。理論的には、人々を外に出さないのと同じように、人々を中に閉じ込めておくために使われる可能性があります。そして、スマートウォールが存在する場所でさえも。必ずしも人を締め出しているわけではありません。

不法移民は何十年も続いていることなのに、人々を興奮させ、怒らせているのです。しかし、人々が今、不法移民に集中することで、スマートな壁のための同意を作り出すことができるのでしょうか?それはすべてのこれらの情報請負業者やディープステートに結びついている人々ですか?私にはわかりません。つまりもっと多くのことが起こっていると思います。そして、それは間違いなく多くの精査に値します。そして、それは、それが投じられるような答えではないと思います。

クレイトン・モリス

ええ、私は今、右派の人々に多くの援護が与えられていると思います。監視を監視し、このインフラを構築し続けるという、この政党の考えに同調している人たちです。そして、これらの指導者の何人かになると、ある種の故意の無知があります。特にトランプ。トランプとウクライナ法案の支持、そしてこれらすべてについて、今は故意による無知が蔓延していると思います。

本当に恐ろしいことです。このようなことが起こると思うと本当に恐ろしいです。さて、ウィニー。あなたは私たちの心を吹き飛ばしてくれました。ごめんなさい。インタビュー中、ほとんど何も言わなくて。あなたと一緒にいるときはね。時々、私が私の聴衆の中に飛び込むと、 「彼女の邪魔をしないで」って言われるの。だから、私はしません……私はよく知っています、

私は飛び込むよりもよく知っています。私はあなたの心の中を通過する思考のすべてのナゲットを聞きたいです。いつもありがとう、ホイットニー。私は説明の中でこれをリンクアップします。この最新記事はビットコイン誌で読めますよね?ビットコイン誌で。

衛星に関するあなたの最新記事をチェックできます。そしてもちろん、来るべきスマートウォールについても。そうですね。何年も前のことですが……クリアのようなものです。空港で眼球をスキャンしてサインするんです。15年前もそうでした。それがセキュリティチェックを通過するときの約束です。そして、何の問題もなく、すぐに飛行機に乗ることができ、一番乗りです。もう心配する必要はありません。

ホイットニー・ウェッブ 38:28

恐ろしいことです。ええ。彼らは人々に、このデジタルIDアジェンダに自発的に従わせようとしています。それを止める方法は、従わないこと、システムを使わないことです。つまり、ワクチン・パスポートはこのためのベータ・テストだったのです。ワクチン・パスポートの排他的な性質は、まさにデジタルIDがどのように機能するかということです。ワクチン・パスポートを破る方法は、それを使わないこと、そのシステムに入らないこと、そのシステムに従わないことでした。そして、それはデジタルIDについても全く同じです。

どちらかと言えば、ワクチンの過去のパスポートは、デジタルIDの攻撃型システムとして試験的に導入されたものでした。そして、デジタルIDを作成する人々。私たちはCOVID時代にワクチン・パスポートのエンジニアを手伝っていた人たちです。すべては人々の移動の自由を制限するためです。

そして、もしあなたが進んで生体認証を提供するなら、あなたはこのようなタイプの到来を手助けすることになるのです。このようなシステムの先駆けとなるのです。そして、このようなシステムに人々を乗せる方法として、人々に犯罪を心配させ、セキュリティーを心配させることです。しかし、ベンジャミン・フランクリンの言葉を借りれば、セキュリティーをあきらめればあきらめるほど、西の自由が手に入れることができるのです。

つまり、彼らは私たちが自由のために放棄することを恐れているのです。これは、スマートウォールにおけるデジタルIDだけでなく、他のさまざまな面で起こっていることです。それを回避する方法は、恐怖に陥らないこと、彼らが何を求めているのかを知ることです。

そして残念なことに。独立系メディアや左右の主流メディアなど、金を払えば誰にでも宣伝させようとする前代未聞の努力が見られますが、結局は超党派のアジェンダです。

これは持続可能な開発アジェンダです。持続可能なものなど何もありません。このアジェンダは、本質的に地球全体を借金でさらに奴隷化し、あらゆる行動を監視したい銀行家によって書かれたものです。銀行や市場に関する監視は、市場の予測可能性を高めるのに役立つからです。ブラックロックやラリー・フィンクのような人たちは、市場は全体主義的な政府のようだと公言しています。ラリー・フィンクのような人たちが好きなのは、そういう政府です。独裁政権のようなものです。

そして、異なる弁証法の下でそれを世界に押し付けようとしています。左傾化したレトリックの下で、EU諸国やアメリカで行われているような左翼的なことを、より受け入れやすい場所で売ろうとしているのです。おそらく、自由やその他のものを売り込むつもりでしょう。だから、アンドゥリル・パランティアといった企業は、自由を愛するアメリカ第一主義などと言いながら、同じような全体主義的監視のディストピアの悪夢を作り上げているのです、アメリカの国旗を掲げて。アメリカ人がこの策略を見抜き、拒否することを望みます。どうすれば従わなくなるのでしょうか?

クレイトン・モリス 41:30

そうですね。その通りです。ベンジャミン・フランクリンは年齢以上に賢かったと書いていますが、まさにその通りです。そして、彼らはいつも恐怖でそれを囲い込むのです。彼らはいつも、恐怖の文化に巻き込まれて自由を放棄させようとします。

ホイットニー・ウェッブ 41:42

911でそうしました。COVIDでもそうでした。恐怖によって人々を支配しているのです。そこから抜け出すには、彼らが売っている恐怖に従わないことです。検閲を通じてオンラインメディアを操作すればするほど、さまざまなプラットフォームを買収して一元管理しようとすればするほど、インターネットへのアクセスに政府のIDを紐付けさせようとすればするほど、恐怖のベースとなるメディアコンテンツを作り上げ、人々を興奮させ、恐怖を与え、従わせようとします。

そして、それが最終的につながるのです。ですから、私たちはこの大きな政策意図に賢くならなければなりません。一つの政党よりも大きなものです。両党よりも大きなものです。そして、それはグローバルな監視の要素を持つ、真にグローバルなアジェンダなのです。そして、それは私たちの財政に迫っています。私たちの社会にも迫っています。これは多面的な攻撃であり、これに対抗する方法は、従わないこと、恐怖に屈しないことです。

クレイトン・モリス 42:36

100% ホイットニー・ウェッブいつもお会いできて嬉しいです。あなたの素晴らしい洞察力、いつも素晴らしいリサーチ、本当にありがとうございます、

また会いましょう。ありがとう、アニー。

ホイットニー・ウェッブ 42:45

ありがとうございました。

クレイトン・モリス 42:47

このビデオを楽しんでご覧いただけたでしょうか。YouTubeは、あなたがこの次のビデオを気に入るだろうと考えています。ビデオをご覧になったら、コメントを残してください。感想をお聞かせください。それではまた次回

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました