全体主義・監視資本主義

デジタル社会・監視社会

ウィリアム・ビニー×NSA&バリー・トローワー、各分野のエキスパートが「狙われた個人をどう破壊するか」を語る

William Binney x NSA & Barry Trower, Experts in their field explain HOW THEY DESTROY A TARGETED INDIVIDUAL - Reloaded 登場人物のキャリア 1. James Gio
デジタル社会・監視社会

論文:家族計画研究 第38号 家族計画を超えて 1969

Studies in Family Planning, Number 38. Beyond Family Planning. ベレルソン、バーナード 概要 この論文は、人口評議会(The Population Council)によって出版されたもので、自発的な家族計画の国家プログ
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

監視国家の影:ピーター・ティールと共和党への資金流入が示す民主主義の危機|リダクテッド ホイットニー・ウエブ

AI 要約 RNC(共和党全国大会)での表面的な団結ムードの裏で、ディープステート(深層国家)の影響力が依然として強く働いている。 Peter Thielを中心とする技術企業や投資家からの大規模な資金が共和党、特にトランプ陣営に流れ込んでいる。 Palantirなどの企業が開発す
NATO

トランプ暗殺未遂の闇:サイバーセキュリティ専門家が語る政府の関与と証拠隠蔽
Dark Side of Trump Assassination Attempt: Cybersecurity Expert Discusses Government Involvement and Possibility of Evidence Cover-Up

Dark Side of Trump Assassination Attempt: Cybersecurity Expert Discusses Government Involvement and Possibility of Evidence Cover-Up AI要約 この
LGBTQ、ジェンダー、リベラリズム

書籍:アンヒューマン(人ならざる者たち) | 共産主義革命の秘史(とその潰し方) 2024

Unhumans 目次 序文:スティーブン・K・バノン はじめに些細な恨みと残酷さ 第1章 共産主義を知っているつもりなのか? 第2章 人ならざるものがやってくる 我々はいかにしてここまで来たのか? 感情は事実を気にしない 第3章 孫子の赤共産主義者は戦う前にいかに勝利するか 革
グローバリズム

書籍:グローバリズムと人口削減 2022

Globalisme et dépopulation ピエール・アントワーヌ・プラケ イベントと人口削減 バイオポリティクス、ワクチン接種、トランスヒューマニズム strategika.co.jp 目次 はじめに:「黄金の10億人」の新しい世界秩序 I. ヨーロッパにおけるワクチ
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

書籍:バトルフィールド・アメリカ 2015

Battlefield America: The War On The American People 前評判 バトルフィールド・アメリカ 問題の本質を認めることがアルコール依存症からの回復の第一歩であるように、現代アメリカのファシズム的本質を認めることは、アメリカの自由を回復す
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

書籍:ケムトレイルは暴露された 2016
新たなマンハッタン計画

Chemtrails Exposed: A New Manhattan Project 目次 第1章 ケムトレイルの暴露 第2章 新マンハッタン計画の歴史 第3章 イオノスフェアヒーター / HAARP 第4章 ケムトレイル艦隊 第5章 アルミニウム、バリウム、ストロンチウム 第
フランシス・ボイル

1989年生物兵器テロ防止法の著者、ハーバード大学教授フランシス・A・ボイルが、COVID-19の起源とワクチン論争について爆弾発言

1989年生物兵器テロ防止法の著者、ハーバード大学教授フランシス・A・ボイルが、COVID-19の起源とワクチン論争について爆弾発言。 彼は単なる専門家ではなく、1983年以来生物兵器と闘っており、議会は彼の法律を満場一致で可決しました。 この爆発的なインタビューで、ボイルは次の
メディア・コングロマリット

書籍:メディア資本主義 | Springer 2021
大衆欺瞞の時代における覇権主義

Media Capitalism Hegemony in the Age of Mass Deception | Springer 2021 トーマス・クリカウアー ウェスタン・シドニー大学 オーストラリア、ニューサウスウェールズ州シドニー 本書は2009年から2020年にかけて
グローバリズム

もし私たちが燃えたなら:大衆抗議の10年と消えた革命(2023)

If we burn : the mass protest decade and the missing revolution / Vincent Bevins. 初版 2023年10月 名前ベヴィンス,ヴィンセント,著 タイトル If we burn : the mass pr
アグノトロジー・犯罪心理学・悪

抵抗と信仰 デビッド・A・ヒューズ
2020年以降に起こったすべてのことを踏まえて、抵抗と信仰の関係についての短い考察

Resistance and Faith デビッド・A・ヒューズ 2024年6月28日 2020年に多くの人々がそうであったように、私はそれまで尊敬していた思想家たちに対する尊敬の念を失った。 特に、有名な「左翼」や「左翼」の出版物が、目新しい病気と闘うという口実のもとに展開され
オートマトン、ウルフラム、フラクタル

書籍:『スケール』 2017
生物、都市、経済、企業における成長、革新、持続可能性、そして人生のペースに関する普遍的な法則

Scale: The Universal Laws of Growth, Innovation, Sustainability, and the Pace of Life in Organisms, Cities, Economies, and Companies バージョン1
マルサス主義、人口管理

書籍:『科学的展望』 バートランド・ラッセル 2009(初版1931)
The Scientific Outlook

The Scientific Outlook 「本書の核心的なメッセージは、今もなお語るべきものがある」 ザ・スポークスマン Routledge Classicsには、過去1世紀ほどのRoutledge出版のベスト本が収められている。Routledgeとその関連出版社が出版してき
テクノクラシー

書籍:ポピュリストの妄想 2022
The Populist Delusion

The Populist Delusion インペリウム・プレスは2018年、右派思想史の著作を学生や一般人に提供するために設立された。これらの著作が現代版で入手できるとしても、リベラルな世界観の外側に位置づけられるような版で入手できることはめったにない。インペリウム出版社の使命
ダニエル・ブローディー

論文:サイボーグが私たちを救う バイオ・ナノ・パノプティコン:注入された身体?
Cyborgs R Us: The Bio-Nano Panopticon of Injected Bodies?

Cyborgs R Us: The Bio-Nano Panopticon of Injected Bodies? ヴァレリー・キリー1、ダニエル・ブローディ2 2沖縄キリスト教大学応用言語学部教授 要旨 バイオテクノロジー、ナノテクノロジー、材料科学の文献を調査し批判的に分析す
マルサス主義、人口管理

国際連合事務局経済社会局人口部 補充移民:人口減少と高齢化の解決策となるだろうか? 2000年3月21日
Population Division Department of Economic and Social Affairs United Nations Secretariat:Replacement Migration

Population Division Department of Economic and Social Affairs United Nations Secretariat:Replacement Migration ESA/P/WP.160 2000 年 3 月 21 日
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

書評:『諜報犯罪のぼかし』 デビッド・A・ヒューズ
Willem Bart de Lint (2021) Blurring Intelligence Crime: A Critical Forensics. Singapore: Springer

Willem Bart de Lint (2021) Blurring Intelligence Crime: A Critical Forensics. Singapore: Springer Willem Bart de Lint (2021) Blurring Intell
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

論文:9/11の真実と国際関係学(IR)における沈黙 2020
9/11 Truth and the Silence of the IR Discipline

9/11 Truth and the Silence of the IR Discipline 9/11の真実とIRの沈黙 デイヴィッド・A・ヒューズ1 2020年2月 要旨 国際関係論(IR)の学者たちは、9.11の出来事に関する公式の物語を無批判に受け入れ、9.11の真実運動
エマニュエル・パストリッチ

バイオ/ナノ/IT枢軸は人類への全面戦争を計画しながら、”ガザを注視せよ “と言っているのか?

Is the Bio/Nano/IT Axis Planning Total War on Humanity While Telling Us, “Keep your eyes focused on Gaza?” エマニュエル・パストライヒ著 グローバル・リサーチ、2024年6月
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました