書籍:『草の根のイノベーション運動』2016
Grassroots Innovation Movements

コミュニティレジスタンス・抵抗運動抵抗戦略

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Grassroots Innovation Movements

要旨

持続可能な開発のようなグローバルな課題に取り組むためには、イノベーションが不可欠であるとして、政策エリートやビジネスリーダーたちによって、その重要性がますます強調されるようになっている。しかし、しばしば見落とされがちなのは、コミュニティ・グループ、活動家、研究者のネットワークが、社会正義と環境の持続可能性のために、何十年もの間、草の根の解決策を革新し続けてきたという事実である。学問の境界、政策のサイロ化、制度的論理にとらわれることなく、こうした「草の根イノベーション運動」は、正式な科学・技術・イノベーション組織によって無視されてきた問題や疑問を明らかにする。草の根の解決策は、人、アイデア、ツールの珍しい組み合わせを通じて、型にはまらない環境で生まれる。

本書は、インド、南米、ヨーロッパにおける6つの多様な草の根イノベーション運動を、それぞれのダイナミックな歴史的文脈に位置づけながら検証する。それぞれの運動がイノベーションと開発を異なる枠組みで捉え、多様な戦略を生み出した理由を分析している。本書は、それぞれの運動が成長した、あるいは成長しようとした空間を探求している。草の根のイノベーションのために彼らが開発した経路と、そのアプローチに立ちはだかる課題と限界について批判的に検証している。

不平等が拡大する世界で社会正義への圧力が高まるなか、政策立案者はより包括的なイノベーションを促進する方法を模索している。このような状況において、草の根の経験は重要性を増している。本書は、イノベーション、開発、社会運動の出会いに関心を持つ活動家、政策立案者、学生、学者に、タイムリーで適切なアイデア、分析、提言を提供する。


シリーズ編集者

イアン・スクーンズ、アンディ・スターリング

サセックス大学STEPSセンター

編集諮問委員会

Steve Bass、Wiebe E. Bijker、Victor Galax、Wenxel Geissler、Katherine Homewood、Sheila Jasanoff、Melissa Leach、Colin Mclnnes、Suntan Sahai、Andrew Scott

編集:メリッサ・リーチ

ケビン・バルドシュ編

グラスルーツ・イノベーション・ムーブメント

エイドリアン・スミス、マリアーノ・フレッソリ、ディネシュ・アブロル、エリサ・アロンド、イアン・スクーンズ、メリッサ・リーチ、ピーター・ニューウェルエイドリアン・エリー

グラスルーツイノベーションムーブメント

エイドリアン・スミス、マリアーノ・フレッソリ、ディネシュ・アブロル、エリサ・アロンド、エイドリアン・エリー

「本書は、グラスルーツイノベーションの経路を構築するための取り組み、その成果と限界を探る豊富で多様なストーリーのコレクションを通じて、斬新で挑戦的なアプローチで古くて最近のテーマを再検討し、グラスルーツイノベーションの基礎に新たな視点を与えている。」

メキシコ、アルゼンチン、ベネズエラのUNAM-CENPAT/CONICET-IVICの上級研究員、ヘベ・ベスーリ博士)。

「イノベーションは往々にして遠い存在に見えがちである。本書は、それとは異なる現実を示唆している。個人もコミュニティも、富める者も貧しい者も、北も南も、私たちは皆イノベーターなのである。私たちは、この豊かなイノベーションの可能性を認識し、育て、活用し、すべての人々が健康で有意義かつ持続可能な生活を送るために必要なテクノロジーにアクセスし、適応し、利用できるよう支援しなければならない。」

Amber Meikle, Technology Justice campaign, Practical Action)

「本書は、テクノロジーと社会運動の研究に、ユニークで貴重な比較の視点をもたらしている。インドから南米、ヨーロッパまで、『グラスルーツイノベーション』はデザイン、イノベーション、民主主義の世界ツアーに私たちを連れて行ってくれる。本書の詳細なケーススタディは、初学者から熟練した専門家やデザイナーまで、幅広い読者を魅了することだろう」

(David Hess, Vanderbilt University, Professor of Sociology, and author of Alternative Pathways in Science and Industry).

「本書の価値は、産業界の大きなイノベーションではなく、人々のイノベーションが主流の技術として扱われる、グラスルーツイノベーションのあまり目に見えない世界を私たちのために敷衍していることにある。もう一つ重要な洞察がある。このようなイノベーションの推進に関連する社会運動は、現実の問題を解決する以外に、より広い社会の二項対立に取り組み、代替的な政治パラダイムを発展させていることだ。草の根のイノベーション運動は、ますます関連性の高い社会技術の創造への参加を呼びかけることで、コミュニティに力を与えている。」

デリーのジーン・キャンペーン創設者、スーマン・サハイ氏

目次

  • 表参照
  • 謝辞
  • 略語・頭字語一覧
  • 1 グラスルーツイノベーションムーブメントの紹介
  • 2 草の根イノベーション運動を研究するための分析枠組み
  • 3 社会的に有用な生産物
  • 4 南米における適正技術運動
  • 5 人民の科学運動
  • 6 ハッカーズスペース、ファブラボ、メイカースペース
  • 7 ソーシャル・テクノロジー・ネットワーク
  • 8 ミツバチ・ネットワーク
  • 9 草の根イノベーション運動:理論と実践のための教訓
  • 10 結論
  • 参考文献
  • 索引

  • 1.1 草の根イノベーション運動と科学技術・イノベーションのための機関の世界7
  • 4.1 南米におけるAT組織・センター61
  • 5.1 人々の科学運動が取り組む課題81
  • 9.1 各ケーススタディ運動におけるグラスルーツイノベーションの文脈とフレームワークのまとめ167
  • 9.2 グラスルーツイノベーションのための空間と戦略179
  • 9.3 グラスルーツイノベーションの運動への挿入と動員戦略183
  • 9.4 グラスルーツイノベーション運動のフレームワーク、スペースと戦略、パスウェイ186
  • 9.5 草の根イノベーション運動から生まれる開発パスウェイへの貢献187

謝辞

本書の執筆にあたった研究プロジェクトでは、インタビュー、フォーカスグループ、ワーク ショップ、会議などの場で、多くの方々から時間と経験を惜しみなく提供していただいた。また、各章の初期の草稿に目を通し、コメン トをいただいた。また、各章の初期の草稿に目を通し、コメントもいただいた。皆さん、お仕事で忙しいにもかかわらず、とても親切でオープンな方ばかりでした。図書館員やアーカイブズ担当者などは、重要な資料や、考え、書くための空間を提供してくれた。具体的な人名を挙げると、どこでやめるべきかジレンマが生じる。そして、このリストがあまりにも長くなりすぎたため、私たちはあなた方の素晴らしい貢献にまとめて感謝し、私たちがいかにあなた方に完全に依存していたかを認め、この研究を許可してくれたことに感謝していることを強調する。特に、草の根のイノベーション運動が、その信頼と協力なしには、この研究を実現することは不可能であっただろう。

本書は、サセックス大学の科学政策研究ユニットと開発研究所が共催するSTEPSセンターが主導する国際研究プロジェクトの成果である。STEPSとは、Social, Technological and Environmental Pathways to Sustainabilityの略で、経済社会研究評議会からのコア資金により、幅広い国際研究および共同研究のハブとして機能している。このプロジェクトに協力いただいたSTEPSの同僚や共同研究者の方々に感謝いたする。STEPSの詳細については、www. steps-centre.orgを見てほしい。

STEPSセンターのHarriet Dudleyは、ミーティング、旅行、訪問、契約などを手配し、私たちとプロジェクトを継続させ、全体として素晴らしい存在であった。Nathan Oxleyもまた、このプロジェクトにインスピレーションを与えてくれる貢献者である。彼は、私たちのコミュニケーションとプロジェクトへの一般参加に協力し、そうすることで、私たちのしていることについて重要な考察を与えてくれた。同様に、私たちの母校である科学政策研究ユニット、セニット基金、科学政策研究センター、クラーク大学の同僚たちにも、このような和やかな共同作業を提供してくれたことに感謝している。

本書で報告されている研究のいくつかは、本書の執筆に参加していない同僚との関連プロジェクトによってもたらされたものである。特に、国立キルメス大学のHeman Thomasとそのチーム、ブラジルのカンピナス大学のRafael Dias、科学政策研究ユニットのSabine HielscherとGeorgina Vossに感謝したい。これらの関連プロジェクトは、国際開発研究センター、経済社会研究評議会のイノベーションとエネルギー需要センター、欧州連合フレームワーク7プログラムのTRANSITプロジェクト(変革的社会イノベーション理論)の支援を受けている。

本書は共同で執筆されたものである。編集された本ではない。私たちはこのプロジェクトで多くのことを学び、多くの対面での議論や横のつながった研究活動を組織することができたという特権を得た。しかし、ケーススタディの責任として、各章の分析はチームの一人が主導したが、時には他のメンバーと共同で執筆し、チーム全体がコメントすることもあった。Dinesh Abrolは、Adrian Elyの助けを借りて、「ミツバチネットワーク」と「人々の科学運動」の章を担当した。Mariano FressoliとElisa Arondは、「joindy the appropriate technology」の章を担当した。マリアーノ・フレッソリは、ソーシャル・テクノロジー・ネットワークの章をリードした。Adrian Smithは、社会的に有用な生産とハッカースペース、ファブラボ、メーカースペースの章を担当した。その他の章はすべて共同で執筆された。そして、Monica Allenのコピー編集と、RoudedgeのHelen BellとMargaret Farrellyの辛抱強いサポートのおかげで、出版可能な形に仕上げることができた。

これは素晴らしい経験だった。私たちが多くの人に助けられたように、この結果が他の人にとっても価値あるものであり、役に立つものであることを願っている。

エイドリアン・スミス、マリアーノ・フレッソリ、ディネシュ・アブロル、エリサ・アロンド、エイドリアン・イーリー ブライトン、ブエノスアイレス、デリー、ボゴタ

2016年1月

1 グラスルーツ・イノベーション・ムーブメントの紹介

本書を執筆中の2015年8月、パリ郊外のシャトーを借りた敷地内に、サステナビリティ活動家たちが集まっていた。彼らは、未来を「エコハッキング」しようと考えていた。つまり、シャトーを一時的なイノベーションキャンプにし、低炭素な生活のための実用的かつ象徴的な価値を持つさまざまなテクノロジーを開発するためのツールを備えていた。このプロトタイプは、オープンソースのデザインとインストラクションを使用し、他の人がこれらの開発にアクセスし、適応させ、利用できるようにしたものである。このキャンプの活動はソーシャルメディアを通じて広く公開され、多くのコメンテーターや上級政治家にまで注目された (例としてwww.poc21.ccを参照)。

このキャンプはPOC21と呼ばれた。その場所とタイミングは重要だった。パリは2015年12月、気候変動枠組条約第21回締約国会議 (COP21)の開催を控えており、気候変動にどう対処するかを考える政府や世界のエリートたちの最新の会議が開催されていた。一方、POC21は、代替アプローチのための「概念実証」を意味し、それを求めている。POC21には、様々な国際的な活動家のネットワークから集められた100人以上のメーカー、デザイナー、エンジニア、科学者、ギークが会場に集まり、さらに多くの人々がソーシャルメディアを通じてバーチャルに参加したり、訪れたりして、脱化石燃料、ゼロ・ウェイスト社会のためのプロトタイピングに励んだ。彼らが共同で開発したデザインやハックは、低価格の風力発電機、都市農業施設、3Dプリントされたボトルトップ型浄水器、簡単に作れるカーゴバイク、オープンソースエネルギーモニター、パーマカルチャー、低消費電力の循環型シャワー、携帯用ソーラーパワーパックなど多岐にわたる。彼らのオルタナティブなアプローチは、草の根レベルの人々が、気候変動と持続可能な開発に対する独自の革新的な解決策を生み出すために必要なアイデア、知識、ツール、能力をすでに持っているという前提に立っている。POC21の目的は、世界各地のオープンソースやピアプロダクションのネットワークと連携した実践的な取り組みから、こうした既成の解決策を主流化することにある。5週間の合宿の直後、POC21の主催者は、「この勢いを持続可能なムーブメントにするにはどうすればよいか」というフォローアップの課題を設定した(電子メールでのやりとり、2015年9月30日)。

本書は、ムーブメントがすでに存在していることを主張している。POC21は、自分たちの周りで見つけた世界を直接ハッキングし、作り、修正し、より包括的で公平かつ持続可能な目標に向かって作り変えることに、成長中のグループやネットワークの間で高まっている関心を利用したものである。さらに、POC21は、草の根の解決策への関心を高めるためにハイレベルなサミットを覆すという長い伝統と無意識のうちに結びついている。このような破壊は、1972年にストックホルムで開催された第1回国連人間環境サミットにまでさかのぼる。ストックホルム・サミットでは、パウワウと呼ばれるグループが活動家を招集し、サミットを仕切る実業家や政策立案者の政治的・経済的利益とは根本的に異なる開発の選択肢を求める彼らの主張を強調し、パウワウが求める未来を象徴する代替技術のデモンストレーションを組織した (Boyle and Harper, 1976; Faramelli, 1972)。パウワウの遺産は、POC21と同様、数十年にわたって世界中で行われた草の根のイノベーションのデモンストレーションのひとつであり、関連する社会運動は、風力エネルギー、参加型デザイン、アグロエコロジー、エコハウスなどさまざまな実践を残すとともに、オルタナティブな形のイノベーションと持続的発展が必要かつ可能だという考えを根強く残してきたと見ることができる。POC21は、持続可能な開発のためのグラスルーツイノベーションを活性化させたもう一つの瞬間であった。

本書の冒頭でPOC21やパウワウのような事例を紹介すると、持続可能な開発のためのグラスルーツイノベーションは、主に北部の環境保護主義者の関心事であるという印象を与えるかもしれない。しかし、そうではない。レイチェル・カーソンの『沈黙の春』(1962)が産業汚染と環境の衰退を憂慮する内容で、北部の環境主義の触媒となったのと同じ年に、ケーララ州の活動家は、科学技術を地域社会のニーズと優先事項のために役立てるためのプログラム、ケーララ・サストラ・サヒティヤ・パリシャード (KSSP、ケーララ科学文献フォーラム)を立ち上げた。当初、KSSPは科学作家や教師のグループが参加し、地元の言語で教科書を出版した。科学と技術を、産業近代化のエリートの計画ではなく、草の根のコミュニティにとってより広く利用でき、社会的に適切なものにすることを目的としていた。同様のグループはインド全土で結成され、「人民の科学運動」に統合された。彼らのビジョンは、科学技術を地域社会の生活体験や知識のために再想像し、方向転換させることだった。長年にわたり、この運動は草の根の活動や人々の生活の改善に力を注ぎ、インド国家の高い近代主義的野心やガンジーの村の自給自足とは異なる種類の持続可能な発展を目指したものである。

ハイレベルなサミットは、南半球のグラスルーツイノベーターたちにも場を提供している (Letty et al.、2012)。ブラジルのソーシャル・テクノロジー・ネットワークのようなイニシアチブを通じて開発されたアグロエコロジー、住宅、エネルギー、リサイクルの例は、リオ+20サミットのフラメンゴ公園でのピープルズ・サミットで展示された。

サミットで展示された。これらのネットワークの活動家は、20年前に南米で行われた適切な技術の経験から意識的に教訓を得ており、今日の幅広い社会運動と連携して、異なる種類の開発を求めている。エリートが提供する産業化モデルに対する徹底的な批判は、ストックホルムでのパウワウのアジェンダの重要な部分であった。POC21やSocial Technology Network、そしてそれ以降の多くの団体と同様に、パウワウは解決策が多様な状況下で機能しなければならないことを認識していた。しかし、これらの草の根のイノベーション運動に共通しているのは、人々が代替策を構築するためのツールにアクセスできるよう支援することである。

本書の目的は、草の根の革新運動をより可視化し、その経験から学び、持続可能な開発を追求するために、人々がよりよく理解し、評価し、関与できるようにすることである。本書は、さまざまな場所、さまざまな時代の6つのケーススタディを分析することによって、これを実現する。

  • 社会的に有用な生産のための運動(イギリス、1976-1986)
  • 適切な技術運動(南アメリカ、1970年代と1980年代)
  • 人民の科学運動(インド、1960年代から現在まで)
  • ハッカースペース、ファブラボ、メイカースペース(海外 2000年代から現在に至るまで)
  • ソーシャル・テクノロジー・ネットワーク(ブラジル 2000年代~現在)
  • ミツバチ・ネットワーク(インド、1990年代から現在)。

これらの事例を通じ、その多様な状況の中に、他の草の根のイノベーション運動が認識し、接続しうる共通の原因や根深い課題を見出すことを試みる。このような可能性は、文脈によって必然的に異なってくるが、他の事例から学ぶことで、より大きな可能性を持つことができるだろう。これらの事例の選択と私たちのアプローチについては、本章の後半で説明する。今のところ、草の根の革新運動とは何を意味するのか、そして持続可能な発展への道筋を研究する上での課題について、もう少し詳しく説明したいと思う。

急進的なルーツと代替ルート

環境保護と開発のための社会運動の歴史を通じて、社会正義と環境的に持続可能な開発の価値にコミットする実践的な草の根の革新の底流が存在してきた (Hess, 2007; Rist, 2011; Schumacher, 1973; Smith, 2005; Thackara, 2015)。北と南、都市と農村の環境において、活動家、開発労働者、コミュニティグループ、近隣住民のネットワークは、持続可能な開発のためのボトムアップの解決策を生み出すために人々と協力してきた。水と衛生、住宅と居住環境、食品と農業、エネルギー、移動、製造、健康、教育、通信、その他様々な分野で、イニシアチブが栄え、また苦闘してきた。物質的・経済的な必要性からか、あるいは国家や市場の従来の革新システムから疎外された社会問題からか、人々のネットワークはこれらのニーズや問題に対応した代替活動を推進・調整している。彼らは言説を発展させ、より広い一般大衆の間で支持する資源を動員する。このような活動こそが、私たちが草の根革新運動を意味するものであり、私たちの作業定義を与えるものである (Gupta et al.2003、Seyfang and Smith, 2007も参照)。

グラスルーツイノベーションは、大学、公的研究開発 (R&D)研究所、企業のイノベーション部門などの機関における主流のイノベーションプロセスとは異なるグループや活動を通じて進行し、伝統的に正式に組織された研究機関を中心にネットワーク化されてきた。イノベーション政策の目的は、一般に、情報技術、バイオテクノロジー、ナノテクノロジーに代表される普遍的な技術・経済フロンティアに追いつく、あるいは追いつけないという要請として表現されている (Freeman, 1992; Perez, 1983)。さらに、科学技術とイノベーションのための主流の制度は、一般に、企業と科学技術機関の間のパートナーシップを育成し、起業家精神を育み、その成果が競争力と経済成長を押し上げるイノベーション活動への投資に対するリターンを奨励することを目的としている。

これに対して、草の根のイノベーション運動は、草の根のグループが地域開発の問題をどのように理解し、どのように動員しているかを研究するものである。グラスルーツイノベーションムーブメントの魅力は、地域のアクターが関与していることであり、したがって、コミュニティベースの知識、土着の知識、一般市民の知識など、さまざまな形態の知識がイノベーションのプロセスに関与しているという主張である。運動は、学問の境界や制度的な制約にとらわれず、科学技術やイノベーションの機関が通常考えないような問題や疑問を特定することができ、解決策も異なる方法で模索することができる。しかし、これらは自動的に実現されるものではない。参加には忍耐と体力が必要であり、現実的なジレンマは大切な価値観に挑戦し、既存の政治経済や制度がもたらす構造的な不利もまた同様である。草の根のイノベーション運動が、創造性、包括性、そして複雑なイノベーションにおける地域のアクターの主体性をどの程度可能にするかは、本書で探求されるところである。

重要なことは、草の根のイノベーション運動が培う開放性の中に、持続可能な開発を構成するものについての複数の考え方があるということである。1980年代半ばに開催された「環境と開発に関する世界委員会」の世界的な協議プロセスでは、持続可能な開発に関するいくつかの論点が整理され、最終的に1987年に広く引用されている以下のような定義が報告された。

持続可能な開発とは、将来の世代が自らのニーズを満たす能力を損なうことなく、現在のニーズを満たすような開発である。この定義には2つの重要な概念が含まれている。

  • 特に、世界の貧困層が必要としているものを最優先する。
  • 現在および将来のニーズを満たすための環境の能力について、技術と社会組織の状態によって課される制限という考え。

(環境と開発に関する世界委員会、1987年、p.43)。

この定義には、議論すべき点が多くある。本質的なニーズとは何なのか。環境の限界とは何を意味するのか?技術の状態とは何か?どのような種類の開発を、誰のために、何のために行うのか?これらを決定するのは誰なのか?これらの原則を適用する場合、開発ポーズ、技術革新の方向性、社会正義の問題に取り組まなければならない。ダイナミックかつ建設的に見れば、持続可能な開発という言葉は、答えを断定することなく、単に定義的な問いを提起しているに過ぎない。したがって、持続可能な開発は、規範的な内容にあふれた本質的に争いのある概念として価値がある (Jacobs, 1999)。環境保全と社会正義の価値を表現する開発の道筋をどのように構築するかは、原則的な議論と民主的な行動の問題である。持続可能な開発への道筋は複数である必要がある (Leach et al.、2010)。

一つの例として、多国籍の電力会社が運営する大規模な太陽光発電所と、近隣にパネルを設置する小規模なコミュニティ協同組合とでは、全く異なる持続可能性が生まれる (Smith et al.、2015)。社会的な優先順位の変化や技術の進歩によって新たに価値が高まった太陽光のような、これまであまり関心を持たれていなかった資源から、誰が利益を得るのだろうか。この広く共有されている資源から得られる利益は、なぜ特定の方法で分配されるのだろうか。また、歴史的に決定された資本と市場へのアクセスが、なぜこの地域資源へのアクセスを優遇するのだろうか。多元的な持続可能な開発には、どのような種類の知識や経験が、解決策を形成し、選択するための様々な基準の相対的優位性を審議する際に重要であるかという点で、認知的正義の問題も含まれる。地元の歴史や文化に関する知識は、例えば、遠方の投資家や異なる利害関係者にとってより正当とみなされる、より抽象的な費用対効果の知識とは異なり、異なる開発の相対的正当性と結果に影響を与える可能性がある。

草の根のイノベーション運動を研究する上で、私たちはグループやネットワークがどのように開発の問題に取り組むのか、彼らがイノベーション活動においてどのように自分たちの価値を表現しようとするのか、そしてその活動を通じて彼らが築く道筋を形作るものは何かということに関心を抱いている。私たちは、持続可能な開発について独自の定義を押し付けるつもりはないし、また、この比較研究は、外部から導き出された基準に対して誰が最も優れているかを検証することを意図していない。私たちにとって、特定の持続可能な開発の幅広い社会的ビジョンや意味合いに関する問題は、さまざまな場所でさまざまな条件や目的のために活動している草の根の革新運動に注目することによって、より豊かなものになる。ここでは、自分たちが考える課題の解決策を生み出そうとする人々の集団が、主流の制度とは異なる基準で活動し、知識の生産、技術の流用、社会組織の調整のために新しい形式を用いている。このような状況下で、誰の解決策が、誰にとって、あるいはどのような組み合わせで「最善」であるかを裁定するのは政治の仕事である。草の根の革新運動が、持続可能な開発に関わる争いと複数性を指摘し、代替的な持続可能性の政治を行うためのより多くのスペースを開くことによって、社会に反射性の源を提供することを理解することは、分析のための問題である。本書で試みるのは、このような分析である。

もちろん、強硬なサミット交渉担当者や熟練したオブザーバーは、POC21のような草の根のイニシアチブを政治的に素朴で理想主義的なものだと切り捨てるかもしれない。しかし、それはあまりに早計である。私たちは、現代の持続可能性の解決策の多くが草の根的なものであることを想起し、その伝統に基づいた取り組みを今日真剣に行うことが重要であると考えるのである。グローバルサミット、政府間協定、資本のグリーン化には、従来の経済成長に縛られた開発の論理の中で、持続可能な開発のための原則に何を譲歩するかを決定する組織の代表者が関与している。2015年9月に発表された「持続可能な開発目標」に見られるように、フレームワークとプログラムが開発され、公約がなされ、資金が放出されている。しかし、これらの宣言やプログラムは、本当に問題のある開発経路の根本原因に対処しているのでしょうか、それとも同じ経路を進みながら結果を改善しているのだろうか。一方、草の根から、そしてこれらの大きなイベントの周辺では、トップダウンの経済成長の尺度とは全く異なる社会の未来に対する価値観やビジョンに基づき、自分たちが考える持続可能な生活のための実践的な可能性を即興で生み出す人々の集団が存在することが明らかになっている。ここで、誰が本当に革新的であるための自由を持っているのだろうか?もっと広く、もっと注意深く見ていくとどうなるのだろうか。草の根の活動には、必然的にそれなりの欠点があるものであるが、それでも持続可能な発展のためのイノベーションに関する議論とアイディアが開かれる。

制度的な出会い

近代的な科学、技術、イノベーションの制度は、歴史的に、先住民やコミュニティベースの知識、非コード化された形式の知識など、他の知識生産様式を認識するのに苦労してきた。表11 は、草の根のイノベーション運動の世界と、科学・技術・イノベーションを発展させる従来の制度を対比したものである (Fressoli et al.2014から引用)。ここで注意しなければならないことがある。トップダウンとボトムアップの二項対立を作ることが私たちの意図ではない。実際、よりオープンな科学や包括的なイノベーションへの動きは、境界を曖昧にし、物事をより多孔質なものにしている。そのため、興味深いのは、草の根的な取り組みによって開発のためのさまざまな可能性の道が開かれたときに生まれる出会いや関係、可能性であり、それらがより慣習的で制度化された開発の道とどのように相互作用し、挑戦し、反応を促すかということである。また、グラスルーツイノベーションに焦点を当てると、グラスルーツ・ネットワークで培われた実践が、より一般的な科学技術制度とどのように相互作用するのかも明らかになる。表11にある2つの世界の間の出会い、交わり、ハイブリッドな取り決めこそが、抵抗、争い、対抗と同じくらい私たちの興味を引くものなのである。

グラスルーツイノベーションの厳密な定義では、イノベーションは地域コミュニティの中から生まれるとされていますが(後述)、実際には従来の科学技術やイノベーションの機関で働く人々とともに、あるいは彼らによる活動も含まれることがある。後述するように、この2つを結びつける公的なプログラムが開発されることもある。時には、草の根の取り組みが、世界的なサミットや協定によって動かされたプログラムや資源から恩恵を受けることもある。適切な技術、ローカルアジェンダ21、包括的イノベーションなどの国際的なプログラムは、草の根のイノベーションを政策立案者の関心の対象として持ち上げることが定期的にある (OECD, 2015などを参照)。政策とビジネスは、このボトムアップの革新的な活動に再び注目している。インクルーシブ・イノベーション、オープン・イノベーション、ソーシャル・イノベーションのためのアジェンダは、草の根のイノベーションを国内外のエリート機関の注目の的にしている (OECD, 2015; World Bank, 2012)。最近では、2015年9月27日に国連本部が開催したソリューション・サミットで、持続可能な開発目標の立ち上げに伴い、「17の持続可能な開発目標の1つ以上に取り組んでいる例外的なイノベーターを引き上げるための長期的な草の根努力の一部」として14のグラスルーツの事例が取り上げられた(www.solutions-summit.org)。

しかし、グラスルーツイノベーションは社会の底流として発展することが多いため、エリート政策立案者やビジネスリーダー、プロの非政府組織 (NGO)の目には触れないのが普通である。そのため、支援が得られたとしても、エリートの思い込みや規範によって、本来のグラスルーツイノベーションの原動力となるポイントを見逃してしまい、厄介な出会いとなることがある。例えば、政策イニシアチブでは、「スケールアップ」して「ロールアウト」できるような解決策を草の根活動から求めるのが典型的である。例えば、新しい製品、プロセス、ビジネスモデルを追求するために、草の根のイノベーターが研究機関や経済開発機関にアクセスし、協力しやすくするための措置が取られる。

ここでは、草の根のイノベーションとは、単に独創的な製品を生み出すことであり、専門家によるデザインやマーケティングの支援、知的財産の保護が必要であるという前提に立っている。実際には、こうした「プロトタイプ」は、はるかに複雑で根深い地域開発活動の最も目に見える側面なのである。農業技術のような草の根のイノベーション活動の目に見える対象を分離、束縛、囲い込み、マーケティングすることは想像以上に難しく、それは当初の小規模な努力の動機となった無形の特徴や地域開発の利点を見失ってしまうからだ。政策は、一見して革新的な対象物をどのようにスケールアップするかを考えるよりも、草の根の革新的能力をさらに育成するための制度をどのようにスケールダウンするかを考えるべきかもしれない。本書では、このような草の根のイノベーションと科学技術に関する制度との出会いの中で生じる可能性と困難性に注目したい。

現実には、数十年にわたって草の根レベルで活動する多様なグループが、万華鏡のように変化しながら、実践的な活動を通じて環境保全や社会正義を実現する方法を見出し、時には政策機関や科学技術機関と関わりながら、その目的を推進する無数の取り組みが行われている。なぜなら、食料、住居、水、衛生、健康、エネルギー、生活、そして楽しみといった普遍的な課題に取り組む際、各グループはそれぞれの歴史、文化、コミュニティの優先順位に基づき活動しているからだ。ある取り組みは広く普及するかもしれないが、最終的にはすべて地元に根付く必要がある。

食料、住居、水と衛生、エネルギー、衣料、輸送、製造、レクリエーションなど、さまざまな分野における草の根の活動を記録し、図解することで、素晴らしい仕事をした人もいる。フリッツ・シューマッハーの『Small Is Beautiful』(1973)から最近のジョン・サッカラの『How to Thrive in the Next Economy』(2015)まで、またアニル・グプタが設立したHoney Bee Network(グプタ他 2003)が継続している仕事など、多岐にわたっている。本書でもそのような事例に出会うが、それは、グラスルーツイノベーションが科学技術や開発の制度と出会い、これらの運動が社会変革のより広いビジョンを推進し、代替経路を構築しようと集合的に試みる中で、どのように運動としてつながるかを見るために行っている。そのため、特定のグラスルーツイニシアチブを超えて、知識、技術、社会組織を生み出す一般的な活動としてグラスルーツイノベーションを促進、活性化、支援しようとするネットワークについて考察している。

グラスルーツイノベーションの動き

David Hessは、『Alternative Pathways in Science and Industry』(2007)の中で、社会運動の活動や結果は、抗議や権利の確保に限られたものではなく、社会運動はオルタナティブな物質文化の生成にもなり得るという観察を出発点としている。アンドリュー・ジャミソンは、『The Making of Green Knowledge』(2001)において、知識生産との関連で同様の指摘をしている。本書における私たちの研究は、彼らのリードに従うものである。このようなイノベーションを、例えば環境保護主義や(ポスト)植民地闘争における自由運動から派生したものとだけ考えるのは避けなければならない。グラスルーツイノベーションは、それ自体が運動であり、David Hessが言うように、オルタナティブな道筋に貢献するコアな社会的価値の実践的表現を目指した革新的活動を生み出すものだと考える必要がある。このように、グラスルーツイノベーションは、社会変革のための実験に開かれた活動であるため、推進し、支援する価値があるものである。グラスルーツイノベーションの運動は、社会変革のプロトタイプを作り、社会変革のために行動することを目指す。これについては、第2章でさらに詳しく説明する。

草の根レベルの革新的な活動は、経済・科学機関のレーダーの下で常に活動している。これらの機関は、従来、研究開発のアジェンダを設定し、支援と資源を提供し、社会のイノベーションを市場化し、資本化するものであった。しかし、革新的な草の根の活動は、社会正義や環境保全の価値にコミットした社会変革への明確な規範的欲求に動機づけられて初めて、ムーブメントとしての特性を獲得することができる。例えば、メイカー・ムーブメントでは、多くの人々が自発的に新しいデバイスやオブジェクトを開発し、オンラインで共有している。何千もの設計図が自由に利用できる。こうした活動は、多くの場合、楽しみやレクリエーション、個人的な挑戦、名人芸の披露といった目的で行われている。実際、メイカームーブメントは、支配的な経済制度のもとで市場化されたイノベーションの要請と比較すると、非常に顕著に見える和やかさと共有の価値にコミットしているかもしれない。しかし、メーカーがクラウドソーシングによるデザインからビジネスを展開しようとするとき、彼らは通常のビジネスとさほど変わらない慣習を再現する傾向がある。彼らは、シリコンバレーの起業家精神と破壊的イノベーションのモデルを称賛し、それに従うが、それは経済発展の観点からは実は極めて順当なことなのである。そして、メイカームーブメントが、無数の材料の供給者とデザインの流用者が新たな利益の源泉を見つける、作るための市場となったとき、このシーンに誰が含まれるか排除されるか、また再生産される社会・経済構造への関心がほとんどないことと相まって、メイカは社会運動でなく見える (Ratto and Boler, 2014)。メイカームーブメントの多くは、既存の秩序を所与のものとして受け入れ、その中で革新的であろうとするのみである。社会変革へのコミットメントが前面に出て、実施されるイノベーションの種類を指示し始めると、その活動は草の根のイノベーション運動の一部となる。第6章で取り上げるハッカースペース、ファブラボ、メイカースペースの一部でこのようなことが起きていることがわかる。

実際には、厳密な区別をすることは困難である。たとえば、遠隔操作のドローンを作るためのオープンなハードウェアの説明書を開発し、オンラインのソーシャルメディアネットワークを通じて労働力を提供することは、メーカーネットワークにおける楽しみやレクリエーションという理由で動機づけられていることが多い。しかし、センサーを組み込んだり、データプラットフォームと連携して環境変化を遠隔モニタリングするネットワークの中でドローンの作り方が採用された場合、ドローンを趣味としている人たちは草の根のイノベーション運動に参加することになるのだろうか。Public Laboratoryのような国際的なネットワークは、まさにそのために存在する。オープンソースの安価なモニタリング技術を開発・共有し、開発者コミュニティを通じて様々な知見やアイデアを取り込み、それを利用する人々がより健全な地域環境を公共機関に要求できるようにする。これこそ、人々がより効果的に行動できるようにするためのグラスルーツイノベーションである。

このように、さまざまな形のグラスルーツイノベーションと従来の制度との接点やハイブリッドがますます増えてきていることがわかる。草の根の革新的な活動は、産業革新システムで開発され、グローバルなハイテク企業が販売する技術を利用することができるし、グローバル企業は、もともとオルタナティブな技術者や活動家が開発したアイデアや実践を利用する。一方、グローバル企業は、もともとオルタナティヴ・テクノロジストや活動家によって開発されたアイデアや実践を利用している。企業は、フリーソフトウェアやフリーカルチャー運動においてハッカーの間で開拓されたオープンイノベーションに関するアイデアを利用し、ハッカースペースはレーザーカッターやその他のデジタル製作ツールを創造的に利用して、労働力の平準化と生産の自動化を目指す産業資本が開発した (Noble、1984;Soderberg、2013)。草の根と制度の間のこうした流れや相互依存関係に注目し、理解することが重要である。また、草の根のイノベーション運動を追っていくと、イニシアチブ、ツール、ネットワーク、運動、制度間の関係において、かなりの複雑さに直面する可能性があると予想される。

しかし、科学技術を草の根に届けることは、本当に草の根のイノベーションなのだろうか。

私たちは、このようなプロセスが、知識を生産する新しい形態や生活を改善する新しい方法につながり、草の根がそのプロセスをコントロールし、結果に関与している場合、それはグラスルーツイノベーションであると考えている。例えば、ソーシャル・テクノロジー・ネットワークは、持続可能な開発のためのイノベーションの生成、普及、再利用において、南米全域のグループが協力している。このネットワークの重要な側面は、社会的テクノロジーをさまざまな場所で適用する際に、ローカルな学習とコミュニティのエンパワーメントが必要であるという認識である (Miranda, Lopez and Couto Soares, 2011)。

また、グラスルーツイノベーション運動について、より限定的な概念を採用する者もいる。この考え方によれば、グラスルーツイノベーションは、地域コミュニティ内の創意工夫と能力、あるいは個々の非公式な発明家から生まれる (Gupta et al. 2003)。グラスルーツイノベーションは、純粋に土着の現象である。しかし、上記のような出会いや、知識、アイデア、ツール、実践がグローバルに拡散していることを考えると、このような厳しい定義付けは限界であると考えられる。グラスルーツイノベーターは、手元にある道具、資源、知識を即興で利用し、その出自にはあまりこだわらないと考える。重要なのは、イノベーターがプロセスの中で力を持ち、イノベーションの結果に関与していることである (Smith et al.、2014)。

私たちがより拡大した見方をすることで、開発業界ですでに普及しているコンサルタント主導の参加型開発のようなものに開放され、草の根のイ ノベーション運動の概念が弱体化するという議論もあり、私たちもそれを認識している。アニル K. グプタがハニービーネットワークを設立したのは、彼が専門的な開発コンサルタント会社で経験したことが、結局は地域社会の知識や革新性を引き出し、損なってしまうことに不満を覚えたからに他ならない。ハニービーが開発したスカウト技術、関係するコミュニティの言語での作業、発明者個人の名前による慎重な認識 (Gupta et al, 2003)は、草の根の創意を収奪するのではなく、焦点を合わせて構築しようとするこの関心を反映したものである。

確かに、リスクは存在する。グラスルーツイノベーションは、地域社会を、アイデアを流用したり、既製の解決策を挿入したりする比較的受動的な場と見なし、草の根がイノベーションに積極的に参加し、自分たちで流用することについてあまり考えない、地域との関わりを継続する言葉として利用されかねない。しかし、私たちは、このような批判は、限定された定義ではなく、草の根のイノベーション運動に対するより深い理解と反省を求めるものであると考えている。これは、私たちが第3章から第8章までのケーススタディで試みていることである。

さらに、先に述べたように、草の根の創意工夫に焦点を当てた厳密な定義であっても、関係するコミュニティを超えた必然的な出会いに注意する必要がある。制度が草の根運動と関わるとき、イノベーションを非文脈化し、草の根のプロセスから切り離された対象にしてしまう危険性があるのだ。草の根の創意工夫をスケールアップしたり、融合させたりするための善意の支援は、例えば、利益保護のための知的財産の導入、スケールアップのためのスタンドアローン化、投資やマーケティングを呼び込むための商品化などを通じて、それを変質させてしまうことがある。これらは主流のイノベーションマネジメントから制度化されたアプローチであり、商業的な動機、アイデンティティ、価値を意味し、多くの草の根のイノベーション運動を動かしている動機とは異なるか、反している可能性がある。あるいは、そのような商業的な形式化は歓迎されるかもしれない。しかし、それはまだグラスルーツイノベーションなのだろうか?

本書について

序論では、本書の動機となる問題やテーマについて述べた。研究の大半は、「グラスルーツイノベーション」と呼ばれるプロジェクトを通じて行われた。2012年から2015年にかけて行われた「グラスルーツイノベーション:歴史的・比較的視点」プロジェクトである。このプロジェクトは、サセックス大学にある経済社会研究評議会のSTEPSセンターから資金提供を受けて実施された。STEPSとは、「Social, Technological and Environmental Pathways to Sustainability(持続可能性への社会的、技術的、環境的経路)」の頭文字をとった研究である。このセンターでは、科学技術の発展が持続可能な開発の原則にどのような社会的原因をもたらし、どのような結果をもたらすかを調査している。この研究プロジェクトは、草の根のイノベーション運動に対する理解、議論、評価に貢献することを目的としている。以下は、各ケーススタディの運動に対して行った質問であり、第3章から第8章にかけて回答している。

  • 1.なぜ、このような草の根のイノベーション運動が生まれたのか?
  • 2. 活動家はどのようにグラスルーツイノベーションの支援と活動を動員したのか?
  • 3. オルタナティブ・パスウェイを構築する際に、運動はどのようなジレンマに直面し、そのジレンマとどのように交渉したのか?

ブエノスアイレス、ブライトン、ボゴタ、デリーという地理的な広がりから、南米、インド、ヨーロッパのグラスルーツイノベーション運動を研究することができた。このようにして、私たちは研究を米国と欧州の外に広げ (Hess, 2007; Jamison, 2003; Mathie and Gaventa, 2015; Smith, 2005)、いわゆる「グローバルサウス」 (Gupta et al, 2003; Willoughby, 1990)における研究との結合を図ることができた。研究対象として選んだのは、以下のような運動である。

社会的に有用な生産を求める運動(イギリス、1976-1986)(第3章)

社会的に有用な生産を求める運動は、英国の工業地帯における経済の衰退と製造業の雇用の喪失という背景のもとで発生した。この運動には、技術者、労働者、活動家が異常に混ざり合い、草の根労働組合主義、平和、地域活動、急進科学、さらに環境主義やフェミニズムなど、多様な社会運動が組み合わさって発生した。活動家たちは、社会における革新のための既存の制度に対する批判を提供し、技術を社会的に形成するためのより直接的な民主的プロセスを予期する一連の実践的イニシアチブを開発した。

適切な技術運動(南米、1970年代から1980年代)(第4章)

1970年代から1980年代にかけて、適切な技術は、開発のための道具として技術を再定義しようとする世界的な草の根の革新運動となった。

南米では、適切な技術は、政治的抑圧への挑戦と新しい形態の活動や参加の影響との間の社会的激変の文脈で出現した。この運動は、独自のローカルなネットワークや技術を開発し、適切な技術のアイデアを地域のニーズにより適した形で再構築することができ、また、アグロエコロジーなどの分野で運動よりも長続きする活動を開拓することができた。

人民の科学運動(インド、1960年代から現在)(第5章)

インドにおける人民科学運動 (PSM)は、1960年代後半以降に現れた様々な人民科学運動から生まれた。この運動は、さまざまな草の根ネットワーク、組織、団体を包含しており、それぞれの規模、歴史、焦点、戦略はさまざまである。PSMのアプローチは、科学者、技術者、市民社会組織の間で、科学の応用によって伝統的な技術を向上させる可能性に焦点を当てた議論から生まれた。特に、包括的な地域開発のためのイノベーションの「社会的担い手」の育成に注目が集まり、現在に至っている。

ハッカーズスペース、ファブラボ、メイカースペース(国際的 2000年代から現在)(第6章)。

ハッカースペース、ファブラボ、メイカースペースはコミュニティベースのデジタルファブリケーションワークショップであり、人々が集まり、多様なデジタルデザインと製造技術について学び、使用するための革新的な空間を提供している。自主的に運営されているスペースもあれば、大学や図書館などの組織的な支援を受けているスペースもあるが、いずれもスキルやツールを広く一般に自由に提供し、デザインや製作活動に直接参加できるようにするという理念が共有されている。今日、ワークショップはグローバルなネットワークを形成しており、世界中の主要都市で見つけることができる。その多くは、ソーシャルメディアを通じてネットワーク化し、プロジェクトや知識を共有し、国際的なイベントで物理的に会うことができる。

ソーシャルテクノロジー・ネットワーク(ブラジル 2000年代~2012)(第7章)

2000年代初頭にブラジルで生まれ、2012年に中断したソーシャルテクノロジー・ネットワーク (STN)は、学者から活動家、労働組合、政府代表、資金提供機関、そして特にNGOやコミュニティグループまで、さまざまな参加者を巻き込んだ。STNは、科学技術開発における新しい包括的な能力開発の中心にコミュニティ開発活動を置くことで、社会的包摂、市民参加、所得創出のプロセスを促進した。STNの主な目的は、孤立したイニシアチブをより広範な公共政策と応用に転換し、所得創出と最貧困層の社会的包摂に注目し、開発のためのイノベーションのより民主的なプロセスを促進することであった。

ミツバチネットワーク(インド、1990年代から現在)(第8章)

ミツバチネットワーク (HBN)は1989年にインドで科学者、農民、学者、その他、伝統的な知識と地元のイノベーションを文書化し、地元の言語で普及させることに関心のある人々のグループから生まれたものである。彼らは、個々の革新者が地元の創意工夫から利益を受けられるようにすることに焦点を当てた。HBNは、グラスルーツイノベーションを、草の根から生まれる発明と革新、多くの場合、正式な訓練をほとんど受けず、地元の、伝統的な、あるいは固有の知識に依存する人々の間で生まれるものと見なしている。このネットワークの主な活動は、コミュニティの訪問、インタビュー、表彰、コンテストなどのさまざまな活動に基づいて、イノベーションと伝統的な知識のスカウトと文書化を行うことだ。第二段階は、スカウティングで特定された製品やプロセスの商業的可能性を探ることだ。

このようなグラスルーツイノベーションの動きを研究対象として選択するにあたっては、分析的かつ実際的な考慮が必要であった。分析的には、どの場合も、特定の部門や特定のテーマで動員の一環として革新的なことを行う運動ではなく、一般的に草の根のイノベーションを推進するためにネットワークを構築している運動を対象としたいと考えた。例えば、アグロエコロジー、健康、住宅、リサイクルといった特定の運動は取り上げないことにした。私たちは、草の根の人々がイノベーションに直接参加する能力を促進・拡大することを中核的な目的とし、先に述べた定義に合致する運動を選んだ。実際、私たちが取り上げた草の根のイノベーション運動は、住宅や食料などの分野で活動していたが、他の分野でも活動し、これらの様々な動きの橋渡しをしていた。

もう一つの分析的選択は、単に場所や文脈だけでなく、採用したアプローチの点でも、多様なケースを選択したことである。様々なケースを選んだのは、草の根のイノベーションが様々な運動によってどのように違って見えるか、そして彼らが直面している開発課題といった特殊性を認識するためである。しかし、同時に、多様性の中で繰り返される問題やパターンは、より一般的なグラスルーツイノベーション運動に関連する基本的かつ永続的な特徴を示す可能性がある (Flyvbjerg, 2006)。したがって、この比較は、変数を分離し、持続可能性の外的尺度に従って、ある運動が他の運動より「優れて」いる理由を説明することを意図していない。むしろ、私たちはまず、これらの運動を彼らの言葉で理解し、評価したい。「インサイダー」の存在論である(第2章参照)。すべての場合において、運動の興隆、長期的な持続能力、衰退や散逸など、時間の経過とともに運動の発展を追跡することを目指した。

評価型比較を行うには、私たちにとって重要な運動中心の視点の多様性を考慮できるほどオープンでありながら、各運動に一貫性を持たせ、共通のパターンを特定できるような十分な構造を持った分析の枠組みが必要である。私たちは、このプロジェクトの初期段階において、繰り返しフレームワークを開発した。これについては、第2章で説明する。このような理解は、先に述べたような政策、ビジネス、NGOによるグラスルーツイノベーションへの関心に対応する際に重要である。第9章で述べるように、機関や運動が注意深く考えるべき問題が浮かび上がってくる。

現実的には、資料や参加者へのインタビュー、参加者としての観察など、それぞれの運動にアクセスする必要性から、事例となる運動を選択することになった。アフリカ、北米、東欧、東南アジアの動きを見送ったのは、そうした配慮があったからだ。ブエノスアイレス、デリー、ロンドンでは、インタビューや資料収集といった通常のフィールドワークに加え、運動の実践者を集めたワークショップを開催することができた。ここでは、私たちがリサーチしている経験について、プレゼンテーションや考察、考察を行うことができた。これは、特に地域外から参加した研究チームメンバーにとって、非常に有意義な活動であった。また、現在も活動している運動については、そのイベントに参加し、議論から多くのことを学んだ。私たちの活動はまだ続いている。この本が、彼らのために、そして私たちが関わることのできなかった他の草の根のイノベーション運動のために役立つことを願っている。

 

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました