抵抗戦略

スマートシティ

書籍:国際的な文脈におけるプロテストキャンプ(抗議キャンプ) 2017

PROTEST CAMPS IN INTERNATIONAL CONTEXT 国際的文脈におけるプロテスト・キャンプ(抗議キャンプ) 抵抗の空間、インフラ、メディア ギャビン・ブラウン、アンナ・フェイゲンバウム、ファビアン・フレンツェル、パトリック・マッカーディ編著 2017年に
スマートシティ

プロテスト・アーキテクチャー:建築を占拠せよ 

Occupy architecture 02.04.15 写真 香港・旺角の仮設バリケード プロテスト・キャンプは、日常的な資材を不服従なデザインの対象として使用し、迅速に建設される。しかし、抗議者たちが行った性急な建築的決定は、彼らの運動を象徴し、その影響を深めることになる。
スマートシティ

研究論文:「スマートシティ」-人間らしさを保つ 2021
‘Smart City’ – keeping it human

‘Smart City’ – keeping it human ジョン・ウー 謝辞 この1年あまり、コロナウイルスによって私たちの生活は大きく変わった。小さいながらも大きな変化だと感じるのは、QRコードである。どこを訪れても、私はここに来たという印を残さなければならない。コロナウ
マティアス・デスメット

プロパガンダ、真摯な言葉、そして武士の直感 マティアス・デスメット

Propaganda, Sincere Speech, and the Intuition of the Samurai マティアス・デスメット 2024年5月14日 私たちは何を信じることができるのか?私たちの社会では、オープンマインドな会話や型にはまらない意見を受け入れるスペ
LLM - LaMDA, ChatGPT, Claude3

生成AI(Claude 3):「故意の盲目」に支配された社会での変革へのアプローチ

はじめに 一般的に、信念の重要性や自分の信じることの大切さが強調されることがあります。しかし、権力者も自分の信念を正当化の根拠として利用できてしまうため、信念の重要性を第一原理に掲げてしまうと、それは権力闘争のようなものに帰着する可能性が高いかもしれません。メタレベルにおいては、
弱者の武器

書籍:『力なき者たちの力』
The Power of the Powerless

The Power of the Powerless 本について ヴァーツラフ・ハヴェル(Václav Havel)による、無関心の専制に関する驚くべきエッセイ。 共産党支配下の生活に怯える八百屋が、店の窓にプラカードを掲げている: 世界の労働者よ、団結せよ!それは八百屋の確かな
カウンターエコノミクス

歴史文書:『パラレル・ポリス』 – ヴァーツラフ・ベンダ 1987

ヴァーツラフ・ベンダ1 憲章77は少なくとも2つの注目すべき功績を持っている。幅広い政治的意見と市民的態度を集めたこと、そして合法性を保ち続けたことである。これらの功績のために、憲章77は当初から、かなり精神分裂的な状況に置かれている。一方では、批判の背景にある原則の深い相違、そ
抵抗戦略

Wikipedia:パラレル・ポリス

Parallel Polis フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より パラレル・ポリスとは、チェコの政治思想家で反体制派のヴァーツラフ・ベンダが、非公式な市民運動「憲章77」に関連して生み出した社会政治概念である。ベンダと他の哲学者たちは、反体制サークルにおけ
情報戦・心理戦・第5世代戦争・神経兵器

書籍:戦争の33の戦略
The 33 Strategies of War

The 33 Strategies of War ロバート・グリーン ナポレオン、孫子、女神アテナ、そして愛猫ブルータスに捧ぐ。 目次 まえがき 第1部 自らの意志で戦う 1 敵に宣戦布告する。極性戦略 人生は終わりなき戦いと対立であり、敵を見極めなければ効果的に戦うことはできな
リバタリアニズム

書籍:非中央集権主義者
暗号時代の使命、道徳、そして意味

The Decentralist: Mission, Morality, and Meaning in the Age of Crypto マックス・ボーダーズ 編集 ジェームズ・ハリガン 目次 目次 モチベーション序論 1. 使命一つの革命歴史 視点法としての正義批判アンシャン
コミュニティ

書籍:『草の根のイノベーション運動』2016
Grassroots Innovation Movements

Grassroots Innovation Movements 要旨 持続可能な開発のようなグローバルな課題に取り組むためには、イノベーションが不可欠であるとして、政策エリートやビジネスリーダーたちによって、その重要性がますます強調されるようになっている。しかし、しばしば見落とさ
市民的不服従・納税拒否

書籍:アメリカの納税抵抗者たち
American Tax Resisters (Romain D. Huret)

American Tax Resisters アメリカ税制改革同盟 アメリカの納税抵抗者たち ロマン・D・ユレ マサチューセッツ州ケンブリッジ、英国ロンドン 2014 アリアーヌ、エミリアン、メルヴィル、ラファエルへ 目次 プロローグ 1. 違憲の戦争税 2. 内国税の廃止 3.
コミュニティ

ルーツ・トゥ・パワー:草の根組織化のためのマニュアル 第3版

Roots to Power A Manual for Grassroots Organizing Staples, Lee ルーツ・トゥ・パワー リー・ステープルズ 序文:リチャード・A・クロワード、フランシス・フォックス・ピヴェン 未組織の者たちへ。彼らが団結し、地獄を起こす
ジェームズ・コルベット

これがグローバリストが本当に恐れていること

This Is What The Globalists REALLY Fear コーベット・レポート 2024年4月21日 グローバリストが本当に恐れているものを見たいだろうか? よし、写真だ: 「何?抗議?プッ。世界的陰謀の支配者たちは、ちょっとした抗議など気にしないんだよ、ジ
COVIDワクチンの有害事象

書籍:『ワクチン接種の本』(2021)
COVID-19ワクチン接種のリスクと副作用について

Das Impfbuch レイモンド・アンガー 本書には、Scorpio Verlagが影響力を持たない外部の第三者のウェブサイトへのリンクが含まれている。したがって、この第三者のコンテンツについて、弊社は一切の責任を負わない。リンクされたページの内容については、各ページの提供者
マックス・ボーダーズ

リヴァイアサン(全体主義国家)を去る50の方法 -過去を振り返る
約11年前にジェフリー・タッカーと書いたこの記事は、有望であると同時に憂鬱でもある

そうだ、過去に期待されていた50の「リヴァイアサンをハッキングする方法」について、現代の視点から評価してみよう。 Fifty Ways to Leave Leviathan (a Reflection) マックス・ボーダーズ 2024年04月04日 財団に掲載された以下の経済教育
ローカリゼーション・脱中央集権・分散化

すべてを分散化する!
分散化は、私たちが世界を誰にとってもより良い場所にすることができる最善の3つの方法のうちの1つである。

問題解決者の会 2022年2月28日 私たちには問題がある。 私たちの政府や多くの機関は、強力な利権集団に取り込まれ、もはや国民のために機能していない。 注意を払うほとんどの人が、この問題を理解している。問題の核心は、私たちの生活を支配するシステムの腐敗である。だから、単に問題を
AI言語モデルとの対話

Claude 3:欺瞞の蔓延する社会の行方-真実との共存を模索して-

要旨: 現代社会において、欺瞞は様々な領域で増加しつつある。技術の発達、社会の複雑化、注目経済の台頭など、欺瞞を助長する構造的な要因が存在する。欺瞞が社会に組み込まれることで、真実と欺瞞の区別が曖昧になり、社会的な信頼関係が揺らぐリスクがある。 しかし、欺瞞の増加は、必ずしも社会
パンデミック対策

『心を自由にする』操られる新しい世界と、それに抵抗する方法
Free Your Mind

Free Your Mind: The new world of manipulation and how to resist 2023年7月 献辞 コールへ イーサン ソニー 自由な心への最大の希望を鼓舞する者たちへ。 目次 表紙 タイトルページ 著作権 読者の皆様へ 献辞 は
市民的不服従・納税拒否

ある過激な納税抗議者の告白(2011)
納税抵抗運動の内側を暴く

Confessions of a Radical Tax Protestor 目次 はじめに 第1章 私に税金をかけるな、木陰の男に税金をかけろ 第2章 生まれながらの税金反対者 第3章 砂漠で道に迷う 第4章 逃亡生活 第5章 下界から脱出する 第6章 税金反対運動とその法的「
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました