書籍:『ウォール街、ナチス、そしてディープ・ステートの犯罪』 2024
Wall Street, the Nazis, and the Crimes of the Deep State

CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪アメリカ同時多発テロ事件(911)トランスヒューマニズム、人間強化、BMI世界経済フォーラム(WEF)/グレート・リセット全体主義・監視資本主義官僚主義、エリート、優生学抵抗戦略第三帝国・ドイツナチス資本主義・国際金融資本

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Wall Street, the Nazis, and the Crimes of the Deep State。

グローバル・テクノクラート・クーデターに積極的に抵抗するすべての人々に捧ぐ

免責事項

本書は、2020年以降、世界の政治経済に起きている地殻変動の分析を提供する。本書が提供する情報は、教育および研究目的のみのものである。読者は、本書に含まれる情報から各自で結論を導き出し、自らの行動に責任を持たなければならない。

著者および出版社は、本書に含まれる情報またはその出典に記載された情報、あるいは誤りや脱落の結果として、直接的または間接的に生じた、あるいは生じたと主張される、いかなる訴訟や請求、損失、傷害、損害、不都合について、いかなる個人または団体からも責任を問われることはない。

本書に含まれる情報が出版時点で正確であるよう細心の注意を払っているが、本書に含まれる情報の正確性、完全性、最新性、信頼性、有用性については、明示または黙示を問わず、いかなる表明または保証も行われない。

誤りがあった場合は、次の版で訂正される

目次

  • 第1章 はじめに
    • グローバル全体主義の出現
    • 全体主義の復活を説明する
  • 第2章 第三帝国の反響
    • 権力の掌握
    • 全体主義の法制化
    • 上からの革命
    • 中産階級への攻撃
    • グリーヒシュタルト化
    • アウシュチャルトゥング
    • プロパガンダ
    • 健康監視
    • 安楽死
    • 優生学
    • 「エリート」支配の疑似科学的正当化
    • 良心の乗っ取り
    • エコポリティクス
    • 歴史的断絶
    • 結論
  • 第3章 ウォール街とヒトラーの台頭
    • ウォール街のドイツへの関心
    • ドーズ・プラン、ヤング・プラン、国際決済銀行
    • サリヴァンとクロムウェル
    • ハリマンとブッシュ
    • フォード
    • デュポン/ゼネラルモーターズ
    • ロックフェラー/チェイス・ナショナル銀行
    • ロックフェラー/スタンダード石油
    • ITT IBM
    • アメリカンI.G.
    • SKF
    • アメリカ政府の共犯
    • 結論
  • 第4章 -戦後
    • アメリカ流の正義
    • 国際決済銀行
    • バチカンの役割
    • 非ナチ化の失敗
    • 脱カルテル化の失敗
    • 元ナチスの採用
    • 人体実験
    • CIAのマインド・コントロール・プログラム
    • ナチスの子孫が今日権力の座にいる
    • 結論
  • 第5章 ディープ・ステート
    • ウォール街、ケナン、そして国家安全保障国家の誕生
    • 二重/深層国家
    • ディープ・ステートのトランスナショナル化
    • 戦後資本主義の安定化
    • 存亡の危機を構想する
    • ウォール街とソ連の関係
    • 冷戦と国境を越えた階級関係
    • おわりに
  • 第6章 インテリジェンス犯罪
    • 諜報犯罪
    • 偽旗テロリズム
    • 21 世紀における緊張の世界戦略
    • 「Covid-19」と諜報犯罪
    • 結論
  • 第7章 -その行き着く先
    • 全体主義国家の建設
    • 新しい(世界)秩序
    • 奴隷制度
    • エコファシズム
    • 収容所
    • 反体制派の投獄と司法殺人
    • 優生学
    • 組織的大量殺人
    • 結論
  • 第8章 抵抗
    • 大衆は本当は何を考えているのか?
    • 左か右か、それとも上からの革命か/下からの革命か?
    • 行動する勇気を見つける
    • 同意を撤回する
    • おわりに
  • 参考文献
  • 目次
全章の要約はこちら

x.com/Alzhacker/status/1802968809814585538

第1章 はじめに

AI 要約

第1章:はじめに

この本は、2022年に発表された論文「ウォール街、ナチス、そしてディープ・ステートの犯罪」の拡大版である。この論文は多くの言語に翻訳され、ナチズムの復活に関わる具体的なアクターや制度について注意を喚起している。本書では、第三帝国初期と現在の類似性、ヒトラーの台頭を助けたウォール街の役割、現在進行中の世界的テクノクラート・クーデターの結末、抵抗の可能性などについて議論を拡張している。

グローバル全体主義の出現

2020年以降、1933年と同様に、偽旗作戦に基づく「国民保護」の名の下に全体主義化が進行している。「グレート・リセット」と呼ばれる上からの革命が進められ、労働者や中産階階級、個人の権利が攻撃を受けている。イデオロギー的適合性の生産、反対派の排除、プロパガンダ、健康監視、医療倫理の侵害、人体実験、優生学の復活など、ナチス・ドイツとの類似点が多数見られる。

全体主義の復活を説明する

第三帝国の初期と現在の類似性から、ウォール街は常にナチズムと結びついてきたと言える。「ロバー・バロン」と呼ばれるアメリカの富豪一族は、ヒトラーとスターリンの両方に資金提供し、自由民主主義の破壊を目指してきた。彼らの目的は「企業社会主義」であり、国家権力を利用して競争を排除し、大企業の寡占化を進めることである。1933年から1934年にかけて、彼らはアメリカでクーデターを計画したが、失敗に終わった。

第二次世界大戦後、ウォール街の代表者たちはナチスをアメリカに勧誘し、CIAを通じて労働者階級の抵抗を粉砕した。冷戦終結後、新たな敵としてローマクラブにより「人類そのもの」が提唱され、「新しい真珠湾」のような出来事が望まれた。9.11テロは海外での帝国主義戦争と国内での権威主義強化の口実として利用された。2018年から2019年にかけて世界各地で抗議行動が起こると、新たな社会統制のパラダイムが必要になった。

「Covid-19」はそのための口実となり、リベラル・デモクラシーに代わるテクノクラシー(科学技術による独裁)への移行が始まった。バイオメトリクス、常時監視、デジタル通貨、社会信用システムなどの新技術により、金融寡頭政治による世界的な社会統制が可能になろうとしている。この世界的なテクノクラート・クーデターを阻止することが急務である。

本書は、2022年7月29日に『プロパガンダ・イン・フォーカス』に初めて掲載された私の論文「ウォール街、ナチス、そしてディープ・ステートの犯罪」の改訂・拡大版を提供するものである(Hughes, 2022b)。その記事は瞬く間に『プロパガンダ・イン・フォーカス』で最も読まれた記事となり、半ダース以上の言語に翻訳された。この論文が読者の心を打った理由は、2020年以降、国際的に全体主義が復活しているという衝撃的な事態を、それに関わる階級関係の史的唯物論的分析によって理解しようとする試みであったからだと思う。具体的には、少なくとも1940年代後半から密かに育まれ、今日では世界情勢に影響を及ぼす最も強力な存在となっているトランスナショナルなディープ・ステート(深層国家)という形で、ナチズムを密かに復活させることに責任を負っている具体的なアクターや制度に注意を喚起している。

ウォール街、ナチス、そしてディープ・ステートの犯罪
2022年7月29日 著者 デビッド・A・ヒューズ はじめに 「COVID-19のパンデミック」への対応は、第三帝国の誕生と共通するところが多い。たとえば、アガンベン(2021,8)は 2020年に可決された緊急立法を1933年のワイマール憲法の停止になぞらえており、デイビス(2

本書は、原著をさまざまな細かい修正で更新したのに加え、いくつかの大きな追加を行なっている。第2章では、第三帝国の初期と2020年以降の世界政治経済の発展との連続性を扱った論文の冒頭部分を大幅に拡張している。第3章は、ヒトラーとナチスの戦争マシンの台頭を幇助したウォール街の役割に関する議論を大幅に拡張している。第7章では、ナチス・ドイツの場合、全体主義はどこへ向かったのか、そして、現在進行中の世界的テクノクラート・クーデターが鎮圧されなければ、どのような結末が予想されるのかを考察している。第8章では、抵抗の可能性について考える。

グローバル全体主義の出現

2020年、1933年と同様に、偽旗作戦に基づく「国民保護」の名の下に、憲法上の保障が停止された。立法府は行政権力に屈服し、国家犯罪の合法化、危険なまでに拡大された警察権、反対意見の犯罪化など、専制政治の立法化が始まった。「グレート・リセット」と呼ばれる上からの革命が始まり、社会全体をテクノクラシーのイメージに作り変えようとしている。労働者階級と中産階級は、国家権力と大企業の融合による攻撃を受けている。個人の権利は集団主義から攻撃を受けている。Gleichschaltung(イデオロギー的適合性の生産)は、市民、職業、教会、「左翼」、労働組合全体のモラルの崩壊をもたらした。Ausschaltung-「スイッチを切られる」(閉鎖される、追放される、検閲される)ことは、強力な規律装置であることが証明された。大衆の心を支配するためのプロパガンダの使用と同様に、高レベルのメディアカルテル化と協調が明白である。「健康パスポート」や国民のバイオデータのマッピングといった形での健康監視は、両時代の特徴である。医療専門職は国家に従属し、安楽死を含む医療倫理の広範な侵害を伴う生政治的目的のために利用されている。人間はインフォームド・コンセントなしに実験されている。トランスヒューマニズムは優生学の最新の反復であり、「エリート」支配の疑似科学的正当化である。良心は乗っ取られ、道徳は悪や有害な行為が善や安全に見えるように、またその逆もしかりである。エコポリティクスはどちらの時代にも浸透している。いくつかの重要な非連続性はあるにせよ、第三帝国の初期と現代との親和性は無視できないほど強力である。

だからといって、第三帝国の初期が後に続く残虐行為と同義であったのと同様に、自由民主主義がすでに本格的な全体主義へと崩壊してしまったというわけではない。たとえば、多くのドイツ人は1933年から1939年までを「第三帝国の『正常な時代』」と回顧しているが、この時代には、ほとんどのドイツ人が「熱狂的なナチスの粗暴な人種差別的暴言やポグロム式の戦術に不賛成であった」(Koonz, 2003, p. 11)。第2章で説明したように、1933年以前と以後の表面的な連続性は非常に強く、ほとんどのドイツ人は政治的に起こっている地殻変動に気づかなかった。今日でも同様である。ほとんどの西洋人は、法の支配が支配する文明社会に住んでいると信じている。現実には、自由民主主義は組織的に解体され、その代わりに斬新な抑圧のバイオデジタル建築(テクノクラシー)が建てられつつある(Hughes, 2024, Chapter 1)。

見る目がある者にとって、警告のサインは赤く点滅している。私たちは全体主義の楔の細い端にいるのだ:

少なくとも西側では、われわれが20世紀からよく知っているような全体主義体制のくびきの下に再びいると主張するのは難しいが、われわれが全体主義的傾向を着実に拡大させるグローバルなパラダイムに直面していることは間違いない(Alting von Geusau, 2021)。

実際、われわれがここで扱っているのは、20世紀の(超)ナショナリズム、帝国主義、ソビエト的な全体主義とはある重要な点で大きく異なる、グローバルな全体主義の出現である。しかし、アルティング・フォン・グーザウが、そうした傾向が「意図的あるいは悪意を持って計画されたものではない」と主張するのは間違っている。それは、資本主義の深刻な危機に対応して全体主義に頼ろうとする国境を越えた支配階級によって意図的に扇動されたものであり、1930年代と同じ原理である。当時も現在と同じように、全体主義は単純に誕生したわけではない。その最悪の恐怖への転落は、何年もかけて行われた(第7章参照)。

このプロセスの意図された結果は、グローバル・テクノクラシーであり、貨幣ではなくエネルギー使用に基づく中央管理の全体主義システムである(Hughes, 2024, Chapter 1)。需要と供給という予測不可能な市場原理が価格を決定するのではなく、人間はエネルギー証書/トークンの割り当てを受け、生産にかかるエネルギーコストに応じた価格の商品やサービスに費やすことになる(Technocracy Inc.) このビジョンを実現するために必要なテクノロジーは、本質的にあらゆるものの常時監視と管理、それにデジタル通貨を必要とするが、テクノクラシーが最初に提唱された1930年代には利用できなかった。権力構造の頂点(テクノクラート)では、テクノクラートがすべての人とすべてを管理する。個人レベルに至るまで、すべての資源を管理し、分配するのは彼らである(Davis, 2022a)。これは特に、私有財産の根絶、すべての基本的ニーズ(食料、住居、医療、交通など)のテクネートへの依存、エネルギー証書は会計期間の終了時に失効するため、将来のニーズのための貯蓄ができないことを意味する(Wood, 2018, pp.14-15)。中央銀行のデジタル通貨は、貨幣をデジタル的にプログラム可能なトークンに置き換えるための重要な一歩である。国家は、トークンをいつ、どこで、どのように、そして使うかどうかを決定できるようになり、市民の生活に対する絶対的な財政管理が可能になる。

全体主義の復活を説明する

第三帝国の初期と明らかな類似性を示す時代に、私たちが生きていることに気づくのはなぜだろう?結局のところ、ナチスは1945年に表向きは敗北し、ソ連の終焉は西側自由主義の決定的な勝利を意味するはずだった(Fukuyama, 1989)。

ここで提案されている答えは、国際金融資本の頂点であり、「銀行や法律事務所だけでなく、石油メジャーも含む」(スコット、2017年、14ページ)「支配的複合体」であるウォール街は、労働者階級の抵抗を粉砕する冷酷な手段として、常に国家社会主義と結びついてきたというものである。ロフタス(2011,17頁)は、ナチスは「労働組合と共産主義者を抑えるために資金を提供された。国家社会主義とマルクス主義的な意味での社会主義を混同し、ファシズムと社会主義を対立する二つの極端なイデオロギー(「馬蹄形」の比喩)として誤解を招くような描き方をするリベラル派や保守派の神話作りに反して、歴史的現実は、政治的に組織化された労働者階級の脅威に対抗するために、西側資本家が1920年代から1930年代にかけてファシズム運動に資金を提供したことである(Elmer, 2023)。彼らの支援がなければ、ヒトラーやムッソリーニが権力を握ることはできなかっただろう。

私たちが「ウォール街」と言うとき、一体誰のことを言っているのだろうか?ロフタス(2011, p. 51)は、ハリマン、ブッシュ、ロックフェラー、デュポン、ダレスなど、「ヒトラーとスターリンの両方に資金を提供した」アメリカの富豪一族を含む「ロバー・バロン」という19世紀の用語を好んでいる。ハイアム (2007, xiv)は、「友愛」(秘密結社のネットワークを想起させる)、すなわち、連動する取締役会や資金的つながりによって絡み合ったアメリカの巨大企業について言及しているが、ある種の赤い糸をたどることができる:「すべての代表者はナショナル・シティ銀行かチェース・ナショナル銀行、そしてナチスの弁護士ゲルハルト・ウェストリックとハインリッヒ・アルベルト博士であった」そしてすべての代表者はヒトラーのライヒスバンクと国際決済銀行のエミール・プールとつながっていた。このグループには政党政治的忠誠心も国家的忠誠心もなく、ただ利益だけを信じている(Loftus, 2011, p.51)。ナチスにもボリシェヴィキにも資金を提供し、自由民主主義を破壊しようと躍起になっている。その唯一のイデオロギーは、反動主義と「ファシスト支配における共通の未来」(Higham, 2007, p.xiv)への願望に基づく「いつものビジネス」である。

ボリシェヴィキ革命を破壊し、ソ連をラテンアメリカで確立されたモデルに基づいて国有化された産業を金融支配する巨大なチャンスに変えた(Sutton, 1981)ウォール街は、ドイツとアメリカでも同じことをしようと考えた。そのモデルとは「企業社会主義」であり、「国際銀行家の利権」に権力を集中させるもので、「集団主義社会の中で」達成されるのが最善のものである(Sutton, 2016, p.173)。スターリンの「一国社会主義」も、国家社会主義も、ルーズベルトのニューディールも、国家権力を大企業に利用させる企業社会主義の一形態だった(Sutton, 2016, pp.50, 121)。それによって競争は排除され、ウォール街が資金を提供する(つまり最終的に指揮を執る)大企業の寡占化が進む。ルーズベルトとヒトラーはともに1933年3月に大統領に就任したが、「ヒトラーの新秩序もルーズベルトのニューディールも、同じ実業家によって支えられており、内容もよく似ていた。ニューディールは、ゼネラル・エレクトリック社のジェラード・スウォープ社長にちなんで名付けられたスウォープ・プランの成果であり、同社はヒトラーへの融資やソ連の電化にも関与していた。

1933年7月から1934年にかけて、ウォール街の金融業者と裕福な実業家たちが、アメリカでのクーデターを計画した。「ビジネス・プロット」と呼ばれるこの計画は、イレネー・デュポン、J.P.モルガン、そしてウィリアム・クヌッセン(ゼネラル・モーターズ社長)、ロバート・クラーク(シンガー・ミシン・コーポレーションの後継者)、グレイソン・マーフィー(グッドイヤー取締役)、サン・オイルのピュー一族といった裕福な実業家によって資金提供された(Yeadon & Hawkins, 2008, p. 129)。

クヌッセンとデュポンは、チャールズ・ベドーが考案したスピード・アップ・システムを導入し、1時間当たりの平均生産量を超えた労働者には高い賃金を支払い、下回った労働者は降格または解雇した。この制度では、1時間当たりの平均生産量を上回った労働者に高い賃金が支払われ、下回った労働者は降格または解雇された。組立ラインで危険な速度で働く労働者は、仕事がほとんどない中で仕事を続け、多くの労働者が暑さ、ストレス、恐怖が重なり死亡した(Higham, 2007, p. 166)。ベドーは1938年にドイツにおけるI.G.の商業事業の責任者に任命された。一方、デュポンは、「ゲシュタポをモデルにした武装したガス装備の暴風部隊に100万ドル近い資金を提供し、工場内を掃討させ、反抗的であることが判明した者を殴り倒した」だけでなく、ピンカートン機関を雇い、労働者内の左翼主義者をスパイした(Higham, 2007, p. 166)。このような労働者の扱いは、ナチス・ドイツで行われていたことと本質的な違いはない。共通の目的は、労働力の最大限の搾取であった。

もし「ビジネス・プロット」がその指導者であるスメドレー・バトラー将軍によって阻止されていなければ、アメリカはナチス・ドイツやソ連に続いて全体主義への道を歩んでいた可能性が高く、1939年にハロルド・ラスウェルが構想した「駐留国家」の世界が始まっていたかもしれない。1937年、駐ドイツ米国大使ウィリアム・E・ドッドはニューヨークに戻ってから、「米国の実業家の一団は、ファシスト国家をわが国の民主的政府に取って代わろうと躍起になっており、ドイツとイタリアのファシスト政権と緊密に協力している」と主張した(Higham, 2007, p.167に引用)。金融資本の利益のために自由民主主義を破壊する計画は、このように、およそ90年前のものである。

ビジネス・プロットとナチス・ドイツは敗北したが、ウォール街の代表者たちは、第二次世界大戦後、元ナチスのアメリカへの勧誘を監督した。1947年に彼らが創設した国家安全保障機構、とりわけトランスナショナルなディープ・ステートの中核をなすCIA(Tunander, 2016; Scott, 2017)を通じて、彼らは、決死隊を含むナチスに由来する方法を用いて、労働者階級の抵抗を無慈悲に粉砕した(Gill, 2004, pp. 85-6, 155, 255)、拷問(McCoy, 2007)、偽旗テロ(Ganser, 2005; Davis, 2018)、生物化学戦(Kaye, 2018)、監視に基づく政敵の標的化(Klein, 2007, p. 91; van der Pijl, 2022, pp.58-9)、民間人の大量殺戮(Valentine, 2017)などである。20世紀において、このような方法は、ソ連との「冷戦」を口実にアメリカの帝国主義を促進するために、非西洋の民衆に対して主に予約されていた(Ahmed, 2012, p. 70)。

ソ連の終焉は、安全保障化のパラダイムが機能し続けるためには、新たな敵を見つけなければならないことを意味した(つまり、存亡の危機に対処するためには、民主主義や法の支配とは相容れない特別な措置が必要だと国民に納得させること)。1991年、ローマクラブは新たな「我々が団結できる共通の敵」、すなわち、自然のプロセスにおけるその悲惨な推論に対する「人類そのもの」を提唱した(King & Schneider, 1991, p.115)。しかし、ナチスのエコロジズム(Brüggemeier et al., 2005; Staudenmaier, 2011)に由来するグリーン・アジェンダが支持を得ようと苦闘する一方で、カーターら(1998, 81)は、パール・ハーバーのように、平時において前例のない人命の損失を伴い、市民の自由の縮小、市民の監視の強化、容疑者の拘束、殺傷力の行使を必要とする変革的な出来事を想定していた。同様に、『新・アメリカ世紀プロジェクト』(2000)は、「新たな真珠湾のような壊滅的できっかけとなる出来事がない限り」、アメリカの防衛力再建は長引くだろうと主張した。9.11テロは、海外での帝国主義戦争だけでなく、国内での権威主義強化の口実としても利用された。

2008年の金融危機に起因する長年の「緊縮財政」と急増する不平等レベル(Chancel et al., 2022)に続く西側諸国における社会的緊張の高まりは、2015年から2017年にかけて、特にフランスにおいて、国民に規律を再強化することを意図したテロ攻撃(第6章参照)の数のエスカレートによって迎えられた(van der Pijl 2022, pp.63-4)。しかし、2018年から19年にかけて、世界各地で抗議行動が「ポピュリスト」運動には同化しにくい社会的に進歩的な形態を取り始めたとき、社会統制の新たなパラダイムが必要であることが明らかになった(van der Pijl, 2022, pp.54-58)。

「Covid-19」は、その新しいパラダイムを発足させる口実となった。「パンデミック」が現実のものであったかシミュレートされたものであったかにかかわらず、ガバナンスのパラダイムを見直すための口実として使われ、それらのパラダイムがもはや目的に適合していないことを暗示した(Agamben, 2021, p. 7)。「対テロ戦争」によって空洞化して久しいリベラル・デモクラシーは今や終わりを告げ、その意図する後継者はテクノクラシーであり、データ主導の科学的独裁に基づく全体主義的統制システムである(Wood, 2018)。テクノクラシーが成功裏に実現すれば、ヒトラーやスターリンが想定したものよりも悪いものになるだろう。バイオメトリック・ナノテクノロジーを駆使した人類のデジタル奴隷化、「身体のインターネット」の一環としての常時監視とモニタリング、中央銀行のデジタル通貨、中国式の社会信用システムなどに相当するからだ(Davis, 2022; Broudy & Kyrie, 2021; Wood, 2022)。新しいテクノロジーは、1933年から1934年にかけてのビジネス・プロットのように、企てられた世界的なテクノクラート・クーデターが打ち破られない限り、金融寡頭政治の夢である世界的な社会統制が実現するかどうかの瀬戸際にあることを意味している。

第8章 抵抗

AI 要約

1. 大衆は本当は何を考えているのか?

全体主義体制下では、人々が本当は何を考えているのかを知るのは難しい。多くの人が公的には体制に同調しつつ、内心では疑念を抱いているかもしれない。英国のデータでは、少なくとも成人人口の4分の1がワクチン接種を拒否し、身体の自律性に対する攻撃に抵抗していることがわかる。世界的なロックダウン反対デモや、欧州での農民デモなどを見ても、抵抗の意思は高まっている。多くの人が「パンデミック」を通じて、世界の真の姿に気づき始めている。いったん嘘が広く見破られれば、もはや抑圧を正当化できなくなる。

2. 左派対右派、あるいは上からの革命か下からの革命か?

ナチス期、左派が反ファシズム勢力を結集できず、ナチス支配を許してしまった。今日、「左翼」はもはや反体制勢力として機能しておらず、巨大IT企業と治安機関による監視網が抵抗勢力への浸透を容易にしている。今や、重要な対立軸は、グローバルな民衆革命か、テクノクラシーによる上からの革命かである。前者は、組織的というより、テクノクラシーに対する大衆の分散的な抵抗の形をとるだろう。集団的不服従は非常に強力な武器となる。

3. 行動する勇気を見つける

ナチス・ドイツにおいてさえ、個人レベルでは抵抗の余地が大きくあった。全体主義体制は万能ではない。誰もが新世界秩序に反対する何かをすることができ、すべきである。臆病な犯罪者に立ち向かうには、道徳的勇気が何より必要だ。沈黙は同意と見なされ、抑圧の共犯となる。手遅れになる前に、皆が立ち上がる勇気を持たねばならない。

4. 同意を撤回する

全体主義は大衆の同意と参加に依存している。ナチス統治下でも、ゲシュタポは官憲と国民の協力なしには機能し得なかった。「パンデミック」下の規制も、人々の同調なくしては成り立たない。テクノロジーによる監視と管理も、市民の受容が前提となる。2020年以降の心理作戦は、大衆の抵抗意思を折ろうとするものだった。ひとたび、テクノクラシーのアジェンダに対する不服従が広がり、民衆が自分たちが騙されたことに気づけば、圧倒的な反体制運動が起こるだろう。

5. 結論

現在の全体主義化の動きは、ナチズムの潜伏と復活を意味する。CIAはその中心的役割を果たしてきた。1930年代と同様、支配層は資本主義の危機に際して全体主義に訴えている。皮肉なことに、ナチズムの教訓は、その再発を防ぐどころか、悪用されている。だが歴史に学べば、全体主義の本質と、それに抗する道筋が見えてくる。世界がふたたび全体主義の闇に落ちるのか、それともテクノクラート・クーデターを阻止し、人類全体の利益になる新秩序を打ち立てられるのかは、私たち一人一人の勇気にかかっている。

全体主義社会では、国民が本当は何を考え、何を感じているのかを測るのは難しく、抵抗の見通しについて悲観的になりがちだ。しかし、英国健康安全保障局のデータは、成人人口の少なくとも4分の1、おそらくはそれ以上の人々が、2020年以降に展開されてきたことに深刻な疑念を抱いており、いかなる状況であれ、国家によって身体的自律性が侵害されることを承知の上で許すことはないという明確な証拠を示している。真実が次第に明らかになり、階級意識が発達するにつれて、技術主義的なアジェンダに対する大規模な大衆の抵抗が予想される。その抵抗は、もはや野党的な意味で存在しない政治的左翼によって組織されるのではなく、むしろ、テクノクラシーのあらゆる側面に対する分散化された大衆の拒絶という形をとるだろう。ナチス・ドイツにおいてさえ、個人レベルでの抵抗には驚くべき余地があった。だから今日も、自分たちを抑圧し奴隷にしようとする臆病者、犯罪者、裏切り者に対して、どんな形であれ合法的な行動を起こす道徳的勇気を誰もが見出すことが不可欠なのだ。全体主義は国民の同意に依存している。いったん同意がなくなれば、世界的な大衆運動がテクノクラシーのための戦争の背後にいる人々を打ち負かすことは避けられない。

大衆は本当は何を考えているのか?

全体主義社会における抵抗の見通しについて悲観的になるのは簡単だ。例えば、ユダヤ人日記作家のヴィクトル・クレンペラー(1999年、214ページ)はこう書いている。ドイツ国民には無気力、不道徳、そして何よりも愚かさが多すぎる」(クレンペラー、1999年、214ページ)。専制政治への転落を防ぐにはあまりに「眠りこけ」ている「間抜けな群れの動物」や「洗脳された羊」として市民を蔑む言葉も、今日、似たような悲観論を耳にする。支配の仕組みは、その粗雑さゆえに、呆れるほど効果的に見えることもある市民的自由の剥奪に関しては、「虚偽だが非常に広く支持されている物語に支えられた死への恐怖が根底にあり、1930年代に機能し、2020年から2022年まで機能し、また機能しそうだ」(Bell, 2023)。

しかし、Gleichschaltungの状況下では、公的な適合性の誇示の下で人々が本当は何を考え、何を感じているのかを知ることは難しい。ナチス・ドイツのルドルフ・シュタイナーは、人々は「仮面をかぶっている。個人が何を考え(感じ)ているのか、この体制の崩壊を望んでいるのか、誰にもわからない」(Koonz, 2003, p.75より引用)。シュタイナーは、政権の熱烈な応援団でさえ、必ずしもナチスのイデオロギーを信じていたわけではなかったと付け加えた。同じようなことは、人々が文字通り仮面をかぶっていた「Covid-19」の時期にも当てはまったし、現在でも当てはまる。世論調査が操作されている現在(Hughes, 2024, Chapter 7)、「パンデミック」、「気候変動」、「テロリストの脅威」などに関する公式ドグマを純粋に信じている国民の割合と、排斥、非難、処罰を恐れて発言したがらない国民の割合を知ることは難しい。

それでも、推測はできる。英国健康安全保障局のデータによると、2022年7月までに1890万人の英国人(6340万人のコホートの30%)が「Covid-19ワクチン」の初回接種を受けていない(UKHSA, 2022, 表Table )。この中には責任ある成人1240万人、すなわち成人人口5400万人の23%が含まれている。従って、公式データによれば、英国の成人人口のほぼ4分の1が、身体主権に対する長期にわたる攻撃に耐えたことになる。公式の「Covid-19」統計が日常的に操作され(Crawford, 2022)、「歴史上最も操作された感染症イベントのひとつ」(Blaylock, 2022)を作り出していることを考慮すると、この割合はもっと高いだろう。この図には、「ワクチンを後悔している」人々の数は含まれていない。つまり、自分が騙されて危険な実験製品を体内に取り込んでしまったことに気づき、二度と権威を簡単に信用しなくなった人々の数である。

2021年、世界中で「対策」に反対する人々が何百万人ものデモ行進を繰り返したが、メディアはその数を軽視し、抗議に参加した人々を「極右過激派」と誤認させることに全力を尽くしたことを忘れてはならない(Hughes, 2024, Chapter 7)。同様に、2023年から24年にかけて、フランス、ドイツ、オランダなどでさまざまな形態の直接行動を伴う、「ヨーロッパ・ニューディール」に対する大規模な農民の抗議行動は、抵抗への意欲が高まっていることを示している。

「Covid-19」の時代が意図的にトラウマを植え付けたとしても、それによって多くの人々が、世界は自分たちが信じ込まされてきたものとはまったく違うことに気づき、批判的な問いを立てるようになった。今日、ますます多くの人々がプロパガンダを見抜くことを学び、主流の「ニュース」や「娯楽」(心理的プログラミング)を消費しなくなりつつあり、これは支配体制にとって大きな脅威となっている。アーレント(1962、p.363)が書いているように、「全体主義的プロパガンダの本質的な弱点が見えてくるのは、敗北の瞬間である。運動の力がなければ、その構成員は、昨日まで自分の命を犠牲にする覚悟でいた教義を、一挙に信じなくなる」抑圧の手段を正当化するために使われているイデオロギーを、ひとたび大勢の人々が信じなくなれば、ゲームオーバーである。

プロパガンダに誘導された無知、誤解、悪行が後退し、真実が人々を自由にし始める。Higham (2007, p. xv)は、第二次世界大戦中に両陣営についた金融業者や実業家について、いくつかの重要な修辞的質問を投げかけている:

もし何百万人ものアメリカ人やイギリス人が、クーポン券とガソリンスタンドの行列に苦労しながら、1942年にニュージャージー州のスタンダード・オイルの経営者が中立国のスイスを通じて敵国の燃料を輸送し、敵国が連合国の燃料を輸送していたことを知ったらどうなっていただろうか?真珠湾攻撃後、ナチス占領下のパリにあるチェース銀行が、マンハッタンの本店の完全な認識のもとに、敵国と数百万ドル相当の取引をしていたことを国民が知ったとしよう。あるいは、ミシガン州ディアボーンの許可を得て、フランスのドイツ占領軍向けにフォードのトラックが製造されていたのだろうか?[あるいは、そのような取り決めがワシントンで知られ、認可されていたか、意図的に無視されていたのか?

ハイアムのリストはまだまだ続く。しかし、重要なのは、事実を知り尽くした賢明な国民なら、戦争の長期化と不必要な死と苦しみをもたらしたこのような策略に決して我慢できないだろうということだ。同様に、今日、もし一般市民が「Covid-19」の物語を構成する厚い欺瞞の網を見破ることができたなら(Hughes, 2024, 第6章)、国際的に一貫して高い過剰死亡率をもたらしてきた嘘を作り、広めた責任者たちに、すぐに反旗を翻すだろう(US Mortality, n.d.; eurostat, n.d.; ONS, n.d.,図1; Australian Bureau of Statistics, 2023; Gabel & Knox, 2023)。

左派対右派、あるいは上からの革命か下からの革命か?

左派がナチズムに対する広範な反対勢力を団結させ動員することに失敗したため、ナチズムは容易に鎮圧された。1933年から1935年にかけて、何百万枚もの非合法なビラ、新聞、パンフレットをドイツの都市にばらまいた地下扇動活動(2020年以降の『白バラ』運動や『光文書』などの出版物のモデル)にもかかわらず、抵抗勢力は容易に浸透し、1935年までに「事実上すべての党活動家が逮捕されたか、海外に逃亡した」第二次世界大戦争前、およそ15万人の共産主義者がナチスの強制収容所に耐え、3万人が処刑された」(Epstein, 2015, p. 116)。

今日、左派による協調的抵抗の見通しはさらに悪くなっているように見える。第2章で論じたように、「左翼」はもはや反対勢力としては存在せず、ファン・デル・パイル(2022年、59頁)の「情報清算モデル」は、「諜報員を派遣して抵抗勢力に浸透させ、集中化された情報に基づいて、指導部の排除に動く」というもので、世界的なシグナルズ・インテリジェンス活動(Corbett, 2019; Hughes, 2024年、第8章参照)において、ビッグテックと諜報機関(これらは一体である)によって、私たちのすべてのデータがデジタル的に採取され、監視される時代において、驚異的な可能性を秘めている。

他方、アガンベン(1998年、175-181頁)が予言したように、古い左派-右派のパラダイムは、自由民主主義や近代国民国家の政治システムとともに死滅した。Covid-19」危機は、すべての国家機関が今や労働者階級と中産階級に敵対していること(Hughes et al., s23年、§V)、そして「警察も政治家も裁判所も」行政権力の行き過ぎから国民を守ることはできないこと(Ruechel、2021)を合理的な疑いの余地なく証明した。

重要なのは、ボトムアップかトップダウンか、つまり世界的な社会革命か、「グレート・リセット」と世界的なテクノクラシーかの違いだけである前者は、リーダーや組織者を必要とするというよりも、テクノクラシーのあらゆる側面に対する分散化された大衆の不服従を必要とする。集団的不服従は非常に強力な手段となりうる。例えば、1989年のルーマニアでは、群衆が恐怖心を失い、独裁者ニコラエ・チャウシェスクに罵声を浴びせ始めたとき、軍部が彼を軍法会議にかけ、銃殺刑に処すまでわずか4日しかかからなかった。群衆が果たした役割はまったく平和的なものだった。必要だったのは、国民がもはや服従を受け入れたくないという紛れもない意思表示だけだった(Ruechel, 2021)。

行動する勇気を見つける

「グリーヒゲシャルテのナチス・ドイツにおいてさえ、レジスタンス運動は活発であった」とミールー(1956,128頁)は書いており、エプスタイン(2015,118頁)によれば、そこには抵抗の「驚くべき余地」があった。ユダヤ人の先祖やマルクス主義とのつながりのない市民は、「自分たちが不服とするナチスの措置を回避するためのかなりの余裕」を持っていた。それは、移住したユダヤ人が、厳しい報復を受けなかった非ユダヤ人の友人から受けた支援に関する回想録で証言されている(Koonz, 2003, p. 12)。前線にいた兵士でさえ、良心の呵責を感じるような命令には従わなかったのだから、「無心な服従ではなく、選択的な遵守がドイツ人の悪との協力関係を特徴づけていた」とクーンズは付け加える。

抵抗の可能性という点で、ここには重要な教訓がある。体制、つまり現代ではほとんどの国の政治体制を支配する多国籍のディープ・ステートは万能ではない。出現しつつあるテクノクラート的な新世界秩序(第7章参照)を破壊するために、誰もが何かをすることができるし、しなければならない。受動的な傍観という選択肢はない。私たちは世界規模で、自由に対する明白かつ差し迫った危機に直面しているのだ。沈黙は同意を意味するからだ(Qui tacet consentire videtur)。

これからの戦いで何よりも必要なのは、道徳的勇気である。マルティン・ニーメラー牧師の有名な言葉がある:

彼らはまず共産主義者を連れて行ったが、私は共産主義者ではなかったので何も言わなかった。次に、彼らは社会民主党を取り上げたが、私は社会民主党ではなかったので、何もしなかった。次に労働組合員の番だったが、私は労働組合員ではなかった。それから彼らはユダヤ人を連れて行ったが、私はユダヤ人ではなかったので、ほとんど何もしなかった。そして、彼らがやってきて私を連れて行ったとき、私のために立ち上がることができる者は誰も残っていなかった。(エプスタイン、2015年、111ページより引用)

だからこそ、手遅れになる前に、誰もがそれに反対する勇気を見つける必要がある。

抑圧者となる者たちが臆病であることを考えれば、なおさらである。『オズの魔法使い』のように、悪魔的な逆転劇や欺瞞を引き起こした「魔法使い」は、カーテンの後ろに隠れていた。CIAのネルソン・ブリッカムはかつて、「犯罪傾向が強いが、臆病者すぎて犯罪者になれないような男は、教育があればCIAのような場所に行き着くだろう」と認めている(引用:Valentine, 2017, p. 38)。教育を受けた臆病者や犯罪者こそ、我々が直面している相手なのだ。彼らを倒すには、道徳的勇気が必要なのだ。

同意を撤回する

全体主義は全知全能の幻想を抱かせるが、大衆の同意と参加に完全に依存している。例えば、例外状態は「単に主権者が一方的に宣言することはできない」むしろ、その宣言は国民に理解され、正当なものとして受け入れられなければならない(Ahmed, 2012, p.55)。恐れられていたゲシュタポでさえ、単独で行動することはできなかった。ゲシュタポは、官憲の協力と、執行プロセスへの国民の参加に依存していたのである(Gellately, 1991, p. 16)。人種国家を形成するために、ナチスは事実上すべての職業からの貢献に依存していた(Epstein, 2015, p. 98)。

だから、「Covid-19対策」も、「社会的距離の取り方」、マスクの着用、「接触者追跡」アプリのダウンロード、「自己隔離」の指示に従うこと、注射を打つことなど、一般の人々の遵守と参加に依存していた。テクノクラート的な管理網の構築は、繰り返すが、スマート・テクノロジー、CBDCの展開、「15分都市」、顔認識カメラ、社会的信用スコアリング、「mRNAワクチン」などに対する市民の同意があって初めて可能になる(ヒューズ『2024』第8章参照)。2020年以降の心理戦(Hughes, 2024)は、明らかに国民の抵抗の意志を打ち砕くことを意図していた。

ひとたびテクノクラシーのアジェンダが、大衆の不服従、市民的不服従、「スマート」テクノロジーの拒絶によって強制不可能なものとなり、テクノクラシーによる奴隷化を意図した国境を越えた作戦の一環として、全住民が悪意を持って虐待され、嘘をつかれてきたことが広く理解されれば、テクノクラシーのための戦争の背後にいる行為者や組織に対する抑えがたい世界的な大衆運動が出現するのは確実であり、後者は圧倒的に劣勢に立たされ、自分たちが始めた世界階級闘争で確実に敗北を喫することになる(Hughes et al. 2023, § 5). ニュルンベルク2.0」を求める声とは裏腹に、欠陥だらけのニュルンベルク裁判(第4章参照)よりもはるかに強固な正義の形が、その実現を待っている。

結論

かつての自由民主主義国家におけるナチス勢力の不吉な再興は、第三帝国の最悪の要素が1945年に敗北したのではなく、むしろ、最終的な再興に備えて密かに潜伏していたことを示す説得力のある証拠である。その要となったのがCIAであり、ウォール街はこのような事態を想定してCIAを設立したのである。1930年代と同様、支配階級は資本主義の深刻な危機に対処するため、全体主義に頼ろうとしている。

世界的な全体主義を構築しようとする試みに関する多くの衝撃的な側面のひとつは、ナチスの過去に関する知識が、その再発を防ぐために意図されたものであったにもかかわらず(例えば、Zimbardo, 2007; Haque et al. このような悪意ある目的での知識の悪用そのものが、ナチス・ドイツをルーツとしている。例えば、エドワード・バーネイズは、ナチスが「私の著書をドイツのユダヤ人に対する破壊的キャンペーンの基盤として使っていた」ことに「ショックを受けた」が、彼は「人間のあらゆる活動は、社会的な目的のために使われることもあれば、反社会的な目的のために悪用されることもある」ことを知っていた(Gunderman, 2015に引用)。

今日、テクノクラシーをめぐる戦争において知らぬ間に敵となる一般市民も、ナチスの過去に関する知識で武装し、敵が誰であるか、その目的、動機、方法は何か、世界的規模で悪を行うにはどのような考え方が必要かを理解できるようにすることが不可欠である。歴史の教訓は、見る目を持つ者のためにある。世界は再び全体主義的な暗闇に陥り、今度こそ取り返しのつかないことになるのだろうか。それとも私たち一人ひとりが、世界的なテクノクラートのクーデターを鎮圧し、全人類の利益にかなう新しい社会秩序をつくるために、なすべきことをなす道徳的勇気を見出すのだろうか。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました