書籍:『ワクチン接種の本』(2021)
COVID-19ワクチン接種のリスクと副作用について

COVIDワクチンの有害事象スパイクプロテインプロパガンダ・欺瞞メディア、ジャーナリズムレジスタンス・抵抗運動ワクチン 倫理・義務化・犯罪・責任問題世界保健機関(WHO)・パンデミック条約世界経済フォーラム(WEF)/グレート・リセット抵抗戦略気候変動・エネルギー酸化グラフェン・ナノ粒子集団心理・大衆形成・グループシンク

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Das Impfbuch

レイモンド・アンガー

本書には、Scorpio Verlagが影響力を持たない外部の第三者のウェブサイトへのリンクが含まれている。したがって、この第三者のコンテンツについて、弊社は一切の責任を負わない。リンクされたページの内容については、各ページの提供者または運営者が常に責任を負う。リンクされたページは、リンク時に法律違反の可能性がないかチェックされ、違法なコンテンツは認められなかった。万が一、法令違反が確認された場合は、直ちにリンクを削除する。

重要な注意事項

本書に掲載されている情報およびアドバイスは、著者および出版社によって細心の注意を払って編集され、チェックされている。しかし、本書の提案を実行するかどうか、またどの程度実行するかは、すべての読者が自ら決定するようお願いする。著者と出版社は、人身事故、物的損害、金銭的損失について、一切の責任を負わない。

本電子書籍は、そのすべての部分を含め、著作権により保護されている。出版社の同意なしに著作権法の狭い範囲を超えて利用することは禁止されており、法律で罰せられる。これは、特に複製、翻訳、マイクロフィルミング、電子システムでの保存と処理に適用される。利用者は著作権を認識し、遵守することを約束する。

第2版 2021年

目次

  • はじめに
  • 第1章 リスク
    • mRNA技術
    • 毒素としてのスパイクプロテイン
    • 血栓症と血小板減少症
    • 自己免疫疾患
    • 感染増強抗体
    • 洞静脈血栓症および心筋炎
    • キャンペーン停滞
    • ブースターワクチン接種
  • 第2章 物語
    • ゴールドラッシュ
    • 同期化
    • 診断PCR
    • ハーフナレッジ
    • 殺人者とミュータント
  • 第3章 政治
    • 1ペニー(1円)で1ポンド(1円)を得る
    • ロックダウン
    • 欺瞞的な包装
    • ワクチン接種で自由になる
    • コロナの奇跡
    • スケープゴート
    • ワクチン未接種のパンデミック
    • マンハント
  • 第4章 メディア
    • 意見の戦い
    • コンセンサスを麻痺させる
    • プロパガンダ・マトリックス
    • 対空砲火
    • 社会の危機
    • 代用宗教
    • 結論
    • お勧めの本
    • 著者紹介

はじめに

オープンマインドで読めば、本書はワクチン未接種の人にとっても、ワクチン接種を受けた人にとっても等しく興味深いものである。なぜなら、まだワクチン接種を受けていない人も、すでに1度や2度接種を受けた人も、COVID-19ワクチン接種をめぐる矛盾が増大していることに多くの人が気づいているからだ。製薬業界は別として、緊急認可されたCOVID-19ワクチンによる3回目、4回目、さらには5回目のワクチン接種がすでに議論されていることを、誰も喜んでいない。ワクチン接種を追加しても、問題は解決しないという証拠が増えつつある。何百万回、何千万回とワクチンを接種した後で、間違ったことを増やすのではなく、一旦立ち止まって、利用可能な結果を独立した調査機関によって精査させるべき時なのだ。結果が分析され、マスメディアで紹介されて初めて、ワクチン接種という極めて個人的な決断に対する正直なリスク・ベネフィット分析が可能になる。このような独立した研究ができるまでは、ワクチン接種を政治的に強制すること、特に子どもたちに影響を与えることは犯罪行為であると考える弁護士もいる。

その一方で、ますます多くのワクチン接種を受けた人々が、「新しい常識」に対する社会の計画に疑問を抱いている。コロナ対策の過程で、国家による過剰な規制と管理という新しい規範が確立されつつあり、それは生活の他の分野でも止まらないだろう。ワクチン未接種の人々の市民権を剥奪する「1-G」社会の導入は、自由な社会が基づいている倫理的・道徳的原則のすべてに反する。

もし私が、この措置に賛成し、したがって集団予防接種が善であり正しいと信じている人の立場に立つとしたら、次のように自問せざるを得ないだろう:なぜ多くの人々が予防接種を拒否するほど無知なのだろうか?結局のところ、危険な伝染病が蔓延し、すでに多くの人々がそれによって命を落としている。ドイツは、健康、自由、繁栄など、社会からすべてを奪う災厄に襲われている。しかし、1年にわたる不安な封鎖生活の後、科学は再び自由への鍵を見つけた。しかし、わずかな無料の予防接種で、すべての人がかつての幸福を取り戻すことができるのだ。結局のところ、ポリオや結核の集団予防接種によって、何百万人もの命が救われることが証明されたのだ。今回も、試験済みの効果的で安全な予防接種を受ければ、誰もが安堵のため息をつき、マスクなしでコンサートやお気に入りのレストランに行くことができるだろう。誰もロックダウンを恐れる必要はなくなり、経済も回復するだろう。そして最も重要なことは、深刻な病気への恐怖が回避されることである。

それなのに、なぜこれほど多くの人々が無知で、この素晴らしい贈り物を単純に受け入れないのだろうか?それどころか、この「予防接種マフラー」たちはソファに座ったままなのだ。ニンジンと棒を使って拒否者を無気力から解放しようとしても、うまくいかない。予防接種ディスコ、無料のソーセージ、おいしいマクドナルドのメニューは何の効果もない。ブラックな教育法もほとんど役に立たない。ワクチン未接種の人々は、今や二級市民にさえなっている。三度目になるが、これほど善に近づきながら、巨大な脅威を前にして救済のための鋤を手に取ろうともしないとは、どれほど愚かな人間なのだろうか?

対策を支持する者として、この質問は本当に気になる。結局のところ、2つの説明しか思いつかない: 今までは、かつての友人の多くも含め、私の周りの人々の3分の1が無知であることに気づいていなかった。あるいは、この 「愚かな人々」の奇妙な行動には他の理由があるのではないか、もしかしたら良い理由もあるのではないか、と考えてみることだ。本書にはそのいくつかを集めた。

本書に先立つ2021年4月、私の4冊目のノンフィクション『Vom Verlust der Freiheit(自由の喪失について)』がEUROPA Verlagから出版された。この520ページに及ぶ社会批評の中で私は、現在の大きな恐怖の物語、とりわけコロナウイルスと気候変動危機が、民主的に取り決められた基本的権利を解体するために、寡頭勢力によって悪用されているというテーゼを提唱している。超国家的な専門家機関は、世界的に拘束力のあるアジェンダを発表している。世界的に適用される指針は道徳的な意味合いも持ち、一見すると人間主義的、生態学的、社会的なものに見えるが、よくよく調べてみると、多くの「専門家」はビッグテックやビッグファーマといった寡頭支配体制に雇われている。『自由の喪失』の中で私は、なぜドイツがこのような多かれ少なかれ明らかな権力の乱用に無批判に従っているのかという疑問を探求している。コロナウイルス危機は、寡頭支配権力を拡大する目的で恐怖を作り出すという基本原則を最も印象的に示しているため、私はこのトピックを最新刊で最も多く取り上げた。

2021年3月に出版された時点で、予防接種が恵まれないことはすでに明らかだった。当時、アストラ・ゼネカのワクチン製造中止をめぐるスキャンダルは、誰もが口にしていた。ワクチン接種後に謎の副鼻腔静脈血栓症で死亡した人が初めて出たのだ。さらに、ワクチン接種キャンペーンでは常に、新しいワクチンは高齢者や病人に特に有益であると主張していたにもかかわらず、老人ホームで異常な集団死が発生した。2021年3月末の時点では、私はこの不幸な事態の最新状況を示唆することしかできなかった。当時、私はまだ多くのことを恐怖として仮定法で表現していた。私の本が出版されてから数ヶ月の間に、多くのことが起こった。まず、『Vom Verlust der Freiheit』が非常によく売れたことは、私個人にとって大きな喜びだった。既成のメディアはこの本を報道していなかったが、初版は短期間で完売した。私の本だけでなく、他のコロナウイルスの本も一夜にしてベストセラーになった。明らかに、コロナ対策のさまざまな矛盾に気づき、マスメディアが提供する以上の納得のいく答えを求めていた人々が大勢いたのだ。

2021年の夏、私は本には書かなかった致命的な社会情勢についていくつかの記事を書いた。その後、出版社から内容を拡充し、『Vom Verlust der Freiheit』の最新版として出版するよう提案された。元セラピストであり、ホリスティック医学の専門講師でもある私は、医学的な詳細を深く掘り下げていた。とりわけ前著では、PCR検査法の基本をカバーし、従来のワクチン接種と新しいmRNA法の違いを説明し、パンデミック初期の悲劇的な治療ミスにも踏み込んでいる。中国が果たした役割の背景、イタリアでの劇的な出来事、危機の際の大規模なメディアの失敗、WHOに対する民間投資家の影響力についても説明している。また、ドイツ政府の一方的な立場が目立ったことについても述べる。というのも、ドイツ政府は、パンデミック状況を劇的に演出する科学的な立場のみをほとんど宣伝し、同時に自然集団免疫の擁護者やロックダウンに対する警告者の信用を失墜させたからである。

要するに、本書で紹介されている最新情報は、これらすべての説明の後にもたらされたものなのである。とはいえ、本書は完全に自足している。第1章では、COVID-19ワクチン接種の最も頻繁に議論されるワクチン接種リスクについて述べる。第2章では製薬業界の戦略的な物語を概説し、第3章では全体主義的なワクチン接種社会への道を開いている政治的・社会的プロセスを説明する。最後に第4章では、マスメディアの中心的役割を扱い、社会の成熟度について問題を提起する。

第1章 リスク

mRNA技術

現在「ワクチン接種」と簡潔に呼ばれているものは、ある面では概念上の見せかけである。新しいmRNAワクチンとベクターワクチンによるCOVID-19の「ワクチン接種」は、試行錯誤を重ねたワクチン接種技術とはほとんど関係がない。

mRNA技術が欧米の主要な規制・監督当局によって「ワクチン接種」と認められたのは、製薬業界による長年にわたる集中的なロビー活動の結果であった。この法的再定義によって、製薬業界はこの実験的技術の応用範囲を法外に拡大することができた。さらに、ワクチン接種と呼べるようになったことで、薬事法上の特権も与えられた。国家は、国民を保護する必要性を定義するという意味でも、「国家緊急事態」が発生した場合に責任を負うという意味でも、予防接種に常に特別な注意を払ってきた。

新しい革新的な技術が使われるときはいつも、新たな恐怖がつきまとう。COVID-19ワクチンに関する、いわゆる陰謀論で最も有名なものは以下の通りである。

  • マイクロチップ: このワクチンにはマイクロチップが入っており、人々に直接影響を与えるか、あるいは人々の居場所を追跡するのに使われる。
  • 遺伝子治療:このワクチンは、生殖細胞のヒトゲノムを再プログラムする遺伝子治療である。将来的には、新しい。「プログラム」はその後のすべての世代に受け継がれることになる。
  • 生物防除剤:ワクチンは秘密の優生学に使われる生物防除剤である。隠された毒素や微小金属、そして/または大量のナノ物質酸化グラフェンによって、人類は徐々に滅亡していく。

噂は通常、真実の核心に基づくものであり、それが捏造される。例えば、「マイクロチップ」説は、私が『自由の喪失』ですでに述べた事実を指している。ナノ粒子の染料をワクチンに添加することは技術的に可能であり、その染料は注射部位の組織に永久に埋め込まれる。この 「皮下量子タトゥー」の助けを借りれば、将来、赤外線スキャナーを使って、すべてのワクチン接種状況を上腕で直接読み取ることが可能になるだろう。この新技術が使用されれば、「予防接種回避者」や予防接種証明書偽造者に勝ち目はなくなる。

酸化グラフェンは、mRNA技術のキャリアとして、がん研究との関連でも研究されている。しかし、すべてのメーカーは現在、有毒な酸化グラフェンが現行のコロナワクチンにも使用されていることを否定している。

「遺伝子治療」という主張にも理解できる理由がある。この点に関しては、あまりにも多くの用語が混同されているだけなのだ。もちろん、遺伝子工学の技術を用いてワクチンを製造するという意味では、新しいプロセスは確かに「遺伝子工学」である。また、人間の体細胞が一時的に「再プログラム」されることも事実である。ワクチン接種後、操作された細胞は正常な体タンパク質を産生する代わりに、もともとコロナウイルスに属していた外来タンパク質を産生する。とはいえ、この過程でヒトゲノムが恒久的に改変されると主張するのは間違いである。通常、ワクチンのmRNA(リボ核酸)はDNA(デオキシリボ核酸)から構成されているため、細胞ゲノムを全く変化させることはできない。とはいえ、批判的なウイルス学者たちは、理論的にはまだDNAに突然変異を起こす可能性があると指摘している:

「マサチューセッツ工科大学(MIT)とハーバード大学の研究者たちは2021年、SARS-CoV-2のRNAがDNAに逆転写され、ヒトのDNAに組み込まれる可能性があることを示す論文を発表した(Zhang et al., g21)。彼らは、多くの患者がウイルスが体内から排除された後もCOVID-19の陽性反応が続くことを観察した後、この考えを調査するよう促された」

もし被接種者がmRNAをDNAに転写できるDNAウイルスにも感染していれば(残念ながらそのようなウイルスは存在する)、いわゆる挿入突然変異が起こる可能性がある。この場合、ヒトゲノムは変化する可能性があり、「遺伝子治療」の主張はもはや間違いではなくなる。

しかし本書では、現在の「陰謀論」の古典的な恐怖のシナリオは扱わない。幸いなことに、新しいワクチンの効果、危険性、副作用について推測する必要はもはやない。それにもかかわらず、本書の第1章が目新しく、恐ろしく感じられるとすれば、それは主に、製薬業界から独立した研究の重大な結果を、主流メディアが公表したがらないことによる。以下の情報は、「陰謀」や怪しげな「陰謀論」とは何の関係もない。また、著名な科学者(例えば、ポール・エーリック研究所PEI)による一般に入手可能な研究結果、あるいは一般紙(例えば、フランクフルター・ルンチャウ紙)の評判の良い情報源からのみ引用している。

新型ワクチンの特殊性を理解するためには、予防接種の古典的な作用機序を簡単に紹介しておくことが役に立つ。麻疹、おたふくかぜ、風疹、黄熱病などのいわゆる全ウイルスワクチンでは、実際の病気のウイルスがワクチン接種に使われるが、それらはまず「弱毒化」される。この方法では、病原性の低い変異株を探し、特に悪条件下で培養する。その結果、自然な微生物学的基盤の上に、病原性の軽い病原体株ができる。

そもそもなぜウイルスが身体を病気にするのかを理解するためには、ウイルスには独自の代謝がないことを理解することが重要である。ウイルスは複雑なタンパク質で構成され、健康な体細胞に付着し、細胞膜を貫通し、RNA(DNAウイルスの場合はDNA)を細胞内に輸送する。RNAウイルスは細胞の生理的プロセスを悪用する: 通常、細胞はメッセンジャーRNAを使って核から重要な情報を伝達する。細胞核からのこの 「転写物」は細胞の工場であるリボソームに送られ、そこでこの 「設計図」に従って目的のタンパク質合成が開始される。次にRNAウイルスは、細胞核からの生理的転写物を自身のウイルスRNAと交換する。細胞工場は騙され、将来は通常のタンパク質の代わりにウイルスだけを生産するようになる。この欺瞞の後、体細胞は当然ながら重要な生理的任務を果たせなくなる。タンパク質やホルモンなど、身体がこの細胞から必要としていたものが、将来はもはや生産できなくなるのだ。さらに、合成の過程で有毒物質が生成され、細胞はそれを細胞膜を通して押し出す。通常のワクチン接種で弱毒化ウイルスを体内に注入した場合、免疫防御プロセスは基本的に実際の病気と同じ:

まず、形質細胞として知られる特殊なB型リンパ球がある。これらはウイルスの表面を分析し、これらのウイルスに対する特異的抗体を産生することができる。特異的抗体は小さな相補的タンパク質構造で、ウイルスに付着し、体細胞のドッキング部位をブロックする。もしウイルスが特異抗体でコーティングされれば、もはや体細胞に付着することはできなくなる。さらに、ウイルスは他の防御細胞にとって敵対的なものとしてマークされる。

B型リンパ球に加えて、いわゆる細胞傷害性免疫反応のためのT型リンパ球も存在する。T細胞は常に血液をパトロールし、体細胞の膜にエラーや不審な物質がないかをチェックし、細胞がそれを外側に押し出す。体細胞がウイルスに感染したり、がんなどの他の理由で変化し始めると、Tリンパ球は病気の体細胞を溶かす物質を放出する。全ウイルスワクチン接種後は、両方の防御機構が自然に働くようになる。

しかし、古典的な方法でウイルスを減衰させるのは、かなり手間と時間のかかるプロセスである。一方では、病原体の弱い変異体を見つけるのに長い時間がかかる。第二に、培養中にどの温度で特に弱いが安定した病原体株を得ることができるかをまず見つけなければならない。さらに、鶏卵や細胞培養での従来の培養は非常に時間がかかる。その後、複雑な臨床試験段階を経て、ワクチンウイルスが実際に病気を引き起こさないほど弱いが、両方の免疫反応を引き起こすほど強いかどうかを判断する必要がある。

しかし、遺伝子工学の時代はまったく新しい時代を迎えた。古典的な微生物学の枠を超えた新たな可能性に鑑み、二重の意味で大胆なアイデアがひらめいた。免疫の要は抗体産生であるため、理論的には、免疫防御を訓練するためにウイルスの一部だけを提示すれば十分なはずである。もし完全なウイルスが使われなくなれば、弱毒化された病原体を探す労力も必要なくなる。原理的には、ウイルスが体内の細胞にドッキングするための重要なタンパク質構造(スパイクプロテインとして知られる。”足”)だけで十分なのである。もうひとつの目新しさは、これまで手間がかかっていた鶏卵や細胞培養での培養に関するものだ。もし我々が悪魔に弟子入りし、体細胞を騙す方法をウイルスから直接学ぶとしたらどうだろう?ウイルスの脚の設計図をメッセンジャーRNA鎖に自分自身でコード化し、それをどうにかして細胞内に取り込むことができれば、厄介な繁殖ステーションを人体に移すだけでいいのだ。この新しいワクチン接種法は、免疫防御を訓練するために、身体に自分自身の「敵」を作らせることになる。

要するに、mRNAワクチンはウイルス全体を注射するのではなく、本物のSARS-CoV-2ウイルスの一部、いわゆるスパイクプロテインの構築マニュアルを注射するだけである。そして、体内の細胞がこのスパイクプロテインを何兆個も産生し、免疫系に提示する。その後、免疫系はスパイクプロテインに対する抗体の産生を開始し、後に本物のウイルスに感染した場合、必要な抗体はすでに利用可能になっている。

目的のmRNAをコード化し、生産することはもはや問題ではなかったが、非常に壊れやすいRNAタンパク質をどのようにして体内の細胞に送り込むことができるのか?mRNAの設計図を直接注入することは不可能である。安全上の理由から、血液中の遊離RNAは体内で直ちに破壊されてしまうからだ。

新しいワクチンには2つの方法がある: 一方は、従来のウイルスを 「遺伝子フェリー」として使用する方法である。一方では、従来のウイルスを 「遺伝子フェリー」として使用する。ここでは、無害なウイルスを核分裂させ、コアを目的のmRNA設計図に置き換える。ジョンソン&ジョンソンとアストラゼネカは、このいわゆるベクター技術を使ったワクチンを製造している。

ナノテクノロジー・ワクチンはさらに革新的だ。ここでは、mRNAは「リポソーム・エンベロープ」に隠されている。この場合、遺伝子エンジニアは、電荷によってコレステロールなどの体脂肪を結合できるナノコンテナを設計することによって、遺伝子フェリーを自ら構築する。体細胞はナノ粒子が無害であるかのように騙され、細胞膜が開き、ほら、目的のmRNAが細胞内にある。「リポソーム・エンベロープ」を使ったワクチンには、バイオエヌテックとモデルナがある。

あらかじめ言っておくが、どちらの方法も体細胞をうまく騙して生理的タンパク質を合成させ、ウイルスの脚の生産は完璧に機能する。しかし、このまったく新しい方法の2つの側面は、もっと集中的に、もっと長い期間研究されるべきであったことが、その後明らかになっている: 外来タンパク質の合成から始まる細胞は、Tリンパ球にとって疑わしいものである。これは自己免疫疾患を強く連想させるプロセスを引き起こす可能性がある。しかし、それ以上に致命的だったのは、合成されたスパイクプロテインはウイルスのごく一部に過ぎないため、それ自体は全く無害で生理活性もないという誤解であった。その間に観察された副作用の大部分は、この2つの誤解に関係している。しかし、リスクとは別に、もちろん重要な疑問がある。新しいワクチン接種法はSARS-CoV-2に対する免疫に成功するのだろうか?

新しいmRNA技術が「正常で安全なワクチン接種」として販売された大きな自信からすると、普通の市民が実際のワクチン接種のリスクをどの程度評価できるのかさえ大いに疑問である。仕事や育児、家庭経営の合間に、マスメディアのバックグラウンドノイズしか自分の方向性を定められない人々が、どれほどの情報を得ているのだろうか?あちこちのヘッドライン、渋滞情報や天気予報の合間にコロナウイルスの最新数値を伝えるラジオの雑談、スーパーマーケットでの警告アナウンス、夕方の短いニュース番組。

そんな中、長い間会っていなかった親友との出会いを思い出す。ウテ2は歯科医師であり、総合医学を修了していたので、コロナウイルスの予防接種について必要不可欠な基本情報は当然知っているものと思っていた。私がmRNAワクチンとベクターワクチンの長所と短所を話しているとき、ふとウテの表情が困惑しているのに気づいた。やがて私の予防接種に関する。「下品な話」は彼女の手に負えなくなり、彼女は私の話をきつく遮った。しかし、彼女は私の話を全く理解できなかった。体細胞が遺伝子組み換え物質の助けを借りて、外国のタンパク質を合成させられているという情報は、彼女にとっては明らかに初耳であり、私がインターネット上の陰謀論的なウェブサイトで拾った素人の中途半端な知識にしか聞こえなかったのだ。そして彼女は、ワクチン接種の問題をもう一度説明してくれた。続いて説明されたのは、全ウイルスワクチン時代からの医学的現状であった。その中には、通常の体細胞はワクチン接種にまったく反応せず、予防接種のプロセスは免疫系の特殊な細胞にのみ影響を与えるという指示も含まれていた。もちろん、ユートはその間に何のためらいもなく予防接種を受けていた。結局、医者である彼女は、予防接種がどういうものかよく知っているつもりだったのだ。その晩、私たちはここで会話を中断し、おいしい赤ワインに切り替えるしかなかった。

ウテとの会話は長く心に残った。もし医師が何の予備知識もなしに予防接種を受けられるとしたら–素人が予防接種のリスクについて差別化された意見を持つことを期待できるだろうか?実際、コロナウイルスの公式発表に対する信頼はほとんど無限である。対策を批判的に精査する時間と労力を費やす必要があるのだろうか?パンデミックから1年半も経てば、私たちは何が善で何が正しいかを 「ただ知っている」のである。このような真実に対する確信が、メディアに関する最終章の主題である。実際には、集団が譲れない「現実」とみなす言説空間は絶えず変化し、マスメディアによって積極的に形成されている。現実には、COVID-19ワクチン接種の賛否を問うリスク評価は、初歩的な基本情報なしには不可能である。

毒素としてのスパイクプロテイン

2021年5月12日、Frankfurter Rundschau紙に驚くべき記事が掲載された。その中で編集者は、コロナに関するいくつかの新事実を明らかにする新しい研究を引用している。まず、COVID-19は 「肺の病気」ではなく、循環系の毛細血管系に様々なダメージを与えることが明らかになった。また、血小板を攻撃するため、血液凝固を阻害する。一方、この作用機序の原因となるウイルスの毒性部分は、何と言ってもその「スパイク」であることが明らかになった。記事のタイトルを一言で言えば、「スパイクプロテインだけでコビッドを誘発するのに十分である-特に血管が損傷する」ということである。フランクフルター・ルンチャウ紙はこう書いている:

「カリフォルニア大学医学部のジョン・Y・J・シャイと彼の研究チームは、コロナウイルスが体内でどのように作用するかのメカニズムを解明した。最も重要な発見の一つ: スパイクプロテインが細胞に与えるダメージは相当なものである。また、COVID-19は主に血管の病気であり、呼吸器系の病気ではないことが確認された。[…]」

新しい研究では、研究者らはSARS-CoV-2病原体のスパイクプロテインに囲まれた「偽ウイルス」を作成したが、本物のウイルスは含まれていなかった。この擬似ウイルスにさらされると、動物実験では肺と動脈に障害が生じた。このことは、スパイクプロテインだけで病気を引き起こすのに十分であることを証明するものである、と研究者たちは結論づけた。感染後の組織サンプルでは、肺動脈の壁を覆っている内皮細胞に炎症が見られた。研究チームは実験室で、動脈を覆う健康な内皮細胞がスパイクプロテインと接触した後にどのような挙動を示すかも調べた。ここでも、スパイクプロテインとACE2レセプターが接触することによって、細胞は損傷を受けた。

フランクフルター・ルンチャウの記事は、驚くほど唐突に終わっている。読者は、この劇的な現実が意味することを理解することになる。著者は明らかに、明白な結論を出す勇気がなかったの:

もしカリフォルニア大学の研究者たちが正しければ、予防接種はCOVID-19には効かないどころか、病気を誘発する可能性さえある。というのも、COVID-19ワクチン接種の目的は、将来何兆個もの有毒なスパイクプロテインが合成されるように体細胞を変化させることだからである。

これまでワクチン接種キャンペーンでは、コロナウイルスのスパイクを一種の受動的な「着陸装置」として紹介してきた。月着陸船と同様に、ウイルスは体細胞にドッキングするために脚を必要とする。ウイルスが宿主細胞へのドッキングに成功して初めて、実際の毒性作用メカニズムが発動するのである。この標準的なウイルスのドッキング操作は、むしろ細菌を攻撃するウイルスの亜種であるファージの手順を表している。製薬業界のワクチンメーカーは、ウイルスゲノムを持たないウイルススパイクはほとんど無害だと考えていたようだ。これらのタンパク質構造の分析によれば、身体の自然な免疫防御は相補的な抗体を産生することになっているため、ワクチン接種に関しては完全にスパイクに焦点が当てられていた。この 「無害な小さな足」は、感染時にコロナウイルス全体を中和する方法を免疫細胞に教えるために使われた。

新しいワクチンの製造に使われた遺伝子工学にかかわらず、すべてのワクチンは健康な体細胞を再プログラムし、SARS-CoV-2の脚を何兆個も作り出す。多くの人々は、このワクチンが欧州医薬品庁から1年間の一時的な販売許可しか得ていないことを知らない。この 「緊急承認」は、リスク・ベネフィットの比率を実証するためのさらなる研究が必要であり、「国家緊急事態」という条件下でのみ認められた。しかし今、驚くべきことに、研究者たちはSARS-CoV-2のスパイクが発病の主な原因であることを発見しつつある.

この悪夢は本当に真実なのだろうか?カリフォルニア大学のジョン・Y・J・シャイ率いるチームは間違っていたのだろうか?もっと研究が必要ではないだろうか?おそらく、イスラエル、マルタ、ジブラルタル、イギリスなど、ワクチン接種の最前線にいる国々の統計から、この心配な理論が確認できるかどうかの情報が得られるだろう。結局のところ、もしスパイクプロテインがさまざまな凝固や血管の病気の原因であるなら、ほぼ完全に予防接種を受けている人々の状況の悪化に反映されるはずである。言い換えれば、逆説的だが、「ワクチン接種国」こそ、病気や死亡者数、症例数が増加しているはずなのである。

無料のコロナウイルス研究をさらに掘り下げると、残念ながら、他の研究者もジョン・Y・J・シャイのチームと同じような結論に達していることに気づかざるを得ない。しかし、ドイツではこの新しい発見についてほとんど何も耳にしない。にもかかわらず、『International Journal of Vaccine Theory, Practice, and Research』誌の報告はシャイーの説を裏付けている。病気より悪い?Reviewing Some Possible Unintended Consequences of the mRNA Vaccines Against COVID-19』(ステファニー・セネフ(MIT、ケンブリッジ)とグレッグ・ナイ(自然療法腫瘍学、イマージョン・ヘルス、ポートランド)著)では、著者らはさらに踏み込んでいる。冒頭で著者らは、コロナウイルスに関するワクチン製造において、新たな危険な道が開かれていることを改めて強調している。ステファニー・セネフ(Stephanie Seneff)とグレッグ・ナイ(Greg Nigh)が要約した最も重要な新規性は以下の通り:

  • 1.注射剤にPEG(ポリエチレングリコール)を初めて使用した。
  • 2.感染因子に対するmRNAワクチン技術を初めて使用した。
  • 3.モデルナ社による初の製品上市
  • 4.副作用が予想されることを保健当局が被接種者に初めて通知した。
  • 5.予備的な有効性データのみが公表された最初のワクチンである。
  • 6.感染、伝播、死亡の減少について明確な声明を出していない最初のワクチン
  • 7. 人体実験が行われた最初のコロナウイルスワクチンである。
  • 8. 遺伝子組み換えポリヌクレオチドを一般集団に注射した最初のワクチンである。

mRNA技術に使用されるポリエチレングリコールナノシェルによって引き起こされる、ワクチン注射直後のアナフィラキシーのリスクは広く公表されている。ポリエチレングリコールを含むボディクリームを使用することで免疫系が感作され、ナノシェルにアレルギー反応を示す人もいる。このため、ワクチン接種を受けた人は、接種後、必ず数分待ってから外出しなければならない。アナフィラキシーショックに対する緊急処置も、その場で受けられるようにしておく必要がある。しかし、PEGに対するアレルギーや残留電荷、いわゆるカチオン性脂質の危険性といったエンベロープ効果とは別に、最新の研究では、合成されたスパイクの毒性作用に焦点が当てられている。ワクチン接種によって変化した体細胞がやがて死滅する前に、数兆個のSARS-CoV-2スパイクプロテインを合成し、体内に放出するのである。ステファニー・セネフとグレッグ・ナイは、スパイクプロテインの毒性について研究しているもう一人の研究者、鈴木雄一郎を引き合いに出した:

一連の論文の中で、鈴木雄一郎は他の著者と共同で、スパイクプロテインが単独で血管系にシグナル伝達反応を引き起こし、潜在的に遠大な影響を及ぼす可能性があることを強く主張している(Suzuki, 2020; Suzuki et al, 2020; Suzuki et al, 2021; Suzuki and Gychka, 2021)。これらの著者らは、SARS-CoV-2がCOVID-19の重症例において肺血管系に著しい形態学的変化を引き起こすことを観察した。[さらに彼らは、mRNAワクチンに対しても同様の影響が起こる可能性を示唆し、スパイクプロテインに基づくCOVID-19ワクチンを接種した小児と成人の両方に対して、長期的な影響が起こる可能性があることを警告した(Suzuki and Gychka, 2021)」

Leiらによる興味深い研究(2021)は、シュードウイルス(SARS-CoV-2-S1タンパク質で装飾され、コアにウイルスDNAを含まない球体)が、気管内に暴露されたマウスの動脈と肺の両方で炎症と損傷を引き起こすことを発見した。次に、健康なヒトの内皮細胞を同じ偽ウイルス粒子に暴露した。これらの粒子が内皮ACE2レセプターに結合すると、これらの内皮細胞でミトコンドリアの損傷と断片化が起こり、その結果、関連組織に特徴的な病理学的変化が生じた。この研究は、COVID-19に関連した内皮障害を引き起こすには、ウイルスゲノムの残りの部分と結合していないスパイクプロテインだけで十分であることを強調している。スパイクプロテインを産生するように細胞を誘導するようにデザインされたワクチンへの影響は明らかであり、懸念すべきものである。[ACE2レセプターは精巣のライディッヒ細胞に高発現しているので、ワクチンによって内因性に産生されたスパイクプロテインは精巣にも悪影響を及ぼす可能性がある(Vermaら)。現在、いくつかの研究が、コロナウイルスのスパイクプロテインがACE2受容体を介して精巣の細胞に入り込み、男性の生殖を阻害することを示している(Navarra et.

コロナが高齢者や既往歴のある人々に引き起こす、当初はよく理解されていなかった、人体における多様な損傷パターンは、中心的な病態メカニズムが理解されるや否や明らかになる。コロナスパイクプロテインの核心は、通常重要な機能を持つ生理的細胞レセプターへのドッキングに優れていることである。残念なことに、これらのレセプターは様々な細胞表面、特に血管内皮細胞、心臓の平滑膜、血小板(血栓細胞)、肺、そして睾丸にも存在する:いわゆるACE2レセプターである。

これらの受容体の重要な生理学的機能は、血圧を安定に保つために多くのホルモンを調節することである。受容体のスパイクが多すぎると、このホルモン制御回路のカスケード全体が阻害されると考えられる。あまりにも多くのレセプターがブロックされると、アンジオテンシンIIというホルモンが患部で非常に増加し、このホルモンの作用で血管がかなり収縮するため、局所的な高血圧が大量に発生する。特に肺でうっ血が起こり、窒息に至ることもある。しかし、同様のメカニズムは心臓や脳でも起こりうる。その結果、冠状動脈性心臓病や脳卒中が引き起こされることになる。

炎症、血栓症、血小板減少症といった後述するワクチン接種のリスクについては、別の病態メカニズムが重要な役割を果たしているようだ。この作用は 「fusion-from-without」(FFWO)と呼ばれ、ドイツ語に訳すのは難しい(「Fusion von außen」または 「Fusion ohne」)。これは、それまで健康だった体細胞がコロナスパイクに接触した途端に癒着することを指す。スパイクが細胞同士を引っ掛けると、一種の膜の開きが起こり、その結果、多くの体細胞が参加できる病的な巨大細胞が形成される。これらのモンスター細胞は病的で、より細い血管を詰まらせることがあり、通常はすぐに死ぬか、マクロファージによって溶解される。私が最も衝撃を受けたのはこれだ: この極めて毒性の高いスパイク効果(FFWO)に関する研究結果は、海外や日本からではなく、ドイツの安全性研究所の最高峰であるパウル・エルリッヒ研究所から直接もたらされたもの:

『分子バイオテクノロジーと遺伝子治療』研究グループのリーダーであるクリスチャン・ブッフホルツ教授率いるパウル・エルリッヒ研究所(PEI)の学際的研究チームは、スパイクプロテインを介した膜融合がどの程度起こるかを細胞培養で調査した。[重要な発見:SARS-CoV-2のスパイクプロテインは非常に融合活性が高い:細胞表面上のスパイクプロテインのわずかな、かろうじて検出可能な量でさえ、細胞融合、ひいては細胞死を引き起こすのに十分である。SARS-CoV-2のスパイクプロテインを表面に持つウイルス粒子がヒト細胞と接触するだけで、ウイルス粒子は互いに融合する。感染した細胞にとって、この融合は死を意味する。このプロセスは「fusion-from-without」として知られ、スパイクプロテインの巨大な膜融合活性を強調している。研究グループのもう一つの発見:COVID-19から生還した患者の中和抗体を含む血清を投与すると、スパイクプロテインを介したウイルス粒子と細胞の膜融合は非常に効率的に阻害されたが、スパイクプロテインを持つ細胞同士の融合は阻害されなかった」5。

特に最後の一文は、かなり言い得て妙:

抗体は、その存在、獲得、投与にかかわらず、コロナウイルス全体の細胞への侵入を阻害するが、遊離したスパイクが血液中に存在し、すでに体細胞と相互作用している場合には、細胞接着による毒性効果を止めることはできない。

正直なところ、PEIの研究結果にはいささか言葉を失う。というのも、フランクフルター・ルンシャウの記事が突然途切れたように、この研究における明白な結論もまた神聖なものだからである-と言っているのだが: SARS-CoV-2に対するワクチン接種は、人体内に数兆個の遊離した有毒な高生理活性スパイクを生成する。

ブッフホルツ教授の研究結果は、2021年初めに権威あるiScience誌に「定量的アッセイにより、最小レベルのSARS-CoV-2スパイクプロテインの細胞融合と、それ以外からの融合が明らかになった」というタイトルで発表された。この結果の後、科学ジャーナリストからワクチン接種の毒性に関する問い合わせや、この爆発的な結果に関する出版がなかったことは、私にはまったく理解できない。私が知っている唯一の言及は、ヴォルフガング・ヴォダルグ博士の著書(Falsche Pandemie)だけである。まず、注意しなければならないことがある:

完全なウイルスを含まないスパイクプロテインだけでも、その高い生物活性-ACE2結合活性と融合活性-により毒性がある。しかし、スパイクプロテインの毒性とは別に、ワクチン接種後に他の病態機序が作用することもあり、さらに調査する必要がある。

血栓症と血小板減少症

冒頭に書いたように、COVIDは「肺の病気」ではなく、主に血液循環の毛細血管系に影響を及ぼす。ワクチン接種も同様である。後で触れるが、いわゆる洞静脈血栓症は、ワクチン接種の副作用として悲しいことに有名になった。脳からの血液の流出が行われる副鼻腔静脈で起こるという局在性に基づいて、副作用の中心的なメカニズムを説明することができる。なぜ副鼻腔静脈が頻繁に冒されるのか?現在では、ワクチンは注射後、上腕の筋肉にとどまるのではなく、すぐに血流によって運ばれ、全身に分布することが理解されている。mRNA治療の標的細胞は、当初の予定通り筋肉細胞だけではない。残念ながら、ワクチンは血流が遅くなる部分、つまり静脈還流の凪いだゾーンで最もよく細胞に浸透することが分かっている。洞静脈は圧力が非常に低いため、ナノ粒子が血管内面の通常鏡のように滑らかな細胞層である内皮を攻撃するのは特に容易である。このメカニズムが理解されれば、ワクチン接種による副作用の他の多くの症状が明らかになる。肺、心臓、脳では、血液の流れは静脈分枝でも非常にゆっくりであり、血栓症は当然、これらすべての部位に壊滅的な影響を及ぼす。

コロナワクチン接種後、実際にスパイクに対する抗体産生が成功している–これこそがワクチン業界が誇るところである。ワクチン接種後、改変された体細胞はまずコロナ・スパイクを大量に産生する。数日後、免疫システムの防御細胞がこれらのスパイクに対する抗体を大量に産生する。前述したように、特異的抗体はスパイクを補完する一種のカウンターパートと考えることができる。抗体は、スパイクが体内の細胞にドッキングするのを阻止することで、スパイクを、あるいは実際の感染症の場合はウイルス全体を中和するように設計されている。したがって、スパイクの合成過程、すなわちスパイクの生産と、生産されたばかりの抗体によるスパイクの中和は、ワクチン接種後かなり長い期間にわたって並行して行われる。

残念なことに、毒性スパイクはそれまで健康だった体細胞で合成される。変化した体細胞は、この合成過程で死滅する前に、スパイクを細胞間腔外に排除しようとするが、これは部分的にしか成功しない。体細胞はスパイクを細胞膜を通して外側に押し出すことで、スパイクで自分自身を「スパイク」し始める。上述のTリンパ球にとって、これらの体細胞は、闘う必要のある怪物のような「巨大ウイルス」に見える。産生されたばかりの抗体が不気味な細胞に付着し始め、それがさらなる防御細胞を現場に呼び寄せる。最終的に、変化した体細胞は「異物」あるいは「病気」というレッテルを貼られる。抗体や他の防御細胞が接着することで、大きな細胞の塊ができる。これに加えて、前述の「FFWO(fusion-from-without)」効果がある。ワクチン接種によって、細胞は遊離したスパイクを細胞内空間に放出するだけでなく、スパイクで自分自身を「スパイク化」させるのだから、次のような効果は驚くにはあたらない。もう一度PEIを引用する:

「細胞表面上のスパイクプロテインのわずかな、かろうじて検出可能な量でさえ、細胞融合、ひいては細胞死を誘導するのに十分である」

血管の細い毛細血管の内皮細胞がスパイクを合成し始めると、特に血小板が大きく関与しているため、炎症や癒着を引き起こす可能性がある。前述のACE2機序により血管はすでに狭くなっているため、血栓症のリスクは非常に高くなる。血栓症、すなわち血管の閉塞と血小板減少症、すなわち血小板の減少は、コロナウイルス予防接種の結果であり、おそらく最も有名な副作用である。この新しい症候群はTTS(血小板減少を伴う血栓症)と呼ばれ、医学的には逆説的である。古典的には、血小板の減少(血小板減少症)は強い出血傾向であり、静脈の閉塞ではないと想定される。しかしTTS症候群では、その両方が同時にみられる。いわゆる血小板第4因子(PF4)に対する高濃度の抗体が見つかっていることから、この因子に対する自己免疫反応が議論されている。罹患者はワクチン接種の数日後に出血し始め、静脈が閉塞する。一方、TTS症候群で死亡した人があまりにも多いため、ワクチンメーカーの中には、ワクチンの説明書のようなものである。「レッドハンド・ブック」に適切な警告を追加せざるを得なくなったところもある。ポール・エーリック研究所でさえ、その安全性報告書の中で警告を出さざるを得なくなった:

「したがって、医療従事者は血栓症や血小板減少症の初期症状や徴候に注意すべきである。ワクチン接種を受けた人は、ワクチン接種後数日して息切れ、胸痛、下肢腫脹、下肢痛、持続的な腹痛、吐き気、嘔吐などの症状が現れたら、直ちに医師に相談するように知らせるべきである。また、接種数日後に、激しい頭痛や持続する頭痛、目のかすみ、痙攣などの神経症状が現れたり、接種注射部位以外の皮膚にあざ(点状出血)が現れたりした場合は、直ちに医師に相談すること」6。

したがって、責任ある医師は、血栓塞栓症を除外するために使用できる、いわゆるDダイマーをコロナワクチン接種後に測定することを推奨している。同時に、ワクチン接種後は必ず血小板数を測定する必要がある。

スチャリット・バクディ教授は講演の中で、ここで簡略化して説明したすべての効果は、ワクチン接種を繰り返すとすぐに大きく増幅されることを明確に指摘している。免疫系に属する血漿タンパク質のシステム、いわゆる補体系がその原因である。これらのタンパク質は通常、ヒトの血漿中に溶けて循環しており、活性化されなければ無害である。プラスチック爆薬のように、起爆装置がなくても面白い図形を練り上げることができるが、補体系も「起爆装置」によって活性化されるとすぐにダイナマイトになる。一旦この活性化カスケードが始まると、これらのタンパク質の最終産物は極めて細胞を破壊する性質を持つ。

最初のワクチン接種では、小血管の内皮細胞へのダメージ効果は、やはり主にキラーリンパ球によるものである。これらはスパイクに感染した細胞を溶解し、血管壁の初期損傷と血栓の形成につながる。1回目のワクチン接種では、最初はわずかな抗体しか存在しないため、補体系の活性化カスケードは通常起こらない。しかし、2回目、3回目のワクチン接種によってスパイクが再び合成されると、1回目のワクチン接種によって多くの抗体がすぐに利用できるようになる。その後の強力な防御反応によって補体系も活性化され、血管壁をはるかに極度に破壊する。穿孔」された血管壁により、血栓が形成されるだけでなく、血漿が細胞間隙に漏れ出す: 脳細胞、肝細胞、心臓細胞……これらの細胞はmRNAワクチンと接触した後にスパイクを生成するため、これらの細胞も免疫防御の標的となる。最終的には、自己免疫疾患と同様の結果となる。これについては次の章で詳しく述べる。

自己免疫疾患

上記の病態メカニズムだけでは十分な懸念材料にならないかのように、独立したコロナウイルスの研究によって、残念ながらさらなる危険性が指摘されている:

「別のグループ(Ehrenfeld et al., d20)は、SARS-CoV-2感染に関連して発見された広範な自己免疫疾患に焦点を当てた論文で、スパイクプロテインがどのようにしてこのような疾患の引き金となりうるかを調査した。彼らは、SARS-CoV-2が産生するスパイクプロテインと重なるヒトプロテオーム中のヘプタペプチドの列をこの文献の表1に報告している。彼らは、ヒトとスパイクプロテインに存在する26のヘプタペプチドを同定した」

コロナ・スパイクのゲノムを核塩基配列まで分析した結果、スパイク内のいくつかのタンパク質群が内因性に存在するタンパク質と同一であることが判明し、衝撃を受けた。ウイルスとヒトのゲノムの交換は、何百万年もの間、開かれた進化のプロセスであったからである。世界を機械論的にとらえ、全体像を見ずに部分的な断片に分解する人だけが、複雑で全体的なプロセスに粗雑に介入するという考えを思いつくのである。免疫防御がこれらのタンパク質群に対する抗体を作るように指示されると同時に、これらの抗体が関連する良性の体タンパク質を「異物」としてマークするリスクも高まる。

一方、驚くべき数の自己免疫疾患が、これまで認識されていなかったSARS-CoV-2感染によって引き起こされたことが判明している。というのも、コロナスパイクに対する自然に獲得される抗体は、あらゆる生理的ヘプタペプチド、すなわちコロナスパイクに類似したタンパク質に対しても作用する疑いがあるからである。言い換えれば、「スパイク抗体は、対応する体質を持つ:

スパイク抗体は対応する体質を持つ。

スパイク抗体は自己免疫疾患のリスクを高める。

SARS-CoV-2のスパイクによく結合する抗体は、スパイクに似たタンパク質を含む健康な体細胞も標識する。そして他のキラー細胞が健康な体組織を攻撃し、溶かしてしまう。研究者らは、SARS-CoV-2に対するワクチン接種後、既知の自己免疫疾患の多くが、この病原体のプライミング、すなわち意図的な免疫強化による疾患の増幅によって長期的に顕在化する可能性を懸念している。コロナスパイクに類似したタンパク質は、主に腸(対応する自己免疫疾患はセリアック病)、甲状腺(対応する自己免疫疾患は橋本甲状腺炎)、神経組織(対応する自己免疫疾患は多発性硬化症)に存在する。ワクチン接種後に病原体のプライミングが起こった場合、コルチゾンなどの強力な免疫抑制剤による薬物療法を何年も続けるしかない。

スパイクプロテインが体内のタンパク質に類似していることによる病原体のプライミングとは別に、重篤な自己免疫反応を引き起こす可能性のあるもう一つの有害なメカニズムについてはすでに述べた。mRNAワクチン粒子が標的細胞として筋肉細胞や内皮細胞「のみ」を選択しないと致命的である。特に血管壁に深刻な損傷がある場合、ナノ粒子は原理的にあらゆる細胞を攻撃し、このような再プログラムされたスパイクを作り出す可能性がある。例えば、神経細胞がスパイクで覆われるようになれば、当然、防御カスケード全体も誘発される。炎症が起こり、以前は健康だった神経組織が溶かされる。

長期的な自己免疫学的損傷に関して最も高い警告を発しているのは、医学のヴォルフ=ディーター・ルートヴィヒ教授に他ならない。ルートヴィヒはドイツ医師会の医薬品委員会の委員長を15年間務めており、決してワクチン接種に反対しているわけではない。それにもかかわらず、彼はさまざまなインタビューの中で、COVID-19ワクチン接種の長期的被害に関する質問に対して、驚くほど批判的な答えをしている:

ルートヴィヒ教授への質問:欧米諸国は、COVID-19の重症化を防ぐために、今年の初めごろから成人にSARS-CoV-2のワクチンを接種している。アストラ・ゼネカのワクチンを除いて、これまで重篤な副作用は報告されていない。この点でオールクリアはできないのか?

答えはノーだ:

これらは新規ワクチンであり、非常に速いスピードで開発されている。mRNAワクチンやアデノウイルスベクターワクチンの長期毒性については何もわかっていない。例えば、ワクチンによって産生された抗体が、ある日突然、体内の構造物に敵対する可能性も否定できない。そのような自己免疫疾患は、より長い観察期間を経て初めて予想されることであろう。

ルートヴィヒ教授に質問:

ポール・エーリック研究所(PEI)の広報担当者、すなわちドイツのワクチン担当当局によれば、COVID-19ワクチンの長期的副作用を恐れる必要はないとのことである。スイスのワクチン学者クレア=アンヌ・シーグリストも、深刻な副作用はワクチン接種後3カ月以内に起こると指摘している。確かに今頃は気づいていたのだろうか?

答えはこうだ:

現在認可されているワクチンのいくつかは、新しい技術を用いて初めて製造されたものであり、長期的な使用経験がないため、このような発言は非常に大胆であり、時期尚早であると私は考える。PEIから独立した科学者の中にも、異なる見解を持つ者がいる。mRNAワクチンにはいわゆる脂質ナノ粒子が含まれており、mRNAの保存性を確保する一方で、mRNAが体内で急速に分解するのを防いでいる。動物実験(BioNTech/Pfizerワクチンの投与量がかなり多い場合)では、これらのナノ粒子が体内で炎症を引き起こす可能性があることが示されている。このような結果は、より長い時間が経過してから初めて気づくことになる。したがって、これらの脂質ナノ粒子が副作用を引き起こす可能性があるかどうかについては、まだはっきりとしたことは言えない」8。

感染増強抗体

病原体のプライミングに似たもう一つのメカニズムがあり、多くの独立系研究者がコロナとの関連で懸念している。このプロセスは完全に逆説的に聞こえるが、感染増強抗体と呼ばれている。ウィキペディアは、それが何であるかを明確に説明している:

「抗体依存性増強(ADE)抗体とは、ウイルスの表面に結合するが中和しない抗体である。感染増強抗体は免疫病態を促進し、ワクチン開発における潜在的リスクとなる。感染増強抗体は、いくつかのウイルスの初感染時に形成され、同一または類似のサブタイプのウイルスによる2回目の感染時にのみ、より重篤な経過をたどる」

ワクチン接種後にADE症候群が発症した場合、免疫系は中和抗体ではなく結合抗体を産生する。結合抗体はコロナウイルスが細胞に侵入するのを助けるからである。幸いなことに、感染増強抗体を産生する疑いのある病気は比較的少ないが、残念ながらSARS-CoV-2はその一つである。エッペンドルフ大学病院臨床毒性学研究所の前所長であるステファン・ホッカーツ教授などの研究者は、パンデミックの非常に早い段階で、特にコロナウイルスの場合、ワクチン投与後に結合抗体ができることが予想されると警告していた。SARS-CoV、MERS-CoV、呼吸器合胞体ウイルス(RSV)など、類似のウイルスに対する過去のワクチン開発では、このような傾向が見られ、抗体依存性増幅を引き起こしていた。その時点でワクチン開発は中止された。2021年6月、mRNAワクチン技術の発明者であるロバート・マローン博士が、ADE問題とスパイクプロテインの毒性についてコメントした。

マローン博士は様々な情報源からのデータを評価している。それによると、ワクチン接種者はワクチン未接種者と同様に依然として感染力があり、少なくともCOVIDの入院者・死亡者のうちワクチン接種者の割合は減少しておらず、むしろ増加している。”そして何よりも、ADEの兆候として、ワクチン接種後約6カ月の鼻咽頭上皮におけるウイルス力価の上昇に関するファイザーの報告がある10。

マローン博士が2021年6月に危惧として表明したことは、2021年8月9日の英国の新しい研究によって確認されたようだ。この研究はその後、独立した専門家によって確認されている。”感染を増強する抗SARS-CoV-2抗体は、オリジナルのWuhan/D614G株とデルタ変異株の両方を認識する。集団予防接種の潜在的リスク?(Nouara Yahi, Henri Chahinian, Jacques Fantini)は結論している:

「…)我々のデータは、ワクチン接種者における中和抗体と促進抗体(結合抗体)のバランスは、オリジナルのWuhan/D614G株の中和に有利であることを示唆している。しかし、デルタ変異株では、中和抗体はスパイクプロテインに対する親和性が低下し、促進[結合]抗体は親和性が著しく上昇している。したがって、ADEは、オリジナルの武漢株スパイク配列に基づくワクチン(mRNAまたはウイルスベクター)を接種した人々にとって問題となる可能性がある」11。

簡単に言えば、体細胞に武漢/D614G株のスパイクを合成させるような物質を注射された人-現在、すべてのCOVID-19ワクチンがそうである-は、現在のデルタ変異株に感染した場合、産生された抗体が中和作用ではなく結合作用を持つ危険性があるということである。

そのためワクチン接種を受けた人々は、新しい野生型ウイルスがより容易に細胞に侵入することができる。ワクチン接種を受けた患者の割合が高く、時に重篤な経過をたどる(カール・ラウターバッハの「ブレイクスルー感染症」……)現在の入院患者数を見れば、これらはスチャリット・バクディ教授が述べた補体系の活性化に伴うADE効果であることを示唆するものが多い。

結局のところ、自然獲得免疫の患者はより広範な免疫を持っている可能性が高い。ワクチン接種を受けた患者は、オリジナルの武漢ウイルス変種(もはや野生変種としては存在しない)に対する特異的な免疫を持っているように見えるが、永久に改良されたブースターワクチン接種を受けなければ、非常に広範で効果的な防御システムをもはや持っていない。ワクチン接種後に特別に機能する防御システムが、他のウイルス株によって弱められる効果は、現在、公開討論の対象となっている。ワクチン接種推進派のウイルス学者アレクサンダー・ケクレ教授でさえ、2021年5月25日のMDRのインタビューで、この点に関する研究結果を公然と取り上げている:

「5月初めにオランダで行われた研究がある。そこでは、このようなRNAワクチンを接種した後に実際に何が起こるかをより詳しく調べた。[…] そして、ここで興味深いのは、オランダ人が示したように、この調節は、ある種の防御機構、例えば、ある種のウイルスや細菌、すなわち他のウイルスや細菌に対する防御機構が、ワクチン接種によって鈍化するということである。つまり、SARS-CoV-2に対するワクチンを接種すると、もちろんこの新しいウイルスに対する反応が活性化される。しかし同時に、例えば他のウイルスに対する反応は鈍くなる。いわばSARS-CoV-2に対する活性の方向転換であり、他のウイルスに対する免疫は低下する。[そして、研究において新たな扉が開かれたことは興味深いことであり、その扉の向こうには巨大な地下墓地や枝分かれした回廊があり、今後数十年のうちに探索されることになるだろう。そして、オランダの著者たちは次のように語っている:「我々は、この新しいクラスのワクチンを使用する際には、自然免疫反応と獲得免疫反応の両方の非常に複雑な再プログラミングを考慮に入れるべきだと結論付けた。つまり、専門家の間では、「これは全く予想外の新しいものだ。そうでなければ、われわれウイルス学者は研究をやめなければならなくなる」12。

洞静脈血栓症と心筋炎

よりよく理解するために、上記で最も頻繁に議論されているワクチン接種の副作用を体系化し、4つのポイントにまとめてみた:

  • 1. ウイルスゲノムを全く含まないスパイクプロテイン自体は、生理学的に重要なACE-2レセプターをブロックし、また病的な細胞融合を引き起こすため、毒性作用を持つ。
  • 2. ワクチン接種後の変化した体組織は、炎症、血栓症、血液毛細血管内の血小板の減少を引き起こす傾向がある。
  • 3. スパイクプロテインは生理学的に存在する身体タンパク質と類似性が高いため、ワクチン接種後に形成された抗体は長期的には多くの自己免疫疾患を誘発する可能性がある。
  • 4. SARS-CoV-2ワクチン接種は、逆説的な 「結合」抗体を産生する疑いがある。この 「ADE現象」が有効であれば、本物のコロナウイルスに再感染した場合、ワクチン接種を受けた人はより重症化する可能性がある。

私の分類をよく見てみると、これらは急性影響と長期影響の2つのグループに分けられることがすぐにわかる。長期的影響には、3番と4番、すなわち、コロナウイルスに二次感染した場合にのみ明らかになるADE現象や、長期的には自己免疫疾患のリスクが高まるのではないかという疑いが含まれる。一方、1番と2番は急性現象について述べている。これらは、注射直後のアレルギー作用と、接種後数時間、数日、数週間後に発現する血栓症、炎症性疾患、凝固障害に分けられる。

すでに述べた2つの臨床像は、ワクチン接種の主なリスクとして最も頻繁に議論されるもので、悲しいことに有名になっている: 洞静脈血栓症と心筋炎である。恐ろしいことだ: 恐ろしいことに、このような病気に罹患する可能性の低い若者たちが、この病気に罹患しているのである。スイスのインターネット・プラットフォーム『bachheimer.com』には、ある医師がミュンヘンの心臓クリニックでの経験を匿名で投稿している:

「心臓センターの集中治療室での日々の診療から、この10日間の報告をいくつか。喜んで!」

男性、19歳、以前は心臓は健康、重症心筋炎、LEFは30%以下であった。2回目のワクチン接種から4日後。

男性、23歳、心筋炎、僧帽弁狭窄、心臓は今のところ健康、1回目のワクチン接種から8日後。

女性、17歳、心筋炎、その後の肺塞栓症、心臓は今のところ健康、2回目のワクチン接種後1日目。

男性、20歳、頻脈性不整脈、心筋炎、これまでのところ心臓は健康、1回目のワクチン接種後7日目」

女性、16歳、劇症型心筋炎、終末期は開心、2回目接種後2日目」

このほか、現在私が入院させているが、(まだ)集中治療を必要としない心臓疾患の患者が7人いる。私はこのワクチン接種に対して常に警告を発してきたが、現在のところその考えを変える理由はない。COVID陽性患者は現在11人である。そのうち5人が2回接種、3人が1回接種である。二重接種3人は重篤な経過をたどっている。このような状況では、他の物質は投与されないだろう!私たちは大惨事に直面している。ワクチン接種者にとっては、「ワクチンによる防御」とウイルスとの接触は集中治療室への切符なのだ」13。

この医師とされる人物の匿名の投稿が実際に本物かどうかを証明するのは難しい。しかし、その文体や専門性から、経験豊富な専門医が確かにここで発言していることがうかがえる。この報告の最後の一文は特に興味深い。結局のところ、ワクチン接種を受けた人がウイルスに接触すると劇症化するということは、ADE論文を強く支持していることになる。いずれにせよ、心臓の炎症反応に関するワクチン接種の副作用に関する公式報告も目立って多い。この点ではプロサッカー界からのニュースが特に印象的で、多くの健康なアスリートが突然倒れた-ベルリナー・ツァイトゥング紙は「謎」についてこう語っている:

「ベルリン-FCバルセロナのプロ選手セルヒオ・アグエロは、少なくとも3カ月は戦列を離れることになる。33歳のアグエロは、デポルティーボ・アラベスとの試合で呼吸困難のため途中交代した。アグエロは胸を押さえて入院した。現在、心臓の問題で心臓専門医の治療を受けている。欧州選手権では、クリスティアン・エリクセンがカメラの前で倒れた。診断結果は心停止だった。エリクセンは一命を取り留めた。この2人のプロフェッショナルは、時に生命を脅かす心臓の問題に対処しなければならない多くのサッカー選手のほんの一例に過ぎない。[緊急事態はここ数週間、数ヶ月の間に何度も起きている」

そしてBZは、若いトップアスリートが命を落としそうになり、その多くが蘇生を余儀なくされた一連の劇的なケースを列挙している。若い男性にこのような劇的な心臓疾患が蓄積されることは、集団予防接種以前にはまったく知られていなかった。にもかかわらず、BZの記事は見事にワクチン接種との関連性をまったく示そうとしなかった。その代わり、「専門家によれば、男性は女性よりも心臓に負担がかかることが多い」とか、「スポーツ中の心臓突然死の原因は、それぞれ異なる誘因があると言われている」というような、男性の心臓に対する一般的な負担の増加に関する決まり文句が並んだ。部屋の中の象を見過ごすのにこれ以上の方法はない。

2021年8月19日に発表されたポール・エーリック・インスティテュート(PEI)の安全性報告書でも、とりわけ心臓の問題が扱われている:

「ポール・エーリック研究所(PEI)は、mRNAワクチンComirnaty(BioNTech Manufacturing GmbH)、Spikevax(MODERNA BIOTECH SPAIN, S.L.)およびベクターワクチンVaxzevria(AstraZeneca AB)とCOVID-19ワクチンJanssenによるワクチン接種に関連してドイツから報告された131,671例の副反応またはワクチン接種合併症の疑い例について、27日のワクチン接種キャンペーン開始から報告している。 さらに、COVID-19ワクチン接種後に心筋炎を発症したいくつかの症例が専門誌に発表されており、ほとんどの症例がmRNAワクチンの2回目接種後に報告されている。患者は例外なく胸痛を呈し、2回目のmRNAワクチン接種後2〜3日の短い間隔で発症することが多かった。発熱や筋肉痛を訴える患者もいた。これらの患者は主に心筋炎で入院した健康な若い男性であった。[イスラエル保健省は、1,040万人のワクチン接種者のうち、mRNAワクチン接種後30日以内に心筋炎が148例以上発生し、ほとんどの症例が16歳から30歳の男性で2回目のワクチン接種後に発生したと報告している。症例の大部分は4日間の入院を要した。また、12歳から17歳の青少年にコミルナティを2回目に接種した後にも、心筋炎/心膜炎の症例が多く認められた。ここでも、罹患するのは主に思春期の男性である」

ポール・エーリック研究所の報告書は、このような劇的な副作用があるにもかかわらず、リスク・ベネフィット分析ではワクチン接種が明らかに有利であることを明確に指摘して締めくくっている。「コロナ死」対「ワクチン被害」の統計的歪曲については、また後で触れることにする。

副鼻腔静脈血栓症、略してSVTは、ワクチン接種に関連して悲しいほど有名になった2番目の病気である。心筋炎とは異なり、今回はワクチン接種後に罹患するのは主に若い女性である。SVTでは、脳静脈の血管が血栓によって閉塞し、従来の鎮痛剤では全く効かない残忍な頭痛が起こる。すぐに原因を取り除かなければ、脳圧が非常に高くなり、激しい吐き気、麻痺、視覚障害、言語障害が加わる。他の原因との鑑別診断のために、ワクチン接種後に激しい頭痛に悩まされる若い女性は、前述のDダイマーの値をぜひ測定してもらうべきである。残念ながら、アストラゼネカ社製ワクチンの接種者の52.6%が非常に激しい頭痛を経験している。SVTは血小板減少症(35ページ参照)と併発することが多いので、医師はワクチン接種後に頭痛を訴える若い女性の皮膚に出血の徴候がないか常に調べるべきである。オックスフォード大学の研究によると、COVID-19感染後に洞静脈血栓症を発症するリスクは一般集団の約100倍である。とはいえ、同じ研究では、コロナウイルスのワクチン接種後には、使用するワクチンにかかわらず、SVTのリスクも10倍上昇すると結論づけている15。副鼻腔静脈の内皮における壊滅的なスパイク効果が病態機序として想定されるため、ワクチン接種後のリスクが比較的低いことはむしろ驚くべきことである。結局のところ、ワクチン接種後、体内では何兆もの毒性スパイクが合成され、若い女性における多くの副鼻腔静脈血栓症が臨床的に目に見えるようになったのは、集団接種が始まってからである。

洞静脈血栓症と心筋炎に関する記述は、ワクチン接種の副作用のすべてを網羅しているわけではない。ワクチン接種を受けた女性の流産率が上昇したという報告も数多くある。さらに、顔面神経麻痺、言語障害、落ち着きのなさ、レストレスレッグス症候群(RLS)など、さまざまな神経障害の報告も蓄積されている。例えば、通常極めて稀なギラン・バレー症候群(重度の麻痺を引き起こす神経系の炎症)は、PEIだけで86人が報告されている。さらに、ワクチン接種後に神経皮膚炎や帯状疱疹が重度から劇的に発症したという報告も増えており、これは重度の免疫抑制を示している。

停滞するキャンペーン

私たちはいつまで現実に目をつぶることができるのだろうか?幸いなことに、ワクチン接種者と未接種者のデータ状況から、ますます多くの医師が疑心暗鬼になっている。入院患者数は各地で好転している: ワクチン接種者が多い国ほど、ワクチン接種者の入院率が高くなる:

「ラファエル・ジオニは自身のツイッターでイスラエルのコロナ統計を公表している。これはイスラエル保健省の公式データである。ラファエル・ジオーニはツイッターでイスラエルのコロナ統計を公開している。『効率はゼロに近いようです』[…]ジオニ博士はイスラエルのラニアド病院の内科医である。彼は自分の言っていることをよく理解している。イスラエルにおけるコロナ感染とそれに伴う入院のほとんどは、ワクチン接種を受けた人々が罹患している。もちろん、国民に広くワクチン接種が行き届いているため、ワクチン未接種の人は少数である。しかし、平均すると、彼らはファイザー社のワクチンを2回接種した人よりもコロナウイルス感染症から生き延びるようである」16。

イスラエルの生物物理学者でノーベル賞受賞者のマイケル・レビットは、集団ワクチン接種後の明らかな状況悪化のドラマを要約している。2021年7月15日、レヴィットはこうツイートした:

私の言葉:シェバ病院感染症科長、ガリア・ラハブ教授:『COVID-19で回復した患者はワクチン接種者に比べてほとんど再感染していない。病気の結果としての免疫は、おそらくワクチンよりもはるかに効果的: シェバ病院感染症科長、ガリア・ラハブ教授:『COVID-19の回復した患者は、ワクチンを接種した患者に比べ、ほとんど再感染しない。病気の結果としての免疫は、ワクチンよりもはるかに効果的であろう」)

多くのマスメディアは、いまだに多くの 「ワクチン接種のブレイクスルー進歩」を再解釈しようと懸命で、業界のスローガンを繰り返している。「すべてが完全に正常で、副作用はほとんどなく、ワクチン接種は依然として有効で、重症例から守ってくれる…」長い目で見れば、こうした安心はほとんど通じないだろう。その一方で、ワクチン接種キャンペーンから手を引く医師が増えている。

集団予防接種の拡大に反対する医師18、薬剤師、弁護士のネットワークが設立されつつある。予防接種の約束はますます美化され、ワクチン未接種者に対する脅しはますます威嚇的になっているが、予防接種キャンペーンは停滞している。マスメディアの主張とは裏腹に、法定健康保険医の診療現場では、多くの予防接種被害が顕在化している。ドイツだけでも、現在23,000人の開業医がワクチン接種キャンペーンから脱落している19。

予防接種センターの医師が予防接種の被害を目にすることがほとんどないのとは対照的に、個人開業医の医師は、良心にかかわる重大な決断を迫られている。2021年9月末、法定保険医協会によるコロナウイルス対策の即時解除要求は、ちょっとしたセンセーションを巻き起こした。ほとんど反射的に、多くのマスメディアは当初、この出来事をできるだけ浅いものにしようとした。多くのニュースポータルは、毎日の「コロナ・テロップ」で極めて重要なニュースを隠した。医師団委員長のアンドレアス・ガッセンは、2021年10月30日に「フリーダムデー」20を開催し、コロナウイルスの規制をすべて解除することを呼びかけた。さらに、パネルドクターの代表者たちは、連邦政府の政策をどう考えているのか、その文言で明らかにした: 恐ろしいレトリックとパニック政治 ”21はついに終焉を迎えなければならない。

一方、ヴェルト紙は、ワクチン接種キャンペーンから手を引いた医師たちに話を聞いた:

「ヨハネス・ヴァイフェンバッハが患者へのコロナワクチン接種をやめると決めたのは7月の初めだった。ヴァイフェンバッハ医師は、シュトゥットガルトにある開業医のウェブサイトに『COVID-19予防接種キャンペーンからの撤退』というタイトルの告知を掲載した。[彼は、このワクチン接種キャンペーンを『ワクチン接種を希望するすべての人々が被験者として参加している巨大な研究』と呼び、ワクチン接種を受けた人々にほぼ毎日起きている副作用、例えば『発熱、痛み、吐き気』について報告した。例えば、発熱、痛み、吐き気、皮膚の発疹、リンパ節の腫れ、感覚障害、自己免疫疾患』である。そのため、彼はワクチン接種を続けることを良心と両立させることができなかった。[コロナ・ワクチン接種後に重篤な患者に遭遇したことを報告した救急医がいる。彼はワクチン接種を勧められないと言った。地元紙の編集者に手紙を書いた南ドイツの開業医がいる。『事実上、彼女の診療所に『ひどい予防接種反応』を訴える患者が来ない日はない。バーデン=ヴュルテンベルク州の開業医は、8月中旬にワクチン接種キャンペーンから離脱し、フェイスブックでワクチン接種を受けた人の死と自身の下肢静脈血栓症について説明した。編集部に連絡してきたハイデルベルク地方の麻酔科医は、ワクチン接種に起因すると思われる苦情のうち、PEIに報告されたのは全体の20%に過ぎないという推測を語った22

ヒポクラテスの誓いは、法的拘束力はないものの、医療倫理の有効な宣言である。私は、たとえ誰からの要請であっても、猛毒を投与することはしないし、そうするように勧めることさえしない。

経済的には、予防接種をしないことを良心の呵責から支持することは、苦い決断となりうる。もし医師が多くの予防接種センターで雇用されれば、「上級医師の基本給の3倍」の収入を得ることさえできる。キャンペーン開始直後から、業界のmRNAワクチンをできるだけ多くドイツ国民の皮膚に触れさせようとする政治家たちの強力なインセンティブがあった:

コロナウイルスに対するワクチン接種がドイツで始まって2カ月弱が経過した。ドイツではコロナウイルスに対するワクチン接種が2カ月弱行われている。連邦各州はそのための適切なインセンティブを作りたいと考え、現在ワクチン接種者に高い報酬を支払っている。高すぎると言う医師もいる。イエナ大学病院のミヒャエル・ヘニッシュ助手は、「週40時間勤務の場合、月給は28,000ユーロに相当し、上級医の基本給の約3倍になる」と言う。なぜそんな高額なのか?

一方、政治家たちは人々を安心させようと、予防接種の安全性の高さを強調している。SPDの首相候補であるオラフ・ショルツのように、フロイト流のスリップが意図せずとも忍び込んでくるのだ:

「5000万人が2回予防接種を受けた。5,000万人が2回予防接種を受けた。私たちは皆、それまで待っていた人たちのモルモットだったのだ。5000万人のうちの一人として言う!ぜひ参加してください」24

みんな 「モルモット」だったのに、「うまくいった」?まあ、多くのウサギがワクチン接種後にうまくいっていないのは明らかだ。そして、現在もうまくいっているウサギが、mRNAワクチンの数年後もうまくいっているかどうか、誰も真剣に予測することはできない。かつてワクチンが認可される前に5年から10年かけてテストされたのは、決して無意味なことではない。COVID-19ワクチン接種後、多くの 「ウサギ」がかなり悪い結果を出したことはすでに述べた。最新の安全性報告では、ポール・エーリック研究所(PEI)は131,671件の症例を報告している。しかし、この結果が実際にどれほど悲惨なものであるかは、過去のワクチン接種によるワクチン被害と照らし合わせて初めて明らかになる:

「過去7カ月の間に、パウエル・エーリック研究所に報告された副反応や後遺症の疑いのある症例は、コビッド19ワクチンだけでドイツで過去20年間に接種されたワクチン全体の2倍以上である。[…] 直接比較すると、驚くべき格差が明らかになる。7カ月間に9200万回接種されたコロナウイルスワクチンでは、13万件以上の副作用と後遺症の疑いが報告されている。20年間に7億5000万回接種されたワクチンでは、副作用や後遺症が疑われる報告は5万5000件以下であった」

したがって、COVID-19の接種は、過去20年間の他のすべてのワクチンを合わせたものの2倍もの被害報告を引き起こしたことになる。

編集者のフロリアン・ワーウェグが記者会見で、このひどいワクチン接種記録について厚生省の報道官に尋ねたところ、彼は非常に簡単な説明をした:

「もちろん、新しい予防接種で起こる副作用の報告には、より正確で注意深い注意が払われている。そして、副作用の非常に非常に大きな割合が、非常に軽微な、つまりリスクの低い副作用であった」26。

つまり、すべて順調なのである。誰もがCOVID-19について少し神経質になっているため、痒みや掻痒があるたびにPEIに報告される。報告手順に詳しい人なら誰でも、この説明があまりにも薄っぺらいことを知っている。報告書の記入には少なくとも30分はかかる。時には1日に何枚もの報告書が提出されることもあり、極端なケースでは数時間の収入減を意味する。しかし、PEIに報告される症例があまりにも少なく、13万件の報告はおそらく深刻な副作用の氷山の一角に過ぎないことを示唆するものが多い。

ブースター・ワクチン接種

しかし、考え直すパネルドクターが増えているだけではない。2021年夏の終わりに老人ホームで「ブースター・ワクチン接種」が始まって以来、スチャリット・バクディが緊急に警告したことが現実のものとなりつつあるようだ。2021年9月初め、ドイツのオーバーハウゼンにある老人ホームで「ブースター・ワクチン」を接種した数日後、副作用がひどくなり、90人の高齢者のうち10人が重い病気にかかった。人の患者が死にかけ、蘇生を余儀なくされた。あまりに劇的な出来事であったため、ノルトライン法定保険医協会は個人開業医全員に警告状を書かざるを得なくなり、間接的に「補助ワクチン接種」の中止を呼びかけた。『Tagesschau』紙でさえこう報じている:

「WDRが入手した内部文書によると、ノルトライン法定保険医協会の理事会は、個人開業医にこう伝えている。STIKOやEMAからの勧告を待つべきか、それとも自分の患者にとって3回目の予防接種が緊急であり、勧告がなくても実施しなければならないのか、あなた自身の医学的判断を仰ぎたい」医師は結果を導き出す。オーバーハウゼンの開業医ペーター・カウプは、この書簡のために今日、老人ホームの患者にワクチン接種をしなかった。彼はRKIの常設予防接種委員会が許可を出すまで待ちたいと考えている。3回目のワクチン接種を『接種勧告もなしに今すぐ実施するのは医学的に理解できない』と彼はWDRに語った。

ノルトライン法定保険医協会は3回目のワクチン接種に極めて慎重な姿勢を示しているが、ドイツ全土は2021年晩夏からの熱い。「ブースター」の秋に備えており、これはハロウィーンの冗談ではない。主要紙の見出しは熱狂的だ。「ブースター・オファーを全員に!」そして、「健康専門家」のカール・ラウターバッハはこう指摘する:

「コロナワクチン接種が6カ月以上前である人に感染者が出る。すべてのコロナウイルスワクチンで、6カ月を過ぎるとワクチンのブレークスルー感染のリスクが高まる。そのため、ドイツでワクチン接種を受けた多くの人々が6カ月以上経過した時点で、おそらくすぐに多くの症例が発生するだろう」28。

ドイツでは3回目のワクチン接種のリスクについて読むべきものはほとんどないが、アメリカでは国家主体によるコントロールが常に伝統となっている。責任問題に関しても、アメリカではワクチン問題はより批判的に扱われている。2021年9月17日、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、ファイザー・バイオエヌテックのCOVID-19ブースターワクチンの承認問題について、8時間にわたる公開オンライン会議29を開催した。幸いなことに、ワクチン擁護派もワクチン批判派も公聴会で意見を述べた。会議の最後に、米国食品医薬品局の専門家委員会は、16対2の圧倒的多数で、すべてのアメリカ人に対するブースター注射に反対票を投じた。委員会が合意できたのは、65歳以上と健康リスクの高い人への接種勧告だけだった。しかし、その直前、ジョー・バイデン米大統領は、すべてのアメリカ人に対する全国的な予防接種を支持する発言をしていた。主要な医薬品当局がCOVID-19ワクチン接種を批判したのは初めてのことである。この決定が成り立てば、他のすべてのワクチン製造業者に大きな影響を与える可能性がある。FDAの外部コンサルタントであるスティーブ・キルシュ氏によるプレゼンテーションでは、実際のワクチン被害を推定するモデルが提示され、特に印象的であった。キルシュは、ジェシカ・ローズとマシュー・クロフォードによる『アメリカにおけるコロナワクチンによる死亡者数の推定』という研究結果を引用し、ワクチン被害の大幅な過小評価について述べた。この研究では次のように結論している:

「VAERSデータベースとマサチューセッツ総合病院(Mass General)の研究から得られたアナフィラキシー発生率を用いて、VAERSにおける重篤な有害事象の報告率が41倍に過少であることを計算した。この推定値は、いくつかの独立した方法で検証された。これらのワクチンがコスト以上の命を救うという証拠はない。ファイザー社自身の研究によると、ワクチンによって救われた命よりも、ワクチンに付随する有害事象の方が多く、正味の利益はマイナスであった」30。

COVID-19早期治療基金のディレクターであるスティーブ・キルシュは、FDAの公聴会ではっきりとこう述べた:

「私は今日、誰も語りたがらない、部屋の中の象に焦点を当てようと思う。私たちは、ワクチンは完全に安全であると信じられてきたが、それは間違いである。例えば、ファイザー社の6カ月間の報告では、治療群では心臓発作が4倍も多かった。VAERS(Vaccine Adverse Event Reporting System)によれば、心臓発作は他のワクチンに比べて71倍も多く発生している」31。

キルシュは文書の中で、ハイデルベルク大学の主任病理学者であるペーター・シルマッハー教授らに言及している。シルマッハーは世界で最も有名な100人の病理学者の一人で、ドイツ科学アカデミーの会員であり、科学界で高い引用指数を誇っている。シルマッハー氏は、ワクチン接種後2週間以内に40人の検死を行い、そのうちの30~40%がワクチン接種が原因で死亡したと主張している。この問題のベストセラー作家であるグンター・フランク博士(『Der Staatsvirus』)は、ラジオのポッドキャスト32で、病理学的なこれらの結果は、責任ある医師なら誰でも警鐘を鳴らすべきだと説明している。医師で生化学者のヨッヘン・ツィーグラー博士は、VAERSデータベース(ワクチン有害事象報告システム)の結果を次のように要約している:

「引用された研究から、ワクチンは世界中のすべての人間集団において等しく毒性があることが証明されたようだ。したがって、ワクチン接種者100万人あたり400~800人、すなわち1250~2500人あたり1人が死亡していることになる。私は、この推定値は非常に信頼できると考えている。本当の数字を知るためにはコホート研究が必要である。いずれにせよ、毒性はこれまで予想されていたよりもはるかに高い。従来のワクチンでは、500万人接種するごとに1人が死亡すると推定されているので、SARS-CoV-2ワクチンの毒性は従来のワクチンの2,000倍から4,000倍である」33。

最後に、スティーブ・キルシュは、マディ・デ・ガレイの悲劇的なケースを用いて、実際のワクチンの被害がいかに抑制側に極端に誇張されているかをFDAに説明した。この健康な12歳の少女は、ファイザー社の承認試験に参加していたが、2回目のワクチン接種から完全に麻痺し、栄養チューブで栄養を摂らなければならなくなった。それにもかかわらず、このケースは承認試験の統計では「腹痛」という見出しで扱われている。

アメリカでもワクチン被害者の声はほとんど聞かれないため、被害を受けた人々は「No More Silence」、「C19 Vax Reactions」、「Vax Long Haulers」などのイニシアチブに参加している。例えば、ファイザー社によるワクチン接種の1週間後に2度の心臓発作を起こし死亡したフランスのソフィア・ベンハリラさん(16歳)のケースなどである。個人的には、同じくフランスの13歳のヤシーヌ34歳がファイザー社のワクチン接種の10日後に自然に失明したビデオにも衝撃を受けている。

FDAの重要な決定は、COVID-19ワクチンに対する批判的なアプローチを支持する転換点になった可能性がある。それにもかかわらず、ドイツの多くのメディアは、この出来事をブースターワクチン接種に有利に解釈し直した。欧州委員会の決定は、ブースター接種の推奨として販売され、FDAの承認がリスク群にのみ関連するものであったことは、従属条項で明らかになっただけであった。

2020年に 「予防接種の定期接種化の罠」が発生し、生涯予防接種を受けなければならなくなると警告する人は、偏執狂的な陰謀論者とみなされた。しかし、2021年11月3日の連邦記者会見で、RKIのローター・ヴィーラー会長は、「もちろん、予防効果を高めるためには、すべての人にワクチンを永久に接種しなければならない。

長期にわたる定期的な予防接種-製薬業界からすれば、これほど巧妙なビジネスモデルはないだろう。マスコミはヴィーラーに「当然だ」とさえ言う。「自明」とは、「そうだ、君はどれだけ世間知らずだったんだ?まさかSARS-CoV-2のような殺人ウイルスが、1回や2回の予防接種で打ち負かされるとは本気で思っていなかっただろう?」ということである。もしメディアがその責任を果たすのであれば、この発言の後には批判的な記事が続々と掲載されるはずだった。結局のところ、マスコミは定期的な予防接種の概念を粗雑な陰謀論だと何カ月も揶揄していたのである。しかし、ドイツ政府による他の約束破りと同様、この新情報は政府の方針に疑問を投げかけるきっかけにはならなかった。思い出してほしい。監禁中、アンゲラ・メルケルは、私たちは予防接種まで我慢すればいいと主張した。その後、予防接種を2回受けた人たちは保護され、もはや病気を伝染させることはできず、すべての自由を取り戻すだろう。アストラゼネカのようなワクチンは安全で、効果が高く、無害である。そして、ワクチンは非常に効果的であるため、ほとんどすべてのドイツ国民が自発的に予防接種を受けることになる。したがって、裏口入学によるワクチン接種の強制やワクチン未接種者への差別といった懸念は、まったく根拠のないものである。このような虚偽の主張はヘイトスピーチとして知られており、右翼ポピュリストによって行われる。そして最後に、2021年秋まで、入院したコロナウイルス患者はワクチン未接種者だけだと主張されていた。今となっては、どれも真実ではないことは明らかである。むしろ、「陰謀論者」たちが最も恐れていたことが正しかったのだ。

「リスク」の章を締めくくるにあたって、もう一度強調しておきたいのは、私の批判点は主として新しいmRNAとベクター技術に関するものだということである。冒頭ですでに述べたように、もちろん古典的なワクチン接種の可能性もある。この方が、身体自身の組織に対する自己免疫反応というリスクカスケード全体を排除できるため、忍容性が高いだろう。繰り返しになるが、体内の細胞が抗原を合成すると、それが引き金となってT細胞がこれらの体細胞を攻撃し始める。幸いなことに、死亡率がこれほど低い病気に対するワクチン接種を希望する場合、すぐに代替ワクチンが選択できるようになる。2022年、ヨーロッパでは少なくとも2種類のワクチンが認可される見込みで、古典的な「全身または不活化ワクチン」(バルネバ社「VLA2001」)か、ウイルスの一部を注射するいわゆるサブユニットワクチン(ノババックス社「NVX-CoV2373」)である。どちらの場合も抗原は直接投与されるので、健康な体細胞を操作する必要はない。これらの穏やかな方法については、すでに前著で述べた。現在では、SARS-CoV-2の感染による自然免疫の方が、はるかに効果的な抗体を産生することが一般に知られている。現在までに認可されているワクチンでは、高い抗体価を示すことは容易であるが、患者はほとんど守られていない。これは、合成された抗体が有効でないか、あるいは結合効果(ADE現象)さえないためである。この現象の原因も研究されている。自然界はコンピューターのようなバイナリーシステムではない。核酸の構成要素を単に複製するだけでは不十分なのだ。たとえこの構造が解読され、再構築されたとしても、空間の3次元目は自動的にはとらえられない。しかし、ウイルスの結合タンパク質の折り畳まれた形、いわゆる受容体結合ドメイン(RBD)の複雑な3次元モデルこそが、真に有効なワクチンを製造する鍵なのである。

この観点から、ウィーン医科大学のルドルフ・ヴァレンタ教授の講演を推薦する。現在のところ、mRNAワクチンやベクターワクチンで合成された抗体の多くは質が悪いようで、抗体価が高いにもかかわらずワクチン防御が弱いことの説明にもなっている。したがって、現在までに承認されているワクチンには次のようなことが当てはまる。しかし、本物のウイルスを用いて体内の防御力を高める機会があれば、抗体はより効果的になる。従って、新しいワクチンは、これまで認可されていたワクチンよりも耐性があり、より効果的であろう。とはいえ、ヴァルネヴァ・ワクチンには、自然医学の観点から批判したい2つのブースターが含まれていることは言及に値すると思う。水酸化アルミニウムと「CpG 1018」という添加物は、免疫反応をより強くするためのものである。特にCpG 1018というタンパク質成分には疑わしい点がある。CpG 1018は免疫細胞のレセプターに直接結合し、これらの細胞を刺激するとされている。ノヴァバックスといえども、ワクチンに副作用があるはずがないと考えるべきではあるまい。結局のところ、今回も単離されたスパイクプロテインを直接注射するのである。デザインはよりインテリジェントになっているが、これが「FFWO(fusion-from-without)」のような効果にとって最終的に何を意味するのかはまったく不明である。いずれにせよ、もし私が過去に病気をしたことがなく、中年または若年であったなら、コロナウイルスに対する確信と恐怖から新しいワクチンを選ぶことはないだろう。いずれにせよ、これまでに認可されているワクチンで、子供であってもすぐに接種するよう政治的に強制するのは無責任である。

もう一つの重要な注意点:私の説明に従えば、COVID-19がしばしば重篤な、時には致命的な疾患として進行する可能性があることは看過できない。にもかかわらず、多くの批判的な著者は、私が前著で行ったように、コロナウイルスをインフルエンザと比較している。では何が真実なのだろうか?インフルエンザか危険な病気か?

自然感染でSARS-CoV-2に感染するのと、皮下に何億回も注射されるのとでは天と地ほどの差があることに注意する必要がある。

製薬業界の真の手口は、自然感染による集団免疫のプロセスを否定し、代わりに世界的な集団ワクチン接種だけがこれを達成できると主張することだった。

しかし今、独立した研究者たちは、何兆個ものスパイクが血液側で合成される「注射型」SARS-CoV-2のリスクの方が大きい可能性があることを発見しつつある。自然感染では、完全なコロナウイルスは健康な人の粘膜関門を通過できないことが多い。このようにして感染した人の99.8%は死亡せず、軽症で済む。念のため言っておくが、製薬会社の宣伝の粉まみれになっているわけではなく、公式の調査によれば、コロナ感染の致死率は0.15〜0.25%である。RKIによれば、2020年にコロナウイルスで死亡した子どもはわずか11人35であり、そのうち8人には重い持病があった。しかし、インフルエンザの流行が悪い年には、数百人の子どもがインフルエンザで死亡する可能性がある。

pH値が良好で健康な粘膜を持ち、重篤な既往症がなく、真菌に感染しておらず、ビタミンD、K2、Cの状態が良好であれば、誰でも比較的安全にコロナウイルスに自然感染することができる。さらに、自然に獲得された抗体はその後より安定するため、再感染はまれで、経過も穏やかである。

もちろん、コロナワクチン接種後、大多数の人がすぐに死亡するわけではない。しかし、リスクグループに属さない限り、SARS-CoV-2に自然感染するリスクはワクチン接種に比べて著しく低い。

本書をここまで読んで、すでにワクチン接種を受けた方は、その率直さと勇気に敬意を表したい。おそらく以下の章は、なぜ多くの情報があなたに隠されてきたのか、そしてなぜやみくもに3本目、4本目、5本目のmRNAワクチンをしないほうがいいのか、その理由を少しは理解する助けになるだろう。

第2章 物語

ゴールドラッシュ

メッセンジャーRNA遺伝子工学が「ワクチン」として再定義されたことは、製薬業界にとって黄金時代の幕開けを告げるものだった。以前は全ウイルスワクチンの研究に数十年、鶏卵での培養に何年もかかっていたが、今日のワクチンはコンピューター上で設計でき、一種のワクチンプリンターを使って数ユーロセントで製造できる。しかし、製薬業界にはまだひとつ足りないものがあった。新しいmRNA技術とワクチン接種の新しい定義を金鉱に変えるためには、パンデミックという言葉を新しい診断ツールとともに再定義する必要があった。パンデミックの程度が、もはや病気や死亡者数だけでなく、抽象的な検査値によって決定されるようになって初めて、10億ドル規模の新たなビジネスが世界的に軌道に乗るのである。これについては前著で書いた:

このつながりをより深く理解するためには 2009年にARTEが制作した『Profiteers of Fear』というドキュメンタリー番組をお勧めする。このまじめでよく調査された映画が、ARTEのメディアライブラリーから姿を消し、インターネットからも削除されていることは重要である。にもかかわらず、この映画はさまざまなビデオプラットフォームで公開され続けている。この映画は、かつて国費で運営されていたWHOが、ビル・ゲイツや製薬会社などの民間投資家に乗っ取られていく様子を描いている。その直後、WHOはかつてのパンデミックの定義を変更した。

それまでは、WHOはパンデミックの必須条件として、数カ国で「膨大な数の死者と疾病」が発生することと考えていた。2009年5月以降、病原体がWHOの6つの地域のうち少なくとも2つの地域で急速かつ大量に蔓延した場合にのみ、パンデミックを宣言できるようになった。「相当数の死者」を要件とする一節は、製薬に強い関心を持つ専門家からなる委員会の扇動により、そのまま削除された。決定的な違いは、旧定義では、病原体によって引き起こされる実際の健康被害、つまり、世界中のどれだけの人々が病気になり死亡するかということに焦点が当てられていた。臨床的に取るに足らない感染者数、全体的に穏やかな経過をたどる感染者数で恐怖を煽ることは、そもそもありえない。(ルビコン誌『Der gekaufte Planet』ハラルド・ヴィーゼンダンガー)。

新しい定義によれば、パンデミックはPCR検査で陽性が出ればすぐに宣言できる。しかし、どんな小さなタンパク質分子でも、そのキャリアであることが病気や死亡を意味するわけではない。理論的には、冬のシーズンごとに 「新しい」ウイルスが発見され、それに対して特異的なPCR検査が開発される可能性がある。インフルエンザ・ウイルスと同様に、コロナウイルスも突然変異を起こし、季節ごとに新しいバリエーションが現れる。もちろんウイルスそのものは発明ではないし、これらのウイルスは実際に人々を、特に高齢者や多疾病の人々を病気にする。しかし、これは常にそうであった。PCR検査とWHOのパンデミック定義だけが新しい。この2つを組み合わせれば、新たな「パンデミック」を自由に宣言することができ、それは結局のところ「実験室でのパンデミック」なのである。新たなパンデミック定義の助けを借りて、何十億もの税金を製薬会社の金庫に流用することに成功した最初の試みは、いわゆる豚インフルエンザをきっかけに2009年に起こった。ある専門家たちは、自国民のために数十億ドル相当の予防接種契約を結ぶよう勧告した。この契約は、遠い将来、WHOが高いパンデミックレベルを宣言した場合にのみ適用されるものだった。このような高いパンデミックレベルは歴史的にほとんど発生したことがなく、そのためこのような事態は可能性が低く、劇的な出来事と分類されたため、各国(ドイツを含む)は契約を結んだ。その間に、WHOに対する民間投資家の影響力は著しく増大した。豚インフルエンザの場合、世界中で数百人しか死亡していないにもかかわらず、検査結果に基づいて簡単に劇的なパンデミックレベルが宣言された。一挙に、眠っていた製薬企業との国家契約は拘束力を持つようになり、耐え難い副作用のためにほとんど使えないことが判明した何百万回分もの無駄なワクチン投与が手を替え品を替え行われた。結局、各州は何百万本ものワクチンの焼却を余儀なくされ、納税者の損害は何十億にも上ったが、またしてもメディアはほとんど報道しなかった。

このスキャンダルで印象的なのは 2009年に何百万人もの人々が死ぬとされる「大流行」を警告したのと同じ警戒論者が、2020年にコロナウイルスで再び現れたことだ。当時も今も、政府の最高顧問であるクリスチャン・ドロステン教授が最前線にいる。

製薬業界が2009年に新しいビジネスモデルを導入しようとした最初の試みは、それなりに成功したに過ぎなかった。2009年には、豚インフルエンザについて批判的に報道する、バランスのとれた独立したメディアがまだ存在していた。2009年当時はまだ、新型インフルエンザについて批判的な報道をする、バランスの取れた独立したメディアが多かったのだが、現在では、さまざまな編集局における時間的・コスト的な制約もあり、独立した調査や精査という意味での真のジャーナリスティックな報道はほとんど見られなくなっている。

アルテのような大手公共放送や一部の政治雑誌でさえ、「パンデミック」の背後にある怪しげな陰謀について報じている。しかし、業界は宿題をこなし 2009年の敗戦を記憶している。その間にさらに開発されたビジネスモデルは、当初はわずか4本の柱で成り立っていた:

  • 低コストのmRNA技術
  • ワクチン接種と集団免疫の再定義
  • パンデミックという言葉の再定義
  • 新しい診断法(PCR検査)

しかし2009年以降、業界はようやく、2つの重要な戦略ツールがまだ欠けていることに気づいた。世界的な集団予防接種という新たなビジネスモデルを最終的に活用するためには、5本目と6本目の柱が必要だった:

国連、WHO、IMFのガイドラインを通じた各国議会の政治的同調

マスメディアを通じた厳格な世論管理

「かつては由緒正しいWHOが、もはや加盟国から資金援助を受けているのではなく、大部分は民間部門から資金援助を受けていることに、ほとんどの人は気づいていない。Die Zeit誌は『WHOの秘密のボスはビル・ゲイツ』という記事でこの問題を取り上げている。この記事は、ARTEが制作した90分のドキュメンタリー『Die WHO – Im Griff der Lobbyisten?」

最も重要な世界保健機関であるWHOは問題を抱えている。その結果、WHOは独立性を失っているのだろうか?[とはいえ、この映画をエキサイティングなものにしているのは、企業とWHOのもつれである。例えば、グローバルヘルス分野の第一人者であるデビッド・マッコイの発言:WHOのアジェンダは、ビル・ゲイツをはじめとする民間ドナーによって決定されつつある。ビル&メリンダ・ゲイツ財団がジュネーブに毎年数百万ドルを送るのをやめれば、WHOは崩壊するかもしれない。億万長者は、それに応じてプログラムの内容にも大きな影響力を持っている。財団の広報担当者は、この映画への影響を否定している。しかし、事実上、この映画が示すように、WHOとゲイツ財団の人事には重複がある。そしてWHOは、ビル・ゲイツが望むこと、例えばワクチン接種に、際立って強く焦点を当てている。(Time、「WHOの秘密のボスはビル・ゲイツと呼ばれている」、Jakob Simmank、2017/04/04)「37

同期化

製薬業界の新しいアジェンダを世界的に実施するためには、統一されたメディアの意見と、各国の疫病対策の政治的同調の両方が不可欠だった。メディアに関しては、圧倒的な危険性という物語と、安全上の理由から矮小化された「偽情報」は厳格に抑圧されるべきだという信頼できるアピールを組み合わせる必要があった。このようにして、反対する科学的立場を組織的に信用を失墜させ、危険な部外者の立場として仕立て上げることができた。

科学的言説を迅速かつ極めて効果的に狭めるための戦略的手段は、「誤った情報に対する防衛」と呼ばれ、パンデミック防衛の主要な柱として、2019年10月18日のイベント201 38で初めて実施された。政界、大手ハイテク企業、大手製薬会社の著名な代表者が201イベントに集まり、コロナウイルスのパンデミック発生のわずか数週間前に、武漢で始まった架空のパンデミックに対する防御を実践した……このイベントは、ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターが、世界経済フォーラムとビル&メリンダ・ゲイツ財団と緊密に連携して開催したもので、世界最大の予防接種カルテルであるGAVIワクチン同盟を設立した。この出来事を201年に報じた雑誌『シュピーゲル』39にとって、この驚くべき偶然の一致は単なる偶然であり、数週間後に始まったコロナウイルスのパンデミックとは何の因果関係もないのだろう。もちろん、この評価と『シュピーゲル』誌がビル&メリンダ・ゲイツ財団から3年間で76万ユーロを受け取った事実との間にも因果関係はないのだろう。

大手製薬会社とは別に、技術志向の世界的プレーヤーたちのネットワークが、「グレート・リセット」40という見出しのもと、ビル&メリンダ・ゲイツ財団と緊密に協力しながらWEFの周辺に形成されつつあり、世界秩序の抜本的な再構築を求めるキャンペーンを展開している。ドイツ政府とこのネットワークの代表者との密接なつながりは際立っている。コロナ危機のほとんどすべての主人公と同様、イェンス・シュパーンは、「グレート・リセット」の支援者クラウス・シュワブの指導の下、エリートフォーラム「ヤング・グローバル・リーダーズ」の支援を受けていた。このように世界の経済力の中心である世界経済フォーラムと密接なつながりがある背景については、前著に書いた。

中国とイタリアの映像の印象の下で、恐怖のフレームは非常に効果的で、「誤情報に対する防衛」という新しい戦略手段が完璧に機能した。今回、マスメディアはこれに踊らされた。最終章で説明するように、私はコミュニケーション科学者のマイケル・メイエン教授と同じ結論に達した。ほとんどのジャーナリストは、寡頭政治的でグローバルな勢力がいかに効果的に超国家的組織の思惑に影響を及ぼしているかを想像することができなかったし、想像しようともしなかった。私はこのことについて前著で書いた:

「最も制限的なコロナ対策が市民に受け入れられたのは、主に複数の政府が同時に採用したからである。世界的に統一された行動構造は、コロナが恐ろしい殺人ウイルスに違いないと人々に確信させた。このいわゆる「ロックステップ手順」が事前に合意され、何年も実践されてきたとは誰も思いもしなかった。しかし、国連の戦略文書『共有された責任、グローバルな連帯-COVID-19の社会経済的影響への対処』でさえ、グローバルなロックステップだけが成功を保証するものだと説明している。この危機は、私たち全員に難しい決断を迫っている。しかし、もし私たちがこれらの決断を共に下せば、説明しやすく、耐えやすくなるだろう。政府が協調して行動すれば、国民はその措置を信頼し、厳しい要求に従うだろう」41。

国連の2020年における「協調行動」戦略には歴史がある。2010年、ロックフェラー財団はグローバル・ビジネス・ネットワーク(GBN)と共同で、今日の視点から見ると信じられないほど先見の明のあるパンデミック研究を開始した。米国の未来学者ピーター・シュワルツの協力を得て、ウイルスパンデミックに世界がどう対応すべきかについて4つのシナリオが作成された。実際、2010年に作成された架空のシナリオは、2020年に現実に起こるパンデミックの説明のように読める:

アメリカは当初、市民の飛行機搭乗を 「強く控える」という政策をとっていたが、その甘さが命取りになり、アメリカ国内だけでなく国境を越えてウイルスの蔓延を加速させた。しかし、いくつかの国-特に中国-はうまくいった。中国政府は、全国民を対象とした強制検疫を迅速に実施し、すべての国境を即座にほぼ完全に封鎖したことで、数百万人の命を救い、他国よりもはるかに早くウイルスの蔓延を食い止め、パンデミック後の回復を早めることができた。自国民を危険や暴露から守るために極端な措置をとったのは中国政府だけではない。パンデミックの間、世界中の国の指導者たちが緊急時の権限を行使し、フェイスマスクの着用義務から、鉄道駅やスーパーマーケットなどの公共施設の入り口での体温チェックまで、厳しい規則や制限を課した」42。

コロナウイルス危機が発生した直後から封鎖措置が実際に実施されたため、市民はその措置を信頼しただけでなく、激しく要求した。スチャリット・バクディ教授やヴォルフガング・ウォダルグ博士のように、中国の街頭で死んでいる人やイタリアで夜間に搬送される死体のテレビ映像とともに、「殺人伝染病」について初歩的な科学的意見さえ表明した者は、無責任な変人であったに違いない。

この際、まだ科学的にさまざまな意見があったパンデミックの初期を思い出してほしい。コロナウイルスが、「殺人ウイルス」であるという危険性も、マスクを着用するという感覚も確立されていなかったし、ましてや私たちを救うことになる集団予防接種が実施されるまでの間、戸締りの必要性も認識されていなかった。要するに、パンデミックは正しいアプローチについて専門家の間で公開討論が行われるところから始まったのである。

簡単に言えば、コロナウイルスの死亡率の低さを考慮し、自然感染による集団予防接種を公然と主張する古典的な集団免疫理論の一派が存在したということである。これに対し、ワクチン接種と封鎖を推進する一派は、状況を誇張し、中国式のアプローチを推奨した。集団免疫と集団予防接種という戦略上重要な問題について、業界はパンデミックのかなり前から下調べをしていた。実験結果に基づき、大部分が民間資金で運営されているWHOを通じて将来のパンデミックを宣言することが可能になっただけでなく、集団免疫の概念の再定義も行われた。この再定義が行われるまでは、大勢の人々が免疫を獲得することは自然な過程であると考えられていた。WHOの法令にわずかではあるが決定的な介入がなされた後、自然からの贈り物は製薬産業からの贈り物となった:

「一方、予防接種産業の影響力は、基本的な免疫学の知識を、予防接種のアジェンダに有利になるように書き換えるまでに至った。アメリカ経済研究所のジェフリー・A・タッカー所長は、特に集団免疫の自然効果が信用されなくなってきていると指摘する」

WHOの「集団免疫」の定義は古い:

群衆免疫とは、ある集団がワクチン接種または事前の感染によって免疫を獲得することにより、間接的に感染症から身を守ることである。つまり、感染していない人、あるいは感染しても免疫反応が起きない人であっても、周囲の免疫のある人が感染者との間の緩衝材として働くことができるため、保護されるということである。COVID-19の集団免疫の閾値はまだわかっていない。

WHOの「集団免疫」の定義は新しい:

群衆免疫とは、「集団免疫」とも呼ばれ、ワクチン接種で用いられる概念で、ワクチン接種の閾値に達した場合、集団が特定のウイルスから保護されるというものである。集団免疫は、集団がウイルスに暴露されることによってではなく、集団がウイルスから保護されることによって達成される。

ジェフリー・A・タッカーのコメント

世界保健機関(WHO)のこのメモは、病原体とのデリケートなダンスにおける何百万年もの人類の歴史をキャンセルする効果があった。このことから、私たちは皆、製薬業界がサインを入れる白紙で修正不可能なスレートに過ぎないと結論づけるしかない」43。

とはいえ、コロナの物語がもっぱら欧米の製薬業界による大儲けのための不実な計画であるという信念は、的外れにもほどがある。地政学的な利害はもはや国家間で争われるものではない。コロナウイルスが流行する前、西側諸国がパンデミック対策に封鎖措置をとったことはなかった。中国とビル・ゲイツがWHOの主要な資金援助者となる前は、このような措置は逆効果とさえ考えられていた。中国共産党の習近平総書記が、中国の超強硬な対策でコロナウイルスを制圧する方法を世界に「証明」して初めて、西側諸国でもロックダウンと集団予防接種が第一の選択肢となったのだ。中国がいかにパンデミックをコントロールしたかという、ほとんどキッチュで誇張されたメディアの演出は、感染者数の驚異的な減少と相まって、西側の意思決定者の誰もが疑念を抱くはずだった。しかし、実際はその逆だった。少なくとも西側の主要メディアが中国の大成功を称賛したため、西側の政治家たちも中国と同じようにするよう圧力を受けた。

当初は正しい戦略をめぐって賛否両論が交わされたが、遅くともベルガモの後、科学的多数決に終止符が打たれた。現実には、中国はイタリアの出来事の解釈の形成に決定的な役割を果たした。一方では、中国はロックダウンを超える科学的見解を無責任なものとして割り引いた。第二に、中国は即座に専門家チームを編成し、現地の状況を把握し、「手助け」をした。要するに、中国のアプローチ–封鎖、厳重な監視、集団予防接種–は、イタリア以降、西側諸国に完全に受け入れられたのである。

今にして思えば、ドイツ政府のアドバイザリースタッフも同じロードマップを好んでいたことがよくわかる。

クリスチャン・シュラッペ教授のような、中国とも製薬業界とも親しくない著名な科学者たちは、2020年、明らかにあらゆる科学的基準を嘲笑うようなパンデミックに関するデータの少なさに苛立ちを表明した。元マールブルグ大学病院長、元ヴィッテン/ヘルデッケ大学医学部長、元フランクフルト大学病院監督委員会首席代表であるシュラッペのような著名人がコロナウイルス政策に批判を表明するときは、注意深く耳を傾けるべきである。シュラッペ氏は以前、ドイツの政治家たちに長年にわたって様々な重要な委員会で助言してきたが、ZDFのインタビューで、「感染者」について収集されたデータは「印刷された紙ほどの価値はない」と述べた。

多くの矛盾や矛盾があるにもかかわらず、歴史的に前例のない自由への制限が、PCR検査と罹患率に基づく非常に議論の余地のあるデータに基づいて決定された。前著の中で、私は2020年の政府の方針に批判的で、同じ年に組織的に信用を失った著名な科学者の長いリストを引用した。研究者の前評判がいかに高くても、自然集団免疫の擁護者や実験的ワクチンの批判者は、政府寄りのメディアによって「非科学的」、「時代遅れ」、「無責任」のように描かれた。スチャリット・バクディ教授やヴォルフガング・ヴォダルグ博士のように、その後も公表する勇気のある人たちは、メディアで「コビディオット」や「ラテラル・シンカー」の陣営にいることがわかった。

同じ現象は他の国でも見られた。危機の初期には、どの国にもまだ「ドロステンス」と「ヴォダルグ」がいた。しかし、両派閥が公になったのは、パンデミックの初期という短い期間だけであった。その後、科学的な言説は常にワクチン接種賛成派と強硬派に支配された。ドイツ政府は危機の初期段階において、バランスの取れた諮問委員会に関心を示さなかったのではないかという疑念が生じる。

パンデミック(世界的大流行)が始まった2020年当時、幅広い分野の多くの科学者たちが、諮問委員会の偏りについて様々な意見書を政府に提出し、啓蒙を試みていた。厳密な封鎖とワクチン接種の勧告を超えて視野を広げることは、根本的に望ましくないということがようやく認識されるまでには、何カ月もかかった。さらに、『Die Welt』誌がさまざまな記事で明らかにしているように44、ドイツ政府はパンデミックの状況を人為的に演出するために、科学的な専門知識を積極的に求めさえしたのである。

診断ツールとしてのPCR

コロナウイルスの危機がこのような形で存在することがなかったら、この産業の中心的な戦略的支柱は、「感染者」を特定するためのまったく新しい方法、有名な「PCR検査」である。あるいは、オーストリアの保健・食品安全局(ドイツのローター・ヴィーラーに相当)のトップであるフランツ・アラーベルガー教授が言うように、「PCR検査がなければ、誰もパンデミックに気づかなかっただろう」

パンデミックの初期にメディアがウイルス感染の100%の証拠として扱ったものも、今では既存メディアによっておとなしく相対化されている。PCR検査陽性者」が必ずしも感染力があるとは限らず、ウイルスやその粒子をエアロゾルで放出するとは限らないこと、そして最も重要なことは、実際に発病しているのはごく少数であることは、今や常識となっている。

豚インフルエンザは、製薬業界に、長期的には、世界的大流行を繰り返し宣言するためには、発病者や死亡者に関する生のデータから離れる必要があることを教えた。2009年の死者は数千人にすぎず、メディアはすぐに集団予防接種の意味を疑問視した。あらゆる予防接種キャンペーンにつきものの「恐怖を煽る」操作的手法は、今や検査結果を大々的に可視化することにある。

2020年1月21日のWEF会議初日に、ニューヨーク・タイムズ紙だけで5つのコロナウイルス記事が掲載された。そのわずか1日後、ジョンズ・ホプキンス大学のCOVID-19ダッシュボードが完成した。このダッシュボードは、この危機を象徴する視覚的な磁石である。数ヶ月間、世界中の人々が「症例数」の真っ赤な丸が日に日に太くなっていくのを見ていた。偶然にも、この危機の2カ月前、大学付属の「健康安全保障センター」は「イベント201」で同じツールをテストしていた。すべての危機管理ツールが利用可能であったスピードと正確さには感心させられる45。

ジョンズ・ホプキンス大学の赤い丸から始まったことは、すぐにマスメディアに引き継がれた。怯えた市民は毎晩、赤や濃い赤で彩られた連邦国家や、劇的なパンデミックの状況を疑う余地のない真っ赤な棒グラフを見つめた。しかし、コロナの恐ろしいところは、パンデミックが決して業界の想像の産物ではなく、ウイルスが現実に存在し、多くの人々が実際に亡くなっているということだ。その結果、現実のデータと捏造されたデータが混在し、素人には理解できないものとなっている。高齢者という人口集団の中で数年おきに起こる周期的な自然現象が、PCR検査によって一般大衆の注目を集め、「医学史上の特異な出来事」として悪用され、売られているのだ。PCR検査によって、死亡した高齢者や多疾病患者は、コロナウイルスの犠牲者として統計的に再認識される。

パンデミックに対する恐怖の枠組みの中では、コロナによる死亡者の平均年齢が平均寿命と同じ83歳であることに誰も気づこうとしない。全年齢層で計算した平均死亡率は、ドイツではわずか0.2%で、100万人当たりである。

コロナウイルスの危機を理解しようとする者は、この記憶に残るパンデミックがどのようにして検出されたのか、つまりPCR検査がどのように機能するのか、という基本的なことを少しは知っておくべきである。PCR検査の意義は、重要な 「CT値」に大きく依存する。この値を正確に理解しなければ、PCR検査の機能は謎のままであり、「ニューノーマル」論の根拠を理解することはできない。

SARS-CoV-2、COVID-19、PCR、CTといった用語が、パンデミックから1年半経った今でも同義に使われたり、混同されたり、創造的に解釈されたりしているという事実は、普通の市民にとってさえ、極めて無知なことである。しかし、政治指導者、特に1945年以来最悪の危機をドイツを有能に導いたと主張するドイツ首相にとっては、これはスキャンダラスなことである。

PCR検査のビジネスモデルとそれに続くワクチン接種計画は、ドイツ国民全員に根本的な影響を及ぼすのだから、PCR検査がどのように機能するのかを理解するために数分を割いても損はないだろう。PCR法はコロナウイルス対策を正当化する上で非常に重要であるため、私は『自由の喪失について』の中でこの話題に別の章を割いている。ここでは、主要な問題に触れることができるだけ:

「PCR検査はウイルスの短いRNA配列の最も小さな断片に反応する。しかし、PCR法はDNA(デオキシリボ核酸)にしか反応しない。しかし、コロナウイルスの遺伝物質はRNA(リボ核酸)であるため、検査の前に物質を「転写」しなければならない。まず、サンプル中のすべての生物学的物質(細胞やウイルス)を一種の酸で破壊する。この「溶解」はタンパク質のエンベロープを溶かし、物質を基本的な成分に分解する。放出されたウイルスのRNA断片は、逆転写酵素を使ってDNA断片に転写される。あらかじめ注意しておく必要がある: 溶菌処理によって、綿棒に感染性の完全なウイルスが含まれていたのか、すでに破壊されたウイルスの残骸から構成されているのか、あるいは関連するウイルスの断片が含まれているのかさえもわからなくなる。実際の検査は溶菌後に開始される。正常な細胞分裂のたびにDNA遺伝物質は展開し、いわゆる二重らせんは真ん中でジッパーのように分離する。各鎖のヌクレオチドは決められたペアリング(C対G、G対C、A対T、T対A)に従ってのみ互いに結合することができるため、ジップの両側の欠けた鎖が酵素ポリメラーゼによって複製される。ポリメラーゼ連鎖反応では、遺伝物質の断片を90℃以上に加熱して2本の鎖に分離することで、このプロセスをシミュレートする。酵素ポリメラーゼをサンプルに加え、材料となる遊離ヌクレオチドが十分にあれば、温度を再び下げると新たなペアリングが生じる。DNA鎖(または転写されたRNA鎖)が加熱され、分割され、複製される、いわゆる「増幅サイクル」である。数学的には、このプロセスは逆ホメオパシーを彷彿とさせる:(…)したがって、PCR検査は、ごくわずかなRNA物質を1兆倍に増幅できる巨大な「コピー&ペースト」増幅装置なのである。この増幅が必要なのは、材料が光学的、化学的な呈色反応によって検出されるからであり、材料が少なすぎるとうまくいかない。仮に鼻腔ぬぐい液にコロナウイルスが10個しか付着していなかったとすると、これほど少量では患者を病気にすることはあり得ない。もちろん、PCR法はウイルス全体を複製するのではなく、ウイルスの遺伝物質から微小な分子を増幅するだけである。その結果は、あたかもウイルス全体であるかのように外挿されるだけである。

しかし、PCR検査の重要性は、増幅サイクルの回数、すなわち試料を増幅するために加熱・冷却した回数によって決まる。決定されるウイルス遺伝物質の塩基配列、すなわちDNAの小さな断片は、その過程で指数関数的に増殖するため、わずか数サイクルの後には、数十億、数兆、四兆という素晴らしい領域に達する:

「出来上がったDNAを直接見ることはできないが、蛍光色素でその強度を測定する。出来上がったDNAを直接見ることはできないが、蛍光色素を使ってその強度を測定する。サンプル中のDNAは各ステップで2倍になり、その増加は指数関数的である。1つの遺伝子セグメントからスタートした場合、1サイクル後にはすでに2つの遺伝子セグメントがあり、各サイクルでさらに倍増が行われるため、2つの遺伝子セグメントがあることになる:」

  • 10サイクル = 1024 = 約1000
  • 20サイクル=1,048,576=約100万個
  • 30サイクル=1,073,741,824=約10億
  • 35サイクル=34,359,738,368
  • 40サイクル=1,099,511,627,776=約1兆個
  • 45サイクル=35,184,372,088,832
  • 50サイクル=1,125,899,906,842,624=約1兆

重要な問題は、いつ止めるかである。

PCR検査陽性の信頼性、したがっていわゆるウイルス量の問題は、増幅サイクルの実行回数とともに急速に低下する。この検査回数は有名な 「CT値」である。残念なことに、この問題は、検査装置が十分に作動していないサイクルの下限値も存在するという事実によって複雑になっている。たった5サイクルや10サイクルでは、問題の粒子を検出するには少なすぎるかもしれない。20から30の増幅サイクルが信頼できると考えられるが、CT値が高くなると残念ながら偽陽性は90%まで増加する。残念なことに、パンデミックが始まった直後、コロナに対する最初のPCR検査開発者であるクリスチャン・ドロステンが世界的に推奨していた。コロナウイルスがもたらす大きな危険性を考慮すると、40回以上の検査サイクルが安全側であろう。拙著の中で、リンブルク・オッフェンハイムに本社を置くPCR検査メーカーBiovis’ Diagnostik社のパンフレット『SARS-CoV-2-Diagnostics』から引用する:

しかし、SARS-CoV-2検出の感度を上げ、初期の感染でわずかなウイルス量でも検出できるようにするために、増幅サイクルの数を40に増やすことが推奨された(Christian DrostenとOlfert Landtの 「Workflow」)。これはこの方法の検出限界に達し、感度の向上は特異性を犠牲にすることになる。CT値が35を超える疑わしい陽性SARS-CoV-2 PCR検査は珍しくないので、常にチェックすべきである。

要約すると CT値は 「病気の経過の中で上下するものではない」(Merkelからの引用)。サーモサイクラーが30サイクルプログラムされている場合、サンプルのCT値は30である。 一方、数え切れないほどの研究、裁判、政府が、PCR検査の大部分は、CT値が35以上、あるいは40以上で実施され、最大90%の偽陽性が得られたことを認めざるを得なかった。2021年1月20日、WHOもこの点についてコメントした。WHO Information Notice for IVD Users 2020/05, Nucleic acid testing (NAT) technologies that use polymerase chain reaction (PCR) for detection of SARS-CoV-2 ”という文書の中で、高いCT値を持つPCR検査はコロナウイルス感染の検出には適さないことが公式に確認された。

「PCR検査に終止符を打つ最初の国はポルトガルである。リスボン控訴裁判所は、PCR検査に基づく4人のポルトガル国民の隔離を違法とした:」

これらの研究から明らかになったことは単純である。PCR検査の信頼性は、最初から増幅サイクルの閾値に依存しており、25サイクルまでは信頼性は約70%、30サイクルになると信頼性は20%、35サイクルになると信頼性は3%となる。[中略)このことは、PCR検査が35サイクル以上の閾値で陽性となった場合(欧米のほとんどの検査室でそうである)、感染の確率は3%未満であることを意味する。偽陽性の確率は97%以上である。[Salto.bz、『PCR検査は信頼できない』、19/11/2020]49

要するに、パンデミックの1年半後に基本的な知識として知っておくべきことは、PCR検査はウイルスの最小限の部分断片しか検出しないということである。PCR検査は、ウイルス全体を培養して検出する本物の病原体検出とは何の関係もない。したがって、RKIのホームページにある市民向けの説明文はまったく理解できない。法的規制に従って回復したとみなされるのは誰かという質問に関して、RKIの答えは驚くべきもの:

「SARS-CoV-2感染が確認され、6カ月以内に発症した者。過去に感染が確認されたことの証明は、感染時の直接病原体検出(PCR)によって提供されなければならない」50。

PCR検査による病原体の直接検出?これが無能なケースなのか、意図的に国民を欺いたケースなのかは、読者の想像にお任せする。パンデミックの1年半後、PCR検査による「病原体の直接検出」をまだ言っているのは、意図的な欺瞞だと私は思う。現実には、いわゆるコロナの症例数の大部分は、CT値の高いPCR検査に基づくものであり、ニュースで流行のきれいな赤い棒グラフとともに、忘れてしまっても差し支えないだろう。

中途半端な知識

産業界とそのアドバイザーは、政治的な意思決定者がパンデミックの背景にある診断学を本当に理解できるよう、あまり努力していないことは明らかである。AfDのセバスチャン・ミュンツェンマイヤー議員は、デュイスブルク大学とエッセン大学によるPCR法の最近の研究結果を首相に突きつけた。それ以前の多くの国際的な研究と同様、ドイツの研究でもPCR検査は「感染者」の特定にはあまり適していないことが改めて判明した。ミュンゼンマイヤー議員は、この信頼性の低さを考慮して、さらなる「保護措置」をどの程度正当化できるのかと首相に質問した。メルケル首相はまず、このテーマに関する良い答えはすべてクリスチャン・ドロステンがすでに述べていると指摘する。ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センター、世界経済フォーラム、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団のトライアングルですでにコンセンサスとなっていることを一言一句繰り返すのだ。しかし、最後にメルケル首相は、「SARS-CoV-19」がどういうものなのか、自分が無知だと信じているAfD党員に自ら説明した:

「病人のPCR値を見ると、上昇し、ピークを過ぎるとまた下降する。つまり、もし毎日PCR検査を行ったとしたら、病気の経過の中で常に一定の進行曲線を描くことになり、25を下回る部分と25を上回る部分があり、感染力が強い時もあれば、全く感染力がなくなる時もある。(中略)しかしPCR検査では、その人がこの病気にかかっているかどうかを100%調べることができるが、その人がPCR値の上昇枝にいるか下降枝にいるかはわからない(中略)」

理事長のやや混乱した最初の答えは、おそらく「残念な表現」に分類されたかもしれない。しかし、ミュンゼンマイヤーは的確な質問をする代わりに、もっと一般的な用語で定式化することで、理事長の質問をはぐらかしたのである。しかし、今度はメルケル首相が、まったく不必要に、本当に巻き返しを図った。メルケル首相は、コロナウイルスの問題をもう一度詳しく説明し、中途半端な知識を露呈した:

「あなたが言ったことを整理してみる。PCR検査が陽性であれば、その人はSARS-CoV-19に感染している。 次に、PCR検査にはCT値というものがあり、時間によって濃度が変わる。このCT値は25以上にも25以下にもなる。もし25以上であれば、その人は感染している。25以下であれば感染していない。しかし、病気の経過のどの時点でこの測定を行うかは分からないので、明日のCT値が高いか低いかで、明日も感染しているかどうかが決まる。つまり、原理的には、PCR検査は常に誰かが病気であるかどうかの優れた指標となる。CTの時間経過を見れば、感染しやすい時期とそうでない時期もわかる」

「SARS-CoV-19」は存在しない。PCR検査は陽性か陰性かのどちらかである。PCR検査は陽性か陰性かのどちらかである。また、CT値は血液中の「濃度」を表すものではない。もちろん、「CTの時間的経過」も存在しないし、病気の経過中に値がダイナミックに 「上昇したり下降したり」することもない。また、ウイルス量、すなわち感染リスクに関しても、CT値が高い人ほど感染力が弱くなるという首相の説明とは状況が正反対である。要するに、メルケル首相は自分が何を言っているのか漠然としかわかっていないのだ。

主要メディアでは、メルケル首相の発言漏れは「舌足らず」や「誤解」として片付けられる。ARDは、メルケル首相の失言を正反対に扱った。2021年6月23日付の『Tagesschau』では、「質問する議員の知識の欠落を一貫して明らかにした」のは突然メルケル首相だった。明らかに失敗しているにもかかわらず、政治指導者に妥協を許さないこのような賛辞は、ドイツ民主共和国の『Aktuelle Kamera』を強く彷彿とさせる。しかし、このような創造的ともいえる真実の扱いは驚くにはあたらない。結局のところ、ARDは1年半かけて、コロナウイルス危機に関する指令を出したメルケル首相の権威を称賛していたのだ。博士号を持つ慎重な科学者を国のトップに据えたことは、ドイツにとって幸運だった。閣僚会議の議長は 「科学的専門知識」を持っているため、パンデミックの複雑な背景をよりよく理解することができ、賢明な先見の明をもって専門家の勧告に従うことができる。この解釈のもとで、首相はドイツの厳しくも賢い守護天使として作り上げられた。コロナウイルスの大きな危険性と首相の高度な専門知識を考慮し、大多数のドイツ国民は、最も苦痛を伴う自由の制限を文句も言わずに容認した。

殺人者とミュータント

当初から、コロナウイルスの物語は4つの基本的立場に基づいており、それに対する疑問は厳しく制裁されている:

メディア化された中央は、社会の記憶の中に 「殺人ウイルス」を置き、4つの 「基本的な物語要素」を持つ 「物語」(おとぎ話とも言える)を作った: 第一に、「ユニークな例外的状況」(他のウイルスとは比較できない「致命的な病原体」)、第二に、解毒剤としての「接触の完全禁止」、第三に、1と2を遠慮なく信じないすべての人々への中傷(「連帯感の欠如、皮肉屋、不道徳」)、第四に、「危機を脱する唯一の方法」としてのワクチン接種である。 51

前著の「無防備にさらされた」の章では、ウイルスが特別に危険だったわけでも、国民が無防備にウイルスにさらされたわけでもないことを示した。ワクチン接種がなくても、コロナウイルスは季節性インフルエンザの一部であったため、多くの人が高いレベルの交差免疫を持っている。もしすべての自治体の研究所に、ウイルスゲノムの一部分を迅速かつ安価に検出できるサーマルサイクラーがあれば、コロナウイルスの警戒論はもっと早く始まっていたかもしれない。産業界が提示した解決策の論理は、3つの要素に基づいている:

  • 1.新しい、他に類を見ない危険なウイルスが存在する。
  • 2.誰もそれに対する天然の抗体を持っていない。
  • 3.人工抗体によるワクチン接種だけが救いとなる。

しかし、ビジネスモデルという観点から見ると、この物語は魅力的でない自己限定を持つ。というのも、全員が予防接種を受けた時点でビジネスは終了してしまうからだ。第一に、このシナリオではワクチンは一度しか接種できない。第二に、コロナウイルスの予防接種はインフルエンザの予防接種と同じように効果がないことが比較的早く明らかになる。したがって、タイミングがすべてである。最初のワクチン接種のゲートを素早く通過させることができなければ、遅かれ早かれ誰もがワクチンが効かないことに気づくだろう。これは物事の本質であり、インフルエンザワクチンのようなものだ。ワクチンが製造され、配布される頃には、元のウイルスはとっくになくなっている。したがって、必要性を美徳とし、突然変異を物語に組み込むことは論理的であり、ほとんど必須である。しかし、繰り返しになるが、このフレーミングの第4の要素の成功は、その特殊性の演出によって左右される。インフルエンザ・ウイルスについて子供なら誰でも知っている極めて平凡な事実が、コロナによってセンセーションを巻き起こす!研究者はこの怪物をB1.1.7と呼んでいる!ヨーロッパは息をのんだ…EUはイギリスへのフライトをすべてキャンセルした…ある時点で、B1.1.7は来た時と同じように静かに姿を消した。この怪物は、入院患者数も実際の超過死亡率も増加させることができなかった。WHOでは、「B.1.1.7」は正式には「アルファ」と呼ばれていた。その後、「ベータ」(B.1.351南アフリカ)、「ガンマ」(B.1.1.28.1ブラジル)、「デルタ」(B.1.617.2インド)、「エータ」(B.1. .525、数カ国)、Jota(B.1.526 米国)、Kappa(B.1.617.1 インド)、Lambda(B.1.1.37 ペルー)、My(B.1.621 コロンビア)、 Epsilon(B.1 .427アメリカ)、ゼータ(B.1.1.28.2ブラジル)、シータ(B.1.1.28.3フィリピン)52.めちゃくちゃ怖い……コロナが驚くべきスピードで変異している印象を受ける。

「このようなウイルスが実際に出現した場合、現在のワクチンではもはや十分な予防効果が得られないことが証明されている。しかし、ファイザー社によれば、新しいワクチンの開発は、ウイルスがまったく新しいものであったパンデミックの初期よりも格段に早くなるという。ワクチンの改良版を作るのに3カ月はかかるだろう、とブルラは概説する。私たちは、懸念される亜種を特定してから95日以内に、それに対してカスタマイズしたワクチンを開発できるプロセスを開発しました」と製薬会社のボスは発表した。

ほっとした!新しいワクチンが使えるようになるまで、あと95日しかない!必要であれば、この期間も封鎖して過ごすことができる.

「世界のワクチン接種をゼロからやり直す」のか?確かに、世界最大級の製薬会社のトップが言うのだから、暗い話ではない。そして、ビル・ゲイツが疑っていたかのように、最大の予防接種帝国(GAVIワクチン同盟)の創設者は、コロナウイルスは、今後数年間で、「さらに迅速かつ効果的に支援する」ために、新しい流通経路と世界各国にある巨大なワクチン工場によるグローバル・ロジスティクスを確立することが主な役割になると当初から語っていた。

しかし実際には、武漢以来、12種類どころか何千種類ものウイルス株が新たに変異している。WHOが発表している劇的な変異は、その不可解な略称も含めて、実際の新変異の最小限の抜粋に過ぎない。これらはいわば、「スター」であり、業界によって戦略的理由から脚光を浴びている:

「科学者の主導で作成されたインフルエンザとSARS-CoV-2ウイルスのグローバルゲノムデータベースの一つであるGISAIDデータベースによると、SARS-CoV-2は武漢以来数回変化している。次の見開き2ページでは、世界中で発見された「オリジナル」の武漢SARS-CoV-2の変異体が、クレードにしたがって月ごとに輪になった円形の図形の中に、次々と、あるいは同時に色分けされて配置されている。中央の武漢ウイルスから外側に向かって、何千もの変異が絶えず変化し、変異しているのがわかる。これらのウイルスは塩基配列が決定されており、分子レベルで正確に比較することができる。中央の「武漢ウイルス」の4000以上の変異型が1年以内に報告されている。例えば、2018年12月24日に北海のフーズムでSARSウイルスがすでに検索され、発見されていたら、分類学はどうなっていただろうか?もちろん、2020年以前にそこでSARSウイルスを探していた人はほとんどいないだろう。しかし、もしそうであったなら、2019年12月24日に武漢の亜型がフーズムの支店の1つに現れただろうか?起源について語る人は、自分がどこから考え始めたかを示しているにすぎない」54。

ヴォルフガング・ウォダルグがその著書『偽りのパンデミック』で述べていることは、ウイルスと人類の実際の共存を全体的に理解する上で中心的な重要性を持つ。ウイルス、いや、いわゆるビロームとは、常に進化している何千ものウイルス株によって、人間の生体が必要かつ恒常的にコロニー化されていることを示すものである。「外敵」と「自分の体細胞」を区別する古い機械論的な考え方だけが、「ウイルスとの闘い」につながる。ホリスティックな医師にとって、この世界モデルはグロテスクであり、とっくに時代遅れである。西洋社会の深い意味の危機と根こそぎは、さまざまな「防衛戦」の内的心理的投影を生み出した。パンデミックや気候変動に対するヒステリックなアプローチは、深く不安な世代の症状にすぎない。現代人はもはや、全体性や創造の一部を感じていない。新しい感受性の助けを借りて、私たちは全体像を完全に見失った断片の中に、ますます深く入り込んでいる。今日では、ウイルスのゲノムを核酸塩基のひとつひとつまで読み取ることができる。以前は大まかな推測にすぎなかったものが、今では並列し、比較し、データベースに収集することができる!またしても、敵は戦略を変えたのだ!おそらく、核となる塩基配列のあれこれが、今回は特に危険なのだろう!全体像への信頼がない深い断片化は、人間の心にとって常に恐ろしいものだ。そして、その恐怖があまりにも大きくなったとき、戦争に行かなければならなくなる:

ユヴァル・ハラリによれば、「脅威となる85万個のウイルス」との戦いにおいて、人類は2つの選択肢に直面している。このような管理がデジタル時代にどれほど広範囲に及ぶかを理解している人はほとんどいない。

カール・ラウターバッハが警鐘を鳴らしたことがあるとすれば、それは集団予防接種がウイルス株の変異圧を法外に高めるということである。人々が何を考え出そうとも、全人的なアートワークである。「ウイルス」はどのような場合でも生き残る。この事実にもかかわらず、連邦政府のアドバイザーは「コロナ変異」に対する第3、第4の「ブースター・ワクチン」を提案している。明白な事実が、これ以上議論することなく覆されようとしているのだ: コロナの数が再び増えているのは、有毒なワクチン接種のせいではなく、ウイルスの何度目かの突然変異のせいなのだ。ワクチン接種の増加、コロナ患者の増加、ワクチン接種の増加…という悪循環を生み出しているのだ。

しかし、はっきりさせておかなければならないことがある: この予防接種プログラムが良いものであり、正しいものであると考える者は、デジタルで常時予防接種状況を監視する厳格なシステムを避けることはできない。

第4章 メディア

意見の戦い

「科学者、メディア、政治家の間には邪悪な同盟関係があった。一部の科学者は、科学とは何か、つまり自分たちの立場だけを主張した。メディアは、反対の立場を非科学的で危険なものだとレッテルを貼り、必要な報道を行った。結局のところ、彼らが引用した科学者がそう言ったのだ。そして政治家たちは、政治家たちが聞きたいことを言った科学者たちの評価を、不可解な理由によって自分たちの決定を正当化した: 脱ドラマ化ではなくドラマ化である」105。

アレクサンダー・メシュニッヒが述べた集団投影のメカニズムのもとでは、客観性と啓蒙に戻る道を見つけることはますます難しくなっている。現在、コロナウイルスの研究結果を精査しようとするジャーナリストはほとんどいない。ほとんどの編集者は、本書の第1章で述べたような目に余る被害を知らないか、気にも留めていない。彼らは、何ヶ月も前から知られているロビー専門家のフレーミングをストイックにオウム返しする:

ワクチン接種を受けた人は、自分も他人も健康でいられるので、地域社会にとって良いことだ。

ワクチン接種を受けた人は、自分自身や他の人の健康を保つので、地域社会にとって良いことだ』『ワクチン接種を受けなければ、集団にとって危険であり、自分自身や他の人に害を及ぼすことになる』。

また、ジャーナリストのガボール・シュタインガルトは『フォーカス』で、電車で移動する際にワクチン未接種者の「喉の繁殖地」を恐れていると告白しているが、『シュピーゲル』誌の同僚ニコラウス・ブロームは、共和国全体がワクチン未接種の市民を指弾することを望んでいる。シュタインガルトの記事「ワクチン接種への意欲の欠如-シュパーンはそれを伝え、今度は我々の番だ」は、批判的でない主流ジャーナリズムがどのように機能するかの一例:

「無関心な人たちと心配性な人たちの大連合が形成され、無鉄砲な人たちとともに、必要であれば自分の命も含めてすべてを危険にさらす覚悟ができている。彼らは故意に運命に翻弄されている。ドイツでは9万人以上、世界では400万人以上が死亡している。予防接種を大量に拒否することは、個人的に悲劇的なだけではない。個人の自由は、他者、他人、友人の自由の中にその限界を見出すというものだ。たとえそれが隣人の福祉や幸福、ひいては尊厳を脅かすものであったとしても、私たちは予防接種を拒否する人の決定を尊重するのだろうか?今日、私たちが知っていることすべてによれば、そうなのである。拒否者は喉の中でウイルスの温床となり、他の人々や、すでに予防接種を受けた人々にとっても不健康となる。私は、飛行機や電車で咳き込んでいる同世代の人を見たくない」106。

『ディ・ヴェルト』紙の特集部門の責任者であるアンドレアス・ローゼンフェルダー氏も、予防接種を受ける人が増えている今、すべてうまくいくと考えている:

「大多数の人々にとって、コロナとは単なる風邪であり、リスクグループはほとんど予防接種を受けた。高齢者の大量死、医療システムの崩壊–歴史的に前例のない封鎖措置の目的であったこれらの危険に対する防御は回避された。その気になれば誰でも、ワクチン接種によって重篤な病気から身を守ることができる」107

誰でも予防接種によって重症例から身を守ることができる?主流メディアからのこのようなナイーブな絶え間ない砲火の下で、ワクチン接種に関する矛盾はいくらでもあるが、大多数はどんなに露骨であろうと、あらゆる矛盾を飲み込んでしまうようだ。情報通の市民はソーシャルメディア上でユーモアとシニシズムをもって反応するが、すぐに検閲にさらされる:

「歴史上初めて、予防接種を受けた人に持っていない病気を感染させることができる」(ネットファンド)

生存率99.8%の季節性風邪ウイルスに対して、実験的なワクチンを年に3回注射している人が、他人をバカ呼ばわりできる立場なのかどうか。わからない。#vaccinedeniers 108

ユーザー「EDDY」が上記のツイートを投稿した直後、ツイッター社は検閲で対応した。このツイートには「誤解を招く!保健当局がほとんどの人にワクチン接種を勧める理由を説明しよう。このツイートへの返信、共有、『いいね!』はできない。

しかし、インターネット上での意見戦とは別に、既存のメディアもますます薄情になっている。予防接種の失敗が公然と明るみに出て以来、マスコミはざわついている。しかし、編集部は苦悩し、ウナギのようにもがき、新しい言葉の創作を考案し、「予防接種の稀なブレークスルー」について執拗に語り、1年間言い古された予防接種のスローガンを何とかまだ現実に合うように曲げている。彼らは1と1を足すことを勇敢にも拒否している。しかし、予防接種実施国の状況は極めて明確であり、理解しやすい: 集団予防接種は多くの人々を病気にする。

しかし、今日の一般的に政府寄りのジャーナリストたちは、この不幸な状況を何とか理解しようとしている。もちろん一方では、不幸のすべてを認めないわけにはいかない。とはいえ、「2.5倍」という望ましい結果を得るための抜け道は常に存在する。シュピーゲル誌は「ワクチン接種者のウイルス量はワクチン未接種者と同程度」と題した記事の中で、現実との不愉快な接触を認めざるを得ないと感じている。もちろん、その後にこの怪現象に対する粗雑な説明を思いつくだけである。デルタ型が原因であり、ワクチン接種ではどうにもコントロールできないという。興味深いことに、他の出版物は全く逆のことを主張している。ここでは、ワクチン接種はもちろんデルタ型に対しても極めて有効であると繰り返し断言している。例えば『シュピーゲル』誌は、「完全なワクチン接種にもかかわらず、人々がコロナウイルスに感染し、ウイルスを媒介する可能性がある」ことを認めざるを得ないが、その直後に「そのようなワクチン接種のブレークスルーは非常にまれである」という文章を付け加えている。イスラエルを見れば、いまだに「非常にまれなこと」と真剣に悩んでいるのは謎のままだ。結局のところ、同国の病院におけるワクチン接種者の割合は60%である。そして、この記事は、おそらく国民なら誰でももう心得ているであろう、業界が常に繰り返しているスローガンで締めくくられている:

「しかし、ワクチンは入院を伴う重篤な経過や致命的な経過に対して、非常に信頼性の高い予防効果を提供し続けている。とはいえ、予防接種を受けた人であっても、特にワクチン未接種の人に会うときは、引き続き注意しなければならないということである」109。

本当のスキャンダルは、実験的なコロナウイルスワクチンが一つも野生のコロナウイルス変種を免疫できないことである。したがって、予防接種を受けようとする人々の大部分は、予防接種が自由を取り戻すためだけのものであり、もはや個人の健康を守るためのものではないことを公然と認めている。ワクチン接種の約束の凋落に関する投稿がインターネットを駆け巡っている:

  • 1.ワクチン接種者は感染しない。
  • 2.ワクチンを接種した人は感染するが、発病しない。
  • 3.予防接種を受けた人は発病するが、軽い症状である。
  • 4.ワクチンを接種した人は重症化することがあるが、死亡することはない。
  • 5.ワクチン接種者は死亡するが、軽症にとどまる。110

「マーケティングがすべて」というモットーに忠実な業界は、それにもかかわらず、3つの仮想の贈り物を大胆不敵にも配布している: ワクチン接種は「重症化」、「長期入院」、「死亡」を防ぐ。予防接種を受ければ、「重症化」、「入院の長期化」、「死亡」を防ぐことができ、もし受けられなかったら、それはもちろん未接種者の責任である。

実際には、ワクチン接種を支持する3つの金言は、自然からの無償の贈り物である。ワクチン接種がなくても、99.8%の大人と99.99%の子どもは、重症化、入院、死を恐れる必要はない。シュピーゲル誌が製薬業界の宣伝文句を一字一句繰り返すのは、おそらく政治家や製薬業界に好意的に受け止められているのだろう。メディアによって誘導された恐怖の麻痺から抜け出し、代わりにホリスティックな健康問題に目を向けることができた人なら誰でも、業界によってなされた3つの約束は、無料で自然な手段によって達成されるのが最善であることにすぐに気づくだろう。

感染症の予防に関して何度繰り返しても足りないのは、ビタミンC、D3、K2の十分な供給である。加えて、稀に重篤な経過をたどる場合、真に知識を持った医師であれば、有効な適応外医薬品が利用可能であることが、議論の中で完全に失われている。

2021年9月初め、致命的なワクチン接種の失敗があまりにも明白になったため、業界は粗雑な説明モデルを求めてジャーナリストの助けに飛びついた。最初の 「研究」は、ワクチンを接種した人々の間に多くの死者が出ようとも、ワクチンはすべて問題なく、完璧に機能することを立証した・・・この新しい枠組みは、あらゆる国の中でも、「ワクチン接種の世界チャンピオン」であるイスラエルが、大量のワクチン接種にもかかわらず高い発症率を示し、EUが再入国制限を導入せざるを得ないと感じたという恥ずかしさに先行していた。しかし、この問題は単なる統計上の誤解であり、自然なプロセスであり、いわば目の錯覚である。この現象には「シンプソンのパラドックス」という名前さえある:

イスラエルの病院でワクチン接種を受けた人の割合が高いのは、『最も弱い人々に優先的にワクチン接種を行った当然の結果』である。米国の数学者ジョーダン・エレンバーグは、『ワシントン・ポスト』紙のゲスト記事で、「ワクチン接種を受けた人は、リスクのある人々から不釣り合いに選ばれる」と説明している111。

MDRはまた、「なぜワクチンを2回接種した人がデルタ型で死亡するのか?」という記事で、不安な疑問を投げかけている:

今回の報告書(2021年7月9日付No.18)の17ページには、デルタに感染し、コロナ検査陽性から28日以内に死亡した患者が合計257人いると記載されている。死亡者のうち118人は感染前にワクチン接種を受けていたが、92人は未接種であった。ワクチンを2回接種した人が接種していない人よりも多く死亡しているのだから、ワクチン接種が死亡のリスクを高めているということなのだろうか?

すぐに国民を安心させるために

「しかし、最初に予防接種を受けた人の中には、持病のある人、高齢の人、いわゆる免疫抑制状態にある人など、危険因子を持つ人が多かった。例えば、臓器提供を受けて、免疫系が外国の臓器を拒絶するのを薬で防いでいる場合などである。免疫系が弱まっているため、ワクチンに対する反応が弱くなる。このようなグループではワクチン接種がうまくいかず、すでに数ヶ月が経過している」

結論 すべて順調です、どうぞお進みください、見るべきものは何もありません……ワクチンの効果がないことの言い訳が、コロナ批判者たちが何カ月もこの対策に対して使ってきたのと同じ説明で出てくるという事実は、皮肉と冷笑という点で、打ち負かすのは難しい: コロナが主に殺すのは、たとえワクチン接種を受けていたとしても、高齢者や重病人である。何も心配することはない

コンセンサスを麻痺させる

多くの活字メディアの一方的な位置づけは、逆に公共放送ではほとんど釣り合わない。ここでこそ、政府のコロナウイルス政策に批判的な声がわずかに聞こえるだけなのだ。よりによってARDとSüdwestrundfunkの編集者が、自分の雇い主の報道のアンバランスさについて公開書簡で不快感を表明しているということは、彼が長い間不満を抱いていたことが推測される。1979年生まれのオーレ・スカンブラックスは、「これ以上我慢できない」という告白から記事を始めている。スカンブラクスが胸の内を書き綴った記事は、一夜にしてオンラインマガジン『Multipolar』で最も読まれた記事となり、1日で50万ヒットを記録した。コロナ以降の公共放送の仕事についての洞察は、明らかに大きな関心を集めている。多くの市民が疑っていたことを、ついに内部関係者が口にしたのだ:

「私はもう黙っていられない。私の雇用主である公共放送局で1年半前から起きていることを黙って受け入れることはもうできない。報道の『バランス』、『社会的結束』、『多様性』といったものは、法令やメディア条約に明記されている。その正反対のことが行われている。社会のあらゆる部分が代表されるような真の言論や交流は存在しない。[…] コロナ以前の時代には尊敬され、公的な言論の場を与えられていた科学者や専門家が、突然変人、アルミの帽子をかぶった人、あるいはコビディオになっている。ヴォルフガング・ウォダルグはその例としてよく挙げられる。彼は医学の専門家であり、疫学者であり、長年の保健政治家である。コロナウイルス危機までは、トランスペアレンシー・インターナショナルの役員も務めていた。2010年には欧州評議会の保健委員会委員長として、豚インフルエンザの大流行における製薬業界の影響力を明らかにした。当時は公共ラジオで直接意見を述べることができたが、コロナウイルス以降はそれが不可能になった。彼は、いわゆるファクトチェッカーに取って代わられ、信用を失っている」113。

次にスカンブラクスは、公共放送の全方位的な 「麻痺させるコンセンサス」について語り、実際には存在しない偉大な科学的統一を宣言する。この欺瞞の結果は、社会における想像を絶する分裂であり、その中で公共放送は大きな役割を果たしている。対策に批判的な人々は、あまり注目されるべきではない少数派として誤って描かれている。最後に、編集者は、公共放送がその使命を果たすためには調査しなければならない「答えのない疑問」を挙げている。コロナ以来、恐れずに独立して考える方法を忘れていない人なら、おそらく誰でも、これか似たような疑問を自問したことがあるだろう:

  • なぜ新感染症予防法は、身体的完全性と住居の不可侵性に対する基本的権利を、流行状況にかかわらず、今後制限することができるとしているのか?
  • 予防接種を受けた人と同等に保護されているにもかかわらず、すでにCOVID-19を受けた人は、なぜ再び予防接種を受けなければならないのか?
  • SARS-CoV-2の蔓延に備えた「イベント201」や世界的なパンデミック演習が語られないのはなぜか、あるいは陰謀神話との関連でしか語られないのはなぜか?
  • コロナウイルスのパンデミックが人間社会に及ぼす影響を強調するために、当局は「ショック効果」を達成しなければならないと要求されている。
  • なぜイオアニディス教授の生存率に関する研究(70歳未満で99.41%)は見出しにならないのに、インペリアル・カレッジによる致命的な欠陥のある予測(ニール・ファーガソンは2020年春に英国で50万人、米国で200万人以上のコロナ死亡を予測した)は見出しになるのか?
  • なぜ連邦保健省のために作成された報告書によると、コビッド19患者による病院の収容能力は2020年にはわずか2%しかないのか?
  • なぜブレーメンは罹患率が圧倒的に高く(4.10.21で113人)、同時にドイツでワクチン接種率が圧倒的に高い(79%)のか?
  • 製薬会社との最初のEUワクチン契約締結の責任者であるステラ・キリアキデスEU保健委員の家族口座に400万ユーロの支払いがあったのはなぜか?
  • 「なぜ、2020年に重篤なCOVID-19患者が発生するのと同じ程度に、重篤なワクチンの副作用を持つ人々が描かれないのか?」
  • なぜ誰も「ワクチンの画期的進歩」の雑なカウントに悩まされないのか?
  • なぜオランダは他の国よりもCOVID-19ワクチンの副作用を著しく多く報告しているのか?
  • ポール・エーリック研究所のウェブサイトにあるCOVID-19ワクチンの有効性に関する記述が、ここ数週間の間に3回も変更されたのはなぜか?

COVID-19ワクチンはSARS-CoV-2ウイルスの感染を予防する。(2021年8月15日)

COVID-19ワクチンはSARS-CoV-2ウイルスの重症感染から保護する。(2021年9月7日)

COVID-19ワクチンはSARS-CoV-2ウイルスによるCOVID-19疾患を予防するための積極的な予防接種に適応される』。(2021年9月27日)

(中略)長い間、私は公共放送で働いていると言うことに誇りと喜びを感じていた。多くの優れた研究、フォーマット、コンテンツがARD、ZDF、Deutschlandradioから生まれている。品質基準は極めて高く、何千人もの職員が、コスト削減の圧力が高まる中でも、優れた仕事をしている。しかし、コロナに異変が起きた。突然、私はトンネルビジョンと目隠し、そしてもはや疑問の余地のないコンセンサスを察知した。[…]”114

私が原稿にスカンブラクスの記事を入れた後、編集者はスカンブラクスが実際にまだSWRで働いているかどうか、SWRに再確認を求めた。SWRからの返事は迅速で、スカンブラクスがSWR2で「サウンドデザイン」を担当していることを確認した:

「この仕事では、彼はSWR2が毎日提供する番組のヒントや予告編に貢献している。しかし、彼は専門編集チームの日々の編集作業には関与しておらず、なによりも、トピックの企画・開発について包括的な見解を持っていない。[中略)特にコロナ・パンデミックに関する発言は、少なくともカテゴリー分けがなされていないために誤った印象を与えている。彼の認識では、取り上げられなかったトピックが実際には報道されている。我々はこれらの点について彼と内部で対話中である」115。

言い換えれば、スカンブラクスは 「サウンドデザイナー」の亜流であり、編集の仕事を知らず、コロナウイルスの状況を適切に分類することができなかった。そのため、SWRがコロナについてどれだけ幅広く、バランスよく報道したかを判断することはできなかった。Skambraksとの 「内部交流」はあまり実りあるものではなかったようだ。しばらくして、2021年10月29日、フランクフルター・アルゲマイネ紙はこう質問した:

「表現の自由はどこまで認められるのか?この疑問は現在SWRを悩ませている。この放送局は、10月初めにオンラインマガジン『Multipolar』の記事でSWRがパンデミックについてバランスの取れた報道をしていないと非難した従業員オーレ・スカンブラクスを解雇した。彼は虚偽の事実を述べ、誤った印象を植え付けた」とSWRの広報担当者はF.A.Z.に語った。

このように、公共放送の職員は、反抗的な発言をあえてすれば、すぐに路頭に迷うことになる。現実に、ルドルフ・アウグシュタイン財団による専門的なメディア研究(マーカス・マウラー、カーステン・ライネマン、シモン・クルシンクシ)は、オーレ・スカンブラックスとよく似た結論を出している:

「メディア研究者たちは、コロナ開発に関する予測の不確実性が一般的に十分に透明化されていなかったことを否定的に指摘している。それどころか、予測はしばしば確実なものとして提示された。[…] 報道関係者の中では、政治家が47%を占め、科学者や医師の19%を大きく引き離している。評価によれば、コロナ感染の影響を受けた人の割合は劇的に低く、わずか1.2%であった。『コロナに懐疑的な人たち』は、さらにその上の1.6%で、これもまたこれをわずかに上回ったに過ぎない。[…] 第一段階では、ウイルス学者のクリスチャン・ドロステン(Christian Drosten)が優勢で、ヘンドリック・シュトレック(Hendrik Streeck)やアレクサンダー・ケクレ(Alexander Kekulé)を含む他のすべての専門家の合計よりも注目を集めていた。遅くとも2021年の初めまでには、SPDの政治家で疫学者のカール・ラウターバッハが、シャリテのドロステン教授に代わってメディアで『主席解明者』となった。メディア研究者は、ラウターバッハは「パンデミックとの闘いにおける彼の強硬路線を多くのメディアが知り、評価していたため、おそらくよく引用される専門家であった」と結論づけている117。

いずれにせよ、「バランスの取れた報道」は私の中では違うものに見える。スカンブラクスに関する限り、私の考えでは、彼は「プロパガンダ・マトリックス」118 からの個人的な目覚めと、それに伴う純粋な意味での大いなる幻滅について述べている。すべてがうまくいっていたのに、コロナの後になって突然すべてが変わってしまったという彼の驚きは、起こったことの真の次元をあいまいにしている。コロナ以前の「卓越した研究」と「高い品質基準」が、他の政治分野の「客観的な現実」を常に確実に反映していたとはとても思えない。批判的で真に大人な人なら誰でも、この疑念に関して自分なりの「覚醒点」を持っている。ここで、メディアが伝える個人的な認識と現実との比較は、「真実」に関する社会的合意の布が引き裂かれるほどの過剰な伸張につながる。

私自身、2015年、いわゆる難民危機の過程でこれを経験した。後で説明するように、マスメディアが伝えるコンセンサスの現実に疑問を持つことは、高い代償を伴う。そのため、この点での認知的不協和は長い間否定されてきた。

それゆえ、拙著『自由の喪失について』がメディア・リテラシーの章から始まるのも、理由のないことではない。私たちが正当な言論空間だと考えているものは、空から降ってくるものではなく、マスメディア側の恒常的なバックグラウンドノイズによって能動的に生み出されている。このようにして作り出された現実は、「森の中で抱きしめることのできる木と同じくらい」リアルなものだと、コミュニケーション科学者のマイケル・マイエン教授は説明する。木のようにリアルであるというのは、私たちが個人的にこの人工的に作り出された現実を信じるかどうかにかかわらず、他の人々がメディアのノイズを内面化しているという事実を常に考慮しなければならないからである。私たちは社会的な文脈の中で生きており、ある思考形態が集団的に発火するとすぐに、この社会的現実が存在しないふりをすることはできない。マスクなしで電車に乗れば、遠くへは行けない。「いつまでもお元気で!」という新しい挨拶を返さない人は、失礼な人、不審な人と思われる。挨拶で知らない人と握手をしようとする人は、無知で反社会的だと思われる。このような行動ルールが理にかなっていると思うかどうかは問題ではない。マスメディアによる社会的標準化は、私たちが平気で通り抜けることのできない木を植えてしまったのだ。しかし、主流派の樹木を尊重することは、単に罰を避けるということだけでなく、何よりも仲間の現実を尊重することでもある。公共の場で人々に出会うとき、新しい儀式の実践者が確信犯なのか、それとも単に礼儀正しい人々で、私たちが規範に従って行動することを期待していると信じているだけなのか、私たちにはわからない。

長い冬の閉鎖の最中、私はスーパーマーケットで縞模様のジャンパーを着た、不安定な状況で生活しているような、苛立ちを隠せない様子の男性に出会った。数分おきに拡声器が、最低2メートルの距離を保てとアナウンスしていた。私は狭い通路で何度かその男性に会ったが、彼は常に命令に従おうと努力し、文字通り額から汗を滴らせていた。あるとき、彼は脇の通路に逃げ込み、積み上げられた缶を倒しそうになった。その男の苦悩があまりに大きかったので、私は彼と目を合わせ、次は避けるように合図した。その後、お互いに近づきすぎないように演じたダンスでは、「一緒ならできる!」と言わんばかりの深い感謝のまなざしを受けた。それでも、彼が私に好意を寄せてくれたのか、私が彼に好意を寄せていただけなのかは、いまだにわからない。

プロパガンダ・マトリックス

多くの市民が、大きな恐怖の物語によって市民を操り、コントロールするメディア・マトリックスに陰湿に引き込まれていることにまだ気づいていない限り、社会が基本的な民主主義の権利を取り戻すことはないだろう。プロパガンダ・マトリックスが実際にどれほどうまく機能しているかは、2021年の連邦選挙の投票行動でも示された。 1945年以来最大の制限と収奪を伴うパンデミックの18カ月後、政治的抗議は少しも出ていない。大量の自由が奪われ、大量の破産、収入の喪失、失業、精神疾患の法外な増加、自殺率の上昇、家庭内暴力の増加にもかかわらず、コロナウイルス政策の共同責任者の誰一人として、深刻な罰則を受けていない。あるいは逆の見方もある: Die Linke、AfD、Freie Wähler、Die Basisなど、政府のコロナ対策に批判的な姿勢を明確に打ち出していた政党はすべて、得票率を落としているか、「ダントツの人気」を下回っている。コロナ対策を支持していたすべての既成政党の票は多少再配分されたが、抗議政党はいずれも得票を伸ばせなかった。全体として–ベルリンでの奇妙な不正選挙はさておき–2021年の連邦議会選挙について導き出される結論はほぼひとつしかない: ドイツには抗議する有権者はいない。コロナウイルス政策への満足度に関する最新の世論調査を見ると、投票行動はより驚くべきものに思える:

店やレストラン、学校の閉鎖などの制限を容認する声は、第一次コロナ・ウエーブの時も非常に高かった。2020年4月のYouGovの調査では、67%が政府の危機管理に「やや満足」または「非常に満足」と回答している。10月の第2波が始まった時点では57%、2月初めの調査では50%、2月末の最終調査では48%にとどまった。この3週間で、政府の施策に対する評価は再び大きく悪化した。現在、政府の危機管理を「やや肯定的」「非常に肯定的」と評価する回答者はわずか30%しかいない。

YouGov社の調査によると、ドイツ国民の50%以上がコロナウイルス対策に不満を持っている。基本的に、このプロセスは、市民がコロナウイルスに関連するすべての出来事を「不可抗力」と分類し、その結果、当事者にその状況への加担を一切許さないという事実によってのみ説明できる。

もしそうなら、キャンペーンは最大限に成功したとしか言いようがない。ニュース番組『Tagesschau』とマスメディアのおかげで、ロックダウン、マスクの強制、ワクチン接種の強制など、コロナウイルスにまつわる一般的な物語が信じられるようになり、大多数の市民は責任者に対する批判的な本能を持つことがなくなった。その結果、メディアのマトリックスは 「客観的な現実」というより、権力に関わるものとなってしまった。忠実な『タゲシャウ』視聴者であれば、ドイツ政府のコロナウイルス政策について批判的な言葉を耳にしたことはほとんどないだろう。

「私たちは『現実』について何も知らない。その代わりに、誰が自分たちの現実観をプロパガンダ・マトリックスに書き込むことに成功したかを知るのだ」120。

何カ月もコロナウイルス問題を深読みしてきたメディアに精通した批判的な市民は、Tagesschauの視聴者から見れば、単なる。「グルーチ」、「否定者」、「愚か者」である。メディアのマトリックスを現実と混同している人々と、それを超えて見ることのできる人々との建設的な対話は、近年のメディアの失敗についての議論から始めるべきである。西ドイツではしばらくの間、それなりにうまくいっていたことが、今では完全に終わってしまった。遅くとも2015年以降、マスメディアはフィルターにかけられた部分的な現実しか描いていないことを、東ドイツの人々がもっと早く認識していたとしても驚くにはあたらない。有権者の抗議の兆候があるとすれば、それは新しい連邦州である。真実に関心のある市民は、公共メディアに耳を傾ける以上のことをしなければならなくなった。基本的に裕福な人々は、この問題にほとんど気づいていない。芝刈り機やバーベキューやマヨルカ島での休暇に邪魔されることなく私的な幸福を享受できると信じている限り、政治やメディアの状況にはほとんど関心がない。多くの人々は、4年ごとに「正しい」ボックスにチェックを入れることで、民主主義に対する市民の義務を果たしていると信じている。この問題は、メディア・マトリックスに囚われている人々が、自分たちが囚われていることを認識できないことだ。せいぜい、壮大な物語に何か問題があるのではないかという漠然とした不安を感じる程度だ。有名なSFの名作『マトリックス』では、自分が幻の現実に生きていることに気づいていない主人公ネオと、彼の解放者モーフィアスとの間の重要なシーンで、次のような対話が行われる:

ネオ:「自分の人生を自分でコントロールできないのは嫌だ」

モーフィアス:「君の言いたいことはよくわかる。君がここにいる理由を教えてあげよう。君がここにいるのは、何かを知っているからだ。説明できないが、何かを感じている。君はずっと感じてきたんだ、この世界には何か問題があると。何かはわからないが、そこにある。頭に刺さった破片のように、君を狂わせる。この感覚が、君を僕のところに導いたんだ……何のことかわかるかい?

マトリックスのことか?

モーフィアス:「それがいったい何なのか、知りたいか?マトリックスは遍在している。我々を取り囲んでいる。ここにもある。この部屋にもある。窓の外を見たり、テレビのスイッチを入れたりすると、それが見える。仕事に行けば、教会に行けば、税金を払えば、それを感じることができる。真実から目をそらすために、信じ込まされている作り物の世界なんだ」

ネオ:「真実って?」

モーフィアス:「おまえは奴隷だ、ネオ。みんなと同じように、奴隷として生まれ、触ることも嗅ぐこともできない牢獄に住んでいる。心の牢獄だ。残念ながら、マトリックスが何であるかを説明するのは難しい……誰もが自分で体験するしかない……これが最後のチャンスだ。もう後戻りはできない。青いカプセルを飲み込めば、すべてが終わる。ベッドで目覚め、信じたいことを信じる。赤いカプセルを飲み込めば、あなたは不思議の国に留まり、私があなたをウサギの穴の奥深くへ連れて行く

ミュンヘンのルートヴィヒ・マクシミリアン大学のコミュニケーション科学者ミヒャエル・マイエン教授は、この映画へのオマージュとして、最新作を『プロパガンダ・マトリックス121』と呼んでいる。マイエンは、メディアの同期化のプロセスは、すべてのメディアは「闇の力」によって同期化されているという「コビディオット」たちが思い込んでいる意見よりもはるかに複雑であることを明らかにしている。現実には、サイバネティックな制御ループによって、メディア同調バブルの中の「現実」は自動的に、より密接に同調しているのである。本書の副題だけでも、メディアの多様性の喪失に関して、文字通りすべてが危機に瀕しているという事実が説明されている。本書は次の言葉で始まる:

「私はモーフィアスではない。マトリックスを破壊するのは選ばれた者だけでいいという信念は持っていない。マトリックスを破壊することができるという信念さえない。だからこそ、この本は破壊についてではなく、悟りについて、そして悟りを開いた人々がマトリックスを使って何ができるかについて書かれているのだ。青いカプセルか赤いカプセルか: あなたはすでに心を決めている。そうでなければ、この本を読んでいないだろう。アクション映画の金字塔『マトリックス』の主人公ネオのように、あなたは、私たち全員が現実だと信じ込まなければならない世界に何か問題があることを知っており、24時間体制で家庭に届けられる現実がどこで、どのように生み出されているのかを理解したいと思っている。」

映画の中で、ネオは赤いカプセルを受け取り、幻想の世界から目覚める。しかし、現実はネオが期待していたようなものではなかったため、彼の目覚めは痛みを伴うものだった。「プロパガンダ・マトリックス」からの目覚めも、同様に不快なものになるかもしれない。しかし、メディア・リテラシーを身につけることは、支払わなければならない負債なのだ。ささやかで私的な幸福を守りながら、自由社会が全体主義社会へと変貌するのを見過ごせると信じている人は、やがて、あらゆる私的領域に浸透した予防接種と気候保護管理のキャッシュレスでデジタルな世界で目を覚ますだろう。しかし、形式的に言えば、真実の赤いカプセルを手に入れるのがこれほど簡単な時代はない。

気づきのプロセスに必要な情報は、決して不足しているわけではない。本当の問題はもっと複雑だ。情報の不足というよりも、気づくことの代償を無意識のうちに知っていることの方が問題なのだマスメディアがうまく機能するのは、大衆を同調させてコンセンサスとなる意見を形成できるからだ。個人として、このマトリックスから堂々と抜け出すことはできない。追放された人生は、人に起こりうる最悪の事態のひとつだ。マトリックスにどっぷり浸かっている人だけが、本当の安らぎを感じる。しかし、ネオのように何かがおかしいと疑っている人は、遅かれ早かれジレンマに直面することになる。「頭の中の破片」は真実を追求するよう警告するが、それは仲間はずれにされる恐怖によって打ち消される。良識に反して、いや、良識に反して真実への扉を開こうとする試みには、その代償が伴う。『自由の喪失について』の中で、私はこう書いた。

このメカニズムは、そもそも拡張メディア・リテラシーを発達させたくない決定的な理由である。オルタナティヴ・メディアはそれ自体、陰謀家による嘘や愚かなものを流しているという国家が打ち出したシナリオは、自分自身のエゴを疑うことから身を守るための優れた防御策である。内なる認知的不協和を認めれば、最初は恐怖が生まれる。ハンナ・アーレントが述べた「悪の凡庸性」は、このリスクを取ることを拒否することにある。ある時点で、平凡な悪人は自分の頭で考えることを拒否し、内なる葛藤を「上にいる人々」に委ねる。

このような態度は、生来の内なる対話、善と悪の間の道徳的比較をうまく回避するため、人々を社会病質者に変えてしまう。ミルグラムの実験が印象的に示しているように、仲間に対する最悪の結末でさえ、このような自らに課した精神的ブロックの後では、内なる動揺を引き起こすことはほとんどできない。結局のところ、私たち自身に責任はなく、科学者や政治家に責任があるのだ。その小さな歯車として何ができただろうか?人はいつでも、この分離を完了したとたんに、このような平凡な怪物になりうるのだ。さらに、コロナウイルスに関して人々が重大かつ故意に騙されていたこと、何の理由もなくマスクを着用し、手を消毒し、子どもたちを不安にさせ、高齢者を放置し、自分の仕事を危険にさらしていたことが判明すれば、せいぜい大きな怒りを生むだけだろう–怒りはまったく問題ないだろうが。行動を起こしたり、集団訴訟を計画したり、何でもできるだろう。

しかし、もっと悪いのは、多くの団塊世代のサイコグラム(心理的傾向)が、怒りではなく、恥ずかしさで反応することだ。嘘をつかれ、卑劣な方法で罵倒されることは、大きな羞恥心を生み出す。そして、羞恥心はトラウマを負ったベビーブーマーの人生の中心的な感情であるため、これ以上の羞恥心は何としても避けなければならない。そのため、コロナについて単に嘘をつかれたという可能性を考えることさえ、事前にかなり回避される。コロナをめぐる恐怖と暴力が数カ月、あるいは数年も続けば、集団力学は必然的に動き出し、最終的には常に糾弾の文化につながるだろう。ハンナ・アーレントはこの効果についてこう書いている:

粛清の大波の間、自分自身の信頼性を証明する手段はただ一つ、友人の糾弾しかない。そしてこのことは、全体主義運動における完全な支配とその一員であることを示す、完璧に正しい尺度なのである。疑われるのは、友情であり、その他のあらゆる人間的な絆である』」『[全体主義の要素と起源』(ハンナ・アーレント)」122。

共同体とのコンセンサスを求めること自体は悪いことではない。社会的価値観が病的な力によって標準化されたときに問題となる。以下で説明するように、「グレート・リセット」の原動力は、全体像を見失った技術主義的、機械主義的世界観の弁明者たちである。この世界観に従って「最適化」された生活環境は、最終的に多くの人々に「偽りの人生」123を押し付ける「規範社会」をもたらす。それに続く自己否定と真の欲求の欠落は、「罪ある者」へのファシスト的投影が常態化するディストピア社会をもたらす。このような常態化に抵抗する力をいつ見出すかという問題は、個人の成熟度、ひいてはホリスティック心理学者が「高次の自己」と呼ぶ人間の精神の一部と接触したことがあるかどうかに左右される。

真実に対する人間の生得的な憧れとは別に、時間的な成熟要因もある。英雄の旅の呼びかけに応えるための条件は、どの年齢にもあるわけではない。

「社会秩序における自分の居場所」を恐れる必要がなくなる年齢に達した人だけが、プロパガンダ・マトリックスから抜け出すための最も重要な前提条件を持っている。

科学者であれ、医者であれ、芸術家であれ、ジャーナリストであれ、政治家であれ、作家であれ、有名な批判者たちの多くは、出世や知名度、金や地位をめぐる日常的な闘争の外にいる。

批判

前著で述べたように、マスメディアを通じて市民に影響を与えるのは古くからあるビジネスだ。マス・プロパガンダの先駆者であるウォルター・リップマンとエドワード・バーネイズでさえ、1920年代には政治コンサルタントとして働き、自然な社会秩序をエリート・モデルと見なしていた。ここでいう民主主義とは、かなり弾力的な言葉である。政治秩序は当然トップダウンで組織される。民衆の不平不満は、武力よりもプロのオピニオン・マネジメントの方がはるかにうまく鎮めることができる。マイケル・マイエンの本は、コミュニケーションとメディア研究の古典にも言及している。

ノーム・チョムスキーとエドワード・S・ハーマンは、代表的な著作『Manufacturing Consent: The Political Economy of the Mass Media』(邦訳『マスメディアの政治経済学』)の中で、先人のリップマンとバーネイズが確立した権力維持のテクニックとメカニズムを分析している。社会の改善に関する著者の結論には賛成できないが、メディア主権を分析したセクションは見事である。チョムスキーとハーマンは、ニュースが一般市民の手に届くまでに通過しなければならない5つのフィルターでモデルを構築した。最終的に一番下に出てくるのは、スタングレネード(ライナー・マウスフェルドの『アウトレイジ・マネジメント』125)か、本当に力のある者の利益になるように準備されたものだ。

意見形成を通じて権力を維持することは、望ましい内容を伝えると同時に、望ましくない内容が抑圧されるようにすることである。後者は検閲としても知られている。個々のフィルターについて論じるのは行き過ぎだが、4番目のチョムスキー・フィルターを読んだとき、私は最初、間違えたのかと思った。実はこのフィルターはFlakと呼ばれるもので、ドイツ語で高射砲の略称である。第4のメディア・フィルター、いわば弾幕は、本当に必要なときに必ず使われる。不要な情報が他のフィルターを通過し、メインストリームに到達しそうになった場合、荒事に対応できる人材が必要になる。今日、ボヘミアンの男たち、レストルやウトフは、テレビメディアの対空砲火の前に立ちはだかり、標準化された現実認識に反して公共の領域に飛び込んでくる侵入者を撃ち落とす。ミヒャエル・マイエンは、長時間のズーム対談の中で、対空砲にはテレビの花火のほかにも大砲があると説明してくれた: いわゆるフェイクニュースに対抗する自称ファクトチェッカーたちだ。マイエンは著書の中でこう書いている:

「しかし、連邦政府とその宣伝者たちは、私たちや私たちの愛する人のことを心配しているのではなく、自分たちの真実の体制について心配しているのだ。私たちが、「知っている」こと、そして、「真実」とみなすべきことを誰が言うことができるのか、ということだ。「フェイクニュース」の場合、その言葉自体がそれを物語っている。「フェイクニュース」があるところには「本物」のニュースがあるはずだ。いわば「真実」は、マケドニア(コンピューター・フリークが2016年のアメリカ選挙キャンペーンを妨害したと言われている)やモスクワででっち上げられたフェイクではなく、「ニュース」と書かれた場所とその背後にある「メディア化された中心」にある。政治、ジャーナリズム、科学のおかげで、今日、私たちは「フェイクニュース」と聞けば、すぐにフェイスブック、ツイッター、ユーチューブを思い浮かべるようになった。「意図的かつ意図的にネット上に拡散」される「偽情報」ニュースのように紹介される「事実無根」のストーリー。キャンペーン、意見形成への攻撃、「海外から匿名で活動する」「著者」[中略)『フェイクニュース』という汚い言葉は、当初は「私は正しい、以上」としか言わない。「陰謀論」というレッテルも同じように機能する。[陰謀論という言葉は、少なくとも愚かで、おそらく病的で、いずれにせよ危険な思考を表している。この言葉は、オリンピック前のドーピング告発のように機能する。その人物と対象者は即座に「真実のゲーム」失格となる。検査官たちは(絵に描いた餅にならないように)安直な手段を使って、排除したいものと明らかにナンセンスなものを混ぜ合わせるのだ。これは誰でも自分で調べることができる。人気があるとされる陰謀説のリストは、今や十数種類ある。グロテスクなもの(ビーレフェルトは発明)や人種差別的なもの(ホロコーストは存在しない)が、政府やシークレットサービスの犯罪の可能性に関する記述や、真相究明機関が無視する解釈とともに含まれている。2020年5月上旬に『Süddeutsche Zeitung』紙のためにベルリンの「衛生デモ」に参加したウィリー・ヴィンクラーは、3面記事の中でアンゲラ・メルケルを「アドルフ・ヒトラーの娘」とさえ書いている。ご存じないかもしれないが、彼女は1945年に悲劇的な死を遂げた総統の凍結保存精子で妊娠したのだ」残念ながら笑えない話だ。現在の『真実のゲーム』は、オリンピックというよりも、スザンヌ・コリンズの『ハンガー・ゲーム』(つまり生死をかけた無慈悲な闘い)を彷彿とさせる。真実」の守護者たちは、その後の数カ月でこのことをまぎれもなく明らかにした。デジタルプラットフォーム上でコロナウイルスの真実体制に疑問を投げかけようとする者には、警告と禁止令が発せられた」126。

「フェイクニュースとの闘い」というスローガンのもと、客観性と科学という虚飾を最初に主張した者が、意見の主権を握る。いや、予防接種は虚偽の主張のように危険なものではなく、極めて安全で検査済みだ。いや、高い割合の移民は社会システムの中に入り込むのではなく、あらゆる点で社会を豊かにする。いや、エネルギー転換は高すぎてほとんど実現不可能というわけではなく、電力はまもなくすべてのエネルギー分野で利用可能になるだろう……前著の中で、私は、どうやら信用されていないPCR検査を更生させることを目的とした、Correctivによるまったく馬鹿げた「事実確認」の例を挙げている:

「2020年の夏の終わりから秋にかけて、PCR検査問題を扱った散発的な記事が既存のメディアに掲載された。財団が資金を提供するCorrectivプロジェクトは、「ファクトチェッカー」とともにこの問題に取り組む。Correctivの「客観的な結果」は政府の意向に沿ったものであることが目立つため、この組織は批評家から「真実省」と揶揄されることもある。Correctivの主な資金提供者はブロスト財団で、強力なメディアグループであるフンケの支援を受けている。CorrectivがPCR問題を取り上げると、予想通り『実際には、専門家によればPCR検査でこのようなエラーが出ることはほとんどありえない』と述べる。次の記事は、重要なCT値について一言も語らず、増幅サイクルについてさえ言及することなく、PCR検査について 「説明している」

もちろん、歓迎されない事実を抽象的なレベルで「フェイクニュース」と決めつけるだけでは決して十分ではない。好ましくない立場で繰り返し目立つ人物は、特に個人的なレベルで信用を失墜させなければならない。ウォルフガング・ヴォダルグやスチャリット・バクディのような科学者や医師は、数年前までは公共放送のインタビュイーとして歓迎されていたが、コロナウイルス対策への反対を表明したことで急変した。プロパガンダ・マトリックスは、かつては誠実であった両氏をメディアによって処刑したのである。上で説明したように、製薬業界はコロナウイルス危機の前にすでに「フェイクニュース」に対する強力な対空フィルターを確立していた: 戦時中と同様、「腐食性情報」に対する防御がパンデミック対策のすべてであり、終わりであると考えられていた。パンデミックの際には、何年も前から行われていたことが効力を発揮した。ウイルスに関する「矮小化された偽情報」を流した者は、一般市民に対する脅威であり、準テロリストのレッテルを貼られたのである。それ以来、ヴォダルグとバクディに起こったことを目の当たりにした批判的な科学者たちは、殺人病という物語に反論することに二の足を踏むようになった。とはいえ、コロナウイルス政策について、あえて一応の懸念を行間に表明する勇気ある科学者も少なからずいた。こうした慎重な批評家の代表格は、疫学者で生化学者のアレクサンダー・S・ケクレ教授とボン大学医学部のウイルス学・HIV研究所所長のヘンドリック・シュトレック教授である。特にマルクス・ランツは、こうした慎重な批判的意見を公共放送に出演させる勇気があった。しかし、このような穏健な立場であっても、ついに非難が集中した。ランツは、ゲストの人選で公共放送の多様な意見という最低限の条件を満たしたに過ぎなかったが、これはすでに、非難に協力的なヤン・ベーマーマンには酷なことだった。『ディ・ツァイト』紙が主催したジョヴァンニ・ディ・ロレンツォを司会者とするトークショーで、彼はランツを激しく攻撃した。ベーマーマンはまず、最近ベルリンの科学コミュニケーション部門でウラニア賞を受賞した。「本当に偉大な科学者たち」を称えるスピーチをしたことを説明した:

「ヘンドリック・シュトレックやアレクサンダー・ケクレのような人たちを招待するのは、プロとしてどうかと思う。[ランツ:誰がそんなことを言うんだ?そのテーマを何年も研究してきた科学者たちに話を聞くと、突然、何も発表していないハレの微生物学者が現れる。[…] 反対意見も見なければいけないと言うから発表しているに過ぎないような意見を持つ人たちにプラットフォームを与えるのは難しいことだと思う。そして、人間嫌いで飽和していたり、本当に何の関係もないことに突き動かされていたり、明らかにそうである意見がある」

自分を道化師やエンターテイナーに仕立て上げ、ヘンドリック・シュトレックやアレクサンダー・ケクレのような極めて名誉ある学者の名前を平気で挙げ、人間嫌いと同列に並べるのだ。ベーマーマンは、ポリティカル・コレクトネスという一般的な棍棒を使って、好ましくない意見を確実に封じ込め、言論空間を支配している。これについては、拙著『Vom Verlust der Freiheit』にも書いた:

「ポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)は、現代の支配の知識に対応し、あなたが知っていなければならないルールに従う。だからこそ、ポリティカル・コレクトネスは、不慣れな人や部外者を辱めるのに適しているのだ。ポリティカル・コレクトネスは、強力なダブルバインド(二重拘束)の罠から始まる。その公式は、「ナチスのプロパガンダに権利はない」である。あるいは、「憎悪や扇動は意見ではない」と修正される。この罠の密閉性は、ツイッターのちょっと面白い投稿に書かれている:

言論の自由の未来

  • 1. ヘイトは意見ではなく、表現の自由には該当しない。
  • 2. 言論は、ヘイトとは何かを常に再定義する。
  • 3. 左緑の政治家、メディア、ロビイストが言論の主権を持っている。
  • 4. それを批判することはヘイトである。[ツイッター、’Schwulemiker’、09.01.2021]」129

チョムスキー・フィルターによる非難は、最終的には常に社会の分裂を招く。ポリティカル・コレクトネスが適用されると、「内集団」は理想化され、「外集団」に属する者は非難される。このような自分の影の投影の蓄積を終わらせるためには、相手陣営の攻撃に応酬するのをやめなければならない。残念ながら、どの戦争でもそうであるように、これが可能になるのは、状況がエスカレートし、相互憎悪の代償があまりにも大きくなってからである。

マリオ・Nがガソリンスタンドのレジ係アレクサンダー・Wにマスク着用の義務を指摘したという理由だけで射殺した、イダー・オーバーシュタインでの流血の惨劇は、一時停止し、出会い頭の対話を支持する転換点を始める合図になったかもしれない。しかし、そうなるためには、総選挙の直前にこの犯罪を利用することを政治的、メディア的勢力が控える必要があっただろう。どうやら誘惑が大きすぎたようだ。恥も外聞もなく、被害者にふさわしくない彼らは、自分たちの立場を強化するために、この恐ろしい出来事を利用するためなら何でもした。

見ず知らずの人の頭を銃で撃ったり、首にナイフを突き刺したりするような人は、おそらく長い年月をかけて深刻な心理的奇形が生じたのだろう。この種の犯罪の多くでは、トラウマや身近な環境での暴力体験の結果であることが多い精神障害が前面に出てくるのは当然である。マリオ・Nの家族も以前にひどい暴力行為を経験していたが、今回は恣意的なひどい行為が、メディアによって計算された政治的行為として描かれた。イダー=オーベルシュタインは、社会全体が攻撃される「急進的なラテラル思想家によるテロ行為」となった。マスコミは、犯人と試行錯誤を重ねた敵のステレオタイプとの関連性を可能な限り広範に定式化することに余念がなかった。メディア業界では常に悪と分類されてきたあらゆるものが、マリオ・Nという人物の中に含まれ、凝縮された。”ラテラルシンカー、AfD支持者、行動懐疑主義者、銃オタク、気候否定論者、コロナウイルス否定論者、陰謀論者、右翼過激派、ライヒスビュルガー、ドナルド・トランプ支持者”。

マスメディアの解釈は、コロナウイルス対策への批判に対する前代未聞の大嵐を引き起こした。大虐殺の直後、人々は「コロナウイルス否定論者」による、対策に賛成するすべての人々への「宣戦布告」をツイッターで呼びかけた。ハッシュタグ「#Querdenker-SindTerroristen」のもと、対策に批判的なすべての人々に対する暴力を求める声が上がった。

「矮小化と正常化の時期は終わった。ワクチン接種を否定する者、反対する者、その他の暴徒たちは、社会に対して宣戦布告したのだ。国家が最終的に介入しないのであれば、勇気ある市民が介入しなければならない。#Cross-ThinkersAreTerrorists ”130」

多くのヘイトツイートを読めば、その文章が、それまで「ワクチン接種拒否者」を二級市民として中傷していた政治家や公人による定型文に由来していることがすぐにわかる。その結果、このハッシュタグは数日後、#UnvaccinatedAreTerroristsに変異した。しかし、既存のメディアでは、ワクチン未接種者に対するヘイト投稿に対する批判を探すのは無駄だろう。一方、極端な「ラテラル・シンカー・シーン」の例は、シュピーゲル誌を筆頭に、ほとんどすべての既存メディアに見られる:

「ラテラル・シンカー」、「帝国市民」、右翼過激派が集まるデジタル・チャンネルを見渡せば、公然の歓喜に出くわす。YouTubeのあるチャンネルでは、『ついに、不合理なマスク・マニアに対する具体的な抵抗が現れた』と書いている。犯人は何も責められない。私にマスクの着用を強要する者は誰であれ、この狂気の責任の一端は私にある」とコメントする者もいた。ラインラント=プファルツ州憲法保護局のエルマー・メイ局長にとって、このような発言は、抗議運動の一部が「暴力に近づいている」ことのさらなる証拠である。

この違反に関する連邦政府の記者会見で、社会分裂の最大の要因は、主に若いジャーナリストの陣営にあることが明らかになった。ここでは、ジャーナリストの仕事は神聖な「右派との戦い」とみなされている。政府側は自らのシナリオのためにこの行為を利用したが、客観的な立場を貫いた。一方、ジャーナリストたちは「より厳しい措置」についての攻撃的な質問で政府を追い詰めようとした。扇動が最高潮に達したとき、インターネット上に突如「250人の人間嫌いリスト」という死亡者リストが現れた。「彼らの多くにとって、実際に役立つのは排除だけだ。「集落に近づきすぎた危険な動物にすることだ」猟師の言葉で作られた。「死のリスト」には、ローランド・ティチーやボリス・ライトシュスターのような、以前、対空射撃の名手ヤン・ベーマーマンが、「ブラックリスト」のターゲットとしてマークした人々が含まれている。シュピーゲル誌はこう報じている:

「戦いは5月1日に始まった。午前0時少し前、ベーマーマンは200万人のフォロワーに、約1500人の『右翼の荒らし』のリストを2つダウンロードし、ツイッターで配布し、ブロックするように命じた」132。

社会的危機

メディアの危機は、社会の根底にある社会的・文化的危機なしには理解しがたい。私の考えでは、差し迫ったディストピアへのアプローチには2つの方法がある。一方では、「物語」の章で述べたように、グローバルなパワーを拡大する目的でグローバルな恐怖物語を煽る非対称的な利益同盟が存在する。他方で、こうした試みは、極めて不安定でトラウマを抱えた人々という肥沃な大地に落ちている。

ほとんど無制限の権力と人格の変形が一緒になると、良いことは何もない。新世界秩序の主人公たちを経済的貪欲さで非難するだけの人は、せいぜい問題を説明し始めたに過ぎない。「グレート・リセット」に関して言えば、技術主義的アジェンダに支配されたイデオロギー的加害者が働いている。トランスヒューマニストであるクラウス・シュワブは、自分自身とその支持層、そして世界中の政治的信奉者たちを、徹底的に物質主義的な世界の「グローバル・リーダー」だと考えている。ニーチェの指導原理がここに当てはまる。「神は死んだ」のだ。テクノクラートのメカニズムについて、私は前著の中で作家ポール・シュライヤーの言葉を引用している:

「社会をコントロールする手段や技術は、世界的規模で、中央集権的にますます有効になっている。影響力のある民間人が全世界の計画を立案し、それが世界規模で実行に移されつつある。救済はしばしば、人間からかけ離れた無生物や自動化されたプロセスにあり、それは助けと利便性を約束するが、同時に中央集権的な支配と統制を可能にする。この発展の果てにあるのは、大きな標準化である。少数のオリガルヒによって推進される特定の技術やプログラムが、民主的な議論なしに、世界中のすべての人を拘束するようになるのだ。この問題は、現在のコロナウイルスの危機をはるかに超えている。一種の自動操縦が、政治であれ、経済であれ、思考一般であれ、多くのことをコントロールしているように見える。意思決定に対する責任は、国際組織の霧の中でますます見失われ、あるいは完全にアルゴリズムに移され、個人の個人的な配慮から切り離されつつある。一部の超富裕層が世界の新たな支配者になっているという一般的な仮説は、明白なものではあるが、状況を十分に説明するものではない。このような影響力のある人々もまた、ますます独自の生命を持ちつつあるイデオロギーによって盲目になっているかのようだ。反省のプロセスそのもの、つまり、個々人が計量し、疑い、疑問を抱くことが、ますます廃れ、自動化された効率への信頼に道を譲りつつあるかのようだ」133。

この視点から見れば、人生は二元的で方向性のないものであるため、プログラムされ、制御され、改善されなければならないし、そうすることができる。機械論的な世界観に基づき、非常に強力な専門知識が蓄積されてきたが、それは断片的なものでしかなく、共感や知恵なしに適用されている。長い時間をかけて自律的にバランスをとっていくような自然で一時的な現象は、死すべきものと和解したことのない唯物論的な心には、大災害のように映る。高次の視点がなく、全体論的な現象が持つ意味への信頼がないため、全体論的に見れば、人間の意識が発展するのに必要な緊張の場を作り出す自然現象は、脅威として認識される。その結果、あらゆる創造物への敬意を欠いた「世界の改善」は、思い上がりと敬意の欠如のために、少しも理解されていないサイバネティックでホリスティックな生命の原理に深く干渉することになる:

人間のゲノムを再プログラムすることによって、人間の体格を改善し、病気を克服することができる……人間の知性は、脳にデジタル・インターフェースをインストールすることによって、計り知れないほど向上させることができる……気候変動は、大気中に十分な微粒子を放出すれば、太陽を暗くすることによって止めることができる……ウイルスのパンデミックは、地球上のすべての人々がmRNAワクチンで治療されれば、きっぱりと根絶することができる……。

技術的な実現可能性、莫大な資金、傲慢さ、愚かさが、かつては「悪」と呼ばれたであろう方法で組み合わさっている。これは宇宙に破壊的な力を生み出すが、幸いなことに対抗勢力なしには存在しない。近い将来、「グレート・リセット」を支持する大規模な社会再編が行われるが、その際、すべての人は、技術主義的な力を支持するか、全体主義的な力を支持するかを決めなければならない。非人道的で、洗練されていない、技術主義的な世界との戦いでは、「愛と勇気と真実」134が助けになる。

宇宙の現実に触れるためには、人々が本当に成長できる条件が必要だ。従って、私のこれまでの著書は、常にこのプロセスのための基本的な条件と出発条件について述べてきた。人生の大きな幸運は、愛と勇気と真実が支配的な原則であった子供時代から、これらの経験が世代を超えて受け継がれていることである。人生の大きな十字架は、拒絶、恐れ、幻想が支配的な原理であった子供時代から、こうした経験が世代を超えて受け継がれていくことである。悲しい子供は悲しい大人になり、その悲しい大人が後に悲しい子供を生む。原則として、どんな痛みも埋め合わせる理由がほとんどない、幸せで安定した家庭がある。そして、一般的には、さまざまな損傷を埋め合わせる理由をたくさん持っている、傷ついた悲しい家族がいる。後者はたいてい、何らかの形で依存症になっている。自分が悲しい家族の代々のどこかに生まれたという苦い現実を認めることは、決して当たり前のことではない。もし私が、ドイツにおける幸せな家庭と悲しい家庭の比率を尋ねられたら、おそらく2対8と答えるだろう。実際、私はドイツ人はかなり悲しい国民だと思うし、それにはそれなりの理由があるからだ。

しかし、私がここで「悲しい」と表現しているのは、「トラウマを負わされた」と表現したほうがいいだろう。視点も名前も違うが、2人の心理療法家でベストセラー作家のハンス・ヨアヒム・マーズとフランツ・ルペルトは、ドイツ国民に広範で集団的なトラウマがあることに同意している。その被害の大きさは、それが普通になってしまったために、とんでもなく過小評価されているだけなのだ。精神科医のハンス・ヨアヒム・マーズが「ノルマパシー」という言葉を使ったのはこのためである。『自由の喪失について』の序文で、私はこう書いている:

「偽りの自己」の中で生きるということは、子供の頃、自分が本当に何を感じ、何を必要とし、何を拒絶するのかを学ぶ機会がなかったということだ。何が本物で、自分自身であり、本物なのか。そして、何が決められたものであり、命令されたものであり、規定されたものなのか。本当の自分を知ることができなかった人は、それに気づいていない。簡単に言えば、「自己認識」ができていないのだ。自己認識のない人は、順応主義に陥る。そして、自己認識のない人は、愛され保護されることはおろか、認識することもできない自分自身に問題を抱えている。このサイコグラムを持つ人々は、本当の意味での内面的な自由を経験していないため、社会的な自由の喪失を認識することができない。さらに、標準化された権威主義的な構造は、安心感を与えるものとして経験されることさえある。子ども時代にこのサイコグラムによって恥をかかされた人の多くは、その理由を理解できないまま、奇妙な孤独感と罪悪感を感じる。しかし、影響を受けた人の多くは、恥、罪悪感、劣等感といった感情は、他者に対する権力を得ることでうまく得られることをすぐに発見する。他人を辱め、叱責し、説教できるような社会的地位を、できれば現代の道徳の助けを借りて得ることができた者は、内なる心理的苦痛をうまく和らげることができる。そのような権力の座は、教育や教職、政治、メディア、文化の分野に当然ある。しかし現実には、自己愛的な性格の持ち主は、自分の家族、恋愛関係、社会政治的な領域で、自由に、革新的に、誠実に交流することはできない。それどころか、純粋な愛着が持てないこのような性格は、外部からの絶え間ない励ましに依存しており、これがフォロワーシップとご都合主義につながっている。自己愛性人格障害を発症する理由はたくさんある。しかし、ますます多くの専門家が、集団的自己愛という現象が増加していることに気づき、警鐘を鳴らしている。特にドイツの『善良であること』における特異性は、ここに非常に強力な集団的要因が働いていることを示唆している」135。

したがって、『Vom Verlust der Freiheit』と『Die Wiedergutmacher』は二重の問題を扱っている: 科学的な恐怖物語によって世界的な独占的地位を拡大するために、長期にわたって自らを位置づけてきた寡頭勢力が存在する。

同時に、このアジェンダは、そうした取り組みに対抗する手段をほとんど持たない、無意識のうちにトラウマを植えつけられた欧米の社会と対峙することになる。団塊の世代の親たちは、その多くが第三帝国とそれに関連する世界大戦によってトラウマを負い、自分たちの未解決のトラウマを自覚できないまま子どもたちに伝えている。また、ドイツの家庭には、再解釈され否定された加害者の伝記が数多く存在する。加えて、1968年の運動とジェンダー研究は、安定をもたらす多くの制度を廃棄し、解体した。かつては直感的に感じられていた確信が、とりわけ原型的な性別役割分担に関しても失われた。これに加えて、教育制度の体系的なフラット化と、不安定な人々の間での分配闘争による社会的ストレスがあり、この問題は2015年以降、急激に激化している。

その上、絶え間ないデジタル感覚の過負荷が、さまざまな注意欠陥や多動性障害を引き起こしている。このようなガスライティングの手法と、これまで以上に頻繁なアラートとの相互作用が、多忙で深く不安なドイツ社会を作り出し、市民は本もほとんど読めなくなっている。あるテーマについて集中的に検討し、テーゼとアンチテーゼを研究し、それに続いて心の中で独立した対話を行う、以前は思考と呼ばれていたことは、今ではほとんど行われていない。

これらのプロセスを考えれば、ドイツ国民の多くが従順な投票行動をとっていることも説明できるかもしれない。この精神的平板化は、インターネット上で最も明確に反映されている。信頼できる背景知識もなく、ツイッター世代は最も複雑な問題について、いくつかのキーワードに分解して、傲慢で極論的で断定的な発言をする。今日、人々は単に「正しい」意見を述べるだけであり、大衆のコンセンサスという集団的なバックグラウンドノイズをまず確認することなしに、「正しい」意見を述べることはない。気候変動との闘いを強化する?それは良いことであり、緊急に必要なことだ!移民を増やす?公平で道徳的に必要だ!集団予防接種?連帯の義務であり、パンデミックから抜け出す道である!自分の頭で考えることを忘れてしまった私たちは、この大変なプロセスを私たちの手から取り除いてくれるようなポジションを探したり、主人公を目指したりする。

私はこれらのメカニズムをすべて理解し、それらについて多くのことを書いてきたが、最近、私を当惑させる別の現象に襲われた。神経言語プログラミング(NLP)の訓練を受けたセラピストである私は、メッセージの内容以外にも、誰もが直感的に読み取れる非言語的なシグナルが存在することを知っている。完全に不安定でなく、自分自身から切り離されていない人なら誰でも、相手が本心から言っているのか、正直で誠実な人なのか、それとも用心したほうがいい人なのかを認識できるはずだ。精神的に健康な人は、普通、他人を見れば、その人が嘘をついているのか、騙しているのか、何か企んでいるのかを見分けることができる。人を見分けるこの生得的で健康的な能力は、最小限の不随意的な身体信号の無意識的で迅速な評価に基づいている。これらのシグナルを意図的に隠そうとし、適切な訓練を受けた人であっても、それができるのは限られた範囲に限られる。人を認識する訓練をしたければ、例えば、テレビのスピーカーの音を消して、代わりにボディランゲージや表情に集中すればいい。危機が始まってから1年後の2021年3月23日、マルクス・セーダーは太くて白いろうそくを両手で握りしめている写真をツイートした。文章はこうだ:

「バイエルンは追悼する:今日はコロナ・パンデミックで亡くなった人々を追悼する日だ。一緒にロウソクに火を灯し、少し立ち止まろう。すべての死は運命である。すべての喪失は限りなく重い。「私たちは全力でパンデミックと闘い続けます」136

セーデルの表情は、ツイートされた文章とはあまりに不釣り合いであり、人間性についての生得的な知識を持つ者であれば、戦慄を覚えるに違いない。確かにこれは、信頼できる人間の表情ではない。セーデルの表情は、メフィスト役のグスタフ・グリュンゲンスを思い出させる。それゆえ、マルクス・セーデルの表情から共感的な啓蒙家を、ヴォルフガング・ヴォダルグの表情から狡猾なポピュリストを見分けるには、人は自分の中心的で直感的な本能からどこまで距離を置かなければならないのだろうかと思う。表情と発言の不一致は決してセーデルだけではない。現実に、この現象は危機の主人公の多くに見られる。では、マルクス・セーダー、Klaus Schwab、ウルスラ・フォン・デア・ライエン、アンゲラ・メルケル、ローター・ヴィーラー、クリスティアン・ドロステン、イェンス・シュパーンのような人たちを、正直で誠実で善意ある人、つまり、利他的で下心のない、地域社会にとって最善のことを望む人だと認識することは、どうして可能なのだろうか?その一方で、グンナー・カイザー、ボリス・ライチュスター、ヴォルフガング・ヴォダルグ、スチャリット・バクディ、ヘンドリック・シュトレック、マティアス・シュラッペ、クラウス・ピュッシェル、シュテファン・ホンバーグのような人たちを、自分たちの利益のためだけに行動する狡猾なポピュリストや誘惑者と見ることは可能だろうか?もし大多数の市民が健全な本能を永久に失ってしまったために、虚偽の主張をするだけで、誠実な人々の信用を失墜させ、堕落した人々を誇張することが可能になってしまったのだとしたら、問題は予想以上に大きい。

宗教の代わり

コロナウイルスのはるか以前から西洋社会が受けていた圧力を抜きにして、制限的な措置がほとんど贖罪のように受け止められたコンプライアンスを理解するのは難しい。心理療法家でゲント大学臨床心理学教授のマティアス・デスメットは、コロナウイルスの危機をより対症療法的な観点から見ている。デスメットは、西洋社会はストレスに満ちており、コロナが原因ではなく、深く根を下ろした社会の結果だと考えている:

「だから、かなりの割合の国民が最初の封鎖の間、ストレスや不安から解放されたと感じたという事実は見過ごされがちだ。確かにこの措置は厳しいが、少なくとも少しはリラックスできる』という声を定期的に耳にした。日常生活の喧騒がなくなり、社会に平穏が戻ったからだ。監禁はしばしば人々を心理的なわだかまりから解放した。これが、無意識のうちに対策を支持することにつながった。もし人々がすでに生活、特に仕事によって疲弊していなければ、対策への支持は生まれなかっただろう。少なくとも、過去の主要なパンデミックに比べればそれほど悪くはないパンデミックに対応するものではなかった」137。

心理学者のマティアス・デスメット教授とメディア研究者のミヒャエル・メイエン教授は、伝統的な確信や意味の提供が失われた後の世俗社会に典型的なもの、すなわち「科学的権威」の称揚について述べている。

ドイツ系アメリカ人の政治思想家であるハンナ・アーレントは、その著書『全体主義の起源』の中で、ナチス・ドイツなどでこのプロセスがどのように起こったかを見事に描写している。新興の全体主義体制は通常、『科学的』な言説に頼る。彼らは数字や統計を非常に好むが、それはすぐに純粋なプロパガンダに堕落し、急進的な「事実の軽視」を特徴とする。例えば、国家社会主義はアーリア人種の優越性にそのイデオロギーの基礎を置いた。いわゆる科学的データが、彼らの理論を支えていた 138。

デスメットがハンナ・アーレントと第三帝国に言及する一方で、マイエンは多くのジャーナリストも陥っている学問分野の「幻想」を強調する。メディア業界は、意見と事実は切り離せると固く思い込み、依存関係なしに自発的に研究を進める「客観的な科学者」を信じたがっている。ヤン・ベーマーマンが哀れなマルクス・ランツに説明しているように、あなたはただ「正しい側」に立ち、自分の能力の限りを尽くしてそれを支持すればいいのであり、何が正しい側なのか「ただ知っている」だけなのだ。しかし現実には、そんな単純な話ではない:

コロナ・ディベートの 「事実」は、したがってARDとのビデオ会議も、人によって作られている。白衣を着ている人もいれば、ネクタイをしている人もいる。だからといって、自動的に彼らが良くなるわけではない。ハンナ・アーレントは、なぜ「事実」や「出来事」を操作したり、この世から消し去ったり(「一般に知られている事実」でさえも)、支配的なイデオロギーや権力者の利益に適したイメージに置き換えたりすることがこれほど簡単なのかを知っていた。事実には、人間の心にとって説得力のある証拠などなく、たいていの場合、もっともらしくもない」あるいは、別のところでは、「人間関係の領域で起こることすべて、あらゆる出来事、あらゆる出来事、あらゆる事実が、異なる可能性もあり、この偶発性には際限がない。[そして、この偶発性には際限がない。ミシェル・フーコーによれば、どの社会にも「真実の体制」があり、それが必要なのだという。真実を生み出すと仮定できる技術、これらの真実を宣言する権限を与えられた人々、反対者を制裁する手段などである。[中略)問題は、真実にしか興味がなく、それ以外には興味がない科学が、キメラであるということだ。私たちは「利他的」に、そしておそらくは「無償」で働く人々を相手にしているという考え: それが学問の世界のイリュージョンなのだ。

すでに別のところで説明したように、社会は真理と意味のシステムなしには存在しえない。コロナは、現代における宗教的代用物としての科学が、かつての宗教の絶対主義的解釈の主権すべてに決して劣るものではないことを、改めて鮮やかに示している。『自由の喪失について』で私はこう書いた:

「もちろん、世俗的な代替文化には、悪霊を手なずけるためのシャーマンや寺院も必要だ。業界全体がハルマゲドン2.0を阻止するために立ち上がり、気候学者は新しい宗教の枢機卿となった。しかし、パンデミック教団の出現により、気候教団は競争相手を得た。当然のことながら、古参の神父たちは失業の脅威から身を守っている。彼らは急いで、古い精神と新しい精神は共に戦わなければならない、だから彼らは団結してエキュメニカルな運動を形成すべきだと説明する。クリスティアン・ドロステンとハンス・ヨアヒム・シェルンフーバーは将来、一緒にミサを行うだろう」140。

数百年前に劣らず敬虔な人々は、新しい大祭司の話に耳を傾け、魔除けの儀式を熱心に展開する。このカルトは当初、酔わせるほどに安定させる。ネオ・カルト的行為(マスクの着用、手の消毒、予防接種…)は成功を約束し、コミュニティにとって社会的に非常に有益である。しかし長い目で見れば、すべての対策はインフレに陥り、「悪」はさらに強力になり(ウイルスは変異する…)、防衛カルトはほとんど効果を発揮しない(予防接種は期待通りに機能しない)。最初はウイルスやCO2分子のような恐怖の対象に投影された後、遅かれ早かれ、フラストレーションは危険をあえて相対化した「罪のある人々」に移される。ネオ・カルト的行動の失敗の責任は、突然、不信者や否定者にあるのだ。最も美しく、社会とつながっていた時代は、大きな危険に「総力戦」で立ち向かい、集団的な努力で対抗できたときだった。前述の心理学者で政治学者のアレクサンダー・メシュニッヒ博士は、そのエッセイ『コミュニオンとしてのコロナ・ワクチン接種』の中で、宗教の代わりとしてのネオ・カルト行為の機能を探求している。メシュニッヒは、特にワクチン接種を「信者が謙虚に受け入れ、救いをもたらすとされる聖なる聖体拝領」と見なしている。ワクチン接種は、著者に「聖体拝領を思い起こさせ、それは自分の罪からの救済をもたらす。ワクチン接種のカルト化は、とりわけ、注射部位の絆創膏を貼った自撮り写真がソーシャルメディアで誇らしげに紹介されることに見られる:

「もう一つの文化的、歴史的に重要な変化は、予防接種に関連した告白の義務に関するものだ。コロナウイルスが流行する以前は、他人のワクチン接種状況に興味を持つ人はいなかったし、ワクチン接種を受けた人が注射を誇らしげに披露しても、人々は気にしなかった。ワクチン・パッチを貼った自撮り写真についてはすでに述べた。しかし、それは前段階に過ぎない。今日、特に幸せそうなワクチン接種を受けた人々は、「ファイザー。COVID 19 Vaccinated」と刻まれたバッジは、Etsyなどのオンラインショップで買うことができる(決して安くはない)。このバッジはエナメルで焼かれ、さらにマグネットの留め具で固定されている。腕につけるパッチにはない大きな利点がある。広告ではすでに、このタイプの人(ほとんどが若いので、実質的にコビッド-19に脅かされることはない)を表す言葉が見つかっている: ワクチン(予防接種)とファッショニスタ(ファッション愛好家)の合成語である。ヴァクシニスタはワクチン接種を誇りに思うので、「チクッ」とした後でも全世界に見せびらかしたいと思う: 私は予防接種を受けています」141。

メシュニッヒは、メディアの世論を集中的に調査しているが、スイスの新聞『Tagesanzeiger』に歴史的な関連性を指摘する記事を発見した。その文章では、予防接種センターが寺院となり、信者の集会所となっている:

「しかし、アルトシュテッテン駅からほど近いこの予防接種施設にストレスはない。なぜなら、今まさに美しいことが起こっており、その場にいるすべての人々がそれに流されているように見えるからだ。予防接種を受けたい人々も、医師たちも。(…)まるで小さな集団予防接種のようなハイな空気が診療所に漂っている。(…)ワクチン接種は、ほんの数分の間だけ団結した、つかの間の幸せな共同体、ワクチン接種共同体を作り出す。予防接種をまだ待っている人たちや、予防接種後の15分間の安全時間をじっと我慢している人たちがいる。冗談が飛び交い、父親が子供と遊び、明るい雰囲気に包まれている。予防接種の効果は絶大だ。(…)診療所を出るとき、新しく予防接種を受けた人たちは私たちにお礼を言う。そして彼らは引き戸をくぐって日常生活に出て行く。(アルトシュテッテンの診療所を後にする人々は、ある展望を抱いている。数週間後、ワクチンは完全な予防効果を発揮する。コビッド・ワクチンはまた、新たな明るさの可能性を注入する。(…)ワクチン接種診療所やワクチン接種センターは、希望が出芽る場所である。だからこそ、コロナに悩まされる世界で最も幸せな場所なのかもしれない。まだ行ったことのない人は、きっとそれを感じるだろう: きっと実感できるはずだ」142

残念なことに、「予防接種でハイになる-予防接種で本当に幸せになる」というタイトルの記事の著者のように感化された人々は、「非信者」が彼らの献身を邪魔すれば、すぐにモンスターに変異する可能性がある。「非信者」に対する全体主義的な信者社会の隔離プロセスに関して、臨床心理学のマティアス・デスメット教授はこう書いている:

「このプロセスの影響を受けた集団は、他者に対してだけでなく、自分自身に対しても甚大な残虐行為を行うことができる。彼らは自らを犠牲にすることにまったくためらいがない。全体主義国家が単なる独裁国家と違って存続できない理由はここにある。最終的には、いわば自らを食いつぶすことになる。しかし、この過程では通常、多くの人命が犠牲になる」143

結論

マティアス・デスメットは、ディストピアの後に、最終的に新しくホリスティックな社会が出現するという希望を表明している。クラウス・シュワブの 「グレート・リセット」は、その技術主義的な解決策によって、時代遅れの機械論的な世界観の最後の息の根を止めるものである。ビル・ゲイツに倣って世界規模で実施された解決策は、状況を明らかに悪化させ、長期的には致命的な結果を招く。ウイルスが病気の原因であり、ウイルスは世界中で根絶されなければならないというモットーに従った、平坦な原因と結果の思考は、すぐに過去のものとなるだろう。その代わりに、特に医学、生物学、心理学の分野では、世界を全体的(ホリスティック)にとらえる考え方が主流になるだろう。そのモデルは(量子)物理学であり、1920年代にすでにニュートン時代に別れを告げている。

しかし–このようなことは、目を見開いてこの抑圧的な時代を歩まなければならない人々にとっては、何の慰めにもならない。私はすでに『自由の喪失』の中で、地平線の彼方に見える歪みを明瞭に見ることができない人たちを羨ましく思うことがあると告白した。多くの自由思想家は、ディアスポラで過ごす時間のために自由の島を作らなければならないことに気づいている。病んだ社会の中で、注意深い精神として心の健康を保つためには、励ましと代わりの文化が必要だ。哲学者のグンナー・カイザーは、この点で有用と考えるいくつかのポイントを挙げている:

  • 1. 独善的で順応主義的な人々から「社会的距離を置く」たとえそれが困難なことであったとしても、人に幸福を強制することはできない。とにかく「何が善で何が正しいかは明らかだから」という理由で、マスメディア以外の情報を得ることに関心を示さない人は、必ずしも親しい友人の中に数えるべきではない。
  • 2. 政治やマスメディアから「社会的距離を置く」たとえ選挙運動が行われていることを知っていても、恐怖を煽ることは有効だ。新しいコロナの数字や、最新の突然変異や予防接種キャンペーンについての話を常に聞いていると、心が毒されてしまう。
  • 3. 自然との接触を求める。長い散歩に出かけ、天候に身をさらし、森を体験し、汚れ、怪我をし、免疫系を強化するために太陽の光をたくさん浴びる。
  • 4. 反省と瞑想。瞑想法を学ぶ。あえて人生の棚卸しをする。自分自身の強さを感じる。自分自身の弱さと死を意識する。
  • 5. 志を同じくする人を求め、実生活で出会う。新しい選択的親族との親密な交流を維持し、文化的生活を発展させ、芸術や文化における新しいプログラムを開発する。
  • 6. 友人の輪を広げ、関心のある人々との対話を求める。社会の亀裂を克服するために、アートプロジェクトを通じて橋を架ける。また、さまざまな恐れに気づくことによって、共通の基盤を求める。

最後の点に対するカイザーのアプローチは、平和研究者ダニエレ・ガンザーのそれと似ている。ガンザーは、コロナウイルス以来、人々は3つの異なる恐怖に駆られていると見ており、これらの恐怖を認識することで、多くの憎しみや混乱を減らすことができるという。論争の的となるような対話の冒頭で、ガンサーは議論の参加者それぞれが自分の恐怖を告白し、それを10段階で評価することを提案する:

殺人ウイルスの恐怖(病気と死の恐怖)」

独裁政権への恐怖(自由が失われることへの恐怖)

貧困への恐怖(苦しみやなすがままにされることへの恐怖)

しかし現状については、まだ言い足りない: この1年半のガスライティングは、その効果を発揮しなかったわけではない。プロパガンダ・マトリックス、ソーシャルメディア上での意見戦、自由の剥奪、ネオ・カルト的行動、ワクチン未接種者に対する魔女狩りは、社会にかつてない分裂をもたらした。予防接種問題は、家族、友人、夫婦、同僚を分断している。古い友情は壊れ、新しい友情が生まれつつある。多くの人々は不安のあまり、生来の本能に触れることがほとんどない。その結果、デマゴーグは臆面もなく自らを博愛主義者として見せ、啓蒙主義者は陰謀家として仕立て上げられる。しかし、最悪なのは、ほとんどの人が、自分たちが実際に持っている不可侵の基本的権利を忘れてしまっていることだ:

「基本的人権は特権でもなければ、13カ月分の給料でもない。人間だから、市民だから、誰もが基本的権利を持っている。私が何か特別なことをしようが、何かを達成しようが、私はこの基本的権利を有している。基本的人権は、まさにそのような必要な時だからこそ、道しるべとして作られたのである。いざというときに、基本権を小さくして、あることを証明できた人だけがまた大きくするというのでは、基本法の基本権の理解とは違う。私は、身分証明書の提示によって、郵便局で小包のように基本権を受け取らなければならないようなことはしたくない」144。

積極的な予防接種キャンペーンに反対し、国家による強制的な予防接種から自分自身と自分の子どもたちを守ろうとする場合、誰も違法行為や連帯感の欠如、非社会的な行為をしているわけではない。実験的なmRNAワクチンやベクターワクチンを使ったCOVID-19ワクチン接種のリスクは非常に重大であるため、ワクチン接種を強制されたり、接種を受けていない人々の市民的自由を奪われたりすることは、民主的な憲法を持つ国家であれば、犯罪行為とみなされなければならない。さらに言えば、もし国家が本当に国民の健康に関心を持っているのであれば、ワクチン接種の実際のリスクについて国民に十分に知らせる義務があるはずだ。ロビイストや従順なメディアと結託した現政権が、法の支配という譲れない原則からとっくに逸脱していることに、ドイツ国民の大多数が気づくことを願うばかりである。全体主義体制を止めることができるのは、一貫した、広範で勇気ある平和的な反対運動だけである。

それゆえ私は、愛と勇気と真実への嘆願と、ドイツ連邦共和国基本法第20条への言及をもって、本書を締めくくるしかない:

  • (1) ドイツ連邦共和国は、民主的かつ社会的な連邦国家である。
  • (2) すべての国家権力は、人民から発する。国家権力は、選挙および投票によって、ならびに立法、行政および司法の特別機関によって、国民によって行使される。
  • (3) 立法府は憲法秩序に、行政府および司法府は法と正義に拘束される。
  • (4) すべてのドイツ人は、この秩序を廃止しようとする者に対しては、他に救済手段がない場合には、抵抗する権利を有する145。

譲ることのできない市民的権利について思い出させるものとして、OCLAの研究者であるデニス・ランコート博士を中心とする著名なカナダの教授に最後の言葉を託そう。彼は2021年8月2日に「予防接種を受けていない人々への手紙」を書いた。この文章は、身体的完全性と、ワクチン接種を決定する前に包括的で独立した情報を得る権利を訴えるもの:

「あなたは一人ではない!2021年7月28日現在、カナダ人の29%がCOVID-19ワクチンの接種を受けておらず、さらに14%が一度も接種を受けていない。米国と欧州連合(EU)では、完全なワクチン接種を受けているのは人口の半分以下であり、「世界の実験室」(ファイザー社による)イスラエルでさえ、3分の1の人々が完