ワクチン

ワクチン ワクチン
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

地に足をつけ、健康になる

Get Grounded, Get Well 称賛 「シナトラ博士は、身体を健康に保つための洞察力とアドバイスにおいて、私の頼りになる専門家であり、先生であり、お守りのような存在だ。彼が初めてグラウンディングについて説明してくれたとき、私はそれを自分の生活に取り入れ、特に睡眠の質
レプリコンワクチン

日本では数万人がWHOの「グローバルヘルスをめぐる超国家的掌握」に抗議した
WHOが提案したパンデミック条約と国際保健規則(2005)の改正案に抗議するため、週末に東京都心の公園で何万人もの人々が集会を開いた

In Japan, Tens of Thousands Protest WHO’s ‘Supranational Grab Over Global Health’ 24年04月16日 マイケル・ネブラダキス博士 世界保健機関(WHO)が提案したパンデミック(世界的大流行)防止条約
ワクチン全般(HPV,炭疽菌,他)

ワクチンは社会にどれほどのダメージを与えたのか? 中西部の医師
ワクチン接種がもたらす、あまり評価されていない、あるいは忘れられている結果を示すデータ

How Much Damage Have Vaccines Done to Society? 中西部の医師 2024年4月14日 一目でわかるストーリー 新しい予防接種が市場に導入された後、重傷者が相次いだという長い歴史がある。ほとんどの場合、これらの傷害はビジネスを守るために隠
COVIDワクチンの有害事象

アシーム・マルホトラ博士 COVIDワクチンについての証言 2024年4月12日 ヘルシンキ地方裁判所

@_aussie17 アシーム・マルホトラ博士の証言は、2024年4月12日にヘルシンキ地方裁判所で行われたもので、真実からの逸脱は偽証罪にあたることを理解した上で行われました。 このクリップはYouTubeによって即座に禁止されましたので、広く共有してください。 よりスムーズに
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

アンドリュー・モールデン博士 すべてのワクチンは害を生む

Every Vaccine Produces Harm Dr Andrew Moulden ジョン・P・トーマス著 編集:ブライアン・シルハヴィー 目次 第1章 あなたやあなたの子どもはワクチンで傷ついたことがあるか? ワクチン反応は人生の正常な一部ではない 私たちはワクチンがな
COVIDの起源

世界的パンデミックはエリートのマルサス的アジェンダと米国のバイオ戦争の産物か?

Is the Global Pandemic a Product of the Elite’s Malthusian Agenda and U.S. Bio-warfare? by マックス・パリー / 2020年3月21日 3月11日、世界保健機関(WHO)は、2009年の新型
COVIDワクチンの有害事象

『ワクチン接種の本』(2021)
COVID-19ワクチン接種のリスクと副作用について

Das Impfbuch レイモンド・アンガー 本書には、Scorpio Verlagが影響力を持たない外部の第三者のウェブサイトへのリンクが含まれている。したがって、この第三者のコンテンツについて、弊社は一切の責任を負わない。リンクされたページの内容については、各ページの提供者
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

すべてのワクチンはなぜ危険なのか? 中西部の医師
ゼータ電位という忘れられた、しかし極めて重要な科学を探る

What Makes All Vaccines So Dangerous? 中西部の医師 2024年3月31日 一目でわかるストーリー ワクチンは頻繁に様々な副作用を引き起こすので、これらの傷害の共通項を特定するのは困難である。最も有力な候補のひとつは、ワクチン接種が全身に微小脳
がん(ワクチン関連)

ターボ癌の治療 2024年に発表された7つの新しい研究が、イベルメクチンががんに効くことを示す
COVID-19 mRNAワクチン誘発ターボがんに関する推奨プロトコル

Treating Turbo Cancer: Seven New Studies Released in 2024 Show Ivermectin Works Against Cancer ウィリアム・マキス博士著 COVID インテル2024年4月6日 昨年、私はイベルメクチン
イーロン・マスク、ツイッター

自然な政治体制と不自然な政治体制 中西部の医師
健全な政府を持つために医学が教えてくれること

Natural and Unnatural Political Systems 中西部の医師 2024年4月11日 私が世界を理解するために使っている統一原理のひとつが「同型性」である。同型性とは、一見無関係に見えるさまざまな現象の根底にある性質が、非常に類似している可能性がある
WEF/グレート・リセット

ワクチン義務化と 「グレート・リセット」

Vaccine Mandates and the "Great Reset" 08/25/2021-ミセズワイヤー-フィリップ・バグス ワクチン未接種者への圧力が高まるワクチン接種を受けた人々が、予防接種によって奪われた自由を取り戻しつつある国がある一方で、ワクチン未接種の人々は
イベルメクチン

イベルメクチンががんと闘う「強力な薬」である7つの説得力ある理由
リック・オルダーソンは「歩く死人」で、余命6ヶ月と宣告されていた。しかし、イベルメクチン治療を開始したところ、驚くべきことが起こった。

7 Compelling Reasons Why Ivermectin Is a ‘Powerful Drug’ for Fighting Cancer ザ・ヴィジラント・フォックス 2024年04月06日 イベルメクチンは、ペニシリンに次いで2番目に人間の健康に大きな影響を与え
ウイリアム・マキス

H5N1型インフルエンザへの恐怖を煽るニュースが氾濫 「疾病X」の完璧な候補者?H5N1から身を守るには

Propaganda Series - Influenza H5N1 fearmongering is flooding the news - perfect candidate for "Disease X"? How to protect against H5N1. ウィリア
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

ステークホルダー・ディストピア

The Stakeholder Dystopia プレプリント - 2024年3月 ダグラス・C・ユーヴァン 2024年3月23日 はじめに 「ステークホルダー・ディストピア」では、第二次世界大戦後から2020年代のデジタル時代まで、権力、プライバシー、ガバナンスの進化を旅す。こ
Long-COVID治療

スパイクプロテイン関連病理の管理戦略

Strategies for the Management of Spike Protein-Related Pathology Matthew T. J. Halma,1 Christof Plothe,2 Paul Marik,3 and Theresa A. Lawrie1
心疾患・心筋炎

ナットウキナーゼ強化大豆発酵食品の最近の進歩:総説(2022)

Recent Advances in Nattokinase-Enriched Ferented Soybean Foods: A Review オンライン公開 2022年6月24日doi:10.3390/foods11131867 李丹鳳、1侯麗晨、1胡苗、1高亜新、1田子良、
COVIDワクチンの有害事象

遺伝子ワクチン接種者由来血液製剤の輸血に関する懸念と具体的対策の提案

Concerns regarding Transfusions of Blood Products Derived from Genetic Vaccine Recipients and Proposals for Specific Measures 遺伝子ワクチン接種者由来血液
サーシャ・ラティポワ

モデルナは、mRNA毒の需要が低いにもかかわらず、製造能力を大幅に拡大している…

モデルナ・カナダがケベック州ラバルのmRNAワクチン製造施設の建設を完了。(CNWグループ/モデルナ社) Moderna is substantially expanding manufacturing capacity, despite low demand for their
パンデミックⅡ・疾病X

パンデミックの影 政権の台頭

Pandemic's Shadow: Rise of the Regime プレプリント - 2023年10月 ダグラス・C・ユーヴァン 2023年10月15日 かつて多様性、自由な思想、無限の可能性で繁栄していた世界で、「沈黙の太陽の影」は、単一の万能の存在に支配された恐ろしい
ワクチンと人口管理・生殖

オックスフォード大学とアストラゼネカのワクチン開発者が英国の優生学運動と関係
オックスフォード大学とアストラゼネカ社のワクチン開発者は、英国優生学協会(British Eugenics Society)やウェルカム・トラスト(Wellcome Trust)のような他の優生学関連機関と、以前は公表されていなかったつながりを持っている。

Developers of Oxford-AstraZeneca Vaccine Tied to UK Eugenics Movement 2020年12月26日 4月30日アストラゼネカとオックスフォード大学は4月30日、COVID-19ワクチンの開発に関する。「ブレイクスルー
alzhacker.com をフォロー