ワクチン

アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

主にファイザー社とモデルナ社のmRNA製品をインキュベートした標本において、実体顕微鏡的に可視化された人工構築物のリアルタイム自己組織化: 包括的縦断的研究

Real-Time Self-Assembly of Stereomicroscopically Visible Artificial Constructions in Incubated Specimens of mRNA Products Mainly from Pfizer
グローバリズム

書籍:グローバリズムと人口削減 2022

Globalisme et dépopulation ピエール・アントワーヌ・プラケ イベントと人口削減 バイオポリティクス、ワクチン接種、トランスヒューマニズム strategika.co.jp 目次 はじめに:「黄金の10億人」の新しい世界秩序 I. ヨーロッパにおけるワクチ
フランシス・ボイル

1989年生物兵器テロ防止法の著者、ハーバード大学教授フランシス・A・ボイルが、COVID-19の起源とワクチン論争について爆弾発言

1989年生物兵器テロ防止法の著者、ハーバード大学教授フランシス・A・ボイルが、COVID-19の起源とワクチン論争について爆弾発言。 彼は単なる専門家ではなく、1983年以来生物兵器と闘っており、議会は彼の法律を満場一致で可決しました。 この爆発的なインタビューで、ボイルは次の
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

動画:DARPAプログラム・マネージャー アリシア・ジャクソン博士 生きている世界のプログラミング
DARPA BiT 2015 LIVING FOUNDRIES

!function(r,u,m,b,l,e){r._Rumble=b,r||(r=function(){(r._=r._||._.length==1){l=u.createElement(m),e=u.getElementsByTagName(m),l.async=1,l.src
アグノトロジー・犯罪心理学・悪

抵抗と信仰 デビッド・A・ヒューズ
2020年以降に起こったすべてのことを踏まえて、抵抗と信仰の関係についての短い考察

Resistance and Faith デビッド・A・ヒューズ 2024年6月28日 2020年に多くの人々がそうであったように、私はそれまで尊敬していた思想家たちに対する尊敬の念を失った。 特に、有名な「左翼」や「左翼」の出版物が、目新しい病気と闘うという口実のもとに展開され
FLCCC,ピエール・コリー

FLCCC:ブレインヘルス 認知症治療ガイド 2024年6月

本書について 本書に記載されている情報は、成人におけるCOVIDに関連した認知機能障害の治療法として推奨されるものです。本書は、サンアントニオ神経学研究所(Neurology Institute of San Antonio)の創設者であるスザンヌ・ガズダ博士(Dr. Suzan
ウイリアム・マキス

COVID-19ワクチンの犠牲者、日本の家族が発言、mRNAの危険性について警告する医師、スピーチ、日本のテレビスポットについて

COVID-19 Vaccine Victims, Japanese Families Speak Out, Doctors Warning About mRNA Dangers, Speeches and Japanese TV Spots ウィリアム・マキス博士 グローバルリ
イベルメクチン

イベルメクチン錠剤へのアクセスと研究、癌の記事とプロトコル ウィリアム・マキス博士

低用量 中用量 高用量 超高用量 ≤0.5mg/kg 1.0mg/kg 2.0mg/kg ≥2.5mg/kg - 寛解期の癌 - 家族歴が強い - 遺伝的素因 - 予防措置 ほとんどの癌の開始用量 非常に進行した癌 (白血病、膵臓癌、脳腫瘍)の用量 - 広範な転移性疾患 - 予後
パンデミックⅡ・疾病X、鳥インフルエンザ

H5N1(鳥インフルエンザ)リスクアセスメント ロバート・マローン
リスクとは何か?最新のデータは何を示しているのか?

H5N1 (Avian Influenza) Risk Assessment ロバート・W・マローンMD, MS 2024年07月02日 要点のまとめ : 鳥インフルエンザA(H5N1)は、世界の多くの地域で数十年にわたり、多種多様な鳥類で流行している。 したがって、このウイルス
ウイリアム・マキス

がんのサクセスストーリー ステージ4の膵臓がん – フェンベンダゾールプロトコルで腫瘍が縮小し、がんマーカーが減少した

Cancer Success Stories: Stage 4 Pancreatic Cancer – Fenbendazole Protocol Shrinking Tumors and Dropping Cancer Markers 私のがん体験談私は2023年8月にステージ
イベルメクチン

インタビュー イベルメクチンとターボガンを中心に ウイリアム・マキス博士

INTERVIEW - TNT The Pelle Neroth Taylor Show - Focus on Ivermectin and Turbo Cancer (June 20, 2024) ペレ・ネロス・テイラー 21:30 木曜日の午後、北半球の夏至の日、テイラーのペ
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

論文:ブレイン・マシン・インターフェースを進化させるためのAIと神経科学の統合: 研究

Integration of AI and Neuroscience for Advancing Brain-Machine Interfaces: A Study 『インターナショナル・ジャーナル・オブ・ニューメディア・スタディーズ』2024年5月号掲載論文 バーラト・クマール
FLCCC,ピエール・コリー

FLCCC:がんについて知っておくべきこと ポール・マリク博士

Cancer, What You Need To Know !function(r,u,m,b,l,e){r._Rumble=b,r||(r=function(){(r._=r._||._.length==1){l=u.createElement(m),e=u.getElemen
酸化グラフェン・ナノ粒子

ホイットニー・ウェッブ:COVID-19注射剤に酸化グラフェンは含まれているか?
⁣Whitney Webb: Is There Graphene Oxide In The COVID-19 Injections?

⁣Whitney Webb: Is There Graphene Oxide In The COVID-19 Injections? 2021年7月24日 要約 AI 要約 この議論は、ファイザーのCOVID-19ワクチンに酸化グラフェンが含まれていると主張するスペインの研究を分
ダニエル・ブローディー

論文:サイボーグが私たちを救う バイオ・ナノ・パノプティコン:注入された身体?
Cyborgs R Us: The Bio-Nano Panopticon of Injected Bodies?

Cyborgs R Us: The Bio-Nano Panopticon of Injected Bodies? ヴァレリー・キリー1、ダニエル・ブローディ2 2沖縄キリスト教大学応用言語学部教授 要旨 バイオテクノロジー、ナノテクノロジー、材料科学の文献を調査し批判的に分析す
酸化グラフェン・ナノ粒子

技術報告書:Covid19ワクチンにおけるグラフェンの検出 2021

この出版物に関する議論、統計、著者プロフィールは を参照のこと。 Covid-19ワクチン中のグラフェンの検出 テクニカルレポート - 2021年11月 著者2名 パブロ・カンプラ アルメリア大学 44件の論文 1,126件の引用 マイクロラマン分光法によるCovid-19ワクチ
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

書籍:ペンタゴンの頭脳 2016
The Pentagon's Brain

The Pentagon's Brain: An Uncensored History of DARPA, America's Top-Secret Military Research Agency 目次 表紙 タイトルページ ようこそ 献辞 エピグラフ プロローグ 第1部 冷戦
ワクチン 倫理・義務化・犯罪・責任問題

ホワイトハウスが検閲しようとした43冊の反ワクチン書籍
焚書は健在

NE - NAKEDEMPEROR.SUBSTACK.COM 2024年6月25日 焚書は30年代のナチス政権で終わったと思っていましたか?憲法修正第1条が言論の自由を保護していると思っていましたか? 司法委員会と連邦政府の兵器化に関する特別小委員会による最近の報告書 「 検閲産
COVID 中枢神経系

FLCCC:ブレインヘルス 認知障害治療の手引き 2024年4月

BRAIN HEALTH A GUIDE TO TREATING COGNITIVE IMPAIRMENT 2024年4月 目次 本書について 概要 COVIDと認知障害 有病率と重症度 認知機能障害の影響 脳の健康に役立つ生活習慣の改善 食生活の改善 断食 腸の治癒を最適化する
AI言語モデルとの対話

AI:酸化グラフェンの人口集団への導入 国家安全保障と倫理的ジレンマ

Controlled Brain Dynamics and Safety of Graphene Oxide Nanoparticles: Applications and Challenges for the Treatment of Neurological and Psyc
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました