世界保健機関(WHO)・パンデミック条約

世界保健機関(WHO)・パンデミック条約 世界保健機関(WHO)・パンデミック条約
世界保健機関(WHO)・パンデミック条約

オージー17:カレンダーに印をつけよう ー 腐敗した世界保健機関(WHO)に対する究極の世界的抗議行動の準備をしよう!
MARK YOUR CALENDARS: Get Ready For The Ultimate Global Protest Against the Corrupt World Health Organization!

MARK YOUR CALENDARS: Get Ready For The Ultimate Global Protest Against the Corrupt World Health Organization! 世界中の友人、兄弟、姉妹たち、 今こそ私たちが団結し、これま
イベルメクチン

中西部の医師:医師はなぜ患者を見限るのか?
史上最大の医療災害の背後にある心理を探る

Why Do Doctors Give Up On Patients? 中西部の医師 2024年4月29日 医学の世界では、医師はしばしば患者に対してできることは何もないと決めつけ、責任を患者に転嫁する(例えば、予防接種を受けるべきでしたね、など)。 このような創造性の欠如は、医
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

シュプリンガー:「Covid-19」心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 第1巻
“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy Volume 1

“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy 「Covid-19」、心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 デイヴィッド・A・ヒューズ(David A. Hughes) 英国リンカーン大学社
レプリコンワクチン

日本では数万人がWHOの「グローバルヘルスをめぐる超国家的掌握」に抗議した
WHOが提案したパンデミック条約と国際保健規則(2005)の改正案に抗議するため、週末に東京都心の公園で何万人もの人々が集会を開いた

In Japan, Tens of Thousands Protest WHO’s ‘Supranational Grab Over Global Health’ 24年04月16日 マイケル・ネブラダキス博士 世界保健機関(WHO)が提案したパンデミック(世界的大流行)防止条約
COVIDの起源

世界的パンデミックはエリートのマルサス的アジェンダと米国のバイオ戦争の産物か?

Is the Global Pandemic a Product of the Elite’s Malthusian Agenda and U.S. Bio-warfare? by マックス・パリー / 2020年3月21日 3月11日、世界保健機関(WHO)は、2009年の新型
グローバルリサーチ

インドからの書簡 世界保健機関(WHO)の「パンデミック対策」暴政を阻止せよ

Letter from India: Stop World Health Organization’s ‘Pandemic Preparedness’ Tyranny コリン・トッドハンター グローバルリサーチ、2024年02月08日 初出:2023年12月18日 世界保健機関(
世界保健機関(WHO)・パンデミック条約

WHOのパンデミック条約に反対する大規模集会が日本で起こる
第3の原爆を、日本人の手で止めよう!

DEVELOPING: Massive Rallies Break Out in Japan Against WHO's Pandemic Treaty AUSSIE17 2024年4月13日 記録 2024年4月13日、全国で数万人の市民がパンデミック集会に結集したことは、日本
ミーゼス研究所

WHOのパンデミック条約:国家主権と自由の終焉

The WHO's Pandemic Treaty: The End of National Sovereignty and Freedom 06/02/2022-ミセズワイヤー-ビルセン・フィリップ 世界保健機関(WHO)は、コビッド19のパンデミック(世界的大流行)を乗り越え
COVIDワクチンの有害事象

書籍:『ワクチン接種の本』(2021)
COVID-19ワクチン接種のリスクと副作用について

Das Impfbuch レイモンド・アンガー 本書には、Scorpio Verlagが影響力を持たない外部の第三者のウェブサイトへのリンクが含まれている。したがって、この第三者のコンテンツについて、弊社は一切の責任を負わない。リンクされたページの内容については、各ページの提供者
ダグラス・ユーヴァン

パンデミックを政治化する: COVID-19時代のグローバル・ヘルス・ガバナンスをナビゲートする

Politicizing Pandemics: Navigating Global Health Governance in the COVID-19 Era パンデミックを政治化する: COVID-19時代におけるグローバル・ヘルス・ガバナンスのナビゲート プレプリント - 2
ダークホース/ブレット・ワインスタイン

Ep. 60 コビッド事故の教訓は、その設計者にもっと権力を与えるべきだということ?ブレット・ワインスタインがWHOの計画について語る。

Ep. 60 Is the lesson of the Covid disaster that we should give its architects more power? Bret Weinstein on the WHO’s plans for you. (08:05)
アグノトロジー・犯罪心理学・悪

BNN エピソード014 – ブレット・ワインスタイン

ブレット・ワインスタインは進化生物学者、ベストセラー作家であり、妻で共著者の進化生物学者ヘザー・ヘイングとDarkhorseポッドキャストの共同ホストを務めています。WHOパンデミック条約と加盟国への潜在的影響、少数派がいかにしてゴリアテを倒したか、西洋における反ユダヤ主義の再浮
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

武漢の隠蔽工作
The Wuhan Cover-Up

目次 献辞 謝辞 はじめに 第1章 予言者たち 第1部 武漢への道武漢への道 第2章 生物兵器とアメリカの価値観 第3章 生物兵器の歴史 日本の731部隊 健康な被験者 第4章 破片を拾う: 米国の生物兵器プログラムの誕生 大学 第5章 石井とその子分をダウンロードする。日本のペ
ジェームズ・コルベット

パンデミック2.0と新パンデミック条約 ホールド・ザ・ライン
Pandemic 2.0 and the New Pandemic Treaty. Hold the Line!

グローバルリサーチ、2023年12月03日 「彼らは他の何かを求めているのではなく、ただ命の贈り物を求めているのです。もしそれが可能なら、どうか与えてください。死にたくないんです、神様助けてください" - 2023年5月17日、オタワのNCIにて。彼女はCOVID-19ワクチンを
世界保健機関(WHO)・パンデミック条約

WHOパンデミック条約 メガスレッド
The WHO Pandemic Treaty

メガスレッド 文化戦争が激化する一方で、それに資金を提供し、煽動し、悪用するまさに同じ人々が、私たちが飽き飽きした言葉をまとって、前例のない権力奪取に向かって突進している。WHOの文書には、「包括性」、「多様性」、「公平性」といった言葉が目立つ。 これらは政治的な言葉であり、ファ
世界保健機関(WHO)・パンデミック条約

なぜ誰もがWHOのことを心配しているのか? メリル・ナス博士
WHOの提案の何が問題なのかを、かなり包括的に、しかし適度に短く説明している。異論を挟むのは難しい

2023/11/12 過去2年間、WHOの権力掌握の試みについて耳にしたことがあるだろう。ここでは、現在の状況を理解するために必要なすべてを紹介する: 概要 将来のパンデミックや生物学的テロに対する備えを強化するためと言われているが、大規模で高価な世界的バイオセキュリティーシステ
世界保健機関(WHO)・パンデミック条約

WHO条約および国際保健規則(IHR)改正案に関する主な懸念事項8項目
配布資料として、あるいは会話のきっかけとしてお使いください:「知っていましたか?」配布資料はDoortoFreedom.orgにPDFで掲載します。

Eight items of major concern regarding the proposed WHO treaty and International Health Regulations (IHR) amendments メリル・ナス 2023/11/14 1. 生物
アンリミテッド・ハングアウト

ジェレミー・ファーラーとWHO、ジョニー・ヴェドモアと
Jeremy Farrar and the WHO with Johnny Vedmore

Jeremy Farrar and the WHO with Johnny Vedmore このエピソードでは、ホイットニーが、ウェルカム・トラストの元代表ジェレミー・ファーラーの世界保健機関(WHO)主任科学者への就任が間近に迫っていることと、秘密裏に行われた規則改正プロセスを
ケビン・マッカーナン、SV40、DNA混入

科学は語らせる – サーシャ・ラティポワ&キャサリン・ワット、2023年10月4日
Let the Science Speak - Sasha Latypova & Katherine Watt, 4 Oct 2023

Let the Science Speak - Sasha Latypova & Katherine Watt, 4 Oct 2023 サーシャ・ラティポワ 主催者には素晴らしいおもてなしに感謝いたします。皆さんがここに参加できて、とても感動し、幸せです。私は自分のバックグラウン
RFK Jr.、子どもの健康防衛(CHD)、JFK

メリル・ナス博士と学ぶWHOとパンデミック
The W.H.O. and Pandemics with Dr Meryl Nass

The W.H.O. and Pandemics with Dr Meryl Nass RFK Jr. 0:00 皆さん、こんにちは。ポッドキャストへようこそ。今回は恒例のゲストで、私が世界で一番好きな人の一人です。メリル・ナス博士はメイン州で開業している医師で、メイン州医師会は
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました