日本では数万人がWHOの「グローバルヘルスをめぐる超国家的掌握」に抗議した
WHOが提案したパンデミック条約と国際保健規則(2005)の改正案に抗議するため、週末に東京都心の公園で何万人もの人々が集会を開いた

レプリコンワクチン世界保健機関(WHO)・パンデミック条約日本の抵抗運動生物兵器ワクチン

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

In Japan, Tens of Thousands Protest WHO’s ‘Supranational Grab Over Global Health’

childrenshealthdefense.org/defender/japan-protest-who-supranational-grab-global-health/

24年04月16日

マイケル・ネブラダキス博士

世界保健機関(WHO)が提案したパンデミック(世界的大流行)防止条約と国際保健規則(IHR)の改正案に抗議するため、週末に東京都心の公園で数万人が集会を開いた。- パンデミック条約と国際保健規則(IHR)改正案は、日本や他の国々の国家主権を脅かすと批判している。

「パンデミック条約に反対する市民の会」は、世界保健会議(WCH)日本の協力を得て、この集会を組織したと、歴史家で作家の林千勝氏と大阪市立大学医学部名誉教授で分子病理学・医学博士の井上正康氏は述べた。

集会は日本のWHO脱退を求めた。参加者はまた、「パンデミック条約」やIHRの改正、日本政府の公衆衛生政策にも反対したと、集会でスピーチした林氏と井上氏はThe Defenderに語った。

集会は東池袋中央公園で開催された。WCHジャパンのメンバーである上條泉氏は、この場所にはかつて巣鴨プリズンがあり、「第二次世界大戦後、占領軍、すなわちマッカーサー元帥と米軍に協力することを拒否した政府や軍部のトップのほとんどが収容された場所」であることから、象徴的であるとThe Defenderに語った。

動員数は10万人とも言われているが、上條によれば、「動員数は20,000人前後と推定される……30,000人という人もいれば、10,000人を大きく超えるという人もいる。だから、2万人が妥当だろう。」

上條によれば、2万人という参加者数でさえ重要なことであり、「これほど大きな集会は何十年もなかった」という。林と井上も約2万人の参加者を推定し、「偉大な業績」と称した。

 

WHOの提案に対する世界的な反対の高まりを歓迎する専門家たち

チルドレンズ・ヘルス・ディフェンス(CHD)代表のメアリー・ホランド氏は、日本におけるWHOのグローバル・ヘルス買収の試みに対する「抵抗の声を目の当たりにして感激している」と語った。

ホランドは『ディフェンダー』紙にこう語った:

「日本は歴史的に、MMRDPTHPVワクチン、そして小児スケジュール全体において、ワクチン強制に抵抗する点で先行してきた。そして日本人は、核兵器や生物兵器を含む恐ろしい技術戦争を経験してきた」

「井上博士のような医師や科学者が、一般市民と一緒になって、自分のことは自分で決めるという人間の人権を主張しているのは心強いことだ。日本でのデモ行進が世界各地で火をつけ、WHO条約とIHR改正案が歴史の灰の山に終わりますように」

CHDアフリカのエグゼクティブ・ディレクターであり、Transformative Health Justiceの創設者であるShabnam Palesa Mohamed氏は、「集会は、直接行動や市民的不服従における強力なツールである。集会は、直接行動や市民的不服従の強力な手段である。集会は、いわゆる権力者たちに、民衆の力が権力者たちよりも大きいことを思い起こさせるものだ」

「伝統的に保守的な社会と見られてきたが、この集会は日本人の勇気、知恵、モラルを思い出させてくれた。この集会は、私が最近見た中で最大の反WHO集会であり、東洋でこのような集会が開催されることに感銘を受けた」

グローバル・ヘルス・プロジェクトの代表であり、グローバルCOVIDサミットのディレクターであるキャット・リンドレー博士は、「世界が目覚めつつある」ことに勇気づけられたと述べ、WHOの提案に抵抗があること、特に日本のように政府に対して声高に反対することで知られていない国では抵抗があることを語った。

リンドリー氏らが『ディフェンダー』紙に語ったところによると、東京の集会は、WHOとその提案に対する世界的な反対の高まりを示す最近の例のひとつだという。

オランダの弁護士Meike TerhorstがThe Defenderに語ったところによると、本日未明、オランダ議会は、2023年のIHR改正案について、現行のIHR(2005)第55条に反して、世界保健総会に4カ月前に審査が提出されていないとして、世界保健総会の採決の延期を求める動議を可決した。

内科医で『自由への扉』の創設者であるメリル・ナス博士は、「市民の関心が急上昇している」ため、世界中の国会議員が対応に追われていると述べた。

ナス博士はオーストラリアの例を挙げ、同国の条約に関する合同常任委員会が最近、声明を発表し、WHOの提案のような文書の交渉責任は同委員会だけでなく連邦政府にあると説明した。

世界的な反対運動の高まりを受けて、リンドリーはWHOの提案をめぐる交渉は “より論争的になりつつあり、それはまた励みにもなる “と述べた。

「これはWHOによるグローバルヘルスに対する超国家的な掌握であることを理解し始めたからだ」と彼女は言った。

土曜日の集会で井上は、「情報で戦う第三次世界大戦」の一環として、健康が世界的に武器化されていると述べた。

林氏は日本の過去に言及し、WHOの提案に反対することは、”日本人の手で、私たちの手で、第3の原爆を阻止する”ことに似ていると述べた。

「パンデミック条約に反対する市民の会」の佐藤和夫氏はスピーチの中で、COVID-19ワクチンとパンデミック規制が子どもたちに与えた被害について言及した:

「2年前、私たちは子どもたちにコロナウイルスの予防接種を強制することに反対するデモを計画した。実際、子どもたちはどんどん予防接種を受けさせられ、学校は荒れ放題だった」

「コロナウイルスは、断絶の歴史を作り出し、コミュニケーションを遮断し、親子を引き離した……現在の状況は、『トラブルを作り出し、用意周到な解決策を考え出す』という図式として完璧に要約される。この茶番を止めるために、人為的に作られたこの状況と、それによって引き起こされる害を軽減するために、誰もが自分の役割を果たすべきである。」

井上はWHOの提案を前に団結を呼びかけた。集会の場所を「神聖な場所」と呼び、彼は参加者にこう語った:

「今や右も左もない。反社会的なヤクザから天皇陛下までがワクチンの被害者である。だからこそ、今回は政治的には超党派。職業も年齢も関係なく一致団結しなければ、日本人は駆逐されてしまう」

「私たちは今、第三次世界大戦の真っただ中にいる。大人が目を覚まし、日本をきちんと守らなければ、私たちの子や孫がそのツケを払わされることになる・・・国民には、自国を見捨てる政策をとる岸田内閣や官僚に対して、大きな声を上げてもらいたい。一緒にがんばろう」

林氏はスピーチの中で、WHOと各種ワクチンを痛烈に批判した:

「このメッセージを日本中、世界中に発信しよう:『パンデミック協定』とIHRは破棄するしかない。政府は『パンデミック条約』とIHRに関する情報を国民に開示すべきだ」

「WHOによる人権侵害を許さない。政府は有害無益な遺伝子ワクチンを廃止すべきだ。主要メディアは、ワクチン接種後の過剰死亡の急増を報道しなければならない・・・遺伝子インフルエンザワクチンを接種させてはならない。危険な自己増幅型mRNAワクチンの開発を阻止せよ。国民の選択権と日本の主権を無視し、ワクチン接種を強要するWHOに強く抗議する。」

ナス博士は『ディフェンダー』誌に対し、「日本人は大量破壊兵器のことを知っている。原爆を2発も落とされ、第二次世界大戦中には生物兵器による戦争を経験している」

「国民はもうたくさんである。将来のパンデミックや生物兵器による攻撃につながるような、いわゆるゲイン・オブ・ファンクションの研究をこれ以上望んでいない」と述べた。

極端な人権侵害

この集会は、井上がWHOの提案について事前に録音した「世界へのメッセージ」を用意した数日後に開催された。

『WHOからの脱退』の著者である井上氏は、4月11日のビデオで、WHOの提案は「人権侵害」であり、COVID-19パンデミックは「WHOが世界のすべての人々にワクチン接種を強制するための偽りの口実として利用した」と述べた。

「通常10年以上かかるワクチン開発期間を1年未満に短縮する計画が立てられた。この作戦は、遺伝子ワクチンの(リスクを)隠蔽するために使われた。時間短縮を口実に、極めて危険な方法が選択された」

と井上は言った:

「ウイルス遺伝子を筋肉内に注射し、毒性を持つスパイクプロテインをヒトの組織内に直接産生させ、免疫系を刺激することは、人類の歴史上一度も適用されたことのない、まったく新しい方法であり、誤った考え方である。したがって、ほとんどの医師が適切なインフォームド・コンセントを行うことは不可能である」

この結果、ワクチンに関連した有害事象が「人類史上かつてないほど」蔓延していると井上氏は指摘し、これを「極端な人権侵害」と呼んだ。日本政府は現在、次のパンデミックに備え、新たなワクチン生産システムを構築する計画だと井上氏は述べた。

「日本政府は世界で初めて自己複製ワクチンと呼ばれる新しいタイプのワクチンを承認し、この秋から冬にかけて供給を開始する予定である」と井上は語った。井上氏は、この新しいワクチンの製造施設を直接視察したことに触れ、「これは信じられないような、クレイジーな状況だ」と語った。

日本政府は、今年の世界経済フォーラムで提案された「疾病Xによる次のパンデミックに備え、ワクチン開発に挑戦する製薬会社から9億ドル相当の大規模臨床試験を募集しているという。

彼は言った:

「日本政府のこの動きは、CEPI(Coalition for Epidemic Preparedness Innovation/疫病対策革新同盟)の”100 days mission“(100日作戦)の一環であり、ワープスピード作戦の3分の1に短縮することを目的としていると推測されている」

「つまり、数百日でワクチンを開発し、ワクチンのビジネスサイクルを短縮しようとしているのだ。これは人権の観点を無視することによってのみ可能だ」

井上氏は、IHR改正案とパンデミック条約は、「このような非科学的で危険な狂気の計画に合理性と法的拘束力を与えようとしている」と述べた。

そして、「世界各国間の情報交換のプロセスを通じてのみ、絶望の中に希望を見出すことができる。私の声明が、皆さんの健康な生活と家族を守る一助となることを願ってやまない」

コロナワクチンによる死傷者が増加する中、WHOは日本で抗議を続けている

この集会の主催者は、土曜日のデモは「パンデミック条約」とIHR改正に反対するために日本で行われているいくつかの取り組みのひとつであり、林氏は「ソーシャル・ネットワーキング・サイトでの数多くの政府批判」に言及していると『ディフェンダー』に語った。

上條氏は、「WCHジャパンは、WHOに反対する署名運動を組織した」と述べた。この “100万人 “キャンペーンは、「現在の健康問題に取り組み、健康と身体の自律、言論の自由に関する人権を守ること 」を目的としている。

「このキャンペーンは、同じ懸念を共有する人々の声を集め、日本政府に具体的な行動を促すことを目的としている。」と上條氏は述べ「2022年の日本の総死亡者数は157万人と、前年より13万人増加し、日本における過剰死亡の異常な増加」を挙げた。

さらに上條氏は、日本政府の統計によれば、「COVID-19ワクチン接種後の3年間に5,735人が健康被害を受け、そのうちの420人が死亡している」とし、「これは過去45年間のワクチン関連死の総数、すなわち合計151人をはるかに上回るものである」と述べた。

「私たちは(日本)政府に対し、死亡者数の増加の原因を調査することを要求し、ワクチン接種を中止し、ワクチンの安全性を評価する透明な第三者機関を設置することを求める」そして「これらの(WHOの)国際条約に反対する」と上條氏は述べた。

世界的にみて、WCHは最近、「公衆衛生緊急事態の濫用を防止する」と題するリーガル・ブリーフを発表した:「緊急事態を宣言するための合法的な基準」と題するこのリーガル・ブリーフは、公衆衛生上の緊急事態を合法的に宣言できる国際法上の4つの基準について概説したものである。

林氏と井上氏は連名でWHOからの日本脱退を訴えた。「WHOは選挙で選ばれた組織ではなく、巨大製薬会社などの利益誘導団体に武器として利用されている悪の組織であり、この組織から脱退することでしか健全な存在はありえない」と。

「世界中を動員し、連帯することで、WHOの寡頭政治に明確なメッセージを送ることができる」

批評家たちは、提案されている「パンデミック協定」(または条約)と2023年のIHR改正案は、特に新たなパンデミックが発生した場合、WHOに各国政府や公衆衛生当局に対する包括的な新しい権限を与え、デジタル・ヘルス・パスポートの世界的な体制を確立するのに役立つだろうと主張している。

WHO加盟国が現在交渉中のこれらの提案は、5月27日から6月1日までスイスのジュネーブで開催されるWHOの第77回世界保健総会で投票されることになっている。


マイケル・ネブラダキス博士

ギリシャのアテネを拠点とするマイケル・ネブラダキス博士は、『Defender』のシニア記者であり、CHD.TVの”Good Morning CHD “の司会者の一人である。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました