インドからの書簡 世界保健機関(WHO)の「パンデミック対策」暴政を阻止せよ

グローバルリサーチ世界保健機関(WHO)・パンデミック条約

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Letter from India: Stop World Health Organization’s ‘Pandemic Preparedness’ Tyranny

www.globalresearch.ca/letter-from-india-stop-world-health-organizations-pandemic-preparedness-tyranny/5843525

コリン・トッドハンター

グローバルリサーチ、2024年02月08日
初出:2023年12月18日


世界保健機関(WHO)が現在進めている世界的なパンデミック対策協定(「パンデミック条約」)は、「社会管理へのファシスト的アプローチ」に道を開くものである。受益者となるのは、COVID-19の対応がうまく機能した悪徳企業や投資家たちである。その結果、人権と個人の自由が失われることになる。

そう語るのは、集団の健康の博士号を持つ臨床・公衆衛生医で、元WHO科学・医務官のデビッド・ベル博士である。この条約は、もし成功すれば、WHOにグローバルヘルスガバナンスにおける中心的な指導的役割と独占的権力を与えるという、恐ろしい権力の掌握を意味する。

現在の草案では、この条約は、WHOが自ら宣言した公衆衛生上の緊急事態が発生した場合に、各国による多額の財政拠出、封鎖、渡航制限、健康診断の強制、予防接種の義務化などの措置を命じる権限をWHOに与えることになる。

WHOは、生物学的、気候学的、環境学的な脅威であろうと、拡大された地域に対する潜在的または現実的な脅威に対して、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(イングランド公衆衛生サービスIC)を宣言する単独かつ広範な権限を持つことになる。そして、適切な証拠もなく、 インフォームド・コンセントなしに国民に課される措置や医療物質を単独で決定する。その権限には、WHOが発表する公式のシナリオに反対する意見など、言論の自由を含む情報の公式検閲も含まれる。。

著名な弁護士、医師、関係市民のグループが、インドのナレンドラ・モディ首相とマンスク・L・マンダヴィヤ保健福祉大臣に宛てて書簡を送り、WHOの世界パンデミック条約を拒否するよう求めた。署名者は本記事の末尾に掲載されており、10ページにわたる書簡の全文は、Awaken Indiaのウェブサイトから関連リンクや参考文献とともに閲覧できる: WHOパンデミック条約は憲法違反である)。

WHOは2023年2月1日、38条からなるWHO CA+のゼロドラフト(この「パンデミック条約」は現在、公式には「アコード」と呼ばれている)を発表し、その後、2023年6月2日に41条からなる別のドラフトを発表した。 このアコードは、WHOの機能を根本的に変えるものである。 WHOは密室で秘密裏に、事務局長の下に強大な権限を求めている。。

署名者たちは、提案されている協定のもとでは、WHOが自由にパンデミック(世界的大流行)を呼びかけ、イングランド公衆衛生サービスICを宣言し、各国政府の権限を引き継いで、市民を拘束し、渡航を制限し、ワクチンパスポート(強制検査とワクチン接種)を要求し、ソーシャルメディアの検閲を強化できることを明らかにしている。この協定はまた、毎年、無期限に継続される『枠組み条約』として運用される。この協定は、WHOが自由な権力を獲得するための独裁者的役割を果たすことを促進するものだ。。

協定そのものと 2005年国際保健規則(IHR)の改正という2つの文書が、WHOに強権的な権限を与えるために並行して運用されるように設計されている。 この2つの文書は、WHOに健康の自由を脅かす権限を移譲し、国家、医療、身体の自律性を根本的に脅かす。ものである。

その書簡の中で、著者らは、WHOは外部の、選挙で選ばれることのない機関であり、このような独裁的な立場に任命されることはありえない、と述べている。COVID-19の期間中、医療専制政治を助長するWHOの役割は明らかだった。。

強制閉鎖を提唱し、インドや世界中の何百万人もの生活を破壊し、精神衛生上の問題を急増させた。 学校を閉鎖し、一世代の教育を後退させた。 EUA(緊急時使用許可)のもとで、「安全で効果的」という謳い文句とは裏腹に、検査が不完全で未承認のワクチンを推進し、スパイクプロテインに起因する心臓病や脳疾患を急増させた。

2024年5月に開催される第77回世界保健総会で単純多数決で採択されれば、「パンデミック条約」は、10カ月以内に国が積極的に拒否または留保を申し立てない限り、すべての国に対して12カ月以内に発効する。

首相と厚労相に宛てた書簡には、この協定とそれを推進する。人々はこう書かれている:

「インド市民の基本的権利を明白に侵害するものであり、したがってインド憲法の超法規的行為である。その意図そのものが、医療処置の強制、強要、さらに重大な違法行為を通じて、身体の自律性と完全性に対する基本的権利を取り消すものである」

手紙はこう付け加えている:

「これは、基本的な市民の自由に対する息を呑むような恐ろしい攻撃である。あらゆる人間の身体の完全性を否定することは、あらゆる人権の喪失を意味するという基本的なことを理解しなければならない」

その主張の中で、書簡はニュルンベルク綱領(1947)に言及し、 こう述べている:

「被験者の同意は絶対に不可欠である。市民的および政治的権利に関する国際規約は、1966年の条文でこの意図しない実験の禁止を再開した」

また、医師のためのジュネーブ声明(1948)にも言及している:

「私は患者の自律性と尊厳を尊重します。私は、たとえ強制力をもってしても、人権や市民の自由を侵害するために医学的知識を用いません。私は、受胎から人間の生命を絶対的に尊重します。患者の健康を第一に考えます 」

署名者たちは、WHOを国民生活から切り離す以外に選択肢はほとんどないことを指摘し、インドの主権とすべての国民の権利を守るために行動するよう、首相と厚生大臣に懇願する。

2022年にIHRの改正案を採択したときのように、世界保健総会では194カ国から選出された、説明責任を果たさない、ほとんど無名の代表がジュネーブに集まります。このプロセスは、秘密主義、独裁主義、そして迫り来る専制政治をはらんでおり、透明で民主的なプロセスとは無縁です。

これらの国の代表は選挙で選ばれたものではなく、その国の国民を代表するものでもない。署名者は問う:

「194カ国を拘束する国際的/世界的な健康規制はともかく、国家を代表して交渉できるのでしょうか?」

『世界パンデミック条約』が強行採決されれば、永久封鎖が始まるかもしれない。同時に、企業の利益が支配的になる。パンデミックは、パンデミックの存在に依存する官僚機構を作り出すことによって、自立した組織になるだろう。

人々は警察や官僚のなすがままとなり、『善意』によって行われたいかなる行為に対しても罰則は免除される。こうした行為は、強制的な医療処置、施設への強制立ち入り、強制隔離、隔離という形をとる可能性がある。

2020年には、国家の総力を挙げて国民、特にCOVIDの政策に賛同しない人々に対抗した。

アンソニー・ファウチが「自分は科学だ」と発言し、ニュージーランドのジャシンダ・アーデン前首相が政府を「唯一の真実の情報源」と宣言し、ソーシャルメディア企業がディープ・ステートと手を組んで、公式の物語に疑問を呈する著名人や世界的に有名な科学者を検閲し、誹謗中傷する。。

国家による暴力の脅威にさらされながら、基本的な市民的自由が停止され、科学的根拠のない「パンデミック規則」に違反した市民が事実上の準軍事警察によって虐待される事態がしばしば発生した。

各国政府は「科学に従う」と宣言したが、私たちが目にしたのは、死者数の水増し、データの操作、そしてRT-PCR検査の不正使用であり、致命的なパンデミック(世界的大流行)という認識を国民の心に植え付けるのに役立った。読者はオンライン記事 『Stay Home, Save Lives:COVIDの欺瞞を暴く』では、2020年に世界の人々に恐怖を植え付けるのに役立った様々な欺瞞についての洞察が得られる。

WHOはまた、死亡率の予測も誤っていた。この誇張は国民にパニックを引き起こし、 周到に仕組まれた『恐怖のパンデミック』の一部となり、封鎖への道を開き、虚偽の主張に基づいて国民に販売されたワクチンの大量摂取につながった。 ワクチンに含まれる合成スパイクプロテインは、凝血、出血、心臓疾患、脳血栓、神経変性疾患の原因となった。そして、ワクチン接種開始以来、多くの国々で起きているのは、重大な過剰死亡である。

さらに WHOは、インド、米国、英国をはじめとする各国政府の保健機関、世界経済フォーラム、ゲイツ財団、ウェルカムグループ、大手製薬会社など、世界の保健政策を指図する複雑なシンジケートが形成したバイオ医薬品複合体の中で活動している。これらの組織間の回転ドア人事の取り決めが、規制の掌握をもたらした。

アウェイクン・インディア運動の研究者であり運動家でもあるヨハン・テングラは、インドにおけるこの仕組みについて2年にわたる調査を行った。その調査を通じて、彼はインドのCOVID-19タスクフォースを支配する億万長者カルテルを暴露した。テングラは、このタスクフォースの委員に名を連ねる者たちの名前だけでなく、彼らが製薬・ワクチン産業とどのように資金的につながっているかについても詳述した。

このタスクフォースは、ロックダウンの積極的な推進、マスクの義務付け、無症状者の強制検査、イベルメクチンの国家プロトコルからの除外、ワクチンの有害事象の抑制など、多くの責任を負っていた。

テングラはまた、定期的にメディアやテレビに登場するインドの著名な公衆衛生関係者が、ゲイツ財団、ロックフェラー財団、ウェルカム・トラスト、USAID、世界銀行など、グローバルなディープ・ステートといかにつながっているかを暴露した。

経済の閉鎖(ファビオ・ヴィギによるオンライン記事『Systemic Collapse and Pandemic Simulation』参照)、ワクチン接種の義務化、デジタル監視など、自分たちの利益のためなら私たちの基本的権利を剥奪することもいとわない強力な利害関係者によって形成された「パンデミック条約」について、私たちが懸念を抱くのは当然のことだ。

インドの首相と保健大臣に宛てたこの書簡は、 WHOの大規模な利害対立は、世界保健におけるいかなる役割からもWHOを失格させる。ものであることを明確に示している。

署名者

ヤコブ・プリエル博士(デリー、MD、MRCP、MPhil、小児科医、国際客員教授)

プラシャント・ブーシャン(ニューデリー、インド最高裁判所上級弁護士)

コリン・ゴンサルヴェス(ニューデリー、インド最高裁判所上級弁護士)

ニレシュ・オジャ(ムンバイ、インド弁護士協会会長、ボンベイ高等裁判所およびインド最高裁判所弁護人、人権活動家)

著者アミタフ・バネルジー博士(プネー、医学博士、元インド軍疫学者)

Aseem Malhotra博士、ロンドン(インドの海外市民)、MBChB、MRCP。コンサルタント心臓専門医

アルナ・ロドリゲス、マウー市、主訴訟人:最高裁における遺伝子組み換え作物PIL、イリデセント・ブルー・フィッシュ(IBF)会員

ドンチ・ナラシマ・レディ博士(ハイデラバード、公共政策専門家・運動家)

グルグラム、小児科、シニアコンサルタント、新生児科医、メーガ・コンサル博士

プラヴィン・チョルディア医師(プネー、医学博士外科医)

ラリットクマール・アナンデ博士、ムンバイ、MBBS、臨床研究PGディプロマ

ヴィジェイ・ラガヴァ医師(バンガロール、MBBS) ヴィーナ・ラガヴァ医師(バンガロール、MBBS、DA

Kuldeep Kumar博士(ハリドワール、MBBS MS(GENERAL SURGERY) Praveen Saxena博士(ハイデラバード、放射線科医・臨床金属毒性学者、MBBS、DMRD Osmania)

ビスワループ・ロイ・チョードリー博士(ファリダバード、糖尿病学博士)

ゴータム・ダス医師(コルカタ、MBBS、一般内科医)

サラスワティ・カヴラ(ハイデラバード、ドキュメンタリー映画監督&フリージャーナリスト、Awaken India Movement)

バスカラン・ラマン、ムンバイ、コンピュータ科学・工学科教授。インド工科大学ボンベイ校アドボケート

イシュワルラル・S・アガルワル(ムンバイ弁護士)

タンヴェール・ニザム(ムンバイ)

スーザン・ラジ博士、チャティスグラ、看護学士、MSW(M&P)、人文科学博士、行動スペシャリスト

ジャガナート・チャテルジー、ブバネーシュワル、社会活動家

ムンバイ、BHMS、CCAH、FCAH、アバイ・チェッダ医師

ガヤトリ・パンディトラオ博士、プネー、ホメオパシー医、BHMS、PGDEMS

ラシュミ・メノン博士(ムンバイ、BHMS、ChT)

ロッサンマ・トーマス、パラ、コッタヤム、ケララ州、フリージャーナリスト

ムンバイ、アンバル・コイリ、目覚めよインド運動

G・プレマ医師、タミルナドゥ州、クラシカル・ホメオパス、アーシル・ヘルスケア

S.G.ボンバトケレ博士(マイスル、人権活動家、アドボケート)

アナンド・シン・バーラワット(インドール、インドール高等裁判所弁護士)

ヴィジャイ・クル(ムンバイ)

インドール高等法院、L・シュノンド・チャンディラマニ弁護士

*

開発、食糧、農業を専門とする著名な作家。 グローバリゼーション研究センター(CRG)のリサーチ・アソシエイト。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました