天安門事件は本当にあったのか、それともアメリカ人を中国嫌いにするためにアメリカの政治家と企業メディアがでっち上げた幻想なのか?

CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪グローバルリサーチプロパガンダ・欺瞞ロシア、プーチンロシア・ウクライナ戦争中国・中国共産党、台湾問題

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Was There Really a Massacre in Tiananmen Square, Or Was It an Illusion Fabricated by U.S. Politicians and Corporate Media to Make Americans Hate China?

ジェレミー・クズマロフ

グローバル・リサーチ、2023年8月23日

コバートアクション誌2023年8月7日号

1989年、アメリカ国民は、天安門広場で中国共産党の戦車に立ち向かう勇敢な中国人学生たちの象徴的な映像で溢れかえった。私たちはそう信じ込まされた。

しかし、驚くべき新著は、アメリカ国民が騙されていたかもしれないことを明らかにしている。『残虐行為の捏造とその結果』(アトランタ:クラリティ・プレス、2023年)の著者であるA・B・エイブラムスによれば、天安門事件では殺人は起きていない:How Fake News Shapes World Order』(アトランタ:クラリティ・プレス、2023年)の著者であるA・B・エイブラムスによれば、天安門広場では虐殺はおろか、殺戮もなかった。米国政府と、自由な報道機関として誤って知られるそのエコー・チェンバーによる、昔ながらの大衆の認識操作があっただけだ。

虚偽の残虐報道はアップルパイのようにアメリカ的である

エイブラムスは、征服と搾取の帝国戦争を正当化し、軍産複合体に数十億ドルの利益をもたらすために、その初期から現在に至るまで、アメリカ国民に流された多くの嘘をひとつひとつ説明し、痛烈に解剖している。

リビア、シリア、北朝鮮、ロシアといった米国の敵対勢力を標的にしたその他の偽情報キャンペーンとともに、ウイグル虐殺デマを広めるためには、偽の残虐報道が不可欠だった。

天安門広場の場合、エイブラムスは、当初広場を占拠したデモ参加者のほとんどが西洋化や中国政府の転覆を主張していたのではなく、むしろ中国の1949年の共産主義革命をより強く肯定し、毛沢東主義の理想を裏切った腐敗した役人を排除することを主張していたことを強調している。この運動に参加した労働者の多くは、学生たちに比べて反中国共産党的で、社会主義民主主義の確立を目指していた。

デモは非暴力的で、デモ参加者は主に反暴動装備を身につけた中国警察と兵士に退けられた後、平和的に広場を後にした。

A group of tanks driving down a street Description automatically generated with medium confidence

1989年6月の天安門広場の名場面。[出典:ibtimes.com]。

エイブラムスは、2016年にウィキリークスによって公開された北京のアメリカ大使館からの有益な公電を引用している。その公電では、中国兵が抗議者を鎮圧するために天安門広場に移動したときに居合わせたチリの外交官とその妻の目撃談が報告されている。

外交官夫妻は何度も出入りできたが、嫌がらせを受けることはなかった。

彼らは、群衆への武器の大量発砲や、当局による殺傷力の行使は観測していない。

ワシントン・ポスト紙のジェイ・マシューズ前北京支局長は1998年、「検証された目撃証言はすべて、軍隊が到着したとき広場に残っていた学生たちは平和的に退去させられたと言っている」と認めた。

マシューズは天安門事件を “神話 “と呼び、”誤解を助長していないジャーナリストを見つけるのは難しい “と強調した。入手可能な証拠から判断できる限り、あの夜、天安門広場で死んだ者はいない。

この見解は、6月3日から4日の夜を天安門広場の中心部で過ごし、多くの学生にインタビューしたロイターのグラハム・アーンショー特派員も裏付けている。彼によれば、この時点でほとんどの学生はすでに平和的に退去しており、残りの数百人も説得されて退去したという。”虐殺はおろか、暴力もなかった”

大虐殺が起こったとする西側メディアの主な情報源は、香港の新聞に掲載され、イギリスの情報源によって広く引用された匿名の清華大学の学生であった。元オーストラリア外交官で『オーストラリアン』紙の東京支局長だったグレゴリー・クラーク氏は、支配的な報道をイギリスの闇情報操作によるものだとする多くの人物の一人だった。

中国国営テレビは、学生たちが虐殺されなかった証拠として、夜明け直後に広場から平和的に行進する映像を流した。BBCの北京特派員であるジェームズ・マイルズでさえ、「天安門広場での虐殺はなかった……西側の報道は間違った印象を伝えており、軍隊が広場に到着したときにまだ広場にいた抗議者たちは、交渉の末に退去を許された」と確認した。

天安門広場でハンガーストライキを行い、学生デモ隊に連帯を示した侯徳健はこう振り返った:「広場で200人が死んだと言う人もいれば、2000人も死んだと言う人もいた。戦車が立ち去ろうとする学生を轢き殺したという話もあった。しかし、私はそのような光景を一切見ていない。私自身は朝の6時半まで広場にいた」。

天安門広場で殺害された人々は、広場から遠く離れた場所で、兵士と反政府武装勢力との路上戦闘で殺された。米国務省の報告によれば、反政府勢力は銃器を持たない人民解放軍将校をガソリン爆弾で激しく攻撃し、PLAによる銃撃戦が始まる前に、多くの将校を生きたまま焼き殺し、路上で拷問した。

A group of people watching a band play on a stage Description automatically generated with low confidence

広場から離れた場所でPLA警官に投石するデモ隊。[出典:buzzfeednews.com]。

エイブラムスによれば、暴力的な少数派の目的は、自分たちや平和的な多数派に対する軍事的反応を誘発することであり、それによって中国共産党政府を中傷し、急進的な反政府派閥の隊列を膨らませる根拠を提供することだった。

最も過激なデモ指導者であるチャイ・リンは、欧米の影響圏外の国の内部反体制を利用して不安定化を実現するアメリカの第一人者、ジーン・シャープと緊密に連携していたと伝えられている。

シャープはCIAやCIAに連なる全米民主化基金(NED)と非常に密接に協力し、ワルシャワ条約機構やソ連のヨーロッパ地域、そして「アラブの春」の中東でも同様に不安定化工作で重要な役割を果たした。

ウイグル虐殺デマ

天安門事件に関する米西の偽情報は、中国共産党政府が新疆ウイグル自治区のウイグル族に対して大量虐殺を行ったと非難する入念な偽情報キャンペーンの下地を作った。

エイブラムスが指摘するように、こうした主張は、イスラム主義や分離主義的な立場をとる強硬なウイグル人反体制派が支配する米国政府出資の反中グループに圧倒的に依拠している。

NEDは1983年の設立以来CIAと密接な関係にあり、CIAが以前は単独で行っていたことをより秘密裏に遂行する任務を負っていた[2]。

反体制派の証言はしばしば矛盾しており、2010年から2018年にかけて新疆ウイグル自治区のウイグル人人口が25%増加したという事実(ジェノサイドの犠牲となった人々は、明らかに人口が縮小している)にも裏付けられていた。

欧米のメディアで強制収容所とレッテルを貼られたキャンプは、実際には物流パークであり、通常の拘置所であり、小中学校であった。

A picture containing text Description automatically generated

[出典:shapehistory.com]。

ロンドン警視庁の元警官ジェリー・グレイは、新疆ウイグル自治区で多くの時間を過ごしたが、西側の主張が彼の実地観察とまったく食い違うものであったと回想している:

「強制収容所にウイグル人が100万人もいるなんて、まったくのでたらめだ。ウイグル人が1,100万人から1,200万人いることを忘れないでほしい。そのうちの100万人が収容所にいるなどという証拠はまったくない。観光客向けのレストランではなく、普通のレストランだった。彼らは歌い、踊る。ウイグル人が楽しいときによくやることだ。ウイグル語はとても生き生きしている。人々はその土地の言葉を話す。どの店にも、どのメニューにも、どのレストランにも、その土地の言葉が書いてあった。

新疆ウイグル自治区は安全で治安もよく、私が話をした人たちはみな満足しているようだった。

カナダ人実業家で、10年以上中国に滞在した中国政治アナリストのダニエル・ダンブリルは、同様の趣旨のことを述べている:

私たちはウイグル人の人口が根絶されつつあると信じるよう求められている。文字通りの意味であれ、文化的な意味であれ、ばかげた発言だ。中国のウイグル族は、一人っ子政策の対象にならなかったことや、2万ものモスクが建てられたこと、彼らの文字が国の通貨に表記されたこと(後に彼は、カナダが先住民族にしなかったことを指摘した)などもあって、大多数の漢民族よりも急速に成長してきた、中国最大のスターはウイグル族の女性で、最近ルイ・ヴィトンのブランド・アンバサダーに起用された。ウイグル族の子どもたちは漢民族よりも一流大学に入りやすく、食堂ではハラルフードが用意され、キャンパス内には礼拝エリアがある。

過去にアメリカは、1997年から2014年にかけて行われたテロ攻撃で1,000人以上の中国市民を殺害し、トルコの支援を受けてシリアのアサド政権と戦った東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)を支援することで、新疆ウイグル自治区の不安を煽る手助けをしていた。

ETIMファイターズ[出典:archive.shine.cn]。

2018年、コリン・パウエル元国務長官の首席補佐官を務めたローレンス・B・ウィルカーソン大佐は、アフガニスタンに米軍が駐留する主な理由は、共産主義中国の不安定化と弱体化に利用できる新疆ウイグル自治区のウイグル人武装勢力に近いことだと指摘した。

2017年以降、中国政府はウイグル人住民を非核化し、過激化しやすい人々をよりよく社会に統合するための措置をとった。新たなセンターが設立され、雇用を得たり現代生活に対処したりするのに役立つ実践的なスキルを必要としているウイグル人に教えることで、犯罪活動やテロリズムの魅力を減らしている。

これらは悪評高い中国共産党の再教育キャンプであり、実際には2019年までにウイグル人の犯罪やテロを減少させることに成功している。

FBIの内部告発者シベル・エドモンズは、西側諸国が新疆ウイグル自治区での人道的虐待の疑惑をでっち上げ、反中国感情を煽るために自国のメディアにこの問題を大きく取り上げるようになるだろうと予測した。

この反中感情は、東南アジアにおける米国の大規模な軍備増強と中国包囲網を正当化するのに役立った。中国は経済的成功を収めつつあり、米国の一極支配への挑戦のため、ますます脅威を増していると見なされたからだ。

歴史における残虐な捏造

『残虐行為の捏造とその結果 』の中でエイブラムスは、「敵対国が特にひどい犯罪を犯していると描くことは、特にその敵対国に対して軍事行動やその他の敵対的措置を開始しようとする場合、世論や国際世論を動かし、(米帝の)行動を正当化する効果的な手段を一貫して提供してきた」と書いている。

重要な青写真は、第一次世界大戦中、イギリスのブライス委員会が1915年にベルギーのドイツ兵に関する嘘の残虐物語を流したときに確立された。

元駐米英国大使ジェームズ・ブライス子爵が委員長を務めたこの委員会は、ドイツ人によるベルギー人女性や少女への公開レイプや身体切除、8人のドイツ兵による2歳の子供の銃剣刺殺についてセンセーショナルに報告した。

この報告書は、ほとんどが匿名のベルギー難民の証言に基づいており、伝聞証拠がそのまま認められている。

A picture containing text, book Description automatically generated

イギリスの戦争プロパガンダ[Source:reddit.com]

1922年にベルギーで行われた調査委員会は、残虐行為が行われたとされる現場で調査を行ったが、ドイツ軍の過剰行為に関する報告は一つも確認できなかった[3]。

CIAはブライス委員会の成功を模倣し、冷戦時代にエイブラムスが言うところの「政治的物語をコントロールするための強力なグローバル情報ネットワーク」を構築しようとした。

エイブラムスは、「CIAのモッキンバード作戦は、より顕著な関連作戦のひとつであり、CIAが口述した記事を掲載するためにアメリカ人ジャーナリストを採用した。

[出典:whatyouthoughtwentaway.wordpress.com]。

1962年、米国防総省と統合参謀本部(JCS)は、世論と世界世論をキューバに敵対させる作戦を提案した。それは、フロリダ州マイアミでテロ攻撃を仕掛けるというもので、キューバ政府に罪をなすりつけ、CIAがピッグス湾で屈辱を味わった後、米軍の侵攻を正当化するものだった。

ベトナムでは、CIAの医師トム・ドゥーリーがブライス委員会の脚本に従って、ベトミンが1,000人の妊婦の腹を切り、裸の司祭の睾丸を竹ぼうきで叩き、キリスト教の経典を聞かせないために子供の耳に箸を突き刺したという話をでっち上げた。この頃CIAは、ゴ・ディン・ディエム率いる傀儡政権を樹立する過程にあり、CIAのバックアップのもと、政治的反対勢力を組織的に一掃しようとしていた。

1964年、ジョンソン政権は、米軍の全面侵攻と、北ベトナム、南ベトナムの民族解放戦線(NLF)、近隣のラオスやカンボジアの補給線を標的にした世界史上最大の空爆作戦を正当化するため、南シナ海で米艦艇が北ベトナムに攻撃されたとされるトンキン湾事件をでっち上げた。

その反響の大きさにもかかわらず、2002年に公開されたホワイトハウスのテープによれば、リンドン・B・ジョンソン大統領でさえ、北ベトナムがトンキン湾で攻撃を開始したという主張に強い懐疑的であり、そのテープや、その後38年間の証拠から、北ベトナムの攻撃はなかったという疑問はほとんど残されていなかった[4]。

1960年代を通じてベトナム戦争が長引く中、アメリカ政府とCIAは、米軍による大規模な残虐行為を隠蔽するために、残虐行為をでっち上げ続けた。スティーブン・ヤング上院議員(オハイオ州選出)は、ベトナム滞在中にCIAから、CIAはベトコン(ベトナム共産主義者)に偽装して殺人や強姦などの残虐行為を行い、住民の信用を失墜させていると聞かされたと語った。

フィリピンでは、土地の再分配を望み、アメリカの地域構想に反対するフク族のイメージを低下させるために、反政府勢力(フク族)に偽装したアメリカ寄りの政府軍が村を略奪し、市民を殺害することが許されていた。

L.空軍とCIAの作戦を調整した米空軍将校のフレッチャー・プラウティは、この手法はCIAの諜報員エドワード・ランズデールの指示の下、「フィリピンで高度な芸術の域まで発達した」と述べ、同じ手法の多くがベトナムでも使われたと語った。

韓国の犯罪

ベトナム戦争と同様、朝鮮戦争も残虐非道なものであったが、それは悪の共産主義者から住民を救うための “人道的介入 “であった。

この物語を制度化するために、国防総省はハンフリー・ボガートがナレーションを担当したプロパガンダ映画『朝鮮の犯罪』をスポンサーした。エイブラムスは、「アメリカのメディアで広く流布された『朝鮮の犯罪』は、世間一般から見て、戦争努力にかなりの道徳的要請を与えた」と書いている。『タイム』 誌の「蛮行」と題するコラムもそうで、テジョンでの共産主義者による大規模な虐殺について記述している。

ジョセフ・マッカーシー上院議員(共和党、ウィスコンシン州選出)によって任命されたチャールズ・E・ポッター上院朝鮮人残虐行為小委員会委員長(共和党、ミシガン州選出)は、米国の敵国は “文明化された人類に対して行われた獣のような行為 “を犯していると強調した。

彼は、”紅い中国人 “の看護婦が「麻酔の効果もなく、庭ばさみでGIの足の指を切り落とした」と主張し、アメリカ人捕虜は竹槍で拷問され、「小さな鉄の檻に入れられ、動物のように餓死させられ、眼窩からウジが出てきた」と主張した。これらの主張は、共産主義についての講義を受けなければならないことに不満を漏らしながらも、捕虜からまともな扱いを受けたという米英軍捕虜の証言とは矛盾していた。

一方、北朝鮮と中国の捕虜は、米国が運営する捕虜収容所で極端な残虐行為にさらされ、収容者は革命歌を歌っただけで虐殺され、故郷への送還を放棄するよう暴力的に強要された。これは、米国が冷戦下で、囚人たちが西側への亡命を望んだのは、西側の政治経済システムが優れていたからだと主張することで、プロパガンダのポイントを稼ぐためだった。

朝鮮戦争中、米国が運営したコジェド収容所では深刻な虐待が行われた。[出典:kushibo.org]

北朝鮮に対する宣伝攻勢は21世紀に入っても続き、北朝鮮を悪者にするためにこれまで以上に突拍子もない話が生み出された。このような話の多くは、CIAとは言わないまでも、韓国から圧力を受けたり金をもらったりした脱北者によって流布されたものだ。

そのような脱北者の一人であるシン・ドンヒョクは、ワシントン・ポスト紙の特派員ブレイン・ハーデンとの共著『Escape From Camp 14: One Man’s Remarkable Odyssey from North Korea to Freedom in the West(第14収容所からの脱出:北朝鮮から西側自由への一人の男の驚くべき旅)』を執筆し、ベストセラーとなった。ドンヒョクは後に、自分の話の多くを撤回した。

欧米で12,500ドルの講演料を要求したもう一人の脱北者、パク・ヨンミは、友人の母親がハリウッド映画を見たために処刑されたと嘲笑的に主張した[5]。

さらにもう一人、イ・スンオクは2004年の下院委員会で、北朝鮮の政治犯収容所でキリスト教徒が拷問され、鉄で焼き殺されるのを目撃したと証言した。しかし、脱北者協会のチャン・インスク代表は、イが政治犯ではなかったことを直接知っていると述べた。

エイブラムスによれば、一流歌手から将軍に至るまで、北朝鮮の著名人が国家によって処刑されたという捏造報道は、死んだはずの人物がカメラに奇跡的に再登場するという形で頻繁に報じられた。

2015年5月のCNNの報道は、「政権の醜い真実を明らかにする」と銘打ち、金正恩委員長が叔母の金敬姫を毒殺するよう自ら命じたと主張した。

エイブラムスによれば、虚偽の脱北者の証言や偏向報道は、「世界で最も西洋化されていない国家に対する西洋の優越性という考えを肯定するように見せかけるとともに、東アジアの敵対国に対する敵対政策の口実を提供し、通常はさらなる経済制裁を含む、自己満足のために西側で高く評価された」。

湾岸戦争の捏造

1990年10月10日、ナイラと名乗る15歳のクウェートの少女が、クウェートに侵攻したイラク兵が、クウェートの病院で赤ん坊を保育器から引き剥がし、床に放置して死なせたと、米国議会の人権コーカスで生証言したのである。

彼女の公聴会を後援した上院議員たちがよく知っていたように、ナイラはサウド・アル=サバ駐米クウェート大使の娘であり、イラク侵攻以来クウェートにはいなかった。

[出典:midnightwriternews.com]。

この証言を主導したのは、ワシントンD.C.を拠点とする広報委員会「自由なクウェートのための市民の会」(CFK)で、クウェート政府から資金提供を受け、広報会社ヒル+ノールトンと緊密に協力しながら、イラクに対する世界世論に影響を与え、米国の対イラク軍事行動への支持を得るために活動していた。

人権コーカスの議長であるトム・ラントス(民主党、カリフォルニア州)とジョン・E・ポーター(共和党、イリノイ州)は、CFKから5万ドルの寄付を受け、Hill+Knowltonのワシントン本部に無料のオフィススペースを与えられた。

その10年後、サダム・フセインについてはさらに残虐な話が広まり、彼は敵を人間シュレッダーにかけ、その残骸を魚の餌にしたという根拠のない非難を浴び、大量破壊兵器(WMD)に関する有名な疑惑も浮上した。

元ウォール街記者のジョン・マッカーサーは、2度のペルシャ湾戦争で捏造された残虐プロパガンダの一貫性について、「10年以上前と同じ連中だ。彼らは自分たちの思い通りにするためなら、どんなことでもでっち上げる。

ユーゴスラビア、バルカン戦争、シリア

1990年代のユーゴスラビアでは、米国の戦争プロパガンダはセルビア人指導者スロボダン・ミロシェビッチを中傷し、コソボやその他の場所で大量虐殺を行ったと根拠のない非難をすることに集中した。ミロシェヴィッチは社会主義者で、ユーゴスラビアをまとめ、バルカン化を防ごうとしていた。

戦争における最悪の民族浄化行為は、CIAによって計画された『嵐』作戦でクロアチア人によって実際に実行された。

クリントン政権はさらにコソボ解放軍(KLA)を支援し、民族的に純粋なアルバニア人国家の樹立を目指した。麻薬取引からの資金に大きく依存するKLAは、国務省から「テロ組織」の烙印を押され、NATOの北大西洋理事会からはコソボにおける「暴力の主な発端」とみなされている。

セルビア人を “新しいナチス “として描写する努力の先頭に立ち、ロイ・グットマン記者は『ニューズデイ』紙の一面に、セルビア人が強制収容所を運営し、クロアチア人やその他の犠牲者が火葬炉で焼かれ、家畜の飼料にされていると主張する記事を掲載した。

この話は、殺戮を目撃していないことを認めた一人の男の証言だけが根拠となっており、イギリスのジャーナリストが死の収容所とされる場所を訪れ、収容者たちが近隣の村での戦闘から逃れるために自ら進んで収容所に入ったことを発見したことで反証された。

ガットマンは後に、シリアのバッシャール・アル=アサド政権を中傷する同様のキャンペーンで主要な役割を果たすことになる。アサド政権は2010年代初頭までに、ユーゴスラビアとセルビア人の後を継いで、西側諸国が戦時中の残虐行為を捏造する主な標的となっていた。誹謗中傷のキャンペーンには、アル・アサドが自国民に対して化学ガス攻撃を行ったことを非難しようとする試みも含まれていた。

リビア-古い脚本に従う

シリアへの米国の軍事介入を売り込むために使われた嘘は、リビアでムアンマル・カダフィに対して採用されたものと似ていた。カダフィは、軍隊にバイアグラを提供して集団レイプを実行し、大規模な虐殺を計画していたと非難され、それを阻止しなければならなかった。

しかし、この国で実際に虐殺が行われたのは、欧米とカタールが資金提供したジハード主義の反政府勢力によるもので、彼らはカダフィの打倒後、リビアの黒人を民族浄化した。

カダフィは反乱軍を「植民地主義者である米英のために働く裏切り者」と呼んだ。この植民地主義者たちは、2011年のリビア攻撃で大規模な戦争犯罪を犯した。カダフィ政権が開始し、リビアの水不足を撲滅した270億ドルの灌漑プロジェクトであるグレート・マンメイド・リバーを爆撃したこともそのひとつである。

米国とその同盟国によって、またしても偽の残虐行為が、実際の残虐行為を正当化し、独立した政治的・経済的道を切り開こうとした国家を破壊するために利用されたのだ。

ケーススタディ ルワンダ

エイブラムスの本は非常に包括的だが、いくつかの重要なケースは省かれている。第一はルワンダで、1994年4月にフツ族の過激派がツチ族に対して一方的なジェノサイドを行い、世界が傍観している間に約80万人が殺されたと非難された。

しかし、1991年のルワンダの国勢調査では、59万6,000人のツチがルワンダに住んでおり、30万人が生存していると推定されている。つまり、296,000人のツチがフツに殺され、残りの死者、500,000人以上がフツだったということになる[6]。

研究者のアラン・スタムとクリスチャン・ダヴェンポートは、フツ族とツチ族が攻撃者と犠牲者の両方の役割を担っていること、そして、1994年4月に殺戮が最大となった戦場は、ツチ族が率いるルワンダ愛国戦線(RPF)が実施した軍事作戦の急増と相関していることを発見した[7]。

フツ族の残虐行為に関する誇張された主張は、後にクリントン政権とブッシュ第2政権によって、ポール・カガメ率いるルワンダのRPF政府がコンゴ民主共和国(DRC)に侵攻し、表向きはフツ族の大量虐殺者を追い詰めるために武装したことを正当化するために利用された。この侵略は数百万人の死者を出し、ルワンダとその同盟国ウガンダ、そしてアメリカに拠点を置く多国籍企業によってコンゴの天然資源を略奪する結果となった。

ロシア

特筆すべき最後の例はロシアで、アメリカ政府は100年以上にわたって偽情報を流してきた[8]。1917年10月のボリシェヴィキ革命後、アメリカ議会はブライス委員会に匹敵する扇情的な公聴会を開き、ソビエト・ロシアを、歴史家フレデリック・シューマンが言うように、「文明の痕跡をすべて破壊し、国家を野蛮に戻すことを目的とした殺人狂の組織(ボリシェヴィキ)のなすがままになっている、忌まわしい奴隷が住む一種のベッドラム」と描いた[9]。

ボリシェヴィキ政権(「赤」)の打倒を目指す旧帝国軍将校(「白人」)を支援するためにロシアに侵攻したアメリカ遠征軍の総司令官ウィリアム・グレイブスは、しかし、ボリシェヴィキがロシア内戦で1人殺すごとに、白人は100人殺したと語った。ロバート・アイケルバーガー中佐は、赤ではなく白の残虐行為は「中世では恥ずべきこと」だったと述べている[10]。

今日、バイデン政権は、ロシアとの代理戦争でウクライナへの軍事支援をエスカレートさせることを正当化するために、ロシアの残虐行為をさらにでっち上げるという古い脚本に従っている。

2022年4月4日、バイデンは、ウクライナの町ブチャでのロシア軍による市民大量殺戮の 報道を受けて、ロシアのプーチン大統領を戦争犯罪人と呼び、記者団にこう語った:「ブチャで何が起こったか見ただろう。この男は残忍で、ブチャで起きていることは言語道断だ」

しかし、奇妙なことに、ブチャでロシア軍が民間人殺害に従事しているビデオ映像は一つもなく、ブチャで殺害された人々の大半は、ネオナチのアゾフ大隊による掃討作戦中にロシア軍が撤退した後に殺害されたことを示す証拠がかなりある[11]。

米国政府は以前、2014年7月にウクライナ東部上空でマレーシア航空機が撃墜されたとロシアを非難していたが、現場証拠によれば、撃墜されたのはウクライナ空軍のみが保有する空対空ミサイルであった。

ロシアに向けられた虚偽の告発は、攻撃的な軍事政策への国内世論の支持を形成する上で重要な意味を持ち、現在、私たちは潜在的な核戦争の瀬戸際に立たされている。歴史には多くの類似点があるが、今日の危険は以前よりもさらに大きくなっているようだ。

ジェレミー・クズマロフはCovertAction Magazineのマネージング・エディター。 オバマの終わらない戦争』(Clarity Press. 2019年)、ジョン・マルシアーノとの共著『The Russians Are Coming, Again』(Monthly Review Press. 2018年)など、米国の外交政策に関する4冊の著書がある。連絡先はjkuzmarov2@gmail.com

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました