酸化グラフェン・ナノ粒子

フランシス・ボイル

1989年の生物兵器/反テロ法を執筆した法学教授が、COVID 19 mRNAナノ粒子注射が大量破壊兵器であるとの宣誓供述書を提出

Law Professor Who Wrote 1989 Biological Weapons/Antiterrorism Act Provides Affidavit That COVID 19 mRNA Nanoparticle Injections Are Weapons
生物兵器ワクチン

実験レポート:ブルートゥース・エクスペリエンス X プロジェクト
Projet Bluetooth Expérience X

Projet Bluetooth Expérience X AI 解説 この文章は、COVID-19ワクチンや抗原検査を受けた人々から特定の条件下でBluetoothの周波数帯域に不明なMACアドレスが検出されるという現象について調査した実験レポートである。以下にその概要をまとめ
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

シュプリンガー:「Covid-19」心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 第1巻
“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy Volume 1

“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy 「Covid-19」、心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 デイヴィッド・A・ヒューズ(David A. Hughes) 英国リンカーン大学社
COVIDワクチンの有害事象

書籍:『ワクチン接種の本』(2021)
COVID-19ワクチン接種のリスクと副作用について

Das Impfbuch レイモンド・アンガー 本書には、Scorpio Verlagが影響力を持たない外部の第三者のウェブサイトへのリンクが含まれている。したがって、この第三者のコンテンツについて、弊社は一切の責任を負わない。リンクされたページの内容については、各ページの提供者
酸化グラフェン・ナノ粒子

カルロ・ヴィガーノ大司教 偽りのパンデミックと偽りのワクチンの押しつけ。世界人口減少の犯罪計画
COVID Ethics Internationalのための医師主催ミーティング

!function(r,u,m,b,l,e){r._Rumble=b,r||(r=function(){(r._=r._||._.length==1){l=u.createElement(m),e=u.getElementsByTagName(m),l.async=1,l.src
テクノクラシー

『ダーク・イオン/ 堕落した女神』(2023)
トランスヒューマニズムと人類との戦い

Dark Aeon: Transhumanism and the War Against Humanity Kindle Edition by Joe Allen ジョー・アレンの『ダーク・イオン』は、計画されているポスト・ヒューマンの未来についての初の包括的な批判的分析である。
AI(倫理・アライメント・リスク)

人間と社会に対するデジタルの脅威
Digital Threats to Humans and Society

Digital Threats to Humans and Society 2022年6月29日 私たちは、デジタル技術が(健康や持続可能性に関連する問題を含む)世界的な大問題の解決に大きく貢献する可能性を秘めていることを認める。また、イノベーションと新たな経済セクターを促進する
ケビン・マッカーナン、SV40、DNA混入

疑似mRNAワクチンの不純物混入とは何か?
FDAの仕事は、医薬品、ワクチン、医療機器、食品が粗悪品でないことを保証することである。不純物が混入した場合の救済策は、即刻の回収と、必要であれば押収である

ロバート・W・マローンMD, MS 2023/10/24 最近、シミアンウイルス40(SV40)由来のDNA配列を含むDNA断片がmRNAワクチンに混入していることに関して、COVIDの"mRNAワクチン”の話に詳しい関係者や関係者の間で多くの議論が交わされている。 これは何を意
エポックタイムズ

ケビン・マッカーナン、コロナワクチンのDNA汚染、サル・ウイルスSV40プロモーター、そしてワクチンの中身について語る|Epoch Times
Kevin McKernan Talks COVID Vaccine DNA Contamination, the Monkey Virus SV40 Promoter, and What’s Actually in the Vaccines

Kevin McKernan Talks COVID Vaccine DNA Contamination, the Monkey Virus SV40 Promoter, and What’s Actually in the Vaccines エポック・タイムズアメリカの思想家
テス・ローリー/世界健康評議会(WCH)

グラフェンの時代:10億ドルの夢
グラフェンは安全か?本当にコビッド19注射剤から発見されたのか?注射部位に磁気を帯びた人がいたのはそのためだろうか?その証拠を見てみよう。

The Age of Graphene: Billion-Dollar Dreams 世界保健会議 2023/08/01 クロスポスト世界健康評議会からのクロスポスト 注:原文に埋め込まれたリンクの一部が省略されている。 WCHの健康特派員フランチェスカ・ヘイヴンスがグラフェンの
COVIDワクチンの有害事象

mRNAワクチンの毒性 D4CE.org
mRNA vaccine toxicity

マイケル・パーマー医学博士 スチャリット・バクディ(Sucharit Bhakdi)医学博士 マーゴット・デボア(Margot DesBois)学士 ブライアン・フッカー(Brian Hooker)博士 デイヴィッド・ラスニック(David Rasnick)博士 メアリー・ホラン
中西部の医師

情報過多の時代のフィルター
それらがどのように医療の実践を形成しているのか

Filters in the Age of Information Overload 中西部の医師 2023/05/09 私の同僚の一人が、なぜこの社会が狂気に支配され、ますます多くの人々が道を踏み外すように見えるのか、説得力のある理論を提唱している。 今、私たちは常に多くの情報
マルサス主義、人口管理

酸化グラフェンは事実と虚構について何を教えてくれるのか?
嘘だらけの世界で不確実性を乗りこなすためのヒント

What Can Graphene Oxide Teach Us About Facts and Fictions? 中西部の医師 2023/05/07 幼い頃から情報を欲していた私は、あらゆる手段を駆使して陰謀論や代替科学の世界に足を踏み入れた。その中で、私は比較的広い範囲の信
サーシャ・ラティポワ

最近流布された「ファイザーが酸化グラフェンを注射剤に混入している証拠」に関して
ファイザー社の資料にはグラフェンが記載されているが、注射剤の一部としては記載されていない

Regarding recently circulated "Pfizer evidence of graphene oxide" in the injections Sasha Latypovaサーシャ・ラティポワ 私は、ファイザー社のグロトンCT研究所で行われた、スパイクプロ
サーシャ・ラティポワ

コビッドワクチンのバイアルに何が入っているか誰も知らない
コビッド19注射は危険であり、非適合な生物学的物質である。完全な調査が行われるまで、その生産は停止されなければならない。

Nobody Knows What is in the Vials Covid-19 injections are dangerous, non-compliant biological materials. Their production must be stopped un
スパルタカス

バイオテクノロジーの兵器化
バイオテクノロジーの無秩序な進歩は、新たな軍拡競争を引き起こし、私たちの個人的な自律性を脅かしている

Spartacusスパルタカス 2022年6月28日 パンドラの箱 前回この話題を取り上げた後、私はある人から、バイオテクノロジーが悪用される可能性がある、あるいは軍事や諜報の秘密道具として有用な具体例を挙げるようにと頼まれた。それはもっともな批判であった。私は、そのような用途に
マルサス主義、人口管理

人口減少ワクチンの全歴史
あなたが思っているよりもずっと一般的なものである

The Complete History of Depopulation Vaccines A Midwestern Doctor 中西部の医師 2022年4月6日 この記事の第一部で、私は、社会の支配層には、好ましくない人々を標的にして人口を減らそうとする長年の関心があることを
アグノトロジー・犯罪心理学・悪

製薬業界は健康にとって危険である COVID-19でさらに証明
The pharmaceutical industry is dangerous to health. Further proof with COVID-19

ファビアン・デルエル(Fabien Deruelle) 独立研究員、ロンシャン、フランス 通信員アドレス Fabien Deruelle,PhD,独立研究者,Ronchin,France. DOI:10.25259/SNI_377_2022 提出日 2022年4月23日 受理日 
酸化グラフェン・ナノ粒子

いわゆるCOVID-19「ワクチン」には何が入っているのか?第一部
人類に対するグローバルな犯罪の証拠

What is in the so-calledCOVID-19 “Vaccines”? Part 1: Evidence of a Global Crime Against Humanity デビッド・A・ヒューズ博士 リンカーン大学国際関係学上級講師、ブレイフォード・プール、
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

mRNAワクチン | CIAと国防 良い結果にはならない
mRNA Vaccines: The CIA and National Defense This isn't going to end well.

mRNA Vaccines: The CIA and National Defense This isn't going to end well. 以下は上記ビデオの文字起こし。 mRNAワクチン 事実対虚構 私の目的は、さまざまなクリップ、新聞の切り抜き、科学雑誌の記事、その他
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました