歴史史料:『低強度作戦: 戦争のリーズ理論 ザ・キャンペイナー』1974
本当のCIA-ロックフェラー家のファシスト組織

CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪アグノトロジー・犯罪心理学・悪全体主義・監視資本主義情報戦・心理戦・第5世代戦争・神経兵器・オムニウォー操作された反対派、認知浸透、分断陰謀論

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Low intensity operations: The Reesian theory of war. The Campaigner,

archive.org/stream/TheCampaignerVolume7Number6TheTavistockGrin/The_campaigner_-_Volume_7_Number_6_-_The_Tavistock_Grin_djvu.txt

balderexlibris.com/index.php?post/The-Campaigner-Volume-7-Number-6-The-Tavistock-Grin

第7巻第6号 1974年4月

本物のCIA-ロックフェラー家のファシスト組織 L・マーカス著

低強度作戦リージアンの戦争理論 by M. Minnicino

キャンペーナーは、全国労働委員会の英文機関誌である。委員会の現在の方針は社説に記載されている。署名記事で表明された見解は、必ずしも委員会および編集委員会の見解ではない。

編集委員会 K.ガンディ、L.マーカス、E.スパンナウス、C.ホワイト

マネージング・エディター プロダクション・エディター D. ゴールドバーグ

タビストック・グリンとは、ジョン・ローリングス・リーズの微笑みを意味する造語である。これは、最も悪質な心理戦に従事する男たちが見せる笑みである。この同じ笑みを浮かべた男たちが、ヒトラーを素人扱いするような人道に対する犯罪を犯しているのだ。本号では、ジョン・ローリング・リーズの死体を掘り起こし、彼の信奉者と資金提供者の生きた足跡をたどる。リーズによるファシスト支配の手法は、L・マーカスによる極論『本物のCIA-ロックフェラー家のファシスト組織』で分析されている。リーズ、動物、タビストック研究所、リーズ派の歴史は『低強度作戦』に記されている: リーズ派の戦争理論』(M.ミニーノ著)に詳しい。

月号で、タビストック・グリンは、タビストック・ネットワークの概観を完成させる2つの記事で締めくくられる。R.フリーマンによる『ロックフェラー家のファシスト的労働政策』は、ロックフェラーによる労働運動の支配に関する広範な歴史を紹介している。P.カスキーは、『戦争による英米親衛隊の形成』の中で、ロックフェラーの陰謀団が世界を牛耳ろうと企んでいるリーズ的ブランド計画を暴露している。

今後の予定としては、ブラジルの「奇跡」の影の下での社会主義組織化のための分析とプログラム勧告を特集した全ラテンアメリカ問題、聖アントニオ・グラムシの奇跡と殉教、パートII、フランス・イデオロギーに関するシリーズの始まりであるL’アカデミーの教義、などがある。

AI解説

「Low intensity operations: The Reesian theory of war」は、イギリスの心理学者であるジョン・リースが提唱した理論である。リースは、現代の戦争が、従来の軍事作戦だけでなく、心理的・社会的な操作を含む「低強度作戦(Low intensity operations)」の形をとっていると主張した。

リースによれば、現代の戦争は、直接的な軍事力の行使よりも、敵の社会や心理を操作することに重点が置かれている。これには、以下のような手法が含まれる。

1. 心理作戦(Psychological Operations: PSYOP):
プロパガンダや偽情報の拡散、世論操作などを通じて、敵の士気を低下させ、味方に有利な環境を作り出すこと。

2. 市民事項作戦(Civil Affairs Operations: CA):
敵国の市民社会に介入し、味方に有利な勢力を育成・支援すること。NGOや市民団体への資金提供なども含まれる。

3. 情報作戦(Information Operations: IO):
敵の情報システムを攻撃・操作し、味方に有利な情報環境を作り出すこと。サイバー攻撃やソーシャルメディアでの世論操作などが含まれる。

4. 諜報作戦(Intelligence Operations):
敵国の政治・経済・社会に関する情報を収集し、味方の意思決定に活用すること。スパイ活動や情報分析などが含まれる。

リースは、これらの手法を組み合わせることで、敵国の社会を内部から弱体化させ、戦争の目的を達成することができると論じた。また、これらの作戦は、軍だけでなく、政府機関や民間企業なども動員して行われると指摘した。

リースの理論は、現代の戦争や国際紛争を理解する上で重要な視点を提供している。軍事力だけでなく、心理的・社会的な要因が重要な役割を果たしていることを明らかにしたのである。

ただし、リースの理論は、倫理的な問題を孕んでいる。市民社会への介入は、国家主権や民主主義を脅かす可能性がある。また、プロパガンダや偽情報の拡散は、人々の知る権利を侵害し、社会の分断を招くおそれがある。

リースの理論は、現代社会における情報戦争や心理作戦の危険性を示唆している。私たちは、メディアリテラシーを身につけ、批判的思考を持って情報に接することが求められている。また、国際社会では、このような作戦の規制や監視のためのルール作りが必要とされているのではないだろうか。

本当のCIA ロックフェラー家のファシスト組織 L・マーカス著

米国中央情報局(CIA)[1]が演出し「発見」した、1月初旬の「赤狩り」[2]に始まり、ロックフェラーが支配する国際金融[3]と政治機構[4]の一派は、遅くとも1975年初頭までに、北米と西ヨーロッパにおけるファシスト政権の樹立に急速に力を注いだキャンペーナーの本号は、ロックフェラー一族のファシスト計画の指導と支援にさまざまに参加している陰謀と、遠く連動している金融、政治、専門家、軍事の「組織」の両方について、読者に必要不可欠な背景を説明することに割かれている。

このような暴露を行うにあたり、われわれの特別な力量を事前に確認しておく必要がある。その旨の発言に続いて、本稿で検討すべき主要な問題を検討し、その後、各論点に順番に進むことにする。

労働委員会の情報

1971年8月中旬のブレトンウッズ通貨制度の崩壊によって、われわれのユニークな経済分析と予測がトラウマ的なまでに正当化された後[4]、労働委員会の必然的な急成長と米国左翼におけるヘゲモニーへの台頭を見越して、いくつかの主要な組織的前進が直ちに開始された。[5]そのようないくつかの注目すべき決議の1つは、情報部門の即時結成であった。

最初の段階では、この新しい部門は意図的に、全国的な主要ニュース週刊誌の調査スタッフの組織と機能と並行するように設計された。これは、「新連帯」編集部スタッフの「ベンダー」であり、事実上の付属物であるという当初の役割に対応していた。およそ1972年11月から12月にかけて、第二の大規模な諜報活動の基礎が、(主に)米国厚生省から派遣された反乱工作員による旧全国福祉権利機構の差し迫った清算に関する大規模な防諜活動の必要性から生まれた。同様の防諜ニーズは、第2段階と第3段階におけるAFL-CIO潰しに反対する私たちの活動からも生まれた。

1973年8月1日、洗脳被害者コンスタンチン・ジョージのディプログラミングの突破口を開いた後、この活動は2つの究極的に相互に関連した方法で増幅された。即座に、ソ連と「西側」の洗脳の様式に関する実質的な調査を行い、これと並行して、CIA-NATOとKGBの活動全般に関する研究を行った。

それゆえ、1973年12月31日の出来事によって、われわれは2年以上にわたる準備作業と諜報活動全般の経験を積み重ね、政治経済、労働、対反乱研究、心理戦研究に卓越した技能を持つ、プロフェッショナルな質の高い常勤部門を組織する可能性を見出したのである。

この3カ月間、この組織の実践的な特徴として、さらに2つの点が極めて重要であった。北米では、地域センターとの電話連絡を通じて、ゲットー、労働、その他の重要な動きについて、1日2回、概要を把握している。地域センターは、労働委員会、NUWRO[6]、RYM[7]の重要な組織化が起こっている地域の組織やその他の地域から集めた情報の概要を把握している。また、西ヨーロッパから毎日詳細なブリーフィングがあり、アフリカ、アジア、ラテンアメリカの各地からも(即時性は低いが)情報が流れている。これにより、かなりの数の一次情報源からの情報に加え、世界の主要な出版物をきめ細かくカバーすることができる。

その結果、『新連帯』の読者ならお気づきのように、ヨーロッパ、北米、中東における最も重要なニュース速報の報道は、選挙で選ばれたほとんどの政府高官が入手したり、主要な報道機関から入手したりする情報よりも、常に正確な情報を提供している。新連帯を北米の重要な動向に関する最も権威あるニュースソースにしたのは、主として我々の情報部門である『ニューヨーク・タイムズ』紙や『ワシントン・ポスト』紙のような新聞に対して『新結合』がこのように有利に区別されているのは、それらの競合他社が頻繁に記事を改ざんしたり、CIAが仕組んだリークを事実かどうかの初歩的なチェックさえせずに報道したりする習慣の結果であることは認める。[8]確かに、本号の報道の根拠となった情報のほとんどは、事実をまとめる努力をした記者チームであれば、容易に入手可能であった。そのような条件付きの見解が正当化されようとも、情報アウトプットの質という事実は変わらない。

われわれの諜報活動に優れた質を与えている決定的で動的な特徴は、ロックフェラーの陰謀に関する『キャンペイナー』誌の以前の報道で強調された原則である。[9] 「何が現実か」という問題に対する幾何学のヒューリスティックな応用は、孤立した一連の出来事の解釈が適切に前提されなければならない本質的な原理を示している。重要な事象の連続は、そのような連続が起こりうる宇宙の種類を意味する。特定の出来事の連鎖の調査者が、どれが現実でどれが幻想であるかを判断することを可能にするのは、発展する宇宙全体の「幾何学」を決定する能力である。[10]。

現在出来事が起きている世界は、ソ連圏、中華人民共和国、北朝鮮、北ベトナム、キューバが存在し続けている資本主義世界が主である。資本主義世界とは、単に広範で一般的な意味での資本主義世界ではない。資本主義発展の特定の段階であり、現在、そのメタ遺伝学的進化の崩壊しつつある戦後段階からの、非常に特殊な形態の接続的移行を含んでいる。この接続期の資本主義の支配的な利益と二次的な利益は、資本家階級の支配的な部分が一握りの支配的な人物によって特定されるほど、かなり正確に、狭く定義されている。

資本主義世界経済が経済として発展する方法は、多かれ少なかれ正確に限定されており、その結果や提示される代替案として、私利私欲の重要な勢力による政策や実践の転換の試みの結果として、狭い範囲の代替的な後遺症を正確に予測することができる。[11]

その結果、日々の出来事の成り行きを判断する能力は、基本的に経済分析の能力にかかっている。このユニークな能力の質は、最近の10年以上に及ぶ政治経済学の研究において、労働委員会の傾向によって示されてきた。

経済学だけでは十分ではない。本質的なものを見極めるには経済過程を抽象化することが不可欠だが、実際の経済力は単なる抽象ではない。(宇宙が固定された、単に抽象的な法則性の原理によって支配されているという仮定は、還元主義から生じる一種の形而上学的エピフェノメナリズムの臨床的表現である[12])経済過程の実態は、具体的な制度や人物の形で表現される。広範な経済分析によって、人は現実の必要な潜在的秩序を決定することができる。何が単に潜在的なものであり、どの潜在性が実際の影響であるかという区別は、多かれ少なかれ明確に定義された組織形態で組織された具体的な人間によって、どの潜在性が表現され、あるいは間もなく表現されるかという決定によって、解決されるのであり、一意にそうなるのである。

労働委員会の情報部門は、政治経済分析によって決定された広範な潜在性のうち、どれが具体的な現実になっているか、あるいはなりつつあるかを発見する活動を代表している。現在のプロセスの様々な側面に関する研究の質は不可欠であるが、組織全体がその基礎の上に築かれた、より基本的な理論的能力の不可欠な表現にすぎない。

1. 読者の問題意識

陰謀の事実そのものを解釈する上での読者の特徴的な難点を要約する前に、極めて重要だが、より簡単に解決できる問題を片付けておこう。

表面的には、この点はきわめて議論の余地があるように見える。アメリカの大統領と議会の信用を失墜させる努力(乗っ取りのための古典的なファシストの前提条件)は、ダニエル・エルズバーグが「ペンタゴン・ペーパーズ」デマに関与したような準備、そしてより直接的なところでは1972年春の「配管工」作戦に直接行き着く。現在の陰謀のイギリス側では、イングランド、ウェールズ、スコットランドにおける現在の「低強度」警察国家活動のためのイギリス軍部とMI5の資格は、北アイルランドにおける公民権闘争を意図的に操作することによって、イギリス全土におけるファシスト支配のための長期にわたるドレスリハーサルへと発展した。[13]

アメリカのベトナム戦争は、その期間のほとんどをCIAによって開始され、実質的に指揮された[14]が、東南アジアにおけるいかなる目的よりも、アメリカにおけるファシズムの準備であることが判明するだろう。平和部隊と経済機会局もまた、本質的には、ファシスト組織(すなわち「地域共同体の統制」というリーズ的ファシスト原理)のためのインフラを作るための準備であった。ロックフェラーの諜報員であり、CIAの代表的工作員であったマクジョージ・バンディによって、後に法執行支援局(LEAA)として合法化されたゲシュタポのような勢力が1966年に誕生したのも、同様に、ファシストの警察国家支配のための国家の本質的な準備であった。

ジョン・D・ロックフェラー・イルの大量虐殺的な「ゼロ成長」プロジェクトの条件付けとしての「エコロジー運動」と「生活の質」キャンペーンの組織化も、ファシストの準備である。「ロックドラッグ・カウンターカルチャー」の広がりや、特にマリファナやLSD- 25の「急進的な」原因としての広がりは、ファシスト運動のためのよく練られた準備であった(「洗脳」の重要な使用を導入するための、より容易な隠れ蓑でもあった)。

1960年代以降も、ファシズムの方向への準備は数多く、ほとんど無数にある。では、なぜ1974年1月が特別に重要なのだろうか?

もっとすぐに、ロックフェラーによる10月のアラブ・イスラエル戦争の不正操作と、1974年の陰謀の「エネルギー不足」デマとの関係を考えてみよう。確かに、人為的に作り出された「石油不足」は11月から12月にかけて経験され始め、1974年1月から3月にかけてさらに深刻化した。

演出されたアラブ・イスラエル戦争の直接的な役割は、戦争勃発前に交渉された主要な価格上昇協定を正式に承認するための隠れ蓑を提供することであった。これは、特に西ヨーロッパ、日本、オーストラリア、ニュージーランドを犠牲にして、ロックフェラーが支配する「セブン・シスターズ」(主要石油カルテル)の収入を増加させ、同時に「発展途上国」の工業化を圧迫するという付随的な効果をもたらした。重要なのは、石油デマは年明け以降、このような形に拡大する必要はなかったということだ。

12月31日から1月1日にかけては、北米、西ヨーロッパ、日本の民主的制度に対する直接攻撃という形で、それまでに開発された能力と準備配備が本質的に実施されたのである。この中で特に重要なのは、ロックフェラー一派が、大規模な報復に身をさらすことなく、動き出したこのファシストの陰謀を中止させようとすることが、ますます困難になることであった。

イギリスにおけるCIAの恐怖はその典型である。本物の恐怖が労働党のタビストックとつながりのない部分に適用されない限り[15]、コード・マイヤーらの横暴は、労働党が引き起こしたイギリスの「ナショナリスト」の大騒ぎに十分すぎるほどの挑発を与え、この損傷を引き起こした勢力の正体をまず突き止めなければ、この騒動は収まらなかっただろう。CIAの恐怖が解き放たれると、最初の一歩が裏目に出ないように、ロックフェラー勢力が次の一歩を踏み出さなければならなかった。

1973年12月31日以前の展開と、その日から段階を踏んで解き放たれたプロセスとの区別は、一方では、起こりうる戦争を予期しての派兵であり、他方では、派兵された軍隊を活発な戦争状態に直接つながる小競り合いに投入した、その後の戦術的な動きである。>

このような区別を把握する際に経験する可能性のある概念的な困難は、一般に、孤立した細部を一つ一つ検討するだけというヒステリックな形をとり、それぞれの分野におけるすべてのデータがゲシュタルトの形で同化された時点で現れる区別を回避する。

そうでなければ、次のような、より本質的な異論やその他の難題を扱わなければならない。

これらのより重大な懸念事項のうち最も初歩的なものは、問題の明白な事実に直面することに対する、一般的に遭遇する個人の抵抗である。恐怖は、北米と西ヨーロッパの現存するすべての政府と住民に対する、CIAを中心としたあからさまで大規模な陰謀を認識する上での主要な障害である。適切に強調すれば、懐疑論というある種の形式的な議論を促すのは恐怖なのである。これらの議論は単なる合理化にすぎないが、ここで検討する価値はある。正面から向き合い、克服しなければならない恐怖を明らかにするためであれば。

第二の主な困難の分析には、もっと複雑なものがある

陰謀という判断を支持する証拠が豊富にあることを認識している希望的懐疑論者は、「これは陰謀論的な歴史観を表している」と主張する策略に訴えるのが特徴的である。事実は謀略の証拠になるのだから、ヒステリックな人の証拠に対する最も効果的な反論は、それが謀略を証明しているというまさにその理由で、証拠を信用しないことである。彼の考えでは、「陰謀論的な歴史論は不健全である」という暗黙の慰め論が進行するのだから、その前提に立てば、陰謀の存在を証明するすべての事実は本質的に虚偽であるということになるに違いない。

このような反論に対する精神神経症的なb&sisを認めた上で、希望的懐疑論者が主張するような「陰謀史観」を我々が主張しているのかどうかという問題に決着をつけることは有益かつ適切である。

最も恐ろしく、したがって最も強く抵抗されているのは、ロックフェラーのリース式ファシストの陰謀の方法論的基礎が、相互に連関した「社会統制」と「洗脳」技術の理論と実践にあるということである。タビストック研究所および世界精神衛生連盟の天才的な反動的サイコパスであるジョン・ローリングス・リース准将博士が開発した社会統制と洗脳のシステムは、被害者の既存の信念体系の病理的特徴を前提としているため、個人は自分自身のリース式ファシスト操作に対する脆弱性の原因となる深い神経症的障害に向き合う用意ができていない限り、この点に関する証拠を吸収することを拒否するだろう。

これらの反論に直面した後でさえ、希望的懐疑論者は、代替案が存在することが示されるまで、懐疑的であり続けるための新たな議論を次々と持ち出すだろう。これは、この記事の最後で扱う、最も重要な暗黙の反論を表している。

2. 中央情報局とは何か?

連邦法その他の神話によれば、CIAは米国の「情報コミュニティ」の重要な構成員にすぎず、国家安全保障会議の付属機関にすぎず、さまざまな情報機関、国防総省、財務省、FBIなどと競合している。希望的観測やその他の信憑性のある人たちから見れば、CIAは時折、ソ連のスパイに対処したり、ソ連の最新のミサイル開発の詳細を進取の気性で追求したりする「ミッション・インポッシブル」的な活動を行うかもしれない。

このような作り話を信じるのは、子供か、そうでなければ無知かヒステリックな人間だけである。

「諜報機関」の元「内部関係者」を含むさまざまな専門家によって書かれたCIAに関する公表された説明はすべて、特定の誤情報や偏見によって部分的に欠陥があるとして異議を唱えられるかもしれない。しかし、そのような欠点をふるいにかけても、CIAに関するあまりに多くの真実が暴露され、その真実のあまりに多くのことが他の方法で確認されているため、連邦予算書に記載されているCIAは、政府のあらゆる部門や民間機関の膨大な部門に対する膨大な侵害の法的隠れ蓑にすぎないという事実を合理的に否定することはできない。[16]

一般に、ジェームズ・シュレジンジャーによる国防総省の乗っ取りは、長い間急速に拡大してきたすべての軍部の乗っ取りを、事実上CIAの単なる付属品になるまで強化したものにすぎない。保健教育福祉省は、ジョン・F・ケネディ大統領の下で経済機会局が設立されたときに始まったプロセスの完成に近づいている。司法省には独立した司法長官がいるかもしれないが、クラレンス・ケリー新長官の率いるFBIは、トップがCIAに乗っ取られており、最近設立された法執行支援局(LEAA)は、CIAの主要な国内「秘密工作」部門にすぎない。ロックフェラーのCIA工作員であるヘンリー・キッシンジャーは、ラングレーの意向に沿った「再編成」中の国務省を率いている。

ほとんどの主要大学は、全体的に、あるいは実質的にCIAの支部である。ミシガン大学では、社会研究所(ISR)が最も悪名高い例であるが、これは単にCIAが大学全体に浸透し、多くの学部を支配するための焦点にすぎない。ハーバードの「ロシア」研究所は、コロンビアの研究所と同様に明らかにCIAであるが、ハーバードのいわゆる心理学科もまた、ハト派のB.F.スキナーやリース派の人種差別主義者リチャード・ハーンシュタインといったあからさまなCIA工作員の巣であり、ハーバード社会学部の対反乱活動は、1920年代にさかのぼるあからさまなファシストの伝統を更新しているにすぎない[17]。

マサチューセッツ工科大学は、OSS活動の拠点としての以前の役割の延長として、盛んなCIA活動を続けている。反ソビエト「シンクタンク」としての専門性に加え、全米で最も反動的でCIAと結びついた社会科学サービスを取り揃えている。そのRLE部門は、1940年代後半以来、対反乱戦に特化した研究の巣窟であり、また、いわゆる「人工知能」の研究も含まれているが、これは洗脳のためのコンピューター利用の開発にほかならない。

ペンシルバニア大学のウォートンスクールには、ロックフェラーが支援するリージアン・ファシストのベテラン、エリック・トリストが在籍しており、彼は同校のオフィスからファシスト社会事業(および実際の洗脳活動)の広大なネットワークを指揮している。[18] コーネル、バークレー、スタンフォードは悪名高いCIAのパイプ役である。

一般的に、今日の主要大学の社会科学および関連学部のほとんどは、CIAの支部にすぎない。

このような結果をもたらすために費やされた時間を考えれば、この結果は驚くべきものではない。政府や主要な財団、企業や裕福な個人の資金をコントロールすることで、どのようなプログラムに資金が提供されるかをコントロールするだけでなく、旧世代の誠実な学者が定年退職で淘汰される(あるいは、CIAの工作員やエージェントになるよう堕落する)のに伴って、支配的な立場に移る教官の人選をコントロールすることも、大した問題ではなかった。

民間財団のCIA支配はABCである。最初の主要な財団であるロックフェラー財団は、1914年の血なまぐさいラドローの大虐殺の後、一族によって設立された。鉄面皮のヘンリー・フォードに圧力をかけてフォード財団を設立させたのもロックフェラー一族であり、その諜報員であるCIA工作員マクジョージ・バンディ(CIAバンディ一族)をその機関のトップに据えたのもロックフェラー一族である。

政府からの資金提供に関しては、洗脳は国立衛生研究所やその子会社である国立精神衛生研究所を通じて一部資金提供されている。国立科学財団も、ロックフェラー-CIAの代表が支配するもうひとつのパイプ役である。最近では、LEAAがCIAの資金源として機能している。国防総省がCIAに支配されつつある今、その資金提供プログラムは、一般的に望まれる効果に傾斜している。連邦、州、地方のプログラムで横行するようになった拠出金(比例配分)の「てこ」の原理によって、ロックフェラー-CIAの組織が直接管理する大量の資金が、財団を通じてであれ、CIAが管理する政府のルートを通じてであれ、CIAが管理しない資金源からの資金の流れの方向性を決定するようになっている。

いくつかの例を挙げるだけで、社会全体におけるCIAの乗っ取りの一般的な次元を特定するには十分である。[19]

ベトナム戦争 – インドネシアの国に対するCIAの私的な戦争を凌いで、アメリカのベトナム戦争は、完全に(1955年から64年まで)ベトナム人に対するCIAの戦争として始まり、敷地内のアメリカ大使は、高度に配置されたCIAの工作員以外の何者でもなかった。実際の米軍部隊がベトナムに投入されたのは1964年になってからであり、それ以降も、国防省の似非職員(CIAの工作員が軍の階級という「隠れ蓑」を身につけたもので、たとえばエド・ランズデール「将軍」)がベトナムでの作戦のほとんどを指揮したと評価されなければならない。

たとえば、悪名高いミライの戦犯虐殺は、CIAの進行中の「フェニックス作戦」のほんの一角にすぎず、その機能は、いわゆる「ベトコンのインフラ」の男性、女性、子供を特定し、絶滅させることだった。他の対反乱戦術(「村落ハムレット」プログラムなど)では南ベトナムの民衆を味方につけることができなかったCIAは、民族解放戦線の政治的シンパであることが判明した家族を単に虐殺することを選んだ。「ピンクヴィル」の虐殺は、多くの類似したSS型作戦の一つに過ぎなかった。

同様に有益なのは、「ミライ事件」のいわゆる調査はCIAの工作員によって行われ、残虐行為を指示した実際の責任者全員を白紙に戻した「軍の公式」報告書の基礎を作ったことである。

ペンタゴン・ペーパーズのデマ-今日に至るまで、いわゆる「ペンタゴン・ペーパーズ」が「編集」された一般的な方法については、本当に秘密にはされていない。第一に、この文書は「ペンタゴン」によって、あるいは「ペンタゴン」のために編纂されたのではなく、CIAのために、ランド研究所などのCIAの付属機関と共謀して、著者ダニエル・エルズバーグなどのCIA工作員によって、含まれる文書の選択と補足的な調合が行われた。

このプロジェクトの本質は、選択された実際の文書(多くは当初CIAが作成したもの、あるいはCIAのブリーフィングに基づいたもの)と補足資料を集め、その全体的な意図する効果は、CIA自身が主に作成したさまざまな不人気な軍事・関連開発について、CIAの責任を免除することであった。要するに、「ペンタゴン・ペーパーズ」の効果は、それを信じるに足る信憑性のある人間にとっては、CIA自身の活動を白紙に戻すことだったのだ!

このような努力が、偽の報告書を「最高機密」の封印の下に隠すという意図的な目的で行われたと信じられるだろうか?このでっち上げのすべては、チャリストが著した『シオンの議定書』という、現代の「ブラック」心理戦における悪名高い反ユダヤ主義の先駆的事業である、皇帝オクラナの古き良き伝統に則ったものである。このような「秘密」文書は、可能な限り多くの人々の注目を集めるために書かれる。極秘」という分類は、広報の専門家の見事な手腕であり、それによって自分の作品が最も広く流通し、同時に信心深い人々の間で最大の畏敬の念を呼び起こすことを保証している。

このようなデマはどのように流されるのだろうか?CIAが、そのスポンサーであることが直接わかるような方法で、その出版を手配するだろうか?ほとんどない!狡猾な自信家の手順が示されたのだ。エルズバーグの演技によって、望みの効果は確保された。騙されやすい大衆のために、「驚くほど勇気があり、良心の呵責に苛まれた人物が、言いようのない危険を冒して、最も強力な機関の最も親密なファイルから盗み出した極秘文書」……と見せかけることで、明白な詐欺が神聖化されたのだ。Cl Aの工作員だ!

このリークがどのように行われたかは、新聞そのものに比べれば「毛嫌い」されているに過ぎない。

エド・ランズデール将軍の仲間であった右派のCIA工作員、エルズバーグがどのように、そしてなぜ改心することができたのかを説明するために、一般大衆は、都合のよい「ダマスカス街道」での改心であったと聞かされてきた。

「ダマスカス・ロード」は、MITのノーム・チョムスキー教授の影響下で達成された。このデマが発表された後、チョムスキーがこのデマを支持したことに注目すると、この事件における公式な騙され役としてのチョムスキーの役割は不透明になってくる。反戦活動家の第一人者であるチョムスキーは、CIAの白塗りがあからさまな詐欺であることを見抜くのに必要なあらゆる知識を豊富に入手していた。

『ニューヨーク・タイムズ』紙など、CIAのお決まりの報道機関を通じて出版され、ロックフェラー系のCIA工作員であるヘンリー・キッシンジャーが、ホワイトハウスの地下からCIAの部隊にエルズバーグを調査するよう命じたとされる……さらに大きなCIAのデマが仕組まれ始めたのだ。

ウォーターゲートのデマ – 1972年半ばの、おそらく霧に包まれた暗い夜、CIAの工作員たちが、ワシントンのウォーターゲートホテルに忍び込んだ。不思議なことに、この小さな侵入部隊は密告によって発見された!見よ!U-ハイヤーのスパイたちは、報酬を肌身離さず持っていたのだ!

不思議なことに、1年半以上もの間、誰もCIAのこの事件への関与を真剣に調査しようとしなかった。CIA職員は、自分たちが関与していたかどうか丁寧に尋ねられた。あらゆる状況下ですべてを否定する法定義務に従い、CIAの代表者は、自分たちは一切関与していないと主張した。その場しのぎの否定は、すぐに福音として扱われた。

1972年の選挙戦が終わると、ワシントン・ポスト紙の二人の記者が、CIAのリークによって、ホワイトハウスへのCIAの潜入ではなく、大統領職と大統領職だけにつながる「強力な証拠」を提出した。

ニクソン大統領がCIAの活動に重大な責任を負っていることは間違いない。しかし、ハリー・トルーマンの任期以降、CIAに大きな抑制をかけた大統領はいない。アイゼンハワー大統領は、トルーマン大統領に比べCIAへのチェックがかなり甘かった。ケネディ大統領は当初、政府をほとんどCIAに委ねていた(「ピッグス湾」、平和部隊、経済機会局、バンディ兄弟の役割など)。ジョンソン大統領はCIAに何の歯止めもかけず、ニクソン大統領も一時は息の根を止めたものの、ロックフェラーに連動した任命と、ロックフェラー任命者の仲介によって可能になったCIAの侵入によって、大統領府がCIAの虜になるのを許した。

CIAに直接つながる膨大な証拠を真剣に調査しようとする努力をほとんど公理的に排除することによって、調査の対象となる容疑者のリストは恣意的に大統領府そのものに絞られた。このような人為的な調査制限、つまりすべての証拠と論拠をヒステリックに構成する誤謬は、「汚れ」、「謎」、「隠蔽」が明らかになればなるほど、容疑者として考慮することが許された唯一の機関に対する証拠が決定的なものになることを意味した。

この点は、ジャック・アンダーソンのような悪名高いCIAのパイプ役から、これまで無視されてきた証拠のより顕著な点のいくつかを調査するという単なる脅し(例えば、ベーカー上院議員の控えめな調査)で噴出したヒステリーに強調されている。ウォーターゲート事件における巨大な隠蔽工作は、主要なマスコミの多くによって支援された隠蔽工作であるが、CIAにつながるすべての調査を必死で抑圧している。

したがって、現在進行中の捜査自体が極めて疑わしい。この特別検察官は、CIAのフロント組織や、CIAの国内プロジェクトである、合法的な州や地方の警察・検察機関をゲシュタポのようなLEAAに取って代わろうとする動きと長い付き合いがある。もちろん、弁護士が必ずしもクライアントに偏見を持っているわけではないが、ジャウォルスキー弁護士がこの事件のCIA的側面を避けていることは、偏見の疑いを正当化するものである。

弾劾審問を担当した下院司法委員会のジョン・ドーア弁護士に対するケースは、はるかに強力である。ドアーは、CIA工作員マクジョージ・バンディのニューヨーク市「コミュニティ・コントロール」反乱作戦の活動家支持者であり、ニューヨーク市警に仕掛けられたCIA部隊(LEAA)と協力してさまざまな犯罪活動に直接関与している「イースト」として知られるブルックリンの組織の幹部として活動を続けている。ドアーがニクソン大統領を起訴するのは、やかんがタンブラーを黒く呼ぶケースである。当然のことながら、ドアーはCIAが大統領を罠にはめたという重大な考察も省いている。

厚生省の乗っ取り-CIAによる厚生省への潜入は、獣のようなファシストのLEAAそのものに次いで、CIAのアメリカ国内犯罪の最も醜悪な側面である。

保健福祉省は必然的に、ジョン・ローリングス・リーズとその追随者たちにとって特別な標的であった。CIAの陰謀の軍事・警察組織の特徴は別として、英米政治諜報活動チームの本質的な特徴は、反乱、反乱、社会統制全般の社会学的・精神医学的テクニックの協調的な計算された使用である。リーズ的ファシズムの武装した特徴は、本質的にまさにそれである。リーズ的システムの本質、そのファシズム的特質は、その社会的・心理的作戦に集約されている。

リーズ自身、この点について繰り返し具体的かつ強調していた。将来のファシスト社会は、地域の「地域保健サービス」によって実現されるに違いないと彼は考えていた。ゴードン・オールポート、カート・ルーイン、ケネス・クラークやその協力者など、OSS時代に彼の傘下に入った多様なファシスト諜報員に助けられ、ロンドンのタビストック研究所と世界精神保健連盟を個人的な活動拠点として、リーズは米国、カナダ、英国の政府社会サービスに乗り込んだ。

イギリスでは、これは主に、リチャード・クロスマン(労働党)やパウエル(トーリー)など、リーズ准将やストロング将軍と関係のあるイギリス情報将校の援助によって達成され、1960年代初頭のトーリー・マクミラン政権におけるパウエル政権下で、これらのサービスの直接的かつ公然の統制が確立された。同じ時期、最初のケネディ大統領とその後のジョンソン大統領の下では、平和部隊や経済機会局といった事業が、CIAの隠れ蓑として最も公にされたものに過ぎなかった。

さらに悪質なのは、国立衛生研究所や国立精神衛生研究所である。これらは公然たる犯罪組織以外の何ものでもなく、合衆国憲法にも国際法にも背き、人道に対するニュルンベルクの犯罪を公然と後援している。[20]

左翼でさえも

CIAとFBIを明らかに混同しているような、最も素朴なCIAのイメージとは裏腹に、CIAの組織は政治的には「左派リベラル」(しかしそれに劣らず情熱的な反共主義者)が主流である。ここに挙げたいくつかの例は、通常「社会主義者」とさえみなされる組織へのCIAの浸透と乗っ取りの性質と程度を示している。

「国務省の社会主義者」-CIAの工作員や諜報員の伝統的なリクルート地の中で最も重要なものの一つは、第二インターナショナルとその労働組合官僚組織であった。1930年代後半、ラベストン派とともに、アメリカ社会党は、海外でも国内でも、「冷戦」活動のために工作員や諜報員を大量に提供した。「国務省社会主義者」という呼称は、CIAの勢力が拡大する前のこの時期に彼らが獲得したもので、CIA自体への忠誠心の移転が広まっているにもかかわらず、定着している。

「民主的行動のためのアメリカ人」のステレオタイプの超リベラル派(ジョセフ・ラウら)や諜報員ジョン・ガードナーのカモ(「コモン・コーズ」)と共に、これらのSP「第三陣営」タイプ、労働組合官僚、リベラルな学者層が、軍事タイプや「ミッション・インポッシブル」専門以外のCIAの工作員やエージェントの圧倒的大部分を占めている。

新左翼層 – 最近の労働委員会の情報調査では、「民主社会のための学生たち」の設立はCIAの設立プロジェクトであり、潜在的に急進的なキャンパス層のための「ズバトフ・ユニオン」または「ガポン神父運動」[21]を更新するものとして計画されたものであることが明らかになった。産業民主連盟の「第三陣営」学生関連団体に起源を持つことは、単に示唆に富んでいるに過ぎないが、工作員をリクルートするために、CIAと結びついたアリンスキーあるいはアリンスキー型のプログラムでSDSの活動家を訓練したことは、ほぼ決定的である。これらの訓練生が推し進めた「プログラム」のある特徴は、非常に独特な対反乱作戦のデザインであり、他の状況証拠は、まさに決定的な事件の本質的な部分を形成しているに過ぎない。1905年以前のチャリスト警察労組のように、組織を普及させようとした結果、(主に)アリンスキーの本拠地シカゴで活動する反乱工作員の手から、事態がかなり離れてしまった。1968年4月のコロンビア大学のストライキを組織するための労働委員会の介入、1969年のペンシルベニア大学の座り込み、進歩的労働党のさまざまな活動は、ある程度成功した対反乱の顕著な例であり、1969年春にCIAの組織がSDSの自滅を命ずるに至った。(しかし、反乱軍にどのように対処するかは、この執筆の時点では、すぐに検討すべきテーマではない。

1960年代初頭に新左翼を創設した主な目的は、大学の若者層が過激化するのを先取りすることであり、その目的は2つ重なっていた。即座に、その目的は、1958年から勃発し、1961年半ばまでキューバ革命と公民権運動を中心に起こった社会的興奮を、既成の社会主義政党が効果的に取り込むのを防ぐことであった。同時に、平和部隊、経済機会局、さまざまな財団が後援する「急進派のための地域活動プロジェクト」などの事業が展開されていた。

当時の私は、学生の急進主義を、リーズ派のファシスト的概念である。「地域社会の統制」や 「地域社会の活動プロジェクト」を中心とした拡大する対反乱装置のスタッフとして流出させるために、このような事業を展開していた。

それゆえ、「リーダー不在の集団」(「参加型民主主義」)と「共同参加」(コーポラティヴィズム)というリーズ派ファシストの社会統制手法が、新左翼の設計者たちがいわゆる旧左翼と差別化する主要なポイントとなったのは偶然ではない。「ポスト産業社会」、「物質的要求」よりも「生活の質」、「コミュニティ」、「関連性」は、「運動」内の意識的な似非社会主義ファシスト工作員を識別するための重要なフレーズであった。(もちろん、このような馬鹿馬鹿しいことを繰り返すように騙された全員ではないが、アリンスキー型の組織者の役割を果たし、資金やその他の物質的な利益に対する「イン」を持ち、常に対反乱政策の各新バージョンを最初に推し進めた者たちのことである)。

新左翼は1968年のコロンビア・ストライキで崩壊し、その構成員たちはその後、「政治」から離散し、労働者階級志向の社会主義グループに直接移るか、プロの(正規雇用の)反乱軍の仕事に就くか、3つの主要なタイプのファシストからプロト・ファシスト集団のいずれかに移った: (1)ウェザーマンまたはウェザーマンタイプのグループ(フォード財団が資金提供した、完全な原始ファシスト組織)、(2)「毛沢東主義」フリークグループ、(3)カウンターカルチャー、ドラッグロックカルトである。

ウェザーマン – コロンビア・ストライク組織の解散は、すべてフォード財団の介入によって達成された。CIA工作員マクジョージ・バンディの組織による3つの連続した行動は、労働委員会の中核的指導部を孤立させるために用いられた。最初の2つは公然の反乱作戦であり、3つ目は隠密作戦であった。まず、フォード財団が資金援助するMARCのケネス・クラーク博士が、黒人学生グループをストライキから切り離すために動き出した。OSS時代に黒人嫌いの人種差別主義者ジョン・ローリングス・リーズ博士の下で訓練を受けたクラークは、リーズ派の心理学者であり、(当時はロックフェラーの)州摂政のメンバーであり、「黒人過激派層に対する」米国有数の対反乱工作員である。第二に、フォードによる公然の資金提供は、ストライキ組織からの大幅な分裂を引き起こし、”Students for a Restructured University “を結成するために利用された。三つ目の秘密工作は、元CIA工作員ハーバート・マルクーゼ博士の親戚が作ったパイプを通じて、マーク・ラッドらに資金を提供したことである。ウェザーマン・グループが発展し、現在に至るまでCIAの「カウンターギャング」であり続けているのは、この3つ目の秘密工作からだった。*

「毛沢東主義」グループ – 緊縮財政、反知性主義、「思想の浄化」を強調する中国共産党は、リーズ・ファシズムの主要な特徴を「急進的」に偽装して導入するための隠れ蓑として、毛沢東主義の教義を再定義するのに非常に適している。中国共産党指導者の心理的プロフィールや、中国の思想浄化やその他の社会的慣行が、ランド研究所やリーズ派の社会学者や精神科医といった機関によって、不釣り合いなほど強調された研究を受けてきたことは驚くべきことではない。

ほとんどの自称毛沢東主義グループが熱狂的に受け入れている無頓着さが、警察工作員の潜入や挑発の理想的な機会を提供し、そのような小さなグループの増殖が、超過激派を装ったさまざまな警察による似非暴力団を作り出す理想的な機会となっていることは明らかだ。

専門的な資格を持つ諜報部員以外には、おそらくあまりすぐにはわからないことだが、この種の「店頭毛沢東主義」は、少し曲解すれば、リーズ派のファシスト集団(革命同盟タイプなど)のほとんど完璧な隠れ蓑となる。

「黒人ナショナリズム」 – 英米諜報機関によってイマム・バラカのゾンビの姿にリサイクルされた元レロイ・ジョーンズは、CIAの洗脳と「カウンターギャング」戦術が組み合わさった典型的なモデル作戦である(”元”諜報員グスタフ・ヘニングスバーグの直接の監督下で)。実際、ジョーンズのバラカへの改宗は、CIAのトップ工作員であるジョン・ローリングス・リース博士の個人的な監督下で行われた!

マルコムXの暗殺後に結成されたいわゆる。「ブラック・ナショナリスト」と呼ばれる組織のほとんどは、CIAの創造物である。(黒人の労働者階級の武装勢力に対するファシストの対反乱手段として、Rfアジア人が「黒人民族主義」をどのように考えているかについては、後述する)

本当の中央情報局

CIAの設立活動の範囲を示すこれらの例は、CIAの国内生活への介入の広範さを示している。しかし、出版されている権威あるCIAの暴露本のほとんどとは異なり、われわれの記述は、ワイズやロス[22]、あるいはプラウティ[23]のような専門家の記述の主な欠陥を多かれ少なかれ直接指摘している。より優れた暴露本に共通する、目に余る欠陥は、陰湿で違法な侵害は本質的にCIA内部の野心の暴走から生まれたものだという主張、あるいはそうでなければ蔓延する推論である。

それによって「辞書的名辞論」のバトスに陥ることなく、何のために、誰のために「エージェンシー」が存在するのかを問うことは、最も価値のあることである。ワイズ、ロス、プルーティの3人は、CIAの組織が、正規に構成された連邦政府機関、とりわけ議会や裁判所の法的なチャンネルや概観の外で行動する事実上の権力を獲得していることを示す限り、正しい質問をすることになる。このような権力を秘密裏に行使しているという事実は、CIA組織がまだ政府になっていないことを示すのに十分である。むしろ、一種の二重権力、非合法な並列政府の基盤であり、間もなく事実上明白な権力になろうと努力を続けているのだ。

誰のための、そしてなぜ?

このような証拠が示唆する第一の仮説は、おそらくCIAは、大統領府が裁判所や立法府の権限を侵害しようとしている道具なのだろうというものだ。第二の、より信憑性の高い仮説は、ペンタゴンを通じて行動する「軍産複合体」が、CIAを秘密部門として創設し、利用しているのではないかというものだ。これらの仮説はどちらも、1960年代から最近にかけて登場した証拠によって信用されなくなっている。CIAがニクソン大統領に対する「弾劾運動」を組織していたことや、正規軍に対する侵害のパターンから、「軍産複合体」以外は容疑者から除外されている。

ワイズやロス、あるいはプラウティのような著作の欠点に目を戻すと、その難しさは、俗に言う。「木を見て森を見ず」にある。彼らの記述のほとんどの詳細が有用であり、専門的である可能性が高いことを認めれば、彼らの視点は90度位相がずれていると結論づけるのは当然だろう。

具体的な証拠は主張すべきケースには不可欠だが、そのような証拠はそれ自体、調査対象の行動主義的な説明にしかならない。それ自体で列挙される細部は、単なる「悪い無限大」であり、生物の生化学的な構成要素の多くをカタログ化することに似ているが、肝心な点を見逃している: 全体を全体たらしめている生成原理は何なのか、単一生物としての存在全体を決定しているものは何なのか。このような誤謬は、そうでなければ優れた専門家の説明にも含まれており、還元主義の誤謬である。

プラウティは、被造物を分析するための歴史的アプローチに近づこうとする努力において、適切な究明路線に差し掛かっている。OSSとCIAのつながりというよく知られた事柄を見直すことに加えて、彼はトルーマンからケネディに至るCIAの成長を2つの点で位置づけるという、正しい方向へと進んでいる。陰謀論的な側面では、彼はCIAの大部分を狡猾なアレン・ダレスが創り出したものであると定義し、その道は兄ジョン・フォスター・ダレスが国務省で、アイゼンハワー大統領の腹心の部下として果たした役割によって容易になったとしている。機能的には、「冷戦」カルトを作り上げた勢力が政策風土を作り上げ、CIAの違法な侵害を「国家安全保障」という魔法のマントで覆い隠すのに絶対不可欠な神秘主義を作り上げたのだ、と彼は極めて適切に強調している。(同時にプローティは、CIAは事実上、米ソよりもアメリカそのものに対する陰謀であることを強調している)。

プラウティのCIA史における最も顕著な経験的欠陥は、軍事面を強調しすぎていることである。彼は、OSSからCIAへの切れ目のない糸を省いている。それは、偶然ではないが、ウィンストン・チャーチルの「冷戦カルト」組織の役割に最も直接関係している。彼は、OSSの設立当初から、現代のCIAの体制は、アメリカの金融業者が推進する英米の反乱・反乱プロジェクトであり、OSSとCIAの発展の全体にわたって支配的であった唯一の重要人物が、ロックフェラーが支援したジョン・ローリングス・リーズ准将であるという本質的な事実を見落としている。

この本質的な手がかりが特定されれば、OSS-CIAの前史が正しく位置づけられることになる。アメリカ側では、マーク・ハンナの有名な(そして正当な)、旧AFL指導者たちに対する。「資本家階級の労働副官」としての賞賛に代表される哲学の中で、マーク・ハンナ市民連盟運動の発展において、現代のCIA組織へとつながる世界観が、最初の制度化された形で現れる。1914年のロックフェラーによる血なまぐさいラドローの大虐殺の後、ロックフェラー財団の設立は、市民連盟の対反乱戦の概念を継続し、前進させる上で、ますます顕著で影響力のある役割を果たすようになり、今日では、フォード財団を含むロックフェラーが支配する財団が、巨大金融の中で一族の独裁的覇権を差し迫っていることを表現するまでになった; 反乱・反乱技術の主要な構成要素は、英米の政治情報機関のジュニアパートナーであるイギリスから生まれ、そこから流れ続けている。これは決して偶然ではない。18世紀最後の10年間、1776年から1783年にかけてのアメリカ独立戦争での敗北(ケベックとインドにおける反乱の始まりに注目)を契機に、イギリスの植民地サービスは、臣民の社会的統制を成功させる方法について、膨大な経験を蓄積した。’ ”

皮肉なことに、しかし決して偶然ではないが、成功したイギリス帝国主義の政治的・社会的植民地戦術は、アメリカ社会主義労働者党が提唱した懐柔策を前提にしており、その分裂を利用している。

被支配者の「ナショナリズム」的感情を利用し、「地域共同体」の「自治」形態を通じて共産化するのである。

同様に、19世紀半ばから、国際労働者協会の影響力に対する反乱戦術として、俗物的な「清潔な労働組合主義」を利用したことに始まり、イギリスは、「ナショナリスト」や「地域社会」の感情に訴えることで、いわゆる「独立」したアフリカ諸国でさえも帝国主義的な支配を継続させ、今日に至っているのとほぼ同じ望ましい結果をもたらすために、産業本国の住民の偏狭主義的な神経症を利用する方法を学んだ。

最近四半世紀にわたって、米国やカナダが反乱と反乱のメカニズムに貢献してきたにもかかわらず、ランド研究所やCIAと同系列の「シンクタンク」が取り組む最も洗練された基本概念を提供し続けているのは、英国の公立学校の生徒たちである。

英米(カナダを含む)の諜報機関は、その設立当初から、米国の物的資源と工学的仕掛けの才能を、英国の対反乱戦コンセプトのリーダーシップと融合させたものであった。

国内外における帝国主義支配の軍事的問題に対する英国のアプローチは、伝統的に、限られた正規軍によって代表される問題を、その軍事力を打ち負かす暗黙の能力を持つ集団を支配する努力によって解決するというものであった。このことは、ホワイトロー・キットソン・チャルフォントの陰謀団が、英国陸軍はかつてないほど小さくなったが、かつてないほど効果的な軍隊である-主として、北アイスランドでの最近の訓練経験の結果である-という趣旨の発言をすることによって、今日に至るまで表明されている。

この問題に対する本質的な解決策は、英国の政治情報層の立場からすれば、社会学的・精神医学的兵器の武装を採用することであり、その結果、対象人口をそれ自体に対して分裂させ、軍隊が、社会学的・精神医学的兵器の一般的に効果的な組み合わせによる統制に抵抗するハードコアに代表される少数の物的勢力以上に直面することがないようにすることである。

英米情報機関の理念は、現在一般に「特殊部隊」と呼ばれている訓練、装備、配備の路線に沿って、正規の軍事組織を変革することである。同時に、特に1950年代後半に完成した研究以来、CIA組織の本質的な任務は、未来の社会への道を導くことである。特殊なファシスト政権では、過去の軍人は淘汰され、正規の軍事作戦と「低強度」軍事作戦の両方で訓練された幹部で構成される新しいタイプの将校団に取って代わられ、経済や政治などの教育を通じて訓練された将校団が政府となる。(ギリシャの軍事独裁政権やペルーの現政権は、1950年代後半から1960年代前半にかけてのCIAの訓練プログラムの模範的な産物であり、資本主義世界を通じて多かれ少なかれ一様にこのような政権が誕生する道を準備するために開発されたプログラムである)。

これは現在、EEC(共同市場)に代わってNATOが運営する「大西洋共同体」を設立しようとする熱い努力の中で表面化している。ファシスト世界政府を目指すCIAの計画(例えば、ジェームズ・シュレジンジャーら)は、CIA直轄の「西側」軍事機構であり、全体として「柔軟な対応」部隊と呼ばれるものである。

この「柔軟な対応」軍事機構は、2つの能力を持つことになっている。表向きの純粋な軍事的特徴*においては、ソ連に対する「先制攻撃能力」というシュレジンジャーに関連した神話を中心に組織され、アメリカはそのような軍事能力のアメリカ-NATO間の展開をコントロールする。[24] 第二の能力は、自国の都市を婉曲に表現した「第二の標的」に向けられる。(アメリカ艦隊の核ミサイル潜水艦でさえ、現在、アメリカ合衆国の主要都市そのものを標的とする、ロックフェラー選定の「第二標的」プログラムを有しているか、あるいは、そのようなプログラムが意図されている疑いが最も強い)。

正規軍部隊(米正規軍と州兵を含む)のかなりの部分を、米国の都市や町に対する「マイ・ライス」を実施する特殊部隊の任務に振り向けることに加えて、CIAの組織は、通常の州警察や地方警察を、ヒトラーのS.D.-ゲシュタポをモデルにした国家反乱警察部隊に置き換えることを規定している。

このようなCIAの非合法な取り組みの軍事的・準軍事的側面は重要かもしれないが、CIAの仕事の大部分は、社会学的・精神医学的プログラムのファシスト的形態に集中しており、これにはジョン・リース博士、クルト・ルーイン博士、ネイサン・S・クライン博士[25]などのニュルンベルク事件の犯罪者や同様の精神病質変性者の名前が最も顕著に関連している。有名な専門家が暴露しているのは、CIAの組織におけるこの後者の主な特徴である。それゆえ、彼らの説明では、このような構成上の誤謬によって、ひとたび考慮されれば、「何」、「誰」、「なぜ」というすべての重要な疑問に即座に答えてくれる、きわめて重要で決定的な証拠についての考慮が省略されているのである。

簡潔に言えば、CIAの組織はロックフェラー一族が後援し、本質的にロックフェラー一族が支配するファシストの陰謀であり、その陰謀の軍事的・準軍事的特徴は、故ジョン・ローリングス・リーズ博士を筆頭とする大勢の学者や専門家によって開発されたファシストの社会学的・精神医学的概念の不可欠な付属物に過ぎないのである。

ニクソンのケース

ネルソン・ロックフェラー知事とニクソン大統領の間に全く愛情がないことや、ニクソンが時折CIA組織のつま先を踏んだり踏まれる恐れがあったことは、二次的な重要事項である。ニクソンは、1960年に指名されて以来、事実上CIA組織の一員として、また実質的にはロックフェラー利害関係者の道具として機能してきた。

確かにニクソンは、主要な任命者の多くがロックフェラー派であることを事前に知っていたし、ホワイトハウスの「配管工」部隊の創設がCIAによる直接の潜入に地下室を開放することを知るのに十分な経験を持っていた。彼は、ヘンリー・キッシンジャーが何者であるかについて、(おそらく「生物学的」には劣るにせよ)優れた政治的理解を持っている。

ほとんどの国民(そして外国人)がアメリカの継続的な情勢であると推測している状況を考えれば、ロックフェラーには、ニクソン政権がCIAの確立した政策を政治的な交通が負担する程度に遂行しないと考える普通の理由はなかった。ニクソンは多かれ少なかれ見かけ通りの人物であり、ロックフェラー支持者の何人かが予想していたよりも、間違いなくもう少し闘争心がある。

そのような前提に立てば、ロックフェラー家が「ウォーターゲート事件」のデマによって解き放たれた弾劾運動を、組織することはおろか、許可することも正気の沙汰とは思えない。このような驚くべき展開は、ニクソンが重要な政策を妨害している場合か、大統領職と議会の信用を大幅に失墜させるという高次の便宜を図っている場合にのみ起こりうる。

私たちは、組織労働運動の圧殺がまさに達成された時点で、ロックフェラーがニクソンを捨てる可能性を予見していた[26]。ロックフェラーがCIA組織を支配し、エネルギーデマを仕組んだことに本質的に加担し、「ペンタゴン・ペーパーズ」と「ウォーターゲート」のデマを仕組んだCIAの責任、さらにCIAが(CIAのパイプ役からワシントン・ポスト紙へのリークを通じて)弾劾運動を解き放ったことの証明は、われわれが以前から予見していたように、ロックフェラーが計算ずくでニクソンを捨てるための一般的な条件が成熟していたことを示しているが、そのような特殊なファシスト的形態では、われわれはここ数カ月までそのようには予見していなかった。

抽象的には、ニクソン大統領は、ほとんどどんな朝でも、ロックフェラーとCIAを後退させるために、容易かつ効果的に反撃することができた。しかし、そのような抽象的な可能性とは別に、ロックフェラーに対する反撃は、必然的に、共同して激怒した一般大衆と主要な政治機関の主要な要素によって、ロックフェラーらに対する大規模な「反トラスト」型の報復につながるだろう。有力な金融界の二番手であっても、ロックフェラーの骨にくっついた大量の富は、ロックフェラーに刺されたか、ロックフェラーから離反して群れに加わるのが好都合だと考えたウォール街のハゲタカにとって、最も魅力的な獲物となるだろう。この「自由企業」に対する「危険」と、ディクソンの保守哲学と社会的基盤の他の関連性のない問題は、ディクソンを囲い込み、政治家個人としてのディクソン自身を、彼の個人的アイデンティティの感覚全体に対する攻撃から守ることを大きく妨げている。

要するに、CIAはニクソンを心理的に敗北するようにプロファイリングし、ホワイトハウスと行政府にロックフェラー支持者を集中させたのである。彼らはまた、ニクソンのブリーフィングをコントロールすることで、ニクソンを支配している。ブリーフィングは、あらゆる重要な問題に関して、CIA自身やヘンリー・キッシンジャー、さもなければ、国防総省、財務省、HEW、司法省、連邦準備制度理事会(FRB)などにいるロックフェラーの手先たちに大きく依存している。

「CIAを解散させる」?

この時点で、CIAそのものを事実上清算する議会法がCIA組織に大きなダメージを与えるかどうかは疑わしい。そのような救済策を講じるには、遅すぎる–いや、ほとんど遅すぎるだけかもしれない。それは1960年代初頭に達成されるべきだった。

国防総省のシュレジンジャー、FBI長官としてのクラレンス・ケリー、司法省に居座るゲシュタポ長官サントレッリ、フォード財団のマクジョージ・バンディなどに代表されるように、CIAの組織は国内生活に深く浸透しているだけでなく、もはやその活動全体を調整する上でCIAの存在に決定的に依存することはない、というところまで来ているのかもしれない。いずれにせよ、CIAによる軍とLEAの乗っ取りが完了すれば、警察、刑務所、連邦・州・地方の主要検察庁が乗っ取られ、民主的資本主義からファシスト的テロリズムへの静かな移行が、そのような出来事によって喚起される少数の弱々しい抗議を阻止するのに十分な見せかけの合法性をもって達成されることになる。

政府のトップレベルでは、今やCIAの組織を抑止することしかできない。今年のCIAによるファシスト支配は、激怒した大勢の労働者によってのみ阻止することができる。

3. ロックフェラーCIAの陰謀

先進部門にファシズムを導入するというロックフェラー家の明白な決定の最も本質的な特徴を理解するのに必要な経済理論的背景は、『社会主義かファシズムか』[27]で十分に概説されている。[27]や、現在の経済状況に関する他の様々な出版物の中で十分に概説されている。[28] 資本主義は、1968年3月から1971年8月にかけて勃発した経済崩壊の深化の根底にあるプロセスによって、「客観的に」ファシズム的な選択肢を選択するように追い込まれているだけでなく、ロックフェラー一族は「ゼロ成長」という名の下に、意識的にファシズム的な経済政策を採用している。”[29]

18世紀のフィジオクラッツの時代にはすでに、資本主義経済で利用可能な実質的な絶対賃料、債務返済、利潤の合計は、社会の生産的発展の総体において、あるエポックから次のエポックへと生じる有用な富の生産の絶対的な拡大幅に制限されることが(さまざまな方法で)公式に認められていた。[30] その結果、「ゼロ成長」の資本主義社会とは、定義上、「稼いだ」家賃、債務返済、利潤の利用可能な絶対的マージンがゼロ以下でなければならない社会である。

このような資本主義の経済形態は、資本家が被支配者の私利私欲の向上を操作的に訴えることによる政府を禁止しているので、資本主義経済の「ゼロ成長」モデルは、伝統的な民主主義制度の存続を容認することはできない。このことは、副次的な意味として、そのような民主的制度の既存の形態を信用失墜させ、破壊しなければならないだけでなく、民主的制度を再構築しようとする有機的な傾向が効率的に阻止されるように、主体的な住民を密接に取り締まり、恐怖に陥れなければならないことを意味する。その結果、帝国主義的半植民地支配の未発達部門において、共食いによる資本主義的略奪を維持するためには、伝統的に、単なる警察国家的恐怖だけで十分であるのに対して、先進部門における民主主義的制度の有機的傾向は、このような経済体制のより安定した形態であるファシズムへの短期的移行以上のものとして、単なる警察国家的支配を不十分なものにする。

このような現代の「ゼロ成長」経済の先行モデルとして最も注目すべきは、ナチス・ドイツである。

ナチスの金融家ヒャルマール・シャハトのもとで、1933年から1936年まで、ドイツの資本家の繁栄は「メフォ手形」の「チェーンレター」信用システムによってもたらされ、それはドイツの労働者階級(スピードアップ、賃金の大幅な引き下げ、インフレ、食事の質の低下)と既存の生産能力の共食いによって支えられていた。1936年から37年にかけて、シャハトをはじめとするナチスの指導者たちは、この共食いの独裁体制が急速に枯渇点に近づいていることを明らかにした。この問題に対処するため、ナチス経済はドイツの近隣諸国からの略奪によって安定を得た: オーストリア、チェコスロバキア、スカンディナヴィア、低地中海沿岸諸国である、

オーストリア、チェコスロバキア、スカンジナビア、低地諸国、ポーランド、フランス、ソ連、イタリアなどである。シャハトは巨額の軍事予算によるインフレの影響を懸念していたため、ポートフォリオ・ポジションから外されたが、彼の本質的な経済的共食い(「ゼロ成長」)プログラムは、後継者たちによって必然的な結論(奴隷労働・死の収容所)にまで拡大解釈された。

ナチスの奴隷労働と死の収容所システムは、ヒトラーやその仲間の気まぐれではなく、ロックフェラーを含むあらゆる「ゼロ成長」資本主義経済の基本政策の本質的な表現である。明日の大量虐殺なしに、今日から「ゼロ成長」政策をとることは不可能である。共食い率を対象者全体にわたって平均化するのではなく、政治的反体制派、スラブ民族、ジプシー、ユダヤ人に特に重点を置いて、奴隷労働者と「ゲスト」労働者の身体に、こうして倍増した共食い率を集中させる政策によって、主にドイツ人の熟練労働者と半熟練労働者の幹部は、生産的幸福のわずかに機能する状態に維持された。イタリア人、フランス人、「北欧人」労働者の共食い率は、ドイツ人幹部と奴隷労働者の中間であった。

原材料と生産工場の平均的な共食い率も、同様に、ドイツ産業の相対的な強化に応じて異なっていた。

1939-41年当時も今日も、一部のソ連スポークスマンの明らかな希望的観測に反して、「西側」におけるファシストの「ゼロ成長」政策の採用と、ソ連圏自体への早期攻撃の切迫とを切り離すことは不可能である。1 ファシズム経済内部で急速に高まる圧力は、ナチス・ドイツの場合と同様に、外国の土壌と住民を略奪することによって内部の略奪圧力を緩和しようとするヒステリックな衝動へと急速に向かう。

また、今日、「ゼロ成長」経済政策を採用することは、先進部門の対象人口にファシスト政権を押し付けるという、金融界をリードする人々の意識的な政策なしには不可能である。

ファシズムとは何か?

ソ連指導部も、その「トロツキスト」批判者たちも、ファシズムという用語の科学的な定義、あるいは有用な定義をまだ確立していない。(この線に沿った自由主義者の学術的努力は、あまりにも惨めなほど無能であり、言及することさえできない)。この問題の分析は、労働委員会のユニークな業績の一つに数えられている。[31]

ファシズムには、究極的に相互依存的な2つの側面があり、最初に別々に検討されるべきであり、そうすることによって、これらの段階間の関連を適切に整理することができる。大衆ベースの運動として、ファシズムは、アナルコサンディカリスムと教皇庁イデオロギー [32]の発露であり、その効果および意図は、マルクス主義または「ボルシェヴィキ」の「中央集権化」と「集団主義」に対して、分断された構成集団の「自然な」急進的衝動を対置することである。ファシズムによる住民の原子化は、資本家の(意識的または事実上の)「ゼロ成長」政策が民主的資本主義制度の有用性を破壊するような状況のもとで、支配的金融機関の支持基盤としての政治的基盤として、ファシズムを適切な最後の手段とする。

現代のファシズムは、ファシズム全般の相互依存的な二つの側面を統合している。「現代のファシズム」とは、具体的にはロックフェラーのファシズム、あるいはジョン・ローリングス・リーズ准将博士とその協力者たちによってロックフェラー支配の利益のために開発された意識的ファシズム・モデルを意味する。「意識的」とは、リーズらがムッソリーニとナチスのファシスト運動と国家を緊密に研究し、賞賛したことから、英国の植民地経験の類似した特徴と一致する出発点をそこに見出したことを意味する。

第二次世界大戦の終わりには、これらの研究はすでに長期的なファシストの陰謀という形になっていた。ロックフェラーは、イタリアのMSIのような「独立した」ファシスト組織を利用することに消極的ではなかったが、ロックフェラー=リーズの陰謀の主要で特徴的な推進力は、洗練されたファシスト形態の社会組織を上層部から指示的に押し付けることであり、ファシスト運動が、その発展や活動に対する直接的な資金提供者の指示からいくらか独立して大衆的基盤を発展させることに対する資本家の後援や共謀とは異なるものであった。

リーズらがこの効果に貢献した重点は、精神医学を「当時存在していたファシストのスキーマ」の洗練に応用することであり、対象集団のかなりの大衆に対する実際の洗脳によって補足された。

リーズとその共同研究者の目的は、ファシスト組織に参加し、支持する集団の原因となる疑惑性(特定の精神神経傾向)を発見することであった。そのような調査に基づいて、パッケージが開発された。これらのパッケージには、(ソウル・アリンスキー型の)政府や財団が後援する組織者の訓練が含まれていた。そのような組織者は「急進派」に偽装され、その偽装のもとで社会的発酵の病巣に介入し、「急進的な解決策」と「急進的な有権者」の組織形態を提案し、「ナショナリズム」というファシスト的概念と「地域社会の統制」のための「急進的な」闘争というファシスト的原理を中心とした実際のファシスト運動の形態に、一歩一歩、徐々に騙された人々を引き込んでいった。

この急進的な対反乱組織化(ソウル・アリンスキーと彼の模倣者たちは、そのようなCIAの工作員やエージェントの純粋なタイプである)は、フィリピン、ギリシャ、ベトナムでのCIAの活動や、マレーシア、アデン、ケニア、北アイルランドでのイギリスの活動を通じて、その発展をたどることができる種類の直接的な対反乱活動と結びついてきた。「急進的な」ソウル・アリンスキー型の組織者は「ソフト・コップ」であり、「フェニックス作戦」で有名な軍や準軍事組織の反乱軍は「ハード・コップ」である。このように、準支持的な「急進的組織者」と、軍や準軍隊の少年たちが作り出す嫌悪的な環境は、洗脳状況に不可欠な2つの社会統制要素を表している。

最近のアメリカにおける新左翼/「地域コミュニティ・コントロール」/「エコロジー運動」/「ネーダリズム」は、陰謀の「急進的」対反乱の本質的な特徴を十分に物語っている。「新左翼」対「旧左翼」は、政策決定における活発な知的生活と対立する「参加型民主主義」というCIAの対反乱コンセプトとして精緻化され、「参加型民主主義」というコンセプトは、抑圧勢力に対抗する大衆の協調的な戦術的展開の可能性を故意に自虐するものである。「ポスト産業社会」は、フォード財団がスポンサーとなったナンセンスなもので、イデオロギーの対反乱兵器として、「急進的」イデオロギーとして「ゼロ成長」という原始ファシストの概念を導入した。「非物質的な要求」を優先して「物質的な要求」を否定したり、劣化させたりすることは、「急進的な」反乱軍が影響力のあるカモを洗脳しようとするもう一つのステップである。「生活の質」、「共同参加」などは、さらにその先にあり、事実上、明白なファシスト政策に到達している。ファシストの「地域コミュニティ統制」イデオロギーが強化され、「ブロックウォッチャー」などのファシスト警察の提案を受け入れるまでになることは、反乱軍の手先が実際のファシスト運動へと変貌することに成功したことを意味する。

政府機関、大学、「急進派」運動の乗っ取り、エネルギーデマ工作、軍隊の「低強度」作戦部隊への転換、ゲシュタポのようなLEA Aの導入、大規模な洗脳の使用など、現在の陰謀のすべての要素は、すべて計画された展開であるだけでなく、この計画の進行とその実行は、関係する主要な代表者や実践者の公表された著作の中に、★詳細に記録されている!ファシストの陰謀が進行中であることを否定する者は、まったく知識がないか、無教養か、単にヒステリックな愚か者である。

陰謀全般

リーズ主義者がファシスト技術に加えたもう一つの主要なもの、「洗脳」は、ロックフェラー・ファシストの陰謀の軍事的・準軍事的機能の補助として適用される。洗脳法の内部的特徴は、「遺伝学的に」ファシストの「急進的組織化」プロジェクトの強化にすぎないが、その適用は、先ほど述べたように、軍事/準軍事的文脈の中でより適切に位置づけられる。

ロックフェラー家の軍事的/準軍事的な対反乱作戦は、血の}「平和化」プログラムに代表される。マレーシア、アデン、ベトナムなどで行われた「平和化」計画は、血塗られたミライの犯罪が最もよく知られた例である。このような努力の一般的な要点は、ナチスS.S.の東欧と南欧の慣行から借用した一般的な方法によって、ファシストの敵対者の「ハードコア」政治的支持基盤を孤立させ、破壊することである。

「フェニックス作戦」で表現された一般原則は、一般市民に対する特殊部隊タイプの暗殺チームの公然の展開をまだ許していない政治情勢において適用することができ、また適用してきた。

裁判所、検察庁、警察そのものがCIAとつながりのある機関(たとえばLEAA)によって破壊され、主要な資本主義マスコミがそのような犯罪を容認するのであれば、CIAに入り込まれた正規の法執行部隊は、「ミライ」作戦と同じ目的、同じような一般的効果を持つ違法な秘密作戦(濡れ衣を着せるなど)に広範囲に展開することができ、またそうしてきた。

このようなCIAの秘密警察活動の中で、「洗脳」はファシストたちに二重の意味で役立っている。

「洗脳された」反体制派は、実際に精神的に殺害される。ロックフェラー勢力が精神医学の専門家の大部分、特に国が管理する精神科医療機関を支配しているのであれば、犯罪の事実が被害者のかつての友人や仲間によって悪用されるという大きなリスクなしに、かなり効率的な形の殺人を犯すことができるこのような「洗脳者」はまた、他の反体制派を罠にはめるために直接利用されたり、ゾンビの「カウンターギャング」のメンバーとして利用されたりする。労働委員会に対する現在のLEAA-FBI-NAG連動作戦から、より広範な米国民層に対する明白な「ミライ」戦術への脅威的な移行は、程度の問題であって、原則の本質的な違いには関係ない。この2つの程度の本質的な違いは、「現在の政治的交通が耐えうるもの」という言葉に要約される。

要約すると、ロックフェラー家のリーズ的ファシストの陰謀は、以下の主な特徴によって特定される。

  • (1)金融危機の深刻化という経済的・政治的展開が、支配的な金融家の一派に、既存の民主主義制度のファシスト的な準法規的転覆を選択させたという意味で、古典的なファシストの陰謀である。
  • (2) ナチスドイツのように、「ゼロ成長」経済を導入するという金融業者による意識的な決定の必然的な結果であるという本質的な点において、古典的なファシストの陰謀である。
  • (3) 四半世紀以上にわたって意図的に準備されてきたという点で、意識的にファシストの陰謀であり、ナチスとムッソリーニのモデルと英国植民地事務所の対反乱戦の経験の融合に、その計画のすべての主要な特徴を意識的に前提としている。
  • (4) それ以前のファシスト運動とは異なり、ロックフェラー・ファシスト運動は、主として上層部から開始され、その結果、ムッソリーニとナチスのモデルの線に沿って、マ^スベースのファシスト組織が半独立的に発展するという伝統的な道をショートカットしようとしている。
  • (5) 意図されたファシストの政治的上部構造の意識的に定式化された主要な特徴は、次のとおり:
    • (a) CIA」(例:アメリカ国防総省、ナチス)によるすべての正規の軍事組織の乗っ取り、
    • (b) IAが管理する軍将校団、つまり、軍、準軍事、警察、「文民政府」の工作員として共同または交互に任務を果たすように訓練された将校団が政党に取って代わること(この取り決めのもとで政党が名目上存在するとしても、その存在と機能がCIAの軍団によって認可される範囲でのみ存在することになる)
    • (c) (「ヴァッフェンSS」)と準軍事警察(例えば、S.D.やLEA A.)の両方をモデル化すること、 例えば、S.D.やLEA A)の両方をナチスのS.S.-システムでモデル化し、(アメリカでは)FBIを「ゲシュタポ」に変身させることも含まれる;
  • (6) 「タウンウォッチャー」や「ブロックウォッチャー」をゲシュタポの工作員として住民の間隙に潜り込ませるなど、ナチスS.S.システムのあからさまな模倣を通じて、準軍事的政治警察力(例えば、S.D.のようなLEA A)を住民のファシスト組織(例えば、「地域コミュニティ統制」、「共同参加」)と統合する;
  • (7) 「思想統制」の日常的な警察活動としての大規模な洗脳活動の不可欠な役割。免許を持つ精神科医や心理学者の大半は、犯罪的な「思想警察」幹部部隊として機能するよう、(例えばアメリカでは)すでに訓練されている。

この潜入は、「1984年」モデルの資本主義社会が西ヨーロッパ、北米、日本、オセアニアのすべての国に押し付けられる「準合法的」ファシスト支配の確立を目的とした、意図的で準備的な展開である。

「陰謀論」?

この記事で先に強調したように、ロックフェラーのファシスト陰謀の膨大な事実証拠を否定できなくなった時、頭の混乱した学者やジャーナリストの最後の手段は、そのような事実はすべて「悪」に違いないと主張することである。これが、この問題を扱うポイントである。

陰謀論的という用語の最も広義の許容される用法においては、下等な動物生命体に対する人間の質的な区別以外には何も含意されていない。まさに人間存在の自発的な要素こそが、すべての人類史を決定し、人類史そのものなのである。[33] その限定された意味において、歴史という用語と陰謀論的という用語は、同じ概念を表現する二つの異なる方法にすぎない。このような「陰謀論的」概念を受け入れないアカデミックな歴史家は、定義上、歴史家ではない。

我々が他の著作で繰り返し長々と述べてきた関連する点を要約すると、人間を下等動物から区別するものは、人間生活の物質的条件の再生産様式を意図的に(すなわち自発的に)変更することである。私たちが引用した著作の中で展開されている理由から、人間の歴史は、成功した人間の革新における傾向(社会進化の「盲点」とは異なる)によって定義される。[34] このような「生態学的熱力学」 [35]の見地から、人間は意図的に、事実上、貧弱な更新世の動物種から高等な種の連続へと進化してきた。このように区別されるのは、人間の精神的な行動そのものではなく、単なる行動の全範囲を意志的に決定するための概念的な力における、人間の意志的で質的な進歩なのである。人間の意図的な活動という側面を通して、歴史家が正しく研究するのは、このような概念的な力の進歩であり、それが歴史の適切な主題なのである。

歴史と陰謀という用語が正確に等価であるのは、そのような限定された意味においてである。

「陰謀史観」という蔑称の適切な用法は、神経症患者が魔術への信仰を表明するような、子供じみた大人の空想の形態に限定される。彼は、特定の古い制度を破壊し、新しい制度や行動様式の1つまたは複数の実現可能な代替案を受け入れさせる可能性を制限する現実的な条件を考慮することなく、人間がほとんどどのような恣意的な存在形態(ユートピアまたは反ユートピア)をも存在させることができると想像している。人間は選択する。それが、歴史に関するあらゆる科学的概念の直接的な内容である。しかし、人間は、まるで魔法や魔術のように、いかなる代替案も恣意的に選択することはできない。人間が選択できるのは、一方では、凌駕されやすくなった古い制度の支配に終止符を打つことだけであり、他方では、限られた新しい選択肢の中から選択することによって、古い制度に取って代わることだけである。

個人や社会の人生における重要な分岐点における本質的な選択は、2つの選択肢のスペクトルのうち、一方は有効な社会還元エントロピーを表し、もう一方は有効なネゲントロピーを表すものである。本質的に、そのようにして、人間は、絶滅または人類の進歩へと様々に導くいくつかの限定されたタイプの経路の中から選択することができる。これが、この問題に対するマルクスの見解である [37]

マルクスの見解と対立するものとして、資本主義イデオロギーに特有の「陰謀論的」分析に対する半可通な批判がある。その支持者によって採用される議論の核心は、「見えざる手」の神話を崇拝するヤブ経済学者と必然的に同根である。[38] このような批判が、騙されやすい人々を唖然とさせるために、主に資本家によって直接的または間接的に人事が決定されている同じ学者たちによって進められているのは、皮肉ではあるが偶然ではない。それゆえ、最も巧妙な策略によって富を築いた人物の事実上の代理人によって、策略の役割が否定されるという皮肉が生じるのである。

臨床的に言えば、このような学問的批判には二つの側面がある。資本主義のプロパガンダとして、これらの批判は被支配者の継続的な服従を合理化する。その点で、資本主義を擁護するアカデミックな論者は、雇い主の代理人としての役割を担っているのである。しかし、このような見解の宣伝者が、しばしば最も強い「誠実な」個人的信念から論じていることも否定してはならない。これがこの問題の第二の臨床的特徴である。情熱的に確信した奴隷が、自らの意志による自己堕落を道徳的に正当化する必要性から、奴隷のイデオロギーを教えているのである。

この批判は、定規とコンパスを使って角度を三等分しようとする「現代的な」試みよりも、はるかに粗雑な不条理である。

この不条理は、「陰謀論的」分析を批判する者が、歴史の流れを予測しようとする努力に怒り狂い反対するたびに、最も露骨に現れる。そうでなければ、歴史的過程は厳密に法則的に決定されたもの以外には存在しないと主張する学者たちが、「自発主義」に反対する議論と、発展の過程はほぼ予測可能であるという見解をヒステリックに非難する議論とを一緒にするのは、奇妙に思えるかもしれないが、それは当然である。この奇妙なパラドックスはなぜなのだろうか?彼らはこの一見不合理な見解をどのように調和させようとしているのだろうか。

予測することを恐れる動機は、予測という粗野で学問的な概念(すなわち、「下品に宇宙の外にしゃがみ込むこと」)から、この問題に対する実際的な展望へと関心が進むにつれて明らかになる。歴史的発展の自発的な要素は、歴史を変えるための意志的な行動指針の選択であるため、予測という個人的な活動に現実原理が組み込まれるまでは、予測は臨床的には精神分裂病の空想と区別がつかない。私が予言することは、私が道徳的に何をしなければならないかを示すという要件を含まない限り、無意味なジェスチャーである。そのことが、魔術的な(たとえば分裂病的な)「水晶玉」による予言と、単なる学問的な占いと、私自身の行為や不作為の最終的な結果を予見する責任を私が負うという、持続的な人生観との本質的な違いになる。そのような予知なくして、個人の道徳は存在しない。そのような個人的なコミットメントがなければ、まともな予測もできない。

原理的に予測を認めない人は、単に故意に不道徳な人である。予測することに反対するのは、自分の責任ある行為を見ることから逃れようとするヒステリックな努力であり、自分の選んだ行動の結果を知ることから逃れようとする努力である。彼は本質的に、ある煙突が見える方向を見ないことで良心を守っていたヒトラー政権下の「善良なドイツ人」に似ている。

彼は単に不道徳な人間ではない。むしろ、彼は十分に予測可能だと思われる結果をもたらすために行動する。彼は個人的な安全や利益と見なすものを確保する手段として、特定の確立された同業者グループやその他の「権威」をなだめるために行動する。彼は個人的な安全性を高めるために隣人を地元のゲシュタポに通報するが、そのような退廃的な行動が自分の社会、ひいては自分自身にもたらす予測可能な結果については考えようとしない。彼の予測への恐怖は、彼自身の不道徳な本性の証拠に直面することへの恐怖である。

予測することは、スピノザ的あるいはプロメテウス的人間の特徴的な関心事であり、人類全体の現在と未来の幸福のために個人的責任を追求し、受け入れる。予知を恐れることは、ユーライア・ヒープの道徳であり、人間として生きることを拒否し、歴史が要求するように行動する個人的責任を受け入れることを拒否することを合理化する必要のある、お人好し、シュレミールの特徴である。シュレミールは、歴史の決定を「正当に構成され、確立された権威」に委ねることを好むが、それにもかかわらず、自分の職業がもたらす結果に対する責任から個人的に切り離された特徴的な態度で、その結果を批判する俗物の独善的特権を保持している。

予言とボランタリズムを同時に嘲笑する学者は、論理的には不合理かもしれないが、臨床的には一貫している。彼の職業の一貫した特徴は、歴史の流れを意志的に決定するのは資本主義体制の独占的特権であるという原則である。ボランタリズムを非難するということは、臣民は支配者の意志を神聖なもの、事実上の自然法則と見なすべきだと主張しているにすぎない。支配者にいかなる法律を押し付けることに対しても、彼はおべっかを使って予言することを嘲笑し、またこれに付随して、主人の指示に従って故意に行った行為の結果について個人的責任を取ることを拒否している。

では、このようなモラルの堕落した学者などが、自分を真に人間的な存在だと考えることができるだろうか?彼らはそうではなく、幼稚なのだ。

このような学者等の人間以下の性質は、彼らが提供する合理化が、幼児的な魔法への信仰という暗黙の前提に依存していることを発見することによって、効率的に症状化される。[39]

幼児が信じる「合法性」とは、有利な結果が決して絶望的に手の届かない状況の範囲内で、個人的な世界秩序を維持するための母親の魔法の力の永続性である。彼のファンタジーでは、それに応じてファンタジー生活の最も哀れな形態に訴えかけるソープオペラと同様に、彼は「英雄」であり、涙を流して喜ぶ最後の瞬間に、すべてが最終的に「美しく」なるに違いない。危険、苦しみ、挫折は、彼にとっては「ポリーヌの危険」に似ている。「何かが好転する」、「やがてすべてがうまくいく」、「信仰を持て」絶対的な大惨事は、息子としての責任ある行動によって防がなければならないと認めることは、哀れな似非大人であることをやめることであり、無意識の心的プロセスの中で母親のスカートの優しい、暖かい揺れを聞くことに機能能力が依存している、マッチョ、パッパガロ、ジョックであることをやめることである。

このような魔術信仰の学問的偽装は、一般にアダム・スミスの「見えざる手」の概念や、それに対応する「確率的決定論」の奇妙な信仰と同義である。このような決定論の迷信的な形態では、歴史は最終的にある種の法則性に従うものとして表現され、最悪の場合、「シカゴ学派」のインチキ経済学が流行らせたソフトな古女房の格言集となる。このような幼稚な迷信のより「洗練された」教室版では、連続する出来事の配列間の因果関係は、いわゆるランダム性を含む要因によって決定される[40]。

こうした見解によれば、マクロなリアルワールドでは、出来事の成り行きを直接決定しようとするのは道徳的に間違っている。しかし、ミクロの世界では、各「分子」(各個人、各孤立した事象)は微細なものの中からランダムに選択肢を選ぶことができ、そのような選択の各タイプには「要因」と呼ばれるものが関与している。そして、微細な選択の集積は、時として、マクロ領域の知覚可能な次元における選択の集積の偶然の一致として起こりうる。

そのような世界観を、単なる記述的な用語ではなく、もっと使える何かで理解するためには、そのような合理化を臨床的な用語で位置づけることが不可欠であり、それは魔術への信仰、魔女の神学を表現するようなもの:

マクロの世界秩序は、いかなる魔女によっても意志的に、直接的に決定することはできない。しかし、個々の魔女は、非常に小さな、個人的な事柄[本質的に、孤立した個人に影響すると推定される幸運や不運の微視的な代替の影響]において、非合法的な出来事を魔術的に命じるかもしれない。そのような何百万もの魔女による微視的な介入の効果において、累積的な偶然の一致が起こる機会があれば、その時だけ、マクロな領域の許容された意志的な秩序が、魔術[例えば、自発主義]によって偶然に起こるかもしれない。

経済ヤラセのフリードマン学派に関連する世界観は、あらゆる職業で遭遇する一般的な手法の模範である。ウォーロック・フリードマンは、マクロスケールで起こるあらゆる望ましくない事象を、経済運営に直接介入しようとすることの不道徳性の証拠としてとらえ、政府の統制的役割を、財政と通貨総額の調整役という神から与えられた特有の本質に限定する。彼は、AHの善は「見えざる手」の奇跡的な介入によってもたらされなければならないと考えている。

フリードマン派が連邦政府の「介入」による不始末の事例を突き止めることに時折成功する程度には、不幸な結果は介入そのものではなく、資本主義的矛盾の避けがたい原則に逆らって行動しようとする、資本主義者本来の誤った努力の結果である、誤った考え方に起因するものであることが、実際に示される。フリードマン自身の処方は、まさにこの点で、資本家にとって最悪の選択肢である。フリードマンの「リバタリアン」的な考え方(特に、警察問題には及ばない)は、粗末な学問的偽装をした、単なる横行する幼児主義である。

資本主義が本質的に陰謀的であり、常にそうであったということは、少なくとも我々がこの言葉を適用してきた限定的な意味においては、正しく主張されるべきである。資本主義の基礎は、ルネサンス期の重商主義者たちが、既存の富の源泉を略奪するために、司教やその他の封建的勅許を確保したことにある。その後の資本主義の有機的な発展は、そのような政治的手段(既存の富に対する原始的な利潤の蓄積)の継続と、投資と生産の決定に位置づけられる。金融力が相互依存と集中を強めるにつれ、一握りの支配的な金融業者の気まぐれな決定が、ごく少数の陰謀家の意向に左右されやすくなった。

現在の歴史の悲惨な側面は、潜在的にポジティブな特徴を欠いているわけではない。ロックフェラー一族の利益と機械の陰謀的な力の増大は、根底にある世界的な生産力の即時的な相互依存の加速を反映している。この傾向は、人間の状態をより直接的に意志決定するために、社会が過熟に発展することに成功していることを表している。それは、労働者階級の全人口の、公然の「陰謀」による人類史の支配のための、社会の発展の過熟を表している。

熱核融合発電の開発のケースは、その理論的問題を劇的に示している。社会全体にとって、このような代替電源(およびそれに付随する新技術全般)の開発は、人類の継続的発展と存在そのもののパラダイムである。現時点では、「マンハッタン計画」規模の「力技」による開発努力によって、5年以内に実現への突破口を開くことができるだろう。ロックフェラーの利害関係者は、民間の熱核研究における覇権と、原子力委員会の間接的な(CIAによる)支配を通じて、そのような緊急の努力を引き起こすことも、抑制することもできる力を持っている。そのようなブレークスルーは、彼らの経済的利益、つまり最も根本的な方法で人類の利益と対立する経済的利益には、まねのできないことなのだ。こうして定義された選択の現実的で予測可能な結果、つまり代替的な選択の吸収的な連鎖は、歴史の自発的な(例えば「陰謀的な」)決定における選択に浸透し、それを制限する歴史的法則性を例証している。

私たちの前にある問題は、世界が陰謀によって支配されるべきかどうか、支配されているかどうかではない。我々がこの言葉の適切な使い方を規定した意味では、現代社会はもともと合法的に陰謀的である。その現実から生じる唯一のまともな現実的問題は、次のようなものだ: どの陰謀が勝つのか?ファシストのロックフェラー一族を中心とするCIAの陰謀か?それとも、世界の労働者階級からなる巨大な民主主義組織か?

4. ジョン・R・リースの役割

私たちの専門家たちが、この巨大な陰謀を追跡しはじめたとき、最も印象的だったのは、主要なファシスト工作員の背景を調査するたびに、すぐにリーズに行き着くという粘り強さであった。われわれの調査が比較的進んだこの段階でさえ、疑問はまだ十分に解決されていない。3つの国(アメリカ、カナダ、イギリス)のロックフェラー体制は、どのような理由で、このような莫大な資源と権限を、才能があると認められているイギリス人精神病質者一人の「自由裁量」に置くことを選んだのだろうか?このような疑問に対する最終的な答えは片側に置いておくことにする。われわれにとって最も有益なのは、この疑問そのものである。ロックフェラー一族はリーズを選んだのであり、その結果、彼はCIAが現在構築しようとしている『1984年』ファシズムの主要な立役者となったのである。

en.wikipedia.org/wiki/John_Rawlings_Rees

リーズの個人的な生涯は、これほど醜悪な創造物6を生み出した状況を示すのに十分な臨床的詳細が示されない限り、われわれにとってさほど重要ではない。彼の著作、問題における彼の地位、彼の膨大で実に怪物的な遍歴、そして彼の明白な影響力は、ここで考えるべき重要なことのための十分な資料である。

彼の最も有名な前任者アドルフ・ヒトラーや、彼の最も悪名高い患者ルドルフ・ヘスのように、リーズがファシストとしての政治的キャリアをスタートさせたのは、1917年10月のボリシェヴィキ革命直後の反共残虐行為からである。彼自身の説明によると、リーズは成人してからの圧倒的な年月を、最初は軍の精神科医として、後にはCIAと英国政治情報部の両方で最も影響力のある工作員として過ごした。

ロックフェラー家とのつながりは、1934年、当時のタビストック・クリニックのスポンサーになったことから始まる。[41] 終戦後、そのクリニックが世界有数のファシスト「シンクタンク」であるタビストック研究所へと変貌を遂げた後、リーズはさらに上へと進み、世界精神衛生連盟として知られるCIAの隠れ蓑を通じて、広範囲に広がる影響力と活動を指揮した。

リーズの知られているすべての仕事のテーマは、支配階級の武器としての精神医学の用途の開発である。このアプローチには3つの支配的な特徴がある。第一に、リーズは、民政機関の「改善」のモデルとして、また効率的な政府を提供する潜在的な可能性として、軍隊の価値を強調した。第二に、リーズは、第一次世界大戦と第二次世界大戦における軍の精神医学の経験を、地域精神保健クリニックのシステムのパラダイムとして適用することの重要性を強調した。このクリニックを通じ、対反乱精神科医は、既存の法的規制から解放され、そのような集団がそのような「治療」を望むかどうかにかかわらず、大規模な集団に強制的に「治療」を施すことができる。第三に、リーズ氏は、政府や産業界のさまざまな行政・社会プログラムを設計する際に、精神科医に相談役としての役割を与えることの重要性を強調した。リュートであるジョージ・オーウェルが、リーズの信奉者のグループにしばらく接した後、小説『1984年』を構想したことに驚嘆すべきことではない。

一般的に、「優秀なサイコパス」という呼称は、彼と彼の作品を適切に要約している。とはいえ、この点に関しては、彼の作品に関してより正確なものが求められている。

はじめに、彼の限られた文学作品から直接リーズの精神的能力を測るのは難しいように思われる。彼自身が強調して認めているように、彼は雑食性の盗作者であった。そのようなことを判断する通常の方法で、リーズ自身の定式化を分離するのは極めて困難であろう。間接的ではあるが、それでも効果的なアプローチが望まれる。

リーズの役割は、活動家であり、管理者であった。活動家として、彼は政府にコンサルティングを行った。彼は、ネイサン・S・クライン博士の援助を得て、ハイチ独裁政権「パパ・ドク」・デュヴァリエを形作った。 人生の終盤、1968年には、ボロボロになり、壊れ、恐怖に怯えた元詩人レロイ・ジョーンズが、ゾンビのイマム・バラカに変身するのを自ら監督した。管理者として、彼は協力者や部下の成長に助言し、指導し、彼らの貢献の形成と、社会学者や心理学者からなる遠く離れたファシストの組織間の広範な努力の調整の両方に方向性を与えるという個人的なタッチを加えた。

リーズの協力者であったイーノック・パウエルが、「イングランドにはリーズ的使命がある」というスローガンを使ったことに、われわれの探求への適切なアプローチが暗示されている。リーズ主義とは、彼の無数の協力者たちの多様な概念と活動を統合するパターンの中に、独自に位置づけられるものである。[42]

リーズの仕事の支配的な特徴は、ナチスのS.S.システムの基礎と一致するアングロ・カナダの軍隊とイギリスの植民地経験の特徴を集中的に研究していることである。このような研究に対する彼のアプローチはつねに、支配階級が「幸福で」自発的な服従をもたらすために利用できる精神神経的感受性を、潜在的なファシストの対象に見出すことであった。ナチスの「喜びによる強さ」や、強制収容所の恐ろしいスローガンである「労働は自由をもたらす」は、理想的にはリーズ的なキャッチフレーズである。

すべてのファシズム運動の根源に人種差別を見出さなければならないと主張する「純粋主義者」にとって、リーズは最も満足のいく人物である。彼の取り巻きの人種差別主義者であるイギリスのニュルンベルク事件の犯人、H.J.アイゼンク博士のように、またショックレー、ハーンシュタインなどのアメリカのリーズ主義者のように、リーズは熱狂的な反黒人人種主義者であり、そのファシズムのスキーマ全体が、黒人の「体質的劣等性」、「単純労働」にしか向かない典型的な適性、知的にやりがいのない苦役との幸福な和解の中で、識字の緊張から離れて初めて見いだせる幸福というテーマを中心に展開されていた。

このことは、ハイチにおけるリーズとクラインの仕事や、イマム・バラカの広報神話を作り上げる上でリーズ自身が重要な役割を果たしたことによって、矛盾するどころか、むしろ強調されている。ドゥヴァリエのハイチの「体質的に劣った」黒人たちのために、リーズの下請けであるクラインは麻薬とブードゥー教カルトを処方した。同じ勝利主義的人種差別サディズムが、リーズが個人的に創作したゾンビ、バラカにも横溢している。「カワイダ」と文字通り精神にダメージを与えるバラカの経営する小学校は、最も悪質な反黒人サイコパス人種差別主義者だけが、黒人を「イデオロギー」として崇拝することを提案できるような、自己堕落的な「オタク行為」である。

これらは孤立したケースに過ぎない。WFMHを拠点とするリーズの影響力は、やがて国立衛生研究所や国立精神衛生研究所にも及んだ。これらのアメリカ政府機関が行った活動は、ニュルンベルク法の人道に対する罪として明確に起訴されるものであったが、リーズはそのように影響力を拡大することにほとんど苦労しなかった。ロックフェラー一族がアメリカ医師会とアメリカ精神医学会を長年にわたって支配していたことと、CIAの組織が政府のあらゆる部門を侵食していたことの間で、軍事資金を含むさまざまな政府資金が洗脳の開発を推し進め、リーズの子分を重要な場所に配置するために使われた。リーズOSSの教え子であるB.F.スキナーのハーバード大学での地位は、このようにして確立された。もう一人のリーズ門下生、ケネス・クラーク博士は、ロックフェラーのニューヨーク州摂政会に入り、ロックフェラーに触発され、ロックフェラーが支配するフォード財団の重要な対反乱黒人のポスト(MARC)にも入った。リージアン最悪の犯罪者の一人であるネイサン・S・クライン医師は、ニューヨーク州のロックランド州立病院を率い、広範で古い脳屠殺の伝統が盛んなニューヨークのコロンビア長老病院の要職にある。

ロックフェラーに関連する彼の犯罪的影響力のリストは膨大である。[43] これらについては別のところで詳しく報告されている。ここでは彼の方法論の核心に触れることにする。

5. リーズ・ファシズムの核心

リーズ的ファシズムとリーズ的洗脳は、「ゼロ成長」またはシャハト的経済政策という条件下で臣民の支配を維持するというロックフェラー家の問題に対する同一の方法論的アプローチの犯罪的表現であり、相互に関連している。リーズの手法はすべて、リーズの最も注目すべき共同研究者であり、もう一人のロックフェラーの子分であるクルト・ルーイン博士の手法と同じ本質的前提の上に進んでいる。

関連した理由から、英米のCIA組織が開発したハードウェアとソフトウェアの精巧な網状構造にもかかわらず、これらのテクニックの中心的な前提はすべて初歩的なものであり、開発された具体的なテクニックのレパートリーは、本質的に限られたさまざまな基本型の順列を必要とするものである。

リーズ心理学と社会学の核心を、われわれの「新しい精神分析」シリーズで提供された見地から研究すれば、なぜCIAがこれらの論文の出版を痛烈に警戒し、現在、そのことだけでわれわれの仕事を信用させまいと毎月数百万ドル(特徴的なのは、他の機関の資金だ!)を費やして必死の努力をしているのか、すぐに理解できるだろう。そうするための比較的ささやかな手段があれば、ロックフェラー財団が四半世紀以上にわたって発展させてきたものを破壊するために必要な知識はある。

この指摘は、今年の最初の数週間、リージアンの多くの成果をまとめたときに、私たちに最も印象的な形でなされた。われわれの「母体像」問題の分析、肛門恐怖症の分析、精神分裂病の分析などは、特定の目的のために開発されたわけではないが、リーズ主義者が公言する精神医学的・社会学的手法の核心部分に対する明確な解毒剤なのである。

ジョン・R・リースとクルト・ルーウィンの仕事の本質的な前提は、ある種の「民主的な」制度が、伝統的でわかりやすい「権威主義的な」モデルよりも、ファシストの独裁にとってはるかに効率的な道具であるという前提である。彼らの研究は、支配者がストレスを受けた個人や集団の状況を適切に構造化することに成功すれば、被害者(複数)は、独裁者が強要したいと望む態度や決定に正確に「民主的に」到達する特殊な「反応形成」を自ら発達させるように誘導できるという点を広く強調している。

このような観点に立てば、リーズ的洗脳(英米のCIAが実践しているもの)とファシストのスローガンである「地域社会の統制」は、同一の「治療的」アプローチから生み出された同種の産物であり、前者は明確に精神医学の領域であり、後者は明確に社会学の領域である。

「洗脳」

このセクションで概説しなければならないことに対する混乱や根拠のない反論を避けるために、「洗脳」という用語の正しい使い方を定義しておくことは有益であり、間違いなく必要である。

洗脳とは、いわゆるプログラムされた行動修正によってもたらされる、妄想型統合失調症の精神病に似た、誘発された精神病の状態のことである。洗脳とは、単に誘発された精神病状態であるだけでなく、一般人が通常そう思い込んでいるように、洗脳を受けた人の精神状態が、洗脳を受けた人の代理人の効果的なコントロール下に置かれるように修正されることでもある。

支配という条件を厳格に守ることによって、われわれが洗脳という用語を使うことは、ほんのわずかな困難が生じるだけであり、また、この恐るべき用語に関連して生じるかもしれない回避可能な恐怖や不必要な混乱を広範囲にわたって非常に効率的に排除することができる。繰り返すが、われわれが洗脳という言葉を使うのは、プログラムされた行動修正によって誘発された精神病状態が、犯罪の実行を代行する機関によって支配力を行使する手段として生じた(あるいは生じた)場合に限定される。

この制限によって生じる唯一の問題は、以前は洗脳されていたが、支配から解放された被害者のための特別なカテゴリーを設ける必要があることである。このような臨床的なカテゴリーを設けることが不可欠なのは、永久的な損害がもたらされるからである。支配から解き放たれた被害者は、それにもかかわらず、継続的または反復的な精神症状に苦しむかもしれない。支配と精神病的影響の両方から解放された被害者は、洗脳者が必然的に操作した特定の親密な人間関係(結婚、両親との関係を含む)に対する回復不能なダメージを含む、体験の結果として悪化した神経症的困難に対する精神療法が必要となる。

意味を限定することの利点は、主として実際的なことである。重要なポイントに近づくための便利な方法として、ある種の広範な恐怖に対処してみよう。

訓練された操作者であれば、適切な状況が与えられれば、30歳前後のほとんどすべての人を洗脳することは技術的に可能である。このような状況の中で最も明らかなのは、刑務所や精神病院である。選ばれた被害者は、1日24時間管理された環境の中でなすすべもなく拘束され、この環境を管理する者が加えることのできるストレスという点で、心理的に解放の望みが遠のく。特別な施設の外で、民間の機関やグループが同様の結果を達成できる可能性には、さらに制約がある。

この関連で最も重要なことは、被害者が政府以外の機関によって洗脳された場合、被害者は、犯罪を犯した施設や特別な民間グループから比較的短期間で離れ、管理された状態から自動的に抜け出す傾向があるということである。その結果、被害者は精神的健康に機能的なダメージを受け、精神病に追い込まれるかもしれないが、管理から解放されるだろう。

従って、もし洗脳された人々が何人も街を歩いているとしたら、彼らが洗脳されたままなのは、彼らがアメリカ政府に代わって洗脳されたからにほかならない。専門家の用語では、洗脳の診断は管理された環境の特定と不可分である。従って、適切な状況下で、ある人物が洗脳されていることを臨床的に証明することは、洗脳がアメリカ政府のために行われたことを示す十分な証拠となる。同様に、FBIとLEA Aの両方を公的に解散させれば、事実上、米国の街を歩いている洗脳された被害者はすべて、数日以内に洗脳された状態から自動的に解放されるだろう。

洗脳の方法としての「脳外科手術」や「電子的脳刺激」の可能性をすべて知っているとは公言しないが、精神薬や電気痙攣療法による補助があろうとなかろうと、機能的な状態にとって、洗脳の決定的な特徴は、恐怖、あるいは非人間的に嫌悪的な権威の事実上の遍在である。

洗脳のもう一つの質的特徴である誘発された精神病状態は、「新しい精神分析」に関する我々の著作の立場から容易に理解できる。本質的には、被害者はまず幼児性の状態にされ(例えば、「原始の叫び」カルトの奇妙なヤノフ博士が勧めるように)、次に、修正された、母親を中心とする「エゴアイデア」に基づいて、精神病的な偽人格を形成するように誘導される。

偽人格は、管理された環境(つまり、洗脳を担当する警察によって「保護」されている!)の「安全な」場所で活動しているが、訓練を受けていない無批判な観察者には、洗脳されているようにも、特に心を乱しているようにも見えないかもしれない。(ちょうど、LSD-25によって誘発された精神病状態の犠牲者が、素人の何気ない目には外見上理性的に見えることがあるように)。しかし、適切な臨床的注意を払えば、必ず妄想型精神分裂病の決定的な証拠を呼び起こすことができる。あるいは、被害者を警察の手から24時間以上、あるいはおそらく48時間以上遠ざけておけば、その期間内、あるいはさらに短時間の経過で、あからさまな解離が生じるだろう)。

精神分裂病の症状は、無批判な素人には隠されているように見えるかもしれないが、古典的ではっきりしたものである。(洗脳が誘導される前の被害者の性格や信念構造を知る手がかりがあれば、直接検査ができる)。被害者の現実感覚は裏返しにされる。「彼」または「彼女」(擬似人格)は「私」になり、擬似1 は以前の信念や活動に付けられた価値を現在の活動に帰属させるようになる。

例えば、NCLC、RYM、NUWROのメンバーのうち、CIAまたはLEAAのために洗脳されたことが決定的に分かっている10人近いケースでは、被害者は、労働委員会がメンバーを「洗脳」していると非難し(臨床的にはありえないことである)、彼ら自身が洗脳を受けたほぼ同時期に、深遠な人格の逆転を私に帰結させることによって、自分自身の人格を反映させている!彼らの新しい「仲間」であるCIA-LEAAの支配者たちが彼らにした嫌悪的なことはすべて、労働委員会のせいにされた。

NCLC、RYM、NUWROのメンバーであったから洗脳されたのであり、したがってNCLC、RYM、NUWROは彼らの洗脳に責任があるのだ!NCLC、RYM、NUWROは彼らの洗脳に責任があるのだ!これは、次の戯言を連想させるために、拷問を受けた分裂症の「合理化」を少しひねるだけでよい: 「労働委員会に洗脳された」というのは、「労働委員会のメンバーだったから警察に洗脳された」という真実を表す分裂病的な略語’

一般に、現実原理は、臨床における適切な観察や検査の基礎となる。「これは何色だ?」「この臭いは何だろう?」「この物体は何に使うのか?」「これは誰だろう?」「何が起こったのか?」シゾイドの散文的な発話を、時に思弁的に合理的に解析することを越えて、感覚的・社会的現実の知覚に関する単純なテストによって、その発言が意味をなすかどうかを検証することが重要である。洗脳者の精神病状態は、コントロールされた行動領域において、現実から注意をそらすことを意図したヒステリックなちょっとした策略によって、すぐに明らかになる。(あるいは、先に示したように、両親や配偶者の法的権限によって、被害者を数日間、警察の出入りがない安全な臨床観察に委ねる可能性が存在する場合、その結果は、警察による迅速な介入か、妄想型統合失調症の最も露骨な症状の豊富な噴出のいずれかとなる)。

黒人ゲットーの事例史

レロイ・ジョーンズ(イマム・バラカ)が臨床的に洗脳されているかどうかは今のところ直接わからないが、ニューアークの洗脳されたRYMメンバーのごく最近の事例を見れば、ジョーンズが洗脳されている可能性が少なくとも無意味な問題であることがわかる。

Mと名づけるこの被害者は、若い黒人男性受刑者で、洗脳される5カ月前からRYMのオーガナイザーとして献身的に活動していた。彼の洗脳は、保護観察官、ニューヨーク市FBI事務局、ニューアーク・ゲシュタポ(ジョン・R・リーズがプルデンシャル生命保険会社のために創設したニューアークを支配する文字通りファシスト的なLEAA組織)の協力によって、1月に始まった。ニューヨークを訪れるたびに、彼はFBIからの脅迫的な訪問によってニューアークに追い返された。ニューアークでは、自宅周辺で無差別に行われた一連の殴打、家族への脅迫など、LEAAによる集中的な嫌がらせを受けた。

LeRoi Jones (Amiri Baraka) Feb 17, 1965

これが最初のステップである。被害者を恐怖に陥れ、全世界を(FBIの助けを借りて)警察が管理する環境だと思わせ、ニューアーク(FBIはそこから逃げられないようにした)に常に追い返し、そこでほぼ毎日、無法者のLEAA部隊による違法な殴打や監禁などを受けた。LEAAは通常、今回のケースのように、被害者にこう言うのだ。「ほら、ニガー、俺たちはいつでも、どこでも、おまえを捕まえて何でもできるんだ)

この時期、奇跡的に地元のNAACPが現れ、RYMを出ることを条件に、彼に教育の機会と補助金を提供した。突然、どこからともなく「新しい友人たち」が現れ、パーティーを持ちかけてきたり、放棄した薬物習慣を再開するよう誘ったりした。

新しい友人たちと薬物まみれのパーティーや奇妙な「ラップ・セッション」を何週間も続けているうちに、RYMの会員は明らかに人格が変わっていった。最初は、以前の理性的な自分であったが、愉快さと激怒を交互に繰り返す精神病的なエピソードを持つようになり、その精神病的な時期には、彼は一種の「聖なるローラー」と「黒人超国家主義者」を合わせたような存在になった。

わずか8週間足らずの間に、堅実なRYMの幹部は、心なきゾンビへと堕落していった!

恐怖、向精神薬による自堕落、被害者の精神は、嫌悪的な心理的圧力を和らげる方法を見つけるために負担をかけられ、疲れ切った精神は恐怖に耐えている。精神病エピソードは頻繁に起こるようになり、ある日、彼の心は消えてしまった。彼は洗脳され、LEA Aファシストの手先となり、破壊されたのだ。

言うまでもなく、責任ある犯罪者たちがニュルンベルク裁判に臨むとき、すべての学者、専門家であるソーシャルワーカー、心理学者、精神科医、この犯罪的な行動修正実践のネットワークの維持に何らかの役割を果たしたすべての裁判官のように、会計が行われるだろう。

特に、ロックフェラー一族や、ユダヤ人ファシストのネイサン・S・クライン博士のようなファシストの堕落者たちは、アドルフ・アイヒマンの亡霊が嘔吐するような犯罪を犯した。

一般的な洗脳

効果的なリーズ的「パブロフ的」あるいは「中国的」洗脳では、支配者は通常、被害者個人に対して、何を信じるようにならなければならないかを直接知らせることを避けなければならない。むしろ、嫌悪的な状況は強められ、支配者=操作者は、被害者が恐怖から逃れるのを助けるために、将来勝ち取るという暗示を維持し、被害者は、最終的に支配者に勝ち取る「答え」に正確にたどり着き、恐怖の激化という問題を解決できたと確信することなく、基本的に自分の伝記と信念体系をしつこく「作り直す」ことに委ねられる。それはすべて暗示によって行われ、心理療法の醜悪なカリカチュアである。

精神薬は重要である。被害者を支配下に置くための催眠を促進する薬。次の治療セッションに戻らなければならないというコントロールされた強迫観念からの脱却を防ぐために、被害者が毎日(「外来患者」)使用する薬物。様々な程度の解離(例:サイケデリック)や被暗示性を誘発する薬物。ECTは、隣接する記憶を破壊するために用いるか、大規模なけいれんを起こさずに他の特殊効果を引き起こすために用いる。全般的なコントロールのためのプロリキシンなどなど。これらは犯罪の遂行を容易にするために重要であり、被害者に深刻なダメージを与えるために重要である。しかし、洗脳を達成するのは薬物ではない。それらは、本質的にまったく医学的でない用語で理解されなければならないプロセスを援助しているにすぎない。

「地域社会のコントロール」

広い意味では、すでに述べたように、被害者を社会的・精神的にコントロールするリーズ的な方法はすべて、そのような洗脳で直接遭遇するのと同じ本質的な原理を前提としている。さらに、どのようなリーズ的な社会組織の形態であっても、加えられるストレスが十分で十分に長引けば、そのような集団の構成員に集団洗脳を引き起こす傾向がある–集団の構成員は、この用語を厳密に臨床的な意味で使えば、効果的に互いに洗脳し合うことになる。しかし、以下に挙げるリーズ主義的ファシズム的社会統制の例を検討するにあたっては、被害者にもたらされた結果を、単に一般的な洗脳の方向にあると見なす方がより的を射ている。

冒頭で手順そのものを要約し、それから適用例を説明するのではなく、2つの例を展開し、途中で手順の要約的な議論を紹介し、最後に一般的な事例を要約することにする。

まず、近隣の「コミュニティ・オーガナイジング」の例を検討し、次にリーズ的な「黒人民族主義」イデオロギーの使用例を分析する。

近隣のグループを特定してグループを組織し、その近隣の人々に特有であると特定された問題を解決する任務を与える。そのような狭い。「利益団体」として構成された近隣の「委員会」に代表される勢力が利用できる制約と技術の範囲内で、問題を解決するための「行動」を採用する場合にのみ、グループの結束を保つことができるように、グループの構成とそのアドバイザーや情報源を設定する。この対反乱任務に任命された「地域社会の組織者」は、(例えばフォード財団や地域社会の組織者の雇用主であるHEWによって)どのような解決策を採用することが意図されているのかを、近隣グループのメンバー(被占領者)に伝えてはならないが、近隣組織の統制者として行動するこの「組織者」は、暗示によって意図された結果を達成する。ある種の手がかりが、そのグループの目に留まる場所に「配置」される。

その近隣グループのプログラムされた行動修正は、管理された環境を作り出すために、市役所などを操作することによって行われる。ごみ収集に関する。「偶然の」問題や、その他の都合の良いタイミングでの小さなストレスが適用される。その間、市役所では特定のドアが閉じられ、他の特定のドアが開かれる。ある友好的な影響経路が現れる。

問題は解決した。そのグループは今、地域の問題を解決する効率的で「民主的」な方法を発見したと信じているが、この小さなドラマのあらゆる部分が演出されたものだという事実にはまったく気づいていない。彼らは「コミュニティ・オーガナイザー」を見て、彼が何らかの形で幸せな結果に貢献したことを漠然と「感じて」いるが、彼の「非指示的」なアプローチと「参加型民主主義」(あるいはそれに準ずる陳腐なスローガン)を繰り返し強調することで、彼がこのような「エリート主義者」的役割を果たすことができたとは思えない。彼は、「決して干渉しない」控えめな(「私はただの部外者です。「あなたが決めてください」)友人なのだ。彼らは、自分たちが(少なくとも現在の取り決めでは)事実上のゾンビであり、彼が実際には自分たちの支配者であることを疑わない。

さらに彼らは、この「友人」が実際にはファシストであることを絶対に否定する。しかし、彼自身はまだ疑っていないかもしれないが、彼はそうなのだ。(結局のところ、ファシズムはその所業が明らかになった後に蔑称となった。新しい、リーズ的なファシズムが特定のイデオロギーなどとして一般に認識されるようになるまでは、その手先のほとんどは、そのような名前の提案に心から信じられないだろう)

さて、最初の小さな試験的体験が終わると、ACTIONは次のステップに進む。熱は近隣に加えられる。ACTIONグループに参加している近隣住民の限られた力だけでは、この一件には不十分だ。「非指示的」なコントローラーから静かな提案を受け、近隣住民全員を外に連れ出すために情熱が注がれる。同じプロセスが繰り返される。

LEAAの計らいで、1週間ほどの間に数件の空き巣や強盗が発生する。その頃には、おそらくLEAAが推進する。「テナント・パトロール」の有力なフロア活動家を通じて、近隣のアパートで「灰色の噂」ネットワークが組織されている。ちょっとしたパニックが起き、地元警察署へのデモ行進が手配され、LEAAの「警察地域関係」工作員は冷静な表情を保つ(見事に操られている愚かな家畜たちの姿を見て腹を抱えて笑いたいのをこらえている)。

さて、「ブロックウォッチプログラムがある」と、彼かACTIONのコミュニティ・オーガナイザーが言う。

この近隣住民は、これまでの事件についてまだ現実感を微塵も持っておらず、ファシズムを玄関先まで持ち込む第一歩をすでに踏み出している。「ゲシュタポの監視員?ジョーンズ夫人?バカバカしい!」 アイルランド人、黒人、イタリア人、ユダヤ人、プエルトリコ人、ニューヨークやフィラデルフィアなどの近隣地域は、ACTIONとファシストLEAAの事務所を通じて、次々と「善良なドイツ人」の群れに変貌している。

実際の暴力はほとんどない。静かだ。巧妙だ。「ナハト・ウント・ネーベル」はまだ起こらない。ブロックの人々が現実の問題に直面し、実際の抑圧者たちに対して真剣に動こうとするまで。「ナイス・ミセス・ジョーンズ」はその後、「警察コミュニティ関係」に打ち明けるだろう。リーダーになる兆しを見せていたブラック氏は、こうして選ばれ、洗脳されていく……。また、もう一人の活動家であるウィリアムズ氏は、「『濡れ衣だ』と主張しているが、私はそう聞いた……」と言う。「わからないものだね」ファシズム、醜悪なファシズムが「民主的コミュニティ・アクション」の足元に忍び寄る。

左翼に対する戦術

リーズ主義的手法が潜在的に有効であることを示す最も重要な例は、今日アメリカで社会主義を公言している団体の大半が、明らかにファシスト集団であるか、リーズ主義的ファシスト集団やイデオロギーに大きな影響を受けている過程である。

いわゆる革命同盟(R.U.)は、「社会主義者」を自称する、完全に警察に統制された、完全にリーズ主義的なファシスト集団の中で、最大かつ最も騒々しいものである。RUの現在の活動は、パークハースト「オーバードライブ」組織との直接的な結託によって強調されている。パークハーストは、右翼を公言し、チリの自営トラック運転手をモデルにした組合つぶし組織であり、1%0年代初期から特にチームスターに対する組合つぶしに積極的に取り組んできた人物が代表を務めている(パークハーストの活動は、奇跡的なことではないが、全米最大のチームスター雇用主から部分的に資金提供を受けている)。一方RUは、かつては親ソビエト的な出版物であったガーディアン(かつてのナショナル・ガーディアン)の編集方針を事実上掌握した。

かつて「トロツキスト」だった社会主義労働者党(SWP)は、CIAと結びついた警察機関に乗っ取られ、その主要な公的活動は現在、LEAAと公に結びついたいくつかのプロジェクトを含む、対反乱活動プロジェクトのみを支援している。

プエルトリコ社会党本土支部の大きな派閥(ラモン・アルボナが名目上率いる派閥)は、LEAAに完全に乗っ取られており、アルボン派は公然とLEAAの警察リクルーターであるセンガリを擁護するために、SWPのハートフォード組織と一緒になったほどである。

日和見主義(おそらく潜入工作員とYWLLメンバーの洗脳によって援助された)を通して、共産党でさえ、少なくとも1973年3月下旬以来、何人かの悪名高いCIA工作員とあからさまに手を結んだ。

社会主義を公言する古典的な「沼地」グループの最大手であるニュー・アメリカン・ムーブメント(NAM)は、既知の対反乱工作員だらけで、組織労働者やその他の標的に焦点を当てたアリンスキー型の「プロジェクト」を推進することに(偶然ではなく)専念している。

このような状況の典型として、リストアップされた顕著な事例を含む、社会主義を公言する組織のほとんどが、リーズが設計したゾンビ、イマム・バラカ(レロイ・ジョーンズ)のカワイダ・ニューアーク組織などの公然たるCIA-LEAA「運動」を激しく擁護している。彼らの背後にいるのが誰であるかを疑わせないために、1月1日以来、これらのグループによる労働委員会への攻撃のタイミングと内容において、最も驚くべき偶然の一致があり、それと同時に、LEAAとFBIによって、まさに新しい攻撃の路線と内容が開始されている!

このリーズ主義的ファシストによるアメリカ左翼組織の乗っ取りは、トム・ヘイデン率いるアリンスキー・モデルのニューアークでの組織化(1967年以前)に代表される、新左翼の「急進的行動プロジェクト」から始まった。OEOとフォード財団がゲットーや学生層に浸透し、組織的な発酵をコントロールするようになったことで、1960年代中頃の既存の社会主義組織は、リージアン型の統制された環境に直面した。そのような運動からリクルートしようとする彼らの熱意は、彼らに強い適応圧力を突きつけた。

SWPのケース

SWPはCPUSAに次いで、1960年代初期に1930年代から残された唯一の重要ないわゆる「旧左翼」組織であったからである。

SWPが試みたCPとの統一戦線(1957-59年の「再集結」戦術)の崩壊と、10年代の変わり目の公民権運動とキューバ革命の高揚によるSWPのリクルート見込みの低迷は、1961年の冬から春にかけて、グループ内でクリキストの狂乱の共食い乱痴気騒ぎを引き起こし、その後、組織は1年以上にわたって戦意喪失に陥った。

その後、SWP指導部は、国際派(自称国際委員会)の支持者の大部分と、反対派(自称国際委員会)の支持者の大部分との間の「再統一」を支持するようになった。SWP指導部は、その国際派(自称国際委員会)と反対派(自称国際事務局)の支持者の大半の間で、1953年から54年にかけて旧第4インターナショナルを分裂させた派閥の「統一」を支持するようになった。この「統一」は、1962年から63年にかけて達成され(統一派閥のそれぞれから新たな分裂が起こることは避けられなかったが)、ベルギーのラ・ゴーシュの編集者アーネスト・マンデルの影響によって、SWPにリーズ主義イデオロギーの初期投与量を導入した。国際事務局の統一派のスポークスマンであったマンデルは、悪名高い人物レナールの影響によって、自身の政治をリーズ主義イデオロギーに適合させていた。レナールは、今は故人であるが、英国型の典型的な対反乱工作員であり、1960年のベルギーゼネストをきっかけに、ベルギーの労働者階級運動を共産主義的な路線で壊滅させようとした(ささやかな成功を収めた)。

1963年の夏までに、SWP自身は、主にデトロイトを拠点とし、袂を分かった老「プロレタリア」活動家、ジョージ・ブライトマンのスポークスマンを通して、リーズ・イデオロギーの最初の用量を自らの責任で採用した。

ブライトマンは、クリージ牧師が指揮する大規模な対反乱計画の渦中に身を置き、臨床的に洗脳されていたとすれば予想される程度には順応した。つまり、彼は古典的な「トロツキスト」の信念体系を精神神経症的に修正し、階級闘争に関する伝統的なSWPの方針からおよそ120度離れた深遠な態度の変化をもたらした。その核心は、クリージ牧師の対反乱運動に対するほとんど無批判な支持と、「黒人ナショナリズム」に対するリーズ的な態度を提案したことである。「一般的に言えば、もし「古いトロツキスト労働組合活動家」が、現在のLEAAの手法によって臨床的に洗脳され、リーズ派の対反乱ゲットー・プロジェクトを支持するようになったとしたら、その犠牲者は、ブライトマンの1963年の決議で明らかにされた結果を、多かれ少なかれ生み出しただろう。

1963年の冬にブライトマンが洗脳されたか、されなかったかという問題について、いまさら推測するのは無意味である。当時、ブライトマンがアイデンティティーの危機とそれに関連するストレスにさらされていたことを考えれば、彼の「信念構造」にそのような根本的な変化をもたらすには、その状況自体で十分だっただろう。洗脳は、古典的に「戦闘神経症」と結びつけられる種類の精神病理学的人格変化を意図的に利用するものとして、リースによって開発された。その点で、洗脳は、比較的少数の人々の間で「偶然」起こったかもしれないことを、より多数の人々の間で再現している。

ブライトマンの提案がSWPの1963年大会で採択されたという事実からも、同じことが言える。確かに、それらの代議員の大多数は、臨床的に洗脳されていたわけではない。むしろ、小さなグループ(当時、SWPのメンバーは数百人しかいなかった)であったため、組織全体としては、私たちがアクションが主催した近隣グループのケースについて概説したのと同じような操作を受けていた。1961年冬から春にかけて士気を低下させ、実際の社会主義闘争や大衆労働者闘争の展望さえも欠いていた、メンバーのアイデンティティがすでに存在していた小集団は、操作された環境の中で、小集団としての戦術的資源の範囲内で、存在それ自体の物質的必需品(メンバー、資金、名声)を獲得するという問題に直面していた。ブライトマンが「事実上の頭脳労働者」として新しい態度を表明したことは、SWPメンバーの大多数が潜在的な臨床的混乱に陥ったことに対応するものであった。

1963-64年の間、SWPとその青年の関連組織であるYSAは、経済機会局によって管理された環境(例えば、ローワーイーストサイドの「青年のための動員」)の中で、主に手探りの組織的存在を維持していた。こうしてSWPの条件付けは進み、ブライトマンが明示した出発点から、原初的なリー ズ・イデオロギーへと深化していった。

SWPの次の質的な退化は、工作員ジャック・バーンズのイニシアティブによって達成された。バーンズは、政治的な、あるいは他のいかなる理論的な概念を明確にする能力について少しも傾向を示さなかったが[52]、YSAの中で急成長した若いハックスターであり、1964年後半には青年グループの事実上の指導権を獲得していた。1964年から65年にかけての冬、SWPとYSAの門前払い[53]がほぼ半年間続いた後、バーンズはSDSが後援する反戦抗議プロジェクトに突入するという提案を持って、全国ツアーから戻ってきた。

バーンズは単にそのプロジェクトに参加することを提案したのではなく、SDSイデオロギーの対反乱主義的側面への適応や、「参加型民主主義」の原則への「非直接的な」適応をSWPとYSAのメンバーに教え込むためのツアーなどを提案した。

バーンズが率いた最初の反戦プロジェクトは、新左翼の反CPイデオロギーに迎合して、SDSの反戦組織を計算ずくで分裂させることだった。その後、SWP-YSAへの門戸は魔法のように開かれ、バーンズらは反戦運動を取り締まる重要な役割を果たした。つまり、SWPは他の者たちの助けを借りて、反戦運動をCIAが意図したようなものにしたのである。本質的に、これは政治的右派への「新勢力」の見通しを利用して、反戦左派全体を右派に引き込むテコにすることを意味した。

反戦運動とSWP-YSAへの新規加入者の主な供給源は、「コミュニティ・アクション」志向の「有権者」運動であり、新左翼のキャンパスの若者たちは、こうしてOEOとフォード財団が後援する「有権者」政治運動に適応する傾向を強めた。

(例えば、SWPに連なる右派、アナーキスト派、その中間にあるCP勢力、そしてこれら3つのそれぞれの周辺を無能にうろつく小さな社会主義者グループの間の相互関係である)。

SWP(そして他の多くの左派グループ)のこの対反乱調整過程の測定とテストは、1968年の夏と秋を通して行われた。1968年のニューヨーク市教員ストライキは、SWP-YSAが社会主義とのつながりを急速に失い、今日のようなファシスト組織へと急成長した転換点だった。

フォード財団、経済機会局、ジョン・リンゼイ・ニューヨーク市長が結託して1968年の教員ストライキを準備したことは、過去四半世紀の決定的な国家的出来事のひとつとみなすことができる。要するに、このストライキは、ファシスト組織の援助を受けて組織労働運動を弱体化させ、分裂させようとする一連の努力の最初のものであった。

NCLCのケース

SWPの事例から、リーズ的手法が必ずしも成功するとは限らない。今日のアメリカの社会主義運動におけるNCLCの覇権は、その指摘を証明している。1966年半ばに予備的に開始され、1968年のコロンビア大学ストライキの前夜に設立された労働委員会は、SWP-YSAやCPUSA-YWLLの拡大、あるいは同じ期間における進歩的労働党(PLP)の崩壊と対比すると、絶対的に目を見張るような数と影響力の成長率を示している。実のところ、SWPは労働委員会が実際に結成される10年も前から、NCLCが享受してきたのと同じような成功の代替手段を手にしていた。したがって、SWPの状況や人間の能力の限界には、SWPが今日のようなファシスト組織に堕落したことを正当化するものは何もなかった。

1968年の教員ストライキに関しても、同じ特別な点を強調することができる。労働委員会は、マクジョージ・バンディのリーズ主義に対抗する反撃を主導した。

労働委員会は、マクジョージ・バンディのリーズ派ファシスト組織に対する反撃を主導し、フォード財団の努力によって意図された特定の利益を大幅に妨害した(それによって、ストライキ破壊と組合潰しの醜い歴史を記録に残さない、唯一の有名な米国社会主義組織となった)。われわれの組織の現在の道徳的強さとその結果としての業績は、むしろ1968年の期間に幹部の道徳的・知的資質が強化されたことに直接起因している。

一般に、パークハースト&カンパニーの2月のファシストの残虐行為に関しても、同様の観察が可能である。1968年に教師に対するファシストのストライキ打破活動を支持したのと同じ左翼組織(さらに追加された組織)が、対反乱、組合破壊工作員であるパークハーストの周辺に結集した。(パークハーストが、チリのアジェンデ大統領に対する血なまぐさい反革命を組織することに成功した努力をモデルとして「ストライキ」を動機付けたという事実でさえ、一部のCPが、ファシスト行動の代理人であるその既知の政府を熱狂的に支持することを抑止しなかった)

このような問題についての労働委員会と他の公然たる社会主義的米国団体との対比は、リーズ的ファシズムと洗脳の中心原理を強調している。リーズとルーインは、英米ファシズムのモデルを、成功したナチス・モデルの研究だけでなく、意図された犠牲者の精神神経的感受性を専門的に利用することによって(ロックフェラーに代わって)実現されうる「モデルの有効性」の改善にもとづいた。

リーズとルーウィンは、ファシズムを本質的に警察力によって強制する必要はないと強調する。ゲシュタポの恐怖は、ロックフェラー・プログラムの必要な従属的特徴にすぎない。状況を構造化することによって、とりわけ、被害者が自己利益とアイデンティティを無力なまでに小さな構成員集団の中に置くように仕向けることによって、管理された回避的環境と「トークンエコノミー」の報酬を適用することによって、被害者は、彼ら自身の精神神経的自我理想に基づいて、自己警察的ファシズムの理想と態度を発展させるように仕向けられる。

「ナショナリズム」や「共同体」など、構成員という概念そのものを否定し、世界史的な労働者階級の一員として自己利益とアイデンティティを確立している個人や集団は、その限りにおいて、自分たちのアイデンティティを別の種類の非神経症的なエゴ・イデアルに置いている。彼らは、十分な恐怖によって個々に壊されることはあっても、リーズ的な集団操作の方法によって、ファシストの役割へと自らを堕落させ、裏切るように仕向けることはできない。

黒人ナショナリズム

客観的に見て、アメリカ黒人は、フランス、イタリア、ドイツ、アイルランド移民の3世や4世の子孫が「ヨーロッパ人」であるのに比べれば、はるかに「アフリカ人」ではない。黒人アメリカ人は、400年にわたる先進工業社会の文化発展の骨と血を受け継いでおり、したがってその文化的傾向は、ブラックアフリカのどの部門よりも、はるかに、はるかに西欧に近いのである。

したがって、黒人ナショナリズムのいかなる形態も、社会的あるいは心理的な病理の産物である。それは、アメリカ黒人の400年の歴史からも、戦術的優位性からも、意味をなさない。

とはいえ、黒人のナショナリズムに対抗しようという意識は、最初の一歩を踏み出したときからあった。

米国の支配階級が意識的な反乱を始めた当初、恐ろしい社会病理がアメリカ黒人に押しつけられた: ジム・クロウである。多かれ少なかれ意識的に、ローマ法王のコーポラティヴィスト教義の暗黙のファシズムを適応させ、民主党を通じて、支配層はポピュリスト運動に介入し、運動を労働党に変える努力を阻止し、同時にジム・クロウの人種主義教義を制定した。これは、一部の無知な人々が「説明」するような、連綿と続く奴隷制の伝統の産物でもなければ、少なくともSWPの口うるさい無知なスポークスマンが主張するような、1877年の反復興の流れから生じたものでもない。それは、1890年代から1900年代初頭にかけての、特定の対反乱戦術であった。

その時期の黒人指導部内の人種差別主義者の主な代理人は、悪名高いブッカー・T・ワシントンであり、「ニガーをその場所に閉じ込めておく」という資本家の計画の黒い顔のスポークスマンであった。(フォード財団の典礼に登場するもう一人の「英雄」、マーカス・ガーベイについては、彼の活動を、彼のイタリア人魂の兄弟であるイースト・ボストンのポンツィの活動と直接比較すれば十分であり、1920年代の都市文化で最も抑圧された大衆をだまし取ることによって金と名声を得た、特別な種類の自信家の中に彼を適切に位置づけることができる)

しかし……

遡れば、ジム・クロウはリーズ的な戦術であった。これは偶然でもなければ奇跡でもない。ジム・クロウはイギリスの植民地事務所によって考案され、1790年代のイギリスのケベック政策でかなりの洗練度をもって定められ、その直後の時期にインドで適切な形で精緻化された。ジム・クロウは、その「コミュニティ・アクション」に相当するあらゆる形態[54]で、アフリカとアジアにおける植民地臣民のために発展したイギリスの政策のエッセンスであり、ガイアナにおけるフォーブス・バーナムのCIA支援によるスポンサーシップにおいて、その小国の社会主義者主導の国家独立を排除するために再適用された。

ジム・クロウは、アメリカの黒人市民をリージアン型の管理された環境(隔離)に置き、その結果、事実上の洗脳が「シャッフル」という精神神経症によって症状化した。

与えられた隔離に関して、黒人ナショナリズムは、特に貧困、警察、ポン引きの3つのPによって最も残酷なストレスが課せられたルンペン化された層の間で、結果として大衆精神神経反応形成の最も遠い地点にあった。

革命家にとって、黒人ナショナリズムは形式的な問題ではなく、実際的な問題である。要するに、どうすればいいのか、ということである。

黒人ナショナリストは、犠牲となった人間として、彼らに課せられた条件から生じる神経症的反応形成に苦しんでいる他の労働者集団に接近するように、実践的に接近しなければならない。神経症から解放するために、その人物を最後まで支援しなければならない。しかし、神経症の犠牲者の集団から精神障害を取り除くには、病気を引き起こす物質的条件を取り除くことが必要である。黒人ナショナリズムをなくすには、ゲットーをなくす必要がある。単に住宅や学校などにおける隔離ではなく、労働者の組織化された運動を通じて表現される人権の観点からの隔離である。

黒人ナショナリストに仕掛ける最も巧妙で悪質な人種差別的トリックは、黒人ナショナリズムを支持することである。それこそが、悪質な反黒人のリーズが提案した手口である。これはリーズ流の洗脳とファシスト的社会統制の手法の一例である。意図する被害者の精神神経的な弱点を見つけ、洗脳を生み出すためにその弱点を利用する。その弱点が最も活性化しやすいように被害者を配置し、「トークンエコノミー」と呼ばれる報酬(条件づけ)の方法を用いて、自己破壊的な神経症的衝動を生存のための方法であるかのように見せかける。(ある有名なケースでは、この処方が、いじめる側によって被害者を洗脳するために使われた: 見ろ、これがニガーがジャングルで生き残る方法だ」)

歴史的に、黒人ナショナリズムは、ルンペン化された黒人ゲットーの犠牲者のうち、最も抑圧された層の傾向として現れてきた。理由は明らかだ。それゆえ、そうした層の中から黒人ナショナリズムが現れるのは、多かれ少なかれ「自然」なことであり、隔離という文脈の中で(分断に対して)積極的な推進力を示すものである。このような前提に立てば、革命家は、黒人ナショナリズムを支持することなく、黒人ナショナリストの労働者階級の闘争を適切に支援するだろう。黒人ナショナリズムが、大衆組織化(「共同体」組織化ではない)、識字率向上、ルンペン化された非社会的・反社会的習慣からの一般的脱却と結びついている限りにおいて、黒人ナショナリストの反動形成の肯定的側面の心理的側面が表現される。革命家は、これらの肯定的な結果を、特に黒人やその他の階級闘争の諸形態間の労働者階級の団結に向けた前進として扱う。

しかし、このことは、革命家が、それゆえ、資本主義の黒人の犠牲者が黒人ナショナリズムの段階を通過することを提案することを意味しない。革命家は、潜在的な黒人革命家に、抑圧(および抑圧された個人的状態)からの解放のための直接的で非神経的な手段を提供する義務がある。この2つのアプローチには質的な違いがある。前者は、クロウ・ジムと呼ぶにふさわしく、うまく偽装された人種差別である。

奇妙なことに–あるいは、結局のところ、それほど奇妙なことではないのかもしれないが–マルコムX暗殺後の時期に、公民権運動のプチブルジョア教育を受けた層の間で黒人ナショナリズムが勃発した。事実上、対反乱工作のパイプ役から資金を得た組織のプチ・ブルジョワのスポークスマンは、黒人労働者やルンペンを、イスラム国やマルコムX型の大衆運動計画(すなわち、パンサー型の組織ではなく)ではなく、まさに対反乱工作型の「プロジェクト」に引き入れるプロセスに入ったのである。

三重革命委員会の決議案が発表され、その愚かなイデオロギーが、プチ・ブルジョア主導の「黒人構成員」グループの新たな群れに採用されたことは、黒人ナショナリズムへの新たな転向者の実際の出自に関する疑念を裏付けるものであった。CIAがスポンサーとなった新しい黒人「ナショナリスト」(より正確には、黒人の小共同体主義者)は、ファシスト的な経済政策(「ポスト産業社会」)、「資源」のリサイクルという社会哲学(例えば、ブラジルのモデル)を採用した。ストークリー・カーミチェルズやその他の補助金を受けた小ブルジョア「コミュニティ・オーガナイザー」たちによって導入された黒人の「ナショナリズム」の類は、リーズ・ファシズム、黒人ゲットー・バージョンにほかならないことが、今になってみれば明らかである。

1967年ごろから、ファシスト的な「黒人共同体主義」の資金提供による広がりは、主に黒人ゲットーの犠牲者たち(他の被抑圧少数民族や急進的な若者は一般的に二の次)に向けられた臨床的洗脳の急成長と重なり、黒人共同体組織自身がこの犯罪行為に資源と努力の一部をますます提供するようになった。黒人のゲットー・コミュニティに解放される洗脳されたゾンビの幹部を作り出す最初の場所として刑務所を利用し、特に地元の「地域医療」や薬物療法施設を通じて活動することで、今日の洗脳は疫病のように黒人のゲットーに広がっており、新たな犠牲者が出るたびに、新たな犠牲者を洗脳するための新たな「訓練」「攻撃療法」グループの設立が可能になっている。

黒人ゲットーの若者の大規模な洗脳は、現在では古典的なイギリスの対反乱作戦モデルの副産物として起こっている。

この作戦は1966年頃、CIAの工作員マクジョージ・バンディによるゲシュタポ的なLEAAの開始によって始まった。現在に至るまで、バンディのフォード財団は、LEAAの方針と試験的な作戦を指示し、発展させるための主要な民間パイプ役として続いている。ほぼ同時期に、CIAはシカゴのスーパーギャング、ブラック・P・ストーン・レンジャーを、ソウル・アリンスキーとそれに関連する「コミュニティ・オーガナイザー」の訓練と洗脳のパイプ役を通じて管理し、CIAが管理するゲットーの青少年ギャング組織化のための活動拠点へと急速に転換させた。[55]

その後、フォード財団、アリンスキー、LEAA、そしてその同盟組織によるおとり捜査を通じて、「警察のコミュニティ管理」というデモゴジック・プロジェクトが「急進的組織者」エージェントを通じて推し進められたが、それと同時に、LEAAはリーズの個人的な監督(!)のもとで開発されたモデルを推し進めながら、「補助警察」、「町の監視員」、「ブロックウォッチャー」というゲシュタポ・システムを提案していた。

一部のNAACP支部や社会主義労働者党などの協力を得て、このような大規模なLEAA統制のゲシュタポまがいのゲットーへの浸透を通じて、ゲットーは効率的に管理された環境に変えられ、そこではもはやLEAA準警察部隊と情報提供者の大規模なシステムから隠れ場所を確保する可能性はなくなった。ナチス・ドイツにおけるゲシュタポのブロック・インフォーマー・システムだけが、LEAAの「地域社会との関係」と「影響力の大きい犯罪地域」活動のこうした特徴と直接比較することができる。

こうしてゲットーでは、非合法なLEAAのテロリズムが平然と彼を取り押さえることができ(気まぐれに殺害することさえできる)、「黒人ナショナリズム」の選ばれた犠牲者がゲットーのジャングルから離れようとすれば、FBIがその犠牲者を「生まれ故郷のゲットーのジャングル」に連れ戻す手助けをする。『 ニューヨーク・タイムズ』紙の犯罪者たち、リベラル社会全般の犯罪者たち、そして米国左派の大半の犯罪者たちが、「地域社会の統制」という名目で、LEAAが組織的に被害者を恐怖に陥れ、洗脳していることを隠蔽するのをやめない限りは。

ロックフェラーが後援するこれらのファシストの社会統制と洗脳の方法は、私たちがすでに引用した特定の主な目的を達成するために、精神医学と心理学者の専門職を動員するというリーズの第二次世界大戦期の提案の結果である。(1) 一般的に、精神医学の技術や知識を政府や産業当局の自由に使えるようにする。(2) ムッソリーニやナチスのモデルの粗雑な実用主義を「改良」したファシスト的な組織形態に操ることができるような、対象集団の精神神経的感受性を発見することに大々的に集中する。(3) 「地域保健」社会サービスプログラムにおける精神科医の雇用を増やし、それを通じて、被害者の同意の有無にかかわらず、地域社会における住民の「治療的」平和化を行う。

リージアンの文献は、ロックフェラーが望むファシストの目的に最も役立つと考えられる3つの精神医学の知識を強調している。(1) 個人(洗脳)と統制された集団の両方において、望ましい形の神経症や精神病の状態を誘発する洗練された方法を開発するためのモデルとしての「戦争神経症」の例。(2) 「信念体系」の修正と「態度の変化」という、ストレスによって誘発される神経症や精神病の形態に対する動的なアプローチの鍵として、母親像支配と「母親の恐怖」という基本的な神経症のメカニズムを利用する。(3) 「攻撃療法」における心理的恐怖そのものを、それぞれの国民文化的集団に特徴的であると同定された特定の形態の「肛門恐怖」に集中させる。

ファシストの結果に対するアプローチのこれらの各側面の一般的な適用可能性は、要約すると次のように説明できる。

戦争神経症

無限に続くと思われる苦痛やストレス [56]の緊張のもとで、犠牲者は、広義に解離と呼べるものによって、耐え難いものを耐えられるものにする傾向がある。そうでなければ耐えられないと考えるストレスや苦痛について、心は何らかの策略によって知識から遠ざかってしまうのである。(向精神薬はこの原理を利用している)。

被害者の自己認識をストレスから切り離すための神経症的メカニズムの第一は反応形成である。「ベッテルハイム症候群」と呼ばれる、ナチスの強制収容所で心理的ストレスの被害者が親衛隊の看守と同一視してしまうという、収容者にありがちな経験を参考にすれば、このことが簡単に理解できるだろう。例えば、洗脳された元社会主義者は、違法な警察活動への恐怖によって誘発された精神病状態に陥り、この恐怖を精神病者の反応形成として反映させ、警察やFBI(あるいはその両方)に電話をかけて、かつての仲間たちからの救出を求めるだろう!(実際、警察機関へのこのような訴えは、誘発された精神病状態が-アメリカでは-LEAAが行った、あるいは指示された洗脳であることを示す、最も決定的な臨床的証拠の一つである)

この誘発された状態では、個人の発達したアイデンティティの感覚は事実上「オフ」にされ、疑似アイデンティティが苦しめられる。個人を洗脳するのに必要な時間は、使用される特定のプログラムについて、その特定のケースにおいて、そのような入れ子式システムに基づく擬似アイデンティティが誕生する時点まで、個人の反応形成の巣を蓄積するのに必要な経過時間によって決定される。その時点まで、洗脳の効果は本質的に、反応形成型の妨害の数を増やしていくことになる。これらは顕在化したものであったり、半抑制されたものであったりする。洗脳された状態に近づくにつれ、連続的な治療によって、抑圧された反応形成の復元力が、擬似アイデンティティの完全なシステムとして爆発する。

小集団における行動修正と態度変容のための「遺伝学的」手法の使用(すべての「小集団」社会学者は、そうでないことが証明されるまでは疑われる-最も有力な一応の理由のために)において、その制御を達成するために個人の洗脳それ自体を必要とせずに、誘発された行動反応を相互に強化させるのは、集団のメンバー間で共有された反応形成の特質である。個人の洗脳であれ、リーズ的な「小集団」統制であれ、どのような場合であれ、採用される本質的な方法は、犠牲者の「戦争神経症」を誘発する臨床研究から導き出された技術を、実地に使用することである。

母親の恐怖すべてのリーズ的ファシスト的方法が最も強調的に作用する本質的な精神神経的感受性は、母親の恐怖 [57]の幼児期的激化と、母親を中心とする。「家族」に代わる直接的な小集団に自分の社会的アイデンティティを位置づけようとする被害者の傾向の増大との間の直接的な対応である。

皮肉なことに、被害者の実際の母親が精神病か悪質なサイコパスでない限り、行動修正洗脳プログラムの結果は、実の母親との積極的な関係を断ち切ることになる。洗脳された個人の人格(擬似アイデンティティ)のコントロールは、実の母親との関係ではなく、架空の「母親ではない母親」、つまりラングレーの老婦人への依存にある。この擬似母親は、被害者の洗脳前の状態の母親像の修正版であり、普通の単なる神経症患者の最悪の悪夢のイメージよりも恐ろしい魔女像である。[58]

肛門恐怖症

ディックスらによるナチス親衛隊のタビストック研究[59]は、親衛隊システムが無意識のうちに悪用した作動神経症的恐怖のうち最も重要なものを、ドイツ文化で最も一般的な肛門恐怖のタイプとして位置づけた。占領下および占領後の西ドイツに対する戦後のイギリスとアメリカの行政は、ドイツ人のそうした神経症的感受性を利用するためのタビストック・デザインをますます前提としていた。フランスのイデオロギーが肛門恐怖症にとらわれていることについても、同様の研究がなされた。などである。

この点で、タビストック研究の臨床的能力に疑いの余地はない。労働委員会による独自の臨床的研究は、肛門に関連した恐怖が、個人によって克服されるべき最も基本的なものの一つであること、そしてこれらの恐怖の動的形態が、いわゆる国民文化とその下位文化によって大きく異なる傾向があることを確認している。肛門恐怖症は、米国の黒人(彼らは社会一般からも黒人ゲットー・コミュニティ自体からもクソ扱いされることが多い)の間で説明できるように最も強いだけでなく、米国の行動修正プログラムの非人間的な怪物たちは、黒人ゲットーの若者たちに向けられた「ジャングルの中の黒人」という洗脳のテーマにおいて、こうした恐怖を煽る効果を惜しまない。

要するに、タビストック・ファシストたちが、神経症の被害者の中にいる偽母に関連する恐怖に集中し、肛門の心理的恐怖を最も強調的にもてあそんでいるのであり、それが警察が作り出した回避的管理環境の中で洗脳者が行う「攻撃療法」の主な推進力なのである。この問題では、洗脳として知られる具体的な質的結果と、差し迫った、あるいは実際にファシズム的な「地域共同体支配」のイデオロギー形成との間には、程度の差しかない。

6. ナチスとしてのCIA組織

ここで概説したロックフェラー支配のCIA組織は、ジョン・ローリングス・リーズ准将の指揮の下、タビストック研究所が創り出したものである。この組織の四半世紀にわたる発展の結果が、ヒトラー政権末期のナチス親衛隊の姿とぴったり重なるのは偶然ではない。リーズらは、現在出現しつつある英米ロックフェラー・ブランドのマークIIバージョンを構築するための参照モデルとして、意識的にSSを採用したのである。

ナチス・マークIとロックフェラー・マークIIという2つのモデルを直ちに比較するために注目すべき主要な特徴は以下の通り:

  • (1) 反集団主義:大衆に共通の物質的・階級的利害を「押し付け」ようとするあらゆる「エリート主義的」努力に対して、小さな共同体集団の明確な「自然な」信念体系と適切に自律した自己利益を文化相対主義的に対置する。つまり、ファシスト社会学の実践とイデオロギーである。「地域コミュニティ・コントロール」である。
  • (2)「自然への回帰」 工業開発に関連した物質的生活条件の拡大を拒否し、「都市ストレスのない」先祖の小さな村の「自然で良い生活様式」への「フォルクスゲマインシャフト」回帰を支持する(例えば、「ポスト工業社会」のファシスト的イデオロギー)。
  • (3) ヴァイフェン親衛隊による国防軍の置き換え:正規軍の作戦と組織を「特殊部隊」が引き継ぐ。
  • (4) 柔軟な対応部隊としてのSS{例:ヴァイフェンSS、SDゲシュタポ} 政治管理と経済管理の任務を包摂する。
  • (5) 「腐敗にまみれた」選挙機関(大統領府、議会など)と「腐敗した」伝統的警察組織に代わる、清潔で規律正しいエリート部隊の動員: これはもちろん、警察国家支配のための古典的なファシストの理論的根拠である。

ロックフェラーがこのファシストによるイギリスと北米の乗っ取りを達成するために開発した装置のほとんどは、事実上、乗っ取りの準備が整っている。アメリカでもイギリスでも、ファシズムに抵抗する名目上の潜在的な主要勢力である組織労働運動は、第1段階、第2段階、第3段階、第4段階のようなふざけた行動によって士気を失っているだけでなく、この国で行われた「冷戦」魔女狩りの成功の結果として、労働組合の指導者の大多数は、ロックフェラーのファシスト組織の内部にしっかりと定着している。

労働者人民大衆と彼らの自己利益によって客観的に表現された現実と、他の大衆もファシズムに服従することを望んでいないという事実は、主張されなければならない。労働委員会は、状況の真実に気づいている北米における唯一の意識的勢力として、大衆のこの客観的で潜在的な現実に、意識的な自己組織化と自己表現のための唯一の利用可能な手段を提供する。労働委員会がその役割を果たすことに成功すれば、ロックフェラーの陰謀は破滅し、人類は救われる。もし労働委員会が潰されれば、一見小さな出来事に見えるが、その重大な出来事こそ、残りの人類が自らを撃つ適切な瞬間である。

編集者注:時間とスペースの都合上、『リアルCIA-ロックフェラー家のファシスト組織』の脚注は、『リアルCIA-ロックフェラー家のファシスト組織』の脚注と重複している。

『ESTABLISHMENT』の脚注は、『The Campaigner』5月号に掲載される予定である。

ロックフェラーのファシストCIA組織は神話ではない。それは恐ろしい現実であり、現実として直視すれば、地球上から一掃することができる。この現実を直視しなければ、そして直ぐに直視しなければ、あなたがすること、あなたが熱望すること、人類の幸福への希望、あなたの子供たちへの希望など、すべてが悪臭を放つ皿の水と化す。ロックフェラー家か、それともあなたか。まともな第三陣営は存在しないのだ。

労働委員会が、現在の世界情勢を認識し、リーズ精神力学のメカニズムと解毒剤を適切に評価した最初の、そして今のところ唯一の組織であることは、特筆すべきことではない。資本主義のもとでの精神神経症的な個人と正気な個人との間の本質的な区別は、時に戦闘的であるとしても、進んで資本主義の主体である労働者の病んだ階級的イデオロギーと、正気な革命家の階級的自己観との間の区別である。[60] 労働委員会が階級的自己観の周りに自己組織化したこと、その観の中に個人のアイデンティティを位置づけたことが、われわれの組織にリーズ的戦術を拒否し抵抗する並外れた力を与えたと同時に、リーズ的観(および一般的な階級的自己観)を、その犠牲者においてそれが象徴する狂気について分析するための有利な点から、正気の領域でその概観を発展させたのである。

低強度作戦:M Minnic 著戦争のリーズ理論

1. はじめに

今年の第1週にクリストファー・ホワイトが発見され、広範なプログラム解除が行われたことで、労働委員会は、国際資本のロックフェラー一派が主導し、イギリスのタビストック・クリニックのジョン・ローリング・リーズ博士が開発した技術を用いた、労働者階級に対する陰謀の糸口をつかんだ。その時以来、国際的な労働委員会は、このネットワークの能力と範囲を暴露し、その組織的破壊に必要な労働者階級の力を構築することに、主として従事してきた。この時期、資本主義的戦闘力の陰謀的前衛であるこのネットワークを完全に無力化することを拒否することは、労働者階級の最終的敗北を確実にすることである。

このネットワークは、基本的に、ファシズムのような新しいイデオロギー的形態を発展させることなく、労働者階級の創造性を不可逆的に破壊し、労働者の行動を適切な機械のようなパターンに再形成することができる大衆的説得技術によって、資本主義経済的必要性によって要求されるどんな悪辣なレベルであっても、階級支配を維持するように設計されている。1930年代から、ジョン・リースと彼の周りの精神科医の小さなサークルは、ロックフェラーの資金によって、意識的にその能力を開発し、1946年までに、その能力とそれを実行するための成長するネットワークを、文字通り、アメリカ資本のロックフェラー一派に売り渡した。

タビストック・ネットワークとリーズ的手法-階級闘争は「生命を奪うよりも士気に影響を与える武器」(注1)で行われるべきだ-は、戦後、ロックフェラー勢力の主要な「武器システム」となり、彼ら自身の秘密部門である中央情報局もそのひとつとなった。資本主義の崩壊サイクルの始まりを認識したことで、ロックフェラー・CIA一派は、他のあらゆる勢力とともにリーズ・ネットワークを動員し、少なくともナチスの財務大臣ヒャルマル・シャハトが実施したような蓄積率を、直接的な軍事支配の下で世界的に実施するようにした。

それが資本主義経済の必然である。先進資本主義部門には、直接軍事占領の恐怖を和らげるヒトラー主義のようなイデオロギー的な隠れ蓑はないだろう。リーズが規定した心理的猛攻撃が成功すれば、その必要はなくなると考えられるからだ。ロックフェラー-CIAとリース・ネットワークが、30年以上かけて資本主義軍隊を完全に再形成し、そのような裸の支配ができるようにしたのは、このような理由もある。最終的に、階級支配が依存するのは「人間の武装した身体」であり、いつかそのような軍隊が公然と真の機能を発揮しなければならないことを認識しているからである。

ロックフェラー勢力は、リーズ主義的な方法とネットワークを武器庫の主要部分としているため、かつてのワイマールの銀行家シャハトが提案した必要な経済措置を獲得するために、ドイツ資本の一部が(ヒトラー主義という不愉快な偶発的事態を伴って)動かなければならなかったのと同じように、生き残るためには、今やその方法とネットワークに全面的にコミットしなければならない。

ヒトラー主義とは異なり、リーズ主義的方法は、完全に意識的に、世界社会の精神生活の破壊と普遍的サディズムへの強制的行進に依存している。そして、これ以上の不測の事態はありえない。

ここでの我々の目的は、リーズ的手法の発展、タビストック・ネットワークの形成、英国軍隊の乗っ取りを暴露することである。タビストック・ネットワークの完全な展開と、ロックフェラー勢力とそのCIAによる完全な活用の話は、別のところで実証されている。[2] 戦後、イギリス軍はタビストック・ネットワークとCIAの指示の下、長年「対反乱戦」として知られてきたリーズ派の戦争理論を再充填する最前線に立ち、現在、イギリスにファシストの軍事支配をもたらすためにそれらの改良を利用している。これから明らかにするように、リーズのもとでは、対反乱戦は「反乱分子」との戦いではなく、ロックフェラーに命じられて制度化された新しい形の心理的統制の実験場となった。こうした形態のうち最も進んだものは、現在では「低強度作戦」という、より適切で積極的な名称で知られるようになり、西ヨーロッパと北米に持ち帰られつつある。

2. ジョン・リーズの形成

ジョン・リーズの思想とタビストック・ネットワーク構築の動機の発端は、ヒトラーと同様、深いものではなかった。リーズが心理学の専門家を利用して陰謀を企てたにもかかわらず、そのような思想が心理学という科学の倒錯から生まれたと言うことさえ不当であろう。リーズの社会学は、リーズが学んだケンブリッジ大学のような大学で短期間ヘゲモニーを獲得していた、世紀末のイギリス帝国主義を弁明するアカデミックな論者たちによって売りつけられたガターなバラエティを超えることはなかった。彼らは科学的事実と18世紀的ステレオタイプを奇妙に取り違えて、イギリスの植民地主義を正当化しようとした。このような理論は、優生学やその他のいわゆる「人種科学」*と同様、1930年代には学問的に注目されなくなっていたが、ナチスの理論家や、イギリスのファシスト、オズワルド・モーズリー卿の多数の支配階級のシンパによって、いくぶん人為的に生かされていた。

1945年、著書『The Shaping of Psychiatry By Wat Rees』(精神医学の形成)の中で示された彼の世界観の最も完全な一文の中で、彼は、自分がさらされていたこの似非科学的人種主義を取り下げたわけではなかったことが示されている。むしろ、彼はそれを根本的なものとしたのである。社会は層で構成されており、「体質的に劣っている」人口の「精神病理学的な10分の1」から始まり、残りの層は才能のレベルや神経症の欠如のレベルの増加によって機能的に分化している。この最底辺の神経症的な10分の1は、リーズが単に「鈍感」と呼ぶ人々で構成されており、不幸なことに「有色人種」の人口の大部分を含んでいる。[3]

オルダス・ハクスリーは『ブレイブ・ニュー・ワールド』の中で、共同体の退屈な仕事をする正常でない男性たちを作り出すことを計画していた。[4]

明らかに、このような信念は、リーズがその後に研究することになる精神医学の方法とは何の関係もなかった。

* このような信念は、リーズが第一次世界大戦で医官として従軍した後に研究することになる精神医学の方法とは、明らかに何の関係もなかった。私たちが問題にしているのは、リーズが精神医学の方法を理解した上で、そのような信念に基づいた行動プログラムを策定し、実行に移したことである。リーズにとって精神医学が実践的であるとすれば、その課題は「技能の適切な配分」である。彼は、精神科医にはそれぞれの国家部門の神経症的な「地図」を決定する能力があり、この研究に基づいて、さまざまな神経症的なタイプを選別し、適切な技能に配置するための「フィルター」メカニズムを設定することができると提案している。

このような選別技術を用いれば、失敗続きで挫折しているだけの鈍感な人々を、次のようにすることができる。

簡単な仕事と「他の鈍い人たち」との幸福な仲間に振り向けられる。最高の知的機能を発揮できる者は、劣等なタイプに邪魔されることなく、そうすることが許される。

リーズの広範な精神社会理論でさえ、それほど新しいものではなかったことに留意すべきである。第一次世界大戦争前の時代から、資本家、特にアメリカ人は、20世紀の新しい生産様式からより多くの利益を得ようとするならば、資本がそのときにできる積極的な改革は、労働者階級の生活水準を向上させるために使われなければならないと理解していた。しかし、そのような改革の約束は、労働者階級の生活水準を向上させるために容易に利用されうるものであった。

* そのような改革の約束は、労働者階級の革命的潜在力を容易に解き放つ可能性がある。

* したがって、このような構想は厳しく管理されなければならない。

ロックフェラー家とフォード家は特に、「新しい」労働者階級の管理された発展の達人となり、「彼らの目的のために多くの科学的イニシアチブを動員し、資金を提供した」このプロセスは、当時の多くのマルクス主義理論家にとって未知のものではなかった。イタリアの共産主義者アントニオ・グラムシは、フォードとロックフェラーが資金を提供した「科学者」の一人であるスピードアップの専門家フレデリック・テイラーの手法によって引き起こされたアメリカの労働者に対する荒廃を振り返り、アメリカ社会の目的そのものが、労働者の中で最高度の自動的な機械的態度を発達させ、労働者の側に知性、空想、イニシアチブの一定の積極的な参加を要求する、資格のある専門職の古い精神的・肉体的結びつきを解体し、生産作業をもっぱら機械的・肉体的側面に還元するようになっていると主張した。しかし、実際には、こうしたことは独創的でも斬新でもない。産業主義そのものから始まった長いプロセスの、ごく最近の段階にすぎない。この段階は、それ以前の段階よりも激しく、より残忍な形で現れる…。旧来の労働者階級の一部は、労働の世界から、そしておそらくは世界から、無情にも排除されるのである。[中略)[5]。

ロックフェラー一族が、特にいわゆる児童指導運動や産業保健運動において、このような選別手続きの発展を率先して促進したことは、別のところで実証されている。1930年代までに、この分野でリーズとロックフェラー財団の間にはかなり深い協力関係があったに違いない。[6] リースがロックフェラーの他の科学的協力者以上に発展させたのは、彼の獣化された心理学的実践の論理的組織的相関関係であった。

「1945年、彼はアメリカ陸軍の精神科医たちに対して、「もし私たちが表に出て、現代の社会的・国家的問題を攻撃しようと思うのであれば、私たちはショック部隊を持たなければならない。私たちは、自由に動き回り、その地域の状況に接触できる精神科医の移動チームを持たなければならない。[7]

リーズの論理は拷問的だが明快である。真の精神衛生を実現するためには、合理的選択に沿った社会の完全な変革が必要である。残念なことに、多くの労働者は現実をこのようには見ていない。「どんな選別方法も、邪悪な資本家が労働者からより多くの仕事を引き出すことを目的としたメカニズムであり、その議論は難しい」と考えている。[8] リースの世界観では、このような否定論者は、「ストライキ」や「破壊活動」に従事する者とともに、それ自体が神経症であり、治療が切実に必要であるが、不幸なことに、自分たちが病気であることに気づくことができない。このような無自覚な神経症者の世界では、正気の唯一の決定者である精神医学を行使できるのは、「政治や政府の分野」に進出するために、あらゆる武器と影響力を結集する用意のある「あらゆる国の、互いに結びついた精神科医のグループ」だけである。

リーズが自分の「使命」について語ったときに意味していたように、精神科医の陰謀だけが、「あらゆる社会集団の人々が、たとえ本人が望んでいなくても、必要なときに、法律を発動する必要なく、治療を受けることが可能な社会」(中略)を築くことができるのである。[9] この陰謀の構築は、リース自身が生涯の「使命」と呼ぶことになる。

このように、リーズの精神医学観自体が、実際の精神医学的治療法とは本質的に無関係であることは明らかであろう。リーズの世界観は、実際には、外界の恐ろしい力を操る魔法の「ハンドル」を切実に必要としている精神病理学的ブルジョアのそれと何ら変わらない。つまり、精神病という寄生虫から心を解放するために使われる技法は、神経症や精神病の行動を制御可能な形で誘発するために使われうるということである。[10]

タビストック・ネットワークの歴史は、リーズの圧倒的な操作の必要性を詳述している。リーズが陰謀論を完全に明文化する以前から、彼の神経症の証拠は豊富にある。1930年代初頭、彼は最初のクーデターであるタビストック・クリニックの院長職を得るために、心理操作の力を増大させた。1921年にタビストック・クリニックが創設され、若きリーズに精神医学を教えた医師ヒュー・クリチトン=ミラーは、1931年までには、「実践的」精神医学に関するリーズの考えにあまりにも抵抗するようになっていた。その報復として、リーズはクリチトン=ミラーの方法についてクリニックの若い医師たち全体に噂を流し、クリチトン=ミラーを面と向かって「肉屋」と呼ぶようになった。1932年、この年配の医師は精神を病み、全会一致でジョン・リースに院長の座を奪われた。

リースはクリニックの支配を強固なものにするために「集団主義」を導入し、スタッフによる出版物は集団で承認されなければならないと要求した。第一次世界大戦後、イギリス軍の反ボリシェヴィキ遠征隊の医務主任としてバクーに赴任したときから、社会主義に対する考え方は大きく変わっていない、とあっさりと語っていた人物が、このようなことを言い出したのである!

1930年代後半までに、リーズはこのような悪質なお座敷遊びを厳密な根拠に基づいて行うようになった。最終章では、リーズ流の心理戦理論を深く掘り下げるつもりだが、戦時中の活動を論じる前に、ここでリーズのテクニックを概説しておく必要があろう。リーズの共同研究者の一人は、こう言っている: 「J.R.リーズが独創的な貢献において巨人でなかったとしても……他の人々の研究の成果を応用することに鋭敏かつ寛大な関心を持つ人物であったことは確かである」[11]。 リースのもと、タビストック・クリニックは電気けいれんショックとバルビツール酸塩を用いた脱プログラム理論の先駆的な研究を行った。クリス・ホワイトの脱プログラムから得られた臨床的証拠は、ショック、催眠、薬物を使って新たな、おそらくはトラウマ的な記憶を誘発するというアブリーバククションの逆転が、一流の「パブロフ的」洗脳を行うために必要な技術であることを示していた。リーズはアブレアクションのテクニックを称賛し続け、後にショックを使ったアブレアクションは「精神外科手術」と同じくらい効果的だと言った。

このことは、リーズが若いエリック・トリストをタビストックにスカウトし、すぐに彼をタビストックの最高幹部へと押し上げた理由も示唆している。現在アメリカ東海岸にあるタビストックの責任者であるトリストは、1940年、リーズがロックフェラー財団の医学研究員としてイギリスの病院で薬物や催眠による異常反応を研究していたときに、リーズに引き抜かれた。

リーズが「鋭く、寛大に興味を抱いた」もうひとつの仕事は、当時はまだ新しかった集団療法の発展であった。リーズがW.R.ビオンの研究を利用したことは明らかで、彼はタビストックに呼び寄せ、リーズがスタッフに義務づけたグループ・セッションを個人的に監督させた。

1920年代から1930年代にかけて英国政府の家族福祉の専門家だったリーズは、家族が電気ショックと並んで最も強力な精神作用物質であることを理解していた。実際、リーズがロックフェラーにタビストック・ネットワークを精神戦争の頭脳集団として提供した1946年のいわゆるロックフェラー覚書の中で、リーズの売り込み文句は、このネットワークが「家庭文化や保育園文化とその後の政治的・経済的行動との関係を大規模に決定することができる」という主張を中心に展開されている。[12] ビオンの「治療グループ」は、家族の力を利用する機会を提供した。

熟練した集団指導者は(いわゆる「指導者不在型」であっても)集団を利用して、人工的ではあるが強力な「家族」環境を作り出すことができる。いったんこのような環境が作り出されれば、たとえばセラピストは、直接的な攻撃によってではなく、グループの他のメンバーを(おそらくは「提案」によって)微妙に操作することによって、グループのメンバーを操ることが可能になる。もし被害者が、グループを温かく親切なもの(母親のようなもの)と考えるようになったなら、その環境が自分に不利になるように操作されたとき、それは母親のような深い拒絶の影響を与えがちである。さらに、被害者がセラピストたちの一連の操作に完全に気づいていない場合、被害者はその結果を内面化する傾向があり、自分自身についてのこの新しい気づきの責任は自分自身にあると考える。

図表A

タビストック・クリニック

  • クースヒオグ精神科医、ロンドン(1939)_H.V.ディックス
  • ディックスは軍情報部に入り(1940)、リースとともにルドルフ・ヘスのブリーフィングを解除する。
  • ディックスはE.シルズ(OSS)、R.クロスマン、E.ペイリーの下でスバエフ精神戦部門を訓練する。
  • ディックスはドイツ兵捕虜のための英国収集センターを設立する(1944)。
  • 収集センターの人員、方法、ドイツのバート・オイヤーハウゼンの選別センターで使用される(1945~)。
  • リーズ、本国陸軍の顧問精神科医となる(1938)
  • J.R.リース(所長) H.V.ディックス(助手) M.ラフ(助手)
  • G.R.ハーグリーヴス、アダム将軍の指揮精神科医となる。
  • アダムが准将となる。
  • 第41総合病院のスタッフのほとんどをタヴィストッカーが占める(1939)-ペントトールと催眠の実験。
  • リーズ、ハーグリーブス、アダムが陸軍精神医学総局を設立(1940)H.サンディフォード(局長)、G.ハーグリーブス(助手)、T.F.ロジャー(助手)。
  • 第41総合病院(1941-46)、海外へ。U-Eデー後パレスチナに滞在。
  • 連合国間研究グループがUNRRAとSHAEFに食糧管理と再定住について助言する。含む: ディックス、シルズ、E.ポッパー(チェコ亡命軍顧問)、J.M.ミールー(オランダ軍顧問)、E.シュリーダー(ドゴール軍顧問)、0.クラインバーグ(米)。
  • D.A.P.は人事選考局を形成している
  • タヴィストッカーの数人がモースフールド病院に滞在 – ビオン、ブリジャー、リックマン、ドイル、トリー、メインによる集団療法の実験
  • 東部司令部の顧問精神科医 – l. ブラウン
  • インド司令部の第二顧問精神科医-E.ベネット
  • R・レイト=カー(司令官)、R・レンデル■(副司令官)、ビオン、トリスト、J・サザーランド、J・ボウルビー。
  • メインが英国の精神科医となる

ピュラトリーペン。

  • ビオンが開発した集団技法を用いる。
  • スコットランドのコンサルティング精神科医 – ロジャー
  • すべてのWOSBの研究・訓練センターとなる。
  • 東南アジアの全陸軍の精神科医となる。

マウントバッテン 生物学研究局(秘密)-A.T.ウィルソン

  • 民間人再定住計画(1945-47)の基礎となるもの – トリスト、J.ケルナー、A.ウィルソン、A.キュリー、A.マレー、メイン。4r
  • . 選抜と再定住のテクニックを使って、イギリスの産業に配備された。

ドイツとヨーロッパのコロニア、|デオ・イオジーズ

イデオロギー

  • イギリスのイデオロギー

タビストック戦時配備

タビストック・クリニックに所属していた、または所属するようになった医療関係者。民間人を含むすべての個人は、「見えない大学」のメンバーであった。

後で示すように、大規模なリーズ派の精神戦争技術の本質は、環境の重要な要素を選択的に操作することにあり、その結果、個人は「世界全体が崩壊している」「悪いのは自分だけだ」と思い込むようになる。外界を呪術的なものとみなすブルジョワ的な概念(マーカスが「母親の恐怖」[13]と同定したもの)に基づく操作が大衆統制の基本であることを、リーズがそのグループワークを通じて理解していたことは、とりあえず記しておくに十分であろう。

それと関連して、リーズは(彼の熱心な伝記作者たちがみな彼を描いているように)温厚でふくよかで微笑む母親としてのイメージを、特に強制的な集団の状況において深く培っていたことに注目すべきである。リーズがこのようなテクニックをあらゆるレベルで絶え間なく使っていたことは、リーズのタビストックの協力者たちの野蛮な「チーム精神」(現在のCIAとは似て非なるもの)を説明するかもしれない。「いずれにせよ」、タビストックが産業労働者に対する仕事の基礎として、こうした集団技法を用いていたことは確かである。(次号のフリーマンの記事を参照)。

1938年になると、リーズはイギリスが軍事的な基盤に置かれつつあること、「軍隊や他の戦闘部隊は完全な共同体であるため、かなり特殊な実験集団を形成しており、市民生活では非常に困難な方法で実験を手配することが可能である」ことに気づき、本格的に陰謀団を作り始めた。リーズは、社会統制のアイデアを真剣に試すためには、タビストックがイギリス陸軍を乗っ取ればよいと提案した。この乗っ取りを成功させたリーズの試みは非常に理路整然としていたため、模式図で再現することができる(図表A参照)。

リーズは、タビストックの名誉会計官を務めるなどして媚びへつらっていた、ある「一流の健全な財界人」とのつながりを利用して、1938年に本国陸軍の顧問精神科医の地位を得た。「陸軍医科大学を拠点にしても意味がなかった。「私は陸軍省にいなければならなかった。そこでは、要人や、人員や中央組織の他の部門に関係する准将の部署にすぐにアクセスすることができた」[15] リースがどのようにして准将の職に就いたかは、彼の科学的手法を示すものである。タビストック評議会名誉議長のアルネス卿(当時スコットランド緊急地方長官)から、あるロナルド・アダム卿が間もなく准将として赴任することを知っていたリーズは、タビストックの側近であるG.R.ハーグリーヴスに、堅物なアダムと談笑するのに十分な戦史を学ばせた。感心したアダム将軍は、ハーグリーブスを司令部の精神科医として迎えるよう説得した。リーズは新たな影響力を行使して、アダムに陸軍精神医学局を創設させ、リーズの古い陸軍仲間であるヒュー・サンディフォードという透明なフロントマンを通して、その局を運営させた。

英国参謀本部に片足を突っ込んだリーズは、英連邦各地から彼の陰謀団の厳選された第一陣を集め始めた。リーズは「チーム」に定期的な会合を要求し、リーズとバイオンが同席する非公式の会合を開いた。タビストック特有のカバーストーリースタイルで、「見えない大学」のメンバー(リーズはこのチームをこう呼んだ)がセッションの経過を説明した:

私が意図しなくても、私たちの関心が、個々の病的な状態や症例の報告から、戦争や人間関係、敵意の本質、文明の状態といった大きな問題へと移っていったのは驚くべきことだった。[中略)[16]。

この図式が示すように、リーズは「見えない大学」のメンバーを司令部精神科医として、イギリス陸軍の主要部隊の指揮官に配備した。リーズは、突然部下に医学者が配属され、部下の士気を管理することになった司令官たちの「不安」を、彼の部下たちがどのように克服したかを、あからさまに喜々として語っている。「私には何の問題もない」と、リージアンたちが「克服」したビルマの軍団司令官は言った。「何か不穏なことが起これば、精神科医を現地に派遣し、彼がすべて解決してくれる。彼は私のスタッフの中で最も忙しい男の一人だ。「カレッジ」の「士気」の仕事は、リーズが有能な世界選抜の前段階として要求した国家イデオロギーに関する配属先での初期作業のための隠れ蓑であった。

戦争中、リーズと彼のチームは、選抜技術を絶え間なく追求し、アダム将軍と増え続ける将校たちへの影響力を通じて、彼はほぼ成功を収めた。1942年までに、リーズは英国参謀本部と陸軍省を動かし、少数の将校候補者を選別する実験的な陸軍省選抜委員会を開始させた。委員会は名目上は陸軍正規将校(ちなみに、両者は「見えない大学」の会合に通い始めた)によって運営されていたが、第一次大戦の戦車将校であったビオン、J.D.サザーランド、若き「ロッキー」トリストなど、タヴィストッカーたちが確固たる支配権を握っていた。

その年の暮れには、実験委員会は研究訓練センターとなり、陸軍省の選抜委員会がイギリスとその他の英連邦の各地に急増した。ほとんどすべての委員会に、タビストックの代表が多く含まれていた。戦争末期までには、ほとんどの英国士官候補生と多くの下士官兵が、審査会でリーズ派の精神科医によって心理的プロフィールを指摘されるようになった。

カナダでは、リーズの個人的な親友であったカナダ陸軍人事部長のブロック・チショルム准将の下で、リーズの選抜技術が普遍化された。後に国連の世界保健機関(WHO)の初代事務局長となるチショルムは、歩兵分隊を情報別にグループ分けすべきだというリーズの考えを最初に実行に移した人物でもある。チショルムとリーズのカナダでの活動は、後にリーズが「おそらくカナダのレセプションセンターは、民間人の生活で何が行われるかを最も興味深く予見させるものとして際立っている」と期待するほどの成功を収めた。[18]

リーズは、選抜の覇権を拡大し深化させるためにあらゆる可能性を利用した。1944年以降、戦況が悪化すると、リーズは選考委員会からもう一つのプロジェクトである市民再定住計画(sic)に人員を移し始めた。再定住計画で、リーズは、選抜が何をもたらすか、彼が期待していたことを試し始めた。ヨーロッパで解放された捕虜収容所から帰還したすべてのイギリス人捕虜は、除隊前にタヴィストッカーだけが常駐するセンターでの短期滞在に志願するよう命じられた。心理学的プロフィールをタイプ分けされるだけでなく、彼らはビオンの集団療法を受け、それぞれがどこに住み、どのような仕事に就くべきかが提案された。提案が守られたかどうかを監視するためにアフターケアが行われた。[19] リースは、労働省の庇護のもと、この制度をすべての帰還軍人に拡大することを計画したが、戦争が終わり、労働党政権が誕生したため、彼の影響力は弱まり、この教訓をリースも忘れることはなく、このプログラムは廃止された。

リーズのイギリス人再定住事業は、非民主的ではあるが、不吉なものではなさそうだ。管理機能としてのリーズの選別と再定住の性質は、ドイツのイデオロギーに関するタビストックの仕事の方が際立っている。リーズ自身がドイツの仕事を本格的に始めたのは、1940年、英国秘密情報部(MI- 6)の依頼で、ヒトラーの副総統ルドルフ・ヘスの精神医学的検査を担当することになったときである。皮肉なことに、彼の患者のイデオロギーは、リーズ自身を形作った人種科学と地政学理論を大学で学んだことに由来している、とリーズは記している。ヘスはこの時期には間違いなく精神異常者であったが、主治医の性癖には薄々気づいていた。ヒトラーの理論書『我が闘争』のゴーストライターであったヘスは、リーズ准将が自分を理解してくれる唯一の精神科医であると訴えた。[20]

タビストックでのリーズの第一陣補佐官であり、ヘス事件のアシスタントであったH.V.ディックスは、半永久的に軍事情報局(Directorate of Military Intelligence)に出向していた。ディックスを通じて、リーズ流の人選方法と心理戦がアメリカの戦略サービス局(OSS)、ひいてはすべての連合国の心理戦と情報計画機関において覇権を握るようになったのである。(次号のカスキーの記事を参照)。

重要なのは、リーズが自分の選抜技術をさらに高めるために軍事情報部を利用したことである。リーズはSOEを通じて、イギリスとカナダのドイツ軍捕虜収容所にブリティッシュ・コレクティング・センターと呼ばれる部隊を配備していた。センターの指揮官であったディックスは、ヘスに関するオリジナルの研究を利用して、入ってくる捕虜を選別するための一連の精神医学的基準を開発した。センターは、後にドイツ軍に対するプロパガンダに利用されるデータを収集するという名目上の機能を果たしたが、ディックスの実際の目的は、選別基準の統制的側面をテストすることであった。[21] ディックスは自分のシステムを使って「弱いエゴ」タイプの人間を選別し、その選別された人間はバイオンスタイルの集団教化を受けた。優秀な者はSOEの諜報員としてドイツにパラシュートで帰還させられ、残りはイギリス側のために捕虜の残りを管理するための情報提供者や工作員として使われた。

収集センターは、それ自体、後にイギリス占領下のドイツにあるバート・オイエンハウゼンの選別センターで軍事諜報部が行う仕事の試験段階に過ぎなかった。ディックスの助言を受け、タビストックの「見えざる大学」の長年のメンバーであったディック・レンダル大佐が指揮を執ったこの選抜センターは、「脱ナチ化」を隠れ蓑にして、「ドイツ人の中から非ナチの将来の指導者や管理者を選ぶ」ことを目的としていた。「1947年までには、イギリス諜報部とそのアメリカ側組織は、戦後世代のドイツ人の政治的・労働組合的リーダー候補のほとんど(全員ではないにせよ)について、リーズ流の心理学的プロファイルを持っていたと考えなければならない。センターでどのような「シェーピング」が行われ、「情報提供者」が誰であったかはまだわかっていないが、この分野で労働委員会の大規模な調査プロジェクトが開始されており、その詳細が明らかになれば、ドイツの戦後史の興味深い書き直しができるはずである。

リーズ・ネフワークがイギリス軍を支配していたかどうかという問題は、1945年時点ではある程度重要ではない。このことは、連合国の政策決定者たちの決定が、圧倒的にヨーロッパとアメリカの労働者階級に対する恐怖と、ソ連がこれらの労働者に及ぼすかもしれない活力を高める効果に基づいていたことに、はっきりと反映されている。しかし、ジョン・リーズが、戦後、「世界を再興しようとする者たちの評議会」を引き継ぐための陰謀団を組織することを真剣に考えていたことも、同様に否定できない。[23]リーズは、「我々は規模は大きくないが、配置は良い」という公言に従って陰謀団を組織した。[24]つまり、リーズは「覇権」という組織原理を初歩的に理解していたのである。リーズが戦後、何千人もいた精神衛生専門職のうち、ほんの一握りしか採用することなく、精神衛生専門職の覇権を完全に握った方法は模範的である。私たちはまた、特に軍隊の場合、リーズが重要人物を捕らえる必要があるときに、いかに気兼ねしなかったかを示した。実際、彼はむしろ操ることに喜びを感じ、実際の臨床的な精神身体的「洗脳」をいとわなかった。

「何か不穏なことが起きたら、精神科医を現地に送り込み、彼が解決してくれる。「彼は私のスタッフの中で最も忙しい男の一人だ」

ネイサン・クライン博士は1962年の中東「旅行」の際、ピラミッドで立ち止まる。

同じ時期に、アメリカ資本のロックフェラー派閥と、その派閥の秘密組織であるOSSを中心に、同じような陰謀団が形成され始めていたことは、カスキーの研究(次号)からもわかっている。その派閥とOSSがどのような組織になっていったかは、今となっては明らかである。率直に言って、ロックフェラー勢力もリーズネットワークも戦時中、世界を最大限に支配するための計画を立てていた。前者は、こうした計画を資本主義の必然の問題としてとらえ、ヨーロッパと第三世界を戦後のドル帝国に魅了することができる絶え間ない経済戦争を仕掛ける準備を整えた。リーズは、これまで明らかにしてきたように、資本主義の必要性をより悪質で神経症的なイデオロギーに反映させることに動機づけられ、これからの戦いに少し違った角度から取り組んだ。

幸いなことに」1945年のリーズは言う。「警察戦争と、ほとんど『外科的』必然としての殺戮という概念は、以前よりもはるかに広く受け入れられている」そして後年、こう述べている: 「戦争は相手を殺すことで勝利するのではなく、相手の士気を低下させたり破壊したりすることで、自分の士気を維持することで勝利するのである」[25]

ロックフェラー一族は、狡猾な父ジョンから受け継いだ心理戦争についての初歩的な理解を持っていた可能性が高いが、その近代的な概念は、OSSと連合軍心理戦争部門の訓練に対するタビストックの責任によって、リースからもたらされた。1946年、この関係は「ロックフェラー覚書」によって正式に結ばれ、その中でリーズは自分の陰謀の全容を暴露し、一族にそれを提供した。1934年以来、タビストックとタビストックのメンバーに多額の資金を提供してきたロックフェラー財団は快諾し、タビストック・クリニックはタビストック人間関係研究所へと姿を変えた。研究所への道を開くためにタビストックで何人かの粛清を成し遂げた後、リーズは古典的なスパイスタイルで、辞職の口実を得るためにスタッフとの不和を画策した。

1948年までに、リーズは、ロックフェラーの古いフロントグループである国際精神衛生委員会の残骸を基に作られた国連の圧力団体である世界精神衛生連盟の会長として、新たな偽装工作を展開し、ロックフェラーとそのCIAのための秘密工作を仕掛けるために世界中を飛び回った。[26]

リーズネットワークの正式な発展についての議論をここで打ち切ることは可能である。ロックフェラーとCIAの手によって、世界の労働運動を転覆させるために行われたその醜悪な展開は、その「医療」部隊である臨床洗脳ネットワークと同様に、別の場所で十分に扱われている(カスキー、フリーマンを参照)。[27] ここでは、リーズ-ロックフェラー心理支配理論の展開の重要な点に限って述べることにする。

これまで述べてきたように、リーズは、戦争やその他の危機が、自分の支配メカニズムをテストし、場合によっては実行するためのてこや機会を容易に与えてくれることに気づいていた。実際、戦後のタビストックでは、ストレス下にある人がどのように操作されうるかについて少しでも多くの知識を得ようと、荒廃した地域や災害現場に「飛行部隊」を派遣するのが標準的な作業手順であったし、今もそうである。これは、アメリカの政策決定者であるロックフェラー一派とそのCIAの理論とすぐに一致した。ソ連と「共産主義の蔓延」を阻止するために、世界大戦によらない軍事的解決を試みるのだ。

戦時中、リーズの直接的な影響の下で、これらの政策立案者たちは、この軍事的解決策は可能であれば秘密裏に行われるべきであると理解しつつあった(カスキー参照)。(戦後初期には、ロックフェラーとCIAは、この秘密裡の「非伝統的」あるいは「対反乱」戦争が、共産主義者の「反乱」に対抗することに限定される必要はなく、特にリーズ的手法を用いれば、CIAに完全に服従する政府を育成するために積極的に利用できることを理解していた。

戦後、大きな戦争や社会危機が起こるたびに、ロックフェラー・CIAは可能な限り、リーズ的な支配方法を洗練し、実行するために利用してきた。戦後最初の20年間は、イギリスがアメリカ資本に代わってこの推進を主導した。英国がこのような立場に置かれたのは、英国の軍部や支配者層にリーズが深く浸透し、覇権を握っていたからだけでなく、まったく手に負えない植民地帝国の債務返済を共産主義に奪われるわけにはいかなかったからである。軍部内のリーズとCIAのシンパは、受け入れ可能な解決策を提供した。後述するように、1960年代初頭までに、精神戦争コントロールの発展の矛先は、最終的な標的であるアメリカへと戻っていった。

3. 精神医学による戦争の形成

第三世界、特にブラジルの労働者階級に対する現在の戦争が示唆するように、経済的概念としてのアウシュヴィッツは決して捨て去られてはいない。1944年当時、蓄積手段としてのアウシュヴィッツの有用性は、ドイツの資本家やナチスの間よりも、連合国側ではるかに熱心に議論されていた。この議論は、実際、ロックフェラーのプランナーの間でリーズ主義的手法がヘゲモニーとなりつつあったこと、そしてその手法自体が資本主義的状況によっていかに形成されたかを示す証拠となる。

この年までに、敗戦間近のドイツをどうするかという問題をめぐって、両陣営の対立が生まれ始めていた。FDR政権下で貪欲な反共主義者だったヘンリー・モーゲンソー・ジュニア財務長官が、最初に立場を明確にした。モーゲンジアウ・プランの概要は、強制収容所システムをドイツ全土に拡大することだった!ルール地方とライン地方の工業能力を解体するか、国連の庇護のもとに国際化し、ドイツ人労働者を飢餓賃金で軽工業と農業に従事させなければならない。モーゲンソーは、この方法によってのみ連合国はソ連を阻止できると考えた。

ドイツが再び強大な工業国に成長することを許せば、ドイツはドル帝国と競合するだけでなく、必然的に同様に強大な工業プロレタリアートを生み出し、それに伴って社会主義革命の可能性も高くなる。前者は、モーゲンソーがロシアを牽制するために期待していたドルの締め付けを、ソ連が打ち破ることができるかもしれないことを意味し、後者の重要性は明らかである。このような感情に反対する資本家はいないと確信していたモーゲンソーは、ルーズベルト、そして彼を通じてチャーチルに、この計画の有効性を確信させた。

1947年になると、哀れなヘンリーは、陸軍省と国務省、連合国軍遠征軍最高司令部(SHAEF)、議会内のロックフェラー派による総攻撃を受け、自分の計画が破棄され、自分自身が不名誉な状態に陥っていることに気づいた。[29]。マーカスとシヴリオティス[30]からわかるように、ヘンリーが思い描いたドル帝国は建設され、ドイツの労働者階級はモーゲンソーが必要と考えた程度にまで荒廃し、1960年代後半になるまでドイツでは目立ったストライキ活動は起こらなかったほどであった。確かに、資本家界ではモーゲンソーの反共主義に異論はなかったが、労働者は粗末な物理的武器でしか打ち負かせないとするヘンリーの見解は、戦争の展開を考えれば近視眼的であった。ロックフェラー勢力は、モーゲンソーからその近視眼の代償を引き出した。

すでに悪名高いように、ロックフェラーとメロンがOSSと戦略爆撃調査団の経済戦争専門家として政府に出向させた企業人たちは、戦後の略奪を心配し、ドイツの産業能力の破壊を周到に避けていた。同時に彼らは、枢軸国とドイツ占領国の港湾施設と輸送網、つまり食糧と物資の供給システムが消滅していることを十分に確認した。工場ではなく、人口を瓦礫にすることが目的だったのは明らかだ。

モーゲンソーの計画を破棄する決断の重要な部分は、世界の労働者の4分の1がこのような忌まわしい状態にあることを維持し、操作すれば、彼らの革命的潜在力は数年で打ち破られ、工業能力は維持できるかもしれないという、賢明な資本主義計画者たちの理解であった。リーズは、クルト・ルーイン(本号のリチャード・フリーマンの論文を参照)を通じて、とんでもない爆撃の戦略家たちに情報を提供していただけでなく、タビストックは、ヨーロッパの労働者が耐え忍ばなければならなかった心理的な操作の計画にも責任を負っていた。

ドイツのケースは特によくわかる。東ヨーロッパ人の劣等性に関するナチスのプロパガンダに12年間耐えてきたドイツの労働者たちは、ゲッペルスよりもはるかに苛烈な暴言を浴びせられた。「これらの国連国民(東欧難民)の生活条件は、ドイツ国民の生活条件への悪影響を考慮することなく、資源が許す限り高い水準まで引き上げられるべきである」(強調)と、ドイツ国民はひっきりなしに聞かされた。近隣の村から強制収容所にドイツ人を移送することによって、必要であれば、できるだけ早い時期に、代替の住居の手配をすべきである」[31]。

恐怖を悪化させるために、SHAEFはこれらの難民(そのほとんどがシャハトの後継者たちが輸入した元奴隷労働者)を連行し、腐った腸の酒を供給し、ドイツ人を略奪し殺害するように彼らのギャングを促した。この段階が労働者の心に十分に染み込むと、難民たちは進駐軍によって収容所に押し戻され、逃げようとすれば銃殺されると告げられた。これらの元奴隷が十分に再骨折した後、彼らはその後10年間かけて故郷に少しずつ戻ることが許されたが、特にポーランド人の多くは「食べるために進んで働くことを志願」した後、フランスやベルギーの炭鉱に送られた。[32]

このような状況下で、戦後まもなくドイツを通過したストライキの波(何年もの間続い。た最後のもの)が打ち破られたのである。また、進駐軍が食糧供給を操作し、労働者のカロリー摂取量が戦時中の悲惨な水準を下回ったことも、高揚の敗北につながった。寛大に見積もっても、ほとんどのヨーロッパの労働者は1日当たり1000~2000キロカロリーを摂取していた。ギリシャの一部などでは、600キロカロリーしか摂取できない(2,3週間以内に死に至る)ケースもあった。

ヨーロッパの主要な地域がこのような状態にまで落ち込んだ後、食糧と難民の再定住に関する軍の管理は、国連救済復興局(UNRRA)に引き継がれた。絶望的な労働者の目の前に食糧をぶら下げたUNRRAは、地域によっては軍当局以上の権力を持ち、賃金や物価の決定、ストライキの解決、報道機関の統制などを行うことができた。ハリマン閣僚は嬉々として、UNRRAを「ヨーロッパの政治情勢をわれわれの望む方向に左右し、東ヨーロッパとバルカン半島にソ連の影響圏が広がるのを避けるために、われわれが自由に使える最も効果的な武器のひとつ」と評した。[42]UNRRAが、要するにマーシャル・プランに取って代わられたことまで踏み込む必要はない。

タビストック・グリン低強度作戦は、先進国の労働者階級を、食料の配給に満足する第三世界の大半のレベルまで追い詰めるように設計されている。

重要なのは、国連緊急援助隊、そして後のマーシャル・プランを推進したロックフェラー勢力が、ハリマンの単純化したスクジ・プログラムの概念以上のものを持っていたということである。たとえば、UNRRAの援助の多くは、スターリンとの首脳会談ですでにソ連に割譲された国々へのものであり、善意という形の「影響力」だけが目的ではなかったはずである。いわゆる「鉄のカーテン」諸国におけるUNRRAの活動は、かなりの程度、ストレス下にあるこれらの国々の心理的プロフィールを集めることに向けられていた。可能な限り、UNRRAの管理者は、単に「懲戒」目的ではなく、リーズが規定したようにストレス要因をテストするために、地域を選んで食糧供給を操作していたことが、あらゆる状況証拠からうかがえる。

国際連合救援リハビリテーション局(UNRRA)の職員と、生存者の一人。

リーズ自身は1945年に、おそらくUNRRAの部隊は、国家イデオロギーに関する精神医学的資料を収集し、後に選抜と心理戦の両方に利用するのに非常に適していると述べている[34]。しかし、彼が示唆以上のことをする立場にあったことは承知している。その時すでに、リーズは2人のタヴィストッカーをUNRRAの心理課に派遣していた。UNRRAの幹部は、リーズが終戦直後に設置した連合国間研究グループから助言を受けていた。IASGは、英国諜報部最高の精神科医ディックスと、OSSの最高の心理戦専門家であり、OSSのSHAEF心理戦部門との連絡役であったエド・シルスによって率いられていた。偶然の一致ではないが、ディックスは戦時中、シルスとSHAEF心理戦部門の他のメンバーにリーズ戦法を訓練する責任者であった。[35]

UNRRAがリーズ的統制技術のテストと実施に深く関与していたことは、イタリアで避難民を担当していたUNRRA管理官リチャード・ハウザーの事例が端的に示している。

ハウザーは、名目上はリーズやタビストック・ネットワークとは無関係であったが、1945年に、リーズが開発した選別・再定住キャンプを正確にモデル化した、元ファシスト陸軍将校のための部隊を設立した。ブロンの「指導者不在の集団」テクニックを駆使して、彼は元ファシストたちに、民主主義がファシズムよりも本質的に優れたシステムであることを説得する任務に就いた。彼は大成功を収め、1945年までに、将校たちはイタリア陸軍と民政局の「民主主義の教官」に任命された![36] 信じられないかもしれないが、ハウザーの最近のルピルスの一人が、ソウル・アリンスキーのアーバン・トレーニング・センターで彼が客員教官として訓練したカワイダの殺し屋ロン・カレンガだったという逸話がある。

** 戦後間もない時期の経験によって、リーズ派の戦争論は成熟した形に達した。タビストック・ネットワークは、世界のかなりの地域で心理学的プロファイル実験を行うことができたことに加え、特に、リーズのような臨床医にとって閉鎖的な東欧圏の国々で、集団説得の選択と再定住の方法について大規模なテストを行うことができた。リーズは、それが決して終わらないことを願っていた。「世界の再定住と社会問題の絶え間ない流れは、より賢明な方向性を試みるための無限の機会をわれわれに与えてくれるだろう。「実際、リーズは1959年の終わりまで、CIAが難民キャンプから諜報員を選抜し続ける手助けをした」[38]

加えて、SHAEFの下でのドイツ占領下の実験とUNRRAの経験は、タビストックとCIAの計画者たちが食糧管理という新しい武器を彼らのレパートリーに加えるのに役立った。この武器自体は新しいものではなかった。戦後のある歴史家が指摘しているように、「食糧は第一次世界大戦後に重要な政治的武器であることが証明されており、UNRRAの結成に至る議論の中で、食糧が同じ機能を果たすという明白な有用性が再び話題に上った。」しかし、SHAEFと OSS-CIAのリーズ派の心理戦専門家が、ヨーロッパの労働者の心理的緊張を悪化させるように食糧供給を実際にプログラムし、食糧管理を厳密な基盤の上に置くことになった。

戦後のヨーロッパでの経験は、ロックフェラー勢力とCIA内のその一派、そしてイギリス軍部の大部分にとって、経済戦争がリーズ的な精神戦争のプロフィールに包含され、他の大衆説得テクニックと協調することが、言うまでもなく、環境に配慮した最も効果的な戦争形態である可能性が高いことを証明していた。残念なことに、これらの計画者たちにとって、当時のヨーロッパでは、このような技術を論理的に拡張することはできなかった。完全な支配を試みようとすれば、間違いなく、心理的に吹き飛ばされた労働者階級や、おそらくソ連からの深刻な抵抗に直面しただろう。こうして1950年代、タビストックの現地諜報員の大半はイギリスに戻り、CIAのシンクタンクであるランド研究所[40]のために東欧6カ国の心理的能力に関する報告書を書き上げ、イギリスの労働運動でそのメスを試し始めた。[41]

リーズ的なコントロール技法のダイナミズムは戦後も決して衰えることはなかったが、その作戦地域は、より政治的にその完全な実施に適した地域に移された。戦争は、たとえ精神戦争であっても、敵に対する完全な勝利を目指さなければ無能である。ヨーロッパではそのような勝利はすぐには得られなかったが、労働者階級の弱さと、東南アジアとアフリカにおけるソビエトの優柔不断な立場は、労働者階級に対する真の勝利を得る十分な機会を提供した。そのような勝利は、労働者の士気の破壊だけでなく、CIAとロックフェラーにとって、そのレベルの心理的操作を持続できる新しい形態の開発も必要とした。

戦争直後、UNRRAはヨーロッパの大部分を占領した。

大規模な心理戦のテストのためにヨーロッパの大部分を占領した。

と、後で使用するための住民のプロファイルを作成するためであった。UNRRAの食糧管理実験では、何千人もの人々が死んだり、精神的に傷つけられたりした。)

先進的なリーズ作戦の最初のテストケースとしてマレー人を使うという決定は、戦争末期の数カ月の間に下された可能性が高い。その時点で、1945年以降に半島を実際に席巻した、圧倒的に親共産主義的なマレー人の労働運動によるストライキの波を止められないことは明らかだった。マレー人を植民地として維持しようとするいかなる試みも、マレー人のブルジョアジーを英国に対抗する人民戦線に駆り立て、半島とそれが支配する軍事的に重要なマラッカ海峡をソ連に引き渡すことになることは、同様に明らかだった。マレー人CPの武装幹部ではなく、労働者が問題だった。これらの武装ゲリラはすでに英国諜報部の管理下にあったため、むしろCPMを利用してストライキの波を知らず知らずのうちに鈍らせ、CIAに支配されたリーズ政権を建設することが問題だった。

マレー人での作戦は実のところ簡単だった。植民地警察の諜報部門である特別支部(植民地総監だけでなく、ロンドンの安全保障局MI-5のトップにも報告する)は、1920年代から非常に活発に活動していた。左翼への特別支部の潜入は1930年までに非常に成功し、コミンテルンの駐日代表はわずか1カ月の活動で、労働組合のトップの連絡先全員とともに逮捕された[42]。[42] 1941年12月に日本軍が攻撃してきたとき、CPM指導部に武装闘争の準備を提案したのはイギリスの特別支部であった。CPMのマレー人民抗日軍の全軍指導部は、特殊作戦執行部の2人の将校が指揮する101号特殊訓練学校で訓練を受けた。現場の共産主義ゲリラ部隊の多くも、SOEの東南アジア部門である第136部隊のイギリス人将校によって指揮されていた[43]。

マレー人民抗日軍 – Wikiwand

さらに、日本の進駐軍はこの潜入プロセスを続けた。日本陸軍の治安作戦部特殊技術課が、占領地に雪中会(協力援助会)を設立するのは標準的な作戦手順であった。「この協会の組織と運営の原則は、共産党の活動に非常によく倣ったものであった」[44]。連合国によって日本のネットワークに関する広範な文書が捕獲されたため、イギリス諜報部は、連合国がナチスの諜報部員ゲーレンの組織を利用したように、単にその組織を利用し続けただけだった可能性が高い。

1948年にCPMがゲリラ戦という自殺行為に踏み切った理由や経緯について、首尾一貫した分析をした歴史家はまだいない。マウントバッテンは、マレー人運動における広大な英国諜報網の統制に加え、戦時中のゲリラ部隊が絶望的に補給不足であることを確認する責任も負っていた。しかし、戦争末期の数ヶ月間、日本が降伏しようとしていたにもかかわらず、部隊には武器の補給が殺到した。ゲリラはようやく武装を整えたが、日本軍と大きく交戦することはできず[45]、イギリス軍とだけ対峙することになった。

戦後のストライキの波がイギリス軍によって残酷に鎮圧された後、CPMは簡単に操られてゲリラ戦闘を始めた。1948年に公式の非常事態宣言が出されたものの、高等弁務官のヘンリー・ガーニー卿が不審な状況で暗殺されるまで、戦闘に対するイギリスの対応は軽かったことで有名である。不思議なことに、ガーニーの死は1951年10月のチャーチル再選のタイミングと重なった。強硬路線の口実を得たチャーチルは、元参謀本部副長ジェラルド・テンプラー将軍の下で、マレー人の文民統制と軍事統制の一元化を命じた。

テンプラーが到着したことで、厳密には戦争と呼べるかもしれないが、戦争は終わった。そして、リーズの試験段階が始まった。食糧管理、選別、再定住に関するリーズの技術は、復讐心をもって実行に移された。稲作は破壊され、「食料缶は穴さえ開けられた。」「食料は政府によって保管され、コミュニティ・キッチンでのみ配給された。」「統制機構としての共同炊事というこの手法は、炊いた米は熱帯の環境では24時間で腐敗するため、いかなる期間も保存できないという事実に基づいていた」[47]。この飢餓に近い状態への急速な転落に動揺したマレー人は、ゲリラのせいだと言われたが、政府が設置した「新しい村」のシステムに再定住すれば食料を手に入れることができると言われた。50万人以上のマレー人(人口の10分の1)が、時には強制的に、新村に再定住させられたが、このプログラムは、さらに65万人のゴム労働者と錫鉱山労働者も再定住させることを目的としていたことは明らかである。[48]

新村落は名目上はテンプル騎士団の支配下にあったが、その機能はテンプル騎士団の諜報部長ジョン・モートン(元MI-5)と情報部長のA.D.ピーターソンによって管理されていた。ピーターソンはエノク・パウエルの同僚で、マウントバッテンの情報セクションの精神戦のスペシャリストだった。1945年初頭、マウントバッテンにビルマ作戦に関する助言を与えていたリーズとは、そのころに知り合ったと思われる[49]。[49]モートンの仕事は、彼自身が考えていたように、「民族主義運動を前面に押し出すこと」であった。「モートンとピーターソンは村落を利用して住民をプロファイリングし、将来のマレーシア政府と公務員を選抜した」。

われわれの議論がゲリラ運動そのものの役割を省く傾向があるとすれば、それは新マレーシア政府の発展に対する彼らの「独立した」効果が実際にはごくわずかであったからである。彼らは12年間で約1,900人の警察官と兵士を殺害することに成功したが、農作物の破壊、rubbenの木の切り倒し、民間人の暗殺など、より凶悪とされる犯罪は、むしろ特別支部の手によるものであった。モートンとピーターソンは、ゲリラが戦争前・戦中の組織によく浸透していたことに加え、新村や捕虜収容所から生き生きとした候補者を選抜して特別作戦義勇軍を結成し、彼らのネットワークへのさらなる浸透に利用した。

浸透は非常に深く、「1957年までには、特別支部は残っているゲリラのほとんど一人一人について書類を作成していた」[51]。マレー人のゲリラは決して打ち負かされることなく、ジャングルにそっと戻ることを許された。残念なことに、哀れな人形劇は今日まで続いている。ゲリラは時折、無意味なテロ行為を行うために駆り出されるからだ。ゲリラは、人種間の緊張を高める必要があるときに最も役に立つ。SOEは1941年、マレー人の少数民族である中国人の共産主義者だけを訓練するようにした。

州や地区レベルでさえ設定された統一命令形式の政府は、選抜され、英国で訓練された反共産主義のマレー人に段階的に引き継がれ、彼らはシステムをそのまま維持した。食糧管理システムさえも、マレー国防・国内治安省が管理する「緊急食糧拒否組織」という新しい名称のもとに維持された。ニュービレッジはもちろん、新しい「独立した」マレー経済の基礎となった。

ケニアの問題は、リーズの訓練を受けた英軍の反乱軍にとって、より困難であることが判明した。1950年代初頭にナイロビでストライキが発生し、隣接する独立派のキクユ族の醜悪なムードと結びつく可能性があったため、1953年までに行動を起こす必要があった。いわゆるマウマウ緊急事態が社会主義革命につながったとは考えにくいが、資本主義の計画者たちは、植民地略奪の地が独立するならば、その自由は間違いなく維持された蓄積につながると判断していた。食糧管理と再定住-ケニアでは「ビラジゼーション」と呼ばれた-は、ドイツ占領下のリーズ派からその手法を学んだ実践者たちによって、今度は悪辣に実施された。

この手法を実施した軍司令官、ジョージ・アースキン将軍は、民間人の食糧配給を担当するドイツ管理委員会の参謀総長代理であり、おそらくバート・オイエンハウゼンのリーズのセンターでもあった。ナイロビ地区特殊部隊と秘密作戦の責任者はフランク・キットソン大尉で、彼はドイツ占領軍でも情報将校として勤務していた。

キットソンは、反乱運動の起源が新しいため、マレー人のような潜入の機会がないことに気づいた。この問題を解決するために、彼はモートンとピーターソンの小改革である特殊作戦義勇軍を利用し、それを拡張して、並行してゲリラのインフラストラクチャーを一から構築した。再定住労働キャンプやマウマウ容疑者収容所から「志願兵」を選抜し、キットソンはこの地域に独自の訓練センター網を点在させた。キットソンの「革命家」は実際の反乱軍よりも組織化されていたことがうかがえる。1年も経たないうちに、「カウンターギャング」-キットソンは彼のネットワークをこう呼んだ-は反乱軍のインフラに深く浸透し、キットソンの部下は比較的大規模なマウマウ部隊を率いていた。

緊急事態に関する公式の歴史が、反乱の最終的な敗北を「アンヴィル作戦」のおかげだと評価しているのは、英国空軍が広大なキクユの森を無目的に爆撃し、隠れていた反乱軍を森の外周の兵士に追い込むことを期待した愚かな作戦であったという事実が、キットソンの努力が決定によって軽視されていたことを示しているにすぎない。反乱はむしろ、キットソンの猛攻撃を受けたマウ・マウの幹部が心理的に完全に崩壊したことによって決裂した可能性が高い。

反乱軍がマウマウに浸透した後、キットソンは時折幹部と数人のプロの情報屋を引き抜き、頭巾と長い白衣を着せて村全体を一掃し、マウマウの容疑者を選ぶ「頭巾を被った男たち」の前を行進させた。日本や他の国々が何年も前に「頭巾をかぶった男」のテクニックを防衛的に使っていたのに対し、キットソンは彼の長く不吉なスパイ集団とともに、彼らの地下組織がイギリスにとってほとんど秘密ではないという事実を住民に露骨に印象づけるために使った。マウ・マウの幹部全員が、自分だけが潜入者でない可能性が高いことが明白になると、運動は崩壊した。マウマウが崩壊するにつれ、反植民地運動の指導者でより柔和だったジョモ・ケニヤッタは、イギリスの刑務所から適時釈放された。

数年後、Cl A隠密作戦の「古株」の典型的なかわいらしさによって、「デ・マウマウ」は米国のゲットー住民に対して活動するカウンターギャングの1つの名前となり、CIAの最大の黒人工作員の2人の名前はムハメド・ケニヤッタとチャールズ37X・ケニヤッタに変更された。[53]

チャールズ37xケニヤッタ、ハーレム125丁目でスピーチを行う

1960年代後半までには、ロックフェラーのCIA計画者たちの頭の中には、食糧管理、再定住、対ギャング組織化が、労働者階級と東欧圏の潜在的な同盟国に対する主要な武器になるという疑問はなかったはずである。この10年の初めには、労働者階級とソビエト連邦との避けられない最終決戦に備えるため、その能力を拡大することに主眼が置かれていた。戦後、米軍は秘密作戦に従事しており、CIA自身も強力な秘密パラ・ミリタリー・ネットワークを構築していたが、階級闘争を最終的に解決するには、米軍全体をCIAや英軍レベルのリーズ的作戦を実行できるようにアップグレードしなければならないことは明らかだった。

ベトナムでの粗雑な対反乱作戦を、成熟したリーズ的作戦に変えようとする勇敢な試みがなされた。CIAの計画者たちが、単純な傀儡ディエム政権と、CIAが支配する特殊部隊によるメオ族などの暴力団対策とを組み合わせれば十分だと考えていたことは明らかである。しかし、1961年までに、そのような小規模な対策では、壊れない労働者階級、浸透していないゲリラ軍、そして中国とソビエトからの支援に対処することはできなかった。CIAのロックフェラー部門は、マレー人作戦に従軍したロバート・トンプソン卿を呼び寄せ、食糧管理と再定住を訴えた。[もし戦略的ハムレット(トンプソンが再定住キャンプと改名した)が賢明に実施され、食糧管理によってバックアップされれば、ベトナムの農民、そして後には労働者を心理的に叩き潰すことができ、ハムレットは無能なディエム政権に代わる新政府の基礎となることができた。

国防総省は、1961年から62年にかけてのハムレット形成を補完するために、南ベトナムの稲作を破壊する化学枯葉剤の大量使用に同意したものの、ケネディ大統領と国防総省の旧派閥は、この戦略を防衛的なもの以上のものとは考えていなかった。実際、ケネディは、「対ギャング」組織化の本質が、そのような操作された組織が実際に政府になりうるということだと理解することはなかった。米軍がリーズ的な能力を備え始めるのは、大統領の死後である。

トンプソンの介入後、リーズ戦争への関心が高まったのをフォローするため、CIAは1962年、英国の対反乱軍チームを米国に招き、軍事界への勧誘ツアーを行った。CIAのシンクタンクであるランド研究所が1962年に開催した対反乱戦に関する重要なシンポジウムでは、対ギャングのキットソン自身がこの新しい戦争スタイルを推し進め、特にアメリカ人から熱狂的な反応があったことが報告されている[55]。[55]

ロバート・マクナマラ(Robert McNamara)を中心にまとまり始めた国防総省のコスト重視の官僚主義派閥に対抗するために、イギリスのチームには、このような戦争が唯一の効果的な「長距離、低コスト」戦略であると強調した、マレー緊急事態のオペレーションズリサーチセクションの責任者であったシャイリー大佐(Colonel Shireley)が加わっていた。

フランク・キットソン准将(少年サディスト) リージアンが提案したように、軍隊は戦うだけでなく統治する準備も整えるべきであるというオペレーションズ・リサーチの路線は、1年以内にタビストックで直接取り上げられることになる。1963年、英国のオペレーションズ・リサーチ協会(OR協会)は、シャイアリーのようなOR軍人のほとんどが会員であったが、タビストック研究所と合併し、オペレーションズ・リサーチ研究所となった。

ロックフェラー=リース勢力による米軍のさらなる乗っ取り(カスキー参照)についてここで詳述する必要はないだろうが、1967年までに、CIAは、東南アジア情勢が勝利できないのであれば(※)、階級闘争に備えたアメリカ軍の実験場になりうると公然と示唆するほどの支持を得ていた。この陰謀団の立場は、あまり知られていないCIAの頭脳集団であるアメリカ研究所が1967年に国防総省に提出した提案の中で、最も露骨に主張されている:

アメリカにおけるこの研究結果の潜在的な適用可能性にも、特別な注意が払われるだろう。われわれの主要な国内プログラム、とりわけ不利な立場にあるサブカルチャーを対象としたプログラムの多くにおいて、方法論的な問題はこの提案に書かれているものと類似している。[57]

4. 低強度作戦とその対策

この10年の初めには、ロックフェラー・キャバルにとって、今や対反乱戦技術を十分に学んだ兵士の多くを帰国させなければならないことは疑いようのない事実となっていた。1960年代後半を通じて、このような不測の事態は先進資本主義セクター全体で構築され、資本家が現在の崩壊危機の大きさを認識するにつれて、その実行の速度は増していた。

アメリカでは、CIAが設立した法執行支援局(LEAA)が、数年前にCIAが黒人運動を破壊するために全国の刑務所に設置した洗脳ネットワークを引き継いだ。LEAAはこのネットワークをもとに、黒人、白人、右翼、左翼を問わず、数多くの大規模なカウンターギャングを創設した。LEAAはまた、ベトナムで苦労して試された高度な技術を使えるようにするため、都市警察の