ラウトレッジ:『平和と戦争産業』 1973、アイアンマウンテン報告

戦争・国際政治陰謀論

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Peace and the War Industry

アイアンマウンテン報告

1963年8月、レナード・C・ルーウィンの言葉を信じるなら、政府の後援のもと、メロドラマのように秘密裏に特別研究グループが設置された。

1. 恒久的な平和が実現した場合、米国がどのような問題に直面するかを見極める。

2. これらの問題に対処するためのプログラムを作成する。

研究グループのスポンサーは、おそらく内閣レベルかそれに近いアドホックな政府委員会であった。研究グループの15人のメンバーには、経済学者、社会学者、文化人類学者、心理学者、精神科医、そして文芸評論家が含まれていた。15人は2年半にわたって、月に1回、通常は2日間会合を開いた。最初と最後の会合は、ニューヨーク州北部のアイアンマウンテン(戦争ゲーマー、ハーマン・カーンのハドソン研究所の近く)にある地下核シェルターで開かれた。リポートは全会一致で合意され、政府の「省庁間委員会」に提出された。

1966年冬、研究グループのメンバーである。「ジョン・ドウ」がニューヨークを訪れ、レナード・ルウィンを探して報告書のコピーを手渡した。ルウィンはすぐに出版社を見つけ、序文を書き、ジョン・ドウのインタビューを掲載し、報告書の出自についてはもう一言も語ろうとしなかった。

アイアンマウンテン報告、平和の可能性と望ましさ、レナード・C・ルーインによる序文付き』(The Dial Press, New York, 1967)は、要するに、恒久的な平和は可能かもしれないが、おそらく望ましくはないだろう、と述べている。報告書を引用しよう。

「現時点では、平和が実現するかどうかは不確かである。感情的な平和主義ではなく、社会的な存続を継続するという客観的な基準からすれば、たとえそれが明白に達成可能であったとしても、平和が望ましいかどうかははるかに疑わしい」

報告書は、平和は地獄だと結論付けている。社会が安定を保つためには、戦争は続けなければならない。「戦争そのものが基本的な社会システムであり、その中で社会組織の他の二次的な様式が衝突したり、陰謀を企てたりする。戦争と戦争準備が果たす欠くことのできない機能は、さまざまなカテゴリーに分類されているが、おそらく重要なのは、経済的、政治的、社会学的、生態学的なものであろう。

  • 1. 経済。軍事費は、通常の需給経済から独立していることによって、バランス・ホイールとして機能する。「軍事費は現代社会にとって不可欠な経済的安定装置であり、またそうであった。その代用として考えられるのは、包括的な社会福祉プログラム、空想的に精巧な軍縮検査システム、宇宙研究へのさらに莫大な投資である。しかし、社会福祉プログラムは、長期的には十分な資源を消費しないし、さらに通常の経済の外に長く留まることもないだろう。軍縮検査システムもまた、十分な「浪費」であることを証明できないだろうし、恒久的に平和な世界には不釣り合いである。報告書は、宇宙研究プログラムが唯一の現実的な代用品であると判断している。(研究グループが温かく支持する唯一の代替案である)。
  • 2. 政治的な問題。戦争の脅威があるからこそ、個々の国家や安定した政府が存在できるのである。戦争」は事実上、国家と同義である。戦争をなくすことは、国家主権と伝統的な国民国家を必然的になくすことを意味する」さらに、軍事支出は国民の一定部分を貧しく保ち、「必要な階級区分」と未熟練労働力の供給を維持する役割を果たす。その代用として、宇宙からの侵略者、「架空の代替敵」、大気汚染や水質汚染(これは意図的に強化しなければならない)など、新たな外敵を作り出すことが考えられる。報告書によれば、「架空の代替敵」の創造だけが有望だという。
  • 3. 社会学的な話。軍隊と徴兵制は、反社会的な構成員を社会から排除する役割を果たす。戦争そのものが攻撃的な衝動を鎮める。また、外部からの脅威が存在することで、市民は愛国的になり、国家に従属するようになる。「忠誠には大義が必要であり、大義には敵が必要なのだ。代用品として考えられるのは、平和部隊のようなプログラム、「社会的な血のゲーム」、そして「現代的で洗練された奴隷制度」である。その中で、奴隷制度だけが「効率的」で「柔軟」であると報告書は結論付けている。
  • 4. 生態学的。戦争は、人口と人口が生き残るために必要な物資との間の適切なバランスを維持するための、進化の主要なメカニズムであった。少なくとも、戦争には欠点がある: 戦争は優生学的ではない。例えば核戦争は、劣ったものだけでなく優れたものも殺してしまう。これに代わる可能性のある改善策がある: 「…人工授精の産物に限定するという普遍的な要件」と「応用優生学の包括的プログラム」である。

つまり、報告書は戦争を正当化するものなのだ。特別調査委員会の重要な結論は、「今この瞬間に、戦争制度の維持か解消かを決定的に選択する必要があるとすれば、一般的な賢明さは前者の道を選ぶだろう」である。

入手可能な証拠の大半は、この本がデマであることを示唆している。犯人については、リチャード・ロヴェール、ジョン・ケネス・ガルブレイス(彼は『トランス・アクション』誌に対し、「もし私が研究グループのメンバーであったなら、秘密厳守を誓わされただろう」と仰々しく語っている)、ケネス・ボールディング(彼の『軍縮と経済』が引用されている)、ヴァンス・ブルジェイリー、そして極めつけはレナード・ルーインである。彼はフリーランスのジャーナリストで、シンクタンクに関する本の書評を書いたり、『政治的ユーモアの宝庫』を編集したり、トランスアクションの情報提供者に報告書の草稿を貸したりしている。

とはいえ、この報告書は「単なるデマ」とはほど遠く、手放しで否定することはできない。その多くのまやかしの議論や社会科学に関するちぐはぐな知識にもかかわらず、鋭く正確な風刺でもある。何を風刺しているかは、ジョン・ドウが次のように説明している。それはアプローチの問題だった。ハーマン・カーンはそれを『ビザンチン』と呼んでいる。

-文化的、宗教的価値観にこだわらない。ランドやハドソン研究所や(国防分析研究所が)戦争計画に持ち込んだような考え方である。「戦争ゲームは平和ゲームになった」

事実、この報告書はすべて本物の情報源から編集された可能性がある。このような調査をしている社会科学者はたくさんいる。国防総省の中にも、このような考え方をする者はいる。ある読者は、「本書は、政府の公式スポークスマンが提供したものよりも、今日のアメリカ政府の姿勢についてよりよい理論的根拠を提供している」と述べている。実際、この本のタイトルはノーマン・メーラーの小説と同じにした方がよかっただろう:なぜ我々はベトナムにいるのか?

報告書が持つ脅威は、それが信じられて行動されることよりも、信じられて行動されたことにある。重要なことは、トランザクション社は、この本を真剣に読んでいる読者は政府高官である傾向があることを発見したことである。ホワイトハウスに非常に近い情報筋に問い合わせたところ、大統領府のファイルと図書館を調査したところ、この報告書がカバーしている一般的な分野の報告書はいくつか見つかったが、この特定の報告書の記録はなかったとのことであった。従って、これらの情報源は、現時点ではコメントは適切ではないと考えた。非公式ながら、彼らは、この報告書がホワイトハウス、連邦議会の委員会、あるいは連邦政府内の他の機関によって後援された可能性を否定するものではない、と述べた。

アイアンマウンテン報告が本物かどうかを知る必要性よりももっと重要なことは、(1) 平和と軍縮が実現した場合に米国が直面する問題とは何か、(2) これらの問題に対処するためにどのようなプログラムが考案されるべきか、について米国政府機関が現在どのような考えを持っているのかを知ることである。

国防総省のある情報提供者は、少なくとも自国の安定を維持するのに役立つからベトナム戦争は健全である、という報告書の結論に同意した同僚がいることを認めている。もう一人の情報提供者は、国防総省の戦略計画の最高レベルで働いているが、報告書を読んだ後、デマと考える理由はないと断言した。しかし、国防エスタブリッシュメントの最近の卒業生である第三の人物は、この報告書の信憑性を高く評価した。このことはすべて、戦争と平和、軍縮、「戦争システム」に関する政府の秘密評価と、公式の公的スタンスとの間に大きな隔たりがあることを物語っているが、同時に、社会科学フィクションの創作者としてのルーイン氏の技量をも物語っている。

『アイアンマウンテン報告』の出版は、その出所が何であれ、軍縮と平和のための戦略的計画に関する政府報告書を鋭く吟味し評価することを、国民が新たに求める契機になるはずである。政府の作戦構想の中に、「戦争システム」の望ましさと必然性に対する信念がどの程度組み込まれているかは、国民の深い関心事であり、秘密が必要な国家の問題であるという主張によって妨げられてはならない。

アービング・ルイス・ホロウィッツ

ヘンリー・S・ローウェンこの報告書の最も興味深い点は、マスコミや評論家たちのこの報告書に対する反応である。「独創的」、「鋭い」、「巧み」、「冷ややか」、「本物」と評されている。そのどれでもない。表面的で、歯ごたえがない。この本がある種の騒ぎを引き起こすのは、何よりも、戦略、国際問題、軍縮に関する一般的な議論のレベルの低さを反映しているのかもしれない。

軍縮の結果、あるいは報告書の用語を使えば「戦争システム」の放棄は、確かに真剣な議論に値するテーマである。だから、風刺に値するとも考えられる。結局のところ、アメリカ政府は一般的かつ完全な軍縮という目標を支持している。どのように定義されるにせよ、そのような状態が実現されるとすれば、国家間、さらには国家内の関係に重大な変化をもたらすことは間違いない。そして、私たちの社会にはさまざまな意見があることを考えれば、この報告書に示されたような立場をとる人々もいるかもしれない。明らかにそう考える論評者もいる。しかし、この報告書で述べられている主張の大半は、事実とは異なるし、その主張者を特定することもできない。

「わが国のように高度で複雑な経済は、国民総生産の10%以上の年間平均破壊を計画的に行う必要がある」とか、「戦争に代わる経済的手段としては(社会プログラムは)あまりにも安上がりなので不適当である」とか、「戦うべき敵を持つために、公害の発生率を高めることができる」とか、「社会的統制を維持するために、奴隷制をわが国の社会に再導入することを提案する」といった記述は、まじめな意見を滑稽にしたものではなく、単に滑稽なだけである。

報告書の大部分は、一般的かつ完全な軍縮が国民国家に及ぼす社会的・経済的影響を扱っている。軍縮の国際的な影響についてはほとんど触れていない。ここでは、「報告書」を「依頼」した人々が本質的な議論テーマとして期待したであろうことが、ほとんど見落とされている。「全面的」軍縮の結果に関するトム・シェリングの独創的で重要な見解を引用せず、彼が提起した問題を扱わないのは、この著作のさりげない性質の特徴である。(トーマス・C・シェリング「全面軍縮における抑止力の役割」『フォーリン・アフェアーズ』1962年4月号)

最後に、この報告書が、エスタブリッシュメントの委託を受けた本物の成果物としての特徴をもっと備えていれば、より大きな効果が得られるであろう。譲歩、現代国際情勢への言及、韜晦、官僚主義的基盤への接触など、些細なことがほとんど欠けている。

アナトール・ラポポート

『アイアンマウンテン報告』はデマであるというのが批評家のコンセンサスである。しかし、今どきどうやってデマと本物を見分けることができるのだろうか?もちろん、風刺的な暗示が薄っすらと含まれていることは確かだが、もしそれが削除されていたらどうだろう?風刺は、風刺された状況のある側面がグロテスクなまでに拡大されることで意味をなす。『ドクター・ストレンジラブ』が風刺的だったのは、公衆電話に入れる55セントがあるかどうかで地球の命が左右されるからである。しかし、この報告書のどこに信憑性を揺るがすものがあるのだろうか?

『熱核戦争について』が最初に発表されたとき、故ジェームス・R・ニューマンがその信憑性を信じようとしなかったことを思い出してほしい。今ならもっとよくわかる。想像を絶するという障壁はきっぱりと破られたのだ。

いや、そうではない。突破されたのは片側だけで、もう片側は相変わらず強固なままだ。もし、奈落の底を覗き込む勇気があるのなら、奈落の底が提起している最も刺激的な問題のいくつかに、魅力的な解決策を見出すだろう。

報告書の主要なテーゼのひとつ、すなわち、戦争、あるいは少なくとも戦争機械の存続は、先進国経済の健全性と社会の完全性に不可欠である。このテーゼは認める。では、この解決策のどこが問題なのか: すべての戦争生産は継続され、経済の必要性に応じて拡大さえする。しかし、その製品は、現在のように2~3年で廃棄されるのではなく、直ちに廃棄される。その結果、生産された製品はすぐに廃棄される。雇用は削減されないだけでなく、解体要員が増えることで実際に拡大する。保管スペースも節約できる。

この方法は軍縮に等しいという反論があるかもしれない。しかし、私たちが「考えられないこと」の領域にいる限り、理性的な人間にふさわしく、その意味を追求しよう。臆病にならないようにしよう。軍縮に対する反対意見には2種類ある。すなわち、従来の常識に由来する明白なものと、報告書に概説されている洗練されたものである。後者は、提案された解決策によって解決された。軍縮は、完全な戦争生産を妨げることなく達成できる。他の反対意見に関しても、満たすことができる。

潜在的な敵国と軍事・戦略要員を交換することに合意し、その交換された要員を各自が適切と考えるように処理するのはどうだろうか。これは形式的には、軍縮の対象をハードウェアだけでなくソフトウェアにも拡大することと同じであり、ハードウェアの軍縮と同じ異論にさらされる。しかし、心理学的には、この方法はまったく異なる意味合いを持つ。それぞれの側は、相手の軍事的指導部を意のままにすることで安全を確保する。こうして、相互不信と敵意は持続し、さらに高まることさえある。報告書によれば、社会をまとめるために必要な)イデオロギー戦争が盛んになる。人質となった)双方の軍人は、集中的な尋問を受けたり、管理された清算プログラムによって消耗させたりすることができる。実際、エスカレーションと抑止のゲーム全体が、このレベルで演じられる。

ここに、平和と戦争の両方がもたらす不快な副産物を回避する機会を与えてくれるプログラムがある。戦争の建設的で創造的な側面は、妨げられることなく続けられる。(実際、陳腐化のタイムラグがゼロになれば、戦争技術のさらなる急速な発展を促すことになる)。国家が軟弱で退廃的になる必要はない。戦略家たちは、互いの国の滅亡を心ゆくまで画策し続けることができる。軍縮は、軍縮された国の安全を脅かすものではない。なぜなら、軍縮の見返りとして、各国は敵国の軍人を枯渇させる機会を得るからである(敵国を信用する必要はない)。人間の攻撃的衝動は、人質に十分なはけ口を見つけることができる。

このような提案が報告書に盛り込まれなかったことが、その信憑性を物語っている。

ジェシー・ベルナール

この報告書についてコメントする前に、1つ誤った噂を訂正しておきたい。xxnページである。ドウは「グループに女性はいなかった」と述べている。偶然にも私はメンバーだった。しかし、私の貢献は議論の流れに反するもので、コンピューターに入力するとヒューズが飛んだり、コンピューターに費やす時間はプロジェクトの主要な経費であった。ドウが書いているように、いくつかのセッションは荒っぽく、お互いに神経をすり減らした。しかし、彼らは全会一致の報告を望んでいたし、重要な意見の相違もなく終わった。

私は彼らの言葉を鵜呑みにしていた。つまり、彼らは「平和と戦争の関連性、社会学的関係、心理学的動機、生態学的関係」に取り組みたかったのだ。社会学的関係、心理的動機、生態学的プロセスとの関連……」に取り組みたいということだった。しかし、彼らは私の提案を拒否し続けた。彼らは「反社会的要素」、失業、社会福祉プログラム、文化的向上について話したがった。

例えば、あるセッションで私は、戦争が女性を解放する効果があることを指摘した。ポエニ戦争が女性にとって解放的な結果をもたらしたことを思い起こさせた。男性を奪ったことで、女性は企業経営において多くの経験を積んだ。女性はオーガズムを求める権利を獲得し、喫煙や髪を切る権利も獲得した。第二次世界大戦は、女性にそれまでなかった幅広い仕事をもたらした。この意味で、戦争は女性にとって大きなプラスだった。

しかし、この点にはゼロサム的な側面があるため(女性にとっての戦利は、男性にとってはマイナスであることが多い)、当グループはこの点をコンピューターに反映させることに消極的だった。彼らはその言い訳として、それをコストとして取り込むべきか、それともシステム全体にとっての利益として取り込むべきか、判断に迷っていることを挙げた。

ついに精神科医のヒルが答えを出した。戦争は明らかに男性にとってもプラスであり、女性を向上させるものは明らかに男性にとってコストである(彼は男女間の関係はすべてゼロサムであると考え、現在流行の交換理論に合致している)。現在、男性だけに委ねられているものはほとんどない、と彼は私たちに思い起こさせた。銃を自由に買う権利を男性から奪おうとする動きさえあった。彼らから戦争を取り上げれば、何が残るというのか?どこかで一線を引かなければならなかった。従って、戦争制度の存続は、たとえそれが付随的に女性を助けるものであったとしても、明らかに男性にとっての利益であった。

このことは、少し考え込んだ後、テクノロジーがますます男性から戦争ゲームの独占権を奪っていることを思い出させるまでは、グループにとって容認できることだった。プッシュボタンで戦争ができるようになれば、女性も戦争に参加することができる。女性は地下の戦闘室に座り、男性と同じように敵の飛行や飛行物体を監視することができる。男性と同じように簡単にボタンを押すことができる。無人ロケットの操縦も男性と同じようにできる。将来、本当に良い戦争はすべて女性に引き継がれ、汚い小さなジャングル戦争だけが男性に託されることになるだろう。一流の戦争では、テクノロジーによって、民間産業と同じように、戦争ゲームでも女性が男性に取って代わることが容易になりつつある。大統領が最近語ったように、女性参謀総長が誕生する日さえ来るかもしれない。戦争体制が女性の管理下に置かれることを考えると、あまりにやりきれない気持ちになる。

戦争の恐怖は、平和の恐怖と同じくらい耐え難いものに見え始めた。そうだった。私の存在は明らかに癪に障ったので、私は引き下がった。

もうたくさんだ。戦争も平和も、風刺作家に任せるには深刻すぎる。特に、SWIFTでもヴェブレンでもブッフバルトでもないドウのような風刺主義者には。噛む力が足りず、卑劣さが足りず、憤怒が足りない。彼はウィットを追求するが、鈍さを達成するだけである。国防研究に「降伏」という選択肢を含めることを禁じた数年前の議会の通達に対する高官研究者の反抗としては、かなり成功している。システムズ・アプローチの不合理な還元としては、合格である。社会システムのあらゆる側面(犯罪、無知、偏見、腐敗など、数え上げればきりがない)の機能を追跡した1950年代の社会学的機能的伝統のなりすましとしては、良い試みである。しかし、「巨大な問題を定義するための真剣かつ挑戦的な取り組み」(xv)の手段としては、十分とは言えない。

彼が言いたいことは、「ウォール街は昨日、北ベトナムからの和平の申し入れのニュースに揺れた」という新聞報道に象徴されている。これは、軍需メーカーに関する昔のナイの調査を現代風にアレンジし、アップデートしたものに過ぎないと見ることもできるが、決定的な新しい切り口がある。つまり、「軍需メーカー」は今や、アイゼンハワー大統領が警告した偉大な軍産複合体になっているということだ。経済の大部分は軍産複合体に依存している。実際、平和は軍産複合体を脅かし、それに伴って我々自身の役得の多くも脅かしている。

私は、匿名というごまかしを使った著者の判断を非難する。彼が主張しようとしている点に議論を集中させるのではなく、このような態度は、誰が犯人かという問題に議論をそらすことになる。彼が提起している問題に比べれば些細な問題だ: 我々が常に考えてきたように、戦争は社会システムの道具なのか、それとも本書が結論づけるように、社会システムは戦争の道具なのか?

MARC PILISUK

『アイアンマウンテン報告』が提起している問題には、いくつか説得力のあるものがある。その中でも、この事業が風刺的なデマかどうかという問題は(私はこの見方を支持する傾向があるが)、最も重要ではないように思われる。

事実、この企業は、新しい事業志向の、自由奔放なブレーンストーマーのスタイル、手順、論調をはっきりと彷彿とさせる。実際、この報告書は、こうしたブレーンストーマーを鮮明に思い起こさせ、実際に行われるプロセスに対する恐怖でわれわれを震え上がらせている。

初期のセクションは、特別研究会の構成と、偏りなく出された質問に答えるよう教え込まれたことを扱っている。この方法は、近いうちに改良されるかもしれないものを予告している: 7人のフルタイムのハードウェアタイプ、1人の元諜報員、1人の政府経験のある国際関係タイプ、2人の成功した実業家、1人の地域プランナー、1人の著名な物理学者、1人の黒人(最後の1人は需要のためハーツから借りなければならないとしても)に、250時間の行動科学者の時間を加える。率直さを促進するために、言いようのないジョークや無礼講をグループの潤滑油にする。最終報告書の最初のセクションで、自分は客観性において市場を制覇し、その後のすべての結論において、他の人間の妨げとなる道徳的感覚を超越することができたと主張する。この手法はやがて、略式のTグループ(感受性訓練)セッションを含むように修正され、それによって参加者は精神分析と同等か、少なくとも古代仏教徒のディヤーナを達成したと主張するだろう。このように、グループのカタルシスによる純粋な吐露によって、あるいは光を見たときの自らの驚きによって、真理を事実上独占することを強調することは、憑依された個人やグループを懐疑的な科学者や哲学者から区別するものである。懐疑的な科学者や哲学者は、現在の信念を強弁するが、その信念の究極的な妥当性については疑念を抱いたままである。

この手法が単純だから、社会科学者の苦労を軽んじているからというだけでは、報告書の結論を否定する十分な理由にはならない。報告書が示唆しているように、戦争に代わる選択肢を見つけるという点では、ほとんどの真剣な社会科学的研究は、その妥当性や結論の妥当性においてではないにしても、少なくとも、なぜその研究が活用されないのかという疑問に対する適切な答えを見つけようとする試みが少ないという点では、つまらないものであった。さらに、実証的な研究には、自分が何について話しているのかについての何らかの運用上の記述が必要であり、テーマが限られた範囲であれば研究は容易であるため、社会システム全体がどのように、あるいはなぜ戦争や平和に発展するのかについての長期的な分析に専念する社会科学者はほとんどいない。軍縮の経済学について書いたまじめな学者もいる(たいていは、軍縮そのものと同じくらい不可能な資源の再配分と計画のパターンを考えれば、軍縮はなんとかなるという結論に達する)。精神科医、人類学者、倫理学者たちは、侵略と暴力的戦争について書いてきた(通常、少なくとも人間においては、敵対行動や紛争解決のための無血の形態は可能であろうという結論に達する)。他の社会科学者たちは、国際的な軍隊、機関、交流、同盟、友情、探知技術など、独創的な解決策を数多く生み出してきた。しかし、一度にすべての問題に取り組めるほど大胆な人物はめったにいない。この点で、『アイアンマウンテン報告』は際立っている。広い範囲をカバーし、いくつかの分野の関連文献に精通し、都市建築の1年生が都市を創造するような意気込みで仮想的な予測を立てる。

本報告書は、シンクタンクの運営体制について、いくつかの鋭い洞察を提供している。そのひとつが、同じ考えを持つ人々の合意による検証を、証拠に代えて用いることである。「誰がリベラルで誰が保守なのか、誰がタカ派で誰がハト派なのかを見極めるのは難しかった」ここに示されているのは、軍産権力を牽制するものとしてのアメリカの多元主義の限界である。真の権力は、さまざまな政治的主人公の中で誰が勝つかを決めるのではなく、どの主人公やどの問題を検討するかというスモーガスボードを誰が決めるかを決めるのである。現在流布している鳩の定義はこうだ: 最小限のエスカレーションを好む者である。多元主義が機能するには、軍事的利益に対する対抗力として、これ以上のものが必要だ。

シンクタンクに関する2つ目の洞察は、コンピュータ・プログラムを使って問題を解決することである。その際、重大な仮定を置かなければならない(そして、その仮定は忘れ去られる)ので、議会証言やホワイトハウスの特別報告書で発表される際には、科学的専門用語の響きがよく、少なくとも理解しがたいほど権威あるものになる。ここでは「ピースゲーム」法がその宝石のようなもので、共通参照点のないデータを相互に関連付ける優れた能力を持つコンピューター言語として説明されている。この手法の産物は、戦争体制が終わった後も科学はあと20年は進歩し続けるという予測を説明する脚注に、非常に痛烈に示されている:

「このかなり楽観的な見積もりは、任意に定義された3つの変数の3次元分布をプロットすることによって導き出された。マクロ構造的なものは、意識的な経験の能力を超えた知識の拡張に関するものであり、有機的なものは、本質的に理解可能な地上生命の発現を扱うものであり、そして特殊なものは、自然現象の概念的要件をカバーするものである。各パラメーターの既知と未知に値を割り振り、以前の年代記のデータと照らし合わせてテストし、予測可能な相関関係が有用な精度のレベルに達するまで、発見的に修正した。20年」とはこの場合、20.6年を意味し、標準偏差はわずか1.8年である。(これと同程度の精度は追求されていないが、1972年以降、生物科学における問題の解決が大幅に早まったことを示唆する付随的な発見がある)」

シンクタンクのアプローチの第三の特徴は、人類の未来を占うモラルに欠けた占い師の大義名分を推進しようとする姿勢である。この戦略的枠組みは、感情に邪魔されることなく、マキャベリ的な動機と暴力は現実のものであるだけでなく、社会の最善の利益のために必要なものであると仮定している。それが社会の大半を破壊することにつながるのであれば、それはそれでよい: 現実主義者は、この見通しに直面し、その先を見据える。ハーマン・カーンが核攻撃後の時代に利用できる有望な機会を推し量ることができるように、アイアンマウンテン報告は、核兵器の人口抑制の利点について語っている。かつては、戦争は強い仲間を選択的に殺すことで種を傷つけた。報告書によれば、核兵器は無差別に殺戮を行うため、種は現在、幸いなことに、より良い状況にある。もちろん、報告書によれば、遺伝子プールの増加は、生存者の遺伝的ダメージによって相殺される可能性がある(ハーマン・カーンが『エスカレーション』(On Escalation)の中で、核兵器の応酬によって犠牲者が出る可能性を指摘しているように)。しかし少なくとも、軍縮、撤退、理想主義、戦略的ゲームの拒否によって、社会システムの安定が脅かされることはないだろう。

この風刺の背後にあるのは、この国がいかに戦争に依存しているかという挑発的な分析である。中央集権的な計画と資源と人材の支配によって、社会が伝統からの急進的な脱却に踏み出せないでいるのだ。この中心的主張が、文化、芸術、科学、さらには社会システムの存在にとっての殺人の意義に関する、明らかに根拠のない仮定によって補強されているからといって、その主張が妥当でなくなるわけではない。年前、私は軍産複合体について調査し、本質的に同じような結論に達した。つまり、現在のアメリカ社会では、軍縮の再配分を達成したり、低開発に起因する広範な暴力を回避するために必要な種類の援助を実現したり、紛争の国際裁判権を実現したりするために必要な調整を行うことはできないということだ。

現在のアメリカ社会が平和と相容れないという結論が妥当であるならば、どのような提言をするかはやはり価値観にかかっている。アイアンマウンテン報告書は、すべての偉大な価値の源泉であると想定される戦争システムという主張の遺産に忠実であり、平和を得ることも望むこともできないと結論づけている。合理化と道徳主義の下で、アメリカの政策は将来の暴力的紛争を不可避にする選択をし続けているのだから。それでも、ジェファソニアンの価値観に従う私たちの中には、平和よりもむしろアメリカのシステムこそが危険であり、私たちのニーズに応えていないと提言する者もいる。おそらく、革命的再編の対象としてふさわしいのは、平和よりもむしろアメリカなのだ。この報告書は、暴露を通じてこのプロセスを早めようとするひとつの試みである。

このような風刺には、危険もあれば期待もある。放射性降下物シェルター論争の最中、『New University Thought』に「On Serving Your Fellow Man(仲間に奉仕することについて)」と題する素晴らしい記事が掲載された。それは、食糧不足のシェルターで秩序ある共食いをすることの利点を人々に納得させる(そして彼らの嫌悪感を克服する)問題を扱ったものであった。そのアプローチは、倫理の問題(最小の人数で最大の人数に奉仕する)から食欲の問題(より良いレシピと名声広告の誘引)まで多岐にわたった。残念ながら、その根拠はシェルター・プログラムの他のどの部分よりも不合理なものだった。しかし私は当時、献身的で感情的・道徳的葛藤から解き放たれた秘密の特別研究会がこの提案を取り上げ、シェルターでの生活にこの新しい次元をどのように普及させるかという技術的問題に即座に取り組むかもしれないと思うとぞっとした。

現存するシンクタンクが、大虐殺レベルの計画を、事実として、時折秘密裏に行う必要さえもなく立てられるようになったとき、私たちは長い道のりを歩んできたのだ。この報告書が憤りをかきたてるのは、人を数えるゲームに興じる者たちだけである。戦略論者にとっては、そして今となってはわれわれの多くがそうかもしれないが、そうでなければ見逃していたかもしれないトリックを、ひとつかふたつ手に入れたに過ぎないのではないか、と私は危惧している。

この本は私が書いたのかと聞かれたことが二度ある。私は書いていない。アナトール・ラポポート、ケネス・ボールディング、ノーム・チョムスキー、ポール・グッドマン、ドナルド・マイケル、アミタイ・エツィオーニ、アーヴィング・ホロヴィッツは、ウィットに富み、有能で、平和への献身が疑われる候補者である。私の大きな希望は、ランド研究所を中退した人物が、人間社会に復帰するための序曲としてこのようなことを行ったのではないかということだ。私が恐れているのは、豊かな社会の競争優位に適合した戦略的思考の枠組みがあまりにも蔓延しているために、この報告書は未来をコントロールするプロセスを記述しているのだが、それは警告の意味をなさないほど進んでしまっているということだ。

ケネス・E・ボールディング

私はこの本を書いたと公然と非難されている。私はこの本を書いていないし、出版社からやや間接的に校正刷りを受け取るまで、この本について何も知らなかった。さらに、私が書いたという指摘は侮辱に近いと考える。もしこの本が風刺を意図しているのだとしたら、そうかもしれないが、あまりにも真顔で書かれているので、完全に納得できるものではない。もしそれが「真っ当」だとすれば、私が知的にも道徳的にも否定する視点を表していることになる。

知的には、この作品は巧妙なピンチベックであり、大衆化された民間科学のレベルで動いている。『軍縮と経済』を引用しているにもかかわらず、その経済学は民間経済学である。この著作の著者は、経済モデルの重要性を理解しておらず、アメリカ経済の柔軟性と、どのようなレベルの軍事費や政府支出にも適応できることを完全に過小評価している。

しかし、この本の基本的な知的誤謬は、特定の誤解よりもはるかに深い。それは「機能的誤謬」と呼ばれるものである。これは、何かが存在するからにはそれなりの理由があるはずだと思い込む誤謬である。例えば、私が世界戦争産業と呼んでいるものは、世界総生産の約10%という一定の水準で存在している。もし世界戦争産業がなくなれば、何か特別なものがその代わりをしなければならない。

この粗雑な機能主義は、社会システムの最も重要な特徴である、強いランダム要素と多くの自由度を持つ緩やかな力学で動いていること、そしてある時点におけるその特性は、単にその時点までの緩やかな力学的プロセスの結果であることを軽視している。言い換えれば、正当な理由がまったくないにもかかわらず、単にシステムの力学がそれを生み出すために、多くの物事が存在しているのである。より具体的に言えば、人間の福祉には正当な理由がないものが多く存在し、世界戦争産業もその一つである。それは倒錯した力学のために存在するものであり、システムの力学を変えることによって取り除くことができる。

道徳的に見れば、もし「真っ当」であったとしても、この作品は非常に不吉である。

戦争という制度が、そのとんでもない負の報酬のために委縮の危機に瀕している今、戦争産業、とりわけアメリカの戦争産業を正当化し、正当化しようとしているのである。ここで試みられているのは、軍事システムの正当化である。空軍力と民間人の大量殺戮のおかげで、軍事システムからほとんど流出してしまった勇気とドラマという古代の言葉ではなく、普遍的な恐怖と抑圧によって押しつけられた「平和」という言葉である。

しかし私は、正統性の力学は非常に複雑であり、正統性を作り出そうとする洗練された試みはしばしば裏目に出るという反省から、自分自身を慰めている。私は率直に言って、戦争産業の権威を失墜させることに興味がある。この文書には逆の意図があったのではないかと疑っているにもかかわらず、その効果はこの権威失墜を助長することになるかもしれない。戦争産業がこのように正当化されなければならないのなら、我々が考えている以上に何か問題があるに違いない」という反応になるかもしれない。その結果、本書は天使の側に立つことになるかもしれない。

マレー・ワイデンバウム

新聞記事だけでは、なぜルーイン氏が控えめに自分の仕事を半匿名で隠そうとしたのか分からなかった。この本を読めば、その疑問はすぐに解ける。もし、この裏付けのない主張と社会科学的フィクションの羅列が、彼自身の名前で提供されていたなら、無知なクラックポットの悪意あるつぶやきとして市場から一笑に付されていただろう。

特に残念なのは、経済学を扱った部分に事実誤認や分析上の誤りが数多く含まれていることだ。一般読者には、事実と虚構の区別がつかないだろう。例えば、「特別研究グループ」は、1965年にベトナム戦争が「危険なほど上昇する失業率とのいつもの調整で……」強化されたという、うんざりするようなマルクス主義の決まり文句を繰り返している。問題の真相が正反対であったことを、一般の読者がどうやって知るというのだろうか。失業率、そして完全失業率は、1965年の半ばにベトナム戦争が強化される前は、ずっと低下していた。1964年の失業率は5.2%だった。1965年2月の5.0%から1965年7月には4.5%まで低下した。このような基本的な真実の歪曲が悪意がないとは信じがたい。

おそらく、より根本的な欠陥は、連邦予算政策の経済的・財政的手段は、軍事から民生への資源シフトを促進するのに十分な効果がないという著者の主張である。ここでの議論(21ページ)は特に非論理的である。まず読者は、財政手段は「経済に新たなインセンティブを与えることができる」と言われる。その次の文章で著者は、これらの手段は「経済を反映するものであり、経済を動かすものではない」と述べている。(社会学の同僚によれば、『アイアン・マウンテン』の社会学の章はお粗末だが、経済学の章は説得力があるようだ。「学際的」研究によっていかに学者を騙すかという分析は、心理学者に任せよう。)

連邦政府がテーブルや椅子や郵便局の建物や宇宙衛星を購入することが、民間の顧客と同様に直接的に民間の生産と雇用を動機づけるのである。ベトナム戦争の必要性を満たすために、民間生産から資源が大幅にシフトしたことを目撃してほしい。

ちなみに、この大規模かつ急速な資源のシフトは、軍事生産の地理的な「融通の利かなさ」と言われていることを裏付けている。ベトナム戦争の拡大によって、アメリカ経済における軍需品の地理的、産業的、職業的分布が大きく変化した。中西部のいくつかの州では、ここ数年の間に軍需契約が倍増したが、同じ期間に、ワシントン州、ユタ州、コロラド州など、はるか西部のいくつかの州では、国防受注が事実上半減した。

ここ数年の軍事需要の産業シフトも同様に劇的であり、著者の「現代の戦争生産を特徴づけているのは、硬直した専門化である」という言葉を裏付けている。大手航空宇宙企業やエレクトロニクス企業が軍需市場のシェアを低下させている一方で、衣料品や繊維製品の受注は240%、自動車は80%、食料品は60%増加している。詳細は、『ベトナム支出による経済効果』(経済合同委員会、ワシントン、1967年、全2巻)に記載されている。

アイアンマウンテンがもたらした最大の汚点は、和平の見通しに関する重要な対話のレベルを下げてしまったことだろう。今までの議論は、主に共通の事実に基づく解釈の違いが中心であった。我々は今、知的環境を汚染する前に、ルウィンの文学的ゴミを一掃するという低レベルの雑用に追われている。このような状況下で、アイロンマウンテンが、その精神的祖先である、それ以前に匿名であり弾圧されたとされる委員会報告書『シオンの長老たちの議定書』よりも学術的に注目されているのは残念なことである、

LEONARD J. DUHL

この本がデマかどうかは関係ない。重要なのは、この本が存在するという事実と、ある特定の思考様式を反映しているという事実である。

『アイアンマウンテン報告』は、平時の社会には、平和がもたらす特別な問題に対処するための新しい種類の社会計画が必要であることを指摘するという点で、有用な機能を果たしている。しかし、この本は、生態学的モデル(社会学的変数だけでなく、人口統計学的変数や地理学的変数を組み込んだモデル)を、完全に閉じた、ほとんど完全に制御可能な硬直したシステムとして扱う、あのタイプの長期的思考でこの必要性を指摘している。

アーヴィング・ルイス・ホロヴィッツは、ファシストがエコロジーをモデルとして使うのは、それが大規模な支配の口実を与えてくれるからだと示唆している。それは、我々が通常政府の正当な関心事だと考える事柄だけでなく、民主主義体制が個々の市民の仕事だと考える事柄(例えば、誰が子供を産み、誰が産まないかなど)についてもである。しかし、エコロジー・モデルはそのようなファシズム的な目的を果たす必要はない。開かれたシステムとして扱われる社会計画のための生態学的モデルは、私たちの社会が平和な状態に適応するために、現在も将来も受けなければならない重要な調整において、民主的手続きの存続を保証するのに役立つ。

報告書の本質的な欠点は、(1) 戦争であれ平和であれ、生態学的モデルによる計画は、一連の硬直したシステムの確立ではなく、プロセスであること、(2) このプロセスは安定を志向するものではなく、変化を志向するものであることを認識していないことである。

われわれの経済的、社会学的、生態学的、文化的、科学的関心事は、それぞれのシステムにおいて変化を可能にするプロセスに対する関心事である。私たちが守ろうとしている社会システム全体は、報告書が言うところの「今日私たちが知っている社会システムの存続」ではない。また、「代替」制度を作らなければならない一連の制度のみに基づくものでもない。むしろそれは、変化する制度とプロセスからなる流動的なシステムであり、それを通じて、一人ひとりが自分の人生を支配する出来事をコントロールし、影響を及ぼすことができるようにすることを目指すものである。

報告書のように、平和の問題を私たちが直面しなければならない問題としてとらえるならば、国内の問題に高い優先順位をつけなければならない。そして、これらの懸念は、報告書が定義した「今日の社会システムの存続」という静的で否定的なものにとどまらない。その代わりに、ファシズム的、統制的、軍国主義的な国家になることなく、国内の問題を解決できるような国内プロセスを可能にする、新しい社会システムの開発、そして既存の社会システムの修正である。社会の安定を「避けることのできない一つの岩盤価値」とみなすだけでなく、改善に向けた変化を求めているのだ。

確かに、アナーキーと統制の2極に分かれるかもしれない

しかし、平時の社会システムがこの2極の間にあることを保証するために必要な計画手順は、安定という価値を最大化するものではなく、私たちが社会に大切にしている価値が維持されることを保証するメカニズム作りに関わるものである。このようなメカニズムをどのように作り上げれば、人間的成長を促進し、健康を実現し、私たちの生活に影響を与える出来事への市民参加を最大化できるのか。そしてこれらは、報告書が問いかけようとしていない問題でもある。

このようなメカニズムが存在する平時の社会は、完全に安定して緊張がないとは言えないかもしれない。しかし、社会の緊張は戦争ではない。社会は、社会が実行可能で活動的であることを可能にする変化のための交渉に伴う緊張に備えることができる。

もしこの報告書が本物であれば、社会科学者は自分たちがファシズム的な目標に加担することを認めることになる。数年前、カート・ルーウィンは『社会的対立の解決』(ハーパー&ロウ社、1948)の中でこう述べている:

社会科学の問題にとって極めて重要なのは、実務家*が、社会科学を通じて、そして社会科学を通じてのみ、良い仕事をするために必要な力を得ることを望むことができるということを理解することである。幸か不幸か、社会法や社会調査には、実務家を良い方向に向かわせるようなものは何もない。科学は、医者にも殺人者にも、民主主義にもファシズムにも、より多くの自由と権力を与える。社会科学者は、この点に関しても自らの責任を認識すべきである

アイアンマウンテン報告は、社会科学者が、何が善であるかを静的で構造化されたものとして定義する傾向を再検討しなければならないことを示している。エコロジーの本質である変化、そしてその変化が起こるプロセスへのシステム内のすべてのセグメントの参加を否定するような、高度に制度化された現状維持志向のアプローチに、エコロジーのモデルがいかに捻じ曲げられるかを明らかにしている。

ブルース・M・ラセット

『アイアンマウンテン報告』のレナード・ルーウィンのカバーストーリーを受け入れた人々がいるということは、政府の仕事がいかに簡単なものであるかを物語っている。また、風刺の危険性も改めて示している。馬鹿馬鹿しいという感覚を持たない人もいるからだ。少なくともこの読者には、この報告書が、全体として非常に面白いものではないにせよ、なりすましであることは明らかだ。アメリカの外交政策の最も基本的な問題を、幅広く、一般的に、長期的に検討した、手厚い支援を受けたチームの成果として発表されているのだから、なりすましと言わざるを得ない。わが国の指導者たちを知る者なら誰でも、このような報告書がいかに小さな政府関係者にしか読まれないかも知っている。事実上、すべての政府関係者は日々の問題に没頭しているが、時折ノストラダムスのように6カ月の視野を維持する仕事を任される者もいるだろう。

この報告書を額面通りに受け取る人がいるということは、アメリカの外交政策に関する議論の質をいつも以上に心配させる。この報告書のユーモアの多くはブラックユーモアであり、脚注には最高のネタが控えている。私が特に気に入ったのは、「ピースゲーム」というコンピューター言語に基づくコンピューターによる予測とされるもので、確率レベル、平均値、標準偏差の精度が高く、すべて「任意に定義された変数」から導き出され、「各パラメーターの既知と未知に値が割り当てられている」これが仕組まれたものであることを知らない人は、2つの文化に隔離された非常に悲しい犠牲者である。

しかしもちろん、本当に悲しいのは、多くの人がやらせだと見抜けないことだ。それは、多くの実際の予言で行われている、ほんの少し微妙なデマが証明している。データではなく恣意的な仮定に過ぎない資料を「分析」するために、複雑な手順を使った研究があまりにも多い。同様に、この報告書は、社会的現実に関する複雑な結論を単純な主張として述べ、最高の自信とインカ帝国の組織に関する説明的な余談によってのみ裏打ちされた、文書のなりすましである。この種のものでは、有名な問答のように「ジョン・ドウは存在しない」と断言しなければならない。

堅物な「戦略思想家」以外の風刺の犠牲者は、自分たちが変革しようとしているシステムを理解していない平和主義者たちである。ここで『報告書』の著者は、ゲイのポットショットのスタイルを超えて、戦争システムの難解さを警告する。戦争を廃絶しようとする者は、自分自身の根拠のない思い込みを検証し、これまで試みられたことのない、注意深く、大規模で、詳細な調査を行わなければならない。

最後に、本書は、バイアスに邪魔されることなく客観的な結論に至る推論を厳密に追求することで、価値判断を「避ける」コンサルタントや関係者に最も中心的な関心を寄せているようだ。実際、著者とされる人々の価値観は広く浸透しており、安定こそが彼らの最高の目標なのである。彼らはシステムを変えたり、システムが果たす機能を見直したりするためにリスクを冒すことを厭い、何が生き残るかを気にすることなく生存を求める。アメリカの政策を導く者たちが、アメリカの目的に無関心であることは、この国と専門職の悲劇である。おそらく、この症候群があまりにも馴染み深いものであったために、多くの読者が、このような演出に気づかなかったのであろう。

1968年1月/2月

 

error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました