情報戦・第5世代戦争・神経兵器

情報戦・第5世代戦争・神経兵器

すべてのプロパガンダは危険だが、なかにはより危険なものもある: ジョージ・オーウェルとプロパガンダとしての文学の利用

All Propaganda is Dangerous, but Some are More Dangerous than Others: George Orwell and the Use of Literature as Propaganda 南フロリダ大学評議員会 著者:サ
NATO

NATO 認知戦関連文書 2020 
Cognitive Warfare documents

Cognitive Warfare documents 目次 エグゼクティブ・サマリー はじめに 非キネティック戦の進化 起源 心理戦(PsyOps) 電子戦(EW) サイバー戦争 情報戦 認知戦 認知戦の目標 不安定化 ケース1:混乱による不安定化 ケース2:分裂の種まきによる
GMO、農薬

国家安全保障に対する軍事的脅威のシステムにおけるハイブリッド戦争 教科書(部分翻訳)

Гибридная война в системе военных угроз национальной безопасности Terrorist warfare Extremism as the basis of terrorism 書籍詳細 本稿は、ハイブリッド戦争という
WEF/グレート・リセット

教化された脳(2023)
精神的自由への世界的攻撃をうまくかわす方法

The Indoctrinated Brain 表紙デザイン:マリン・シン 印刷:アメリカ合衆国 私よりもずっと早く世界の脅威を察知したバディへ 先見の明に感謝する! 目次 免責事項 ナオミ・ウルフ博士による序文 略語 はじめに 第1章 勇敢な新世界へのグレート・リセット? コル
ロバート・マローン

ロバート・マローンとのフォールアウト あなたは操られているか?
FALLOUT With Robert Malone: Are You Being Manipulated?

FALLOUT With Robert Malone: Are You Being Manipulated? フォールアウト:ある出来事の結果として生じる副次的影響や後果: 何らかの事件や決定、行動の後に生じる、しばしば望ましくない影響や結果を指します。例えば、政治的決定の後に生
ロバート・マローン

市民に対する心理戦と認知戦 ロバート・マローン博士のスピーチ
ワシントンDCでの国際危機サミット-5での私のスピーチ

"Psychological and Cognitive Warfare on Citizens" ロバート・W・マローン 2024/02/27 「市民に対する心理的・認知的戦争」 講演録は以下の通り: 主催者を代表してお越しいただき、ICSイニシアチブを代表してお越しいただき、
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

毒素兵器と生物調節兵器 化学・生命科学の悪用を防ぐ
毒素兵器と生物調節兵器 化学・生命科学の悪用を防ぐ

Toxin and Bioregulator Weapons Preventing the Misuse of the Chemical and Life Sciences Michael Crowley Malcolm R. Dando シリーズ編集者 ジム・ホイットマンウェイ
サイバー戦争

ウイルス、ハードウェアおよびソフトウェアのトロイの木馬
Viruses, Hardware and Software Trojans

Viruses, Hardware and Software Trojans 序文 ウイルス、ワーム、ソフトウェア、ハードウェアのトロイの木馬は、文字通り、現代国家の基本的なインフラストラクチャー全般、とりわけ国家安全保障の情報システム、銀行・金融機構、軍備・軍用ハードウェアの制
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

シェレンバーガー:「米英の軍事請負業者」は、アメリカ国民に対して「高度な心理作戦と偽情報戦術」を展開した。
Shellenberger: "US and UK military contractors" deployed "sophisticated psychological operations and disinformation tactics... against the American people."

スクリプト 9ヶ月前、私は、国土安全保障省を含む政府機関、政府請負業者、大手メディア・プラットフォームが共謀して、一般アメリカ人や選挙で選ばれた議員を、好ましくない意見を持つという理由で検閲する「検閲産複合体」の存在について、議会で証言し、証拠を提出しました。 検閲産業複合体の範
AI(倫理・アライメント・リスク)

テクノクラシー・ビデオドローム
ニューロワーフェア、IoB、合成生物学、スマートシティ、4IR、AI、COGSECなどに関するビデオをまとめたもの。

スパルタカス 2023/11/19 マスターリスト ここしばらくの間、私は過去数年間に起こったある変革的な技術的躍進について、かなりの数の動画を埋め込んだ記事を投稿し、社会に対する潜在的な否定的影響についての多くの論評を添えてきたが、実際のところ、神経戦争、身体のインターネット、
AI(倫理・アライメント・リスク)

人間と社会に対するデジタルの脅威
Digital Threats to Humans and Society

Digital Threats to Humans and Society 2022年6月29日 私たちは、デジタル技術が(健康や持続可能性に関連する問題を含む)世界的な大問題の解決に大きく貢献する可能性を秘めていることを認める。また、イノベーションと新たな経済セクターを促進する
LGBTQ、ジェンダー、リベラリズム

神経倫理学における科学的・哲学的視点
Scientific and Philosophical Perspectives in Neuroethics.

Scientific and Philosophical Perspectives in Neuroethics. 神経倫理学における科学的・哲学的視点 神経科学は神経系の構造と機能についての洞察を提供してきたが、意識、心、自己の本質については難しい問題が残っている。おそらく最も
情報戦・第5世代戦争・神経兵器

脳科学は実験室から戦場へ: 神経兵器の現実とリスク|CGSRセミナー
Brain Science from Bench to Battlefield: The Realities – and Risks – of Neuroweapons | CGSR Seminar

Brain Science from Bench to Battlefield: The Realities – and Risks – of Neuroweapons | CGSR Seminar 105,459 回視聴 2017/08/30 ローレンス・リバモア国立研究所のグ
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

心の軍事化: 究極の戦場における武器の評価(2019)
Militarising the Mind: Assessing the Weapons of the Ultimate Battlefield

Militarising the Mind: Assessing the Weapons of the Ultimate Battlefield ロバート・C・ブルーナー1 - フィリッパ・レンツォス1,2 要旨 行動神経科学の進歩により、人間の行動や認知を支えるメカニズムが解明
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

Springer:パラミリタリー・オペレーションはなぜ失敗するのか
Why Paramilitary Operations Fail

Why Paramilitary Operations Fail アーミン・クリシュナン パラミリタリー作戦はなぜ失敗するのか イーストカロライナ大学政治学部 米国ノースカロライナ州グリーンビル 本書における一般的な記述名、登録名、商標、サービスマークなどの使用は、たとえ具体的な
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

機密情報:JTRIG(統合脅威研究・情報グループ)の効果とオンラインHUMINT作戦に対する行動科学的支援
Behavioural Science Support for JTRIG’s (Joint Threat Research and Intelligence Group’s) Effects and Online HUMINT Operations

Behavioural Science Support for JTRIG’s (Joint Threat Research and Intelligence Group’s) Effects and Online HUMINT Operations マンディープ・K・ダミ博士
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

秘密工作員はいかにしてインターネットに潜入し、評判を操作し、欺き、破壊するのか?
スノーデン・アーカイブから語られるべき多くの差し迫った話のひとつは、西側の諜報機関がいかにして欺瞞と評判破壊の極端な戦術でネット上の言論を操作し、コントロールしようとしているかということである。 

HOW COVERT AGENTS INFILTRATE THE INTERNET TO MANIPULATE, DECEIVE, AND DESTROY REPUTATIONS グレン・グリーンウォルド 2014年2月24日午後6時25分 スノーデン・アーカイブから語られるべき
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

パンデミックの操り人形師たち 第2部 CIAは武漢で何をしたのか?
ニュー・アメリカン誌インタビュー後編

Puppet Masters of the Pandemic. Part 2: What Did The CIA Do in Wuhan?" ロバート・W・マローン博士 2023/08/06 前編では、「誰が操り人形の親玉なのか?この3年間のプロパガンダと支配の背後にあるものは何
合成生物学・ゲノム

神経生物学的破壊: 可能性のある方法とその社会的影響
Neurobiological Disruption: Potential Methods and Their Societal Impact

ジェームズ・ジョルダーノ博士が神経兵器に関して米軍がすでに持っている能力について語るので、注意深く聞いてほしい。心が吹き飛ばされる準備をしよう。 彼はジョージタウン大学の神経内科および生化学部門の教授であり、神経倫理研究プログラムの責任者であり、他にも数え切れないほど多くの役割を
AI(倫理・アライメント・リスク)

デジタル戦のためのAI
AI FOR DIGITAL WARFARE

人工知能(AI)は私たちの身の回りにあふれている。運転手のいない車、ゲームに勝つためのコンピューター、詐欺対策など、AIはすでに生活のさまざまな場面で活躍しており、その影響力は今後ますます大きくなっていくだろう。世界で最も価値のある企業の多くがAIの研究開発に多額の投資を行ってお
alzhacker.com をフォロー