論文:見えない戦争 国際人道法の文脈における生物兵器の心理的影響 2023/09

合成生物学・生物兵器情報戦・心理戦・第5世代戦争・神経兵器・オムニウォー法学・自然法・人権生物兵器ワクチン

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Invisible Warfare: The Psychological Impact of Biological Weapons in the Context of International Humanitarian Law」

doi.org/10.62585/slpr.v2i1.26

イシュワ・アッバス・カワジャ1

1 パキスタン、バハワルプールイスラミア大学、法学修士。電子メール:ishwah.khawaja@gmail.com

出版:2023-09-12

要旨

本研究は、効果的な心理戦手段としての生物兵器の歴史的・近代的使用について調査し、その使用の動機と、それらが引き起こす壊滅的な心理的影響について掘り下げる。また、第二次世界大戦中の日本による生物兵器の使用や 2001年に米国で発生した炭疽菌攻撃などの事例を検証し、戦争における生物兵器の使用がもたらす深遠な心理的影響を浮き彫りにする。生物兵器は大量破壊兵器に分類されるにもかかわらず、国際人道法の遵守は依然として大きな懸念事項である。さらに著者は、生物兵器の脅威に対する人間の本質的な心理的脆弱性を強調し、目に見えず、伝染性があり、潜在的に致死的な病原体に対する恐怖が、いかに広範な不安、パラノイア、社会的混乱を引き起こすかを明らかにしている。この研究では、最近のCOVID-19パンデミックを事例として、このような脅威が敵の決意と士気に及ぼす影響を強調している。また、イラクへの「衝撃と畏怖」の攻撃のような、不当な軍事行動に国民を味方につけるために恐怖を煽った過去の事例についても考察している。要約すれば、この論文は、生物兵器が心理戦に使用されるのを防ぐために、世界的な協力と意識を高めることを提唱している。このような行為は、世界の平和と安全保障に重大な危険をもたらすだけでなく、深刻で取り返しのつかない心理的影響を及ぼす可能性があることに注意を喚起している。

論文履歴受理された: 受理:01-04-2023 12-05-2023発行:12-05-2023

キーワード自律型兵器、モーデン戦争、国際法

引用方法 Khawaja, I. A. (2023). Invisible Warfare: 国際人道法の文脈における生物兵器の心理的影響。Society, Law and Policy Review, 2(1), 15-25.

抜粋

心理戦の道具としての生物兵器の利用には歴史的な前例があり、特に第二次世界大戦中には、大日本帝国陸軍の731部隊が人体に対する陰惨な実験を行っていた(Vanderbrook, 2013)。生物兵器の開発と実験を追求する中で、731部隊は戦争の武器として恐怖を戦略的に利用し、トラウマと苦痛の永続的な遺産を残し、それは今なお生存者とその家族に影響を及ぼしている。

政治指導者たちは、恐怖を市民に対する社会的支配を行使するための道具として利用し、マスメディアは、情報を形成し、社会的支配に影響を与える主要な情報源として際立っており、恐怖を私たちの生活、言語、視点に効果的に組み込んでいる(Altheide, 2006)。

恐怖政治は主にプロパガンダによって推進され、歴史的な事例は、「戦争」として正当化され、レッテルを貼られた権力の不当な行使を明らかにしている。特筆すべきは、アメリカ新世紀プロジェクト(PNAC:ネオコンシンクタンク)、イラクのプロパガンダ・キャンペーン、そして迎合的なニュース・メディアが協力して、イラクとの戦争を立案し、推進し、実行し、合理化したことである。

COVID-19ワクチンにまつわる神話は、別のウイルスの発生に関連した人々の恐怖の要素や、ウイルスから発生した災害を目の当たりにしたことを浮き彫りにしている。COVID-19ワクチンはDNAを変化させる、ワクチン接種を受けると不妊症になる、マイクロチップ接種陰謀説はどこから来たのかなどとCOVID-19ワクチンを呼ぶ者もいたが、いまだに疑問である。COVID-19ワクチンをめぐる神話は、それだけでも興味をそそるが、戦争における生物学的製剤の配備の可能性を考慮すると、より重要な意味を持つ。

心理戦の道具としての生物兵器を国際人道法(IHL)の文脈で検証した結果、我々の研究は驚くべき事実を明らかにした。これらの兵器の使用は、国際人道法(IHL)の基本原則に違反すると同時に、人間の本性に存在する深い心理的弱点を利用している。

歴史的な事例を検証すると、生物兵器の深遠な心理的影響がよくわかる。生物兵器の壊滅的な影響から身を守るためには、世界的な努力が必要である。そのためには、現在の国際的な法的枠組みを維持するだけでなく、積極的に強化する必要がある。

x.com/Alzhacker/status/1801174573507059945

1. はじめに

武力紛争法として知られる国際人道法は、武力紛争の遂行方法を規定する国際法の重要な側面である。その第一の目的は、敵対行為に関与していない、あるいはもはや関与していない個人を保護することである(Solis, 2021)。この法体系は、武力紛争の影響を軽減し、民間人、捕虜、負傷者を含む最も弱い立場の人々を保護することを目的としたガイドラインと原則を定めている。とはいえ、現実の状況下で国際人道法を実施するのは、複雑かつ不明確である(Bouchet-Saulnier, 2013)。民間人の生命や財産を守ることと軍事的な必要性を天秤にかけるなど、複雑な要素を操る必要がある。

平和は戦争の子宮であり、戦争はそこで眠りにつく。平和と平穏は、紛争の種が蒔かれる場所であり、しばしば気づかれず、過小評価される。戦争について考えるとき、私たちはしばしば破壊や苦しみ、喪失を想像する。空には誘導ミサイルや戦闘機、陸には銃や装備の整った兵士、海には殺傷力の高い潜水艦、宇宙にはスパイ衛星を思い浮かべる。最も効果的で、最も危険で、最も秘密な兵器は、目に見えないものである。人間の精神が進化し、地球が高度化するにつれて、戦争という概念も進化してきた。

生物兵器は、壊滅的で無差別な死と病気をもたらす。これらの兵器は、大量破壊兵器として長い間認識されてきた。しかし、その可能性は物理的な危害にとどまらず、強力な心理的側面をも内包しており、心理戦の手強い道具となっている。生物兵器は、目に見えず致命的な病原体に内在する恐怖心を利用することで、広範囲に恐怖を与え、敵の戦闘員の士気を低下させ、市民生活を混乱させることができる。生物兵器は不安定な性質を持つため、戦争手段として使用された場合、民間人と戦闘員の区別なく被害や負傷を引き起こす可能性がある(White, 2002)。生物兵器の心理的影響は甚大で長期に及ぶ可能性がある。パニックや不安が住民を襲い、非合理的な行動や社会秩序の崩壊を招くことがある。感染への恐怖が不信と猜疑心を助長し、制度や当局への信頼を損なうこともある。

心理戦の道具としての生物兵器の利用には歴史的な前例があり、特に第二次世界大戦中には、大日本帝国陸軍の731部隊が人体に対する陰惨な実験を行っていた(Vanderbrook, 2013)。生物兵器の開発と実験を追求する中で、731部隊は戦争の武器として恐怖を戦略的に利用し、トラウマと苦痛の永続的な遺産を残し、それは今なお生存者とその家族に影響を及ぼしている。731部隊は、大日本帝国陸軍の極秘生物兵器開発計画の秘密管理センターとして機能していた。当時の日本の傀儡国家であった満州の農村部に位置し、「伝染病予防・浄水部」というコードネームで活動していた731部隊の主な目的は、伝染病を誘発し、敵の水源を汚染することであった(Hammond, 2018)。複数の戦争を戦うという課題に直面した日本帝国陸軍は、あらゆる戦線で勝利を確保する手段として生物兵器に頼った。

1. 研究課題

国際人道法(IHL)の見出しの下、心理戦の手段としての生物兵器を取り巻く差し迫った懸念に鑑み、生物兵器、心理戦、国際人道法(IHL)の間の複雑な相互作用を理解するには、ニュアンスに富んだ探求が必要である。本研究は、国際人道法(IHL)の枠組みの中で、生物兵器を用いた恐怖誘導戦術の多面的な側面を掘り下げる。以下の研究課題が本研究の焦点となる:

  • 1. 恐怖とは何か、そして恐怖は生物兵器戦争においてどのように武器として機能するのか。
  • 2. COVID-19パンデミックは、生物兵器による戦争の危険性と意味合いについて、どのように警鐘を鳴らす役割を果たしているのか?
  • 3. 生物兵器は国際人道法(IHL)の基本原則とどのように相容れないのか、また国際人道法(IHL)はこの懸念にどのように対処するのか。

主な研究課題に答えるために、いくつかのサブクエスチョンに答える:

  • 1.なぜ武力紛争法が必要なのか。
  • 2. 恐怖は戦争を売り込む手段としてどのように機能するのか。
  • 3. 国際人道法(IHL)は、武力紛争における生物兵器の使用や威嚇について、民間人、戦闘員、影響を受ける人々への心理的影響について、どのように対処しているのか。

3. 武力紛争法(LOAC)の理解

いかなる刑法もすべての潜在的違反者を網羅することができないように、法律はそれを無視する者を思いとどまらせることはできない。自治体や連邦政府の規制にもかかわらず、民間人の犯罪は後を絶たない。同様に、武力紛争法(LOAC)も課題に直面しており、ジェフリー・ベストは、特に戦争法の文脈では、国際法はしばしば時代遅れになりかけていると指摘している。しかし、この見解は犯罪行為に屈服する言い訳になるべきではない。

戦場での違反行為は歴史上絶えず、現在も続いており、将来も予測されている。訓練や規律にもかかわらず、国家が若い兵士に銃を持たせることは、必然的に戦争犯罪につながる。この現実を認識することは、皮肉ではなく、戦争の厳しい真実を受け入れることである。不可避的な違反にもかかわらず、国際人道法に概説されているように、戦闘におけるルールを確立し遵守することは、民間人への影響を緩和し、苦しみを最小限に抑え、加害者に説明責任を負わせる役割を果たす。McMahan (2004)が主張するように、「戦争犯罪を根絶することは達成不可能かもしれないが、戦闘におけるルールは必要な道徳的・法的枠組みを提供し、戦闘の混乱の中でも行動の限界を強調するものである」これは、紛争を人間的なものにし、武力衝突による荒廃を軽減するための、より広範な取り組みに貢献するものである。

武力紛争法(LOAC)の遵守は不可欠であり、その原動力となるのは、敵対する者たちの行動を映すことを避け、正義のために戦うという主張の信頼性を維持する必要性である。軍事専門家は、戦争の残虐性を抑制し、敵対者の間に安全と良識のレベルを確保するために、法の遵守を求めている(Solis, 2021)。互恵性の原則は、LOACに対する私たちのコミットメントを強調するものであり、今日の不当な扱いが将来、私たちに対する報復につながる可能性があることを認識するものである。戦争法の遵守は、法的義務であると同時に、抑圧された住民の擁護者として自らを位置づける国家の名誉ある姿勢でもある。結局のところ、戦争法の遵守は、道義的義務感によって導かれるものであり、原則が便宜に優先するのである。

4. 恐怖とは何か、恐怖は武器としてどのように機能するのか。

4.1.文脈における恐怖

人間心理学において、より正確で明確な言葉で言えば、人間の感情は複雑で多面的である。感情は人の思考、行動、身体的健康に影響を与える。日常生活だけでなく、共同生活においても重要な役割を果たしている。幸福、悲しみ、怒り、恐怖、驚き、嫌悪である。人間の感情は複雑で強力な力であり、社会を形成する上で重要な役割を果たしている。人間の感情は、社会を形成する上で重要な役割を果たす複雑で強力な力である。ボルム(2004)が強調しているように、「共同体の信念、行動、イデオロギーを操作するために使用される場合、人間の感情の強く避けられない性質は、大量破壊兵器に劣らず危険なものとなる」

戦争について考えるとき、私たちの心はしばしば破壊、苦しみ、喪失を想像する。空では誘導ミサイルや戦闘機、陸では銃や装備の整った兵士、海では殺傷力の高い潜水艦、宇宙ではスパイ衛星を思い浮かべる。最も効果的で、最も危険で、最も秘密めいた武器は、目に見えないものである。恐怖もそのひとつだ。

恐怖は複雑な感情であり、しばしば知覚された危険や脅威に対する反応と表現される。恐怖は、「存在する」危険や「存在するかもしれない」危険に対する正常かつ適応的な反応である。恐怖が身近な経験や期待になれば、象徴的な環境は恐怖政治にとって熟したものとなる。恐怖に関しては、ただ起こるだけではない。市民の信念がしばしば構築され、そして利益を得ようとする人々によって操作されるのが、政治の恐怖のポイントである。恐怖政治について言えば、この用語でいう恐怖とは、社会的に構築され、政治主体が自らの目標を推進するために管理するものである。恐怖政治は、プロパガンダや象徴的操作を通じて恐怖を助長する(Altheide, 2006)。

4.2. 武器としての恐怖

進化し、発展し続ける世界の性質に伴い、戦争の手段や方法も進化している。私たちが武器といえば、一般的には銃やミサイル、ドローンなどの大量破壊兵器を思い浮かべるだろう(Heverin, 2014)。隠された敵のような秘密で目に見えない兵器は、想像を絶する破壊を引き起こす可能性がある。恐怖が武器として使われた場合、地域社会に従順な考え方を育てることはできないが、長引けば、恐怖の操作においてイデオロギーが大きな役割を果たすようになる。

4.3. 恐怖の政治学

政治指導者たちは、恐怖を市民に対する社会的支配を行使するための道具として利用し、マスメディアは、情報を形成し、社会的支配に影響を与える主要な情報源として際立っており、恐怖を私たちの生活、言語、視点に効果的に組み込んでいる(Altheide, 2006)。恐怖政治は主にプロパガンダによって推進され、歴史的な事例は、「戦争」として正当化され、レッテルを貼られた権力の不当な行使を明らかにしている。特筆すべきは、アメリカ新世紀計画(PNAC)、イラクのプロパガンダ・キャンペーン、そして迎合的なニュース・メディアが協力して、イラクとの戦争を立案し、推進し、実行し、合理化したことである。Altheide(2006)が強調しているように、「この紛争は、自国を守る1万人のイラク兵に加え、多数の契約労働者や推定10万人のイラク民間人とともに、1万人以上のアメリカ兵の死傷者を出す結果となった」これは、戦争のマーケティングにおけるプロパガンダと恐怖の融合を示している。

4.4. 戦後の恐怖

戦争を生き延びた後遺症は、しばしば個人の心に深く刻み込まれ、一生とは言わないまでも、何年にもわたって精神的安定を損なう。喪失感、恐怖、戦争の残虐性の記憶が残り、日常生活に影を落とす。多くの生存者にとって、その傷跡は目に見えないが消えないものであり、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、不安、抑うつ、かつて知っていた世界との持続的な断絶感となって現れる。

テレジエンシュタットにいたホロコーストの生存者の子供は、そのことがフラッシュバックし続け、それがどこから来たのかわからず、自分がおかしくなったのではないかと思ったという。ある日、生存者の集まりで、ある男性が言った。「そうだ、テレジエンシュタットでは、子供たちのバラックの鉄格子越しに列車が見えたんだ」彼女は自分が狂っていなかったことに気づき、ほっとした(Kinsler, 1990)。心理学の領域では、戦争体験者のトラウマとそれに続く心的外傷後ストレス障害(PTSD)の発症は、しばしばその歴史に深く根ざした症状として現れる。具体的には、この歴史は陰湿な恐怖として顕在化する傾向があり、その恐怖が記憶の中の空間を占領し、過去を不確かで不安なものにする。この恐怖は歓迎されない同伴者となり、心の風景を占領し、記憶の安定性と明瞭性に疑念を投げかける。

5. COVID-19の警鐘

コロナウイルス感染症(COVID-19)は、当初2019新型コロナウイルス(2019-nCoV)と名付けられたウイルスから出現したが、後にSARSウイルスと遺伝的に類似していることからSARS-CoV-2と呼ばれるようになった(Fani, Teimoori & Ghafari, 2020)。遺伝子配列解析の結果、2019- nCoV、SARS-CoV、MERS-CoVの間には密接な関係があることが示されたが、これらはすべてベータコロナウイルス群に属し、コウモリに由来する。ウイルスの正確な起源、ヒトからヒトへの感染メカニズム、感染個体から感染性ウイルス粒子が放出される期間、宿主への適応性に影響を与える変異の有無など、不明な点が多い。健康被害だけでなく、COVID-19は社会の脆弱性を露呈し、不平等を悪化させ、経済を混乱させ、世界的なインフラの回復力を試した。このパンデミックは、生物兵器がもたらす潜在的な影響について深い警鐘を鳴らす役割を果たし、生物学的脅威に対する世界の脆弱性と、それに効果的に対抗するための驚くべき準備不足を浮き彫りにした(Fani, Teimoori & Ghafari, 2020)。ウイルスがいかに簡単に国境を越え、経済を混乱させ、医療インフラを圧倒し、広範な苦しみをもたらすかを明らかにしたのである。生物戦争の手段として使用される生物兵器に対する世界の準備不足は、それ自体が戦争戦略である。

6. 各国の脆弱性;共通の懸念

生物兵器による攻撃の脅威は、厳しい現実を露呈している。つまり、第一、第二世界の地位に関係なく、各国の脆弱性は共通の懸念であるということである。この突然の不吉な予感は、世界中の国々に想像を絶する事態に直面させ、論理的で証拠に基づいた考察から、SFの領域に近いシナリオの熟考まで、さまざまな対応を迫った。世界の指導者たちは、想像を絶する事態に立ち向かい、責任を取る代わりに、ウイルスを「脅威以外の何ものでもない」というレッテルを貼ることに忙殺された。「私はこのクレイジーで恐ろしい中国ウイルスをやっつけた」と、トランプはフォックス・ニュース・チャンネルの「サンデー・モーニング・フューチャーズ」番組での電話インタビューで語った(Bredemeier, 2020)。

7. 誤情報を操る;将来の生物学的脅威への影響

ウイルスだけでなく、COVID-19のワクチン接種期間そのものが、医療制度に対する世界中の人々の不信感に関して警鐘を鳴らしている。COVID-19ワクチンにまつわる神話は、別のウイルスの発生に関連した人々の恐怖の要素や、ウイルスから発生した災害を目の当たりにしたことを浮き彫りにしている。COVID-19ワクチンはDNAを変化させる、ワクチン接種を受けると不妊症になる、マイクロチップ接種陰謀説はどこから来たのか(Sriskandarajah, 2021)などとCOVID-19ワクチンを呼ぶ者もいたが、いまだに疑問である。COVID-19ワクチンをめぐる神話は、それだけでも興味をそそるが、戦争における生物学的製剤の配備の可能性を考慮すると、より重要な意味を持つ。ワクチン接種を取り巻く懐疑論、誤情報、陰謀論は、健康危機の際に正確な情報を広めることの計り知れない難しさを浮き彫りにした。もし意図的な生物学的攻撃が行われた場合、同じような力学が働けば、結果は壊滅的なものになるだろう。誤情報の蔓延は、効果的な対応の妨げとなり、国民のパニックを悪化させ、重要な対策の迅速な実施を妨げるかもしれない。したがって、ワクチンにまつわる誤情報を理解し、それに対抗することは、潜在的な生物学的脅威に備える上で極めて重要であり、意図的な生物学的戦争に直面した場合、より多くの情報に基づいた協調的な対応を確保することになる。

8. 国際人道法(IHL)のレンズを通して戦争の新たなフロンティアを探る

国際人道法(IHL)は、戦争の方法と手段に制限を課すことで、敵対行為に参加していない、あるいは参加しなくなった個人を保護することを目的とした、拘束力のある世界的な法的枠組みを構成している(Bakhsh et al.) その第一の目的は、武力紛争中の人的被害を抑制し、防止することである。基本的に、国際人道法は、避けられない武力紛争に「人間化」の影響を与えようとしている。ダイナミックな世界情勢は、国家間関係、経済活動、社会構造、そして戦争で採用される戦略さえも変容させている。このような変化にもかかわらず、生物兵器戦争の歴史は、その予測不可能で壊滅的な人体への影響のため、十分に記録されていないのが現状である。さらに、生物兵器によって誘発されたとされる疾病は、自然発生的な疾病と類似していることが多く、特定の侵略国家に起因するものとすることは困難である。その結果、この種の兵器が世界的に非難される歴史は限られている(Fernández Sánchez & Domínguez Matés, 2022)。

現代の戦争における「新兵器」としての生物製剤の導入は、国際人道法(IHL)の文脈におけるその意味合いについて、注目すべき懸念を生んでいる。現在のシナリオから生じる懸念への対処は、国際人道法(IHL)の領域における2つの基本概念にかかっている。まず、軍事作戦の様相が変化したことで、「戦争」に対する新たな解釈が生まれた。生物兵器の利用は、武力紛争と非戦闘状況の区別を曖昧にし、武力紛争と非戦闘シナリオの間の曖昧な空間に存在するこうした「新しい戦争」の文脈の中で、国際人道法(IHL)の下で「武力紛争」を定義するという課題を突きつけている。第二に、科学の進歩は、既存の生物兵器の改良と新たな兵器の創造を可能にし、その頻度と拡散を増大させている(Turns, 2006)。

技術の進歩により、化学兵器と同様、生物兵器による戦争が急増したのは、特に世界大戦中のことである。その結果、米国、カナダ、英国など、さまざまな国が生物兵器プログラムの開発に着手した。中国と対立していた日本のように、生物兵器研究の最前線にいた国々でさえ、戦場におけるこれらの兵器の有効性を評価する機会をつかんだ。1939年後半から1942年にかけて、731部隊は満州と中国の敵軍と民間人を標的に、複数の生物兵器攻撃を行った(Fernández Sánchez & Domínguez Matés, 2022)。

731部隊が使用した被験者は、犯罪者、政治犯、共産主義者、民間人とみなされた人々で、妊婦、子供、高齢者が多かった。これらの人々は、実験目的のためにでっち上げられた罪状で不当に検挙された。犠牲者の70%を占める大多数は中国人であり、その他に朝鮮人、モンゴル人、ロシア人、そしておそらく連合軍の捕虜が数人いた(Leitenberg, 2001)。ハモンド(2018)が論じているように、「731部隊の他の実験には、囚人に動物の血や馬の尿を注射したり、死ぬまで加熱したり、死ぬまで遠心分離機で回転させたり、目が飛び出るまで圧力室に閉じ込めたりすることが含まれていた。731部隊で受けた拷問によって、約3000人が死亡したと推定されている。”生物学的製剤の実験や開発に対する制限や、兵器としての利用の可能性に関する懸念は、国際人道法(IHL)の法的枠組みの中で適切に対処されなければならない。

9. 生物兵器に関する国際人道法の基本原則

国際司法裁判所は、核兵器に関する勧告的意見において、人道法の特定の「基本原則」を慣習として認めている。特に、区別の原則と、民間人と軍事目標を区別できない兵器の使用禁止が挙げられる。これらの原則には、戦闘員に不必要な苦痛を与えることや、そのような苦痛を引き起こしたり、不必要に悪化させたりする兵器を使用することの禁止も含まれている(Solis, 2021)。これらの原則は第1追加議定書にも明記されている。

生物製剤を兵器として使用することは、国際人道法(IHL)の「基本原則」に明確に違反する。生物兵器の特徴的な性質は、それを兵器化するさまざまな手段や媒体にまで及んでいる。さらに、生物兵器の領域では、研究と開発の明確な境界を見極めることは困難である。国家は研究施設内で戦争用薬剤を開発することができる。いったん開発された生物兵器は、すぐに大量に製造することができる。

生物兵器の観点からは、国際人道法(IHL)の2つの基本原則がある;

10. 区別の原則

差別とも呼ばれる区別は、すべての戦闘員が遵守しなければならない重要な戦場の概念である。この原則は、国際人道法の基本的な考え方のひとつであり、そのルーツを「1868年のサンクトペテルブルク宣言」にまで遡る。現在、この原則は1977年のジュネーブ条約第一追加議定書の第48条、第51条2項、第52条2項で成文化されており、特に第48条でその重要性が強調されている。同条は、紛争当事国は「常に、文民と戦闘員を区別し、文民の目的と軍事目標を区別し、それに応じて、軍事目標に対してのみ作戦を指揮しなければならない」とし、「文民と文民の目的の尊重と保護を確保する」ことを定めている。この原則はまた、無差別攻撃や無差別な戦争手段・方法の使用が禁止されていることを意味する。生物兵器は、その性質上、区別の原則に従うことはできない。生物兵器は本質的に無差別であり、軍事目標だけを正確に攻撃することはできない。その代わり、無制限に拡散し、戦闘員にも民間人にも被害を与える。生物兵器のこのような無差別性によって、生物兵器はIHLの区別原則に明確に違反することになる(Schmitt, 1999)。戦争における無差別兵器の使用を取り上げる場合、区別の原則はしばしば、兵器そのものではなく、特定の兵器がどのように配備されるかに適用される。第二次世界大戦は、武力紛争時の民間人保護の強化の必要性を強調した。年のジュネーブ第4条約は、この点で重要な一歩を踏み出したが、その主眼は敵国の支配下にある住民の保護に置かれていた。しかし、この条約は、敵対行為の影響から民間人を包括的に保護することについては、まだ不十分である。このギャップを認識した赤十字国際委員会(ICRC)は行動を起こし、1956年9月には早くも「戦時に民間人が被る危険の制限に関する規則案」を作成した(Rabkin, 2014)。この規則には、「制御不能な効果を持つ兵器」と題された兵器に関する項目があり、遅発性兵器を含め、有害な効果が使用者の制御を逃れる可能性のある兵器の禁止を示唆していた。生物兵器は、その潜在的な影響において壊滅的であり、国際人道法(IHL)の根幹をなす区別の原則に本質的に反する。特定の軍事目標を標的にできる通常兵器とは異なり、生物製剤は境界を無視して伝染力を放ち、戦闘員にも民間人にも影響を及ぼす。このような兵器の拡散を制御できないことは、国際人道法(IHL)における差別の中核概念を根底から覆すものであり、紛争への関与の有無にかかわらず、すべての個人に制約のない脅威をもたらすため、差別の原則に著しく違反する。

11. 比例原則

比例の原則は、ジュネーブ諸条約の第一追加議定書第51条5項(b)に明記されており、「予想される具体的かつ直接的な軍事的利益に関して過大となるような、付随的な人命の損失、文民の負傷、文民の物に対する損害、またはそれらの組み合わせを引き起こすことが予想される攻撃は禁止される」とされている。

生物兵器は、その無差別性に加えて、長期的な影響により民間人に重大な危険をもたらす。一度放出された生物製剤は、環境中に長期間残留し、将来の世代に害を及ぼす可能性がある。人間の健康と安全に対するこの長期的な脅威は、生物兵器の使用を、戦闘当事者に民間人の苦痛を最小化するために実行可能なあらゆる予防措置を講じることを求める国際人道法(IHL)の比例原則と相容れないものにしている(Zyberi, 2017)。1969年の「第21回国際赤十字会議」に提出された、武力紛争に適用される法律と慣習の再確認と発展に関する報告書の中で、ICRCはその主要な所見を明らかにし、戦争当事者は、不必要な苦痛を引き起こす可能性があり、その正確性の欠如やその効果のために、民間人と戦闘員を区別することなく影響を与え、その有害な影響が時間的・空間的に使用者の制御を超えるような兵器を使用すべきではないと強調している。

12. 結論

結論として、この研究は、生物学的危害に対処する際の国際協力の改善の必要性を浮き彫りにした。心理戦の道具としての生物兵器を国際人道法(IHL)の文脈で検証した結果、我々の研究は驚くべき事実を明らかにした。これらの兵器の使用は、IHLの基本原則に違反すると同時に、人間の本性に存在する深い心理的弱点を利用している。

歴史的な事例を検証すると、生物兵器の深遠な心理的影響がよくわかる。COVID-19のパンデミックのような大惨事から学んだ痛切な教訓は、このような危険な危険に対する人間の生来の脆弱性を痛感させるものである。この結果は、生物兵器の使用を効果的に削減するために、国際的な法的枠組みを強化し、それが適切に適用されるようにすることがいかに重要であるかを強調している。

生物兵器の壊滅的な影響から身を守るためには、世界的な努力が必要である。そのためには、現在の国際的な法的枠組みを維持するだけでなく、積極的に強化する必要がある。力を合わせることで、生物学的脅威の可能性と影響を減らし、すべての人々にとってより安全で安心できる環境を促進することができるのである。

参考文献

Altheide, D. L. (2006). テロリズムと恐怖の政治学。カルチュラル・スタディーズ? Critical Methodologies, 6(4), 415-439.

Bakhsh, F., Anwar, M. F., Rafiq, W., & Jamshed, J. (2023). 国際人道法におけるデュー・ディリジェンス・ドクトリンの調整: 国際人道法におけるデュー・ディリジェンス・ドクトリンの調整:遮るもののない道を建設する。Review of Education, Administration & Law, 6(1), 31-39.

Borum, R. (2004). テロリズムの心理学

Bouchet-Saulnier, F. (2013). The practical guide to humanitarian law. Rowman & Littlefield Publishers.

Bredemeier, K. (2020). トランプ:「私はこのクレイジーで恐ろしい中国ウイルスをやっつけた」VOA. 2022年9月13日に取得。

Fani, M., Teimoori, A., & Ghafari, S. (2020). COVID-2019(SARS-CoV-2)の病原性をSARS-CoVおよびMERS-CoV感染と比較した。Future Virology, 15(5), 317-323.

Fernández-Sánchez, P. A. (Ed.). (2022). 武力紛争法の限界: 新しい戦争の手段と方法  ロサリオ・ドミンゲス・マテス追悼論文集. BRILL.

Hammond, S. (2018). The Experiments of Unit 731: Torture in the Name of Warfare. Pacific Atrocities Education. 2022年2月19日取得。

Heverin, T. J. (2014). 核兵器の威嚇や使用の合法性: 自衛の環境的・人道的限界。Notre Dame Law Review, 72(4), 1277.

Kinsler, K. (1990). 教育改革における心理学理論: 問題の解決策か原因か。Educational Considerations, 18(1). doi.org/10.4148/0146-9282.1527.

Leitenberg, M. (2001). 20世紀における生物兵器:レビューと分析。Critical Reviews in microbiology, 27(4), 267-320.

McMahan, J. (2004). 戦争における殺人の倫理 Ethics, 114(4), 693-733.

Rabkin, J. (2014). Proportionality in perspective: Historical light on the law of armed conflict. San Diego Int’l LJ, 16, 263.

Schmitt, M. N. (1999). The Principle of Discrimination in 21 Century Warfare. Yale Hum. Rts. LJ, 2, 143.

Solis, G. D. (2021). 武力紛争の法:戦争における国際人道法。ケンブリッジ大学出版局。

Sriskandarajah, I. (2021, 6月 5). マイクロチップ・ワクチン陰謀説はどこから来たのか?The Verge. www.theverge.com/22516823/covid-vaccine-microchip-conspiracy-theoryexplained-reddit

Turns, D. (2006). 国際人道法慣習に関するICRCの研究における武器。Journal of Conflict and Security Law, 11(2), 201-237.

Vanderbrook, A. (2013). 第二次世界大戦争前後の大日本帝国の人体実験。

White, S. M. (2002). 化学兵器と生物兵器。麻酔と集中治療への影響。British journal of anaesthesia, 89(2), 306-324.

Zyberi, G., Gill, T., Geiss, R., Heinsch, R., Arimatsu, L., van den Boogaard, J., … & Watkin, K. (2017). The Conduct of Hostilities and International Humanitarian Law: 21世紀の戦争への挑戦 21世紀の敵対行為に関する国際法学会研究会。国際法研究.

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました