アンドリュー・モールデン博士 すべてのワクチンは害を生む

アーシング、グラウンディング、ゼータ電位ワクチン HPV,炭疽菌,他ワクチン 神経変性疾患中西部の医師

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Every Vaccine Produces Harm
Dr Andrew Moulden

ジョン・P・トーマス著

編集:ブライアン・シルハヴィー

目次

  • 第1章 あなたやあなたの子どもはワクチンで傷ついたことがあるか?
    • ワクチン反応は人生の正常な一部ではない
    • 私たちはワクチンがないほうが健康だった
    • ほとんどのアメリカ人にとって、ワクチンの使用は生活の一部になっている
    • 政府はワクチンの害を認めている
    • あなたの子供の症状は単なる。「偶然」である
    • 「ちょっと待って!」と言う医師もいる
    • 初期のワクチン被害は気づかれないかもしれない
    • ワクチンビジネスは恐怖ビジネスである
    • ワクチン有害反応を認識する
    • 何がワクチン反応を引き起こすのか?
    • ワクチン被害の最も早い警告サインとは何か?
    • ワクチン被害の早期警告サインを見つける
    • 脳や他の臓器へのダメージを予防する
    • ワクチン被害から回復する
    • 今後の医療の優先順位を調整する
  • 第2章 アンドリュー・モールデン博士すべてのワクチンは害を生む
    • モールデン博士の信頼性
    • ワクチンの安全性を証言するために医師を辞める
    • 世間の目から遠ざかる。攻撃と殺害予告
    • アンドリュー・モールデン博士の謎の死
    • ワクチン批判者に対する殺害予告は珍しいことではない
    • モールデン博士の遺産を守る
    • 細菌病理論がワクチン時代を作った
    • モールデン博士はワクチンが人類にとって最大の脅威であるという事実を無視できなかった
    • 健康
    • 害をもたらすワクチンの主なメカニズム
    • 大量反応の引き金
    • 現代病の共通点
    • 私自身の現代病体験
    • モールデン博士自身の言葉による結論
  • 第3章 アンドリュー・モールデン博士すべてのワクチンは微小血管障害を引き起こす
    • ワクチンと毒素はどのように密接に関連した病気の症候群を作り出すのか?
    • アロパシー医学からの反対
    • ゼータ電位とコロイド化学: 忘れ去られようとしている科学を解き明かす
    • ゼータ電位とワクチン被害
    • 血液生理学と血管系現代医学の仕組みを理解する
    • 現代の神経発達症がどのように発症するかを理解する
    • 血液循環
    • 血液の説明
    • 正常な血流を損なう3つの歴史的メカニズム
    • 健康とウェルネスのためのゼータ電位
    • 血液中の負電荷の喪失が血液のドロドロ化、低酸素症、脳卒中を引き起こす
    • アルミニウムは負のゼータ電位を破壊する
    • 結論ワクチンは負のゼータ電位を減少させる
  • 第4章 モールデン博士の新しい医学的発見モールデン無酸素症スペクトラム症候群(MASS)
    • 病気の細菌説を超える
    • 製薬会社の研究は、環境中の何千もの毒素との相互作用を評価していない
    • 現代の医薬品開発は遺伝学にのみ焦点を当てている
    • ゼータ電位血液中の電荷
    • モールデン無酸素症スペクトラム症候群(MASS)-モールデン博士が開発した新しい医学的発見
    • MASS反応は古典的な血液凝固のステップを踏まない
    • 何がMASS反応を引き起こすのか?
    • ワクチンがMASS反応を引き起こし、多くの神経発達疾患を引き起こす
    • 野生ウイルスがMASS反応を引き起こすことがある
    • MASS反応は正常なプロセスである
    • MASS反応はワクチン接種直後に起こるとは限らない
    • アルミニウムはMASS反応を引き起こす最も危険な要因の一つである
    • ゼータとMASSの組み合わせは血液凝固を引き起こす
    • MASS反応を防ぐ: 体内に異物を入れないようにする
  • 第5章 アンドリュー・モールデン博士ワクチン被害の特定を学ぶ
    • モールデン博士の研究すべてのワクチンは何らかの害をもたらす
    • 流域地域神経へのワクチン被害が表情を変える
  • 第1章 資料
  • 第2章 資料
  • 第3章 資料
  • 第4章 資料
  • 第5章 資料

第1章 あなたやあなたの子供はワクチンで傷ついたことがあるか?

誰もが赤ん坊の泣き声を聞いたことがあるだろう。それはたいていの場合、「おむつを替えて. お腹がすいた. げっぷがしたい. しばらく抱っこして揺らしてほしい。”というものだ。

今、赤ちゃんから聞こえてくる泣き声には、まったく違う別の種類のものがある。そのような泣き声を聞いたことがないかもしれないし、聞いたことがあってもわからなかったかもしれない。この種の泣き声は、非常に甲高い悲鳴である。この泣き声は耳を突き刺すような悲鳴で、まるで赤ちゃんがナイフで腸を切られているか、体から皮膚が引きちぎられているかのように聞こえる。

これは通常の親の注意を引くための泣き声ではなく、不吉な脅威からの保護と解放を求めるものである。この悲鳴はコントロールできない恐怖と痛みの音である。

原因は一般的にワクチンの副反応である。一度このような悲鳴を聞いてしまったら、あなたの心は二度と同じにはならないだろう。なぜなら、何かがひどく間違っていて、おむつを替えたりミルクを与えたりしても直らないことに気づくからだ。

本書は、ワクチン被害とワクチン関連疾患からの回復について書かれている。この第1章では、自分の子供、自分自身、そして友人や家族のワクチン被害の症状を認識するのに役立つだろう。その後の章では、ワクチンやその他の毒素が引き起こしたダメージを癒すために使える様々な選択肢について述べる。

子どもたちは、18歳になるまでに通常69回ものワクチンを接種するため、ワクチン被害のリスクが最も高い。

ワクチン副反応は人生の正常な一部ではない

ワクチンによる副反応の兆候はたくさんあるが、それを見分ける術を身につけていない限り、ただ見過ごしてしまったり、最近の子供はそういうものだと思い込んでしまったりしがちだ。実際、これは出産適齢期の親たちの間で広まっている大きな神話のひとつである。医師たちは、かつては極めて異常または異常と考えられていた状況に対して、今では「正常」というレッテルを貼っている。

信じられないかもしれないが、かつての赤ちゃんは、病気のときを除けば、扱いやすいものだった。血のにじむような悲鳴を上げることは非常にまれだった。原因もわからず何時間も泣き続けたり、元気がなかったり、予定通りに成長・成熟しなかったりするのは珍しいことだった。今日、このような症状が起きても、親は「息子や娘はそのうち治るから心配ない」と言うだけである。

私は、「成長しきらなかった」4歳の子供を見ると心が痛む。私は、3歳から5歳の幼児で、まだ言葉を組み合わせて明瞭な文章を話すことができない子どもたちをたくさん見てきた。彼らの言葉は不明瞭で、母親でさえも何を言っているのか理解できない。

彼らはおそらく自閉症スペクトラムのどこかにいるが、まだ診断されていない。自閉症スペクトラムの有病率は、かつては1万人に1人だった。現在では50人に1人である。注意欠陥障害(ADD)、多動性、特異的な学習障害は、あまりにも一般的であるため、ほとんどの親はそのような状態が普通だと思っている。

アレルギー、喘息、湿疹、食べ物が消化できない、発作などの症状は、50年前には非常に珍しいものだった。これらの症状や他の多くの症状は、子どもの発達の正常な一部ではない。しかし、私たちはそれらが、「ニューノーマル」であると信じ込まされている。

昔からこうだったわけではない!

ワクチンがない方が健康だった

50年前、公立学校には医薬品調剤薬局はなかった。咳止めや抗生物質はあったが、それは本当に具合が悪いときに飲むもので、文字通り具合が悪すぎて学校に行けなかったのだ。

座って集中することができたからだ。たしかに、IQの低い子どもたちは少なからずいて、特別支援学級が必要だったが、それ以外の子どもたちは、普通学級で教師1人が提供できる以上のものを必要としていなかった。学ぶために医薬品を必要とすることもなかった。

当時は、子どもを対象とした薬はほとんどなく、ワクチンの種類も少なかった。小児感染症が成長の一部だった時代だ。小児疾患を経験するたびに、私たちの免疫システムが強くなっていった時代である。

ほとんどのアメリカ人にとって、ワクチンの使用は生活の一部となった

1960年代から状況は大きく変わった。米国では現在、生後6年間は非常に積極的なワクチン接種が標準となっている。

米国疾病管理センター(CDC)は、生後1年間に9種類の病気に対するワクチンを19回接種することを推奨している。最初のワクチン(B型肝炎)は生後12時間以内に接種することになっている。ほとんどのワクチンは、受診時にまとめて接種される。一般的には、2カ月、4カ月、6カ月、そして1歳の誕生日の直後に接種される。[1] 6歳までに合計39回接種する。[2]

政府はワクチンの害を認めている

ワクチンが害をもたらすことに議論の余地はない。実際、ワクチンは多くの害をもたらすため、製薬会社は、米国政府が副反応で訴えられることを補償しない限り、ワクチンの製造を中止すると脅した。

1986年、米国政府は製薬業界の脅しに屈し、「小児ワクチン傷害法」を成立させた。現在では、ワクチン裁判という連邦プログラムがあり、ワクチン被害の可能性があるケースを審査し、被害が特定の狭いカテゴリーに分類される人々に現金による損害賠償を提供している。和解金はアメリカ政府から支払われるが、その原資はワクチンの1回接種量にかかる税金である。ワクチン製造業者は、いかなる責任も負わず、被害をもたらしたことを認めず、自社製品によって破壊された生命に対して金銭的責任を負うことを気にすることなく、新しいワクチンを発明し続ける。[3]

あなたの子供の症状は単なる「偶然」だ。

ワクチン使用に関する最大の問題の一つは、「偶然」という言葉だ。例えば、生後6カ月の子供を一般的な小児科に連れて行き、検診を受けたとする。あなたが同意すれば、子供はいくつかのワクチンを同時に受けることになる。

帰宅途中、赤ちゃんが突然激しく興奮したり、熱を出したり、突然発作を起こしたりしたら、あなたはショックを受けるだろう。車の向きを変え、すぐに一般的な医院に戻れば、スタッフはおそらく、あなたが目撃している症状は今打ったワクチンとは無関係だと言うだろう。偶然の一致であり、家に帰れば治ると言われるだろう。「偶然の一致」や「無関係な出来事」という言葉は、「ワクチンの副反応について話すのはやめよう」

何千人もの子どもたちにとって、ワクチン副反応は治らない。成長もしない。

発育は停止し、逆転する。完全な文章を話す能力を失う。言葉によるコミュニケーションを失う子もいる。歩けなくなり、オムツに戻さなければならない子もいる。持続的な発作、反復行動、自傷行為、暴力や怒りの爆発、制御不能な多動性、新しいことを学べない、食べ物が食べられない、消化できない、などである。呼吸不全で突然死亡する者もいる。昏睡状態に陥って死に至るまで、徐々にダメージが大きくなる者もいる。[4, 5]

これから説明するように、副作用のリストは実際にはもっと長い。

医師の中には、「ちょっと待ってくれ!」と言う人もいる

疾病管理センターと製薬業界が国民皆接種を提唱しているにもかかわらず、「ちょっと待て!これらのワクチンは危険だ!」 ワクチンの使用を減らすことを提唱する者もいる。より安全なワクチンの使用を提唱する者もいれば、別のワクチン接種スケジュールを提唱する者もいる。ワクチン被害を懸念するあまり、すべてのワクチンの廃止を求める者もいる。[6, 7, 8, 9]

私は、ワクチンが害をもたらす可能性があることを証明するためにケースを作るつもりはない。なぜなら、そのことは十分に文書化されており[10,11]、米国政府もこの事実を認めているからである。

私の目的は、子どもや成人に起こっているワクチンの副反応を認識する手助けをすることである。副反応が起きた場合、その状況を判断し、中止するようにという重大な警告でなければならない。子どもや大人が軽いワクチン反応を経験した後、次のワクチン接種で大きな障害や病気に追い込まれることがある。これはワクチンによるダメージが累積するために起こりうることである。[12]

初期のワクチン被害は気づかれないことがある

子供も大人も、生命を脅かしかねない状況であることに誰も気づかないまま、ワクチンの副反応を起こしている可能性は十分にある。その結果、乳幼児、小児、10代の若者、成人が障害を負ったり死亡したりするような健康上の転機が訪れるまで、より多くのワクチンが接種されることになる。

ワクチン接種に対する副反応は、免疫系を損傷し、脳障害を引き起こし、麻痺を引き起こし、その他多くの現代的慢性疾患の形成の一因となる可能性がある。ワクチンで傷ついた人々は、老若男女を問わず、学習障害や発達の遅れ、注意欠陥多動性障害(ADHD)、自閉症、発作性障害、精神遅滞、糖尿病、喘息、炎症性腸疾患(IBD)、関節リウマチ、多発性硬化症、その他の神経免疫・自己免疫機能障害など、さまざまな慢性疾患や障害に苦しんでいる。[13]

私たちは、統計ではなく、現実の人々の生活について話しているのだ。大人は、小児期のワクチンによるダメージに苦しみ続けている。新生児は1日に7種類のワクチンを接種して死亡した。何千人もの米軍兵士が、炭疽菌の予防接種を1回以上受けて障害を負った。老人ホームで暮らす人々は、インフルエンザ・ワクチンによって身体が不自由になったり、インフルエンザ・ワクチンを接種した直後に発症した肺炎で死亡することがある。これらはすべて現実の苦しみであり、現実の被害である。

ワクチンビジネスは恐怖ビジネスである

数十ものウェブサイトがあり、利用可能なすべてのワクチンを接種しなければ、恐ろしいことが起こると伝えている。各ワクチンを接種する理由が丁寧に説明されている。それぞれのワクチンが必要な理由は、その病気に恐ろしい症状があり、死に至る可能性があるからだと親切に教えてくれる。

私たちが知らされていないのは、ワクチンを接種することで恐ろしい症状を引き起こし、死に至ることがあるということである。場合によっては、ワクチンを接種した後に経験する恐ろしい症状は、病気そのものの症状である。

また、アジュバント、殺菌剤、乳化剤など、ワクチンに含まれるさまざまな成分が、ワクチンに含まれる細菌やウイルスよりもさらに大きな害を及ぼす場合もある。

私たちはまた、医療システムから、私たちや私たちの子どもたちがすべてのワクチンを受けるよう圧力をかけられている。これを怠れば、国全体が危険にさらされると言われているのだ。私たち全員が安全になる唯一の方法は、全員がワクチンを接種することなのだ。反対する人々は、愚かで、利己的で、無謀で、無礼だと言われる。ワクチンの摂取を拒否することで、他人の安全を危険にさらす権利は誰にもないと言うのだ。[14]

ワクチンの副反応を認識する

この文章を読んでいる人の多くは、潜在的な害が可能性のある利益よりもはるかに大きいと確信しているため、すでにワクチンの摂取を中止していることだろう。しかし、長い間ワクチンを接種していなくても、あるいは現在も接種している場合でも、現在健康上の問題を引き起こしている原因の一部である可能性はある。過去に接種したワクチンと現在の免疫系や神経系への課題が組み合わさることで、重篤な病気を引き起こす可能性がある。もしあなたが、あなたの家族や友人の潜在的なワクチン反応を見つけることができれば、彼らに警告を与えることができ、彼らの命を救うことができるかもしれない。そこで、自分の子供や自分自身、そして家族や友人の健康を監視するために、あなたが取りたいと思うかもしれないいくつかのステップを見てみよう。

ナショナル・ワクチン・インフォメーション・センター(National Vaccine Information Center)は、ワクチン反応に注意するために以下の情報を提供している。と述べている:

ワクチン接種後、数時間、数日、数週間の間に、あなたやあなたの子供が以下のような症状を経験した場合は、ワクチン有害事象報告システム(VAERS)に報告すること。ワクチン反応には以下のような症状がある: 注射部位の顕著な腫れ、発赤、熱感または硬さ、体の発疹またはじんましん、ショック/虚脱、甲高い叫び声または何時間も続く泣き声、極度の眠気または長時間の無反応、体、腕、脚または頭の痙攣またはピクピクする; 目の交差;体の一部の衰弱または麻痺;寝返り、座位、または立ち上がる能力の喪失;アイコンタクトまたは意識の喪失、または社会的引きこもり;頭をたたく、または反復運動(はたく、こする、揺する、回転する)の開始;高熱(103F以上)

視力または聴力の低下;落ち着きのなさ、多動性または集中力の欠如;起床/睡眠パターンを変える睡眠障害;関節痛または筋力低下;障害を伴う疲労;記憶力の低下;慢性的な耳または呼吸器感染症の発症;激しいまたは持続的な下痢または慢性的な便秘;呼吸障害(喘息);過剰な出血(血小板減少症)または貧血。

あなたやあなたの子供がワクチン反応を起こしたことを示すかもしれない症状は他にもある。ワクチン接種後に起こるすべての症状が、最近接種したワクチンによって引き起こされるわけではないが、起こった症状がワクチンと無関係であると自動的に結論づけることはできない。したがって、主治医はワクチン接種後に生じた重篤な健康問題をすべて永久カルテに記載し、ワクチン接種後に生じた重篤な症状や身体的・精神的・感情的行動の劇的な変化をすべてワクチン有害事象報告システム(VAERS)に報告することが重要である。また、ワクチン接種後に発症した重篤な健康問題がワクチン接種と因果関係がないと判断されるまでは、再接種を継続しないことが重要である。重篤な健康状態の悪化があるにもかかわらずワクチン接種を継続すると、さらなるワクチンによる傷害や死亡につながる可能性がある。[15]

何がワクチン反応を引き起こすのか?

ワクチンは有害物質の複雑な組み合わせであり、体内でストレス反応を起こすように設計されている。この反応によって免疫系が変化し、伝染病への感染を防ぐことが期待されている。その結果、ワクチンの副反応は、ワクチンに含まれるどの成分によっても、あるいは成分の組み合わせによっても引き起こされる可能性がある。

副反応の原因は、ワクチンに含まれる細菌やウイルス(生きているか不活化されているかを問わない)であると言う人もいる。水銀殺菌剤(チメロサール)がワクチン被害をもたらすという説もある。水銀は多くの神経疾患、免疫系の抑制、消化器系の障害に関与している。

また、乳化剤や賦形剤として使用されるポリソルベート80のせいだと言う人もいる。

ポリソルベート80は不妊症やガンの原因になることがわかっている。

また、ワクチンに含まれる細菌やウイルスに対する免疫系の反応を刺激するためにワクチンに添加されるアジュバントであるアルミニウムが原因だと確信している人もいる。

アルミニウムは骨、骨髄、脳の変性を引き起こす毒である。アルミニウムは血液中のマイナスの電荷を減少させるため、血液細胞が毛細血管床の非常に細い血管を通り抜けようとする際に、血液細胞が固まってしまう。

ホルムアルデヒド(殺菌剤)は、生きた細菌やウイルスを殺すためにワクチンに使われる。これは発がん性物質である。最後に、ワクチンにはマイコプラズマが含まれていることが知られている。マイコプラズマは小さな感染性物質で、細胞に侵入し、ミトコンドリアの活動にダメージを与える。これらすべての要因が反応を引き起こし、重篤で障害のある病気や、死に至ることさえある。

さらに、私たちの健康を弱め、免疫系や内分泌系を抑制するような環境要因や健康関連要因もたくさんある。例えば、空気中、水中、食品中の農薬暴露、遺伝子組み換え食品に含まれる遺伝子組み換え物質、合成着色料、人工香料、興奮毒素、保存料などのあらゆる食品添加物は、人体に大きなストレスを与え、ワクチン反応を起こしやすくする。このリストに、医薬品、水処理によるアルミニウム残留物、塩素、フッ素、その他多数の化学毒素から水道水に検出される様々な残留物を加えることができる。

一般的な健康状態についても考えてみよう。病気や免疫系の抑制、ガン、糖尿病、心臓病などの既往歴がある人もいる。さまざまな黒枠健康警告のある医薬品を服用している人もいる。

私が列挙したすべての要因が組み合わさったとき、ワクチンにさらされたときに重篤で生命を脅かすような反応を起こす人がいるという結果になる。

誰がどのような反応を起こすのか、またそれがどの程度深刻なものなのかはわからない。また、いつ反応が起こるかもわからない。ある人はワクチンで目立った問題を経験しないかもしれないが、隣人は同じワクチンを接種した後にギラン・バレー症候群で半身不随になるかもしれない。

ワクチン被害の最も早い警告サインは何か?

ワクチン被害の早期警告は何か?

機能障害や痛みを引き起こさないために、気づかれずにいる早期警告サインがある。これらは、21世紀の最初の10年間に、アンドリュー・モールデン医学博士によって特定された。

これらの警告サインについて述べる前に、モールデン博士のトレーニングについて触れておきたい。彼の博士号は臨床実験神経心理学であった。後天性脳損傷の検出に専念していた。博士号取得後、医学の枠から脳と行動障害をさらに理解するために医学の学位を取得した。医学部での研修は臨床神経学であった。研修医時代は精神医学/神経精神医学を専攻した。彼は、免疫系の過剰刺激に伴う神経行動学的変化、神経発達障害の研究に専念し、最終的には、ワクチン接種がいくつかの脳障害や行動障害の一般的な環境的引き金になりうることを説明した。モールデン博士は2013年11月に死去した。[16]

www.honeycolony.com/article/mysterious-holistic-doctor-deaths/

他の多くの人々と同様に、沈黙のために殺害された。

モールデン博士は、ワクチン接種後の子供と大人に脳卒中の臨床指標を観察した。かつては完全に対称的な顔立ちをしていた乳児が、突然非対称的な顔立ちになった。脳卒中は脳の一部への血流障害によって引き起こされ、細胞から酸素が奪われ、細胞が死んでしまう。

モールデン博士は、ワクチン接種後に目の正常な配列が変化することを観察した。突然、片方の目がもう片方の目よりわずかに内側を向いたり、時には外側を向いたりするのである。笑うと口角が下がる。片方の頬の鼻と上唇に近い部分の筋肉の張りが失われるのを見た。

これらの変化は一時的なこともあれば、永久的なこともあった。彼は脳生理学と後天性脳損傷のトレーニングを受けていたので、これらの視覚的徴候が脳の特定の脳神経の損傷に関連するミニ脳卒中の徴候であることを知っていた。これらの神経は顔の筋肉を支配している。脳は血流障害に対して痛み反応を示さないため、ミニ脳卒中であることに気づかなかったかもしれないが、脳はダメージを受けていたのである。

脳卒中にはいくつかの原因があり、血栓、血管血栓症、血管の腫れ、脳の毛細血管床における血液のドロドロ化などがある。血栓や血栓症による脳卒中は、より太い血管で発生した場合、画像技術によって発見することができる。しかし、これらのミニ脳卒中の最後の原因である血液ドロドロは、体内の最も細い血管で発生し、現在の画像技術では小さすぎて見ることができない。

血液がドロドロになると、毛細血管をスムーズに流れることができなくなる。基本的に血流は止まり、患部の細胞は酸素不足のために死に始める。

これは毛細血管床と呼ばれる部分で起こり、血管系の中で最も細い血管である。毛細血管床は血管系の中で最も細い血管で、赤血球が一列に並んで血管を通り抜けなければならないほど細い。

脳には12本の脳神経がある。モールデン博士は、ドロドロが脳の第7脳神経の領域で発生した場合、その神経が弱くなり、人が笑ったときに口角が下がることを発見した。ドロドロが第3,4、6脳神経の領域にある場合は、目の配列に影響が出る。場合によっては、片方の目の焦点がわずかに上向きになり、視界を水平にするために頭を少し傾けることになる。

また、まばたきをしたときに、まぶたがわずかに左右非対称に動くこともある。まぶたの変化は、超低速ビデオ再生でしか見ることができない。通常、まぶたは完全に調和して閉じたり開いたりする。ミニまばたきをすると、まぶたの開閉速度がわずかに異なることがある。まばたきは非常に速いため、これは肉眼では確認できない。

血流障害が脳の呼吸を司る部位で起こると、呼吸が障害され、場合によっては完全に停止することもある。そうなると、呼吸停止による突然死が起こる。

このようなミニ脳卒中の専門的名称は一過性脳虚血発作(TIA)である。TIAは実際には、非常に細い毛細血管が存在する体のどこにでも起こりうる。しかし、TIAが脳で起こった場合、脳卒中の証拠が顔の構成に現れる。

私たちが直面しているワクチン被害の状況を説明したモールデン博士の言葉を引用しよう。

2009年のインタビューでの発言である。彼はこう述べている: 科学は人為的に作られた真実追求の道具に過ぎない。科学は誤りやすい。統計的で確率的な数学的モデルである。限界がある。利益のために使われれば、真実は失われる。

科学的方法、設計、分析は、真理を発見したり、「真理」を創造したりするのと同じように、真理を隠すことができる。

科学は、神から与えられた常識や観察の道具に取って代わることはできない。

自分の目で見たものを否定するのに、専門家が駆使する統計的確率数理モデルは必要ない。

熱いストーブの上に手を置けば火傷をする。痛みを感じず、火傷を見ることができなければ、熱いストーブの火に触れることが有害であることを学ぶことはできない。

すべてのワクチンは、身体と脳に 「火傷」を引き起こしている。脳には痛みの受容体がない。痛みを感じることはない。しかし、予防接種を受けるたびに、その「火傷」の足跡が即座に、そして遅ればせながら見えてくる。その証拠はずっと目の前にあった。私たちは単に、この「火傷」が何を意味するのか、ましてやワクチン接種のたびに現れていることを理解していなかっただけなのだ。火傷」は主に内臓器官に対するものである。私たちは今、この「火傷」の有害な影響をこの目で見ることができる。

医師として、危害を加えないことは私の宣誓義務である。人間として、仲間を見守ることは私の義務である。教育者として、意識と理解を教えることは私の責任である。科学者として、原因と偶然を切り分けることは私の義務である。クリスチャンである以上、人に施すように自分にも施すことが私の価値である。一人の人間として、権力を行使する者たちが誤りを犯している場合、真実と理解をもって権力に立ち向かうことが私の責任である。

私の発言は狂信者の言葉ではない。あなた方一人ひとりに宿る可能性を秘めた、理解を伴った誠実さの言葉なのだ。

求めよ、さらば与えられん。叩けば、扉は開かれる。私は求めた。ノックした。扉は開かれた。私は求めていた真理を見つけた。その答えは私自身の理解から出たものではない。答えは自明である(res ipsa loquitur)。

すべての予防接種は、脳の損傷、病気、慢性疾患、老化、そして死を引き起こす(res veritas loquitur)真実はそれ自体を物語っている。求めず、叩かず、見ず、自分の理解を信じるなら、(caveat emptor)-買い手は用心せよ。

[17]

匿名を希望するモールデン博士の同僚は、2013年に博士が亡くなる2週間前に博士と接触したとヘルスインパクトニュースに報告した。モールデン博士は2013年10月、我々の情報源と信頼できる少数の同僚に、沈黙を破り、大手製薬会社のワクチンビジネスに大きな挑戦となる新しい情報を発表しようとしていると話した。彼は復帰する準備ができていた。沈黙を守っていても、彼は決して研究を止めることはなかった。

それから2週間後、モールデン博士は急死した。

モールデン博士が発表しようとしていた研究と治療法は、ワクチンによる疾病管理モデルを破壊し、製薬産業の主要な資金源を破壊し、同時に細菌による疾病理論の基盤に深刻なダメージを与えるものであった。

www.educationviews.org/murdered-death-doctors-pharmaceutical-industry/

vactruth.com/2009/07/21/dr-andrew-moulden-interview-what-you-were-never-told-about-vaccines/

ワクチン被害の初期警告サインを見つける

日常生活の中で、子供や大人の顔をよく観察してみると、モールデン博士が述べたような兆候を見つけることができる。口角、目の位置、頬をよく見てほしい。モールデン博士が説明したような非対称の特徴が見えてくるはずだ。

モールデン博士が述べたような非対称の特徴が見えてくるはずだ。

あなたの家族の場合、ワクチンを接種する前の写真と現在の外見を比べてみるのもいいだろう。Dr.モールデンが説明したようなものを目にしたとき、あなたは最も

モールデン博士が説明したようなものが見えたら、それはワクチンによるダメージの結果である可能性が高い。

この種の損傷は、脳の一部にTIAを引き起こすこともある感染症など、他の要因によって引き起こされることもある。有害な環境汚染にさらされることでTIAが起こることもある。大気中、水中、食物中に存在する化学物質が私たちの健康を破壊しているのだ。さらにワクチンが加わると、多くの人々が深刻な変性疾患に追い込まれる。

若者は最もリスクが高い。なぜなら、彼らは通常、非常に多くのワクチンを接種しているからだ。しかし、高齢者であってもダメージは明らかだ。認知症は流行のレベルにあるが、なぜこのような変化が起きているのかを問う人はほとんどいない。認知症の原因は加齢ではない。

脳や他の臓器へのダメージを防ぐ

ワクチンによる脳へのダメージを防ぐ最善の方法は、ワクチンの摂取を避けることである。きれいな水を飲み、きれいな空気を吸い、農薬や遺伝子組み換え食品に汚染されていない食品を食べることで、現代病のリスクを減らすことができる。

ワクチン被害からの回復

モールデン博士をはじめとする多くの研究者たちは、ワクチンや環境汚染物質への有毒な暴露によって傷ついた人々に癒しをもたらすために、長年にわたって活動してきた。モールデン博士は、ワクチンによる脳へのダメージは癒すことができると確信していた。というのも、特定の脳構造にダメージがあったとしても、脳はさまざまな方法で新しい神経学的結合を確立する能力を持っているからである。

今後の記事では、ワクチン障害を持つ人々を助けるために使われている治療法のいくつかを検証する予定である。子供や大人がワクチンに関連した障害を経験しても、希望はあるし、すべてが失われるわけではない。健康に戻る道のりは長く険しいかもしれないが、多くの人々にとって健康回復のチャンスはあるだろう。

今後の医療の優先順位を調整する

この章の最後に、モールデン博士の言葉を紹介しよう。彼はこう述べている: われわれ(医師たち)は、利益のために、病気や死を引き起こすワクチンを売っている。

そして、われわれが引き起こした損害や障害を治療するために、症状に応じた医薬品を販売し、利益を得ている。

驚くべきことに、ワクチンの被害は、さまざまな自己免疫疾患や神経発達障害に加えて、ガンの領域にまで及んでいる。

すべてのワクチン接種が、野生のポリオウイルスが麻痺や呼吸不全を引き起こしたのとまったく同じように、また、過ぎ去りし日の他の感染性の 「疫病」が、不具にし、不具にし、麻痺させ、殺したのと同じように、「静かな」脳や臓器の損傷を引き起こしているのである。これは今や証明されている。予防接種を受けるたびに、その被害は加算され、累積される。臓器、組織、脳へのダメージは、臨床的には沈黙を守ってきた。

神が治療し、医者が治療費を徴収する。私たちは歴史の中で、主治医に料金を支払うことに戻らなければならない時期に来ている。医学は、そのドグマと言説によって、明らかに私たちを迷わせた。[18]

ワクチン被害の原因と症状についてもっと知るために、モールデン博士が作成した6時間のビデオプレゼンテーションを見ることを望むかもしれない。YouTubeで3巻まで公開されている。

ワクチンによるダメージを癒すための提言

モールデン博士は、ワクチン被害を防ぐことと同様に、被害を受けた人々を癒すことにも関心があった。彼が開発していた治療法については、すでにインターネットから情報が削除されていたため、多くを知ることはできなかった。私が知っているのは、彼の治療法の出発点は、まずMASS反応とゼータ電位低下の引き金を取り除くことである。

つまり、ワクチンの使用を中止し、体内に異物を持ち込まないことである。したがって、きれいな空気、きれいな水、きれいな食べ物が不可欠である。

空気、水、食べ物に含まれる環境毒素は、MASS反応やゼータ反応を誘発し、微小血管の脳卒中を引き起こす可能性がある。

つまり、家庭内での農薬や化学薬品の使用をやめなければならない。つまり、有毒な洗浄剤、芳香剤、香水、香りのついた洗濯用品、香りのついたキャンドルなど、空気を毒素で汚染するものの使用を中止することである。これは、きれいな水だけを飲むことを意味する。

塩素、フッ化物、残留医薬品、農薬などを含む水道水は、微小血管卒中の引き金となる。洗浄の過程でアルミニウムを凝集させた水道水も避けなければならない。ペットボトルの水も安全ではない。

残留化学物質や製造目的で意図的に添加された化学物質を含む食品は避けなければならない。残留農薬、保存料、安定剤、人工調味料や着色料、MSGやその他の興奮毒、遺伝子組み換え作物、添加ホルモン、その他の有害物質を含む食品は避けなければならない。

水銀は、MASS反応やゼータに影響を及ぼす毒性の高い物質である。従って、歯の詰め物に使われる水銀、食品に含まれる水銀、ワクチンに含まれる水銀に注意しなければならない。

モールデン博士は電磁波や携帯電話の放射線、その他の種類の電波汚染については言及しなかったが、これらが人間の健康に影響を与えることは分かっている。

実際、私たちは家庭や車、そして特に台所でクリーンな環境を提供することで、家族や他のすべての人を助ける必要がある。オーガニック食品と牧草で飼育された動物性食品を重視する必要があるだろう。オーガニック製品であっても、残留レベルの化学毒素を含む可能性があり、それでもUSDA(農務省)の規制値をクリアしていることが分かっている。もはやUSDA(農務省)認定のオーガニック=無農薬・無化学肥料とは考えられないのだ。

モールデン博士は、血液中の負のゼータをどのように回復させるかについて、かなりの研究を行っていた。彼は蒸留水に高いマイナス電荷を定着させるプロセスを開発した。彼は、この種の水を摂取することで血液中のマイナスゼータを回復させ、血液のドロドロと凝固を減らし、ワクチンによるダメージを回復させることを発見した。残念ながら、彼がこの種の水を調製するのに使ったプロセスに関する情報は、現時点では見つけることができなかった。

私はゼータと水を研究している著名な科学者の研究を見直した。良いニュースは、彼らの研究がワクチン被害を経験した人々のための重要な治療法の開発につながるかもしれないということだ。彼らは、血液中の負のゼータ電位が低下した場合に、それを回復させる方法を研究している。

質問と回答

ワクチンや環境毒素にさらされたとき、なぜ誰もが同じ反応を示さないのか?

モールデン博士は、アトランティック・カナダに住む2人の一卵性双生児の男の子についての情報を提供した。二人とも同じ胎盤から生まれ、出生前の発育過程で同じ血液を共有していた。生まれたとき、一人は自閉症を発症し、もう一人は学習障害と言語障害を発症した。このことは、現代の神経発達症の発症のばらつきは遺伝的なものではなく、MASS反応とゼータ変化の経験にもっと関係していることを示している。個体間のばらつきは、遺伝子や出生前の環境での生活というよりも、個体内で進行するプロセスの機能なのである。一旦これらの子供たちが生まれてしまえば、同じ家庭で飼育されていたとしても、微妙に異なる被曝を受けていないと考えることはもはや不可能である。

なぜ、ある人は目の第6脳神経にダメージを受け、別の人は口と頬の第7脳神経にダメージを受けるのか?

モールデン博士は、物質、ウイルス、バクテリア、あるいはそれらの副産物は、身体の特定の部位に影響を与える親和性を持っていると指摘した。脳という広い分類の中で、異なる細胞グループは特定の虫、特定のウイルス、特定の毒素、特定の外来タンパク質などの影響を受けやすい。つまり、特定の異物にさらされると、特定の場所に影響を与え、他の場所には強い影響を与えない傾向がある。これは、MASSとゼータによって引き起こされる虚血プロセスによって損傷を受ける特定の組織を設定する。

MASS反応を引き起こし、ゼータ電位に損傷を与える可能性のある異物は、今や何千種類も存在するため、一つの異物が体内に導入されたときの特定の反応を予測することは、もはや不可能である。実際、人は同じ毒素に対して、人生の異なる時点で異なる反応を示すことさえある。私たちの全体的な健康状態、最近の有害物質への暴露、そしてどの時点の栄養状態も、特定の毒素に対する反応に影響する。

モールデン博士は、栄養状態は、人が体内に入れられた毒素をどの程度処理できるかという点で、非常に重要な役割を果たすと述べた。アフリカでワクチンを接種した人の健康への悪影響は、北米と同じではないと指摘した。アフリカでは食事の質が低いため、副反応を起こしやすいのである。

動物がワクチンを受けると、MASS反応やゼータレベルの損傷を経験するのだろうか?

子供や大人が予防接種を受けたときに経験する反応は、コンパニオンペットや家畜が予防接種を受けたときにも経験する。ワクチンは人間にとっても動物にとっても安全ではない。MASSとゼータに関する人体での反応は、馬、犬、猫、フェレット、牛、乳牛、家禽などでも起こる。

結論モールデン博士の業績は、ワクチン被害を理解するために研究され、継続されなければならない。

アンドリュー・モールデン博士は、ワクチンに関連した病気や死亡についての真実を明らかにすることに専念していた。ワクチンがそれを使用するすべての人に害をもたらすことは疑いない。モールデン博士の

モールデン博士のゼータ電位とMASS反応に関する研究は、被害が発生するメカニズムを明らかにした。

彼は、現代の神経発達疾患の広い範囲に密接な関係があることを示した。彼は、数多くの病気が複数の誘因を持ちうること、そしてこれらの病気が実際には、連続した症状を呈する共通の症候群の一部であることを説明した。 慢性疲労症候群、線維筋痛症、表現性失語症、言語能力障害、注意欠陥障害、無症候性虚血性脳卒中、血栓、特発性血小板減少性紫斑病、パーキンソン病、その他現代の神経発達障害はすべて関連している。

彼の研究は、先に挙げたような現代的な病気の流行が、遺伝的な問題やウイルスなどの病原体の問題ではないことを示すことができた。むしろこれらの病気は、体内に持ち込まれた異物に対する身体の正常な反応によって引き起こされるのである。この反応は過剰な非特異的免疫亢進と呼ばれる。

ワクチンは過剰な非特異的免疫亢進の最大の誘因の一つであり、最終的には血液ドロドロ、血液凝固、ネガティブゼータの喪失につながる。これらすべての要因が複合的に作用して、病気、障害、死をもたらすのである。

モールデン博士は、西洋医学に基づいた細菌説に基づく病気のモデル全体に異議を唱えた。彼は、抗生物質やワクチンが20世紀と21世紀の現代病の蔓延に対する解決策だとは信じていなかった。彼は、ワクチンを病気から解放されるための希望と考えるのではなく、他の多くの先進的な研究者と同様に、ワクチンが現在私たちが直面している病気の主な原因であることを理解していた。

彼はまた、体内に異物を取り込んでいるのはワクチンだけでなく、農薬やその他多くの化学物質への暴露もまた、私たちの健康を損なっていると考えた。彼は、栄養状態の悪さが、人々が経験するワクチン被害の量に直接影響することを認識した。栄養状態が悪ければ悪いほど、ワクチンによるダメージは大きくなる。

これらの記事を書くにあたって私が願っているのは、他の医師や研究者がモールデン博士の研究を真剣に見つめ、それを継続できるようになることである。また、親たちが自分の子供たちのワクチン使用の危険性を真剣に考え、自分の子供たちや自分自身をワクチンから除外してくれることを望んでいる。

病気を予防し、治癒をもたらすために、生物学的、化学的な調合薬の恣意的な使用を検討する際には、細心の注意を払うような、人命を大切にする日が来ることを期待している。人間の身体は、人間の技術者の設計基準に合わせて調整できる機械ではない。人間の生命は、企業の経済的ニーズに合わせて自由に書き換えられるソフトウェア・プログラムではない。人間の身体と生命は神の創造物であり、金と権力への貪欲さによって人間がそれに加えようとするものから、細心の注意を払い、保護する必要がある。

モールデン博士は真理の探求に生涯を捧げた。医療マーケティング会社が提供する情報と、人間の生命を維持する真の原理との違いを注意深く見分けることができるように。生命を大切にし、病気や障害が正常であると思い込まないように。ムールデン博士のように、健康を提供できない医療制度に満足しないように。病気の恐怖に駆られ、人間の苦しみを犠牲にして金儲けをするために組織された医療システムを拒否することができるように。神の恵みの中に存在する真の癒しの源を忘れてはならない。

 

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました