技術先進社会におけるアース(接地)不足による病気

アーシング、グラウンディング、ゼータ電位痛み・疼痛電磁波・5G・6G

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Illnesses in technologically advanced societies due to lack of grounding (earthing)

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36336303

オンライン公開 2022年11月3日.

ジェームズ・L・オッシュマン

要旨

ここに要約したグラウンディングやアーシングに関する研究は、慢性疾患や自己免疫疾患がなぜ蔓延しているのか、これらの健康問題を抱える人々にとって簡単で確実な手助けはあるのか、そして前途有望な道はあるのかについて、貴重な手がかりを与えてくれている。この研究が始まった2000年頃から現在に至るまで、世界中の科学者が、ハーバード大学医学部のリドカー教授らによって開発されたc反応性タンパク質測定法を用いて、炎症と事実上すべての慢性疾患(表1)との関連を立証していた。

この論文では、アーシングという安全な療法について概説する。アーシングは、各人固有の生理的機能を最適化し(バランスをとり)、加齢に伴う主要な疾病を緩和し、老化のプロセスそのものを遅らせる可能性がある。これは、フリーラジカルと呼ばれる活性酸素種(ROS)による蓄積ダメージが、老化の原因として最も広く研究されている説のひとつであることを認識した上での発言である。身体の連続的な半導体の布は、すべての細胞の内部とその核を含む身体のあらゆる部分に達しているため、接地またはアースされた人の可動電子は、すべての細胞と組織で行われている酸化的代謝によって生成された活性酸素を迅速に中和することができると考えられている。

キーワード アーシング、グラウンディング、慢性疾患、自己免疫疾患、炎症、老化

スティーブン・T・シナトラ医学博士、FACC、FACN、CNSの思い出に捧げる

Dr.Sinatra(1946-2022)は、本稿で紹介するいくつかの重要な研究につながる専門知識と熱意を提供した。シナトラ博士は広く尊敬される有名な心臓専門医であり、その炎症と慢性疾患に関する理解は、ここに引用したいくつかの最も重要な研究につながった。シナトラ博士は1972年にニューヨークのアルバニー医科大学を卒業し、医学博士号を取得、1975年に内科認定医となった。1977年にはアメリカ心臓病学会のフェローとなった。マサチューセッツ生体エネルギー分析学会(1992)および栄養専門家認定委員会(2000)の認定を受けた。また、米国アンチエイジング医学会(1998)の認定を受け、米国栄養学会のフェローでもある。スティーブンは、心臓病の予防と治療におけるコエンザイムQ10について幅広く研究し、執筆した。このことがきっかけとなり、スティーブンは米国で循環器学の新分野を開拓した:「代謝心臓学」である。この分野では、心臓細胞のATP産生を改善する栄養補助食品を用いた心臓血管疾患の予防と治療が行われている。シナトラ博士は、代謝性心臓病学とエネルギー医学について講演を行っており、特に細胞レベルでの治癒能力を向上させるために、グラウンディングや「アーシング」といった電気治療薬を使用することに焦点を当てている。アーシングに関する私たちの研究に対する彼の助言は非常に貴重であり、私たちの研究者チームにとって、彼の存在は長く忘れられず、また惜しまれることだろう。

パースペクティブ

ほとんどすべての慢性疾患の罹患率は、過去50年間、あらゆる年齢層で容赦なく増加している。かつてはまれであった糖尿病(人口の0.7%未満)は、現在では一生のうちに35%の人が罹患すると予測されている[1]。過去50~60年の間に、世界では非伝染性(慢性)疾患がかつてないほど増加している[2]。米国の成人人口の30%近くが複数の慢性疾患を抱えている自然、生理学、環境との健全な関係に対する私たちの理解には、深遠かつ非常に基本的な何かが欠けている。年表を見ると、非常に深刻な問題が私たちに降りかかってきたのは比較的最近のことであることがわかる。医学の歴史から見れば、50年などあっという間である。慢性疾患や自己免疫疾患は、急性感染症や外傷に代わって、医療提供に大きな影響を与えている。国立衛生研究所によれば、2350万人のアメリカ人(人口の7%以上)が自己免疫疾患に苦しんでおり、その有病率は上昇の一途をたどっている。自己免疫疾患は、死亡や身体障害の主な原因となっている[4]。自己免疫疾患には稀なものもあれば、橋本病のように多くの人、特に女性が罹患するものもある。明らかに、何か悲劇的なことが起こっている!唯一の問題は、何が起こっているのか誰も正確に知らないということである。例えば、自己免疫疾患は蔓延しているが、何が自己免疫の原因なのか正確には分かっていないし、自己免疫疾患の治療法もない。

今まではね!

犯人を見つける時代を超えて、医学の目的のひとつは、不可解で広範囲に及ぶ医学的問題を解決することである。多くの患者が病気になったり衰弱したりするのは、何らかの要因が過剰であったり欠落していたりするからだ。医学上の謎が解明された歴史的な例として、壊血病を考えてみよう。この病気は、16世紀から18世紀にかけて200万人以上の船乗りを死亡させたと推定されている[5]。18世紀、壊血病は戦時中の敵の行動よりも多くの英国船員を死亡させ、世界史の流れを変えた。例えば、イギリス海軍は七年戦争の間、184,899人の水兵を入隊させたが、このうち133,708人が「行方不明」になったり、病気で死亡したりしたが、壊血病がその主な原因であった[6]。壊血病の原因は、1747年にジェームズ・リンドが柑橘類を食事に加えるだけで治療できることを証明するまで、謎に包まれていた。これは、医学史上初めて報告された対照臨床実験のひとつであった[7]。こうして壊血病の予防は容易になり、今日、柑橘類やその他のビタミンC供給源の普及により、世界のほとんどの地域で壊血病の発生率は低くなっている。

1937年、アスコルビン酸(ビタミンC)の合成でノーベル賞を受賞したハンガリーの科学者、アルバート・ゼント=ギュルジイ(Albert Szent-Gyӧrgyi)である。ここでは、タンパク質における半導電に関する彼の最近の研究について述べる。

ここでは、現代の慢性疾患の危機の多くを和らげる可能性を秘めた基本的なものがあることを報告する!グラウンディングやアーシングは、慢性疾患や自己免疫疾患におけるレモンとライムに相当するものであり、巨大化し、エスカレートし、非常に高価な一連の問題に対するシンプルな解決策である。その解決策は、私たちの足元にある地球のように身近なところにある!アーシングの研究者たちは、自然本来の最高の抗酸化物質である可動電子が豊富に存在する地球表面との接触が失われることによって、多くの人々が「電子欠乏症」とでも呼ぶべき新たな欠乏症に苦しんでいることを、世界中から寄せられたフィードバックによって確信した。実際、ほとんどの抗酸化物質は、炎症を引き起こす活性酸素を中和する電子を供給することで機能している。これらの可動電子は、私たちの免疫システムが正常に作動するために必要であり、体内の電子が不足すると様々な健康上の問題が生じる。

進化の歴史の中で、人類は裸足で大地を歩いたり、導電性のある革底の靴やモカシンを履いて歩いたりした。また、土の上に直接寝るか、電気を通す動物の皮の上で寝ていた。プラスチックの時代が始まった1950年頃から、私たちはプラスチックやゴムといった導電性のない素材の靴を履くようになった。クリント・オバーは、受賞した映画の中で、絶縁靴は史上最悪の発明のひとつだと力説している[図1A][8]。要するにオバーは、過去半世紀にわたって炎症性疾患が増加した主な原因を突き止めたのである。図1Bは、過去半世紀における糖尿病の増加が、靴底が断熱材で覆われた運動靴の売れ行きと相関していることを示している。もちろん、運動不足、栄養不良、喫煙、アルコール中毒、ストレス、睡眠不足、薬物の副作用など、炎症性疾患の原因となる明らかな生活習慣は他にもある。

図1

(A) 『アーシング・ムービー』[7]の中で、クリント・オバーは、これは人間がこれまでに作った中で最も破壊的な発明であると、優れた理由とともに述べている。(B) 2型糖尿病の罹患率の成長曲線と、1950年代以降のアメリカにおける合成底靴の売れ行きの類似性。1950年当時、靴の95%は革底で作られており、そのほとんどは導電性であった。現在、95%の靴は合成底で、導電性ではない。同じような成長パターンが、絶縁性の靴のデザインやその他のライフスタイルの問題と関連していると思われる他の慢性疾患の発生率にも見られる。このような明らかな相関関係は、明らかに示唆的ではあるが、因果関係を証明するものではない。


慢性疾患の容赦ない増加はよく知られている。図2Aは、1975年から2040年までの米国人口のがん罹患率と予測を示している。この予測は、時折地表に触れる皮膚の重要な役割に対する意識の高まりから生じる医療習慣の何らかの変化がなければ、将来私たちに何が起こりうるかを示している[9]。自己免疫疾患やアレルギーなど、他の慢性的な問題についても、同様の炎症状態の増加が起こっている[図2B][10,11]。

図 2

図2 (A)1975年から2040年までの期間における、がんの罹患率の絶え間ない増加。

この予測は、病気に対する理解の深まりから生じる医療行為の何らかの変化がなければ、将来起こりうることを示している[8]。Bluethmann SM、Mariotto AB、Rowland JHより。シルバー・ツナミ”を予見する:米国における高齢がん生存者の有病率と軌跡、合併症負担。Cancer Epidemiol Biomarkers Prev.2016:25:1029-1036.American Association for Cancer Researchの許可を得て転載。(B)喘息、1型糖尿病、多発性硬化症、クロノ病、セリアック病、その他の自己免疫疾患の罹患率は、近年3倍から4倍に増加している[9]。図は、ニューイングランド医学ジャーナル、ジャン-フランソワ-バッハ、レビュー記事、病気のメカニズム、自己免疫疾患やアレルギー疾患への感受性への感染の影響、347巻、12号、ページ911から920、著作権©2002、マサチューセッツ州医師会からだ。The New England Journal of Medicine/Massachusetts Medical Societyの許可を得て転載。


炎症の柱

視覚的観察に基づき、古代人は急性炎症を5つの主要徴候、すなわち発赤(rubor)、腫脹(tumor)、熱感(calor)、疼痛(dolor)、機能喪失(function laesa)によって特徴付けた。これらの徴候は、ローマ人のケルスス(紀元前30-38)とガレン(紀元130-200)によって命名され[12]、現代の医学書にも記載されている。しかし、急性の傷害の後に素早くアーシングを施した人は、いわゆるカーディナル・サイン(5つの主要兆候)がほとんど現れないことにしばしば気づいている。驚くべきことに、一部の臨床医やアーシング研究者の間では、外傷や救急の医師が日常的に目にする古典的な炎症徴候は、実はアースがない状態で炎症が生じたときに生じる傷害の人工物である可能性があるという考え方が広まりつつあるここで述べた研究に基づき、私たちは、外傷性事故や重篤な心血管系疾患に対応する医師が、可能な限り早くアーシングを患者に適用し、可能であれば回復中も継続的にアースを提供することが有益であると考える。最近の病室には、アース接続用のコンセントが設置されている。

図 3

図3 重傷の割に腫れや発赤が少なく、回復が早い。注ツール・ド・フランスの競技中、チェーンホイールで脚を抉られ負傷。

(A)負傷後できるだけ早く、傷口の上下に接地パッチを貼付。(B)負傷後1日目。(C)受傷2日目。発赤、痛み、腫れはほとんどなく、サイクリストは受傷翌日もレースを続けることができた。写真提供:ジェフ・スペンサー医師


炎症の5本柱の1つである熱(calor)は、医療用赤外線画像診断で容易に観察でき、定量化できる。4にその例を示す。医療用赤外線画像は、15歳の時に体操で怪我をした33歳の女性のものである。彼女は18年前から慢性的な右膝の痛み、腫れ、不安定性があり、杖をついて歩いていた。彼女は、たった30分のアーシングで、痛みと炎症が著しく軽減したことに驚いていた。

図 4

図4 (A)15歳の時に体操で負傷した33歳の女性の医療用赤外線画像。

右膝の慢性的な痛み、腫れ、不安定性が18年間続いていた。両膝の内側を示すために歩行姿勢で撮影した画像の上段。矢印は患者の痛みの正確な位置を指し、顕著な炎症を示す。下段の医療用赤外線画像は、右のようなパッチシステムを使用したクリニカル・アーシングに30分間曝露した後に撮影された。膝の炎症が著しく軽減しているのがわかる。アーシング6日後、患者は痛みが50%減少したと報告した。治療4週間後にはサッカーができるようになり、12週間後には水上スキーができるようになった。これは、医療用赤外線画像で追跡した古傷の急速な回復を示す20の症例研究のうちの1つである。この研究は、International Academy of Clinical Thermographyの会長であるWilliam Amalu博士によって行われた[12 ]。(B)膝のアースパッチ。


図4Aの上段の画像は、両膝の内側を示すために歩行姿勢で撮影したものである。矢印は患者の痛みの正確な部位を指し示し、顕著な炎症(赤みがかった色)を示している。下側の画像は、アーシングパッチシステムを使用し、臨床的アーシングに30分間曝露した後に撮影したもので、図4Bに示す。膝の炎症が著しく軽減しているのがわかる。臨床的アーシング(1日30分)を6日間行った後、患者は痛みが50%減少したと報告した。治療開始4週間後にはサッカーができるようになり、12週間後には水上スキーができるようになった。明らかに、アーシングの効果はすぐに現れ、永続的であることが多い!これは、International Academy of Clinical Thermographyの会長であるウィリアム・アマル博士が行った20のケーススタディのうちの1つである[13 ]。

大地からの電子は、場所に関係なく、炎症の火を素早く消すことができる。アーシングが体内の炎症に素早く作用する理由はいくつかある。第一に、身体は半導体タンパク質で構成された「生体線」の連続したシステムを通じて電気伝導性を持っている[14]。Douglas E Friesen, Travis JA Craddock, Aarat P. Kalra, and Jack A Tuszynskiによるこのブレイクスルー報告書には、生体が体内のさまざまなプロセスを調整し、活力を与えるために利用できる16種類の「メッセージ伝達システム」が列挙されている。タンパク質の拡散(317)、カーボンナノチューブ内のプロトン拡散(1.9)、アストロサイト内のカルシウム波(20時間)、細胞骨格内の静電誘導タンパク質(1.4時間);動脈血流におけるホルモン(2.5秒);心臓インパルス(2.3秒);活動電位-無髄神経(1秒);有髄神経(10-18ミリ秒);緊張した細胞骨格フィラメントに沿った機械的応力波(33ミリ秒);プロトンジャンプ伝導(10ナノ秒);電子の半導電(10ナノ秒);光子(10ナノ秒)。詳細は文献[14]を参照。

生体高分子を介した電子の半導電は最も速く、その速度は約108 m/sと推定されている[15]。これは原理的に、電子が地球から素足の裏まで、そしてそこから体内の傷ついた組織や炎症を起こした細胞まで、事実上瞬時に移動できることを意味する。この「生物学的ワイヤー」の連続システムは「リビング・マトリックス」と呼ばれ、インテグリンと呼ばれる膜貫通タンパク質のシステムによって、すべての結合組織系や筋膜の層を通り、体内のすべての細胞の表面を横切って広がっている。リビング・マトリックスという概念を生み出した決定的な証拠は、すべての細胞内の分子織物である細胞骨格が、細胞表面を横切って周囲の細胞外結合組織システムと機械的かつエネルギー的に結合しているという発見であった。1975年、膜貫通タンパク質について最初に説明した科学者は、英国ケンブリッジにある医学研究評議会分子生物学研究所のマーク・ブレッチャー(Mark Bretscher, FRS)であった[16]。彼はインテグリンの文脈で引用されることはほとんどない。Bretscherの発見から22年後の1997年、Alan F. Horwitzが「インテグリンと健康」と題する総説を発表した。発見されたのはごく最近のことだが、この接着性の細胞表面分子は、身体の適切な機能と生命そのものにとって重要であることが、すぐに明らかになった」[17]。PubMedで「インテグリン」を検索すると、78,185件の結果が得られる(2022年8月6日現在)。過去数十年にわたる何千もの研究により、インテグリンは事実上すべての多細胞動物において重要な機能を持つことが示されている。インテグリンはすべての結合組織と筋膜系を細胞骨格に連結し、細胞骨格はSUNとCASHと呼ばれる特定のタンパク質を介して核マトリックスに連結している[[18][19][20]]。

タンパク質における半導体は、1940年にハンガリーのブダペストで行われたKorányi Memorial Lectureで、ノーベル賞受賞者のAlbert Szent-Gyӧrgyiによって初めて提案された。彼の講演は1941年にScience誌(”Towards a New Biochemistry?”)[21]とNature誌(”The Study of Energy Levels in Biochemistry”)[22]に掲載された。わずかな例外を除いて、このブレイクスルー研究は、2015年に発表された生物学的ワイヤーに関するFriesenらの貴重な報告[14]まで、生物医学界からはほとんど注目されていなかった。1980年代にGascoyne、Pethig、Szent-Gyӧrgyiが行った研究は[23]、現在では炎症に対する理解を深める上で重要な位置を占めている。アルバート・ゼント=ギュルジーのタンパク質における半導電という極めて重要な概念は、地球からの電子がどのように体全体に半導電され、サイレント炎症(炎症研究者により導入された用語)を含む炎症が発生する可能性のある場所で、炎症を素早く中和し、それによって慢性炎症、慢性疾患、自己免疫疾患につながると考えられているプロセスを停止させることができるかを理解するのに役立つ。

皮膚表面から傷害部位や炎症部位への電子の流れは、多成分系における電子の流れに関する通常の規則に従う。さらに、このような電荷移動は、反対電荷間の引力という確立された原理によって駆動される。しかし、電子移動反応の速度と「駆動力」の関係には、魅力的で予期せぬパラドックスがある。カリフォルニア工科大学のルドルフ・マーカス(Rudolph A. Marcus)は、化学者の直感では全く予期していなかった現象を予測した。駆動力があるレベルを超えて大きくなると、電子移動は予想されるように速くなるのではなく、遅くなり始める。

奇妙に思えるかもしれないが、この現象は実験的に確立され、マーカスは化学系における電子移動反応の理論への貢献により、1992年にノーベル化学賞を受賞した[24]。その結果、電子移動プロセスは必ずしも大きな電位差を必要とせず、電位差が小さい場合には実際に速くなることがある。

この迅速かつ自然な方法によって、体内のあらゆる場所で炎症が解消されるのは、さまざまな白血球とそれらが分泌する有毒な活性酸素が傷害部位に限定され、正電荷を帯びた活性酸素が近くの健康な組織に流出する前に電子によって中和されるときである。言い換えれば、傷害の周囲の損傷を受けていない部位に活性酸素が漏れ出すことによる健康な組織への「付随的損傷」がほとんどない場合に、最適な治癒が行われる。巻き添え損傷を減らすことは、いわゆる。「炎症性バリケード」の形成を抑止し、そうでなければ循環する抗酸化物質や修復・再生細胞の修復領域への進入を妨げると考えられている。損傷部位周辺の炎症性バリケードは、免疫系が後始末と修復プロセスを完了させようと、様々な白血球を送り続ける悪循環の一因になると考えられている。また、この「悪循環」が長引くことで、最終的に慢性炎症につながり、慢性疾患や自己免疫疾患につながるとも考えられている[25]。

考察

この記事は、クリントン・オバー、アルバート・セント=ギュルジ、ポール・リドカー、そして彼らの同僚たちの研究が、世界中の何百万人もの人々に影響を及ぼしている慢性疾患や自己免疫疾患に対する理解を深めることにつながったことを記念するものである。

時には、全く異なるソースからの科学的発見が収束し、医学と健康の劇的な進歩につながる、何か新しい予期せぬものを明らかにすることがある。「目標を共有した総合的なアプローチを用いて、コンバージェンスは既存の人間の限界を超え、仕事、学習、老化、身体的・認知的健康のための条件改善を達成しようとする」[26]。この記事は、そのようなコンバージェンスの驚くべき物語を要約したものである。この物語は、全く異なる経歴を持つ3人のパイオニアに関するものである。これらの人物とその同僚が発見したことは、すべての人の健康とウェルネスに深く関わっている。クリント・オバー[図1A]をはじめ、世界中から集まった20人以上の同僚やまったく独立した研究者たち(補足ファイル1)は、人体のアース(接地)が、自己免疫疾患を含むさまざまな炎症症状の予防や治療に有効であることを証明した。この研究の最初の報告の1つは 2000年にオベールによって発表された[27]。同じ年、ハーバード大学医学部のポール・リドカーMDと彼の同僚は、hs-CRPと呼ばれる炎症の高感度検査の開発を報告し、世界中の研究者が慢性炎症と事実上すべての慢性疾患との関係を研究することを可能にした[28]。これらの発見はそれぞれ深いものだが、これらを総合すると、本稿の冒頭で概説した慢性疾患と自己免疫疾患の危機の原因と予防の両方を説明するのに役立つ。リドカーらの研究は、主要な医学雑誌に掲載された主要な論文に記録されている[28]パズルの3つ目のピースは、ノーベル賞受賞者アルバート・ゼント=ギュルジイ(Albert Szent-Gyӧrgyi)らによるもので、体内のタンパク質が半導電性であることを証明した。したがって本稿は、クリントン・オバー、アルバート・セント=ギュルジ、ポール・リドカー、そしてその同僚たちの研究が集結し、世界中の何百万人もの人々に影響を及ぼしている慢性疾患や自己免疫疾患の理解を深めることにつながったことを記念するものである。

現在、多くの医学研究者が、加齢に伴うあらゆる病気を含め、主要な健康問題や軽微な健康問題のほとんど全てに炎症が関係していることを認識している。この記事は、クリントン・オバー、アルバート・セント=ギュルジ、ポール・リドカー、そして彼らの同僚たちの研究が集結し、世界中の何百万人もの人々に影響を及ぼしている慢性疾患や自己免疫疾患に対する理解を深めることにつながったことを記念するものである。

オバーの初期の観察のひとつは、寝室には、壁の裏に隠された家庭用配線[図5A]や、時計型ラジオ、暖房パッド、電気毛布、ベッドランプなどの電化製品の電源コードから、高レベルの60Hzの電場が放射されていることが多いというものだった。これらの電源コードは、電化製品の電源が切れていても60Hzの電界を放射している。これらの電界は、人の体上や体内に測定可能な電界を引き起こす。これらの電界は、睡眠を妨げたり、体内の電気的・生化学的プロセスを阻害する可能性があるこれらの電界は、図5Bに示すように、簡単な電圧計で体上で測定することができる。家庭用電気による電界が、いかに睡眠を妨げ、他の多くの健康問題を引き起こすかについては、他の研究者たちによって文書化されている(補足ファイル2)。

図 5

図5

 (A)寝室の未完成の壁の裏側にある配線。B)人の体にかかる交流電圧を電圧計で測定することができる[64]。黒い端子は地中の棒に針金で接続され、赤い端子は右手に持ったプローブに接続されている。ここでは、17.1Vの電圧が人の身体で測定されている。経験と研究により、このレベルの電圧はリラクゼーションと睡眠を助長せず、補足ファイル2に列挙されている多くの慢性疾患と関連する可能性があることが示されている。


ケーブル業界を引退後、オベルは世界中の多くの人々に恩恵をもたらす重大な発見をした。結果としての健康革命は、単純な個人的観察から始まった。図5Bに示すような電圧計を使って寝室に強い電界があることを発見した彼は、寝室の窓から地面に押し込んだ金属製の支柱に通した電線に導電性の素材を接続して、自分の体をアースしてみた。横になり、体にかかる電圧が劇的に減少し、ほとんどゼロになったことに気づいたのは翌朝だった。彼はすぐに眠りにつき、いつもの鎮痛剤を飲まずにぐっすりと眠った。これは彼にとって最も珍しいことで、彼はこの経験について深く考えた。痛みとは炎症によって引き起こされるものであり、身体をグラウンディングさせることで、さまざまな手術の結果生じた炎症と長引く痛みが軽減されるに違いない。彼はその理由を突き止めようと決意した。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の図書館に行ったが、グラウンディングの健康への影響に関する文献は見当たらなかった。また、このテーマについて研究しようとするUCLAの科学者も見当たらなかった。オバーは、アースがどのようにしてこのような劇的な結果をもたらしているのかを正確に突き止めようと決意し、現在では世界中のあらゆる図書館でさまざまな本や雑誌に掲載されている文献を見つけることができるようになった。

やがてオバーが発見したグラウンディング睡眠の利点は 2004年に発表されたモーリス・ガーリー医学博士とデール・テプリッツによる正式な研究「コルチゾールレベルと睡眠、痛み、ストレスの主観的報告によって測定された睡眠中の人体グラウンディングの生物学的効果」に引き継がれた[30]。コルチゾールは「ストレスホルモン」とみなされている。被験者が選ばれた理由は、睡眠機能障害、痛み、ストレスの訴えがあったからだ。コルチゾールの概日プロファイルを確立するために、4時間間隔で唾液検査が行われた。その後、導電性マットレスパッドを用いて、8週間、各自のベッドで睡眠中に大地にアースされた。8週間後、被験者の24時間概日性コルチゾールプロファイルは正常化傾向を示し、コルチゾールが高めの人も低めの人も、アース後はより正常なプロファイルとなった。睡眠障害、痛み、ストレスなど、主観的に報告された症状は、ほぼすべての被験者で軽減または消失した。繰り返しになるが、60サイクルまたは50サイクルの送電線電界への曝露が、補足ファイル2に列挙されている多くの症状と関連していることは、他の研究者によってすでに示されていた。

オーバーは、アーシングがどのようにしてこのような劇的な結果をもたらしたのかを正確に突き止めようと決意し、現在では世界中のあらゆる図書館のさまざまな雑誌で目にすることができる文献を生み出した。

GhalyとTeplitzによる重要な研究[30]は、アーシングが睡眠の改善と概日コルチゾ ールリズムへの影響と関連していることを示した。内分泌系への影響は、ポーランドの医師であるKarolとPawel Sokalによって独自に確認された。彼らは、アーシングが睡眠中の血液化学に興味深い影響を与えることを発見した。糖尿病患者にとって特に重要なのは、糖尿病患者にアーシングを継続的に行うと血糖値が低下するという彼らの発見である[31]。

糖尿病患者にとって特に重要なのは、ポーランドの2人の先駆的な医師、カロル・ソカル医学博士とパヴェル・ソカル医学博士による、糖尿病患者の継続的なアーシングが血糖値を低下させるという発見である。

また 2006年にオベールがスポンサーとなった追跡調査では、アーシングによって、筋肉の弛緩や、自律神経のバランスがストレスの多い交感神経の活性化から落ち着きのある副交感神経の状態へと変化することで、全体的なストレスレベルと緊張の軽減が確認された[32]。

注意:この記事の著者は、専門的なアドバイスや医療サービスを提供することに従事しているわけではない。この記事に含まれるアイデア、手順、提案は、医師に相談する代わりになるものではない。健康に関するすべての事柄は、医師の監督が必要である。著者は、本記事内の情報や提案から生じたとされるいかなる損失や損害に対しても、責任を負わないものとする。本記事の読者であるあなたは、あなた自身の健康とヘルスケアに対して完全かつ全責任を負うものとする。

オベールは、地表の電気的な「グランドプレーン」に自分自身を接続することの生理学的な利点を認識し、建物内の人間にそのような接続を容易にする方法を開発した。電気工学では、グランドプレーンとは、電子回路や電気器具の基準点となる導電性の表面につけられる名称で、通常は地表に接続されている。生理学と生化学の観点からは、生命システムの適切な機能には電場が関係し、生化学には電子の動きが関係する。実際、ある有機化学の教科書には、生化学反応のほぼすべてが電子の流れに関与していると書かれている[29]。地球とつながることで、外部環境に電場があっても、体内の電気環境を安定させることができる。

人体の)すべては電気で動いている。この一見単純な観察は、私たちの身体的、精神的、感情的な健康についての考え方やアプローチの仕方に大きな影響を与える。

∼ McKusic (2021)[33]。

現代の住宅の電気回路は、大地に打ち込まれた金属棒に直接接続された接地システムを持っている。つまり、現代の住宅では、どの部屋でもすぐに大地に接続できるようになっているのだ。病室のコンセントも十分に接地されている。慢性疾患、自己免疫疾患、身体的外傷、慢性疼痛に苦しむ人々にとって、これらのアース端子は特に重要である。オバー氏は、ベッド、オフィス、座り心地のよい椅子、車内、ペットのクッションなどにアースの恩恵をもたらすシステムを開発した[図6][34]。

図 6

図6

慢性的な問題を抱える人や予防のためには、昼夜を通してグラウンディングを維持することが望ましい。睡眠中(A)、オフィス(B)、導電性ストラップ(C)、履物(D)、車内(E)、ペット(F)など、さまざまな技術によってこれが可能になる。アースのオートシートマット(E)は、オートコイルコードを通して自動車の金属フレームに接続する。これは真のアースを作るものではないが、運転中に蓄積される有害な静電気を体から引き離す。室内飼いのペットもアースシステム(F)に引き寄せられる。


オーバーが提唱した研究によると、人体をアースすること( アーシング )は、広範な生理的指標に対して速やかで、有益な効果をもたらすことがわかった。これらの測定可能な利点のそれぞれに対応して、裸足で歩いたり、住居の中にいながら人やペットを大地につなげるシステムを使ったりして、大地に触れる習慣が多くの実際的な健康上の利点をもたらすことを確認する、世界中の何千人ものアーシング愛好家からのフィードバック3があった[35](補足ファイル3)。この結果を説明する最善の方法は、地球とのつながりが炎症の解消に役立つということである。最も単純で明確な実証は、医療用赤外線画像によるもので、4に示したように、炎症によって引き起こされる「ホットスポット」が薄くなっていることを示している。

オバーらがアーシングを研究していた同時期(およそ2000年から現在)、ハーバード大学医学部のポール・リドカーMD MPHらは、hs-CRPと呼ばれる炎症の高感度検査を開発し、試験を行っていた。重要な転機となったのは、28,263人の一見健康な閉経後女性を3年間にわたって調査し、様々な炎症マーカーの基準値に関連する心血管イベントのリスクを評価した研究であった[28]。研究された12種類のマーカーのうち、hs-CRPが心血管イベントリスクの最も強い予測因子であった。これらの研究は数十年にわたって続けられた。2021年までには、高感度CRP(hs-CRP)は「心血管(CV)疾患の確立されたマーカーである」と独立して言えるようになった[36]。さらに、リドカーと彼の同僚は、場所を特定することは難しいが、最終的に慢性的な健康問題につながる可能性のある、静かな、またはくすぶり続ける炎症の可能性を認識した。

炎症とあらゆる慢性疾患との関係も、アーシングやグラウンディングがいかに幅広い健康効果をもたらすかを説明した。

CRPとはC反応性タンパク質のことで、主に肝臓で製造される物質であり、炎症や感染症があると平滑筋細胞、マクロファージ、内皮細胞、リンパ球、脂肪細胞によって製造される[37]。細胞や組織が傷害を受け炎症を起こすと、様々な因子が放出され、肝臓がC反応性蛋白(CRP)を合成し、血液中に放出する引き金となる。C反応性蛋白(CRP)は急性炎症性蛋白と呼ばれ、感染部位や炎症部位で最大1000倍まで増加する[37]。CRPは、死滅した細胞や一部の細菌の表面にある因子に結合する。CRPは白血球(マクロファージ)を引き寄せ、細胞の残骸や細菌、その他の微生物を取り込み、活性酸素を分泌する。

感度の高いhs-CRP検査は、臨床医学における大きなマイルストーンであった。なぜなら、世界中の研究者が、現代の慢性疾患の中で最も厄介で痛みを伴い、費用のかかるものの多くが炎症と相関していることを突き止めることができたからだ。この研究の結果、リドカーは世界で最も頻繁に引用される臨床研究者の一人となった。あらゆる種類の慢性疾患と炎症との関連は、アーシングやグラウンディングがいかに信じられないほど幅広い健康効果をもたらすかも説明している。現在、多くの医学研究者が、加齢に伴うすべての病気を含め、事実上すべての大小の健康問題に炎症が関係していることを認識している。

アーシングは、より多くの症状の緩和と結びつき続けている。アーシングを実践し、睡眠の改善、ストレスの低下、慢性疾患からの保護などの恩恵を受けることで、長寿が増進されることは理にかなっている。さらに、老化プロセスに関する最も広く研究されている説明は、老化はミトコンドリアで行われている酸化代謝中に生成される活性酸素によって引き起こされる細胞や組織への累積損傷から生じるというものである[38]。半導体の生体マトリックスは、ミトコンドリア・マトリックスと核マトリックスの両方に抗酸化電子を送り込むことができ、それによってミトコンドリアを酸化的代謝によって生成される活性酸素による「自己破壊」から守り、DNAを酸化的損傷から守ることができる。アーシングの研究者であるマーティン・ザッカーとガエタン・シュヴァリエは、アーシングと長寿について魅力的なエッセイを書いている[39,40]。

現在、多くの医学研究者が、加齢に伴うすべての病気を含め、事実上すべての大小の健康問題に炎症が関係していることを認識している。

アーシングは、より多くの症状の緩和と結びつき続けている。アーシングを実践し、睡眠の改善、ストレスの軽減、慢性疾患からの保護などの恩恵を受けることで、長寿が増進されることは理にかなっている。

アースをとることで睡眠が改善されることを知ったオベールと彼の同僚たちは、さまざまな生理学的パラメータに対するアースの効果について入念な研究を開始した。その結果、グラウンディングやアーシングをすることで、地球から移動電子が体内に入り込み、あらゆる慢性疾患に関連する痛みを伴う炎症を中和することができる、というのが最も適切な説明である。

アーシングの文書化されている効果

  • 睡眠の改善[30]:米国疾病管理センター(CDC)と米国睡眠協会によると、米国の成人5,000万~7,000万人が睡眠障害を抱えており、居眠り運転は米国で年間1550件の死亡事故と4万件の非致死的傷害の原因となっている[41]。また、「ストレスホルモン」であるコルチゾールの夜間のリズムが正常化する。アーシングを10年間患者に勧めているある医師は、このように語っている:アーシングを始めたばかりの患者から最初に聞く感想は、たいてい。「ここ数年で一番よく眠れる」というものだ。
  • 事実上すべての原因による疼痛の軽減[[42] [43] [44]。
  • 急性または慢性の炎症が減少した[45]。
  • リラックス[46]:自律神経系は交感神経の活性化から副交感神経へと移行する。
  • 怪我の治癒を促進する[42] [43] [44]。
  • 心拍変動が増加し、心臓血管系の健康状態の指標となる[45].
  • 血液粘度の低下[47]。広範な研究により、世界第一の殺人者である心血管系疾患のほぼすべてが、血液粘度の上昇に関係していることが明らかになっている。循環器専門医の中には、血液粘度が長寿の鍵であると考える者もいる。
  • 血液の粘度が下がると、血流が改善され[44]、全身に重要な酸素と栄養が供給され、代謝老廃物の排泄が促進される。
  • 活力が向上する:研究では、被験者は見た目も気分も明らかに良くなった[48,49]。
  • ホルモンや月経の症状を軽減する。
  • 筋肉の緊張を和らげ、頭痛を軽減する。
  • 外傷、怪我、スポーツ/運動による治癒を促進する[42,43]。
  • 健康を害する可能性のある電磁場(EMF)から身体を保護する[27,50]:参加者がアースをとった場合、アースをとらなかった場合と比較して、交流の体内電圧は平均58倍低下した。家庭やオフィスに存在する通常のレベルの電磁場は、接地した人に有害な電流を発生させるには低すぎる[50]。
  • 高血圧患者の血圧を改善する[51]。
  • 未熟児:アーシングは、生命維持装置からの電磁場に囲まれた保育器の中にいる脆弱な未熟児の回復力を向上させることにより、未熟児にとって安全で有益である[52]。
  • アルツハイマー病:台湾から:グラウンディングは、軽度アルツハイマー病患者の睡眠の質を改善することができる[53]。
  • セラピストの保護:あらゆる種類の実技療法士は、患者をグラウンドに立たせることで利益を得ることができる[54] [55] [56] [57]。

ハーバード大学の研究(Ridkerら)から続く炎症に対する新たな理解の進化は、PubMedと呼ばれる米国国立医学図書館のデータベースを参照することでたどることができる[58]。このデータベースは、MEDLINE、ライフサイエンス雑誌、オンライン書籍から引用された生物医学文献の3,400万件以上から構成されている。2000年にRidkerのグループがブレイクスルー論文を発表した後、炎症と様々な疾患との関係を示す研究が急激に増加した。これらの疾患の現在のリストを表1に示す。この研究は、アーシングやグラウンディングのような抗炎症法が、このような幅広い症状の患者にどのような恩恵をもたらし、その過程で長寿を増進させるかを説明するのに役立つ。

表1 炎症+に関するPubMedのリスト(8/23/2022現在)

  • 高齢化率 24,084
  • アルツハイマー病 10,039
  • 関節炎 41,111
  • 喘息 28,461人
  • アテローム性動脈硬化症 25,708
  • 腸疾患 44,995
  • がん 104,666人
  • 肝硬変 15,170例
  • 嚢胞性線維症 4714
  • 糖尿病 49,299
  • 髄膜炎 7648
  • 多発性硬化症 9718
  • 骨粗鬆症 3042
  • 前立腺がん 3232
  • 乾癬 6774
  • 関節リウマチ 21,093人

さらに、アーシングが喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患に対して非常に効果的であるという私たちの観察に基づき、COVID-19感染によって致命的となるサイトカインストームや肺炎は、各肺にアースパッチを貼り、そのワイヤーを電気系統のアースポートに差し込むだけで、緩和または予防できるかもしれないと提案した[図7]。私たちはこの提案を2020年8月3日に発表した[59]。私たちの提案は推測に過ぎなかったが、その数ヵ月後の2020年12月、イラクのバスラ大学医学部のハイダー・アブドゥル=ラテーフ・ムーサ教授が、アーシングによって重篤なCOVID-19感染を予防・治療できることを証明する論文を発表した[60]。彼は、アーシングを1日15分から3時間使用し、COVID-19感染症の59症例を調査した。彼は、呼吸困難(呼吸がしにくい、苦しい)のために話すこともできず、連続酸素供給で血中酸素濃度が38%になった重症患者において、目を見張るような反応が見られた例を挙げている。毎日3時間のアーシングの2日目には、酸素濃度は酸素供給ありで95%、酸素供給なしで77%まで上昇した。1〜3日間のアーシングで、59人の患者のほとんどが、発熱、呼吸困難、咳、脱力感、頭痛、胸痛、味覚・嗅覚障害、食欲不振、体の痛みなどの症状が改善した。

図 7

図7 各肺にアースパッチを貼ることで、COVID-19による重度の呼吸困難から迅速に解放される。配線は電気系統のアースポートに差し込む

10階の健康

Gaétan Chevalier博士は、高層ビルに住むことが健康に悪影響を及ぼすという証拠について論じている[61]。具体的には 2009年、Wolinsky博士らは、メディケアに加入している高齢者(70歳以上)の大規模な全国代表サンプルのデータを用いて、平屋住宅と比較して、高層住宅に住むと脳卒中リスクが有意に高くなることを示した[62]。また 2005年には約15万人の米国人が脳卒中で死亡し、脳卒中は米国における死因の第3位であったことも報告している。

この情報がどのようにアーシングに関係するかを理解するために、図8[63]を参照してほしい。絶縁靴を履いて地表に立つと、頭のてっぺんが地面に対して200 Vほどプラスになるように、体に電気勾配が生じることに注意してほしい。地面に接地していれば、このようなことは起こらない。アースをとっていない人の電気勾配は、ビルの高層階に行くほど大きくなる。高層ビルの高層階に住む人々へのアドバイスとしては、周囲の電界によってどれだけのストレスを受けているかを調べるために、自分の体にかかる電界をテストすることである。シュヴァリエ博士は、このような測定の方法について簡単にまとめている[64]。

図 8

図8 地球の表面には豊富な電子があり、マイナスの電荷を帯びている。

左は、晴れた日に外で靴を履いて立っているか、木やビニールの床やアスファルトのような絶縁体の上に立っている場合、地球とあなたの頭のてっぺんの間には約200Vの電荷がある。つまり、外で素足で立っていたり、導電性の靴を履いていたりすると、体全体が地球の表面と電気的に接触していることになる。身体は比較的優れた導体なのだ。あなたの皮膚と地球の表面は、同じ電位で連続した帯電面を形成している。また、右の図では、アースされている場合、帯電した部分が押し上げられ、頭から離れていることに注目してほしい。地球と直接接触している物体(人、犬、木など)は、このようなシールド効果を生み出す。その物体は基本的に、地球の自然電場の保護「傘」の中に存在しているのだ。この保護現象は、手首用アースパッドや足用アースパッドなどの接地器具で大地とつながっている場合、家やオフィスの中でも起こる。Ober C, Sinatra ST, Zucker M. Earthing: The Most Important Health Discovery Ever?Laguna Beach, CA: Basic Health Publications; Second Edition, 2014, p. 76[63 ].

エネルギー不足?

最後に、アーシング愛好家たちからの広範な未承諾のフィードバックによると、多くの人がアーシングの後、よりエネルギッシュになったと感じている。イギリスからの例「私は本当に疲れていて、だるく、エネルギーがまったく感じられなかった。最初は半信半疑だったが、自宅とオフィス用にグラウンディングマットを購入した。グラウンディングを始めてから、気分も睡眠もとても良くなり、以前よりずっとエネルギーがあるように思える」[65]。体内の主要なエネルギー分子であるアデノシン三リン酸(ATP)は、ミトコンドリアの電子伝達鎖によって生成されるため、このエネルギー効果は驚くべきものではない。このことは直接研究されていないが、アースを頻繁に取らないことによる電子不足は、ミトコンドリアの電子輸送鎖の電子不足をもたらす可能性がある。アースされた体には、体内のすべての細胞のミトコンドリアのための電子が豊富にあると予想される。

結論

アーシングやグラウンディングの研究を要約すると、「大地とつながることは簡単で、多くのメリットがある」ということになる。靴と靴下を脱いで裸足になり、芝生の上やビーチの濡れた砂の上を歩くだけで、誰でもコストをかけずに試すことができる。さらに、地球とのつながりを家庭やオフィスに持ち込むためのさまざまな方法が開発されている。慢性的な病気を避けたい人や、慢性的な病気や大怪我からの回復を必要とする人にとっても、アース接続は重要であることが示唆されている。アーシングの研究により、炎症の本質と、慢性疾患や自己免疫疾患につながる理由が新たに明らかになった。古代に認識され、現在でも西洋医学では傷害に対する一般的な反応として受け入れられている炎症バリケードが、形成される必要がないことがわかる。慢性炎症の予防は、人体がアースされており、生体マトリックスが適切に機能していれば、傷害に隣接する健康な組織への「付随的損傷」を防ぐことができる電子で体内組織を飽和させることによって達成される。同様に、アーシングは、活性酸素(しばしばフリーラジカルと呼ばれる)によって引き起こされる酸化的損傷から細胞や組織を保護することによって、老化の進行を遅らせることができる可能性がある。

この記事の著者は、専門的なアドバイスや医療サービスを提供することに従事しているわけではないことに留意されたい。この記事にある考え、手順、提案は、医師に相談する代わりになるものではない。健康に関するすべての事柄は、医師の監督が必要である。本記事の情報や提案に起因するいかなる問題に対しても、著者は責任や義務を負わない。

利益相反宣言

著者は生物物理学者/細胞生物学者。20年ほど前から、アースフェックス・インコーポレイテッドなどの有料コンサルタントを務めている(助成金などの資金源はない)。

脚注

長庚大学の責任による査読。

1『アーシング・ムービー』を見る:ロサンゼルス・ダンス・ウィズ・フィルム・フェスティバルの観客賞(最優秀ドキュメンタリー賞)を受賞した『アーシング・ムービー:グラウンディングの驚くべき科学』。サンダンス賞を受賞したジョシュ&レベッカ・ティッケル監督作品(『The Big Fix』『FUEL』など)。グラウンディングのパイオニアであるクリント・オバー、作家のディーパック・チョプラ医学博士、女優・活動家のエイミー・スマート、マリエル・ヘミングウェイ、心臓専門医のスティーブン・シナトラ博士、代替医療の提唱者として知られるジョセフ・マコーラ博士、エンジニアで物理学者のガエタン・シュバリエ博士、生物物理学者のジェームズ・オッシュマン博士などが登場する。

Earthing Movie:The Remarkable Science of Grounding
『アーシング・ムービー:アーシングの驚くべき科学』(2019)日本語字幕あり

2アーシング:史上最も重要な健康の発見!(2011年ノーチラス賞ウェルネス/予防/ヘルス&ヒーリング部門受賞ノーチラス賞は、精神的な成長、意識的な生活、前向きな社会変革を促進し、同時に「想像力」を刺激し、より良い人生とより良い世界のための「新たな可能性」を読者に提供する書籍を表彰するものである。

3フィードバックとテスティモニアルを区別することに注意。アメリカでは、製品について熱狂的なコメントをしてくれる人をいつでも見つけることができたり、お金を払ったりすることができるため、体験談を許可していない州もある。アーシングに関するフィードバックの多くは、自発的なものであり、最も一般的なものの1つは、アーシングによって悲惨で長引く健康状態が解消されたため、「私の人生を取り戻してくれてありがとう」というものである。

付録Aこの記事の補足データは、doi.org/10.1016/j.bj.2022.10.004。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました