書籍:『メラトニン奇跡の分子』(2022)

メラトニンワクチン後遺症治療生物毒素・カビ毒・3型睡眠神経発達障害(自閉症・ADHD)電磁波・5G・6G

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Melatonin Miracle Molecule: Transform your life with Melatonin. Why higher doses are safe and benefits beyond sleep as the bodies master stress resilience molecule for healing & longevity.

ジョン・リューランス

免責事項

本書に含まれる情報は、教育および娯楽目的のみのものであることに留意されたい。正確で最新の、信頼できる完全な情報を提供するために、あらゆる努力が払われている。いかなる種類の保証も宣言または暗示されていない。読者は、著者が法的、財政的、医学的、または専門的なアドバイスの提供に関与していないことを認める。本書の内容は、さまざまな情報源から得たものである。本書に概説されているテクニックを試す前に、免許を持つ専門家に相談されたい。

本書を読むことにより、読者は、いかなる場合においても、本書に含まれる情報を使用したために発生した、直接的、間接的を問わず、いかなる損失(誤り、脱落、不正確さを含むが、これらに限定されない)についても、著者が責任を負わないことに同意する。

医学的免責事項

本書は、メラトニンに関する著者の個人的な経験と意見を詳述したものである。

著者および出版社は、本書およびその内容を「現状有姿」で提供し、本書およびその内容に関していかなる種類の表明または保証も行わない。著者および出版社は、特定の目的に対する商品性および健康管理などの保証を含め、そのような表明および保証をすべて否認する。さらに、著者および出版社は、本書を通じてアクセスできる情報が正確、完全、または最新であることを表明または保証しない。

製品やサービスに関する記述は、米国食品医薬品局によって評価されたものではない。また、いかなる症状や疾患の診断、治療、治癒、予防を目的としたものでもない。本書に記載されている提案や推奨事項については、ご自身の医師または医療専門家にご相談いただきたい。

本書に特に明記されている場合を除き、著者、出版社、著者、寄稿者、その他の代表者のいずれも、本書の使用に起因または関連して生じた損害について責任を負わない。これは、補償的損害、直接的損害、間接的損害、派生的損害、データ、収入、利益の損失、財産の損失や損害、第三者からの請求など、あらゆる種類の損害に適用される包括的な責任の制限である(ただし、これらに限定されない)。

本書は、医師などの資格を持つ医療従事者への相談に代わるものではないことを理解すること。健康管理プログラムを開始する前、またはライフスタイルを変更する前に、医師またはその他の免許を持つ医療従事者に相談し、あなたが健康であること、および本書に含まれる例があなたに害を与えないことを確認すること。

本書は健康問題に関連する内容を提供している。そのため、本書の使用は、この免責事項に同意したことを意味する。

謝辞

何よりもまず、いつも私を支え、信じてくれた母パメラに本書を捧げたい。彼女もまた、高用量メラトニンから大きな恩恵を受けていることを嬉しく思う。

また、メラトニンとその機能を理解し、その秘密を分かち合うことにキャリアの大半を費やしてきたラッセル・ライター博士に本書を捧げたい。また、フランク・シャレンバーガー博士にも感謝したい。彼の提案がなければ、この本は生まれなかったかもしれない。

さらに、オゾンやメラトニンの大量摂取など、多くの強力で自然な戦略を強調するために長年にわたってたゆまぬ努力を続けてきたシャレンバーガー博士、メラトニンの秘密を明らかにする研究に生涯を捧げてきたヴェンカタラマヌジャム・スリニヴァサン教授、パトリック・ジェンテンポ博士とその妻ローリ、ジョー・マーコラ博士、ダニエル・ポンパ博士などの同僚たちに謝意を表したい。また、サラ・カーニギー、キャンディス・ジョンソン、アイリーン・メレンデス、ダニエル・キルシュナー博士をはじめとする私のスタッフ、そしてメラトニンの物語を分かち合うために私の旅に付き合ってくれた他のすべての人々。

最後に、私を信頼し、メラトニンを使って人生を向上させる旅を始めてくれたすべての人々に捧げる。

目次

  • 献辞
  • 1. 奇跡の分子入門
  • 2. メラトニンと精神的ストレス
  • 3. メラトニンはどのようにミトコンドリアをサポートするか
  • 4. メラトニンと神経の健康
  • 5. メラトニンと免疫システム
  • 6. メラトニンと感染症
  • 7. メラトニンと自己免疫疾患
  • 8. メラトニンと心血管
  • 9. メラトニンと性ホルモン
  • 10. メラトニンと変性神経疾患
  • 11. メラトニンと腸
  • 12. 時差ぼけと交代勤務者の睡眠覚醒サイクルの乱れに対するメラトニン
  • 13. メラトニンと肌
  • 14. メラトニン、EMFとメラトニンディスラプター
  • 15. 子供のためのメラトニン
  • 16. 糖尿病のためのメラトニン
  • 17. 大麻と睡眠、メラトニンのマリファナとの関係
  • 18. メラトニンによる肝障害の治療
  • 19. メラトニンと癌
  • 20. 松果体
  • 21. 超生理学的投与

1 奇跡の分子入門

メラトニンは、一般に睡眠ホルモンあるいは暗闇のホルモンと呼ばれ、一般にはあまり知られていないが、非常に重要な役割を担っている!メラトニンは睡眠のために働くが、本書を読めば、メラトニンが24時間体制であなたを守っていることがわかるだろう。多くの医師はメラトニンのことをよく理解しておらず、一般の人々には、過剰摂取は危険だとか、体がメラトニンに依存するようになり、自分でメラトニンを作れなくなるとか、誤った誤解を招くような情報が伝えられている。私は世界のトップ科学者にインタビューし、ほとんどすべての研究に目を通し、メラトニンは一般的に推奨されている量よりはるかに多く摂取しても安全であるだけでなく、他の物質ではできないような細胞レベルであなたの健康に働きかけ、命を救うことができることを発見した。私は、このホルモンが単に回復睡眠を助けるだけでなく、多くの薬効があることを理解するようになった。科学者たちが深く掘り下げるにつれ、多くの病気の治療や予防におけるメラトニンの新たな用途が見つかっている。このため、研究者や医師たちは腰を上げ、メラトニンに注目するようになった。

この奇跡の分子が現代医学に無視されてきたことは、私にとって驚くべきことではない。大手製薬会社は、特許を取れる分子を作ろうと、メラトニンに構造的に近い分子を再現しようと懸命になっているが、成功していない。この分子を少しでも変えると、天然のメラトニンのような魔法は使えなくなる。

ビッグファーマが研究費をつぎ込むのは治療薬ではないし、メラトニンのような「特許の取れない」分子に予算が割かれることもない。彼らが好むのは、長期的な投薬スケジュールであり、それによってドルが転がり込み、株価が上がり、株主が満足するのだ。病気を癒し、治し、予防できる奇跡的な化合物を探しているなら、メラトニンで見つけることができる。

ビッグファーマは今やメディアを所有し、COVIDの検閲は米国で最悪の状態にある。メラトニンがCOVID-19感染者の命を救うことができるという最近の研究結果でさえ、それは黙殺されている。私はFDAとFTCにさえ黙殺されている。私はMitoZen.comのサイトで、メラトニンとウイルス感染やCOVID-19との関係に関する科学的データの数々を共有し、そのメカニズムについての説明や、数百ミリグラムの投与を行っている一流の病院へのリンクも掲載してきた。私はそれをすべて削除するよう求められた。国民にこの重要な情報を提供しないのは、このパンデミックの解決策であると宣伝されているワクチンに国民の関心を向けさせるためである。

知っておいてほしいのは、ワクチンはCOVIDに感染しないようにすることはできないということだ。この重篤な段階はまれで、一般的に高齢者や健康状態の悪い人に見られる。第6章では、メラトニンがどのようにこれらの影響や、EBOLAやCOVIDのような他の多くの重篤で致死的な感染症からあなたを守ることができるかを取り上げている。

メラトニンはリスクゼロで、ワクチンよりも良い答えかもしれない。しかし、悲しいかな金と政治に基づく現在の医療制度のせいで、これが日の目を見ることはないだろう。主流メディアの外に目を向け、答えを求め、ワクチンに関連するリスクを理解し、代替の選択肢と長年の研究に基づく潜在的な安全性と有効性を判断するのは、あなた次第なのだ。本書は、メラトニンの知られざる効能を解き明かし、単なる睡眠ホルモンではなく、私が「奇跡の分子」と呼ぶメラトニンの可能性に光を当てることを目的としている。

本書では、あらゆる研究を掘り下げ、高用量メラトニンの使用にまつわる私自身の洞察を私自身の患者に提供する。しかしその前に、私がメラトニンとその効果に興味を持ったきっかけから話を始めよう。

高用量メラトニンとの出会い

私が通常より高用量のメラトニンを使うことを知ったのは、2017年にフォートローダーデールで開催された大規模なプレゼンテーションに参加したときだった。発表者はメラトニンの超高用量使用について議論していた。

私の隣に座っていた医師は、これはここ最近学んだ中で最もエキサイティングな臨床的真珠のひとつであり、自分のクリニックで患者に高用量のメラトニンを使い始めたと言った。これは私の関心を引いた!

その直後、私はネバダ州リノのフランク・シャウレンバーガー医師のもとでインターンをしていたのだが、シャウレンバーガー医師ががん患者だけでなく、アルツハイマー病、パーキンソン病、TBI(外傷性脳損傷)などの神経学的症例の多くに数百ミリグラムのメラトニンを使用しているのを見て衝撃を受けた[1] [2] [3]。

私自身、慢性的なライム病とカビの病気で脳に損傷を負い、インターンとしてシャレンバーガー医師のもとで治療を受けることになった。

私は、会話で正しい言葉を見つけることができず、記憶力や集中力に問題があった。シャレンバーガー医師は200mgのメラトニンを就寝時に経口投与するよう処方した。もし私が耐えられるなら、毎日200mgずつ服用するようにとまで言ってくれた。うわぁ、一日中眠れないだろうか?そうではないかもしれないが、これについては後で説明しよう。

ここから、メラトニンの奇跡的な効能を知る旅が始まった!

メラトニンの研究を掘り下げれば掘り下げるほど、私は自分自身のためだけでなく、患者のためでもあることに興奮するようになった。

メラトニンは、細胞が「クリーン」で効率的なエネルギーを作る能力に関わる、最も深い細胞レベルで働く。メラトニンは細胞のクォーターバックのようなものだ。そして、2021年のタンパベイのように優れたクォーターバックがいるとどうなるか、私たちは皆知っている。あるいは、クォーターバックがサックされ、プレーが死んでしまったときに何が起こるか!

フットボールを理解していないなら、ゲームがこのポジションで始まり、このポジションで終わることを理解すればいい。このゲームは私たちの細胞内で、多くの選手たちによってプレイされている!体内のあらゆる細胞で起こっている化学反応について語るとき、酸素の存在下でエネルギーとしてグルコースを燃焼させることを考える必要がある。このプロセスこそが、体内および各細胞の生命エネルギーの核心なのだ。

私たちはこのプロセスを深く掘り下げ、メラトニンがこのプロセスや「ゲーム」を、ちょうどフットボールのクォーターバックがショットを指示するように、整理されたクリーンな状態に保つために極めて重要であることを理解するつもりだ[4]。

過去数十年にわたって実施されてきた研究で示された驚くべき効果について熟考し、検討し始めると、なぜメラトニンが多くの症状に対してより一般的に使用されないのか、その理由を理解するのは難しい。メラトニンは、体や細胞を深いレベルで調整する能力があるため、慢性炎症に根ざしたさまざまな病気について考慮すべき重要な分子である。ほとんどの病気は炎症に根ざしており、それ自体が細胞レベルでの汚れた非効率的なエネルギー生産に根ざしている。本書を読めば、細胞のエネルギー不足が毒素の蓄積につながり、感染症の暴走を許していることがわかるだろう。

研究者たちがこの奇跡の分子の研究を始めた当初、私はメラトニンが人間を含むすべての動物にもたらす恩恵を判断するのに苦労した。実際、科学者たちがメラトニンの研究を始めた当初、健康上の利点は何も見つからなかった。メラトニンは主にストレス保護に関与しており、通常の環境(ストレスのない環境)で動物モデルにメラトニンを与えても何の効果も見られなかったのだから、驚くにはあたらない。言い換えれば、リッツ・カールトンで生活している(ストレスのない)マウスにメラトニンを与えても、メラトニンのグループとプラセボのグループに有意差は見られなかったということだ。繰り返しになるが、これは主にメラトニンが細胞レベルでストレスから体を守る能力を持っているためである。

メラトニンの奇跡的な治癒能力が輝き始めたのは、研究対象の動物たちにストレスを与え始めてからだった。動物たちにストレスがかかる状況をシミュレートするために、小さなピンホールのある小さなチューブに動物たちを一日数時間入れたのだ。すると、メラトニンを投与したグループには著しい改善が見られた。メラトニンを摂取しなかった動物と比較すると、メラトニンを摂取したグループは体重の減少が少なく、かなり長生きし、病気を避けることができた。

老化を遅らせたい、脳機能を向上させたい、あるいは、細胞レベルでの効率的なエネルギー産生の欠如が過剰な炎症を引き起こしている病気に苦しんでいる、そんなあなたのために本書では、メラトニンがどのようにしてこの炎症や「サイトカインストーム」を鎮めることができるかを詳しく紹介する。

メラトニンが十分に分泌されないと、これらの細胞プロセスに影響を及ぼし、ライム、インフルエンザ、COVID-19などの感染症、がん、自己免疫疾患など、いくつかの疾患のリスクを高める可能性がある[5] [6] [7] [8]。

後ほど、メラトニンのサプリメントと、細胞レベルで酸化や炎症から体を守ることによって最適な健康を取り戻すためのサプリメントの使い方について説明する。

メラトニンとは何か?

一般的に、メラトニンは「暗闇のホルモン」と呼ばれ、私たちの体内で自然に生成される。このホルモンは日中、松果体に貯蔵され、夜が近づいたり、体が暗闇にさらされたりすると、松果体から分泌される[9] [10] [11]。さらに、メラトニンは腸内でも生成され、腸を保護し、マイクロバイオームの健康を促進するのに役立っている。ある程度の量のメラトニンは、眼内液と呼ばれる目の体液の中でも生成される。

メラトニンは基本的にメトキシインドール化合物であり、通常の環境条件下では内因性の分泌リズムに従う。つまり、メラトニンの分泌は、体内時計または概日リズムによって設定される内因性リズムまたは体内リズムによって調節される。

メラトニン分泌の内因性リズムは、昼間の明るい光と夕方から夜にかけての暗闇のサイクルに同調している。体が浴びる光の強さによって、メラトニンの分泌を同調させたり抑制させたりすることができるのだ。

それだけではない。

メラトニンの分泌量と分泌のタイミングに関しては、さまざまな要因が絡んでいる。

脳にある視交叉上核は、1日のさまざまな時間帯に体内で分泌されるメラトニンの量を決定するのに重要な役割を果たしている。さらに、メラトニンの分泌は、夜の長さや暗さに合わせて、季節に合わせた調節も行っている。

メラトニンはトリプトファンからセロトニンに、そしてメラトニンに合成される。

以下に化学的概略図を示す。

メラトニンの主な機能は何だと考えられているか?

睡眠と覚醒のサイクルにおけるメラトニンの主な生理的機能は、明暗への露出に関する情報をすべての器官、特に脳に伝えることである。メラトニンによって伝達された情報は、各器官によって、季節リズムのような光周期の変化に対応するさまざまな機能の組織化に利用される。

さらに、毎日のメラトニン分泌は、夜間のシグナル伝達を行う強固な生化学的メカニズムとして機能する。このメカニズムは、組織や臓器が概日リズムの組織化と調節に利用できる。

メラトニンは、概日リズムと睡眠覚醒リズムおよび体芯温との結合をさらに安定させ、強化することができる。概日リズム組織は、抗酸化作用や免疫防御、グルコース調節、止血などを制御しており、これらもメラトニンが伝達する生化学的シグナルに依存している。

メラトニンは様々な疾患、特に睡眠不足に関連する疾患の治療法として大きな関心を集めている。いかに多くの病気が睡眠不足と関連しているかを知ったら、きっとショックを受けるだろう。この奇跡の分子は、抗酸化作用、抗炎症作用、内皮保護作用、抗凝固作用を持っている。

これはメラトニンができることのほんの一端に過ぎない。本書の次の章に進むにつれて、メラトニンの機能と利点についてさらに多くのことを学ぶことになるだろう。

松果体はメラトニンの主要な産生場所である。松果体については、松果体の章で詳しく説明する。

松果体科学の歴史

松果体が、現在メラトニンとして有名な生物学的に活性なホルモンを産生するという最初の証拠は、ウシから得られた松果体組織抽出物の薬効によって明らかにされた。この松果体抽出物は、メラニンの凝集を調節することによって、カエルのメラトニン色素沈着を修正できることが発見された。

メラトニンは、メラニンの凝集を調節するという特殊な性質から、研究者たちがメラトニンと名付けた。この発見は後に、メラトニンを白斑の治療に使おうとする試みにつながり、その効果は証明された。これについては第13章で深く掘り下げる。この研究はまた、メラトニンの睡眠促進作用の偶発的発見にもつながった[12] [13] [14] [15]。

メラトニンの分泌、放出、貯蔵

メラトニンは松果体で分泌される主要なホルモンである。暗闇に反応して合成されることから、「暗闇のホルモン」と呼ばれている[16]。

メラトニンはセロトニンと呼ばれるホルモンから生成される。セロトニンは、酵素反応の連鎖によってトリプトファンというアミノ酸から誘導される神経伝達物質である。セロトニンは松果体でアセチル化され、その後メチル化されてメラトニンを生成する。

この経路の最後の2つのステップでは、AANAT(アリールアルキルアミンNアセチルトランスフェラーゼ)と呼ばれる別の酵素が触媒となって、セロトニンがNAS(N-アセチルセロトニン)に変換される。続いてNASがメラトニンに変換される。このプロセスはさらに、HIOMT(ヒドロキシル-インドール-O-メチルトランスフェラーゼ)という酵素によって触媒される[17] [18]。

このプロセスがどのように始まるのか不思議に思うかもしれない。たまたま、松果体が神経節後線維と呼ばれる線維から信号を受け取り、セロトニンの生成と放出につながるのだ。同じ過程でサイクリックAMPの産生も増加し、メラトニンの分泌に重要なAANATが活性化される。

メラトニンは松果体から分泌され、血流にのってあらゆる組織に浸透する。松果体は、主に暗闇の中でメラトニンを分泌するように刺激されるが、明るい光にさらされると、これらのメカニズムが阻害され、メラトニンの産生が減少することがある[19] [20]。

暗闇のサイクルにおけるメラトニン分泌の独特なパターンの背後にあるメカニズムは、NATの活性に起因することができる。NATは律速酵素であり、日中は低く、暗闇の段階でピークに達する傾向がある。つまり、NATのレベルが高くなるとき、つまり暗闇にさらされるとき、メラトニンレベルはピークに達し、その逆もまた然りなのだ。

しかし、セロトニンからメラトニンへの変換に関与するメチルトランスフェラーゼと呼ばれる別の酵素の活性は、このような光曝露パターンに関連した調節を示さない。暗さはメラトニンの分泌に必要な第一の基準である。メチルトランスフェラーゼに関連する他のいくつかの要因も、体内で分泌されるメラトニンの量を決定する可能性がある。

メラトニン生成における血液脳関門の役割を理解する

興味深いことに、松果体は胎生期(胎児がまだ形成されている間)には脳の一部であるにもかかわらず、血液脳関門の外に位置している。その結果、松果体は脳や中枢神経系との直接的なつながりを失ってしまう。松果体がメラトニン産生の調節を交感神経とセロトニンによる刺激に頼らなければならないのは、このためである。

松果体が血液脳関門による制約から逃れられるということは、松果体がトリプトファンをより多く取り込み、暗闇に反応してメラトニン産生を増加させることができるということでもある。血液脳関門から自由に脱出できることで、メラトニンは酵素による早期分解から相対的に保護され、メラトニンレベルは10倍から20倍に上昇する。

血液脳関門の正確な役割については、今後の章で説明する。今、メラトニンの分泌に関与する様々なプロセスについて議論しているところであるが、このホルモンの産生は、その特異的な位置のおかげで、血液脳関門とはある程度独立していることを理解することが不可欠である[21]。

メラトニンの分泌はどのように調節されているのか?

松果体におけるメラトニンの日内リズム産生は、概日時計によって駆動される。この「時計」は、一連の時計遺伝子を発現する視交叉上核と呼ばれる脳の領域によって制御されており、その遺伝子は一日を通して連続的に振動する傾向がある。

この振動は、網膜に降り注ぐ光線を通して太陽の昼夜と同期している。視交叉上核は複雑な経路で松果体とつながっている。その経路は脊髄の脳のさまざまな部位を通り、最終的に松果体に達する。

昼間、視交叉上核は松果体に抑制シグナルを送ることで、メラトニンの分泌をブロックしている。しかし夜間は、視交叉上核はそれほど活発ではない。そのため、昼間に誘導された抑制が解除され、松果体によるメラトニン分泌がより強力に再開されるのは明らかだ。

このことから、光がメラトニン産生にとって最も重要な調節因子であることは明らかである。第一に、脳の特定の部分(視交叉上核)をリセットし、メラトニン分泌のタイミングをコントロールすることができる。第二に、生物学的な夜間に身体を光にさらすこと、正確には光が不足することで、メラトニンの分泌が減少する[22]。

睡眠のためのメラトニンの安全性プロファイルと投与

メラトニンでググると、WebMDを含む複数のサイトで、めまい、頭痛、吐き気、興奮などの副作用が報告されている。しかし、これらの副作用はプラセボ群でも同様に起こったという研究に基づいている。これは一般大衆に混乱をもたらし、メラトニンの潜在的な副作用を正確に反映していない。これは、メラトニンの使用を思いとどまらせるために、愛するビッグファーマが偽の情報を流しているのだろうか?

睡眠補助のためのサプリメントという形でのメラトニンの投与に関しては、睡眠をサポートする効果を決定する上で、実際の投与量と同じくらい投与時間が重要かもしれない。例えば、メラトニンを就寝時に投与する場合、高用量でなければ効果がない可能性があることが、調査研究で判明している。一方、就寝の約2~4時間前に少量のメラトニンを投与すると、睡眠潜時を短縮する効果が高くなる傾向がある。

しかし、睡眠潜時とは何だろうか?睡眠潜時とは、私たちが通常ベッドに入ってから眠りにつくまでに費やす時間のことである。睡眠潜時が長くなるのは、重度の精神的ストレス、うつ病、関節炎のような疼痛障害を患っている患者によく見られる。

夕方の早い時間帯にメラトニンを使用すれば、たとえ低用量であっても、潜伏期間を短縮し、枕に頭をつけた後すぐに眠りにつくことができる。これがメラトニンの優れた点である!メラトニンをいつ使うか、そして体内の概日リズムとどれだけうまく融合させるかにかかっている[24] [25] [26]。

明らかに、200mgのメラトニンを含むサンドマンのような製品を使用する場合、これは高用量とみなされ、適用時間は要因ではないだろう。しかし、睡眠に少量のメラトニンを使うのであれば、メラトニンを早めに摂取することを考慮してもよいだろう。

メラトニン療法の安全性プロファイルは非常に安心できるもので、鎮静剤を含む一般的に使用されている睡眠導入剤よりもはるかに優れている。例えば、ベンゾジアゼピンやゾルピデムとは異なり、メラトニン療法は依存症や離脱症状を引き起こすことは知られていない。

体重150ポンドのヒトで150,000mgに相当する量を投与しても毒性作用がなかったという研究もある[27] [28] [29] [30]。

メラトニンの薬理作用と生理作用の違いは何か

体内で分泌されるメラトニンによって生じる生理学的効果と、外因性メラトニンによって生じる薬理学的効果の違いを明確に理解する必要がある。

「生理的」投与量とは、夜間のピーク時に生成されるものと同じ大きさの血漿レベルを指す。一方、薬理学的投与量は、通常、生理的レベルを超える、つまり通常の生理的レベルよりも高いメラトニンを供給する。低用量のメラトニンを使用した場合、狭いホルモンシグナルが作られ、内因性分泌の期待される効果を模倣できない可能性がある。

これが、ほとんどの専門家が、期待される睡眠および他の健康関連パラメータの改善をもたらす可能性のあるシグナルを作成するために、生理的用量を超えるメラトニンを使用することを推奨する理由である[31] [32]。

結論

メラトニンは非常に重要なホルモンであり、おそらく我々が作るホルモンの中で最も重要なものである。その治療的価値は、私たちが知っているほとんどすべての病気にまで及んでおり、本書ではその多くに踏み込んでいく。この驚くべき分子についての理解を広げ、このホルモンの潜在的な有益性を解明してきた、長年にわたる膨大な研究成果に触れることにしよう。

メラトニンはまさに奇跡の分子であり、体内のあらゆる細胞と奇跡の腺である松果体で作られている。今こそ私たちは、このホルモンのあらゆる側面を深く掘り下げ、ストレスに強くなり、より健康で長生きし、より活力を享受するために、このホルモンがどのように役立つかを学ぶ時なのだ。

21 超生理的投与 メラトニンの服用に関するアイデア、結論と最後の言葉

メラトニンは銀の弾丸か?

シルバーバレット(銀の弾丸)」という言葉を聞いたことがあるだろう。ウィキペディアから: 「銀の弾丸は狼男や魔女に有効な数少ない武器の一つである。例えば、ペニシリンは銀の弾丸であり、これにより医師は多くの細菌感染を治療し、治癒に成功した。” メラトニンが体内で関与する強力な側面と、特にストレス時に体を守る働きを考えると、メラトニンはストレスやストレスによって引き起こされる病気に対する銀の弾丸として、この栄誉のバッジを絶対に背負うべきだと思われる。私たちはストレスについて、精神的・感情的ストレス、化学的ストレス、物理的・構造的ストレス、微生物的ストレス、電磁波的ストレスに分けて説明した。これらのストレッサーは、10年前と比べても、特に私たちの親が育った時代と比べても、悪化している。さらに、テクノロジーの無謀な進歩や、24時間365日生産的で、「忙しい」ことを可能にするテクノロジーの能力により、これらのストレスは時間とともに悪化する一方である。

「メラトニンを摂取すれば、健康で生産的な寿命が延びるかもしれない。私は毎晩100mgを摂取している!加齢とともに、体内でのメラトニンの生成量はどんどん減っていく。睡眠を促し、フリーラジカルを消去し、心臓を落ち着かせ、免疫力を高め、がんと闘うホルモンを奪ってしまうのだ。この重要なホルモンを補充することで、長生きでき、関節炎、糖尿病、心臓病、がん、アルツハイマー病、パーキンソン病などの不自由な病気を避けることができるかもしれない。この可能性は単なる希望的観測ではない。実験室での研究によれば、老化した動物にメラトニンを与えると、寿命が20%も延びたという」

ラッセル・ライター医学博士

なぜメラトニンはもっと知られていないのか?

私たちの医療制度がビッグファーマに売り渡され、ワシントンの回転ドア人事によって、医薬品や製薬会社が医療制度の本旨を破壊している。ROI(投資収益率)が十分でないため、これらの企業にとって治療法は人気のある研究対象ではない。そう、ビッグファーマと呼ばれる巨大システムにとって、あなたの健康は最も重要な目標ではないのだ。ビッグファーマという巨大なシステムにとって、あなたの健康は最も重要な目標ではないのだ。毎日、毎月、毎年、薬を飲み続けることで、株主を満足させ、株価を上昇させるのだ。

現在のCOVID-19の状況や、検閲によってワクチン以外の情報がソーシャルメディアやニュースチャンネルで伝わらない状況を見てほしい。私は個人的に、免疫力を高めるための自然な解決策や自然な抗ウイルス剤について発言したために閉鎖された友人や企業を知っている。

その好例がコロイダルシルバーである。コロイダルシルバーは驚異的な抗ウイルス効果を持ち、摂取してもまったく安全である。このことを世間に広めようとした企業や人々は、刑務所に入れられたり、別の方法で黙らされたりしている。オゾンもまた別の治療法である。

私はフランク・シャレンバーガー博士をCellularResetという私のYouTubeチャンネルに出演させたが、コミュニティ基準に適合していない、あるいはCOVID-19に関する誤情報を広めることに違反しているという理由で、インタビューは削除された。そしてもちろん、メラトニンは正当な評価を受けていない。いくつかの小さなニュースやあちこちの新聞で取り上げられてはいるが、ファウチ博士や他の著名な人たちが、このような安全で効果的なホルモンを摂取するよう一般の人々に勧めているとは思わないだろうか?

睡眠薬の危険性?

睡眠薬はアメリカにおける死因の第3位である。実際、私の中では睡眠薬は犯罪者である。英国医学雑誌に掲載された記事を基にしたScienceDailyによると、「2012年2月27日-人々は安眠を得るためにこれまで以上に睡眠薬に頼っているが、スクリプス・クリニックの研究者による新しい研究では、睡眠薬の常用者は死亡リスクが4.6倍高く、がん患者が大幅に増加している」[1]とのことである。

これは、睡眠薬が持つ健康上のリスクと危険性を一般的に言っているに過ぎない。

ファーマシー・タイムズ紙は、「(睡眠薬消費量の)中間の3分の1の睡眠薬使用者は、がん発症のリスクが20%増加したが、上位3分の1の使用者は35%増加した。ゾルピデム使用者の上位3分の1では、主要癌のリスクが28%増加した。テマゼパム使用者は中間の3分の1では44%、上位3分の1では99%のリスクが増加した。この研究結果は、睡眠薬の使用による死亡および癌の発症リスクの増加は、既往症に起因するものではないことを示している」[2]。

つまり、これらの症例では睡眠薬が癌の原因となっていたのである。研究者らは、この研究結果をアメリカ全人口に外挿することで、睡眠薬が2010年の320,000人から507,000人の過剰死亡に関係している可能性があると推定している。読んだか?3-50万人の死亡だ!ということは、アメリカでは睡眠薬が死亡原因の第3位ということになる。

しかし、ここからが本当のキッカケだ!もし睡眠薬がこの数字に関連していて、がんが明らかな副作用だとしたら、年間60万人のがん死亡者のうち何人が睡眠薬が原因なのだろうか?数字がぼやけてくるが、これらの薬が潜在的な利益よりもはるかに多くの害を引き起こしていることは明らかだ。

あなた自身でなくとも、誰かの命が危険にさらされているのだ。

米国疾病管理センター(CDC)によれば、2010年に米国だけで2,468,435人が死亡している。この推定が正確であれば、死亡者の13%から20.5%が睡眠薬に関連していることになる。

繰り返しになるが、死亡リスクが460%高くなり、毎年全死亡者の20.5%に寄与する可能性があり、生命を脅かさない状態であるにもかかわらず、がんが99%増加する可能性があるというのは正気の沙汰ではない。

今こそ、メラトニンをはじめとする天然の睡眠促進剤が輝く時なのだ。睡眠は交響曲のようなもので、明るい眠り、深い眠り、レム睡眠と変化の流れがある。もし誰かがマイク・タイソンにノックアウトされ、熟睡している人の隣に置かれたら、同じように見えるかもしれない。しかし、起き上がったときの感覚はまったく違う。アンビエンをはじめとする従来の睡眠薬を飲んで目覚めた人は、自然に眠った人と比べて、同じレベルの安眠を体験したとは言えないだろう。

実際、多くの睡眠薬はメラトニンを抑制している。メラトニンのがん抑制剤としての強力な効果を考えれば、自然なメラトニンの生成を抑制することががんのリスクを高めることは理にかなっている。また、睡眠不足によって引き起こされる多くの病気や健康へのマイナス面についても述べてきた。メラトニンが少ないと睡眠不足になり、多くの急性および慢性疾患につながる。

超生理的服用メラトニン-安全で効果的である

研究によると、メラトニンはしばしば、所望の効果を達成するために高い治療用量で有益であることを示している。また、多くの研究が、メラトニンの1日100mg以上の高用量での使用が人間にとって安全であることを証明している。The Therapeutic Potential of Melatonin: A Review of Science」[3] 動物実験でもヒトの研究でも、メラトニンの毒性は極めてまれである。しかし、頭痛、発疹、胃のむかつき、悪夢などの軽微な副作用はまれに認められる。体重1kgあたり800mgでも致死的ではなかった[4]。体重160kgの人で56,000mgだ!メラトニンを1日あたり1gから6.6gの範囲で30日から45日間(1,000mgから6,600mg)摂取させた後、潜在的な毒性を検出するために包括的なテストを行った。その結果、眠気を除けば、試験期間終了時にはすべての所見は正常であった。

メラトニンを女性の避妊薬として使用することが提案されており、メラトニンが女性の生殖系にダメージを与えるのではないかという疑問が生じている。しかし、1400人の女性に毎晩75mgのメラトニンを4年間連続で投与した第2相臨床試験では、副作用は報告されていない[5]。これは、非常に高用量のメラトニンが長期的に使用しても安全であるという、もっともらしいことを教えてくれる素晴らしいストレッチである。この研究に登録された1400人は大規模な研究であり、これらの結果を無視すべきではない!別の研究では、高用量のメラトニンには、まれな例外を除けば、重大な毒性はないことが示された。この研究では、メラトニンは1日100mgであれば安全であることが示された。メラトニンを1日1g、1カ月間、ヒトに大量に摂取させた別の研究では、個人への悪影響は見られなかった。ある研究では、健康な男性に80mgのメラトニンを1時間おきに4時間摂取させたが、眠気以外の悪影響はなかった。また、健康な女性を対象に、1日300mgのメラトニンを4カ月間使用したが、副作用はなかった。筋ジストロフィーの小児に1日70mgのメラトニンを使用した別の研究では、サイトカインと過酸化脂質の減少が見られた。最近行われた、肝臓手術のために紹介された50人の患者を対象とした無作為化対照二重盲検臨床試験では、1kgあたり50mgのメラトニンを術前に単回経口投与(成人では最大3g)することで、安全性と忍容性の両方が実証された[6]。

超生理的メラトニン投与に関する利用可能な研究に目を通すと、その中には3000mgという高用量の研究さえあり、メラトニンが極めて安全であることは明らかである。とはいえ

私は3000mgのメラトニンを一晩に摂取したことはないが、1000mgを摂取したことがあり、耐容性があることに加え、有益だと感じた。この文章を読んでいる人に、特に医師の監督下以外でこのような高用量を摂取することを勧めているわけではない。

私がクリニックで多くの患者に処方している最も一般的な量は、就寝30分前の100~200mgである。超生理的なメラトニンの服用に興味がある人は、適応と細胞の解毒を考慮し、低用量から始め、徐々に増やしていくことを勧める。

メラトニン補給の禁忌事項

コルチゾンやデキサメタゾンなどのステロイドを服用している人は、メラトニンがこれらの薬の作用に対抗する可能性があることを考慮してもよい。妊娠には未知のリスクがあるため、メラトニンを摂取しないことが推奨される。妊娠を希望する女性は、排卵を妨げる可能性があるため、1日10mg以上の摂取を控えた方がよいかもしれない[7]。ごく一部の人は、MTNR1B遺伝子に起因する高用量のメラトニンに対して、インスリンや糖尿病反応を起こす可能性がある。現在のところ、このような副作用なしにメラトニンを継続できるような戦略は知られていない。

メラトニンを大量に、あるいは少量でも摂取した翌日に、より顕著なうとうと感や眠気を感じる人がいることに気づいた。メラトニンの分解を遅らせるCYP1A2と呼ばれる遺伝子の多型がある[8]。これはカフェインにも関係しており、特にカフェインに敏感な人は、その効果が長く続くようだ。つまり、メラトニンをゆっくり分解するということだ。そのため、メラトニンが通常よりずっと長く血中に存在し続ける可能性がある。このような場合、私は就寝時間より数時間早く服用させることに成功している。光を浴びたメラトニンは眠気を引き起こさないはずなので、メラトニンを午後の遅い時間か夕食の時間に服用すると、起床時にはメラトニンが完全に代謝されて血中から排出されているため、より効果的な場合もあることを覚えておいてほしい。メラトニンは中枢神経系から重金属をキレートする働きもあり、体内で解毒反応を起こす可能性もあるため、メラトニンを初めて大量に摂取した場合、数日間は一時的な副作用が出る可能性がある。私は自分のクリニックで、最初は副作用が出るかもしれない多くの人が、高用量で数日服用すると、メラトニンに適応できるようになることを発見した。これは、何日も何週間も疲労が続いていて、家の掃除や整理整頓をする気力がほとんどないのと同じだと思う。メラトニンのように脳がよく働くようになり、突然エネルギーが湧いてきて、やる気が出てきたとしよう。すると、家の中の壊れたものを直したり、掃除をしたり、不要になったものを捨てたりし始めるだろう。ミトコンドリアの機能が低下し、細胞自体の維持が十分にできなくなると、細胞レベルでこのようなことが起こるのである。私たちの住む世界にはさまざまな毒素があるため、各細胞が対処しなければならないストレス要因が増え、その結果、毒素を排出するためにさらに多くのエネルギーが必要となるのだ。メラトニンの補給による副作用については、医師や健康管理医に相談するのがベストだろうが、この現象は正常な適応段階と考えられる。

「MTNR1B遺伝子変異を持つ人には注意が必要である。私の長年の経験では、このようなケースに出くわしたことは一度もない。栄養士の友人で、毎日1グラム(そう、グラム)でも摂取している人がいるが、結果は出ていない。私は糖尿病ではないが、もし糖尿病であったなら、メラトニンは私にとってより大きな関心事であったろう」

ラッセル・ライター医学博士

サウナや温浴でメラトニンを自然に改善する

サウナ、できればエプソン塩を入れた熱い風呂、熱いシャワー、ジャグジーはすべて、メラトニンレベルを自然に高める方法となりうる。熱によるメラトニンレベルの上昇効果は、温熱療法が健康と寿命を改善する理由のひとつかもしれない。2015年4月にJAMAで発表された研究によると、サウナを定期的に利用することで、全死因死亡率が低下し、寿命が改善・延長されるという。サウナ入浴と致死的心血管系および全死因死亡イベントとの関連[9]。

また 2001年にJournal of American College of Cardiologyに発表された論文「Repeated thermal therapy improves impaired vascular endothelial function in patients with coronary risk factors」[10]では、寝る前に熱い風呂に入ると、入眠が改善されたり、寝つきがよくなったりすることがあることが以前から知られている。メラトニンは体温を下げる働きがあるため、寒い部屋で寝ると一晩中眠れるのだ。おそらくメラトニンは、暑さの後に体温を正常化するために働き、そしてサンドマンがあなたを美しい眠りへと誘うのだろう。

配送経路: メラトニンサプリメント

メラトニンを補給する際に考慮しなければならないのは、さまざまな投与経路である。もちろん、最も一般的なのは経口補給である。すべての経口投与経路と同様に、メラトニンは肝臓で代謝される前に、屋内の胃酸と膵酵素を摂取しなければならない。これが、この研究でメラトニンの経口投与が2.5%の吸収率しか示さなかった理由である[11]。

対照的に、静脈内または皮下注射は、肝臓での「ファーストパス」と呼ばれる代謝をバイパスする可能性がある。

私が初めてピーク血漿という言葉を知ったのは、慢性ライム病とカビ病との個人的な旅路の中で、グルタチオン坐薬を使い始めようと考えていたときだった。当時、私は自分のどこが悪いのかわからず、ただ体の中に大きな炎症があることだけはわかっていた。体内でのグルタチオンの役割を調べた後、これが役に立つ栄養素であることはわかっていたが、定期的に医師の診察室に行って点滴を受けることには興味がなかった。そんなときに見つけたのが座薬だった。

坐薬の投与

グルタチオン坐薬を使い始め、症状が劇的に改善したことに気づいた私は、静脈内投与を試してみることにした。150ドルもかかり、診察に2時間もかかる手術よりも、坐薬の方が実際に良い反応があったのだ。このことに私は注目し、なぜ座薬の方が効果があるのかを理解したいと思った。そこで、ピーク血漿という概念が私の疑問に答えてくれた。

ピーク血漿とは、ある栄養素を投与した後の血中濃度の最大値を指す。ここで様々な投与経路を見て、体内への吸収を最も促進するために最も効果的な投与経路を判断することができる。

これを念頭に置いて、KennawayとSeamarkの研究を見てみよう。KennawayとSeamarkの研究によると、メラトニンの皮下注射はすぐに高い血漿中ピークレベルに達するが、急速に低下する。対照的に、経口投与では血漿中メラトニンのピーク値は低くなるが、長く持続し、一定となる[12]。

デムーロは、経口投与と比較して、メラトニンの静脈内注射は、はるかに高い血清血漿中ピーク濃度に達することができることを実証した。しかしながら、血清中のメラトニンの半減期は、これら2つの異なる投与経路間で有意差は認められなかった。このことが意味するのは、メラトニンの投与経路はメラトニンの血漿中ピーク濃度には影響するが、半減期には影響しないということである。つまり、メラトニンは、どの投与経路を使おうとも、血液中を循環しているのと同じように長く持続するということである[13]。

リポソーム送達はどうだろうか?

リポソーム送達システムは、その高度な栄養生物学的利用能により、人気が高まっている。リポソーム送達については、65,000件以上の査読付き研究発表がある。リポソーム送達システムは、ワクチン、ホルモン、酵素、ビタミン、植物性医薬品の送達に利用されている。

リポソームとは、髪の毛1本ほどの幅の小さな脂質の泡のことである。リン脂質と呼ばれる私たち自身の細胞膜と同じ種類の脂肪でできている。リポソームは安定しており、水溶性と脂溶性の両方の栄養素を運ぶことができる。リポソームは水溶性と脂溶性の両方の栄養素を運ぶことができる。正しく配合されれば、舌に乗せた瞬間に吸収を促進し、消化酸や酵素による分解を防ぎ、肝臓を最初に通過するのを助けることができる。リポソームは、私たち自身の細胞膜を構成する脂質と同じものでできているため、栄養素が細胞膜に入り込むのを助け、細胞のサポートを最適化することができる。

坐薬のようなリポソーム技術は、静脈内療法の力を提供すると言われている。送達と吸収が促進されるため、リポソームの形態で低用量で投与される栄養素は、生物学的利用能の低い形態で投与される高用量よりも、同等かそれ以上の効果をもたらす可能性がある[14]、[15]。

その効力には目を見張るものがある。リポソーム製剤では、メラトニンやグルタチオンの吸収は静脈注射製剤に匹敵し、細胞内貯蔵の維持にも役立つようである[16][17]。リポソームは、細胞膜を最適に機能させ、そこに蓄積する毒素を洗い流すのに必要な脂質を供給することで、すべての細胞膜に栄養を与えるのを助ける。

多くの文献によれば、様々な症状の治療において、医師や医療従事者の監督下で、非常に高用量のメラトニンを薬理学的に摂取することは安全であり、許容されるはずであるとの結論に達している。メラトニンはストレス下で私たちを守ってくれるので、ストレス時や体が様々な病気に対処している時にメラトニンを補給するのは理にかなっているかもしれない。

メラトニンを補給することで老化のプロセスを遅らせることができるようだ。メラトニンを補給することで、より健康になり、より長生きしたいと考える人にとっては、このような状況でも意味があるかもしれない。

本書の著者である私は、毎晩100mgから200mgのメラトニンを個人的に摂取していることは、以前から明言してきた。坐薬か、経口吸収率2.5%よりはるかに吸収率の高いリポソーム製剤で摂取している。私はこれを2年近く続けているが、これほど気分が良くなったことはない。これはすべての人に当てはまるとは限らないし、超生理的なメラトニンの投与スケジュールのようなものを始める前に、かかりつけの医師に相談することが重要であることは確かだ。

この本を読んでいる大多数の人々にとって、これらの高用量は安全であり、さまざまな自然のストレスや病気の状態で身体と脳をサポートするのに非常に効果的であろう。

メラトニンがあなたの健康をサポートするすべての方法のまとめ

  • 変性神経疾患
  • 記憶と認知の問題
  • 免疫システムの弱体化、感染症への感受性:急性と慢性の両方
  • 自己免疫疾患
  • 消化器疾患
  • 皮膚疾患
  • 早期老化
  • 気分、精神/情緒状態
  • 肝臓疾患
  • 心血管疾患
  • 性的衰弱と不妊症
  • 低ストレス耐性、ミトコンドリア機能低下
  • 自閉症と小児発達障害
  • 糖尿病などの代謝性疾患

ここで重要なのは、私たちはもはや自然環境の中で生活しているわけではないということだ。昔は、携帯電話やコンピューター、テレビ、家の照明から発せられる不自然な緑色や青色の光に対処する必要はなかった。メラトニンを破壊する薬を服用する必要もなかった。メラトニンレベルを低下させる電磁波のストレスに対処する必要もなかったし、この本を読んだ後、夜間はWi-Fiルーターの電源を切ることにしてくれればいいのだが。さらに、私たちは環境中の化学毒素に対処するために進化してきたわけでもない。

テクノロジーは、私たちがモバイル・デバイスで超生産的になれる状況を作り出した。ハンドヘルド・デバイスでビジネスを行えるということは、私たちがそうしない限り、本当にダウンタイムがない状況を作り出す。静かで平和な時間を楽しむ代わりに、より生産的になり、ソーシャル・メディアで自分の生活を他人と共有することが中毒になるのだ。

最後に、肌や目に日光が当たらないことで、メラトニンが蓄積され、真っ暗闇にいるときに排出される。日差しを避けたり、サングラスをかけたりすることは、毎晩最大量のメラトニンを生成・放出するための大きな逆風となる。

メラトニンの分泌がこうしたストレス要因を緩和してくれるのだが、私たちは進化的に対処できるように進化してきた以上に、多くの点でストレスの多い時代を生きているのだ。本書で取り上げた研究で示されたすべての事実を考慮した上で、私はメラトニンなしではいられないだろう。

結論

本書の執筆に1年半近く取り組んできたが、それは愛の結晶であり、この情報を世に送り出すことに大きな意義を感じてきた。メラトニンに関する非常によく書かれた本は他にもいくつかあるが、それらが出版されて以来、新しい研究が進んでおり、様々な健康上の懸念をサポートするためにメラトニンを統合するホリスティックで自然療法的な視点が必要だと感じた。

正直なところ、メラトニンはストレス反応を通じて健康の多くの側面に幅広く、多様でポジティブな影響を及ぼすため、メラトニンを補給することで恩恵を受けない疾患はひとつも思いつかない。電球や人工的な光の発明、有害な電磁波、薬物、水道水中の毒素、食品や水に含まれるプラスチックの化学物質、空気の質の低下、アルミニウム、水銀を含む魚やその他の重金属、遺伝子組み換え作物、農薬や化学物質を含む食品、マイクロバイオームを破壊する抗生物質、一日中私たちをアドレナリン漬けにするテクノロジー、COVID-19のようなスーパーバグなど、長年にわたって起こったあらゆる変化を考えてみてほしい。

世界的なパンデミック(世界的大流行)に見舞われている現在、私たちは実験的なワクチンの安全性や有効性についても懸念している。孤立化し、社会から距離を置き、恐怖に基づくメディアによって、人々が多くの精神的・感情的苦痛に苦しんでいるのも不思議ではない。

メラトニンの普及にこれほど適した時期はない。もちろん、この奇跡の分子を最も効果的に使うには、多くの場合、超生理学的な大量投与が必要だというのが私の考えだ。私自身のバイオハッキングの経験を通して、メラトニンの超生理学的投与を文字通り800mgで数ヶ月間行ったが、ストレスに対する回復力においてポジティブな効果しか得られなかった。また、メラトニンの服用を突然中止しても問題は見つからなかった。これは、メラトニンが私たち自身の産生を停止させないことを示す研究を裏付けるものであり、また個人的なレベルでも、私はこれが真実だと感じている。

もちろん、すべての人にすぐにメラトニンの補給を始めるよう勧めているわけではないし、いつものように私のアドバイスとしては、メラトニンを理解している医師を見つけることだ。

残念なことに、メラトニンがもたらす利点の信じられないほど長いリストを知っている医師は少ない。しかし、ジョー・マーコラ博士、ラッセル・ライター博士、フランク・シャレンバーガー博士のような著名な医師たちは、私と同じように研究を掘り下げた結果、私の見解を共有している。

今こそ、メラトニンの奇跡の物語が語られるべき時であり、それが本書における私の意図である。奇跡の分子であるメラトニンに関する知識を得た今、これをあなたの愛する人たちや大切な人たちと分かち合うことは、あなたの責任である。

私の本を読んでくれてありがとう。本書から得た情報が、あなたがより健康になり、長生きし、ストレスに強くなる助けになることを願っている。

より健康であれば、より幸福であり、より幸福であれば、自分自身をより良く扱うことができる。自分をより良く扱うと、他人もより良く扱うようになる。他人をより良く扱えば、他人もより幸せになり、世界はより良い場所になる。メラトニンを使ってより健康に、より幸せになり、より良い世界を作るための連鎖を起こそう。

 

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました