神経発達障害(自閉症・ADHD)

ワクチン全般(HPV,炭疽菌,他)

『自閉症の流行を終わらせる方法』
How to End the Autism Epidemic

How to End the Autism Epidemic 『自閉症の流行に終止符を打つ方法』への称賛 「J.B.ハンドリーは、間違いなく世界で最も思慮深く、洗練され、知識が豊富で、不屈の活動家である。15年にわたり第一線のリーダーとして、ハンドリーは製薬会社カルテルとの大喧嘩
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

『人口抑制』(2015)
企業オーナーはいかにして私たちを殺すのか

Population Control 目次 はじめに 1. 人口減少について 2. 凶悪なGODシンジケート 3. 薬物 4. 死に至る医学 5. 死に至るワクチン 6. ゴーン・トゥ・ポット 7. 精神科の薬とシューター 8. 軍隊を薬漬けにする 9. 死に至る食べ物 10.
GMO、農薬

アーミッシュ・コミュニティに自閉症が存在しないことの科学的根拠 エネルギッシュな免疫力
The Science behind the Absence of Autism in the Amish Community: Energetic Immunity

The Science behind the Absence of Autism in the Amish Communitysm-spectrum-disorder-and-epilepsy-2165-7890-1000131.pdf ラジャラクシュミ・カンダスワミ* 自閉症専
ローテク、アーミッシュ、パーマカルチャー

米国における自閉症有病率と小児ワクチン接種率との間に正の相関があることが明らかになった
A POSITIVE ASSOCIATION FOUND BETWEEN AUTISM PREVALENCE AND CHILDHOOD VACCINATION UPTAKE ACROSS THE U.S. POPULATION

A POSITIVE ASSOCIATION FOUND BETWEEN AUTISM PREVALENCE AND CHILDHOOD VACCINATION UPTAKE ACROSS THE U.S. POPULATION 2011年 ゲイル・デロング バルーク・カレッジ/
ワクチン- 製薬会社、CDC、FDA、DoD

ピーター・ホテツはなぜ我々が大量殺人者だと思うのか?
不健康な父親が、いかにして自閉症コミュニティの悩みの種となり、ワクチン圧制の主唱者となったかについての悲しい物語

Why Does Peter Hotez Think We Are Mass Murderers? The sad story of how an unhealthy father became the bane of the autism community and the l
ビタミンD・紫外線・日光浴(総合)

メラトニンは「次のビタミンD」なのか?新たな科学、臨床的使用、安全性、栄養補助食品についてのレビュー
Is Melatonin the “Next Vitamin D”?: A Review of Emerging Science, Clinical Uses, Safety, and Dietary Supplements

ニュートリエント(Nutrients)2022 Oct; 14(19):3934. 2022年9月22日オンライン公開 doi:10.3390/nu14193934 pmcid: pmc9571539 PMID:36235587 Deanna M. Minich,1,*Melan
メラトニン

メラトニンは21世紀の宝(コルヌコピア)か?
Is Melatonin the Cornucopia of the 21st Century?

オンラインでは2020年11月5日に公開 概要 メラトニンは、夜間に松果体や松果体外細胞で産生・分泌されるインドールアミン系ホルモンであり、ヒトの概日リズム(24時間体内時計)の計時や睡眠・覚醒サイクルの調整に重要な役割を果たしている。 しかし、近年、メラトニンが注目されているの
RFK Jr.、子どもの健康防衛(CHD)、JFK

Tucker Carlson Today – ロバート・F・ケネディ・ジュニア – 21年11月15日

Tucker Carlson Today - Robert F. Kennedy Jr. - 11/15/21 Tucker Carlson 0:01 正直に言うと、最初の数分はロバート・ケネディ・ジュニアの声に慣れていないと、「理解するのが難しい」と思うかもしれません。 私たち
神経発達障害(自閉症・ADHD)

神経発達障害の早期環境リスク因子-双子・兄弟姉妹研究のシステマティックレビュー

Early environmental risk factors for neurodevelopmental disorders – a systematic review of twin and sibling studies 2021 Oct Torkel Carlsson
神経発達障害(自閉症・ADHD)

自閉症スペクトラムに関連するリスクと保護環境要因 エビデンスに基づく原則と推奨事項

Risk and Protective Environmental Factors Associated with Autism Spectrum Disorder: Evidence-Based Principles and Recommendations 2019年2月8日オ
その他の症状

認知症におけるてんかん様活動の抑制:新たな治療法の可能性

Inhibiting Epileptiform Activity in Cognitive Disorders: Possibilities for a Novel Therapeutic Approach オンラインでは2020年10月15日に公開 Andras Attila
全身振動(WBV)・深部微小振動(DMV)

振動療法はどのように自閉症の人々を助けることができるか?

How Can Vibration Therapy Help People With Autism? Written by Team SafeSleep in Autism,Therapy この記事は、神経科学博士候補のAshleigh Willis氏が検証した、エビデンスに基づ
サプリメント

ミトコンドリア機能不全と慢性疾患 天然サプリメントによる治療

Mitochondrial Dysfunction and Chronic Disease: Treatment With Natural Supplements Integr Med (Encinitas). 2014 Aug; 13(4): 35-43. ガース・L・ニコルソ
アンチエイジング・認知機能向上

ミノサイクリン:抗生物質の域を超えて

Minocycline: far beyond an antibiotic オンラインで公開2013年4月25日 N Garrido-Mesa, A Zarzuelo, and J Gálvez 概要 ミノサイクリンは、第2世代の半合成テトラサイクリンであり、グラム陽性菌およびグ
ホメオスタシス・ホルミシス

低用量ナルトレキソン(LDN)治療利用のレビュー

Low-Dose Naloxone(LDN)—Review of Therapeutic Utilization オンラインで公開2018年9月21日 概要 ナルトレキソンとNaloxoneは古典的なオピオイド拮抗薬である。ナルトレキソンとNaloxoneは古典的なオピオイド拮抗
化学毒素

神経毒性の治療のためのEDTAキレーション療法

EDTA Chelation Therapy for the Treatment of Neurotoxicity 要旨 神経毒性は多くの直接的要因によって引き起こされるが、その中でも、有害金属、有機リン系農薬、大気汚染、放射線および電磁場、神経毒、化学療法薬および麻酔薬、病原体
COVID 子供・新生児

出生前のウイルス感染への曝露と子孫の神経精神障害:COVID-19パンデミックに関する文献のレビューと推奨事項

Prenatal exposure to viral infection and neuropsychiatric disorders in offspring: a review of the literature and recommendations for the COV
リスク因子(認知症・他)

食事性グルテンと神経変性 前臨床研究のための症例
Dietary Gluten and Neurodegeneration: A Case for Preclinical Studies

Dietary Gluten and Neurodegeneration: A Case for Preclinical Studies 要旨 セリアック病(セリアック病)は主に腸管を侵す自己免疫疾患であるが、かなりの数の患者が神経学的障害を示すことを示す証拠が増えている。神経学
COVID 中枢神経系

COVID-19 ASD(自閉症スペクトラム症)

自閉症とCOVID-19 自閉症スペクトラム障害はCOVID-19の危険因子となりうるか? 自閉症スペクトラム障害と免疫系 ASD患者における中枢神経系の持続的な炎症とその神経発達における役割についての概念は、ますます信憑性を増してきている。 グリア細胞の増殖とそれに続く複数の炎
化学毒素

毒は量で決まる? 低用量化学物質の危険性

あらゆるものは毒であり、毒でないものなど存在しない。その服用量こそが毒であるかないかを決めるのだ。 毒性学の父 パラケルスス はじめに パラケルススが「毒ではないものは何か」という有名な独白を作った時に、「毒のないものは何もない。すべてのものは毒であり、毒のないものはない。毒でな
alzhacker.com をフォロー