書籍:『人口抑制』 2015
企業オーナーはいかにして私たちを殺すのか

CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪うつ病・統合失調症グローバリズムドラッグ、CBD、THCマルサス主義、人口管理ワクチン HPV,炭疽菌,他ワクチン 人口管理・生殖医療・製薬会社の不正・腐敗、医原病神経発達障害(自閉症・ADHD)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Population Control: How Corporate Owners Are Killing Us

Jim Marrs

目次

  • はじめに
  • 1. 人口減少について
  • 2. 凶悪なGODシンジケート
  • 3. 薬物
  • 4. 死に至る医学
  • 5. 死に至るワクチン
  • 6. ゴーン・トゥ・ポット
  • 7. 精神科の薬とシューター
  • 8. 軍隊を薬漬けにする
  • 9. 死に至る食べ物
  • 10. 致命的な穀物
  • 11. 死に至る甘味料
  • 12. 遺伝子組み換え作物
  • 13. 死に至る水
  • 14. 致命的な空気
  • 15. ポリス・ステート
  • 16. 警察の軍国主義化
  • 17. SWATチームの台頭
  • 18. デッドリーフォース
  • 19. 不当逮捕
  • 20. 金融資本主義
  • 21. 種の死
  • 22. マスメディアの死
  • 23. 崩壊の到来?
  • 謝辞
  • 付録ビルダーバーグ参加者
  • 備考
  • 目次
  • 著者について

はじめに

昔々、大国が自堕落な社会になったことがある。歴史上、ほとんどの人々は、生きているだけで幸せだった。独立宣言の言葉を借りれば、「生命、自由、幸福の追求」を求めてきたのである。

今、多くのアメリカ人が、この理想からいかにかけ離れているかを認識している。

アメリカは危険な変貌を遂げつつある。グローバルエリートは、富の分配をさらに拡大し、世界の人口を減少させるために、あらゆる手段を用いて陰謀を企てている。そして、それが功を奏している。多くのアメリカ人が、生ではなく、隷属と死に向かって引き寄せられた。アメリカでも世界全体でも、利益と支配のために全人口が淘汰されてきた。エリートたちは、いわゆるGODシンジケート(銃、石油、薬)、有毒な空気、水、食物、医薬品、そしてもちろん、すべてのマスタープランが依存している有毒な金融システムを使って、世界の人口を減らしていた。これは、世界のあらゆる問題の根底にあるのは人口過剰であり、地球の限られた資源を使う人が多すぎるだけだという、グローバルエリートの信念によるものである。

銃、石油、麻薬は、現在の世界で最も収益性の高い3つの商品であり、グローバル・エリートの財政基盤を形成している。この3つはいずれも国際的に取引され、支配する者に莫大な利益をもたらしており、今日の経済においてますます重要性を増している。アメリカは石油のために戦争をし、軍隊に(民間人はもちろんのこと)銃器を供給し、世界的な麻薬取引に加担してきた。そして、その裏では、裕福なエリートがこの3つから多大な利益を得ている。

私たちが摂取する食物、水、空気もまた、腐敗の一途をたどっている。私たちは、この腐敗が正常であり、物事が常にそうであったと信じている。私たちは、これらの現象が最近のことであるという圧倒的な証拠を無視している。私たちは今、不本意な人口削減を公言する少数の裕福なエリートグループによって押し付けられた死と腐敗の文化の中で生きている。私たちは、化学物質、遺伝子組み換え作物(GMO)、染料、添加物、プラスチック、汚染された水、汚染された空気によって殺されている。アスパルテーム、フッ素、遺伝子組み換え作物、農薬、高フルクトース・コーン・シロップ、医薬品、携帯電話、電子レンジ、基本的な電気など、一般家庭で使われる多くのものが、実は強力な毒性を持っている。アメリカでは食べ物が豊富にあるにもかかわらず、私たちの体は50年前と比べて栄養が少なくなっている。

私たちが毎日使っている市販の製品には8万5千種類以上の化学物質が含まれており、私たちの食べ物や水も毒されている。

1950年代まで、アメリカは農村地帯が多い国だった。人々は、新鮮な家庭菜園で採れたものを食べることがほとんどだった。遺伝子組み換え作物(GMO)を含む食品はなく、化学食品添加物もほとんど使われていなかった。しかし、1940年代後半から、企業による食品製造が始まり、これまで人類が経験したことのないような栄養不足の加工食品を提供するようになった。1960年代に成長した子供たちは、初めてイミテーション・フード(見た目や味は栄養がありそうだが、実際には栄養がない加工食品)を口にすることになった。1970年代には、アメリカ人の食生活は栄養価の低い白パンやその他の不自然な食品で構成されるようになった。1980年代には、模倣食品で育ち、フッ素入りの水を飲み、ディスコに気を取られたアメリカ人は、無気力で怠惰な生活を送るようになっていた。

私たちがこうしたことに気づかないのは、ほんの一握りの企業オーナーに支配されたマスメディアによって、私たちが心理的にプログラムされていることを認識している人が、ほとんどいないからだ。この一握りの多国籍メディア企業は、その多くが取締役やオーナーと連動しており、映画、テレビ、新聞から衛星ネットワーク、雑誌、さらにはブッククラブやビルボードに至るまで、私たちが見聞きするものすべてを支配している。実際、マスメディアの共謀によって、私たちは自分たちの生活を脅かす人口減少に抗議することができない。

ファシズムのイタリアやナチス・ドイツでは、国家が企業を支配するようになった。現代のアメリカでは、企業が国家を支配するようになった。しかし、その結果は同じだ。

小さなグローバリストのエリートが所有する巨大企業は、しばしば欺瞞的で違法な行為によって繁栄してきた。1952年、企業は連邦税収の32パーセントを占めていた。2013年には、この数字は10%未満になった。同年、46の米国企業が世界銀行の汚職ブラックリストに掲載された。そして、こうした腐敗した戦術は、一部の人だけに富をもたらす。今日の米国の経済的現実は、金持ちはより金持ちになり、貧乏人はより貧乏になるという古いセリフを実証している。

ラッセル・セージ財団による2014年の調査では、最近の経済不況の中で、低所得世帯は高所得世帯よりも多くの富を失ったことが明らかになった。この調査では、全国的に富が「驚くほど減少」していることが明らかになった。2013年の中央値世帯の純資産はわずか56,335ドルで 2007年の景気後退が始まる直前の中央値より43%、10年前より36%も低くなっている。研究者は、「大不況の間にアメリカの家庭が被った富の損失から大きく回復する兆しはほとんどない」と結論付けている。

一方、世界のエリートが享受する富の割合は増加する一方である。1パーセント と表現されるものは、実際には「0.01パーセント」といったところだろうか。さらに悪いことに、彼らの資産の多くはオフショア銀行口座に隠されているため、その価値を正確に把握することはできない。ニューヨーク・タイムズ紙のポール・クルーグマン記者は、「アメリカ経済の頂点では、多くの財産を海外に隠すことは、例外ではなく、おそらく普通である」と指摘している。

ロックフェラー、ウォーレン・バフェット、コーク兄弟、ジョージ・ソロス、ドナルド・トランプなど、誰もが聞いたことのあるアメリカの富豪がいることは確かである。しかし、真の1パーセントの富裕層である億万長者の名前のほとんどは、一般には知られていない。

しかし、こうした顔の見えない億万長者たちが世界の金融・政治システムを動かしており、その富と権力はますます大きくなっている。2013年、最も裕福なアメリカ人400人は2000億ドルを稼ぎ、その総額は、連邦政府のフードスタンプ、教育、住宅プログラムに使われる金額の合計に匹敵する。2009年から2012年の間に新たに発生した所得の95%は、1%の富裕層にもたらされ、彼らは国の金融資産の38%を所有し、下位60%は国の富の2.3%しか所有していない。

2014年にフランスの経済学者トマ・ピケティが『21世紀の資本』という本を出版し、資本の不平等が富の格差を拡大させると主張したことで、所得の不平等が一般に知られるようになった。この考えは、資本主義には富の不平等が必要であり、富、資本、相続、財産への課税は成長に不都合であると考える人々には馴染まないものである。

ピケティは、富の不平等への対応として、最高所得税率を80%まで引き上げ、有効な相続税、財産税の増加、さらには世界的な富裕税も導入すべきだと主張している。しかし、彼はそのような対策は現在考えられないと認めている。なぜなら、お金を持っている人は誰でもそれを維持したいと思うし、この富裕層のエリートの人たちはアメリカの政治システムの主要な資金提供者であるからだ。私たちの生活を危険にさらすような破壊的な行動をとる企業の力を、政府がほとんど抑制できないのも不思議ではない。

しかし、これらの企業は、顔の見えない存在ではない。どの企業も、名前と住所を持つ個人によって所有され、運営されている。その人たちには家族も友人もいるし、私生活もある。彼らは自らを「グローバリスト」と呼び、富、遺産、血統に基づく支配の権利を持つ男女である。彼らは地球全体を自分たちの競技場とみなしている。彼らは特定され、居場所を突き止めることができる。そして、彼らは地球を支配するための計画を持っている。それは、何年も前にイギリスとアメリカの秘密結社で策定されたもので、私たちの大半を殺すことにかかっている。その計画がここにある。

第1章 人口の減少

ジョージア・ギデストーンズは、ジョージア州エルバート郡にあるモニュメントである。高さ3mの4つの石からなり、アメリカのストーンヘンジと呼ばれている。実際、その起源は、英語の名前の由来と同様に謎に包まれている。1979年にR.C.クリスチャンというペンネームの男性から依頼を受け、エバートン・グラナイト・フィニッシング・カンパニーが建設し、1980年に完成したものである。石碑のスポンサーは、「A small group of Americans who seek the Age of Reason」(理性の時代を求める少数のアメリカ人)であることが、付属の石版に書かれている。石には、8つの現代語と4つの古代語でメッセージが刻まれている。

「Let These Be Guidestones to the Age of Reason」というタイトルの下には、次のようなメッセージが刻まれている:

  • 5億人以下の人類は、自然との永続的なバランスの中で維持せよ。
  • 生殖を賢明に導き、体力と多様性を向上させる。
  • 生きた新しい言葉で人類を統合せよ。
  • 情熱と信念と伝統、そしてすべての物事を冷静な理性で支配する。
  • 公正な法律と公正な裁判によって、人と国を守る。
  • すべての国が内部で統治し、外部との紛争は世界法廷で解決する。
  • 些細な法律や役立たずの役人を避ける。
  • 個人の権利と社会の義務のバランスをとる。
  • 真理・美・愛を重んじ、無限との調和を求める。
  • 地球の癌にならないように、自然に余裕を持たせる。

ある人は、この石が平和で公正な世界を発展させるための合理的で理性的な提案をしていると考える。また、もっと邪悪なものを見る人もいる。ある陰謀論的なウェブサイトでは、石の中に天文学的な特徴があると指摘している。中央の石の穴は常に北極星に、もう一つの穴は夏至と冬至に昇る太陽に合うようになっている。このような天体のアライメントは、フリーメイソンからドルイド教、古代ギリシャやエジプトのミステリースクールまで、秘密結社の作品に見られるものである。

「このモニュメントは、秘密結社と世界のエリート、そして新世界秩序の推進との間に存在するつながりを証明するものである」と、ウェブサイトは宣言している。2008年、破壊者がこの石碑に「Death to the New World Order」(新世界秩序に死を)という言葉を刻んだ。

2014年半ばの世界人口は約75億人であり、この石碑の最初の警告は、多くの人にとって最も不愉快なものである。もし、「人類の人口を5億人に抑える」というギドストーンズの指令が達成されたら、残りの70億人はどうなるのだろうか。

1981年、イギリスのエディンバラ公フィリップ王子は、『ピープル』誌の取材に対し、「人類の人口増加は、生存に対する長期的な最も深刻な脅威であろう」と語り、世界のエリートたちの考えを明らかにした。「自然界だけでなく、人間界も含めて、このままでは大災害に見舞われる。人が増えれば増えるほど、資源は消費され、汚染は進み、争いは増える。私たちに選択肢はない。自発的にコントロールしなければ、病気や飢餓、戦争の増加によって、非自発的にコントロールすることになる」

数年後、フィリップはこうつぶやいた。「自分が生まれ変わるなら、人口過剰の解決に何か貢献するために、致命的なウイルスになって戻ってきたい」

世界自然保護基金(WWF)の創設者の一人であるフィリップ王子は、かつて人口減少を正当化するグローバリズムを提唱した。WWFの目的はシステム全体の「保全」であり、個々の動物の殺生を防ぐことではない」と彼は書いている。「自然の保護に関心を持つ人々は、ほとんどの種が、種全体の生存を脅かすことなく淘汰できる余剰を生み出すことを受け入れている」

他のグローバリストの指導者たちも、この冷ややかな評価に同意している。マックスウェル・テイラー元統合参謀本部議長は1981年、人口過剰に関するインタビューで、21世紀の初めまでに、病気や飢餓、地域戦争などの方法を用いて、主に第三世界の人口を減らす必要があると述べた。そして、「私はすでに10億人以上を見殺しにした」とあっけらかんと締めくくった。「アフリカ、アジア、ラテンアメリカにいる人たちだ。私たちは彼らを救うことができない。人口危機と食料供給の問題から、私たちは努力すべきではないと判断している。時間の無駄だ」

このような残虐な戦術は、米国を含む一部の国では国策にさえ取り入れられてきた。1974年、アメリカの国家安全保障会議は、「国家安全保障研究メモランダム(NSSM)200:Implications of Worldwide Population Growth for U.S. Security and Overseas Interests 」という機密研究を公表した。キッシンジャー報告として知られるこの研究は、いわゆる後発開発途上国(LDC)における人口増加が、米国の国家安全保障にとって深刻な脅威となることを述べている。この研究は、1975年11月にジェラルド・フォード大統領によって政府の公式方針として採用され、その実施は、キッシンジャーに代わって国家安全保障顧問に就任したブレント・スコウクロフトに任された。NSSM200は、出生抑制や戦争・飢餓を通じたLDCsの人口増加を抑制する秘密計画の概要を示した。当時のCIA長官ジョージ・H・W・ブッシュは、国務長官、財務長官、国防長官、農務長官と同様に、スコウクロフトを補佐するよう命じられた。このような政策が、中東での戦争や空爆を支援し、住民の壊滅を招いたとさえ考えられる。

人口過剰の主張が偽りであることを示す重要な証拠もある。本当の問題は、人口の増加よりもむしろ人口密度の問題であるようだ。例えば、オクラホマ州農務省によると、同州の面積は69,903平方マイルである。仮に一人当たり100平方フィートの居住スペースがあれば、オクラホマ州には194億9000万人の人口を収容できることになり、現在の地球の人口70億人の約3倍に相当する。

もちろん、これは地球にはまだ余裕があるということを示すものであって、すべての人が一つの州に住みたいと思うわけではない。もし、世界の人口が分散し、大都市に集中することがなければ、市民はもっと幸せで良い暮らしができるはずだ。現状では、都市に人が集まることで、犯罪、渋滞、公害、ストレスといった好ましくない影響が生じる。研究結果によると、実験用ラットは、あまりに多くの人があまりに密接に接触することによって、互いに敵対するようになるまで、檻の中で満足しているという。

しかし、有力な1%の人々は、NSSM200とフィリップ王子の発言のトーンに共鳴し続けている。2009年5月5日、秘密結社「ビルダーバーグ」の年次総会を1週間後に控え、米国を代表する億万長者たちがマンハッタンの私邸で会合を開いた。「グッド・クラブ」と呼ばれるこの会合には、ビル・ゲイツ、デビッド・ロックフェラー・ジュニア、ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロス、ニューヨーク市長マイケル・ブルームバーグ、テッド・ターナー、オプラ・ウィンフリーが出席していたとされる。Sunday TimesのJohn Harlowによると、このグループは、積極的な人口減少戦略を提唱するまでには至らなかったものの、人間の過剰人口が優先的な懸念事項であることはゲイツと同じであったという。ハーロー氏によれば、投票のような粗雑なものはなかったが、「環境、社会、産業の脅威となりうる人口増加に取り組む戦略を支持する」というコンセンサスが得られたという。

どうやら、大きな富と権力を持つ人々は、人口過剰を自分たちの手で解決することに決めたようだ。『コモンセンス・ショー』の司会者デイブ・ホッジスは、かつてロナルド・レーガン大統領が「宇宙人の脅威は、地球上の国々を共通の目的に結びつけるのに必要な統一力かもしれない」と発言したことを思い起こした。確かに、全人類は共通の敵に直面している。しかし、それはエイリアンではない。私たちの共通の敵は、生と死の権利を含め、私たち全員に対して所有権を行使する神から与えられた権利を持つと思い込んでいるエリートたちである。そして、私たちの95パーセントは、エリートが人類の組織的な絶滅に積極的に取り組んでいる」

そして、今日のエリートの一部は、ロシアの共産主義、そして戦争前のドイツの国家社会主義に資金を提供した同じ家族や企業につながる可能性がある。

ナチスの台頭と現代アメリカの類似性を指摘したレン・ホロウィッツ博士は、「エイズ、狂牛病、慢性疲労など、今日、歴史は明らかに繰り返されている。実際、メッセージさえも同じだ。何百万人ものホロコーストの犠牲者は、『公衆衛生』と『消毒』のために『シャワー』に入るのだと言われた。だから、私たちは予防接種を受けるように言われている。事実上、何も変わっていない、メッセージさえも」

学校教師で『ブルセラ症の三角形』の著者であり、カナダの政治家候補でもあった故ドナルド・W・スコットは、1940年代には、無意識のうちに米国市民にブルセラ症のウイルス性パンデミックを実験して研究するというハイレベルな議題が存在したと推測しており、スコットはこのプロジェクトが政府高官に影響力を持つ人物によって始められたと指摘している: 「ブルセラ病トライアングルのワシントンの一角は、軍、NIH(国立衛生研究所)、財務省、司法省を擁し、ロックフェラー財閥が支配するニューヨークの一角とつながり、その指示を大きく受けてきた。そして、ロックフェラーの利害関係者は、CFR(外交問題評議会)、ロックフェラー研究所/大学、コールド・スプリング・ハーバー研究所、ロックフェラー財団、チェース・マンハッタン銀行(現在は単にチェース)の機関を通じて、権力とはげしい影響力の巨大マシンを構成し、その各部分は権力を維持しようと互いにかみ合うようになったのである。

拙著『第四帝国の台頭』で詳述したように、ロックフェラー家は南北戦争の終わりからアメリカの多くの主要医療機関の基礎を築いた。大学や優生学運動への資金提供のほか、ロックフェラー衛生委員会、ロックフェラー医学研究所(現在のロックフェラー大学)、一般教育委員会などがあり、アロパシー医学(薬と手術の使用が主流)に傾倒した医師を育てるために医学部に多額の資金を投入している。

しかし、人口過剰が本当に1%の富裕層とその企業のマスメディアが主張するような規模の問題なのか、疑問を持つ人も多い。

2014年半ば、Business Insiderは、21世紀の環境主義の近代化を目指すシンクタンク、Breakthrough Instituteの保全・開発政策アナリスト、Marian Swainの記事を掲載した。

スウェイン氏は、世界人口は増え続けているが、実は1960年代をピークに増加率は減少していると報告した。1965年から1970年の間に、世界人口の増加率は2.1%増加した。現在、世界人口の増加率はこの半分、年間約1.2パーセントに過ぎない。彼女は「私たちはすでに人口増加の鈍化を経験しており、それは今後数十年間続くと予想される。国連の中央値シナリオでは、アフリカを除くすべての地域で人口規模が横ばいか減少すると予測されている。他の予測では、世界人口は今世紀中にピークに達する可能性さえある」

また、新しい技術によって地球の食糧生産能力が向上し、食糧生産方法が人口増加に追いつかなくなるという懸念が緩和される可能性があると指摘した。「地球が生産できる食料の量には生物学的に難しい限界があると言われることがあるが、1万年前に農業が発明されて以来、人類は除草剤、成長促進剤、機械化などの新技術を駆使して、常に収穫量を増やしていた。実際、人類が現在の人口70億人にまで成長できたのは、収穫量の増加があったからだ。この意味で、地球の環境収容力は、有限の惑星境界線に縛られることなく、むしろ人類の技術の関数である」と彼女は書いている。

「さらに、人口が人為的気候変動の要因であることは間違いないが、人間の活動によって温室効果ガスが排出されるため、それよりもはるかに大きな要因は、使用されるエネルギーの種類である」と付け加えた。「地球上の10億人が石炭で電気を作ることは、60億人がそれぞれ太陽光や原子力発電で同じ量の電気を作ることよりも多くの二酸化炭素を排出することになる。気候変動に立ち向かうには、人口よりも技術が重要なのである」

スウェインはまた、出生率(女性が一生のうちに産む子供の平均数)が開発と密接に関連していることにも注目した。彼女は、国連の統計によると、「出生率が最も高い国は一般的に貧しい国であり、一方、最も豊かな国のほとんどすべてが、実際には女性一人当たり2.1人の子供の置き換え率を下回る出生率である」と述べている。

出生率と開発の間に明確な相関関係があるとして、スウェインは、1910年から2010年の間に世界中の所得が増加するにつれて、出生率が劇的に低下したことを指摘している。「発展途上国では、人々はますます都市に移り住み、近代的なサービスを利用できるようになり、これらの国の出生率は逆に低下している。テレビのような現代的なメディアに接することで、家族のサイズに下方圧力がかかるという証拠もある」と彼女は書き、さらに「出生率の低下を促すために何もしてはいけないと言うわけではない。. . しかし、避妊へのアクセスは、女性の出産の選択に影響を与える多くの要因のひとつに過ぎない。女性に少人数の家族を選ぶよう促すには、貧困や教育といった広範な問題にも取り組むことが重要である」

しかし、人口増加の懸念が過大であるという証拠にもかかわらず、人口削減を求めるグローバリストたちは、膨大な数の人々を組織的に排除し続けてきた。この人口削減は、さまざまな形で行われている。2009年に発生した豚インフルエンザ(H1N1インフルエンザウイルス)は、豚、鳥、ヒトのインフルエンザウイルスの遺伝子を組み合わせたものであることが判明した。このウイルスは豚肉や豚肉製品を食べても感染しないため、研究者は豚インフルエンザが人間によって作られたものであると考えた。彼らは、このインフルエンザの発生が、世界的なエリートたちによる人口削減のためのいくつかの手段の一つであると考えたのである。

1970年代初頭、ルース・バーダー・ギンズバーグ最高裁判事は、「ロー対ウェイド中絶判決は、『あまり増やしたくない人口』を減らしたいという最高裁大法廷の願いに基づいていると思う」と述べ、多くのグローバリスト知識人の考えを裏切ったかもしれない。彼女はさらに、中絶の権利が後に「中絶のためのメディケイド資金」にまで拡大されることを、当時は期待していたのだと付け加えた。

ギンズバーグは、アメリカの政策立案エリートが望ましくない人口を減少させることに関心があるという考えをどこから得たのだろうか。ある研究者は、ギンズバーグがある時点で、人口抑制運動の最も過激な支部に属するジョン・ホールドレンやそれに類する作家の著作を知るようになったと指摘している。1977年当時、ホールドレン氏は若い学者で、出生抑制の第一人者であるポール・エーリック夫妻の『エコサイエンス』の執筆に協力した: 「人口、資源、環境」である。

エーリック夫妻はこの本の中で、「私の同僚の多くは、このような(人口増加の)制御を達成するためには、ある種の強制的な出産規制が必要だと感じている」と書いている。よく言われるのは、水や主食に一時的な不妊剤を添加することである。そして、「人口を増やすために、政府によって慎重に配給されることになる。エーリック夫妻は、人間の経済活動や環境との相互作用をすべてコントロールすることで「惑星体制」を望むと述べ、政府に対し、不本意な不妊手術や中絶、あるいは公共の水道水に化学物質を混入することによる集団不妊など、必要な手段で人口増加に対する「合意した制限を強制する力」を使うよう促した。

ホールドレンが寄稿したこの本は、「第2子、第3子以降の女性を不妊化するプログラムは、男性を不妊化しようとするよりも実行しやすいかもしれない」「人口危機が社会を危険にさらすほど深刻になった場合、強制中絶を求める法律を含め、強制人口抑制法は現行憲法下で維持できる」と指摘している。2009年、上院の承認公聴会で、ホールドレンはこのような見解を放棄したとあっけらかんと主張した。

オバマ政権が中央集権的で普遍的なオバマケアを押し付けようとする中、ジョン・ホールドレンはホワイトハウスの科学技術政策室のディレクターとして大統領に仕えていることを指摘しておきたい。ホールドレンは「サイエンス・ザール」として、公共政策における科学の役割について大統領に助言を与える。この関係は、ホールドレンが優生主義的で全体主義的な人口 「管理」の方法に熱心であることから、ある種のストレンジロフ的な背景がある」とインターネットブロガーでラジオホストのウィリアム・ノーマン・グリッグは指摘している。

連邦準備制度の歴史書『ジキル島の生き物』の著者であるG・エドワード・グリフィンも、ホールドレンの戒厳令と人口減少に対する考え方に懸念を示している。グリフィンは、ホールドレンが1970年代の本で強制中絶や不妊剤を水道に入れることについて早くから言及していたことに触れ、ホールドレンは陰湿な手段で人口を減らすという考えを進めていたようだ、と述べている。「彼は、これらの措置に関わる倫理や自由の問題には関心を持たず、ただその実用性だけを考えていた。そのホールドレンが、人口削減の学問的専門家である米国大統領の右腕として活躍しているのだ」とグリフィンは指摘する。

そして、「今日、世界の政府で権力を握っている人々(自称グローバリスト)はすべて集団主義者であり、集団主義の指導的なルールは、国家や社会の大きな利益のために、必要ならば、個人や少数派を犠牲にしなければならないということである。もちろん、より大きな利益とは何か、誰を犠牲にすべきかは、支配する者が決める」

もちろん、これが人口抑制の基本的な問題点である。増え続ける人間やその廃棄物が地球を圧迫しているのだから、人口を制限することは望ましいことかもしれない。問題は、大多数の利益のために出産を断念しなければならない人口層を誰が決めるかということだ。今のところ、優生学や薬物、出産抑制策によって人口増加を抑える方法を率先して支持しているのは、裕福なグローバリストたちである。

ジョージ・H・W・ブッシュ政権下でアメリカ合衆国住宅都市開発省(HUD)の副次官補を務めたキャサリン・オースティン・フィッツは、人口減少がグローバリストの最重要目標の一つである理由を説明している。「私の単純な計算では、人口を約5億人にまで減少させることで、地球上の経済的な持続可能性を達成することができると考えていた。私は……非常に高いレベルの数字を見ることに慣れていた。私にとっては、資源の管理方法を根本的に変えるか、人口減少するか、どちらかでなければならなかった。それは数学的な結果だった」

フィッツは、政府の予算アナリストの中には、社会保障やメディケアのような社会的セーフティネットを維持する余裕がもはやないと結論づけた人もいると指摘した。「つまり、平均寿命のような予算の数理的な前提を変えない限りは」と彼女は言った。「免疫力を低下させ、毒性レベルを上げ、粗悪な食べ物や水、恐怖を与えるようなストレスと組み合わせることで、そのトリックを実行することができる。」

彼女は、国民を恐怖に陥れ、コントロールし、現在の政府給付の終了を受け入れることさえできるようなパンデミックを想定している。エボラ出血熱、大腸菌、そして様々な致死的インフルエンザに対する恐怖の高まりは、最終的にこの目的を達成するかもしれない。

人口が増えることを予感させない、非常に奇妙で恐ろしい事件も報告されている。例えば、2012年、当時看護師歴30年のサラ・バロンは、脳と頭蓋骨の一部が欠けて生まれてくる恐ろしい先天性欠損症「無脳症」の発生を別々に目撃した。バロンがこの問題に遭遇したのは、これまでのキャリアの中で2回だけだった。それが、同じワシントン州の小さな病院で、2カ月以内に2件も発生したのである。

このような事例が他にも見つかり、州保健省に通報された。2010年1月から2013年1月までの間に、3つの郡で23件の無脳症の症例があったことがわかったのである。これは、出生数1万人あたり8.4人という、全米平均の4倍もの割合である。

この悲劇的な症状について、すぐに原因を突き止めることはできず、謎は深まった。しかも、原因究明が不十分であるという批判もあった。母親たちは、この無脳児出産を調査している医療機関から連絡がなかったという。

UCLAフィールディング公衆衛生大学院の疫学部門副部門長であるベアテ・リッツ博士は、「医療記録を調べても、何も出てこない。リッツ博士によれば、医療記録の信頼性が低いのは有名な話である。リッツ博士は、州の保健省には綿密な調査を行うための資金がないだけだと付け加えた。

一方、バロン看護師は「とても怖いことだと思う。もっと徹底的に調査すべきことが絶対にあると思う。もっと真剣に取り組んでほしいです。”と語っている。

奇妙な病気や状態に加えて、致命的な食品添加物、汚染された水、ワクチンなどが、次のページで説明するように、すべて人口減少の原因となっている。これは単なる偶然や不注意なのか、それとも人口減少という意識的な意図があるのか、問われることになる。

第2章 死の神シンジケート

世界は、毎年約1兆ドルという想像を絶する金額を軍事兵器に費やしている。これには小火器、装甲車、船舶、潜水艦、航空機などが含まれる。武器調達は、一国の軍事予算の30%を占めることもある。

米国は長年にわたり世界最大の武器商人であり、ロシアと中国を合わせたよりも多くの武器を売りさばいている。2003年から2011年にかけて、米国は発展途上国との武器移転協定で第1位となり、この期間に米国が結んだ協定は総額563億ドルで、世界中のそうした協定額の78.7パーセントに相当する。また、この期間、アメリカにとって最も身近な競争相手は、実は競争相手ではなかった。2位のロシアは41億ドルの武器輸出を行い、その割合はわずか5.7%に過ぎない。アメリカの脅威と言われる中国は、わずか3パーセントにすぎない。

現在の世界的な景気後退により、多くの武器輸出国は競争の激化に直面し、新たな市場への進出を始めている。米国議会調査局の報告書を執筆したリチャード・F・グリメット氏は、2011年に世界的に武器販売が減少したにもかかわらず、米国は「異常な」市場シェアの増加を記録したと指摘している。このような武器販売の増加は、中東と、中国の東洋進出を阻む最大のブロックであるインドにおいて、アメリカの影響力を行使するための努力である。

上記の数字は、政府間の対外軍事販売(FMS)のみを対象としている。この統計には、民間や違法な売買は含まれていない。この売買は相当なもので、2012年の「ファスト・アンド・フリアス」銃器売買スキャンダルの際に、米国政府がメキシコの麻薬カルテルの手に銃を渡すことに加担していたことが公に注目されることになった。汚職を監視する組織であるトランスペアレンシー・インターナショナルによると、武器の国際取引は世界で最も腐敗したビジネスの一つであるという。違法な武器移転は、多くの開発途上国の資源を枯渇させ、場合によっては武力紛争を助長することで、開発目標達成の可能性を損なっている。

闇市場の武器

米国は、合法的な武器販売だけでなく、闇市場の武器販売という影の世界でもリーダーであるという不名誉な栄誉を持っている。これらの違法な武器は、テロリストを含むアメリカの最悪の敵の手に渡ることが多い。

最近の国際的な出来事から、米国が違法な国際武器取引に関与していることが浮き彫りになった。2011年のリビアの指導者ムアンマル・カダフィの失脚、2012年のベンガジでの米国大使クリストファー・スティーブンスの殺害、オバマ政権によるシリア大統領バッシャール・アル・アサド政府を攻撃するシリア反政府勢力への武器供与は、すべて米国による表向きの武器移転に関連していた。

さまざまな情報筋が、この血なまぐさい騒動の背後には、Direct Commercial Sales(DCS)と呼ばれるプログラムがあると主張している。このグループは、米国務省の国防貿易管理局(DDTC)内で活動している。DCSプログラムは、米国の民間企業による武器やその他の防衛用品、防衛サービス、軍事訓練などの海外販売を規制するものである。政府間売買を管理する対外軍事販売(FMS)プログラムとは別物である。DCSを通じて、巨額の資金が国際銀行、多国籍企業、外国政府を経由して振り回される。

米国科学者連盟の報告書によると、国務省はDCSについて、国防総省がFMSについて行っているよりもはるかに透明性が低いとのことである。”価格と数量に関する最小限の情報は、「ビジネス機密情報」として分類され、一般から遠ざけられている。この秘密主義は、議会や関心を持つ報道機関や一般市民が、産業界直接の武器移転について適切な監視を行う能力を損なう」

2013年6月中旬、ホワイトハウスは、オバマ大統領がシリアの反政府勢力への「直接軍事支援」を許可したことを発表し、これによりDCSは中東の国で活動することができるようになった。ロイター通信によると、「シリアの反政府勢力と政治的野党の指導者は、直ちに対空兵器やその他の高度な兵器を要求した。アサドが主にスンニ派の反乱軍と戦うのを助けるために、イランの支援を受けたヒズボラのシーア派戦闘員数千人の到着は、国連が少なくとも93,000人が死亡したと発表した2年間の戦争の勢いを変えた」

2013年9月17日、ホワイトハウスは、オバマ大統領がテロリストグループへの武器売却を防ぐことを目的とした連邦法の一部を免除したことを発表した。これは、シリアの反政府勢力に合法的に武器や弾薬を提供できるようにするための措置である。ワシントン・エグザミナー紙によると、シリアの反体制派のかなりの部分が、アルカイダやISIS(イラクとアルシャームのイスラム国)を含むイスラム過激派テロ集団とつながっているため、この免除は問題になる可能性があるという。

数年間にわたり、シリアの多くの隠れ家で活動するアメリカの諜報員は、シリアの反政府勢力への武器売却を支援し、到着した武器をどのテロリスト集団や司令官が受け取るべきかを決定するまでに至っていた。2013年3月のニューヨーク・タイムズ紙は、武器輸送の規模は「非常に大きい」とし、トルコ政府がこの作戦の大部分を監督していたと報じている。ストックホルム国際平和研究所の不正武器移転モニターであるヒュー・グリフィスは、「これらの飛行の積載量を控えめに見積もると、3,500トンの軍備となる」と述べている。「これらの飛行の強度と頻度は、十分に計画され、調整された秘密の軍事兵站作戦を示唆している」

2015年初頭、元軍司令官や特殊部隊の工作員、元CIAや諜報員、国際テロの専門家、メディアや政府の事情に詳しい人などを含む民間人のグループ「ベンガジに関する市民委員会(CCB)」は、米国の当局者が米国の敵に武器を提供していたことを確認した。CCBの中間報告「Changing Sides in the War on Terror」は、2011年にオバマ・ホワイトハウスとヒラリー・クリントン国務長官率いる国務省が、ムアンマル・カダフィを政権から追放しようとするリビアのアルカイダ支配の反政府民兵に武器を送る政策で「テロとの戦いにおいて味方を変えた」と結論付けた。

「反乱軍はアルカイダとの関係を隠していなかった」と報告書の著者であるジョン・ローゼンタール氏は言う。「それなのに、ホワイトハウスと議会の上級議員は、アルカイダを抑制するために西側と積極的に密接に協力していた支配者を倒すために、テロ組織に物質的支援を提供する政策を意図的かつ故意に追求した」 カダフィが米国の援助で打倒されたのは、米ドルを下回る金に裏打ちされたアフリカの「ディナール」を作ろうとしていたからだと主張する者もいる。

「スティーブンス氏は、リビアのアルカイダ関連民兵への武器提供を促進していた」と、元CIA作戦将校で委員会のメンバー、現在はワシントンの安全保障政策センターで研究担当副会長を務めるクレア・ロペス氏は確認した。

元CIA防諜専門家のケビン・シップ氏とロペス氏は、この銃乱射作戦は反逆行為に近く、オバマ・ホワイトハウスとクリントン国務省が国民から封じ込めようとした秘密であることに同意した。

「ブルー・ランタン」プログラムでは、DDTCは、国務省からライセンスを受け、DCSが提供する武器やサービスの最終使用先を監視している。このプログラムは、武器が悪人の手に渡らないようにすることを目的としている。しかし、防衛産業関係者の中には、DCSが「企業や政治的利益のために、両者を中抜きしている」と主張する人も出てきた。

元CIAの契約パイロットで、キューバの独裁者フルヘンシオ・バティスタの打倒と1961年のピッグス湾侵攻まで遡ってCIAのために武器弾薬を飛ばしたウィリアム・ロバート・「トッシュ」・プラムリー、このような武器取引は、イラン・コントラにおける武器と麻薬の取引や、フィデル・カストロとキューバのバティスタ政権が企業利益のためにアメリカの備蓄品から武器を販売した1950年代のキューバ・プロジェクトと同様に、CIAの特殊戦術部隊による「簿外」秘密作戦ではないか、と疑問を呈した。イラン・コントラ疑惑の際、プラムリーがニカラグアに武器を飛ばしたとする現地報告も多数ある。また、上院での証言では、レーガン政権時代にコカインを積んで米国に帰国したと述べている。最近では、米国とメキシコの国境沿いでフォトジャーナリストとして活動し、アルコール・タバコ・火器・爆発物局(ATF)の「ファスト・アンド・フリアス」捜査に参加したこともある。

2000年代初頭まで遡るBlue Lanternレポートでは、米国企業から供給された武器の最終ユーザーに関する調査の多くが「好ましくない」ものであり、武器が外国の敵の手に渡ることがあることが確認されている。警察当局は、法的措置の可能性を検討するためにこれらの報告を受けるが、通常、外交関係への配慮から捜査は中止される。

公共の利益のために働くはずの議員でさえも、武器取引に関与している。多くの議員が軍需企業の株を保有している。2014年にサンフランシスコの大陪審から汚職と銃器売買の共謀で起訴されたカリフォルニア州の上院議員リーランド・イーなど、より深く関わっている議員もいる。イー氏の窮状を皮肉ったのは、民主党の政治家が銃規制強化の提唱者であったことだ。

しかし、アメリカの武器貿易の横行と腐敗は、私たちが抱える問題の中でも最も小さいものである。

ジョージ・ワシントンが「外国との関わり合いに気をつけろ」と言ったにもかかわらず、第二次世界大戦後の米国は、介入主義と冒険主義の外交政策をとり、武器メーカーを利するだけだ。2011年現在、米国は、アルバニア、クロアチア、エストニア、アイルランドなどの小国を含む150カ国近くに駐留する現役の軍隊を擁している。

永続的な戦争によって、グローバリストは、汚いブラックオプスの麻薬密輸、腐敗した銀行業務、政治的賄賂、暗殺に資金を提供し続けることができる。永続的な戦争は、アメリカ人へのスパイ行為、警察機関の軍国主義化、連邦政府がアメリカ国民を「敵性戦闘員」と断定し、令状も人身保護もなしに拘束できる法律、ドローンによるスパイ行為の口実とみなすこともできる。

外交問題評議会のような秘密結社が民主・共和両党に指導力を発揮しているため、第二次世界大戦以降、米国の対外警察には大きな変化がないのである。両党を支配するグローバル・エリートは、グローバリストの目標に沿わない者が大統領の座に就くことがないように見張っている。エリートのグローバルなアジェンダの基礎となる、アメリカを永久に戦争状態に保つための努力は惜しまない。

インフラへの投資は、軍事への投資よりはるかに良い連邦資金の使い方である。アメリカの高速道路、ダム、橋は劣化し続け、その多くがアメリカ土木学会(ASCE)から落第点をつけられている。

2013年、全米の公共インフラを改善することで国民の健康、安全、福祉を守ることを目的とするASCEは、物理的な状態と改善のために必要な投資に基づいて「レポートカード」の成績を発表した。アメリカはDプラスを獲得した。

しかし、2015年の国防予算案は6000億ドル以上であり、長い兵器プログラムのリストを保護している。この予算には、わずか15人の「価値の高い」囚人を収容するために設計されたキューバのグアンタナモ湾の新しい刑務所施設に6900万ドル、アメリカ人の傍受したメール、テキスト、電話メッセージを保存するためにユタ州ブラフデールに20億ドルのNSAデータセンターといった項目もある。このような予算の決定により、米国政府は国民の生活よりも軍事技術の最前線に立つことに価値を置いていることが明らかになったのである。

銃の個人所有

アメリカの兵器への偏愛は、どれだけの民間人が銃を所有しているかで、最もよく説明できる。米国は、世界の人口の5%にも満たないにもかかわらず、世界の民間人が所有する銃の約35〜50%を保有している。しかし、世界の統計から、個人の銃の所有が暴力と同一視されることはまったくない。銃の保有率が3番目と4番目に高い国は意外かもしれない: スイスとフィンランドは、世界で最も犯罪率の低い国の一つであるFBIの統計によると、2012年に銃器に寛大なアラバマ州で起きた銃による殺人はわずか1件だったのに対し、銃刀法が最も厳しいカリフォルニア州では1,304件も起きている。

シカゴもまた、銃規制法が有効でないことを示す典型的な例だ。全米で最も厳しい銃刀法があるにもかかわらず、シカゴは2014年の最初の6カ月間に1,100件以上の銃乱射事件が発生し、全米でトップとなった。2014年7月4日の週末だけで、シカゴでは84件の銃乱射事件と14件の殺人事件が発生した。しかし、企業のマスメディアは、全米で最も厳しい銃規制法を持つシカゴが、自由に公然と個人防衛用武器を携帯することを認め、市民の自然な自衛権を認めている他の都市よりも、日常的に銃撃による死亡者数が多いことを国民に知らせなかった。

近年、学校での銃乱射事件は、銃規制をめぐる議論の両陣営に新たな論点を提供することになった。銃規制の強化に賛成する人々は、最近頻発する銃乱射事件を、より厳格な規制が必要であることの証拠として挙げている。一方、銃規制賛成派は、すべての学校に訓練を受け武装した教師、コーチ、校長がいることを知れば、銃乱射事件は減少すると主張する。

過去数年間、特に南部や西部では、多くの生徒が学校に銃を持ち込んでおり、その多くは放課後の狩猟用にピックアップ・トラックのラックに収められていた。エリック・ホルダー元司法長官によると、米国で発生した銃乱射事件の年平均は 2000年から2008年までの年平均5件から、2013年だけで12件と、近年3倍に増加している。

2014年10月、ハーバード大学の研究者は、2011年以降、銃乱射事件が3倍に増えたと報告した。1982年から2011年までは平均200日おきだったのに対し、この間は平均64日おきに銃乱射事件が起きているとのことである。

後述するように、最近の銃乱射事件増加の真の原因は、武器ではなく、若者に処方される精神医薬の増加である。

ジョージア州ケネソー市では、1982年に、(一部の例外を除き)世帯主が自宅に少なくとも1丁の銃器を保管することを義務付ける条例を制定し、犯罪抑止力としての銃の有効性が証明された。2001年までに、ケネソーの暴力犯罪率は国や州の率を約85%下回り、財産犯罪は国や州の率を約50%下回るまでに減少した。この減少は2012年まで続くが 2003年から2008年にかけては、全米平均の2倍の人口増加により、若干の増加が見られた。ケネソーでの事件のような話は他にも数多くあるが、反銃を掲げるグローバリストに支配されたマスメディアは、ほとんど報道しない。

2013年初頭、ダラスで、長期の犯罪歴がある33歳のデイフォン・ピプキンが、高齢の家主の家に侵入した後、一発で殺された。ピプキンの家族は、威嚇射撃がなかったことを嘆いている。「ピプキンの義理の妹、ラケシャ・トンプソンはメディアにこう訴えた。「彼は警告を使うことができたはずだ。「彼は自分の土地に銃を持っていて、正当防衛のために使うのだと知らせることができたはずだ」と。また、ピプキンの家族がなぜ、人の家に侵入して犯罪を犯すことの結果について彼に警告しなかったのか、疑問に思う人もいた。

2014年4月、フロリダ州ウィンターヘイブンの家に侵入した40歳のミッチェル・ラージは、家庭内暴力と暴行で長い前科があると当局に言われていたが、ルイス・ペーニャ家のメンバーによって致命的に撃たれた。警察署長Gary Hesterによると、父、母、成人の息子は全員武装しており、警告射撃が行われたが、侵入者はそのまま家の中に入ってきたとのことである。ペーニャの事件では告訴はされず、ヘスターはメディアにこう語っている: 「ラージが武装していようといまいと、彼が退却しなかった時点で、彼らには確かに自衛の権利があった……」

アメリカでは、銃器があるだけで殺人率が上がるということはない。しかし、統計や理性、常識は、国連にまで及ぶグローバリストのアジェンダである、増え続ける銃規制の議論に関しては、当てはまらないようだ。2014年9月、ジョン・ケリー国務長官は、武器の国際販売を抑制することを目的とした、長らく延期されていた国連武器貿易条約に署名し、全米ライフル協会のクリス・コックスは、この条約を「グローバルな銃奪取条約」、「法を守るすべてのアメリカ人の憲法上の権利と自由に対する露骨な攻撃」だと宣言した。

最後に、ほとんどの銃乱射事件の背後にある2つの主要な理由-貧困によるストレスとアルコール摂取による強化-は、企業のマスメディアによってほとんど無視されている。なぜなら、貧困に対処する運動は、アルコール産業とは異なり、広告費を払わないからだ。デトロイト、シカゴ、ミネアポリスのような資金難の都市では特に、貧困と富の不平等な分配が、最も機能的な家族にもストレスを与えている。大都市の貧困層は、ストレスの多い生活環境のために、より多くの銃乱射事件を経験している。

1993年のAlcohol Health & Research World誌に掲載された「The Effects of Context on Alcohol and Violence」という論文の中で、ロバート・ナッシュ・パーカーによると、「アルコール消費は貧困という文脈の中で暴力を増加させ、暴力行動は文脈によっては合理的で許容できる選択として認識されるかもしれない」と述べている。

しかし、メディアはこうした銃乱射の真の原因について決して報道しない。マスメディアのオーナーであり支配者である自称「グローバリスト」たちが、二枚舌であることは明らかだ。彼らは国際的な武器貿易で利益を得ているが、国内での政策は全く異なる。銃を悪者扱いして、より厳しい法律や銃の登録、それに続く没収を叫ぶように仕向けるのだ。結局のところ、武装解除された国民はより簡単にコントロールできる

ゲームの変更

銃乱射の問題は、貧困の絶望感や富の二極化よりも、武器の入手可能性とはあまり関係がないことは明らかだ。ドロシー・ストーンマンは、ユースビルドUSAの創設者であり、46の州で低所得の若者に仕事を与えながら高校卒業資格の取得を目指すプログラムを展開している。もしアメリカが、16歳から26歳までのすべての若者に機会を提供するために、軽微な犯罪のために彼らを監禁し、さらに前向きな未来から遠ざけてしまうのと同じだけのお金を費やせば、1,2世代で貧困をなくすことができる」と彼女は説明している。若者が機会への真の道と人道的コミュニティを見つけたとき、彼らは自分の子供たちに、自分たちの子供時代に欠けていた機会の世界を与えようと決意する優れた親になる」

銃が人を殺すのではなく、人が人を殺すというのは本当だ。私たちが社会の不満の原因と向き合い、解決しない限り、どんな銃対策法も、無法な銃を持った犯罪者や精神的に不安定な人々から国民の安全を守ることはできないだろう。しかし、企業メディアも利己的な政治家も、貧困という基本的な問題に取り組もうとはしない。政治家たちは、銃乱射の真の原因を探る代わりに、より多くの法律を通すことの方が簡単だと考えてきた。

誰も政府が武器生産を終わらせることを期待してはならない。より平和で非暴力的な社会への前進は、地域レベルから始めなければならない。武器商人の代わりを見つけるべきである。戦争物資の製造業者は、より社会的に有益な製品の製造にシフトすることができるだろう。しかし、たとえ武器取引が規制されたとしても、私たちはGODシンジケートの第2部、そして世界で2番目に儲かる商品である石油に関連する問題に直面することになる。

石油

石油の専門家の中には、世界の石油供給はピークに達し、現在は減少していると主張する人が何年も前からいる。

石油の供給量が減少すれば、エネルギー価格が上昇し、世界的に不安定になる。石油化学製品の供給が減少すれば、その分、新しいエネルギー源が必要になる。地球上で最も儲かるビジネスが武器であり、すべての戦争機械が燃料や潤滑油として石油で動くからだ。

しかし、石油は現代文明の基盤となっているため、戦争用機械はほんの一部に過ぎない。コンピューターやテレビも石油から作られているし、プラスチック、食品の包装、シャンプー、ゴミ袋、柔軟剤、家具、薬、そして水筒も石油から作られている。これらの生活必需品は、石油を燃料とするトラックで全国の道路を走り、私たちの手元に届く。私たちの経済システムは石油に大きく依存しているため、もし石油が不足すれば、ほとんどすべての商品の価格が上昇することになる。また、世界人口の増加に伴い、石油の消費量は増加の一途をたどっている。

ピークオイル(PEAK OIL)

1956年、アメリカの地球物理学者マリオン・キング・ハバートが、1970年にアメリカの石油生産量がピークを迎え、その後世界的に減少に転じるという予測を発表したことから、「ピークオイル」という言葉が生まれた。当初、多くの石油専門家は「ハバート・ピーク説」を否定していたが、現在では、ハバートの具体的な予想が外れているにもかかわらず、「ハバート・ピーク説」は尊重されている。2005年には、世界の石油生産量が日量7億4,000万バレルも減少したため、心配されたが、その後生産量は回復し、2011年と2012年に新記録を樹立した。

専門家の中には、石油生産の余力は中東諸国を中心とする石油輸出国機構(OPEC)にしか残っていないと主張する人もいる。ピークオイル論者は、OPEC以外の石油生産はすでに限界に達していると考えている。

「世界中の簡単な石油とガスは、ほとんど見つかっている。エクソンモービルの広報担当、ウィリアム・J・カミングス氏は、「これからは、より困難な環境や作業領域から石油を発見し生産する、より困難な仕事が待っている」と述べた。

ピークオイルに対する恐怖は、石油業界にとって利益となり、その結果、より高い価格を請求することができ、石油資源のさらなる探査を正当化できる。しかし、この概念の基礎は弱い。エネルギー専門コンサルタントで構成されるCambridge Energy Research Associates(CERA)は、この理論に批判的である。「M.キング・ハバートの方法論は、その貴重な貢献にもかかわらず、資源の増加の可能性、新技術の適用、基本的な商業的要因、地政学が生産に及ぼす影響などを考慮していないため、破綻している。ハバートの手法は、米国を含むすべてのケースで有効ではなく、世界の生産見通しを確実にモデル化することはできない。もっと簡単に言えば、ピークが間近に迫っているというケースには欠陥がある。2006年のCERAの報告書によると 2005年の米国48州における生産量は、ハバートの予測を66%上回った。国際エネルギー協会(IEA)もピークオイルの存在を疑っており、世界の生産量はピークではなくプラトーに達していると主張している。

ハバートの理論によって、石油会社は人々の恐怖心を煽って利益を得ることができた。しかし、石油を抽出するために使用されている非常に効果的な新しい技術は、私たちが何も心配する必要がないことを証明している。

バッケン層

ノースダコタ州、モンタナ州、サスカチュワン州、マニトバ州の一部を覆うバッケン岩層が最近発見され、ノースダコタ州はテキサス州に次ぐ全米第2位の産油州となった。バッケンは、アラスカのプルドーベイ以来の国内最大の石油発見であり、アメリカの外国産石油への依存をすべて解消する可能性を持っている。エネルギー情報局(EIA)は、その可能性を5,030億バレルと見積もっている。この石油のわずか10%で、500億バレルになる。1バレル107ドルで売れば、5兆3,000億円以上の価値がある資源ということになる。この油田1つで、消費量が増えても2千年以上もつエネルギーを供給できる。

この新しい石油資源を考えると、石油の埋蔵量はマスメディアが指摘するよりもはるかに多いという証拠が増えつつある。このことは、政治的にも大きな意味を持つ。結局のところ、世界的な石油不足の恐怖が、自然保護と環境保護の名の下に中央集権的な政府と民間プログラムの両方を主張してきた新世界秩序の重鎮たちの主張を煽る。

その一例が元大統領候補のアル・ゴアで、彼は地球温暖化とシカゴ気候取引所(CCX)の提唱者である。CCXは「北米で唯一の任意かつ法的拘束力のある温室効果ガス削減・取引システム」と銘打たれている。

この炭素規制を利用した試みは、2010年11月、共和党が支配する下院でキャップ・アンド・トレード法を勝ち取ることができなかったため、CCXはその運営を停止した。

バッケン層に代表されるように、石油は豊富にあるにもかかわらず、石油業界はピークオイルの恐怖から利益を得続け、新たなエネルギー資源の探索は致命的な影響を与え続けている。

フラッキング

近年、急速に普及した採掘技術に「フラッキング」がある。水圧破砕法(hydraulic fracturing)の略で、掘削した地中に高圧で液体(通常は水と化学物質)を注入し、頁岩を破砕して内部の天然ガスを放出させる方法である。その中には、鉛、ウラン、水銀、エチレングリコール、ラジウム、メタノール、塩酸、ホルムアルデヒドなどの有害物質が含まれている。これらの化学物質の半分以上は生分解性がなく、地中に残る。回収された破砕廃棄物は、蒸発させるために野外のピットに放置される。これにより揮発性有機化合物が放出され、汚染された空気、酸性雨、地上レベルのオゾンが発生する。金属製のボールベアリングを破砕液に添加し、亀裂をいつまでも開口させる。

これらの有毒な化学物質が溶出し、近くの地下水を汚染する。破砕現場近くの飲料水井戸には、通常の17倍の濃度のメタンが含まれていることが確認されている。

米国にある155,000の井戸のうち約80%は、ハリバートンが最初に開発した技術であるハイドロフラッキングによって炭化水素を回収するために廃水を使用している。企業オーナーは、ボトル入り飲料水の市場を追い詰めながら、より多くの医薬品を販売するために、水圧破砕法を用いて井戸を破壊し、住民を病気にさせているという重大な証拠が存在する。

フラッキング井戸の近くでは、1000件以上の井戸の汚染が記録されており、その水を飲んだ人が感覚、呼吸器、神経に障害を受けたという報告もある。自然資源防衛協議会によると、アーカンソー、コロラド、ペンシルバニア、テキサス、バージニア、ウェストバージニア、ワイオミングの住民は、近隣のフラッキング作業後に水質や水量に悪影響を及ぼし、健康被害を報告した。

また、フラッキングは危険な地震活動の原因にもなっている。オハイオ州ヤングスタウン近郊の注入井戸が地震と関連していたことから、ジョン・ケーシック州知事は2012年、同州が事業者に井戸の許可を出す前に地震調査を義務付ける行政命令を発令した。しかし、このようなリスクがあるにもかかわらず、他の州や連邦政府は、注入井戸に対して何らかの地震リスク評価を義務付けていない。

しかし、他の州や連邦政府は、注入井の地震リスク評価を義務付けていない。米国地質調査所(USGS)によると、1967年から2000年までの間に起きたマグニチュード3.0以上の地震の年平均発生率は、わずか21回だった。しかし、フラッキングの普及に伴い、2010年から2012年にかけてこの数は年間約100回に跳ね上がった。オクラホマ州では、1975年から2008年まで、年平均6回以下の地震しか起きていない。2014年の最初の4カ月間だけで、同州で100回以上の3.0地震が記録された。2015年の最初の2カ月間だけで30回の地震が報告されている。

2014年8月19日(火)、オクラホマ地質調査所(OGS)は、その日1日だけでオクラホマ州で前例のない20回の地震を報告した。OGSは、「誘発地震の記録された事例で、現在の地震発生率や地震が発生している地域に近いものはない」と報告している。OGSは「誘発地震」を、フラッキング、大量除去採掘、貯水池の貯留、地熱生産など、既存の断層を破壊する可能性のある人間の活動によって引き起こされる小さな地震と定義している。

2011年11月、オクラホマ州プラハで、同州で観測史上最大のマグニチュード5.7の地震が発生し、フラッキングの危険性を示す典型的な事例となった。前震は4.7、後震は4.7だった。この地震により、2人が負傷し、14軒の家が倒壊し、学校が閉鎖された。この地震による地震活動は、17の州で感じられた。

地震学者たちは当初、困惑していた。プラハと近郊のミーカーの間に潜む3億2千万年前の裂け目、ウィルゼッタ断層が唯一の原因だと考えたからだ。米国地質調査所(USGS)の職員は、そのデータベースが、この断層による地盤変動の可能性はゼロであることを発見した。「この断層は死火山のようなものである。と、プラハ周辺に20数個の地震計を設置するチームを率いたオクラホマ大学地球物理学助教授のケイティ・ケラネンはコメントしている。USGSやコロンビア大学のラモント・ドハティ地球観測所の科学者も参加した1年にわたる調査の結果、ケラネン氏は「私たちのデータを見たほとんどの人が、これらの事象は注入によって引き起こされた可能性が高いと認めている」と結論付けている。最近、地震活動が活発化しているのはオクラホマ州だけではない。アーカンソー州、コロラド州、オハイオ州、テキサス州でも予期せぬ地震が発生した。

現在、多くの都市や州が、採掘禁止法やゾーニング条例を検討している。しかし、政治の世界では金がものを言う。カリフォルニア州上院は2014年5月、同州の有権者の3分の2が支持しているにもかかわらず、陸上と海上の両方の掘削について、科学的調査で健康や環境への影響をすべて評価するまで州内でのフラッキングをモラトリアムとする法案を見送った。この法案は、民主党の4人が共和党の12人の議員全員と一緒になって、法案を推進しないことに票を投じたことで否決された。他の3人の民主党議員は棄権し、モラトリアム法案が過半数を獲得することはできなかった。

西部州石油協会(WSPA)を中心とする石油業界は、法案に反対するロビー活動のために、2014年の最初の3カ月間だけで150万ドル近くを費やした。グループ「Californians Against Fracking」は、石油ロビイストが最終的に法案を倒すために費やした金額は合計1,500万ドルに上ると推定している。

大企業と石油ロビーは法案の敗北に歓喜し、反割壊団体Credo ActionのZack Malitzは、「割れのモラトリアムを支持する圧倒的多数のカリフォルニア州民は、割れとこの有害な抽出プロセスに関連する公衆衛生リスク、地震、気候変動との戦いをやめることはない」と述べている。カリフォルニア州と同様に、ペンシルベニア州、テキサス州、コロラド州も、その潜在的な影響を評価することなく、広範なフラッキングを許可している。フラッキングの増加は、これらの州の多くに住む人々の生活を直接危険にさらすものであり、グローバリストが人口を減らすために採用したもう一つの有効な手段である。

ゲームの変化

石油依存の歴史は、非倫理的なビジネス慣行と死で埋め尽くされている。タッカー、フォードのエドゼル、デロリアンなど、より安全で燃費の良い自動車は、権力者によってほとんど弾圧された。ロサンゼルスの電気トロリーシステム「レッド・カー」は、石油燃料で走る車のために設計されたフリーウェイ・システムによって廃業させられた。ドイツの発明家ルドルフ・ディーゼルは、もともと有機物、つまりピーナツ油で動くエンジンを設計していた。しかし、彼は1913年に英仏海峡を横断中に謎の死を遂げ、今日、ディーゼルエンジンはさまざまな形の蒸留石油を燃料としている。石油以外の資源を原料とする代替燃料には、トウモロコシなどから国内で生産されるエタノール、植物油や動物油脂から作られるバイオディーゼル、汚染の少ない天然ガスやプロパン、汚染のない水素などがある。

他の国々も、持続可能な交通手段への賢い投資を行っている。2014年、日本は高速鉄道の開通50周年を迎え、時速200マイル以上の列車が走るようになった。中国は、わずか6年で5,000マイルの高速鉄道を建設した。米国では、ボストンとワシントンD.C.の間に1本の高速鉄道があるだけで、2025年にはもう1本が計画されている。どうやら、誰かが私たちに州間高速道路を走り、ありったけのガソリンを使ってほしいと思っているようだ。

人の健康や水源への影響について十分な独立した調査もなく、フラッキングを行うことは、怠慢で危険なことである。今日、多くの州がフラッキングの使用に疑問を呈しており、他の多くの国もフラッキングのモラトリアムを制定し、さらには全面的に禁止している。カナダ、フランス、ドイツ、南アフリカ、アルゼンチン、アイルランド、スイス、チェコ共和国などである。地震や汚染された水による将来の大惨事を避けるために、情報に敏感な市民は、フラッキングとその結果について、より厳しい審査を要求しなければならない。

環境破壊は、代替エネルギーに投資するまでは続くだろう。より安全で低公害の技術を求める思慮深い協調的な要求は、石油・ガス産業が公共政策に対して握っている牙城を崩すことができるまで続けなければならない。

第3章 薬物

ドラコニアン制麻薬法、麻薬犯罪者への厳しい判決にもかかわらず、麻薬問題は長年にわたり悪化する一方である。

国連の「薬物報告書2012」によると、アメリカ国民は、合法・非合法を問わず、他のどの国よりも多くの薬物を摂取している。また、世界保健機関(WHO)が最近行った17カ国の合法・違法薬物使用に関する調査では、アメリカ人が違法薬物、特にコカインとマリファナの世界最大の消費者であることが示された。アメリカ人は、生涯でコカインを使用したと報告する割合が、次に近い国であるニュージーランド(4%)の4倍(16%)もあった。また、アメリカはマリファナの使用率も最も高い(42.4%)ことが報告されている。

また、所得が高い人ほど、合法・非合法両方の薬物を使用する傾向があることがわかった。「薬物の使用は、より豊かな国の特徴のようだ」と調査は指摘している。「世界の薬物研究と薬物政策を牽引してきた米国は、罰則付きの違法薬物政策や、多くの先進国よりも高いアルコール飲酒年齢(米国の多くの州)にもかかわらず、アルコール、コカイン、大麻の使用レベルが高く、際立っている」

1930年代初頭に政治家も国民も禁酒法について考え直さなければならなかったように、今日、多くの国々が、いわゆる「薬物戦争」という、今では負け戦と一般に認められている戦争について考え直しはじめている。

ノーベル賞を受賞した5人の経済学者による2014年の報告書によると、薬物のない世界を作るための戦いは、「見当違いであり、逆効果である」とされている。「Ending the Drug Wars」と題されたこの研究は、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのIDEASセンターによって作成され、国や国際的な政策や戦略の根本的な再構築が必要であると説いている。

「現在の戦略は、それ自体で失敗している。薬価が低下する一方で、純度が上昇していることを示す証拠がある。これは、世界的な取締り費用の大幅な増加にもかかわらず、である。一般に実績のある公衆衛生政策を犠牲にして、懲罰的な執行主導の政策に膨大な資源を費やし続けることは、もはや正当化できない」と、82ページの報告書は主張した。

この報告書によると、「軍事化された強制執行主導の世界的な『麻薬との戦い』戦略の追求は、膨大な負の結果と巻き添え被害を生んできた。米国での大量投獄、アジアでの非常に抑圧的な政策、アフガニスタンと西アフリカでの膨大な汚職と政治的不安定化、ラテンアメリカでの巨大な暴力、ロシアでのHIVの流行、世界的な痛み止めの深刻な不足、世界各地での組織的人権侵害の伝播などだ。」と述べている。結論として「今こそ「薬物戦争」を終わらせ、厳密な経済分析に裏打ちされた効果的なエビデンスに基づく政策に資源を大量に振り向ける時だ。」と述べている。

報告書の著者らは、違法薬物対策への「画一的な」アプローチを批判し、国連が主導して「国や地域によって異なる政策が有効であることを基本的に受け入れた上で、新しい協力的な国際枠組み」を構築すべきだと述べている。そのような新しい薬物政策は、「公衆衛生、危害の軽減、違法市場の影響軽減、必須医薬品へのアクセス拡大、問題ある消費の最小化、厳格に監視された規制実験、人権の原則への揺るぎないコミットメントの原則に基づく」べきである。

IDEASセンターの国際薬物政策プロジェクトコーディネーターであるジョン・コリンズは、「薬物戦争の失敗は、公衆衛生専門家、安全保障専門家、人権当局、そして今や世界で最も尊敬される経済学者たちによって認識されている」とコメントしている。指導者たちは、現在の薬物統制戦略に従うことは、国民や経済に多大な人的・金銭的コストをもたらすことを認識する必要がある”と述べている。

興味深いことに、死の文化の市民にとって最も致命的であることが証明されているのは、ヘロインやコカインのような違法薬物ではない。

人口の3分の1にあたる1億人のアメリカ人が、1日を過ごすために、強力で有害な気分転換効果のある合法ドラッグを服用している。ある調査によると、これらの薬物依存者のうち約4000万人が、飲酒状態で公共の道路を運転していることを認めていることは、特に恐ろしいことである。

1980年代以降、製薬会社の利益は急増している。1960年から1980年までは、国内総生産に占める処方箋薬の売上高の割合はかなり低かったのだが、1980年から2000年にかけては3倍になった。2012年までに、処方箋薬の支出は国民医療費の2,608億ドルを占めると推定されている。

大手製薬会社の成功は、薬の効率性よりもマーケティングと関係がある。健康な人々に、自分は病気だから薬が必要だと思わせようとする大手製薬会社の試みは、病気煽りと呼ばれている。売り上げを伸ばすために、大手製薬会社は、女性性機能障害症候群、月経前不快気分障害、足の爪の真菌、男性の禿げ、社会不安障害(以前は内気と呼ばれていた)など、新しい病気を考案する。これらは、薬を必要とする病気として表現された、通常または軽度の状態のほんの一部である。

2014年の『Whistleblower』誌の記事で、編集者のDavid Kupelianは、広範で増加する薬物使用がアメリカに「本物のゾンビ黙示録」をもたらすと予見している。クペリアンは、「巨大な違法薬物の世界に巻き込まれようと、同じく巨大な合法薬物の世界に巻き込まれようと、どちらにしても、何千万人もの私たちが基本的に同じ問題に対処するために基本的に同じ薬を服用し、基本的に同じ行き止まりに向かっていることが判明した」と指摘した。精神医学は私たちを助けるはずなのに、道を踏み外し、最も薬物に依存するようになってしまったのである」

第4章 致命的な医療

2000年、アメリカ医師会雑誌(JAMA)は、アメリカ人の死因の第3位が医師によるものであることを明らかにし、医療関係者に衝撃を与えた。バーバラ・スターフィールド博士が2000年7月26日付のJAMA誌に発表した研究によると、年間22万5000人もの死因が従来の医療に起因するものであるという。また、これは控えめに見積もったもので、実際には年間100万人近くが予防可能な死を遂げているのではないかと言う研究者もいる。いずれにせよ、アメリカの医療制度は、心臓病やがんに次いで、アメリカ第3位の死因となっている。

2011年に亡くなったスターフィールドは、著名な小児科医であり、「健康の公平性に関する国際学会」の共同設立者でもある。スターフィールドは 2000年に発表した「米国の健康は本当に世界一なのか」という報告書の中で、不必要な手術による死亡が年間1万2000人、病院での投薬ミスによる死亡が7000人、病院でのその他のミスによる死亡が2万人、病院で感染したことによる死亡が8万人であることを明らかにした。また、106,000人の死因は、FDAが承認し、正しく処方された医薬品によるものだった。この数字には、違法薬物や合法的な処方薬の「不適切な使用」は含まれていない。

スターフィールドは2009年のインタビューで、多くの人が思っているのとは逆に、米国は世界で最も健康な国ではないと断言した。「アメリカ国民は、より多くの介入によってより良い健康につながると信じ込まされているようです」と彼女は語った。

スターフィールドによると、世界保健機関(WHO)が「人類の健康に対する3大脅威のひとつ」と位置づけたカルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)などの致命的な病気について、ほとんどの人は聞いたことがない。今日、この新しい感染力の強い薬剤耐性菌は致死率が50%にも達し、CDCによると、大病院よりもむしろ長期滞在型の施設で多く見られるようになってきている。

そして、私たちはこの殺人細菌を生み出す手助けをしている。CREは、医師が、自然療法に見られるようなホリスティックな効果がない、対象を絞った化学薬品を使った抗生物質を過剰に処方した結果、蔓延するようになったのである。このような制限的な使用は、細菌の分子防御の発達を促し、結果として抗生物質に対する耐性を高めることになる。ナチュラル・ニュースの編集者マイク・アダムスは、「今日の状況は、製薬業界全体が、CREスーパーバグを殺すことのできる薬も化学薬品も実験薬も持っていない」と指摘し、「製薬会社は、急性感染症を治療する抗生物質を売るよりも、スタチン薬や血圧薬などの『ライフスタイル管理』薬を売るほうがはるかに利益があることを発見した」と付け加えた。抗生物質は、感染症にかかる人が比較的少ないため、あまり利益にならないのである。一方、コレステロールが高いからスタチン系薬剤を一生飲み続ける必要がある、と誰もが納得することができる。CREのようなスーパーバグが広く普及した場合、アメリカはその蔓延を止めるために無防備な状態になるだろう。

自然健康論者は、特定のケースにおけるアロパシー薬物治療の価値を認める一方で、自然療法と適切な食事や運動が、普通の人の健康維持に役立つことが多いと主張している。

自然健康論者のジョセフ・マコーラ 博士は、「現代のテクノロジーは素晴らしいが、それを使って病気を診断できるからといって、伝統的な治療を受けるべきだという意味にはならない」という理解が、日本にはあると指摘した。マーコラ氏は、日本の健康統計は、愛情あるケアが治療よりも効果的であることが多いことを反映していると指摘する。薬や手術、病院は、食事や運動、生活習慣を改善するだけでは効果がない。

製薬会社のトップに立つエリートが利益を得るためとは別に、なぜ私たちの医療制度がこれらのアロパシー的な「治療法」だけに焦点を当てなければならないのか、論理的な理由は何もない。人間は生まれながらにして完璧な健康状態を作り出すのに必要なすべてのプログラムを持っており、致命的な病気もしばしば自分で治すことができるということを、一般の人々に悟らせないための組織的な取り組みが、史上最大の健康陰謀だと考える人もいる。

さらに、連邦政府機関は、非常に危険な薬物から国民を保護するという悲惨な実績を持っている。スターフィールドはこう説明する: 「予測不可能な有害事象が常に存在するにもかかわらず、より多くの安全でない薬が承認されているのが事実である。多くの人は、製薬業界が(過去10年ほど)FDA(食品医薬品局)に審査費用を支払うことを要求しているため、FDAは規制している業界のために働くという、どうしようもない立場に置かれているのだと考えている」スターフィールドが報告する死亡統計は、米国の医療業界が破綻している証拠である。そして、その背後にいる強力な勢力は、米国の医療政策に対する支配力を手放そうとしない。保険会社、専門医や疾患指向の医学界、製薬・医療機器製造業界は、いずれも議会のキャンペーンに多額の寄付をし、しばしば国民の利益にならない政策をロビー活動で求めている。

FDA、製薬会社、議会がこのような癒着関係にあるため、死に至るような医薬品が市場に出回る。イブプロフェンなどの市販薬や、アメリカで最も人気のある鎮痛剤タイレノールの有効成分であるアセトアミノフェンなど、安全だと思われている薬でさえも、命にかかわることがある。アセトアミノフェンは、少量の過剰摂取でも長期的な肝障害を引き起こすことが示されており、まれに胃の出血を引き起こし、死に至ることもある。CDCによると、毎年約150人のアメリカ人が、偶然のアセトアミノフェンの過剰摂取により死亡している。

FDAおよびジョンソン&ジョンソンのタイレノールなどのアセトアミノフェンのメーカーは、警告ラベルに示されているように、この薬に関連するリスクを十分に認識しているが、FDAはまだその安全使用を規定する規則を確定していない。FDAによるアセトアミノフェンの安全性審査は1970年代に始まったが、2013年になっても、FDA内部の足の引っ張り合いで未完成のままだった。FDAの記録によると、FDAは消費者保護のための決定を、FDA自身の諮問委員会が支持した場合でも、繰り返し延期している。

ジョンソン&ジョンソンは、アセトアミノフェン中毒の解毒剤を開発するなど、タイレノールの安全性を高める方向に動いているが、監視団体ProPublicaが入手した内部文書によると、同社は30年以上にわたり、安全警告、用法用量制限、その他の製品の安全性を高めるための措置に対して争ってきたことがわかる。

FDAは、アセトアミノフェンに起因する肝障害や死亡例の増加に対処するため、遅々として進まなかったことを認めている。FDAのSandy Kweder博士は、「市販薬の中では、最優先事項の一つである。ただ、時間がかかるのである」と述べている。情報通の消費者は、40年では足りないのではと思う。

致命的な薬の中には、健康を害するだけでなく、懐にも厳しいものがある。米国内の処方箋薬の価格が世界で最も高いのはなぜか、カナダやメキシコから同じような安い薬を輸入するのは違法なのか、疑問に思ったことはないか?

このような状況は 2003年に製薬会社が働きかけ、成立させたメディケア処方薬プログラムに起因している。メディケア処方薬・改善・近代化法は、それまでのメディケアの歴史の中で最大の見直しであり、メディケアにおける限定的な処方薬適用を、これまで適用されていなかった1300万人を含む4100万人に拡大し、その費用は4000億ドルと見積もられていた。

選挙寄付とロビー活動費に年間およそ1億ドルを費やす製薬会社のロビイストは、法案作成中ずっと存在し、実際、議員の数は2対1だった。この法案は、これまで下院に提出された法案の中で最も高額なものの1つで、真夜中に異例の点呼投票によって可決された。

「製薬会社のロビイストが法案を作成した」とノースカロライナ州選出の共和党員ウォルター・ジョーンズは回想する。「その法案は1000ページ以上あった。私は22年間政治に携わってきたが、この22年間で最も醜い夜だった」批評家たちは、この法律が保険会社、巨大製薬会社、健康維持団体に数十億ドルの補助金を提供し、民間プランがメディケアと競争できるようにする第一歩を踏み出したと主張している。

最も高価な医薬品の多くは、アメリカにおける死因の第2位であるガンとの闘いに使用されるものである。米国国立衛生研究所(NIH)によると、ベビーブーマー世代が定年退職を迎える2020年には、がんの研究・治療にかかる医療費が1580億ドル(2010年ドル)を超えると予想されている。

化学療法とは、急速に分裂するがん細胞を化学薬品で死滅させることで、がんに関連する医療費の多くを占めている。化学療法は厄介な処置で、正常な細胞も殺してしまうため、消化管の炎症、脱毛、血球の生産量の減少など、免疫系を抑制してしまう。

2012年のある研究では、化学療法は治療するよりも実際に多くのがんを引き起こす可能性があることがわかった。化学療法は、健康でがんでない細胞のDNAを損傷し、その細胞がより多くのがん細胞を生み出す分子を作り出す引き金となる。シアトルのフレッドハッチソンがん研究センターの研究者たちは、化学療法が腫瘍を取り巻く健康な組織にダメージを与え、がん細胞に治療に対する抵抗力をつけさせることを発見した。化学療法に抵抗する「スーパー」がん細胞は、CREのようなスーパーバグが抗生物質に抵抗するように、がんをさらに致命的にしてしまうのだ。

化学療法に対する敵意が高まっている典型的な例として、『Waking Times』に寄稿している「自然療法医」であるデイブ・ミハロビッチ氏のこんな発言がある: 「化学療法は97%効かないのに使われ続けているのは、医者と製薬会社が儲けるためだ。化学療法がまだ使われている理由はそれだけだ。ミハロビッチや他の評論家は、化学療法は実際には、免疫系を破壊し、神経認知の低下を高め、内分泌機能を混乱させ、臓器や代謝の毒性を引き起こすことによって、がんの増殖と長期死亡率を高めると主張している。患者は基本的に、死ぬまで永久に病気の状態で生きることになる。

Journal of Clinical Oncology誌に掲載された12年間のメタ分析によると、97%の確率で化学療法は転移性癌の退縮に効果がない。化学療法よりも効果がありそうな栄養学やホメオパシーの研究ではなく、がんのために集められたお金が実際にどこに使われているのか不思議に思う。栄養学博士で『MD皇帝は服を着ていない』の著者であるピーター・グリデンは、「もしフォード・モーターが97%の確率で爆発する自動車を作ったら、彼らはまだビジネスをしているのだろうか」と述べている。「いいえ」と言うだろう。しかし、製薬会社の影響力は、その明らかな失敗にもかかわらず、現在の壊れたシステムを維持し続けている。

もし、他の治療法を模索する資金と政治的意志があれば、多くの治療法が期待できそうだ。マドリッド・コンプルテンセ大学のクリスティーナ・サンチェス博士は、マリファナに含まれるテトラヒドロカンナビノール(THC)が、健康な細胞を傷つけずにがん細胞を殺すことを発見した。彼女の研究は、ロンドン大学セントジョージ医学部の研究とともに、THCが「強力な抗がん作用」を持ち、がんを成長させる経路を大幅に「標的にしてスイッチを切る」ことができることを示している。

この記事を書いている時点では、大麻はモルヒネ、LSD、ヘロイン、アヘンとともに、米国連邦政府によってスケジュールIの麻薬として、研究目的であっても非合法化され続けている。連邦政府がマリファナを禁止し続ける理由は、マリファナの殺癌作用にあるのだろうか?

初期のがん研究者で、治療法を明言したのは、ノーベル賞受賞者の生理学者オットー・ワールブルグである。第二次世界大戦争前、ウォーバーグは、がんの原因と治療法を説明する講演を行った。「一言で言えば、がんの主な原因は、正常な体細胞の酸素の呼吸を、糖の発酵に置き換えたことである。正常な体細胞はすべて酸素の呼吸によってエネルギーの必要量を満たしているが、がん細胞は発酵によってエネルギーの必要量の大部分を満たしている。したがって、正常な体細胞はすべて義務的好気性だが、すべての癌細胞は部分的嫌気性である. . . 動植物のエネルギー源である酸素ガスが、がん細胞では、ブドウ糖の発酵という最も低い生命体のエネルギー生産反応に取って代わられたのである」と発表し、「嫌気性生物学を基礎として、この恐ろしい病気から解放される真のチャンスが到来したのである」とも述べた。

つまり、ほとんどの生物細胞が生きるために酸素を必要とするのに対し、がん細胞は酸素がなくても大丈夫で、代わりに糖の発酵からエネルギーを得ている。がん細胞は、酸素を含むアルカリ性システムでは生きられないのである。さらに、人間が正常な健康を維持するためには、呼吸する空気中に最低22%の酸素が必要である。アメリカのほとんどの都市では、この最低値を常時下回っており、いわゆるオゾン警報が発令された日には、酸素の割合が18%にまで低下することが多く、健康に必要なレベルをはるかに下回る。

アメリカの食事に含まれる砂糖の量はよく知られており、肥満は急速に国民の健康危機となっている。ウォーバーグ博士の鑑定が正しいとすれば、彼の講演から80年の間に、癌を治す方法が何もなかったことは驚くべきことである。にもかかわらず、現在の平均的なアメリカ人の食事は、世界で最も酸性(糖質)の強い食事である。その理由は、怪しい研究者の観察によると、がんで死ぬ人よりも、がんで生計を立てている人の方が多いからかもしれない。

抗がん剤は製薬会社にとって最も儲かる産業だが、他の薬も同様に、服用した人に積極的に害を与えながら巨額の利益を上げている。抗炎症剤のバイオックスもその一つである。2004年に発売中止となるまでの間に、6万人以上の死者を出したと言われている。この薬を製造したメルク社は、米国で2番目に大きな製薬会社で 2003年だけで25億ドルの売上があり、バイオックスから多大な利益を得ていた。この薬が心臓発作や脳卒中の致命的な原因になったという証拠から発売中止となったとき、アナリストはメルクに対する判決が250億ドルに達すると予想した。しかし、2012年に行われた司法取引の結果、罰金はわずか3億2,100万ドルで、メルクの収益にかすかな影響を与えるにすぎなかった。

同様に心配なのは、メルクの臨床試験報告書はメルクが作成したものでありながら、最終的には信頼できる医師や科学者の名前で出版されているという告発である。ニューヨークのマウントサイナイ医科大学のジョセフ・S・ロス博士は、メルク社を相手取った訴訟の裁判資料を調べているうちに、これらの明らかにゴーストライターによる研究報告を発見した。反論の余地のない証拠に直面したメルク社は、5億ドルのバイオックスの販売キャンペーンを含め、研究関連の文書を作成するために外部のプロのライターを雇ったことを認めた。この薬の臨床研究は、会社の給料をもらっている人たちが書いていたのであるから、この薬の危険な作用が手遅れになるまで発見されなかったのも不思議ではない。

バイオックスの事件は、医薬品の広告に関するより広範な問題を浮き彫りにしている。1990年代に消費者向けの医薬品広告が導入されたことで、生涯にわたって処方薬を服用するアメリカ人の数が急増し 2001年から2007年の間に、1種類以上の処方薬を服用する大人と子どもの数は1200万人以上増加した。そして、その目的は、もはや抗生物質のようにこれらの薬を止めることではなく、むしろ永久に飲み続けることにある。

健康記者のマーサ・ローゼンバーグは、ビッグファーマがアメリカ国民に一生ものの処方箋を与えていると指摘している。痛み、不安、GERD(胃食道逆流症)、喘息、気分障害、片頭痛、さらには勃起不全、痛風、レトロウイルスなど、かつては必要に応じてしか使われなかった処方が、今では「フルタイム」医薬品となっている。「体の痛みを一過性に治療してもらうのではなく、サインバルタのような抗うつ薬やリリカやニューロンチンのような発作薬を無期限に服用させる」と彼女は言った。

ハフィントン・ポスト・メディア・グループの社長兼編集長であるアリアナ・ハフィントン氏は、「ではなぜ、(合法ドラッグの)死者数が増えても、事態は変わらないのだろうか」と問いかけた。その答えは、いつも通り、お金の流れを追えばわかる。大手製薬会社は相変わらずアメリカ政治の八百長集団であり、その権力はロビー活動(年間1億5000万ドル)、選挙寄付(過去4年間に連邦候補者に配られた5000万ドル近く)、そして高所にいる強力な友人(ドナルド・ラムズフェルドはかつて医薬品業界の強豪G・D・サールのCEO、元ホワイトハウス予算局長でインディアナ州の次期知事のMitch DanielsはEli Lillyの上級副社長)から成る逞しさを持っている」. . .もちろん、本当に残念なのは、企業の貪欲さ、政治的な臆病さ、縁故主義の文化が、公共の利益を後回しにするような規制システムを持ち続けていることである」

今ある薬よりもっと怖いのは、これから出てくるかもしれない薬である。米国やその他の国の科学者たちは、集団全体を一掃しかねない、これまで知られていなかった新しいウイルスを作り出している。ハーバード大学公衆衛生大学院の疫学者マーク・リプシッチとイェール大学のアリソン・ガルバニが2014年5月に発表した報告書によると、世界中の研究所がウイルスを作成・改変し、自然の株がより致死的な形態に進化する可能性を解明していると指摘している。これらの研究者は、このような実験がもたらす利益は、病原性株が実験室から逃げ出して拡散するリスクよりも大きいかもしれないと警告している。

このような議論を呼ぶ実験の多くに資金を提供している米国政府は、潜在的な利益が大きく、リスクが管理可能であると判断されれば、このような実験に資金を提供するという新しい規則を制定した。リプシッチ氏は、リスクと利益が適切に比較検討されたという証拠はないと主張している。「私の知る限りでは、そのようなことは行われていないが、このような実験への資金提供は続いている」と彼は言う。多くの人が、このような実験がパンデミックを引き起こしたり、バイオテロリストの手に渡ったりするのではないかと恐れている。政府も資金提供団体も、どのウイルス研究を支援するかを評価するために、公平な専門家を雇うべきだが、まだそうなっていない。エボラ出血熱のような感染症が蔓延している昨今、この問題は世間に浸透しているが、米国政府には、どの活動が安全で、どの活動が安全でないかを判断する包括的なシステムが欠けていることは明らかだ。

第5章 致命的なワクチン

1950年代前半、米国の子どもたちは、ジフテリア、破傷風、百日咳、天然痘の4種類のワクチンを13回接種するのが一般的だったが、1回の受診で3回までしか接種できなかった。1980年代半ばには、さらに麻疹、おたふくかぜ、風疹(MMR)、ポリオの4種類のワクチンが追加された。現在、米国疾病管理センター(CDC)が推奨するワクチンの数は、世界のどの国よりも多くなっている。CDCは、2歳までに14種37回、6歳までに14種48回ものワクチンを接種することを推奨しており、時には1回の診察で8回ものワクチン接種を受けることもある。また、過剰なワクチン接種、フッ素などの添加物のワクチンへの注入が、子どもたちに悲惨な結果をもたらしていることを批判している。独立した医師や研究者が、政府の規制当局や製薬会社に対抗しているのだ。

もう一人の批判者は、ニューヨーク医学部で学んだ小児科医のローレンス・パレフスキー博士である。彼は、ワクチン信者からワクチン懐疑派への変遷をこう語る:

「医学部では、ワクチンは完全に安全で、完全に効果的であると教えられたし、そうでないと信じる理由もなかった。私が教わったすべての情報は、すべての医学部や全国の教えや科学文献でごく標準的なものでした。私にはそれを信じない理由がなかったのです。しかし、ますます、私の世界での経験、ワクチンを使ったり読んだりした経験、ワクチンについて親が言っていることを聞いたりした経験が、医学部や研修医のトレーニングで教えられたことと大きく異なっていることがわかり始めたのです」

パレフスキーは、他の医師とともに、現在入手可能な文献から、ワクチンの安全性が完全に証明されていないこと、あるいは完全な効果が証明されていないことを懸念するようになった。

しかし、多くの医師は、ワクチンに何か問題があるのではないかという可能性を考慮したがらない。「ほとんどの小児科医は、ワクチンによる悪い結果に関連することは、単なる偶然だと親に言うように教え込まれています。しかし、なぜこのような偶然の一致が多いのでしょうか?」とパレフスキーは不思議に思う。「発達が正常で、うまくいっていて、会話もできていたのに、声やアイコンタクトが失われ、発作を起こし、喘息やアレルギーを発症し、医師から『何を言っているのかわからない』と言われて行き場を失った子供たちをたくさん見ているので、胸が痛みます。この子たちは現実にいるのです」

パレフスキーは、適切なワクチン研究が行われておらず、医学文献は、ワクチンが「身体の遺伝子型、身体の免疫系、身体の脳、身体の細胞内機能に対して、私たちが一般に伝えようとするよりもはるかに大きな悪影響を及ぼす。」という「事実をかなり支持している」と主張している。

2万件以上の研究でワクチンの安全性が証明されているという推進派の主張にもかかわらず、よく見てみるとそうではないことがわかる。このような研究を無批判に受け入れる前に、その研究がどのように設計され、誰によって行われたかを確認する必要がある。対照群はあったのだろうか?研究対象者の規模はどれくらいで、子供なのか大人なのか?パレフスキーは、「これらの研究のほとんどで、実際の安全性は証明されていないことがわかると思います」と述べた。

また、ワクチン推進派は、ほとんどの子供がワクチンを接種しているという事実から、ワクチンを接種していない人が利益を得ていると主張する。これは群衆免疫と呼ばれるもので、ワクチンを接種している人が多ければ多いほど、そのコミュニティの誰かが感染する可能性は低くなるという考え方である。

しかし、医学界では、この考え方に大きな疑問が投げかけられている。パレフスキー博士などは、ワクチンを接種した子どもたちが、接種した細菌やウイルスに感染しなくなると考えるのは、とんでもないことだと考えている。もし、実際に子どもたちが予防接種を受けているのであれば、なぜ親や公衆衛生当局は、予防接種を受けていない子どもたちが、自分の子どもたちが持っていない何かを持っているのではないかと恐れる必要があるのだろうか?パレフスキー博士は、「両論併記はできない」と主張した。「自分の子どもは守られていると信じてワクチン接種をしたのに、ワクチン接種を受けていない子どもが、他の誰も持っていない秘密の生物を持っているために、自分の子どもは守られていないと感じることはできないのです。そんなことはありえません」

他の人も同意見である。ラッセル・ブレイロック博士は、「ワクチンによる集団免疫がほとんど神話であることは、極めて簡単に証明できる」と書いている。私が医学部にいたころは、小児期のワクチンはすべて一生続くと教えられていた。この考え方は70年以上前から存在していた。しかし、比較的最近になって、これらのワクチンのほとんどが接種後2年から10年で効果を失うことが判明した。つまり、少なくとも人口の半数、つまり団塊の世代は、人生のごく初期にワクチンを接種したこれらの病気に対して、ワクチンによる免疫を持っていないということである。

要するに、これは、少なくとも人口の50%以上がワクチン接種後2年から10年の間に免疫保護を失ったことを意味し、したがって、今日の人口のほとんどは、群衆免疫に必要な95%の数字が主張されていない状態になる。

ワクチンの問題は、イエスかノーかという単純な答えが出せないというのが、ほとんどの医学者の意見である。親はワクチン接種を一切禁止すべきなのか、それとも医師が処方したものなら何でも認めるべきなのか?このような疑問は、個々の親に委ねられるべきだと考えるアメリカ人が増えてきている。インフォームド・コンセントの支持者は、十分な下調べをした上で、家族が自分の意思で選択できるようにすべきだと主張している。パレフスキー博士は、「両者の意見を聞いた上で、どのような選択をするかは親次第だ」とアドバイスしている。

しかし、ワクチン接種の歴史から明らかなことは、ワクチン接種には非常に現実的なリスクがあるということである。1998年、英国では、麻疹・おたふく・風疹(MMR)ワクチン接種後に1,500件以上の副作用が報告され、ワクチンメーカー3社が訴訟に直面した。英国の保健当局は、報告された症状とワクチンとの間に関連性はないと断言したにもかかわらず、ワクチンが自閉症や腸の問題を引き起こしたかどうかを判断するために、高等法院で裁判が行われることになった。この裁判には、英国の法律扶助制度が適用され、27人の専門家が子どもたちの訴えを支持する報告書を作成した。両親は、子どもたちはワクチン接種前は正常であり、その後の変化はワクチン接種以外には考えられないと信じていた。2003年8月に法律扶助が打ち切られた後、裁判は停滞し、進行しておらず、ワクチンの責任に関する問題は未解決のままである。

ワクチン接種が健康のために必要だと支持者は主張するが、Pediatrics Journalに掲載された論文では、この主張に反論している。第二次世界大戦以前は、医療と栄養の充実、衛生環境の改善、生活環境の改善により、感染症の大半が減少していたことが述べられている。これは、抗生物質やワクチン接種が普及するずっと前のことである。

「過去30年間で、子供たちが受ける予防接種の数は3倍になり、同じ期間に学習障害、ADHD、喘息、糖尿病の子供の数も3倍以上になった!」とジョセフ・マコーラ 博士は指摘している。「製薬会社が国の医療政策をいかに効果的に操っているか、驚かされる。彼らは公衆衛生システムを操作し、変質させることができたので、インフルエンザ予防接種が効くという確かな証拠もなく、予防接種に含まれる多くの疑わしい成分にもかかわらず、薬局、空港、大学のキャンパス、食料品店、その他無数の店舗で有毒で効果のないインフルエンザ予防接種を売ることができる。」

そのような成分には、吸入、摂取、皮膚への接触で非常に有毒であることが知られているチメロサールが含まれ、正当な世論の反発にもかかわらず、依然として多量のインフルエンザワクチンに含まれている。その他にも、ホルムアルデヒドやホルマリン、鶏の腎臓細胞やDNA、グルタミン酸ナトリウム、殺精子剤に使われるオクトキシノール9(トリトンX-100)、ドイツの患者にアナフィラキシー反応を起こさせた乳化剤であるポリソルベート80などの疑わしいワクチン成分がある。

さらに、多くのワクチンは、レシピエントを新しく危険な病気にかかりやすくしている。2014年、エンテロウイルスD68(EV-D68)として知られる重症の呼吸器ウイルスが、中西部で150人以上の子どもたちに感染した。秋には、集中治療を必要とする犠牲者の多くが、北はカナダまで報告された。ミズーリ州カンザスシティにあるChildren’s Mercy Hospitalの感染症部門ディレクターであるメアリー・アン・ジャクソン博士は、「集中治療を必要とする重症の子どもたちの範囲という点では、もっとひどい状況である。前例がないと言ってもいい。私は30年間小児科で診療していたが、これほどのものは見たことがない。”と述べている。D68に感染した人たちの唯一の共通点は、全員がMMR、インフルエンザ、ポリオのワクチンを接種していたことで、これは意図しない副作用である可能性を示している。

しかし、ワクチンには本来リスクがあるにもかかわらず、国民の恐怖心を利用するための政治的な道具として使われることも少なくない。近年、多くのパンデミックによってもたらされた脅威は、その証拠である。パンデミックの規模や危険性に関するCDCの予測はしばしば不正確だが、それでも政府はこうした予測を利用して、ワクチン接種の増加というアジェンダを市民に押し付けている。例えば 2009年に世界保健機関(WHO)とCDCは、ヒトのインフルエンザウイルス、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザの組み合わせによる豚インフルエンザのパンデミックを予測した。WHOとCDCは、豚インフルエンザの深刻な流行を予測し、強制的な予防接種が必要になる可能性があると警告した。

当時は、予防接種を拒否すると職を失うという話も実際にあった。しかし、ある看護師が4年越しに闘い、勝利を収めた。ニュージャージー州のハケットタウン・コミュニティ・ホスピタルの看護師、ジューン・バレンタは、インフルエンザの予防接種を拒否したために解雇された。この病院では、医療上または宗教上の理由がない限り、従業員にインフルエンザワクチンの接種を義務づけており、拒否した者はマスクの着用が義務づけられていた。バレンタインはマスクの着用に同意したが、予防接種を拒否した。その結果、彼女は解雇され、失業手当の受給資格も失った。彼女は訴訟を起こし、2014年、裁判所は、病院が宗教に基づく免責を受け入れながら、世俗的な免責を否定したことにより、ヴァレントの表現の自由に対する権利を侵害したことを認めた。

今回の流行が最終的に限定的な範囲にとどまり、ワクチンを接種した人の数も少なかったことを考えると、製薬会社が豚インフルエンザワクチンを売るためにWHOを操作したのではないかと考えるのは妥当なことだろう。これらの企業は 2006年と2007年の鳥インフルエンザ騒動の後、パンデミックワクチンの研究開発に何百万ドルも投資していた。これらの企業やWHOが意図的に国民を欺いたかどうかは別として、彼らは明らかにこのインフルエンザ株の潜在的な危険性を誇張していた。欧州評議会保健委員会会長のウォルフガング・ウォダルグ博士によれば、製薬会社のロビーと世界政府は、豚インフルエンザを中心とした「大パニックキャンペーン」を展開した。

2014年9月、欧州疾病管理予防センター(ECDC)は、製薬大手グラクソ・スミスクラインが、濃縮した生きたポリオウイルスを11ガロン以上、ベルギーのリクセン付近の川に放流したことを明らかにした。偶発的とされたこの放出は、もし実際に意図的なものであれば、ポリオワクチンが高い需要を維持し続けるための確実な方法であることを示すことになる。製薬会社もまた、複数の異なるワクチン間の相互作用から利益を得ている。2009年のカナダの研究では、50歳未満の人が毎年インフルエンザの予防接種を受けた後、豚インフルエンザウイルスに感染するリスクが高いことが指摘されている。主著者であるブリティッシュ・コロンビア疾病管理センターのDanuta Skowronskiとラヴァル大学のGaston De Serresは、4つの疫学研究と1つの動物実験に一貫性を見出し、「偶然の一致では片付けられない、偏りによって完全に説明できるとは思えない関連」を示唆している。カナダ当局は、この研究結果によって予防接種プログラムが混乱し、予防接種を志願する人が少なくなることを懸念している。

そして、偽のパンデミックが終息すると、政府と製薬会社の複合体は、次のパンデミックに移行する。豚インフルエンザへの懸念が薄れると、メディアは中東呼吸器症候群(MERS)という新たなパンデミックを喧伝し始めた。MERSは2012年にサウジアラビアで初めて報告され、その後西方へ広がっていった。2014年半ばまでに、米国で少なくとも2件のMERS患者が報告されたが、いずれもサウジアラビアから渡航した人だった。CDCは、MERSの感染者は30%の確率で死亡すると警告しているが、当局は、このウイルス性呼吸器疾患は密接な接触によってのみ感染するものであり、広く拡散する可能性はないと述べている。

製薬会社は、私たちに致命的なワクチンを打つために特定の病気に対する恐怖を煽っていないときは、合法的に致命的な病気がもたらすリスクを軽視している。2014年、もちろん、人口減少の恐怖を煽る最もホットな病気はエボラウイルスで、西アフリカのいくつかの国で急速に広がっていた。エボラ出血熱に感染した最初のアメリカ人、ケント・ブランティー博士が米国に到着したことで、パンデミックの懸念が高まり、エボラ出血熱の犠牲者を意図的に米国に呼び寄せることの賢明さを疑問視する声が多く上がった。エボラウイルスがコントロールできるよりも早く拡散し、失われる命という点で「破局」をもたらす可能性を秘めていると、世界保健機関(WHO)の代表マーガレット・チャンは警告した。では、なぜ米国に被害者が運ばれてきたのだろうか。

アフリカ諸国の政府による当面の対応も、同様に支離滅裂だった。2014年初秋、リベリアとギニアの間に位置する西アフリカのシエラレオネは医療戒厳令が敷かれ、600万人の国民は3日間自宅に隔離され、政府職員が一軒一軒エボラ感染者を探して回った。

同様にリベリアでも、政府と世界保健機関は、エボラ出血熱に感染した人々を強制的に自宅から移動させる「コミュニティケアセンター」を約70カ所設置していた。シエラレオネでも同様のプログラムが計画されていた。これらのセンターは、「エボラ出血熱の死のキャンプ」と呼ばれ、議論を呼んでいる。少なくとも3,000人の米軍兵士が、この閉鎖と移動の支援に当たるよう命じられた。このアフリカの行動は、エボラ出血熱が米国で流行した場合の予兆ではないか、と疑うアメリカ人もいるほどだ。奇妙なことに、これらの部隊の少なくとも一部は、部屋の掃除やベッドパンを空にするなど、感染者と密接な接触を必要とするホスピスでの任務に就いていた。

2014年9月末には、米国初のエボラ出血熱患者がCDCによって公表された。重症患者は、当初は名前が明かされず、親戚を訪ねるためにリベリアから米国に到着した後、ダラスのプレスビテリアン病院に入った。CDCのトーマス・フリーデン所長は、「これは米国で診断された最初のエボラ出血熱の症例であり、アフリカ以外で診断されたこのエボラの最初の株である」と発表し、楽観的な様子だった。私は、このエボラ出血熱の症例がこの国で広く拡散しないよう、私たちがコントロールすることを確信している”と発表した。

しかし、2014年9月にオバマ大統領が、エボラ出血熱が「制御不能に陥っている」と警告し、国際社会が迅速に対処しなければ「数十万人の感染者」が世界に現れるかもしれないと述べたことから、連邦政府はアフリカでの活動を受けてエボラパンデミックに備えているように見えた。一方、防護服メーカーのレイクランド・インダストリーズは、米国務省がエボラ出血熱との戦いのために16万着の防護服を入札したと発表した。

これまでのところ、エボラ出血熱に対するオバマ政権の対応がどのようなものであるかを示す初期の兆候は、厄介なものである。エボラ出血熱の発生直後、オバマ大統領は、インフルエンザを除く特定の重症急性呼吸器疾患患者の逮捕、拘留、条件付き釈放を許可する大統領令に署名した。この命令は 2003年にジョージ・ブッシュがSARSの流行に対する国民の恐怖に応えて署名した同様の命令を修正したものである。

この命令は、単にエボラウイルスを保有していると疑われる人を強制的に隔離するために使用される可能性がある。CDCは、全米に点在する20の検疫所が患者を受け入れるために稼働していることを認めた。エボラ出血熱から国を守ろうとする政府の公約と、オバマ政権の甘い移民政策が矛盾していることは、多くの人が指摘しているところである。

プリズンプラネット.comに寄稿しているカート・ニモ氏もこの矛盾を指摘し、「病気、天災、人災は、政府がその権力と範囲を拡大・拡張する口実として日常的に利用されている」と主張する。国家とそのプロパガンダ・メディアは、警察国家を強化するための組織的な努力の一環として、次から次へと作り出される危機を利用して繁栄しているのだ。

その明らかな目的は、国民の保護ではなく、恐怖と暴力によって国民をコントロールするために設計された軍国主義の要素とともに、包括的な監視国家を構築することである。2015年4月までに、アフリカに派遣されたアメリカ軍の少なくとも半数が帰還し、エボラ出血熱の流行は衰えたように見えたが、それは1万人近い死者を出した後だった。

エボラ出血熱は、感染者の血液や体液に直接触れることで感染するため、感染することは困難である。しかし、政府は国民の不合理な恐怖心を利用し、国民に新たな制限を課すことに成功した。また、パンデミックの脅威は、政府や軍事力を拡大する口実となるだけでなく、多国籍企業が利益を上げるために利用することもある。エボラ出血熱に対する恐怖心は、豚インフルエンザと同じドラマをより大きな舞台で演じたに過ぎない。

さらに、2010年に特許を取得したエボラ出血熱の株(特許番号CA2741523A1)と70%以上の類似性があるエボラウイルスについて、なぜ米国政府が所有権を主張するのかという疑問もある。この特許の出願人の一人は、「The Government of The United States of America as represented by the Secretary, Department Of Health & Human Services, Center For Disease Control 」であったとされている。

このようなパンデミックが発生した場合、最終的な目標は何なのかを考えなければならない。この場合、答えは明らかだ。人口削減というグローバリストのアジェンダの重要な構成要素なのだ。科学界は、エボラウイルスがこの目的を達成するための効果的なツールになる可能性を長い間示唆してきた。2006年、テキサス大学の生物学教授であるエリック・ピアンカは、エボラのようなウイルスによる深刻な人口削減を提唱していると報じられた。ピアンカはその後、この報道に反論し、「人に対して悪意はない」と明言しているが、少なくとも1人の直接の証言が、この話を裏付けている。『市民科学者』に寄稿したフォレスト・ミムズ氏は、「テキサス科学アカデミーの数百人の会員が立ち上がり、空気感染するエボラによって地球人口の90パーセントを抹殺することを熱弁するスピーチにスタンディングオベーションをするのを、私は驚きをもって見ていた」と述べている。

人口抑制 エリック・ピアンカ教授に聞く
タッカー・カールソン:人口抑制 エリック・ピアンカ教授に聞く(2009):トランスクリプション
Population Control An Interview with Professor Eric Pianka タッカー・カールソン 0:06 テキサス科学アカデミーは最近、テキサス大学の生物学者に最高の栄誉を与えました。彼は、人類の90%が一掃されれば、地球はもっと良くな

ピアンカのスピーチの文章は冷ややかだ。彼は、人口が激減する未来について語り、「人類が崩壊した後、私たちの数はもっと少なくなるはずだ。食料は減少する。汚染も減るだろうし、いいことづくめだ」と述べている。さらに彼は、地球上の全人口を滅菌することを提案した。そして、エボラ出血熱のようなパンデミックウイルスは、人類の大部分を絶滅させることが可能であり、ピアンカの不穏なビジョンの重要な要素である。

この病気だけでは十分に致命的でないかのように、エボラ出血熱の流行には軍隊も投入されている。国防総省は、アフリカに派遣した部隊に加えて、パンデミック発生を含む国家的緊急事態が発生した場合に備えて、50州すべての州兵支援チームに生物診断システムを配備しているが、そのような事態はあり得ないと彼らは主張している。では、なぜこれほど多くの軍隊が全国に駐留しているのだろうか。

パンデミックに有効な代替医療を抑圧する医療システムの犠牲となり、西洋のアロパシー医学だけに頼っている人々が大量に死ぬことになるのだろうか?西洋医学の専門家が、致命的なスーパーガームに対する保証された治療法がないことを認めているにもかかわらず、ホメオパシー療法をその効率にかかわらず否定し、他の効くかもしれないものを人々に利用させたくないというのは、非常に驚くべきことである。彼らは、ハーブ療法は危険かもしれないと警告する製薬会社の幹部と同じだ。

西洋医学をパンデミックに使うべきではないと主張する人はいない。ただ、西洋医学と東洋医学、漢方薬、栄養療法、日光療法など、あらゆる可能性を検討すべきだということである。

医学的に万能でない以上、予防接種の効果や危険性を疑うべきかもしれない。

予防接種を受けた後、多くの親が異常な反応を示したと報告している。発作、高熱、下痢、無気力、甲高い叫び声など、さまざまな異常が報告されている。その被害は、ワクチンそのものではなく、ワクチンメーカーが製造や保管のコストを節約するために使用する不妊剤であるチメロサールなどの添加成分から生じているのかもしれない。重量比49.6%の水銀を含むチメロサールは、代謝または分解してエチル水銀になる可能性がある。

2009年6月発行のToxicological and Environmental Chemistry誌(91巻4号)に掲載された論文では、チメロサールを含む小児用ワクチンの定期投与は、「ヒト神経細胞および胎児細胞に著しい細胞毒性を引き起こす可能性がある」と結論付けられている。

「この最新の研究は、(チメロサールによる)損傷が、低濃度であっても、ヒトの神経細胞や胎児細胞で起こることを確認した。」と、イリノイ州ナチュラルヘルスセンターのジョセフ・マコーラ 博士は書いている。博士は、米国では1970年代後半から自閉症の割合が60倍近くに増加しており、ちょうど小児科の予防接種スケジュールに追加される予防接種の数が増えている時期と重なると指摘した。「通常、3歳までにほとんどの子どもは、定期接種のうち24種類以上のワクチンを接種している。この時期に、自閉症の症状が現れることがある」

チメロサールに対する学界の見方は、実に厳しい。ケンタッキー大学のボイド・ヘイリー教授(化学)は、「動物にチメロサールを注射すれば、その脳は病気になる」と述べている。生きた組織に塗れば、細胞は死んでしまう。シャーレに入れれば培養液が死ぬ。このようなことを考えると、乳児に注射して障害が起きないというのは衝撃的なことである。

そして、倫理と安全性に関して、製薬会社の実績が著しく低いことを考えると、これらの添加物を二重に疑うべきだろう。2012年、グラクソ・スミスクラインは、不正行為を否定しながらも、抗うつ剤を未承認の用途で販売促進し、糖尿病治療薬の安全性データを報告しなかったとして、刑事責任を認め、30億ドルの罰金を支払った。これは、製薬会社が関与した過去最大の和解金となった。この合意には、他の6種類の医薬品の不適切なマーケティングに対する民事罰も含まれている。

検察は、グラクソ社がパキシルという薬を、FDAが成人以外への使用を承認していないにもかかわらず、小児への使用を促進する目的でいくつかの戦術を用いたと主張した。その中には、臨床試験のデータを誤って報告した医学雑誌の記事の出版を手配したことも含まれている。

このような大雑把な歴史を持つ製薬会社が、生まれたばかりの赤ちゃんに有害な可能性のある予防接種をするよう促しても、私たちはどうやって信用できるだろうか?

問題は、このような致命的な過失の責任を従業員個人が問われることがないことである。グラクソ・スミスクライン社の事件でも、他の製薬会社が起こした多くの刑事訴訟でも、個人が起訴されたことはない。アボット・ラボラトリーズ社やジョンソン&ジョンソン社などでは、高額な和解金が支払われた。

しかし、多額の罰金は、製薬会社の疑わしい慣行には影響しないようで、製薬会社の幹部が処罰の対象にならない限り、こうした慣行は変わらないだろう。2004年にグラクソ・スミスクライン社を訴えたエリオット・スピッツァー元ニューヨーク州司法長官は、「私たちが学んだことは、お金では企業の不正を抑止できないということだ」と述べている。私が思うに、唯一効果があるのは、CEOや役員が辞任に追い込まれ、個人の責任が強化されることである」

私たちは、アイオワ州立大学の元研究所長、Dong-Pyou Hanの有望な訴追から学ぶことができる。2014年6月、連邦検察は実際にワクチン研究者であったハンを虚偽記載に関わる犯罪で起訴した。ハンは、実験的なHIVワクチンが機能しているかもしれないという印象を与えるために、ウサギの血液にヒトの抗体を混入させたことを自供した。国立衛生研究所(NIH)の助成金で500万ドルが費やされた後、かつて「画期的」と称されたハンの結果が不正であることが判明した。2015年2月、ハンは懲役刑と賠償金の支払いを条件とする司法取引に応じた。ハン氏のケースは、一部のワクチン研究者の短絡的で明白な捏造を物語っている。最近、ワクチンが特に注目されているのは、自閉症の増加の背景に複数のワクチン接種の可能性があるのではないかという懸念が高まっているからだ。

自閉症は、ワクチンについて疑問に思っている親御さんにとって、本当に心配なことである。2014年3月、CDCは、米国の子どもの68人に1人が自閉症スペクトラム障害(ASD)であると報告した。これは、わずか2年前の88人に1人の割合から30%増加したことになる。この最新の推計は、CDCが11州の8歳児全員の健康・教育記録を評価した結果に基づいている。

さらに気になるのは、CDCの元科学者が、ジュリー・ガーバーディング博士の指導の下、ワクチン接種と自閉症の関連性を立証する研究データを改ざんし、不正行為を働いたと主張していることだ。問題の研究は、おたふくかぜ、はしか、風疹(MMR)のワクチン接種によって、黒人の子どもたちの自閉症が350%増加したというものだった。MMRワクチンの主要な研究を行ったウィリアム・トンプソン博士は、CDCの職員がこの危険性を2001年の時点で知っていたと述べている。

CDCがワクチンの情報を隠したという彼の説を裏付けるのが、2014年8月下旬のトンプソンによるこの公言だった: ”2004年に学術誌『Pediatrics』に掲載された論文において、共著者と私が統計的に重要な情報を省略していたことを後悔している。省略されたデータは、36カ月齢以前にMMRワクチンを接種したアフリカ系アメリカ人男性は、自閉症のリスクが高いことを示唆していた。どの結果を報告するかはデータ収集後に決定され、最終的な研究プロトコルは守られていなかったと思う」

トンプソン博士はさらに、「CDCは(自閉症の)研究を10年後回しにしました。CDCが透明性を持たなかったために、私たちは(自閉症とワクチンの関連性についての)10年間の研究を見逃してしまったのです。. . CDCは……麻痺しています。今、システム全体が麻痺しているのです。私は上司に嘘をつくように言われています。もし私が証言せざるを得なくなったとしても、嘘をつくつもりはありません.私は基本的に嘘をつくのをやめたのです」

ワクチン研究者がワクチン研究データをめぐって明白に嘘をついていない場合、製薬会社は研究を微妙に操作していると非難される。2014年秋、メルク社の2人の元ウイルス学者、スティーブン・クラーリングとジョアン・ウロコウスキーは、メルク社が宣伝よりも効果の低いワクチンを販売することで連邦政府を欺いたと主張し、元雇用主に対して訴訟を起こし、ワクチン論争に拍車をかけた。二人は、メルク社がMMRワクチンの有効性を、現実の世界で人がかかるであろう自然のムンプスウイルスではなく、ワクチンに含まれるウイルスのバージョンに対してテストしたこと、また、テストに動物の抗体を加えて、ワクチンに対する人間の免疫反応が強いと見せかけたことが詐欺であると訴えた。

メルク社の弁護士は、主にFDAがワクチン問題について行動する権利を持つ唯一の当局であると主張し、この訴訟の棄却を求めた。2014年9月5日、ペンシルベニア州東部地区連邦地方裁判所のC. Darnell Jones II判事は、メルクの棄却の申し立てをほぼ却下した。ワクチン反対派も賛成派も、この訴訟の結果を待っている。

製薬会社が私たちに信じ込ませようとしていることとは裏腹に、CDCが「多くの研究でチメロサール暴露と自閉症との間に関連性はない」という見解を示しているにもかかわらず、ワクチンと自閉症との関連性を示す証拠は増え続けている。多くの自閉症児は、正常な発達の道をたどっていたのに、ちょうど定期的な医師の診察で複数のワクチンを受けているときに退行してしまったのである。保健当局は、このタイミングは単なる偶然であると述べている。しかし、シカゴ大学の研究者がPLOS Computational Biology誌に発表した2014年の研究によると、水銀やチメラゾールなどの重金属毒が自閉症の主な原因であるようだ。彼らはワクチンと自閉症の因果関係を研究したわけではないが、環境汚染、特に石炭火力発電所やディーゼルエンジンから出るような水銀や水銀含有化合物が、子どもの自閉症スペクトラム障害(ASD)発症リスクを3倍近く高める可能性があることを明らかにした。

乳幼児は、脳、肝臓、腎臓、中枢神経系にダメージを与える強力な神経毒である水銀の影響を特に受けやすい。水銀は少量でも、運動機能の低下、認知能力の低下、情緒不安定など、さまざまな健康障害を引き起こす可能性がある。水銀の量が多かったり、長期間さらされたりすると、さらに深刻な健康障害を引き起こす可能性がある。

その他の危険な化学物質も、自閉症の原因になる可能性がある。シカゴの研究によると、水銀のほか、可塑剤の化学物質、処方薬、環境農薬には、幼少期の正常な発達を妨げ、自閉症の症状を引き起こす小さな分子が含まれている。この研究の主執筆者は、「基本的に、妊娠中には、胎児がさまざまな低分子化合物に対して非常に弱い、ある種の敏感な時期がある。これらの低分子の中には、正常な発達を変化させるものもある。その理由はよく分かっていないが、実験的な観察である」と述べている。

私たちが呼吸する空気も、自閉症の蔓延に寄与しているかもしれない。交通機関の排気ガス、工業用空気汚染、その他の環境毒素にさらされると、母親が自閉症の子供を持つ確率が劇的に高まることが示されている。研究者たちは、約1億人の米国市民の保険請求を調査し、新生児の男児の先天性奇形の報告を、親の環境毒素への暴露の指標とした。最も汚染された地域の上位20%に住む妊婦は、最も汚染されていない地域の女性の2倍、自閉症の子供を出産する可能性があることが判明した。

このような危険な化学物質がもたらす不都合な結果は、自閉症だけではない。環境要因、特に重金属が、他の多くの病気や神経疾患の増加にも関与している可能性があることを示す証拠が増え続けている。1977年のロシアの研究では、チメロサールに含まれる水銀の一種であるエチル水銀にさらされた成人は、後年、脳に損傷を受けるリスクが非常に高いことが判明した。水銀の摂取は、心血管疾患、発作、精神遅滞、多動、失読症、その他の衰弱にも関連している。これらの結果を受けて、ロシアでは1980年に子供用ワクチンからチメロサールを禁止した。デンマーク、オーストリア、日本、イギリス、スカンジナビア諸国もチメロサールを禁止している。しかし、アメリカではチメロサールは一部のワクチンの主要成分として使用され続けており、水銀は歯のアマルガム充填物や一部の市販の魚製品にも含まれている。

アルミニウムもまた、ワクチンに含まれる危険な成分である。アルミニウムはアジュバントとしてワクチンに添加されるが、これはより強い抗体反応を生じさせることで、より高い保護効果を得ることができると考えられている。アルミニウムは、免疫システムを後押しして抗体を産生させるヘルパーT細胞細胞(Th1およびTh2)を選択的に標的にするためにワクチンに使用されている。

子どもの健康に対するホリスティックなアプローチを提唱する作家・講演家のローレンス・パレフスキー博士によると、アルミニウムは、乳幼児や子どもの未発達で未熟な免疫系に、より大量の液性免疫細胞(TH2)と抗体を作らせるのだそうで、彼らの免疫システムが、まだ生き始めたばかりの世界に適応するチャンスがないうちに。”このような状況下で、アルミニウムの活性は、TH2への影響を通じて、乳幼児の免疫系の成熟を阻害する重要な役割を担っているようだ”と彼は書いている。ワクチンに含まれるアルミニウムが、単独で、あるいは他のワクチン成分や環境毒素と一緒に作用していることを考えると、影響を受けやすい子どもたちの慢性疾患の発症にどのような役割を果たすのだろうかと、パルベスキーは考えている。

乳化剤であるポリソルベート80も、ワクチンに含まれる致命的な添加物である可能性がある。ポリソルベート80は、血栓、脳卒中、心臓発作、心不全、場合によっては死亡といった重大な副作用のリスクを高めることが、臨床研究によって明らかになっている。

「ワクチン成分というテーマを正当に評価しようとするならば、すべての(原文では強調)ワクチン成分の潜在的な害を一度に調べ、子どもたちの免疫系と神経系に対する個々の影響を検討する必要がある。そして、ワクチン成分の人体組織への相互作用を調べ、危害の可能性を評価することができる。…。ヒポクラテスの誓いの予防原則である『まず、危害を加えない』を実行するには、あと何人の子供たちに危害を加える必要があるのだろうか」とパレフスキー博士は問いかけた。

ワクチンに含まれる多くの成分が致命的である可能性があるという証拠が増えるにつれ、一部の政治家も懸念を表明している。インディアナ州のダン・バートン元議員は、不妊剤チメロサールを含むすべてのワクチンの回収をFDAに要請したことがある。私のおしゃべり好きで、遊び好き、外向的な健康な孫のクリスチャンは、接種したワクチンによって非常に高いレベルの水銀にさらされたのである。彼はMMRワクチンも接種した。数日のうちに、彼は自閉症の兆候を示すようになった。バートンは、水銀の毒性に関するカナダの研究を引用して、「自閉症児は1万人に1人だったのが、88人に1人になった」と指摘した。これは伝染病というより、絶対的な災害だ」

バートンは、政府改革委員会の委員長でありながら、ワクチンと自閉症の関連性を研究するために、1億2800万ドルを計上するよう求めた。「研究に多くの資金を与えることが唯一の答えではないが」バートンは言った。「資金を提供される研究が、流行に関する疑問、自閉症の治療方法、そして250人に1人が25人に1人の子供になるという統計を今後10年間見ないようにする方法について、十分に答えることを確認するための監視が必要である。質の高い臨床・実験研究が今必要なのであって、5年後、10年後ではないのである。” CDCはワクチンと自閉症との関連を否定しているが、バートンは古いCDCの研究を独自に分析するよう促した。しかし、これはまだ実現していない。

ブライアン・フッカー、アンドリュー・ウェイクフィールド、トーマス・フェルストラーテン、ポール・トーセンという4人の著名な医師が、自閉症論争に関連する話をすることで、ワクチン接種に対する批判を抑圧する強力な力を説明することができる。

ブライアン・フッカーは生化学工学の博士号を持ち、10代の自閉症の息子を持つ。息子の症状に突き動かされ、2人の下院議員の協力を得て、10年近くかけてCDCに100件以上の情報公開法(FOIA)請求を行い、ワクチンに含まれる水銀含有チメロサールとさまざまな障害を関連付けるデータを入手した。彼は何千もの文書を受け取ったが、多くの重要な構成要素が黒く塗りつぶされていた。これらの文書には 2004年以前に書かれた、チメロサールと自閉症との関連を否定するCDCの5つの研究結果が含まれていた。

しかし、フッカーが受け取った大幅に修正された文書により、CDCはワクチン中のチメロサールと自閉症、非器質性睡眠障害、言語障害との関連データを入手していたにもかかわらず、これを一般市民から隠していたことが判明した。現在でも、チメロサールを含むインフルエンザ予防接種が妊婦や乳幼児に接種されている。

Hookerによると 2009年の研究では、研究の唯一の有効部分(すなわち出生前のチメロサール曝露)に関するデータが隠されており、子宮内でわずか16マイクログラムのチメロサール水銀に曝露された子どもは、退行性自閉症の診断を受ける可能性が最大で8倍高いことが示された。

Hookerによると、彼の情報公開請求では、特に2004年以前のチメロサールと自閉症に関する5つのCDCの研究についての情報を求めている。これらの研究は 2004年5月に発表された医学研究所(IOM)の予防接種安全審査委員会の報告書「ワクチンと自閉症」につながった。この報告書は、MMRワクチンに含まれるチメロサールと自閉症との間のいかなる関連も否定し、独立した研究に対する政府の資金提供を事実上停止させた。Hookerは、「CDCや他の人々が2004年のIOM報告書に常に言及していることを考えると、FOIAされた情報の重要な構成要素のほとんどは、CDCによって完全に編集されている」と述べ、彼のFOIA要求で求められた情報の多くは、CDCによってまだ公開されていないと付け加えた。

「CDCの研究の信憑性を信頼する人に、私は挑戦する。「彼らは、チメロサールと自閉症(他のNDDs(神経発達障害)の中でも)との関連を明確に示すデータを、繰り返し、意図的に隠してきた。彼らは、明らかに偏った統計操作によって、主要な問題を難解にしてきたのである。明らかに、CDCはワクチン擁護者とワクチン安全保護者という相反する役割を担っており、この問題全体を助長している」と述べている。

また、フッカー氏は、ワクチン接種量が少なく、チメロサールを禁止している他の国々では、米国と同等の自閉症率が発生していないことを指摘した。彼は、チメロサールが米国のワクチンから取り除かれないのは、「ワクチンのグローバル化に向けた協調的な取り組みの中で、さまざまな問題があるからだ」という考えを付け加えた。

英国の元外科医で医学研究者のアンドリュー・ウェイクフィールドは、真実を突き止めようとするフッカーを支持した。ウェイクフィールドは、医学界の権威や主流メディアから非難を浴び、物議を醸している人物である。彼のWikipediaには、「麻疹・おたふく・風疹(MMR)ワクチンの投与と自閉症やその他の病気との間に関連性があるという、今では信じられない主張を支持する1998年の不正な研究論文で知られる」と書かれている。そして2010年、英国一般医学会(GMC)の5人からなる法廷が、ウェイクフィールドを不正行為と発達障害児の虐待に関わる12件の罪で有罪とした。彼は医師としての活動を禁じられ、イギリスの医学雑誌「ランセット」は1998年の論文を撤回した。

しかし、ウェイクフィールド氏の主張は、メディアで騒がれているほど突飛なものではない。2011年末、自閉症研究財団Strategic Autism Initiative(SAI)は、米国環境保護庁(EPA)の元上級研究微生物学者でNational Whistleblowers Center(NWC)の理事であるDavid Lewis博士を責任者として、Wakefieldの主張について調査を行ったと発表した。SAIは、ウェイクフィールドの主張が不正であることを否定した。さらなる研究は、医師を支持し続けた。米国、カナダ、ベネズエラ、イタリアで行われた26以上の研究は、ウェイクフィールドの1998年の研究結果を再現しているが、広く公表されていない。

MRCのResearch Misconduct Projectのディレクターであるルイスは、科学研究の重要な分野が、政府機関、大企業、一流大学によって、自らの利益を促進し保護するために、ますます操作されていると説明した。彼らの利益を脅かす独立した研究を抑圧することは、彼らの利益にとって極めて重要である。ほとんどの科学者が政府、産業界、学界から報復の標的にされることはほとんどないが、中には研究不正の誤った疑惑に直面したことのある人もいる。「このような形で標的にされた科学者は、生涯にわたって影響を受け、他の科学者に与える萎縮効果は甚大である。政府や大企業の矢面に立ち、殉職するリスクを負うことを厭わない科学者は、ほとんどいないだろう」とルイスは説明する。

製薬業界がワクチン擁護派に与える外圧は、多くの医師がワクチンの効果について論争的な発言をすることに警戒心を抱いている理由を説明している。トーマス・フェルストラーテン博士もその一人である。Verstraetenは 2001年にチメロサールと自閉症との関連性を示すと思われる初期段階の研究を執筆し、ワクチン論争に参入した。しかし 2003年になると、Verstraetenは、自分の研究は結局そのような関連性を裏付けるものではなかったと言い、ワクチンの支持者となった。彼は、外部の圧力に屈してチメロサールと自閉症の関連性を示す研究を改ざんしたと非難された。情報公開請求により入手したCDCの内部文書によると、Verstraetenは、チメロサールと自閉症の統計的関連性を消失させるのが難しいことを指して、「It just won’t go away」という言葉を使ったメールを送ったと解釈する人が多いようだ。

2005年6月、ローリング・ストーン誌は、ロバート・F・ケネディ・ジュニアが書いた「Deadly Immunity」と題する記事を掲載し、連邦政府と製薬業界が結託してワクチンの安全性に関する情報を隠蔽していると主張した。ケネディはまた、チメロサールと自閉症に関連はないというCDCの主張に合わせるために、Verstraetenがデータを修正したと非難したが、Verstraetenはこれを激しく否定した。しかし、彼の個人的なキャリア選択は、何か不吉なことを示唆している。研究結果を発表した直後、VerstraetenはCDCを離れ、巨大製薬会社グラクソ・スミスクラインに転職した。

Verstraetenの転職は、政府の規制当局と企業との間の「回転ドア人事」政策の一例だ。例えば 2009年にはCDCのジュリー・ガーバーディング所長がメルク社の50億ドル規模のワクチン部門の社長に就任するために退職している。

ポール・トーセンもまた、正当性が疑問視されているワクチン推進派の医師である。トールセンは、チメロサール含有ワクチンと自閉症との関連を否定する最も頻繁に引用されるCDCの研究のいくつかを共同執筆している。これらの研究で引用されたデータの多くは、一般に公開されていない。しかし、透明性の欠如にもかかわらず、トーセンの研究は、企業のマスメディア、公衆衛生体制、大手製薬会社によって、ワクチンと自閉症の間に関連性がないことの「証明」として歓迎されていた。

2014年、ソーセンはCDCに勤務していた際に、詐欺と助成金の窃盗で起訴された。CDCは、乳児の障害、自閉症、遺伝子疾患、胎児性アルコール症候群に関わるデンマークでの研究のために、彼に助成金を与えていたのである。米国保健福祉省の監察官によると、トーセンはCDCの助成金のうち100万ドル以上を個人の銀行口座に流用し、CDCのレターヘッドで不正な請求書を研究に協力している医療機関に提出し、助成金の対象とされた業務の払い戻しを求めていたと報告されている。

ワクチン論争で誰が正しいかを知るには、お金の流れを追えばよい。集団予防接種は、巨大製薬会社とその手下に250億ドル以上の収益をもたらすが、集団予防接種に疑問を持つ医師や研究者は何の利益も得られない。実際、彼らの多くは収入を失い、従来の医学界から追放されるリスクを負っている。一方、ワクチンの利点を喧伝し、そのリスクを軽視する人々は、莫大な利益を得ることができる。

そして、政府もまた、この行為に加担している。2014年、オバマ・ホワイトハウスは、CIAが対テロ戦争の一環として、パキスタンで偽のワクチン接種プログラムを使い、密かに住民からDNAサンプルを入手したことを認めた。そのDNAを利用して、オサマ・ビンラディンが潜伏しているとされるアボタバードのビンラディン一家のメンバーを探し出すというものだったようだ。パキスタンのワクチン接種の策略は、米国が支援する健康プログラムがスパイ活動や感染症対策に利用されるのではないかという懸念を抱かせた。すでに、パキスタンとアフガニスタンのタリバン指導者たちは、正規のワクチン接種従事者をスパイだと非難している。

ホワイトハウスのテロ対策アドバイザーであるリサ・モナコは、「このようなプログラムを通じて得られたDNAやその他の遺伝物質を入手したり利用しようとすることはない」と約束したが、多くの人は、政府が将来、偽のワクチン接種プログラムを使って有害な物質や効果のない物質を広めることを阻止できるのだろうかと考えている。

マイク・アダムスは、「おっと、それはすでに起こったことだ」と指摘する。「9800万人のアメリカ人が、がんを引き起こすウイルス(シミアンウイルス40)に汚染されたポリオワクチンを接種されたことが判明したのである。この致命的なワクチンの失敗を誰にも知られないようにするために、CDCはこの歴史に関するすべての記述をウェブサイトから静かに削除した。

ワクチン接種にまつわる規制の問題を考えれば、ワクチン接種が陰湿な目的に利用されることは想像に難くない。ワクチン接種を批判する人々は、連邦政府がワクチンメーカーに与える実質的な免責について特に懸念している。1986年に制定された「全米小児ワクチン傷害法」は、ワクチン傷害補償プログラム(VICP)を創設し、誰もがワクチンメーカーに対して特定の民事訴訟を起こすことができないようにした。議会はワクチンメーカーにこの法的保護を与え、事実上、好きなだけワクチンを販売するフリーパスを与えたのである。VICPは、「ワクチンによる傷害を解決するための、従来の不法行為制度に代わる無過失補償制度であり、特定のワクチンによって傷害を受けたと認められた人々に補償を提供する」と、その説明書に書かれている。

VICPは、小児に定期的に投与されるすべてのワクチンに対する75セントの物品税によって賄われている。この疑わしい法律は、2011年に連邦最高裁判所によって支持された。反対意見のソニア・ソトマイヨール判事は、この判決について「ワクチン製造業者が製品を設計・販売する際に科学技術の進歩を十分に考慮することを誰も保証しない規制の空白が残る」と警告している。

このことは、質問を促す: 予防接種がそれほど安全であるならば、なぜ連邦政府は製薬会社に対して訴訟の免責を与える必要があったのだろうか?

明らかに、政府と製薬会社の癒着は癒着と言える。そして、主流メディアもこの仕組みに加担しており、強力な証拠があっても、ワクチンメーカーを非難することを拒んでいる。主要ネットワークで初の女性ニュースキャスターとなったケイティ・クーリックは、声を上げ、その代償を払ったメディアのリーダーの一例だ。クーリックは2013年12月、ワクチンの安全性の問題を取り上げただけで、雪崩を打つような批判を浴びせました。数々の衰弱した副作用が指摘されているHPVワクチン「ガーダシル」をめぐる議論の両側から意見を述べたにもかかわらず、彼女は反ワクチンとして猛烈に攻撃された。

HPVワクチンの強力な支持者であるAlexandra Sifferlinは、Timeの社説で、Couricは、ワクチンが自閉症をもたらすと主張するABCのトーク番組The Viewの共同司会者Jenny McCarthyの足跡を辿っていると告発した。「元プレイボーイのバニーが起こした被害は十分に悪い。しかし、Couricの悪行は、彼女がJenny McCarthyよりもずっと真剣に受け止められていることを考えると、より悪いものだ」とSifferlinは書いている。

Couricのワクチン番組が放送された直後、彼女はHuffington Postの記事で反論した。「番組の放送後、そして実際には放送前から、番組があまりにも反ワクチン的で反科学的であるという批判があったが、振り返ってみると、その批判の一部は妥当だった。私たちは、ワクチン接種後にごくまれに報告される重篤な有害事象に時間を割きすぎただけだ。HPVワクチンの安全性と有効性にもっと重点を置くべきだった」とCouricは書いている。彼女は、ジャーナリストとして、HPVワクチンの死亡例を含む副反応の報告を無視することはできないと感じたと付け加えた。「しかし、科学的根拠に基づき、HPVワクチンの利点はそのリスクをはるかに上回るというのが私の個人的見解である」と彼女は付け加えた。

「ガーダシル・ワクチンのことを気にかけ、あえて質問したケイティ・クーリックを辱めたのは、用意周到な脅迫キャンペーンだった。バーバラ・ロー・フィッシャーは、2014年にナショナル・ワクチン・インフォメーション・センターに寄稿した記事で、「政府が推奨するワクチンの安全性や有効性に疑問を持ち、一線を越えた行動を取れば、あなたが誰であっても、あなたの人格は暗殺されるという警告をすべてのジャーナリストに向けて発した」と反論している。

HPVに関連する6つのがんによる米国での年間死亡者数14,000人は、年間55万人以上のがん死亡者の3%未満であることを指摘した上で、フィッシャーは次のように結んでいる。「政府関係者がHPVワクチン接種を米国の公衆衛生上の最優先事項とした理由が何であれ、ケイティ・コークやガーダシル・ワクチンの反応を報告した母親たちへのサイバーリンチは、世界中の親への警告である。ワクチンリスク否定主義の残酷で独断的な立場があることを忘れてはならない: 問答無用で袖を通し、「確率が常に有利であるように」ということだ。

しばしばマスメディアは、ワクチン接種批判者への恐怖心を植え付けるために、薄気味悪い記事を載せている。恐怖の伝染病:いかにパニックに陥った親が予防接種をスキップするかで、私たち全員が危険にさらされる」というのは、『Wired』2009年10月号のエイミー・ウォレスによる記事の見出しである。ウォレスは、何千人もの命を救うことができると主張するワクチンの共同開発者であるフィラデルフィアの小児科医、ポール・オフィット博士に対する、殺害予告を含む虐待について詳述した。また、オフィットを「ワクチン産業で最も高給取りのスポークスパーソン」と指摘する人もいる。

「これは、創造論とインテリジェント・デザインをめぐる論争のような宗教論争ではない」とウォレスは書いている。「党派、階級、宗教を超えた伝統的な科学への挑戦である。バイオックスから違法なマーケティングまで、大手製薬会社の失策やPRの失敗が、専門家に対する不信感を煽ってきたことへの反動でもある」

ヘルスレンジャーのマイク・アダムスのような批評家たちは、反科学的な議論をワクチン支持者に向けている。「ワクチン狂信者は科学的思考を持った人々ではなく、ワクチンという宗教を崇拝する宗教的狂信者であることに注意深く注意してほしい。ワクチンに対する彼らの『信念』は、純粋に信仰に基づくものであり、すべての証拠が否定される!自閉症を研究する者は、たとえその研究が自閉症とワクチンの関連を示唆するものであったとしても、直ちに排斥され、信用を失うのである」と彼は書いている。「この医療マフィアの神話と嘘に従わない人は、広く人格攻撃にさらされ、その人について無限の嘘が流される。私は、原子分光器を使って食品の安全性を研究する科学研究所を運営しているにもかかわらず、『反科学的』だと非難されたこともある!実際、私はこの国で最も「科学的」な活動家の一人だが、ワクチンに含まれる水銀の安全性に懸念を表明したため、私もすぐに「反科学的」の烙印を押されてしまう。反水銀の人は誰でも、自動的に『反科学』のレッテルを貼られることが判明したのである」

ワクチンに含まれる水銀濃度を懸念する正当な科学的理由があることが判明した。2014年半ば、アダムスはNatural News Forensic Food Labを通じて、グラクソ・スミスクライン社製のインフルエンザワクチンFluLavalを検査したところ、ロット9H2GXから、EPAが飲料水として許可する最大レベルの2万5千倍以上の水銀51ppmを検出した。インフルエンザ予防接種に含まれる水銀の濃度は、マグロや水銀汚染の多いことで知られる他の海産魚から検出された最高値の100倍にも及んでいたのである。”それなのに、ワクチンは体内に直接注射(原文では強調)されるため、経口摂取されるものの何倍もの毒性がある”と指摘した。

そして、その毒性にもかかわらず、多くのワクチンの有効性は不明である。2005年まで、米国ではワクチン接種によっておたふくかぜの年間発症率が99%以上減少していた。しかし、翌年、米国ではワクチン接種を受けた人々の間で大規模な集団感染が発生し、世界中で同様の集団感染が報告された。おたふくかぜにかかった人の89%は、すでに2回以上おたふくかぜの予防接種を受けていた。おそらく、胃腸障害や自閉症の原因になることが指摘されている、はしか、おたふくかぜ、風疹の混合ワクチンを接種していたと思われる。この数字は、MMRワクチンがこの病気の予防に本質的に効果がなかったことを示しており、このワクチンを子供に接種することを考え直す親に強い支持を与えている。

ワクチンにはリスクがつきものだが、そのリスクはすぐにはなくならないだろう。2013年のワクチン収入は250億ドル以上に達し、製薬会社の利益により、政府による予防注射の擁護が確実なものとなっている。ワクチン市場は、2018年まで年平均成長率8%以上を維持すると予想されている。ワクチンは一部の巨大な製薬会社に利益をもたらしてきたが、それ以外の私たちは苦しんできたし、当分の間はそうし続けるだろう。

第20章 金融資本主義

資本主義はアメリカ社会の中心にある。このシステムの悪用がもたらした遺産は、死と悲惨さである。不完全な尺度ではあるが、金融資本主義の影響は、最近の金融崩壊の影響を受けた地域での自殺者の急増に見ることができる。British Journal of Psychiatry誌によると 2008年の世界的な金融不況が始まって以来、北米とヨーロッパで1万人を超える自殺者が出ている。研究者によると、この10%近い死亡者数の増加は、失職、住宅価格の低下、株価の下落、年金の減少が原因であるという。

さらに 2002年以降、社会保障障害保険(SSDI)の小切手を受け取る労働者の数は48%増加し、その半数は精神障害や気分障害による障害を主張し、腰痛も含まれている。アメリカ人の死者や障害者は、巨大な多国籍企業や銀行が台頭し、そのグローバリストのリーダーシップによって、ますます厳しい管理と人口減少のアジェンダが進められ、すべてが莫大な利益のために行われていることを最も明確に示すものである。

グローバリストのアジェンダは何年も前から明らかにされていたが、企業が支配するマスメディアではほとんど議論されることがなかった。ジョージタウン大学の歴史学教授で、ビル・クリントン元大統領の指導者であったキャロル・クイグレーは、1966年の著書『悲劇と希望』の中で、「金融資本主義の権力者は、遠大な目的を持っていた-それは、各国の政治体制と世界全体の経済を支配することができる金融管理システムを私的に構築するということに他ならない。このシステムは、世界中の中央銀行が協調して行動し、頻繁に開かれる私的な会合や会議での秘密協定によって、封建主義的な方法でコントロールされることになっていた。

クイグリーは、FRBを含む中央銀行が、国庫貸付金を管理し、外国為替を操作し、国内の経済活動の水準に影響を与え、「経済界におけるその後の経済的報酬によって協力的な政治家に影響を与える」という能力によって政府を支配するだろうと説明した。

国際決済銀行(BIS)と国際通貨基金(IMF)を中心とするグローバルな銀行の利益は、あまり知られていない機関とともに、世界中の主権国家を不安定にし、国民をグローバリストの銀行システムの債務奴隷に変える努力の中心に見出すことができる。

放送やインターネットのトークショーの司会者が増え、「オキュパイ」運動などの原因により、より多くのアメリカ人が、裕福なグローバリストとその銀行関係者からなる新世界秩序という考えを認識するようになった。この概念は、ほんの数年前までは単なる陰謀論と考えられていたが、今日、このアジェンダの影響が日々明らかになるにつれ、鼻で笑われることもなくなってきている。

金融の隠された道具

地球上の大企業や資源を所有し、支配している超富裕層からなる人口の1%であるグローバリストは、世界経済を支配するために、あまり知られていない金融の仕組みを巧みに利用している。そのひとつが、米国財務省の為替安定化基金(ESF)である。このあまり知られていない機関は、米国政府、州、米国人による監視が全くない巨大な資金移動機関に変貌している。しかし、ESFは納税者の税金で支えられており、その資金を使って国の内外で秘密作戦を実行している。

ESFは、1934年の金準備法によって創設され、当初は資金が提供された。当時、南北戦争以降に議会に提出された法案の中で最も重要なものの1つと考えられていたのは、米国の金融政策を連邦準備銀行から財務省、つまりESFに移行させたからだ。その目的は、公式説明によると、「為替レートの安定に寄与し、外国為替市場の無秩序な状況に対抗すること」であった。この法律は、大統領の承認を得た上で、金、外国為替、証券、信用商品を独占的に取り扱うことを財務長官に許可した。ESFは、外国政府への短期融資を行うための仕組みである。2014年12月現在、ESFは950億ドル以上の資産を保有している。

1933年にアメリカ人に金の所有が違法化されたとき、ESFはドルと引き換えに金を国外に移し、その結果、その後何年にもわたって金準備を枯渇させた。今日、人々がアメリカの金準備を盗んだとして連邦準備制度を非難するとき、実は、何年も前に連邦準備制度を枯渇させたのは、議会で精査も質問もされなかった機関であるESFだったということを知るべきである。

1978年、IMFとの協定に基づき、議会は金準備法を改正し、ESFが外国政府や通貨当局に短期信用を提供することを許可した。このESFの「つなぎ融資」は、通貨スワップを通じて資金を調達する。つまり、ESFが保有するドルは、その国の中央銀行を通じて、その国の通貨で同じ価値と引き換えに利用できるようになる。ESFはまた、特別引出権(SDR)も管理している。これは、IMFが作成し、国際収支赤字の資金調達に支援を必要とする国に貸し出される資産である。SDRはESFの恒久的な資源であり、その運用はニューヨーク連邦準備銀行を通じて行われている。ニューヨーク連銀は、ESFと短期資金を求める外国政府との仲介役として機能している。

ESFの独立した性質は、多くのオブザーバーに警戒心を抱かせている。金準備法の準備中に検討した下院貨幣度量衡委員会のメンバーの何人かによれば、「この(法律)は、実際には、財務長官がこの基金の取り扱いにおいて米国の一般法を遵守する義務を負わないことを意味している。私たちは、[この]法律によって、一人の人間の手に、貨幣と信用の価値のコントロールを直接的に、そして物価を間接的に支配する独裁的、独裁的な権力が握られると考えている。. . 私たちは、これは一人の人間の手に委ねるにはあまりにも大きな力であると考える。これはアメリカ政府のあらゆる真の原則に反するものである。

1940年、財務官はESFを「秘密兵器」と呼ぶようになった。日本の侵略に対抗するために中国に、ナチスの影響から防衛するためにアルゼンチンに、何百万ドルもの資金が貸し出されたからだ。孤立主義者の議員の中には、アメリカの税金を使ったこうした支出に不満を持つ者もおり、ESFがアメリカの法律に従う義務を負っていないことを知り、二重に不満を持った。

ESFは世界の金融政策に多大な影響力を持ち続け、世界最大の金融機関とも言われている。第二次世界大戦後、ESFのチーフであるハリー・デクスター・ホワイトは、国際通貨基金(IMF)と世界銀行という最も有名な組織を含む、世界の新しい通貨制度の設計に貢献した。

ホワイトは同時に、CIAの前身である戦略サービス局(OSS)の設立を含む多くの政府委員を務めた。現在、ESFは多くの州に模倣機関を持ち、それ自体がCIAの「闇工作」のための裏金であると非難されている。麻薬資金を洗浄しているとの非難さえある。この基金は、立法府の監視や国民の監視を受けず、技術的には合法であっても、合衆国憲法や権利章の意図から外れたところで運営されている。

CIAの初代顧問弁護士であったローレンス・ヒューストンによれば、「秘密工作の核心と魂は、……保証されていない資金の供給と、その資金を外部の検査から不可侵にすること」である。これは、ESFのような隠されたメカニズムによって達成される。

2008年、連邦準備制度理事会が破綻したアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)を救済するために903億ドルを借り入れた際、その資金はESFを経由したもので、ESFの役割が発覚すれば議会が反対するかもしれないと心配する職員もいた。

元大統領候補のロン・ポール博士は、ESFを連邦準備制度に隠された「裏金」と呼んでいる。「このプログラムの最初の資金源は、国民から金を預かり、それを再評価することで資金を確保することだった。つまり、予算外予算なのである。議会がお金を計上し続けるわけではない。彼ら(ESF)は財務省証券を買うことで十分な利子を得ることができる……。しかし、彼らは市場に干渉することができるのである」とポールは説明する。

ESFの隠れた性質により、メディアはESFのことを単に「金融当局」と呼び、間違いがあればFRBに責任を負わせることにしている。

MarketSkeptics.comのブロガーであるEric de Carbonnelは、ESFに関する膨大な情報を明らかにするビデオシリーズを制作した。彼は、この機関が「ニューヨーク連銀を支配し、CIAの闇予算を管理し、世界の通貨システム(IMF、世界銀行など)を構築している」と結論付けている。ESFの資金調達は(OSSとその後のCIAを通じて)、今日の歴史をひどく歪めている(その存在を大衆の意識から消し去ることも含めて)世界規模のプロパガンダ・ネットワークを構築した。ロンドン金塊プール、ケネディ暗殺、イラン・コントラ、CIAの麻薬取引、HIVなど、1934年の設立以来、事実上すべての主要な米国の詐欺・スキャンダルに直接関与してきた」

金融安定理事会(FSB)は、グローバルエリートによる経済に対する隠れた中央集権的支配のもう一つの例だ。FSBは2009年、G20のロンドン会合でオバマ大統領が協定に署名した際に創設された。

フォーブス誌で「アメリカのプライベートバンキングの学長」と評されたマリリン・M・バーネウォールは、「世界の銀行家が無血クーデターを実行し、今や世界のすべての人々を代表しているようだ…」と指摘した。オバマ大統領は、ロンドンで開催されたG20で、米国企業に介入し、役員報酬や経営判断の賛否を決定する権限を持つ国際委員会の設立に合意した。. . 新しい金融安定理事会の下では、米国は1票しか投票権を持たない。言い換えれば、このグループはヨーロッパの中央銀行家たちによって大きくコントロールされることになる。私の推測では、彼らは自分たちの代表であって、あなたでも私でもなく、そして間違いなくアメリカでもない」

FSBは、第二次世界大戦後までナチスに支配されていた国際決済銀行(BIS)の金融安定委員会を発展させたものに過ぎない。FSBは、連邦準備制度、証券取引委員会、その他の連邦政府機関を監督することで、米国の経済政策を事実上、国際銀行家の手に委ねることになる。

この一握りの銀行家が、他の銀行の合併・買収に必要な資金の流れを支えている。かつてアメリカには、個人や地域の家族が所有する銀行が何百とあった。しかし、レーガン-ブッシュ時代に導入された政府の規制により、これらの銀行は衰退し、あるいは統合された。1990年当時、アメリカには37の大手銀行があったが 2009年には買収、合併、倒産によって、その数は4つに絞られた: シティグループ、JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴである。不吉なことに、2012年6月、世界的な巨大格付け会社ムーディーズは、世界の金融システムの安定性に懸念があるとして、バンク・オブ・アメリカ、ゴールドマン・サックス、JPMorganの格付けを引き下げたのである。国際通貨基金(IMF)の「2014年世界金融安定報告書」は、世界の金融システムを安定させるための努力は完了には程遠く、状況は 「正常とは程遠い」と指摘した。同報告書は、「重要すぎて潰せない」銀行がさらに税金で救済される確率は依然として高いとしている。

長年の計画

大銀行が行っている業務に対する市民の関心は、何も新しいものではない。市民は長い間、銀行業界の現状に懸念を抱いてきた。1922年、元ニューヨーク市長のジョン・F・ハイランはこう警告した。「わが共和国の真の脅威は、巨大なタコのように私たちの都市、州、国家にぬるぬると足を伸ばしている、見えない政府である・・・一般に国際銀行家と呼ばれる、強力な銀行家の小さなグループである。強力な国際銀行家の小さな同人たちは、自分たちの利己的な目的のために合衆国政府を事実上動かしている。彼らは事実上、両党を支配し、政治綱領を書き、党の指導者を猫可愛がりし、民間団体の有力者を利用し、腐敗した大企業の言いなりになるような候補者だけを公職に就かせるためにあらゆる手段を講じている」

さらに悪いことに、彼らは一般大衆への情報の流れをコントロールしているとハイランは説明する。「国際的な銀行家とロックフェラー・スタンダード・オイル社は、この国の新聞や雑誌の大半を支配している。彼らはこれらの新聞のコラムを利用して、見えない政府を構成する強力な腐敗集団の言いなりになることを拒む公務員を服従させたり、職から追い出したりする。そして、行政官、立法機関、学校、裁判所、新聞など、国民を守るために作られたあらゆる機関を、自ら作り出したスクリーンに覆い隠して活動する。

米国の市民を財政的に服従させるという長年の計画は、秘密ではない。一般市民は、企業に支配されたマスメディアよりもよく理解している。この計画は、1924年にイングランド銀行総裁のモンタグ・ノーマンによって明言された。ニューヨークで開かれたアメリカ銀行協会で講演したノーマンは、「資本は、組み合わせと法律の両面から、あらゆる方法で自らを保護しなければならない」と説明した。

「債務を回収し、抵当権を可能な限り迅速に差し押さえなければならない。法の手続きによって庶民が家を失うと、彼らはより従順になり、有力な金融業者の下にある富の中央権力によって適用される政府の強力な腕によって、より容易に統治されるようになるであろう。これらの真実は、現在世界を支配する帝国主義の形成に携わっている私たちの主要な人々の間ではよく知られている。政党制度によって有権者を分断することによって、私たちは、重要でない問題のために戦うことにエネルギーを費やすように仕向けることができる。こうして、バラバラの行動によって、これほどまでに計画され、これほどまでに成功したことを、自分たちのために確保することができる」

このような富の集約により、米国は、憲法と権利章典に導かれた秩序ある自由を持つ法治国家のもとでの民主共和国から、多国籍企業によって支配された銀行利益による新世界秩序の確立を目指す最前線のファシスト国家に変わった。

アメリカの出版社で言論の自由の擁護者であるラリー・フーリントは、ハフィントン・ポストのブログでこの状況をこう表現している。

「かつて私たちが政府と呼んでいたアメリカ政府は、ウォール街、メガコーポレーション、スーパーリッチに乗っ取られてしまった。私たちの運命を決めるのは、彼らなのだ。フランクリン・D・ルーズベルト大統領が『経済王党員』と呼んだこの強力なエリート集団が、私たちの選挙で選ばれた議員、つまり私たちの政府の形態そのものを選んでいる。民主党も共和党も、企業の支配者の意向に沿うように踊っている。アメリカでは、企業が政府を支配しているのではない。アメリカでは、企業こそが政府なのだ」

故人の率直なコメディアン、ジョージ・カーリンは、グローバリストについてこんな笑えない見解を述べている:

「彼らは、批判的思考ができる、十分な情報を持った、教養のある人々を求めていない。彼らが欲しいのは、従順な労働者(原文では強調)である。機械を動かして事務処理をする程度に賢く、低賃金、長時間労働、福利厚生の低下、残業の廃止、年金を受け取りに行った途端に消えてしまうなど、ますますひどくなっていく仕事をすべて受け入れられる程度の馬鹿な人たちだ」

今日のアメリカの金融危機は、不平等な所得分配、不均衡な経営陣の報酬、続く住宅バブルとデリバティブバブル、NSAの監視、愛国者法、侵入的なTSAの手引き、ホームランドセキュリティ、ますます厳しくなる銃規制、軍国主義の警察、拷問、政府批判者を「潜在テロリスト」とする分類とあいまって、先祖が伝えた民主共和国というよりも、映画「ハンガーゲーム」に描かれている国のように見えている。

このような状況は、一夜にして生じたものではない。北米大陸の植民地化が始まって以来、富裕層のエリートたちは北米を支配しようと試みてきた。その努力は、19世紀後半のロバーバロンの台頭によって、より大きな力を持つようになった。20世紀に入ってからは、自由な資本主義の行き過ぎを抑制するために、連邦政府への権力の集中が進み、連邦政府には産業規制の権限が与えられ、団体交渉の創設によって労働者への権限付与が図られた。

しかし、こうした努力は、オーナーと労働者の関係を平準化するどころか、それぞれの側で実権を握っている少数の人々を強化するものでしかなかった。労働組合の指導者たちが、カントリークラブやビジネス団体で企業経営者たちと歓談している間にも、組合の力は激減している。

政治の世界では、金がものを言う。実際、カネは叫ぶ。政治家なら誰でも、選挙に勝つための最も確実な方法は、テレビで膨大な時間を買うことだと知っている。テレビ局やネットワークは、政治的な広告の前払いを求め、放送時間には費用がかかる。このシステムにより、政治的地位は、最も適任と思われる候補者ではなく、テレビ広告に最も多くの費用を費やした候補者に与えられることがほぼ確実となる。

そして、裁判制度は、このような仕組みに少しも関心を抱いていないようだ。最高裁は最近、企業も個人と同じように、自分の選んだ政治家候補に無制限に資金を提供できるとする判決を下した。つまり、大企業は懐を広げるだけで、政治的な支援を得ることができる。現実には、政治的影響力を買うことができるようになったことで、裕福なエリートとワーキングプアの間の格差が拡大した。

グローバリストのエリートたちは、寄生虫のようなものである。後ほど詳しく説明するが、彼らは私たちの絶滅を企てながらも、私たちをなだめながら、国民を食い物にしているのだ。

1917年のロシアでボルシェビキが台頭するように仕向けたエリートたちだが、ボルシェビキが共産主義に転じ、世界中で階級闘争を促し始めたので恐れをなしたのだろう。同じグローバリストが、第二次世界大戦争前のドイツで、社会主義を国家の枠内に閉じ込めようと、国家社会主義を作り出したのである。

ドイツ陸軍の諜報員であったヒトラーは、このグローバル支配エリートの長期的な民族抹殺計画の下働きをしていたが、当初は国際金融・融資資本との戦いであると述べていた。グローバリストたちがヒトラーに敵対したのは、ヒトラーがライヒスマルク(国際銀行から借りない無利子のお金)で第三帝国を建設し始めた後である。戦後、ペーパークリップ作戦などのプログラムを通じて、何千人もの未復帰のナチスがアメリカに連れてこられた。戦争を生き延びたナチスとその子孫たちは、軍産複合体から企業のリーダーシップへと拡大し、第四帝国を着実に築き上げた。ナチスの技術とともに、ナチスの哲学がもたらされ、このエリートが今日も多くの国々を支配し続けている理由を説明する一助となっている。

Americanthinker.comのコンサルティング・エディターである実業家・作家のJ.R.ダンは、米国で起こった転換を詳しく説明している。「この転換は全体としてどのようなものか?エネルギー源の大幅な削減、交通手段の大幅な制限、19世紀型(あるいはもっと原始的な)医療、少ない食料、高価な光源、大幅に切り詰められた就業機会、エリート層以外には高すぎる高等教育などである。言い換えれば、アメリカ人は貧しく、寒く、空腹で、愚かで、暗闇に座っているようになるのだ。これが、人類の長い歴史の中で最も裕福な国に対する進歩的な計画だ」と彼は書いている。

ダンはさらに、国民に支配を押し付けるために使われている根拠について述べている。「地球温暖化、公正、平等、富の分配など、無数の矛盾した、納得のいかない理由である。地球温暖化、公平、平等、富の分配など、週ごとに都合よく変化する。なぜなら、真の理由は権力だけだからだ。エリートは、それができるからやるのだ」

第二次世界大戦後、アメリカのシステムにナチスの科学者が配置されたことは、よく知られていることである。ナチスを支援したグローバリストたちは、ペーパークリップなどのプロジェクトで彼らをアメリカに移し、軍産複合体の中に技術と政治思想の両方を植え付けたに過ぎない。彼らは何十年もの間、科学的独裁政権に支配され、優生学-適者生存の原則に導かれた世界政府を作ろうとしてきたのだ。

彼ら」とは何者か?

「彼ら」という言葉はよく耳にする。しかし、現代社会の悪いところをすべて、不定形の「彼ら」のせいにするのは単純なことである。「彼ら」とは、強欲な資本家のことである。銀行の過剰経営、軍事的冒険主義、社会工学の背後にいるのは 「彼ら」である。「彼ら」は、ニュースメディアを支配している。「彼ら」は私たちの死を望んでいる。「彼ら」は、世界の人口を減らそうとしている。「彼ら」は、世界政府を通じて世界を支配しようとしている。

しかし、「彼ら」とはいったい誰なのだろうか?

薬物、食品、水、空気、暴力的なエンターテインメント、血のスポーツなど、現代アメリカを死の文化へと導いた、グローバル企業の支配者たちである。貪欲なグローバリストが作り上げた死の文化は、アメリカ生活のあらゆる面に浸透している。

陰謀論研究者の中には、これらのグローバリストを総称してビルダーバーガーと呼んでいる。このグループは、ヨーロッパの王族を含む有力な男女のグループで、毎年、その日の問題を議論するために密かに集まっていると言われている。1954年、オランダのオスターベークにあるビルダーバーグ・ホテルで開かれた会合で、初めてその存在が世間に知られたため、ビルダーバーガーと呼ばれている。以前は、政府関係者もメディア関係者もビルダーバーグ会議について言及することを避け、その集まりに対する懸念を陰謀論として一蹴していた。しかし、ここ数年、それが一変した。オルタナティヴ・メディアはもちろんのこと、一部の主要なニュースソースでさえも、毎年開催される会議を取り上げ始めた。

ビルダーバーグ会議について、公式には「著名なビジネスや政府のリーダーが集まる友好的な会合であり、オープンな意見交換を促すために議論は非公開にされている」と説明されている。しかし、例えばナショナル・フットボール・リーグのオーナーたちが、武装したガードマンに囲まれた密室で集まり、何を話し合ったかを公にすることを拒否したら、「取引制限」「独占」「価格操作」の叫びが沸き起こるだろう、と考えてみてほしい。

2014年5月にコペンハーゲンで開催された秘密会議「ビルダーバーグ」の出席者リストが付録として掲載されている。これらの男女のほとんどは、企業のマスメディアではほとんど言及されないので、これらの名前は読者にとってあまり意味がないだろう。しかし、彼らは集合的に、現代世界で比類のない富と権力の集中を表している。

彼らは、年に一度、国家経済、ひいては全人口の運命を決定するために会合する、相当数の「彼ら」である。彼らの多くは、優生学(人口を減らすことで人類を改良すること)の義務も信じている。

私たちは、すべての参加者の名前を知っているわけではない。名前の公表を許可した人だけが、公共のメディアで言及される。『The True Story of the Bilderberg Group』の著者であるDaniel Estulinは、同グループの会員と会合の参加者は、David Rockefeller, Henry Kissinger, Bill and Hillary Clinton, Gordon Brown, Angela Merkelといったおなじみの名前を持つ世界のパワーエリートたちの「誰得」であると書いている、アラン・グリーンスパン、ベン・バーナンキ、ラリー・サマーズ、ティム・ガイトナー、ロイド・ブランクファイン、ジョージ・ソロス、ドナルド・ラムズフェルド、ルパート・マードック、その他国家元首、有力上院議員、議会議員、ペンタゴンやNATO幹部、欧州王族、メディア関係者やその他招待者。その中には、オバマ大統領やその高官も含まれている。

エストゥリンによれば、ビルダーバーグの会合には、外交問題評議会(CFR)、IMF、世界銀行、三極委員会、EU、そして連邦準備銀行、欧州中央銀行(ECB)、イングランド銀行の有力な中央銀行家も参加するという。

ロックフェラー家の金融帝国を率いるデビッド・ロックフェラーは、何年も前からビルダーバーグの主要な参加者であったと考えられている。他の裕福なエリートメンバーは、単に代表者を送るだけだ。

スイスのクレディ・スイス銀行の関係者は、世界の全純資産を440兆ドル以上と推定しており、今後数年で増加することが予想される。ロスチャイルド銀行の王朝は、300兆ドルもの資産を支配していると言われている。米国では、ロックフェラー一族が約100兆円の資産を持つとする説がある。この推定が正確であれば、これらの一族は、世界の主要銀行、多国籍企業、コングロマリット、石油会社のほとんどすべてをまとめて所有または管理していることになる。また、城、宮殿、豪邸、高級ホテル、競馬場、カジノ、エキゾチックなホリデーリゾートなどの巨大な不動産や、各国の広大な農地、原生林も所有しており、その財産が確かでないことも納得できる。

クレディ・スイスの最高投資責任者であるマイク・オサリバンは、CNBCの取材に対し、世界人口の上位1%の富裕層が世界の資産の46%を所有していると語った。そして、その中心はすべて世界最大の銀行である。

スイス連邦工科大学チューリッヒ校の科学者が2011年に行った調査では、バークレイズ銀行、JPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックスなど、わずか2ダースの多国籍銀行が、4万3千社以上の多国籍企業を支配していることが判明した。

複雑系の専門家でドイツ銀行の顧問を務めるジョージ・スギハラ氏は、「物事が本当につながっていることに違和感を覚える」と述べている。

欲望、富、階級的忠誠心によって固められたこのような権力の集中は、おそらく全人類にとって最善の利益とはならない政策をもたらしてきた。したがって、人口削減計画の発案者がグローバルエリートの中にいることは、驚くにはあたらない。

第21章 種の死

人類を滅亡に導いているのは、有害な環境要因、異常な障害、病気、権威主義的な政策だけでない。数年前から、世界の多くの地域で、科学者や不妊治療医が、男性の精子の数や運動率(精子の動き)が低下しており、カップルが赤ちゃんを授かるのが難しくなっていることを発見した。2012年にフランスで行われたある研究では、35歳の男性の場合、他の条件がすべて同じであれば、精子濃度は1989年1月の7360万/mlから2005年12月には4990万/mlに低下したと推定されている。シラディティヤ・バタチャリヤ博士が率いるスコットランドのアバディーンにある不妊治療クリニックが7000人の男性を対象に行った調査では、グループの中で精子濃度が正常(1ミリリットルあたり2000万個以上)だった男性の平均精子数が14年間で約8700万から6200万強に、29%減少したことがわかった。

デンマークの先行研究では、1938年以降、精子数が毎年1%ずつ減少していることが判明している。ロチェスター大学医療センターの生殖疫学センターなどの組織も、同様の調査結果を発表している。センター長のシャナ・スワン博士は、このような研究は決定的なものではないとしながらも、同センターのデータでは、精子の年間減少率は米国で1.5パーセント、ヨーロッパとオーストラリアで3パーセントであると認めている。

奇妙なことに、精子数の減少が続いていることを「危機」と考える研究者もいるが、最近の研究結果は発表されていない。

エジンバラ大学のリチャード・シャープ教授は、「英国では、『精子数の減少』が本当かどうか疑問だったためか、この問題が何らかの健康上の優先事項として捉えられたことはなかった」とコメントしている。しかし、今、精子数の減少が現実のものとなったことは間違いなく、今こそ行動を起こすべき時だ。何もしなければ、夫婦の出生率や平均家族数は現在の低い水準よりもさらに低下し、社会にますます大きな負担をかけることになる」

精子数の減少は、福島やチェルノブイリによる放射能汚染の結果だと考える人もいれば、食物や水道に含まれる有害な化学物質のせいだと考える人もいる。精子数の減少を、多くの家庭用品に含まれるプラスチックの添加物であるビスフェノールA(BPA)や農薬のせいにする人もいる。科学者は、農薬がよく使われる農村部の男性の精子数が、都市部の男性より少ないことに気づいている。また、性感染症やストレス、肥満、さらにはテレビを見ることなどが原因として挙げられている。

精子数の減少の真相は、これらの環境要因に加え、前述したように、有害な添加物や化学物質で汚染された人間の食料供給が原因であると思われる。これらすべては、前述の巨大な多国籍企業によって育まれてきたものである。これらの企業は、一般にはほとんど知られていないが、ビルダーバーガーの会員リストに名を連ねているような影のオーナーの命令の下、有能な管理者たちによって運営されている。

このままでは、人類は地球上で余命いくばくもない。このままでは、人類は地球上で滅亡してしまうかもしれないのである。これらの問題の多くは、適切な教育から始まる。

真の教育の終焉

生活に密着した文化では、大学やカレッジに通いたいと願うすべての人に、安価な高等教育が提供されるべきである。かつてのアメリカでは、裕福でない家庭の若者でも、働きながら大学まで通うことができた時代があった。しかし、今日、そのような機会は得られないことが多い。ワシントン・ポスト紙によると、1989年から2010年の間に高等教育費の平均が307%上昇したのに対し、労働者の平均所得はわずか70%の上昇にとどまったという。

現在、勤労者が大学教育を受けるのに十分な収入を得ることは不可能である。1979年当時、ミシガン州立大学の1単位の学費は24.50ドルだった。当時の最低賃金である時給2.90ドルの学生が、1日の労働で1時間分の単位を取得することができた。インフレ調整後、現在のドル換算で79.23ドルである。今日の1単位時間は428.75ドルである。2014年の最低賃金である時給7.25ドルを稼ぐ学生は、1単位分の学費を稼ぐために60時間働かなければならないことになる。

高等教育の経済学がこれほどまでに大きく変化したのはなぜか。大企業が大学に多額の寄付をしていることを指摘する人もいる。一見、慈善事業と思われるかもしれないが、多くの人は、学習プロセスに企業の見解を植え付けるだけだと考えている。

学者と活動家の連合は、「A National Call: 民間の公教育を守れ”である。過去数十年にわたり、国防総省、保守勢力、企業は、幼稚園から高校までの学習環境と公立大学において、その存在を拡大するために組織的に取り組んできた」と、そのウェブサイトは説明している。軍、保守系シンクタンクや財団、そして公教育システムの企業化の複合的な影響により、市民的な公教育という基本的な民主主義の概念が侵食されている。このままでは、文民統治の優位性、ひいては民主主義の理想に対する我が国のコミットメントを弱めることになる」

このグループは、ROTC(予備役将校訓練課程)、8000校に中継される閉回路テレビ「チャンネル・ワン」、ブランド食品やソフトドリンクを提供する企業契約、民間チャーターや「サイバー」スクールの普及などのプログラムを挙げ、これらがアメリカの公教育の従来の目的を破壊すると主張している。「累積的な効果は、消費主義と従属を融合させた単純化されたイデオロギーを育成する教育機関を生み出すことである」と彼らは述べている。

そして実際に、「落ちこぼれ防止教育法」、「コモンコア」、「学校選択制」、「復興学区」といった国家的な取り組みにもかかわらず、アメリカの公教育は50年間衰退し続けてきた。

マンハッタン・メディアのオーナーで、ニューヨーク市長の共和党候補であるトム・アロン氏は、「まず、子どもたちが幼少期から刺激を受けておらず、多くの子どもたちが小学校に上がるまでに学習への興味を失っている。私たちは、1900年代半ばに設計された産業モデルである『一物一価』の公教育システムが、このポスト情報・デジタル時代にも機能するはずだと考えている。たとえ、教室でデジタル技術をもっと活用し、従来の学問的な学習者ではない人たちのために、アニメや職業訓練だけでなく、オンライン学習を取り入れることになったとしても、私たちは今、すべての子どもの心に「火をつける」カリキュラムをデザインしなければならない」

全米教師教育認定協議会の調査を指して、アロンは、今日の教師養成はひどく不十分であると主張している。「教師を育てるということは、教室での初日を迎える前に1週間のセミナーを受けることではない。教育大学院の理論的な授業でもない。少なくとも3年間、いや4年間は、主任教師として教室に入る前に学生教師として精力的に実習を行い、その後5年から10年にわたり、「師範」または「指導者」によって行われる指導プログラムを受けなければならない。”私は、教員養成と雇用の危機(アメリカの教員の50%が最初の5年間で退職してしまう)を改善するために推奨したい2つの新しい層の指導を行う。アロンが特に指摘しているのは、「わが国を下降スパイラルから脱却させるために必要な無形のもの」 R-E-S-P-E-C-T(原文では強調)、教師と教職のために」

「教育勝利への道は、A-B-Cのように単純なものではない。しかし、ピタゴラスの定理ほど難しいものでもない。ただ、選ばれた指導者たちがスケープゴートを探すのをやめて、本物のスーパーヒーローのように行動し始めるというパラダイムシフトが必要なのである」とアロンは書いている。「私たちの子供たち、つまりこの世代と次の世代は、もう待てないのである。私たちの子供たち、つまりこの世代と次の世代は、もう待つことができないのである。しかし、その前に、政治家やテスト産業よりも、教師と生徒のことを第一に考えなければならない」

アロンの尊敬の呼びかけは、全米教育者協会(NEA)会長のデニス・ヴァン・ローケルが、2012年のNEA全国大会の前のスピーチで述べたものである。ブロガー、コラムニスト、選挙で選ばれた議員、自称改革者、彼らは常に公教育について意見を述べ、教師を非難するのが大好きだ。まるで、このバラバラで資金不足のシステムが、教師たちや学校で働く人たちのせいであるかのように。しかし、本当の問題は、わが国と世界を動揺させる経済危機を作り出した、儲け主義者と大金持ちのウォール街の人々なのである。その解決策は、教育者を攻撃することではなく、敬意を払うことである。そうすれば、才能ある若者が教師や教育支援の専門家、大学教授になることを望むようになるのである」

Van Roekelは、教育を支援しなければならない理由はシンプルだと言う: 「公教育がアメリカを強くする。歴史や公民を学ぶことで、生徒たちは良き市民になることができる。民主共和国の一部である。公教育は、アメリカの価値観や理想、公正な社会、機会均等、民主主義といった価値観を教える手段である。そして、機会均等が最も深く抱かれた価値観のひとつであるこの国では、教育は、あらゆる背景を持つ人々にとって、経済的機会への扉を開く鍵なのである」

法律研究者のShayna A. Pitreは、The Blogに寄稿し、アメリカは教育テストで生徒の評価が高い他の国からいくつかのことを学ぶことができると述べている。「米国がこれを実行し、これらの国の実践から正しい教訓を得たときにのみ、教育改革の時代が本当に到来する」と彼女は言った。

ピトレは、外国人教師が採用する成功した戦術、質の高い教育につながる戦術について述べている。高い成績を要求される大学でより高度な訓練を受けた教師、就職する前に訓練を受け学生指導を修了する、他の職業に見合った給与を受け取る、丸暗記ではなく問題解決などの批判的思考スキルをより多く教える、複雑な問題を解決するよう生徒に求めるコンピュータを使わない国際標準テストを使用する。

アメリカの教育が以前のような成功を収めるためには、教師のトレーニングを改善すること、優秀な教師が他の教師を指導すること、教師と生徒の両方が批判的思考と問題解決能力を持つように教えること、一人の教師が35人の子供に同時に同じことをするように指示するのではなく、生徒が自分のペースで自分のやり方で学ぶことを認めること、教育過程に親がもっと参加すること、貧しい背景の子供が不十分な学校にたくさん集まっているという問題への取り組みなどが提案されている。

アメリカ建国の父たちの著作は、個人の価値と力という概念に基づいている。かつて、個人主義は立派な特性であると考えられていた。逞しいカウボーイ、誠実な法律家、勇敢な兵士の姿を思い浮かべることができる。

19世紀半ばには、州の権利をめぐって大きな内戦が繰り広げられた。しかし、政治家たちはいまだに個人の権利の素晴らしさを謳いあげている。この二律背反は、人が個人の権利を持ちながら、州の権利を持たないのはなぜか、という疑問を抱かせる。

ポリティカル・コレクトネスの世界では、ある限られた文脈で「個人」を語ることができると、『Power Outside the Matrix』の著者であるジョン・ラポポルトは指摘する。しかし、「個人」と「権力」を一緒にして、その組み合わせに肯定的な性質を持たせるとしたら、それはコンセンサスから大きく外れている。「あなたは狂っている」

観客は今日でも、映画、テレビ、ビデオゲーム、コミック、グラフィックノベルなどで、個人の力が美徳として讃えられるのを目にする。エンターテインメント業界では、警官、秘密諜報員、宇宙人、スーパーヒーローやヒロインなど、個性と知恵で成功するさまざまな人物が登場する。

「しかし、「現実」の生活となると、権力は玄関先で止まり、誰もベルに出ない」とRappoportは述べている。「突然、ヒーロー、力を持つ人は、忌み嫌われる。. .だから、彼は適応する。彼は待つ。彼は不思議に思う。彼は、より少ない、はるかに少ないものに落ち着く。彼はゲームがどのように行われるかを学ぶ。彼は自分の希望を押し殺す。彼は縮こまる。彼は忘れる。彼は「問題」を作り、ありえないほど狭い範囲内でそれを解決しようとする。限られた期待に応えるために、成功や勝利を再定義する。彼は普通と平均を目指す。その努力に対して、犬が主人を見上げるように、ちょっとした情報を受け取る。これがマインドコントロールでないなら、何もできない」

今日、グローバリストたちは、政府、教育システム、マスメディアの支配を通じて、集団主義の考えを進め、個人を「集団のより大きな利益」に従属させている。若者たちは、自立した思考や演繹的な推論を磨く代わりに、命令に盲従し、暗記で学ぶように仕向けられている。

これを変えなければならない。自由と効果的な民主主義には、批判的に、自分の頭で考えることができる市民が必要なのである。

第22章 マスメディアの死

グローバルエリートの意向に対抗するためには、企業によるマスメディアも改革しなければならない分野である。興味深いことに、マスメディアの巨体が衰退しつつあることを示す証拠がある。

1960年代には、3つのテレビネットワーク(ABC、CBS、NBC)だけが放送視聴者を独占し、米国の生活に関する中道的なコンセンサスを形成していた。ケネディ暗殺の週末、すべての主要メディアが通常の番組や記事を先取りしてこの悲劇に対処し、全米が衝撃に包まれた。

メディアの集中は、企業エリートにとっては諸刃の剣であった。一方では、公式発表がほぼ全国民に迅速に届く可能性があり、他方では、矛盾した反体制的なメッセージが主要メディアに紛れ込めば、同じようなことが起こり得る。『ライフ』誌は、政府の単独犯行説を支持しながらも、暗殺の陰謀を示す証拠を掲載し、この二律背反の典型となった。

ケーブルテレビの台頭と、大企業による地元紙の買収によって、メディアの状況は徐々に変化していった。2001年9月11日、加入者は9.11テロの報道から一転して、ディズニー・チャンネルやESPNを見ることができた。

それ以来、リスナーは放送、ケーブル、衛星、インターネットに分かれ、マスメディアの広告収入は減少を続け、「テレビは死んだ」と言う論者もいる。確かに、かつて西部劇「ガンスモーク」の1エピソードがテレビ視聴者の40%以上を獲得できたのに対し、現在の人気番組は視聴者の10%を獲得するのがやっとである。

1993年の時点で、小説家のマイケル・クライトンは、彼が「メディアサウルス」と呼ぶ主要な既存メディアは、10年以内に恐竜のように絶滅すると予測していた。クライトンは、アメリカの企業メディアを中古車に例えて、「非常に質が悪い」とし、「情報は信頼できないし、クロームやギラギラが多くて、ドアはガタガタ、すぐに壊れるし、保証もなく売られている」と主張した。派手だが、基本的にはガラクタだ」

今日の批評家も同様に、テレビニュースを、反復的で単純で損傷的な、迅速で安価な番組とみなしている。ケーブルテレビのニュースは、資格のないトークヘッドが大半を占め、新聞の報道は、無名の情報源で構成されたプレスリリースを書き直したものがほとんどと見なされている。

多くの人は、今日のニュース記事を、擁護者の熱狂と不寛容を反映した意見書に過ぎないと見ている。ニューヨーク大学ニューメディア学部教授で、『Cognitive Surplus』の著者であるクレイ・シャーキーは、次のように述べている: 数年前、人々が帰宅後に見たいのは、必ずしもニュースではなかった。ただテレビが見たいだけであり、ニュースはそのためにある。しかし、ESPNという選択肢が与えられると、視聴者はチャンネルをすぐに変えられなくなった。これによって、政治的に無関心な視聴者がニュース視聴者から排除され、党派的な人たちだけが残ったのである」

マスメディアが時事問題を客観的かつ反省的に研究していないことから、今日のアメリカ人は1950年代よりもはるかに窮屈な適合性の時代に生きていると指摘する人もいる。

マスメディアの極悪非道さを指摘した論客はクライトンが初めてではない。1967年、マーシャル・マクルーハンは、『メディアはマッサージ この本は、メディアがどのようにコンテンツをコントロールし、コンテンツがどのように個人によって受け取られるかを詳細に説明している。企業マスメディアが言葉を捻じ曲げる顕著な例として、彼の有名な格言 「the medium is the message」を挙げることができる。しかし、マクルーハンは著書のタイトルと結論の両方で、「the medium is the massage」と述べている。しかし、今日、企業メディアは通常、「マッサージ」ではなく 「メッセージ」という言葉を用いている。これは、メディアの大物が、メッセージが一般大衆に提供される前に「マッサージ」されているという考えを、一般市民に持たせたくないからに違いない。

BTIG Researchのアナリスト、リチャード・グリーンフィールドは、「結局のところ、従来のテレビビジネスは、人々が考えていたよりもはるかに強固であり、視聴者の行動は、人々が考えていたほど急速に変化していない」と述べている。「確かに、2012年に初めてテレビ視聴が減少したが、それでも人々は1日5時間視聴している。YouTubeは成長しているが、人々は1日8分しか見ていない。1980年にケーブルテレビがあった場所にいる。” しかし、グリーンフィールドの予想では、インターネットとYouTubeが視聴率で放送局やケーブルテレビを超えるのに、30年もかかることはないだろう。

これはすでに起こっていることなのだ。ウォール街のメディアアナリスト、クレイグ・モフェットとマイケル・ナサンソンの試算によると、2013年第3四半期、ケーブル会社は68万7000人の加入者を失ったという。「視聴者はテレビを捨てて、新しいデバイスや新しい配信チャンネルで視聴するようになっている」とShirkyは説明する。「2011年から2012年にかけて、タブレットやスマートフォンでストリーミング再生された動画の数は300%増加し、YouTube、Hulu、Netflix、Amazonなどのデジタルアウトレットは、新規ユーザーと滞在時間の両方を獲得している」

マスメディアの死という予測は時期尚早かもしれないが、特に印刷メディアに関しては、いくつかの真実があるように思われる。2008年、Slate.comの編集長であるジャック・シェイファーは、「彼の予言が15周年を迎えるにあたり、私はクライトンに有利であると宣言しなければならない」と認めている。「腐敗は新聞業界を苦しめ、人員、発行部数、収益を減らしている。GoogleがTimesを買収し、慈善事業として運営することを望む人もいるほど、新聞社の状況は悪化している!夕方のニュースの視聴率は低下し続け、マスメディアが明日にも消滅するわけではないが、メディアの未来に関するクライトンの当初の見解は、今や嘘ではなく真実味を帯びている。どんなジャーナリストにも聞いてみてほしい」

かつてアメリカは多種多様な新聞や定期刊行物が存在する国だったが、今日では人が見聞きするほとんどすべてのものが、たった5つの多国籍企業、ウォルト・ディズニー・カンパニー、ニュース・コーポレーション、タイムワーナー、バイアコム(現在はCBSを含む)、ドイツの出版大手ベルテルズマンのいずれかからの発信である。これら5つの巨大企業は、新聞だけでなく、ほとんどの場合、ラジオやテレビのネットワーク、映画スタジオ、雑誌、ケーブルテレビや衛星放送、音楽会社、そしてビルボードまで支配している。

ソノマ州立大学社会科学部を通じて運営されている非営利のメディア研究グループ、Project Censoredの調査によると、最大のメディア企業は、実は共通のオーナーや役員によって相互につながっていることが明らかになった。

大手メディア企業10社の中には、国内外の288の異なる企業の役員を務める人物が118人いたのである。また、元上院議員や元代表を務めたメディアディレクターも記録されており、企業メディアと米国政府関係者の「回転ドア人事」の関係も明らかになった。

メディア所有の集中により、マスメディアのシェアを握る個人や組織は次第に少なくなり、より多くのメディア企業がバイアウトや買収によって多国籍企業の犠牲となり、業界を支配するメディア石油王が誕生している。

ペンシルベニア大学ロースクールの法律とコミュニケーションの教授である故C.エドウィン・ベイカーは、その著書『Media Concentration and Democracy』の中で、「なぜ所有権が重要なのか」という著書で、現在のメディア所有権が示す規制緩和と超商業主義への支持に疑問を呈した。ベーカー氏は、メディアの所有権が分散すれば、社会的に機能不全に陥るような利益追求ではなく、社会的に価値のあるジャーナリズムや創造的な目的を合理的に追求する所有者が増える可能性があると主張した。

マスメディアの独占は、グローバリズムの所有者のアジェンダだけを表す番組、政府と企業の広告主への過度の忠誠、公共の利益のための自由な言説の検閲を意味することがある。

メディアの集中は、規制緩和をめぐる争いにつながっている。規制緩和の推進派は、政府の規制がなくなれば商業的利用が可能になり、利益が増大し、所有者の多様化が促進され、発展途上国が自国のメディア企業を獲得するのに役立つと主張する。

反対派は、規制緩和はグローバリストによる所有権の集中をより危険なものにし、情報や意見の多様性を減らし、番組全体の質を低下させるだけだと言う。

テレビのビジネスは外から見ると健全に見えるかもしれないが、業界の衰退が進行していることは明らかだ。「Politico」サイトの記事によれば、ケーブルニュースの成功例とされてきた「Fox News」でさえ、2014年には過去10年以上にわたって最低の視聴者数を記録している。そして、Fox News(および他のケーブルネットワーク)の視聴者のうち、大きな割合を占めるのが高齢者である。未来の視聴者である若い視聴者は、単にそこにいないのである。

PoliticoのHadas Goldは、人口統計がいかに悲惨なものであるかを示している。「例えば、ビル・オライリーの番組『オライリー・ファクター』を見てみよう」とゴールドは書いている。「[2014年5月]オライリーは、重要な[人口統計]で2001年以来最低の月となり、308,000人の視聴者を獲得した。」「そう、オライリーは、5月の平均総視聴者数2,136,000人と、総視聴者数とデモ視聴者数の両方で、ケーブルニュースのNo.1番組であり続けている。しかし、その視聴者の大半は55歳以上である。実際、オライリーの年齢の中央値は72歳を超えたところである。Fox Newsの視聴者全体の平均年齢は68.8歳、MSNBCとCNNの視聴者の平均年齢はそれぞれ62.5歳と62.8歳だった。」 2015年中、イラクからのニュースへの関与を誇張したとして6カ月の停職処分を受けたNBCのキャスターBrian Williamsと同様のスキャンダルで、O’Reillyはインターネット上に公開された彼に起因する虚偽記載のリストによってその真実性を問われた。

視聴者と収入の問題は、テレビに限ったことではない。印刷メディアも瀕死の状態にあるようで、新聞に信頼を寄せている人は人口の約25%に過ぎない。2011年だけで少なくとも152の新聞社が廃刊し、印刷広告収入は2006年の4900万ドルから2012年には2200万ドルに減少した。この傾向は2014年も続き、クラシファイド広告の収入も減少している。

印刷広告が減収を続ける一方で、メディアはデジタル広告収入でその差をある程度補ったが、ほぼ十分ではなかった。2012年には、デジタル広告収入1ドルに対して、印刷広告収入が約15ドル減少している。

新聞読者の減少は、若い読者が電子メディアに流れたためとされているが、それだけで説明できるものではない。2012年、新聞社のウェブサイトへの訪問者数は5%減少した。ニューヨーク・タイムズは、2010年の4,442,074人から2012年には4,356,555人へと読者数を減らしながらも、全米の新聞社の中で総閲覧者数でトップとなっている。

米国新聞編集者協会によると、1989年に56,900人いたフルタイムの専門編集スタッフは、2011年末には29%減少している。2014年にはニュースルームのスタッフは40,000人を下回ると推定されている。

印刷メディアも電子メディアも、より多くのオーディエンスを求めて動いている。どちらのメディアも、より多くの読者を獲得することで、より大きな収益を得ることができる。しかし、これは誤った前提条件かもしれない。若い視聴者の喪失を見れば、視聴者の獲得競争の激しさが企業マスメディアの死滅の原因でないことは明らかなようだ。2013年のギャラップ社の世論調査によると、なんと77%の人が「テレビの主流番組を信用していない」と答えている。また、議会に対する信頼度は10%未満と、議会だけがより悪い数字になっている。

テレビ視聴者の離脱をより完全に説明できるのは、年齢よりもむしろ信頼の欠如かもしれない。2014年のギャラップ社の世論調査では、メディアの報道能力に対するアメリカ人の信頼度は40%と過去最低を記録している。アメリカ人は、企業メディアがニュースを完全、正確、公平に伝えていると信じているが、1990年代後半から2000年代前半の比較的高い水準から着実に低下している。

ギャラップ社によると、「かなりの割合のアメリカ人がメディアを大いに、あるいはかなり信頼しているが、アメリカ人の第4の権力に対する全体的な信頼は、10~15年前と比べて著しく低くなっている。世論調査担当者は、国政選挙が特に報道機関の報道の正確性に対する懐疑を引き起こすことを示す統計だと付け加えた。」

ギャラップ社によると、44%のアメリカ人がニュースメディアを「リベラルすぎる」と感じているというから驚きだ。一方、「保守的すぎる」と感じている人は19%、「ちょうどいい」と感じている人は34%と、3人に1人の割合である。

「主流メディアは、非常に多くのレベルで私たちに情報を提供できていない。1年のうち、どの日、どの週を選んでも、テレビ画面に映し出される最もトレンディなニュースを観察することができる。その結果、有名人のゴシップを何日も必死に取り上げ、隙あらば嘘をつくようなメディアを発見するだろう」と、ジョシュア・クラウスは『Daily Sheeple』に書いている。2014年にデンマークで開催された秘密組織「ビルダーバーグ」の会合が報道されなかったことについて、クラウスは多くの若者の思いを代弁し、「地球上で最もパワフルで影響力のある人たちが毎年集まる会合で、地球を揺るがす出来事が起きるかもしれないことを報道しなかった」と指摘した。それができないなら、彼らは何のためにいるのか?

「私たちの世界の真実は、畏敬と驚きに満ちている。真実を語りさえすれば、彼らが夢見るすべての評価を得ることができる。それなのに、私たちが生まれ育った学校の教科書から、大人になってからの話し相手まで、主流となる情報源はすべて、真実から隔離されたバージョン、あるいは全くの嘘に見える」と、クラウスは付け加える。

多くの情報弱者は、マスメディアの信頼性の低さは、単に無知なニュースキャスターによる不完全な情報の提供や、ずさんで信頼できる記者による表面的な報道によるものだと信じている。メディア企業の所有と支配の歴史を研究した人は、真実の情報の欠如は、グローバリストの所有者の意識的な意図に起因していることを理解している。この意図には、反体制的な視点を一般大衆から遠ざけ、政府・企業寄りの発表を繰り返し行うことが含まれる。

2014年4月、ネバダ州の牧場主であるクライブン・バンディが、家族、友人、支援者と共に武装した連邦捜査官を撃退したとき、真実が企業のマスメディアに打ち勝つというクラウスの考えが証明された。土地管理局(BLM)への放牧料をめぐる20年にわたる法廷闘争に終止符を打ち、連邦裁判所の命令で武装した警官はバンディの牛を土地から運び出し始めたが、バンディの封鎖によって阻止された。

両側の重武装した参加者が劇的なにらみ合いをした。地元の法執行機関はBLMの警官に加わり、民兵や元兵士を含む近隣住民や支持者はバンディ家に加勢した。地元の保安官ダグ・ガレスピーはバンディと交渉することで事態を打開し、牛の解放を命じた。

世間の反応はさまざまで、「連邦政府の横暴に抵抗するバンディを真の愛国者と呼ぶ人もいれば、無政府状態を助長している」と言う人もいた。

しかし、従来のマスメディアは、バンディを表面的にしか取り上げず、ほとんど政府側の視点からしか報道しなかった。しかし、「オルタナティブ・メディア」と呼ばれるメディアは、バンディ氏の主張をそのまま報道したのである。GuerillaMediaNetwork.comのピート・サンティリはライブで報道し、CNNは食に関するふわふわした番組を放映した。CNNは、ようやくバンディ事件の進展について報道したとき、「連邦当局によると、警察犬が蹴られ、警官が暴行を受けた」と発表したが、現場からのライブ映像には、警官が抗議者たちに犬を突きつけ、ひとりの女性を地面に押し倒す様子がはっきりと映っていた。

マット・ドラッジやアダム・コケシュといった他の独立系ジャーナリストは、発生した事態をそのまま報道し、アレックス・ジョーンズのInfowars.com記者キット・ダニエルズは、政府の手に渡った後、この土地に60億ドルの太陽光発電施設を建設するという計画を実行するために、上院院内総務ハリー・リードがバンディの事業を停止させようとした疑いがあるという裏話を掘り下げている。

テキサス州ウェイコで起きたブランチダビディアン事件やオクラホマシティの爆破事件、あるいは9.11テロ事件のように、連邦政府がメディアの報道をほぼ完全にコントロールすることができたため、大衆の消費のために誤った物語を構築できたのとは異なり、バンディの物語はオルタナティブメディアやソーシャルメディアを通じて市民に直接伝えられた。このような非伝統的なコミュニケーション形態は、従来のジャーナリズムを凌駕し始めている。携帯電話で武装した市民ジャーナリストは、企業のマスメディアのニュースに対して問題を提示している。企業や政府関係者は、「信頼できる」報道機関のために働いていないと考えるジャーナリストとの対話を拒む傾向が強まっている。

「要するに、主流メディアは、あなたが信じられないほど愚かで、それがどんなに非論理的で不合理であっても、彼らの言うことは何でも買うと思っているということである」と、NaturalNewsの2014年4月の記事でマイク・アダムスは述べた。「オルタナティブ・メディアが証明したことは、主流メディアはほとんど無関係だということである。彼らが何を印刷し、何を放送するかは重要ではない。情報通の人々は、それがすべて嘘だと知っているし、CNNやMSNBCのような[ネットワーク]をまだ見ている心酔したプロパガンダ犠牲者は、とにかく歴史の行進には無関係なのである。

「本当の歴史」は、オルタナティブ・メディアによって形作られ、調査され、報道されている。私たちは、大企業のスポンサーもなく、100万ドルの予算もないが、真実と正義を求める心と情熱を持っており、それが、制作予算に関係なく、主流メディアが決して到達できないレベルの信憑性へと私たちの仕事を駆り立てるのだ。

「主流メディアは最後の息の根を止めようとして、すでにニセの『代替ニュース』サイトの確保に躍起になっているが、ニュース2.0の新時代はすでに到来している。そして、この新しいコンテンツ消費のパラダイムでは、現実が王様だ」と、ウェブサイト『Storyleak.com』のホスト、アンソニー・グッチャルディ氏は書いている。”主流メディアは、新しいメディアを恐れている、彼らはあなたを恐れている。スマートフォンを持った一人の男女が歴史を変えることができるとしたら、それは、あらゆる場面であなたを検閲しようとする政治的コントロールフリークにとって、恐ろしいことである。ニュース消費の新時代が到来し、主流メディアを永久に追い出す時が来たのである」

保守派は「リベラル」なメディアについて文句を言うことがあるが、真面目に調べてみると、主流メディアは中絶、同性婚、銃規制など特定の社会問題でリベラルに傾いているだけであることがわかる。それ以外のいわゆるリベラルなマスメディアは、企業の支配者が許す限りリベラルであるだけで、企業の不正や腐敗に関する記事は軽視されている。

グローバリストが巨額の資金を投じてメディアの視点を操作していることは、これまでにも明らかになっている。2014年初め、民主党の工作員であるデビッド・ブロックは、自身の組織であるメディア・マターズ・フォー・アメリカ(MMFA)が、億万長者のグローバリスト、ジョージ・ソロスからの資金を使い、オルタナティブメディアや保守メディアに対抗するため、既成ジャーナリストと直接協力して企業メディアに影響を与えていると明らかにした。24時間ニュースを配信するDaily Callerに掲載されたホワイトハウスの訪問者記録では、ブロックとMMFAの関係者がジェン・プサキ副報道局長やヴァレリー・ジャレット上級顧問を含むオバマ大統領補佐官と定期的に会っていたことが示されている。「メディア・マターズは今やオバマ政権の攻撃犬に過ぎないことが完全に露呈した」とポール・ジョセフ・ワトソンはInfowarsのウェブサイトで非難している。

ラジオ番組の司会者で元NASAの科学者であり、長年メディアを批判してきたマイケル・リベロは、「ほとんどの人は、反対の証拠に直面しても、自分の指導者が公正で公平だと信じたいものである。腐敗した政府を前にして行動を起こすことは、生命や愛する人への危害を伴うリスクを伴う。何もしないことを選ぶことは、原則を貫くという自己イメージを放棄することになる。ほとんどの人は、その選択に立ち向かう勇気を持っていない。したがって、ほとんどのプロパガンダは、批判的思考をする人を騙すために作られたものではなく、道徳的な臆病者に、まったく考えない口実を与えるためだけに作られている」と述べている。

エリオット・D・コーエンは、クリティカル・シンキング研究所のディレクター National Center for Logic-Based Therapyのディレクター、National Philosophical Counseling Association (NPCA)のエグゼクティブ・ディレクター。Project Censored 2014に寄稿したコーエンは、「市民に対する権力と支配を求める政府が、利己的なプロパガンダを広めるために企業メディアに対する影響力を行使しないと期待するのは甘いだろう(原文では強調)」と述べている。減税、軍事契約、メディア所有権の緩和、政府高官や報道官へのアクセス、その他のインセンティブやキックバックなどを通じて、企業メディアが利益を最大化するために政府を必要としている以上、政府は企業メディアに対して信じられないほどのパワーと影響力を持つ。したがって、国民に嘘をつき、欺いた政府を責めるのではなく、そもそもそのようなプロパガンダに騙されることを許さないほうがよい。本章が主張するように、私たちの自由は誤った思考に対して最も脆弱であり、健全な論理によって最もよく守られる」

現代の独裁者なら、ニュースを禁止するような明らかに邪悪なことをする必要はないだろう」と、『The News』の著者アラン・ド・ボットンは言う: The News: A User’s Manual』の著者であるアラン・ド・ボトンは言う。「報道機関が、ランダムに聞こえる速報を、大量に、しかし文脈をほとんど説明せずに、変わり続ける議題の中で、ほんの少し前まで緊急だと思われていた問題の継続的な関連性を全く感じさせず、殺人者や映画スターの色っぽい行動についての絶え間ない更新を全体として流すようにすればいいのである。これでは、ほとんどの人が政治的現実を把握する能力を失い、政治的現実を変えようとする決意も失われてしまうだろう。現状は、ニュースの禁止ではなく、むしろ洪水のようなものによって、永遠に乱されないと確信できるだろう。…ニュースが大衆の好奇心や注意を引きつけることができないとき、社会は自らのジレンマに取り組むことができず、したがって、自らを変え、改善しようとする民意を結集することが危険である。

24時間、週7日放送のニュースチャンネルは、アメリカの視聴者が十分な情報を持っているかのような印象を与える。しかし、そうではない。放送されるのは、バラバラで確証のない報道ばかりで、視聴者を順応させるために、誤った、あるいはグロテスクな世界像を描いている。

多くの大学で講師を務めるメディア評論家のマイケル・パレンティは、視聴者は「地域で戦闘が発生した」「騒動で多くの人が死亡した」「飢饉が増加している」といった断片的な情報を浴びせかけられると指摘している。「ニュースではいろいろなことが報道されるが、説明されることはほとんどない。社会秩序がどのように組織され、何のためにあるのかについてはほとんど語られない。その代わり、私たちは主流派の評論家と同じように、偶然や状況、混乱した意図、失敗した作戦、個人の野心によって推進される出来事や人格の散乱として、世界を見ることになるのだが、強力な階級的利害によって推進されることはほとんどない。」

パレンティは、階級的利害と「グローバル化」を結びつけている。「グローバル化とは、マスコミが自然で必然的な発展であると紹介するペットラベルである。実際には、グローバリゼーションは、世界中の民主的主権を弱体化させるために、多国籍企業が意図的に仕組んだものである」

しかし、その答えは、人々を威嚇してより「真面目な」ニュースを消費させるだけではだめで、いわゆる真面目なニュース媒体を、視聴者を適切に惹きつけることができる方法で重要な情報を伝えることを学ぶよう後押しすることだと、デ・ボットンは助言している。マスメディアが、単に何が起こったかだけでなく、なぜ起こったのか、誰が得をしたのか、といった文脈に沿った、思慮深く意味のある情報を提供できるようにすることが課題である。

「未来の理想的な報道機関では、文脈の解明と大衆化という野心的な課題に真剣に取り組み、生活保護受給に関する記事は、近親相姦の対極的な人食い人種に関する記事と同じくらい(ほとんど)刺激的なものになるだろう」と、彼は見解を述べている。

マスメディアへの信頼が失われた今、民主主義を育み、全体主義から身を守るために、自分自身で考え、思考プロセスを改善することが個人に新たに求められている。

世界の現実をよりよく理解するには、現状を信じるだけでなく、それを疑うこと、報道の一貫性を探すこと、恐怖心を煽ることやメディアが誘発するステレオタイプに注意すること、説明を探すこと、あらゆる権威に疑問を持つことが必要である。

第23章 崩壊が来るのだろうか?

世紀半ばになると、アメリカ社会が内部から崩壊することを予見する論者や著者が増えてくるが、その時期は比較的早い。彼らは、そのような崩壊の原因を、数多く、多様でありながら、必然的なものであると見ている。より一般的な説のひとつに、金融システムの崩壊がある。2014年、複数の金融予測家が、米ドルの崩壊、ひいては金融システム全体の崩壊が近いと予測していた。そのような事態には、都市部での大規模な暴動や、戒厳令の発動もありうるという見方もある。後述するように、連邦政府がそのような事態を想定している証拠もある。

このような恐ろしい見通しは、ハリー・デントのようなコメンテーターによって報告されている。彼は『The Great Depression Ahead』の中で、「米国経済は2015年初頭までに小規模または大規模なクラッシュに見舞われ、2017年末から2019年末、遅くとも2020年初頭までにもう1回クラッシュする”と予言している。

「私は 2008年のクラッシュは、メインイベントへの途中のスピードバンプに過ぎないと思う。この10年間(2010年から2020)は、史上最大の金融危機が訪れるだろう」と、ビデオシリーズ「Hidden Secrets of Money」の著者でホストのマイク・マロニー氏は警告している。

「ロジャーズ・ホールディングスとビーランド・インタレストの会長であるジェームス・ロジャーズは、「2008年から2009年にかけて起こったことは、債務が非常に多かったため、以前の経済後退よりもひどいものだった」と指摘した。「そのため、次の経済問題は、いつ起きても、何が起こっても、過去よりも悪化することになる。

ドル自警団の金融担当編集者であるジェフ・バーウィックは、『もし彼らが金利の上昇を許せば、事実上、米国政府は破産し、債務超過となり、米国政府は崩壊することになる』と予測した。彼らは社会の大崩壊を準備しているのだ。それは明らかであり、それは起こるだろう、そしてそれは非常に恐ろしく、非常に危険である」

ロナルド・レーガン大統領のもとで行政管理予算局長を務めたデビッド・ストックマン氏は、「日本、中国、ヨーロッパ、イギリスと、あらゆるところで大規模なバブルが発生している」と指摘する。その結果、世界の金融市場は極めて危険で、不安定で、将来的に深刻なトラブルや混乱に見舞われることになると思う」

「私は、若い頃、学術数学を絶対的に得意としていた者として、世界経済が悲惨な債務崩壊に向かっていると言える」と、毎月500万人以上の訪問者を誇る健康や政治を扱う人気ウェブサイト、NaturalNewsの編集者、マイク・アダムスは公言している。「何兆ドルもの資産評価(デリバティブ)は、文字通り一夜にして消えてしまうだろう。広範な経済破壊は、世界中の主要な人口密集地を襲う1000のハリケーンのように、人類を同時に襲うだろう。このタイミングを予測することは不可能だが、その必然性はない。私が本当に心配しているのは、この出来事が、人類の歴史の中で前例のない貧困と困窮の波を世界にもたらすことを事前に知っていることである。その結果、誠実で勤勉な人々が、自分たちのせいでもないのに、路上で困窮した生活を送ることになる。このような事態が起こるということを意識するだけで、私はとてつもない苦痛を感じる。

「さらに悪いことに、あなたや私は、彼ら全員を救うことはできない。私たちができるのは、人々に備えを教え、彼らが耳を傾ける知恵を持つことを願うだけだ。私たちは、彼らのために決断を下すことはできないし、世界的な運命の日を規定する経済的現実の法則を変えることもできない」

社会情勢を観察する何人かの人は、アメリカ帝国の衰退を古代ローマのそれと比較して、ローマ当局が無料のパンと闘う剣闘士のいるサーカスで大衆をなだめたのに対し、アメリカ国民は低価格の加工食品とテレビでの闘いを提供されていると指摘している。

アメリカン・シンカーというウェブサイトに頻繁に寄稿しているインターネット・コメンテーターのジャック・カーティスは、アメリカは「連邦準備制度理事会の『量的緩和』ゲームを通じて、圧力をかけた市民の子供や孫から借りた」お金が尽きかけていると書いている。「誰も永遠に約束で生きていくことはできない」とカーティスは指摘する。「株式市場と銀行はまもなく、それらを支えているおかしなお金の熱気を吐き出し、金利は正常に戻り始め、政府はまず、戦争マシンと外国への賄賂プログラム、そして福祉受益者の資金を削減するだろう。昔のローマ人のように、アメリカの軍隊は、ゆりかごから墓場まで続く社会福祉とともに衰退していくだろう。そして、アメリカ国民は、大統領が考えていたよりも大きな変化を目にすることになるだろう。フードスタンプは削減され、プロスポーツからは巨額の年俸が消えるだろう。金融の波が押し寄せては引いていく中で、アメリカはもう帝国ではなくなる。アメリカは、自分たちの仕事に専念するだけで、すべてを手に入れることができるのだ。

The Economic Collapse Blogの発行人であるマイケル・T・スナイダーは、近い将来、中国による買収という形でアメリカに大嵐がやってくることを予見している。「中国による米国企業の買収は、(2013年に)史上最高記録を更新し、今年はその記録を絶対に打ち砕く勢いである。一方、中国は不動産を貪欲に買い漁り、アメリカ全土に経済的な砦を築きつつある。中国が米国内で経済力を高め続ければ、やがて全米の何千もの小さなコミュニティで圧倒的な経済力を持つようになるだろう。

「中国政府」と「中国企業」の間には、しばしば大きな違いがないことを心に留めておくことが重要である。2011年、中国における全利益の43%は、中国政府が支配権を持つ企業によって生み出されている」

連邦政府の内部告発者であり、2度の連邦議会候補者であり、『なぜアメリカは破産したのか』の著者であるデビー・キッドは、「無法者」議会が「破壊的で違憲な『自由』貿易条約によって、産業、製造、農業という最も重要な雇用分野を破壊し、アメリカを死にゆくサービス経済にしてしまった」と書いている。しかし、その前に、アメリカ人は地獄を見ることになる。

「50州の州都の傲慢で無知な人々は、憲法に基づく健全な貨幣法の実施を拒否している。「私たちの多くは 2008年8月に(expletive)が起こるまで警告を発したが、大衆は耳を貸さず、今も耳を傾けていないのである。最悪の事態は私たちに迫っており 2008年のように最終的に襲ってきたとき、何が起こるのだろうか?社会的崩壊?そうだ。食糧暴動。なぜなら、(1)人々は一文無しで、空っぽのお腹は怒りにまかせて暴徒化し、(2)食料と水の供給には深刻な問題がある。

物々交換ネットワーク「Alternative Market Project」の創設者であるブランドン・スミスは、2014年の「The Final Swindle of Private American Wealth Has Begun」と題する記事で、「2008年の金融クラッシュ、何年も続いている同じクラッシュは、事故ではない[原文では強調]」と述べた。これは、米国が通貨を崩壊させ、国際通貨基金(IMF)のような説明のつかない超国家的な管理組織によって管理されるグローバル・バスケット通貨を導入するための、協調的かつ計画的な危機である。アメリカ国民は、経済的な恐怖を通じて、グローバルな金融支配の制度化と主権の喪失を受け入れるように仕向けられている」

アメリカの暗い未来を見ているのは、こうした評論家だけではない。NASAのゴダード宇宙飛行センターが一部スポンサーとなった最近の研究では、資源の持続不可能な搾取とともに所得格差が拡大し、近い将来、西洋の産業文明が崩壊すると予測されている。この研究によると、文明の興亡は歴史的に繰り返されるものであり、「数世紀にわたる急激な崩壊はよくあること」であるという。この自主研究プロジェクトは、NASAの助成のもと、自然科学者と社会科学者のチームによって行われ、生態学と人間経済学の両方をカバーする査読付きエルゼビア誌「Ecological Economics」に掲載されることが決定した。

研究チームは、過去の文明の衰退と没落における人口、気候、水、農業、エネルギーなどの要素に注目し、その結果を今日の世界と関連付けることができた。そして、崩壊に至る決定的な要因は、天然資源の枯渇と「社会のエリート層と大衆層(あるいは平民層)への経済的階層化」であることを突き止めた。この研究は、「占拠運動」を想起させる言葉で、裕福な資本家による資源の略奪だけでなく、「蓄積された余剰は社会全体に均等に分配されず、むしろエリートによってコントロールされてきた」とも指摘した。大衆は、富を生産しながらも、エリートによってそのごく一部が割り当てられるだけで、通常は自給自足のレベルか、その上くらいでしかない」

当然のことながら、この研究では、この「破滅的な軌道」に気づかないか、「何もしないことを支持している」裕福なエリートよりも、「平民」の方が資源の乱用を見抜き、所得分配を平等にするための行動を求める傾向が強いことが分かった。

Institute for Policy Research and Developmentのエグゼクティブディレクターで、『A User’s Guide to the Crisis of Civilization』の著者であるNafeez Ahmed博士: NASAが資金提供したHuman And Nature Dynamical(HANDY)モデル(すなわち、今日の富の分配は「持つ者」と「持たざる者」の間で不平等に分かれているということ)は、政府、企業、ビジネス、消費者に、「いつものビジネス」は維持できず、政策と構造の変更が直ちに必要であるという認識を促す、非常に信頼できる警鐘となっている」と結論付けている。

社会的圧力による崩壊は、遅々として進まないかもしれない。しかし、社会的な圧力による崩壊は遅々として進まないかもしれない。EMP(電磁パルス)兵器の作動、都市へのテロ攻撃、核戦争、全国トラック運転手のストライキ、内戦、コンピューターシステムへのサイバー攻撃、イエローストーンカルデラの噴火などの物理的災害、さらには宇宙からの小惑星衝突などである。

また、干ばつや水不足は、農業の崩壊を加速させ、大量の飢餓をもたらすなど、壊滅的な影響を与える可能性がある。NBCニュースでも、サウスダコタ州からテキサス州にかけて広がる1000万年前の地下水源、オガララ帯水層から水が流出し、8州の農業地帯に灌漑用水を供給する危機が迫っていることを伝えている。

ブライアン・ブラウンは、「この深刻な危機の規模を言い表すのは難しい」と書いている。「テキサス州のハイプレインズは、世界最大の帯水層のひとつであるオガララから供給される地下水が急速に枯渇しつつある。テキサス工科大学の研究によると、このまま地下水の生産が止まれば、ハイプレインズ南部のいくつかの郡の大部分は、まもなく帯水層に実用的な価値を持つ水がほとんど残らなくなると予測されています」先に詳述したカリフォルニアの水事情の悪化は、この問題に拍車をかけるだけだ。

これらの不穏な指標から、Alt-Market.comのブロガー、ブランドン・スミスは、「第2のアメリカ革命は避けられない」と考えている。

「体制側が最も恐れているのは、アメリカ国民が再び自分たちの国家環境に対して積極的に参加するようになったことだと思う(原文では強調)」とスミスは書いている。「ネバダ州の牧場主であるクライヴン・バンディの牧場では、彼らは慈悲を求めるのをやめ、システムに自らを律するよう懇願するのをやめ、不正選挙を待つのをやめ、変化をもたらすために役に立たない法的手段を頼るのをやめた。むしろ、彼らは自分たちの手で問題を解決し、自分たちの手で現場の状況を変えたのである。寡頭制にとって、このような展開は受け入れがたいものである。なぜなら、1つの成功が多くの成功につながる可能性があるからだ。ジョージ・W・ブッシュの大統領決定指令51を数えれば、もっと前から行われていたことだが、これはまだ完全に機密解除されていない。この指令は、作戦継続計画の一部で、国家非常事態が宣言されたときに、政府の行政府機関がどのように統制を取り、連邦の権威を維持できるかを詳細に説明している。批評家たちは、この指令が大統領に独裁的な権限を与え、戒厳令を宣言するための最後の障害となるものを排除していると言っている。

これまでと同様、ますます非協力的になる市民に直面したとき、グローバルエリートは、国民の目をそらし、愛国心によって政治的支配を強固にし、社会運動を抑制すると同時に、保有する企業の利益を増大させる手段として、戦争に踏み切る。

核兵器の大量放出は地球全体に破滅をもたらす可能性があるため、グローバリストでさえ世界大戦を再び引き起こすことを躊躇しているが、彼らは世界各地、特に不安定な中東での局地戦を刺激することには抵抗がない。

カリフォルニアのインターネット・コメンテーター、リチャード・シェック氏は、企業のマスメディアに見られる事実から、「1984年のビジョンとアイゼンハワー大統領が軍産複合体に注意するよう警告したことを反映して、新千年紀の幕開けにリヴァイアサンが出現した」と指摘した。彼は、欧米の情報機関内の派閥がいわゆるテロ集団をコントロールし、それを利用して「緊張の戦略」と「文明の衝突」を永続させ、党派的な政治的立場を支持していると主張し、多くの人々の思いを代弁している。

グラディオ作戦(冷戦時代にソ連がヨーロッパに侵攻した場合に反共産主義の資産を残すというNATOの計画のコードネーム)のようなサイ・オプ(心理作戦)計画や、準軍事集団への依存は、現在イスラム過激派(まもなく中国がこれに続く)にオーウェル方式で取って代わられた世界共産主義を倒すために作られた冷戦努力を続けるためだ。大衆は、OKC(オクラホマシティ爆弾事件)、9/11、マドリッド、ロンドンなどの「犬を振り回す」タイプの事件によって混乱し、操作されている。巨大な銀行、企業、犯罪(麻薬)企業に代わって行動するさまざまな情報機関の中の一派は、過激派のレトリックを悪用して、民衆を恐怖に陥れながら、都合よく悪者にされたグループに責任を転嫁するために、偽旗作戦を行う。これにより、陰謀団のメンバーはより大きな権力を手に入れ、権力を集中させることで政府のあらゆる機関に対する支配を拡大することができる(国土安全保障省と新しい国家情報局)。この未来への戦いにおいて、私たちは、部族的、経済的、政治的、宗教的、環境的要因のパーフェクトストームによって、誰もが目前の危機に目覚めざるを得ない転換点に近づいている。

ピークオイル、地球温暖化、経済のグローバル化、国際テロリズムの影響により、人々はますます「世界の戦争」的なシナリオに参加するようになっている。リヴァイアサンとともに生きることを学び、この先に待ち受ける困難な試練にいかに対応するかが、私たちの子どもたちの運命と、彼らが受け継ぐ世界の形を決めるのである

シェックは、建国の父たちが外国との関わりを警告したことを思い起こした。「それを忘れた人たちこそ、私たちの遺産に対する真の裏切り者であり、パックス・アメリカーナと世界覇権を目指すあまり、この国をダメにしてしまった」と彼は書いている。

今日まで、膨大な数のアメリカ人がワシントンの軍事的冒険を受け入れてきたのは、彼らが政府に対する愛国的な信頼を保っていたからだ。その信頼が、社会の大崩壊を防ぐことに成功している。1865年に連邦の州に対する支配の問題が決定されて以来、アメリカ人は政府を信頼するよう教えられてきた。しかし、その信頼は失われつつある。

ヘンリー・ジルー教授は、ボストンとマイアミの大学で教鞭をとり、受賞歴のある教授で、『Neoliberalism’s War on Higher Education』『Zombie Politics in the Age of Casino Capitalism』など50以上のタイトルの著者である。ジルーは、そもそもなぜ多くの市民が、自分たちを守ってくれる政府を信頼しているのか、と疑問を投げかける。「拷問を容認し、少なくとも35人の世界の指導者をスパイし、無期限拘留を支持し、世界中の何千ものコンピューターにバグを仕掛け、ドローン攻撃で無実の人々を殺し、法執行機関のために郵便局に郵便物を記録することを推進し、標的型暗殺を任意に許可した政府をなぜ誰も信用しなければならないのか」と疑問を呈している。あるいは、インサイダー脅威プログラムを制定した大統領もそうだ。このプログラムは、政府職員が互いにスパイし合い、「機密資料に限らず、あらゆるものの不正な開示」を含む違反報告を怠ったとして自分や他人を突き出すように仕向けるためのものだった」このプログラムは、郵便配達員のような政府職員を密告者の軍隊にするために作られたものだとも言われている。

ラザフォード研究所のジョン・W・ホワイトヘッドは、スターリン時代のソ連やヒトラー時代のドイツの人々がいかに政府関係者に盲従していたかを思い起こしながら、こうした政府への盲信を次のように説明している: 残念ながら、「私たち国民」は、政府が常に正しいことをしてくれるという考えに、とても信頼し、とても騙されやすく、とても気が散りやすく、とても手がかからず、とても従順で、とても教え込まれ、私たちの周りの警告サインを無視してしまったのである(そして正しい質問をし、満足な答えを求め、私たちの権利を尊重し法の支配を遵守する責任を政府関係者に求めないために、ほとんど耐えられない状態にまで追い込まれている)。少なくとも、自由、適正手続き、代議制が実際に意味を持つ場所に住んでいたことを記憶している人たちにとっては。

また、内部抗争や社会の崩壊さえも覚悟している政府をどうやって信用できるのか、と問う人もいる。というのも、米国政府はまさにそれを実践しているように見えるからだ。

金融危機が始まった2008年から、国防総省は国家崩壊の可能性に懸念を示し、「米国にとって戦略的に重要な世界の地域を形成する社会、文化、行動、政治の力に関する国防総省の基本的理解を深めるため」の研究を開始するために大学に資金を提供した。このプログラムは、「ミネルバ研究イニシアティブ」と名付けられ、基本的には、米国を含む全世界の社会崩壊を予測し、それに備えるためのものである。ガーディアン紙によると、このプログラムは、「米国の様々な軍事機関の監督の下で、世界中の大規模な市民不安の力学、リスク、転換点をモデル化する」ように設計されているとのことである。

このプロジェクトでは、「2011年のエジプト革命、2011年のロシア下院選挙、2012年のナイジェリア燃料補助金危機、2013年のトルコのガジ公園抗議デモ」といった社会不安の事例において、その「デジタル痕跡」を研究することにより、「社会伝染」と呼ばれるものの「臨界量(ティッピングポイント)」を決定する。

このイニシアチブが資金を提供するプロジェクトのタイトルは、「崩壊」「暴動」「内戦」といった言葉を避け、「社会伝染におけるクリティカルマスの発生を追跡」「プロキシによる抑止」「新しいアプローチで国家の脆弱性を測定・モデル化」「社会の不平等と安全保障上の脅威の計算による評価」「大規模政治運動の起源、特徴、影響の理解」といった見出しでこの研究の覆い隠すことを好んでいる。しかし、このプログラムの意図は明確で、反政府感情を特定し、活動家のリーダーを特定し、政府の反対意見を弾圧する方法を考案することである。プロジェクトの多くは、外国、特にアジアや第三世界を対象としている。

2014年、米議会はミネルヴァ・イニシアティブに総額1,780万ドルの予算を許可した。しかし、最終的なプログラムでは、5年間で7500万ドルの税金がかかると予想されている。

このプログラムの批判者には、米国人類学会(AAA)が含まれ、ペンタゴンには、「厳密でバランスのとれた客観的な査読」を伴う方法で、「人類学(および社会科学)研究を評価するための一種のインフラ」が欠けていると訴えた。AAAは米国政府への書簡の中で、「国防総省の役人がパネルの座を決める決定権を持つ」「国防総省のアジェンダを支持する場合にのみ研究が資金提供されるという懸念が学問分野内に残っている」と述べている。

ワシントンD.C.のセントマーチンズ大学の文化人類学教授であるデビッド・プライスは、「Weaponizing Anthropology」の著者 Weaponizing Anthropology: Social Science in Service of the Militarized State(人類学の兵器化:軍国主義国家に奉仕する社会科学)』の著者である。プライス氏は、国防総省のHTS(Human Terrain Systems)プログラムに批判的である。このプログラムは、社会科学者を軍の現場活動に組み込み、社会を変える理論を軍の「国家建設」活動に応用することを目的としている。プライス氏は、HTSの訓練シナリオは、イラクやアフガニスタンで使用された対反乱戦術をアメリカで使用するために適応させたもので、「軍事的観点から見ると、現地住民は、確立したパワーと影響力のバランスを脅かし、法と秩序に挑戦すると見なされる」と指摘する。

こうした公開研究は、警察の軍国主義化や連邦政府による武器弾薬の備蓄にすでに覚醒している市民を懸念している。2013年に行われた「テロリストにならない人たち」と題された特に気になる研究は、平和的な活動家と武装した過激派を同一視するものだった。研究資料には、「このプロジェクトはテロリストについてではなく、政治的暴力の支持者についてである」と記されている。

ガーディアンの記者ナフィーズ・アーメッドは、国防総省の関係者に質問した: 活動家、抗議者、「政治運動」、そしてもちろんNGOは健全な市民社会と民主主義の重要な要素である。アーメッド氏は、明確な回答を得られなかったという。

ラザフォード研究所の創設者であるホワイトヘッド氏は、銃撃戦で知られない政府機関の軍事化に疑問を呈し、連邦政府が社会の崩壊に備えている証拠と見なした。ホワイトヘッドは、近年、農務省、鉄道退職者委員会、テネシーバレー公社、人事管理局、消費者製品安全委員会、米国魚類野生生物局、教育省など、治安に関係のない連邦政府機関にSWATチームが増強されていることを指摘した。さらに、国土安全保障省や司法省の指揮下にある少なくとも73の連邦機関が、逮捕権を持つ約12万人のフルタイムの武装警官を必要とするのはなぜかと質問した。

「政府機関がホローポイント弾を備蓄しているのはなぜか?例えば、農務省はなぜ40口径のセミオート式サブマシンガンと32万発のホローポイント弾を必要とするのだろうか?それどころか、なぜそのエージェントがバリスティックベストやボディアーマーを必要とするのか?」とホワイトヘッドは問いかけた。「なぜ郵政公社は小型武器用弾薬の詰め合わせ」を必要とするのか?なぜDHSは16億発のホローポイント弾を購入し、さらに7000発のフルオートマチック5.56x45mmNATO「個人防衛武器」と30発の大容量弾倉を大量に購入したのか?これはFBIの1億発のホローポイント弾の要求に加えてのことだ。教育省、IRS、社会保障庁、国立気象庁を統括する海洋大気庁も、弾薬や武器の大量購入に踏み切った連邦機関のひとつである」

ホローポイント弾は、衝撃で拡大する一種の拡大弾であり、必要以上に貫通することなく、より致命的なヒットを引き起こす

2015年半ば、Jade Helm 15と呼ばれる複数州にわたる軍事演習には、陸軍のグリーンベレー、海軍特殊部隊、空軍特殊部隊といった特殊作戦部隊だけでなく、法執行機関も参加した。参加者は都市部と農村部の両方に潜入し、政府の要求に抵抗すると思われる市民を特定し、拘束する訓練を行うことになった。テキサス州、ユタ州、カリフォルニア州下部が「敵対州」に指定されていることから、この演習は、米国民の取り締まりに軍の使用を制限する1878年のPosse Comitatus Actに違反するだけでなく、戒厳令の前触れであるとの懸念が生じた。

2014年6月上旬、ヒューストンで、来るべきアメリカの崩壊を予感させるような事件が起きた。

23歳の女性が交通事故で死亡した際、負傷した2人の子供が車内に座っているにもかかわらず、傍観者たちが彼女の車から食料品を略奪したのである。警察によると、この女性は私有地からバックで出てきたトヨタ4ランナーを他の車に衝突され、コントロールを失った。女性は木にぶつかり、その場で死亡が確認された。後部座席には4歳と6歳の息子が乗っており、骨折して病院に搬送されたが、命に別状はなかった。

目撃者は、死亡した女性のSUVから食料品を盗み出す人々を見たと警察に話している。略奪が女性の遺体と子供たちが事故車から運び出される前か後かは不明だが、救急隊員が到着する前に盗難が起きた可能性が高い。

目撃者の一人は、「車にはねられた人のものをなぜ持っていくんだ?それはおかしい、卑怯だ」と。しかし、近くに住むサバンナ・ロバーツさんは、この略奪行為には驚かなかったという。「あなたが信頼できない人々がたくさんいる」と彼女は言った。「この辺りでは、もっとひどい目に遭っていますよ」

食糧不足以上に心配なのは、ある多国籍企業(モンサント社を思い浮かべる)が、いつの日か予告なしに世界の食糧供給を停止させる力を持つかもしれないという考えである。

エージェント・オレンジ、PCB(ポリ塩化ビフェニル)、ダイオキシンなどの有毒化学物質ですでに世界的な抗議の対象となっているモンサント社が、独自の種子や遺伝子組み換え作物を通じて世界の食糧供給をコントロールしようとすることに、多くの評論家が恐怖を感じている。現在、米国の作物栽培面積の40%以上がモンサント社の製品を使用しており、同社は種子、植物、その他の関連商品に関する1,600以上の特許を所有している。

フード&ウォーター・ウォッチは、安全で利用しやすく、持続可能な食料と水のために、米国内に15のオフィスを持つ非営利団体で、2013年に「モンサント」と題する論文を作成した: A Corporate Profile ”と題する論文を発表した。この論文によると、米国内だけでも、大豆のほぼすべて(93%)、トウモロコシの5分の4(80%)がモンサントの遺伝子組み換え作物を含む種子で栽培されている。モンサントの代表的な製品には、除草剤「ラウンドアップ」「ハーネス」、トウモロコシの種「デカルブ」、大豆の種「アスグロウ」、綿の種「デルタピン」、野菜の種「セミニス」「デルイター」、防虫剤「スマートスタックスコーン」「ボルガルドーコットン」がある。

「同社の権力と影響力は、米国の農業界だけでなく、政治運動、規制プロセス、世界中の農業システムの構造にも影響を与えている」と同紙は指摘している。

1980年と2001年の最高裁判決により、生物の特許取得が認められ、次の生育期には繁殖しない作物の種子、いわゆる「ターミネーター種子」が開発されるようになった。かつては自由に交換され、再生可能な食料源であったものが、私有化、独占化されたのである。フード&ウォーター・ウォッチの報告書は、「30年足らずの間に、一握りの多国籍企業が、食物連鎖の最初のリンクを、急速かつ猛烈に企業に囲い込んでしまった」と述べている。

モンサント社はターミネーター種子を商品化することはないと主張しているが、農家から新しい作物の種子を奪うか、あるいは単に作物を十分に生産するように設計されていない種子を生産すれば、世界的な飢饉を引き起こすことになる。このような卑劣な計画は、グローバリストによる人口抑制のアジェンダにうまく合致するものである。食糧供給の危機は、一般市民が戒厳令を叫ぶほどの大混乱を引き起こす可能性がある。特に大都市では、飢えた略奪者の暴徒が警察組織を制圧する可能性がある。しかし、現代人の多くは、災害の可能性を認識できなかったり、過小評価したりする「正常性バイアス」と呼ばれる現象に心理的に影響されているため、そのような可能性を想像できない。多くの人は、日常的に経験することは「普通」であり、その状態が続くと考える傾向がある。このようなバイアスは、現在のトレンドの影響を考慮することを妨げる。

「例えば、台所の蛇口をひねれば必ず水が出るという正常性バイアスの妄想に陥っている人がほとんどです」とマイク・アダムスは説明する。「何度も見てきたことなので、今では当たり前のこととして、まるで魔法のように必ず起こると信じている。200年前の人類は、台所の蛇口からきれいな水が出てくることに衝撃を受けたはずなのに、今の私たちは、水が出てこないとショックを受ける……。! それが正常性バイアスだ」

明らかに、死文化の市民が将来生き残り、繁栄することを望むなら、彼らのマインドセットと行動の両方が変わらなければならない。

ゲームを変える

窮乏と専制の未来の可能性を防ぐために、市民は何ができるのか。人生をより良くするために、ゲームを変えるために、個人レベルで何ができるのか。現代のアメリカ社会が犯してきた重大な過ちを見た後、過去の過ちを正すような思想や哲学を発展させるために何ができるだろうか?より平和で豊かな国を作るにはどうしたらいいのだろうか。

作家のアラン・ド・ボットンが言うように、事実の問題は、より多くの事実を必要とすることではなく、今ある事実をどうすればいいのかがわからないことにある。ニュースメディアは毎日、雪崩のように事実を垂れ流しているが、これらの事実の本当の意味は何なのだろうか?「報道機関として賞賛されるべきは、事実を収集する単純な能力ではなく、知的な偏見によって鍛えられた、事実との関連性を見極めるスキルである」とデ・ボットンは書いている。「私たちは、報道機関が、自分たちの記事が、真摯な関心に基づくより大きなテーマにどのように適合するかを示すことによって、私たちの好奇心を助ける必要がある」今日の混乱したアメリカでは、何がどのように修正されるべきかを考えるとき、多くの不可解な矛盾に直面することになる。

2014年にインターネット上で流された難問のリストを、コメンテーターで勲章を持つ元陸軍中佐のアレン・ウェストが自身のウェブサイトのコラムで繰り返している。ここでは、ウェストが「21世紀のアメリカをかなり(総括)している」とする、社会主義の6つの難問を紹介する:

  • 1. アメリカは資本主義で貪欲だと言われるが、人口の半分は補助金をもらっている。
  • 2. 人口の半分が補助金をもらっているにもかかわらず、自分たちは被害者だと考えている。
  • 3. 自分たちが被害者だと思いながら、その代表者が政府を動かしている。
  • 4. 彼らの代表が政府を動かしているにもかかわらず、貧しい人々はより貧しくなり続けている。
  • 5. 貧乏人は貧乏になり続けるが、彼らは他の国の人々が夢見るだけのものを手にしている。
  • 6. 他の国の人々が夢見るものしか持っていないのに、アメリカは他の国のようになることを望んでいる。

ウェストはさらに、アメリカ社会の矛盾を指摘した。彼は、アメリカ人は少数の狂人の行動によってすべてのイスラム教徒を判断してはいけないと忠告されるが、少数の狂人の行動によってすべての銃所有者を判断するように勧められている、と指摘した[強調は原文のまま]。

彼は、私たちは常に社会保障制度がどのように資金不足になるかを聞いているようだと言った。「生活保護やフードスタンプが底をつくという話は、どうして聞かないのだろうか」とウェストは問いかけた。「面白いのは、最初のグループはお金のために働いたが、2番目はそうでなかったということだ」

最後に、イラク紛争の退役軍人であるウェストは、こう考え込んだ。「なぜ退役軍人への手当を削減し、軍への昇給もなく、軍隊を第二次大戦争前よりも低いレベルまで削減しているのに、不法滞在者への支払いや手当は止めないのだろうか。何か見落としているのは私だけだろうか?」

もしかしたら、その答えは小さな政府にあるのかもしれない。ワシントンの腐敗と野望はすぐには改善されないので、変化は地方レベルから始めなければならない。まず、政府、企業、そして互いに対する公私の態度を変えなければならない。エネルギー、通信、交通、医療をよりよく利用するための新しいアイデアを開発しなければならない。

銀行の破綻を防ぐことはできないし、住宅を元値で売ることもできないが、混沌とした未来において、ある程度の防御策を講じることはできる。経験則から言えば、「最善を望み、最悪を計画する」ということだろう。

可能な限り、都会から離れる。水利のある農地を購入する。一年中湧き水のある農地は、数年後には金よりも価値があるかもしれない。

米ドルや預貯金、株式、債券に安心感を求めている人は、金融システムがメルトダウンした場合、シャツを失うかもしれない。分散投資が生き残る鍵になるかもしれない。今こそ、紙幣を土地、トラクター、医療品、貴金属、弾薬、食料などの実物資産に交換する時かもしれない。

カリフォルニアのある家族は、優先順位を変えることで何が達成できるかを示す例を示している。連邦政府が多国籍企業によって運営され、一般市民が加工食品とテレビによってゾンビ化されている今、この家族は小さな裏庭の庭を生産的なマイクロファームに変えることで、ほぼ自給自足に成功したの。

ジュールス・デルヴェイスは、息子のジャスティン、2人の娘アナイスとジョーダンと共に、ロサンゼルス郊外の5分の1エーカーにある1,500平方フィートのバンガローに住んでいる。小さな庭で、350種類の野菜、ハーブ、果物、ベリーを栽培している。ニワトリ、アヒル、ウサギ、ヤギ、ミツバチも飼育している。2年連続で6,000ポンドの食料を生産することができた。アメリカで最も自立した家族の1つと称されるダーヴェズ夫妻は、環境への影響を徐々に減らし、都会で持続可能かつシンプルに暮らすための素晴らしいモデルを提供していた。

ベジタリアン食の90%は自家製で、エネルギーの3分の2は太陽光発電でまかなっている。バイオディーゼル燃料は、使用済みの植物油から作られている。ラジオは手回しで作動する。生産した食材のほとんどは自分たちで消費するが、余った食材は地元の個人や企業に販売する。その利益は、小麦粉や米などの基礎的なものを購入するために使われる。ダーベスさんは、生産的で実りある人生を送るために、個人が中央集権的な権威主義的なシステムに頼る必要がないことを、自分の家族が実証してくれたと言う。「政府にはできないし、企業にもできない。

ダーベス一家のように、アメリカの現状を打破しようとする人が増えている。混雑した都市を離れ、小さな農場を購入し、家族と健康な食べ物を育てるために土地に戻りつつある。都会から離れられない人たちは、裏庭の庭を耕し、自給自足をしている。

また、大量生産された加工食品の欠点を避けるために、ファーマーズマーケットで買い物をしたり、オーガニック製品に目を向けたりしている人もいる。食品に栄養がなかったり、毒物が含まれていたりすると、社会は長く存続することができない。地元の市場を支援することは、苦労している農家を助けるだけでなく、健康的な食生活を保証することになる。多くの地域で、食品協同組合が組合員に栄養価の高い食品を提供している。近くに食品協同組合がない場合は、地域の生産者と連絡を取って、食品協同組合を作ろう。

ボーイスカウトのモットーにあるように、「備えあれば憂いなし」である。これは、すべての人が食料、水、弾薬を大量に備蓄するサバイバリストになれということではない。ただ、慎重な人は、最善を望みながらも、最悪の事態に備えるべきだということである。

連邦政府も、FEMA(連邦緊急事態管理庁)という形で、各家庭にBasic Emergency Kit、別名Bug Out Bagを持つことを推奨している。FEMAのウェブサイトでは、すべての人に緊急事態への備えを促している。「緊急事態が発生した後、自力で生き延びる必要があるかもしれない」と、同サイトは述べている。「これは、少なくとも72時間分の食料、水、その他の物資を自分で持っていることを意味する。災害発生後、地元の職員や救援隊が現場に駆けつけるが、すべての人にすぐに連絡がつくわけではない。数時間で助けが来るかもしれないし、数日かかるかもしれない。さらに、電気、ガス、水道、下水処理、電話などの基本的なサービスは、数日から1週間、あるいはそれ以上にわたって遮断されることがある。物資キットには、これらの停電時に管理するのに役立つアイテムが含まれている必要がある」

FEMAは、以下の基本的な物資を蓄積しておくことを推奨している:

  • 水:飲料用および衛生用として、1人あたり1日1ガロン(約1.5リットル)。
  • 食料:少なくとも3日分の非生鮮食料。
  • 電池式ラジオとNOAA気象ラジオ(トーンアラート付き)、および両者の予備電池
  • 懐中電灯および予備電池
  • 救急箱
  • 助けを呼ぶためのホイッスル
  • 乳児がいる場合は、粉ミルクと紙おむつ。
  • 湿ったタオル、ゴミ袋、ビニールひもなど
  • 防塵マスクや綿のTシャツなど、空気をろ過するためのもの。
  • 避難用のビニールシートやガムテープなど
  • 光熱費を止めるためのレンチまたはペンチ
  • 食料用の缶切り(キットに缶詰が含まれている場合)。

FEMAはまた、寒冷地の市民に対して、寝袋やコートなどの暖かい衣類で気温の低下に備えるよう助言している。

基本的なサバイバルに加え、医療機関が混雑している場合や、医療サービスを受けられない場合を想定しておくとよいだろう。

応急処置や家庭薬、漢方薬の教本は手元に置いておくべきである。処方箋が必要な家族がいる場合は、その分の備蓄も必要である。医療機関や製薬会社の助けを借りるのではなく、自分自身と家族のために責任を持つ覚悟が必要である。

自分の健康は自分で守りたいという人のために、ウェブサイト「naturalcuresnotmedicine.com」は、今日、「読書好きな人なら誰でも、24時間、週7日開く、ほとんど無限の図書館」が存在すると指摘している!これほど多くの無料資料が利用できるようになったことはない。現在、文学の古典からハウツーまで、多種多様な電子書籍で埋め尽くされたウェブサイトが100以上存在する。

元海兵隊情報部副部長でCIAのケースオフィサーだったロバート・デビッド・スティールは、オープンソース・インテリジェンス、つまり公的な情報源から得た情報を提唱している。スティール氏は、オープンソース・ソリューションズ・ネットワーク社を設立し、その後、非営利団体アース・インテリジェンス・ネットワークを設立し、パブリック・インテリジェンス・ブログをサポートしている。スティール氏によれば、今日のアメリカ人には、パブリック・インテリジェンスが欠けている。それは、企業マスメディアによる目くらましや誘導によって、少数の利益のために腐敗した決定を下すのではなく、すべての人のために誠実な決定を下すために、何を知る必要があるのかを知ることである。

私は元スパイだが、スパイと秘密主義はまだ必要だと思う。しかし、現在秘密主義に使われている資金の大部分を、節約と狭い範囲に焦点を絞った自国の努力に振り向ける必要がある。信じられないかもしれないが、倫理的な根拠に基づく意思決定支援に必要なものの95%は、標準的な諜報活動の秘密手段では入手できない。しかし、学者、市民社会、商業、政府、法執行機関、メディア、すべての軍隊、非政府組織などから、極めてオープンに、かつ安価に入手することができる。私が提案したオープンソース機関は、情報要件の95%を満たすだけでなく、政府のあらゆるレベルで同じことができ、教育、商業、研究を充実させることで引き継がれる。

スティールによれば、今日の私たちの問題のほとんどは、一方的な軍国主義、仮想植民地主義、略奪的資本主義に起因しており、これらはすべて力と嘘に基づき、共通善を侵食している。「国家安全保障は、ロンドン・シティとウォール街のために機能している。この両者は、東洋のオルタナティブな銀行とオルタナティブな国際開発能力、そして腐敗と富の集中を助成する消費財を買わず、銀行からお金を引き出す力があることを認識する個人の組み合わせによって倒されようとしている。人類全体の利益のためにコモンズを取り戻すチャンスは、今ここに開かれている。

まさにそのような動きは、2015年、米国政府の反対を押し切って中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に57カ国が参加したことから始まったのかもしれない。AIIBは、英米が運営する世界銀行や国際通貨基金に対抗するものとして期待されていた。

過去数十年の間に、何世紀もかけて奴隷から脱却して進化してきた人々が、産業時代には市場価値のある商品に成り下がってしまったことを指摘した上で、次のように述べている。スティール氏は、2012年に出版した『オープンソース・エブリシング宣言』の中で、コミュニティは「不正に集約された幻の富を拒絶し、コミュニティの知識、コミュニティの情報共有、コミュニティの透明性と信憑性に由来する真実の定義によって定義されるコミュニティの富を支持しなければならない」と述べている。

スティールは、今日、他の多くの人々とともに、国家の独断専行をやめ、代わりにボトムアップの明快さ、多様性、誠実さ、持続可能性を出現させることを呼びかけた。アメリカ全土で、連邦政府が制御不能であると感じる市民が増え続けている。真の自由と解放は、地域レベルの個人から始めなければならない。「例えば、動物虐待に関する箝口令や採掘の包括的許可などである。「トップダウンの権力は見事に失敗し、ボトムアップのコンセンサス・パワーが生まれつつある。私の周辺にはない。「という言葉は」私がそう言うから”という言葉に取って代わられ始めている。現在の1%資本主義という戦略は、複数のレベルで金の卵を殺しているため、失敗している。残念ながら、お金と権力を持つ人々と、実際に何を言っているのかを知っている人々との間のギャップは、壊滅的に大きくなっている。金持ちは、おべっか使いや見せかけだけの人間に囲まれている。「彼らの継続的な雇用は、前提を疑わないことを要求している」

もうひとつ、個人ができることは、地元のニュースメディアとコミュニケーションをとることである。彼らが地域社会のために何か良いことをしたときにはそれを知らせ、さらに重要なことは、あるニュースイベントの報道、あるいはその欠如に不満があるときにはそれを知らせることである。代替メディアから重要なニュースを送り、なぜそのような重要なトピックを取り上げないのかと尋ねる。自分たちは街で一番の報道をしていると自慢するメディアには、その約束を守るようにしよう。

あなたの票を得ることを常に考えている政治家たちに手紙を書こう。1通や2通の手紙では、企業献金に固執する政治家を動かすことはできないかもしれないが、雪崩を打つように手紙や電話を送れば、その政治家の投票記録を変えることができる場合がある。

政治の世界では、嘘をつかずに当選することはできないというのは、悲しいことであるが変えられない事実である。今日のアメリカでは、ロン・ポールやロス・ペローの失敗したキャンペーンに見られるように、真実を語ることによって国家レベルで選出される人はいないようだ。だから、知的な有権者は、役職を求める人が何を言おうとも無視しなければならない。ただ、彼らが何をし、どのように投票するかを見るだけだ。もし彼らがあなたの満足するような投票をするならば、彼らを再び役職につけるよう投票すればよい。そうでないなら、党派に関係なく、彼らを落選させ、新しい人を試してみる。これは革命的なアイデアではなく、このシステムが機能するはずの方法なのである。

アメリカは政党制から脱却しなければならない。政治的イデオロギーは、私たちに進化的な影響力を及ぼしてきた。インターネット・ブロガーのポール・ローゼンバーグは、「政治的イデオロギーは、私たちをより厳しく、より怒りっぽく、より操りやすく、そしてほとんど理屈が通じないようにする」と説明している。調べられるほとんどすべての方法で、それらは私たちにとって悪いものだ」と彼は書いている。「大きな問題は、人々が政治的なスタンスを持つことを要求されていると考えていることである。これはとてつもなく有害で誤った信念だが、西洋世界は現在、これにハマっている。現代では、Politics is Almighty(政治は全能である)。しかし、真実は、政治的イデオロギーという精神的パートナーシップなしに、世界を検証し、結論を出すことは十二分に可能なのである。” つまり、自由で思慮深い人は、政治的な意見を述べるときに、自分を民主党か共和党か宣言する必要はないはずだ。実際、2つの政党は、アメリカの唯一無二の政治的存在である戦争党の両翼に過ぎないということに、ますます多くの人々が気づいている。

民主党と共和党は、現在ではリベラル派と保守派という、より正しいレッテルに分かれているが、同性婚、中絶、銃規制といったテーマでは激しい議論をすることができる。しかし、外交政策、特に企業、銀行、軍事に関わる問題に関しては、両党に差はない。

ローゼンバーグ氏は、政治的プロセスが完了し、法律が成立すると、人々は従うか罰せられるかの二者択一を迫られることになると指摘する。「すべての政治的プロセスの最後には、武装した男たちが暴力的にそれを執行している。それは野蛮であり、醜いことだ」と指摘した。”真実は、私たちにそのような退屈なイデオロギーは必要ないということである。そして、もし本当に必要であったとしても、私たちはもうそれを卒業したのである。私の知る限り、政治的なイデオロギーが人々を一貫して野蛮で醜いものにするというのが真実である。より悪くする。政治的イデオロギーを捨てれば、私たちの生活はより良くなるはずです」公的な非暴力革命がどのように成功するかを明確に示すには、小さな島国であるアイスランドを見ればよいだろう。2008年以来、アメリカのマスメディアは、アメリカの金融危機、エジプトとシリアの「アラブの春」、「占拠」運動などを盛んに報道し、日曜朝のトークヘッドは、三極委員会や外交問題評議会のような秘密組織が金融緊縮を説いていることを延々と伝え続けている。しかし、政府や金融システムに対する民衆のコントロールを取り戻すための青写真を提供するかもしれないアイスランドでの出来事については、ほとんど言及されていない。

2008年の金融危機が始まると、アイスランドの主要銀行は国有化され、イギリスとオランダの疑わしい政策によって作られた債務を支払わないことが決定された。アイスランドの市民は、2回にわたる国民投票で、アイスランドの銀行がデフォルトに陥った際に失った資金を外国の債権者に返済する必要はないとの判断を下した。選挙が行われ、政府全体が交代した。新政権は、5.5%という低金利で15年かけて債務を返済することを提案した。2010年、市民のデモの後、政府は調査を開始し、金融危機に関与した罪で多くの高級銀行員や幹部が逮捕された。多くの人がすぐに国を去った。デンマーク憲法に基づく新憲法が制定され、成人であることと30人の支持を得ることだけを条件とする候補者で構成される憲法制定議会が招集された。

この動きを歓迎したのは、多くの著名な経済学者たちであった。コロンビア大学の経済学教授でノーベル賞受賞者のジョセフ・スティグリッツは、「アイスランドは、銀行の損失を納税者ではなく債権者が肩代わりし、決済システムが機能し続けるようにすることで正しいことをした」と書いた。

ニューヨークタイムズのポール・クルーグマンもこれに同意し、「一言で言えば、アイルランドはオーソドックスで責任ある行動をとった。すべての債務を保証し、その保証のコストを支払うために厳しい緊縮財政を行い、もちろんユーロにとどまった。アイスランドは、資本規制、大幅な通貨切り下げ、そして多くの債務再編を行った。上記のIMFの「民間部門の倒産は対外債務の著しい減少につながった」という素晴らしいセリフに注目してほしい。破産して回復する!真面目な話だ。そして、異端主義は正統主義よりもずっとうまくいっているのだ」

今日、いくつかの挫折はあったものの、アイスランドの経済は好調に見え、失業率はアイルランド、ギリシャ、ポルトガルに比べてはるかに低い。アイスランドの試練は、アメリカが直面している難問を例証している。銀行やその他のビジネスを民営化しても腐敗や独占のリスクがあるし、政府の集中管理も国民のためにならないかもしれない。しかし、なぜアイスランドの経験がマスメディアで広く、あるいは明確に紹介されなかったのか、疑問が残る。CNNの『iReport』の投稿者は、「私たちはこのことをメディアを通して知らされたのだろうか?ラジオやテレビの政治番組で、この件についてコメントしたものはあるのだろうか?いいえ!アイスランドの人々は、システムに打ち勝つ方法があることを示すことができ、世界に民主主義の教訓を与えたのだ」

アメリカの基本的な問題のひとつは、生活のために働くよりも、生活のために投票する人のほうが多いということである。2010年のある調査によると、アメリカ人の60%が納税額よりも政府からの給付金を多く受け取っていることがわかった。もちろん、この数字には、年金、社会保障、メディケアなど、生前の拠出金によるものも含まれ、正しくは「エンタイトルメント(権利)」と呼ばれる。これらの人々はこのお金を稼いだのである。しかし、米国商務省によれば、4700万人のアメリカ人がフードスタンプを受け取っており、実際にはほとんどが電子給付送金(EBT)と呼ばれる政府発行のデビットカードを受け取っている。また、560万人が失業保険を受けている。

2014年半ばに発表された米国国勢調査局の統計によると、全人口の3分の1を超える1億1000万人近いアメリカ人が、何らかの形で政府からの援助を受けて生活していることがわかった。この数字には、フードスタンプを受け取っている5100万人以上、メディケイドを受け取っている8300万人が含まれ、複数のプログラムから受け取っている人もいる。また、政府の退職金を受け取っている500万人以上の人は含まれていない。

同じ国勢調査局によると、民間のフルタイム労働者、つまり毎朝起きて仕事に行くアメリカ人の数は8640万人に過ぎないということである。年間を通じて働くフルタイムの労働者1億300万人のうち、1700万人近くが政府のために働いている。その内訳は、州政府・地方政府で働く1,250万人、連邦政府職員400万人で、いずれも国庫から税金で給料をもらっている。

8600万人の民間フルタイム労働者しかいない国が、1億1000万人の政府給付金生活を維持できないことは、数学の達人でなくとも理解できるだろう。崩壊は間近に迫っている。

このような統計は、フランスの歴史家アレクシス・ド・トクヴィルが、1800年代初頭にアメリカを旅行した後、「アメリカ共和国は、議会が国民の金で国民を買収できることを発見する日まで存続するだろう」と書いた言葉を裏付ける。

自分で税金を払ったことがある人なら誰でも、受け取ったお金以上のお金を長い間払い続けることはできないと実感しているはずだ。そのため、長年働いて得た権利以外に、政府から生活費をもらっている人は選挙権を持つべきではないと考える市民が増え続けている。なぜなら、生活保護受給者の票は、公的資金から最も多くの利益を約束してくれる人に常に流れてしまうからだ。福祉評論家の中には、政府給付の申請は選挙権を自主的に放棄するものであるべきだと考える人もいる。

アルフレッド・W・エヴァンスは、2010年11月18日付のWaco [Texas] Tribune-Herald紙の編集者への手紙の中で、現在のアメリカのシステムを変えたいと願う多くの人々の意見を反映して、「私をフードスタンプの担当にしてくれないか」と書いた。ディンドンやホーホーを買うのに現金はいらない。50ポンドの米と豆の袋、チーズのブロック、粉ミルクを運び出せるだけでいい。ステーキや冷凍ピザが食べたいなら、仕事を見つけろ。

「私をメディケイドの担当にしてほしい。まず最初にすることは、女性にノルプラント避妊具の移植や卵管結紮をさせることだ。それから、受給者の薬物、アルコール、ニコチンを検査し、タトゥーやピアスもすべて記録する。生殖を望むなら、薬物、アルコール、喫煙、タトゥーやピアスをするのであれば、仕事に就けばいいのである」

「政府の住宅を担当させろ。軍のバラックに住んだことがあるだろうか?あなたは自分の所有物を清潔で良好な状態に維持することになる。あなたの「家」はいつでも検査され、持ち物は棚卸しされる。プラズマテレビやXbox360が欲しいなら、仕事と自分の場所を確保しなさい。

さらに、毎週仕事の半券を提示するか、「政府」の仕事に出向くことになる。道路のゴミ掃除でも、公営住宅の塗装や修理でも、何でもいいから見つけてあげる。私たちは、あなたの22インチのリムや薄型タイヤ、爆音ステレオやスピーカーを売り、そのお金を「公共の利益」に当てる。

「私が誰かの権利を侵害したと書く前に、上記のすべてが任意であることを理解してほしい。私たちのお金が欲しいなら、私たちのルールを受け入れてほしい。それが「卑屈」であり、彼らの「自尊心」を損なうと言う前に、全く何もしないで他人のお金を取ることが卑屈であり、自尊心を低下させるということが、それほど昔ではなかったことを考えよう。

「他人の過ちの代償を払うというなら、少なくとも、その間違った選択から学ばせるよう努力すべきである。現在の制度は、悪い選択をし続けることに報酬を与えている」

アメリカでポジティブな変化を起こすための最大の障害は、そのような変化には法律の改正が必要であり、それはすなわち議会の行動を意味するという事実に起因する。

しかし、世論調査では、政党の二極化の結果、議会に対する世論が最も低くなっている時だ。理性的で思慮深い議論と妥協によって公共の問題を解決する能力を持つ国の法律家はいないようだ。

今日、国の政治家が語ることができるのは、民主主義だけである…私たちは民主主義を守り、民主主義を救い、外国にいる人々に民主主義をもたらさなければならない。市民は、民主主義の定義が単に多数派による支配であり、民主主義の最も明確な行動例はリンチ集団であることを理解していない。建国の父たちは、私たちに純粋な民主主義を残したのではなく、法律とチェック・アンド・バランスによって支配される民主共和国を作り上げたのである。

法的代理人、同輩の陪審員、検察側の証人や証拠に異議を唱える機会など、公正な裁判を経て初めて、被告人は有罪とされ、リンチされる。

裕福なエリートは今日、民主主義と多数決の利点を常に謳い、ほんの一握りの多国籍メディア企業を所有することで大衆を容易に管理できるからだ。少数の批評家は、憲法修正第1条の自由を印象づけるために、代替的なトークショーやウェブサイトを主催することを許されている。グローバリストは気にしない。なぜなら、彼らは企業メディアの所有権を通じて大衆を依然として支配しており、結局のところ、多数決が支配しているからだ。そして、今日起きているメディアコントロールと二極化が、グローバリストの意識的な意図であったことに気づく人はほとんどいない。

今こそ、思慮深い市民一人ひとりが、自らの才能を発揮して、アメリカの問題を解決する時だ。特に、ハッキングや操作に弱いことが証明されたコンピューター投票機の問題や、企業や特別な利害関係者による議会の支配が強まっていることを考えると、連邦政府の乱用や行き過ぎを正すには遅すぎる。

なので、意味のある変革は、個人レベルから始まり、地方政府を通じて上へ上へと働きかけていかなければならない。隣人や志を同じくする市民の協力を得て、地元の市議会、郡委員会、教育委員会には、一般市民への奉仕と保護に関わる問題を認識し、関心を持つ人が集まってくるはずだ。地域社会に答えられる地元のリーダーたちは、企業支配の連邦官僚の行き過ぎた流れを変え、地元のサービスをよりよく管理することができるだろう。

第一のポイントは、各個人が自分と家族に対して個人的な責任を持ち始めなければならないということである。ロバート・デビッド・スティールは、ビジネスの始め方であれ、鶏の育て方であれ、どんな分野であれ、真に知識を求める個人を導くオープンソースの材料が豊富にあることを教えてくれる。企業が運営する政府があらゆるニーズに対応してくれると信じる時代は終わったのである。

2014年にペンシルベニア州で起きた事件は、政府官僚の行き過ぎた行為を防ぐことに成功した一例だ。この事件では、カール・ネイス保安官が、保安官事務所を適切に監査するために必要だと主張する3人の郡監査官に、武器携帯者の名前と住所を渡すことを拒否した。ネイスは、このような要求は監査の必要性からして不当であり、名前を開示することを重罪とする法令に抵触する、と述べた。監査人は保安官を訴えたが、判事は保安官ネイスの味方をして訴えを退けた。Oath Keepers組織、ペリー郡委員会、ペンシルバニア保安官協会、プリンス法律事務所、そして多くのペンシルバニア州民がNace保安官を支持した。

「保安官は法執行においてユニークな役割を担っている。警察署長とは異なり、保安官は国民から選ばれた存在である。その事実が、人々に責任を負わせるのである(原文では強調)。保安官とその有権者との間に特別な信頼の絆が形成されるのである」と、Oath KeepersのウェブサイトにあるElias Aliasのロバート・ハセは指摘している。「ネイス保安官は正しいことをすると決めた。彼は、憲法が要求する国民への宣誓を尊重している」

ワンネス出版の編集者で、2011年に出版された「One-A Survival Guide for the Future」の著者であるアンドリュー・マーティンは、「ほとんどの場合、私たちは分離状態で生きており、現実を表さない思考やシナリオを頭の中で作