疾患別(認知症以外)

イベルメクチン

イベルメクチンががんと闘う「強力な薬」である7つの説得力ある理由
リック・オルダーソンは「歩く死人」で、余命6ヶ月と宣告されていた。しかし、イベルメクチン治療を開始したところ、驚くべきことが起こった。

7 Compelling Reasons Why Ivermectin Is a ‘Powerful Drug’ for Fighting Cancer ザ・ヴィジラント・フォックス 2024年04月06日 イベルメクチンは、ペニシリンに次いで2番目に人間の健康に大きな影響を与え
プリオン病

プリオン病におけるプロテオスタシスのアンバランス:神経変性のメカニズムと治療標的
Proteostasis unbalance in prion diseases: Mechanisms of neurodegeneration and therapeutic targets

Proteostasis unbalance in prion diseases: Mechanisms of neurodegeneration and therapeutic targets 1イタリア、ジェノバ、ジェノバ大学、内科(DiMI)、薬理学部門 2IRCCSOsp
プリオン病

プリオンと疾患
Prions and Diseases

Prions and Diseases 鄒文権 - ピエルイジ・ガンベッティ 編者 プリオンと疾患 第2版 序文 ほぼ2年前、Springer社の編集者であるウィリアム・ラムズバック氏から、2013年にSpringer社から初版が出版された我々の著書『Prions and Dis
プリオン病

ヒト・プリオン病の治療に向けて

Toward Therapy of Human Prion Diseases 58巻:331-351(巻頭言掲載日2018年1月) 初出は2017年9月27日付のReview in Advance アドリアーノ・アグッツィ、アスビン・K.K.ラッカラジュ、カール・フロンツェク チ
プリオン病

ヒトのプリオンタンパク質129M/Vの突然変異は、旧石器時代の汎発的なスーパープリオンのパンデミックに由来する生きた化石なのだろうか?

Is the prevalent human prion protein 129M/V mutation a living fossil from a Paleolithic panzootic superprion pandemic? Prion.2014 Jan-Feb; 8
パーキンソン病

神経変性疾患とがんの治療のための代替ミトコンドリア電子伝達: メチレンブルーが点と点を結ぶ

Alternative Mitochondrial Electron Transfer for the Treatment of Neurodegenerative Diseases and Cancers: Methylene Blue Connects the Dots 20
癌・ガン・がん

膵臓癌の分子サブタイプと遺伝的背景を探る:有効な治療薬を見つけるための探求

Exploiting the molecular subtypes and genetic landscape in pancreatic cancer: the quest to find effective drugs オンライン公開 2023年9月18日 . PMCID:
伝統医療・民間療法

『炭酸水素ナトリウム』自然のユニークな救急薬
Sodium Bicarbonate: Nature's Unique First Aid Remedy

Sodium Bicarbonate: Nature's Unique First Aid Remedy マーク・サーカス博士 カバーデザイナー:ジーニー・テューダー エディター:エリカ・シュール タイプセッター:ゲイリー・A・ローゼンバーグ 本書に含まれる情報と助言は、著者の研
癌・ガン・がん

統合腫瘍学 第2版
Integrative Oncology (Weil Integrative Medicine Library) 2nd Edition

Integrative Oncology (Weil Integrative Medicine Library) 2nd Edition 統合腫瘍学 統合医療ライブラリー シリーズ編集者 アンドリュー・T・ワイル医学博士 ドナルド・I・エイブラムス、アンドリュー・T・ワイル:統合
オフラベル、再利用薬

がん治療における慢性的に使用されている薬剤の再利用: つかむチャンス

Repurposing of Chronically Used Drugs in Cancer Therapy: A Chance to Grasp オンライン公開 2023 Jun 15. PMCID: PMC10296024 PMID: 37370809 要旨 簡単な要約 癌
オフラベル、再利用薬

膵臓癌の分子サブタイプと遺伝的背景を探る:有効な治療薬を見つけるための探求
Exploiting the molecular subtypes and genetic landscape in pancreatic cancer: the quest to find effective drugs

Front Genet.2023; 14: 1170571. オンライン公開 2023年9月18日 . PMCID: PMC10544984 PMID:37790705 要旨 膵管腺癌(PDAC)は非常に致死的な疾患であり、一般的に進行した病期で発症し、ほとんどの治療が無効である
オフラベル、再利用薬

癌治療における共補助薬としての抗糖尿病薬、駆虫薬、スタチン、β遮断薬
Antidiabetics, Anthelmintics, Statins, and Beta-Blockers as Co-Adjuvant Drugs in Cancer Therapy

オンライン公開 2022年9月7日 doi:10.3390/medicina58091239 PMCID: PMC9503803 PMID:36143915 要旨 ここ数年の間に、抗マラリア薬、駆虫薬、抗生物質、抗炎症薬、降圧薬、抗高脂血症薬、抗糖尿病薬など、リパーポーズされた薬
ワクチン全般(HPV,炭疽菌,他)

『自閉症の流行を終わらせる方法』
How to End the Autism Epidemic

How to End the Autism Epidemic 『自閉症の流行に終止符を打つ方法』への称賛 「J.B.ハンドリーは、間違いなく世界で最も思慮深く、洗練され、知識が豊富で、不屈の活動家である。15年にわたり第一線のリーダーとして、ハンドリーは製薬会社カルテルとの大喧嘩
パーキンソン病

LDNブック 第2巻
低用量ナルトレキソンがPTSD、疼痛、IBD、ライム病、皮膚疾患などの治療に革命をもたらす可能性に関する最新研究

The LDN Book, Volume Two: The Latest Research on How Low Dose Naltrexone Could Revolutionize Treatment for PTSD, Pain, IBD, Lyme Disease, De
低用量ナルトレキソン(LDN)

慢性疼痛に対する低用量ナルトレキソン:最新情報と系統的レビュー
Low-Dose Naltrexone for Chronic Pain: Update and Systemic Review

Low-Dose Naltrexone for Chronic Pain: Update and Systemic Review フィリップ・S・キム1 - マイケル・A・フィッシュマン1 AI 解説 この記事は、「慢性疼痛に対する低用量ナルトレキソン:最新情報と系統的レビュー」
オフラベル、再利用薬

ベンゾイミダゾール系駆虫薬のリパーポーズによる抗腫瘍効果
The Antitumor Potentials of Benzimidazole Anthelmintics as Repurposing Drugs

The Antitumor Potentials of Benzimidazole Anthelmintics as Repurposing Drugs Immune Netw.2020 Aug; 20(4): e29. 2020年8月4日オンライン公開。 PMCID: PMC7
ウイリアム・マキス

素晴らしいフェンベンダゾール:進行性癌に対する医師の投与量
Fabulous Fenbendazole: Doctor’s Dosage For Aggressive Cancers

5.4Kビュー修正2023年10月24日 - 公開2023年10月 9日 ByJacqueline Fabulous Fenbendazole: Doctor’s Dosage For Aggressive Cancers (画像出典) はじめに 犬の寄生虫感染症の治療薬である抗
PBMT LLLT /光生物調節

筋骨格系の痛みに対する低レベルレーザー治療(LLLT)の使用
The Use of Low Level Laser Therapy (LLLT) For Musculoskeletal Pain

The Use of Low Level Laser Therapy (LLLT) For Musculoskeletal Pain 2015年6月9日オンライン公開 要旨 痛みは、米国で医師の診察を受ける最も一般的な理由である。アメリカ人の3人に1人は毎年慢性疼痛に悩まされてい
KD論文

癌治療におけるケトジェニックダイエット – 私たちはどこにいるのか?
Ketogenic diet in the treatment of cancer – Where do we stand?

Ketogenic diet in the treatment of cancer – Where do we stand? 2019年7月27日オンライン公開 doi: 10.1016/j.molmet.2019.06.026 PMCID: PMC7056920 PMID:31
KD論文

がんに対する認知度の低い補助療法のレビュー
Review of Under-Recognized Adjunctive Therapies for Cancer

Review of Under-Recognized Adjunctive Therapies for Cancer オンライン公開 2022年9月29 日 PMCID: PMC9563303 PMID:36230703 要旨 簡単なまとめ 本総説は、がん医療およびプライマリ・ケ
alzhacker.com をフォロー