ミトコンドリア機能不全と慢性疾患 天然サプリメントによる治療

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

自閉症ミトコンドリア
Mitochondrial Dysfunction and Chronic Disease: Treatment With Natural Supplements

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4566449/

Integr Med (Encinitas). 2014 Aug; 13(4): 35-43.

ガース・L・ニコルソン博士(Garth L. Nicolson, PhD

Mitochondria - Why They're Important and What They Need to Function
I really miss teaching Cell Biology to college students. It gave me great satisfaction to teach them about the amazing machinery that exists within their bodies...

概要

細胞のエネルギー産生を担う重要な小器官であるミトコンドリアの機能低下は、ほとんどすべての慢性疾患に共通する症状である過剰な疲労などの原因となる。ミトコンドリアの機能低下は、分子レベルでは、以下のような変化によって起こると考えられている。1)ミトコンドリア内膜の電気的・化学的膜貫通電位の維持ができなくなる、(2)電子輸送チェーンの機能が変化する、(3)重要な代謝物のミトコンドリア内への輸送が減少する、などである。これらの変化により、酸化的リン酸化の効率が低下し、アデノシン-5′-三リン酸(ATP)の産生量が減少することになる。このシステムを構成するいくつかの要素を定期的に交換する必要があるが、天然のサプリメントを使用することでその必要性を高めることができる。臨床試験では、L-カルニチン、α-リポ酸(α-リポ酸[1,2-ジチオラン-3-ペンタン酸])コエンザイムQ10(CoQ10[ユビキノン])還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NADH)膜リン脂質などのサプリメントを経口補充することの有用性が示されている。これらのサプリメントを組み合わせることで、慢性疾患に伴う疲労感などの症状を大幅に軽減することができ、難治性の疲労を抱える長期の患者であっても、ミトコンドリア機能を自然に回復させることができる。

ミトコンドリア機能障害は、電子輸送鎖の効率低下と、アデノシン-5′-三リン酸(ATP)などの高エネルギー分子の合成低下を特徴とし、加齢に加え、基本的にすべての慢性疾患に見られる特徴である1。 -これらの疾患には、アルツハイマー病、パーキンソン病、ハンチントン病、筋萎縮性側索硬化症、フリードライヒ失調症などの神経変性疾患1,2,4,5,アテローム性動脈硬化症などの心血管疾患6,7,糖尿病およびメタボリックシンドローム8-10,多発性硬化症、全身性エリテマトーデス、1型糖尿病などの自己免疫疾患11-14などが含まれている。自閉症スペクトラム障害、統合失調症、双極性障害や気分障害などの神経行動・精神疾患15-19,胃腸障害20,21,慢性疲労症候群や湾岸戦争病などの疲労性疾患22-24,線維筋痛症や骨格筋の肥大・萎縮25-27などの筋骨格系疾患28,29,がん28,29,慢性感染症など。 30,31

研究者の間では、ミトコンドリアの遺伝的または一次的なミトコンドリア障害が、ミトコンドリア機能障害や二次的または後天的な変性疾患の原因となることはよく知られている32。この総説では、ミトコンドリア機能障害を説明しうる非遺伝的または後天的なメカニズムと、ビタミン、ミネラル、酵素の補酵素、抗酸化物質、代謝産物、トランスポーター、膜型リン脂質などの天然サプリメントおよび天然サプリメントの組み合わせによる代替治療に焦点を当てる。

ミトコンドリア分子機能障害

ミトコンドリア機能障害は、ミトコンドリアの数が不足したり、ミトコンドリアに必要な基質が供給されなかったり、ミトコンドリアの電子輸送やATP合成装置の機能障害によって生じる。細胞内のミトコンドリアの数と機能的状態は、(1)部分的に機能不全に陥ったミトコンドリアを融合させ、機能不全に陥っていない部分を混ぜることで全体の機能を向上させる、(2)全く新しいミトコンドリアを生成する(分裂)(3)機能不全に陥ったミトコンドリアを除去して完全に分解する(マイトファジー)ことで変化させることができる。 33 これらのイベントは、ミトコンドリア膜の脱分極や特定の転写経路の活性化など、ミトコンドリアの劣化を感知する複雑な細胞プロセスによって制御されている34,35。

細胞がATPなどのほとんどすべての高エネルギー分子を生産する能力は、ミトコンドリアの能力に直接関係している。(1)代謝物のエネルギーを還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NADH)に変換し、(2)ミトコンドリアマトリックスからミトコンドリア内膜を通って膜間空間にプロトンを送り込みながら、NADHから電子輸送鎖、最終的には酸素分子に電子を移動させる。この過程で、ミトコンドリア内膜に膜間プロトン勾配(Δp)と電気化学的勾配(Δψm)が生じる36,37。プロトン勾配によって生じた膜間電位は、ATP合成酵素を使ってミトコンドリア内膜にプロトンを還流させ、この過程から得られるエネルギーを使ってアデノシン二リン酸(ADP)のリン酸化を行い、ATPを生成する36,38。

電子輸送プロセスの結果として、酸化的リン酸化の副産物として、反応性の高いフリーラジカルである活性酸素種(ROS)が生成される。活性酸素とそれに関連する活性窒素種(RNS)の主な発生源はミトコンドリアであり、これらのフリーラジカルは細胞内の脂質、タンパク質、DNAを損傷する。ROS/RNSの生成に加えて、電子輸送過程では、アンカップリングタンパクが誘導され、ミトコンドリア内膜のプロトン勾配を越えてミトコンドリアマトリックスに戻るプロトンの制御されたリークが生じる36,37。このリークにより、ATP産生が減少する一方で、過剰な酸素が消費される43。

制御されたプロトン・リークがある場合、過剰な酸素消費とそれによる活性酸素の生成は、ミトコンドリア膜脂質41,42,例えば、非常にROS/RNSに敏感なカルジオリピン(ミトコンドリア内膜のリン脂質)などに不適切な損傷を与える可能性がある44。また、カルジオリピンは、電子輸送系の重要な構成要素であり、ミトコンドリア内膜のシトクロム/酵素複合体の安定性を高めている44。ROS/RNSによって有害なダメージを受けると、酸化したカルジオリピンは、電子輸送機能の低下を引き起こす45。

細胞の抗酸化作用は、通常、ROS/RNSのレベルを、細胞分子の過剰な酸化を防ぐ濃度に維持する46-48。また、低分子量の食事性抗酸化物質の中には、抗酸化状態に影響を与えるものがある。50,51 これらの食事性抗酸化物質の中には、過剰な酸化分子の濃度を、内因性抗酸化システムによって維持できる生理的レベルにまで低下させる天然の予防剤として使用されているものがある52。

ミトコンドリアの機能障害と疲労

ミトコンドリア機能障害は、過剰な疲労に直結している。疲労とは、全身のエネルギーが失われ、簡単な作業でも労せずに行うことができないと感じられる多次元的な感覚であると考えられている。53,54 軽度の疲労は、うつ病などの心理的条件を含む多くの条件によって引き起こされるが、中等度から重度の疲労は、細胞のエネルギーシステムが関与している。53,54 細胞レベルでは、中等度から重度の疲労は、ミトコンドリアの機能低下とATPの産生低下に関連している。53,57 慢性疲労は、多くの臨床診断において重要な二次的疾患でもあり、しばしば患者の原疾患に先行する。

例えば、慢性疲労症候群の患者は、酸化した血液マーカー63や酸化した膜脂質64など、DNAや脂質61,62に対する酸化的損傷の証拠を示し、過剰な酸化的ストレスを示している。また、一酸化窒素の過剰によりペルオキシナイトライトの濃度が持続的に上昇し、脂質の過酸化やミトコンドリアの機能低下、一酸化窒素の産生にプラスの影響を与えるサイトカインの濃度の変化なども見られる65。

天然物サプリメントとミトコンドリア機能障害

32,54,66 これらのサプリメントには、ビタミン、ミ ネラル、抗酸化物質、代謝産物、酵素阻害剤と補 助剤、ミトコンドリアトランスポーター、ハーブ、 膜リン脂質を含むものがある(表1)。この記事では、最も有望なサプリメントについて述べ、最後に、難治性慢性疲労の治療とミトコンドリア機能の改善に用いられた特定のサプリメントの組み合わせを紹介する。

表1 医療従事者がミトコンドリア機能障害の治療に使用または提案した成分/剤の不完全なリストa
カテゴリー
ビタミン ビタミンC、D、E、チアミン、リボフラビン
ミネラル マグネシウム、カルシウム、リン酸塩
脂質 膜リン脂質、不飽和脂肪酸
代謝物 クレアチン、ピルビン酸
補因子 CoQ 10、α-リポ酸、NADH、ニコチン酸
トランスポーター l-カルニチン、膜リン脂質
酸化防止剤 CoQ 10、α-リポ酸、NADH、グルタチオン
酵素阻害剤 α-リポ酸、ジクロロ酢酸
ハーブ クルクミン、シサンドリン

略語の説明 NADH=還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド,CoQ10=コエンザイムQ10(ユビキノン),α-リポ酸=α-リポ酸

α-リポ酸

α-リポ酸(α-リポ酸[1,2-ジチオラン-3-ペンタン酸])は、強力な抗酸化剤、遷移金属イオンキレーター、レドックス転写調節剤、抗炎症剤である。68 ミトコンドリアのα-ケト酸脱水素酵素の重要な補酵素として働き、したがって、ミトコンドリアの酸化的脱炭酸反応において重要だ。臨床的には、α-リポ酸は、糖尿病に伴う合併症の治療に経口サプリメントとして使用されており、Shayらのレビューによると70,様々な糖尿病に伴う神経障害、炎症、血管の健康に改善をもたらすことが示されている。モデル細胞において、これらの効果は、主にα-リポ酸の遺伝子制御、グルコースの取り込みと代謝に対するシグナル伝達作用、および抗酸化作用によるものと考えられている71。

老化や多くの慢性疾患では、スフィンゴミエリナーゼによるスフィンゴミエリンの加水分解により、特定のスフィンゴ脂質、特にセラミド、特に短鎖セラミドがミトコンドリアに蓄積し、最終的にはこの蓄積が電子輸送活性を低下させる72,73。老化したネズミでは、α-リポ酸を用いてスフィンゴミエリナーゼ活性を阻害することにより、心筋の血管内皮細胞のセラミドレベルを低下させ、その結果、ミトコンドリアのグルタチオンレベルを回復させ、電子輸送機能を高めることができた74。

前述のように、糖尿病において、α-リポ酸は、感覚運動性多発神経炎などの糖尿病性合併症の抑制に広く用いられている75。ある4年間の盲検試験では、α-リポ酸によって一部の神経障害が有意に改善したことが示され(神経伝導属性は改善しなかった)抗酸化物質の臨床的有用性と糖尿病患者に対するα-リポ酸の長期投与の安全性が示された76。

70 しかし、細胞内のグルタチオンレベルを増加させる能力は、重要な抗酸化特性であり、この増加は、グルタチオン合成を調節することによって達成され、その結果、酸化ストレスが改善される77。この抗酸化物質は、核転写因子NF-κΒの制御に影響を与えることができるため、広範囲の転写効果を引き起こし、その結果、フリーラジカルや細胞傷害性サイトカインの産生を減衰させることができる78。

α-リポ酸は、遷移金属キレーターとして、ヘモクロマトーシス、末期腎不全、アルツハイマー病やパーキンソン病などの慢性疾患に関与する過剰な銅や鉄などの金属を除去することができ、重金属中毒の予防や緩和を目的とした治療薬として期待されている68。また、α-リポ酸は、認知機能とミトコンドリア機能を改善し、ミトコンドリアの酸化的損傷と認知機能の関連性を示唆している。79 慢性疲労に対するα-リポ酸の使用は、まだ対照臨床試験では検討されていないが、ミトコンドリア機能をサポートし、酸化的ストレスを軽減する安全なサプリメント(通常、200-600 mg/d)70 として広く使用されていることから、様々なサプリメント混合物に配合されることが正当化されている70, 76, 78。

l-カルニチン

l-カルニチン(3-ヒドロキシ-4-Ν-トリメチルアミノ酪酸)は、すべての哺乳類に存在する天然の脂肪酸トランスポーターである。l-カルニチンは、脂肪酸のミトコンドリアマトリックスへの輸送に直接関与するだけでなく、過剰なアシル基を体外に排出したり、細胞内のコエンザイムA(CoA)の恒常性を調節したりしている80,81。脂肪酸の酸化やCoAおよびアシルCoAの恒常性維持に重要な役割を果たしていることから、l-カルニチンは通常、比較的狭い範囲の濃度に保たれている。したがって、細胞内の任意のl-カルニチン濃度を維持するためには、食事による補給が重要である81。

ミトコンドリア代謝におけるl-カルニチンの重要な役割から、身体能力を向上させる可能性があるとして、l-カルニチンのサプリメントが使用されるようになった85。その理論的根拠は、激しい運動中にエネルギー産生の主な基質として脂肪への依存度が高まることで、炭水化物の必要性が減り、炭水化物貯蔵庫の枯渇が遅れるはずであり、これらの変化によって全体的なエネルギー産生が増加し、運動による疲労が軽減されるはずである。また、脂肪酸のミトコンドリアへの輸送には、L-カルニチンの量を増やす必要があり、そのため、L-カルニチンの食事による補給が必要であることを示している。しかし、過激な運動の2〜3週間前からl-カルニチンの経口補給量を増やしても、骨格筋中のカルニチン含量は増加しないという研究結果がある。したがって、この補給が過激な運動時の筋代謝を変化させる可能性は低いと考えられる86,87。

例えば、うっ血性心不全の患者18名とプラセボ対照群12名を対象とした小規模な研究では、プロピオニル-l-カルニチンの補給により、治療群ではピーク心拍数(平均12%)運動能力(平均21%)ピーク酸素消費量(平均45%)が増加した88。

l-カルニチンの重要なアンチエイジング効果は、加齢によって自然に低下するミトコンドリアの酸化的リン酸化の割合を増加させることである。ミトコンドリアの酸化的リン酸化率が低下すると、エネルギー産生が損なわれるとともに、ROS/RNSの産生が増加する。老齢のラットにアセチル-L-カルニチンを与えると、加齢に伴うL-カルニチン濃度の低下が回復し、脂肪酸代謝が促進されることがわかった。また、加齢に伴う細胞内グルタチオンレベルの低下を回復させ、筋肉のミトコンドリアの複合体IV活性を改善した89。

l-カルニチンとその様々な誘導体の栄養補給は、安全で(1日2gまでの用量)90,ミトコンドリア機能の向上に役立つ可能性があると思われるが、研究者たちは、ほとんどの加齢に伴う慢性疾患(糖尿病と心血管疾患を除く)に対する有効性を示すために必要な複数の臨床試験を行っていない。例外として、70人の百寿者に6ヶ月間l-カルニチンを投与した無作為化対照臨床試験がある。これらの参加者は一般的に、筋力の低下、精神的健康の低下、運動能力の低下、持久力の低下が見られた。試験終了時には、治療を受けたグループは、肉体的疲労、精神的疲労、疲労の度合いに著しい改善が見られた。91 アルコール依存症、肝性脳症、冠状動脈性心臓病、ペロニー病、脳虚血、不妊症を対象とした他の試験では、L-カルニチンの投与がこれらの疾患の徴候や症状にプラスの効果をもたらすことが示された90。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10(CoQ10[ユビキノン])は、ミトコンドリア電子輸送鎖の重要な補酵素であり、最も広く使用されている天然サプリメントの一つです32,92。92,93 しかし、CoQ10の主な役割は、ミトコンドリアの電子伝達系の複数の複合体に沿って電子を伝達することに関与することである。

Rosenfeldtら95による運動、高血圧、心不全におけるCoQ10の効果に関するシステマティックレビューによると、発表された11の研究のうち6つの研究では、食事でCoQ10を摂取した被験者の運動能力に中程度の改善が見られたという。高血圧に対するCoQ10の効果を検討した8件の研究では、血圧に平均16mmHgの収縮期の低下、平均10mmHgの拡張期の低下が見られた。このレビューでは,心不全患者に対するCoQ10の使用を検討した9つの無作為化試験で,注入率の増加と死亡率の減少について有意ではない傾向が示された。Rosenfeldtら95は35人の心不全患者を対象に経口CoQ10の効果について独自に3ヵ月間の無作為化プラセボ対照試験を行い、対照群ではなくCoQ10群の参加者に症状の有意な改善が認められた95。また、この試験では平均運動時間の改善傾向も認められた95。

また、運動中に経口CoQ10を投与した場合の効果についても検討されている。盲検クロスオーバー試験では、17人の健康な参加者にCoQ10またはプラセボを8日間投与し、その後、自転車エルゴメーターで2時間、4時間の休息を挟み、一定の作業負荷で2回パフォーマンスを評価した96。CoQ10を投与された参加者は、プラセボ群に比べて、より高い作業出力を達成することができ、疲労感も少なく、回復期間の必要性も緩和された96。

臨床的には、CoQ10はさまざまな神経変性疾患の症状や進行を抑えるために使用されている。92,94 アルツハイマー病モデルを用いた研究では、CoQ10の投与により、脳の萎縮や典型的なβアミロイド斑の病理を有意に遅らせることができた。97,98 98名のアルツハイマー病患者を対象としたプラセボ対照16週間の無作為化臨床試験では、CoQ10,ビタミンC、E、α-リポ酸の混合物を経口投与した試験群では、酸化ストレスマーカーの有意な低下が認められたが、β-アミロイドやタウの病理に関連する脳脊髄液(脳脊髄液)マーカーの有意な変化は認められなかった99。

パーキンソン病では、一般的に、酸化型CoQ10と総CoQ10の比率が上昇し、脳脊髄液中の酸化的損傷のマーカーが有意に増加するが、CoQ10の投与により部分的に回復させることができる100。初期のハンチントン病患者を対象としたHuntington Study Groupの試験では、CoQ10を30カ月間投与することで、通常の総機能能力の低下を遅らせることができたが、その差は統計的に有意ではなかった101。最後に、筋萎縮性側索硬化症患者を対象とした多施設共同プラセボ対照第2相試験では、CoQ10は9カ月間の機能低下を有意に改善しなかった102。また、Mathews et al 103は、遺伝性ミトコンドリア病患者において、CoQ10と数種のビタミンの併用が有効であるとは認めていない。

ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド

NADHは、200以上の細胞内酸化還元反応の補因子として、また、ある種の酵素の基質として機能している。104,105 人間は普遍的にNADHを必要としており、NADHが欠乏すると、皮膚炎、下痢、認知症、そして最終的には死を特徴とするペラグラになる。通常の栄養補給は、ナイアシン、ニコチン酸、ニコチンアミドなどのNADH前駆体を介して行われてきたが、最近ではマイクロキャリアーを用いて経口NADHを安定化させ、少量ずつ直接摂取して消化器系で吸収できるようになっている。これは、50mg/kg/dまでの大量のNADHを経口投与するよりも効果的であることがわかった。この量ではNADHが酸化・分解されやすく、一般的には効果がないと考えられている106。

アルツハイマー病では、安定化させたNADHを経口投与することで、認知機能や認知症が改善されることが1つの研究で示された106が、別の臨床試験では、NADHを経口投与しても認知機能や認知症の改善は認められなかった107。26名のアルツハイマー病患者に安定化NADHまたはプラセボを6ヶ月間投与した対照試験において、Dermin et al 108は、試験群はプラセボ群と比較して、言語流暢性と視覚的構成力のパフォーマンススコアが有意に向上し、要約言語推論のパフォーマンスが増加する傾向を示したとしている。しかし、この研究では、注意力や記憶力、認知症の重症度を示すスコアの向上を示す証拠は得られなかった。

安定化したNADHの経口投与は、パーキンソン病の症状を改善するためにも使用されている。Birkmayer et al 109は、予備的な非盲検臨床試験において、800人以上のパーキンソン病患者を対象に、NADHの静脈内投与と経口投与の効果を調べた。その結果、参加者の19.3%が障害を30%~50%減少させ、58.8%が中等度(10%~30%)の改善を示し、21.8%が治療に反応しなかったことがわかった(P < 0.01)。罹病期間の短い若年者は、高齢者や罹病期間の長い患者に比べて、治療に反応し、より顕著な改善を示す可能性が非常に高かった。しかし、Dizdar et al 110は、この種の試験を繰り返し行ったところ、NADHを投与された被験者のパーキンソン病評価スコアに統計的に有意な改善は見られず、パーキンソン病の重症度に関連する脳脊髄液の臨床マーカーにも差が見られなかった。

安定化したNADHの経口投与は、慢性疲労の患者の症状を軽減するためにも使用されている。慢性疲労症候群の患者を対象とした研究では、安定化したNADHの経口投与とプラセボを4週間投与するクロスオーバー試験が行われた111。慢性疲労症候群の患者 31 名を対象に、安定化 NADH の経口投与と心理・栄養療法を比較した臨床 試験では、安定化 NADH 単独で、12 ヶ月間の試験の最初の 4 ヶ 月間は疲労感が軽減された。また、別の研究では、慢性疲労症候群の患者に安定化NADHを2ヶ月間経口投与した。114 この治療により、不安感やストレステスト後の最大心拍数の減少がみられたが、Alegre et al 114は、疲労、QOL、睡眠の質、運動能力、機能的予備力などの機能的影響にほとんど、あるいは全く差がないことを明らかにしている。このように安定化したNADHだけでは、様々な疾患や障害において様々な結果が出ており、全ての患者が経口の安定化したサプリメントに反応したわけではないのである。

膜リン脂質

食品由来の分子を用いて、ミトコンドリアやその他の細胞小器官の損傷した、主に酸化された膜脂質を除去し、ミトコンドリア膜リン脂質を食事で置換する方法(脂質置換療法[LRT])は、ミトコンドリアの機能を高め、疲労を軽減するのに非常に効果的であることが証明されている10,23,54,55。抗酸化物質のサプリメントは、ある程度、ROS/RNSレベルを低下させ、ミトコンドリア膜リン脂質の酸化を防ぐことができるが、抗酸化物質だけでは、すでに細胞、特に細胞のミトコンドリア内膜に生じたダメージを修復することはできない29,55,115。

膜リン脂質と抗酸化物質を1日あたり500〜2000mgの量で経口投与することで、慢性疲労や疲労性疾患などの特定の臨床症状の治療に効果があるとされている。

膜リン脂質を経口摂取することで、ミトコンドリアの機能を高め、慢性疲労症候群や線維筋痛症症候群、自然老化を含むその他の疲労状態における疲労を軽減することができる(表2)。例えば、Ellithorpe et al 117は、膜リン脂質とビタミンの混合物(NT因子を含むPropax)を、重度の慢性疲労を持つ加齢者を対象とした研究で使用し、8週間で40.5%の疲労軽減効果が認められている。これらの研究では、Piper Fatigue Scale(PFS)を用いて疲労をモニターし、臨床的な疲労と生活の質を測定した58。その後のクロスオーバー研究では、中等度から重度の慢性疲労を持つ患者の疲労とミトコンドリア機能に対する膜リン脂質の効果を調べる研究が開始された55。NTファクターを12週間経口投与したところ、疲労感が35.5%減少し、ミトコンドリア機能が26.8%増加したが、12週間のウォッシュアウト期間後には、疲労感が増加し、ミトコンドリア機能はコントロールレベルにまで低下した55。慢性疲労症候群および線維筋痛症症候群の患者に、膜リン脂質(NTファクター)を経口投与した場合にも、同様の疲労軽減効果が認められた116。中等度の慢性疲労を持つ患者に、NTファクターの新製剤とビタミン、ミネラルなどのサプリメントを併用したところ、1週間で36.8%の疲労軽減効果が得られた(表2)118。

表2 慢性疾患患者における経口膜リン脂質の補給と疲労a
参加者/患者 n 平均年齢 LRTの平均時間 PFS倦怠感の軽減(%) 参照
慢性疲労 34 50.3 8週間 40.5 c Ellithorpe et al 
老化、慢性疲労 20 68.9 12週間 35.5 b Agadjanyan et al 
慢性疲労症候群(および/または線維筋痛症候群) 15 44.8 8週間 43.1 b ニコルソン&エリソープ
老化、倦怠感 67 57.3 1週間 36.8 b ニコルソンら
慢性疾患 58 55.0 8週間 30.7 b ニコルソンら

略語の説明 Avg=平均値、LRT=脂質補充療法、PFS=Piper Fatigue Scale。

aNicolson and Settineri.54から修正。
bP < 0.001,サプリメントなしとの比較。
cP < 0.0001,サプリメントなしとの比較。


疲労感を軽減する経口サプリメントの併用

様々な診断を受けた患者の長期にわたる難治性疲労の治療に関する2ヶ月間の試験において、著者と数名の同僚は、疲労とミトコンドリア機能障害を治療するために、膜リン脂質(2000 mg/日)、CoQ10(35 mg/日)、マイクロカプセル化されたNADH(35 mg/日)、l-カルニチン(160 mg/日)、α-ケトグルタル酸(180 mg/日)、およびその他の栄養素を組み合わせた経口サプリメント(ATP Fuel)を開発した119,120。この試験に参加した 58 名は、中等度から重度の難治性の疲労を平均 17 年以上患っており、平均 15 人以上の開業医を受診したが、疲労が解消されなかった。この試験には、慢性疲労症候群30名、慢性ライム病17名、線維筋痛症症候群や湾岸戦争を含むその他の疲労性疾患16名、関節リウマチなどの自己免疫疾患4名、がん2名、糖尿病2名が参加した。これらの患者は、疲労を軽減するために多くの薬やサプリメント(平均35種類以上)を試したが、効果はなかった。

119 PFSは、主観的疲労の4つの側面(行動/激しさ、情動/意味、感覚、認知/気分)を測定する有効な尺度である。参加者の初期の PFS 疲労スコアの平均値は、7.51 ± 0.29 であったが、8 週間のサプリメント摂取後、平均スコアは 5.21 ± 0.28 に改善し、疲労が 30.7%減少した(t 検定、P < 0.0001; Wilcoxon signed-rank、P < 0.0001)119。

PFS スコアは、さらに 4 つのサブカテゴリーに 分けられる。119 PFS スコアは、さらに 4 つのサブカテゴリーに分 解することができる。(1) 行動/激しさサブカテゴリー:仕事の完 了、社交、性的活動やその他の活動への参加、および 疲労の強さや程度を扱う。(2) 感情/意味サブカテゴリー:個人が疲労/疲 労を快/不快、好/不快、保護/破壊、正常/異常と感じる かどうかを決定する。(3) 強さと弱さ、目覚めと眠気、爽快感と疲労感、元気と無力感を感じるかどうかを判断する「感覚サブカテゴリー」、(4) リラックスと緊張、爽快感と憂鬱感、集中力・記憶力・思考力を感じるかどうかを評価する「認知・気分サブカテゴリー」。本項で紹介する研究では、8週間の試験終了時に、これらのサブカテゴリーのすべてが有意に減少しており(P < 0.0001)疲労のすべてのサブカテゴリーで有意な改善が見られたことを示している。例えば、疲労の強度/行動において30.7%の減少(P < 0.0001)が見られ、これは、疲労の強度が有意に減少したことを示しており、タスクを完了したり、社交的になったり、性的な活動やその他の活動を行う能力が有意に増加したことを示している。また、気分や、集中力、記憶力、思考力などの認知能力についても、28.0%の改善(P < 0.0001)がみられた119。

疲労データの回帰分析

試験期間中のLRTサプリメント(膜リン脂質、CoQ10,NADH、l-カルニチン、α-ケトグルタル酸、その他の成分)の併用による疲労軽減の傾向を調べるために、著者らはデータの回帰分析を行い、結果が(1)一貫しているか、(2)高い信頼度で発生しているか、(3)疲労のさらなる軽減を予測できるかを調べた119。疲労全体および疲労の各サブカテゴリーの回帰分析では、疲労データに有意かつ一貫した下降傾向が見られ、試験を継続していれば疲労のさらなる減少が期待できたことが示唆された。各サブグループの回帰R2値は、(1)行動/激しさ0.956,(2)感情的意味0.960,(3)感覚0.950,(4)認知/気分0.980であった。また、全体の疲労度を回帰分析した結果、R2=0.960となった。この結果は、すべての疲労データの減少傾向に高い信頼性と再現性が存在することを示している。慢性疲労症候群、ライム病、その他の診断カテゴリーを持つ人々のスコアを調べても、全体的な疲労やコンビネーションサプリメントによる疲労の軽減に大きな違いは見られなかった119,120。

まとめ

膜リン脂質、CoQ10,マイクロカプセル化されたNADH、l-カルニチン、α-リポ酸、およびその他の栄養素を含む経口天然サプリメントは、慢性疾患患者のミトコンドリア機能を回復させ、難治性の疲労を軽減するのに役立つ。これらのサプリメントを組み合わせることで、安全で効果的な方法で疲労を軽減し、生活の質の回復を図ることができる。