栄養素・サプリメント(認知症・他)

メラトニン

メラトニンの高用量についての衝撃的な真実
メラトニンサプリメントは、あなた自身の生産をシャットダウンするか、断食を強化するためにメラトニンを使用する方法

– The Shocking Truth About High-Dose Melatonin, Does Melatonin Supplementation Shut Down Your Own Production, How To Use Melatonin To Enhanc
PBMT LLLT /光生物調節

体内のゼータ電位と液晶水を改善する方法
水治療のワイルド・ウエストと、私が出会った正当な選択肢を探る

How to Improve Zeta Potential and Liquid Crystalline Water Inside the Body 中西部の医師 2023年5月16日 このシリーズでは、私は体全体における液晶水とゼータ電位の重要性を説明しようと試みた。これは、ス
ミネラル

精神医学的使用を超えて:低用量リチウム補給の利点

Beyond its Psychiatric Use: The Benefits of Low-dose Lithium Supplementation オンライン公開 2023年3月30日 PMCID:PMC10227915 PMID:35236261 要旨 リチウムは双極性障
ビタミンD・紫外線・日光浴(総合)

研究の無駄の評価 ビタミンD
誤った研究集団-ビタミンD補給の試験における参加者のベースラインのビタミンD状態の例

Assessment of research waste part 2: wrong study populations- an exemplar of baseline vitamin D status of participants in trials of vitamin
ビタミンD・紫外線・日光浴(総合)

大規模ビタミンDランダム化比較試験の批判的評価

Critical Appraisal of Large Vitamin D Randomized Controlled Trials オンライン公開 2022年1月12日 . PMCID: PMC8778517 PMID:35057483 要旨 ビタミンD欠乏と心血管疾患、癌、死
ビタミンD・紫外線・日光浴(総合)

ビタミンDの補充がアルツハイマー病の進行を促進するという証拠はない

There is no evidence that vitamin D supplementation drives the progression of Alzheimer's disease 高齢者のビタミンD3長期服用、認知症発症のリスク増加の恐れ=台湾の研究機関 (202
メラトニン

ライフエクステンション:高用量メラトニンの症例
新たなデータによると、メラトニンはがんを予防し、免疫機能を向上させ、炎症を抑える働きがあるという。

A Case for Higher-Dose Melatonin 科学的レビュー 2023年8月、医学博士ゲイリー・ゴンザレス著:ウィリアム・ファルーン ウィリアム・ファルーン 2022年2月1日、米国医師会雑誌(JAMA)は、米国におけるメラトニンの消費量が1999年から201
ビタミンB・メチレーション

神経学におけるナイアシンの有望性
The Promise of Niacin in Neurology

The Promise of Niacin in Neurology 要旨 ナイアシン (ビタミンB3)はペラグラを治療する必須栄養素であり、スタチンが登場する以前は、ナイアシンは脂質異常症によく使われていた。最近のエビデンスでは、ナイアシンはいくつかの神経疾患に対する有望な治療
ビタミンD・紫外線・日光浴(総合)

メラニン:パーキンソン病、アルツハイマー病、レビー小体型認知症に代表される疾患の統一理論
Melanin: a unifying theory of disease as exemplified by Parkinson’s, Alzheimer’s, and Lewy body dementia

オンライン公開 2023年9月29日 . PMCID: PMC10570809 PMID:37841274 Stacie Z. Bergcorresponding author * and Jonathan Bergcorresponding author * 要旨 どこにでもあ
ミネラル

病態におけるセレンの役割: 最新のレビュー(2022)
The Role of Selenium in Pathologies: An Updated Review

The Role of Selenium in Pathologies: An Updated Review オンライン公開:2022年1月27日. PMCID: PMC8868242 PMID: 35204134 要旨 セレンは多くの生物学的機能に必要な必須微量元素である。セレ
栄養素・栄養学

栄養素の相乗効果:定義、証拠、今後の方向性

Nutrient synergy: definition, evidence, and future directions オンライン公開2023年10月12日 PMCID: PMC10600480 PMID:37899823 要旨 栄養素の相乗効果とは、2種類以上の栄養素が組み
ミネラル

疾患におけるゲルマニウムの役割:その重要な生物学的効果を探る

The role of germanium in diseases: exploring its important biological effects オンライン公開 2023年11月8日 PMCID: PMC10634018 PMID:37940963 要旨 有機ゲルマニウ
ビタミンD・紫外線・日光浴(総合)

航空機の飛跡は環境と健康を脅かすのか?
Are persistent aircraft trails a threat to the environment and health?

2021年7月7日、 デ・グリュイター社より出版。 ファビアン・デルエル 学術誌『Reviews on Environmental Health』より Are persistent aircraft trails a threat to the environment and h
アーユルヴェーダハーブ

アライメント頭、心、腹
私たちは身体化された認知の存在である 認知、感情、直感が一致しているとき、私たちは最も効果的で最高の状態になる

Alignment: Head, Heart, and Gut 2023/12/19 ある種の左脳的な科学者タイプは、次のようなことに反発する。彼は、そうでなければ単純で古くからある区別、つまり人間の複雑な動機を整理するための枠組みに対して、科学的根拠や実証的研究を求めるだろう。

アルツハイマー病における鉄:生理学から疾病障害まで
Iron in Alzheimer’s Disease: From Physiology to Disease Disabilities

Iron in Alzheimer’s Disease: From Physiology to Disease Disabilities オンライン公開 2022年9月6 日 PMCID: PMC9496246 PMID:36139084 要旨 活性酸素種(ROS)は神経変性の過
ホメオスタシス・ホルミシス

人間の健康を最適化する栄養学-生理学的裏付けを得るには?
Nutrition to Optimise Human Health—How to Obtain Physiological Substantiation?

Nutrition to Optimise Human Health—How to Obtain Physiological Substantiation? オンライン公開 2021年6月23日 doi: 10.3390/nu13072155 PMCID: PMC8308379
ビタミンC

『原始の万能薬』 ビタミンC 
PRIMAL PANACEA

PRIMAL PANACEA プリマル・パナセア トーマス・E・レヴィ医学博士著 序文 ギャリー・ゴードン医学博士著 私は長年にわたり、ビタミンCの奇跡的な治癒力に関するトム・レヴィ博士の科学的貢献を高く評価してきた: 『ビタミンC、感染症、毒素』は、長年にわたって世界中の患者を
サイード・ハイダー

高用量ビタミンCは原始の万能薬(パナセア)か?
短い答え:イエス、少なくともそれに最も近いものだ。長い答え:読み続けてみよう。

サイード・ハイダー博士 2023/11/10 時々、人生を変えるような出来事に出くわすことがある。 そして、何十年も前からすでに多くの人がこのことを知っていて、それを広めようとしてきたが、何十億ドルもの企業がそれを許さず、許そうとしなかったのだ。 ノーベル賞受賞者のライナス・ポー
KD論文

がんに対する認知度の低い補助療法のレビュー
Review of Under-Recognized Adjunctive Therapies for Cancer

Review of Under-Recognized Adjunctive Therapies for Cancer オンライン公開 2022年9月29 日 PMCID: PMC9563303 PMID:36230703 要旨 簡単なまとめ 本総説は、がん医療およびプライマリ・ケ
栄養素・栄養学

塩の必要性は調査が必要
Salt need needs investigation

オンライン公開 : 2020年1月21日. PMCID: PMC7512146 PMID:31959267 マイカ・レシェム * 概要 Naの過剰摂取の疫学とその病理学については、40年以上にわたって莫大な費用と広範な研究が行われてきた。その結果、食餌性Naは有毒であるというコン
alzhacker.com をフォロー