メラトニンの高用量についての衝撃的な真実
メラトニンサプリメントは、あなた自身の生産をシャットダウンするか、断食を強化するためにメラトニンを使用する方法

メラトニン

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

[Transcript] – The Shocking Truth About High-Dose Melatonin, Does Melatonin Supplementation Shut Down Your Own Production, How To Use Melatonin To Enhance Fasting & Much More With Dr. John Lieurance.

bengreenfieldlife.com/transcripts/transcript-melatonin-supplementation/

2021年4月15日

目次

  • [00:00:00] はじめに
  • [00:00:53]ポッドキャスト・スポンサー
  • [00:03:18] ゲスト紹介
  • [00:07:25] オゾン研究と医学のゴッドファーザーは、いかにしてジョン・キーンをメラトニンに引き込んだのか?
  • [00:12:14] メラトニン:「暗闇のホルモン」
  • [00:18:31] メラトニンサプリメントが内因性メラトニン生成に及ぼす影響
  • [00:25:21] メラトニンを大量に摂取した場合の睡眠に対する効果
  • [00:28:36] ポッドキャストスポンサー
  • [00:31:14] 続き大量に摂取した場合の睡眠に対するメラトニンの有効性
  • [00:33:47] ミトコンドリアに対するメラトニンの効果
  • [00:37:00] メラトニンの心臓血管および/または心臓病に対する効果
  • [00:42:00] 免疫系、特にキラー細胞に対するメラトニンの影響
  • [00:48:10] 高用量メラトニンサプリメントで概日リズムをハックする方法
  • [00:50:21] メラトニンのアンチエイジング利用法
  • [00:52:32] メラトニンと相性の良い他の化合物
  • [00:59:51] ベンの植物療法クレンズプロトコル
  • [01:02:27] 座薬の入れ方
  • [01:05:59] ポッドキャストを閉じる
  • [01:07:35] ポッドキャスト終了

トランスクリプト

ベン

ベン・グリーンフィールド・フィットネス・ポッドキャストのこのエピソードで。

ジョン

負のフィードバックループがあります。テストステロンを摂取すると、自分の産生が停止します。メラトニンにはそのような負のフィードバックループはありません。私は古い車を何台も持っていました。そうすれば公害は改善されるでしょう。リスナーの多くは、公害を減らすことを望んでいるのです。メラトニンは、自分のパフォーマンスを最大化したい人なら誰でも使うことができます。

ベン

健康、パフォーマンス、栄養、長寿、先祖代々の生活、バイオハッキングなどなど。ベン・グリーンフィールドです。ようこそ。

さあ、皆さん、始めましょう。お待たせしました。今日は私のクレイジーなドクター、ジョン・リーアンスです。前回のエピソードで皆さんの度肝を抜きましたが、今回も同じように良いものになると思います。お楽しみに。このポッドキャストは、健康とウェルネスに関する私の遊び場であるKionがお届けしています。古代の知恵と現代科学を融合させ、サプリメントや機能性食品のピュアで効果的なショットガン製剤を作るために、私自身が痒いところに手が届くように作った会社です。私たちの製品のひとつひとつが、研究に裏打ちされ、実地でテストされたもので、長く、冒険的で、楽しく、充実した人生を送るための力を与えてくれるように設計されています。私たちは、地球上で最高のものを探し出し、それを環境にやさしいパッケージにまとめることに全力を注いでいます。また、コーヒーやクリーン・エナジー・バーについては、優れた味をお届けし、玄関先までお届けすることをお約束します。というわけで、すべての商品を10%割引でご提供します。素晴らしい製品、記事、電子書籍など、何でもKionでお求めください。10%割引は、GetKion.com/BenGreenfieldから。Get-K-I-O-N.com/BenGreenfieldです。

このポッドキャストは、Organifiの友人からもお届けしています。Organifiにはレッドジュースがあります。実は、しばらくスムージーを変えていたんです。朝はもっと香ばしいスムージーを飲んでいました。ボーンブロスやカカオパウダー、時にはマカダミアナッツバターやパンプキンシードバター、アボカド、海塩、ステビアなど。最近は、このオーガニフィ・レッドに、一握りの古き良きワイルドブルーベリーを入れて試しています。また、ケフィアやボーンブロスのようなスーパーフードを混ぜたり、シーソルトを使ったり、カカオニブやビーポーレンなど、いろいろな楽しいものをトッピングします。

私は朝のスーパーフード・スムージーが大好きなのですが、ブルーベリーをベースにしているのであれば、オーガニフィ・レッドジュースは、ブルーベリーとの組み合わせや足し算で、本当に本当に素晴らしいものになります。とにかく、オーガニフィ・レッドジュースには、11種類の抗酸化物質が豊富なスーパーフードが入っていて、砂糖はほとんど入っていません。そして、この上質なパウダー、またはオーガニフィのどのパウダーも20%割引で購入できます。Organifi.com/Benで20%オフ。Organifi.com/Benの「I」です。そして、ジョンと話しましょう。

さて、皆さん、お約束通り、聡明で、ちょっとクレイジーで、超フリンジなジョン・リーランス博士が今日も私の番組に登場です。ジョンは残念ながら、前回の収録時のように、私のゲストハウスで、サウナや冷たいプールの後、フリンジ尻の座薬と鼻スプレーでパワーアップしているところではありません。代わりにスカイプで繋いでいるのですが、ジョンを呼び戻さなければならなかったのは、彼がちょうど本の仕上げをしているところだったからです。その本はメラトニンについて書かれたものなのですが、ダジャレに聞こえるかもしれませんが、皆さんはメラトニンを寝る前に飲むか飲まないかのようなものとしか思っていないかもしれません。でもなんと、彼はメラトニンのことを知り尽くしているのです。ジョンが開発した高用量メラトニン坐薬とリポソームメラトニンを使って、私が概日リズムを完全にリセットした話を聞いたことがあるかもしれません。今日のポッドキャストでは、睡眠を調整するだけでなく、もっと多くのことをやっています。

ジョンとの最初のポッドキャストを見逃した方は、「メディカル・バイオハッキングのクレイジーな未来」というポッドキャストをどうぞ:

ジョンの裏話や、アマゾンのハーブレイプの点鼻スプレー(ちなみに私は今でも使っています)、ウイルス問題のためのグルタチオンのネブライザー、NADの点滴の代わりにNADの坐薬(これも本当によく効きます)、その他いろいろなことを掘り下げています。オリジナルのエピソードと、今日のエピソードの全ての注釈は、BenGreenfieldFitness.com/MelatoninMiracleにリンクしています。BenGreenfieldFitness.com/MelatoninMiracle.

それから、もしあなたがジョンのことを知らないなら、彼はフロリダで活動しています。サラソタですよね、ジョン?

ジョン

ええ、サラソタです。

ベン

彼は自然療法医なんですね。カイロプラクティックの神経学者です。彼はそのキャリアのほとんどを、バランス障害や耳鳴り、難聴、パーキンソン病やアルツハイマー病などの退行性神経疾患、そして慢性ライム病や慢性炎症反応症候群、カビ病などのステルス感染症に費やしてきました。第1回目のエピソードでは、そのすべてをお話ししました。彼はまた、クレイジーでクレイジーな製品を開発しています。私はいつも、あなたの新しいものをチェックするために、あなたのウェブサイトに人々を送っています。フリンジだから。正直なところ、あなたがどうやってこのようなものをオンラインで販売しているのか分かりませんが、どうにかやっているのですね。

ジョン

まあ、自分勝手な努力でしたね。坐薬やリポソーマルで経口経路を回避し、点滴や注射をするのとほぼ同等の効果がある製品を作ることができるからです。

ベン

昨日、ある人と電話で話していたんです。超不快なNADの点滴を受けに行かなければならず、点滴が刺さるまで座ってヒヤヒヤしているんだ」と。だから私は、”NADをお尻に注射して、私が今寝ている間にやっているように、8時間かけてゆっくり体内に浸透させればいいじゃない。とにかく、私たちはお尻の穴にNADを入れる話をしに来たのではありません。メラトニンの話です。だから、とにかく。でも、ジョンのクリニックを訪ねたい人、フロリダ近郊に住んでいる人、アメリカでメディカル・バイオハッキングの旅、いわばメディカル・ツーリズムをしたい人のために、注釈にジョンのサイトとすべてのジョン製品をリンクしておきます。

フランク・シャレンバーガー博士のことは知っています。COVIDがヒットしたとき、私はオゾンにすごく興味を持ち、高級なオゾン発生器を買ってオゾン水を始めました。上気道炎などにはオリーブオイルを通してオゾンを使ったこともあります。フランク・シャレンバーガー博士は、機能性医学におけるオゾン利用のパイオニアです。でも、あなたが彼のもとでインターンをしていたことも、彼があなたに影響を与えるような方法でメラトニンを利用していたことも知りませんでした。その話を聞かせてください。

ジョン

ええ。フランク・シャレンバーガーのもとでインターンをする前、私は脳の若返り学会に出席していました。ある発表者が登場して、メラトニンの超生理的な投与量と神経保護効果について話し始めたんです。そして、私の隣に座っていた人が手を伸ばして、「私は自分のクリニックでこの方法を実践していますが、長い間、臨床で学んだ中で最高の真珠のひとつです」と言ったのです。

それで私はシャレンバーガーに会いに行き、彼のもとでインターンシップをすることになりました。私はライム病後でした。言葉探しや記憶力など、神経症状がたくさん出ていました。本来あるべきパフォーマンスを発揮できていないと感じていたんです。夜だけでなく、メラトニンを200ミリグラム摂取することを勧められました。メラトニンに耐えられる人は人口の20%だそうですが、これはほぼ正確で、日中に摂取すると、目に光が当たっても眠くならないそうです。

ベン

それから、メラトニンの摂取量についてよく知らない人のために、超簡単に説明しますと、通常、ほとんどのサプリメントや推奨されている摂取量は、夜眠る前にメラトニンを摂取するよう推奨されている場合、0.3ミリグラムから3ミリグラムで、ジョン博士が登場するまでは10ミリグラムでした。フランクが話していたのは200mgだったんですね。ですから、文字通り、推奨されている量の何百倍もの量ということになります。

ジョン

そう、メラトニンの摂取量は驚くほど多いのです。どういうわけか、メラトニンには危険性があるという誤った情報が医学界に流布されています。ですから、私たちはすぐにでもその問題を解決すべきなのです。

ベン

シャレンバーガーの話を最後までして、そのあとメラトニンについての噂に入りましょうか。

ジョン

プロトコルを試してみました。私には効果がありました。そして、MitoZen.comを通じていくつかの製品を開発し、サンドマン(250ミリグラムの座薬)を製品ラインに加えました。そして、それを臨床で患者さんに使い始めました。そして、私が一緒に働いている多くの医師が患者さんに使い始め、これらの本当に高用量のメラトニンを使うことで、非常に有望な結果が出ました。つまり、メラトニンの超生理的投与ということですね。それが正式な医学用語です。

ベン

超生理的。超生理学的投与というのは、フランクがガンに使っていたのを、あなたがTBIに使ったということですが、なぜ「超生理学的」という言葉が使われるのですか?具体的にはどういう意味ですか?

ジョン

松果体から分泌されるメラトニンの量は本当に微量だからです。ですから、メラトニンを高用量で摂取し始めると、体内で自然に生成される量よりも多くなり、体内で作られる内因性の生成量よりもはるかに多くなるのです。ですから、私たちはメラトニンを睡眠のために使っていますが、それ以外にもたくさんの利点があります。

ベン

では、高用量で何が起こっているのかに飛び込む前に、少し戻ってメラトニンについて説明したいと思います。メラトニンに関しては、あなたの新著にとても良いセクションがあります。「メラトニンの奇跡」と呼ばれています。素晴らしいです。私はベータ版のコピーを手に入れ、その中ですべてのページを折り返しています。メラトニンは、いわゆる。「暗闇のホルモン」として一般的に知られていますが、なぜメラトニンがそれほど重要なのか、その理由を説明しています。では、ホルモンの観点から見たメラトニンとは一体何なのでしょうか?人々が知っておくべき重要なことは何でしょうか?メラトニンはどこで分泌され、何をしているのでしょうか?

ジョン

メラトニンを見てみると、ストレスから身を守る主な働きをしています。メラトニンを何かに例えるなら、地球を取り巻く電磁場のようなものです。電磁場は、地球の外側に広がる内部生成の場であり、通常であれば地球上の生命を死滅させる紫外線から私たちを守っています。それと同じように、体内のすべての細胞がメラトニンを生成しているのです。細胞の中だけでなく、ミトコンドリアと呼ばれるエネルギーを作る部分でも。このミトコンドリアがストレスに反応してメラトニンを生成するのです。

私が本当に面白いと思ったことのひとつは、メラトニンの研究が始まった初期のころにさかのぼると、研究者たちは当初、メラトニンを投与しても何のメリットも見いだせなかったということです。動物モデルに与えていたのです。

ベン

睡眠に効果があるということですか?

ジョン

何に対してもです。ええ、一般的に寿命や病気の発生に違いがあるかどうかを調べただけです。特に睡眠について調べたかどうかはわかりません。一般的な健康状態だったと思います。メラトニンはそれほど重要な物質ではないようです。マウスを丸い筒に入れて、筒に小さな穴を開け、マウスが暗い筒の中にいるようにしたのです。これはストレスを模倣する方法のひとつです。毎日一定の時間、マウスを筒の中に入れておくのです。小さなピンホールのあるチューブに押し込められたら、どれだけストレスがかかるか想像できますよね?

ベン

ええ。

ジョン

マウスを2つのグループに分け、両方にストレスを与えました。すると、メラトニンを投与されたマウスは、投与されなかったマウスよりも長生きし、慢性的なストレスに関連する病気も発症しませんでした。そこで研究が本格化し、メラトニンには多くの利点があることに気づき始めたのです。

ベン

さて、メラトニンについて私が考える興味深いことは、これは少しウサギの穴に入るかもしれませんが、私は以前ボディービルをやっていました。ボディービル業界では、スプレー式の日焼けや偽の日焼けローション、あるいは日焼けベッドで大量の時間を過ごす代わりに、メラニンを生成して肌を黒くすることができるものが欲しいと考えた結果、彼らが気づいたことです。それで、多くのボディビルダーがメラノタンというペプチドを使い始めました。これは注射するものです。私も数日間試してみました。数年前のことです。すると、私の肌はすぐに黒くなり、日焼けしたようになりました。

しかし、副作用のひとつに、これは服用した多くの男性によく見られる副作用なのですが、要するに、ほとんどプリアピズムに等しい、勃起が治まらないというものです。夜、ベッドに横たわると、勃起が止まらないのです。でも、5,6時間は気が散って眠れなかったんです。だから、私にとっては、股の中でいろいろなことが起こって睡眠が妨げられることは、日焼けと引き換えにする価値がなかったのです。メラトニンはメラニンの凝集を制御し、色素沈着の反応を少し制御しているのです。

また、私が最初にこの話を聞いたのはジャック・クルーゼ博士だったと思いますが、太陽の下でサングラスをかけると、メラニンの生成が抑制されるというのも興味深いことです。サングラスをかけていると、日焼けしにくくなりますし、日光からビタミンDを摂取しにくくなります。私が屋外でサングラスをかけているのを見かけるのは、スノーボードをするときか、砂漠などで日光による失明から身を守ろうとするとき以外にはほとんどありません。

ジョン

ええ、私も同じです。この本の皮膚の章では、そのことについてかなり深く掘り下げています。だから私も、必要なとき以外はサングラスをかけたくないの。でも、サングラスを避けると焼ける代わりに日焼けするというのは、確かに興味深いことです。多くの人はそのことを知りません。

ベン

ええ、それが松果体の全体的な考え方です。ですから、リスナーの皆さんはすでにご存じだと思いますが、夜に明るい光を浴びるとメラトニンの分泌が減少します。昼間に十分な量の自然光を浴びると、夜になって松果体の活動が高まります。しかし、松果体がメラトニンを産生するという考え方は、特に光と連動しており、またセロトニンとも連動しているため、夕方に炭水化物を多く含む食事や十分な炭水化物を摂ることで、睡眠を助けることができると思います。松果体がメラトニンを生産しているとして、同じホルモンを補充し始めるとしたら、基本的には、御社のサンドマン製品のようなリポソームを使うか、サンドマン座薬のような座薬を使うかして、内因性の生産にどのような影響があるのでしょうか?それは、私が何度も何度も受ける100万ドルの質問です。それについて教えてください。

ジョン

ええ。ほとんどのホルモンはそのように働きます。負のフィードバックループがあります。例えば、テストステロンを摂取すると、自分自身の産生が停止します。興味深いのは、メラトニンにはそのような負のフィードバックループがないということです。例を挙げましょう。私自身の実験です。まだお話ししたことはないと思いますが、実験は1カ月ほど前に中止しました。でも3カ月間、毎晩800ミリグラムのメラトニンを摂取していました。

ベン

それは座薬ですか、それともリポソームですか?

ジョン

両方、同時にやっていました。

ベン

両方で。

ジョン

あなたも実験したと思いますが。

ベン

リポソームを座薬と同時に使ったことはないと思います。いつもどちらか一方を使っているだけです。とにかく、あなたの話に戻りましょう。800を使うんですか?

ジョン

ええ。初めて使ったときは、グッタリして眠くなるような、かなり強い効果がありました。そして、本当によく眠れました。でも、それを始めたらCOVIDに感染したみたいで、体調を崩し始めたんです。そして、親しくしていた友人が陽性でした。それで、鼻水が少し出始めて、「COVIDに感染した」と思ったんです。それでその晩、大量に服用しました。そして次の晩も服用。それから2週間ほど、メラトニンの摂取を完全に止めました。睡眠リズムに支障はなく、オーラリングのスコアもかなり良いままでした。明らかに、高用量では少し良くなっていたと思います。ですから、個人的に効果を感じる実験をしました。

メラトニンは、太陽光が網膜に当たることで生成されます。ですから、外因性メラトニンを摂取しても、その日に浴びた日光に関係する量は、蓄積されたまま放出されます。そして、その量は変わりません。負のフィードバックがないだけです。

ベン

わかりました。春が近づいている今、私はきちんと日光を浴びているだけでなく、冬でさえ、あなたが送ってくれた高用量メラトニンの実験を初めて始めたときでした。特にここワシントン州では北向きの斜面に住んでいるので。特にここワシントン州では、北向きの斜面に住んでいるため、冬は日光を浴びることができません。そこで、オフィスの机の上に昼間用のブルーライトボックスを置いています。それから、ブルーライトを発生させるRe-Timersと呼ばれるメガネと、人間用の耳かけ型充電器もあります。

たくさんあるように聞こえますが、私は基本的に日中、少なくとも3つの異なるテクノロジーベースの明るい光源を浴びているのです。それがこのプロトコルに良い反応を示した理由かもしれませんが、私はメラトニン・スレッジハンマーと呼んでいます。メラトニンの高用量プロトコルを始めて、行ったり来たりしていました。ある日はリポソーム。リポソームを使う日もあれば、座薬を使う日もありました。だいたい30日間くらいは、毎晩300~400ミリグラムのメラトニンを摂取していました。すると、夜中に何度も目が覚めたり、早朝に目が覚めたり、ベッドに戻れなくなったり、睡眠サイクルが悪くなって日中に眠くなったりすることがなくなりました。それですべてがリセットされたような感じです。

というのも、睡眠がすべて正常化した後、妻と1週間ほど旅行に出かけたんです。メラトニンの高用量プロトコルに基づき、私の体は睡眠を学習したようでした。メラトニンを抜くと、私の睡眠サイクルは本当に安定したままでした。風邪やインフルエンザにかかったときにビタミンDを筋肉注射のように2万から5万ほど打つのと同じように、メラトニンでも同じようなアプローチをします。しかし、メラトニンの産生がダウンレギュレーションされたことを示すような実際の指標は何も経験しませんでした。むしろ、高用量を30日間欠かさずに続けたことで、睡眠スコアが安定したように思います。

ジョン

高用量摂取時の心拍変動を見たことはありますか?

ベン

睡眠がよくなると心拍変動が改善するという事実を除けば、あまり変化はないようです。ですから、睡眠にメラトニンを使っているかどうかにかかわらず、質の良い睡眠がとれていれば、心拍変動は増加します。でも、それがメラトニンのせいだとは思いません。ただ、一般的に睡眠がよくなったというのとは違う考え方もあるかもしれませんが。

ジョン

心拍変動というのは、ストレスにどれだけうまく対処できるかということです。交感神経が強すぎると、交感神経の闘争・逃走神経系が優位になり、自律神経の2つの側面が陰と陽になっていないことがよくあります。メラトニンは自律神経系、特に副交感神経系を強化することがわかっています。ですから、私自身も、また何人かの患者さんも、心拍変動が劇的に改善するのを目の当たりにしてきました。

ベン

面白いですね。では基本的に、内因性産生という点では、メラトニンをサプリメントで摂取する場合、その心配はないと言えますか?

ジョン

心配ありません。文献によれば、心配ありません。

ベン

では、服用に関していくつか質問があります。あなたは著書の中で、メラトニンは高用量でなければ効果がないかもしれないと述べていますね。少量では効果がないという根拠は何ですか?

ジョン

そうですね、もし睡眠のためにメラトニンを摂取している人が40歳以下であれば、いくつか指摘しておきたいことがあります。メラトニンの受容体はたくさんあります。Gタンパク質複合型メラトニン受容体があり、MT1、MT2、MT3があります。MT1と2は主に脳の神経系にあります。

基本的に、私たちは体全体と自分自身にこれらのメラトニン受容体を持っているので、メラトニンでこれらのシグナル伝達を始めると、睡眠と覚醒のサイクルだけでなく、体内の他のさまざまなシステムも、この概日リズムに関係しています。例えば、マイクロバイオームもメラトニン分泌のシグナルを受け取っています。実際、メラトニンは脳よりも腸の方が400倍も多く分泌されています。そのため、高用量になると、腸からの恩恵が期待できるようになるのですが、実はマイクロバイオームがその恩恵を受けているのです。マイクロバイオームの群れを活性化させるのは、実は深い睡眠とメラトニンの分泌です。そこで善玉菌は文字通り、増殖と成長の段階に入るのです。多くの腸疾患に対するメラトニンのサプリメントに関する文献で私が見つけた興味深いことのひとつは、実際に悪玉菌の抑制と善玉菌のサポートが見られるということです。

ベン

それは興味深いですね。メラトニンはマイクロバイオームにも影響を与えているんですね。

ジョン

そうです。だから私たちはミトフェーズ・ファスティング・プロトコルを作ったのです。論文を書きました。発表しました。1カ月前のことです。

ベン

私のウェブサイトに、オートファジーを強化し、あなたが開発したこの絶食大量NADプロトコルを使うというアイデア全体についての大きな記事があります。メラトニンもその一部ですよね?

ジョン そうです。断食をすると、マイクロバイオームにホルミシスストレスがかかります。体は基本的にマイクロバイオームから栄養を奪うので、適者生存です。弱者を排除するのです。そして再栄養を始めると、再び微生物が増えるのです。そこで、再栄養の段階でメラトニンを大量に摂取してもらい、マイクロバイオームの群れをサポートするとともに、悪者が再増殖するのを防いでいます。

基本的に、内因性産生をシャットダウンしないという考え方と、低用量投与よりも高用量投与の方がより有益であるという考え方についてですが、あなたの本から学んだことがいくつかあるので、皆さんにお伝えしておきたいと思います。就寝2~4時間前にメラトニンを摂取すると、睡眠潜時を短縮する効果があるようです。ですから、少量の服用にはメリットがあります。入眠が早くなります。

しかし、実際の抗炎症効果、細胞のオートファジー、バイオームへの効果、その他の抗炎症効果やその他の効果についてお話しすると、この先さらに触れていくことになると思いますが、血中ピーク時間や血漿中ピーク濃度は、この本ではそう呼んでいると思いますが、低用量投与に反応してかなり急速に低下しました。しかし、メラトニンの坐薬のようなものを使用した場合、血漿中ピーク濃度は一晩中、長時間上昇したままになります。NAD座薬も同じです。多くの場合、NADとメラトニンの座薬を同時に使います。つまり、メラトニンとNADを一晩中ゆっくりと体内に取り込むのです。

この本には、30~60ミリグラムのメラトニンを1日1回経口投与した場合、耐容性が高く、副作用がほとんどなかったという研究がいくつか紹介されています。300ミリグラムのメラトニン坐薬を毎日服用しても臨床的合併症がなかったという臨床試験もあります。別の臨床試験では、60ミリグラムのメラトニンを静脈注射しましたが、何の問題もありませんでした。つまり、メラトニンは安全なだけでなく、有益なのです。ですから、低用量でもある程度の効果はあると思いますが、やはり、ほとんどの人が服用するのは就寝時間から遠く、その効果は主に睡眠潜時の短縮です。

ジョン

ええ、その通りです。ですから、メラトニンの高用量摂取について話をするときは、メラトニンが睡眠以外にもたらす効果について考えてもらうようにしています。

ベン

それで、その話に入りたいんです。メラトニンがミトコンドリアに与える影響について、もう少し詳しく教えてください。ミトコンドリアのレベルでは、メラトニンによって何が起こっているのでしょうか?

ジョン

素晴らしい質問で、これはメラトニンがどのように作用するかの核心部分です。何が起こるかというと、さまざまなストレス要因があります。化学的なもの、精神的なもの、感情的なもの、肉体的なもの、電磁的なもの。感染症もあります。これらが私たちが対処しなければならない主なストレス要因です。そして、ホルミシスというストレスに対応する能力があります。そして、その量が適切であれば、私たちはより強く復活することができるのです。つまり、ミトコンドリアはストレスに対応する能力の中核を担っているのです。

例えば、過度なトレーニングをした場合、ミトコンドリアがストレスに対処する能力を超えてしまうからです。あるいは、がんはミトコンドリアの問題が核になっていることが非常に多いのです。COVIDでさえも。COVIDの場合、危機的状況になると、免疫系がシャットダウンし、サイトカインストームと呼ばれる急性呼吸窮迫症候群を引き起こします。これはミトコンドリアの問題です。このようなストレスから生じるのがサイトカインと呼ばれるものです。これらのサイトカインは、基本的には細胞レベルでの炎症です。

サイトカインが細胞に近づくと、細胞はグルコースを細胞内に吸収し、それをピルビン酸に変換します。そしてピルビン酸はミトコンドリアへと移動し、アセチルCoAというものに変換されます。しかし、サイトカインがあると、ピルビン酸がミトコンドリアから細胞質に取り出され、ピルビン酸を効率的に利用する場所を阻害する酵素が存在します。そして、サイトカインによって、本来なら作られるはずのエネルギーの10%しか作れなくなってしまうのです。COVIDのようなサイトカインストームが起こるのは、好気性解糖と呼ばれる非効率的なエネルギー生産に移行するためです。ワールブルク効果については、オットー・ワールブルクのガンとミトコンドリアに関する研究をご覧ください。しかし、私たちのためには、あらゆるストレスの結果である炎症が、私たちのエネルギーを作る能力をシャットダウンすることを理解することが重要だと思います。そして文字通り、10分の9をカットしてしまうのです。つまり、本来作れるはずのエネルギーの10%しか作れないのです。COVIDを発症すると、突然、免疫細胞はエネルギーを失い、制御不能に陥ります。ですから、核となるレベルでは、メラトニンは実際にミトコンドリアによって産生され、このシステム全体を緩衝して酵素の働きを止め、エネルギーを作り続けられるようにしているのです。

ベン

交感神経系のストレスは、心臓の健康を心配する人にとっても重要なことだと思います。交感神経系のストレスは、環境的な要因であれ、感情的な要因であれ、心臓を解糖と乳酸の産生に移行させる炎症を引き起こします。その結果、心臓のペースメーカー細胞の電気的活動に影響を与えるだけでなく、石灰化にもつながります。心臓はケトン体や脂肪酸でよく動くので、心臓組織が最初に脂肪を手にすることができるのです。

もし間違っていたら訂正してもらえますか、ジョン。メラトニンの補給が心血管疾患のリスクや心血管、例えば心臓発作の回復にどのような影響を及ぼすのか、高用量のメラトニンに反応するのか。

ジョン

ええ、それについては1章があります。実際、それに関する研究はたくさんあります。脳と心臓は、体内で代謝を必要とする2つの器官です。これらの臓器は非常によく働きます。継続的に多くのエネルギーを必要とします。ですから、ミトコンドリアの機能が衰え始めると……ミトコンドリアを2つの観点から見る必要があります。ひとつは、効率よくエネルギーを作っているかどうか。つまり、例えば丸太があって、その丸太を火にかけると、一方の丸太は10時間燃えるかもしれませんが、もう一方の丸太は1時間しか燃えません。つまり、1時間しか燃えない丸太があるということです。それが、ストレス要因が多すぎるときに細胞レベルで起こっていることなのです。

つまり、心臓が代謝を要求するあまり、エネルギーを大量に生産する機能を停止させてしまうのです。しかし、エネルギーの生産が非効率的だと、エネルギーを作ろうとしても酸化が進んでしまいます。つまり、エネルギーを生産する一方で、酸化物を大量に排出するということです。例えば、ある都市に古い車がたくさんあったとします。そうすれば、都市の汚染は改善されるでしょう。エネルギー消費量も減るでしょう。より効率的になるのです。リスナーの皆さんも、自分の体がもっと効率的になり、公害が減ることを望んでいるはずです。メラトニンはミトコンドリアをサポートしますから。

ベン

そして、特に心臓を見ると、β酸化やケトン体の燃焼が制限される傾向に影響を与える変数が他にもいくつかあると思います。もうひとつは、心筋組織やその先のミトコンドリアが実際に適切に働くための光照射がどれだけ行われたか、ということです。様々な要因がありますが、炎症が少ないこと、ストレスが少ないこと、赤外線を十分に浴びていること、十分な水分補給をしていること、特にミネラルを摂取していることなどが、心筋細胞の効率だけでなく、体全体のミトコンドリアの効率に影響します。メラトニンはそれを見事に後押ししているようですね。

ジョン

ええ、もうひとつは自律神経です。副交感神経が優位になりすぎていると、外に出て運動を始めたときに、誰もが副腎皮質ホルモンの過剰分泌を感じ、運動能力が低下します。では、こう考えてみてください。深い安眠を得ることで、身体は基本的に自己修復し、副交感神経系をサポートします。これらはすべて、メラトニンがアスリートや、おそらく病気の問題を抱えていて、炎症を抑え、免疫システムを改善し、ストレスに対する体の反応を改善したい人にできることのほんの一部です。全体的に、メラトニンはパフォーマンスを最大化したい人なら誰でも使えると思います。

ベン

それと、免疫システムの話がありましたね。この本の中で、NKキラー細胞注射のためにメキシコまで行くような無駄遣いをする必要はない、というようなことが書かれているところが好きです。アメリカでは幹細胞を培養することは違法だということを、多くの人は知りません。幹細胞を採取したり、細胞を保存したりすることはできますが、実際に培養したり、培養したヒト細胞を改変したりすることはアメリカでは許されていないのです。メキシコに行けば、細胞を増殖させ、NK細胞を大量に生産することができます。そのため、多くの人がいわゆる医療ツーリズムを行い、メキシコに行って4万ドルから5万ドルのNK細胞注射を打ち、免疫系を強化するのです。 あなたは本の中で、メラトニンが免疫系、特にキラー細胞に与える影響について話していましたね。そこでは何が起こっているのですか?

ジョン

ええ、メラトニンがナチュラルキラー細胞にどのような影響を与えるかについての研究情報を見ると、とても興味深いです。実は 2005年の免疫と老化に興味深い論文があって”Melatonin, Immune Function, and Aging”(メラトニン、免疫機能、老化)というタイトルでした。その論文で述べられているのは、免疫老化というものです。リスナーの多くは老化細胞についてよく知っていると思います。細胞が永久に眠ったような状態になることで、老化や慢性炎症など、あらゆることに関係しています。免疫系でも同じことが起こります。メラトニンは、ナチュラルキラー細胞になるための幹細胞である前駆細胞というものの分泌を増加させます。

メラトニンはまた、インターロイキンやヘルパーT細胞細胞を改善することも示されています。免疫系に関するメラトニンの情報はたくさんありますね。先ほどおっしゃったように、4万ドルも5万ドルも払ってメキシコに行き、ナチュラルキラー細胞を増やしてもらう人もいます。メラトニンは、何万ドルもかけずに、しかも数年にわたり定期的に摂取することで、それなりの効果が期待できるのです。

ベン

メラトニン、免疫機能、加齢に関する研究は、『immunity and aging』に掲載されていたと思います。そこでの増加率は覚えていません。しかし、サイトカイン・プロファイルの顕著な変化と、特に、高齢者では特にNK細胞の活性が低下していることから、メラトニンの投与は免疫機能を強化する上で非常に大きな治療価値があることがわかりました。しかし、免疫系への影響という点では、メラトニンは重要であるだけでなく、機能性医学の分野では、メラトニンを使っている開業医がたくさんいますし、Long-COVIDや、あらゆるウイルスを撃退する免疫系の能力を高めるために、さらに高用量のメラトニンを使っている開業医もいます。ですから、何かが起こっているのは間違いありません。

そしてもうひとつは、先ほどお話になった抗炎症作用に基づいて、特にCOVID-19によって誘発されるサイトカインストームの抑制が研究されました。2020年に、メラトニンの外因性投与がサイトカインストームを抑制することが示されました。

ジョン

ちょうど12月にクリーブランド・クリニックから発表された研究があります。投与量は明記されていませんが、COVIDに感染する可能性が52%減少したそうです。ですから、COVIDに感染する可能性を減らしたい人は、メラトニンを検討してみてはいかがでしょうか。また、別の医師グループがこの論文を発表し、ワクチンの2週間前と1カ月後にメラトニンを摂取することを奨励しています。さて、ワクチンについては人それぞれ意見があると思います。このポッドキャストでそのことに触れるべきではありませんが、ワクチンを受けようと思っている人は、ワクチンの前と後にメラトニンを摂取することを検討すべきです。特に健康な人は、ワクチンに対する抗体反応がそれほど強くないので、より重要でしょう。

ベン

私が何を考えているかわかりますか?メラトニンにはキレート作用があるんです。水銀や鉛、カドミウムのような金属による毒性を防いでくれるのです。ワクチンによく含まれるアジュバントであるアルミニウムが、アルミニウムの毒性に対するメラトニンの保護効果を研究したかどうかはわかりませんが、他の類似の金属については数多く研究されています。実に興味深いことです。あなたの本を読むまで、メラトニンがどれほど強力なキレート剤であるか知りませんでした。アーサナをしっかり練習している人、コーヒー浣腸をしている人、金属キレートプロトコルをやっている人などには、メラトニンがそのような経路の多くをサポートしてくれるようです。

ジョン

私もそれを読んだときは衝撃を受けました。メラトニンは脳内の重金属をキレートするだけでなく、メラトニンを大量に摂取し始めると、少し気分が悪くなる患者もいます。そういうこともあります。メラトニンの解毒作用によるものかもしれませんが、メラトニンは被ばくしたときに体を守ってくれます。ですから、ワクチンを接種する人はメラトニンの摂取を考慮する必要があると思います。

ベン

ええ、あなたがおっしゃったように、高用量を使い始めた場合、私が指摘した主な副作用は朝の不眠です。メラトニンを摂取していないときには起こらないので、メラトニンのせいだとほぼ断言できます。でも、日光を浴びたり、朝の光を浴びたりすると、5分もしないうちに消えます。驚くべき早さです。メラトニン投与、特に睡眠のための高用量メラトニン投与でグロッキーになっている人が、起きてすぐ、あるいは起きてから1時間以内に光を浴びると、個人的にはグロッキーが完全に消えるんです。

ジョン

あなたがやっていることはとても理にかなっていると思います。今、多くの人がそこに座って、「ずいぶん極端な話だな」と思っているかもしれません。でも、私たちは今、違う世界に生きています。多くのストレス要因があるため、ただ泥まみれになって健康であり続けることは期待できません。もうひとつ、EMF(電磁波)を調べたときに衝撃を受けたことがあります。EMFには発がん性があるという有力な証拠があるのです。携帯電話の電波やWi-Fiを浴び過ぎると、これらの電磁波は細胞レベルで私たちを破壊します。

松果体は電磁波を光として認識し、メラトニンを減少させます。これも文献に載っています。ですから、このグラフを見て、「なるほど」と思われたのではないでしょうか。メラトニンががんを抑制するという興味深い証拠があります。では、EMFの発がん作用は、メラトニンを低下させるからなのでしょうか、それともEMFの悪影響の多くが、メラトニンをつぶしてしまうことに関係しているのでしょうか?わかりません。

ベン

興味深いですね。メラトニンの問題に関連して、私は先ほど、UVAやUVBにさらされた皮膚をダメージから守るという意味でのメラニンの効果や、網膜が光子にさらされるのを制限することが、実際にその問題を悪化させる可能性があるという話をしました。また、メラトニンとその皮膚保護作用、たとえばコラーゲンやエラスチンの産生促進作用についても興味深いデータがあります。メラトニンのアンチエイジング的な使い方について、もう少し詳しく教えてください。

ジョン

肌を見るんですね。私は腸の内壁を見るように皮膚を見ます。外界と接する2つの領域があり、そこでは多くの活動があります。活動があれば、エネルギーが作られ、酸化が起こります。メラトニンは、この酸化に対する主要な緩衝材なのです。ですから、太陽の下に出て紫外線を浴びるとき、強い酸化力があれば、肌を守ることができるのです。メラトニンを摂取している人は、コラーゲンやエラスチンの働きが非常によくなっているという研究結果もあります。私たちは実際にメラトニンのクリームを使ってベータテストをしています。あるとき、あなたたちにそのボトルを渡したと思います。

ベン

ええ、しばらく使っていたスキンクリームのようなものを送ってくれましたよね。メラトニンが入っていたんですか?

ジョン

ええ。

ベン

知りませんでした。硫黄の匂いがしましたよ。どんな硫黄のにおいだったんですか?

ジョン

グルタチオンを入れたかもしれません。何種類か作ったんだけど。

ジョン

ええ、グルタチオンのようなにおいがしました。

ジョン

メラトニンは皮膚に塗ることができます。メラトニン入りのフェイスクリームはとても理にかなっていると思います。朝つけても、グッタリするとか、そういう悪影響は感じません。

ベン

わかりました。スタッキングのアイデアに移りたいと思います。BenGreenfieldFitness.com/MelatoninMiracleにアクセスしてもらえれば、メラトニンを特定の断食プロトコルに積み重ね、特に断食のミトコンドリア効果を高めるためにNADの投与も行うというものです。というのも、サンドマンの成分表示を見ると、メラトニンの他に、リポソームや座薬など、メラトニンと相性のいいものがいくつか入っています。メラトニン以外に何を配合しているのですか?

ジョン

サンドマンにはマグノリア樹皮エキスが入っていて、GABAを介して作用します。GABAに働きかけ、睡眠を少し高めます。それから、フルスペクトラムのヘンプも入っています。それから、リナロールというラベンダーのテルペンも入っています。これが主な有効成分です。

ベン

プロバイオティクスも入っているのでは?

ジョン

ええ、プロバイオティクスは入っています。

ベン

座薬のプロバイオティクスには、どの菌株を使っているのですか?

ジョン

ベン、私たちは基本的に2つのプロバイオティクスの組み合わせを持っています。ひとつはAP0-808。もう1つはAP019です。どちらもバチルス菌株を中心にした独自のブレンドです。AP0-808の場合は、メラトニンとグルタチオンの吸収をサポートする特定の菌株を加えるというものでした。そしてAP 019では、カンナビノイドの中でもCBDのほうでした。

ベン

独自に管理している実際の株のことですか?

ジョン

そうです。

胸に秘めてるんですね。いずれにせよ、大腸内細菌叢にとって、細菌がお尻にいるという考えは、睡眠中のメラトニンとともに、少なくとも私にとっては、腸を少し安定させる効果があるように思えます。あなたがおっしゃった植物性ポリフェノールには、オートファジーを促進する作用がありますよね?

ジョン

ええ、ミト・ファストの第1段階、第2段階、第3段階です。フェーズ1では、細胞にNADを投入し、細胞を活性化させます。フェーズ2では、フィセチン、プテロスチルベン、レスベラトロール、クルクミンなどの植物ポリフェノールを加えます。

ベン

それはすべてルシトール製品に含まれているんですか?これもあなたの製品ですか?

ジョン

ですから、私たちが高速処理をしたい主な理由のひとつは、おそらくリスナーの多くがすでにご存知のことだと思いますが、老化細胞を一掃したいのです。オートファジーを引き起こしたいのです。ミトコンドリアの生合成とマイトファジーを引き起こしたいのです。ですから、これらのことは、短い断食で、長い断食の効果を得ることができるのです。24時間や3日間の断食で、5日間や6日間の断食のような長い断食の効果を得られるようにするのが、この研究の本当の目的です。

ベン

私は四半期ごとに断食プロトコルを行っています。というのも、私のファスティング・プロトコルでは、アーユルヴェーダのクレンズやパンチャカルマ、キッチャリ・クレンズ、ファスティング・プロトコル、ヴァルター・ロンゴが研究したようなファスティングを模倣した食事法などを試すことが多いからです。だから、四半期ごとに断食をする人たちのために体をきれいにする新しい方法を見つけて、それを自分で試すのが好きなんです。それで、私がこの断食を終えた直後にこの記事を書いたんですね。まだ試していないのですが、とても簡単そうですね。断食を始める前の最初の2日間に、NADを大量に摂取するんです。NADの点滴を受けるか、NADの座薬を使うか、NADリポソームを使うか、とにかく最初の2,3日はNADを大量に摂取します。例えば月曜日と火曜日。

そして次の2,3日は、水だけの48時間断食をします。その間、メラトニンと、先ほどお話になったルシトール座薬、ルシトールリポソームを使って、断食の効果をアップレギュレーションします。座薬を使いたくない人のために、すべての経口バージョンがあります。フィセチンやケルセチンなど、断食中に細胞のオートファジーをアップレギュレートするような植物由来のものがすべて入っています。そして、食事を再開した後に、mTOR刺激化合物を摂取します。

ジョン

ステムトールというものです。mTORを上昇させるものです。

ベン

必須アミノ酸を摂るのと同じようなものですね。

ジョン

そうですね、Kion Aminosを摂取してもらうのはそのあとです。タンパク質の摂取量を増やしてもらい、StemTorという高ロイシンの製品もあります。HMBも入っていますし、鹿の角のベルベットも入っています。幹細胞がより多く放出されるように、成長と修復をさらに促進させようとしているのです。そして、幹細胞が放出されたら、CoQ10を多く含むステムゼンと呼ばれるものを使います。また、フコイダンというものもあります。フコイダンとこの高濃度CoQ10をステムゼン製品に配合することで、幹細胞が循環に放出された後の生存率を高めることができるのです。

ベン

ええ、フコイダンは海苔か何かから採れるんでしょう?

ジョン

その通り、褐藻類から採れるものです。

褐藻類ですか。そうです。それ自体が興味深い分子ですね。ところで、[00:58:32]めまいがするような複雑な速さに聞こえるかもしれませんが、キットがありますよね。その断食のリポソームバージョンと、その断食の座薬ベースのバージョンがあると思います。箱に入っていて、説明書と一緒に家に届きます。だから、これを記録している時点では、2021年の春の断食に向けて、基本的に2021年の冬の終わりくらいです。これは私がやるものです。水戸断食のプロトコルをやるつもりなので、個人的にそのプロトコルをやったら、また皆さんに報告します。でも、とてもシンプルです。完全な断食をするのは本当に2日間だけです。NADとmTOR刺激剤の間に挟まれています。クールなアイデアですね。

ジョン

私たちが推進しているのは2つのバージョンです。ひとつは、24時間から36,48時間の断食。そして、3日間の完全断食です。多くの患者さんにやってもらうようにしているのは、儀式の一環として毎週24時間断食をすることです。そして、1カ月のうち1週間は、3日間の完全断食をしてもらいます。この水戸ファスト・プロトコルを3カ月間続けてもらいます。

ベン

3カ月間、それぞれ3日間の断食をするということですね。クールなアイデアですね。ルシトールには、フィセチンやレスベラトロールなど、オートファジーを促進する成分が豊富に含まれています。緑茶エキスのEGCGや、ケルセチン、クルクミンなど、脳の炎症を抑えたり、細胞の老化を防いだり、細胞のオートファジーを促進したりする成分が豊富に含まれています。

本当に興味深いのは、収録を始める前にこのことを話したいとあなたと話していたのですが、興味深いことなので、実際にこのことを話したいと思います。そのようなプロトコルがもたらす神経伝達物質の欠損だけでなく、神経細胞活動を20倍以上に増幅させるような化合物を大量に使ったときに起こりうる脳の炎症にも注意を払うという点で、TBIや脳震盪と同じような治療をしています。

私が始めたのは、1年半前だったと思います。その後始めたのは、その日の夜寝るときにルシトールを使って、それから–お尻に突っ込むにはたくさんあるように聞こえるけど、ルシトールを1錠、サンドマンを1錠、それからCBDを1錠。CBDのほうは何という名前ですか?

ジョン

NeuroDiol。

ベン

ええ、NeuroDiolです。

ジョン

NeuroDiol。

高用量のCBDです。この3つを飲んで、翌朝、植物療法の儀式をします。

ジョン

完全にフレッシュですね。

ベン

ええ、完全にフレッシュでクリーンです。

ジョン

私も幸運なことに、植物療法で本当に深いポジティブな経験をすることができました。そして、一緒に働く適切な人を見つけることができれば、とても貴重なツールだと感じています。初めてやったときは、2週間は無価値でした。疲れ果てました。で、次に行ったとき、製品を使ったら、次の日、目が覚めたとき、素晴らしい気分だったんです。その夜はぐっすり眠れました。そして、実はこのことについて記事を書きました。この記事をBenGreenfieldFitness.com/MelatoninMiracleにリンクして、プロトコルを理解したい人のためにその記事を載せます。

ベン

ええ、とても簡単です。コーヒー浣腸はどうやるんですか?多くの人は座薬のやり方を知らないんです。一般的には、ココナッツオイルやK-Yゼリーなどの潤滑剤を使って直腸を湿らせます。正直なところ、坐薬はそのままでも滑りやすいので、私はそのようなことはしません。ただ、文字通り横向きに寝るだけです。脚をまっすぐにして、上の脚を少し曲げます。そして、座薬を挿入します。通常、ベッドに横になっている方が簡単です。立ち上がって歩き回ったり、直腸括約筋などを弛緩させるようなおしっこをしたりしない限り、そして寝る前の最後にこれをする限り、とてもうまくいきます。高用量メラトニンは、寝る1時間前に飲むと、寝る直前に効いてきます。そんなときは、文字通り座薬を入れて、2分間だけ家の玄関で逆立ちをします。そうすると、歩き回ったり、歯を磨いたり、寝る支度をしているときでも、坐薬がそこにとどまっているような感じがするんです。そうやって、逆立ちをしたり、倒立台に2,3分ぶら下がったりして、寝る前の準備運動をして、そのまま布団に入るんです。そして、寝る前にやることを全部やってから、眠りにつくんです。

ジョン

ええ。一番大きいのは、便意をもよおしたときに、すでに何かが挿入されていると、蠕動運動の引き金になるということです。そのため、座薬を入れた後に「トイレに行きたい」となって、座薬がなくなってしまうことがあります。別のものを挿入しなければなりません。ですから、たまに座薬を紛失することがあります。でも、たいていの人は数分で溶けてしまいます。あまり活発に歩き回ろうとしないほうがいいですよ。

ベン

どうでしょう、私たちがこのようなことを説明するのを聞くのは、人によっては気持ち悪いかもしれません。ですから、もしみなさんが聞いているのであれば、私はただみなさんを満たしたいだけなのです。もう2,3のヒントは、まず第一に、入れたばかりの時はトイレに行きたくなるのが普通です。でも、そうせずに5分か10分待てば、お尻に何かが入っている感覚に体が打ち勝ち、お尻から何かを取り出したくなれば、その衝動は治まります。数分経てば必ず治まります。だから、それを知っておいてください。

それからもうひとつは、夜寝ている間に何かが抜け落ちた場合に備えて、私は座薬を使っている夜でも、使っていない夜でも、裸で寝るのが好きなんです。でも、念のため、座薬を使っているときはボクサーを履いています。座薬が出てしまっても朝シーツを洗わなくていいし、座薬の染料がシーツについたりしないように妻を喜ばせています。実用的なヒントをいくつか。

ジョン

ええ、特に、植物ポリフェノールを含むルシトールは、間違いなくシミになりますよ。

ベン

ええ、わかります。僕の妻は、「ベッドでウコンを食べてるの?」って言うんです。って。「下着をつけなさいよ」って。とにかく、皆さん、現場からのヒントです。内輪ネタですみません。

とても参考になりましたよ、ジョン。この本には、メラトニン、高用量メラトニン、ミトコンドリア、アンチエイジング、免疫システム、その他の効能など、実用的かつ研究に基づいた情報がたくさん詰まっています。このポッドキャストでは、ほんの一部を紹介しただけですが、とても読み応えのある内容です。

…BenGreenfieldFitness.com/MelatoninMiracleにアクセスしていただければ、注釈の中に

ジョン

ええ、ベン、光栄です。

ベン

素晴らしい。さて、みなさん。BenGreenfieldFitness.comの友人、フロリダ州サラソタのジョン・リーランス博士とサインをしながら、1時間お尻に物を入れる方法を皆さんと共有できたことに感謝し、光栄に思っています。本当に長いアウトロでした。素晴らしい一週間をお過ごしください。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました