"マグネシウム"

ビタミンD・紫外線・日光浴(総合)

ビタミンDの活性化と機能におけるマグネシウムの役割

Role of Magnesium in Vitamin D Activation and Function  2018年3月1日 アン・マリー・ウウィトンゼ、モハメド・S・ラザーク 概要 栄養素は通常、体内で協調的に作用する。特定の栄養素の腸管吸収とその後の代謝は、ある程度、他
ビタミンD・紫外線・日光浴(総合)

ビタミンD欠乏症におけるマグネシウムの補給

Magnesium Supplementation in Vitamin D Deficiency 背景 ビタミンDとマグネシウム(Mg)は、人間の健康と病気に多大な影響を及ぼす医学分野で最も研究されているテーマの一つである。成人の大半がビタミンDとマグネシウムの両方を欠いている
マグネシウム

経皮吸収型マグネシウムの「神話」か「現実」か?

Myth or Reality—Transdermal Magnesium? Uwe Gröber,1,* Tanja Werner,2 Jürgen Vormann,2 and Klaus Kisters1,3 要旨 以下の総説では、経皮吸収型マグネシウム塗布に関する現行の文献
マグネシウム

マグネシウムはアルツハイマー病の中枢神経変性を抑制できるか?基礎的なエビデンスと研究の必要性

Can magnesium reduce central neurodegeneration in Alzheimer's disease? Basic evidences and research needs 2019年3月22日 ハイライト 生理学的には、マグネシウムは興奮性
マグネシウム

レビュー 高齢者の感染症におけるマグネシウム

Magnesium in Infectious Diseases in Older People 2021年1月8日 Ligia J. Dominguez 1,Nicola Veronese 1,*、Fernando Guerrero-Romero 2,Mario Barbaga
コビッド予防・免疫力

マグネシウムと炎症 進歩と展望(COVID-19)

Magnesium and inflammation: Advances and perspectives  2020年11月18日 a ミラノ大学、生物医学・臨床科学科 L. Sacco, Via GB Grassi 74, I20157 Milano, Italy b クレル
マグネシウム

神経疾患におけるマグネシウムの役割

The Role of Magnesium in Neurological Disorders オンラインで公開2018年6月6日 要旨 マグネシウムは、人体内での多様な作用を持つことがよく知られている。神経学的な観点から見ると、マグネシウムは神経伝達と神経筋伝導に不可欠な役割を
マグネシウム

時間あたりのマグネシウム化合物(生体吸収率)タイムライン  どのマグネシウム化合物が最も効果的か?

Timeline (Bioavailability) of Magnesium Compounds in Hours: Which Magnesium Compound Works Best? 生物学的微量元素の研究 要旨 マグネシウムは、多くの細胞の生理機能と関連しているため、
マグネシウム

COVID-19 マグネシウム

COVID-19パンデミック:マグネシウムの役割はあるか?仮説と展望 要約 より多くのCOVID-19についての研究が蓄積されてきている。疾患の病態のいくつかの側面は、T細胞の低下と枯渇、炎症性サイトカインの血漿中濃度の増加、および内皮機能不全などMg欠乏で発生するイベントを思い
SARS-CoV-2

マグネシウムサプリメント 各キレート加工の解説

Mg欠乏症へのキレート化マグネシウム マグネシウム欠乏症に対しては、生物学的利用能の高い有機結合マグネシウム塩が推奨される。 クエン酸マグネシウム グルコン酸塩 オロチン酸塩 アスパラギン酸塩 神経損傷への特定キレート化マグネシウム しかし、脳での神経損傷がすでに生じている場合、
マグネシウム

認知症患者だけではない無症候性マグネシウム欠乏症

マグネシウム(認知症・アルツハイマー病) 概要 マグネシウムは体内で4番目に豊富なミネラルであり、主に細胞内に存在する。 アデノシン三リン酸の代謝において重要な役割をもち、300以上の酵素反応の補因子としての作用をもつ。 DNA、RNAの合成、複製、タンパク質の合成に必要であり、
AI言語モデルとの対話

AI Claude 3:酸化ストレスにおける酸化種・抗酸化剤について

はじめに(一般向け) 私たちの体は、日常的に酸化ストレスにさらされている。酸化ストレスとは、活性酸素種と呼ばれる不安定な分子が過剰に発生し、体内の細胞や組織に損傷を与える状態を指す。この酸化ストレスに対抗するために、体内には抗酸化物質が存在している。抗酸化物質は、活性酸素種から電
うつ病・統合失調症

総説:適切な副栄養素またはミネラル要素は、うつ病の改善とリスク軽減に有益である

Appropriate Macronutrients or Mineral Elements Are Beneficial to Improve Depression and Reduce the Risk of Depression オンライン公開 2023 Apr 12. P
目・眼

査読論文:緑内障の天然物による治療とその作用機序: 最新情報

Treatment of Glaucoma with Natural Products and Their Mechanism of Action: An Update オンライン公開:2022年1月26日. PMCID: PMC8840399 PMID: 35276895 Ru
ケビン・マッカーナン、SV40、DNA混入

ブログ記事:mRNAワクチン中の外来DNA
Foreign DNA in the mRNA Vaccine

Zum Inhalt springen Foreign DNA in the mRNA Vaccine 近年、mRNAワクチンの開発と応用は大きな進歩を遂げている。かつては実験室にしか存在しなかったものが、今ではmRNAワクチンを何度も接種することで、私たちの多くにとって現実のも
プレッパーズ、サバイバルツール

書籍:SHTF サバイバル・ブートキャンプ
暴動、オフグリッド、最悪のシナリオにおける都市と荒野のサバイバル・コース

SHTF Survival Boot Camp: A Course for Urban and Wilderness Survival during Violent, Off-Grid, & Worst Case Scenarios セルコ・ベゴヴィッチ、トビー・カワン SHTF
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

書籍:地に足をつけ、健康になる

Get Grounded, Get Well 称賛 「シナトラ博士は、身体を健康に保つための洞察力とアドバイスにおいて、私の頼りになる専門家であり、先生であり、お守りのような存在だ。彼が初めてグラウンディングについて説明してくれたとき、私はそれを自分の生活に取り入れ、特に睡眠の質
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

『地球の処方箋』(2020)

The Earth Prescription 『地球の処方箋』はゲームチェンジャーだ。まさに今、私たちの地球と身体、心、精神が待ち望んでいる薬なのだ」 女神は老いない、『更年期の知恵』、『女性の身体、女性の知恵』のニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー作家、クリスチャン・ノースラ
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

アーシング:史上最も重要な健康への発見?
Earthing: The Most Important Health Discovery Ever?

目次 著作権について アーシングへの賛辞 アーシング 序文 第1部 なぜ私たちは不健康なのか-ミッシングリンク 1. 電気的なあなたと電気的な地球 2. ディスコネクト・シンドローム 第2部 個人的な発見 3. 再接続クリント・オバーの物語 4. アマチュア科学者の挑戦 5. 心
生物毒素・カビ毒

トキシック:カビ毒、ライム病、化学物質過敏症、慢性環境病から体を癒す

Toxic: Heal Your Body from Mold Toxicity, Lyme Disease, Multiple Chemical Sensitivities, and Chronic Environmental Illness ビクトリーベルト出版より2018年