Alzhacker

フェロセネセンス:神経変性の鉄の時代?

Title: Ferrosenescence: the iron age of neurodegeneration? 受理した日 15-11-2017 著者。アドニス-スフェラ、ケルシー-ブロック、エイミー-プライス、ルズミン-インデリアス、カロリナ-オソリオ ケルシー Bullock、MD -所属。ロマ リンダ大学、ロマ ...
Alzhacker

小児科における症状管理における病院のピエロの有効性:ランダム化および非ランダム化比較試験のシステマティックレビュー

Effectiveness of hospital clowns for symptom management in paediatrics: systematic review of randomised and non-randomised controlled trials 2020年10月13日に受理 要旨 目的 急性...
思案問答

死はあなたにとって悪いのか?

Is Death Bad for You? 私たちは皆、死は悪いことだと思っている。しかし、なぜ死は悪いことなのであろうか。 この質問について考えるとき、私は単純に、自分の体の死が人間としての私の存在の終わりだと仮定しておこう。(私を信じないなら、私の本の最初の9章を読んでほしい)。しかし、もし死が私の終わりだとし...
歴史/未来学

終末論法

Doomsday argument 紀元前1万人から西暦2000年までの世界人口 終末論法(DA)とは、これまでに生まれた人間の総数を推定して、人類の将来のメンバーの数を予測しようとする確率論的な議論である。簡単に言えば、それはすべての人間がランダムな順序で生まれていることを仮定すると、チャンスは、任意の1つの人間...
哲学/思想

「意識の問題への熱力学的アプローチ 」へのコメント

 Comment on “A thermodynamic approach to the problem of consciousness 要旨 最近、Beshkarはクオリアの性質についての論文を発表した。彼の議論は、クオリアには否定的な性質があり、意識と同じように否定的な性質があるという推測につながるいくつかの仮定に基づい...
歴史/未来学

宇宙カレンダー2021(歴史編)

この距離から見る地球には、特に興味を覚えないかもしれない。 けれど我々にとってはそうじゃないんだ。 この「点」についてもう一度考えてみて欲しい。 ここだ、ここがふるさとであり、ここに私たちがいる。 あなたの好きなすべての人、あたなの知っているすべての人、あなたが今まで耳にしたことのあるすべての人、人間である限りどこ...
歴史/未来学

宇宙カレンダー2021(未来編)

宇宙に広がっていかない限り、人類は次の千年を生き延びることはないだろう。 この惑星上の生命に降りかかる災難はあまりにも多い。 しかし、私は楽観主義者だ。われわれは恒星へと手を伸ばしていくだろう。 デイリー・テレグラフのインタビューにて スティーブン・ホーキング 宇宙カレンダー(現在-未来)とは 宇宙カレンダ...
歴史/未来学

脆弱世界仮説 ニック・ボストロム

The Vulnerable World Hypothesis ニック・ボストロム オックスフォード大学フューチャー・オブ・ヒューマニティー研究所 要旨 科学技術の進歩は、市民生活を不安定にするような形で人々の能力やインセンティブを変化させる可能性がある。例えば、DIY のバイオハッキング・ツールの進歩により、生物学の基本...
歴史/未来学

デジタルマインドで世界を共有する ニック・ボストロム

Sharing the World with Digital Minds (2020)ドラフト バージョン1.8 カール・シュルマン & ニック・ボストロム 人類の未来研究所 オックスフォード大学 要旨 生物の心は、人工知能の技術を使いこなせば創造される可能性のある心の空間のほんの一角を占めている。しかし、...
歴史/未来学

人類の影 観測選択効果と人類絶滅リスク

Anthropic Shadow: Observation Selection Effects and Human Extinction Risks ミラン・M・シーコビッチ、1 アンダース・サンドバーグ、2,ニック・ボストロム2 我々は、稀な確率的な大災害イベントの予測を導く際に、人類のバイアスを考慮に入れることの重要な実用...