毒性学・薬理学

毒性学・薬理学

ジェネリック医薬品の先発医薬品に対する安全性と有効性

Safety and efficacy of generic drugs with respect to brand formulation 2013年12月 Luca Gallelli,1 Caterina Palleria,1 Antonio De Vuono,2 Laura Mumoli,1 Piero Vasapoll...
毒性学・薬理学

医薬品情報協会ファーマコビジランスとリスクマネジメント戦略2017. ジェネリック医薬品プログラムの概要とサーベイランス

Drug Information Association Pharmacovigilance and Risk Management Strategies 2017: Overview of the Generic Drug Program and Surveillance Published online 2018 May 9 ...
3型(有害金属)

パラケルスス再訪 複雑な世界における用量概念

Paracelsus Revisited: The Dose Concept in a Complex World 要旨 パラケルススが「毒のないものは何か」という有名な独白を作った時に、「毒のないものは何もない。すべてのものは毒であり、毒のないものはない。毒でないものは用量だけで決まる」という言葉を残した。当時の胎児毒性学は...
COVID-19 リスク因子・プロファイル

主要な内分泌撹乱物質であるビスフェノールA(BPA)とSARS-CoV-2感染症および重症COVID-19のリスクとの間に関連性はあるか?

Is There a Link between Bisphenol A (BPA), a Key Endocrine Disruptor, and the Risk for SARS-CoV-2 Infection and Severe COVID-19? 要旨 重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス-2(SARS-C...
毒性学・薬理学

毒素蓄積部位としての脂肪組織

Adipose Tissue as a Site of Toxin Accumulation 要約 我々は、一般的にエネルギー貯蔵サイトと考えられている脂肪組織が、毒性物質の蓄積の潜在的なサイトとしての役割を検討している。ほとんどの難分解性有機汚染物質(POPs)の生産は数年前に禁止されたが、これらの毒性物質は...
毒性学・薬理学

不確実性の科学的根拠 労働暴露限度の設定に用いられる不確実性要因

The Scientific Basis of Uncertainty Factors Used in Setting Occupational Exposure Limits 要旨 不確実性因子の概念は、労働暴露限界値を導き出すほとんどの組織を含め、公衆衛生実務のあらゆる側面の健康リスク評価に統合されている。不確実性因子の使...
薬物有害作用

薬物有害反応(ADR)を避けるための精密投与

Precision dosing to avoid adverse drug reactions 要旨 薬物有害反応(ADR)は、従来、患者に危害が及んだ場合に薬剤や用量の選択を反応的に調整するという試行錯誤によって管理されていた。しかし、ADRの理解が深まり、感受性を高める患者の特性を理解することで、精密医療技術はADRへの積極...
毒性学・薬理学

科学研究の読み方・理解の仕方

How to Read and Understand Scientific Research クリス・クレッサー、M.S. 科学論文の読み解き方 科学論文の読み方、理解の仕方を学ぶことは、健康をコントロールするための重要なステップである。 相反する利害関係、欠陥のある科学、センセーショナルに報道されたメディアな...
3型(化学毒素)

毒性試験をすり抜ける低用量化学物質の危険性

化学物質過敏症・安全性 「あらゆるものは毒であり、毒でないものなど存在しない。その服用量こそが毒であるかないかを決めるのだ」 毒性学の父 パラケルスス はじめに 87000の新規化学物質 過去50年間で、87000以上の新しい化学物質が承認され、環境保護庁(EPA)に登録されている。これらのうち発がん性リスクが正式に検査され...
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

COVID-19パンデミックにおける有害物質曝露の役割の過小報告

The Under-Reported Role of Toxic Substance Exposures in the COVID-19 Pandemic 要旨 コロナウイルス病2019(COVID-19)および以前のパンデミックは、毒性学的な問題はほとんど無視され、ウイルス学的な問題としてほぼ独占的に見られてきた。この見解は...