毒性学・薬理学

低用量ナルトレキソン(LDN)

低用量の薬剤は慢性疾患の転帰を改善する可能性がある

Low drug doses may improve outcomes in chronic disease サイモン・B・ディミット、ハンス・G・スタンプファー オンライン公開:2009年11月2日 概要 ...
低用量ナルトレキソン(LDN)慢性疾患毒性学・薬理学
毒性学・薬理学

動物におけるセルフメディケーション

Self-Medication in Animals 動物の寄生虫に対するセルフメディケーションは、これまで考えられていた以上に広く行われており、宿主-寄生虫生物学に深い影響を及ぼしている。 動物の寄生虫に対するセル ...
毒性学・薬理学
毒性学・薬理学

動物薬理学(Zoopharmacognosy) ウィキペディア(Wikipedia)

Zoopharmacognosy 草を食べる猫-動物薬理学の一例 概要 動物薬理学(Zoopharmacognosy)とは、人間以外の動物が病原体や毒素の害を防いだり軽減したりするために、植物や土壌、昆虫、精神作用薬を ...
毒性学・薬理学
毒性学・薬理学

水に溶けにくい物質の水生毒性試験と環境リスク評価への影響

AQUATIC TOXICITY TESTS WITH SUBSTANCES THAT ARE POORLY SOLUBLE IN WATER AND CONSEQUENCES FOR ENVIRONMENTAL RISK ASSESSME ...
毒性学・薬理学
ワクチン リスク・ベネフィット

薬剤のベネフィット | リスク比の評価-無作為化と自然主義のエビデンス
Assessing the benefit: risk ratio of a drug--randomized and naturalistic evidence

2011 Jun; 13 François Curtin, MD* and Pierre Schulz, MD 要旨 医薬品のベネフィットとリスクの初期および継続的な評価、すなわち治療効果と安全性リスクのバランスをとるため ...
ワクチン リスク・ベネフィット毒性学・薬理学薬物有害作用認知症 医薬
ハーブ

ハーブと薬物の相互作用で相反する結果を引き起こす多面的な要因

Multifaceted Factors Causing Conflicting Outcomes in Herb-Drug Interactions オンラインでは2020年12月30日に公開 概要 ハーブと薬物の相互作用(HD ...
ハーブハーブ・漢方(免疫)毒性学・薬理学薬物有害作用
毒性学・薬理学

医薬品の安全性評価における「無毒性量」(NOAEL)のレベル

The no-observed-adverse-eVect-level in drug safety 安全性評価における 使用、問題、および定義 Michael A. Dorato a,¤, JeVery A. Engelhardt ...
毒性学・薬理学
ホメオスタシス・ホルミシス

ホルミシスによるNOAEL(No-Observed-Adverse-Effect Level)のシフト

Hormesis Shifts the No-Observed-Adverse-Effect Level (NOAEL) オンラインで2021年3月23日公開 Evgenios Agathokleous,1 Costas Sai ...
ホメオスタシス・ホルミシス毒性学・薬理学
毒性学・薬理学

有害事象経路の概念を用いた化学物質混合物による発達期神経毒性の評価

Assessment of developmental neurotoxicity induced by chemical mixtures using an adverse outcome pathway concept オンライン ...
毒性学・薬理学
毒性学・薬理学

毒性リスク評価における不確実性の特性化と管理 欧州食品安全局の意見の例 欧州食品安全機関の意見からの例

Characterization and Management of Uncertainties in Toxicological Risk Assessment: Examples from the Opinions of the Eur ...
毒性学・薬理学農薬・GMO・食品添加物
毒性学・薬理学

経皮的治療システムの性能 生物学的要因の影響

Performance of transdermal therapeutic systems: Effects of biological factors 概要 経皮的薬物送達(Transdermal Drug Delive ...
毒性学・薬理学
毒性学・薬理学

経鼻内薬物送達:薬物開発の機会と毒性学的課題

Intranasal drug delivery: opportunities and toxicologic challenges during drug development Lea-Adriana Keller,1,2 Oli ...
毒性学・薬理学血液脳関門
毒性学・薬理学

中枢神経系への血液脳関門と経鼻薬の送達

The blood-brain barrier and nasal drug delivery to the central nervous system  Mar-Apr 2015 要旨 背景 血液脳関門(BBB)は、 ...
毒性学・薬理学血液脳関門
COVIDリスク因子

COVID-19の感染患者におけるシトクロムP450を介した薬物代謝・投薬に及ぼす影響について

Potential Effects of COVID-19 on Cytochrome P450-Mediated Drug Metabolism and Disposition in Infected Patients 2021年2月4 ...
2. コロナウイルスCOVIDリスク因子毒性学・薬理学
イベルメクチン

P糖タンパク質:アルツハイマー病におけるアミロイドβの輸出に役割を果たすか?

P-glycoprotein: a role in the export of amyloid-beta in Alzheimer’s disease? Amanda B. Chai1, Gavin K. F. Leung1, Richa ...
イベルメクチン毒性学・薬理学血液脳関門
IVM作用機序
個人輸入・ジェネリック薬

インドと米国におけるジェネリック医薬品の医薬品規制 ケーススタディと今後の展望

Pharma Regulations for Generic Drug Products in India and US: Case Studies and Future Prospectives Suryakanta Swain ...
個人輸入・ジェネリック薬毒性学・薬理学
個人輸入・ジェネリック薬

ジェネリック医薬品 – インドのシナリオ

Generic drugs – The Indian scenario 2019年4月-6月 SS Joshi、YC Shetty、S Karande1 序論 ジェネリック医薬品とは、既存の承認された先発医薬品と、用法・ ...
2. コロナウイルス個人輸入・ジェネリック薬医薬(COVID-19)毒性学・薬理学
毒性学・薬理学

医薬品・医薬品原体中の不純物

Impurities in Drug Products and Active Pharmaceutical Ingredients 2016年9月 M. フィード アダム・ミッキェヴィッチ大学水・土壌分析学科(ポズナン ...
毒性学・薬理学
毒性学・薬理学

血液、尿、汗(BUS)調査 生物蓄積性有害元素のモニタリングと除去

Blood, Urine, and Sweat (BUS) Study: Monitoring and Elimination of Bioaccumulated Toxic Elements スティーブン・J・ジェニス - デトレフ・バ ...
毒性学・薬理学
毒性学・薬理学

ジェネリック医薬品の先発医薬品に対する安全性と有効性

Safety and efficacy of generic drugs with respect to brand formulation 2013年12月 Luca Gallelli,1 Caterina Palleria, ...
毒性学・薬理学
Alzhacker.com をフォローする
タイトルとURLをコピーしました