毒性学・薬理学

COVIDワクチンの有害事象

毒殺の犯罪学 戦争の文脈、テロリズム、暗殺、その他の殺人事件
Criminology of Poisoning Contexts Warfare, Terrorism, Assassination and Other Homicides

Criminology of Poisoning Contexts Warfare, Terrorism, Assassination and Other Homicides 毒殺事件の犯罪学 戦争、
その他のワクチン(HPV,炭疽菌,他)

何があなたを病気にするのか? パート1
あなたが病気について知っていると思っていたことは、なぜすべて間違っているのか?

What Really Makes You Ill? Why Everything You Thought You Knew About Disease Is Wrong 何があなたを病気にするのか?
毒性学・薬理学

毒のある政治 | 恒久的に汚染された世界での行動
Toxic politics: Acting in a permanently polluted world

科学の社会学 2018年 48巻(3) 331-349 マックス・リボイロンニューファンドランド記念大学地理学科(カナダ、ニューファンドランド州セントジョンズ) マヌエル・ティローニ チリ・カトリカ大
医療・製薬会社の不正・腐敗

副作用による462品目の製造販売中止:世界文献のシステマティック・レビュー
Post-marketing withdrawal of 462 medicinal products because of adverse drug reactions: a systematic review of the world literature

Post-marketing withdrawal of 462 medicinal products because of adverse drug reactions: a systematic
GMO、農薬

瀕死のミツバチと「無知」の社会的生産
Dying Bees and the Social Production of Ignorance

Dying Bees and the Social Production of Ignorance ダニエル・リー・クラインマン1,2、サイナス・スリヤナラヤナン2 科学、技術、人間の価値 要旨 この
低用量ナルトレキソン(LDN)

低用量の薬剤は慢性疾患の転帰を改善する可能性がある
Low drug doses may improve outcomes in chronic disease

サイモン・B・ディミット、ハンス・G・スタンプファー オンライン公開:2009年11月2日 Low drug doses may improve outcomes in chronic disease
毒性学・薬理学

動物におけるセルフメディケーション

Self-Medication in Animals 動物の寄生虫に対するセルフメディケーションは、これまで考えられていた以上に広く行われており、宿主-寄生虫生物学に深い影響を及ぼしている。 動物の寄
毒性学・薬理学

動物薬理学(Zoopharmacognosy) ウィキペディア(Wikipedia)

Zoopharmacognosy 草を食べる猫-動物薬理学の一例 概要 動物薬理学(Zoopharmacognosy)とは、人間以外の動物が病原体や毒素の害を防いだり軽減したりするために、植物や土壌、
毒性学・薬理学

水に溶けにくい物質の水生毒性試験と環境リスク評価への影響

AQUATIC TOXICITY TESTS WITH SUBSTANCES THAT ARE POORLY SOLUBLE IN WATER AND CONSEQUENCES FOR ENVIRON
ワクチン リスク・ベネフィット

薬剤のベネフィット | リスク比の評価-無作為化と自然主義のエビデンス
Assessing the benefit: risk ratio of a drug--randomized and naturalistic evidence

2011 Jun; 13 François Curtin, MD* and Pierre Schulz, MD 要旨 医薬品のベネフィットとリスクの初期および継続的な評価、すなわち治療効果と安全性リス
ハーブ

ハーブと薬物の相互作用で相反する結果を引き起こす多面的な要因

Multifaceted Factors Causing Conflicting Outcomes in Herb-Drug Interactions オンラインでは2020年12月30日に公開 概要
毒性学・薬理学

医薬品の安全性評価における「無毒性量」(NOAEL)のレベル

The no-observed-adverse-eVect-level in drug safety 安全性評価における 使用、問題、および定義 Michael A. Dorato a,¤, JeVe
ホメオスタシス・ホルミシス

ホルミシスによるNOAEL(No-Observed-Adverse-Effect Level)のシフト

Hormesis Shifts the No-Observed-Adverse-Effect Level (NOAEL) オンラインで2021年3月23日公開 Evgenios Agathokleou
毒性学・薬理学

有害事象経路の概念を用いた化学物質混合物による発達期神経毒性の評価

Assessment of developmental neurotoxicity induced by chemical mixtures using an adverse outcome path
GMO、農薬

毒性リスク評価における不確実性の特性化と管理 欧州食品安全局の意見の例 欧州食品安全機関の意見からの例

Characterization and Management of Uncertainties in Toxicological Risk Assessment: Examples from the
毒性学・薬理学

経皮的治療システムの性能 生物学的要因の影響

Performance of transdermal therapeutic systems: Effects of biological factors 概要 経皮的薬物送達(Transdermal
毒性学・薬理学

経鼻内薬物送達:薬物開発の機会と毒性学的課題

Intranasal drug delivery: opportunities and toxicologic challenges during drug development Lea-Adria
毒性学・薬理学

中枢神経系への血液脳関門と経鼻薬の送達

The blood-brain barrier and nasal drug delivery to the central nervous system  Mar-Apr 2015 要旨 背景 血液
COVIDリスク因子

COVID-19の感染患者におけるシトクロムP450を介した薬物代謝・投薬に及ぼす影響について

Potential Effects of COVID-19 on Cytochrome P450-Mediated Drug Metabolism and Disposition in Infecte
イベルメクチン

P糖タンパク質:アルツハイマー病におけるアミロイドβの輸出に役割を果たすか?

P-glycoprotein: a role in the export of amyloid-beta in Alzheimer’s disease? Amanda B. Chai1, Gavin
alzhacker.com をフォロー