何があなたを病気にするのか? パート1
あなたが病気について知っていると思っていたことは、なぜすべて間違っているのか?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ

その他のワクチン(HPV,炭疽菌,他)世界保健機関(WHO)医療・製薬会社の不正・腐敗毒性学・薬理学

What Really Makes You Ill? Why Everything You Thought You Knew About Disease Is Wrong

何があなたを病気にするのか?(2019)

あなたが病気について知っていると思っていたことは、なぜすべて間違っているのか?

ドーン・レスター&デイヴィッド・パーカー

免責事項:21世紀初頭の医療は、「既得権益者」によってほぼ完全にコントロールされている。彼らは、「現代医療」として知られる自分たちのシステムこそが唯一の真の医療であり、それ以外の医療はすべて疑似科学やヤブ医者と見なすべきだと主張している。この統制の結果、本書の著者である私たちは、医師ではないことを表明する法的義務を負うことになった。さらに、本書の内容が専門的かつ信頼できる情報源から得られたものであるとしても、本書は情報ガイドとしての役割を果たすことを意図しており、その中心的な目的は、人々が医療に関して真に十分な情報を得た上で意思決定できるよう支援することであることを明記する義務がある。

本書は真実を求めるすべての人に捧げられる。

「誤りは、何度も伝播することによって真実になるのではない。また、真理は、誰もそれを見ないから誤りになるのでもない」

マハトマ・ガンジー

「権威に対する無思慮な尊敬は、真実の最大の敵である」

アルベルト・アインシュタイン

目次

  • 何があなたを病気にするのか?
  • 著作権について
  • はじめに
  • 1. 病気の処方箋 健康であるために死ぬ
  • 2. 予防接種 効果がなく危険である
  • 3. 細菌説 致命的な誤り
  • 4. 「感染」病  神話を払拭する
  • 5. 動物と病気さらなる医療神話
  • 6. 地球を毒する 狂い始めた科学
  • 7. 「非感染性」疾患 さらなる医学的誤解
  • 8. グローバルな問題より広い視点から
  • 9. 既得権益と支配のアジェンダ
  • 10. 病気の本質と原因
  • 結論 自然に健康になる方法
  • 参考文献
  • 著者について

はじめに

医者とは、何も知らない人間に、何も知らない病気を治すために、何も知らない薬を処方するものである。

ヴォルテール

人体の自然な状態は健康である。

しかし、人の一生を通じて身体を健康な状態に保つことは、かなり難しいように思われる。

病気は人間にとって一般的な経験のように思えるが、その現れ方はさまざまであり、程度もさまざまである。例えば、風邪は自分で治すことができ、短期間で治るが、関節リウマチのような慢性疾患の多くは不治の病であり、一生続くと考えられている。このことから、病気はほとんど避けられないもの、あるいは人間生活の必然的な側面とさえ考えられるかもしれない。

とはいえ、多くの人々が一生の間に何らかの病気を経験するという事実は、いくつかの根本的な疑問を投げかける。言い換えれば、何が人を病気にするのだろうか?

このような疑問に対する通常の回答は、相互に関連する2つの考え方に言及している。ひとつは、病気は何らかの病気に罹ったから起こるという考え方である。もうひとつは、病気はそれぞれ別個の存在であり、体内で生じる独特の症状によって識別できるというものである。本書はまた、これらの考え方が真実ではないことを実証する。

事実上すべての「医療」システムで採用されている病気に対する従来のアプローチは、患者の症状を和らげたり、終息させたりすると主張されるレメディー、つまり「薬」を用いるものである。このアプローチは、症状が止まったということは病気が治ったということであり、この成功は「薬」によってのみ達成されたという考えに基づいている。しかし、共通のアプローチにもかかわらず、異なる医療システムは、ヒトの病気の治療に異なるタイプの「薬」の使用を採用している。これらの「薬」は、天然物質または天然物質から派生した製品の形をとることもあれば、合成化学化合物から製造された製品の形をとることもある。

人間の病気を治療するための「薬」の使用は、フランソワ=マリー・アルーエ(1694-1778)の名であるヴォルテールの引用に要約されている。しかし、医師は薬や病気、人体についてほとんど、あるいはまったく知識がないという18世紀の考え方は、21世紀には何の関係もないと考える人がほとんどだろう。このような見方は、「医学」は過去3世紀に大きな進歩を遂げ、それゆえ21世紀の医師は、薬、病気、人体について、完全ではないにせよ、十分な知識を持っているという考えに基づいている可能性が高い。本書はそうではないことを証明する。

「医学」の進歩は、「現代医学」として知られる医療システムに組み込まれてきた。「現代医学」は、科学的根拠に基づいた唯一の医療システムであると主張されている。「現代医療」が最高で最先端の科学的医療であるという考え方が、世界各国の政府が実施すべき唯一の医療システムとして推進する正当な理由として使われてきた。

「現代医療」が真の医療を提供できる唯一のシステムであると主張されるからこそ、本書の主な焦点となるのである。しかし、この後の議論が示すように、この主張には根拠がない。また、医学界の権威によって広められた病気に関する情報は、事実上すべて誤りであり、その理由は、根本的に欠陥のある考え方や理論に基づいているからである。このような考えや理論に欠陥があるということは、ヴォルテールの言葉が「現代医学」として知られる21世紀の医療システムにも当てはまるということである。

本書では、「医療体制」という言葉を、現代医学のシステムを実践、研究、教育、促進、その他の形で支えているすべての人々、組織、産業、学術研究機関を指す言葉として使用する。

なぜなら、問題はその原因が取り除かれて初めて存在しなくなるからである。この真理は必然的に病気の問題にも当てはまる。しかし、病気は存在し続けるだけでなく、「現代医学」による治療や予防にもかかわらず、多くの人々にとって悪化の一途をたどっている。

ここから導き出される論理的で正しい結論は、「現代医学」が問題の本質を徹底的に理解することに失敗し、同様にすべての根本原因を正しく特定することにも失敗したということである。このような失敗の結果、医学界が採用している対策は、病気の問題に対する解決策としてはまったく不適切である。病気の治療や予防を謳ってはいるが、通常医薬品で構成されるこれらの対策は、その原因を取り除くものではないため、問題を解決することはできない。

「病気」に関する現代医学の失敗は、その実践の基礎となっている理論の欠陥によるものである。

この声明は、間違いなく大多数の人々から、非常に議論の余地があるものとみなされるだろう。読者は本書を読みながら、ドイツの哲学者アルトゥール・ショーペンハウアー(1788-1860)の次の言葉を心に留めておいていただきたい、

「すべての真理は3つの段階を経る。第一に嘲笑される。第二に、激しく反対される。第三に、自明のものとして受け入れられる」

本書は、現代医学の考え方や理論の欠陥を明らかにするだけでなく、病気の本当の性質と原因を説明し、読者が十分な情報を得た上で決断し、自分の健康のために適切な行動をとるための情報を提供する。


医師は医学部で、患者の症状に応じて特定された病気の治療のために薬を処方するよう教えられる。第1章の議論は、薬がなぜ患者を健康に戻さないのかを明らかにし、医薬品が有益ではなく有害である理由を説明するものである。

予防接種は、「感染因子」によって引き起こされると主張される病気を予防する最も安全で効果的な方法であると広く信じられている。第2章の議論は、予防接種が効果的でなく危険である理由を説明し、科学的根拠がないことも明らかにする。

ある種の病気は感染症であり、「病原微生物」によって引き起こされるという考え方は、「細菌説」に起源を持つ。第3章の考察は、この理論が決定的な証明をされたことがないことを示している。また、「細菌」と呼ばれる微生物について広まっている情報の事実上すべてが、まったくの誤りであることも明らかにしている。

第3章の「細菌説」に対する反論は、「感染症」と呼ばれる病気の本当の性質と原因について疑問を投げかけるものである。第4章では、「伝染性」であると主張される多くの主要な病気について検討し、医学界が提示する説明の中に内在する問題点を明らかにする。

多くの病気は動物と人間の間で感染すると主張されている。第5章の議論では、この主張の欠陥を実証し、より信頼できる説明を提供するために、多くの動物の病気を調べる。この章では、病気の研究目的で生きた動物を実験に使う生体解剖の基本的な問題点も説明する。

「有害な物質や影響」による環境汚染は、医学界を含む科学界が認めているよりもはるかに大きく、人間の健康にとって深刻な脅威である。第6章の議論では、環境を汚染する化学的・電気的な「毒」の主な発生源を探り、これらの毒の主な用途のいくつかに言及する。この章では、家庭用品、化粧品、パーソナルケア製品、食品、飲料など、さまざまな日用品の成分として有毒化学物質が使用されていることや、あまり知られていない用途についても述べる。

一般に非伝染性疾患と呼ばれる慢性的な健康問題のすべてではないにせよ、そのほとんどについて、医療機関は「正確な」原因を把握していないことを認めている。第7章の議論では、このような「知識のギャップ」の存在と程度を明らかにするために、主要な非伝染性疾患のいくつかを検証する。また、既知の原因因子のいくつかを検証し、事実上すべての疾患に共通する根本的なメカニズムの存在を明らかにする。

健康問題は単独で考えることはできない。健康問題は必ず他の状況と関連しており、そのほとんどは世界中の、特に「発展途上国」と呼ばれる国々のかなりの割合の人々に影響を及ぼしている。国際機関、特に国連システム内の組織は、21世紀の人類が直面するすべての問題を解決できると主張しているが、この主張には根拠がない。第8章の議論では、これらの問題に対する解決策を提供すると主張される最近の取り組みを、特に人間の健康に直接的・間接的に影響を与える問題に重点を置いて検証し、これらの対策が解決策としては不適切であることを明らかにする。

医薬品やワクチンの開発に想像を絶するほど巨額の資金が費やされ、現在も費やされ続けているにもかかわらず、「現代医学」が「病気」の問題に対して不適切な解決策を採用しているのは、「既得権益」の影響によるところが大きい。このような既得権益の存在と、医療機関が運営する医療制度を含む人間生活の重要な領域に対する影響力については、第9章で論じる。

前章までの医学界の説明の問題点を明らかにした上で、最終章では「病気」の本当の姿を説明する。また、病気はほとんどの場合、複数の原因の結果であることを論じ、共通のメカニズムの存在を明らかにする。問題点を論じるだけでなく、第10章では、人々がこれらの原因因子への暴露を減らし、自分の健康に責任を持ち、コントロールする方法についての情報を提供する。


「確立された定義」と呼ばれる各「病気」の定義は、特に断りのない限り、オックスフォード・コンサイス医学辞典2007年版から引用している。

引用文中の強調はすべて原文通りである

ウェブページが削除されていたり、ウェブサイトがすでにアクティブでない場合を除き、引用されたすべての記事およびウェブページは、巻末の「参考文献」のセクションに記載されている。

インターネットのダイナミックな性質により、ウェブページやファクトシートはしばしば更新される。

本書で使用されている情報は、執筆時点のものである。書誌に記載されている出版書籍からの引用は、すべて公正使用(Fair Usage)に合致していると考えられる。

1. 病気の処方箋 健康であるために死ぬ

薬漬けの自由な医師は、薬の効果の治療に忙殺される。

ハーバート・シェルトンND DC

「医学」という言葉には2つの意味がある、

「病気の診断、治療、予防に関する科学または実践」

そして

「疾病の治療または予防に使用される薬物または製剤」である。

「医薬品」と呼ばれるさまざまな薬物や製剤は、医療従事者が患者に提供する「医療」に不可欠で、中核的な要素であると考えられている。定義に「科学」という言葉が含まれていることから、医学の実践は、科学的に確立された証拠に基づき、それに完全に裏打ちされた強固な基盤を持っているという印象を与える。この定義はまた、医薬品や製剤の使用も同様に科学的根拠に基づくものであり、「医薬品」は使用される目的に対して適切かつ効果的なものであるという印象を与える。

病気の治療や予防に「医薬品や調剤」を使用する医療行為は、「科学」に根拠がなく、患者を健康に戻す能力もない。

この発言は、間違いなく多くの人にとんでもないことだと思われるだろう。しかし、だからといってその真実性が否定されるわけではないことは、本章で病気の治療のために医薬品を使用することについて議論することで証明される。病気の予防のためのワクチン接種については、次の章で述べる。

医学界は、何百種類もの病気が存在し、そのひとつひとつが固有の症状で識別でき、適切な「薬」で治療できると主張している。「薬」の目的は、症状の停止を達成することであり、その結果、病気は治療によって克服されたと解釈される。

少なくとも、これは理論上のことである。しかし実際には、現実の世界では、同じ病気と診断され、同じ薬で治療されたにもかかわらず、患者が経験する転帰は多種多様であることが珍しくない。このように大きく異なる結果が存在することは、理論に対する直接的な挑戦である。さらに、症状が完全に止まった患者もいるかもしれないが、この結果は薬のせいとは言えないし、健康が回復したとも言えない。

医学の定義の興味深い特徴は、病気の「治療」ではなく「治療」に言及していることである。その理由は、医学界が多くの病気は「不治の病」であるとしているからである。その理由は、医学界が多くの病気は「不治の病」であるとしているからである。このような病気に対しては、適切な治療が患者の状態を「管理」すると主張する。

すべての医薬品が「副作用」をもたらすことは広く認められているが、それは事実上、治療の直接的な結果としての新たな症状である。しかし、新たな症状の発生は、本質的に新たな健康問題の発生であるため、一般的な医療制度の中核をなす問題である。

病気の治療薬として使われる医薬品の効き目は千差万別であり、また、それによって引き起こされる新たな症状もあることから、これらの「治療」が患者を健康な状態に回復させる能力について重大な疑問を投げかけていることは明らかである。

WHO(世界保健機関)のウェブサイトには、健康の定義が掲載されている、

「健康とは、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態であり、単に病気や虚弱がないことではない」

この定義は、1948年にWHOが設立された際に、その規約で初めて宣言されて以来、変わることなく受け継がれている。WHOは国連(国際連合)の機関であり、WHO憲章を批准しているすべての国のすべての人々の健康に関する「権威」である。言い換えれば、WHOは事実上、世界中のすべての国が実施する保健政策を指揮しているのである。しかし、WHOの疾病治療に関する政策勧告は、症状を緩和することはできても、疾病を治癒することはできないとされる「医薬品」の使用に関するものばかりである。

WHOの方針は、あらゆる場所で、すべての人にとってより良い健康を達成するという目的と明らかに矛盾している。

科学とはプロセスであり、人類の知識レベルを拡大するために世界のさまざまな側面を研究することである。また、科学的調査の過程で観察されるさまざまな現象を説明するための仮説や理論の創造も伴う。様々な研究が進み、知識体系が増えるにつれ、新しい情報が明らかになったり、既存の仮説や理論の中にある異常や矛盾が露呈することもある。このような場合、どの分野の科学者であれ、新たな知見に照らして仮説や理論を再評価することが不可欠である。新しい理論が、観察された現象に対してより適切で説得力のある説明を提供する場合はなおさらである。

病気を治療するための「医学」の基礎となる理論には、多くの異常や矛盾が含まれていることを示すことができる。しかし、より重要なことは、人間の病気とその原因について、はるかに信頼でき説得力のある説明を提示する他の理論が存在することである。これらの説明はまた、人々が病気の原因に対処するための手段を提供し、ほとんどの不健康な状態からの完全な回復を助け、真の意味で人々を健康な状態に回復させることができる。

「医学」の歴史を説明するつもりはないし、その必要もない。とはいえ、「医療」の使用の起源を明らかにし、21世紀初頭の状況、特にWHOが全加盟国に採用を推奨している医療制度の優位性を考慮すると、その進展の概略を明らかにするために、この歴史のある側面を参照することは必要である。

世界のさまざまな地域で、また歴史を通じて、病気の原因や、これらの状態を治療し患者の健康を回復するためにとるべき適切な措置について、さまざまな考え方が生まれてきた。しかし、どのような「医学」の体系も、基本的には同じ原理で動いている。つまり、病気にかかった人が健康を回復するためには、「治療効果」があるとされるある物質による「治療」が必要だということである。

病気の症状を示す人々の治療に関する古代の習慣や伝統の中には、地上的なものよりもむしろ、悪意ある超自然的な影響の存在に対する信念に基づいているものもあり、そのようなものには必ず、同様に超自然的な性質を持つ「治療薬」の使用が含まれている。他の古代の習慣や伝統は、病気やその治療に対して、より地上の様々なアプローチを採用していた。これらのシステムで採用された治療法の多くは、地元で見つけることができ、治療効果があると主張された植物や同様の物質など、様々な天然物質の使用を伴うものであった。

植物の薬用利用は世界の多くの地域で記録されており、何千年も前にさかのぼることができる。例えば、古代インドの医学体系であるアーユルヴェーダは、約5,000年前のものだと言われている。同様に、TCM(中国伝統医学)も、アーユルヴェーダをルーツとしながらも、何千年も前のものだと言われている。例えば、古代ギリシャ医学は、アーユルヴェーダと古代エジプト医学の両方の影響を受けたと言われている。後者のシステムはパピルスに記録され、文書化されており、その一部は数千年前のものと推定されている。

これらの古代医学の多くはホリスティックなもので、特定の症状に対処するのではなく、その人全体を治療するものであった。これらの成分は植物や植物の一部から抽出されることが多かったが、毒草から抽出されることもあった。例えば、バラ科のツルニチニチソウ(Catharanthus roseus)は食べると有毒だが、アーユルヴェーダや中医学では特定の健康問題の治療に用いられてきた。その他の治療薬には、特定の動物の体の一部から抽出された成分が含まれていることもある。

このような古代の伝統医学とは相容れないと思われているが、現代医学はその方法をいくつか取り入れている。製薬業界は、伝統医学の実践者が広く使用してきた特定の薬用植物の「有効成分」の合成誘導体を使って、多くの医薬品を製造してきた。例えば、バラ科のツルニチニチソウから抽出された医薬品は、現代医学では特定の癌の治療に使用されている。

アーユルヴェーダや中医学など、古くから伝わる医学や治療法の中には、21世紀の現在でも人気があり、実践され続けているものもある。しかし、それらは非常に有用な考え方を含んでおり、特に人体を全体的に考えるべきであるという認識に関しては、それにもかかわらず、患者の治療に使われる薬の成分として動物の部位や有毒植物を使用するなど、あまり有用でない考え方や方法も残っている。

多種多様な植物が食品として食用に適しているという考えを支持する証拠は豊富にあるが、動物の部位や毒草に治療効果があり、人間の健康に有益であるという考えを支持する証拠はない。

約2,500年前に生きたギリシャの医師ヒポクラテスは、「現代医学の父」と呼ばれることがある。彼は古代エジプトの医学体系から知識の一部を得たと言われている。病気とその適切な治療法に関するヒポクラテスの著作はかなりの割合で残っており、当時どのような医療行為が行われていたかを知る上で有益な示唆を与えてくれる。ヒポクラテスが抱いていた考えには、奇妙さと有用さが混在していた。後者は、次のように訳されている彼の最も有名な言葉によって実証されている、

「食を薬とし、薬を食とせよ」

このシンプルな言葉は、第10章で詳しく述べたように、食が健康にとって重要な要素であるという、広く認められた事実を示している。

ヒポクラテスの考えの「奇妙さ」は、病気は「四体液」と呼ばれる血液、痰、黒胆汁、黄胆汁のバランスが崩れることによって引き起こされるという彼の理論によって説明することができる。健康回復のためには、これらのアンバランスを正すことが必要であり、彼の方法には瀉血や瀉血といったものがあった。残念ながら、どちらも体内のアンバランスを正したり、健康を回復させたりすることはできないが、どちらも比較的最近まで現代医学の実践者たちに使われていた。

アメリカ大統領のジョージ・ワシントンは、風邪を治すためにヒルを使った「瀉血」を含む治療を何度も受けたが、その結果、血液の半分以上が体から抜かれ、1799年12月にわずか67歳で亡くなったと伝えられている。瀉血は2,000年以上にわたって「治療法」として用いられ、多くの著名な医師が自らの診療で提唱し、採用してきたにもかかわらず、その有効性を裏付ける科学的証拠は一度もない。現代医学でもヒルは使われているが、その目的は血流を助け、血栓を防ぐことであり、患者の血液を大量に採取することではない。

西洋世界では、15世紀初頭に始まった「医学ルネサンス」まで、古代からの「医学」の慣習はほとんど変わることなく続いた。このルネッサンスに16世紀に大きく貢献したのが、パラケルススとして知られるスイス人医師アウレオルス・テオフラストゥス・ボンバストゥス・フォン・ホーエンハイムである。しかし、パラケルススが最もよく知られている理論は、医療の向上には貢献しなかった。それどころか、病気と闘うことに重点を置いていたため、医療の進歩を妨げてきた。この実践は、現在でも現代医学の中核をなす機能であるが、それにもかかわらず、病気と闘うことは健康を回復することと同義ではない。

ヒポクラテスの理論のひとつに、人間の身体は化学的なシステムであり、病気になると「バランスが崩れる」と主張するものがある。完全に間違っているわけではないが、このような不均衡に対処するために使用された物質のせいで、この考えは悲惨な結果を招いた。パラケルススは、「梅毒」として知られる病気に伴うアンバランスを修正するために、水銀の使用を提案した。パラケルススは、梅毒を水銀で治療するというアイデアの創始者ではない。その疑わしい名誉は、1490年代後半に辰砂の使用を実践したジョルジョ・ソンマリーヴァに属する。パラケルススの梅毒治療への貢献は、水銀軟膏の処方であった。

パラケルススが最もよく知られているであろうもう一つの理論は、「毒は用量にあり」という言葉に集約されている。この理論こそが、毒性物質は「適切な量」を投与するという条件付きで、「薬」として使用するのに適しているという考えの基礎となっている。この理論はまた、後の章で述べるように、他の目的での毒性物質の使用を正当化する根拠にもなっている。引用を誤ることもあるが、パラケルススの言葉は次のように英訳されている、

「すべてのものは毒であり、毒のないものはない」

繰り返すが、これ以上真実から遠ざかるものはない。

参考記事
Less Can Be More(少ないとは多いということ): 地球上の生物圏におけるストレス適応のホル...
Less Can Be More: The Hormesis Theory of Stress Adaptation in the Global Biosphere and Its Implicati

医学界の主張とは裏腹に、「正しい」量の薬は治療効果があるが、「間違った」量の薬は有害であるという考えは誤りである。彼の著書『ナチュラル・ハイジーン(自然衛生学)』には、次のように書かれている: ハーバート・シェルトンND DCは、『ナチュラル・ハイジーン:人間の原始的な生き方』と題した著書の中で、次のように述べている、

「毒とは質的なものであり、単に量的なものではない」

毒の『量』によって生じる唯一の変化は、毒がもたらす効果の程度と害の程度に関するものである。

16世紀を通じて、多くのヨーロッパ諸国の医師はヒポクラテスの著作に従い続け、たとえばイギリスの医学生はその著作を学び、医師としての資格の基礎としていた。1505年に設立された王立外科医大学と1518年に設立された王立内科医大学である。

英国のヒポクラテス」と広くみなされている17世紀の医師、トーマス・シデナム医学博士もまた、有益なアイデアと有害なアイデアの両方を提供した人物の一人である。

16世紀と17世紀は科学が栄えた時代であり、特にヨーロッパでは、科学的な問題を議論するために1660年に設立された王立協会(Royal Society)のような科学団体が、科学者たちの研究や発見に関するさまざまな著作の保管場所を提供するために結成された。この時期になされた科学の進歩には、多くの新しい発見や技術、また例えば顕微鏡のような既存の技術の大幅な改良が含まれる。新しい技術や改良された技術は、科学者たちが実験室での実験に利用した、特に有用な道具であり、彼らは自分たちの理論を科学的に確立し証明する手段を提供したと主張した。

「科学革命」として知られるこの時代は、科学者たちが新しい化学元素を発見し、新しい化合物を開発した時代でもあった。人間の身体は本質的に化学的なシステムであり、「バランスをとる」必要があるという考え方が広まり、医学の分野でもさまざまな実験に化学薬品が使われるようになった。

「医学ルネッサンス」と「科学革命」を内包するこの時代は18世紀にも広がり、特に「医学」の分野ではエリート主義的な態度を助長した。このような態度は、医科大学のような医学組織の責任者の間で優勢であったが、資格のある医師たちもすぐに、自分たちが訓練を受けてきたシステムに対して同様の見解を持つようになった。19世紀以前には女性が医師としての訓練を受けることはほとんどなかったため、これらの男性は、自分たちの医療制度が科学的根拠に基づいた唯一の「真の」医療制度であると宣伝しようとした。

この時代は一般に「医学」の始まりとされているが、実際には医学ドグマの始まりでもあった。

この「科学的」システムが、病気の治療に有害物質の使用を伴うという事実にもかかわらず、医学界の権威は、科学的根拠に基づく医療が「ヤブ医者」の打倒につながったという見解を広めている。ヤブの定義には、病気を治療する物質の能力に関する根拠のない主張が含まれていることに注意すべきである。この記述の重要性は、この章の議論を通じて次第に明らかになっていくだろう。また、水銀が梅毒を「治癒」する能力があるという証拠がないにもかかわらず、水銀を主成分とする化合物による梅毒治療が20世紀初頭まで続けられていたことにも注目すべきである。しかし、水銀が他の有毒物質と同様、多くの害をもたらし、死に至ることさえあることを示す証拠は豊富にある。

科学に基づく医療システムに対してエリート主義的な態度が育まれたのは、決してヨーロッパだけではなかった。キャロライン・ディーン医学博士は、『現代医学による死』と題した著書の中で、カナダの状況に触れ、次のように述べている、

アロパシー医者が権力を握り始めたのは1759年のことである。当時、ヤブ医者や「蛇の油売り」から「疑うことを知らない大衆」を守るために法律が作られた。

それにもかかわらず、オーソドックスな、つまりアロパシーのシステムは、患者の自然な健康状態への回復を助ける能力が科学的に確立されていない診療を採用していた、

「…患者は血を流され、水ぶくれにされ、瀉血され、吐かれ、麻薬漬けにされ、水銀漬けにされ、アルコール漬けにされ、慢性的な病人や墓場へと追いやられた」

これらの「治療」の多くは、少なくともヒポクラテスの時代までさかのぼる伝統的な慣習の延長線上にあった。しかし、前述のように、これらの治療法はしばしば患者の死を招いた。この事実は、その効能の欠如と危険な性質の両方を示している。ハーバート・シェルトンが報告しているように、こうしたやり方や「薬」として使われる物質がもたらす害が気づかれないままだったわけではない、

「当時の医師たちにとって、薬物が有害であることはよく知られていた」

有害であることが分かっていたにもかかわらず、これらの薬物が使われ続けたことは、「毒」が「治療」になるという考え方がまったく誤りであることを「科学的」システムが認識できなかったことを示している。彼らが訓練を受けてきた医療制度は、患者に『医療』を提供する医師を備えていなかったし、医療による害から患者を守るものでもなかった。

それにもかかわらず、『科学的医学』の支持者たちは、19世紀中、自分たちのシステムをさらに発展させ、医師資格を得るためのより正式な訓練手順を設けることによって、自分たちの優位性を高めようとした。自分たちの支配力を強化するために、自分たちの「科学的」システムの下で訓練を受けた医師だけを「本物の」医師とみなし、そのシステムの下で訓練を受けていない者は「ヤブ医者」と呼ぶという教義も実行に移した。

例えば、イギリスにおける「医療制度」の公式化は、1832年にBMA(英国医師会)の設立につながった(1855年までは別の名称であった)。この組織の目的は、BMAの歴史と題されたBMAのウェブページによれば、次のようなものであった、

医師が医学知識を進歩させ、交換できる。「友好的で科学的な」フォーラムを提供すること」であった。

BMAのウェブページにはその歴史が詳しく書かれているが、その中で19世紀初頭の「ヤブ医者」撲滅キャンペーンが紹介されている。「ヤブ」という言葉は、現代医学以外のあらゆる。「癒し」を信用しないために使われたし、今も使われている。しかし、ヤブ医術に反対すると言いながら、有害であることが知られている「薬」を使用し、しばしば患者の病死を招いたのは、まさにその19世紀の医療システムであった。

ヒポクラテスにちなんで「ヒポクラテスの誓い」と呼ばれる「害をなすなかれ」という誓いがある。この誓いは、資格を取得したばかりの医師が今でも誓うものであり、「医療」の分野で仕事をする上で基盤となる称賛に値する原則である。しかし、『医療』の名の下に有害物質を使用することは、この章が示すように、医師がその原則を実践する能力を否定することになる。

医学界の権威は、「副作用」という唯一の例外を除いて、「医薬品」が有害であるという考えを否定し続けているが、自分たちが訓練を受けたシステムに内在する問題に気づき、懸念を抱くようになった個々の医師は数多くいる。調査の結果、これらの医師の多くは、すべてではないにせよ、自分の「訓練」の一部を拒否し、他の「癒し」の方法を開発し、利用する勇気を持った。そのような医師の一人がジョン・チルデン医学博士であり、彼はその経験を『毒素血症の説明』という本の中で次のように述べている、

「私が薬物を使用した25年間と、薬物を使用しなかった33年間で、薬物は不必要であり、ほとんどの場合有害であるという私の信念は、真実を知ろうとする人々にとって価値があるものである」

おそらくほとんどの人は、21世紀初頭の『医療システム』は、それ以前の時代のシステムとは異なり、確かな科学的証拠に基づいていると考えるだろう。現在使われている現代医学のシステムは、さまざまな習慣や伝統の結果として発展してきたものであり、そのどれもが、患者を健康に回復させるための病気の治療に適切であると科学的に確立されたものではない。

さらに、21世紀の「医学」は主に製薬会社の研究所で行われているが、実験室での実験は、現代の医薬品の使用が安全で効果的であるという「科学的証明」にはならない。それどころか、「医薬品」が病気の治療法として効果がないばかりか、害を及ぼし、死に至らしめる可能性があることを明確に示す証拠は、数多く、そして増え続けている。

現代医学

ディーン博士は『現代医学による死』の中で、「現代医学」の問題点を詳細に暴露し、次のように述べている、

「薬は現代医学の代名詞である」

この章の冒頭で引用されている『医学』の定義は、『薬物』の使用による病気の治療を指している、

「生体の構造または機能に影響を及ぼすあらゆる物質」である。

この定義は極めて重要な点を強調している。つまり、薬物、あるいは医薬品の目的は、生体の機能に影響を与えることである。この定義は、薬物が「治療的」であるという印象を与えることを意図しているが、実際には、薬物によってもたらされる効果は有益なものとは程遠い。

しかし、化学は確かに科学ではあるが、化学物質を使って病気を治療することを「医学」と呼べるわけではない。薬に関係する。「科学」は薬理学である、

「薬物の特性と身体への影響に関する科学」と定義されている

莫大な利益を上げている製薬業界は、薬理学分野の研究に依存して存続しており、現代医学の開業医が使用する「医薬品」の製造を支配している。

このことは、すべての薬物の「作用」が事実上同じであることを示しており、言い換えれば、薬物はすべて生体の機能に影響を与える能力を持っているということである。実際、いくつかの「合法」薬物、例えばリタリンやアデロールは、いくつかの「違法」薬物と非常によく似た化学組成を持っている。「薬物」と「医療」という言葉は同じ意味で使われることもあるが、「薬物」という言葉が違法な物質と結びつけられることが多いため、医療関係者は当然ながら、病気の治療薬として使われる物質については後者の言葉を使いたがる。彼らが「薬」という言葉を好んで使うのも、それによってもたらされる効果が「治療的」であるという印象を伝えるのに役立っている。

人体はある程度「化学的」な性質を持っているが、人体が必要とする化学物質は、代謝されて身体の生理機能に利用されるために、非常に特殊な形をしている必要がある。製薬会社の研究所で合成され、医薬品として製造される化学化合物は、ハーバート・シェルトンが説明するように、人体には適切ではない、

なぜなら、ハーバート・シェルトンが説明しているように、「すべての薬は生理学的に身体の機能と相容れないからである」

「薬」の目的は、身体の構造や機能に影響を与えることによって病気と「闘う」ことにある。しかし、身体の構造に悪影響を及ぼしたり、身体やその機能と生理的に相容れない物質は、身体にとって毒である、

「身体の組織を刺激し、損傷し、その活動を損なう物質」である

医学界は必然的に、『薬』は治療作用を発揮するために適切な『量』を投与するという唯一の条件付きで、有益な干渉をもたらすだけだという考えを助長する。しかし、すでに述べたように、ある物質が、その使用量によってのみその性質を変えることはできない。

医薬品の製造にはさまざまな段階があり、その第一段階として、治療効果があると主張される植物の有効成分の単離や、化合物への合成がある。製薬業界は膨大な数の化合物を生産し、その一つひとつが「病気」に対する効果を判定するためにさまざまな試験を受ける。最近まで、これらの化合物の効果を判定するための試験は、特定の病気に罹患しているとされる組織に対して行われていた。試験の目的は、化合物が組織を変化させ、病気のプロセスに対抗できるかどうかを発見することである。「有益」と考えられる効果が観察された場合、その効果をもたらした化合物が市場性のある製品、つまり「医薬品」の開発に組み入れられるかどうかを発見するために、さらなる試験が実施される。

製薬会社の中には、この種の試験にはもはや疾患組織を使わず、DNAやRNAなどの遺伝物質分子やタンパク質分子である「疾患分子」を使うようになったと報告しているところもある。

製薬業界の研究所には、何百万とは言わないまでも、何千もの化学化合物があり、さまざまな疾患分子に対するテストが行われている。これらのテストは、高度に技術的な機器、特に非常に大量のテストを非常に速いスピードで実行する能力を持つロボットを使って実施される。試験の目的は変わらず、どの化学物質が「有益」と解釈できる「効果」を疾患分子にもたらすかどうかを確認することであり、最終的な目的は「医薬品」を開発することである。

実験室の細胞培養で、化学物質が遺伝物質の一部やタンパク質分子に「効果」をもたらす可能性は十分にある。しかし、単離された分子に化学化合物がもたらす効果を外挿することで、その化合物が生きている人間に有益な効果をもたらす可能性を示すという考えは、多くの理由からまったく不適切である。その主な理由のひとつは、試験されるとき、疾患分子はもはや人体内の自然環境には存在しないということである。この環境は、人体をさまざまな部分から構成される生きた機械にすぎないと認識している医学界には理解しがたいものであり、各部分は研究され、もし疾患であることが判明すれば、他のどの部分とも関係なく、化学物質の使用によって「固定」することができる。

製薬業界の仕事は、ヒポクラテスやパラケルススなどの仕事の延長線上にあることは明らかである。彼らは、身体は本質的に化学的なものであり、身体が病気になったときにはこれらの化学物質の「バランスをとる」必要があると主張してきた。部分的には正しいのだが、この考え方は、病気の治療のために、人体とは生理学的に相容れない合成化学化合物を使用するという結果を招いた。生きている人体に関する誤った考え方の長い歴史は、医学界がそのアプローチを変え、「健康」と「病気」についてよりよく理解する能力に有害な影響を及ぼし続けている。

「科学」とは調査のプロセスであり、あるいはそうあるべきであり、科学的方法は「証拠に従う」手順を含むべきである。

「医学」においては、リアルワールドでの観察から得られた証拠は、理論ではうまく説明できない、あるいは説明できないことが多い。例えば、前節の最後に引用したジョン・チルデン博士の経験は、彼の患者が「薬」の使用をやめると病気から回復したというものであった。この経験は、現代医学の理論と完全に矛盾するものであるが、それにもかかわらず、無視すべきではない経験的証拠としての資格がある。

残念なことに、医学界の権威は、矛盾する経験的証拠に照らして誤った理論を放棄する代わりに、それを医学のドグマとして確立し、この「正統性」に疑問を呈する勇気のある者は誰でも中傷の対象となる。「医学」の分野を支配するために、医学界は自らを「エリート」と認識し、それ以外の見解を非難する医療システムを作り上げた。このような態度は、キャロライン・ディーン博士が『現代医学による死』の中で説明しているように、医学生の研修中に植えつけられる、

「実際、医学部で学ばなかったことはヤブ医者に違いないと何度も言われた」

しかし、医学部で教えられる情報、特に薬理学と人体内での薬物の作用に関する研究には多くの問題がある。

ある化合物が実験室で組織や「疾患分子」に対して有益と思われる効果をもたらすことが確認されると、その化合物は生体に対する影響を調べるためにさまざまな試験が行われる。これらの試験の目的は、「治療用量」を決定し、薬の「副作用」の程度を確認することである。しかし、これらのテストは、その化合物が人間の健康にとって有益であるという「証拠」を提供するものであるとは考えられない。

薬理学には、薬物の生体への影響を研究する薬力学と、薬物に対する生体の作用を研究する薬物動態学の2つの分野がある。しかし、本書の議論が示すように、薬物の唯一の作用は身体を毒することであり、身体の唯一の作用は薬物を排出しようとすることである。

しかし、2011年6月に発表された『腫瘍への標的薬物送達』と題された論文が示しているように、そうではない: 神話、現実、そして可能性である。この記事は腫瘍への薬物送達に言及しているが、根本的な原理は同じである、

「しかし、現在の薬物送達システムは、それ自体を標的に誘導する能力を持っていない」

つまり、薬物は、病気にかかっていない、あるいは病気の影響を受けていない身体の部分にも影響を与えることができるということである。血流は、薬物が身体の病変部に到達するための送達システムに含まれると主張されているが、血流が単なる輸送システムであるという考えは誤りである。血液の機能には栄養素の運搬と毒素の除去が含まれるが、血液は体内に入るすべての物質の影響を受ける。「血液中毒」について流布されている情報の誤解を招きやすい性質については、第3章で述べる。

『現代医学』が『科学』に基づいていないことを示す証拠は、さまざまな情報源から豊富に得られている。例えば、1991年10月、権威ある『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)』誌の編集長であったリチャード・スミスは、「知恵はどこにあるのか?The Poverty of Medical Evidence(医学的証拠の貧困)」と題する論説を発表し、その中で次のように述べている、

「世界にはおそらく3万誌の生物医学ジャーナルがある」

これは明らかに医師が読むにはありえないほど膨大な量であるが、医学的な読み物の量は問題の本質ではない。社説は、前の週にマンチェスターで開催された医学会議に言及している。その講演者の一人がデューク大学のデビッド・エディ教授であった、

「…確かな科学的証拠に支えられているのは、医療介入の15%程度である…」

そして、リチャード・スミスは彼自身の言葉でこう続ける、

「これは、医学雑誌に掲載される論文の1%しか科学的根拠がないためでもあり、多くの治療法がまったく評価されていないためでもある」

これらの暴露は、現代医学は「科学」であり、治療法はすべて安全で効果的であることが科学的に「証明」されているという主張とは相反するものである。

しかし、この社説は、「薬」が安全で効果的であるという彼らの主張に内在する問題について、医学界の権威が認めた唯一の例では決してない。ディーン博士が『Death by Modern Medicine』の中で、米国のGAO(会計検査院)が作成した報告書に言及して説明しているように、医薬品の使用には「リスク」が伴うことは広く認められている、

「1976年から1985年の間にFDAによって承認された198種類の医薬品のうち、102種類(51.1%)に承認後の重大なリスクがあった」

報告書に挙げられている。「リスク」には、心不全、腎不全、肝不全、出生異常などが含まれ、「承認」された医薬品がもたらす危険性の明確な証拠となっている。医薬品が承認される前に、このような深刻な状況が確認されていなかったという事実は、医薬品試験の手順や、その化合物が医薬品として適切であるという当初の検討に重大な問題があったことを示している。シェルドン・クリムスキー博士は、その著書『私益の中の科学』の中で、薬物検査手順に疑問が呈されない理由について、次のように述べている、

「毎年行われる何万もの臨床試験のうち、そのほとんどは新薬、臨床処置、医療機器のFDA承認を得ようとする営利企業によって資金提供されている」

この状況は改善されるどころか、むしろ悪化の一途をたどっている。第9章では、利潤を追求する製薬会社やその他の既得権益者によって、医療制度に対する支配力がますます強くなっていることについて論じている。

医薬品の大部分はアメリカの製薬会社が製造しており、アメリカのFDA(食品医薬品局)の承認が必要である。大多数の人々は、この承認プロセスが、市場に出回るすべての医薬品が安全で有効であることが科学的に証明されていることを意味すると考えている。したがって、FDAはどんな薬でも、一般消費者に適した「薬」として承認する前に、独自の厳格な試験を行っていると期待されるべきである。

デイヴィッド・マイケルズ博士がその著書『Doubt is Their Product』で説明しているように、残念ながらそうではない、

「米国の制度では、食品医薬品局(FDA)が、企業自身が報告した様々な実験室試験や臨床試験の審査に基づいて、新薬の認可を行っている。FDAは、報告されたデータや結果を調査することはできるが、その作業を自ら行うだけの人員も資源もない」

医薬品業界の『薬』開発に対するアプローチには多くの問題がある。第一に、最初の「効果」は、実験室内の孤立した化学反応にすぎないということである。第二に、第5章で詳しく述べるが、実験に使われる多くの実験動物は、人間とは機能的にある種の違いがある。第三に、すべての「薬」には、意図された作用のほかに作用がある。これらは「副作用」と呼ばれ、薬によって引き起こされる害を示すさまざまな症状が含まれる。この話題については、次の章で詳しく述べる。

しかし、医薬品の「医薬品」は有害である。その理由は、製造に使用される化学物質の性質によるもので、その多くは本質的に有毒であり、そのすべてが人体とは生理学的に不適合である。

製薬業界で使用される製造工程や成分について説明した非常に有用な文書のひとつに、『医薬品廃棄物分析』というものがある。この文書は2006年にブラックスミス研究所によって作成され、彼らのウェブサイト(blacksmithinstitute.org)から入手できる。同研究所は2015年にピュアアース(pureearth.org)に名称を変更した。

医薬品製造プロセスのひとつである「発酵」は、抗生物質とステロイドの製造に用いられている。発酵の過程では溶媒が使用されるが、その一部は医薬品廃棄物に関する文書の中で次のように述べられている、

「発酵工程で最もよく使用される溶剤は、アセトン、メタノール、イソプロパノール、エタノール、アミルアルコール、MIBKである」

これらの溶剤はすべて有毒である。MIBKはメチルイソブチルケトンの略で、『毒性が低い』と主張されているが、文書には肝臓を損傷する可能性があると書かれており、『毒性が低い』という主張は明らかに否定される。

もうひとつの医薬品製造工程は「化学合成」と呼ばれるもので、多種多様な医薬品の有効成分のほとんどに使用される製造方法である。この工程もまた、医薬品廃棄物文書が説明するように、多くの毒性の高い物質を含んでいる、

「化学合成では、さまざまな優先汚染物質が反応溶媒や精製溶媒として使用される」

この文書には、化学合成の過程で使用される「優先汚染物質」のリストが掲載されている、

「ベンゼン、クロロベンゼン、クロロホルム、クロロメタン、o-ジクロロベンゼン、1,2-ジクロロエタン、塩化メチレン、フェノール、トルエン、シアン化物などである」

「優先汚染物質」とは、これらの物質が極めて危険な化学化合物であることが知られていることを意味する。

「医薬品」の製造に使用されるのは上記の工程だけではない。しかし、医薬品の製造には毒性の高い物質が使用されることを示す一例となる。この文書が表明している懸念は、産業界から排出される廃棄物の危険な性質と、これらの廃棄物が環境に及ぼす影響についてである。

この文書に含まれる情報は、製造工程で使用される物質や、製薬業界が「医薬品」を製造する際に利用する成分の有毒性を明確に示しており、医薬品は本質的に有害であるという主張の裏付けとなっている。この事実は、ハーバート・シェルトンも指摘している、

「いわゆる医薬品と呼ばれるものは、どんな量であれ、すべて毒である」

それゆえ、すべての医薬品が「副作用」をもたらすと認識されているのは当然のことである。しかし、その害の程度は常に控えめであり、ほとんどが隠されている。副作用が引き起こす害の規模は、次の議論の主題である。

医原病

Iatrogenesis(医原性)とは、ギリシャ語の「医者」に由来し、認識されている現象である、

「…治療によって、予期せぬ、あるいは必然的な副作用として生じた状態を指す」

21世紀初頭の「医薬品」は、人間が罹患する何百種類もの病気と闘う能力を持つ「現代の奇跡」であると認識されている。この「奇跡」のかなりの部分は、高度に洗練された技術の使用と相まって、「医学」の進歩によって達成されたとみなされている。しかし、前2回の議論でも述べたように、「現代医学」は科学的根拠に基づいて確立されたものではないし、薬の効果が健康に有益であることも証明されていない。医原性という現象が存在することは、医療行為が深刻な結果をもたらす可能性があり、実際にそうであることを示している。

キャロライン・ディーン博士は、自分たちが訓練を受けた正統派医療システムの欠陥を認識している多くの医師の一人である。彼女は『現代医学による死』の中で、「医療」における化学薬品使用の歴史に言及し、次のように述べている、

「当初から、化学薬品は効き目以上のものを約束していた。しかし、効かないだけでなく、数え切れないほどの副作用を引き起こした」

「副作用」の確立された定義は、次のようなものである、

望ましい治療効果に加え、薬物によって生じる望ましくない効果」である。副作用はしばしば望ましくないものであり、有害な場合もある。

というのも、それは「治療」によって生じたと認識される状態であり、言い換えれば、それは治療の直接的効果だからである。医原性疾患は、明らかに治療の意図した効果ではないが、それを「副作用」というレッテルに追いやるのは軽率である。

「副作用」は望ましいものではないが、「予期せぬ」、「望ましくない」、「望ましくない」と表現されるのは、薬理学、特に薬力学の知識が極めて不十分であることを明確に示している。

患者が同じ症状に対して同じ医薬品を処方される理由は、「病気」をもたらすプロセスについての誤った考えに基づいている。この誤謬は、同じ病気に対する人間の反応はすべて一様であると仮定している。なぜなら、「病気」とはすべての人を同じように「攻撃」する独立した存在であり、したがって適切な治療法とはその病気の存在と闘うものであると主張するからである。この誤謬は、実験室で組織や「疾患分子」を使用する根拠にもなっている。

同じ薬によって人々が経験する効果には一定の類似性があると思われるが、人間は『機械』ではない。医学界は、副作用が出る人と出ない人がいるのは、その人に『問題』があるからだと主張する。この問題の最も一般的な説明は、これらの人々が「欠陥遺伝子」を持っているというものだが、これもまた間違った考えである。ヒトゲノム計画によってもたらされた情報は、人体における遺伝子の重要性と役割に関する多くの基本的な仮定を覆した。

リチャード・スミスが先に引用した1991年10月の論説で説明しているように、医学界は薬物に対する反応が人によって異なることを認めている、

「医療行為の根底にある科学的根拠の弱さが、医療行為において認識されているような大きなばらつきの原因の一つである」

エビデンスが弱いだけでなく、医療行為の根底にある理論もまた弱いのである。なぜなら、人体の本当の性質を認識できていないからである。人体は、不活性で機械のように予測可能とはほど遠い、自己調節をする有機体である。

ある「薬」によって生じた「副作用」と呼ばれる症状は、新たな病態、あるいは病気とみなされる可能性が高く、患者はしばしば別の「薬」を処方されるが、これもまた必然的に別の「副作用」を生じることになる。この繰り返し起こる問題は、ハーバート・シェルトンによって要約されている、

「副作用を起こさない薬など存在しないし、毒性の強い薬ほど必ず医原性疾患を引き起こす」

従って、すべての薬剤の「影響」はすべて医原性疾患と呼ぶのが適切である。

バーバラ・スターフィールド医学博士は、米国における「医原性」の問題の規模を最初に分析し 2000年7月にJournal of the American Medical Associationに掲載された「米国の健康は本当に世界一か?スターフィールド博士はその論文の中で、医療の悲惨な現状について書き、ある基準について他国と比較した米国のランキングの詳細を記載した。例えば、平均寿命に関して、米国は13カ国中12位であった。米国で医療に費やされている莫大な資金を考えると、驚くべき状況である。

アメリカ人の医療の質は2000年以降悪化の一途をたどっている!米国はほとんどの健康指標で平均を下回っている。

スターフィールド博士はその記事の中で、医療費の高さや健康基準における米国の順位の低さなど、さまざまな問題を暴露した。彼女はまた、『医療』の介入が直接もたらした悪影響に関する重要な統計も明らかにした。これらの統計には、不必要な手術による年間12,000人の死亡と、病院での投薬ミスによる年間7,000人の死亡が含まれる。この状況に対する彼女のコメントはこうだ、

“医療制度の高コストは赤字であると考えられているが、20%から30%もの患者が禁忌の医療を受けていることを示すいくつかの研究による証拠があるにもかかわらず、より良い健康はより高価な医療によってもたらされるという仮定のもとで容認されているようである。”

スターフィールド博士の報告によれば、年間106,000人の死亡が、「薬剤の非エラー副作用」の結果として起こっている。この特殊な統計は、医原性の存在だけでなく、この問題が潜在的に膨大な規模であることの明白な証拠となる。

アメリカにおける医原性というテーマで実施された最初の包括的研究は 2003年に発表された。Death by Medicine(医療による死)』と題されたこの研究は、あらゆる病気の原因について発表された何千もの研究からの統計を照合したもので、Gary Null博士、Carolyn Dean MD ND博士、Martin Feldman MD博士、Debora Rasio MD博士、Dorothy Smith博士の共著である。研究の要旨はこう始まる、

「医学専門誌と政府の保健統計の決定的なレビューと精読は、アメリカの医療がしばしば善よりも害をもたらすことを示している」

この研究では、医原性による死亡者数は年間推定783,936人と述べられている。この図は、心臓病や癌による年間死亡者数を上回っており、医原性はアメリカにおける死因の第一位となっている。死亡は明らかに最も極端な医原性影響であるが、この研究が述べているように、医薬品投与後に起こりうる健康上の有害事象は他にもたくさんある、

「毎年、約220万人の米国の病院患者が処方された薬剤による副作用を経験している」

強調しなければならないのは、この数字はあくまでも米国内の状況であり、病院患者に関するものであるということである。

薬の使用に起因する膨大な数の有害事象の存在は、「医療」システムにとって絶対に容認できない要素である。しかし、この数字は問題の全容を表しているわけではない。なぜなら、この問題は米国に限ったことではなく、医薬品が使用される場所ならどこでも存在する世界的な現象だからである。

この現象の世界的な影響が研究され、文書化されていないという事実は、それが本物の状況であり、現実の問題ではないということを意味するものではない。さらに、この調査でも述べられているように、副作用の報告は極めて少ないことが知られているため、これらの統計が真の状況を代表するものではないことも認められている、

「報告されるのは、医原性行為の5%から20%にも満たない」

2003年の研究著者の一人でもあるキャロライン・ディーン博士は 2008年版の『現代医療による死』の中で、医原性死傷の数は増え続けていると報告している。この問題の現在の規模は不明だが、世界中で医薬品の消費量が増え続けていることを考えれば、この問題がエスカレートし続けていることは避けられないだろう。

製薬業界は明らかに自社製品が有害であることを認めたがらないが、ディーン博士が説明するように、副作用のために市場から撤去された多くの医薬品が証明しているように、医薬品がもたらす害の否定できない証拠がある、

「処方される薬の半分が、否定できない副作用のために、最終的に市場から撤去される」

彼女の発言は、前節で紹介した米国GAOの報告書に基づいている。しかし、医薬品は本質的に有毒であるとは公式に認められていないため、問題の真の規模は不明であるばかりか、知ることもできない。さらに問題の大きさを覆い隠す複雑な要因として、医薬品の「効果」は必ずしもすぐには明らかにならず、発症までに数ヶ月から数年かかることがある。

しかし、このような状況は、製造工程で使用される有毒化学物質の直接的な結果である医薬品の毒性に関する事実が抑圧されていることが主な原因である。

『薬』は害を与えるものではなく、癒すものであるはずなのに、ディーン博士がこう言っている、

「現代医学が北米でナンバーワンの殺人者になってしまったのは、信じられないと同時に恐ろしいことである。医師たちは自分たちを殺人者だとは思っていないが、有毒な薬を推進し、無害な選択肢を学ばない限り、無力な患者に引き金を引いているのだ」

これは悲惨な状況である。しかし、これは北米に限ったことではなく、WHO主導の医療確立システムを採用するすべての国に存在するものである。

高価な「ヘルスケア」が人々の健康増進につながらないことは明らかである。しかし、製薬産業や医療技術産業にとっては、健全な利益をもたらすのである。医原性症候群の存在は、有毒な医薬品の「医薬品」の使用に基づく医療制度が、いかに巨額の資金を費やそうとも、いかに高度な技術を駆使しようとも、いかに新しく革新的な医薬品を使おうとも、医療を提供することができないことを示している。

アメリカのシステムが証明しているように、医療予算を増やしたり、新しい「医薬品」の開発に多額の資金を費やしたりするだけでは、健康は改善されない。健康は、病気の本当の原因を特定し、それに対処することによってのみ改善されるのである。

精神科治療薬

精神薬理学の確立された定義は以下の通りである、

「精神的プロセスと行動に対する薬物の影響、特に向精神薬に関する研究」である。

「薬」に使用される化学化合物は、脳を含む身体の多くの部分に影響を与える。これは、「精神衛生」の問題と呼ばれる症状以外の症状に対して処方される「薬」によって、脳が影響を受ける可能性があることを意味する。

「科学」の一分野が「精神的プロセスと行動」に対する医薬品の影響を研究する理由は、特定の「行動」が「異常」であるとみなされるため、そのような行動をとる人は「精神障害」とも呼ばれる「精神疾患」であるとみなされるからである、

「精神障害にはさまざまな症状がある。精神障害は一般的に、異常な思考、知覚、感情、行動、他者との関係の組み合わせによって特徴づけられる」

この記述の問題点は、診断が下されるすべての基準に照らして、何が「異常」であると認識されるかという極めて主観的な分析に依存していることである。医学用語でも科学用語でもないのだ。それにもかかわらず、人の思考や行動が「異常」であるとみなされ、「精神障害」と診断されると、他の「薬」と同様、有毒な化学物質を使用した「薬」が処方されることが多い。ファクトシートは、このような治療を受けている人の数が十分でないことを示唆し、次のように述べている、

「医療制度は精神障害の重荷にまだ十分に対応していない。その結果、治療の必要性とその提供のギャップは世界中に広がっている」と述べている。

WHOの憲法で宣言されている『健康』の定義には、身体的な健康だけでなく精神的な健康も含まれている。これもまた、医療体制に蔓延する矛盾の一例である。

精神障害と診断された人の治療に薬物を使用するのは、そのような状態にある人が脳内で「生化学的不均衡」を起こしているという理論に基づいている。頻繁に使用されているにもかかわらず、「脳内の化学的不均衡」という言葉は、精神科医のピーター・ブレギン医学博士がその長く優れたキャリアの過程で何度も説明してきたように、またしても証明されていない理論に基づいている。ブレギン博士のウェブサイトには、2015年6月に発表された「治療者、医療提供者、クライエントのための精神薬理学の合理的原則」と題された記事をはじめ、多くの有益な資料や記事が掲載されており、その中でブレギン博士は「生化学的不均衡」の理論は誤りであり神話であると述べている。論文の中で、彼は次のように述べている、

「精神疾患」の生物学的根拠を示す証拠はまったく欠けている

1991年に出版された『毒性精神医学』という本の中で、ブレギン博士はこの状況をさらに詳しく説明し、次のように述べている、

「…脳の特定の生化学的状態と特定の行動との間に因果関係が確立されたことはない」

彼はさらにこう説明する、

「そのような不均衡が存在する証拠はほとんどなく、もし存在するとしても、薬物がその不均衡にどのような影響を与えるかを実証する方法はまったくない」と彼はさらに説明する。

医学界ではほとんど強調されることのない事実のひとつに、患者が脳内の生化学的不均衡の有無を判断できる検査を受けないということがある。ブレギン博士によれば、生化学的不均衡の有無を判断できる唯一の検査は、剖検の際にしか行われないという!

ブレギン博士は2015年6月の論文で、なぜ薬物が影響を及ぼすのかについて説明している、

脳と精神に影響を与えるすべての薬物は、脳と精神を部分的に無力化することによって「作用」する。

彼はさらにこう説明する、

「いわゆる治療効果とは、常に障害である」

彼は、これらの障害は常に生活の質の低下を意味すると述べている。ブレギン博士のコメントは、すべての薬物が副作用をもたらすことを示した前節の議論に、さらなる信憑性を加えるものであることは明らかである。これらの効果を『治療効果』と解釈することは、極めて主観的であるだけでなく、『科学』には何の根拠もない。

最も一般的な「精神障害」のひとつにうつ病があるが、その定義は以下の通りである、

「過度の悲しみを特徴とする精神状態」である。

この定義の問題点は、すぐに明らかになるはずだが、これも「過度な」悲しみを構成するレベルについての主観的な解釈に基づいていることだ。医師によって「過度」の意味の解釈が異なる可能性が高い。つまり、患者に提供される「治療法」は、医師特有の個人的な解釈によって医師間で異なる可能性があるということだ。このことは、標準化された医療制度がないことを浮き彫りにするだけでなく、医師が「正常」の明確な定義を持ち、それによって何が「異常」かを判断できるという考えを否定するものでもある。

WHOはうつ病を、日常生活の困難に対する通常の感情的反応とは異なる特徴的な状態とみなしている。2018年3月にWHOが発表したファクトシート「うつ病」の定義では、次のように主張されている、

「うつ病は一般的な精神疾患である」

WHOは、うつ病は世界中で3億人以上の人々に影響を及ぼすと推定しており、これは明らかに製薬業界の製品にとって巨大な潜在的市場を示している。しかし、WHOによる感情的反応とうつ病の区別は、純粋に持続時間と重症度に依存している。これらの基準はどちらも主観的なものであり、人生の困難に対する通常の感情的反応とうつ病を明確に区別する方法を提供するものではない。Breggin博士は、そのような区別はなく、感情は人間であることの正常な側面であると示唆している。ブレギン博士は『毒性精神医学』の中で、この点について次のように述べている、

「抑うつと高揚は、人間の最も一般的な体験の一つである」

この文脈では、うつ病は「異常」であり、患者が「正常」に戻れるように薬物療法を必要とする病気や障害と考えられるべきではない。うつ病は、例えば愛する人の死など、その人の人生において悲劇的で苦痛を伴う出来事の後に発症することが多い。人は様々な点で異なっており、その違いには人生における感情的な課題への対応方法も含まれることを認識すべきである。あるレベルの感情反応が『異常』であるという理論には科学的根拠がない。

ブレギン博士は、あるレベルの情動を、治療が必要な『精神衛生上の問題』とみなすという考え方の起源を説明し、次のように述べている、

精神医学と製薬業界は、うつ病を医学的治療が必要な「本当の病気」として売り込んできた。

うつ病とそれに関連する「行動」についての真の生化学的理論が存在せず、「化学的不均衡」の存在を判断する検査もないにもかかわらず、世界中の何百万人もの人々が、「精神障害」とされるものを治療するために、定期的に薬を処方されている。これは製薬業界にとって非常に有利な市場であり、特にWHOが主張するように、治療が『十分に提供されていない』のである。さらに、WHOのファクトシートは次のように主張している、

「うつ病には効果的な心理学的治療と薬理学的治療がある」

薬理学的治療には抗うつ薬が含まれる、

「うつ病の症状を緩和する薬物」

しかし、抗うつ薬がうつ病の症状を純粋に緩和するものではないことを示す証拠は数多くあり、その数は増え続けている。患者は薬によって症状が軽くなったと感じるかもしれないが、それはしばしば誤った認識であり、患者が経験する症状の変化は薬による障害作用の存在を覆い隠してしまう傾向があるとBreggin博士は説明する。

すべての薬物が『効果』をもたらすことは広く認められているが、その中には非常に有害なものもある。抗うつ薬の危険な作用の一部は、ピーター・ブレギン博士とデビッド・コーエン博士の著書『Your Drug May Be Your Problem』の中で明らかにされている、

「2004年の公聴会で、FDAは18歳未満の小児と青少年を対象とした抗うつ薬臨床試験の再評価を行い、抗うつ薬を服用した小児では、同様の人が砂糖の錠剤を服用した場合と比較して、自殺リスクが2倍になることを示した」

これらの公聴会の結果は、限定的な行動であった、

FDAは2005年1月26日、すべての抗うつ薬に「小児および青年期における自殺傾向」という見出しの黒枠を含む新しい必須ラベルを発表した。

『自殺傾向の亢進』は、これらの薬物について非常に懸念する十分すぎる理由であるが、抗うつ薬には他にも多くの『副作用』がある。抗うつ薬の「副作用」として認められているものには、不安、焦燥、パニック発作、不眠、いらいら、敵意、攻撃性、衝動性、アカシジア(精神運動性不穏)、軽躁、躁状態などがある。これらの症状は多くの場合、薬物が本来処方されるはずであった症状と類似しており、場合によっては同じである。

元神経外科医のラッセル・ブレイロック医学博士は、『健康と栄養の秘訣』と題した著書の中で抗うつ薬の使用について論じており、その中で「精神科治療薬」の「副作用」の多く、特に若い人々にもたらす影響について言及している、

「学校での銃乱射事件のほとんどすべてにおいて、暴力を振るった子供たちがSSRIを服用していたことは興味深い。また、これらの薬は神経伝達物質であるセロトニンの脳内濃度を上昇させることも知られており、高濃度のセロトニンは興奮毒としても作用する」

しかし、最近、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を子供やティーンエージャーに使用することに対する医療機関の考え方に変化が生じている。WHOのうつ病に関するファクトシートでは、抗うつ薬について次のように述べている、

「抗うつ薬は小児のうつ病治療には使用すべきではなく、青少年の治療の第一選択薬でもない」

これは明らかにベターなアプローチであるが、何十年も前に実施されていたはずである。なぜなら、これによって数え切れないほどの子供たちや若者たちが薬物によるダメージから救われたはずだからである。

リタリンは、中枢神経刺激薬と呼ばれるメチルフェニデートという化合物の商品名のひとつである。リタリンは「アンフェタミン様」と表現され、以前は「違法」薬物に類似した合法薬物のひとつと呼ばれていた理由である。リタリンは「ADD」や「ADHD」のような「行動障害」に使用される。これは、特に学校での注意力に問題があるとされる幼児に見られる症状である。この薬の『副作用』には、食欲不振、気分の落ち込み、胃痛などがある。ブレギン博士は『毒性精神医学』の中で、リタリンの効果について次のように述べている、

リタリンの長期使用は、リタリンが対処するはずの問題、すなわち「注意力障害」や「記憶障害」、さらには「過敏性」や「多動性」を引き起こす傾向があることを、リタリン擁護者たちは知らないようだ。

症状の軽減や緩和は、治療の成功例として認識される。つまり、抑うつ感の軽減も同様に成功例として認識されることになる。しかし、すべての薬物治療と同様に、多くの人が経験する強い感情の本当の原因には対処していない。

ブレギン博士は『毒性精神医学』の中で、うつ病に対する彼自身のアプローチを要約している、

「このような生物精神医学的な宣伝にもかかわらず、うつ病は人間の絶望のわかりやすい表現であり、心理社会的な助けにしばしば反応する」

ストレスについては第10章で詳しく論じている。

注意:精神科の薬を服用している人は、離脱プログラムを検討したり実行したりしたい場合、専門家の適切な助言を得なければならないことを強調しなければならない。2015年の論文の中で、Breggin博士は次のように述べている、

「精神科治療薬からの離脱は、感情的、時には身体的に危険である。経験豊かな監督のもと、慎重に行うべきである。」

抗高血圧薬

高血圧の定義は以下の通りである、

「高血圧とは、動脈血圧が特定の集団で予想される正常範囲を超えて上昇することである」

血圧が高くなると、動脈を通して全身に血液を送り出そうとする心臓の働きがより強くなると言われているため、医学界では血圧の上昇に大きな懸念が持たれている。この余分な働きは心臓や血管に過剰な負担をかけ、健康問題、特に心臓病につながると言われている。血圧が「正常」とされる範囲を超えて上昇することは、心臓発作や脳卒中の発生リスクが高まることを示す確実な指標であると主張されている。

2019年5月にWHOが発表したファクトシート「高血圧(Hypertension)」でも以下のように述べられている、

「高血圧、すなわち血圧の上昇は、心臓、脳、腎臓、その他の疾患のリスクを著しく増大させる深刻な病状である」

しかし、リチャード・D・ムーア医学博士はこの見解に同意せず、『高血圧の解決策』と題する著書で次のように述べている、

「高血圧には、単に血圧が上昇するだけでなく、もっと多くのことがある。血圧の上昇は、何かがバランスを崩していることを示すサインなのだ」

ムーア博士の顕著な指摘は、血圧の上昇がなくても脳卒中が起こりうるということであり、つまり、医療機関が主張するほど直接的な関係ではないということである。

2017年5月のWHOのファクトシート「心血管疾患」には次のように書かれている、

「心血管疾患(心血管疾患)は心臓と血管の疾患群である」

ファクトシートは問題の規模に言及し、次のように述べている、

「心血管疾患は世界的に死因の第1位である」

さらに、高血圧のファクトシートにはこうある、

「高血圧は世界的に早死にの主な原因である」

このような性質の病気は、極めて深刻な健康問題を示していることは明らかである。しかし、他のすべての病気と同様に、その性質は医学界の権威によって誤解されている。心血管疾患については第7章で詳しく述べる。

血圧に関する当初の理論は、血圧の上昇が健康問題の根底にあると主張した。この考えは、血圧の上昇が特定の健康状態と相関するという観察の結果として生まれた。これらの観察結果は、血圧の上昇が心臓発作や脳卒中などのさまざまな健康問題の原因であるという理論に発展した。

血圧上昇に対する医療機関の解決策は、事実上他のすべての健康問題と同様、必然的に血圧を「正常範囲」まで下げることを目的とした薬物の使用を伴う。血圧の数値が正常範囲内に収まることが、治療の成功であり、関連する健康問題のリスクを軽減、あるいは排除することができるものであると認識されている。しかし、ムーア博士が説明するように、血圧に関する当初の理論は誤った仮定に基づいていた、

「しかし、現在では、高血圧が主な問題というよりも、全身の細胞や組織における不健康なアンバランスの症状であることがわかっている」

残念ながら、ムーア博士の言う。「われわれ」とは、医学界のことではなく、WHOのファクトシートが示しているように、血圧が高ければ『正常』とみなされる範囲に下げるために薬物療法が必要だという立場を維持し続けている医学界のことである。

各年齢層で「正常」とされる血圧値の範囲は、最初に作成されて以来、何度も改定されており、改定されるたびに「正常」範囲は縮小されている。これらの変更の根拠は、血圧の上昇が健康問題の原因であり、血圧値を下げることでそれに関連する健康問題のリスクも軽減されるという、継続的ではあるが誤った仮定である。

医療機関は、血圧を「正常範囲」まで下げる最も効果的な方法は、降圧剤を長期間にわたって服用することであると主張している。「正常範囲」の継続的な下方修正により、血圧が高く、したがって「危険」であると認識される人口の割合はますます増加し、その結果、降圧剤を処方される人の数はますます増加し、必然的に製薬業界の利益も大幅に増加する。

高血圧に関連する問題を調査するために実施された最新の大規模研究によると、近い将来、さらに低い「正常値」範囲に改定される可能性が高い。SPRINT(収縮期血圧介入試験)と呼ばれるこの研究は、ウェブサイトで説明されているように、ある疑問に答えるために計画された。質問の一つはこうである、

「血圧が低ければ、心臓病や腎臓病、脳卒中、あるいは加齢に伴う記憶力や思考力の低下のリスクが減少するのだろうか?」

この質問は、この研究が、血圧上昇と最もよく関連する心臓病と脳卒中に加えて、他の健康問題を調査することを意図していたことを示している。英国NHSは、腎臓病は高血圧を引き起こす可能性のある多くの疾患の一つであると示唆している。

SPRINT研究は、50歳以上で、血圧が一定の数値より高く、少なくとも1つの「危険因子」を有するとみなされた9,300人以上を対象とした。これらの参加者は2つのグループに分けられ、一方は一定の目標血圧値を達成することを目的とした「標準的な」血圧降下治療を受けた。もう一方のグループは、さらに低い目標値まで血圧を下げることを目的とした『集中的』血圧降下治療を受けた。目的は、より低い血圧レベルを達成することによって得られる利益があるかどうかを調べることであった。

2015年9月、この研究に資金を提供していたNIH(米国国立衛生研究所)は、結果が十分に有意であると考えられたため、研究を1年早く終了したというプレスリリースを作成した。プレスリリースの冒頭には次のように書かれている、

「一般に推奨される血圧目標値以下の高血圧をより集中的に管理することで、50歳以上の高血圧成人群において、心血管疾患の発症率が有意に減少し、死亡リスクが低下した」

この声明は、この研究が良いニュースをもたらしたことを示唆しがちであるが、これは間違った解釈であろう。最初の結果で報告された知見のひとつは、「集中治療」群は「標準治療」群よりも重篤な有害事象の発生率が有意に高いというものであった。この結果は、すべての薬に『副作用』があること、複数の薬を使用することで健康上の有害事象が増加することを知っている人なら予想できたはずである。

ムーア博士は、降圧剤による健康への悪影響の性質について次のように説明する、

「血圧を下げるだけでなく、すべての降圧剤は望ましくない副作用を引き起こす可能性がある。降圧剤は血管だけでなく、神経系や腎臓の基本的な身体機能を変化させるので、これは驚くべきことではない」

このことは、NHSが示唆するように、腎臓病は高血圧の原因ではなく、降圧剤の結果である可能性があることを示している。

定義上、薬物は生体の正常な機能を阻害するものである。血管、神経系、腎臓に作用があるということは、降圧剤が全身に作用していることを示している。このことは、前節で述べたように、薬物は標的となる「病的」な部位ではない体の部分にも効果をもたらすということをさらに裏付けるものである。

身体は別々の部分から構成されており、それぞれの部分は他の部分とは関係なく「治す」ことができるという信念が、薬の副作用は病気の部分を「治す」ので、取るに値する「リスク」であるという考えを永続させているのだが、これは誤った信念である。さらに、患者は処方された薬に関連するリスクの全容を知らされることはほとんどない。

医療機関が医薬品の毒性を認めないために、日常的に人命が危険にさらされているのである。

ムーア博士は著書の中で、高血圧の治療に使われるさまざまな種類の薬物について論じ、その体内での「作用」について説明している。通常、患者に提供される最初のタイプの治療薬は利尿薬で、腎臓を刺激して尿の生産と排泄を増加させることによって『作用』する。この目的は、体内のナトリウム濃度を下げることである。体内のナトリウム濃度の上昇は、高血圧を引き起こす主な要因と考えられているからだ。

しかし、ムーア博士が明らかにしたように、問題となるのは体内のナトリウム濃度の絶対値ではなく、カリウム濃度に対するナトリウム濃度の比較である。細胞はナトリウムとカリウムの両方を必要とするが、細胞が適切に機能するためには、ナトリウムとカリウムが互いに適切なバランスになければならない。

利尿薬では十分な血圧降下が得られないことが少なくないため、より強力な他の薬剤を勧めて血圧降下を継続させることになる。例えば、アドレナリン作動性阻害薬、ACE阻害薬、カルシウム拮抗薬などである。ムーア博士が説明するように、副作用は避けられない、

「これらの薬はすべて、数カ所に作用し、身体の正常なバランスを崩す傾向があるため、好ましくない副作用がある」

『副作用』とはいうものの、すべての薬が血流に入るということは、全身に影響を及ぼす可能性があるということであり、必ずそうなる。

SPRINT研究の憂慮すべき帰結は、すべての年齢層の血圧測定値に新たな低い「範囲」が設定される可能性に加えて、たとえ既存の健康上の問題がなくても、定期的な血圧測定を受ける人が増えるということである。血圧は加齢とともに上昇し、それは必然的に健康に対する「リスク」の増大と関連するという考え方は、すでに50歳以上の多くの人々に影響を及ぼしており、彼らは定期的な血圧検査を受けるよう奨励されている。英国NHSは、40歳以上の人は毎年血圧を測定することを推奨している。

英国NHSは、血圧上昇の原因は、特定の疾患や特定の薬剤の影響によるものであると主張している。心血管疾患ファクトシートは、心臓病の発症リスクを高める「行動要因」があることを示唆し、次のように述べている、

「心臓病と脳卒中の最も重要な行動的危険因子は、不健康な食事、運動不足、タバコの使用、アルコールの有害な使用である」

高血圧は通常、年齢の上昇と関連しているが、50歳でも40歳でも、ある年齢以上の人だけが経験する症状ではない。高血圧は、若者や子供でさえも、特に肥満との関連で、ますます一般的な現象になりつつあると報告されている。しかし、不健康な食生活が心臓病の「リスク」を高める要因であることが認識されているにもかかわらず、WHOは塩分摂取量を減らし、果物や野菜の摂取量を増やすことを推奨している。

WHOがリストアップした4つの「行動危険因子」のうち3つは確かに健康に関連しているが、心血管健康障害の完全な説明にはなっていない。さらに、「健康」は全身的な問題であり、体内の個々の臓器やシステムの機能に対処するだけでは達成できない。たとえ、その臓器が生命そのものに不可欠な心臓であったとしても、である。

リストアップされた「リスク」要因のひとつである運動不足は、いかなる病気の原因でもないため、運動量を増やしても不健康な状態を予防することも解決することもできない。

WHOのファクトシートは、心血管疾患の問題に対する解決策を提供する試みとして、先に述べたものの他に、アスピリンやβ遮断薬を含む治療法を推奨している。アスピリンについては、この章の最後の一般用医薬品に関する項目で述べる。

この議論の焦点は、高血圧の問題に対処するために「薬」を使用することであった。しかし、この考え方は誤解を招きかねない。人体は生体電気的な性質も持っており、特に電気的に機能する主要臓器のひとつである心臓にはその性質が当てはまる。そのため、電気的な干渉を引き起こす要因があれば、循環器系、特に心臓に悪影響を及ぼす可能性がある。

2013年に発表された人体のアーシング(接地)は血液の粘性を低下させる:心血管疾患の主な要因』と題された論文によると、赤血球はマイナスの電荷を帯びており、この電荷が静電反発によって血流の中で互いの分離を維持すると説明している。また、赤血球のマイナス電荷が減少すると、静電反発が減少し、血球が十分に分離した状態を保てなくなるとしている。この機能低下の結果、細胞同士が「凝集」し、血液の粘度が上昇する、

「血液の粘性と凝集は、高血圧や心筋梗塞を含む他の心血管系の病態における主要な因子である。」

心筋梗塞は医学用語で心臓発作を意味する。

この論文は、高血圧は単なる血圧上昇以上のものであるというムーア博士の主張を明確に支持し、その原因の一つを説明している。残念ながら、医学界の権威は身体の生体電気的性質にほとんど気づいておらず、したがって不健康の重大な原因因子についても無知である。身体の生体電気的性質と電気的干渉が健康に及ぼす影響については、後の章で詳しく述べる。

スタチン

スタチンの定義は以下の通りである、

「肝臓でのコレステロール産生に関与する酵素の働きを阻害する一群の薬物のいずれかである」

薬剤がコレステロールの産生を阻害する必要がある理由は、NIHが「高血中コレステロール:知っておくべきこと」と題するリソース・ウェブ・ページで主張している、

「高血中コレステロールは心臓病の主要な危険因子の一つである」

しかし、コレステロール値が高いと危険であり、減らす必要があると主張する医学界の定説には欠陥がある。興味深いことに、確立されたコレステロールの定義は、この理論の欠陥の一つを浮き彫りにしている、

「コレステロールとそのエステルは細胞膜の重要な構成成分である」

コレステロールの摂取量を減らすべきだという医学界の提言は数多くあるが、体内のコレステロール総量は食事による摂取量では調節できない。体内で必要なコレステロールの約85%は肝臓で生産され、食事から摂取できるのは残りの約15%である。何らかの理由で食事から摂取されるコレステロールが不足すると、肝臓はその不足分を補うために生産量を増やす。したがって、この重要な物質のレベルを調節しているのは体であることは明らかである。

コレステロールは細胞膜の重要な構成要素であるだけでなく、脳の重要な構成要素でもあり、脳が適切に機能するために不可欠である、

「コレステロールは中枢神経系(CNS)に偏在し、シグナル伝達、シナプス可塑性、学習と記憶など、正常な脳機能に不可欠である」

コレステロールが身体の多くの重要な器官の適切な機能に不可欠であるという認識は、コレステロールは「危険」であり、体内の高濃度が健康に深刻な「リスク」をもたらすという、医学界の権威によって広められた情報と真っ向から矛盾する。

2016年4月にBMJ誌に掲載されたRe-evaluation of the traditional diet-heart hypothesis(伝統的な食事-心臓仮説の再評価)と題された論文によれば、コレステロールのレベルに関する当初の仮説は、1968年から1973年にかけて実施されたミネソタ冠状動脈実験と呼ばれる研究に由来するものであったが、この研究結果は公表されていなかったと説明されている。この実験は、あるグループの参加者を対象に、飽和脂肪酸を多価不飽和脂肪酸であるリノール酸を豊富に含む植物油に置き換えるという対照研究であった。この食事介入は血清コレステロール値を低下させることが示され、有益であると推測された。

このオリジナル研究の文書とデータが最近再解析され、その結果がBMJ誌に発表された。元の研究が発表されなかった理由は、研究者が自分の得た結果を信じなかったからだと主張されている。BMJ誌の記事には次のように書かれている、

「メタアナリシスでは、これらのコレステロール低下介入は冠動脈性心疾患による死亡率に有益であるという証拠は示されなかった」

コレステロール値を下げることによって利益が得られるという証拠がないことに加えて、BMJの論文は次のように報告している、

「…介入群で死亡リスクが増加した可能性を示唆している…」と報告している。

低コレステロールが死亡リスクの増加と相関することを発見した研究はこれだけではない。

コレステロールには、「悪玉」とされるLDL(低比重リポ蛋白)と「善玉」とされるHDL(高比重リポ蛋白)の2種類があるとされているが、これらの表示は完全に誤解を招くものである。コレステロールが善玉にも悪玉にもなるという考えは、コレステロールが実験動物に与える影響を調べた別の研究から生じた誤解に基づいている。この誤解が生じたのは、この研究で使われたコレステロールが酸化していたことが当時認識されていなかったからである。ラッセル・ブレイロック博士は、その著書『健康と栄養の秘密』の中で、コレステロールの種類に関する誤った認識について説明している、

「LDLコレステロールが悪いのは、HDLコレステロールよりも酸化しやすいからである。しかし、酸化したHDLコレステロールは、酸化したLDLコレステロールと同じくらい危険なのです」

細胞膜を構成するコレステロールの酸化は、必然的に、細胞の機能に悪影響を及ぼし、同様に、脳内のコレステロールの酸化も脳の機能に影響を及ぼす。これらの有害な影響は、酸化のプロセスの直接的な結果である。このプロセスは「フリーラジカル」を生成する。フリーラジカルは非常に反応性の高い粒子で、接触した身体のあらゆる部分にダメージを与える可能性がある。酸化したコレステロールは血管にダメージを与えることが示されている。フリーラジカルは体内のどこで発生してもダメージを与えるが。

体内のコレステロール値が高いことが問題なのだという欠陥のある考えに基づき、製薬業界はこの極めて重要な物質の生成を阻害するスタチンという薬を開発した。必然的に、スタチンの使用には多くの危険が伴う。スタチンは意図的に、体内でのコレステロールの正常な生産を阻害するように設計されている。コレステロールの生成を抑えるために肝臓の酵素を阻害することの結果については、キャロライン・ディーン博士が『現代医学の死』の中で論じている、

「しかし、この酵素は体内でコレステロールを作るだけでなく、もっと多くの働きをしているのである」

スタチンは安全で効果的であると医学界では宣伝されているが、他の薬と同様に、多くの深刻な有害作用をもたらす、

「脳は体内で最も高濃度のコレステロールを持っているのだから、コレステロール値を低く低くと常に要求されれば、脳機能に影響を及ぼすのは当然である。これまでの研究で、スタチンはしびれ、ピリピリ感、焼けるような痛みを引き起こす多発性神経炎を引き起こす可能性があることが示されている。研究者たちは、スタチンを服用している人は、服用していない人に比べて、多発性神経炎を発症する可能性が4倍から14倍高いことを示した」

スタチンはコレステロールの産生を抑制するものであり、酸化コレステロールの問題に対処するものではない。つまり、問題の根本的な原因に対処できないのである。ディーン博士が説明するように、コレステロールの酸化を引き起こす要因は数多くあり、その中には環境に偏在する多くの有害化学物質が含まれている、

「さらに、塩素、水中のフッ化物、農薬、その他の環境汚染物質も体内のコレステロールを酸化させる」

これらの化学物質やその他の環境汚染物質の問題点については、第6章で詳しく述べる。酸化されたコレステロールは、加工食品やファーストフードにも含まれている。

コレステロール値が高い患者に対する治療薬としてのスタチンの使用が増えているのに加え、心血管疾患の発症リスクを下げるという考えに基づいて、予防薬としてスタチンが処方されることも増えている。BMJ誌に発表された研究で示されたように、コレステロール値が高いことが健康上の問題である、あるいは健康上の問題を起こす危険性を高めるという証拠はない。コレステロール値が低ければ低いほど健康に悪影響を及ぼし、スタチンは健康への害を増大させるのである。

スタチン製剤がもたらす害は、多くの深刻な「副作用」が報告された後、ある種のスタチン製剤が市場から撤退し、場合によっては死亡例さえあることで証明されている。それにもかかわらず、多くのスタチン系薬剤が市場に残っている。その中には、これらの薬剤を服用した多くの患者から報告されているように、多くの深刻な副作用を引き起こすことが知られているものも含まれている。これは、有益性が危険性を上回ると主張されるもう一つの例であるように思われるが、明らかにそうではない。

スタチンの使用によって生じる可能性のある重篤な有害作用のひとつが、2015年12月にAmerican Journal of Cardiology誌に掲載された「Statin Use and the Risk of Kidney Disease With Long-Term Follow-Up (8.4-Year Study)」という論文で報告されている。この研究では、スタチンの長期使用、特に腎臓病への影響に関する研究がほとんどなかったことを認めている。研究の結論は次のように述べている、

「…スタチンの使用は急性および慢性腎臓病の発生率の増加と関連している」

このような深刻な健康問題が当初の臨床試験から発見されなかった理由も、この論文で説明されている、

「これらの知見は注意すべきものであり、現実の患者におけるスタチンの長期的影響は、選択された臨床試験集団における短期的影響とは異なる可能性があることを示唆している」

またしても、人体に関する医学界の知識の欠如が、心臓病の発生率を減らそうとして、解決した以上の問題を生み出してしまった。コレステロールは心臓病の原因ではないので、コレステロールの体内生産を減らしても心臓病のリスクは減らない。

一般用医薬品について

市販薬の定義は以下の通りである、

「医師の処方箋なしに薬剤師から直接購入できる医薬品」である。

これは、人々が「自己治療」できることを意味する。

この問題についての議論ではほとんど取り上げられないが、OTC医薬品の使用は「医療制度」の負担を軽減するために容認されているという考え方がある。しかし、すべての専門の医師会は、適切な資格を持つ医師以外に病気を『治療』する者は『ヤブ医者』だと主張している。しかし、医学界の権威は、「普通の」人々はOTCの「薬」で自分の痛みや痛み、発熱を治療する十分な能力があるとみなしている。

一般用医薬品の使用は、頭痛や発熱といった「軽い」症状を治療することができ、これらの症状がなくなれば、病気は克服され、その人は「よくなった」ことになるという根拠で正当化される。しかし、痛みや発熱は、処方薬の使用を含む多くの根本的な要因の結果として起こりうるものであり、OTC医薬品では対処できないものである。

処方箋なしで入手できる医薬品は、特定の種類に限定され、限られた強さと量しか入手できないが、医薬品の成分や製造工程に内在する問題は、OTC医薬品が本質的に同様の毒性を持ち、したがって同様の有害性を持つことを示している。その潜在的な危険性は、これらの医薬品が「間違った」服用による悪影響を避けるために、制限された量しか入手できないという事実によって示されている。

2013年4月にJournal of Substance Abuseに掲載されたOver-the-counter medicine abuse – a review of the literature(市販薬の乱用-文献のレビュー)と題された論文で述べられているように、一般用医薬品による潜在的な有害性についての医学界の認識は限られている。この論文で強調されているのは、明らかに一般用医薬品の乱用についてであるが、中毒の可能性や、一般用医薬品が引き起こす可能性のある害についても認めている。記事の中で特に関連するコメントは以下の通りである、

「OTC薬の乱用は国際的に認識されている問題であるが、現在のところ不完全にしか理解されていない」

この記述は、「医療」のもう一つの側面が十分に理解されていないことを示しているが、同時に、「癒す」はずの「薬」がなぜ「害」をもたらすのか、という根本的な疑問にも触れていない。

個々の薬物によって引き起こされる「影響」に加えて、あまり知られていない問題、それは異なる薬物間の相互作用によって生じる影響である。これは「ポリファーマシー」という言葉で知られている。

医療機関は相互作用の存在を認識しており、OTC医薬品の添付文書にいくつかの情報が印刷されている場合がある。顧客が薬剤師に相談しない限り、通常は購入後に入手可能であり、禁忌に関する情報を提供できる可能性がある。

一般用医薬品の製造規模だけでも膨大である。FDAのウェブページにある「一般用医薬品の医薬品申請(Drug Applications for Over-the-Counter (OTC) Drugs)」には、次のように記されている、

「…市販されているOTC医薬品は300,000品目以上…」と記載されている。

したがって、市販されている医薬品の総数は明らかに膨大である。しかし、処方薬と一般用医薬品を問わず、すべての医薬品間の潜在的相互作用の全容はまったく不明である。というのも、いくつかの医薬品間相互作用は調査されているが、圧倒的多数の医薬品は、処方薬と一般用医薬品を問わず、他のすべての利用可能な医薬品との相互作用について未検査のままだからである。

未知の薬物間相互作用の問題に対処できていないのは、一部の薬物が削除されたにもかかわらず、あらゆる種類の新薬が絶えず市場に投入されているという事実によるところがごく一部である。薬物間の相互作用について十分な知識がない主な理由は、先に述べたように、多くの「治療法」が徹底的な試験や独立した評価を受けていないからである。

一般用医薬品が簡単に手に入るということは、その有効性と安全性が徹底的にテストされていることを示唆している。OTC医薬品の申請に関するウェブページで、FDAは有効成分のみを審査し、個々の医薬品は審査しないと述べている。しかし、先に引用したように、FDAは医薬品を製造した製薬会社が作成した報告書を審査するだけで、承認する医薬品の有効成分の安全性と有効性を判断するための独自の試験は行っていない。

このことは、第9章で述べるように、製薬業界によってますますコントロールされつつある医療制度「システム」の中で、大きな問題となっている。したがって、一般大衆は、服用するすべての「医薬品」について、完全に製薬業界の手の内にあるのである。

一般的なOTC医薬品の例をいくつか挙げれば、その使用に伴う危険性の一端がわかるだろう。

アスピリン

アスピリンの定義は以下の通りである、

「痛みを和らげ、炎症や発熱を抑える、広く使われている薬である」

アスピリン(アセチルサリチル酸)は一般的なOTC医薬品であり、NSAID(非ステロイド性抗炎症薬)である。また、心臓発作や脳卒中の『予防薬』としても使用されている。ただし、この予防目的では『低用量』での服用が推奨されており、通常は医師の指示のもとで服用する。医学界の「専門家」は皆、適切な治療法に関する話題ではおおむね意見が一致しているが、メイヨークリニックのウェブページには「毎日のアスピリン療法」と題するページがある: ベネフィットとリスクを理解する」と題されたメイヨークリニックのウェブページでは、興味深い事実が明らかにされている、

「…アスピリンの利点が潜在的リスクを上回るのかどうかについては、専門家の間でも意見が分かれている」

その一つは、「専門家」の意見が常に一致するとは限らないという興味深い考えであり、科学は常に「コンセンサス」の結果であるという馬鹿げた考え方に挑戦するものである。もうひとつは、ある物質が健康にとって有益であると同時にリスクにもなりうるという矛盾した概念を浮き彫りにしている点である。

アスピリンの「副作用」には、吐き気、嘔吐、腹痛などの胃腸障害がある。アスピリンは胃の粘膜を刺激すると認識されているため、これらの影響は「副作用」ではなく、アスピリンの摂取から直接生じるものであり、驚くにはあたらない。

かつては、医師が発熱した子供にアスピリンを勧めることはよくあった。しかしその後、水疱瘡やインフルエンザと診断された場合、発熱の治療にアスピリンを使用すると、脳や肝臓に影響を及ぼし、しばしば致命的となるライ症候群と呼ばれる症状を引き起こす可能性があることが判明した。

アスピリンの「有効成分」はサリチル酸で、柳の樹皮に含まれる物質から合成される。ヒポクラテスも使用していたとされている。しかし、これまでの議論では、どのような物質であれ、症状を緩和するために使用されてきた長い歴史があるからといって、それが有益で安全であるという証明にはならないことが指摘されてきた。治療薬として使われた物質の中には、その毒性ゆえに「効いた」ものもある。

また、薬物で痛みや発熱などの症状を抑えても、根本的な原因に対処したり取り除いたりするわけではないので、決して問題を「治す」ことにはならないことも強調しておきたい。

パラセタモール/アセトアミノフェン

パラセタモールの定義は以下の通りである、

「熱も下げる鎮痛薬」である。

パラセタモール(アセトアミノフェンとも呼ばれる)は、その使用によってライ症候群などの有害作用が発見されたとき、アスピリンの代用品として普及した。しかし、パラセタモールにも多くの有害作用があり、肝不全の主な原因として公式に挙げられている。この一般用医薬品を痛みや発熱のために服用している人のほとんどは、その健康に対する潜在的な危険性にまったく気づいていないと思われる。

定義には、パラセタモールが引き起こす可能性のある害についての限定的な認識が含まれている、

「過剰摂取は肝障害を引き起こす」

パラセタモールはグルタチオンを消耗する薬物であり、これが危険である理由の一つである。グルタチオンは身体の適切な機能に不可欠な要素であり、グルタチオンの枯渇は肝不全や腎不全を引き起こす可能性があるため、肝不全の原因であるとの記述がある。

また、パラセタモールは死に至ることもあり、そのためパラセタモールは、自ら命を絶とうとし、時には成功した人々によって大量に使用されることもある。人々は、物質を毒にするのは用量であるという格言を信じているが、少量であれば「安全」であると思い込んでいる。しかし、これは誤った危険な思い込みであり、長期間にわたって少量ずつ何度も服用した結果生じるパラセタモールの蓄積も同様に危険である。

コデイン

コデインの確立された定義は次のとおりである、

「モルヒネから派生したオピオイド鎮痛薬であるが、鎮痛・鎮静薬としての効力は弱く、毒性も弱い」

コデインは、処方箋なしで購入・使用できる強力な薬物の一例である。定義にあるように、コデインはモルヒネやヘロインを含むオピエート系薬物の一種であり、これらと同様に依存性がある。定義では、コデインへの依存は「まれ」であるとされているが、コデインが中毒を引き起こしたことを示す十分な証拠があり、この事実は先に引用した一般用医薬品の乱用に関する記事でも述べられている。

中毒の可能性に加えて、コデインからの離脱に関連する明確な症状があり、それに気づかなければ、新しい種類の健康上の「問題」と混同される可能性がある。

また、コデインは体内でモルヒネに代謝され、授乳中の母親から赤ちゃんに移行する可能性があることも分かっている。

コデインの「副作用」には、頭痛や嘔吐から幻覚、気分の変化、インポテンツに至るまで、さまざまな症状がある。これらは、痛みを和らげるはずの薬による極めて不快な「作用」である。しかし、ほとんどの人は、これらの新たな症状がコデインを服用した結果であることに気づかず、他の一般用医薬品を使用して緩和を求めることができる新たな健康問題であると考えるかもしれない。

制酸剤

制酸剤の定義は以下の通りである、

「胃の消化液から分泌される塩酸を中和する薬である」

制酸剤もまた、非常に人気のある市販薬のグループである。胸やけや消化不良を緩和するために使用されるが、これは胃酸が過剰に分泌された結果であると考えられている。胃は通常、消化プロセスの一部として酸を生成し、通常は摂取した食物を完全に処理するために適切な量の酸を生成する。しかし、制酸剤は胃酸の自然なレベルとバランスを崩すため、食物を処理するためには制酸剤の効果を打ち消すために、より多くの酸を生成する必要がある。

制酸剤の頻繁な使用は、必然的に消化器系の問題を引き起こし、より深刻な状態につながる可能性がある。制酸剤の継続的な摂取は、消化器系の問題を和らげるどころか、むしろ悪化させることになる。

消化不良に伴う症状を引き起こす本当の問題は、胃の中に食べ物が多すぎて、消化液がそのすべてを効率よく処理できないことである。そのため制酸剤は、謳い文句とはまったく逆の効果をもたらす。

上記の例は、処方箋なしで入手可能な医薬品のほんの一部に過ぎない。言い換えれば、それらは症状の根本的な原因に対処するものではなく、「健康」な状態への回復をもたらすものではなく、必ずと言っていいほど、さらなる健康上の問題を引き起こし、そのうちのいくつかは、それらが改善することを意図した本来の問題よりも深刻なものである。

まとめ

このセクションの議論から、薬物は効果がないだけでなく、有害であることは明らかであろう。この発言は、医学界の権威によって広められた情報には挑戦的ではあるが、この章で引用された医師たちによって裏付けられる。

まず、キャロライン・ディーン博士の『現代医学による死』からである、

「危険な副作用のために医薬品が市場から引き上げられると、製薬会社に対する信頼の喪失は避けられない。最近の例としては、心臓病やガンを引き起こすホルモン補充療法、抗うつ剤による自殺、心臓発作を引き起こすビオックス、心臓病を引き起こす糖尿病薬、心臓病、インポテンツ、筋肉疾患を引き起こすコレステロールを下げるスタチン薬、顎の骨破壊を引き起こす骨粗鬆症薬などがある」

ハーバート・シェルトンND DCの著書『ナチュラル・ハイジーン』から、適切な引用が2つある: そのうちのひとつはこう述べている、

「薬物によって引き起こされる退廃と死から救われるためには、薬物に関する真実が知られることが必要である。良い薬物など存在せず、見かけの有益な効果でさえも幻想であることが、一般に知られなければならない。薬物によってもたらされる症状の緩和は、アルコール依存症患者がブーツの中に見る蛇のように幻想的なものである」

2つ目はこうだ、

「…医療専門家と製薬業界が…毒物こそが健康を作り、維持し、回復するための適切な手段であるという茫洋とした教義を教え続ける限り、一般の人々が薬物に対して持つ態度は、現在抱いている伝統的な態度と変わることはない」

注意:どのような薬物であれ、離脱は常に、起こりうる離脱反応を知っている開業医の適切な監督下で行われるべきである。

2. 予防接種: 効果がなく危険である

誤りは、何度も伝播することによって真実になるわけではない。

マハトマ・ガンジー

前章で引用した「医学」の定義は、病気の予防を意味する。医学界は、特定の病気を予防する最も効果的な方法のひとつはワクチン接種であると主張している、

「ワクチン、または抗原物質の特別な調製物を使用して、適切な抗体の形成を刺激することにより、病気に対する免疫を作り出す手段」である。

したがって、適切な抗体の存在は免疫と同義であるとみなされる。

ワクチン接種は「現代医学」の最も優れた成果のひとつとして広く認められている: この見解は、WHOが『ワクチン:私たちを釘付けにする世界的な健康のサクセスストーリー』と題したウェブページで、次のように主張している、

「ワクチンが世界保健上の最も偉大な功績のひとつであることは周知の事実である」

この文章には、次のような主張が加えられている、

「毎年、推定200万から300万人の死亡を回避している」

これらの主張や主張はまったく根拠のないものである。

本章の冒頭にあるマハトマ・ガンジーの言葉は、ワクチン接種に特に適切である。だからこそ、ワクチン接種は「誤り」として理解されなければならない。しかし、それは根本的な性質の誤りであるため、医学界がいかに熱心にそう主張しようとも、「真実」にすることはできない。

ワクチン接種が誤りであるという考え方は、非常に論議を呼ぶだろう。にもかかわらず、医学界の権威が広めた主張とは裏腹に、ワクチンは最大の健康上の成果のひとつではないこと、病気に対する免疫を与えるものではないこと、命を救うものではないこと、そして最も重要なことは、安全でも効果的でもないことを示す証拠は豊富にある。

これらの主張は立証することができるが、そのためにはワクチン接種の根拠となる理論についてより詳細に議論する必要がある。

定義にあるように、主な理論は「免疫」の概念に関わるものである。この理論は、感染症にかかると身体が刺激されて適切な抗体を産生し、その抗体が存在すれば、身体がその病気に対する「自然免疫」を獲得したことになると主張する。しかし、この理論には問題がある。というのも、人は同じ感染症に繰り返しかかる可能性があり、実際にかかるからである。この理論は経験的証拠に裏付けられていないため、明らかに欠陥がある。

ワクチン接種の慣行も、免疫に関する同じ仮定に基づいており、さらに、ワクチンは適切な抗体を産生するよう身体を刺激するのに、より効果的であるという主張もある。しかし、ワクチン接種を受けた人々もまた、ワクチン接種を受けた感染症に繰り返しかかる。適切な抗体を産生できない被接種者は「ノンレスポンダー」と呼ばれる。

ワクチンの「不応答者」について説明するために、WHOのウェブページでは、「予防接種後の有害事象(AEFI)」と題し、世界的なワクチンの安全性をテーマとした一連のページの中で、次のように明らかにしている、

予防接種を受けるすべての人を守り、すべての人にとって完全に安全な「完璧な」ワクチンなど存在しない。

この声明は、ワクチンは基本的に安全で効果的であるという一般的に受け入れられている見解とは明らかに対照的である。それにもかかわらず、WHOは、『世界的な健康上の最大の成果』であるワクチンが、すべての人を守ることも安全であることもできない理由を説明していない。

しかし、一部の人々が「不応答者」となるメカニズムは不明である。この異常は、2013年8月に発表された『予防接種が反応を起こさない場合』という論文でも認められている: この論文では、ワクチンに反応しない人がいる理由について、次のように述べている、

「……現在に至るまで特定されていない」

この告白は、ワクチンが体を刺激して抗体を産生させ、病気に対する免疫を与えるという2013年以前の医学界の保証を根底から覆すものである。ワクチン、特にワクチンがどのように「作用」するかについては、明らかに多くの知識のギャップがある。しかし、記事の中で、一部の人々が反応しない理由が特定されたと主張されているにもかかわらず、提供された説明は、このテーマに関する真の明確さを提供していない、

「……これには標準的なパターンはないが、原因はワクチン接種やグループによって異なる……」と記事は続けている。

その根底にあるのは、人間の体はみな同じであるという仮定であり、つまり、人はみなワクチンに対してまったく同じ反応を示すはずだということである。しかし、これは一部のワクチンが一部の人々に有効であるという意味ではない。

現実には、誰に対しても有効なワクチンなどない。どのワクチンも免疫を産生することはできず、病気から身を守ることはできないのである。

先に引用したWHOのワクチンに関する声明は、ワクチンが「すべての人に完全に安全」ではないことも明らかにした。

この章で明らかにするように、誰にとっても安全なワクチンなどない。

ワクチンによる害の証拠の一部は、医療機関自体も認めている。例えば、ワクチン接種の定義には次のように書かれている、

「ワクチン接種は多くの場合、2段階または3段階に分けて行われる」

最も一般的なワクチンの「副作用」は医師によって認識されており、医師は一般的に発熱や注射部位の痛みや炎症の可能性について患者に警告している。前章では、「副作用」という用語が医薬品の影響に使われる場合には誤用であることを示したが、ワクチンの影響に使われる場合も誤用である。ワクチン接種の直接的な結果である「影響」は数多くあり、その中には発熱、痛み、炎症よりもはるかに深刻なものもある。

ワクチンによる傷害については、この章の後半で詳しく述べる

ワクチンは効果がないだけでなく、むしろ危険であるという主張は、ハーバート・シェルトンも『ナチュラル・ハイジーン』の中で天然痘ワクチンについて次のように述べている:の中でこう述べている、

「予防としての失敗に加え、ワクチンは悪の副作用と医原性疾患を引き起こす」

前章の「医原性疾患」についての議論では、「医原性疾患」とは医薬品や医療行為による病気や死亡を指す言葉であることが示された。その議論の中で言及された『医療による死』報告書にも、医原性による病気や死の原因としてワクチンは含まれていない。このことは、医原性による本当の悲劇は、報告されているよりもはるかに悪いことを示している。

ワクチンの悪影響が深刻に過小報告されている理由はいくつかあるが、そのひとつは、ワクチンの真の有害性が明らかになれば、ワクチンは命を救う偉大な健康上の成果であるというWHOの主張が損なわれるからである。もう一つの理由は、「致命的な感染症」を根絶するためには、人口の高い割合がワクチン接種を受ける必要があると主張されるからである。これは「集団免疫」と呼ばれるが、その誤った性質については本章で後述する。しかし、このような高いレベルの「ワクチン接種率」は、ワクチンの有害性が広く一般に知られることによって危うくなる。なぜなら、多数の人々が自分自身や家族のワクチン接種を拒否する可能性が高いからである。

特定の集団内で集団免疫が達成されないと、致命的な病気を根絶する努力に悪影響を及ぼすと主張されているが、そうではない。必要な割合の「ワクチン接種率」に達しないことによる悪影響は、ワクチンを製造する製薬会社の利益だけである。

推定値であることは認められているが、ワクチンによって救われたとされる人命の数は、その推定源によって大きく異なる。WHOの統計とは明らかに対照的なのが、ユニセフ(国連児童緊急基金)が1996年に発表した『ワクチンで7つの病気を制圧』という記事である、

「英国の医師エドワード・ジェンナーによるワクチンの発見から200年、予防接種によって世界中で年間約900万人の命が救われている」

WHOの主張とユニセフの主張の食い違いは大きいが、説明のつかないものである。

しかし、ワクチンは効果がなく有害であるという主張を立証することは可能である。この主張の裏付けとなる証拠は、非常に有能な多くの医学者たちの活動から得られており、その中にはワクチン接種が始まった当初から有効な異議を唱えていた人々もいる。これらの人々や彼らの仕事は、通常、医学界の権威から侮蔑的な言葉で呼ばれているが、だからといって、ワクチン接種に反対する彼らの理由の信憑性を否定するものではない。

参考記事
幻想の溶解: 病気、ワクチン、そして忘れ去られた歴史
Dissolving Illusions: Disease, Vaccines, and The Forgotten History 日本語訳 スザンヌ・ハンフリーズ(MD)、ロマン・ビストリアニク

イギリスは、エドワード・ジェンナーによってワクチン接種が最初に導入された国であり、義務接種を導入した最初の国でもある。このような理由に加え、この話題に関する多くの文書や統計情報があるため、イングランドの状況はこの議論の材料となる。

ワクチン接種に異論を唱えた多くの開業医の一人が、ウォルター・ハドウェン医学博士(Dr Walter Hadwen MD MRCS LRCP)であった。1896年、ハドウェン医師はある会合でこう演説した、

「私は医学者として、予防接種は常識に対する損傷であり、その起源は迷信的であり、理論的にも実践的にも非科学的であり、その性質上も無用で危険なものであると考える」

1853年とそれに続く予防接種法によって、イギリスでは乳幼児への予防接種が義務づけられたが、当時は天然痘ワクチンだけが義務づけられていた。ハドウェン医師は予防接種に強く反対し、自分の子供に予防接種を受けさせることを拒否したが、この拒否により合計9回の訴追を受けた。

もう一人のイギリス人医師チャールズ・クレイトン医学博士は、医学界から非常に高く評価され、1884年にブリタニカ百科事典第9版のワクチン接種の項目を執筆するよう依頼された。当時、彼はワクチン接種を全面的に支持していたが、必要な文章を書く前に、このテーマを徹底的に調査することにした。彼の調査の結果は、エレノア・マクビーン博士が著書『毒針』の中で説明している、

「彼はそうすることに同意したが、ありきたりの記述で満足するのではなく、ジェンナー自身の著作や現代の文献にさかのぼった。彼は多くの国の予防接種賛成派と反対派の文献を調べ、予防接種は『グロテスクな迷信』であるという結論に達した」

クライトン博士のワクチン接種に関する項目は、百科事典の編集者には受け入れられたものの、医学界の権威ある立場にある人々には、このテーマに関する一般的な見解と矛盾するため、まったく受け入れられないと見なされた。ほとんどの医学仲間から高い評価を受けていたにもかかわらず、クレイトン博士にはブリタニカ百科事典への寄稿依頼はそれ以降来なかった。

ワクチン接種に反対したもう一人の英国人医師は、M Beddow Bayly MD MRCS LRCPで、彼は王立外科医と王立内科医の両方の資格を有していた。1936年、ベドー・ベイリー博士は『ワクチン接種に反対する場合』という小冊子を書き、その中で次のように述べている、

「ワクチン接種の歴史は、迷信的な儀式の記録であり、その危険性が経験によって証明されると、次々と放棄されてきた」

1936年時点では、ワクチン接種の科学的根拠や正当性は、明らかに存在しなかった。

この議論に引用された批判が時代遅れであるとの指摘があるかもしれないが、それは不十分な議論であろう。ワクチン接種を非科学的、不当、迷信であるとする資格のある医師たちの言葉に、彼らが生きた時代が古いという理由だけで反論するのは、非論理的であると同時に不適切である。なぜなら、ワクチン接種の根底にある理論は、18世紀のエドワード・ジェンナーの著作よりもずっと古い歴史にさかのぼるものであり、それらはすべて、上記で引用したワクチン接種批判者の著作よりもはるかに古いものだからである。

しかし、Hadwen博士、Creighton博士、Beddow Bayly博士の研究が示すように、予防接種の歴史を客観的に調査した結果、この予防接種がもともと基づいていた科学や証拠は存在せず、エドワード・ジェンナーの研究以来、新しい「科学的理論」が開発されたこともないことが明らかになった。ワクチン接種の実践には、科学的根拠も正当化する理由もないのである。

ワクチン接種の話題は、「代替医療」のコミュニティでも議論されており、彼らの多くは、「より安全な」、より少ない、あるいはより広い間隔でワクチン接種を行い、ワクチン接種スケジュールを必要なものだけに限定することを主張している。安全なワクチンも必要なワクチンも存在しないのである。

いくつかの歴史

ある病気にかかると、その病気に対する「免疫」ができると信じられてきたのは、何世紀も前のことである。例えば、ヒポクラテスと同時代のギリシャの歴史家トゥキディデスは、アテネのペストから生き延びた人々は、その後同じ病気に再び感染することはないと主張したと伝えられている。

この初期の信念は、どのような病気であれ、軽症であれば、より重篤な同じ病気の「発作」から「身を守る」ことができるという考えに発展した。また、この考えは、「軽症」の病気を誘発するさまざまな方法を生み出すきっかけにもなった。

エドワード・ジェンナーは「ワクチン接種」の創始者とされているが、彼が生まれる何世紀も前から世界各地で行われていた予防接種の創始者としては認められていない。彼が生まれる何世紀も前に、世界のさまざまな場所で行われていたのである。一部の資料では、10世紀に中国人が変種変法を始めたとされている。

ワクチン接種の前身である予防接種は、18世紀初頭にイギリスに導入された。この時代、病気はしばしば地元の伝統や迷信を参照して解釈され、前章で述べたように、必ずさまざまな粗雑な方法や有毒物質で「治療」されていた。

予防接種は、病気にかかった人の膿疱やただれから「物質」、言い換えれば「膿」を取り出し、その「物質」を健康な人の腕や脚に何カ所も意図的に切り目を入れて血流に取り込むというものだった。しかし、接種に先立ち、患者は医師による「食事療法、瀉血、出血」などの処置を受けなければならなかった。当時、予防接種はもっぱら中流階級や上流階級の習慣であった。

次の文章は、1885年に出版されたウィリアム・ホワイト著『大いなる妄想の物語』からの抜粋である。この本には、予防接種が初めて導入された18世紀初頭のイギリスにおける「医学」の現状が明らかに描写されている。

「1721年当時、予防接種に対する広範な、あるいは効果的な抵抗があったと考える人々は、当時の状況を誤解している。一般に、病気は摂理による神秘的な配剤と見なされており、患者はそれをほとんどコントロールすることができなかった。当時の薬局方から、娯楽と驚きと嫌悪を交互に刺激するような一連のレシピを編集することは難しくないだろうし、患者が生きて逃げ延びたことがあるのが不思議なくらいの医療行為を説明することも難しいことではない。また、天然痘の汚物を健康な人の血液に混ぜるという自然な恐怖は、その非道で憎悪的な特徴に魅力を感じていると思われる多数の大衆薬によって中和された」

18世紀初頭のアメリカでも、コットン・メイザーの好意で予防接種が行われるようになった。彼はスーダン人奴隷からこの習慣を学んだと伝えられている。

18世紀のイギリスの医学界は、予防接種の有効性や安全性を示す「科学的証拠」がまったくなかったにもかかわらず、予防接種を支持していた。ベドー・ベイリー博士はその小冊子『The Case Against Vaccination』の中で、予防接種が予防するはずの病気を引き起こすことがしばしばあったと説明している。彼はまた、1721年に導入された予防接種についても述べている、

ロイヤル・カレッジ・オブ・フィジシャンズが「人類にとって非常に有益である」と絶賛し、1840年まで熱心に行われたが、その結果天然痘が蔓延したため、罰則の対象となった。

ロイヤル・カレッジ・オブ・フィジシャンズは権威ある組織とみなされていたが、その政策に責任を負っていた人々は、予防接種の実施に関する真の科学的調査を明らかに怠っていた。ベドー・ベイリー博士が説明しているように、イギリスでは1840年に予防接種は中止された。しかし、ワクチン接種もまったく同じ、証明されていない理論に基づいていた。つまり、健康な人の血流に有害物質を取り入れることで、天然痘から『身を守る』ことができるというものだった。

パラケルススの影響と、「毒」が健康を作り出すという彼の信念がはっきりと見て取れる。

予防接種とワクチン接種の唯一の違いは、前者は天然痘にかかった人の膿疱から採取した「物質」を、後者は牛痘にかかった牛の膿疱から採取した「物質」を導入したことである。

vaccinateの語源は牛を意味するラテン語である

18世紀後半、エドワード・ジェンナーが酪農家の間で、牛の乳房にできる潰瘍で人にも伝播すると信じられている「牛痘」にかかると、「天然痘」からある程度解放されると信じられていることを発見したのである。また、牛痘と天然痘は関連した病気であると信じられていたため、牛痘の後に天然痘の発作が起きても、ごく軽い症状で済むと信じられていた。

エドワード・ジェンナーは酪農家たちの牛痘に対する信念を受け入れたと伝えられているが、この話にはさらなる展開がある、

「グロスターシャーの牛は、女だけでなく男によっても乳を搾られていた。男たちは、グリースと呼ばれる油に侵された馬の踵の手入れで汚れた手で牛の乳を搾ることがあった。彼らはこの油脂で牛を感染させ、その後に発生した痘瘡は、ジェンナーによって、酪農家たちが牛痘に対して主張する天然痘に対する美徳をすべて備えていると宣告された」

ウィリアム・ホワイトはさらに、ジェンナーは馬油説に関する論文を発表したが、評判が良くなかったので牛痘説に戻ったと述べている。これは単なる些細なことに思えるかもしれないが、エドワード・ジェンナーの人類に対する真の貢献、すなわち病気から「身を守る」という名目で血流に毒を盛る方法を導入したことを十分に理解する上で重要なことである。

アメリカの医師ジョン・W・ホッジ医学博士もまた、ワクチン接種の支持者として医学者としてのキャリアをスタートさせた。しかし、その後、彼はこのテーマについて独自の調査を行い、予防接種は病気を防ぐものではなく、むしろ有害であることを認識するに至った。彼はこの調査に触発され、『ワクチン接種の迷信』と題する小冊子を書き、その中で天然痘ワクチン接種に対する異論を列挙した。その反対意見には次のようなものがある、

「予防接種と天然痘の歴史を慎重に検討した結果、私は確信した。

予防接種は役に立たないだけでなく、むしろ有害である;

ワクチン接種が天然痘を予防または緩和することを証明する、その名に値する証拠は記録上存在しない。」

予防接種の創始者としてのエドワード・ジェンナーは、医学界から「英雄」とみなされている。しかし、彼は偽りの英雄であり、その称賛はふさわしくない。医師と呼ばれてはいるが、彼が医師としての資格を得るために必要であったはずの医学試験の勉強をしておらず、合格もしていなかったことが記録されている。また、エドワード・ジェンナーが医学の学位を購入したことも記録されているが、これは彼が生きた時代にはまったく珍しいことではなかった。しかし、これらの事実は、彼の評判を確実に落とすことになるため、彼の生涯に関する主流の歴史からは必ず省かれている。

さらに、彼が王立協会のフェローの資格を得たのは、医学に関する研究の結果ではなく、カッコウの生態に関する研究の結果であった。彼が王立協会に提出したワクチン接種に関する唯一の論文は、証拠がないという理由で却下された。ハーバート・シェルトンが説明しているように、この却下された論文以外に、エドワード・ジェンナーが王立協会に提出した予防接種に関する「科学的」研究はない、

「ジェンナーもその後継者も、このワクチンの主張を証拠とともに王立協会に再提出することはなかった」

19世紀のイギリスでは、ワクチン接種に反対する声が大きく、特に強制予防接種法の制定後、1866年に反ワクチン運動が起こった。この運動は、さらに厳しい強制予防接種法が成立し、多くの人々がワクチンの危険性を認識するようになってから勢いを増した。この運動には、最終的に当時の著名な医師たちが参加することになる。そのうちの2人が『The Case Against Vaccination』の中でハドウェン博士によって引用されている、

「クルックシャンク博士とクレイトン博士は、このグロテスクな迷信を打ち砕き、ワクチン接種には科学的根拠がないことを示した」

当時、エドガー・クルックシャンク医学博士はキングス・カレッジの病理学と細菌学の教授であった。彼もクレイトン博士と同様、当初はワクチン接種を支持していたが、独自に調査を行った結果、専門家としての意見を変えた。彼は、医学者はワクチン接種をやめるべきだと述べたと記録されている。

1896年、この運動は「英国全国反ワクチン連盟」と改名された。そのメンバーには、本章で引用した2人の高名な医師のほか、この運動を支持した有資格の医師が含まれていた。英国の反ワクチン運動の他の著名な支持者は、科学者のアルフレッド・ラッセル・ウォレスとハーバート・スペンサー、作家のジョージ・バーナード・ショーであった。

19世紀の「反ワクチン運動」に対する医学界の態度は、彼らの努力を支持する著名な医師や科学者がいたにもかかわらず、極めて軽蔑的なものであった。この蔑視的な態度は21世紀初頭も続き、今もなお強固に残っている。WHOが2008年2月に発行した『Bulletin』に掲載された「ワクチン接種が世界の疾病、障害、死亡、不公平を大幅に減少させる」という記事には、ワクチンに疑問を持つ人々への対処法が示唆されている、

「長期的に最善の方法は、科学的に有効なデータを提供することによって、間違った主張に早いうちに反論することである」

ワクチンの有効性と安全性に関して、間違った疑惑に反論するために使われるべき本物の「科学的に有効なデータ」は、ほんの数例を挙げるだけでも、クレイトン博士、クルックシャンク博士、ホッジ博士、ハドウェン博士といった医師たちによって行われた科学的調査によって証明することができる。したがって、『間違った主張』とは、そうではないと主張するものである。

予防接種もワクチン接種も、科学的根拠ではなく、同じ信念や迷信に基づいて導入されたものであり、天然痘という病気の罹患率や死亡率を増加させた。

しかし残念なことに、予防接種は廃止されたものの、ワクチン接種という「グロテスクな迷信」が同じ運命をたどることはまだない。

天然痘

天然痘の定義は以下の通りである、

「高熱と皮膚に傷をつける発疹を引き起こす急性感染症」である。

天然痘は、医療機関が撲滅に成功したと主張する唯一の人間の病気である。これは、1960年代から1970年代にかけてのワクチン接種キャンペーンの結果として起こったと言われている。

「痘瘡」とは、どのような形であれ、皮膚のただれ、膿疱、発熱を特徴とする病気を指す。天然痘のような病気の発生は、ハドウェン博士が先に引用した1896年の講演で述べているように、劣悪な生活環境を含むさまざまな要因が重なった結果である、

「ロンドンを例にとれば、衛生設備がまったくなかった時代である。人々は近隣の水路や井戸から水を得ていたが、水栓はなく、排水システムも存在しなかった。天然痘が蔓延していたのは、特にロンドンだった…」

残念なことに、ロンドンにおける天然痘の罹患率に関する統計は、罹患率はどこの国でも同じであるという仮定の下に、他の国にも外挿されていた。天然痘は農村部よりも、衛生設備の整っていない過密な町や都市のほうがはるかに蔓延していたため、これは誤った仮定であった。最大の問題は、医学界の権威が広め、医学部で教えられてきた病気の原因に関する誤った考えによって、多くの医師が、多くの人々が生活している悲惨な状況が健康状態の悪化に直接関係していることを認識できなかったことである。

こうした悲惨な生活環境は、18世紀初頭にはヨーロッパの多くの国々にも存在していた。前章で示したように、健康と病気に関する誤った考え方は、何千年もの間、世界中のさまざまな国で存在してきた。

19世紀に書かれた書物や文献を見れば明らかなように、多くの医師が、天然痘の原因として、衛生状態や排水の欠如、新鮮な水の不足や個人の清潔さの欠如など、劣悪な生活環境が重要な要因であると認識していた。この主張を裏付ける反論の余地のない証拠がある。その証拠には、天然痘の罹患率と死亡率を大幅に減少させることに成功した2つの対策がある。どちらの例も、既存の予防接種プログラムを廃止し、衛生改革を実施した。

最初の例は、1902年にジョン・ホッジ博士が書いたオハイオ州クリーブランドの状況を説明したものである、

「オハイオ州クリーブランドの衛生委員会の責任者であるフリードリッヒ博士の功績は、天然痘の全くない大都市の例を文明世界に示したことにある」

2つ目の例はイギリスのレスターという町についてで、これはイギリスの全国反ワクチン連盟の事務局長リリー・ロートが1951年に出版した『予防接種とワクチン接種の真実』という本の中で説明している、

「レスターの町は予防接種を拒否し、衛生を優先した。レスターの町は予防接種を拒否し、衛生を優先させた。過去50年間の彼女の経験は、ワクチン推進派の主張をナンセンスなものにしている。住民にワクチン接種が徹底していたころは、天然痘でひどい苦しみを味わった。ワクチン接種が出生児の1%にまで減少すると、天然痘は完全に姿を消した」

科学的方法は、科学者が証拠に従うことを要求する。クリーブランドとレスターの人々の経験から得られた経験的証拠は、これらの町が天然痘から実質的に無縁になった手段としてワクチン接種を信用することはできないことを明確に示している。

これらの例は、天然痘の根絶はワクチン接種のおかげであるという医学界の主張の明らかな異常さを露呈している。これらの例はまた、天然痘の根絶ではなく、ワクチン接種が天然痘の発生に大きく寄与したという証拠の重みを大幅に増すものである。

19世紀の天然痘ワクチンは、20世紀に天然痘を根絶するために使用されたワクチンほど効率的ではなかったという意見もあろう。というのも、19世紀のワクチンは「成功」したと主張されているが、そうでなかったことは明らかだからである。さらに、20世紀のワクチンには危険な副作用があることが認められている。この事実は、天然痘に関するよくある質問と答えと題されたWHOのウェブページによって明らかにされている。WHOの回答はこうである、

“どの政府も、このワクチンを定期的に接種したり推奨したりしていない。

このコメントは、ワクチン接種の基本的な理論に大きな疑問を投げかけるものであり、危険なワクチンがどうして安全で、病気から『守る』ことができると考えられるのかという疑問を投げかけるものである。また、この危険なワクチンが天然痘を根絶する手段であったのかどうかについても、重大な疑問を投げかけるものである。クリーブランドとレスターの例は、この偉業を達成したワクチンがなかったことを決定的に示している。

天然痘ワクチンによる害の程度は、ワクチン接種が義務づけられなくなった後の罹患率の統計によって明らかになっている。ウォルター・ハドウェン医師が1923年に雑誌『Truth』に寄せた記事で次のように述べている、

「強制予防接種法は1853年に制定され、1867年にはさらに厳しい法律が制定された。そして、1871年から1880年の間に天然痘による死亡者は57,016人であった。人口の半数以上がワクチン未接種であり、常に「必ずやってくる」壊滅的な災厄についての恐ろしい警告が定期的に発せられながら、それが決してやってこない現代における死亡者数の少なさと比べてみてほしい!1911年から1920年の間の死亡者数はわずか110人であった。

医学界の権威は、多くの差し迫った。「災い」についての警告を発し続けているが、その「災い」はやってこない。このような恐怖を煽る理由のひとつは、製薬業界にとって、ワクチンによって病気に対する免疫が得られるという主張に基づいてワクチンを開発する好機となるからである。

天然痘予防接種の危険性は、ハーバート・シェルトンによってさらに明らかにされている、

「約40年間の強制予防接種の後、イギリスは史上最悪の天然痘の流行に見舞われ、史上最高の死亡率を記録した」

前節で引用した18世紀の『薬局方』についてウィリアム・ホワイトが述べているように、この時期にも、医師たちは病気の治療にさまざまな有毒物質を使用していた。これらの「治療法」は、当時健康や病気に対する真の理解が欠如していたことのさらなる証拠であり、この理解の欠如は21世紀初頭まで続いている。

18世紀から19世紀、さらには20世紀初頭の典型的な「薬局方」には、水銀、ヒ素、アンチモンといった危険な物質が含まれていた。医師によって『薬』として処方されたこれらの猛毒物質は、患者の健康問題を助長し、既存の症状を悪化させたことだろう。

ゲルハルト・ブッフバルト医学博士は、『ワクチン接種』と題した著書の中で、この点について詳しく述べている: その中で彼は次のように述べている、

「過去何世紀にもわたる天然痘の大流行の多くは、実際には病原体の謎の活性化の結果ではなく、医療措置の直接的な結果であった。天然痘の流行が減少し、消滅したのは、医療関係者によるこのような試みが、罹患した都市や国の公式命令によって禁止されてからである。」

天然痘の発生に寄与したいくつかの条件についてのもう一つの記述は、先に引用した1923年の論文でハドウェン博士が述べたものである、

「天然痘が発生した世界のどの地域でも、ある事実が際立っている。すなわち、天然痘は常に不衛生で不衛生な環境と結びついているのだ」

このような恐ろしい状況は根絶されたわけではなく、世界各地にはいまだにその多くが存在し、あらゆる種類の病気によって荒廃し続けている。

ワクチンでは、これらの状況によって引き起こされる病気を根絶することはできない。これらの状況を根絶することだけが、それらが引き起こす病気、苦しみ、死を根絶することにつながるのである。

ポリオ

ポリオとは、ポリオ脊髄炎の略称である、

「中枢神経系に影響を及ぼす感染性ウイルス病である」

ポリオという病名がついたのは1874年のことである。最初の記述は「下肢の衰弱」に言及しており、麻痺がこの疾患の本質的な特徴とみなされていたことを示している。「ポリオ」と命名される以前は、四肢の衰弱を伴う疾患は、麻痺だけでなく、麻痺や脳卒中など、別の名称で呼ばれていた。麻痺は、脳卒中による衰弱や麻痺を指す言葉としても使われてきた。

対照的に、21世紀の「ポリオ」についての記述は、麻痺が起こるのは症例の1%未満であると主張している。

麻痺については、2千5百年前のヒポクラテスをはじめ、何千年も前に書かれた医学書に記述があると言われている。これらの古代の著作の中には、「毒物」にさらされた結果生じた麻痺の症例に言及しているものもある。

最近の文献には、毒物にさらされた結果として起こる麻痺についての記述がある。これらの文献のいくつかは、Ralph R Scobey医学博士によって収集され、文書化されている。彼は1952年4月、米国下院の食品中の化学物質の使用を調査する特別委員会のために声明を作成した。スコベイ博士の声明は、『ポリオ性脊髄炎の毒物による原因とその調査の妨害』と題され、これらの毒物に関する証拠に言及している、

「ドイツのBoerhaave(1765)はこう述べている: われわれは、金箔職人、化学者、鉱夫などのように、火によって蒸気に分散された流石に軽率に身をさらすことによって、麻痺状態に陥った人をよく見かける」

流石は水銀の別名である。

2つ目は19世紀の証拠である、

「1824年、イギリスのクックはこう述べている: 部分麻痺の刺激的な原因として、ある種の鉱物質、特に流酸、ヒ素、鉛の毒を挙げることができる。これらの金属のガスや溶液を胃に入れると、しばしば麻痺が起こる」

スコベイ博士の声明は、独立研究者のジム・ウェストが行った調査で発見されたもので、彼のウェブサイトから入手できる。

これらの抜粋で言及されている有毒物質は、主に労働環境の結果として人々がさらされたものである。しかし、有毒物質、特に水銀とヒ素は、18世紀と19世紀の両方において『医薬品』としても使用されていた。19世紀末から20世紀初頭にかけて書かれた多くの文書にも同様の例があり、リン、シアン化物、一酸化炭素など、同様に麻痺を引き起こす可能性のある毒物について言及されている。

スコベイ博士の声明には、20世紀初頭にポリオの『発生』を研究するために行われた多くの調査についても言及されている。その中には、ポリオの『発生』と新鮮な果物の摂取との間に関連があることを示すものもあった。また、このような流行は収穫直後の秋に頻繁に起こることも注目された。時折、この発見は果物自体に問題があることを示唆していると指摘されることもあるが、続く症状の本当の原因は、果物作物に散布された有毒農薬である可能性の方がはるかに高い。

20世紀初頭に導入され、広く使用されていた農薬のひとつにDDTがあり、「体に良い」ものとして広く宣伝されていた。DDTは有機塩素系として知られる化合物群に属し、これについては第6章で詳しく説明する。

DDTは有機塩素化合物と呼ばれる化学物質群に属し、第6章で詳しく説明する。DDTは「体に良い」とは程遠く、実際には猛毒であることが最終的に判明した。DDTやその他の農薬の危険な性質は、レイチェル・カーソンによって1962年に出版された『沈黙の春』という有名な本の中で強調された。彼女の著書は、大量の有毒化学物質、特に有機塩素系の農薬が広く無差別かつ無責任に使用されていることの危険性と、それらが環境に及ぼす悲惨な影響について記したものである。DDTは1972年にようやくアメリカで禁止され、他のいくつかの国でも同様の時期に禁止された。

DDTの大部分はパラチオン(有機リン酸塩)に取って代わられたが、パラチオンは残留性は低いものの、毒性は必ずしも低くない。有機リン酸塩についても第6章で詳しく説明するが、神経系のプロセスを混乱させることが知られているという理由で、リンが神経剤に使用されていることをこの時点で述べておくことは重要である。ポリオの定義には、中枢神経系への影響も含まれている。

リンを含む農産物の使用は目新しいものではなかったし、有害な影響が未知であったことも、先に引用したスコベイ博士の声明の別の抜粋が証明している、

「1897年にオーストラリアでポリオ性骨髄炎が流行した際、アルトマンは、その年の肥料にリンが農家で広く使われていたことを指摘した。近年、パラチオンなどの有機リン系殺虫剤がポリオの原因として疑われているので、この観察は重要かもしれない」

有機リン酸塩は、1897年に使用されていたリンを主成分とする肥料や殺虫剤と同じ化合物ではなく、有機リン酸塩が作られたのは1940年代になってからである。しかし、毒性、より正確には神経毒性を持つことが知られている特定の化学物質の使用と、ポリオ性脊髄炎の診断との間には、明確な関連性がある。この関連性によって、「ポリオ」と診断された麻痺の症例について毒性学的調査を行う価値があったはずである。

残念ながら、医学界はこの神経毒と麻痺の関係を無視し、「ウイルス」がポリオの原因物質であるという仮説だけを追求してきた。どのような病気の原因も「ウイルス」であるとすることの問題点については、第3章で十分に検討され、議論されている。

ジョナス・ソーク医学博士は、20世紀半ばにポリオウイルスを発見したと一般に信じられている。しかし、20世紀初頭、サイモン・フレクスナー博士と同僚のポール・ルイス博士によって、カール・ラントシュタイナーとエルヴィン・ポッパーの先行研究は失敗に終わったが、それ以前の研究が行われていた。フレクスナー博士とポール・ルイスが行った実験は、サルの間で麻痺を感染させることに「成功」したと報告されており、ポリオが感染するという「証拠」を提示したものとしてしばしば引用されている。

フレックスナー博士とポール・ルイス博士の実験では、「ポリオ」の犠牲者の脊髄を粉砕したものを調合し、生きたサルの脳に注射して麻痺を起こさせた。「感染」を証明するために、彼らはサルの脳から体液の一部を取り出し、それを別のサルの脳に注射した。このシリーズは何匹ものサルに続けられた。注射の結果、後続のサルがそれぞれ麻痺を起こしたという事実が、この病気の感染性を『証明』するものだと主張されている。

この残忍で人為的な方法は、「ウイルス」に感染したとされる「通常の」感染経路とはまったく関係がない。生きている動物の脳に毒素を注入することは、麻痺を引き起こす可能性があり、明らかにそうである。

残念なことに、この実験が「ポリオ」研究の焦点となったのだが、ワクチンの製造が可能になったのは、何度も失敗を繰り返した後、ずっと後になってからのことだった。ソーク博士のポリオ・ワクチンは1954年に初めて使用された。このワクチンは成功したと賞賛され、ソーク博士は議会勲章を授与されたが、そのワクチンは麻痺を引き起こすようになった。さらに驚くべきことに、1977年、ソーク博士をはじめとする多くの科学者たちが、ポリオに対する集団予防接種プログラムが、アメリカにおけるポリオ患者の大半の原因であったことを認めたのである。

にもかかわらず、医学界は、いわゆる「ウイルス」以外にポリオの原因があることを示す十分な証拠を無視し続けている。先に引用した1996年のユニセフの記事では、天然痘はワクチンによって根絶されたと主張しているが、「次はポリオかもしれない」と希望に満ちたコメントをしている、

「次はポリオかもしれない」

前節の議論では、天然痘はワクチンによって根絶されたわけではなく、ワクチンは麻痺などの害をもたらすことが証明された、

「天然痘ワクチンを接種すると、体の片側が麻痺することが多い」

同じ論文の中で、彼はまた、麻痺の症例に関連することが示されている他の多くの予防接種に言及し、次のように述べている、

「あらゆる種類の予防接種が、麻痺を含む神経疾患を頻繁に引き起こすことは古くから知られている」

さらに、これらの症例のいくつかは権威ある医学雑誌に報告されており、その一例として、1950年にランセット誌に掲載された研究論文を紹介している、

「ジフテリアトキソイド、百日咳ワクチン、ジフテリアワクチンと百日咳ワクチンの混合ワクチンの接種後に小児麻痺が発生した」

ジフテリア、百日咳、破傷風の3種混合ワクチン(DTP)接種後に多くの「有害事象」が発生した証拠がある。三価のDTPワクチンは、五価や六価のワクチンに取って代わられたが、これらもしばしば麻痺や死亡などの健康被害を伴う。

リリー・ロートは、著書『ワクチン接種と予防接種の真実』の中で、ワクチンが引き起こす可能性のある有害事象に言及し、次のように述べている、

「1922年以降、ワクチン接種が原因で脳や脊髄に炎症が起こったと思われる症例が明るみに出た。専門的には、ワクチン後脳炎あるいは脳脊髄炎と呼ばれている」と述べている。

彼女はさらに、これらの脳炎の原因としてワクチン接種を免責しようとする大きな努力があり、その努力は部分的には成功したと報告している。しかし、一部の医師は納得せず、これらの副作用はワクチンによるものだと主張し続けた。

ワクチンが有効でなかったにもかかわらず、医学界の権威は、ワクチン接種プログラムのおかげでポリオは撲滅に近づいていると主張している、

「1988年に世界的なポリオ撲滅活動が開始されて以来、ポリオの発生率は99%以上減少している」

この主張には大いに疑問がある。というのも、世界の多くの国で乳幼児の麻痺が増加しているからである。この問題が多発している国のひとつがインドで、事実上「ポリオがない」という主張にもかかわらず、麻痺の症例が大幅に増加している。この状況は、2013年1月に『The Hindu』のウェブサイトに掲載された『Polio free does not mean paralysis free(ポリオがないとは麻痺がないという意味ではない)』と題された記事で説明されている。

インドで麻痺が発生した要因のひとつはDDTであると考えられるが、DDTは世界の多くの国で禁止されていたように、インドでも禁止されることはなかった。実際、インドではマラリア撲滅のためにDDTの使用を増やしている。マラリアの問題については第8章で詳しく述べる。インドで乳幼児麻痺が増加しているもう一つの要因は、乳幼児のワクチン接種スケジュールが拡大し続けていることである。

医学界は、麻痺の増加について、急性弛緩性麻痺(AFP)と呼ばれる新しい病態で説明しようとしている。しかし、AFPは「臨床的にはポリオと区別がつかない」とされており、これらの麻痺は新しい症状ではない。

ポリオ症例の1%しか麻痺を伴わないという主張は、AFPが「新しい」症状であるに違いないという考えを裏付けるものであるが、インドのメディアはOPV(経口ポリオワクチン)投与後にAFPの発生率が「急増」したと頻繁に報道しているため、これは軽率である。ある銘柄のOPVワクチンの添付文書に記載されている「副作用」には、「ワクチン接種後の麻痺」が含まれていることに注意すべきである。OPVワクチンは乳児の体内に注射されるのではなく、摂取されるが、麻痺を引き起こす物質を含んでいることは明らかである。

したがって、AFPと呼ばれる「新しい」症状は、実際には、以前は「ポリオ」と診断されていた症例に使われる名称変更に過ぎないと思われる。医学界がポリオに新しい病名をつける主な理由は、ポリオの発生率が減少していること、近い将来ポリオが撲滅されること、そしてワクチン接種がその成功の手段であるという主張を裏付けるためである。

以上の議論から明らかなように、ワクチンは麻痺を根絶することはできないが、麻痺を引き起こすことは十分に可能である。

子宮頸がん HPV

子宮頸がんはHPV(ヒトパピローマウイルス)という。「ウイルス」によって引き起こされ、ワクチン接種によって予防できると主張されている。

HPVの確立された定義では、このウイルスには50以上の株があり、そのうちのいくつかが特定の癌、特に子宮頸癌の原因因子であると考えられているが、次のようなあいまいなコメントがつけ加えられている、

「…細胞が悪性化するまでには、さらなる要因が必要である」

HPVは子宮頸がんの原因因子と考えられた最初のウイルスではない。その疑わしい名誉は単純ヘルペスと呼ばれるウイルスにあるが、疫学調査ではヘルペスウイルスを関与させるのに十分なレベルの相関関係を見出すことができなかったため、HPVが発見されるまで研究が続けられた。

ヒトパピローマウイルス(HPV)と子宮頸がんと題された2019年1月のWHOファクトシートには、HPVには100以上の株があり、次のように記載されている、

「…ほとんどのHPV感染は自然に治り、ほとんどの前がん病変は自然に治癒する…」

それにもかかわらず、HPVのほとんどの株は比較的無害であるにもかかわらず、ファクトシートは約14の株が癌を引き起こすと主張している。しかし、WHOは、この無害なウイルスの数株が最も致命的な人体疾患のひとつを引き起こす理由を説明していない。

子宮頸がんがウイルスによって引き起こされるという理論は、必然的にHPV感染を予防するワクチンの開発につながった。現在使用されているワクチンは3種類あり、いずれも子宮頸がん患者や前がん病変の約70%を占めるとされる2種類のHPV株、すなわち16型と18型を予防するとされている。ファクトシートにはこうも書かれている、

「臨床試験の結果と市販後調査から、HPVワクチンは非常に安全であり、HPV感染予防に非常に有効であることが示されている」

さらに、ファクトシートには次のような記述もある、

「HPVは主に性的接触によって感染し、ほとんどの人は性行為の開始直後にHPVに感染する」

このような理由から、HPVワクチン接種は10代以前の子供たちに推奨されている。HPV Vaccine for Preteens and Teensと題されたCDCのウェブページには次のように書かれている、

「予防接種を受けることで、10代の子どもたちはウイルスにさらされるずっと前から守られる」

WHOは、これらのHPVワクチンはすべて「非常に安全」であると主張しているが、CDCのウェブページは、これらのワクチンが「副作用」を引き起こす可能性があることを認めている。それにもかかわらず、CDCは次のように主張している、

「HPVワクチン接種の利点は、副作用の潜在的リスクをはるかに上回る」

HPVワクチンには何のメリットもなく、安全で効果もない。

HPVワクチンが有効でない主な理由のひとつは、あらゆるウイルスがあらゆる癌の原因になりうるという根本的な理論に根本的な欠陥があるからである。がんのメカニズムには、死滅しない異常細胞の制御不能な増殖が含まれるのに対し、ウイルス感染のメカニズムには細胞の死が含まれると主張されている。この主張の欠陥については第3章で述べる。がんと感染症のメカニズムの違いは、ピーター・デュースバーグ博士教授によって明らかにされた、

「事実上すべての癌と同様に、子宮頸癌の発生動態は単にウイルスの挙動と一致しない」

異なるメカニズムの存在に加えて、HPVと癌の因果関係を示す証拠がないことも挙げられる。2012年8月のNatural Newsウェブサイトのインタビューで、ラッセル・ブレイロック医学博士は、HPVが子宮頸癌を引き起こすという主張について質問され、次のように答えている、

「因果関係を示す絶対的な証拠はない」

HPVが子宮頸がんを引き起こすという証拠がないことは、ワクチンが子宮頸がん予防に有効であるという主張に対する重大な挑戦である、

「このワクチンは子宮頸がんを予防するという主張を裏付ける科学的証拠すらない」

さらに、英国NHSによれば、HPVワクチンによる予防効果は約10年しか持続しないという。しかし、子宮頸がんは主に30歳から45歳の女性が罹患すると報告されている。しかし、ブレイロック博士が言うように、子宮頸がんを予防するという証拠は何もない。

しかし、これらのワクチンが「非常に安全」とは言えないことを示す証拠は豊富にある。2008年、アメリカの団体ジュディシャル・ウォッチ(JW)は、FOIA(情報公開法)の要求の結果、FDAから入手した文書に基づいて報告書を作成した。現在使用されている3種類のワクチンの一つであるガーダシルについて、報告書は次のように説明している、

「論争の的になっているこのワクチンは、ガーダシルの安全性と長期的影響に対する懸念にもかかわらず、FDAによって承認が急がれた。このワクチンはまだ試験段階であるが、すでに何千人もの若い女性たちに接種されている」

報告書によれば、承認後わずか2年の間に、ワクチン投与による健康被害が8,000件を超え、少なくとも18人が死亡している。2013年3月のJW Investigates HPV Compensation Programと題する記事もウェブサイトに掲載されている、

“ジュディシャル・ウォッチは本日、保健福祉省(HHS)から文書を入手し、その全国ワクチン傷害補償プログラム(VICP)が、大きな議論を呼んでいるHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンに対する請求で、49人の被害者に5,877,710ドルを授与したことを明らかにしたと発表した。”

HPVワクチン接種を批判しているのは、Judicial Watchによる調査だけではない。Dr. Gary Null PhDは、Progressive Radio Networkのラジオ番組で、ガーダシルを調査したシンディ・ベヴィントンとの2010年の会話を報告している、

「66人の死者以外にも、ガーダシルの深刻な副作用には、ギランバレー症候群、全身性エリテマトーデス、発作、アナフィラキシーショック、慢性疲労、麻痺、血栓、脳炎、かすみ目、失明、痙攣、脱髄性脳脊髄炎、多発性硬化症、膵炎、様々な消化器疾患がある」

これらの「副作用」は、CDCが報告したものよりもかなり悪いものである。ガンの恐怖が人々の心に強く残っているのは当然だが、これらの影響は、冒すに値するリスクと考えるには、あまりにも深刻である。特に、ワクチンがHPV感染からの防御を与えるという証拠も、ウイルスがガンを引き起こすという証拠もないのだから。

ワクチン投与後に発生した最も深刻で悲劇的な「副作用」は、命を失うことである。悲しいことに、このような悲劇は2006年以来数多く起こっている。死亡者数は2010年に報告された66人以来増え続けている。2016年5月に報告されたガーダシル接種後の副作用の統計によると、重篤な有害事象の数は合計4,954件に達し、死亡者数は合計245人という驚異的な数に達している。

子どもや若者の死ほど悲劇的なものはない。特に、子どもたちを病気から守るはずのワクチン接種の結果であればなおさらだ。最も心を痛めるのは、がんはウイルスが原因ではないため、どんなワクチンでもがんを防ぐことはできないということだ。

このような悲劇は、どのような言葉でも言い表すことはできない!

当初、HPVワクチンは子宮頸がん予防のために若い女性にのみ接種されていた、

しかし、WHOのファクトシートによれば、「…ワクチン接種は女性だけでなく男性の性器がんも予防する…」とある。

このため、一部の国ではHPVワクチン接種プログラムを拡大し、10代前のすべての男児を接種対象としている。

以前紹介したヌル博士とシンディ・ベヴィントンとのインタビューの中で、ベヴィントンはさらに重要なコメントをしている、

「専門誌の論文や研究では、性交渉の経験のない修道女や思春期の少年がたまたま爪の下にHPVを持っているのと同様に、赤ん坊がHPV陽性であったという文書化された事例が示されている」

HPVは、主に性的接触によって感染する危険なウイルスであるという考え方は、完全に否定される。

残念ながら、医学界が性行為によって感染するウイルスによって癌が引き起こされ、ワクチンによって『防御』されるという根拠のない信念を持ち続けている間、子供たちや青少年は苦しみ続けることになる。恐怖を煽るようなこれらの信念の宣伝は、人々がこれらの主張の根拠を求めることを妨げている。そうすれば、本物の科学的根拠が存在しないことがすぐに判明するだろう。


ワクチンを接種することで予防できると主張されているすべての感染症について議論することは、現実的ではないし、必要でもない。すべての予防接種は、「細菌」が原因因子であるという同じ基礎理論に基づいているが、第3章で論じるように、これは根本的に欠陥のある理論である。

どのワクチンも安全で効果的であることを示す証拠はない。しかし、すべてのワクチンが積極的に危険であることを示す証拠は十分にある。

ワクチンの成分

ワクチンの有害な成分は、ワクチンが予防すると主張する病気を引き起こす「病原体」だけであるという信念を、医学界の権威が後押ししてきたことは、21世紀の悲しい事実である。

ワクチンが有害なのは、その有毒な化学成分のせいであって、いわゆる「病原体」のせいではない。

大多数の人々は、ワクチンの製造に使用される化学物質について、「医薬品」の製造に使用される化学物質と同様にまったく知らない可能性が高い。にもかかわらず、医薬品とワクチンの成分には、さまざまな有毒化学化合物が含まれている。

ワクチンの成分は3つのグループに分けられる。第一のグループは「病原体」とされるもの、第二のグループはアジュバントと呼ばれる化学物質、第三のグループは殺菌剤や固定剤として使用される化学物質である。

アジュバントの機能は、身体の免疫反応を高めることである。この「ブースト」によって抗体の産生が促進され、病気に対する防御力が高まると言われている。アジュバントとして使われる物質には、水酸化アルミニウムやリン酸アルミニウムがある。アルミニウムは神経毒として知られている。

殺菌剤の目的は、ワクチンが微生物に汚染されるのを防ぐことである。ワクチンの殺菌剤として使用される物質には、水銀ベースの化合物であるチオメルサール(チメロサール)が含まれる。水銀は神経毒としても知られている。

ワクチンへの水銀の使用は、特に自閉症との関連で大きな論争になっている。しかし、この論争の結果、乳幼児に接種されるワクチンのほとんどから水銀が排除された。

しかし、水銀フリーと謳われているワクチンも含め、すべてではないにせよ、ほとんどのワクチンに水銀が含まれているという証拠がある。その証拠のひとつが、FDAとCDCとの電子メールのやりとりである。このやりとりはAge of Autismのウェブサイトに掲載されているが、CDCからの回答には次のように書かれている、

「現在、米国で乳幼児を感染症から守るために使用されているワクチンには、殺菌剤としてチメロサールが含まれているものはない。チメロサールは現在でも、特定のワクチンの製造初期段階で使用されることがある。しかし、チメロサールは精製工程を経て除去される。この工程が完了すると、チメロサールは微量(0.3mcg以下)しか残らず、生物学的効果はない」

ワクチンに含まれる「微量」の水銀は取るに足らないものであり、生物学的影響はないという主張は、物質を毒にするのは用量であるという考え方に明らかに依拠している。しかし、この主張は軽率である。2010年9月に発表された『水銀暴露と子どもの健康』という記事には、次のように書かれている、

「水銀は非常に毒性の高い元素であり、安全な暴露レベルは知られていない」

ワクチンへの水銀使用に関する論争を取り囲む膨大な量の宣伝は、残念ながら、同じく有毒な他のワクチン成分に関する十分な議論をないがしろにしてきた。これらには、ホルムアルデヒド、アルミニウム、硫酸アンモニウム、ソルビトール、アスパルテーム、グルタミン酸ナトリウム、フェノールなどが含まれる。

ホルムアルデヒドは神経毒性があることが知られており、IARC(国際がん研究機関)でも発がん性が認められている。その毒性が認められているにもかかわらず、ホルムアルデヒドは内因性であると言われている。言い換えれば、医学界は人体がホルムアルデヒドを「自然に」生成していると主張しているのである。また、ワクチンに含まれるホルムアルデヒドの量は、体内で作られるとされる量よりもかなり少ないという根拠で、その使用が正当化されている、

「一部のワクチンに含まれるホルムアルデヒドの量は、体内で自然に発生する濃度と比べると非常に少ないため、安全上の懸念はない」

これもパラケルススの誤謬に依拠した例であるが、これもまた誤った信頼である。ワクチンにホルムアルデヒドを使用する目的は、ウイルスを不活性化するため、あるいは細菌毒素を無毒化するためと言われているが、第3章の議論は、これらの主張が誤りであることを証明するものである。しかし、病原菌を「不活化」するためには、ホルムアルデヒドが本質的に有毒でなければならないことは明らかであろう。

ATSDR(有害物質・疾病登録庁)は、わずか30mlの摂取で成長した大人を死に至らしめることができると報告している。したがって、体内でホルムアルデヒドが「自然に」生成されるという主張は、極めて異常であるように思われる。ホルムアルデヒドは内因性に生成されるが、人体には有毒であるという主張の矛盾した性質は、「内因性ホルムアルデヒドは造血幹細胞の遺伝毒であり、代謝発がん物質である」と題された2015年の論文で提起されている、

「…哺乳類では保存された保護メカニズムによって打ち消される」

ホルムアルデヒド中毒から身体を守る生得的なメカニズムが存在するということは、身体がホルムアルデヒドを有益なものとも有用なものとも考えていないことを示している。

アルミニウムはもう一つのワクチン成分である。前述のように、ワクチンに対する身体の反応を「高める」ためのアジュバントとして使用される。ラッセル・ブレイロック博士は『Health and Nutrition Secrets』の中で、アルミニウムは重要な脳毒であり、多くの神経変性疾患と関連していると述べている。しかし、WHOは「アルミニウムアジュバント」と題するウェブページで次のように述べている、

「FDAの分析によれば、低出生体重児であっても、アルミニウム含有ワクチンの注射後のアルミニウムの体内負担は、経口摂取アルミニウムに基づく安全な米国規制基準値を超えることはない」

経口摂取レベルのアルミニウムと注射レベルのアルミニウムを比較することは全く不適切であり、両者は全く比較にならない。ブレイロック博士は、摂取されたアルミニウムの吸収レベルについて説明している、

「通常、アルミニウムの消化管からの吸収率はかなり低く(0.1%)、吸収後の体外への排泄はかなり速い」

しかし、筋肉内に注射された場合のアルミニウムの吸収は全く異なる。NVIC(National Vaccine Information Center)の一部であるThe Vaccine Reactionのウェブサイトに掲載された2016年6月のHow Aluminum in Vaccines Affects Your Healthと題する記事では、摂取されたアルミニウムと注射されたアルミニウムを比較し、次のように述べている、

「アルミニウムが筋肉に注射されると、身体は100%吸収する」

ブレイロック博士が指摘したように、注射によるアルミニウムの全吸収の結果は、特に脳にとって極めて重大である。

もう一つの一般的なワクチン成分であるフェノールは、カルボン酸としても知られている。

アスパルテームとMSG(グルタミン酸ナトリウム)も、第6章で述べるように、反対の主張にもかかわらず有毒である。

その他のワクチン成分には動物由来のものが多く、ゼラチン、ニワトリ胚、中絶胎児組織からのヒト二倍体細胞、子牛の皮からの小胞液、ニワトリ胚液、マウス血清タンパク質、サル腎臓細胞などが含まれる。ワクチンに動物由来物質を使用することがもたらす危険性について、ハーバート・シェルトンはこう説明している、

「現在自由に使用されているワクチンや血清は、動物由来のものであり、アナフィラキシーに含まれるような深刻な損害の原因であることがよく知られている」

さらに、すべてのワクチンには何らかのタンパク質が含まれており、注射されたタンパク質の悪影響についてもハーバート・シェルトンは説明している、

「タンパク質は、それが生命にとって不可欠であるように、最初に消化を受けることなく血液に直接導入された場合、猛毒である」

ワクチンは血流に直接ではなく筋肉内に注射されるが、含まれている毒性成分はほぼ確実に血流に到達し、必然的に中毒を起こす。残念なことに、医学界は、「血液中毒」はその名前にもかかわらず、毒物ではなく「細菌」によって引き起こされるという見解を広めている。しかし、ハーバート・シェルトンも説明しているように、ワクチンの毒性成分は血液を中毒させ、アナフィラキシーを引き起こし、死に至らしめる可能性は十分にある、

「アナフィラキシーショックは、ワクチン接種や予防接種の後に起こることがある」

ワクチンの成分の多くが、人体に注射すべきではない毒物であることは明らかである。従って、多くの人がワクチンの副反応を経験するのは当然である。ワクチンに明らかな反応を示さない人もいるかもしれないが、だからといって毒物の影響を受けないわけではない。

残念なことに、社会で最も弱い立場にあるのは、推奨される乳幼児ワクチンの接種スケジュールが世界各国で拡大し続けているため、ますます多くのワクチンを接種される人たちである。その結果、ワクチン副反応の発生率や重症度も増加の一途をたどり、ワクチン被害の犠牲となる乳幼児が増え続けている。

ワクチン被害

ゲルハルト・ブッフバルト医学博士は『ワクチン接種』の中で、ワクチン被害の定義を述べている: 恐怖に基づくビジネス』の中で、ゲルハルト・ブッフバルト医学博士はワクチン被害の定義をこう述べている、

「ワクチン被害とは、ワクチンに対する通常の反応の範囲を超えた、ある人の健康への被害である」

いわゆるワクチンの「反応」や 「副作用」は、実際にはすべて直接的な影響であり、注射部位の痛みや炎症などの反応は、他の原因によるものとは考えられない。

注射部位の痛みや炎症などの反応は、他の原因によるものではありえない。発熱もワクチンの『反応』として認識されているが、他の原因によることもある。医学界は、赤ちゃんや幼児の「発熱」を懸念すべき問題と見なしている。これは、英国NHSのウェブサイトに、発熱している子どもは回復するまで予防接種を受けるべきではないという勧告があることからもわかる。ワクチン接種後に発熱した乳幼児に対して、NHSは「ワクチンの副作用」と題するウェブページで次のようにアドバイスしている、

「乳児用パラセタモールやイブプロフェン液剤を飲ませることもできる」

このような「薬」にまつわる問題は前章で述べたとおりである。しかし、ワクチンの直接的な結果として経験される症状は、他の病気の症状と同様、医療機関によって完全に誤解されている。

発熱は、身体が毒素を処理し、排出しようとする過程で生じる症状のひとつであり、これについてハーバート・シェルトンはこう述べている、

「発熱は体内に蓄積された不純物の結果である」

つまり、ワクチン接種後の発熱は、ワクチン製造に有毒成分が使用された直接的な結果なのである。したがって、他の症状、特に嘔吐や下痢も、毒素を処理し排出しようとする体の努力を示すものであるという論理的結論になる。第10章では、病気の症状についてさらに詳しく論じているが、ワクチン接種後の症状を抑えることはまったく不適切であることは、今回の議論の文脈で留意しておく必要がある。

ブッフバルト博士は、ワクチンに対する反応の『通常の程度』とワクチン障害を区別しているが、この区別は、ワクチンによってもたらされる『利益』に対して軽度の反応が許容される『リスク』であることを示唆しているため、やや誤解を招きかねない。

発熱、痛み、炎症などの軽い反応も含め、すべての反応は、たとえ短期間で治まったとしても、一種のワクチン障害である。

人によっては、ワクチンにまったく反応しないように見えることもある。このような状況は、ワクチンが害を及ぼさなかったと思いがちだが、それは間違った思い込みである。毒素を処理し、排除する能力はさまざまであり、ワクチンに対する反応が人によって異なる理由の一端を説明している。しかし、ワクチン成分の本質的な毒性は、ハーバート・シェルトンが述べているように、ワクチン成分が常に害、時には非常に深刻な性質の害を引き起こすことを示している、

「免疫を与えるはずの血清やワクチンは、免疫を与えるはずの病気よりも深刻な問題を引き起こすことが多い」

ワクチンに対する反応はすべて「ワクチン障害」の一種であるが、さらに議論が必要なのは、「ワクチン障害」と呼ばれる、より深刻で長期にわたるワクチンの影響である。

ワクチン被害は新しい現象ではない。ワクチン接種による健康被害は、ワクチン接種の習慣そのものと同じくらい古い。このことは、19世紀にイギリスで天然痘ワクチン接種が義務化された後、苦痛と死亡が増加したという統計が証明している。しかし、医療行為に起因する健康への悪影響に関する報告統計は、特にワクチンに起因する悪影響に言及する場合、控えめであることで有名である。この理由は主に、病気や死亡の原因をワクチン接種に帰することに医療機関が極端に消極的であることによる、

「現在に至るまで、何百件もの検視報告書を熟読すると、検視官や調査医が死亡の原因をワクチン接種に求めることに消極的であることがわかる」

医師は、ワクチン接種後の病気や死亡がワクチンによって引き起こされることはあり得ないと教えられる。同じように、病気や死亡がいかなる医薬品の使用によっても引き起こされることはあり得ないと教えられる。医師が受けるトレーニングは、『害をなすなかれ』というヒポクラテスの誓いに対する強い信念を植え付ける。この消極性はジョージ・ディック教授も認めており、1971年6月号の『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル』誌の記事で次のように述べている、

「…自分が勧め、自分が信じている処置のために、死亡や合併症が起こったとしたがる医師はほとんどいない」

理解できることではあるが、このような消極的な態度は、ワクチンが害をもたらすという経験的証拠の増加に目をつぶらせてはならない。この章の前のセクションで述べたように、多くの勇敢な医師たちは、医学トレーニングの誤謬の多くを克服し、ワクチン接種に関する理論の誤りを認識している。

それとは反対の証拠が積み重なっているにもかかわらず、医学教育プログラムでは、予防接種は効果的であり、病気を予防する安全な方法であるというドグマが守られている。ワクチンに対して他の人よりも強く反応する人がいるのには理由があるのだが、そのような理由は、有害なワクチン成分との関連性を否定する医学界には理解されていない。

ワクチンが害をもたらすことを否定するのは、「まれな」状況であるとされる場合を除けば、NHSのワクチンの副作用のページが示している、

「ワクチン接種後に起こるすべての病気が副作用になるわけではない。毎年何百万人もの人々がワクチン接種を受けているため、その直後に偶然感染症や病気を発症する人がいることは避けられない」

ワクチン接種後の発病が「偶然」であることはほとんどなく、必ずワクチンの直接的な影響である。次の章で述べるように、その後の病気が『感染症』であるという考え方も誤りである。ブッフバルト博士が説明するように、ある種の影響はワクチン投与後短期間で起こるが、ある種の影響は顕著になるまでに時間がかかる、

「ワクチン被害は一般に接種直後には認識されないが、多くの場合、数週間後、数ヵ月後、状況によっては数年後に認識される」

エレノア・マクビーンが『毒針』を書いたのは1957年のことで、当時は乳幼児の標準的な予防接種スケジュールに含まれるワクチンの数が、21世紀初頭に比べてはるかに少なかった時代である。しかし彼女は、多くの医師が、ワクチン接種率が高まるにつれて、ガンやその他の深刻な健康問題の発生率が増加していることを観察し始めていたと報告している。これらの医師の多くは、ワクチンがこれらの病気の実質的な要因であると確信していた。彼女の著書の中で言及されている医師の一人に、メトロポリタン癌病院(ロンドン)の医長を務めていたフォーブス・ローリー医学博士がいる、

「癌の増加はワクチン接種によるものだと私は確信している」

ワクチン接種とガンとの間に関連性があるという主張は、またしてもとんでもない発言と受け止められるかもしれないが、だからといってそれが真実でない、あるいはあり得ないということにはならない。第7章のがんに関する詳細な議論でもわかるように、がん発症の主な要因のひとつは毒素、特に発がん性のある毒素の蓄積である。水銀とホルムアルデヒドは、どちらも発がん物質として認められていることに留意すべきである。

上記の記述は、ワクチン接種ががんの唯一の原因であるという意味に解釈されるべきではない。しかしながら、このことが認識されることはほとんどないが、ワクチンは主要な寄与因子である可能性が高い。人口の大多数がワクチン接種を受けているという事実は、ワクチン接種を受けた集団と受けていない集団との比較研究を行うことが事実上不可能であることを意味し、前者の集団におけるがんの発生率が後者の集団のそれを上回っているかどうかを示すことができるかもしれない。疫学的研究がワクチンとがんとの明確な関連性を立証できないのには理由があり、それらについては第6章と第7章で述べる。しかし、ワクチンの成分として発がん性物質が使用されていることから、因果関係を否定することはできない。

ワクチン接種が導入された当初、エドワード・ジェンナーは何の根拠もなく、天然痘の予防接種を1回受ければ一生予防できると主張した。しかし、予防接種を受けた人の数が増えたにもかかわらず天然痘の発生率が増加したことから、「予防」は明らかに生涯続くものではなかった。医学界は、ワクチンが信じられているようには機能しないことを認識する代わりに、「防御」を確実に継続させるために、生涯にわたって再接種を実施した。

定期的な再接種が必要だという考え方は、初期のワクチンは「粗末」だったが「効いた」というNHSの主張とも完全に矛盾する。確かに粗末ではあったが、『効いた』のではないことは明白である。

天然痘に効いたとされる20世紀の天然痘ワクチンも、同様に粗末なものであったが、効果はなかった。リリー・ロートはその著書の中で、天然痘が流行している地域で推奨される再接種頻度についての質問を掲載した『英国医学雑誌』1947年7月号からの情報を提供している。その回答は次のようなものであったという、

「天然痘が流行している地域では、10カ月から12カ月ごとに再接種すべきである」

この助言は、天然痘を根絶したとされる世界的な天然痘予防接種キャンペーンが導入される約20年前に発表されたものである。

ワクチンの失敗を抑制することは、医学界の常套手段であり、そのための手法のひとつが、ワクチン接種後の疾病の再分類である。例えば、「ポリオ」に代わる「AFP」の誕生である。

前述のように、作家のジョージ・バーナード・ショーはイギリスの反ワクチン連盟のメンバーであった。彼はまた、ロンドンの保健委員会のメンバーでもあり、その会合にも出席していた。この活動の結果、彼はワクチン接種後の病気を再命名する技術に出会い、その経験について書いた。この話題に関する彼の文章の一部は、エレノア・マクビーンによって『毒針』の中で引用されている、

「天然痘以外の)再接種症例をすべて膿疱性湿疹、バリオロイド、その他と診断することで、ワクチン接種の信用が統計的に維持されていることを知った」

もはや「再接種」とは呼ばれなくなったが、「予防」は一生続くものではないため、ある種のワクチンは人生のさまざまな段階で繰り返し接種する必要があると主張されている。しかし、ワクチンが免疫をもたらすという理論が正しければ、再接種やブースター注射は決して必要ないことは明らかである。

しかし、MMR(麻疹、おたふくかぜ、風疹)やDTP(ジフテリア、破傷風、百日咳)の3価ワクチンなど、多価ワクチンとも呼ばれる混合ワクチンを乳幼児に接種することが一般的になってきている。しかし、乳幼児の標準的な予防接種スケジュールに追加されるワクチンが増えるにつれ、これらのワクチンはますます混合されるようになり、5価ワクチンや6価ワクチンが一般的になってきた。混合ワクチンに対する医学界の見解は、「不快な副作用」を防ぐために「別々の注射」を使用するという2007年の定義から明らかに変化している。現在の見解は、CDCの「複数のワクチンと免疫システム」というウェブページによれば、以下の通りである、

「科学的データによれば、複数のワクチンを同時に接種しても、慢性的な健康問題を引き起こすことはない」

しかし、リアルワールドからの経験的証拠は、そうでないことを証明している。

さらに、複数のワクチンの多くは複数の段階に分けて接種される。例えば、英国では「5-in-1」ワクチンは生後8週、12週、16週に接種される。このようなスケジュールは特別なものではなく、WHOの政策勧告に従って、世界中のほとんどの国で適用されている乳幼児ワクチン接種スケジュールの典型である。

これらの複数のワクチンは、非常に幼い乳児の小さく傷つきやすい体に、かなりの量の有毒物質を導入する。必然的に、健康に有益なものはなく、有害なものばかりである。これらの結果の中には、子どもたちが「普通の」生活を送れなくなるような影響や、子どもの認知能力に影響を与えるような衰弱させるような障害を含むものもあり、これは脳に害が及んでいることを示している。

ブッフバルト博士はその著書の中で、『認識できないワクチン被害』と呼ぶ行動症状について次のように述べている、

「これらの行動障害は、やる気のない攻撃性、多動性、制御不能な行動、集中力の欠如、抑制閾値の減少または欠如によって特徴づけられる」

しかし、上に引用したCDCの声明が示すように、医学界はワクチンが『慢性的な健康問題』を引き起こすことを否定しており、したがって、神経毒性のある物質を赤ちゃんに注射することが、まだ発達途中の脳に有害な影響を与えることを認めようとしない。ADD、ADHD、自閉症などのレッテルで診断されるこれらの症状は、必ず多くの要因の結果であるが、ワクチンが主要な要因であることを認識する必要がある。

様々な理由から、特定の影響と特定のワクチンとの直接的な因果関係を証明することは不可能であるが、多くの「影響」がワクチン投与後に起こるという事実は、少なくともワクチンが反応とその後の健康問題の「引き金」になったことを示している。悲劇は、ワクチンによって引き起こされる行動障害が、しばしば有毒な精神科治療薬で治療されることである。

ワクチン被害を正しく認めようとしない医療界の姿勢は、2011年5月のWHOの会報に掲載された「ワクチン接種に起因する有害事象の無過失補償:国際的プログラムのレビュー」という記事でも示されている。この記事のタイトルは、補償が「無過失」であり、有害事象がワクチンによって引き起こされたのではなく、ワクチンに「起因」しているという記述で注目される。記事は次のような主張で始まっている、

「ワクチン接種の公衆衛生上の利益は明らかである」

ワクチンが害をもたらすことを公然と認めようとはしないが、それでも記事は次のように認めている、

「ワクチンはリスクがないわけではなく、ワクチン接種後に有害事象が発生することは一般的に認められている」

医学界の一般的な見解は、治療は認識された『リスク』と『ベネフィット』に従って評価されなければならないというもので、ワクチン接種に関しては、有害事象のリスクは、それがもたらすとされるベネフィットのために取る価値があると信じられている。この見解の理由は、次の論文に要約されている、

「集団レベルでは、これらの小さなリスクは、集団への予防接種が広く行われることによる利益と釣り合うと考えられている」

この考え方は「群衆免疫」という概念に基づいており、人口の一定割合が予防接種を受け、その病気に対する「免疫」ができていれば、感染症の蔓延は抑えられると主張するものである。この概念の誤りは、イギリスにおける天然痘ワクチンの強制接種プログラムによって、ほぼ全人口が予防接種を受けたにもかかわらず、発病率と死亡率が大幅に増加したという統計によって明らかになった。

「集団免疫」の概念には多くの問題があることは明らかであるが、とりわけワクチン接種が免疫を与えることが証明されたことはない。

しかし、特に注目に値する点は、WHO会報の記事で言及されている「小さなリスク」は、ワクチン被害を受けた赤ちゃんや子供にとって「小さな」ものではなく、彼らにとってのリスクは全体的なものであるということである。記事はこの点を認め、次のように述べている、

「……これは、個々人が、他の人々への利益のために、時折大きな負担を負うことを意味する」

これは誤りである。個人が被る。「重大な負担」は、それ以外の人々にいかなる利益も与える能力はない。彼らの苦しみには何の目的もなく、子宮頸がんについてのセクションで述べたように、それはまったく不必要なものである。これが、証明されていない誤った「集団免疫」という概念の本当の悲劇である。

1986年に制定された米国小児ワクチン傷害法によってワクチン産業に与えられた免疫である。この法律の結果、製造業者は、米国政府によって義務づけられているワクチンによる傷害について責任を問われない。

これは言語道断である!

WHO会報の記事は、ワクチン投与後に「有害事象」が起こりうることを認め、世界のいくつかの国で設立された補償基金について言及している。

この基金の詳細は、米国保健福祉省のウェブサイトに掲載されている。このウェブサイトには、さまざまなワクチンとその可能性のある有害事象を一覧にした「ワクチン傷害表」など、このプログラムに関する有益な情報が掲載されている。この表は、補償が検討されるためには、反応が発生する期間が非常に限られていることを示している。言い換えれば、特定の反応が指定された期間内に起こらなければ、ワクチン被害として認められないということである。

ワクチンによる損害がこのように制限されるべきでないため、このような条件は全く不適切である。ブッフバルト博士が説明したように、副作用は数週間、数カ月、あるいは数年に及ぶこともある。指定された期間内に発生しなかったからといって、ワクチンに関連した被害であると否定することは、このプログラムの不誠実な性質を示している。

さらに明らかになった情報は、VICPに関する米国のウェブサイトにある2019年5月のデータ報告書から入手できる。最新の統計は2017年末までの期間に言及しており、報告書には次のように書かれている、

「1988年以来、20,629件以上の請願がVICPに提出されている。この30年間で、17,875件の申請が裁決され、そのうち6,551件が補償可能と判断され、11,324件が棄却された」と記載されている。

この統計によると、裁定を受けた申請のうち、成功したのは全体の36パーセント強に過ぎない。しかし、成功した申請者に支払われた補償金の総額は巨額である、

「プログラム期間中に支払われた補償金の総額は約41億ドルである」

アメリカ国民にとって不運なことに、アメリカのワクチン補償プログラムはワクチン販売に課される税金で賄われている。従って、ワクチン被害の被害者に支払われる補償金を賄っているのはアメリカの納税者なのである。したがって、ワクチン被害者に支払われる補償金を賄うのはアメリカの納税者なのである。しかし、本来であれば、自社製品による被害に対して責任を負い、被害者に補償金を支払う義務を負うのはワクチン製造業者であるべきだ。

ワクチンメーカーが自社製品による健康への悪影響に対する責任を免責されるというこのような状況が存在することは、問題の核心を露呈している。製薬業界は、大衆のためになる医療製品を製造するビジネスではなく、株主のためになる利益を上げるビジネスをしているのだ。

ハーバート・シェルトンの言葉は、この議論を締めくくるのにふさわしい、

「ワクチン接種と予防接種プログラムは、単なる商業的なものに過ぎない。ワクチンや血清の密売人には莫大な利益をもたらすが、国民には何の健康ももたらさない。」

未来

この現状が変わるまで、ワクチン接種の誤りは計り知れない苦しみを引き起こし続けるだろう。これに反する証拠は枚挙にいとまがない。

これを止めない限り、ワクチン接種の将来的な方向性は、継続的な拡大である。WHOに率いられた医学界のアジェンダは、すべての人がワクチン接種を受けられるようにすることである。この非常に現実的なアジェンダは国連によって策定され、2015年9月にすべての国連加盟国によって採択された「2030アジェンダ」と呼ばれる最新の姿に集約されている。このアジェンダの目標番号3は、次のように言及している、

「すべての人に、安全で、効果的で、質の高い、安価な医薬品とワクチンを提供する」

健康に関する2030アジェンダの目標については、第8章で詳述する。

GVAP(グローバル・ワクチン・アクション・プラン)2011-2020報告書も、ワクチン接種プログラムの拡大に貢献することを意図した文書である。この報告書の序文には、次のような記述がある、

「予防接種は、健康に対する人権の中核をなすものであり、個人、地域社会、政府の責任である」

健康に対する人権には、証明されていない誤った理論に基づいて毒殺されることを拒否する人権も含まれるべきである。

『地域社会の責任』という言葉は、これまで議論されてきた『集団免疫』の概念を指している。『政府の責任』という言葉は、ワクチン接種義務化法の導入の可能性を示している。

天然痘の予防接種がイギリスで義務化された後に生じた苦しみと死亡率は、強制的な予防接種プログラムの実施に対する教訓となったはずである。

製薬業界は、ワクチンが安全で効果的であるという信念を広める上で大きな役割を果たしていることは明らかであり、主に医学界に対する大きな影響力によってこれを実現している。

製薬業界のかなりの部分は米国に拠点を置いており、PhRMA(米国製薬団体連合会)はその名の通り、米国の製薬会社の業界団体である。2013年にPhRMAは報告書を作成し、300種類近くの新しいワクチンが開発中であることを記録した。これらのワクチンの大半は「感染症」と闘うために開発されているが、その他にも様々な病気と闘うために開発されている。不愉快なことに、開発中の新ワクチンの中には、特にアルツハイマー病やMS(多発性硬化症)などの『神経疾患』や、糖尿病や喘息などの『その他の疾患』の治療を目的としたものもある。

第7章の議論は、非伝染性疾患と分類される病態が、医学界で十分に理解されていないことを示している。取り上げた病気のほとんどすべてにおいて、医療機関はその原因を知らないことを認めている。つまり、病気を「治療」する正しい方法がわからないということである。確実なのは、ワクチンで予防できる病気はないということである。

GVAP報告書にある「個人の責任」という言及は、個人が自分を守るためにワクチンを要求する権利があることを示唆するものである。本章の議論から明らかなように、個人はワクチンの危険な性質について十分に知らされる権利と、ワクチンを接種しない権利を主張できる権利も持つべきである。

健康に対する人権は「個人の責任」を要求しているが、これは個人が自分の健康、および自分の健康に影響を与える事柄に関わるすべての決定について、個人的責任を負う権利と解釈すべきである。集団免疫という概念は誤りであり、人々の意思に反して毒殺されるよう強制するために用いてはならない。

十分な情報を得た上で決断を下すためには、そのテーマに関連するすべての情報が必要である。だからこそ、人々はワクチン接種が科学的理論に基づいていないことを理解する必要がある。それどころか、ワクチンは効果も危険性もないことが証明されている。

ワクチンが害をもたらすという証拠が増えつつあるにもかかわらず、大多数の医師が、ワクチンは安全で効果的であるという主張に公に異議を唱えたがらないのには、いくつかの理由がある。これらの理由については、本書の後半、特に第7章と第9章で詳述する。

人間の健康を守るためには、ワクチン接種という有害な行為を一刻も早く根絶することが不可欠なのである。

管理

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker
error: コンテンツは保護されています !