認知症のリスク因子

3型 (生物毒素・感染症)

ミックスハーブの薬 内在性マイコフローラの成長とアフラトキシン生成の抑制効果 内在性 Mycoflora の成長とアフラトキシン生産に対する抑制効果

Mixed Herbs Drugs: Inhibitory Effect on Growth of the Endogenous Mycoflora and Aflatoxin Production Published online: 8 November 2008 概要 市販の混合生薬20種について、真菌学的プロファイルを調...
慢性疾患

認知症と慢性疾患の併発:何が分かっているのか、どこに証拠のギャップがあるのかを明らかにするための系統的な文献レビュー

Dementia and co-occurring chronic conditions: a systematic literature review to identify what is known and where are the gaps in the evidence? オンライン版2017 Feb 1 要旨 目的...
3型 (生物毒素・感染症)

一般的なカビ、毒性、症状、治療法のガイド  ニール・ネイサン博士とデイブ・アスプリー ポッドキャスト

The Common Mold: Your Guide to Toxicity, Symptoms and Treatments – Dr. Neil Nathan with Dave Asprey #733 デイブ・アスプリー あなたはデイヴ・アスプリーのバレット・プルーフラジオを聴いています。今日はとてもクールなエピソ...
3型 (生物毒素・感染症)

マイコトキシン(カビ毒)治療ガイドライン/ by ニール・ネイサンプロトコル

ニール・ネイサン博士の著書「TOXIC HEAL YOUR BODY」による、マイコトキシン治療ガイドラインをまとめたもの。ニール・ネイサン博士とは若干アプローチが異なるCIRSによるカビ毒治療などの情報も追加しているため、書籍の内容が100%反映された記事ではない。より詳しく正確な記述については原著を当たってほしい。 なに...
ハーブ・漢方(免疫)

COVID-19感染症に対する天然物の鉄キレート作用とプロテアーゼ阻害作用の役割

Role of Iron Chelation and Protease Inhibition of Natural Products on COVID-19 Infection 掲載:2021年5月25日 概要 SARS-CoV-2のパンデミックにより、新しい有効な治療法の開発が国際的に求められているが、未だに特定の治療法はなく...
ハーブ・漢方(免疫)

ハーブと薬物の相互作用で相反する結果を引き起こす多面的な要因

Multifaceted Factors Causing Conflicting Outcomes in Herb-Drug Interactions オンラインでは2020年12月30日に公開 概要 ハーブと薬物の相互作用(HDI)は,ハーブ製品の併用による代謝酵素やトランスポーターを介した薬物動態(PK)の変化が主要な問題で...
慢性疾患

ミトコンドリア機能不全と慢性疾患 天然サプリメントによる治療

Mitochondrial Dysfunction and Chronic Disease: Treatment With Natural Supplements Integr Med (Encinitas). 2014 Aug; 13(4): 35-43. ガース・L・ニコルソン博士(Garth L. Nicolson, P...
ミトコンドリア

ミトコンドリアの活性酸素生成に関する最新情報

An Update on Mitochondrial Reactive Oxygen Species Production オンライン版2020 Jun 2. 概要 ミトコンドリアは,スーパーオキシド(O2●-)および過酸化水素(H2O2)の最も重要な発生源である。これらの分子の過剰生産は、主にヒトの病気の発症や老化の文脈で研究...
毒性学・薬理学

医薬品の安全性評価における「無毒性量」(NOAEL)のレベル

The no-observed-adverse-eVect-level in drug safety 安全性評価における 使用、問題、および定義 Michael A. Dorato a,¤, JeVery A. Engelhardt b 2005年6月23日オンライン公開 概要 no-observed-adverse-e...
3型(化学毒素)

毒性試験をすり抜ける低用量化学物質の危険性

「あらゆるものは毒であり、毒でないものなど存在しない。その服用量こそが毒であるかないかを決めるのだ」 毒性学の父 パラケルスス はじめに パラケルススが「毒ではないものは何か」という有名な独白を作った時に、「毒のないものは何もない。すべてのものは毒であり、毒のないものはない。毒でないものは用量だけで決まる」という言葉を残した...