認知症のリスク因子

電磁波・5G

電磁波過敏症(EHS、マイクロ波症候群) – 機序のレビュー
Electromagnetic hypersensitivity (EHS, microwave syndrome) - Review of mechanisms

要旨 電磁波過敏症(EHS)は、過去に「マイクロ波症候群」として知られ、環境または職業環境における電磁波への患者の急性または慢性曝露後に生じる、典型的には中枢神経系症状を含む非特異的多臓器症状の広いスペクトルの存在によって特徴 ...
電磁波・5G
農薬・GMO・食品添加物

農業における農薬使用の影響:その利益と危険性
Impact of pesticides use in agriculture: their benefits and hazards

Interdiscip Toxicol. 2009 Mar; 2(1): 1-12. 2009年3月オンライン公開 Md. Wasim Aktar,1 Dwaipayan Sengupta,2 and Ashim Cho ...
農薬・GMO・食品添加物
調理方法

マイクロ波処理(電子レンジ) 食品成分への影響と効果
Microwave processing: effects and impacts on food components

食品科学と栄養におけるクリティカルレビュー 2017年6月 要旨 マイクロ波加熱は、効率的な加熱方法として、学術研究および産業界で注目されている。しかし、誘電加熱のメカニズムは従来の伝導加熱とは全く異なり、極性分子 ...
調理方法電磁波・5G
WEF/グレート・リセット

食料、収奪、依存 新世界秩序に抵抗する
Food, Dispossession and Dependency. Resisting the New World Order

コリン・トッドハンター著 グローバル・リサーチ社 2022年2月14日 私たちは現在、世界の農業・食品チェーン全体の企業統合が加速しているのを目の当たりにしている。アマゾン、マイクロソフト、フェイスブック、グーグ ...
WEF/グレート・リセットグローバルリサーチ農薬・GMO・食品添加物食糧危機
調理方法

食品中のアクリルアミド生成に及ぼすマイクロ波加熱の影響
Effect of Microwave Heating on the Acrylamide Formation in Foods

オンライン公開 2020 Sep 10. 要旨 アクリルアミド(AA)は、神経毒性および発がん性のある物質であり、近年、食品中に含まれていることが発見された。その生成に影響を与える要因の一つは、熱処理方法である。本総説では、食品 ...
調理方法電磁波・5G
感染症・ウイルス(AD)

早すぎることも遅すぎることもない ー 出生前から死までの因果関係を予防または逆転させることでアルツハイマー病の蔓延を終わらせる
It’s Never Too Early or Too Late—End the Epidemic of Alzheimer’s by Preventing or Reversing Causation From Pre-birth to Death

Front Aging Neurosci. 2018; 10: 205. オンライン公開 2018 Jul 12. クレメント・L・トレンペ1、トーマス・J・ルイス2,※1 要旨 散発性アルツハイマー病は、出生前に始 ...
4. 認知症 予防と治療感染症・ウイルス(AD)
3型 生物毒素・カビ毒

住まいのカビの見分け方と除去方法
How to Identify and Remove Mold from Your Home

Dale Bredesen 0:00 やあ、みなさん。Facebookライブへようこそ。今日はMichael RubinoとJulie Loobyをお迎えしています。私たちと一緒に。そして、カビの専門家であるお二人 ...
3型 生物毒素・カビ毒生物毒素・カビ毒
農薬・GMO・食品添加物

グリホサート対グリホサートベースの除草剤の曝露量 その毒性に関するレビュー
Glyphosate vs. Glyphosate-Based Herbicides Exposure: A Review on Their Toxicity

2022年1月17日オンライン公開 要旨 グリホサート系除草剤は,1970 年代以降,世界中で雑草管理の第一選択剤として使用されてきた。主に,その有効性と低毒性の報告により,高い支持を得てきた。最近の研究の多くは ...
農薬・GMO・食品添加物
農薬・GMO・食品添加物

グリホサート曝露による多面的な結果 臓器障害から炎症、がん、生殖、発達への影響まで
Pleiotropic Outcomes of Glyphosate Exposure: From Organ Damage to Effects on Inflammation, Cancer, Reproduction and Development

2021年11月22日オンライン公開 Marianna Marino,1 Elena Mele,2 Andrea Viggiano,1 Stefania Lucia Nori,3 Rosaria Meccariello,2,* ...
農薬・GMO・食品添加物
ブラウンストーン研究所

グラフェンの健康リスク

The Health Risks of Graphene by carla peeters 2022年4月18日 パンデミックの間、ナノ粒子は診断、個人保護具、予防、病気の治療などに広く使用されてきた。人間と機械のシームレス ...
ブラウンストーン研究所環境リスク
生物毒素・カビ毒

マイコトックス憲章:世界におけるマイコトキシン曝露の最小化に関する認識の向上と協調的な行動

The Mycotox Charter: Increasing Awareness of, and Concerted Action for, Minimizing Mycotoxin Exposure Worldwide 201 ...
生物毒素・カビ毒
ガン

Coley’s toxins(コーリーの毒素):史上最も効果的ながん治療法はいかにして無名になったか

Coley’s Toxins: How the Most Effective Cancer Treatment of all Time Faded Into Obscurity 第一部:はじめに モニカ・ヒューズ博士 4月 ...
ガン感染症の歴史感染症・ウイルス(AD)
低用量ナルトレキソン(LDN)

低用量の薬剤は慢性疾患の転帰を改善する可能性がある

Low drug doses may improve outcomes in chronic disease サイモン・B・ディミット、ハンス・G・スタンプファー オンライン公開:2009年11月2日 概要 ...
低用量ナルトレキソン(LDN)慢性疾患毒性学・薬理学
環境リスク

新型コロナウイルスと5Gを含む無線通信による高周波放射への曝露との関連性を示す証拠

Evidence for a connection between coronavirus disease-19 and exposure to radiofrequency radiation from wireless communic ...
環境リスク電磁波・5G
毒性学・薬理学

動物におけるセルフメディケーション

Self-Medication in Animals 動物の寄生虫に対するセルフメディケーションは、これまで考えられていた以上に広く行われており、宿主-寄生虫生物学に深い影響を及ぼしている。 動物の寄生虫に対するセル ...
毒性学・薬理学
ステロイドホルモン

健康、老化、そしてホルモンバランス Robert Malone

Health, Aging, and Hormonal Balance ゲスト論説 簡単なプロローグ COVID-19,早期治療の有効性、ワクチンのリスクとベネフィットの比率に関する従来のメディアのプロパガンダと検閲を打破する ...
ステロイドホルモン環境リスク
環境リスク

5Gを含む高周波による健康リスクは、利益相反のない専門家が評価すべきである

Health risks from radiofrequency radiation, including 5G, should be assessed by experts with no conflicts of interest ...
環境リスク電磁波・5G
農薬・GMO・食品添加物

農薬、公害、イギリスの静かな春、1963-1964 イギリスの庭の毒

Pesticides, pollution and the UK's silent spring, 1963–1964: Poison in the Garden of England 2017年2月15日オンライン公開 J ...
農薬・GMO・食品添加物
毒性学・薬理学

動物薬理学(Zoopharmacognosy) ウィキペディア(Wikipedia)

Zoopharmacognosy 草を食べる猫-動物薬理学の一例 概要 動物薬理学(Zoopharmacognosy)とは、人間以外の動物が病原体や毒素の害を防いだり軽減したりするために、植物や土壌、昆虫、精神作用薬を ...
毒性学・薬理学
医療・製薬会社の腐敗

科学は死んだのか?「キャンセルされた」クリス・エクスリー博士&クリス・バスビー博士の研究が産業界のロビー活動に挑む

Is Science Dead? 'Cancelled' Drs. Chris Exley & Chris Busby's research challenges industrial lobbies ピーター・ボレニウス/P ...
医療・製薬会社の腐敗有害金属研究方法・科学全般
タイトルとURLをコピーしました