アグノトロジー・犯罪心理学毒性学・薬理学農薬・GMO・食品添加物

瀕死のミツバチと「無知」の社会的生産
Dying Bees and the Social Production of Ignorance

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0162243912442575

Dying Bees and the Social Production of Ignorance

ダニエル・リー・クラインマン1,2、サイナス・スリヤナラヤナン2

科学、技術、人間の価値

要旨

この論文は、米国やその他の地域でハチの死が加速している現象であるコロニー崩壊症候群 (CCD)の原因における特定の農業用殺虫剤の役割について現在進行中の議論を利用し、無知の社会的生産に関する新しい文献に貢献する機会としている。

このケースにおける知識/非知識の生産を形成する社会的文脈を理解するために、私たちは「認識論的形式」という概念を構築した。認識論的形式とは、行為者が専門的/知的な実践の場で知識と無知を生産する方法を形作る、一連の概念、方法、手段、解釈のことである。

CCD論争では、ある種の認識論的形式の特権化(歴史的な影響)が、学術組織、規制機関、企業組織の社会力学とどのように交差し、相互に関連し重複する3種類の無知を制度化することにつながっているかを検証している。私たちは、これらのタイプの無知が米国の規制政策や様々な利害関係者の生活に及ぼす影響について考察している。

キーワード 学問分野と伝統、政治、権力、ガバナンス、専門知識、認識論


クリント・ウォーカーは、1940年以来、農作物の受粉のためにミツバチの巣箱(コロニー)を管理しているベテランの移動型商業養蜂家である。2006年から2007年の冬に雪解けが始まると、ウォーカーは何千匹もの一見健康に見えるミツバチの巣が崩壊していくのを見た。成虫のミツバチが突然、体の跡形もなく消えてしまったのだ。ウォーカー氏はすぐに、他の何百もの養蜂家(商業、傍系、趣味など)が、全米で同じような不可解な経験をしていることを知った。この奇妙な現象について、商業養蜂家から報告を受けたミツバチ研究者たちは、これを「Colony Collapse Disorder(コロニー崩壊症候群)」またはCCDと呼んだ。

CCDは、北米の主要な受粉媒介種の減少を加速させたため、社会的、経済的、環境的に大きな懸念材料となっている。米国に生息するミツバチのほとんどは商業養蜂家によって管理されているため、CCDは米国農業の政治経済を脅かしている。果物、ナッツ、繊維、野菜を栽培する多くの農家は、管理されたミツバチが提供する受粉サービスに大きく依存するようになった。2000年の時点で、ミツバチは米国の農業市場に150億ドル近い農作物の収穫量と品質の向上をもたらしたと推定されている(Morse and Calderone 2000)。CCD はさらに、世界中で花粉媒介者の数が急速に減少しているという、現在進行中の生態学的危機を深 刻化させている(全米研究会議 [NRC] 2007)。学術界、産業界、政府、市民社会の関係者は、CCDの症状と原因を明らかにするために、よく知られた取り組みを行っている(Barrionuevo 2007; Stokstad 2007)。

CCDに罹患したミツバチのコロニーは、成虫の数が突然減少し、女王蜂、若い成虫、子蜂だけが残されるのが特徴である。逃げ出したミツバチは、おそらくコロニーから少し離れたところまで飛んでいってから死ぬ。しかし、捨てられたコロニーは一見健康で、蜂蜜、花粉、雛を豊富に蓄えているように見える。養蜂家やハチ研究者は、本来なら近くのコロニーにいる「強盗」ハチや他の害虫に略奪されるはずの蜂の巣が、そのまま放置されていることに困惑している。研究者によるCCD コロニーの残存ハチの詳細な解剖学的・分子生物学的分析により、異常に高いレベルの感染の兆候が明らかになった (Cox-Foster et al. 2007; vanEngelsdorp et al. 2007; Johnson et al. 2009; Bromenshenk et al. 2010)。明らかに、CCD コロニーのハチは極めて病的である。しかし、これらのハチが微生物や真菌の感染症にかかりやすくなる要因については、依然として論争が続いている。

私たちは、CCDとある種の農業用殺虫剤の因果関係をめぐる現在進行中の議論を契機に、CCDをめぐる論争の中で正統性を与えられている知識生産のあり方と、それに付随する無知 (Gross 2010)を検証し、その結果に利害関係を持つ関係者が被る影響を考察している。そして、この無知が米国の規制政策とさまざまな利害関係者の生活に及ぼす影響について考察する。

大学のミツバチ毒性学者、農薬会社、農家、商業養蜂家は、CCDの理解とそれに関連するリスク要因の規制に関してそれぞれ異なる利害関係を持っている。これらの関係者は対照的なアプローチをとっており、製造された農薬がCCDに与える影響について異なる主張をしている。彼らの知識の主張の違いは、研究課題の設定だけでなく、規制政策にも異なる影響を与える。専門家である毒性学者の主張は、特定の農薬とCCDを結びつける「決定的な証拠はない」と主張する傾向があり、寄生虫や病原菌といった人為的でない原因に注意を向けるもので、この方向性は農薬に強い関心を持つ人々の考えと一致する。商業養蜂家のような力の弱いステークホルダーが主張する代替知識は、合成化学物質がCCDの原因であるとする傾向があり、これらの化学物質がCCDに関与しているかどうか、どのように関与しているかを理解するために現在行われていない研究を提案するものである。このような研究アプローチは、予防的な規制の方向性を意味する。これは、こうした代替知識の主張の支持者の生活上の利害や商業的利益と両立し、既存の政策とは対照的なものである。

一般的に、米国の規制当局と農薬会社は、毒性学者のアプローチを商業養蜂家グループの代替的な方向性よりも優遇している。この論文では、ミツバチの毒性学に対する支配的なアプローチが、CCDにおける農業用殺虫剤の関与について特定の種類の無知を制度化していることを主張する。この無知はひいては、米国環境保護庁 (EPA)の規制当局が規制措置をとらないことを正当化する。

この無知は、米国環境保護庁 (EPA)の規制当局が規制措置をとらないことを正当化し、最終的にはエリート農薬会社の利益につながる。フリッケルとエドワーズ(近刊)の研究と同様に、私たちの研究は、異なる専門的・知的実践の場を構成する「ルール、手順、プロトコル…の中から無知が生まれる」ことを例証するものである。

本稿は4つの部分から構成されている。まず、無知の社会的生産に関する研究の現状を簡単にレビューする。ここでは、”the problem of undone science” (放置された科学の問題)(Hess 2007)を理解するための新たなプロジェクトに基づくと思われる一連の考え方を提示する。次節では、CCD論争をアメリカの農業とその中での特定の農業用殺虫剤の役割との関係で詳しく説明する。次節では、CCD論争における特定のエピソードや立場を分析し、学術科学者、規制当局、農薬企業が支持する支配的アプローチが特定の形態の無知を生み出していることを示す。結論として、本研究の意義について述べる。

(1) 養蜂家、学術科学者、農産業代表者、連邦規制当局者への半構造化インタビュー、(2) 2009 年米国昆虫学会年次大会(インディアナポリス)、2010 年北米養蜂会議(フロリダ州オーランド)、「The Bee Lab」での参加者による観察から得られた情報に基づいて分析を行っている。(3) 査読済み学術誌の研究論文、ミツバチと農産業の業界誌、農薬のリスク評価に関する連邦政府の「ガイドライン」文書、商業養蜂家とEPA 内農薬プログラム4室の連邦政府職員との公開された書簡などの公開文書。

無知の社会的生産 (The Social Production of Ignorance)

あらゆる現象に関する行為者の知識は、彼らがどのように、そしてどこを見るかによって影響を受ける(Haraway 1991)。ある方法で見ることによって、人は他の理解の方法を検討しないままにしておく。その結果、知識の生産は、それに対応する無知あるいは「非知識」の生産と常に背中合わせになる(Harding 2000; Gross 2010)。技術科学的な論争では、複数の集団にまたがる行為者が、懸念される現象をどのように理解し対応するかをめぐって争うが、資源と権力へのアクセスにおける非対称性が、無視されるものとされないものを形成する(Harding 2000)。この意味で、無知の社会的生産は、より広範な知のポリティクスに属している。近年、このことを認識し、「放置された科学」 (Hess 2007; Frickel et al. 2010)、「知識格差」 (Frickel and Vincent 2007)、「戦略的無知」 (McGoey 2012)、「非知識の科学文化」 (Bo→schen et al. 2010)などを通じて、無知が組織的に生み出されることをより明確に研究し始める者が増えてきている。

放置された科学(Undone Science)とは、組織的に無視され、資金が提供されず、不完全なままでありながら、他のアクターによって真剣に検討する価値があると認識されているような研究を指す。フリッケルとその共著者たち(2010)は、その分析過程において、「規制のパラダイム」と社会運動が、実行された科学とされなかった科学の異なるセットをいかに形成するかを、いくつかのケーススタディを通じて示している。Frickel and Vincent(2007)は、ハリケーン・カトリーナ後のニューオーリンズにおける汚染に関する専門家の理解を分析することで、学問分野が「規制による知識の格差」に及ぼす影響についてさらなる示唆を与えている。彼らは、科学的学問の実践が知識ギャップを生み出すと主張する。すなわち、「理論的前提、証拠の基準、解釈のスタイルという特定の枠組み」(2007,184)が押し付けられる結果、理解の欠如が生じる領域であり、規制知識が作られる「生態的・社会史的文脈」が縮小される。McGoey (2007, 2012)は、政府規制に焦点を当て、戦略的に無知を維持することが規制当局と規制対象産業にもたらす利益を探求している。最後に、Bo¨schen et al. (2010)は、科学的学問分野は、知識創造への異なるアプローチ-Knorr-Cetina (1999)が「エピステミック文化」と呼ぶもの-によって特徴づけられるだけでなく、同時に「科学的文化」でもあると論じている。社会的アクターは、こうした非知識の異なるパラダイムを、自らの利益を高めるために戦略的かつ柔軟に活用している(Bo¨schen et al.2010)。ヘス、フリッケル、マクギー、ボー・シェンといった研究者たちやその共同研究者たちは、「放置された科学の問題」、知識格差、非知識の概念化を開始し、知識生産の政治学に対する私たちの理解に貴重な貢献をしてくれている。私たちは彼らの洞察の上に成り立っている。

既存の研究成果に基づくと、学問的制度の社会的力学が無知の生産にどのような影響を与えるのか、またそれらが特定の規制機関や企業組織における知識生産の特定の実践とどのように交差するのかは、依然として不明確である。私たちは、知識/非知識の学問的・非学問的文脈や、異なる利害関係者の支配的規範が、無知の社会的生産にどのような影響を与えるのかを問わねばならない。私たちは、フリッケルとヴィンセント(2007)の呼びかけを真摯に受け止め、”使える知識に対する障害”を分析することによって、これらの問題に取り組む。

データ収集の方法、テストへのアプローチ、実験デザインの構造、証拠の基準など、私たちがエピステーミックの形式と呼ぶものは、歴史的に出現してきたものである。ある種の認識論的形式が優位に立ち、他の形式が疎外されるのは、必ずしも研究者やその他の人々の間で受け入れられているそれらの形式が本質的に優れていることを反映しているわけではなく、むしろ、あるアプローチの美徳が当然視され、他のアプローチがそれと比較して問題があると思われるようになる歴史的闘争と論争を反映している。このような制度化のプロセスの結果、疎外された認識論的形態を利用して生み出されたかもしれない知識が生み出されることがなかったり、そのような傍観された形態を利用して生み出された知識が無視され、全く知識とみなされないことがある。いずれの場合も、結局のところ、無知である。

私たちは、ミツバチの毒性学者による殺虫剤とCCDの関連性に関する研究へのアプローチの優位性を中心に、無知が生み出されるストーリーを展開している。ここで、いくつかの重要な社会史的なポイントに注目したい。まず、これらの科学者の研究のルーツは、初期の昆虫学者やミツバチ科学者が行った研究にある。彼らは19世紀後半から米国農務省に直接的または間接的に関係していた(例:Lowe and Parrott 1902; USDA 1907); 彼らの研究は化学依存度の高い農業と密接に結びついている(Palladino 1996). 20 世紀半ばにこれらの科学者が行った研究の中には、「処理」した群のハチをあらかじめ決められた量の特定の化学物質に曝露し、その死亡率を非処理の「対照」群と比較する研究がある(Review in Anderson and Atkins 1968)。高度に制御された実験室や野外の実験において、科学者は「投与量-死亡率曲線」「時間-死亡率曲線」「時間-濃度曲線」といった表現を用いて、それぞれの化学物質の致死効果を統計的に測定した (Anderson and Atkins 1968)。この認識形式はハチの環境毒性学研究で主流となり、個々の要因とその因果的な役割を測定するように構成されていた。また、特定の昆虫を対象に、急速に現れる致死効果を確認するために設計されており (Suryanarayanan and Kleinman 2011)、Bo¨schen ら(2010,790)が「コントロール志向の科学文化」と呼ぶものに相当する。CCD論争における知識と無知のバランスを理解するためには、個々の致死的な原因因子の急速な出現を強調するあまり、毒性学の支配的な認識形式が、低濃度あるいは「亜致死量」の殺虫剤の影響に関する証拠を無視、つまり研究できなかった、あるいは真剣に検討しようとしなかったことを理解することが重要である3 他の殺虫剤や病原菌などの環境因子とのもっともらしい相互作用も真剣にあるいは体系的に考えることがなかった。このように、この認識形式は、ハチの巣のライフサイクルにおける複数の世代にわたってゆっくりと進行する影響につながる可能性のある、相互作用する複雑な要因のセットを考慮できないように構成されていた。後述するように、この認識形式は合成化学物質が現実に及ぼすハチへの有害な影響の可能性を理解するための正統な手段であると考えられている。EPAの規制の根底にあるのもこの形式であり、農薬会社は既存の慣行を正当化するためにこれを用いている。後述するように、商業養蜂家たちは別の認識論的形式を提供している。それはデータ収集、観察、測定、分析の方法を変えながら、CCD論争で優勢な説明に異議を唱えるような説明を示唆するものである。しかし、彼らの形式とそれに関連する知見はほとんど無視されている。蜂の研究を行う毒性学者の認識論的形態には、無知を生み出す一因となる最後の側面がある。それは、結果が偶然によるものではないという95%の信頼性という統計的要求によって定義される決定的証拠を好むことであるこれは偽陽性よりも偽陰性を好むことになり、研究者は処理したミツバチの巣と未処理のミツバチの巣の間に「差がない」と結論づけるかもしれないが、差がある可能性もあることを意味する。

全体として、ミツバチ毒性学者の支配的な認識形式の特性は、相互に関連し重複する3種類の無知につながる可能性があることがわかる。

  1. まず、受け入れられる認識形態がそのような研究を行うことは非常にまれであるため、行われない研究がある。このような研究が行われないのは、資金不足のためでも、何かを発見することを避けたいという戦略的な欲求のためでもない。むしろ、確立された手法では対処できない疑問がある。そのような研究が行われないのは、それが不可能であり、知識のギャップが生じるからだ。
  2. 第2に、認識論的な形式によって特定の問いに取り組むことができない場合、その研究から生まれる知識と非知識4の両方が誤解を招く可能性があり、この意味で歪められた結果は、他の人々が「偽りの知識」 (Smithson 1985)と呼ぶ、第二種の無知につながる。
  3. 最後に、制度化された規範によって、研究者が結論の出ない研究結果を恐れるようになると、第三の無知が生じる。実際、結論の出ない結果を深刻に受け止めようとしないことで、研究者とその認識論的コミットメントを共有する人々は、知識よりも無知を好むようになる。

CCDと農薬

CCDが最初に報告されたのは、農作物の受粉を事業とする移動性の商業養蜂家たちである(Stokstad 2007; vanEngelsdorp et al. 2007)。生産者は果物や野菜、繊維製品の受粉を行うため、管理されたミツバチにますます依存するようになっている。これは主に第二次世界大戦後に起こったことで、固有の「在来種」受粉媒介者の個体群が消滅し、大規模なモノカルチャー農場が米国の農業景観を支配するようになったことが原因である(Spivak 2010)。商業養蜂家は農場を転々としながら、生産者の作物が開花する季節の特定期間にミツバチの巣箱を貸し出す。受粉のためにミツバチの巣箱を作物栽培地やその近くに置くという養蜂の実践により、ミツバチは害虫と認識されているものを殺すための殺虫剤の使用など、栽培者の実践にさらされることになる(Spivak, 2010)。

歴史的に、養蜂家は巣箱の前にハチの死骸が積み上げられるといった大量殺戮を経験してきた。これは、一時的な散布期間中に処理された作物に接触した採餌蜂を毒殺する「伝統的」な殺虫剤にさらされたことが原因だった (vanEngelsdorp and Meixner 2010)。イミダクロプリド、クロチアニジン、スピロテトラマットなどの浸透性殺虫剤は、植物組織内を移動し、葉、花粉、花蜜に局在化する。従来の殺虫剤に比べ、見かけは低用量でも高い効果を発揮し、植物組織内に長時間滞留することで毒性作用を発揮する。

製造業者や規制当局は、これらの化学物質が人間に対する「リスクを低減」させるとして宣伝している(EPA 1999; Schmuck and Keppler 2003)。これらの浸透性化学物質は、遺伝子組換え形質との併用によるコンビナトリアルな害虫管理という、農薬業界のビジョンの重要な部分を担っている(Bayer CropScience 2010)。しかし、これらの化学物質の新しい体系的作用様式は、集蜜中のハチが低用量の毒素を含む花蜜や花粉を摂取しても、急性中毒ですぐには死なないが、亜致死量の暴露を受けて巣に戻り、発育中の子バチに慢性的に食べさせると最終的にCCDになる可能性を生み出している。これが事実かどうかは、養蜂家、農家、研究者、州および連邦規制機関、ネオニコチノイドのメーカーが巻き込まれた、現在進行形の論争の原因となっている。

商業養蜂の知識の非学際的形態と無知

科学者の実験結果にもかかわらず、作物の受粉ビジネスに長年携わってきた商業養蜂家数人は、新世代の浸透性殺虫剤がCCDの主な原因であると確信している。CCDについて最初にミツバチ研究者に知らせたベテラン商業養蜂家 David Hackenberg は、EPAに宛てた公開書簡7の中で、自身の経験を次のように語っている。

2004 年、私たちのミツバチが初めてイミダクロプリドにさらされたとき、これまで見たこともないようなことが私たちのミツバチに起こった。夏の間、受粉やハチミツ作りを行っていた良好なコロニーが、リンゴの受粉にアサイル 1( イミダクロプリド )を、カボチャの受粉にアドマイヤー 1( イミダクロプリド )を適用されたことがわかり、巣に新しい餌が入ってこない秋までに急速に崩壊し始め、巣箱の中には女王と少数のハチしか残らなくなった。私が一緒に仕事をしている農家は、良好な受粉が作物の成功にいかに重要であるかを認識しているため、私のミツバチを傷つけるようなものを使うことに敏感である。彼らは化学薬品業者から、これらの「新型」農薬はミツバチにとって「より安全」であり、開花中に散布してもハチへのダメージはないと聞かされていた。これらの受粉作業中、私たちの巣箱の前でミツバチが死んでいるのを見たことはない。私たちはこれらの受粉にすべての巣箱を持ち込んでいるわけではない。秋になると、ハチミツの場所にいたハチは 10 ~ 15%の損失という通常の死亡率で問題なかったのに、受粉用の巣箱は 75 ~ 80%の損失を出していたことが明らかになった。これと同じ問題が2005 年と2006 年に受粉用巣箱で発生した。2006 年の秋に、これらの損失が夏の受粉にさらされたことと関連づけられるようになりました。イミダクロプリドについてもっと研究を進め、ミツバチへの慢性的影響を調べてほしい。これらの疑問が解けるまで、イミダクロプリドの使用を制限するべきだと私は思う。

ハッケンバーグの観察によれば、他の商業養蜂家も同様の意見を持っており、ハチの研究を行う毒性学者とは全く異なる特徴を持つ認識形態であることがわかる。両者を比較し、そこから得られた知見から、CCD 事件における知と無知の間の複雑なバランスが示唆される。私たちは商業養蜂家の認識形式をリアルタイムかつ現場主義として特徴づけている。Bo¨schen and his colleagues (2010, 790)が「複雑性志向の文化」と呼ぶ、知識生産に携わる人々が予期せぬ出来事や制御不可能で文脈依存の設定に対してオープンであることと、ここでも類似している。これは、毒性学者がより制御された条件下でデータを作成し、比較的急速に現れる影響について因果関係のある結果を導き出す努力を前提としているのとは対照的で、養蜂家のCCDに関する知識は、商業的に管理されているミツバチが遭遇する実際の現場の状況に基づいている。さらに、彼らの非公式な分析は、コロニーの健康状態の複雑な複数の側面に関する重要な情報を、養蜂家にとって有意義で有用な知識としてパッケージ化している。例えば、「ブルードパターン」(巣箱の櫛の上で発生する雛の全体的なパターン)は、養蜂家が非公式に雛の健康状態を計るだけでなく、女王蜂の繁殖状態や栄養源がその地域で利用可能かどうかを判断するために利用されている。養蜂家の視点からは、巣箱の全体像を把握することができ、養蜂家は巣箱をモニターしながら、時間の経過とともに変化する巣のパターンを追跡することができる。対照的に、ミツバチの毒性学者は限られた期間のブルードの健全性を測るため、個々のブルードセルについて形式的かつ狭 義な統計・定量的測定を行う傾向がある( 例:Cutler and Scott-Dupree 2007)。簡単に分離できない多くの変数を組み込むことで、養蜂家はミツバチの健康状態をより広く見ることができるが、特定の独立した病因を分離することはできないかもしれない。この非公式で非還元的な商業養蜂家の知識は、ミツバチの生活や養蜂家の生活に影響を与える動的で局所的、かつ可変的な環境条件に非常によく適応している。しかし、伝統的な生物学分野の観点からすると、その不正確さはせいぜい緩やかな相関関係であり、決定的な知識であることはほとんどない。

養蜂家たちの研究は、CCDを理解する上で彼らの生活と密接に結びついている。ミツバチの健康状態を独自に評価し、最近結成された全米ミツバチ諮問委員会 (NHBAB)の一員として、商業養蜂家数人がEPAに対し、新しい浸透性殺虫剤の使用に予防的アプローチを採用するよう働きかけている。政策レベルでは、受粉媒介昆虫への悪影響が疑われる証拠に矛盾が生じた場合、作用機序が共通する新種の殺虫剤全体の使用停止や大幅な制限を伴うことになる。現実的なレベルでは、商業養蜂家が商売をしている(環境)環境をよりよく反映した知識生産方法を生み出 すことができる。こうした背景から、商業養蜂家は新しい浸透性殺虫剤のミツバチに対する長期的、累積的、そして「亜致死的」な影響について、実験室および現実的なフィールド環境でのさらなる研究の必要性を強調している。ここでいう予防的アプローチとは、偽陽性の側に立ち、示唆的な証拠に直面した場合に先回りして保護活動を行うような知識評 価を意味している。この場合、農薬メーカーにはそうした研究を(学界との共同研究または「自社で」)行う義務が生じ、予防志向の養蜂家の立場からすれば、そうした研究は農薬登録の前提条件となるはずだ。さらに、このような予防的アプローチにより、米国の農産業界は新しい浸透性化学物質に代わる、実行可能な非 化学的・生態学的代替物質の開発を進めることができる(例えば、Altieri and Nicholls 2005)。養蜂家が提唱するアプローチは、学界、産業界、政府の研究者が体系的に検討していない分野での知見を生み出 すだろう。しかし、科学者たちは、ネオニコチノイドとCCDを結びつける商業的養蜂家の知識をほとんど否定するか、せいぜい曖昧にする程度である。

ミツバチに関する毒性学的知識と無知の学問的形態

学界、農薬業界、EPAの研究者の多くは、先に述べた支配的な毒性学的認識形式を持ち出し、この知識生産形式に基づいて、ネオニコチノイドがCCDと因果関係があることを示す決定的な「科学的証拠」がないと主張する。ここでもまた、決定的な結果を求めることは、もっともらしいが決定的でない結果を無視することを意味する。EPAと並んで、多くの学術的な蜂研究者と多くの農薬企業が、ネオニコチノイドとCCDとの決定的な因果関係の実験的証拠を要求しているのだ。ミツバチのコロニーに関する毒性学的な知識と無知は、設計基準や方法論の選択の結果であり、必ずしも商業受粉の現場の現実を反映しているわけではない。巣全体に対するフィールド実験は、巣全体ではなく個々のミツバチに対して実験室で確立された基準を用いて設計されている。致死量 50% (LD50)や観察可能な悪影響なしレベル (NOAEL)9などの実験室ベースの基準は、テストした毒 素がミツバチの成虫がその環境内で遭遇する唯一のものであることを前提としている。しかし、養蜂家が働く環境では、ミツバチはそのライフサイクルを通じて多くの局所的かつ相互作用する可能性のある化学物質、病原体、寄生虫に曝されることになる。実際、北米の養蜂場を対象にした最近の調査では、米国で数少ない公的な昆虫毒性学者たちによって、商業用のハチの巣に関連する121種類の農薬とその代謝物が発見されている(Mullin et al.) 現代の実験的認識様式では、ネオニコチノイド単体ではCCDを引き起こさないが、低用量で他の環境要因と複雑に相互作用しながらCCDを引き起こすという、もっともらしいシナリオを検証することができないかもしれない。その結果、毒性学者の野外実験では、ミツバチのコロニーが活動する場所の生態的複雑さが見落とされがちである。この複雑さを理解するための研究は行われていない実験されていないのだ。有益な例として、学術界のミツバチ研究者がネオニコチノイド、クロチアニジンの影響について実施した野外実験がある(Cutler and Scott-Dupree 2007)。この研究では、農薬で処理された実験作物であるカノーラと、農薬に曝露されていないはずの「対照」巣が近接していることを無視した研究計画となっている。しかし、ミツバチは花粉や花蜜を求めて数キロにわたって移動し、それを持ち帰ってコロニーの残りの部分に栄養を与えることができる(Spivak 2010)。その結果、いわゆる無処理の巣箱は、実験者から農薬を受け取っていないにもかかわらず、比較的近くにある農薬処理された作物を採餌するミツバチがいた可能性があるのだ。同様に、いわゆる処理済みの巣箱も、近くの無処理キャノーラ区画で採餌するハチを持っていた可能性がある。言い換えれば、クロチアニジンによる「ミツバチへの長期的影響」 (Cutler and Scott-Dupree 2007: 765)が見られないのは、すべての研究巣がうっかり農薬処理した実験区画と未処理区画の両方に接触してしまったためかもしれない10。

また、毒性学的認識論の主流は、調査地の社会史をある一点に限定する傾向がある。毒物の影響について決定的な結果を得るために、ハチが毒物にさらされるのを制限しようとするため、研究者は殺虫剤が残留していない処女地での調査を行うことになる(例: Cutler and Scott-Dupree 2007)。しかし、このような人工的な条件を整えることで、研究者は作物畑に長期間にわたって蓄積される新しい浸透性殺虫剤がコロニーの健康に及ぼす影響の可能性を無視している(例えば、Bonmatin et al.2005)。さらに、決定的な結果を出すという目的もあり、毒性学的野外研究が支配的な認識論的形式をとり、その結果として規制政 策が、殺虫剤の散布という単一の方法に大きく依存する傾向がある。それは、ネオニコチノイド毒素の種子コーティングで、比較的少量の「有効成分」を用いるものである。しかし、一部の養蜂家や毒性学者によれば、実際の環境下で見られる、より大量の有効成分を使 用する他の方法に関する十分な研究は「単に存在しない」11。

このような設計上の問題とは別に、毒性学的な無知は測定の選択によっても形成される。科学的研究では通常、問題の農薬の役割を評価するために、「未処理」と「処理」のセット間で測定パラメータの「平均」と「分散」のレベルを「95%信頼区間」で比較する。研究者はコロニーの健全性を、特定の発育段階にある子実の数、貯蔵された蜜や花粉の量、ハチで「覆われた」枠の数など、様々なパラメータを定量化することで判断する(例えば Cutler and Scott- Dupree 2007)。しかし、コロニーに産卵する女王蜂がおり、多数の雛、蜂蜜、花粉があるからといって、それが健全であるとは限らない12。こうした形式的な測定では、養蜂家が指摘する、より定性的で間違いなく同様に重要な情報、例えば、雛の発育に関する別の洞察を与えてくれる「雛パターン」のバリエーションを見落としがちである。

さらに、ミツバチのコロニーは「超組織体」であるという認識が養蜂家やハチの研究者の間で共有されているため、形式的な測定には限界がある。言い換えれば、コロニーは同じ環境撹乱 ( この場合はネオニコチノイド )に対して異なる代償反応を示す可能性がある。13 この代償能力の差は、さらに異なる研究によって異なる反応が測定されることにつながる可能性がある。研究者は多数のコロニーから始めることで、コロニー間のばらつきを克服しようとする(サンプルサイズ)。しかし、先に述べたように、研究者がミツバチのコロニーの実験的研究に課している95%の信頼性という統計的要件は、実験的研究がタイプIIエラー(偽陰性)を好む傾向にあり、実際にはあるかもしれないが、処理したコロニーと処理しないコロニーの間に「違いがない」という結論に偏らせることを意味する。ここでは、確立された認識論的形式により、研究者は結論の出ない結果や、それらが体現する知識を無視することになる。要するに、方法論の選択と実践的な仮定によって、研究者はCCDの原因となりうる要素間の特定の因果関係を調査できないでいるのだこのことは、知識の欠如をもたらすだけでなく、ある意味で誤った、あるいは誤解を招くような知識をもたらすこともある(Smithson 1985)。この無知という歪んだ側面は、実験室ベースのアプローチを商業的に管理されたミツバチが直面する実際の状況に外挿することから生じる(Frickel and Edwards, Forthcomingを参照)。さらに、ミツバチのコロニーが活動する環境の複雑さを支配的な学問体系で解決することができないため、「できない科学」 (Frickel et al.2010)という状況が生まれている。このような認識形式によるミツバチ毒性学では、できる範囲が限られているため、ネオニコチノイドの生物濃縮の影響や他の環境要因との相乗効果など、重要な問題を「放置された」ままにしている(Frickel et al., 2010)。このような無知を生み出すのは、ミツバチ毒性学者が学術的な場で直面する利益、利害、規範によるところが大 きい。

ミツバチ研究を行う毒性学者の無知を生み出す最後の要因は、学術研究者間の規範、機会の構造、名声の尺度 である。査読付き出版物、助成金、教員任用、終身在職権などを確保しなければならないというプレッシャーが、学術科学者の志向性を強化し、その分野の支配的立場に立って決定的な知識を生み出すことを容易にする認識論的形態を採用させる。決定的な知識の生産に関わる高いキャリアは、学術的なミツバチ毒性学者が、明らかに分離可能な原因による測定可能な「正の」効果を示す可能性の高い方法論を選択する傾向があることを意味する。高用量の個々の化学物質を考慮した還元的な実験形態は、非常に低用量の化学物質のカクテルよりもそうなる可能性が高い逆に、低レベルの毒物を他の複数の因子と相互作用させて真剣に検討することは、より還元的なアプローチよりも失敗のリスクが高い。なぜなら、結論の出ない結果を得る可能性が高く、査読のある科学雑誌に発表できる可能性は低いからである(Csada, James, and Espie 1996)。その結果、学術的なミツバチ毒性学者が、低用量のネオニコチノイドを含む毒性相乗作用の累積効果など、リアルワールドの複雑な問題を考慮する動機が低下している。

学術界の昆虫毒性学者でミツバチ科学者、そして商業養蜂家団体 NHBABの科学顧問であるJames Frazier 博士によると、ネオニコチノイドが現場環境のミツバチコロニーに与える現実的な影響を評価する適切な毒性学が現在存在しないとのことである。したがって、現場でのコロニーの健康状態に影響を与えうる多くの変数や要因を網羅するには、従来の科学的調査の限界に挑むような実験計画形式が必要となるであろう14。

科学者、ミツバチ、養蜂家を規制する:「優良試験所基準」

ハチの毒性学者が研究を組織する際の基盤となる制度化された認識論的形態から生じる無知は、EPAの政策によって強化されている。いわゆる優良試験所基準 (GLP)は、革新的な実験毒性学の可能性を阻み、体系的な「規制による知識の格差」 (Frickel and Vincent 2007)を生み出している。GLPは、連邦規則制定において実験結果を利用できるようにするため、実験の計画、実施、追跡、記録、報告方法を、誰がどのように行うべきかを規定している(Editor 2010)。GLPでは、潜在的な原因変数を分離し、実験的対照を確立するための伝統的なアプローチを求めている。GLPに適合しているとみなされるためには、学術界や農薬業界の研究者が参加する「合意形成」プロセスを経て、科学的規制機関によってアプローチが「検証」されなければならない (Editor 2010, 1104)。したがって CCDの場合、EPA は農薬メーカーに対し、殺虫剤が成熟したミツバチの成虫と未熟な子蜂に与える亜致死影響と慢性影響を登録プロセスで分析することを義務づけていない。複数の実験室研究で、亜致死量のネオニコチノイドが個体の発達、学習、コミュニケーショ ン能力に悪影響を及ぼすことが報告されており (Desneux, Decourtye, and Delpuech 2007; Alaux et al. 2009 でレビュー)、コロニーの健康を損ない CCDを引き起こす可能性が現実的であるのに、これは当てはまらない。イミダクロプリドなどの殺虫剤の「リスク管理」プロセスに携わるEPA 関係者は、EPAが亜致死影響や慢性影 響を無視しているのは、これらの影響を生み出す「(生物)プロセスの複雑さ」が原因であると示唆した。この職員はまた、こうした複雑な生物学的毒性メカニズムを理解し、より微細な亜致死影響を測定するために必要な複雑な分析を実施するための「資源の不足」を指摘している15,16。言い換えれば、EPA は制度化された認識論の形式と資源の制約の使用による結果として、無知を必然的に受け入れている。

さらに2 つの要因がEPAの規制文化を、ミツバチ集団に対する農薬の影響を真剣に検討するのに不利なものにしており、CCDの原因として農薬が果たしうる役割に関する無知の産出を助長している。第1に、規制当局は歴史的に「差し迫った危険」という概念に基づいて農薬の使用を一時停止または制限する傾向がある。この傾向は、1996 年以降、従来の農薬よりも哺乳類への毒性が低いとされる新型浸透性農薬などの「リスク低減型」農薬の状況下で悪化している(EPA 1999)。言い換えれば、人間の健康に対する「リスク低減型」農薬の相対的な安全性により、EPA はミツバチの健康に対する潜在的な悪影響を真剣に検討することを要求していない。

第2に、EPAの農薬プログラム室の上級リスク評価者兼環境毒性学者によると、昆虫へのリスク評価という考え方は EPA では比較的最近生まれたものである。実際、毒性学的認識論の支配的形態に沿うように、EPAのミツバチに対する毒性試験は害虫を対象とし、比較的迅速で致死的な効果を強調するように調整されてきた。

農薬産業

農薬業界は、新しい浸透性殺虫剤がCCDの一因としてどのような役割を果たすかという疑問について、無知を助長してきた。新しい浸透性殺虫剤の世界最大のメーカーであるバイエル・クロップサイエンスのような企業にとって、そのリスクは明らかに高い。イミダクロプリドやクロチアニジンといった殺虫剤はバイエルにとって最大の売り物であり、世界の農薬市場でシェアを拡大する上で極めて重要である。22 したがってバイエルは、これらの化学物質がCCDに何らかの影響を及ぼすとされることについて無知でいることに関心があるのだ。しかし、この場合、バイエルは不確実性を維持するために、組織的なデータの捏造や不正行為に訴える必要はない(cf. Proctor 2008; McGoey 2012)。バイエルは、学術的・規制的な証拠規範と実務を支配する毒性学的認識論形式が生み出す無知を利用すればよいCCDにおける殺虫剤の役割について不確実性が存在する限り、同社の化学薬品は米国市場にとどまり続けることができる。このような背景から、バイエル自身が行ったミツバチに対する毒性学的研究と、学術的な基準や慣行の形成におけるその影響力を理解する必要がある23。

バイエルは、ミツバチ毒性学の学術的・規制的環境において幅広い正統性を獲得した認識論的形式による知識生産過程に積極的に参加し、貢献することで無知の生産を形成している。この形式の基準に従い、バイエルの数多くの実地調査は、法的に認められたレベルの新しい浸透性殺虫剤は「自然条件下で」ミツバチに「悪影響を及ぼさない」と一貫して結論付けている(Maus, Cure´, and Schmuck 2003; Schmuck and Keppler 2003にレビューあり)。これらの研究のいくつかは、殺虫剤の製品登録に必要な、あるいは役立つ情報を規制当局に提供することを特に意図している。さらに、バイエルの毒性学者/生態毒性学者は、会議 24やワークショップ 25、業界誌 26や専門誌 27において、規制当局者や大学の科学者、養蜂家と公式・非公式に交流し、ミツバチに関する実験研究や関連する理解を広めている。その過程で、バイエルの(発表した)研究は、同社の新しい浸透性殺虫剤がCCDなど、ミツバチの健康に悪い現象をもたらすとされる役割に疑問を呈している。さらにバイエルの科学者は、LD50やNOAELなどの毒性学的基準を作成し、ミツバチへの致死、亜致死、安全とされる浸透性殺虫剤の相対的投与量の範囲を定義している。バイエルはミツバチへの殺虫効果が見られる(見られない) 場合を決定する用量範囲と基準を定めることで、その後の実験が学術的・規制的環境でどのように計画され解釈されるかを間接的に形成している。このため、学術的・規制的研究がバイエルの知識を反映し、CCDの議論に無知である可能性がさらに高まる。

結論

フリッケル、ヘス、グロス、マクゴーイ、ボーシェン、そして彼らの共同研究者たちは、国家規制機関、社会運動、科学文化の文脈で無知が組織的に生み出されることについて重要な調査を開始した (Frickel and Vincent 2007; Hess 2007; Bo¨schen et al.2010; Frickel et al.2010; Gross 2010; McGoey 2007,2012)。私たちは、このプロジェクトの上に立つことを目指している。CCD論争では、歴史的に確立された特定の認識形式の優位性が、三つの意味での無知を生み出すことを示唆している。第1に、受け入れられている認識形式がそのような研究を行う可能性を極めて低くしているため、行われない研究が存在することを示した。無知とは、「できない科学」の結果である。もちろん、このような研究が未完成で実行不可能であるというのは、正確ではない。確立された認識論的形式に従って認定された科学者であれば、ほとんどやり直しがきかないし、やり直しもきかない。しかし、商業養蜂家による研究は行われているが、これらの研究結果は支配的な認識論的形式に従っていないため、無視されている。第2に、支配的な認識論的形式は、亜致死影響、相互影響、累積影響に関する特定の重要な問題を徹底的に取り上げることを妨げていることを示した。重要な要因や相互作用を考慮しない場合、こうした研究は誤解を招く恐れがあり、誤解を招く結果は、一部の分析者が「誤った知識」 (Smithson 1985)、他の分析者が「事実上の無知」 (McGoey 2007)と呼ぶ、別の種類の無知に相当する。最後に、制度化された規範が、研究者に結論の出ない結果を排除させることを示唆した。ここで、結論の出ない結果を正当な検討に値しないとすることで、研究者は様々な知識よりも様々な無知を好むようになる。重要なことは、ミツバチ研究者が受け入れている認識論の形式から生じる無知が、EPAのガイドラインや農薬企業の位置づけによって強化されていることである。重要なのは、この文脈では、ある行為者は他の行為者よりも、何が知識としてカウントされ、どの問題について私たちが無知でいられるかに影響を与える能力が高いということである。このような無知のさまざまな側面を合わせて、私たちは規範的に誘導された無知と呼ぶかもしれない。

ミツバチの学術研究者、政府の規制当局、農薬業界の関係者は共に、CCD論争において何が知識で何が無知とみなされるかを定義している。これらの関係者は、ネオニコチノイド系殺虫剤とミツバチのコロニー崩壊の間に因果関係があるという決定的な証拠がないことを示す実験室や野外の実験を指摘している。一般的に、これらの関係者は養蜂家の「逸話」よりも毒性学的な「データ」を優遇する。彼らはしばしば、伝統的な科学的、毒性学的手法が、ミツバチに対する有毒化学物質の現実的な影響について、より優れた、より公平な仲介者であると主張、あるいは想定している。しかし、これまで述べてきたように、CCD論争における知識と無知の状態を説明するのは、支配的な手法や手段の本質的な優位性ではないのだ。むしろ、毒性学的手法の受け入れ形態は、ミツバチ関連科学の発展の歴史や学術文化の特徴、米国の規制当局の規範、そして強力な農薬関係者の利害と利益を反映している。

毒性学的野外実験は、ネオニコチノイド系殺虫剤がミツバチとそのコロニーに与える因果関係を、現実的な条件下で理解しようとするものである。このような因果関係の知識を得るためには、確立された認識論の立場から、ある程度の精度と管理が必要であり、研究者は実験室環境で確立したモデルからフィールド状況へと外挿することになる。この外挿は、ネオニコチノイドとその他の環境変数との累積的影響や複雑な相互作用を見落とすような方法論的仮定を必要とする。こうした方法論的規範が生み出す知識のギャップは、学術的な毒性学者の現実的なキャリア上の制約によってさらに維持されている。論文発表、助成金、終身在職権の確保に関わる高い賭けは、学術関係者を、決定的な結果をもたらす方法を採用する方向に向かわせる。ミツバチの毒性学者の興味、利害、認識様式は、重要な原因因子を見過ごすことを好むようになり、むしろ、その因子を偽って示唆することによる職業上の不利益を被るようになる。その結果、彼らは複雑なシナリオを研究しない傾向にある。例えば、養蜂家たちの別の認識論的形態が提案するような、結論の出ない結果につながる可能性の高いシナリオである。その結果、科学が放置されてしまうのである。

逆に、実行された科学は、CCDが最初に出現したダイナミックな環境を十分に反映しておらず、その意味で、その後の知識や非知識の生成を歪めてしまう。学問的毒性学フィールド研究の場合、この無知という歪曲の次元は、CCDが実際に生じた環境を体現していない認識論の形式を外挿した結果であると言えるだろう。GLPという規制の枠組みは、代替的で革新的な学問体系を軽んじることによって、知識のギャップの存在をさらに強めている。毒性学的無知の生産は、農薬業界の毒性学者による間接的な影響によっても強調される。

毒性学的無知が蔓延することで、CCDの主要な原因として人為的な農薬が挙げられていることから、支配的な科学的コンセンサスが変化することが正当化される。EPAの「健全な科学」リスクパラダイムでは、この無知がネオニコチノイドに対する規制措置の欠如をさらに正当化する。これは結局、強力な農薬メーカーを利することになり、商業養蜂家の利益にはならない28。

生計と利潤が危機に瀕している商業養蜂家は、ミツバチのコロニーの健康と強さに影響を与える、ローカルで多変動の状況によって形成される知識的手法を採用するように仕向けられる。彼らの実践の根底にある認識形式のリアルタイム、非公式、および現場での特性は、彼らが商売をしているダイナミックな設定で有意義かつ有用である知識を提供するが、プロのミツバチ毒性学者と政府の規制当局の世界では非合法なものである。このような認識形態は、分離可能で一般化できる因果関係の説明には向かない。むしろ、ゆるやかにつながった、文脈的な相関関係が重要である。商業養蜂家の利害、利害関係、および関連する認識論的形態は、予防的な政策アプローチへと彼らを導く。つまり、彼らは相関する要因を偽って示唆することを、その影響に関する不確実性を無視する現実的なリスクを負うよりも好んでいる。したがって、全米の商業養蜂家協会であるNHBAB は、農薬業界と学術関係者がこれらの殺虫剤と他の環境要因との複雑な相互作用や慢性的、長期的影響に関する知識のギャップを埋めるまで、これらの新しい浸透性殺虫剤の商業的使用を大幅に制限するか停止するよう要求している。こうした知識のギャップはまさに、学界や企業のハチ毒性学者が埋めようとしないものであり、支配的な認識形態に固執するあまり、さまざまな無知を招いてしまうのである。

養蜂家の知識や知識生産方法を真剣に検討することは、それだけでCCDの完全な理解につながるわけではないが、養蜂家の観察が提供しうる洞察力と、この障害の解決に賭ける彼らの生活から、すべての関係者は養蜂家の主張と認識様式をこれまで以上に重視すべきであると思われる。技術科学が関心を寄せる現象が生じる実際の環境を体現している知識収集共同体の「現場での」認識論的形態に真剣に注意を払えば、実行された科学と放置された科学との境界線が変化することになるであろう。このような認識形態は、定量的尺度だけでなく定性的尺度も取り入れた実践を含む傾向があり、あまり管理されておらず、相関的で、偽陰性よりも偽陽性を優先させるものである。これらは、確立された支配的な認識論的コミットメントに反するので、伝統的な学術関係者がそのような認識論的形態を採用することには大きな阻害要因があるだろう。しかし、CCDのような、生態学的、社会経済的、そして人間の福利を危険にさらす重要な技術科学的現象を扱う場合には、その有用性は間違いなく正当化されるだろう。その設計と評価は、学問的な科学者だけでなく、問題の社会的・政治的側面に精通した関係者や、力の弱いステークホルダーの有意義な参加を得て、学際的かつ横断的なものとなるであろう。同時に、これらの代替的な認識論的形式は、規制政策の方向性を、私たちが知らないことを無視しない予防的アプローチへと転換することを促すだろう (Magnus 2008)。

謝辞

David Hess、Scott Frickel、および2名の匿名査読者から、本論文の改善点を示唆されたことに感謝する。

利益相反の宣言

著者らは、本論文の研究、著者資格、出版に関して、潜在的な利益相反はないと宣言した。

資金援助

著者らは、本論文の研究,執筆,出版に関して、以下の資金援助を受けていることを明らかにした。この研究は、全米科学財団(賞番号0924346)の支援を受けている。Daniel Lee Kleinmanの研究は、韓国国立研究財団 (NRF-2010-330-B00169)からも支援を受けている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました