ディープ・ユートピア
解決された世界における人生と意味

トランスヒューマニズム、人間強化、BMIニック・ボストロム / FHIマルサス主義、人口管理効果的利他主義幸福・ユートピア・ディストピア

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

DEEP UTOPIA

ニック・ボストロム

目次

  • 序文
  • 月曜日
    • 温泉延期
    • 贅沢な議論
    • ソーセージの壁
    • ケインズの予言
    • 新たなニーズとお行儀
    • 社会プロジェクト
    • さらなる欲求
    • 完全な自動化か不完全な自動化か
    • 単純な3要素モデル
    • マルサス的世界の逆説
    • 異なる時間スケールで上下する
    • 卓越性
    • 不平衡
    • 規模の経済
    • 時間切れ
    • お風呂へ
    • キツネのフェオドル
    • アウトロ
  • 火曜日
    • 猟奇的な滞在
    • 回想
    • 私たちの宇宙的資質
    • 技術の成熟
    • 協調
    • 慎重な障壁
    • 公理論的輪郭
    • 形而上学
    • 機械にできないこと
    • 不可能な入力
    • 狐のフェオドル
  • 水曜日
    • 完全失業
    • 乱闘、盗み、食べ過ぎ、飲み過ぎ、夜更かし
    • オティウムのテンプレート
    • レジャー文化
    • 学長からのメッセージ
    • 野生の目?
    • 目的問題再考
    • ケーススタディ1:ショッピング
    • ケーススタディ2:運動する
    • ケーススタディ3:学習
    • ケーススタディ4:子育て
    • 浅い冗長性から深い冗長性へ
    • 進歩のパラドックス
    • 五輪のディフェンス
    • 兆候と目撃情報
    • 夢の張りぼて
    • 架空の人物
    • 狐のフェオドル
  • 木曜日
    • 中間の可能性
    • 可塑性
    • 自己効力
    • 代理人の複雑さと運
    • 希望に満ちた軌跡
    • 分類法
    • 冗長性の懸念
    • 完璧な世界では退屈ではないか?
    • 主観的感情対客観的条件
    • 退屈を感じないのか?
    • 感情補綴
    • 人間の本性を利用する
    • フィッティング・レスポンス
    • シェイクスピアは面白いか?
    • 162,329本目のテーブルの脚
    • 美的ニュートリノ?
    • 黄色の100年
    • 観察者の複雑さ
    • 面白さへの欲求の根源
    • 内在化
    • 批判的な遊び心
    • スケールの練習
    • 面白さ:内包と貢献
    • 小さな人間、大きな世界
    • 偏狭主義
    • 時間となること
    • ポスト・ヒューマニティの空間
    • 3つの病因仮説の意味合い
    • 学習・探索仮説の意味合い
    • 気鋭の万華鏡
    • 風光明媚なルート?
    • アイデンティティ、生存、変容、割引
    • タイムスーツ
    • アウトライダー
    • 教授の中断
    • 任務と割り当て
    • キツネのフェオドル
  • 金曜日
    • 死後
    • 純粋な喜び
    • 愚か者と楽園について
    • 極端にエキゾチックな存在
    • 極端な偏狭主義
    • 航海士のキャビンを訪ねて
    • 形而上学について
    • 充実感
    • 豊かさ
    • 目的
    • 公正な取引
    • サーモレックスの高揚
    • 袋は空だ
  • 土曜日
    • 到着
    • 開会の辞
    • 戯言と深遠
    • 福袋のコンセプト
    • タデウス・メッツの説明
    • ユートピアの意味
    • スラック
    • 役割
    • オリエンテーション
    • 魅惑
    • モットー
    • モチベーション
    • 思わせぶりな裏話
    • 超越的な目的を包含するものとしての意味
    • いくつかの観察との一致
    • 意味の危機
    • ニーチェについてのメモ
    • シジフォスのバリエーション
    • 主観性と客観性のスペクトル
    • 意味はどのように発見され、共有されうるか
    • 可能な意味のカテゴリー
    • 人生の意味とは
    • 出口
    • 墓場
    • カーニバル
    • ポエトリー・スラム
    • 夏の空気
  • 注釈
  • 書誌
  • 索引
  • 謝辞

まえがき

前夜、雪が降り始めるとベッドに入った子供たちが、新しい一日を迎えるために目を開けるように、私たちは窓辺にダッシュし、つま先立ちになる。冬のワンダーランドは、発見と遊びの可能性に満ちあふれている。木の枝でさえ、以前はむき出しの退屈なものだったのが、美しく不思議なものに変わっている。私たちは絵本やゲームの世界にいるような気分になり、すぐにでも長靴とミトンをはめて外に飛び出し、見て、触れて、体験して、遊んで、遊んで、遊びたいのだ…。

月曜日

温泉延期

テシウス: ねえ、このポスターを見て。ニック・ボストロムが、ここエンロン講堂で「ユートピアの問題」についてのレクチャー・シリーズをやるんだ。

フィラフィックス: ボストロムはまだ生きているのか?丘と同じくらい年寄りに違いない。

テシウス: 彼が作っていた緑黄色野菜の万能薬のせいだよ。

フィラフィックス: 効いたのか?

テシウス:全然: 全然効かなかったけど、一時期すごく流行ったんだ。レシピ本で儲けたんだ。そうして彼は、アンチエイジング療法が登場すると、それを買う余裕ができたんだ。

テシアス: 10分前に始まったばかりだ。入ろうか?

フィラフィックス: そうだな。

ケルビン:夕食の後、お風呂に入ろう。遅くまでやってるよ。

ボストロム: -白血病だ。治療法を見つけるか、少なくとも彼女の苦しみを和らげる方法を見つけることが本当に重要なんだ。もっと大きなスケールで言えば、極度の貧困、困窮、栄養失調、魂を押しつぶすような身体的・精神的障害、家族を破壊するような交通事故、アルコール中毒、抑圧、紛争地帯での民間人の殺傷……現在、我々の中で最も機知に富み、進取の気性に富んだ人々にとっても、有意義な課題を提供するには十分すぎるほどの問題がある。

テシアス[ささやく]: この老害は絶好調だ。もう気分が悪くなってきたよ!

フィラフィックス: シーッ。

ボストロム: おそらくこのような人道的な挑戦は、他人を十分に思いやり、心から助けたいと願う人にしか意味がないと感じるのだろう。しかし、小石ころのような心のエゴイストでさえ、今日の世界では、改善したり、悪化するのを防いだりする動機となるような、ネガティブな状況の豊富なビュッフェが用意されている。ある人は体重超過に悩み、ある人は就職に悩み、ある人は社会的孤立に悩み、ある人は困難な人間関係に悩むかもしれない。私にある唯一の問題は、問題がないことだ。「人生は完璧すぎて、本当に困る!」と愚痴をこぼす人はめったにいない。

要するに、私たちは災いが尽きる危険が差し迫っているようには見えないのだ。見渡す限り、心配の種を紡ぎ続け、利他主義者にもエゴイストにも価値ある努力の機会を与えてくれる、実際にも潜在的にも豊富な悲しみがある。

とはいえ、この講義ではユートピアの問題について話したい。他のすべての問題を解決した後に直面する問題である。

ユートピアの問題は、私たちが他のすべての問題を解決した後に直面する問題であり、現在の状況において最も差し迫った優先事項とは思えないかもしれない。それでも、もし物事がうまく運んだとしたら、その先に何が待っているのか、少なくとも一瞥を投げかけてみることは、私たちの文明にとってふさわしくないことではないと思う。つまり、現在の道を進み、私たちが成し遂げようとしていることを完全に成功させたとしたら、私たちは最終的にどこに行き着くのかを考えてみることだ…。

テクノロジーの目的とは、より少ない労力でより多くのことを達成できるようにすることだと言えるかもしれない。この内部的な方向性を論理的な終着点まで外挿すると、努力なしですべてを達成できる状態に到達する。何千年もの間、私たちの種はすでにこの目的地に向かってかなりの距離をさまよってきた。間もなく、機械超知能の新幹線(車掌の汽笛はもう聞いたことがないだろうか)が、私たちを残りの道へと送り出してくれるだろう。

その時、私たちはどうなるのだろう?

「解決された世界」で、私たちの人生に意味と目的を与えるものは何だろう?

一日中何をして過ごすのだろう?

このような問いには、時代を超えた知的興味がある。ディープ・ユートピアの概念は、哲学的な粒子加速器のような役割を果たすだろう。極限状態を作り出すことで、私たちの価値観の素となる要素を研究することができるのだ。しかし、この問いはまた、テクノロジーの終着点に実際に到達するか、あるいは十分に接近することによって、極めて実際的な重要性を持つようになるかもしれない。

テシウス: 座ろうか?

ケルビン:あそこにいくつか席があるよ。

フィラフィックス: そうだ、聞きたい。ここに立っていよう。

ボストロム:いずれにせよ、ユートピアの問題は水の中にある。私たちはそれを感じ取ることができないだろうか。私たちの下の深みに潜む疑念を。ユートピアが何のためにあるのかという私たちの概念に、かすかな影が覆っているのを感じないだろうか?

贅沢な議論

そして時には、この懸念が意識の表層を突き破り、フィンが近づいてくるのが見えることもある……例えば、ビル・ゲイツはこう書いている:

「人工知能がより強力になるにつれ、それが人類に役立つようにする必要があるのは事実だ。しかし、これは工学的な問題である……私は、あなたが目的問題と呼ぶものにもっと興味がある。飢餓や病気といった大きな問題を解決し、世界がより平和になったとする: その時、人間にはどんな目的があるだろうか?その時、人類はどんな目的を持つだろうか?」

そして、イーロン・マスクはCNBCのインタビューでこう語っている:

「AIがあなたよりもうまく仕事をこなせるようになったら、私たちはどうやって人生の意味を見出せばいいのだろう?つまり、あまり難しく考えすぎると、率直に言って意気消沈し、やる気をなくしてしまう。というのも、私は血と汗と涙を流して会社を立ち上げてきたのに、『こんなことをしていていいのだろうか?だって、友達や家族との時間を犠牲にしてでも、最終的にはAIが全部やってくれるんだよ。それは理にかなっているのだろうか?』わからない。モチベーションを維持するためには、ある程度、意図的に不信感を持たなければならない」2。

もしかしたら、目的について悩むことは贅沢な悩みなのかもしれない。もしそうなら、ユートピアの繁栄がその普及率を高めると期待できるかもしれない。しかし、いずれにせよ、後述するように、この問題は、単にお金や物質的な所有物があふれていることとは関係なく、はるかに深いところにある。

* * *

私の友人の中には、インパクトのモデルがあることを好む者もいる。つまり、自分が取り組むことができるあらゆることの中で、なぜ自分が提案することが最もインパクトがあり有益なのか、という話である。彼らは最も高い期待効用を求めるのだ。

もし、現在の議事を題材にそのようなストーリーを試みるとしたら、次のようになるだろう。超知能の開発が差し迫っていることから、我々の文明は重大な岐路に差し掛かっているように見える。つまり、ある時点で、誰かが、あるいは私たち全員が、どのような未来を望むかという選択に直面するかもしれない。その選択肢には、非常に異なる軌道が含まれ、その中には私たちを根本的に馴染みのない場所に連れて行くものもある。このような選択は、非常に重大な結果をもたらす可能性がある。しかし、世界が待ってくれないから、あるいは私たち自身が週を追うごとにおかしくなっているから、あるいは遅らせることはより決定的な行為者に先手を打たれることになるから、あるいは二度と動き出すことができなくなることを恐れて動きを止めたくないから、時間的なプレッシャーの中で選択をしなければならないのかもしれない3。いずれにせよ、遅かれ早かれ良い方向に向かうことに価値がある。また、実際に極めて重要な審議を行う明確な期間があるのであれば、そのための適切な準備資料があると便利である。

その「インパクト・ストーリー」については、お好きなように解釈していただきたい。なぜ私がこのような講義をするのか、もうひとつ考えられる説明は、私が昔、弱気になったときにこの講義に同意したということだ。

* * *

このレクチャーシリーズがそうでないことを断っておこう。何かを「主張」する試みではない。その代わり、探求である。私たちの前にあるような深く難しいテーマを探求するとき、人は複数の考察を視野に入れ、さまざまな思索を巡らせ、相反する評価概念に手を置くことで、それぞれの思索や傾向の引っかかりをできるだけ鋭く、共感的に経験したいと思う。たとえ最終的に目を背けることになるものであっても、自然な視点を早々に否定することは避けたい。というのも、このような問題において、自分の意見の価値は、代替案が自分の魂と戯れることをどれだけ寛大に許したかの関数だからである。

ソーセージの壁

まず、最も単純なユートピアについて考えてみよう。

このユートピア概念は、コケーニュ神話(豊穣の国)に代表される。このユートピアは中世の想像力の重要な部分を占め、民衆の芸術や書物、口承の中で頻繁に表現された:

「一日中仕事をすることはない、」

老いも若きも弱き者も強き者も、一日中仕事をすることはない。

そこで不足に苦しむ者はいない;

「壁はソーセージでできている」4。

コケーニュは本質的に中世の農民の白昼夢である。コケーニュの地では、灼熱の太陽の下での過酷な労働もなければ、北風にさらされることもない。古くなったパンも、窮乏もない。その代わりに、調理された魚が水から飛び出して足元に着き、ローストされた豚が背中にナイフを刺したまま歩き回り、切り分ける準備をし、チーズが空から降ってくる。ワインの川が大地を流れる。気候は穏やかで美しい。寝ている間に金が稼げる。性的なタブーは緩和され、修道女が下半身を出して逆さになっている描写が見られる。病気も老化もなくなった。宴会が絶えず、ダンスや音楽が盛んで、休息やリラックスする時間もたくさんある5。

同様の空想は、他の多くの伝統社会にも見られる。例えば、古代古典のヘシオドスは、想像上の黄金時代の幸福な住人について書いている:

「彼らは神々のように暮らし、心には何の心配もなかった、

彼らは神々のように生き、苦労や悲しみとは無縁であった、

彼らには悲惨な老いは存在しなかった。

指の先からつま先まで、老いることはなかった、

楽しい時を過ごした。そして彼らが死んだとき

まるで眠りが彼らをぼろぼろにしたようだった。

彼らにはすべてがあった。土地は彼らに実を結ばせた

それもたくさん実った。陽気な人々…」6

多くの点で、私たちは今、黄金時代、あるいはコケーニュ、あるいはアヴァロン、幸福な狩猟場、先祖の土地、祝福された島、桃の花咲く泉、ビッグ・ロック・キャンディ・マウンテンに住んでいる。ここでいう「私たち」とは、もちろん、いまだ貧困にあえぐ何億もの人間や、大多数の農耕動物や野生動物は除外されている。しかし、「私たち」という言葉をこの部屋にいる人々(私たち幸せな少数者)を指す言葉として使うのであれば、在庫過剰の冷蔵庫と24時間体制の宅配サービスによって、私たちは実際、街中をさまよう豚の丸焼きや足元に飛びつく魚の調理にかなり近い状態を実現していると言ってもよさそうだ。また、私たちは常春を手に入れた。少なくとも、冷房の効いた建物や交通機関の中では。若さの泉はまだ見つかっていないが、病気はかなり減り、寿命は延びた。さらに、修道女と思われる女性を含む女性のお尻を見たい人は、ネットで検索すれば期待を裏切らないという確かな筋からの情報もある。

とはいえ、私たちは今でもかなりの量の仕事をこなしている。私たちの仕事は概して、中世の農民の仕事に比べればそれほど過酷なものではないが、それでも私たちがこれほど長時間働き続けていることには少し驚かされる。

ケインズの予測

コケーニュのこのユートピア的ビジョンは、現代の経済学に見られる進歩の概念を先取りしている。後者は、ソーセージウォールではなく、「生産性」、「所得」、「消費」という、より抽象的な語彙で理想を表現している。しかし、豊かさによる幸福という核となる考え方は変わらない。

経済学と進化の双眼鏡を通して土地とその制約を見直してみる。そして明日は、究極的な技術的限界についても考えてみたい。しかし、このレクチャー・シリーズを最後までお付き合いいただければ、私たちの探求の方向性が徐々に変化していくことがお分かりいただけるだろう。悲惨な科学の外的な視点や冷徹な抽象論から、深い冗長性の問題をより人間的で内的な視点で捉える谷へと降りていく。そして、核心-我々の価値観の核心、ユートピアの問題の核心-に到達するために、哲学的マントルを掘り下げ始めるにつれて、また変化していくだろう。

だから頑張ってほしい!

ユートピアの問題とはいったい何を意味するのか、そして私がどのようにユートピアにアプローチするつもりなのか、もっと詳しく述べることもできるだろう。しかし、すぐにでも飛び込んだ方がいいと思う。定義や議論構造上の問題が生じたら、その都度整理すればいいのだから。

* * *

著名な経済学者ジョン・メイナード・ケインズは、広く影響力のあるエッセイ『孫たちのための経済的可能性』7の中で、物質的豊かさの目標について考察した。ケインズは、20-30年までに、蓄積された貯蓄と技術進歩によって、生産性は彼自身の時代の4倍から8倍に上昇すると予測した8。このような生産性の飛躍的な上昇によって、はるかに少ない労力で人間の欲求を満たすことが可能になり、その結果、平均労働時間は週15時間まで減少するだろう。この見通しはケインズを悩ませた。ケインズは、余暇が過剰になることで、人々が暇を持て余して何をしたらいいのかわからなくなり、一種の集団神経衰弱を引き起こすことを恐れた9。

20-30年に近づくにつれ、ケインズの予言の最初の部分は立証されつつある。1930年以降、生産性は5倍以上、1人当たりGDPは7倍以上になっている10。

一方、ケインズの予測の第2部分は、トレンドが外挿されるならば、的外れになりそうである。過去90年余りの間に労働時間が大幅に減少したのは事実だが、ケインズが予想した週15時間労働にはほど遠い。1930年以降、典型的な1週間の労働時間は約4分の1に短縮され、およそ36時間となっている11。人生のうち労働に費やす割合は、より急激に低下している。しかし、ほとんどの場合、私たちは生産性の向上を余暇ではなく消費に費やしてきた。貪欲が怠惰に勝利したのである。

しかし、ケインズはタイミングを誤っただけなのかもしれない。13 復活したケインズ(冷凍保存された露天風呂から、帽子と口ひげが霜に覆われた姿で現れる彼の姿が目に浮かぶようだ)は、彼が予言した週15時間労働が現実のものとなるには、生産性がもう少し上昇するのを待つ必要があるだけだと主張するかもしれない。歴史的なトレンドが続くとすれば、今後100年で生産性はさらに4~8倍、2230年には16~64倍になるだろう。そのような世界においても、人々は起きている時間の大部分を仕事に費やすことを選ぶだろうか?

働く理由を2つ考えてみよう:

  1. 収入を得るため
  2. 働くことは本質的に価値ある活動だからだ

(2)については後の講義で触れるので、今は脇に置いておこう。しかし、もし生産性がさらに8倍、あるいは64倍に伸びたとしたら、ケインズが描いた余暇社会は実現するだろうか?

そうかもしれないし、そうではないかもしれない。懐疑的になる理由はある。特に、高価な新しい消費財が発明されるかもしれないし、非常にコストのかかる社会的プロジェクトが実施されるかもしれない。また、ゼロサムレースの中で相対的な地位を維持・向上させるために、恣意的に高価なステータスシンボルに出費せざるを得なくなるかもしれない。

こうしたモチベーションの源泉は、所得水準が非常に高くても働き続ける可能性がある。それぞれを順番に見ていこう。

新たなニーズと上品さ

第一に、新しい消費財が生まれる可能性がある。時給がどんなに高くても、残りの時間をより高い消費水準で楽しむために、起きている時間の3分の1以上を労働に割く価値がある。これは、アメリカの著名な法学者であるリチャード・ポズナーの主張である。

しかし、このような考え方は、貨幣の限界効用が急峻に逓減し、人生で最高のものの多くが無料か非常に安価である今日の世界では、非常にあり得ない。年収を1,000ドルから2,000ドルに増やすのは大変なことだ。年収を100万ドルから100万1000ドル、あるいは200万ドルに上げることは、ほとんど目立たない。

しかし、これは変わる可能性がある。技術の進歩によって、お金を生活の質や量に変換する新しい方法が生まれるかもしれない。

例えば、健康寿命が延びたり、頭が良くなったり、肉体的に魅力的になったりするような、徐々に高価になる一連の医療があったとする。100万ドルあれば、完璧な健康状態であと5年生きられる。その3倍かければ、さらに5年健康でいられる。もう少しお金をかければ、ガンに対する免疫力をつけたり、自分や子供の知能を高めたり、容姿を7点から10点にしたりできる。このような条件下では(技術の進歩によってもたらされる可能性は十分にあるが)、非常に高い所得水準であっても、長時間労働を続ける強い動機が残る可能性がある14。

つまり、将来の富裕層は、家、ドック、ガレージ、手首、首などを、今日のどちらかといえば哀れな贅沢品でどんどんいっぱいにするよりも、はるかに魅力的な方法で収入を使うことができるかもしれないのだ。従って、あるレベルを超えれば、お金は重要でなくなると無条件に決めつけてはならない。今述べた生物医学的強化は、高いレベルの支出でも価値を提供し続けることができる種類の財の一例である。また、私が想像しがちなように、デジタル・マインドが大半を占める未来を想像すれば、富を幸福に変換する可能性はさらに明確になる。AIであれアップロードであれ、デジタル・マインドは計算を必要とする。計算量が増えるということは、寿命が延び、思考が速くなり、より深く、より広範な意識体験ができる可能性があるということだ。計算量が増えるということは、コピーやデジタル・チルドレン、あらゆる種類の分身が増えるということでもある。

デジタル・マインドのためのインフラ投資の収益曲線は、何を達成しようとするかによって決まる。ある一定の計算速度を超えると、マインドの実装をさらに加速させる限界コストが急上昇するか、ハードリミットに達する可能性がある。一方、アルゴリズムによっては並列化がうまくいくものもあり、評価されるものをインスタンス化すれば、計算へのリターンは線形に近くなるかもしれない。確かに、自分自身のコピーを作るだけで満足できるのであれば、非常に高いレベルの支出であっても、リターンが減少することはないだろう。

社会的プロジェクト

第二に、利己的な享楽の領域を超えて考えれば、がっかりするような収穫の減少に見舞われる前に、莫大な資源を価値ある結果に変換する機会が他にもたくさんあることがわかる。例えば、野生で病気や怪我をした動物のための獣医システムを構築したいと思うかもしれない。[このような野心的なプロジェクトに関心を持つ人は、生産性や時給が成層圏まで上昇しても、長時間働き続ける理由があるだろう。すべての丘に、すべての谷に、それぞれの茂みに、それぞれの灌木に診療所ができるまで、十分な医療を受けられない人々が存在する。

実際、労働時間を増やす利他的な理由は、理論的には賃金が高いほど強くなる。時給が1,000ドルであれば、最低賃金で働くよりも1時間余分に働いた方が、より多くの野生動物の病室を確保することができる。

理論的に強くなる可能性があると言ったのは、社会の富のレベルが上がるにつれて、利他的機会の木の一番低いところにある果実や一番おいしい果実が枯渇してしまう可能性があるからだ。しかし、木は大きく、新しい実をつけ続ける。つまり、お金を稼ぎ続けることができる限り、善いことをし続けることができる可能性が高いのだ。このことは、利他的な理由が世界からネガティブなものを取り除くだけでなく、新たな幸せな人々を生み出すなど、ポジティブなものを増やすためでもあると考えれば、容易に理解できる。その数は資源に比例して増加する。

ところで、ここまでで何か質問はあるだろうか?何かわからないことがあれば、いつでも遠慮なく中断してほしい。-はい、そこの通路にいる、ボタンのある人?

生徒: できるだけ多くの子供を産むべきだということ?それは利己的ではないのですか?

ボストロム: いや、この時点では道徳的な見解を述べているのではない。週に1,2時間働くだけで、普段の生活をすべてまかなうことができるにもかかわらず、お金のために長時間働き続ける人を駆り立てる可能性のある動機について議論している。そのような動機として考えられるのは、利他主義である。より多く稼ぐことで、困っている人々により多くのものを与えることができる。では、社会が十分に豊かでユートピア的なものになり、困っている人がいなくなったらどうなるのか?私は、その場合でも、より多くの人を生み出すために稼ぎ続けようとする人がいるかもしれないと指摘している。みんながどんなに裕福であっても、特にみんながとても裕福であれば、原理的には、幸せな人を増やすことで、さらなる幸せを生み出すことができる。それが良いことだと考える人々、例えば完全功利主義者は確かに存在し、そのような人々は意欲を持ち続けることができる。もちろん、そのような総効用の尺度を最大化することを望まない人々もいる。これは人口倫理の講義ではないので、これらの異なる見解にどのような論拠や正当性があるのか、ここで気にする必要はない。念のため言っておくが、私は全体功利主義者ではないし、実際、どのような功利主義者でもない。しかし、しばしばそのように誤解されるのは、私の仕事の一部が、このような集計的帰結主義的仮定の意味を分析しているからかもしれない。(私の実際の見解は複雑で不確かで多元主義的なものであり、まだ適切に発展していない)。役に立つだろうか?

別の学生: でも、地球温暖化についてはどうなんですか?

テシアス[ささやく]: 特に自動化しやすいものがある。

ボストロム: さて、われわれがこの講義シリーズで探求しようとしている中心的な問いに、われわれの調査を集中させるために、いくつかの仮定をしなければならないと思う。つまり、哲学的な核心に到達するために、現実的な事柄の束を完全に除外するということだ。具体的には、技術的な困難と政治的な困難が何らかの形で克服され、私が「ディープ・ユートピア」と呼ぶ問題に焦点を当てることができると仮定する思考実験を行う。技術的な境界条件については明日お話ししようと思っていたので、その時にもう少しはっきりすることを期待している。

つまり、私が言っていたように、あなたはいつでも、特にデジタルの種類の人々を増やすことができる15。あなたが作ることができるデジタルの心の数は、あなたが配置することができる計算資源の量に比例し、それはあなたが使わなければならないお金の量に比例すると仮定することができる。

もちろん、このようなスケーラブルな利他的動機付けは、道徳的エリートのためのものだ。もしあなたが、より多くの喜びに満ちた存在を生み出すことに関心がなく、すでに存在する他の知覚ある存在の福祉や苦しみに十分な普遍的関心を持たず、情熱を感じられるような他の開放的で野心的な非エゴイスティックなプロジェクトを持っていないのであれば、この泉から水を飲むことはできないかもしれない。-もうひとつ質問してみよう。

また別の学生: 「デジタル・マインド」とはどういう意味ですか?

ボストロム: コンピューターに実装された心だ。例えば、人間や動物の心をアップロードすることもできるし、道徳的な患者、つまり福祉や利益がそれ自身のために重要なものとなるようなデザインや洗練されたAIを作ることもできる。意識のあるデジタル・マインドの場合、道徳的な地位を得るために意識が必要だとは思わないが、一応の根拠はあると思う。今回の議論では、この点に本質的な問題はないだろう。

さて、先に進もう。私たちには、乗り越えなければならないことがたくさんある。

さらなる欲求

所得水準が非常に高くても働き続けられる3つ目の理由、すなわち、私たちの欲望が集団的に飽くことを知らないような相対的なものである可能性について述べた。

つまり、私たちの欲望が相対的なものであるために、集団として飽くことがない。これは、最終的な善として相対的な地位に価値を見出すためかもしれないし、あるいは、高い社会的地位に付随する役得や、敵よりも優れた資源を持つことで得られる安全など、高い地位から得られる利点を期待するためかもしれない。そうした相対的な欲望は、無尽蔵のモチベーションの源泉となりうる。たとえ自分の所得が天文学的なレベルまで上昇しても、プール一杯の現金があっても、私たちはさらに多くの現金を必要とする。こうしてこそ、ライバルの所得がそれに比例して増加するシナリオの中で、相対的地位を維持することができるからである16。

ところで、それ自体が目的であれ、他の財を得るための手段であれ、私たちが地位を切望する限りにおいて、私たちは皆、努力を減らすよう調整することで利益を得ることができる。祝日を作り、1日8時間労働や1日4時間労働を法制化することもできる。労働所得に累進課税を課すこともできる。原則的には、このような措置は関係者全員の順位を維持し、汗と労力の対価を減らしても同じ相対的成果を達成することができる17。

しかし、そのような調整がうまくいかないと、私たちは、懸命に働き続ける他のすべての人々に追いつくために、懸命に働き続けるかもしれない。億万長者のラットレースから抜け出せないでいるのだ。

メガヨットSV Sufficiensのデッキに立っているところを想像してみてほしい。あなたは大海原を滑るように進み、デートの相手といい感じになっている。キスをしようと近づくと…次の瞬間、あなたは同僚のギガヨット、NSエクセルシオールの航跡を無念にも上下に揺られながら通り過ぎていく。そこにいたのは、はるか彼方の船の船尾で、あなたを見下ろして恩着せがましく微笑み、馬鹿げた船長帽を振っている彼だった!せっかくの瞬間が台無しだ。

明日、今日よりも多くのものを手に入れたいと願う。これは奇妙な願望に聞こえるかもしれない。しかし、これは人間の感情システムの重要な特性、つまり快楽的反応メカニズムが利得に順応するという事実を反映している。私たちは新しく手に入れたものを当たり前だと思うようになり、最初の興奮は薄れていく。初めておもちゃのトラックを手に入れたときの喜びが今日まで衰えることなく、その後も初めてのスキー、初めての自転車、初めてのキス、初めての昇進など、すべての喜びが積み重なっていくとしたら。大喜びだろう!

しかし、私たちの大脳辺縁系(この年寄りの悪党)は、それを台無しにする。ヘドニック・トレッドミルは私たちの足元を絶えず後退させ、走り続けさせながら、私たちが根本的に明るい場所にたどり着くのを妨げている。

しかし、経済的に急進的に豊かになった世界で、これがどのように働く動機になるのだろうか?私たちは、それ自体が目的であれ、報酬を得るための手段であれ、改善を切望するかもしれないが、この切望は、何を改善とみなすかを定義する他の欲望があるかどうかに依存しているように思える。つまり、そもそもおもちゃのトラックが欲しくなかったら、それを手に入れることは改善ではないし、喜びももたらさない。だから、私たちは、蓄積し続けることができ、なおかつ、より多くのものを手に入れることで利益を得ることができる、ある種の根本的な善が必要なのだ。もしそのような善があるのであれば、それは先に述べた生物医学的な強化や利他的な取り組みかもしれないが、物事が改善されることへの欲求は増幅要因として機能し、基本的な善そのものへの欲求が与えてくれる以上に、仕事を続けるより強い理由を与えてくれる。

改善への欲求そのものについてはここまでにしておこう。しかし、他の人よりも多くのもの、つまりより多くのお金やより排他的なステイタス・シンボルを持ちたいという欲求に話を戻そう。この欲求は、束縛のないベターネス指標を定義する、より基本的な欲求が他にあることを前提にしなくても、それだけで成り立つように思える。(厳密に言えば、他者よりも多くのものを持ちたいという欲求が社会的地位であるならば、他者も切望する何かを他者よりも多く持ちたいという意味での追加的な欲求の存在を必要とするかもしれない。しかし、問題となるアイテムは基本的に恣意的なものであり、そのような社会的争いの焦点としてたまたま果たす役割を別にすれば、それ自体のために誰かが望む必要はない)

それゆえ、相対的地位の欲求は、「人間の経済問題」が解決された状況であっても、労働と努力を駆り立てる可能性のある、有望な動機の源泉である。他人の所得が自分の所得とほぼ連動して上昇し続けるという条件さえあれば、虚栄心は、どんなに金持ちになっても怠けることを防いでくれるだろう。

相対的な地位への欲求には、豊かな時代の動機付けに適したもうひとつの特徴がある。ランキングとは、かなりの程度、序列化されたものである。つまり、重要なのは誰が誰よりも多く持っているかということであり、必ずしもどれだけ持っているかということではない。だから、ライバルのヨットの長さが10メートルなら、重要なのは自分のヨットの長さが少なくとも11メートルであることかもしれない。同様に、ライバルのヨットの長さが100メートルなら、自分のヨットの長さが長いことが最も重要だが、優位を保つために10%長くする必要はなく、101メートルもあれば十分だ。これは便利なことで、私たちがこのような序列的な社会的ランクを切望する限りにおいて、私たちの客観的な利益は、その重要性を維持するために、それまでの累積的な利益に比例する必要はないということを意味する。小さな漸進的な利益は、関連する比較対象グループでの順位を変える可能性がある限り、非常に魅力的であり続けることができる18。

完全な自動化か不完全な自動化か

働くのが楽しいからという理由だけで、私たちは働かないかもしれないのだろうか?まあ、単に楽しいからやっているのであれば、その活動を仕事としてカウントすることはないだろう。しかし、役に立つから楽しいのだとしたらどうだろう?それなら、楽しいということとは別に、何か他の理由が必要だ。繰り返しになるが、生産性や所得が非常に高い水準にあっても、働く動機付けとなりうる消費欲望は、次の3種類である。非比較的な個人的利益をもたらす斬新な商品やサービスを手に入れるため、野心的な社会的プロジェクトを達成するため、地位を得るのに役立つ地位財を手に入れるため。

理論的には、これらは余暇社会の到来をいつまでも食い止めることができる。良くも悪くも、「人間の経済問題」が完全に解決されることはなく、眉をかんだ汗が流れ続けることを保証しているのだ。

* * *

そうだ、しかし問題がある!人々が働き続けるかどうかというこれまでの議論は、ひとつの前提の上に成り立っている。

より正確には、私たちの議論は、労働力を売ることで得られる所得が、資本保有や社会的移転など他の財源から得られる所得に比べて依然として大きいことを前提としている。

メガヨットを所有する億万長者を思い出してほしい。デカ億万長者のギガヨットがどんなに羨ましくても、自分が稼げるのが最低賃金か、投資で得た収入と比べれば(あるいは貯蓄を少しずつ取り崩しながら残りの人生を過ごす余裕と比べれば)取るに足らない額であれば、労働力を売り続けることはないだろう。

* * *

ここで、高度なAIが労働市場に与える影響は、ケインズが論文で想定したような資本蓄積や技術進歩によってもたらされる生産性の非常に大きな向上がもたらす影響とは異なり、より大きな変革をもたらす可能性があることを考慮する必要がある局面にさしかかる。

歴史的に見て、労働は正味のところ資本を補完するものであった。総体的なレベルでは、道具の使用が始まって以来、その後の技術革新と経済成長のすべての時代を通じて、この傾向は変わっていない。

経済学における補完と代替とは何か、皆さんご存知だろうか。Yをより多く持つことで、Xの価値がより高くなる場合、XはYの補完物であると言う。左の靴は右の靴の補完物である。その代わりに、Xを多く持つことでYの価値が下がる場合、XとYは代替物であると言う。ライターはマッチ箱の代用品である。

なるほど、労働と資本は補完関係にあることがわかった。それぞれがもう一方の価値を高めてきたのだ。もちろん、拡大してみれば、技術革新の結果、ある種の労働の価値が下がり、別の種の労働の価値が上がっていることがわかる。しかし、これまでのところ、全体的な効果として、労働の価値は以前よりも高まっている。これが、賃金が100年前や人類史上かつてないほど高くなっている理由である。

人間の労働が資本の純補完物である限り、資本ストックの増加は労働の価格を押し上げる傾向があるはずだ。賃金が上昇すれば、たとえ大金持ちになったとしても、今述べたような飽くなき欲望があれば、現在と同じように懸命に働き続ける動機付けになるだろう。現実には、恒久的に賃金が上がれば、人々は生産性向上の一部を余暇の増加に、一部を消費の増加に使うことを選択するため、おそらく働く量は少し減るだろう。しかし、いずれにせよ、労働が資本を補完する程度は、テクノロジーの関数である。自動化技術が十分に発達すれば、資本は労働の代替となる。

極端なケースを考えてみよう。人間の労働者ができることをすべてできる知的ロボットを買うことができたとしよう。そして、このロボットを購入したりレンタルしたりする方が、人間を雇うよりも安いとしよう。ロボットは人間の労働者と競合し、賃金を押し下げる。ロボットが十分に安くなれば、人間は労働市場から完全に搾り取られてしまうだろう。週0時間労働制が到来するのだ19。

* * *

もう少し極端なシナリオを考えてみると、事態はより複雑になる。人間ができることはほとんどすべてロボットができるが、人間にしかできない仕事、あるいは人間の方がうまくできる仕事がいくつかあるとする。(これには、豊かなハイテク経済で生まれるさまざまな新しい仕事が含まれるかもしれない)。このシナリオにおける人間の賃金の結果を決定するには、いくつかの影響を考慮する必要がある。

第一に、これまでと同様、ロボットとの競争による賃金下落圧力がある。

第2に、この完全自動化シナリオでは、経済が爆発的に拡大し、平均所得が急上昇する可能性が高い。高収入の消費者は、人間しか生産できないと仮定していたものも含め、財やサービスにより多くの支出をするので、労働需要が増加するだろう。この需要の増加は、人間の賃金に上昇圧力をかけるだろう。

第3に、このシナリオでは平均的な富が増加するため、労働供給が減少する可能性が高い。このような労働供給の減少は、賃金に上昇圧力をもたらすだろう。

このように、少なくとも次の3つの基本的な効果がある。1つは賃金を押し下げる傾向、もう1つは賃金を引き上げる傾向である。これらの効果のうち、どれが支配的であるかは先験的に決定することはできない。

したがって、完全自動化技術の効果が、人間の完全失業と人間の労働所得ゼロという明確なものであるのに対して、不完全自動化技術が人間の雇用と賃金に及ぼす結果は、理論的には曖昧である。例えば、このモデルでは、ロボットがロボットの設計と監督以外のすべての仕事をこなせるようになった場合、人間のロボット設計者とロボット監督者に支払われる賃金は、現在の労働者に支払われる賃金総額を上回る可能性がある。

理論的には、総労働時間も増加する可能性がある。このモデルからさらに具体的な意味を導き出そうとすれば、特殊でかなり推測的な経験則を仮定しなければならない。その時点で、自動化の影響を細分化し、雇用の総レベルではなく、労働市場の個々のセクターがどのような影響を受けるかを調べ始めた方がいいだろう。間違いなく、部分的自動化のシナリオでは、良くなる職業もあれば、悪くなる職業もあるだろう。しかし、そのようなことは今回のテーマには特に関係ないので、詳細は経済学部の友人たちに任せよう。

* * *

しかし、不完全な自動化のシナリオから始めて、徐々に完全な自動化のシナリオに変えていった場合、人間の賃金と労働時間に何が起こるかを見てみるのは興味深い。自動化技術がほぼ完璧に近いシナリオ、つまり、人間ができることはほとんどすべて、ほんのわずかな例外を除いて、よりよく、より安くできる機械を考えた場合、人間はほんの少ししか働かないだろう。人間は、機械ができないごくわずかなことをするために、週に平均2,3時間働くかもしれない。しかし、労働所得に関しては、完全自動化のケースに漸近的に収束すると結論づけることすらできない。というのも、時給が急上昇して、週に2時間しか働かなくても、週40時間労働の場合よりも収入が増える可能性があるからだ。(このようなシナリオでは、労働に占める要素の割合が増加することも、経験的にはあり得ないが、理論的にはあり得ると思う)。

* * *

さて、あなたは不思議に思うかもしれない: 自動化の限界はどこにあるのだろうか?ロボットは人間の労働力をどこまで完璧に代替できるのだろうか?これは、ケインズ的な余暇社会で終わるか、人間が完全に失業し、その結果、目的問題の全力に直面することになる、さらに極端なシナリオで終わるかを決定する重要な要素である。

その問題については、また今度。しかし、その前に少し回り道をして、代替が完璧で人間の仕事がなかったとしても、人間がお金を稼ぐことができるのかについて話しておきたい。つまり、AI主導の完全自動化の未来において、目的だけでなく収入についても考えるのは妥当なことだ。

単純な3要素モデル

労働力、資本、そして一般に「土地」と呼ばれるものの組み合わせによって経済生産が生み出されるという、非常に単純な3要素モデルを考えてみよう。ここでいう「土地」とは、労働力以外の投入資源で、これ以上生産できないものを意味する。ここでは、所得に占める労働の割合がゼロになる極端なシナリオを考える。つまり、資本と土地の要素シェアを合計すると100%になるシナリオである。

まず、人口に変化はなく、技術進歩もなく、土地の増加もないと仮定して、予期せぬショック、すなわち、すべての人間労働の完全な代替品となる安価なロボットが突然発明された場合に何が起こるかを考えてみよう。また、独占賃料のない完全競争経済を仮定し、完全に信頼できる財産権を仮定する(そしてロボットは人間の管理下に置かれたままである)。

人間の完全雇用の経済から始める。その後、完璧なロボットが発明される。これにより、大量の資本がロボット産業に流入し、ロボットの数は急速に増加する。人間を雇うよりも、ロボットを作ったり借りたりする方が安いのだ。当初はロボットが不足しているため、すぐにすべての人間労働者に取って代わることはない。しかし、ロボットの数が増え、コストが下がるにつれて、ロボットはあらゆる場所で人間の労働者に取って代わるようになる。

それでも、人間の平均所得は高く、上昇している。これは、人間があらゆるものを所有し、人間の労働の自動化に成功した結果、経済が急成長しているからだ。資本と土地の生産性は非常に高くなる。

資本は蓄積され続け、最終的には土地が唯一の希少資源となる。この状態を視覚化したければ、あらゆる場所が知的ロボットで埋め尽くされたと想像すればいい。ロボットは人間が消費する商品やサービスを生産し、ロボットを製造し、既存のロボットを保守・修理する。土地が不足すると、ロボットを置く場所がなくなったり、ロボットを作るための原材料がなくなったりするため、新しいロボットの生産は鈍化する。非物理的資本財、例えば映画、小説、数学の定理といった財は蓄積され続けるかもしれない20。

仕事はなく、人間は働かないが、総体として地代や知的財産から収入を得ている。平均所得は極めて高い。このモデルはその分配について何も語っていない。

人間にとって経済的な労働が不可能になっても、個人間の富の流れは続くかもしれない。せっかちな個人は、消費を加速させるために土地やその他の資産を売却する。一方、より長期志向の個人は、富を拡大し、最終的にはより多くの消費総額を享受するために、投資収入の大部分を貯蓄する。このような経済の定常状態で富のランキングを上げるもう一つの方法は、人々や国の財産を盗んだり、政府に富の再分配を働きかけることかもしれない。贈与や相続によって富が移動することもある。そして、こうした経済的移動の源以外にも、常にクラップステーブルとルーレットがある。

* * *

少し荒唐無稽に見えるかもしれない。

しかし、「ロボット」を「農民」に置き換えてみると、人類の歴史のほとんどを説明するのに悪くないことがわかる。

均衡状態では、農民もロボットも自給自足レベルの収入を得ている。農民の場合、これは1組の夫婦につき2人の繁殖可能な子供を育てるのに十分なパンを意味する。ロボットの場合は、各ロボットが生み出す収益が、その製造・運用コストに等しいことを意味する。

このアナロジーでは、過去の土地所有貴族は、未来の豊かな人類に相当し、未来の人類は、過去の貴族と同じように、土地所有から地代を引き出す21。

このモデルにおいて、未来の人類の平均所得が自給自足以上に上昇することを可能にしているのは、人類の人口に上限を設けるという規定である。もし人間の数が(ロボットの数のように)自由に増加することが許されるなら、人間の平均所得は、人間の人口規模が進化的均衡に達すると、(ロボットの所得が自給自足の水準に落ちるように)自給自足の水準に落ちるだろう。

そうなると、膨大な数のロボット、膨大な数の人間、非常に高い世界GDP、そして自給自足レベルの平均所得という状況が生まれることになる。これは本質的に、トーマス・マルサスが提示した暗い世界像の拡大版に過ぎないだろう。

* * *

この単純な3要素モデルには、もちろん疑問の余地がある前提がいくつもある。

技術進歩がなく、土地の増加もないという仮定は、当初考えられていたほど揺るがないと私は思う。私は、経済的に重要な技術進歩の速度は最終的にゼロに漸近すると予想している(ほとんどの有用な発明がすでになされた後)。ある時間までに地球から到達可能な球体の体積は光速によって制限されるため、(宇宙植民地化による)土地の成長は多項式速度に漸近する。宇宙の膨張は、十分に離れた銀河が我々の出発点から永遠に到達できなくなることを意味するからである。しかし、土地の成長率が多項式で維持できるような長い期間であっても、人口は指数関数的な速度で増加するため、平均所得が自給自足できるまでに低下することは容易に起こりうる22。

人間がロボットを完璧にコントロールし続けるという仮定は、この講義で論じるつもりはないが、間違いなく疑問の余地がある。この仮定が緩和された場合、平衡状態において、人間の人口がやや減少し、ロボットの人口がやや増加する以外は、上記と同じ結果になるか、あるいは、制御がより完全に失敗した場合、人間の人口が完全に消滅し、ロボットがさらに増加する可能性がある。

ところで、ここで「ロボット人口」や「ロボットの数」と言うとき、私が言いたいのは、経済におけるオートメーション部門の割合である。ある特定の数の独立したロボットから構成される人口というよりは、生産ノードとアクチュエーターの拡大するインフラを制御する、1つの統合されたAIシステムである可能性もある。

単純な3要素モデルにおけるもう1つの仮定は、財産権が完全に保持され、例えば再分配プログラムや福祉制度が存在しないということである。また、人口内の経済的不平等についてはまだ考慮していない。もう少し突っ込んでみよう。

(ここで少し脱線しているように見えるかもしれないが、持続可能な豊かさという概念を含む可能性のある未来について考えるのであれば、このような考慮事項や制約を意識することは有益である。また、ユートピアの願望がより鮮明に浮き彫りになる背景を提供することで、過去の人類の状況を説明するのにも役立つ。そして、より良い世界やユートピアの探求が、しばしば逆説的である多くの様々な方法を説明し始めるのである)。

 Claude 3 Opus:

この文章は、長期的な経済成長と所得分配に関する思考実験を提示しています。ここでは、労働力、資本、土地の3つの要素から成る単純な経済モデルを想定し、人間の労働力がロボットによって完全に代替された極端なシナリオを考えています。

主な内容は以下の通りです:

  • 1. ロボットが人間の労働力を完全に代替すると、人間は働かなくなるが、資本と土地の所有者として収入を得る。
  • 2. 資本が蓄積され続け、最終的に土地が唯一の希少資源となる。
  • 3. この状況は、過去の土地所有貴族と農民の関係に類似している。
  • 4. 人口増加が制限されない場合、平均所得は自給自足レベルまで低下する可能性がある。
  • 5. 技術進歩と土地の増加がゼロに収束すると仮定しているが、これは現実的である。
  • 6. 人間がロボットを完全にコントロールし続けるという仮定には疑問の余地がある。
  • 7. このモデルでは、財産権が完全に保持され、再分配や福祉制度が存在しないと仮定している。

筆者は、このような極端なシナリオを通して、長期的な経済成長と所得分配の問題を考察しています。特に、技術進歩による自動化が進んだ社会における、富の分配と人口動態の関係性に焦点を当てています。

また、この思考実験が過去の人類の状況を説明するのに役立つことや、より良い世界やユートピアの探求が逆説的な側面を持つことにも言及しています。

全体として、この文章は経済学、技術進歩、社会的不平等といった複雑なテーマを、単純化されたモデルを用いて探求しており、読者に長期的な社会経済の変化について考えさせる内容となっています。

マルサス的世界の逆説

私たちはしばしば、経済的不平等は悪いことだと考える。しかし、マルサス的な文脈では、経済格差には明るい兆しが見える。

無制限な人口増加を考えると、不平等は、少なくとも人口の何割かが自給自足レベル以上の所得を一貫して享受できる唯一の方法である。もし、人生でより上質なものを享受する人々が少なくとも数人存在することが本質的に重要だと考えるならば、このような不平等な配置は、人々の数は少し多いものの、誰もが「ミュザークとポテト」のような生活(デレク・パーフィットの言葉を借りれば)をしているような配置よりも良いとみなされるかもしれない23。

* * *

不平等がなければ、誰もが自給自足の賃金を得ていることになり、不平等があれば、少なくとも一部の人々は自給自足以上の所得を得ることになるからだ。しかし、事態はそれほど単純ではない。

不平等が存在する場合、自給自足以上の所得を享受する階層、例えば土地所有エリートは、代替水準を上回る生産を行っている。そのため、彼らの子供たちの一部は、生まれた階層を離れ、より低い階層に落ちなければならない。このような上位階層から下位階層への人口のトリクルダウンは、定常状態では下位階層の平均所得が自給水準を下回ることを意味する。つまり、このモデルでは、農民階級は自給自足以下の所得しか得られないが、地主エリートの下層から余剰の子孫を垂れ流し、上から補充され続けるため、その数は一定に保たれる。

(この状況を水に浮かぶ氷の塊に例えることができる。もし薄い平らな氷のシートがあれば(完全な平等)、氷の結晶はすべて水面近くにある。その代わりに、背が高く尖った形の氷、つまり氷山があるとすれば、氷の一部は水面から高く突き出し、経済的な豊かさを享受することができる)

しかし、所得と体力の関係が直線的でないと仮定すれば、マルサス均衡において不平等が平均所得を引き上げる可能性はある。極端な例として、農民夫婦の10万倍の所得を持つ王と王妃を考えてみるとわかりやすい。つまり、マルサスの定常状態では、不平等が平均所得を増加させるのである。

その一方で、不平等は平均的な幸福を減少させるかもしれない。なぜなら、人の幸福は所得に比例するのではなく、おそらく所得の対数か、あるいは急速に逓減する他の関数形に比例するからである。国王と王妃が新たな貢ぎ物を得て所得を10倍に増やしたとしても、彼らの期待幸福度はおそらく10倍よりずっと低いだろう。

* * *

現実には、マルサス的条件は大まかにしか近似しなかった。それは外生的なショックによって頻繁に崩壊した。疫病、飢饉、大虐殺によって群れが淘汰され、生き残った人々が手にすることのできる土地と資本が増える。この快適さの向上は、小児死亡率の低下につながり、平均的な農民の所得を単なる自給自足か、経済的不平等の存在からすればそれをわずかに下回る程度にまで抑制するのに十分な土地が再び不足するところまで人口を増加させた。

* * *

マルサス的状況に生きるとはどういうことか?これまでの単純な仮定では、これに関する一般的な記述を導き出すことはできない。

例えば、一生の中で運勢が変動するモデルがあり、ある時点で運勢がある閾値を下回ると、その個人は死んでしまう。このようなモデルでは、個体が繁殖に成功するほど長く生き残るためには、平均的な運のレベルが高い必要があるかもしれない。したがって、人生のほとんどの時間は、相対的に豊かな時間となる。

このモデルでは、人生の運勢を平準化するような発明、例えば、良い時に余剰分を貯蓄し、必要な時にそれを使うことを可能にする穀物倉のような発明は、(人口規模を増加させながら)平均幸福度を低下させる。このことは、農業の技術的進歩にもかかわらず、初期の農民の生活を狩猟採集民の生活よりも悪化させた要因の一つである可能性がある。穀物貯蔵庫は消費を平準化し、農民の生涯平均所得が自給自足ぎりぎりの水準であったとしても、子孫を残すのに十分な期間生き延びることを可能にした。食料を貯蔵する能力がなければ、一時的な不況時に生存を可能にするためには、平均的な状況がかなり良好でなければならない。

穀倉地帯だけではない。マルサス的な条件下では、集団全体または個人の寿命内のばらつきを減少させる福祉プログラムなどの社会制度を含む他の形態の「進歩」も、同様に逆説的な効果をもたらすだろう。

例えば、平和である。汝の隣人を愛せよという教義や、より多くの意見の相違が拳や剣ではなく、理性的な議論と妥協によって解決されるようにする紛争解決規範の改善などである。これほど穏やかなことがあるだろうか。とはいえ……このような改善は、平均的な幸福度には実際にはマイナスの影響を及ぼしている可能性がある。というのも、ある一定規模の人口を維持するために必要な死は、他の時には安楽で快適な生活を送っている人々の間で時折起こる斧で頭蓋骨を貫かれるようなことではなく、貧困や慢性的な栄養失調、生理的な疲労によってもたらされるという均衡が成り立つからである。

 Claude 3 Opus:

この文章は、マルサス的な経済モデルの文脈において、経済的不平等と社会的進歩が逆説的な影響を及ぼす可能性について考察しています。

主な内容は以下の通りです:

1. マルサス的な文脈では、経済的不平等は少なくとも一部の人々が自給自足以上の生活を送れる唯一の方法である。
2. しかし、不平等な社会では、上位階層から下位階層への人口の流入により、下位階層の平均所得は自給自足以下になる。
3. 所得と適応度の関係が非線形であれば、不平等は平均所得を増加させるが、平均幸福度は減少させるかもしれない。
4. 現実のマルサス的条件は、疫病、飢饉、大虐殺などの外的ショックによって崩壊することが多い。
5. 個人の運勢が変動し、ある閾値を下回ると死亡するモデルでは、生涯の大部分は相対的に豊かな時間となる。
6. 穀物倉のような発明は、消費を平準化し、平均幸福度を低下させる可能性がある。
7. 福祉プログラムや平和などの社会的進歩も、同様の逆説的な効果をもたらす可能性がある。

この文章は、一般的に肯定的とされる経済的平等や社会的進歩が、マルサス的な状況下では必ずしも望ましい結果をもたらさない可能性を示唆しています。筆者は、所得分配の不平等や社会的混乱が、逆説的にはより高い平均的幸福度につながる可能性を指摘しています。

これらの考察は、単純化されたモデルに基づいており、現実世界に直接適用することは難しいかもしれません。しかし、社会経済システムの複雑性と、一見望ましい変化が意図せぬ結果をもたらす可能性を示唆しており、政策立案者や社会科学者にとって示唆に富む内容となっています。

異なる時間スケールで上下する

このようなマルサス的な世界(有史以前と有史以来の私たちの祖先の世界であり、動物界全体の私たちの同胞の世界でもある)では、何が一般的な幸福を促進するかについての私たちの直観の多くは間違っている25。魔女が宣言しているように、「フェアはファウルであり、ファウルはフェアである」26。

しかし、異なる時間スケールで展開する力学を分けて考えれば、ある程度の理解が得られるかもしれない。

短期

ショック後に人口が再平衡化するのに要する時間よりも短い。より良い食料貯蔵と紛争解決により、平均的な福祉が向上する。公平は公平である。

中期

これは、上記の議論で暗黙のうちに想定されたタイムスケールである。食料貯蔵の改善、社会福祉、平和的イデオロギーなど、分散を減少させるような技術革新が起こってから100年かそこらで、新たな、より変動の少ないマルサス的条件が達成される。この新しい均衡では、平均福祉は以前より低くなる。公平は反則である。

しかし、人口は増える。もちろん、この状態での平均的な生活がゼロラインより上であり(つまり、少なくとも生きる価値がある)、現在極端に貧しい生活を送っている余分な人々の数が、すべての人が(すでに非常に貧しい)前任者よりもさらに深い貧困の中で生活しているという事実を埋め合わせるのに十分な数であることが条件である。

長期的な視点

歴史を俯瞰すると、農業、食料貯蔵、(国家などの)地域紛争解決メカニズムは、産業革命に向かう道筋にあったように見える。産業革命が重要なのは、それ以降、経済成長が人口増加を上回るほど急速に進み、人類がマルサス状態から脱出できたからである!私たちはこの解放された状態で数百年を過ごしたに過ぎないが、世界の多くの地域ではそれ以下であるにもかかわらず、この解放は、これまでに生まれてきた全人類のうち、かなりの割合を占め、急速に増加している人々の人生経験を形作ってきた。これまで生きてきた約1,000億人のうち、100億人以上がマルサス以後の世代である。標準的な人口統計学の外挿法に従えば、この数字は急速に上昇することになる。というのも、これまでに生まれた全人類の5%か10%ほどが今生きており、ほぼすべての現代の人間集団がマルサスの罠から抜け出しているからである27。

このような長期的視野に立てば、フェアはフェアである。少なくとも、中期的な平均福祉を低下させたかもしれない過去の改革や改善は、より良いもの、すなわち、多くの人間が存在しながらも飢え死にする人が少なく、大多数の人々が少なくともまともな人間としての生活の初歩を利用できるような世界に向かっていた。

さらに長期的な展望

そして、私たちが「ディープ・フューチャー」と呼んでいるものに関しては……審査はまだ終わっていない。

知恵と広範な協調性こそが、地球を起源とする文明の偉大な未来を確保するために現在最も必要とされている2つの資質であることを、私は主張できると思う。また、豊かさ、安定性、安全性、平和は、その対極にあるものよりも、叡智と世界的な協調性のためにあるものだと思う。そして、これらの方向への進歩は、現在の私たちにとって良いだけでなく、人類の将来にとっても良いことであるため、歓迎すべきである。

だからといって、こうした方向への進歩がもっと早ければ、人類の未来にとって良かったということにはならない。もし私の種が、工業化時代に入る前に、私の先祖が人類へと進化した「貧しく、厄介で、残忍」な環境にもっと長く留まっていたら、遺伝的あるいは文化的に、今よりも「より人間的」に進化していたかもしれない28。もしあと数十万年、槍を投げたり、焚き火を囲んで物語を語ったりしていたら、機械知能時代への最終的な跳躍のために、私たちはより良いコンディションを整えていたのだろうか。

そうかもしれないし、そうでないかもしれない。このようなことについてはほとんどわかっていない。物事の基本的なマクロ戦略の方向性について、私たちはまだ驚くほど無知である。

優れた点

また、所得水準を特定したとしても、それが物質的厚生という点で何に相当するかは、さらなる疑問であることにも留意すべきである。

その答えは社会経済的な背景によって異なる。若く、健康で、尊敬を集める狩猟採集民が、1日に数時間狩猟をし、矢や装飾品を作り、食料を調理し、家族の小屋の屋根を修理する。

物質的な福祉から、それが主観的な幸福の観点からは何に相当するのかがさらに問題となる。ここでは、個人の心理が大きく影響する。同じような仕事、同じような健康状態、同じような家庭環境など、ほとんど同じ条件で生活している2人のうち、1人がもう1人よりはるかに幸福であることがある。ある人は気質的に鉛色で、心配性で、落ち着きがなく、またある人は天性の明るさに恵まれ、客観的な状況がかなり悲惨であっても、明るく平然としている。

さらにもう一つの疑問は、所得水準が「客観的幸福」(「繁栄」あるいは「エウダイモニア」とも呼ばれる)の様々な概念とどのように相関するのかということである。つまり、誰かが自分の人生にどれだけ満足しているか、あるいは自分の精神状態がどれだけ心地よいかということだけでなく、知識、業績、美、美徳、友情など、哲学者の中には、誰かの人生がどれだけうまくいっているか、そしてその人生がどれだけ賢明な望ましいものであるかにプラスに寄与すると主張する、様々な客観的財がどれだけ豊かに与えられているかということである。このような客観的幸福の概念には、所得と非線形の関係を示すものもある。例えば、所得が非常に低いと客観的幸福は低くなるが(極度の貧困は人間の能力の発達と使用を妨げるため)、所得が過度に高いと不利になる(豪奢は退廃と悪徳を生むため)場合もある。

例えば、何が人生を素晴らしいものにするかについての完璧主義的な考え方を考えてみよう。完璧主義的な考え方にはさまざまなものがある。例えば、人間的な能力の発達に価値を見出すもの、道徳的、知的、芸術的、文化的な領域における高い達成に価値を見出すもの、あるいはより一般的に「人生における最良のもの」の達成や実現に価値を見出すものなどである。完璧主義のどのバージョンを受け入れるかにもよるが、ユートピアのビジョンの可能性を計るとき、偉大な人物を生み出したり、卓越性の最高峰に到達することを可能にしたりする点で、どの程度優れているかに特別な重点を置くかもしれない。

このような完璧主義的な視点から、平和、平等、繁栄に向けた過去の進歩をどう見るべきかは不明である。一方では、より多くの人々に基本的な物質的必需品を与え、偉業に挑戦する機会を与えたが、他方では、そのための狂気じみた動機を奪ってしまったかもしれない。『第三の男』でハリー・ライムが言った有名な台詞を思い出す:

「イタリアではボルジア家の30年間、戦乱、恐怖、殺人、流血があったが、ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ルネッサンスを生み出した。スイスでは兄弟愛があり、500年にわたる民主主義と平和があった。「鳩時計だ」31。

ニーチェが喜んで書きそうな言葉である(ニーチェ自身はスイス・アルプスでぶらぶらするのが好きだったようだが)。そして、ボルジア政権下のイタリアはともかく、他の多くの地域では、ルネサンスを生み出すことなく、戦乱、恐怖、殺人、流血が繰り返されてきたことを指摘するのは公平だろう。

* * *

私は、このような完璧主義的な卓越性や功績は、それなりの価値があると思う。

しかし、私たちはその重要性を過大評価する傾向があるとも思う。その魅力は、私たちが遠くから、そして外から物事を見ているとき、つまり、まるで観客席に座って舞台劇や映画に判断を下す批評家のようなときに最も強く発揮される。観客席の私たちは、登場人物全員がただ安穏と仲睦まじく過ごす物語よりも、興奮と危機と葛藤と偉大な克服に満ちた物語を好む32。なぜなら、問題は「ユートピアを見るのがどれだけ面白いか」ではなく、「ユートピアの中で暮らすのがどれだけ良いか」だからである。

不均衡

さて、どこまで話したかな?

学生: 第3の男、鳩時計です。

ボストロム: いや、その前だ。

ケルビン: 生産3要素モデルにおける労働の自動化、それから穀物倉やその他の技術革新が、さまざまな時間スケールで人間の平均的厚生に与える影響だ。

ボストロム:そう: そうだね。ロボットは人間ができることは何でも、より効率的にこなすことができる。人間は働いて収入を得ることはないが、土地から収入を得ている。この収入は非常に大きなもので、ソーセージで壁を作ることができる。

しかし、この結論にはタイムスケールがある。

誰もが自給自足レベルをはるかに上回る収入を得て、贅沢な暮らしをしているとしよう。このことは、人口増加に対する協調的な規制がなければ、最終的には、人間の平均所得を自給自足の水準まで引き下げるために、人間の人口が拡大することを意味する。不平等が存在すれば、一部の人々が自給自足以上の所得を享受できるような特権階級のポケットが残るかもしれない。長い闇夜の中の、ほんの一瞬の出来事だ。

ここまでで何か質問は?-はい、あそこだ。

生徒: 裕福になると、子供を産む数が減るのでは?

ボストロム:そう、そうする人もいれば、そうでない人もいる。このモデルでは、未来は、自分の生殖を制限する人ではなく、子どもをたくさん産むことを選択した人の子孫でほとんど占められるだろう。-そう、君だ。

別の学生: 問題なのは、人々が十分な数の子供を産まないので、老人の世話をするのに十分な数の若者がいなくなることだと思いました。

ボストロム:それが今、何人かが話している問題だ。少し前までは、人々は過剰人口問題について話していた。過剰人口は、今日の気候変動と同じように(核ハルマゲドンと同居して)、私たちの意識の中で同じ位置を占めていた。例えば、ポール・エーリック夫妻は『人口爆弾』という小冊子を書いた。1968年に出版され、200万部以上売れた。知識層の間で非常に大きな影響力を持った。それまで、世界の人口は指数関数的に増え続けていた。皮肉なことに、エーリック夫妻のベストセラーが出た同じ年に、トレンドラインは逆転し、それ以来、世界の人口増加は減速している。

学生: 人口過剰が問題だと言っているのですか、それとも人口不足が問題だと言っているのかです?

ボストロム:そう、どちらも問題になりそうだが?

生徒:そうですね、でも、多すぎるのか少なすぎるのか?私たちが心配すべきなのはどっちなのですか?

ボストロム: 両方かもしれないね。例えば、ある場所では多すぎるが、別の場所では少なすぎる、ある時点では多すぎるが、別の時点では少なすぎるということがあり得る。

世界の人口を一つの変数として考えたとしても、ある時点でどちらかの方向に破滅的に逸れてしまうのではないかと心配することはできる。細い梁を転がっていくボールのように。左に行き過ぎたのか、右に行き過ぎたのか、そのどちらに問題があるのかはわからないが、いずれは落ちると確信することはできる。

あるいは、別の比喩を使わせてもらえば、人類はとてつもない力を持った混沌とした獣の背中に乗っている。この獣は自然を表しているのではなく、私たち自身の文明の創発的な行動のダイナミクスを表しているのであり、テクノロジーを媒介とした文化が反映された、何十億もの個人、グループ、組織の間のゲーム理論的な相互作用を表している。誰もコントロールできない。私たちは、できる限り、できる限り、しがみつく。しかし、何かの拍子に、ジャガーノートを間違った方向に、あるいは明確な理由もなく突いたりすれば、ジャガーノートは私たちをあっという間に塵の中に放り込み、場合によっては私たちを傷つけ、踏みつけ、死に至らしめるかもしれない。それは本質的にリスキーで不安な状況であり、退屈なものではない。

別の生徒が言った: 言いたいことはわかります。人口の大きさをコントロールすることができないから、大きくなりすぎたり小さくなりすぎたりする可能性があるということですか?

ボストロム:そうだ。しかし、問題はそれよりもはるかに一般的で深い。より一般的なのは、制御不能なのは人口の大きさだけでなく、その他多くの重要なパラメーター、例えば軍事力、技術開発、汚染、記憶生態系などである。そして問題はさらに深い。仮に、十分な権限を持った世界政府のような、これらのことをコントロールする世界的なメカニズムを作ったとしても、そのメカニズムをコントロールしている勢力について考えなければならないからだ。異なる派閥やイデオロギー、特別な利害関係者が、舵を握るための権力を争っているのだろうか?その競争から、どのような有害で危険な力学が生まれるのだろうか?

あるいは、地球を支配する力を、一人の人間や他の統一された行為者の手に委ねたとしよう。その場合、どのように物事がうまくいかなくなるかを想像するのはそれほど難しくない。

結局のところ、ユートピア的な条件を仮定したいのであれば(ここで仮定したいのは、そのような条件下で生じるであろう目的と価値の魅力的な問題を探求するためである)、経済生産性の大幅な向上を規定するだけでは不十分だということだ。それは必要条件かもしれないが、十分条件ではない。また、全面的な技術的進歩を規定するだけでも十分ではない。さらに不可欠なのは、社会的、政治的な領域でも物事がうまく収まることである。私たちの文明の統治方法に進歩がなければ、私たちの物質的な力の増大は、容易に事態を好転させるどころか悪化させる可能性がある。また、ユートピア的な状態が達成されたとしても、最低限、最も深刻な世界的協調の問題が解決されない限り、それは不安定で短命に終わる可能性が高い。

-もうひとつ質問がある。

ある学生: すべての卵を一つのカゴに入れるのは良くないと思います。地域ごとに規制したほうがいいのではないですか?それぞれの国が独自のルールを持てばいいでしょう。

ボストロム:グローバルな外部性がある場合、それは一般的にうまくいかない。ある国が一方的に軍備を解除すれば、軍備を増強した他の国に支配される危険性がある。ある国がマルサスの罠にはまれば、そこに住む人々の福祉を考える限り、他の国にとっても問題となる。

ところで、これは過剰人口問題と過少人口問題の間の非対称性のひとつである。前者は不遇な人々の存在をもたらすが、後者は生まれていれば良い人生を送れたであろう人々の不在をもたらす35。そのため、過剰人口には道徳的外部性があるように思われるかもしれない。

過剰人口と過少人口のもう一つの非対称性は、前者は進化的均衡であるが、後者はそうではないということである。生殖が規制されない限り、遅かれ早かれ、より繁殖力の強い種が生まれ、マルサス状態が再確立するまで増殖すると予想される。

文化的あるいは技術的な革新によって、しばらくの間はこのような事態は避けられるだろう。もしかしたら、コンピューターゲームが非常に魅力的なものになり、わざわざ繁殖する必要がなくなるかもしれない。しかし、おそらく一部のグループは子供を持つことを選ぶだろう。もしかしたら彼らは、コンピューターゲームはタブーだと判断するかもしれない。このような集団、あるいは集団からの離脱率が十分に低い集団が、将来の継承者となり、長期的な人口動態を形成するのは彼らの行動と価値観である。こうして世界人口は再び増え始め、マルサスの正当性が証明されることになる36。

AIへの移行は、必ずしもこのダイナミズムを否定するものではない。生物学的な人間の個体数は指数関数的に増え続ける可能性があり、もちろんデジタル・マインドの個体数も指数関数的に、しかも倍加時間をさらに短縮して増え続ける可能性がある。最終的には、世界的な協調によってのみこの問題を解決できるように思える。戦争の問題や、誤った競争や最適化から生じる様々な問題も同様だ。

 Claude 3 Opus:

この文章は、人口動態と社会的・技術的進歩の関係について、いくつかの重要な洞察を提示しています。

主な内容は以下の通りです:

1. 人口過剰と人口不足はどちらも問題になる可能性がある。一つの変数として見ても、人口はある時点で破滅的な方向に逸れる可能性がある。
2. 人口の大きさだけでなく、軍事力、技術開発、汚染、生態系など、多くの重要なパラメーターが制御不能である。
3. 仮に世界政府のようなメカニズムを作ったとしても、そのメカニズムをコントロールする勢力間の競争から有害な力学が生まれる可能性がある。
4. ユートピア的な条件を実現するには、経済的・技術的進歩だけでなく、社会的・政治的な領域での進歩も不可欠である。
5. グローバルな外部性がある場合、地域ごとの規制はうまくいかない。
6. 過剰人口は不遇な人々の存在をもたらし、過少人口は良い人生を送れたはずの人々の不在をもたらすという非対称性がある。
7. 過剰人口は進化的均衡だが、過少人口はそうではない。文化的・技術的革新によって一時的に避けられても、長期的には繁殖力の強い集団が支配的になる。
8. AIへの移行も、生物学的および デジタル・マインドの指数関数的増加を否定するものではない。

この文章は、人口動態と社会的・技術的進歩の関係の複雑さと、それがもたらす課題の深刻さを浮き彫りにしています。筆者は、これらの問題を解決するには世界的な協調が不可欠であると示唆しています。

また、ユートピア的な条件を実現するには、経済的・技術的進歩だけでなく、社会的・政治的な領域での進歩も必要であるという指摘は、技術的楽観主義に対する警告とも受け取れます。

全体として、この文章は人類の未来に関する複雑な問題を提起しており、読者に深い洞察を提供しています。

規模の経済

野生でも社会でも、動物の生活水準を持続的に向上させるためには、個体数をコントロールしなければならない。飢えたハトに餌を与えることで、ハトを助けることができる。そうすれば、来年もまたハトが増え、その次の年もまた増える。それを追い越すことはできない。しかし、孵化するハトの数を死ぬハトの数に上限を設ければ、すべてのハトが自給自足以上の生活を持続的に享受できるようになる37。

ハトの場合はわかりやすいが、人間の場合は(文化的な盲点を除けば)いくつかの理由でわかりにくい38。

人間の世代サイクルはより長いため、ダイナミックな現象はより大きな時間スケールで展開し、知覚しづらくなる。

人間の文化は、ハトの社会よりも人間の社会に自由度を与えている。そして当初は、文化的現象(人口学的変遷)が、条件が豊富になると人間の繁殖を阻害することが判明した。文化的・遺伝的淘汰がこの初期抑制を克服するには、何世代もかかることがある。

人間の経済生産性は、より大きな規模の経済を示す。ハトは群れやコロニーに属することで、採餌場所や採餌技術を学んだり、捕食者を見張る労力を分担したりすることができる。人間はまた、分業によってより多くの利益を得ることができる。人間とハトの規模の経済におけるこのような量的な大きな違いは、根本的な質的類似性を不明瞭にしている。

このうち1つ目は明らかであり、2つ目についてはすでに述べた。3つ目について少し詳しく述べたい。

経済学では規模が重要である。スケールが重要であることは、ある種の基本的な物理的プロセスを見ればすでにわかる。例えば、容器の体積は容器を囲む壁の面積よりも速く大きくなる。「正方立方体の法則」として知られるこの単純な幾何学的事実は、多くの意味を持つ。ある程度の量のものを保管したい場合、小さな容器をいくつも並べるよりも、1つの大きな容器に保管した方が(必要な材料の量から見て)安くつく。同様に、太いパイプは細いパイプよりも効率的である。大きな船も同様で、水の抵抗による損失は、貨物の単位量あたり、大きな船の方が少ない。同様に、大きな炉は熱の無駄が少ない。同様に、大きな炉は熱の無駄が少ない。したがって、物事を大規模に運営することは、単価を下げる傾向がある。

さらに重要なことは、社会的規模が大きくなればなるほど、専門化が進み、効率が高まるということだ。最先端のマイクロプロセッサーを生産するために必要なグローバル・サプライチェーンと、それに関わる無数の専門的知識と設備を考えてみよう。これらすべての固定費を支えるためには、大規模な顧客基盤が必要だ。世界人口が1億人程度では、必要な投入資源をすべて生産することは不可能であり、採算も合わないだろう。

規模のもう一つの重要な帰結は、アイデアのような非競争的財を生産するコストを、より多くのユーザーベースにわたって償却できるということである。人口が多ければ多いほど、発明を生み出す頭脳の数も増える。

つまり、世界人口が多ければ多いほど、知的・技術的進歩の速度は速くなり、経済成長の速度も速くなるはずなのだ。

しかし、これは正確には正しくない。むしろ、世界人口が多ければ多いほど、知的・技術的進歩の原動力は強くなる、と言うべきだろう。実際の進歩率は、進歩を遂げることがいかに難しいかにも左右される。そして、それは時間とともに変化する。特に、最も低いところにある果実が最初に収穫されるため、時間の経過とともに進歩は難しくなると予想される。

つまり、競合する2つの要因がある。すなわち、アイデアの木にはぶら下がりの低い果実がある。しかし、これらの果実を摘み取るために費やされる努力の総量は少ない。その後、世界の人口ははるかに増え、低くぶら下がっている果実はなくなり、残りの果実に到達するために費やされる努力ははるかに大きくなる。先験的には、この2つの要因のどちらが優位に立つべきかは明らかではない。このモデルでは、技術進歩が加速するのか減速するのかを予測することはできない。

この問題を経験的に見てみると、大歴史的なタイムスケールでは、進歩が実際に加速していることがわかる。人類が最初に進化したとき、そしてその後数十万年の間、人口は少なく(50万人程度)、進歩は非常に遅かった。

その後、農業革命によって人類の人口は拡大し、技術進歩のスピードははるかに速くなった。これは劇的な加速だった。しかし、現代の基準からすれば、進歩はまだ氷河期のようなものだった。

しかし、そのような比較に必要なデータ(詳細な歴史記述、炭素年代測定による考古学的発掘調査など)は入手できなかった。そのため、古代の人々の歴史認識には、技術進歩の傾向が認められなかったのである。経済思想史家のロバート・ハイルブローナーはこう述べている:

「最初の階層社会の頂点では、王朝の夢が語られ、勝利や破滅のビジョンが描かれた。しかし、こうした希望や恐れが記録されたパピルスや楔形文字の石版には、それらが大勢力や支配階級自体の物質的条件の変化を、ほんのわずかでも想定していたという記述はない」41。

マクロトレンドの仮説が抱かれていたとしても、それは通常、悪化という前提に基づくものであった。ここには「没落」という考え方がある。豊穣の園からの追放、あるいはそれ以前の「黄金時代」からの世俗的な衰退である。歴史の大きな矢は錆びつき、下方に傾いていると見なされた。あるいは(たとえば古代インドや中国の伝統では)、歴史の矢はそれ自体が後方に曲がり、生活水準が上昇と下降を繰り返す周期的な時間概念を形成していると考えられている。

農耕革命の結果、生活水準が壊滅的に低下したというストーリーは、初期の農民の骨格から読み取ることができる。彼らの骨は、旧石器時代の祖先と比べて発育不全と栄養不足を示している43。

ところで、これは先に述べたマルサスの力学をよく表しており、それゆえに悲しいことでもある。つまり、大きな経済成長を遂げたが、増加した生産は増加した人口に食い尽くされ、平均的な福祉の改善はもたらされなかった。実際、経済成長は人間の状態を改善しなかっただけでなく、人々の生活はむしろ悪化した。生活の質が明らかに悪化した理由は、条件の変化が少なくなったこと、そして/または、新しい環境において最も経済的に効率的な食事や行動パターンが、より楽しくなく、栄養価も低く、人間の生物学的本性に合致しないものになったことかもしれない。

つまり、物質的進歩という考え方は、驚くほど近代的な発明なのだ。とはいえ、振り返ってみると、産業革命が起こるまでの過去1万年間で、世界GDPと世界人口(この2つはマルサス条件において実質的に等価である)が200倍に増加し、さらに産業革命が始まってから現代に至るまで、世界GDPが100倍、世界人口が10倍、つまり平均所得が10倍に増加した。世界経済の倍増期間は、狩猟採集民では数万年、農耕民では約1000年、工業化時代の人類では約30年である44。

過去数百年間、かつてないほど多くの人類が存在し、商業とコミュニケーションによって相互につながった世界のタペストリーが織り成す中、発明は猛烈なスピードで進んできた。私たちはこの状態を普通だと思いがちだが、拡大してみると、これは驚くべき異常事態であることがわかる。まるで私たちの文明が火薬庫であり、まさに発火の瞬間を目撃しているかのようだ。

さて、現在の状況を把握しよう。私たちは、ユートピアの最も基本的なタイプである物質的豊かさについて考えることから始めた。

 Claude 3 Opus:

この文章は、人口動態と経済成長の関係について、いくつかの重要な洞察を提示しています。

主な内容は以下の通りです:

1. 動物の生活水準を持続的に向上させるには、個体数をコントロールする必要がある。
2. 人間の場合、世代サイクルが長く、文化的現象が繁殖を阻害するため、この関係はわかりにくい。
3. 規模の経済は人間の経済生産性に大きな影響を与える。人口が多いほど、専門化が進み、効率が高まる。
4. 人口が多いほど、アイデアのような非競争的財の生産コストを償却しやすくなる。
5. 世界人口が多いほど、知的・技術的進歩の原動力は強くなるが、進歩の難易度も上がる。
6. 大歴史的なタイムスケールでは、進歩は実際に加速している。農業革命と産業革命がその例である。
7. 物質的進歩という考え方は近代的な発明である。古代の人々は、歴史を悪化や周期的な変化として捉えていた。
8. 農業革命は経済成長をもたらしたが、増加した生産は人口増加に食い尽くされ、平均的な福祉は改善されなかった。
9. 過去数百年間、かつてないほど多くの人類が存在し、発明は猛烈なスピードで進んできた。これは驚くべき異常事態である。

この文章は、人口動態と経済成長の関係の複雑さと、それが人類の歴史にどのような影響を与えてきたかを浮き彫りにしています。筆者は、人口増加が技術進歩の原動力となる一方で、進歩の恩恵が人口増加に食い尽くされてしまう可能性を指摘しています。

また、物質的進歩という概念が近代的な発明であり、古代の人々はむしろ歴史を悪化や周期的な変化として捉えていたという指摘は、私たちの進歩に対する認識が歴史的に特異なものであることを示唆しています。

全体として、この文章は人類の経済成長と福祉の関係について複雑な問題を提起しており、読者に深い洞察を提供しています。

時間がなくなる

学生: 教授、誰かがドアを叩いています。

ボストロム: ああ、そうか。時間切れだ。きっと「ダゲスタン地方の腹足類」のクラスが入室を待っているに違いない…うわあ、あのマラコロジストたちは本当に食い意地が張っている。万が一、そのために残っていない人がいたら、さっさと帰ろう。ではまた明日!

お風呂へ

フィラフィックス: ボストロム教授、ごめんなさい、私たちちょっと、講義に乱入してしまって……登録してないんだけど、聴講してもいいかな?

ボストロム: いや、君が見聞きしたことはすべて記憶から削除しなければならない。

フィラフィックス:

ボストロム:もちろん聴講は歓迎するよ!明日の朗読会の原稿が少し残っていると思うので、よかったらどうぞ。狐のフェオドール通信からだ。もう読んだ?今日話したことの内情がわかるよ。[この中にあるはずだ。ここにあるはずだ。来てくれてありがとう。

フィラフィックス: ありがとう!

テシウス: 明日も同じ時間?明日も同じ時間?

ケルビン:間に合わないよ。葬式があるんだ。

テシアス:そうか: 残念だ。

ケルビン:僕の知り合いじゃないんだ。父の友人なんだけど、一緒に来てほしいって言われたんだ。

テシウス:そうか:なるほど。じゃあ、水曜日でいいか?

フィラフィックス: そうだね、講義は全部出ることになると思うよ。

ケルビン:わかった: わかったよ。

じゃあね: じゃあね。

ケルビン:さて、温泉だ!

キツネのフェオドル

ケルビン:よかったよ。

フィラフィックス: ゆっくり休めた気がする。

ケルビン:それにきれいになった。フェオドール・ザ・フォックスというのを調べてみるかい?

フィラフィックス:うん: そうだね。あの小高い丘に行こうか。本を読むにはいい場所だろうし、気持ちのいい草が生えていそうだ。

手紙XII

親愛なるパステルノート叔父さんへ、

前回の手紙からいつもより長い間が空いてしまったことをお許しいただきたい。家に帰ると、私の安否を気遣う手紙が何通も届いていた。私はそのような心配を受けるに値しない!ご心配をおかけして大変申し訳なく思っている。ご厚意に報いるには、実にお粗末で恥ずべき方法だ。あなたの寛大なお心が、これからも私の惨めさを憐れんでくださり、これまでと同じように私の欠点を見逃してくださることを願うばかりである。父を偲んで、かつてあなたが私に感じていたかもしれないどんな義務も、とうの昔に果たされ、かつてあなたが抱えていたかもしれない負債も、暴利で返済されていることを、あなたは知らなければならない。

私の苦難について、最新の情報をお伝えしよう。私が苦しんでいた暗い気分や思い悩んでいたこと、勉強が滞っていたこと、作曲を学ぶ努力を放棄していたこと、まったく無益な哲学をしていたことを思い出していただきたい。さて、前回の手紙以来、奇妙なことが私に起こった。地理的な意味でも、精神的な意味でも、私は旅をしていた。

その紆余曲折をすべて語るつもりはない。ただ、その大まかな輪郭と、いくつかの目印をスケッチしてみようと思う。そのいくつかの目印は、私の記憶にはっきりと刻み込まれており、この紙から顔を上げれば、今まさに目の前にあるかのようだ…。

再会から数日後、それは始まった。陰鬱な考えが私を安らかにしてくれなかった。私は部屋の中を歩き回り、座り、また立ち上がった。作文しようとしても、私の思考は別の場所に移ってしまい、パーティに来ることを断った。気になる疑問が渦巻いていたが、少しも前進することができなかった。不思議に思うことはできても、それを見つけることはできない魂を持っているのはなぜだろう; 森も、地球も、宇宙も、何も存在しないのではなく、本当に何も存在するのはなぜなのか。そのような不可解なことで私は頭がいっぱいだった。そして、私はその気持ちを抑えることができなかった。

自分では解決できないのだから、誰かに助けを求めるしかない。それが、成功の可能性が少しでもある唯一の行動だった。というのも、すべてを理解し、私のような限られた知性の持ち主に説明してくれるような人物はおろか、このようなことについて会話できるような人物はどこにいるのだろうか?見通しはよくなかったが、家に残るという選択肢はまったくないように思えた。

翌日、私は旅に出た。南湿原のオークの木の近くに住んでいる年老いたカラスを探し出し、話を聞ける人を知らないか尋ねるつもりだった。彼女はすぐに見つかったが、賢者や賢者を知らないと言った。しかし彼女は、ビーバーのエゴンに話を聞きに行くことを勧めてくれた。エゴンは湖を行き来する多くの水鳥を知っていて、彼らと噂話をしている。その結果、エゴンは森を越えて世界中に知り合いのネットワークを持つようになった。遠く離れた異国の地に住む友人も多いという。

だから私はエゴンに会いに行った!エゴンは、ある人物を知っていると、いや、むしろその人物のことを聞いたことがあると言った。豚のピグノリウスという名前で、彼の知恵は広く知られていた。その話を聞いたとき、私は興奮のあまり、彼の住まいを尋ねる気になれなかった。あまりに遠く、他の国に住んでいたらどうしよう?私の探求を助け、そのすべてを説明してくれるかもしれないこの生き物が存在することを知りながら、その人物にたどり着くことができないと知ったら……!それはほとんど耐え難い考えだった。「どこにいるんだ」と一言呟くまで、私は何秒も口を開けていたに違いない。

エゴンが、彼はかなり遠くに住んでいるが、それほど遠くはないと教えてくれたときの私の喜びと安堵を想像してみてほしい!20日ほど歩く長い旅になるだろうが、それは可能だった。彼は私の半径内にいたのだ!私は心からエゴンに感謝し、もしエゴンがその方面に行く人に会ったら、ピニョリウスに誰かが会いに来ていると伝えてもらえないか頼んで、私の接近を予告してもらえないかと言った。私は、招かれざる客が来るのだから、せめて事前に知らせておくのが礼儀だと思った。見ず知らずの人が予告なしに訪ねてきたとき、彼がどんな反応を示すかわからなかった。

それからの数週間は、肉体的に厳しいものだった。体重はかなり減り、歩くと足腰が痛くなった。しかし、私の魂は長い間経験したことのない不思議な安らぎを感じていた。旅は困難だったが、私は自分が正しいこと、必要なことをしていると確信していた。私は自分自身を疑っていなかった。暫定的な、一時的なものではあるが、本当の目的があったのだ。その違いは驚くべきものだ。

やがて私は、エゴンが指差した場所に辿り着き、ピグノリウスが住んでいる場所への行き方を知っている人がいないか尋ね始めた。これは難しいことではなかった。誰もがこの豚が誰なのか知っているようだった。やがて私は小道を歩いていくと、目の前に彼がいた!泥風呂に入っていた!私は不時着したのかと思い、引き返そうとしたが、彼は私が近づいてくるのが見えていたにもかかわらず、まったく動じない様子だった。私は来るべきか去るべきか迷い、結果的に最悪の選択肢、気まずい妥協案を選んだ。

この恥ずかしさがいつまで続いたのか、私は知らないし、思い出そうとも思わない。しばらくして、ピニョリウスが私に降りてくるよう声をかけた。そして私は近づき、次のような会話をした。私の記憶力は普段から良い記録を残しており、このエピソードは数え切れないほど自分自身でリハーサルした。

フェオドル尊敬するピグノリウス、私は遠くからあなたの助言を求めに来た。ささやかな贈り物だ。少し質問させてもらえないだろうか?あなたは偉大な知恵を持つ豚だと聞いている。

ピグノリウス: ああ、とても素晴らしい知恵だ。そしてとても不十分だ。だが、栗はありがたくいただく。ここに放り込んでくれ。

フェオドル:そこ?そこに?

ピグノリウス: ヤッホー!放り込むんだ

フェオドール: 君の貴重な時間を尊重して、単刀直入に本題に入ろう。世界には多くの問題があり、多くの苦しみがある……最近、そのほんの一滴がたまたま私の身の回りに降りかかったが……まあ、このままではいけないと感じた。人々は死に、病気になり、飢え、追いかけられ、食べられ、あらゆる苦難や窮乏に耐えている。私はそれを何とかすることに専念したい。しかし、私には計画が必要だ……計画という言葉は適切ではない。少なくとも、より良い状態に到達するための長期的な希望となるようなアイデア、理念、ビジョン、私が従うことのできる方向性が必要なのだ。どうか、ピグノリウスよ、あなたの知恵を私の哀れな毛皮に照らして、教えてほしい: 世界をより良くするために、私にできることは何だろう?

ピグノリウス: あまりない。

フェオドール: でも何かあるはずだ

ピグノリウス:そう: 若い頃、そう思ったことがある。

フェオドル:それで?それで?

ピグノリウス: それで?幸いなことに、よく考えてみると、私にできることはあまりなかった。

フェオドル:幸いにも?幸いにも?

ピグノリウス:幸い:もし私にできることがたくさんあったなら、やらなければと思ったかもしれない。間違いなく、それにはハードワークと犠牲が必要だっただろう。しかし、幸いなことに、私は物事の計画上、ほとんど無力であることが判明した。私がレーム帝国を望んでいるのであれば、私はいつでも神に感謝する45。

パスターノートおじさん、私は唖然とした。私の知性を遥かに凌ぐ、私たちが知っている最も偉大な知性が、世界をより良くするためにできることなど何もないと考えていたこと、あるいは、彼がそのことを喜んでいるように見えたこと!

私はよろめきながら、自分の足元を見つめ直そうと続けた:

フェオドル: でも、でも、じゃあ何の希望があるんだ?何のために生きるんだ?

ピグノリウス: この泥風呂はとてもいい。ちょうどいいぬるさだ。

肌にもとてもいい。

フェオドールでも、もっと何かあるはずだよ!

ピグノリウス:そうだね: そうだね、ポーセレンもかなり気に入っているんだ、特に彼女のある部分が……でも、彼女はちょっとやりすぎなところがあるんだよね。一方、この泥は冬以外はいつも最高だ。そして栗は決して失敗しない。ナムナムナム、そうだ!

ああ、パスターノート!今、この偉大なる思想家は、私が持ってきた栗をたらふく食べていた。おそらく、泥水のプールに横たわっている栗を、その場でかじっていたところを見ると、同じ量の泥も食べていたのだろう。私にとってはあまりに大きな出来事だった。私はすぐに彼のアドバイスに感謝し、その場を立ち去った。

次に覚えているのは、夜に一人でさまよっていたことだ。冷たい風がすべてを吹き抜けていった。梢が揺れる暗闇の中で、風の遠吠えが聞こえた。まるで世界がうめき、うめき、ねじれ、ねじれ、存在しない解決策を求めて必死に手を伸ばしているようだった。

私は世界中の生き物が苦しんでいることを考え、悲しく、暗い気持ちになった。しかし、人生の楽しみをなんとか見つけようとしている人々、たとえば家族との穏やかな夕食のことを考えたとき、私の鼻を涙が伝い始めた。

世界は落ち着きなくねじれ、回転し、自らの存在に抗議しているように私には思えた。私は毛皮で覆われた小さな体を包み込んで、彼らを暖めたいと思った。彼らに慰めと良い知らせを届けたいと思った。

寒さと空腹と惨めさに耐えながら、そんなことを考えているうちに、私の足取りはピグノリウスの家へと戻っていった。そこに行くのがいい考えだと思ったからではないし、行く理由もなかった。他に行くところがなかったのだ。そこに着くと、私は玄関の外で横になり、疲れ果てて眠ってしまった。

太陽が高く昇り、その光は暖かさを運んでいた。私が気合を入れ始めると、ピグノリウスが近づいてきて、「帰ってきたんだね」と言った。

私は、「もう少し質問してもいいかなと思って」と答えた。

本当は何も考えていなかった。しかし、不在が気まずくなるような理由というのは、いつでも簡単に頭に浮かぶもので、いつの間にか口をついて出てしまうものなのだ。

ピグノリウス: 喜んで話そう。その前に昼食を食べよう。ここにおいしいニンジンがあるよ。

私はありがたくその申し出を受け入れた。ニンジンがこれほど美味しかったことはない。

食事を終えた後も、会話は続いた:

ピグノリウス: それで?

フェオドル: 昨日は軽率だった。私はあなたに押し付ける権利もなく、突然やって来た。私はあなたに質問をし、あなたは親切に答えてくれた。しかし、私はその答えが気に入らず、悲しみと独善的な憤りでいっぱいになって、あわてて帰ってしまった。そして今、私はあなたの答えを詳しく説明し、なぜ世界を改善することが不可能なのかを説明するよう要求するために戻ってきた。無理なお願いだが、もう限界だ。

ピグノリウス:不可能だとは言っていない。あなたや私にできることはあまりなさそうだと言ったのだ。しかし、あまりないというのは何もないというのとは違う。例えば、あなたが戻ってきたことで、世界は少し良くなったと思う!

フェオドル:私の利益はあなたの不利益を上回るほど大きいのか?

ピグノリウス:利益はお互いにあると思うよ。

フェオドル:寛大だな: 寛大だね。しかし、もっと大きなスケールで言えば、構造的なレベルで言えば、なぜ世界を改善できないと言うのか?

ピグノリウス:どうして自分の知恵の行き着く先がわかるんだ?

フェオドル:何?何?

ピグノリウス: 知恵だ。君はもう限界だと言った。どうしてそれがどこかわかる?

フェオドル:?

ピグノリウス: よし、何か問題に直面しているとしよう…

フェオドル:?そうだな。

ピグノリウス: 解決方法がわからない問題に直面している。いろいろ試してみたが、どれもうまくいかず、他に試すことが思いつかない。途方に暮れている。そうだろう?

フェオドル:そうだよ。

ピグノリウス: でも、明日何か新しいことを思いつかないとどうしてわかる?

フェオドル:そうだね: まあ、絶対とは言い切れないだろうね。でも現実的には、そんなことは起きないと思うよ。

ピグノリウス:どうして?どうして?

フェオドル: 誘導だよ: 帰納法だろうね。長い間、懸命に解決策を考えてきたんだから、この数日間ずっと失敗してきたことが明日成功するとは思えない。だから私は…

ピグノリウス:待ってくれ..!栗だ!昨日の残りに違いない。ナムナム。うまいぞ!”ごめん。何だっけ?

フェオドル: この問題を解決するために過去に試みたことは失敗してきた。だから、私一人の力ではどうにもならないと悲観的になって、君の助言を求めに来たんだ。

ピグノリウス:そうだね。でも、あなたが自分で解決できないと考える理由は、他の誰にも解決できないと考える理由にも一般化できる。

フェオドールどうやって?

ピグノリウス:もし解決できるとしたら、誰かがすでに解決しているのではないか?確率を考えてみよう。この森が何世紀にもわたって存在し、キツネやブタやその他の動物が何世代にもわたってここに住んできたのだから、きっと時々、「世界を解決して、すべてを正すことができたらいいのに」と考えたに違いないだろう?

フェオドルそうかもしれないな。

ピグノリウス:確かにそう: 確かにそうだ。その考えを持った人の中には、きっとそれを実行に移そうとする人もいただろうね?

フェオドル:そう: そうだ。

ピグノリウス:そう そして今、私たちはその試みの結果を目の当たりにしている!世界はまだ壊れているんだ!それなのに、どうしてギャンブル猿の名において、自分の試みが、あるいは私たちの共同試みが、あるいは誰の試みが、少しでもうまくいくと思うんだ?

フェオドル:確かに、勝算はなさそうだ。

ピグノリウス:そうだね。成功する確率を、過去に失敗した試行回数のおよそ1倍としたほうがいいんじゃないか?

フェオドール:何回失敗したんだ?

ピグノリウス:無限にさかのぼると思う。

フェオドール:私もそう思っていた: 私もずっとそう思っていたが、イタチのリーズの新説をどう思う?

ピグノリウス:どんな新説だ?彼が新しい理論を?

フェオドール: 彼は世界が有限の時間前に始まったことを発見したらしいんだ。

ピグノリウス:えっ!?何だと?

フェードー:もちろん、彼は川の向こう岸に住んでいるから、彼を訪ねることは不可能だ。でも、ある鳥が彼の発見についてつぶやいたのを聞いたんだ。対岸のカラスの間で大騒ぎになっているらしい。リーズはとても評判がいい

ピグノリウス:世界が有限の時間前に始まったことを発見したんだろ?

フェオドール:そう言われている

ピグノリウス:どうして?どういうわけだ?どうやってこの結論に至ったんだ?

フェオドル:わからない: わからない。鳥は他の詳細を覚えていなかった。すばしっこい鳥だった。

ピグノリウス:もし過去の失敗が有限の期間しかないのなら、将来の体系的な改善への希望は、無限の悪い確率ではなく、有限の悪い確率に直面するだけだ。世界が始まったのは何年前だと言っている?

フェオドル: 非常に昔だが、正確な推定は知らない。

ピグノリウス:大体でいいのか?

フェオドル:そう: フェードル: 「とても昔のことだが、有限のことだ」としか言わなかった。

ピグノリウス:もしリーズの言う通りなら、すべてを考え直す必要があるかもしれない。しかし、この微妙な伝達の間に解釈の誤りが入り込んだ可能性もある。具体的なことがわからないのがもどかしい。

フェオドール:もっと詳しいことが分かれば、世界を改善する方法が見つかると思う?

ピグノリウス:誰にもわからないよ。

フェオドル:いい考えがあるん: いい考えがある。労働力をプールして、少し余剰金が溜まったとする。それで優秀な鳥を雇い、我々の質問と一緒に向こうへ飛んで行って、戻ってきて我々に報告させるんだ。

ピグノリウス:知識のために食料をあきらめるのか?

フェオドル:そう: 鳥は少しで十分だ。

ピグノリウス:君が思っているよりたくさん食べるんだよ。フェードル、なぜ僕たちの数が少ないのか考えたことはあるかい?

フェオドール:どういう意味だ?

ピグノリウス: 真理とか善とか、そういうことに興味を持つ人が少ないんだろう?

フェオドル:そうだね、みんなが無関心なのは不思議な感じがするけど、もうほとんど当たり前のことだと思うようになったよ。

ピグノリウス:だから私たちの数は少ないんだ。知識のために食を断ち、抽象的な空想のためにエネルギーを浪費する!そのような倒錯に従事する者は、死亡率が高く、出生率が低い。彼らは競争に敗れ、疎外され、排除される。彼らは一時的な失策であり、自然の自己修正エラーなのだ。-そうしよう!

親愛なるパスターノートおじさん、このとき私は、気の合う仲間を見つけたと思った。そして、私たちの今後の取り組みが成功に終わろうが失敗に終わろうが、この谷に来た私の長く困難な旅は無駄ではなかったと思った。

近いうちにまた手紙を書くつもりだが、これから忙しい日々が続くと思う。今は奇妙で不思議な時代だ。

いつものように、私はあなたの甥っ子として深く恩義を感じている、

フェオドル

アウトロ

フィラフィックス: どうだった?

ケルビン:気に入ったよ。でも、講義との関連はあまりはっきりしないね。

フィラフィックス:もしかしたら、次の手紙につながりが出てくるかもしれない。でももう暗くなってきたし、そろそろ帰ろうか。

ケルビン:そうだね、帰ろう。

この手紙には、いくつかの重要な哲学的・道徳的テーマが隠喩的に表現されていると思います。

1. 世界の苦しみを目の当たりにしたフェオドルは、それを改善する方法を模索しています。これは、多くの思想家が直面してきた根本的な問題であり、人間の状況の根本的なジレンマを表しています。

2. ピグノリウスは世界を改善することはほとんど不可能だと考えており、その努力は無駄だと示唆しています。これは厳しい現実主義の立場であり、理想主義に対する警告とも受け取れます。

3. 世界が有限の時間前に始まったというリーズの理論は、無限に遡る過去を前提とした議論を覆す可能性があります。これは新しい知識によって既存の前提が覆される可能性を示唆しているのかもしれません。

4. ピグノリウスが真理や善についての思索は生存競争の観点からは非効率的だと指摘するくだりは、生物学的制約と高次の知的・道徳的目標の間の緊張関係を表現していると思われます。

5. フェオドルとピグノリウスの対話全体が、理想主義と現実主義、行動と諦念の間の普遍的なジレンマを象徴的に描いているとも解釈できます。

つまり、この手紙は動物寓話の形式を用いて、人間の状況をめぐる根源的な哲学的・道徳的問題を比喩的に探求しているのだと思います。具体的な解決策は示されていませんが、人生の意味や目的をめぐる永遠の問いかけが象徴的に表現されているのではないでしょうか。by Claude 3 Opus

管理