法学・自然法・人権

リバタリアニズム

『市民的不服従の義務について』ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
On the Duty of Civil Disobedience

On the Duty of Civil Disobedience ヘンリー・デイヴィッド・ソロー 発行:1849年 カテゴリー ノンフィクション、社会科学、政治学 ソローについて ヘンリー・デイビッド・ソロー(1817年7月12日-1862年5月6日、デイビッド・ヘンリー・ソロ
民主主義・自由

個人の権利に関する合理的な法哲学に向けて
2016年の私のラディカル法理論エッセイ

Towards a Rational Legal Philosophy of Individual Rights ドゥニ・ランクール 2023/11/12 これは、必然的に社会的な支配階層となる最適な民主主義において、個人の権利がどのように定義されるべきかについての深いエッセイで
法学・自然法・人権

トマス・ペイン著『コモン・センス』
Common Sense

トマス・ペイン著『コモン・センス』プロジェクト・グーテンベルク・イブック タイトルコモンセンス 著者:トマス・ペイントマス・ペイン 編集者モンキュア・ダニエル・コンウェイ 投稿日 2009年5月13日 発売日 2003年2月 最初の投稿 2001年8月21日 言語英語 *** こ
法学・自然法・人権

司法の独立神話: 刑事司法と三権分立
The Myth of Judicial Independence: Criminal Justice and the Separation of Powers

The Myth of Judicial Independence: Criminal Justice and the Separation of Powers 司法の独立神話 刑事司法と三権分立 マイク・マコンヴィル ノッティンガム大学名誉教授香港中文大学名誉教授・名誉フェロー
AI言語モデルとの対話

自然法・自然権について GPT-4
About Natural Law GPT-4

Alpaca asks about natural law 自然法について 一般 自然法(Natural Law)は、哲学、法学、政治学などで議論される概念であり、何らかの普遍的、不変的な法則や原理が存在するとする考え方である。自然法の理論は多くの形態をとり、古代から現代に至るま
グローバリゼーション

レジリエントな社会
The Resilient Society

The Resilient Society 目次 序文 謝辞 はじめに 社会契約の履行 長期的な力関係と緊張関係 グローバル・レジリエンス 第1部: レジリエンスと社会 1. レジリエンスとその仲間たち レジリエンスの定義 ロバストネスとリダンダンシー(冗長性) レジリエンスとサ
ロックダウン

サンプション卿 集団的不服従が始まった
Lord Sumption: Mass civil disobedience has begun

フレディ・セイヤーズとジョナサン・サンプションの出会い。 記事全文を読む: ポッドキャスト版を聴く: Jonathan Sumptionはかつて、ハットンの調査で政府を代表した優秀な法廷弁護士、最高裁判事、残留運動の支持者、百年戦争の尊敬すべき歴史家という、エスタブリッシュメント
alzhacker.com をフォロー