未分類

未分類

日本航空123便墜落事故から34年、真実を知るために闘う英国人未亡人

British widow fights to know the truth on 34th Anniversary of the Japan Airlines Flight 123 crash. subcultureist 2019年8月13日 スザンヌ・ベイリー=湯川  私は
未分類

便秘の対処法
7月の質問コンテスト第1位

What to Do About Constipation クリス・マスタージョン博士 2023/08/18 7月の質問コンテストの第1位は便秘についてだった。私はそれを次のように要約した: 便秘をどうするか? この文章と参考文献のバージョンは、現在誰でも入手可能である。ビデオと
未分類

教育のマルクス主義化: パウロ・フレイレの批判的マルクス主義と教育の盗用
The Marxification of Education: Paulo Freire's Critical Marxism and the Theft of Education

The Marxification of Education: Paulo Freire's Critical Marxism and the Theft of Education 著作権 © 2022 ジェームズ・リンゼイ 初版 2022年12月 ティファニーとティナ、そして子
未分類

口腔用赤色治療デバイス COZING-USBO3 

商品説明 モデル COZING-USBO3 COZING-USBO3 症状: 知覚過敏の歯(象牙質知覚過敏症) 歯と骨の損傷 細菌数(虫歯の原因菌) 口腔内鵞口瘡・カンジダ症 軟部組織における歯肉の炎症と口腔内の創傷 手術後の回復(歯茎や顎の骨)。 歯痛を和らげる 炎症をなくす
テクノクラシー

テクノクラート・ガバナンスの道具としての倫理専門家EUの医療バイオテクノロジー政策からのエビデンス
Ethics Experts as an Instrument of Technocratic Governance: Evidence from EU Medical Biotechnology Policy.

Littoz-Monnet, Annabelle (2015). Ethics Experts as an Instrument of Technocratic Governance: Evidence from EU Medical Biotechnology Policy.
未分類

新規食品:コオロギ(Acheta domesticus)のリスクプロファイル
Novel foods: a risk profile for the house cricket (Acheta domesticus)

Novel foods: a risk profile for the house cricket (Acheta domesticus) ADOPTED 2018年7月6日(木) doi: 10.2903/j.efsa.2018.e16082 スウェーデン農業科学大学バイオメデ
LLM - LaMDA, ChatGPT, Claude3

ChatGPTは何をしているのか・・・そしてなぜ機能するのか?

2023年2月14日 それは、ただ一言ずつ言葉を足していくこと ChatGPTは、表面的には人間が書いたような文章を自動生成することができるのが特徴で、予想外だった。しかし、どのようにそれを行うのだろうか?また、なぜうまくいくのだろうか?ここでは、ChatGPTの内部で起こってい
意識・クオリア・自由意志

機械理解には意識が必要なのか?
Does Machine Understanding Require Consciousness?

Does Machine Understanding Require Consciousness? 2022年5月18日オンライン公開 pmcid:pmc9159796 PMID:35664685 ロバート・ペッペル 概要 本稿では、「機械理解には意識が必要か」という問いを取り上
未分類

日本におけるパンデミック時の子どもの健康政策からの教訓
Lessons from the health policies for children during the pandemic in Japan

Lessons from the health policies for children during the pandemic in Japan Front Public Health.2022; 10: 1015955. 2022年10月6日オンライン公開 Naohisa
未分類

食の相乗効果:健康的な食生活のカギを握る
Food synergy: the key to a healthy diet

栄養学会の予稿集 ケンブリッジ大学出版局オンライン版発行:2013年1月14日 概要 食品の相乗効果とは、食品の構成成分の非ランダムな混合物が、食べる生物の生命と、おそらく食べる人の生命のために協調して作用するという概念である。 単体の栄養素は、よく設計された長期的かつ大規模な無
COVIDワクチンの有害事象

コロナワクチン有害性の証拠 スティーブ・カーシュ
Evidence of harm

Evidence of harm コロナワクチンが「安全かつ効果的」でないことを示す重要な証拠の短いコレクションである。全く違う私たちがこれまでに製造した中で最も致命的なワクチンである。 Steve Kirschスティーブ・カーシュ エグゼクティブサマリー ここでは、私がこれまで
政策・公衆衛生(感染症)

損失余命年数 Years of life lost (YLL)

COVID-19による生命喪失年数の評価:その違いと落とし穴 2020年7月20日オンライン公開 死について唯一確かなことは、死によって生命が失われること、そして人が生きている間に死ぬリスクは1であるということだ。これらの事実に異論はなかろうかが、死によってどれだけの生命が早期に
未分類

COVID-19、インフルエンザA/B、細菌性肺炎後の神経系疾患の発生頻度について
Frequency of Neurological Diseases After COVID-19, Influenza A/B and Bacterial Pneumonia

オンライン公開 2022年06月23日 概要 はじめに COVID-19は、特定の神経疾患の発生率に影響を及ぼす可能性があるが、それが他の感染症後のリスクと異なるかどうかは不明である。そこで、COVID-19感染後の神経変性疾患,脳血管疾患,免疫介在性神経疾患の発症頻度を、COV
バイオフィルム

友か敵か – 自然界における微生物間相互作用
Friends or Foes—Microbial Interactions in Nature

2021年6月2日オンライン公開 要旨 簡単な概要 バクテリア、古細菌、真菌、微細藻類、ウイルスなどの微生物は、単一の浮遊細胞として存在するよりも、むしろ生態系の中で複雑な相互作用ネットワークを形成している場合がほとんどである。微生物間の相互作用は、同種間、異種間、あるいは全く異
バイオフィルム

微生物バイオフィルムの課題に対する有望な治療戦略
Promising Therapeutic Strategies Against Microbial Biofilm Challenges

Front Cell Infect Microbiol. 2020; 10: 359. オンライン公開 2020 Jul 28. カイユー・チャン、1シン・リー、1チェン・ユー、1ヤン・ワン1,2,2,※1 要旨 バイオフィルムは、生物学的または非生物学的表面に付着し、自己産生さ
スティーブ・カーシュ

オーストリアでは、責任のなすりあいが始まっている!
オーストリアでは、保健大臣がワクチンの問題点を認めたため、オーストリアの医師になすりつけている。なぜか?否定はもはや通用しないので、誰かのせいにしなければならないからだ!

In Austria, the finger-pointing has begun! 概要 3つの国の物語 オーストリアでは、ワクチンが危険であることがわかったので、保健大臣は医師を非難している。 ニュージーランドでは、ワクチンを接種した人の方が全死因死亡率が高いことがデータから
未分類

ウラジミール・”ゼブ”・ゼレンコ博士
Dr. Vladimir “Zev” Zelenko

Z-Freedom財団 過去2年間、世界中で何百万人もの命を救うことになったCOVID-19の治療法を発見し、実行した人物が、癌との長い闘いの末にこの世を去った。 48歳だった。 1973年にウクライナのキエフで生まれたゼブ氏の家族は、1977年に米国に移住し、ニューヨークのブル
未分類

Mind & Matter アレクサンドロス・マリノス システム思考、組織構造、スタートアップの構築、リモートワーク、コントロールとイネーブルメントの比較|#51

Mind & Matter Alexandros Marinos: Systems Thinking, Organizational Structures, Building Startups, Remote Work & Control vs. Enablement | #51
未分類

共有の室内環境における空気感染のリスクを示す指標とCOVID-19アウトブレイクへの応用

Indicators for Risk of Airborne Transmission in Shared Indoor Environments and their application to COVID-19 Outbreaks Z. Peng, W. Bahnfleth
未分類

CDC サイエンス・ブリーフ SARS-CoV-2と屋内コミュニティ環境の表面(感染媒介物)感染

Science Brief: SARS-CoV-2 and Surface (Fomite) Transmission for Indoor Community Environments 更新日:2021年4月5日 SARS-CoV-2(COVID-19の原因ウイルス)の主な感染
alzhacker.com をフォロー