オートファジー

コロナウイルス

SARS-CoV-2 腸内毒素症と下痢の間にある前提 ACE2/mTOR/オートファジー経路を歩く

Premises among SARS-CoV-2, dysbiosis and diarrhea: Walking through the ACE2/mTOR/autophagy route オンラインで公開2020年9月2日 要旨 最近、中国で新しいコロナウイルス(SARS-CoV-2)が発見された。その感染力の高さから...
オートファジー

神経変性疾患におけるオートファジー機能不全のドライバーとしてのTFEBの制御異常 分子機構、細胞プロセス、そして新たな治療法の可能性

TFEB dysregulation as a driver of autophagy dysfunction in neurodegenerative disease: Molecular mechanisms, cellular processes, and emerging therapeutic opportunities ...
糖質

パーキンソン病の治療薬として期待されるトレハロース

Trehalose as a promising therapeutic candidate for the treatment of Parkinson's disease 要旨 パーキンソン病(PD)は、主に黒質突起のドーパミン作動性ニューロンの喪失に起因する進行性の運動障害である。パーキンソン病はタンパク質の凝集...
オートファジー

ADモデル動物を用いた間欠絶食とβ-アミロイドの関係の検討. スコーピングレビューADモデル動物を用いた間欠絶食とβ-アミロイドの関係の検討 スコーピングレビュー

Studying the Relationship of Intermittent Fasting and β-Amyloid in Animal Model of Alzheimer’s Disease: A Scoping Review 要旨 アルツハイマー病の動物モデルにおけるβアミロイドに影響を与える予防手段として、断...
オートファジー

絶食はアルツハイマー病モデルの神経細胞のマクロオートファジーを活性化するが、アミロイドβの分解は不十分である。

Fasting activates macroautophagy in neurons of Alzheimer’s disease mouse model but is insufficient to degrade amyloid-beta 要旨 我々は、脳内のマクロオートファジーを生体内で観察する新しい手法を開発し、絶食により神...
オートファジー

活性化か抑制か?アルツハイマー病治療戦略としてのオートファジー制御の意義

Activate or Inhibit? Implications of Autophagy Modulation as a Therapeutic Strategy for Alzheimer’s Disease 要旨 神経変性疾患は、プロテインオパチーの種類、影響を受ける遺伝子、または脳内の変性の場所によって様々な状態...
オートファジー

オートファジーとアルツハイマー病の双方向の関係を探る

Exploring the bi-directional relationship between autophagy and Alzheimer’s disease 要旨 アルツハイマー病はβアミロイド(アミロイドβ)の沈着とタウのリン酸化が特徴であり、その病態は今のところ解明されていない。アミロイドβとタウの代謝はオー...
オートファジー

オートファジーを活性させる50の方法

オートファジーによるアルツハイマー病治療 関連記事 オートファジー障害 治療標的 PI3K/Akt/mTOR経路 ラパマイシン クルクミン レスベラトロール ラトレピルジン オリーブリーフ メマンチン(非mTOR依存性を含む) 他多...
その他

トレハロース 10の神経保護効果

オートファジー活性剤 トレハロース(認知症・アルツハイマー) 関連記事 概要 自然界に広く存在するトレハロース トレハロースとは、植物、昆虫、酵母、真菌、無脊椎動物など、脊椎動物以外の生物の中に広範囲に見出すことができる天然の糖質。 酵母、線虫、ショウジョウバエの体液の主要な糖質でもある。 ...
糖質

トレハロースによる神経保護のメカニズム:オートファジー誘導をめぐる論争

Mechanism of neuroprotection by trehalose: controversy surrounding autophagy induction 要旨 トレハロースは、2つのグルコース分子がα,α-1,1-グルコシド結合で連結された非還元性二糖類である。トレハロースは、特にパーキンソン病やハンチ...